銭湯再生請負人が銭湯から地域活性化

銭湯 経営者のみなさまへ








客数が減っているのに集客施策を打ち出すことができない。


  • 課金サウナを導入したが、売上げにつながらない、客単価UPにつながらない。

  • 廃業するにしても、お金がかかり二の足を踏む。

  • 売上が減少しているので設備投資ができない。

  • 奮起してお客様を呼び込もうとしても、どのようにしたらいいかまったくわからない。


そんな“ないないづくし”で将来に


不安を感じていませんか?



はじめまして、銭湯再生請負人@平野善之(ひらのよしゆき)と申します。





私は今まで、48件の温浴施設の開業からシステム立上げまで


を成功させてきました。





民間企業である日帰り温泉やスーパー銭湯での実績です。


私は“衰退産業”である銭湯に、行列をつくる一発逆転の


方法なんて無いと思っていました。





しかし……。





なぜ、私が旧態依然とした銭湯にビジネスチャンスあり!

と確信したのか?少しお付き合いください。





>>銭湯再生請負人のプロジェクト詳細はこちら







お電話はこちらから


03-6240-2128


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

■銭湯を含む温浴業界を大きく変えなけば明日はない

世界的な有事。

日に日に感染者数は増加し、医療は限界に近づき、

飲食業、観光業の中間に位置するお風呂業界も苦しんでいる。

 

愚直にPLANーDOーSEEを重ねて顧客創造につなげていくというビジネスの基本が、

緊急事態宣言により出来ない。

だからこそ考えなければならない。

どうすりゃいいの?を。

 

銭湯業界は、若手経営者の頑張りや銭湯好きの若者の出現、

サウナブームにより衰退業種のイメージが薄れつつある。

(実際の店舗数は減り続けているが)

 

温浴業界は、サウナーに支えられているように見えるが、

基本売り上げをつくってきた、シニア層の来店減と付帯売り上げ(特に飲食売り上げ)減に

苦しみ閉店が続出。

 

頑張って、頑張って・・・・何とか黒地という業界だから

長時間労働の薄給。

 

ニワトリと卵のような議論になりがちだが、

お風呂業界そのものを、(疲れるけど)給料のよい業界にして

優秀な人材が溢れ、大学生があこがれる業界にしていかなくてはならない。

 

なぜ出来ないのか?

 

答えは明瞭である。

「儲からないから」

 

繁盛店の店長・支配人クラスなら年収1000万以上。

それなりの店舗でも年収800万円。

そうでなければ優秀な人材は入ってこないでしょ。

 

温浴業界の現実は店長・支配人クラスで月給30万円程度。

 

都内銭湯の平均客数からすれば

月商で200万円前後だから、店長に1000万円払えるわけがないのです。

 

そもそも助成金がないと事業を継続することさえ難しい現状なのですから。

 

どうすりゃよいのか?

 

・・・・・と言いつつ、いやさか湯の仕込に出発。

 

 

 

 

銭湯の明日 7

1日300人の来店がないと事業としての継続が難しい銭湯経営。

(月商約450万円は必要)

 

都内の銭湯の来店者数は1日138人(平成30年)

ですから、ほとんどの銭湯は家業なわけです。

(店主が長時間労働で運営している)

(無給に近い家族労働者の協力)

(住み込み労働者の確保)

 

売上を伸ばし、経費を下げて銭湯を事業化するためには、

まず営業時間と料金の明示について前回触れました。

 

それにも並び重要なことは、店内のクリーン化。

 

古くても清掃が行き届いていれば

お客さんから不満が出ません。

 

あたりまえのことなのですが、結構大変です。

オケやイスを洗うだけで1時間はかかりますから。

 

床がぬるっとしていたらお客さんは減ります。

 

組合の定例会で雑談していると

掃除のクオリティーを落とせないから事業化できない。

と私に意見する若者店主が居りました。

 

掃除をアルバイトに任せられないから自分を中心とした

家族でやらなきゃならない。という意味です。

 

その時私は、唸りました。

「そんな考えじゃ君は生涯風呂掃除だぜ」

「教え込めばよいだけではないか?」

という彼を否定する考えが浮かぶと同時に

「そこだよな」

「うちの退職者はほとんどは掃除で私に怒られて脱走」

という彼の意見を否定しきれない事実。

 

風呂掃除のクオリティーは銭湯経営に最重要。

スタッフには命じるだけでなく、

共に汗を流し、その重要性理解をさせ

その大変さを労うマインドは必須です。

 

キレイを保ち続けると徐々にお客さんも増えてきますから

その増実客数を清掃スタッフと共有することも大切です。

 

もう一つ当たり前のことを・・・・

掲示物のUPデートです。

 

組合経由での掲示物がそれなりの数があります。

区のイベント告知も多いです。

イベントの日が過ぎていても貼りっぱなしということが

結構あります。

週刊誌の古いものを置きっぱなし。

ありがちですが、これはダメです。

 

入浴心得は保健所指導ですから外せませんが、

禁止事項だらけの命令文の掲示も再考すべきです。

 

私が、お客さんとして銭湯を廻っていた時に感じたのは、

いらっしゃいませ!を言わない番台と

上から目線での禁止事項掲示多さ。

 

美奈見の湯の経営を始めた時に

禁止事項掲示全て破棄しました。

 

家主は大いに不快を示したので

「禁止されれば益々やりたくなるのが人間ですよ」

と突っぱねて対立しましたが

結果、運営に全く支障はありませんでした。

 

ほどんとのお客さんは善良なのです。

たまに出現する非常識な方は、個別に注意すればよいのです。

 

のべ4店舗の銭湯経営の中で

個別に注意したのは4事例程度です。

 

そんな僅かな非常識な来店者のために

禁止事項の掲示のオンパレードはナンセンスです。

 

掃除に行くので今日ここまで。

 

 

 

 

銭湯の明日 6

住込の適任者が探せるか。

店主が超ロング労働で乗り切るか。

 

銭湯を事業として存続させるためには、

両方正しくありません。

 

標準化できて初めて事業ですから。

 

仕込の適任者を探すことは極めて難しく、

超ロングで店主が頑張るには限界があります。

 

住込で月給15万円!的な募集を出すと、

応募はありますが、半年以上続いた人はおりません。(当社の場合)

 

5年以上続いている者が一人居りますが、

採用当初は通いのアルバイトで、

真面目で弱音を吐かぬ昔気質の男。

こちらから裏方住み込みで正式に社員として声をかけた次第です。

(頑張ります!銭湯大好きです!と応募してきた人は全滅です)

(頑張ります!といって頑張った人に出会ったことがありません)

 

銭湯の存族(事業化)は難しいと嘆いてばかりいないで、

売り上げを飛躍的にUPさせて、経費をダウンさせることが出来れば、

よいわけですよね。

(損益分岐を下げればよいだけです。)

 

家賃または設備投資で月100万円。

賃貸の場合でまともな設備の場合、家賃は月100万円くらいです。

1億5千万設備投資した場合でも月の返済は月100万円くらいです。

 

そもそも客数が1日300人程度(月商450万円程度)ないと

まともな設備で銭湯経営が出来ないのです。

 

賃貸で月50万円の家賃で設備ボロボロ。

設備不良を大家さんに申し出ても、

「その程度は我慢してもらわなきゃ・・・・・」となるわけです。

 

さて1日300人の来店客を目指して何をしていくのか?

 

そもそも1日300人の来店は可能なのか?

夢のない話ですが、現在150人の来店の無い店舗では無理です。

 

営業時間を延ばしたり、追加投資をすれば客数は伸びますが、

経費も上がるわけですから、別の議論になってきます。

 

まずは、1日あたり10人お客さんを増やすには、

①料金の明示

②営業時間の明示(定休日の明示含む)

店の前を通った人に目につくようにわかりやすく掲示します。

大きく、目立つように掲示します。(遠くからでも見えるように!)

3か月で1日10人くらいは増えるはずです。

 

銭湯側は、入浴料は都知事が決めているのだから

470円に決まってるでしょ。料金表も貼ってあるし・・・・・。

と思いがちですが、一般の人は銭湯の入浴料なんて知りません。

 

営業時間も店前に貼り出しているからわかるでしょ。

昔からウチは23:30閉店。今さら何・・・・?

と思いがちですが、あたなの店の営業時間なんて一般の人は知りません。

 

もちろん、ここで言う一般の人は日頃銭湯を利用しない人を指します

 

私の推定では、都民の90%は銭湯を利用しておりませんから、

まずは、入浴料と営業時間を知ってもらうこと。

 

エスキモーの氷を売ること=ブルーオーシャン

 

銭湯に明日はある!

(かもしれません)

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>