【札幌】皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子のブログ
  • 16Jan
    • ドリンクウォーマーとコンビニみやげ、その他の画像

      ドリンクウォーマーとコンビニみやげ、その他

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。今週末は共通テストだったというのに、コロナ以外にも大雪やら事件やら津波やらで大変なことになってしまいましたね…試験のことだけでも精いっぱいなのに、それ以外のことで気を揉むなんて辛かったですよね。毎年この時期は自分の受験を思い出すのですが、2日目最後の公民ができなくて、車で迎えに来てくれた親の前で号泣しながら帰った記憶があります。たしか最初に解き始めた政治経済が全然分からなくて動揺して、倫理だか現代社会だかに変えて解き始めたもののそちらもできなくて、もう一度全部消して政治経済を解き直して…とか、そんなだったと思います。(今は分かりませんが当時は当日に科目を選べたんですよね。)もともと政治経済に十分手が回っていなかったにもかかわらず、当日になって他の科目に手を出した時点で失敗なんですが、一度動揺すると頭が真っ白になって冷静に状況を把握できなくなっちゃったんですよね。時間も足りなくなってしまい、あれが最後の科目で本当に良かったですが、家に帰って新聞を見ながら○付けをして、もう一度泣いた気がします…あれから20年以上経ちますが、懐かしいですね。さて、パソコンで仕事をすることが多い夫と私ですが、最近ドリンクウォーマーなるものを夫が見つけてくれて、どんなものか買ってみました。私のはパワーを調節できなくて、45~55℃に保たれるタイプです。熱い紅茶は冷めてしまいます。グラスによって温まりやすさは違い、カプチーノのカップは全然ダメでした^^; 底に空気が入っているからでしょうね。↑このカップのことです。ウニの瓶みたいに?底が二重になっているんです。夫のドリンクウォーマーはパワー調節ができて、熱々に保つことも可能なんですが、コーヒーが煮詰まってエスプレッソになるそうです(笑)そんな中、最近の愛読書(≧ᗜ≦)੭ु⁾⁾ 恒例になっている夫のコンビニみやげなんですが、厚すぎて読むのに時間がかかっています。いや、こんなことしている場合じゃないんだけど…でも休憩休憩…笑最近決めたことは、クリニックのインターネットと電話回線、電子カルテや自動精算機の連携がどうとか、私の専門外の領域ばかりです。打ち合わせ中は、知らない用語が飛び交っています…「カテゴリ6って何ですか?」って感じです。餅は餅屋なわけで、業者さんの知識と技術は素晴らしく、助けていただきながら前に進んでいます。1月も後半、子ども達の冬休みも終わりになりました。ネット記事を見ながらお弁当用に作った「飾りウインナー(お花)」は子ども達から「ミノムシ?」「え、浮き輪…?」と散々な言われようだったので、もう作りません(笑)そんなにお花に見えないかなあ…?たしかに、仕上がりが見本と何か違うんですが(笑)少しだけJRに乗って、思い出も作りました。明日からまた頑張っていきましょう!★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 14Jan
    • シミ治療の精度を上げるの画像

      シミ治療の精度を上げる

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。シミ治療は、美容皮膚科の中で需要が多いです。しかしながら、シミ治療は簡単なようで奥が深いものなのです。とある有名な先生が「美容医療は、シミに始まりシミに終わる」という名言をおっしゃっていましたが、まさにその通りだと感じています。簡単に取れるものもありますが、簡単には取れないもの、完全には取れないものもあります。シミに見えるものは大きく分けて6つある、という記事は以前にも書きましたよね。【保存版】シミの種類とスキンケアの関係 | 札幌|皮膚科専門医・美容皮膚科女医 日景聡子公式ブログシミを治療すると聞くとトラネキサム酸の飲み薬やハイドロキノンを思い浮かべる方も多いですが、実際にはそれだけですべてのシミを治療することはできません。そして普段のスキンケアが大きく関わっているシミもあります。シミのタイプ別に特徴を解説しています。satokohikage.comInstagramでも解説しています。 この投稿をInstagramで見る 【札幌】 皮膚科専門医/美容皮膚科医 日景聡子(@skin.dr.satoko_sapporo)がシェアした投稿これらが混じっている場合、スキンケア指導に始まり飲み薬・塗り薬・機器などの組み合わせ治療が必要となり、半年~1年かけて治療する場合が多く、難易度も上がります。(無料サイトの写真です。患者様の写真ではありませんのでご安心ください。)今までの職歴で、保険診療として大学病院でのレーザー治療、自由診療としてクリニックでのIPL(フォト・光)治療、レーザー治療、薬剤による治療を行ってきました。レーザーに関してはロングパルス、Qスイッチ、ピコと多岐にわたる種類を使い、様々な波長の光を選んでシミ・アザ治療に携わってきました。そんな中で出した結論ですが、1種類のカテゴリーの機器だけで全てのタイプのシミ・アザにうまく対応するのは難しいというのが私の実感です。複数回の治療が必要になる、そもそも完全には取り切れない(ある程度薄くなるまでで終わる)、治療後に色素沈着が出るリスクが高い…など機器によって特徴があり、得意とする病変のタイプや切れ味が異なるからです。また、医学的な結果以外にも「テープを貼りたくない」「顔全体を治療したい」「遠方なので毎月札幌へ来られない」など、患者様の多様なニーズに応えきれないのです。臨床経験が積み重なるにつれ、「こういう方は、この治療が向いている」「このタイプの場合は、ココが一時的に濃くなることが予想される」など、結果だけでなく経過も予測が可能となりました。今も複数の機器や薬剤を使っていますが、ここ数年でバージョンアップされたものもありまして、いろいろ考えつつ開業先で導入する機器・薬剤を決めました。もちろん、機器の種類が多いほど選択肢が広がることは確かなのですが、一度に導入できる台数には限りがありますしね。機器選定の途中でデモ機をいくつか使わせていただき、シミ組み合わせ治療の新たなビジョンが見えてきました。これまでも試行錯誤しながら治療課題と考えていた「途中で一旦悪くなるケース」に対する選択肢が1つ増えたと感じています。もちろん、巨匠の先生が「シミに始まりシミに終わる」とおっしゃる通り、マネキンや美肌アプリのように全てをまっさらに消し去る方法は存在しませんが、これまで以上にシミ治療の精度を上げていけるようベストを尽くしていきます。導入手続きが終わり、無事に機器が搬入されましたら、具体的な治療スペックについても記事にしたいと思います。★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 12Jan
    • シミ治療後のアフターケアの画像

      シミ治療後のアフターケア

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。シミの治療にはいろいろありますが、いわゆるダウンタイムのある治療というのがあります。(ダウンタイムとは、元の生活に戻るまでの時間のことです。詳しくはこちら)シミをレーザーで治療した場合、その部分にメイクをできなくなる期間(ダウンタイム)が出てきますが、その時にテープを使ったらいいのかワセリンを塗ったらいいのか、というご質問をいただきました。結論としては、どちらでもよいと思います。テープだと、こういうものですね。このタイプは、毎日取り換える必要がありません。剥がれてきたら優しく取り替えます。治療部分が乾かないようにすることが大切で、その点からいえばワセリンでももちろん良いのですが、マスクで擦れてしまう場所であれば「毎日ワセリンを塗ってガーゼや絆創膏などで保護」にした方が安心ですね。事実、そのように指導しているクリニックが多いと思います。それぞれの施設で使う材料は違いますが、シミ治療でできたカサブタを無理に剥がしてしまうと色素沈着のもとになります(シミがぶり返したように見えます)。なので、どの方法であれ患部が擦れないように気を付けることが大切です。だいたい7~10日間で処置が終わることが多いですが、私は念のため長めに「2週間予定を空けておいてください」とお伝えしています。さて、冒頭で「シミのレーザー治療ではダウンタイムが出る」と書きましたが、機器の種類と設定次第でダウンタイムをなしにする照射方法もあります。つまり、レーザー治療の後もテープやワセリンが要らず、メイクもできるということですね。その分回数がかかることもありますが、幅広いニーズに応えることが可能になってきました。マスク生活になってからというもの、ダウンタイムに抵抗のない方が多くなってきましたが、治療箇所の数やご予算にもよりますし、様々な選択肢の中からご提供していけたらいいなと考えています。次回は、そんなお話をもう少し書きますね。【関連記事】『私のシミ治療、テープの場合』札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。先月のことになりますが、シミ治療レーザーの出力確認のため、自分の腕のシミに1shot打ちました。テ…ameblo.jp『私のテープのシミ治療経過(続き)』札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。2か月前に腕のシミにレーザーを当てましたが(緑の矢印)、遂に色素沈着が引きました。ピンクの矢印…ameblo.jpシミ取り治療はレーザーだけではありません…選ぶポイントとは | 札幌|皮膚科専門医・美容皮膚科女医 日景聡子公式ブログシミ取り治療といえばレーザーを思い浮かべる方も多いと思います。しかし現在は様々な治療法があり、それぞれで特徴があります。シミのタイプ別・患者様のご希望別にどんな治療が向いているのか、選ぶポイントを解説しています。satokohikage.com★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 09Jan
    • 更年期、狭心症、認知症など…貼布剤使用のポイントの画像

      更年期、狭心症、認知症など…貼布剤使用のポイント

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。皮膚科というと塗り薬が多いですが、実はテープの薬もあります。ステロイドのテープとしては、ドレニゾンテープやエクラープラスターが挙げられます。手のひびわれ、掻きむしってしまうところに使用していただくことが多いですね。最近は、皮膚科のみならず様々な科で貼り薬(貼布剤)が用いられるようになってきました。湿布だけではなく、更年期のホルモン補充療法、狭心症(これは前から有名ですね)、認知症、がんの疼痛コントロールなど…これから益々増えてくることが予想されますが、上手に使い続けるためのコツがあるんですね。「合わないから」と早々に諦めてしまうのは、もったいないかもしれません。下記記事で解説していますので、ご覧くださいね。貼り薬を上手に長く使い続けるためのコツ | 札幌|皮膚科専門医・美容皮膚科女医 日景聡子公式ブログ 様々な疾患に使われている貼り薬(貼布剤)。これからの高齢化社会におけるメリットが大きいのは確かですが、「赤くなって痒くなって使えない」というご相談を受けることがあります。アレルギーだと諦める前に、スキンケアを見直してみることも1つの方法です。satokohikage.com★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 06Jan
    • 開業するクリニックのロゴマークが決まりましたの画像

      開業するクリニックのロゴマークが決まりました

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。かねてから商標登録などの準備をしていましたが、開業先のクリニックのロゴマークが決まりましたのでお知らせです。(記事をご覧の環境によって、グラデーションが若干違って見えるかもしれません)納得できるものに出会うまで時間がかかりましたが、このデザインを見て「これだ!」と思ったんです。ロゴマークの希望として、①丸みがあって優しい形であること、②美容面を意識したデザインであること、③皮膚科にちなんだ部分があること、④みんなが覚えやすいマークであること、というのが条件でした。実はこのマーク、漢字の「肌」がモチーフになっているんです。「肌」が雫の形になって、光を包んでいるイメージですね。「肌を綺麗にする」という皮膚科・美容皮膚科のコンセプトにぴったりだと思い、採用しました。イニシャルのSやHも考えたんですが、エステ系も含めて結構使われていて、オリジナリティを出すのが難しかったんですよね。これから、ホームページや採用ページにロゴマークがどんどん入ってくることと思いますので、宜しくお願いいたします^^クリニック名の公表は、もう少しお待ちくださいね。こちらとしては決まっているのですが、保健所的に大丈夫そうか専門の方に問い合わせているところです。(多分大丈夫なんですけど念のため)★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 04Jan
    • お風呂あがりの保湿や塗り薬、少しでも楽にの画像

      お風呂あがりの保湿や塗り薬、少しでも楽に

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。札幌の今日の最高気温は-6℃とのこと。寒かったですねー。お風呂あがりは一目散に洋服を着たいという方もいらっしゃると思います。一度服を着てしまうと保湿剤や薬を塗るのが面倒になってしまうので、お困りの方はこちらをご覧くださいね。小さなお子様だけでなく、大人の方にも使えるコツです^^子どもと一緒の入浴後にちゃんと保湿剤を塗ってあげられる方法お子さんが何人もいると、お風呂に入れるのも一苦労。入浴後の保湿剤もなかなか塗ってあげられないですよね。この記事では私自身の体験をもとに、お風呂上がりに焦らず体を冷やさず子ども達に保湿剤を塗ってあげる方法をお伝えしています。satokohikage.com家の構造的に洗面所が寒いという方、ぜひ試してみてくださいね。ブログをご覧だった患者様から、「私もこの方法で保湿しています!」とおっしゃっていただきました。保湿剤だけでなく、塗り薬にも使える方法です。アトピー性皮膚炎の方は特に、冬の乾燥がこたえる時期ですので(もちろん加湿器で部屋の湿度を保つことも大切なんですが)、入浴後の保湿や外用が少しでも楽になればと思っています。★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 03Jan
    • 今年も宜しくお願いいたしますの画像

      今年も宜しくお願いいたします

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。あけましておめでとうございます。お正月はいかがお過ごしでしょうか?札幌は連日の吹雪で、どこへも出かける気が起きず…仕事2割、子どもの勉強の丸付け2割、食事の支度など家事2割、睡眠4割といったところでしょうか(笑)今年の初夢ですが、屋台でラーメンと焼きそばを食べまくって「美味しい~!!」と言っている夢でした( ´艸`) 幸せな年明けです。我が家はおせちをあまり食べないので、最低限のものだけ買って盛り付けました。この「桜たまご」というカマボコ、切ると中からゆで卵が出てきて可愛かったです。お雑煮も食べました^^我が家は関東にならって、四角形のお餅に醤油ベースです。(というか、めんつゆなんですけど…笑)ところで、お正月は糖質が多い食事ですよね。我が家の大晦日はお寿司と年越し蕎麦でしたし。日本の食文化的にお餅やお蕎麦、お砂糖を使った煮物が多く、アルコールを飲む機会も増えるのでビタミンが不足しやすい時期です。そして年末年始は「食っちゃ寝生活」になりがちなので、胃腸にも負担がかかりやすくなります。こうしたことからニキビや脂漏性皮膚炎が悪くなりやすいので、年末の外来ではちょっとしたポイントをお伝えしていました。「お雑煮はきのこやお肉から食べていって、お餅は最後にするといいですよ」「寝る3時間前までには食事を終えるようにしましょう」などですね。そうは言っても我が家も完璧にできていたわけではないので、野菜をたっぷり摂ろうということで今夜はもつ鍋にしました。(去年のふるさと納税の残りです^^;)↑スープがとても美味しいのはいいんですが、もつが脂っぽくて一気に食べられないのが難点です^^;明日から仕事という方も多いと思いますので、少しずつリセットできるといいですね。私はもう少し、お休みをいただきます。ところで、最近とある先生のブログを読んでいて、更新頻度がまばらなのにすごく楽しみなのはなぜなのか?と考えてみると、次回予告があるからなんだと気付きました。ネタはあっても、お忙しくて書く時間がなかなか取れないんだそうで、記事の最後に予告だけが3回分くらい書いてあるんです。私も真似してみるとして、今月のアップ予定記事は…①毎年恒例、冬のスキンケア関連記事を2つほど (過去記事再アップもありますが)②患者様からのご質問 「シミ治療のアフターケアについて」③新しいクリニックの進捗状況 (ロゴが完成した話、建物の内見に行く話、など)あたりでしょうか。私の知り合いの中にプライベート記事を中心に読んでいる人がいるんですが(笑)、最近なかなかコレといったプライベート話がなくてですね…残った時間を全部クリニックの準備に充てているからです。本当は、「ダ・ヴィンチは誰に微笑む」という映画を観に行きたかったんです。今年は私のお正月休みが長いので年明けにと思っていたんですが、札幌での上映が12月30日までだったようで…(大晦日に気づきました。涙)そんなこんなで年末年始が終わりますが、今年も明るく頑張っていこうと思います!2022年も宜しくお願いいたします^^★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 31Dec
    • 2021年、ありがとうございましたの画像

      2021年、ありがとうございました

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。2021年もあと少し、今年も1年ありがとうございました。年末年始の休暇に入り、クリスマスツリーを片付け、買い出しに行き、大慌てでふるさと納税の残りを終え(笑)、大掃除をしたところです。毎年恒例の貴腐ワインも用意しました。お酒がほとんど飲めず、普段は夫のビールを一口もらうくらいで十分な私なんですが、なぜか年末になると貴腐ワインを飲みたくなるのです。案の定、早々に酔いが回って寝てしまうんですが…こんな私がなぜ貴腐ワインを知っているかというと、医大生時代に某科の勧誘で高級ワイン屋さんへ行き、そこで貴腐ワインを飲ませていただいたからです。美味しくて感動して、他のワインをよく知らないこともあり、ずっとお気に入りなんです。(当時手厚く歓迎していただいたのですが、結局その科には進みませんでした…すみません^^;)今年のおつまみはチーズ各種&パテ、いちじく、からすみです。毎年大晦日に観るテレビといえば、「格闘技系」と「笑ってはいけない…」のハーフ&ハーフで、音声は笑ってはいけないに合わせていることが多かったんですが、今年は笑ってはいけないが放送されないので紅白を観ています。お寿司とお寿司のマグカップ^^ひとまず食べて、笑って、酔って、寝ます(≧ᗜ≦)੭ु⁾⁾2021年も大変お世話になりました。ありがとうございます。数多くの患者様に受診いただき、診療以外にも仕事でご縁をいただいた方々にもたくさん助けていただきました。無事に1年が終わり、ホッとしております。皆さま、良いお年をお迎えください!来年もどうぞ宜しくお願いいたします^^★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 29Dec
    • 年忘れボトックスの画像

      年忘れボトックス

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。今年は、昨日が仕事納めでした。月曜日が仕事納めの方も多かったのか、一昨日は外来がものすごく混み合いまして、大変お待たせいたしました…昨日の昼休みは、ボトックスを打っていただきました(痛くて自分では打てません^^;)。いつも通り額と眉間と目尻と、エラのボトックスです。エラは前回お休みしたんですが、再び食いしばりが多くなってきたような気がして…人によって表情のクセがありますが、眉間のシワは視力の問題でも増えてきます。大して怒っていないはずなのに…という場合でも、近視や老眼で目を細めることが多いと、眉間にシワが寄っていることが多いです。シワはシミと違い、はっきり目立つ前に治療すると◎ですね。『老眼に伴うシワの悩み、早めの対策を』札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。40歳を過ぎると、老眼に悩む方が増えてきます。もともとメガネをかけていなかった人ほど早い時期から悩…ameblo.jp★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 27Dec
    • 飲み薬でも塗り薬でもフォトでも変わらなかったシミの画像

      飲み薬でも塗り薬でもフォトでも変わらなかったシミ

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。現職でのご予約の関係上、シミ治療については記事にしない予定だったんですが、最近このご相談が何例か続きまして…タイトルの通り、「飲み薬や塗り薬やフォト(光治療)など今までいろいろ治療を試したんですが、ちっとも変わらなかったんです」というフレーズをよく耳にします。それって、そもそも本当に「シミ」だったのでしょうか?というお話です。公式サイトに書きましたので、詳しくはこちらからご覧下さいね↓それって本当に「シミ」なんでしょうか? | 札幌|皮膚科専門医・美容皮膚科女医 日景聡子公式ブログ 「シミ治療をしたけれど、治らなかった」というお言葉を耳にします。シミには様々な種類がありますが、そもそも「シミに見えてシミでないもの」も混じっています。それを一つ一つ見分けながら治療計画を立てていくのが皮膚科専門医の仕事です。当然、癌が混じっていないかを確認することも重要です。satokohikage.comなお、今まで公式サイトとして使用してきた上記ページですが、クリニックのホームページとして移行していく予定です。少しずつ変わっていく部分もあるかと思いますが、宜しくお願いいたします^^★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 26Dec
    • 【記事紹介】更年期障害になりやすい人の特徴とは?の画像

      【記事紹介】更年期障害になりやすい人の特徴とは?

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。先日、ブログタイトルのような内容の記事を見つけました。更年期企画 第2回「30代からできる更年期障害の予防!プレ更年期の特徴と対策」 | 健康 | UP LIFE | 毎日を、あなたらしく、あたらしく。 | Panasonicホットフラッシュからイライラ、頭痛まで多彩な症状がある「更年期障害」。前回の記事「女性の更年期はいつから?知っておきたい更年期障害の原因と症状」では、更年期障害の全体像を解説しました。第2回目の記事では、更年期障害をむかえる前にやっておきたい「準備」や「予防」についてお話しします。監修は、更年期医療のエキスパート・「よしかた産婦人科」の善方 裕美先生です。panasonic.jpええっと…私、めちゃめちゃ当てはまってました(笑)家族や職場の人間関係に恵まれていることは、感謝しなければなりませんね。運動習慣…ホントこれが難しくて(笑)パワープレートも細々と頑張っていたんですが↓、最近は忙しくてサボっちゃってます^^;『苦手だけど再び頑張る』札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。8月は、夏休みもあったせいか甘いものが多かった気が…次女と作ったオレンジムースとティラミスに加え、…ameblo.jp年内に決めなきゃいけないことが多すぎて…40歳になり、開業することになり、おばあちゃんになるまで仕事を続けることがほぼ決定したわけですが、自分の体が健康でないと今と同じようなパフォーマンスを出し続けることは難しくなります。なので、自分の健康を維持するための取り組みは必要だと、頭ではよーく分かっているんです。(俗にいう、P/PCバランスというものですね。)でも、体がついてこないんですよねー^^;仕事して、家のことをして、クリニックの準備して…と優先順位をつけていくと、運動が必ず最後になってしまいます。運動する時間があったら、その分寝たいんです(笑)友人で、パーソナルトレーナーをつけて体のメンテナンスをしている人が何人かいますが、本当にすごいなあと思います。私の体形もあってか、長女や次女のスポーツ系の習い事で知り合ったお母様から「○○ちゃんのお母さん(私)って、新体操とかバレエとかやってたんですか?(=だから子どもにもスポーツを習わせているんですか?)」と聞かれることもありましたが、とんでもない(笑)床に手がつかないので、パワープレートで頑張っているんです(≧ᗜ≦)੭ु⁾⁾ひとまず、プレ更年期として準備を始めた方がいいことは確かなので、できることから頑張ってみます。(と書いている時点で、できないんだろうな…^^;)話は変わって、今年のクリスマスケーキは去年と微妙に違いました。去年はこちらです。鼻とツノが違いますよね^^今年も美味しく食べました。★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 24Dec
    • クリスマスイブの画像

      クリスマスイブ

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。今日はクリスマスイブですね。なんと、子どもの塾がお休みでした(笑)←クリスマスが理由かは分かりませんが、てっきり塾があると思って夕ご飯を作っていた今朝、聞いてびっくりしました(笑)先生方も、クリスマスは家で過ごしたいですよね。我が家はもともと明日お祝いする予定で、ケンタッキーやクリスマスケーキを予約しています。ケーキは、今年もルタオのチョコレートケーキ。明日も同じ絵しか撮れないので、写真は去年のもので(笑)毎年クリスマスケーキの冊子が届くので子ども達に見せるのですが、ルタオがいいと言って即決です(≧ᗜ≦)੭ु⁾⁾一度気に入ったら同じものを長く使う(あるいはリピートする)という私たち両親の性格を受け継いだのかもしれませんが、子どもなんだからもうちょっと他のお店のケーキを選んでもいいんだよ、と思ってしまいます^^ケンタッキーを頼むのも毎年同じなんですが、「変わらない」ということが安心でもあるのかもしれませんね。私たち夫婦も仕事で日々目まぐるしく変化し、子ども達はコロナ禍の中でも頑張って学年も上がっていきますから、家族で過ごす時間はいつもと同じくらいがちょうどいいのかもしれません。日本でのクリスマスは毎年同じなので、アメリカでのクリスマスの思い出を載せちゃいます(でも、これも何度か載せているな…笑)ホームセンターでは本物のモミの木が大きさ別に売られています。こちらはコストコ。こんなに大きいのに31.99ドルということで、びっくりした記憶があります。ちなみにコストコ、アメリカでは「コスコゥ」というような発音です。COSTCOのTは言わないんですよね。寒すぎて学校が何度も休校になったアメリカ。スクールバスが運行できないからなんですが、外に出るとスマホが冷えすぎて電源が切れました(笑)クリスマスの家を作るキット、子ども達と一緒に作りました。ちなみにハロウィンのお菓子の家は、フライングして食べた人がいます(笑)クリスマスの家はジンジャーブレッドというお菓子で作ることが多かったのですが、紙を採用したのは上記の理由です(≧ᗜ≦)੭ु⁾⁾ ←ハロウィンの時、長女が怒っていました…こちらはミシガン州のフランケンムースにあるクリスマスワンダーランド。1年中開いているクリスマスショップです。なんと、お寿司のオーナメントもあったんです^^この子たちは、サモアというお菓子をモチーフにしています。クラッカーにチョコと焼いたマシュマロを乗せて挟むんです。↑これですね。(2019年夏)我が家のクリスマスツリーにもサモアのオーナメントがいますが、見つかりましたか?^^拙いながらも、アメリカでの主婦生活を頑張っていたあの日。実はミシガン州は現在アメリカでのコロナ状況ワースト1らしく、悲しいです…2021年もコロナで大変ではありましたが、家族元気に1年を終えられそうで、ありがたいことです。皆さまも、素敵なクリスマスをお過ごしください^^★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 22Dec
    • コロナ禍での内装スケジュールの画像

      コロナ禍での内装スケジュール

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。最近、「…えっと、先生、これは年内に決めないとマズいですね」と言われることが多くなっています(笑)コロナ禍の影響などで、半導体関係が品薄なんだそうです。開業に必要な電子カルテのパソコンや医療機器の部品など、様々なものが影響を受けているので、早めに発注しないとダメなんですって。その他の品薄なものとして意外?だったのは、トイレ。ウォシュレットは東南アジアで作っているんだそうです。そんな話をあれこれしながら、内装の打ち合わせをしていました。内装は、実はもうほぼ決まっています。というより、現時点で決定していないと材料が間に合わないのです。最後の詰めとして、コンセントの種類…これが私にとっては盲点で。コンセントってボルトだけじゃなくて、穴の数や形も大事なんだそうです。導入する機器に合わせなければならないんですよね。設計に関しては建築士の方がプロフェッショナル過ぎて、私の思いを形にしつつ使いやすさや見栄えなども重視して作ってくださっています。ちなみに、診察室と施術室は全室個室にしました。「天井は繋がっている」ではなく、完全に独立したお部屋です。カーテンによる仕切りもありません。建物上の問題で完全防音は難しいのですが、遮音性の高い壁を採用し、できる限りプライバシーが確保される構造にしていただきました。その分、スプリンクラーなどもふんだんに配置し…消防法など、いろいろと決まりごとがあるのです。CGができましたら、ご紹介しますね。ビル自体は、もうすぐ完成するそうです。★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 20Dec
    • Q: 何歳から美容の治療を始めたらいいですか?の画像

      Q: 何歳から美容の治療を始めたらいいですか?

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。美容の治療は、年齢によって主なお悩みが分かれてきます。大まかですが、20代の方はニキビ痕、30代の方はニキビ痕・シミ・毛穴のお悩みが多く、40代以降の方はシミ・毛穴・シワ・たるみの中からご自身の優先順位の高いものをおっしゃる場合が多いです。この間、30歳前後の方から「たるみの治療って何歳から受けたらいいですか?」とご質問を受けました。治療の特徴を踏まえつつ、いくつか学会で聞いた話を総合して私の考えを書きますね。たるみ、フェイスラインの治療はいくつかあります。機械治療では、①「1〜2ヶ月ごとが目安の、マイルドでコツコツ続けていき穏やかな変化を求めるもの」と、②「半年~1年に1回の治療でしっかり変化を出していくもの」があります。私が定期的に受けているウルトラセルは、②に当たります。②のタイプの機械は、皮下脂肪や筋肉のレベルまで熱をしっかり加える治療です。熱で組織を壊して、新しく作り変える時にリフトアップ効果を発揮します。なので、適正な治療頻度や回数を超えてやり過ぎるのは、必要以上に傷を付けることになってしまいます。35歳を過ぎてから始めていくのが理想とのこと。たとえ美容のアンテナが高くても、お金があったとしても、10-20代からガンガンやっていくものではないということですね。効果がしっかり出るということは、体に強い変化を与えるということですので…①のタイプ、マイルドにコツコツ続けていく治療は体への負担も少ないので、メンテナンスとして28歳頃からスタートすることが可能です。穏やかに予防していきたい方に向いている治療ですね。実際には、お悩みの程度に合わせて機械と注入を組み合わせています。たるみの機械治療で効果を実感しやすいのはフェイスラインや顎下のもたつきで、これは顔の成り立ちによる(解剖学的な)理由です。ほうれい線や目の下のクマなど顔の中心(外側でなく)にあるお悩みは、ある程度は機械で改善できますが、ヒアルロン酸などの注入が必要になってきます。↑ほうれい線や目の下のクマ(原因の一部ですが)は医学的に「たるみ」の仲間です。ヒアルロン酸や表情シワ対策のボトックスは、35歳辺りから進行予防も兼ねて始めていくと、5年後10年後が違ってきます。20代でヒアルロン酸治療を希望される方もいますが、この場合は年齢による変化というよりも、生まれ持った骨格から来るお悩みを補正する意味合いが大きいですね。いずれにしても、医療ですので効果と副作用はワンセットであり、それぞれの治療で適正な頻度・回数というものがあります。それを超えてしまうと、体への負担が大きくなりますし治療効果が出なくなる場合もあります。あとから一気に治療を詰め込んで巻き返すことは難しいですので、適齢期から適正な頻度で治療を続けていただきたいと思います。このテーマに関連して、かつて音声ブログでもお話ししましたので(2019.12.18)、参考にしていただければと思います。「何歳くらい若く見えるのがいいんでしょうか?」(↓写真をクリックすると、音声ブログへ飛びます。)★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 19Dec
    • ウィメンズヘルスアドバイザーの勉強会でしたの画像

      ウィメンズヘルスアドバイザーの勉強会でした

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。昨日は、ウィメンズヘルスアドバイザーの勉強会でした。スライドをたくさん作ったので内容が盛りだくさんで、持ち時間の45分では終わらないかも…と主催の佐藤みはる先生にご相談しました。最大90分使って大丈夫です、とおっしゃっていただき、70分お話ししました。ウィメンズヘルスアドバイザーのメンバーは専門職の方も多いので、医学的な内容はもちろん入れたのですが、医療職ではない方々からよくいただくご質問についても載せました。ウィメンズヘルスアドバイザーのメンバーの中には、お客様からの更年期相談を事業としている方もいます。そのため、メンバーの「その先」にいる方々のことも考え、よくあるご質問にどのように答えたらいいかについても盛り込みました。私への質問タイムでは、笑いありの和気あいあいとした雰囲気で、あれこれとお答えできたかなと思います。お役に立てたようで安心しました。年内のセミナー関係はこれが最後です。来年は、諸々のスケジュールと折り合いをつけながらお引き受けしていこうと思います。★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 18Dec
    • クリニックロゴの最終段階の画像

      クリニックロゴの最終段階

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。デザイナーさんに頼んだクリニックのロゴが完成しつつあります。ロゴ「マーク」は完成したのですが、クリニック名の色の微調整が必要かな?というところです。実は、フォントとかも結構悩んだんですよ。例えば、このスライドやブログ(PCから見た場合)のフォントはメイリオを使っています。一方、このフォントは「花とちょうちょ」。有料フォントですが、可愛いですよね。Instagramでよく見かけます。 この投稿をInstagramで見る 【札幌】 皮膚科専門医/美容皮膚科医 日景聡子(@skin.dr.satoko_sapporo)がシェアした投稿フォントはフィーリングの部分もありますので、いくつかご提案いただいた中から「これがいいかな」というものを選び、あとはロゴマークとのバランスで色を決めました。それが、仕事着の色と重なったので撮った1枚が上の写真です。色の微調整が必要、というのは、内装の壁に反映させた場合にどうなるかをシミュレーションしているからです。ロゴマークは、自分のお気に入りのものができて大満足です^^あまりに惚れ込んだので、商標登録の手続き中です。ずっと安心して使えるように、クリニックの財産として守っていくためです。世の中これだけの会社がある以上、意図しなくてもそっくりなロゴマークが生まれてしまう可能性はあると思うのです。その時、「ウチを真似したロゴマークを使わないでください」と向こうから訴えられたら、何もかも全て変えなければなりません。当然ながら逆のパターンもあり得るわけで、先方のロゴマークによりこちらに支障が出る場合は法的な対応をしなければなりません。商標登録は、先に出願したもの勝ちです。先に使っていたことは関係ありません。末永くロゴマークを使っていくためにもこうした準備を進めています。細かいことなんですけどね。(事実、商標登録されていない先生方もたくさんいらっしゃいます。)手続きが完了しましたら、ロゴマークを使っていきたいと思います^^ちなみに、名前のイニシャルであるSやHは使っていません。それこそ似たようなロゴマークがたくさんありますので(笑)★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 17Dec
    • 「帯状疱疹って一生に一度きりだと思っていました」の画像

      「帯状疱疹って一生に一度きりだと思っていました」

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。年末年始は忙しいので、帯状疱疹(たいじょうほうしん)の患者様が増える季節です。帯状疱疹は体の一部に水ぶくれができる病気で、水ぼうそうのウイルス(ヘルペスウイルスの一種)が関係しています。水ぼうそうが治ったあともウイルスは体の中に潜伏していて、疲れたり免疫力が低下すると暴れだして再び水ぶくれを作ってきます。水ぼうそうは全身に水ぶくれができますが、帯状疱疹は体の一部分だけに出ます。運の悪い方は、インフルエンザで弱っている時に帯状疱疹になってしまいます。その帯状疱疹ですが、「一生に一度の病気」と思っていらっしゃる方が結構多くて、一度なったら一生ならないと誤解されていることもあります。帯状疱疹、2回目3回目の方も珍しくありません。(小学生で帯状疱疹になってしまうお子さんもいます…)もちろん毎年のようになる方はまれですが、高齢化もあるので一生に一度で済まないケースも多くなってきました。2回目3回目は、以前と同じ場所とは限りません。帯状疱疹は、皮膚に水ぶくれが出てくる前に前触れの痛みがあります。頭が痛くて脳外科でCTを撮ってもらった、肩こりや腰痛で整形外科に行った、胸が痛くて循環器内科で心電図の検査をした、でも何ともなくて…数日したらブツブツが出てきて皮膚科に来ました、というパターンが多いですね。顔の帯状疱疹では、耳周りや顎のリンパ節が発疹よりも先に腫れてくることがあり、耳鼻科でCTの予約を撮った、抗生物質が出された、というケースもあります。処方された湿布にかぶれました、と受診される場合もありますね。(実際はかぶれたのではなく、痛みがあった部分に水ぶくれが出来てきたということです。)しびれる感じ、チクチク刺さる痛み、奥から来る重だるく鈍い痛み…帯状疱疹の前触れかもしれませんので、数日間はその辺りの皮膚をチェックしておくといいですね。帯状疱疹は左右どちらか、体の半分だけ出ます。(左側の胸~背中など)帯状疱疹は皮膚に症状が出てから早めに薬を飲んだ方がいいので、判断に悩む場合は皮膚科で診てもらうと安心です。痛みは個人差がありますが、結構辛い病気です。帯状疱疹の痛みは神経痛なので、体が冷えると痛むんですよね。口唇ヘルペスなどもそうなのですが、ヘルペスウイルスは体から出ていくことがなく潜伏し続けるので、再発することはあり得ます。一度なったことがあっても安心せずに、年末年始を乗り切りたいですね。【関連記事】口唇ヘルペス、ムズムズした段階で皮膚科へ!新しい飲み薬の飲み方も行楽シーズンや運動会シーズンは口唇ヘルペスの出やすい時期です。今まで市販薬で頑張っていた方、新しい飲み方で処方できるようになったので、繰り返す場合は皮膚科で相談してみませんか。食事や会話に支障が出るので早めの治療が肝心です。日常生活の注意点も解説しています。satokohikage.com★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 16Dec
    • スライド作りの天敵の画像

      スライド作りの天敵

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。今週末にウィメンズヘルスアドバイザーの勉強会があり、スライドを作っているところです。ウィメンズヘルスアドバイザーとは、更年期を支援する民間資格なのですが、私以外にも歯科医師、助産師、看護師、美容師、など本業の資格を持った人も取得しています。そのメンバーへ向けて持ち回りで講師を担当するのですが、今回は私の番なのです。いつものセミナーは一般の方を対象にしておりますが、今回はウィメンズヘルスアドバイザーのメンバーの勉強会なので、女性ホルモンの基礎的な部分を割愛し、その分アドバンスとして専門的な内容を入れています。最近はずっと、こうしたセミナーの資料やクリニックの資料を作ったり、パワポと向き合ってばかりなんですが…BGMのチョイスを間違えると、大変なことになります(笑)というのも、YouTubeをBGMにすることが多いのですが、私がハマってしまった動画があるんです。この方!ベーシストのtmswさんです。手元がカッコよすぎですよねー。見入ってしまって、スライド作りの天敵なんです(笑)ちなみに、「劣等上等」という曲はこの動画で初めて知ったのですが、長女は当然のように知っていて「この曲は有名です」とのこと。そうなんですね^^;(我が家は夫も私も流行に疎すぎるので、こうした情報ソースは常に長女です。笑)個人的にはYOASOBIのカバーが好きですね。私は大学時代にバンド活動をしていたことがあり、その時ベースだった同期が「男は黙ってベースを弾くのがカッコイイんだよ!!」と言っていたことを思い出し…確かにそうだ(≧ᗜ≦)੭ु⁾⁾今の私からは自分でも想像できないんですが(笑)、当時エレキギターを弾いていて、楽譜のない曲を耳コピしたりしていました。手が小さい私はコードを押さえるのに苦労して腱鞘炎になってしまい、結局諦めちゃったんですが、そんな思い出も蘇ってつい見入ってしまうのです。tmswさんと他のギタリストやドラマーとのリモートバンドも、これまたいいんです。「夜に駆ける」のカバーとか。ずっと観ていたら仕事が進まないので、スタバのクリスマスBGMに切り替えていたんですが、AAA好きの長女から「再生回数を上げてほしい」と言われ、今度はそちらを聴いている最近です。(うっかり「AAA解散」と口走るとめちゃめちゃ怒られます^^; 正しくは「活動休止」)。クリスマスの紅茶とともに…スライド仕上げます!★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 15Dec
    • ハイフの治療間隔についての画像

      ハイフの治療間隔について

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。昨日の昼休みは、久々にウルトラセルを受けました。最近よく耳にするようになった、ハイフ(HIFU:高密度焦点式超音波)ですね。ハイフにつきましては、数年前まで「それ、何ですか?」という患者様が多かったのですが、近頃は以下のようなご質問をよくいただきます。「クリニックによって治療間隔が違うのはどうしてなんですか?」これは、ハイフの機種によってパワー(平たい言い方ですが)や設定、ショット数などが違うからです。ハイフは超音波を使った機器です。虫メガネで太陽の光を集めたことがあると思いますが、あれと同様に超音波が焦点を結ぶことによって熱を発生させる原理なのです。その焦点を結ぶ時に達する温度や熱の入る範囲が、機種によって違うのです。焦点が甘ければぼんやり広範囲に熱が入りますし、焦点の精度が高いとピンポイントに高熱になりますし、あとは機器の性能や何ショットをどう打つかにもよります。ハイフにはたくさんの種類があり、一般論しかお伝えできませんが、このようなことから機種ごとに推奨される治療間隔が決まってきます。ウルトラセルの場合、当然打ち方にもよりますが、半年前後としている施設が多いと思います。ハイフは強い方がいいのか、しょっちゅう受けた方がいいのかとご質問がありますが、強さと治療間隔は概ね反比例しますし、強いものほど痛いというのもあります。最も強い機種(焦点の精度が非常に高く、焦点が達する温度も他の機種より高い)であれば、1年に1回前後としている施設もありますが、仮にこれを月1回当てたとすると、熱が入り過ぎて効果よりダメージの方が大きくなります。(価格的に考えて月1回はそもそも難しいでしょうけれど)ハイフは焦点を利用する機械ゆえ、色ではなく深さに依存します。どこに焦点を合わせるかということですね。皮膚から6mm、4.5mm、3mm、2mm、1.5mmなどという設定を組み合わせて皮下に熱を加えていきます。↑これはウルトラセルの説明図です。この熱の入れ方は、ミルフィーユのイメージですね。「たるみ治療にはハイフが最強!」というようなフレーズを見かけたことがありますが、その理由は機器による治療で最も深い場所(4.5~6mm)に熱を入れられるものがハイフだからです。深さに依存する機械の特徴ですね。(顔立ちによって一番良い治療は変わってきますので、上記のような書き方はどうかな…と個人的には思います。)ただ、深く入るといってもハイフはミルフィーユですので、機器でもっと効果を出すのであれば、他のカテゴリーのものでミルフィーユの隙間を埋める必要があります。たとえばサーマクールのような高周波は熱の入り方がミルフィーユ状ではなく、メインのターゲットが真皮~皮下脂肪層で(上の図でいくと1.5~3.0mmあたり)、「ようかん」のように熱が入るとご説明しています。(うまく伝わっているんでしょうか?笑)ハイフは、どの深さにどう打つかでも治療頻度が変わってきます。そのあたりを踏まえつつ、診察の際のお話を聞いていただければと思います。今日は、Q&Aでした^^ 今回のものではないですが、私の治療記事を載せておきますね↓【関連記事】『ウルトラセルの日でした』札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。今日は、自分の勤務先でウルトラセルによる治療を受けてきました。たるみの機器治療です。前回はいつ…ameblo.jp★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせ==================バナーをクリックして下さいね!

  • 13Dec
    • 地下鉄新さっぽろ駅の予告広告の画像

      地下鉄新さっぽろ駅の予告広告

      札幌の皮膚科専門医/美容皮膚科 女医 日景聡子です。先日の記事で退職の旨をお伝えしましたが、翌日に患者様から「先生ブログ読みましたよ!」とお声がけいただいたり、SNSのコメントや個人的なメッセージで友人や先生方からご連絡をいただいたり、皆様ありがとうございました。少し前からなのですが、地下鉄新さっぽろ駅の構内に予告広告が出ています。住所や診療時間等、詳細が決まりましたら差し替えることになっています。このピンクの感じ、私にしては珍しいかもしれません。ブログやSNSに写る私を見てお気づきと思いますが、好きな色はベージュ、カーキ、グレージュです。過去記事より…これらの色に包まれていると、落ち着くんです。ただ、看板となると話は別で、パッと目を引かないと見てもらえませんよね。特にこの場所は、みんながダーっ!!と階段を駆け下りる場所ですので…一瞬見ただけでも記憶に残るよう、あえてハッキリしたピンクを使ったデザインにしていただきました。「当駅から直結予定」の下に小さく書いているんですが、「2023年11月完成予定」です。JR新札幌駅・地下鉄新さっぽろ駅との連絡通路ができると、雨に濡れずにいらっしゃることが可能です。この広告は、サンピアザ・カテプリ側から降りる階段です。新さっぽろ駅をお使いの方、探してみてくださいね^^ (私も木曜日に新さっぽろ駅を使うので、この間チェックしました。)==================★お知らせ★今後、ご予約を考えていらっしゃる方は、こちらの記事をご確認のうえご連絡いただけますと幸いです。退職と開業のお知らせバナーをクリックして下さいね!