こじんまりとですが、2年前にフラワーエッセンスとアロマセラピーの勉強会を二週間前に台湾で行いました。

 

 

 

 

 

 

この勉強会は、その5年前に台湾に風水の勉強のセミナツワーに参加した時、台湾の神様からお言葉をいただくという時間があり、その時に神様からも、言われていた話。

 

(と勝手に思っています)

 

 

勉強会を開催した「食在自在心空間Spaco」の

店長さんはじめスタッフさんたちと、

私を呼んでくれたお友達、

通訳をつとめてくれたイーピンさんと

 

 

 


店の皆さんは、ホメオパシーは詳しいので、

ひいていた風邪の症状を相談して、

ホメオパシーを買ってきました。

 

しかも、オーナーさんはマレーシアの御出身。


ご出身の国の古くからの薬草の智慧を使った肺へのアプローチを教えてくださいました。

 

 

 

 


卵にヨモギを詰めて(中略)気管支から肺を上から下に撫でる

 

 ↓

 

変形

 

 ↓

 

形から原因もわかる!

 

というもの。

 

すごく興味深いですね。

 

コーヒー占いみたい?

 

 

 

 

 

さてさて、勉強会を開催した台湾の台北の台湾大学の近く、台湾のカルチェ・ラタンのような街(日本だと御茶ノ水とかかな?)にある自然療法のお店「食在自在心空間Spaco」さん

 

 

ヒマラヤンフラワーエンハンサーズ、

 

レイエッセンス、

 

LTOE、

 

パワーオブヒーリングエッセンス、

 

マウントフジ

 

のフラワーエッセンスが置いてました。

 

 

 

 

 

 


もちろん台湾は

 

バッチフラワーエッセンスの

 

ヒーリングハーブス、

 

ネルソンはもちろんのこと、

 

FESも売っているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

台湾は世界の代替療法も沢山入ってきてる国、

経済成長率はマイナスの日本と違いプラスの国、

人口は2千3百万人だけど、世界で一番話す人が多い中国語を使う国、

とても将来性がある国だと感じました。

 

だって、世界中にフラワーエッセンスが広まれば、もっと平和な世界になると信じているので。

 

 

 

 

 

 


戦前、日本は台湾に侵攻して支配、日本語を台湾の人に強制的に使わせて、兵隊としても取り立てたりしました。

 

そんな国の私を歓迎してくれて、すごく、ありがたいな、って思いました。

 

(私だったら、反発しちゃうから)

 

日本の台湾支配に関して「良い面もあった」っていう人もいますが、それは、一部のアメリカの人が

 

「広島・長崎の原爆投下は、戦争を拡大しない為に役立った」

 

っていうのと同じになっちゃうと思うのです。

 

これ、日本人が聞くと違和感感じるでしょ?!

 

(私たちは、ただ、原爆は悲惨だ、だから二度と繰り返してはいけない、って言っているだけなのに、言い訳を聞くと、なんだか、違うぞって感じるでしょ!)

 

本来は、どちらも、あるべきことではないのです。

 

自分が自分を殺すような戦争は、間違っている事なのです。

 

(他人を殺しているように見えて、自分を殺しているのです)

 

少しでも、世界と自分がつながった経験を知っている人にとっては、これは、真実なのです。

 

 

 

 

 

 

 

話は変わり、ヒマラヤンフラワーエンハンサーズのタンマヤさんはオーストラリア人。

 

日本の海軍は、戦時中、オーストラリアのシドニー湾を攻撃したことがあるのですよ。

 

知ってる人も少ないけれど。

 

70年前の世の中だったら、私はタンマヤさんに、教えを請える立場ではなかったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

世界中の国の人達と、仲良く繋がっていられる現代は、本当に素敵な世の中。

 

平和を守らなきゃいけないな、と改めて感じました。

 

なんだか、フラワーエッセンス販売事情から話が、外れてしまいましたが・・・。

 

平和な世に貢献する為に、今日も、フラワーエッセンスで、自分を少しでも浄化できると、いいな。

 

そして、多くの人にフラワーエッセンスが広まる為に今日もがんばろう!

 

 

 

※台北の隠れ家的な自然療法のお店

 

「食在自在心空間Spaco」さんの住所

 

106 台北市
台北市大安區羅斯福路二段101巷10號

 

 

 

 

フラワーエッセンス・占星術・タロット

虹の花(スカイプ・ズームで全国対応可)

 



11月27日はフラワーエッセンスの創始者バッチ博士の命日です

バッチ博士に関して今の状況と照らし合わせてとても感慨深いレクチャーの記憶があります。

カリフォルニアのフラワーエッセンスメーカーFESでのセミナーに行った時の創始者リチャードさんのお話。






素敵なFESの正面玄関



それは2007年の初めてのFESか2回目の2010年か、どっちだったか覚えていないけど。

リチャードさんによるとバッチ博士が研究にいそしんでいた頃は第一次世界対戦後、そして第二次世界対戦に向かいつつあった頃。

戦争の靴音が密かに迫りナチスが台頭する頃でした。

そういった社会状況の中、バッチ博士はフラワーエッセンスの開発に勤しんだそう。

リチャードさんによると

「今の状況はその当時と、とても似ているから、危惧している」

と。

私も、そうだなと思った。

なんとなくであったが

そして今思い返すと、その時よりも、今なお一層そういった時代状況に近いのではないかと思う。

戦争が、すぐそこにあるようには見えないけれども。

でも皆が一斉に同じでなければいけないという社会ができるということは結局はそういったことなのである。

皆が盲目になり第二次世界大戦に突入した時代状況だったと思う。





フラワーエッセンスは個人の目覚めを促すものである。

私はフラワーエッセンスが普及して欲しいけど皆が使えば良いとは思わない。

人によってあう、合わないがあるから

好きな人が使えばいい。





ただ、何によってもいいから、

個人個人が自分らしく

そして幸せであり

かつ、それが世界の平和に繋がる

そんな風になればいいな



 

 

   

フラワーエッセンス・占星術・タロット

虹の花(スカイプ・ズームで全国対応可)

 

「台湾の台中で蘭の花を見ました」の第二段です。

 

家政婦じゃないけど。

 

(「家政婦は見た」って、知っています?)

 

 

 

 

 

私は知らなかったのですが、蘭の花の一つが、リビングトゥリーオーキッドエッセンス「リデンプションドリーム」の蘭の花でした。

 

 

 

 

 

 

リビングトゥリーオーキッドエッセンス

 

リデンプションドリーム

 

子供の頃に持っていた魂が抱いていた夢を再び取り戻すためのエッセンス








今回、台湾の友人と、一緒に旅行して話す時間があったので、沢山、話をしました。

 

そうしたら、日本女性って、台湾の女性に比べ、魂の夢を持ち続けるのって、大変だな、って感じました。

 

意外に思うでしょうけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

台湾のほうが、仕事を続ける女性に対して、日本よりは、過ごしやすそうだなって、なんとなく肌で感じるのです。

 

友人が、常に、自分の夢を追い求める人だからかもしれないけど。

 

でも、やはり、台湾の友人も、

 

「日本の社会は窮屈そう」

 

っていうから、外国人でも、わかるのだなって感じがします。

 

(何回か日本に来たことがある)

 

 

 

 

 

 

 

なので、とくに、日本女性には、社会や周りのせいで、あきらめた夢がたくさんありそうだと感じています。

 

だから、おおいに、このフラワーエッセンスで、子供のころの夢を取り戻すためにも、使うといいんじゃないかなって感じます。

 

私も、子供のころから大人になるまで、長年かけて、社会や周りの人の考え方から自分の本来の考え方を曲げてきたな、って感じます。

 

 

 

 

 

 

もちろん、フラワーエッセンスに出会ってからは、魂の道を、少しづつ歩めるようにしてきたつもりです。

 

でも、ときどき、他人の目に合わせて、自分本来のやりたいことを、我慢しているなって、感じます。

 

修正しようと努めていますが。

 

 

 

 

 

 

 

このフラワーエッセンス、そして、ほかのフラワーエッセンスも使い、

 

みんなで、自分本来の道、魂の道を歩みましょう!

 

それが、フラワーエッセンスの本来の使い方。

 

私は、フラワーエッセンスのことを、そういう風に、思っています。

 

 

 

 

 

フラワーエッセンス・占星術・タロット

虹の花(スカイプ・ズームで全国対応可)

 

 

 

 

 

陽気・楽しみ・やる気のエネルギーを持つフラワーエッセンス

 

なおかつ、物事を動かしていきたい方へ。

リビングトゥリーオーキッドのドラゴンマスクのフラワーエッセンス

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、お伝えしたように、昨日、台湾の台中の「世界花卉博覧会」に行きました。

 

蘭の花を見てきました♪世界花卉博覧会@台湾

 

平日なのに、なぜ、こんなに人が多い?ってくらい、普通のおじさん、おばさん、こどもたちが来ていました。

 

なんか、台湾の人って、蘭に対しての愛情が違います。

 

日本は、愛好者は、いるけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな熱気にやられた中で、惹かれて撮った一枚の写真。

 

蘭のフラワーエッセンスで有名なリビングトゥリーオーキッドのドラゴンマスクを作るのに使われた蘭の花だそう。

 

友達が教えてくれました。

 

私は、使っていないけど、リビングトゥリーオーキッドのフラワーエッセンスの評判は、強い作用のあるフラワーエッセンスだと聞いています。

 

 

 

 

 

制作にかかわるババプーレ博士は、この花のことを、「京劇でかぶられている仮面」のようと言っていたそう。

 

たしかに、京劇のマスクをつけた顔のようなインパクトのある花!

 

 

 

 

 

 

兵隊のような、勇ましいエネルギーも感じます。

 

まさしく、やる気のエネルギーを持つフラワーエッセンス。

 

しかも、ものごとを動かしたい人に良いそうです。

 

これから、なにかをしようとする人に、いかがでしょうか?

 

 

 

 

 

台湾の友人によると、日本と台湾のつながりの記念日のような日に、制作が始まったそう。

 

そんな、いわくのあるフラワーエッセンスの花の写真を撮っていたなんて、これまた、シンクロしていて、面白いなと感じました。

 

 

 

 

フラワーエッセンス・占星術・タロット

虹の花(スカイプ・ズームで全国対応可)

 

 

2年前に台中でワークショップをしたとき、「世界花卉博覧会」に行き蘭を見ました。

 

 

 

世界の蘭の飼育?は台湾とオランダが競い合っているそうです。


蘭の花に対しての情熱が日本と比べ物にならない感じでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蘭の花は本当にインパクトがありますね。

 

 

 

 

 

 

 

フラワーエッセンスでも、蘭の花ばかり扱ったフラワーエッセンスがあります。

 

「リビングトゥリーオーキッドエッセンス」というフラワーエッセンスのメーカーさんです。

 

イギリスのフラワーエッセンスのメーカーです。

 

蘭の花を見ていると、なんだか、フラワーエッセンスの作用も、強そうな気がしますね。

 

 

 

 

 

 

さて、私は、混んで疲れてしまいました。

 

 

 

 

ということで、土産物屋のアイマスクで滅多にしない自撮りしました。

 

 

 

 

 

具合が悪い私の為に、帰りに、台湾の友人に、なぜか眼科に連れていかれました。

 

有名な「宮原眼科」@台中です♪

 

 

 

 

 

宮原眼科は、もうクリスマス気分!

 

日本より暑いのに!

 

 

そこで、甘く美味しいお薬を食べました♡


昔の日本人の眼医者さんのビルの素敵な喫茶店は、なんと女性3人で始めたお店だそう!

 

 

 


 

 

宮原眼科は台北にはなく台中だけだそうです。

 

宮原眼科も素敵でしたが、台中の昔の駅も趣があり素敵でした。

 

 

 

 

これは、今の新しい台中駅から見た夕日♪

 

 

 

 

 

フラワーエッセンス・占星術・タロット

虹の花(スカイプ・ズームで全国対応可)