昨日、高齢者介護とアロマテラピー勉強会を開催しました。

 

昨日の参加者の方のなかには、現在アルツハイマー型認知症のお母様の介護をされている方が、参加してくださいました。

 

 

 

 

 

最近要介護認定を取られて要介護1だったとのこと。

 

要介護というのは、介護保険の程度を示す基準です。

 

要支援1が一番軽度で、要介護5が重度。

 

7段階ある中の軽度から3番目ということになります。

 

 

 

 

ただ、私が母を介護して来たり、ケアマネとして介護の仕事に関わってきて感じたこととして・・・

 

 

この介護を受ける方の段階と、介護を受ける方の介護者の大変さは、必ずしも一致しないということ。

 

 

 

 

 

 

要介護5という一番重度の方になると、認知症の場合だと、家族の顔もわからないような方とか、身体的には寝たきりの方とかが想定されます。

 

そうすると、介護を受ける方は、介護されることに抵抗を示したりすることは、あまりなくなります。

 

(認知症のかたで暴力・暴言等の周辺症状が出てらっしゃる方は、含まれませんが)

 

 

 

 

 

 

 

そして一番軽度の方は、歩行困難とかの程度であったりして、介護も常時必要でないことが、多いかと思います。

 

(都道府県、市区町村によって全然、判定の程度が違うので、なんともいえませんが・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、要介護1だと、認知症もグレーゾーン。

 

でも、ご本人の不安感もプライドもあるので、扱いがとても難しい時期だと思います。

 

ということで、家族等の介護をする側の精神的な大変さが、想像できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

想像できますというか、私が、そうだったので・・・

 

母が要介護5になった時は、もう私の事を娘だと認識できなくなってオムツ介助に追われていました。

 

体力的にはとても大変な時期でした。

 

 

 

 

 

 

 

でも、要介護1の頃と要介護5の頃と、どちらを介護したいかと言われたら、すごく迷います。

 

なんでかというと・・・

 

 

 

 

 

 

 

要介護1の頃の母は、自分でお財布を握っていて、でも、怪しくなってきていました。

 

目を離すと(そのころは私、仕事していたのでした)通販に、バカ高いカニ缶とか健康食品とか注文しちゃっていたのです。

 

一緒に住み始めたばかりで、徐々に、そういう母の行為を色々、分かり始め、電話メモをたよりに、解約の電話等をかけまくっていたころでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけに、私が、通帳を管理しようとすると、私のことを疑って、言い争いになります。

 

(まだ、介護したてなので、ケンカしていました)

 

そして、通帳や証書や現金等を色々なところに隠しまくります。

 

 

 

 

 

 

 

でも、本人も、どこにしまったかを忘れてしまいます。

 

なので、私は、徐々に回収して、母に黙って管理を移行していました。

 

本当に、タヌキとキツネのばかしあい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、徐々に物忘れが進行していったので、その状態に合わせて、管理するものを、こちらの手中に収めていきました。

 

ケアマネしていた時に、認知症の方が、株式証券を外でまき散らしてしまい回収できなかったこともある!って話を聞いてていたから・・・

 

 

 

 

 

 

 

そして、物忘れの程度に応じてですが、徐々に母の持ち物を減らしていきました。

 

情緒的に大切に思っているだろうというものは除外してですが。

 

最近気まぐれで買った様な物を。

 

 

 

 

 

 

 

でないと、掃除と管理が大変でしたので。

 

母がデイサービスの日に、掃除をしました。

 

 

 

 

 

 

 

私のスカーフの数を見て、

 

「あなたは首が何本必要なの?」

 

って私に言った、おかあさん!

 

あなたは私の母親だから、あなたも私も似たもの同志♪

 

小物を沢山持っているけど、私は自分で、ちゃんと管理できます!

 

ということで、似たようなものは処分しました・・・

 

ごめんね、おかあさん。

 

その分、イラつく代わりに、笑顔対応させていただきましたのよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、本当に介護者、それもグレーゾーンのかたの介護者って、つくづく大変。

 

ただ、先ほど、介護5の状態の時とどっちがいいか?って問いに迷いましたが、要介護1の時の方が好いことというと・・・

 

それは、母が私のことを娘だと分かってくれること!!!!

 

 

 

 

 

 

 

それを失った気分も知っているから、要介護1と5と、どちらがいいかって、何とも言えない私です。

 

ただ言えるのは、あなたの家族(家族介護しているとしたら)があるタイマー型認知症だとしたら、あなたを家族と認識していてくれる日は、限度があるということ。

 

 

 

 

 

 

 

 

なにせ、要介護5の頃は、

 

「やさしいおねえさんね、あなた」

 

って言われてました。

 

感謝されてるから嬉しいけれど・・・

 

家族だと思われていない・・・

 

第一、私は、あなたより年上じゃないわよ・・・ぼけー

 

 

 

 

 

 

 

私が介護から解放されたから言えるのだと思いますが、今では母とケンカした日々も、とても愛おしい日々の思い出です。

 

それを心にとめてアルツハイマー型認知症の家族を介護すると、少しだけ、気分が違くなるかもしれません。

 

実の家族の場合になりますけれど・・・

 

 

 

現在募集中

 


「高齢者の皮膚トラブル等に対しての対策・ジェルクり-ム作り」

9月10日 (日) 

 

「介護者の為のケア・ロールオン(塗るアロマ)作り」

9月24日 (日)  10月9日

 

13時30分~16時迄 桜新町駅5分

 

講座料 4000円

 

場所は申込み後ご連絡します。

 

申込み・問い合わせ

詳しくは

「高齢者介護とアロマテラピー」の勉強会・参加者募集

 

 

介護・親子関係に悩む人へ・アロマテラピーとフラワーエッセンス

     自己紹介     /   メニュー     /     問合せ  

新宿・西荻・国立・多摩地区・中央線沿線で相談・レッスン「虹の花」

AD

前回に引き続き、鳥取大学浦上克哉教授のお勧めのアルツハイマー型認知症予防アロマテラピーのエッセンシャルオイル(精油)のブレンドのお話です。

 

 

 

 

 

アルツハイマー型認知症の予防に、アロマテラピーが効果的

 

ローズマリーカンファーの精油2滴と、レモン1滴のブレンドを午前9時~11時に、

 

ラベンダー2滴、オレンジ1滴を就寝前に、アロマペンダントやディフーザーなどを使用して、嗅ぐといい

 

というものです。

 

 

 

 

さて、ローズマリーは、アロマテラピーを少しでもやったことがある方は、名前を知っているかもしれません。

 

最近はハーブをお料理に使うので、知られていますね。

 

 

 

 

このローズマリーはハーブを粉にして、摂取しても認知機能の

向上が見られたという実験結果があります。

 

すでに古代ギリシャ時代からも効能が知られていて、頭に巻いて、試験に臨んだそうです。

 

まあ、あの香りを知っていればわかるでしょうが、しゃっきりする香りですよね。

 

 

 

 

 

 

で、このローズマリーのエッセンシャルオイル(精油)ですが、ケモタイプというものがあります。

 

ケモタイプというのは、アロマテラピーの機関によっても定義がすこし変わってきますが、私の所属するイギリスの機関のIFAでは・・・

 

ケモタイプ

 

同じ植物でも生育地の気候条件、土壌条件が異なると同一種の植物から抽出したエッセンシャルオイルでも、その中の科学的構成が変わってくるもの。

 

なので、使用法や注意事項がかなり変化してくるので、よく注意を払うこと

 

 

 

 

 

と、定義をしています。

 

たとえば、ワインのブドウを同じ品種で植えたとしても、取れる場所によって、品質が変わると思いますが、それに似た感じと言えましょうか?

 

(この例えは、あくまでも例えで、成分分析によって違いを確認しているわけではないので、ちょっと違うかもしれませんが)

 

 

 

 

 

 

で、ローズマリーは、ケモタイプがある植物なのです。

 

(ケモタイプがないエッセンシャルオイルもあります)

 

 

 

 

さて、ローズリーは、ローズマリーシネオール、ローズマリーカンファー、ローズマリーベルベノンがあります。

 

一般的に売られているのは、シネオールです。

 

で、テレビで流行していた時、このタイプがよく売れていたので、事情を知っている私としては、

 

「本当はカンファーを使えって、先生が言っているのにな・・・」

 

って思っていました。

 

 

 

 

 

お店の方では売れればいいとおもうのでしょうか?

 

以前、シネオールタイプが認知症予防オイルとして、売られているのをみました・・・。

 

 

 

 

 

ただ、最近アロマテラピーの有名な店に行ったらば、ローズマリーカンファーが売られていました。

 

カンファーの仕入れをするようになったのですね。

 

 

 

 

 

 

まあ、香りだけを考えると、カンファーは、ちょっときつく、シネオールの方が柔らかいです。

 

ベルベノンは更に柔らかい香りです。

 

しかもお肌にいいし、他の二つより皮膚刺激が少ないので、高齢者や子供に使うのには安心ですね。

 

 

 

 

 

やはり鋭い香りがするオイルは、刺激があり、柔らかいものは皮膚刺激も少ない、当然と言えば当然ですね。

 

だから、普通は、オイルの性格によって、使い分けをします。

 

 

 

 

ちなみに、カンファーという成分は、ケトン類で、神経毒性の危険性もある物質です。

 

でも、おおむね、薬というものは、そういったもろ刃の刃的な物。

 

それに、香りをかぐぐらいでは、摂取量ももしれたものがあるでしょう。

 

だから、鳥取大学の浦上克哉教授も、お勧めしているということですね。

 

 

 

 

ただ、ローズマリーは、ケモタイプにかかわらず、高血圧の方は、ご使用を控えてください。

 

血圧を上げるさようがあります。

 

 

 

こわがらず、でも、正しい知識を持って、アロマテラピーを健康の為に役立ててほしいと思います。

 

現在募集中

 

「8月 タッチングケアの力と実習」

8月11日(金・祝)13時30分~16時迄 桜新町駅5分


「高齢者の皮膚トラブル等に対しての対策・ジェルクり-ム作り」
8月13日 (日) 13時30分~16時迄 桜新町駅5分

9月10日 (日) 13時30分~16時迄 桜新町駅5分

 

「介護者の為のケア・ロールオン(塗るアロマ)作り」

9月24日 (日) 13時30分~16時迄 桜新町駅5分

 

申込み・問い合わせ

詳しくは

「高齢者ケアとアロマテラピー」のお話会・参加者募集

 

介護と子育てに活かすアロマテラピーとフラワーエッセンス

     自己紹介     /   メニュー     /     問合せ  

新宿・西荻・国立・多摩地区・中央線沿線で相談・レッスン「虹の花」

AD

前回、アルツハイマー型認知症予防アロマテラピー・ブレンドについてを書きましたが、その続きです。

 

 

 

アルツハイマー型認知症予防ブレンドに入っている

レモン♪

 

 

 

 

その前に、おさらいです。

 

2014年、たけしのテレビ番組「みんなの家庭の医学」に鳥取大学浦上克哉教授が出演。

 

 

 

 

アルツハイマー型認知症の予防に、アロマテラピーが効果的

 

ローズマリーの精油2滴と、レモン1滴のブレンドを午前中に

 

ラベンダー2滴、オレンジ1滴を就寝前に、アロマペンダントやディフーザーなどを使用して、嗅ぐといい

 

と発表したものです。

 

 

 

 

そうしたら、その番組以降、アロマテラピーの精油を売る店では、売り切れ続出。

 

結構長い期間、続いたという騒動があったのです。

 

ここまで、前回の記事。

 

 

 

 

私は、最初、そんなことあるかな~って、疑っていました。

 

でも、この組み合わせで朝夜嗅ぐと、高齢者の方に多い昼夜逆転とかには、良さげだな~っておもいました。

 

でも、これは、アルツハイマー型認知症の周辺症状だけど、中核症状には効かないだろうな~って、思い込んでいました。

 

 

 

 

なので、浦上教授の書籍や論文を探して読みました。

 

そうしたら浦上教授は昔から認知症の研究を続けて論文をたくさん出している先生でした。

 

テレビ局に頼まれて、急きょ専門家に仕立て上げられたわけではないことを知りました。

 

それに、ご老人に対してのまなざしが優しいのが書くものの行間からも感じられます。

 

で、一挙にファンに♪

 

 

 

 

 

さて、読んだものなかで「認知症はアロマで治す」 文芸春秋2015年2月号の記事を、まとまてみました。

 

 

 

 

 

 

アルツハイマー型認知症は、 嗅神経から記憶をつかさどる海馬 とダメージを受けるが、嗅神経は脳で唯一、再生能力高く、嗅神経を刺激活性すると認知機能を回復する

 

精油はアルツハイマー型認知症の中核症状にも働く

 

効果的な対象者は、軽度認知症の人で、海馬が正常で嗅神経がやられ始めた時に使うのが理想であり、40歳前後から日常的に使うのが効果的

 

午前中ののブレンド(上記)は9時~11時に、夜のブレンド(上記)は寝る一時間前~そのまま就寝という使い方が効果的

 

午前中のブレンドにつかうローズマリーは、ローズマリーカンファーを使う

 

使う精油は100パーセント天然の品質の良いものを

 

 

といったようなことです。

 

 

 

 

でも、読んでいて、40歳からか・・・

 

あ~手遅れ?とか、思っちゃったのは、私だけ?

 

いやいや、、いいことは、知ったその日から、すりゃいいでしょ~

 

 

 

 

それにアルツハイマー型認知症は、 嗅神経から記憶をつかさどる海馬 とダメージを受けるっていうことは、匂いが分からなくなったら、認知症のなり始めかも?というシグナルになるってことです。

 

それだけでも、メリットがあるってこと!

 

 

 

 

まだ、補足説明が必要ですが、今日のところは、ここまでで。

 

 

 

 

現在募集中


 

「8月 タッチングケアの力と実習」

8月11日(金・祝)13時30分~16時迄 桜新町駅5分


「高齢者の皮膚トラブル等に対しての対策・ジェルクり-ム作り」
8月13日 (日) 13時30分~16時迄 桜新町駅5分

9月10日 (日) 13時30分~16時迄 桜新町駅5分

 

「介護者の為のケア・ロールオン(塗るアロマ)作り」

9月24日 (日) 13時30分~16時迄 桜新町駅5分

 

申込み・問い合わせ

 

詳しくは

「高齢者ケアとアロマテラピー」のお話会・参加者募集

 

介護と子育てに活かすアロマテラピーとフラワーエッセンス

     自己紹介     /   メニュー     /     問合せ  

新宿・西荻・国立・多摩地区・中央線沿線で相談・レッスン「虹の花」

AD

先日、勉強会を開催していて、いらした方々に、

 

「認知症予防アロマ」を知っていたので、来られたのですか?」

 

と伺ったら、アロマテラピーが初めての方々でいらした3人の方々は、

 

「知りません」

 

とのことでした。

 

 

 

アロマテラピーの業界では、「認知症予防アロマ」が流行ったので、知られた話なので、他のアロマテラピーに詳しい方々は、皆知っていらっしゃいました。

 

私だけでなく、その方々も、一般社会では、さほど知られていないという事実を知り、びっくりしました!

 

 

 

 

自分のいる業界の常識は世の中の常識でないって、よく聞くけど、本当だな、って思いました。

 

特に私は、みな勉強会にいらっしゃる方は、これを知っていると思い込んで、お話していましたので。

 

反省しました。

 

そうしたら、このブログにも、そのことは、書いてないなと、思い出しました。

 

 

 

ローズマリーの花 

 

 

 

なので、改めて、認知症予防アロマって何?ということを解説します。

 

 

 

 

2014年、たけしのテレビ番組「みんなの家庭の医学」に鳥取大学浦上克哉教授が出演。

 

アルツハイマー型認知症の予防に、アロマテラピーが効果的

 

 

 

 

ローズマリーの精油2滴と、レモン1滴のブレンドを午前中に

 

ラベンダー2滴、オレンジ1滴を就寝前に、アロマペンダントやディフーザーなどを使用して、嗅ぐといい

 

と発表したものです。

 

 

 

 

そうしたら、その番組以降、アロマテラピーの精油を売る店では、売り切れ続出。

 

結構長い期間、続いたという騒動があったのです。

 

なので、アロマテラピー業界では、皆知っている、そんなかんじの状況だったのでした。

 

 

 

 

さて、これについての細かいことは、次回の記事で書きますね。

 

 

 

 

認知症とアロマテラピー等に詳しく知りたい方、介護にアロマテラピーを活かしたい方、

ご参加お待ちしてます~♪

 

現在募集中


8月11日(祝・金)13時30分~16時迄 桜新町駅5分
「7月 アロマで癒すタッチングケア&実習」

 

 

8月8日(火)13時30分~16時迄 下北沢駅3分 

8月13日 (日) 13時30分~16時迄 桜新町駅5分

「高齢者の皮膚トラブル等に対しての対策&肌別ジェルクリーム作り」

申込み・問い合わせ

 

詳しくは

「高齢者ケアとアロマテラピー」のお話会・参加者募集

 

 

 

 

介護と子育てに活かすアロマテラピーとフラワーエッセンス

     自己紹介     /   メニュー     /     問合せ  

新宿・西荻・国立・多摩地区・中央線沿線で相談・レッスン「虹の花」

昨日は、「高齢者介護とアロマテラピー」の勉強会で「アロマで癒すタッチングケア」を学びました。

 

 

 

講師の八木晃子先生は、20年近くのキャリア。


ホテルのマッサージから始まり、今は革新的な試みをしている帯津三敬病院のアロマテラピストをなさっています。

 

 

 

 

前半の時間帯は、私が簡単に、認知症とアロマテラピーについて説明。

 

そして八木先生にバトンタッチして、タッチングの理論を習いました。

 

 

印象深かったのは、愛情ホルモンと言われているオキシトシンは、マッサージする側、される側、ともに、マッサージ中に出てくるとのこと。

 

 


母の介護中は、マッサージは主に姉が担当。

 

私はトイレ介助担当してました。

 

介護職の経歴もある私にとって、トイレ介助は簡単です。

 

でも、マッサージは大変!なイメージがあったから。

 

 


でも、マッサージする側も愛情ホルモン=オキシトシンが出ていたんですね!

 

どおりで、参加者の方が幸せそうになっていた訳だ、って私も~♪

 

 

 


ちなみに、私、IFAのプロフェッショナルエッセンシャルオイルアロマテラピストです。

 

でも、そのコースはマッサージは習いません。

 

フランス式アロマテラピーを約一年半で学ぶコースですが。

マッサージを習わなくても済むアロマテラピーのコースだから行ったわけ。

 

マッサージするのは、めんどくさそ~って思ってて・・・。

 

 


でも、昨日の講義で、なんと、もったいないことをしていたんだ叫び

 

って後悔!

 

 

 

 

20年前ぐらいに何回かアロマテラピースクール入学検討したけれど、どう考えてもマッサージは好きじゃないって。

 

でも、20年間、マッサージしていたら、オキシトシン出まくりで、今頃は私、愛の権化ラブラブだったかもしれない・・・のに・・・

 

 

 

オキシトンでまくり・観音様の様な八木先生♪

 

 

 

 

さて、後半は、アロマ精油を使ったタッチケアを習います。

 

 

 

 

参加者のおひとりは、なんと90代!

 

で、奥様が施設に入ってらっしゃって、マッサージを習いたいと、いらした方!

 

なんと、お優しいジェントルマン!

 

日本男性では珍しいのではないでしょうか?

 

 

 

 

感激です笑い泣き

 

こういう方々の為に役立つのは、すごく励みになりますねラブラブ             

 

 

 

 

 

八木先生のアロマグッヅのセレクトは、アロマテラピーを学んだものでも、勉強になります。

 

 

 

 

通常、こういう講座はホホバを使うと思いますが、なんと!

 

シュガースクワランオイル

 

サトウキビの糖を発酵、安定化させて、精製されたもの

 

刺激がなく、肌なじみが良く、赤ちゃんにも使える

 

そうです。

 

私は初めて使います。

 

 

 

赤ちゃんに使うのにいい刺激の少ないオイルというと、スイートアーモンドオイルがありますが、スイートアーモンドは、洗ってもタオルが匂うのと酸化が早いので、このオイルは、すごく、いいですよね♪

 

 

 

 

八木先生のご持参のアロマ精油も厳選されたものなので、嗅ぐだけでも幸せになってしまいました♪

 

ムエットを使い、香りもいろいろ聞かせてもらい、自分でブレンドオイルを作りました♪

 

 

 

 

                 学びに

ぜひ、いらっしゃれる方は、遊びに来てくださいね。

 

楽しくやっているので、遊びになっちゃう・・・

 

(そんなんで、いいんか、おい!)

 

 

 

 

同じ内容の勉強会は、8月11日に渋谷から10分の桜新町でも行います。

 

ご参加お待ちしてます~♪

 

現在募集中


8月11日(祝・金)13時30分~16時迄 桜新町駅5分
「7月 アロマで癒すタッチングケア&実習」

 

7月29日(土)13時30分~16時迄 桜新町駅5分

「介護と匂いの悩み&消臭スプレー作り」

 

8月8日(火)13時30分~16時迄 下北沢駅3分 

8月13日 (日) 13時30分~16時迄 桜新町駅5分

「高齢者の皮膚トラブル等に対しての対策&肌別ジェルクリーム作り」

申込み・問い合わせ

 

詳しくは

「高齢者ケアとアロマテラピー」のお話会・参加者募集

 

 

 

介護と子育てに活かすアロマテラピーとフラワーエッセンス

     自己紹介     /   メニュー     /     問合せ  

新宿・西荻・国立・多摩地区・中央線沿線で相談・レッスン「虹の花」

全然記事を更新できず、気ばかり焦ってる 虹の花 りえこ でありますアセアセ

 

 

さて、介護や育児に直面していて、一番多い気分って、イライラする、怒りがこみ上げるっていう状態でないでしょうか?

 

 

 

私も介護当初は、イライラ、怒りまくってました。

 

父の介護の時は、初めての家族介護だったので、特に。

 

仕事も、すごく忙しかったし。

 

 

 

せっかく休日ショッピングでリラックスしているのに、近いけど別々に住んでる父から

 

「おなかが苦しいから、浣腸をして」

 

って電話かかってきた時、クライマックスに達しました。

 

 

 

母が留守中に、。

 

寝たきりの父なので、しょうがないから駆けつけました。

 

母は買い物に出かけてました。

 

母がいたら、訪問看護婦さんに電話していたかもですが・・・

 

 

 

 

父に怒鳴りました。

 

だってこどもの頃から怖い父だったので、積年の恨みを怒鳴ってプンプン伝えました。

 

 

 

 

「小さい時から、怖いお父さんのことを恨んでいたプンプンメラメラ

 

だから、あんたが年取ったら踏みつけてやるパンチ!のが夢だったウシシ

 

でも、実際、年取って寝たきりのあんたを見たら、踏みつける事が出来ない!

 

それが悔しいむっ!」

 

って。

 

 

 

相当、私が興奮していたので、父が震え上がり叫び

 

「ごめんしょぼん

 

って言いました。

 

何回も。

 

 

 

こどもの頃、怒ると目を三角にして、殴りかかるかっこうをする父が・・・

 

私は絶句して、泣き出してしまいました笑い泣き

 

悲しいんだか、悔しいんだか、よく分からない複雑な気分でした。

 

泣きながら、父親に浣腸をして、オムツ取り換え、体を拭いて、一連の作業を終えました。

 

 

 

 

本当に、いろいろな感情が渦巻き、よく分からない感じでしたが、泣いたことで、なんだか、スッキリしましたチョキ

 

それ迄、モヤモヤしながらむっ、父親の介護を通いでしていたのが、

なんか、その日を境に、本当に父を許せるようになったのでした。

 

 

 

 

 

自分が父を恨み続ける方が、心に負担があることに気が付いたのでした。

 

許す行為は、相手の為にあるのではなくて、自分の為にあるのだと、本当に、そのとき初めて理解したのでした。

 

本には、よく書いてあるけれど・・・

 

 

 

 

 

さて、ただ、許すことができるのって、まれな事だと思います。

 

私の許す前の気分に戻ると、介護や育児って、こういう、なんだか複雑で割り切れない感情の津波が常に押し寄せている感じなのではないでしょうか?

 

 

 

 

私は育児は個人的にしたことはなくて、保育園・幼稚園のアルバイト、特殊学級のボランティア・アルバイトでしかないですが。

 

子どもが好きでしてたのに、イラつくことがあり、自分でビックリしました・・・

 

アルバイトは6時で帰れたけど、おかあさんってこれが毎日毎夜続くんだ・・・グッタリアセアセ

 

 

 

 

さて、ぐったりを少しでも軽減するために、イライラする時用にスプレーを考えました。

 

アロマテラピーでは鎮静作用があるエッセンシャルオイルを選びます。

 

作りやすいように、よく知られたもので。

 

ラヴェンダー、プチグレン、コリアンダー、マンダリン、ベルガモット、等

 

ただし、マンダリン、ベルガモットの柑橘系は、皮膚に付き、日光に当たるとしみになること、劣化が早い、なので陽にあたる時使わない、早めに使う等の注意を怠らず。

 

 

エッセンスは藤色のインパチェンス

で作りますが・・・

 

 

それにフラワーエッセンスを加えると、より良いでしょう。

 

 

 

 

良く知られているのものでは、バッチのインパチェンス。

 

イライラや短気に対して。

 

 

 

 

ただし、アロマテラピーは、化学物質の作用により、作用も速やかに起こりますが、フラワーエッセンスは、すぐ作用するかどうかは、何とも言えません。

 

フラワーエッセンスの作用は、感情、心に働くのですが、反応は人さまざまです。

 

 

 

だから、もしかしたら、一時的に、イライラに対して良く使われるフラワーエッセンスのインパチェンスを使ったとしても、より、イライラする状況が引き寄せられるかもしれません。

 

でも、その状況に対して、心を開いて観察すると、イライラの原因や、イライラと自分の関係性に対して、気付き得られることが、往々にしてあります。

 

 

 

その気付きを得ることによって、イライラする頻度が減ったりすることが考えられたりします。

 

 

 

私の父とのエピソードは、一時的に爆発があったものの、それがきっかけになって、父の介護がすごくスムーズになりました。

 

例えて言えば、エッセンスって、そんな風にして働く感じです。

 

 

 

 

いつも爆発のように起こる訳でないので、安心してください。

 

その人の耐えられる範囲で反応しますから。

 

そこが花の優しさでしょう。

 

 

ただ、花の優しさに甘え過ぎず、自分の心の中を見つめる努力もしてくださいね。

 

そこが、フラワーエッセンスを自分のものにするツボですね。

 

スプレーしたら、魔法のように怒りが溶けてなくなると思わないで。

 

 

 

 

 

さて、バッチのインパチェンスって、イライラや短気に

 

って、知られていますが・・・

 

実は、冒頭に書いた私の現状・・・気ばかり焦っている・・・現状の進み方が、自分の思い描く状態よりも遅く進行していて、待てないくて、イライラする・・・そんなスパンが長いイライラにも使えます。

 

 

 

インパチェンス=インペイシェンス=忍耐できない

 

本当に、花の名前通りの状態に使えるお花です。

 

 

 

スプレーの作り方は、コツがいるのですが、それは、7月29日の勉強会で八木晃子先生が教えてくれるので、来てくださいね~♪

 

今回は消臭スプレー作りですが・・・

 

一回作れば、自分で色々作れますよ~

 

 

現在募集

 

8月11日(祝・金)13時30分~16時迄 桜新町駅5分
「7月 アロマで癒すタッチングケア&実習」

 

7月29日(土)13時30分~16時迄 桜新町駅5分

「介護と匂いの悩み&消臭スプレー作り」

 

8月8日(火)13時30分~16時迄 下北沢駅3分 

8月13日 (日) 13時30分~16時迄 桜新町駅5分

「高齢者の皮膚トラブル等に対しての対策&肌別ジェルクリーム作り」

申込み・問い合わせ

 

詳しくは

「アロマテラピーと高齢者介護」のお話会・参加者募集

 

 

関連記事

 

看取りの時期の介護と「月のリズム」の思わぬ関係、眠い介護者に役立つ精油

 

死に往く人・看取りの為のフラワーエッセンス

 

亡くなった人とのつながりを感じるために・忘れな草のフラワーエッセンス

 

 

 

介護と子育てに活かすアロマテラピーとフラワーエッセンス

     自己紹介     /   メニュー     /     問合せ  

新宿・西荻・国立・多摩地区・中央線沿線で相談・レッスン「虹の花」

「高齢者介護とアロマテラピー研究会」7月、8月の勉強会のお知らせです。

 

7月のテーマはアロマで癒すタッチングケアです

幸せホルモンで満たされましょう♪

 

 

 

以下、講師の帯津病院アロマテラピスト八木晃子先生のブログから転載です。

 

 

6月の勉強会"介護と臭いの悩み&消臭スプレー作り

は大変ご好評を頂き
追加で7月も開催する事になりました。
 
前半はあさいりえこ先生のお話
認知症の予防法や
認知症の方への接し方など
ご自身の経験を披露しながら
笑いあり、ガッテンありのお話です😉🎶
 
後半は介護の現場での臭いの問題をクローズアップうーんあせる
 
アロマテラピーで☘️
心地よく清潔に気分もあげて
軽やかに解決する方法を提案🌈
そして、効果バッチリの消臭スプレーを楽しく作りますよ〜😃💓
 
7月29日 土曜日 13:30〜16:00
桜新町区民集会所  第2会議室
参加費 4000円
 
{984B2E11-122F-4336-9D6C-CD1D3DAFE831}

たっぷり使える100mlの消臭スプレーをお持ち帰りいただけます✨
 
🍀そしてそして〜〜
 
第2弾は 
アロマで癒すタッチングケア
 
実際にトリートメントオイルを作って、タッチングの実習をします🙏🏻💕
 
トリートメントされる方も
トリートメントする方も
幸せホルモンで満たされますよ〜〜😌💗
 
8月11日(祝・金曜日)桜新町区民集会所
いずれも13:30〜16:00
(11日は初心者向け、16日は中級者以上)
バスタオル1枚、筆記用具をご持参ください。
参加費4000円
 
🍀それからそれから〜〜
第3弾
高齢者の皮膚トラブル等と対処法
 
高齢者のデリケートな皮膚は、ケアの仕方で状態が左右されます。
皮膚は加齢や心身の状態に影響される器官ですが、
植物の力を借りて健康的なお肌を取り戻す方法を勉強します☘️🌼
 
夏場でもさっぱり🌿スーッと馴染む肌タイプ別のスキンジェルクリームを作りますよ〜🖐🏻🖐🏻✨
 
8月8日(火曜日)下北沢区民集会所
8月13日(日曜日)桜新町区民集会所
いずれも13:30〜16:00
(8日は初心者向け、13日は中級者以上)
 
筆記用具をご持参ください。
参加費4000円
 
🍀🍀🍀
お申し込みはこちらまでお願いいたします

 

または
nijinotani★solid.ocn.ne.jp
 
(★を@に変えてくださいね) 

 

「認知症予防とアロマ」を知って介護を楽に&備える♪」お話&食事会

開催します。

 


自らの母の介護経験を面白おかしく語りつつ、優しく解説します。


最後に質疑応答の時間を設けて、元ケアマネ&アルツハイマー型認知症の母の在宅介護経験者&アロマセラピストのわたくしが質問や悩みにお答えします。


介護でお悩みの方、将来の介護に悩んでいる方、認知症予防に興味がある方、ぜひ、どうぞ。

 

(日時)

7月14日(金曜)

18時~19時   お食事
19時~20時30分 お話
20時30分~21時 質問 

 

(会費) 3000円と食事代1500円で 合計4500円 

 

     認知症予防ブレンド・アロマスプレー付

(申し込み)

 

こちら  か

 

nijinotani★solid.ocn.ne.jp
(★を@に変えてくださいね)


にメッセージ頂く方法があります。

 

(場所)

 

中央線国立駅5分 ギャラリーカフェPupu

 

お申し込み後に地図等の、ご連絡いたします

 

介護と子育てに活かすアロマテラピーとフラワーエッセンス

     自己紹介     /   メニュー     /     問合せ  

新宿・西荻・国立・多摩地区・中央線沿線で相談・レッスン「虹の花」

個人的な事だが、今日は、私の父の命日だ。

 

12年前のあの日、寝たきりになっていた父は、前日から息苦しそうだった。

 

だから、私は前日から泊まり込み、明け方、父の様子を見に行った。

 

 

 

エンジェルズトランペットの花

 

 

そうしたら、すでに、父の息が荒くなっていた。

 

24時間対応の訪問看護だったので電話したけど出なかった。

 

で、再び朝6時に、訪問看護婦さんに電話した。

 

「9時過ぎに行きます」

 

まあ、病気による病変というより、老衰だから、そうだろう。

 

対処のしようがないからね。

 

 

 

 

ケアマネという仕事柄、人の死は身の回りに沢山あったけど、自分の家族の死は初めてだったので、うろたえた。

 

両親ともに年取った時の子どもだから、生まれた時から祖父母はおらず、初めてというわけ。

 

そして、仕事と家族に対しての対応って、絶対に違う!

 

家族には感情が動きすぎて、うろたえる。

 

(今、私が昔の私に付き添っていたら、

 

バッチフラワーエッセンスのレスキューレメディーをあげる。

 

うろたえているってことで。

 

これは、パニックやショックなことがあった時に色々使えるので、一家に一本あるといいですよ!)

 

 

 

 

父が寝たきりになってから、時々

 

「ホメオパシーを、ちゃんと習っておけば良かったな・・・

 

(2000年頃にホメオパシーの講座を受けたり本読んだり使ってた事がある)

 

痛みを取ってあげられたのに・・・」

 

という考えが、浮かんでは消えていた。

 

 

 

 

 

でも、ケアマネの仕事で忙し過ぎて、習えないし、考えるヒマなんてなかった。

 

父の状態が本当に悪くなったもので介護に身を入れようと思い始めた頃に、父が亡くなった。

 

紺屋の白袴(専門家ほど、自分の問題は後回しのたとえ)って、本当だ。

 

だから、反省して、母の時は、介護をちゃんとしてあげようと思ったのだけど。

 

 

 

 

さて、父の死の当日に戻り。

 

朝7時過ぎ、父の息が荒くなり、目も上目遣いになり、頭の方から魂が抜けていく感じがあるなと思ったら、本当に、父は、あちらに還って行った。

 

母、姉、私に手を握られ、家で亡くなり、幸せな死だったと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、その2か月位前、まだ、声が出せる頃、

 

「俺も、あの世に行くのかな?」

 

って、ぼそって、さみしそうに言ったことがあった。

 

 

 

 

 

昔は、おっかない父親だったから、余計さみしそうで、私も切なくなった。

 

でも、何もできない自分に悲しくなった。

 

一緒に悲しむしかないんだもの。

 

 

 

 

これまた、今考えれば、FESのエンジェルズトランペットを上げたかった。

 

FESのエンジェルズトランペット

 

死の移行をスムーズにする

 

死の移行時、霊の世界へ、自己を委ねることができるようにする

 

という、フラワーエッセンス。

 

 

 

 

 

 

 

死は違う段階への移行と信じる私にとり、死は怖いものではない。

 

(死の霊的な意味は昔から知っていたけれど、怖くなくなったのはやっと最近のこと)

 

そう感じてない人には、死は怖いに決まっているから。

 

 

 

 

あ~、それとともに、晩年は家に閉じこもっていたお父さんに、アロマテラピーを使ってあげたかった!

 

ヘルパーさんに嫌われたくないためか?

 

消臭剤を隠し持っていた、可愛いお父さん♪

 

(死後、荷物整理していたら、消臭スプレーがでてきて、びっくり!

 

どおりで、最後まで老人臭がしなかったわけだ!)

 

 

ここれは先日の勉強会で作った消臭スプレー♪

 

 

 

でもね、お父さん、化学製品の消臭剤より、アロマテラピーで作った消臭剤の方が、体に優しいよ!

 

つくづく、自分で作って使ってあげたかった・・・

 

消臭スプレー作りの会の参加者様ご感想

 

 

 

 

 

そんなわけで、私のような後悔をしないためにも、フラワーエッセンスやアロマテラピーが普及したらいいなと思う。

 

そして、私をフラワーエッセンスとアロマテラピーの道に導いてくれて、おとうさん、ありがとう!

 

 

 

 

 

現在募集

 

7月11日(火)13時30分~16時迄 下北沢駅3分
7月16日(日)13時30分~16時迄 桜新町駅5分

「7月 タッチングケアの力と実習」

 

7月29日(土)13時30分~16時迄 桜新町駅5分

「介護と匂いの悩み&消臭スプレー作り」

 

8月8日(火)13時30分~16時迄 下北沢駅3分 

8月13日 (日) 13時30分~16時迄 桜新町駅5分

「高齢者の皮膚トラブル等に対しての対策」

申込み・問い合わせ

 

詳しくは

「アロマテラピーと高齢者介護」のお話会・参加者募集

 

 

関連記事

 

看取りの時期の介護と「月のリズム」の思わぬ関係、眠い介護者に役立つ精油

 

死に往く人・看取りの為のフラワーエッセンス

 

亡くなった人とのつながりを感じるために・忘れな草のフラワーエッセンス

 

 

 

介護と子育てに活かすアロマテラピーとフラワーエッセンス

     自己紹介     /   メニュー     /     問合せ  

新宿・西荻・国立・多摩地区・中央線沿線で相談・レッスン「虹の花」

昨日は初めての「アロマテラピーと高齢者介護」のお話会でした。

 

 

 

 

開催場所は世田谷区の桜新町。

 

渋谷から東急田園都市線で10分の桜新町。

 

 

 

サザエさんの著者、長谷川町子さんが住んでいたので、サザエさん通りがあり、なんと、サザエさん焼きが売っているお店まであります!

 

帰りに講師の八木晃子先生と、サザエさん焼きで、祝杯を挙げてきました。

 

祝杯?祝焼き?祝コーヒー?

 

 

 

 

私は甘いものに目がない上、疲れ(心地よい疲れ)で甘いものが食べたくなり、実に4個食べました・・・

 

(書くのやめようかと思ったけど・・・)

 

 

 

 

だって、サザエさん焼き、サザエさんパンケーキ、波平焼き、タマちゃん焼き等、沢山種類があるもんで・・・

 

普通のたい焼きよりは小さいし・・・

 

 

 

 

 

さて、勉強会ですが、ささやかに開催しましたが、開催者の私もびっくり!

 

内容が濃くて「お話会」・・・というレベルでないものでした。

 

実習も、マニアックな内容で・・・

 

 

 

 

 

実習だけでもマニアックすぎて、講座開ける!とか、悪徳ブローカー?虹の花 りえこは、いろいろ、頭をグルグルさせた次第でしたよ~。

 

一粒で二度おいしいグリコより、勝ちました!

 

(これまた古い!)

 

当初気楽なお話会と考えたので値段設定が安いのですが、それにしては、内容が3~4回分ぐらいあるもんで。

 

八木先生、すごい~!

 

でも、涙の据え置き価格?価格据え置き?がんばりますね♪

 

介護で大変な人に届くといいな~って始めたもので。

 

あと、大変にならないために予防になればいいな~って思ったもので。

 

 

 

 

 

興奮して、昨日はフェイスブックで、それについて書きました。

 

(早めの情報を知りたい方は、フェイスブックで友達申請してくださいませ)

 

 

 

 

さすがに、ふと、「自画自賛か?」と頭をかすめました・・・

 

でも、その後、参加者様からメールを頂き読んだらば、開催者側だけの自己満足でない!とわかりました。

 

 

 

 

 

ということで、証拠物件?の参加者様からのメールをこちらに記載させていただきますね。

 

F様、本当に、ありがとうございました。

 

 

本日は、アロマテラピーと高齢者介護のお話し会に参加をさせていただき、ありがとうございます。

お話し会は、あさい先生からの高齢者の方の介護についてや認知症などのお話し、八木先生からの、アロマテラピーについてのお話しをうかがうことができ、スプレー作成もあり、とても充実した内容でした。

お二人の先生がお話しをしてくださる機会は、なかなかありませんし、スプレー作成も、通常、講座などで作成するものと違い、全体的にお話し会のレベルを超えた、講座のような深い内容でした。

お二人の先生の、ご経験に基づかれた貴重なお話しをシェアしていただき、ありがとうございます。

何より、お二人の先生方に出逢わせていただきましたことに感謝を申し上げます。ありがとうございます。

7月、8月も、とても楽しみにさせていただいております。9月以降も、ぜひ参加をさせていただきたいです。

梅雨に入り、気候が不順ですので、ご自愛ください。

F様

 

 

勉強会は、毎月、開催していますので、皆様もぜひ、どうぞ

 

 

現在募集

 

7月11日(火)13時30分~16時迄 下北沢駅3分
7月16日(日)13時30分~16時迄 桜新町駅5分

「7月 タッチングケアの力と実習」

 

7月29日(土)13時30分~16時迄 桜新町駅5分

「介護と匂いの悩み&消臭スプレー作り」

 

8月8日(火)13時30分~16時迄 下北沢駅3分 

8月13日 (日) 13時30分~16時迄 桜新町駅5分

「高齢者の皮膚トラブル等に対しての対策」

申込み・問い合わせ

 

詳しくは

「アロマテラピーと高齢者介護」のお話会・参加者募集

 

 

介護と子育てに活かすアロマテラピーとフラワーエッセンス

     自己紹介     /   メニュー     /     問合せ  

新宿・西荻・国立・多摩地区・中央線沿線で相談・レッスン「虹の花」