NBAグッズ・NCAAグッズ レプリソームのブログ

NBAグッズ・NCAAグッズ レプリソームのブログ

新入荷のグッズをショップサイトに掲載した後の掲載後記(https://www.replisome.jp/)
サイトにはなかなか掲載する機会のない買い付け先(アメリカ)の画像
物販やそれ以外でのレプリソームの活動をアップしています。

レプリソームオフィシャルブログ


2001年2月に設立された、NBAグッズ・NCAAグッズのオンラインショップ、レプリソームの公式ブログです。
ブログの他、下記SNSアカウントにてグッズに関することをご紹介しております。

公式サイトでは、買い付けの際に目にしたアメリカの様子やアリーナなどを旅行記として、しばしばいただくご質問などをコラムという形で、風景などをPC壁紙として掲載しております。
ぜひご覧下さい。


公式サイト: http://www.replisome.jp/

公式twitter : https://twitter.com/Replisome

facebookページ : https://www.facebook.com/replisome

 2021年2月17日。
本日、この日をもちまして、当店は20周年を迎えることとなりました

平素より、ご愛顧いただいておりますお客様、創業時から提携してくださる国内外の会社様に、あらためまして感謝・お礼申し上げます。


 当時を振り返りますと、Wannabee社長(当時)に師事し、配送業者との契約、サイトの構築、商品管理などは、筆者ひとりで行なっており、2月の中旬くらいに、ようやくオープンにこぎつけたとだけしかおぼえていませんでした。
かといって、こうしたことをおろそかにするのは、よろしくないと思われましたので、創業した日をマイケル・ジョーダン選手の誕生日と同じにしたという経緯があります。

NBA、NCAA、日本のバスケットボールは、ここ20年で大きく変わり、当時がどんなだったか、そのとき当店は…というのはまた別の機会にしまして、今回は20周年にあたりご用意した、2つの企画についてお話しさせていただければと思います。


1.Tシャツ1着のお客様への送料無料のサービス

 これまでの当店の販売実績を顧みますと、W.W.J.D.や黒人ファッションに由来するNBAジャージの流行といった特殊なケースを除いて、Tシャツを単品購入されるお客様がもっとも多かったことがわかりました。
そこで、来月の17日まで、該当のお客様は送料無料とさせていただくことにしました。

ただ一方で、昨今の宅急便各社の送料値上げを受け、「1着まで、先払いご決済のみ」とさせていただきたく思います。
ご理解・ご了承のほど、よろしくお願い致します。


2.次回のNCAA Tシャツを2980円均一に。

 すでにアメリカへオーダー済みですが、次回入荷予定のNCAA Tシャツ全品を2980円にいたします。
中には、初めて当店に入荷してくる大学もございますので、掲載当日までご期待いただければ幸いです。


ごくごく、ささやかではございますが、当店からの感謝の気持ちとしてお受けいただければ幸いです。

今後とも当店を、どうぞよろしくお願い致します。
 

レプリソーム代表 阿部 真人

 

 先のブログでもお話しましたとおり、当店とコービー選手とのお仕事でのご縁にはあまり恵まれず、逆にレイカーズのライバルチームであった、ピペン選手らのブレイザーズ、ウェバー選手らのキングス、中堅チームへと台頭してきたマーベリックスのグッズ特集をしており、むしろコービー選手というと、当店にとって辛酸をなめさせられた相手でした。

また、これまでギリギリな状況でのシュートを決めて勝利したり、プレー環境をまた一から作り直して連覇してきたりと、バスケットやNBAの常識では乗り越えがたいと思われる苦境を凌駕してきたコービー選手に対し、どことなく無敵のイメージを勝手に持ってしまっていたためか、関わりが薄い当店や筆者でさえも、1年前の事故には大変な衝撃を受けました。


 筆者には、育ての親である祖母がいました。
おばあちゃん子だった筆者は、祖母の友人からも彼らの孫のように可愛がられ、祖母のお葬式の日には、その友人らが足を運んでくださいました。
ただ、彼らが私を見るにつけ、口にした言葉が
「(私の)顔を見ると、かわいそうで見ていられない(または、見たくない)」
つまり、私と会うと祖母の死を思い出して悲しく、つらくなるから顔を見たくないというのです。

これは筆者とその祖母を思ってくださっての言葉なので、大変ありがたいと思うと同時に、何とも言えない気持ちになりました。

1月 26日。
毎年この日がくると、おそらくは多くのファンがあの時の事故を思い出し、胸を痛めることになるのではないかと思います。
コービー選手は、そのプレースタイルやコート外での出来事が原因で批判されることがありました(往々にして、スター選手にはつきものなのですが)。
それでも、前向きにキャリアを全うしたコービー選手の性格を鑑みるに、ファンが自身を思い出すたび、常に嘆き悲しむことはありがたいと思いながらも、本意ではないと感じるのではないかと、上の経験とあわせて筆者は思います。

むしろ、悼むのは少しにして、これからのレイカーズ戦、プレイオフでの接戦・激戦を見た時、「コービーだったら、こうしていたろうな」と想像したり、「あの時のプレイオフは、こんなだったな」と、活躍などを思い出してあげる方が、コービー選手にとって供養、たむけになるのではないでしょうか。


 人は2度死ぬ、という言葉があります。
肉体の死を1度目、そしてその人の存在が人々の記憶からも失われ、忘却されることを2度目の死と捉えた言葉です。

10年、20年と経てば、いずれコービー選手がどんな選手だったかを知らないファンの方が増えてくると思います。
それでもコービー選手を知る今のファンが、
「昔、日本の神戸(牛)と同じ名前のすごい選手がいてね…」
と、未来のファンたちに語れば、2度目の死を与えないことになります。
同時に、それは一部ながらも、NBAや日本のバスケットボールの歴史を語ることでもあり、当時と今を知る人にしかできないことです。

命日、誕生日、優勝した日(特に後半の連覇)、81得点した日など、その時々でSNSで悼んだり、語り続けることは、ご本人が亡くなっても、その人のファンであり続けることにつながるのではないかと、筆者は思います。

 年が明けて、全国的に雪がちらつく天候ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

先ごろ、新たに入荷したNBA手袋を掲載しました。
 

NBA手袋

 


今回は、サンダー、ペイサーズ、ニックス、ペリカンズ、クリッパーズ、八村選手が所属するウィザーズの物が入荷してきました。

どれも今季入荷なのですが、いささか遅れて入荷してきたこと、先に入荷した商品がすでにセールになっていることもあり、セール品と同じ価格にしました。

つくりですが、どれも同じメーカーなので、全く同じです。
手の甲にチームロゴが刺繍され、手の平には滑り止めが施されています。
色々な物に、直接、手で触れるのが、はばかられる現在にあっては、便利なつくりです。

 

 

 

 

ペイサーズ手袋

ペイサーズ手袋・チームロゴ刺繍

ペイサーズ手袋・手の平

【画像:ペイサーズ】

 


カラーリングも特徴的です。
チームの、昔でいうアウェイ×3rdカラーの2トーンで、ロゴとあわせて、一目でそのチームとわかります。

 

NBA手袋

 


コロナ禍にあって、外出する頻度を最小限に抑えながらも、やはりいくらか買い物に出たり、提携する会社を訪問せざるを得ないことがあります。
その度に、筆者はアルコール消毒をして入店・入室するので、手の平がカサカサになっていき、手に持ったはずの物がスルっと抜け落ちてしまい、よく物を落とします。
また、手をアルコール消毒する時に、外の風が吹こうものなら、とてつもなく手が冷えてしまい、こんな時には手袋が恋しくなります。

まだこれから寒くなると予想される季節。
お気に入りのチームの手袋で飾って、寒さをしのいでいただければと思います。

当店では、NBAだけでなく、NCAAの一部の大学だけですが、カレッジものもございますので、NCAAファンのみなさまにもご覧いただければ幸いです。

 

NCAA手袋


全国的に厳しい寒さが続いておりますので、みなさまご自愛の上、お過ごし下さい。


 みなさま、明けましておめでとうございます。
今年も初日の出を撮影して参りました。

2020年元旦に撮影した空模様は、昨年を暗示するかのようなお天気でしたが、今年は快晴に恵まれ、燃えるようなとても明るい朝日を拝むことができました。

今年はこの暗示のように、「晴れ渡り、明るさと温かさが広く届く年」になってほしいと思います。






 昨年末、あまりに商品入荷が遅れたため、年内到着をあきらめ、「商品入荷の遅れのご報告とお詫び」をサイトに掲載したところ、その後、一部ですが、ギリギリ年内に到着しました。
これから内容確認・検品を行ない、掲載できる物から順にアップしていきます。

また、明日の1月 2日、明後日の3日は、通常どおり営業いたします。
お電話の受付もございますので、お待ち申し上げております。


 今年は、良い初日の出の画像を掲載できました。
コロナ終息をもって、アメリカを訪れるようになり、これが早く旅行記や現地買い付けの画像になることを、グッズ屋として心から願っています。

そして、一刻も早く世界中の人にとって、安寧な日々となりますことを心よりお祈りいたします。

乱雑なご挨拶ではございますが、みなさま、本年もどうぞよろしくお願い致します。

 今年も残すところあと数時間ですが、今年もご愛顧いただきましたみなさまに、感謝・お礼申し上げます。


 2020年は、NBAファン、NCAAファン、バスケットボールファンのみならず、世界中の人達にとって、大変な1年でした。
「2020年に亡くなった海外の著名人」等を見ていると、コロナ罹患、国内外、世代、ジャンルを問わず、一世を風靡した人達が、今年は特に大勢亡くなられた印象です。

とりわけ自分たちのフィールドだけでも、

 コービー・ブライアント選手
 ウェス・アンセルド選手
 クリフ・ロビンソン選手
 ジェリー・スローンHC
 ジョン・トンプソンHC
 デビッド・スターン前コミッショナー

といった方々が、お亡くなりになりました。
加えて、NCAAトーナメントが中止になったことや、五輪の延期、2019年が日本バスケの挑戦の始まりで、その矢先だったことも考えると、本当に痛恨の一年でした。


「つらいことは、去年に置いてきました」

これは、筆者が過去に所属していたチームのメンバーの言葉です。
当時、男子チームと女子チームとが合同で練習していたクラブチームに所属していました。
12月下旬のある日、女子チームの練習中、最年長の選手の足の上に、最年少の選手がのってしまい、少し大きめのケガをしてしまうということがありました。

無論、プレー中の不幸な事故なので、どちらかが悪いということではないのですが、最年長が最年少にケガをさせてしまったということで、最年長の彼女はひどく気にしていたようでした。
年明けして、そんな彼女と話す機会があったのですが、気丈にもその口から出た言葉がこれでした。

「ひどいことになってしまったけど、これからもこのチームで、みんなで活動していくのだから、過去に引きずられたりせず、前を向かなくてはいけない」

そう言われているように感じました。


 コロナ禍で、それができない人も大勢おられると思いますが、幸いにして、筆者や当店は辛うじてまだできる状況にあると思っています。
色々あった年でしたが、つらい記憶は2020年に置き留め、新しい年を迎えるだけでなく、新しい年に向かいたいと考えています(コービー選手のあとがきについては、1月26日に掲載予定です)。


 現在、当店ではスタッフ同士による密を避けるため、お電話での受付を土日のみに限定しております。
年始は暦どおりの営業で、2日、3日は通常の土日同様、お電話での受付を行ないます。

なるべく早期に、もとの状態に戻れるよう努めて参りたいと思いますので、みなさま、また2021年もどうぞ当店をよろしくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。

 今回は、お電話での受付についてふれるところは、ほとんどありませんが、コロナ禍がもたらした意外なものについて、お話しできればと思います。

お電話での受付がなくなったことで、深夜まで仕事ができるなど、時間の自由が少し効くようになり、そこで作業の傍らテレビをつけていると、NBA選手の名前をしばしば耳にする番組が放送されていました。
テレビ神奈川で放送されている、ビルボード全米 TOP 40 という番組です

ナカムラ・マリさんという方がVJを務める洋楽ランキングの音楽番組ですが、楽曲紹介の際、小ネタをはさむのが特徴で、何を歌った曲なのか、アーティストの近況のほか、アメリカや各国の情勢についての彼らの意見、交友関係についてふれることがあり、アーティストがNBA選手と親交があることや、選手の名前を冠した楽曲について説明をしてくれることがありました。

たとえば、今年亡くなったコービー選手の名前を冠した曲、「Bean(Kobe):LIL UZI VERT featuring CHIEF KEEF」については、アーティストによる追悼の意は込められているようですが、曲の内容とは関係ないそうです。

また、ラッパーのプロモーション映像中で、しばしばNBAジャージが着用されていることがあり、懐かしいジャージを目にすることもありました。
 

Blueberry Faygo: Lil Mosey ハードウッドクラシックス・レイカーズ #34のシャキール・オニール選手。
BOP on Broadway: DABABY ハードウッドクラシックス・ホーネッツ #2のラリー・ジョンソン選手。

その他にもコロナ禍に加え、現在、アメリカが社会問題として抱えている、Black Lives Matterについても。
八村選手やステフィン・カリー選手などNBA選手がデモに参加し、レブロン選手が胸の内を語り、選手や監督、その試合の審判たちが、国歌斉唱の際に腕を組んでコートに片膝をついたことが記憶に新しいですが、現状に対するアーティストのコメントのほか、国内が混乱しつつも、何とかしようとする彼らやアスリートらの意志や活動も紹介しており、ちょっとした社会勉強にもなりました。

さらに蛇足になってしまいますが、ジョジョの奇妙な冒険でスタンド名として聞いた名前を、この番組でしばしば耳にしました(作者がアーティストの名前を参考にしていると言われています)。

NBAシーズンが中断し、話題がなかった間のことだったので、選手の名前と数々のエピソードをテレビで楽しく聞けたのは収穫でした。

 梅雨空というには、大雨などあまり風情のない厳しい空模様の7月でしたが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

緊急事態宣言が解除されるまで、順調に感染者が減っていたコロナウイルス感染ですが、残念なことに、感染者数と陽性率の増加が連日報じられています。

当初、当店では7月からは土日に加え、週の真ん中の水曜日、木曜日…と、感染減少に伴ない徐々にお電話での受付日を増やしていくつもりでいました。

ですが、当店が所在する市でも、7月だけでそれまでの累計を上回るだけの感染者が確認され、引き続き、現在の体制(土日のみのお電話受付)を維持せざるを得なくなりましたことを、ご報告いたします。
あわせて、トップページの画像中のメッセージを変更し、正式にしばらく現体制維持をお知らせしております。


【蛇足】

 コロナ禍のような伝染病は、自分さえきちんとしていれば大丈夫というものではないので、今後の体制をどうするか検討していた時点から、インフルエンザのように徐々に収まるか、現状のように増えてしまうか、目先の状況は二者択一だろうと思っていました。

とかくこうした話題になると、「誰の責任か」という犯人探しのような発想になりがちですが、それは原因究明と対策を立てる専門の方々にお任せして、筆者の経験をお話しさせていただければと思います。

大学生の時には、毎日のようにバスケをしていたため、いつも筋肉はドキンドキンと脈打ち、体は常にアイドリング状態。
体温も平熱よりは高めで、軽い風邪なら、ひいていたことに気が付かないことが、しばしばありました。
インフルエンザにかかった時も、随分と治りの悪い風邪とばかり思って、お医者様に診ていただいたところ、その場でドクターストップ。
その時に受講するはずだった年末の集中講義には、他の人にうつすから出席しちゃダメと、強く止められたことがあります。

コロナ禍には、うがい手洗いや消毒をして、行動を自粛して人に会わないことが最善であるとは思うのですが、各自の生活がある以上、それを完全にやり遂げるよう強制するのは、現実的に難しいとも思います。
ただ、そんな中でも、体調が変、風邪っぽいけどいつもとちょっと違うなど、コロナが疑われた時は、大事をとって無理をせず、できる限り体を休めて下さい。
仮にコロナであっても、軽症で済んで、他の方にうつさずに済むかも知れません。

自分の身を守ることは、他の誰かの身も守ることになる。

筆者の間の抜けた経験を反面教師に、これを頭の片隅にでも置いていただければ幸いです。

蛇足だけ、「代表のひとり言」に続きます。

 ずいぶんと時間が空いてしまい、すでに梅雨に入ってしまいましたが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
今回はタイトルの通り、NCAAアウターのご紹介です。
「7月に入った今さらアウター?」とお思いかも知れませんが、おつきあい下さい。


NCAAアウター






【メーカー】
Stadium

【素材】
100% ポリエステル生地 × ラバープリント

【備考】
ゴンザガ大、カリフォルニア大、ミシガン大のパーカーです。
同じシリーズなので、ひとくくりにご紹介。
ホーム、アウェイ、3rd(オルタネート)のトリコロールのカラーリング。
大学名、チーム名またはスローガン、チームロゴがプリントされています。

もっとも特筆すべきは、大学名の2トーンです。
こうした文字をまたいでのカラーリングはパッチワークでは難しく、ラバープリントならでは、です。

ちなみに小ネタを挟みますと、カリフォルニア大とミシガン大のカラーリングを、商品のご紹介での便宜上、ネイビー(ブルー)×イエロー、と呼んでいますが、ミシガン大はメイズ(とうもろこし色)、カリフォルニア大はゴールドです。
 

カリフォルニア大トレーナー 

【メーカー】
Stadium

【素材】
70% コットン - 30% ポリエステル生地 × パッチワーク

【備考】
カリフォルニア大のアウターを、というお声を受けて入荷させました。
トレーナーです。
裏地は起毛の仕様で保温性に優れており、フロントの大学名、チームロゴはパッチワークです。

 

カリフォルニア大ウォームアップウェア カリフォルニア大ウォームアップウェア

【メーカー】
Colosseum
 
【素材】
100% ポリエステル生地 × パッチワーク

【備考】
そのお声から入荷した2つ目、2トーンパーカーです。
本体は、イエロー(ゴールド)とネイビーの生地の縫いあわせでできており、裏地は起毛の仕様。
ネイビーの生地にはグリッド模様が入っています。

左胸には、チームロゴのパッチワークが縫いつけられ、チャック式のポケットがあります。

 


 当店が創業した時にもすでに、温暖化という言葉は存在しており、ずっと

平均気温が上がり、朝から晩まで暑くなる

とばかり思っていましたが、実際は、

日中の暑さの割に夜は肌寒い

という砂漠化のような印象です。

夏はもうそこまで近づいてきてはいますが、日没後の肌寒さをしのぐのに、お気に入りの大学アウターはいかがでしょうか。

 さきごろ、『6月からのお電話での受付再開について』を掲載いたしました。
それにつきまして、少し補足をさせていただければと思います。

緊急事態宣言の解除を受けて、当店でも営業再開(お電話での受付再開)に向け、思案して参りましたところ、まずは土・日(15~18時)を再開させ、取引先の会社やその所在地や周囲の都市状況に応じて、徐々に再開する曜日を増やしていく予定でおります。

インターネット、FAXによるご注文・お問い合わせは、引き続き行なっておりますので、ご利用下さい。


取引先の会社について

 筆者の師匠の会社(東京)をはじめとする提携取引先、当店に資材を供給して下さっている会社(千葉・東京)が操業してくれてこその当店業務でもありますので、彼らがそれぞれの判断で操業をスローダウン、停止している場合は、当店もある程度はそれにあわせる必要が出てきます。

解除以後は、この心配はあまり考えられませんが、彼らが所在する自治体から「市・県外から来るのを控えて」とされてしまいますと、「仕事ですので」と言い返すのは、なかなか難しい印象です。
取引先と彼らの所在地の都合にあわせ、別の方法を模索するつもりでおります。


周囲の都市状況に関して

 当店は、東京~成田(空港)の間の市に所在し、感染者は自治体が把握している限りにおいては、幸いにも累計5名を下回っており、現在は海外からの渡航制限や水際対策がありますので、海外からウイルスが持ち込まれる心配は少なくなっていると思われます。
また、市は高齢化が進んでおり、活発に東京など都市部へ出勤する方が、かつてよりも減少していることから、市外から持ち込まれる心配が少ない地域と考えています。

 その一方で、それでも東京へ出勤される方々は一定数おられ、また、近隣の市町村にはそうした方々が大勢おられることから、彼らが市内で活動する範囲を、当店のスタッフも行き来すると、危険性がゼロではないとも考えています。

 そのため、やはり当店周囲の環境状況に気を配る必要があると判断し、いきなり全再開とせず、様子を見ながら徐々に再開していくことにいたしました。


 ここからは、少し本題からずれますが、当店の屋号は、筆者の前身がバイオロジストだったことに由来しており、筆者は抗生物質なしの無菌細胞培養や、SPFの実験動物舎(外界からのウイルス、バクテリア、塵などの汚染から隔離された動物舎)を行き来していました。

そのため、個々に何をしたら汚染(感染)するのかは予想できるのですが、社会で生活をする集団の影響がどう感染に寄与するかについては、人々の生活スタイルは千差万別であることから何とも言えず、慎重にならざるを得ませんでした。

その時々の近隣社会の状況を見ながら段階的に再開の曜日を増やし、当店スタッフの行動範囲ならびに当店や取引先が所在する市で、感染者を出していない県のようになった時点で全再開を予定しております。

 緊急事態宣言が発せられ、ご自宅でお仕事をされる方、仕事を休むことになった方、色々なご事情をお抱えのこととお察しいたしますが、こと、医療従事者の方々、生活必需品を販売されている小売店といった、

「いつもの生活」を支えて下さる方々

には、感謝しかありません。


 目下、当店におきましては、もともとが事務所に引きこもって、インターネットやお電話での通信による販売、決まった時刻での発送商品の引渡し、しかありませんので、実質、業務には変わりないのですが、ただそんな中でも、「3密」を避けるため、お電話での応対を取りやめてマンパワーを落とし、人と人の物理的距離を保つことにしました。
いつもお電話でご注文いただくお客様には、大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

また、アメリカでも新型コロナウイルスが蔓延しているためか、2月上旬にオーダーをかけた商品がようやく4月になって入荷してきました(後日、ご紹介のブログを書きます)。
取引上は今のところ支障はありませんが、流通の上でいささか滞りが発生している印象です。
いつもより少し入荷が遅れてしまう可能性が高いのですが、NBAファン・NCAAファンのみなさまには、これからもおつきあいいただければ幸いです。


 これまで、震災や台風などの災害が起こると、何かお役に立てないかと模索してきましたが、今回は、日本全体が禍を何らかの形で抱えることとなり、この時点に及んで、当店に何かできることがないかと考えてみました。
そこで、「自分達がNBAグッズ、NCAAグッズ屋であることの基本に立ち返る」ことにし、テレビや多くの団体がそうしていることにあやかり、過去のコンテンツを再度、ご提案させていただければと思います。

もともと当店は、アメリカから商品を買い付けという形で輸入して日本で販売をしてきました。
当店の活動を、単なる物とお金の交換に留めたくなかったことから、アメリカのあちこちを訪れ、そこで見た物などをご紹介していく旅行記など、ホームページ掲載できるコンテンツを作成、お買い物の有無に関わらず公開してきました(詳細は、文末に掲載いたします)。

いずれもデータは古い物なのですが、ファンの方の時間つぶしなどにご利用いただければ幸いです。


 20~30年前に放送されたドラマや番組があって、現代のドラマや番組があったり、昔の激しいディフェンスのNBAがあって、今のNBAがあるのをご覧になった方は多いと思います。

今日という日が過去の積み重ねの結果であるように、今の積み重ねが未来につながることを忘れないようにしたいと思っています。

 



レプリソームライブラリー
 

  1stチーム
 

  NBA永久欠番とチーム名の由来
 

  NBA往年のドラフトベスト5
 

  NBA選手の出身大学:2006年
 

  歴代NCAA優勝校
 

  NCAA ディビジョンⅠ所属校
 

  歴代の Hall of Famer
 

 

グッズコラム
 

  Vol.1 買うばかりがグッズじゃない?
 

  Vol.2 買うばかりがグッズじゃない? その2
 

  Vol.3 ラバーバンド
 

  Vol.5 レプリカ・スウィングマン・オーセンティック 前編
 

  Vol.6 レプリカ・スウィングマン・オーセンティック 後編
 

  Vol.7 レアジャージ
 

  Vol.8 レアグッズ
 

  Vol.9 オールスター投票用紙2
 

  Vol.10 Reebok & adidas
 

  Vol.11 NCAAのウェア
 

  Vol.12 NCAAグッズとそのデザインの多様性


PC用壁紙コーナー

 

 

旅行記


   シカゴ (2000年)


   LA&NY (2000年)


   ダラス (2001年)


   ノースカロライナ大学 (2003年)


   ランダムギャラリー


   インディアナ (2005年)


   LA&SA(2005年)


   デトロイト (2005年)


   マイアミ (2006年)


   ミシガン大 (2006年)


   クリーブランド (2006年)
 
   ミシガン州立大 (2006年)
 
   DUKE大 (2006年)
 
   ランダムギャラリー2 (2006年)
 
   Hall of Fame (2006年)
 
   フィラデルフィア (2006年)
 
   ランダムギャラリー3 (2007年)
 
   UCLA (2007年)
 
   シラキュース大学 (2010年)
 
   コネティカット大学 (2010年)

   Hall of Fame Part2 (2010年)

   ランダムギャラリー4 (2010年)

   ランダムギャラリー5 (2010年)

   NCバスケットボールミュージアム (2010年)

   ランダムギャラリー6 (2010年)

   ランダムギャラリー7 (2010年)

   Hall of Fame Part3 (2010年)
 
   ランダムギャラリー8 (2012年)
 
   ランダムギャラリー9 (2016年)
 
   ランダムギャラリー10 (2016年)
 
   デビッドソン大学 (2016年)