乱歩酔歩--Random Walk official blog--
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

春節のスタンプラリーの規模が……

どうも遊木です。

 

先週から気圧変動に惨敗しています。

本当は昨日の夜に更新しようと思っていたブログも、「無理だ。文章考えられん」となって諦めました。

 

 

 

 

今月は春節ということで、去年同様、「横浜春節祭2024」のスタンプラリーをやっていました。

 

 

 

 

ほとんどのスポットは、みなとみらい周辺を歩けば回収できる設定ですが、今年は「新横浜」と「羽田空港」が追加され、コンプリートを目指すハードルが結構上がっていました。

 

コンプリートするか悩みましたが、新横浜、羽田、共に「そのうち行こう」と思っていた場所なので、スタンプ回収がてら、観光することに決定。

 

 

 

まず、新横浜では「新横浜ラーメン博物館」に行きました。

……何年行く行く詐欺をしていたのか……ほら、近いと逆に行かないのよ…。

 

 

ラーメンを楽しむのはもちろんですが、昭和レトロの内装も同じくらい良かったです。

当時の生活がリアルに想像できるぐらい作り込まれており、普通に取材スポットとしてクオリティが高かった。

 

ラーメンは、「来々軒」と「こむらさき」にお邪魔しました。

美味しかったです!

 

 

 

 

 

羽田空港は、「国際線第3ターミナル」にお邪魔しました。

羽田に行ったのなんて、高2ぶりだ……。

 

 

 

国際線ということで、すごくわかりやすく日本の“和”を推していましたね。

並んでいる店舗も、「選び抜かれた日本」という感じがして、ウインドーショッピングだけで十分楽しめました。

あと個人的に、日本に日本橋はいくつあるのかが気になります。

 

 

 

あと、春節仕様のピカチュウとレックウザの龍舞も見てきました。

そして三日前に、レックウザが追い掛けていたのがメテノだと知りました……。

芸が細かい!

 

 

 

 

 

気圧変動とプラスして、今年は花粉も食らいそうな予感がするので、ちょっと対策を考えたいです。

結局自然が一番怖いんや……。

 

 

 

aki

 

ゴミ捨て場の決戦

どうもこんばんは、霧島です。


今日はあったかかったですね…!暖かいとわかっていながら普通に2月の格好で外に出てしまい暑かったです。夕方には気温も少し下がってたのでよかったけど。


最近取り掛かっていたネームが一応一段落したので、先週公開された映画、「ハイキュー!!ゴミ捨て場の決戦」を観てきました。


以下ネタバレもぬるっとしてるので、これから観に行く!と言う方はご注意ください。









映画、よかった…!!

涙腺バグってる自覚はあるんですが、開始1分で無理でした。もう逆に面白いな…


映画一本通して主役の日向ではなく、研磨の目線からストーリーが組み立てられてる感じも観やすくて良かったです。


マンガで1ページバーンと使うようなキメゴマもしっかり見せてくれる上に声優さんたちの演技も乗って最高でした。


あと演出としての面白さと言うか、VRみたいなのすごくよかったな…あの試合終盤、しんどくてふらつくのがダイレクトに伝わってくる感じ、映像というか、映画ならではの感覚で良かったです。マンガだとなかなかあの感じは出せない…!研磨のキャラ性にも合っていて、うまい演出だなと思いました。



ハイキュー!!は原作でも「エモ…」という感情の使い方が素晴らしいなと思う作品の一つなのですが、劇場版ももちろん例に漏れず…


今まで積み重ねてきたものが花開く瞬間を見るのがたまらなく好きなので、始終しんどかったです。映画館でなければ多分嗚咽が漏れていた。できればアニメを一から全部観返して原作も再度33〜37巻辺りを読み直してまた…観たいな……無理かな……


続きも楽しみです。でも終わってほしくない気持ちもある…



他にも観たい映画いくつもあるのでタイミングを見てまた行きたいです。仕事がんばろ…


したらば!


rin

【参加募集開始!】第11回横浜創作オフ会【3月16日(土)】

横浜創作オフ会幹事の須々木です。

 

 

さて、タイトルにもある通り、第11回横浜創作オフ会の参加受付を開始しました!

 

開催は 3月16日(土) です。

基本的に過去の開催方式と同様の見込みです。

 

なお、参加〆切は 3月2日(土) となっているので、ご注意ください。

あまりギリギリを攻めずに、早めの参加連絡を宜しくお願いします。

 

 

 

というわけで、詳細は第11回の特設ページを参照してください。

コンセプト等は相変わらずです。

 

 

 

本日からオフ会までの期間中、X(旧twitter)等でも積極的に情報発信していきたいと思うので、宜しくお願いします。

 

なお、情報発信については、これまでと同様、Random Walk公式アカウントを主に利用していきます。

 

このオフ会は、「Random Walk主催」ではなく、あくまで「須々木主催」ですが、発信力にかなりの差があるので。。

 

 

もちろん、須々木(幹事)の個人アカウントからもアレコレ発信していきます。

参加希望DMや質問等も、幹事の個人アカウントにするのがスムーズです。

 

 

 

 

 

 

というわけで、毎度のことですが、リピーターも初参加も超絶大歓迎です!!

たくさんのご参加、心よりお待ちしています。

 

質問等も遠慮なくお願いします~。

 

 

 

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

 

「第11回横浜創作オフ会」特設ページ

 

 

 

 

 

※いつもどおり、イラストは遊木(写真素材は須々木)。

 

 

 

 

 

sho

 

 

 

実写映画『 ゴールデンカムイ 』を見て来ました。

 本日は春一番が吹いたそうで、とても暖かく散歩したら汗だくになってしまった…。季節の変わり目に弱い米原です、こんばんは。

 

 さて、先日来場者特典も開始したこともあり映画『ゴールデンカムイ』を見て来ました。

 

 

    

 2種類からランダムだと思ってたら裏表だった!嬉しい!イェ~イ!

 

 今作の前情報としては、キャスト陣と公開後好評である、ということくらいでした。

 

 原作のファンで漫画も全巻持っているのですが、囚人エピソードを大量にカットしたアニメ版が受け入れられずシーズン2の途中から全然触れていない若干厄介オタクを発症しているので、今回の実写もものすご~~~く不安でした。

 

 しかし脚本が、こちらも評判が良かった実写映画『キングダム』の方が手掛けているということで、「あの壮大な長編漫画を実写映画化して評判が良いのなら余程の手腕なのだろう」と、なんとか劇場に足を運ぶことができました。

 

 で、結果感想は、滅茶苦茶良かった………。(IQ2)

 

 不安7割、期待3割、くらいの気持ちでしたが、や、まさかココまで映画としてちゃんと面白くなってるとは思ってなかった…。「この杉元すぐ死にそう…」とか「アシリパさん子役じゃないのヤダァ!」とか生意気言って本当にすみませんでした…土下座します…。

 

 以後、原作ファン視点の感想をつらつら書いていきます。いつもは感想でなるべくネタバレは書きたくないのですが、勢いのまま書きたいのでたまに漏れちゃってるかもしれませんが許してください。はい。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 内容としては3巻前半までのストーリーで、「俺たちの戦い(金塊探し)はこれからだ!」という感じだったのですが、全体的に「視聴者に『ゴールデンカムイ』とはどういう作品なのかを伝える」ことに全力を注いだ構成だったかと思います。

 

 映画がゴールデンカムイ初見だった人も、続きが気になって原作漫画に手を出した人結構いるのでは?ってなりました。

 

 とにかく、驚くほど原作の雰囲気が出ているのがすごかった。熊も狩りも料理も三つ巴の刺青争奪戦も、杉元とアシリパさんの過去と現在の信頼関係の積み上げの描き方とか、白石を加えた主人公パーティー結成とか、見たかったシーンは大体入ってました。命が助かる。

 

 杉元は最初危惧していた違和感が殆どなかったのも驚いた。アクションや強さの見せ方が上手かったのもあると思いますが。異常さと愛嬌のギャップがしっかり描かれていて思わずニッコリ。

 

 アシリパさんも全体のシルエットから受ける印象なのか、ちゃんと子どもっぽく見えたし、映像作品だと立ち位置やカメラアングルで身長差も出しやすいしので全然違和感ありませんでした。白石は生きてた。

 

 土方歳三陣営や鶴見率いる第七師団の魅力もしっかり描かれてて、改めて良く映画1本の尺に収まったな!?と驚きます。個人的に谷垣ニシパと月島さんと二階堂も良かったなぁ~。

 

 映画オリジナルの演出もすごい良い塩梅で、映画作品としての質・見栄え・分かりやすさ・面白さを引き立たせていたと思います。アクションシーンの派手さも映画ならではで良きでした。

 

 個人的には、漫画では飛び飛びで小出しにされていた杉元の過去や日露戦争のエピソードをまとめてエモい感じに出してくれたのが良かったと思います。それも1本の映画として面白くなっていた要因のひとつではないかと思います。主人公の動機や行動原理は気になるもんな!

 

 漫画ではもう少し後で明かされる情報をいくつか先に出しちゃうのも、今だからできる演出だし使い方が上手いな~と感心しました。

 

 映画視聴後は、すごい満足感と共に、「このクオリティーのまま完結編まで作ってくれないかな~!?」っていう欲に塗れてます。人間って強欲な生き物。

 

 そうなると、やはり囚人エピソード大量カットからは逃れられない運命だとは思いますが、このスタッフたちなら、なんかこう上手いことまとめられませんかねぇ!?ってなってます。はい。

 いやでもこのスタッフたちなら予想を裏切って囚人ラッシュをかまして来る可能性もゼロじゃない気がするので、続編、待ってます。

 

 最初から最後までチョコたっぷり、て感じで大変良かったです。楽しい映画体験ご馳走様でした。ヒンナヒンナ。

 

 今作見た後、『キングダム』の映画も見たくなってきちゃいましたね。しかし、キャラの名前を憶えてからじゃないと実写のスピードについていけなくなる可能性あるので漫画を読んで登場人物とストーリーは大まかに把握してから見始めたいのですが、もしかしたら我慢できずに映画見ちゃう、かも。

 

 好きだ!と思える作品に出会うと元気になれるので健康に良いですね。季節の変わり目にもめげずに今月も生きたいと思います。それではまた次回。

 

noz

21周年記念読切『アイシールド21』を読みました。

 連載21周年というのもすごいですが、今年で完結から15周年の方がショックがデカかった米原です、こんばんは。

 

 ということで、先日す~~~っごい久しぶりに紙のジャンプを買いました。

 そして21周年記念読切 『 アイシールド21 』を読みました。

 

 やぁ~!アイシ21は大好きなスポーツ漫画なのです。私の青春でした。えぇ。はい。

 

 こちらは村田先生ご本人が描いた記念アニメ動画(宣伝)相変わらずすごく絵が上手い(IQ2)

 …アイシ21も再アニメ化してくれないかな…今のジャンプアニメのクオリティで…見たいよ…。

 

 読切は全55p、本編完結後の大学アメフト大会の様子が描かれています。

 

 発売してまだ数日ですし、ネタバレになるので詳細は書きませんが、

 

 やぁ~!良かったです(IQ2)満足です(IQ2)ありがとう(IQ2)

 

 『アイシールド21』は、漫画的誇張表現を活かしつつ、コミカルに爽快にでも愚直に話が進んで行くので、読んでいて気持ちの良いスポーツ少年漫画です。

 ですが、物語や作品全体では、常に「現実へ挑戦する人間の姿」がリアルに描かれている作品だと思っています。

 

 それは、今回の読切でもしっかり感じることができました。そして、それがなによりも嬉しいと感じました。

 

 力、スピード、体格、身体能力、頭脳、知識、育った環境など、登場人物たちはみんな生まれ持った自分の才能に悩みつつ、「配られたカード、限られたカードで如何に戦っていくのか」を常に考えて進んで行こうとする姿が描かれます。

 

 それを、今の時代に合わせる&今だから描ける要素を入れつつ、最初から最後までクライマックス!て感じで読切は駆け抜けていきました。シンプルでわかりやすい、それでいて夢や希望を見させてくれる内容でした。やぁ~!本当にありがとうございました!

 

 あの終わり方も、個人的にはすごく好きでした。

 

 考え続けることと進み続けるこは、大変だけど大切ですねぇ。

 

 また1巻からアイシ21を読み始めたのですが、今見てもあまり古くささみたいなのを感じないのもすごいなぁ~と思いました。カメラアングルやパースの取り方もとても上手く、見ていて気持ちがいい画面が多いので、気になった方は是非この機会にアイシ21を読んで貰えたら嬉しいです。

 

 もう少し私のキャパに余裕ができたら、そろそろ『Dr.STONE』も読み始めたいです。はい。

 

 バタバタし続けた怒涛の1月がようやく終わる…。でももう2月だと思うと怖い…。来月はもっと散歩しながら映画なり展示会なりご飯なり行きたいです。行けると、いいね。それではまた次回。

 

noz

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>