乱歩酔歩--Random Walk official blog--
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

神はサイコロを振らない的なシリーズ。

須々木です。


今月初旬はノーベル賞発表ウィークでした。

僕はわりと科学系のネタが好きなので、毎年どんな研究が受賞するのか楽しみにしています。

SF系の作品は好きですが、もしかするとそれ以上に科学そのものが好きかもしれません。


「事実は小説よりも奇なり」(バイロン)とも言いますが、最先端の研究というのは、純粋に事実を探求しているだけなのに、時にフィクションよりさらにぶっ飛んだものだったりして面白いです。

 

クラークの三法則でも「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない」とありますが、知れば知るほど様々な妄想に繋がる面白いネタに溢れています。

 

 

科学の具体的な研究内容も面白いのですが、一方で、関連するエピソードや科学者が残した言葉の数々もネタの宝庫です。

その中で、以前RWでもアインシュタインについて軽く扱ったことがあったので、その名言をいくつかご紹介しようと思います。

いずれも有名なやつなので、あちこちに掲載されていると思いますが、シンプルな言葉でありながら、広く使えそうな思考のヒントが散りばめられている気がします。






「20世紀最高の物理学者」とも言われ、天才の代名詞のように語られることも多いアインシュタインですが、ドイツ生まれのユダヤ人ということもあり、その人生は大変な困難があったことと思われます。

彼もまたノーベル賞受賞者の一人ですが、受賞対象となった研究は相対性理論ではありません。


アインシュタインが受け取ったノーベル賞の賞金が、円満な離婚のため元妻の手に渡ったというエピソードも有名です。

さっさと離婚して、別の女性と結婚したかったため事前に取り交わしていた約束によるものですね。

いろいろ凄い・・・。









一見して馬鹿げていないアイデアは、見込みがない。
The idea that it is not absurd at first glance, the unlikely.


ビル・ゲイツも「少なくとも一度は人に笑われるようなアイデアでなければ、独創的な発想とはいえない」と言ったそうですが、多くの人と違う何かをやり遂げる人の基本的な思考パターンなのかもしれませんね。
他人が自分に向けるネガティブな反応をストレートに受け取ってしまう人は多い気がしますが、そういう人にピッタリの言葉ですね。

むしろ、そういう反応を貰うということは見込みがあるんだ!・・・くらいの勢いで生きたいですね。






常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。
Common sense is the collection of prejudices acquired by age 18.


「常識」にはプラスマイナスの両面があると思いますが、マイナスの部分に鋭く切り込む名言。

集める気がなくてもコレクションはできていってしまうので、せめて自覚的でありたいものです。






私の学習を妨げた唯一のものは、私が受けた教育である。
The only thing that interferes with my learning is my education.


これぞ自学自習の精神。






正規の教育を受けて好奇心を失わない子供がいたら、それは奇跡だ。
It is a miracle that curiosity survives formal education.


アインシュタインは公教育に怨みでもあるんでしょうかね・・・






私は、先のことなど考えたことがありません。

すぐに来てしまうのですから。
I never think of the future. It comes soon enough.


ここまで極端なことは言いませんが、僕も先々のことまでしっかりプランニングして生きるのを好むタイプではないので、シンパシーを感じる言葉です。






6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。
If you can't explain it to a six year old, you don't understand it yourself.


説明下手のオジサンたちにプレゼントしたい言葉ですね。
ところで、分かった振りが得意な大人としか喋らないと、説明能力が落ちていくような気はします。

ストレートな反応をくれる子供への説明は、脳味噌の柔軟運動にもなる気がします。






人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる。
The value of a man should be seen in what he gives and not in what he is able to receive.


アインシュタインの名言の中でもよく引用されるものです。
しかし、実際に人に何を与えられたかは自分ではよく分からないというのも難しいところですね。






男は結婚するとき、女が変わらないことを望む。

女は結婚するとき、男が変わることを望む。

お互いに失望することは不可避だ。
Men marry women with the hope they will never change.

Women marry men with the hope they will change.

Invariably they are both disappointed.


アインシュタインは恋愛関連の名言も多いです。






人が恋に落ちるのは、万有引力のせいではない。
Gravitation can not be held responsible for people falling in love.


物理学ジョーク。






可愛い女の子と一時間一緒にいると、一分しか経っていないように思える。

熱いストーブの上に一分座らせられたら、どんな一時間よりも長いはずだ。

相対性とはそれである。
When a man sits with a pretty girl for an hour, it seems like a minute. But let him sit on a hot stove for a minute - and it's longer than any hour. That's relativity.


相対性理論の分かりやすい説明。






人生とは自転車のようなものだ。

倒れないようにするには走らなければならない。
Life is like riding a bicycle.

To keep your balance you must keep moving.


ずっと走って生きてきたんでしょう。
天才は生きている時間の密度が違う気がします。






同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という。
Insanity: doing the same thing over and over again and expecting different results.


継続性は重要だと思いますが、そのサイクルに「試行錯誤」が抜け落ちていると、確かに「何をやりたいのか?」となりますね。

気をつけたいところです。






人生には、二つの道しかない。

一つは、奇跡などまったく存在しないかのように生きること。

もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。
There are only two ways to live your life.

One is as though nothing is a miracle.

The other is as though everything is a miracle.


創作物には人の願望を投影する側面があると思いますが、それらを見る限り、多くの人は後者の生き方を望んでいるような気がします。
だったらそう考えて生きれば良いと思うのですが、なかなかそうはできないようで。






この世は危険なところだ。

悪いことをする人がいるためではなく、それを見ながら、何もしない人がいるためだ。
The world is a dangerous place, not because of those who do evil, but because of those who look on and do nothing.


心理学的には「傍観者効果」ってやつですね。






すべての宗教、芸術、科学は、同じ一つの木の枝である。
All religions, arts and sciences are branches of the same tree.


実はいずれも興味の対象はまったく同じように思うのですが、あまり仲良くない気もしますね。
その中で、芸術は比較的オープンな気がしますが。






ある年齢を過ぎたら、読書は精神をクリエイティブな探求から遠ざける。

本をたくさん読みすぎて、自分自身の脳を使っていない人は、怠惰な思考習慣に陥る。
Reading, after a certain age, diverts the mind too much from its creative pursuits.

Any man who reads too much and uses his own brain too little falls into lazy habits of thinking.


読書は基本的にはプラスの方が大きいと思っていますが、ここで言われているようなことを感じさせる人もたま~に見かける気がします。
怠惰な思考習慣というよりは、何かを恐れて理論武装をやめられないような感じ。






情報は知識にあらず。
Information is not knowledge.


情報化社会の現代にこそという言葉。

ところで、昨今のディープラーニングでコンピューターが学ぶのは、情報? それとも知識?






宇宙について最も理解しがたいことは、それが理解可能だということである。
The most incomprehensible thing about the universe is that it is comprehensible.


哲学から枝分かれした現代の科学も、突き詰めると再び哲学に還っていくのではないかと思うことがあります。

人間原理とかクオリアとかは、概念的に科学か哲学か際どい印象があります。






神はサイコロを振らないと私は確信している。
I am convinced that He (God) does not play dice.


相対性理論により古典物理が完成し、続く現代物理の始まりを象徴する言葉。
しかし、結局、量子力学は「神はサイコロを振る」と結論付けるわけですが。








以上。

適当にピックアップして適当にコメントをつけてみました。

この手の言葉は、見え方や感じ方の引き出しを増やす上でも良いものですね。





sho

 

 

映画『ブレンダンとケルズの秘密』を見ました。

 こんにちは。昨夜から一気に気温が下がり震えながら冬用の寝巻を引っ張り出して来た米原です。引き続き籠って原稿しておりますが、緊急事態宣言も解除され、ワクチンも打ちはじめたのでこれからも油断せずインプットも頑張って行こう。

 

 先月、トム・ムーア監督作品である映画『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』の感想ブログで、『ケルト3部作となっている他2作品も見たいなぁ~』という旨の内容を書いたのですが、そのひとつである『ブレンダンとケルズの秘密』も!今月アマプラ見放題で!見られるようになったので見ました!やったー!滅茶苦茶嬉しい!ありががとうアマプラ!

 

 

 

 『ブレンダンとケルズの秘密』はアイルランドの国宝であり世界で最も美しい本と呼ばれているケルト装飾写本「ケルズの書」をめぐる少年修道士ブレンダンの物語。

 今作は『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』より前に公開された作品ですが、絵や映像の美しさは相変わらずすごかった。ので、雰囲気を伝えるために今回も予告編動画を添付してみました。

 

 『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』の方は子どもたちの冒険という王道のエンタメで構成された内容で分かりやすく楽しめる作風にでしたが、今作はケルトの伝説の内容やそこから受けたインスピレーションやイメージに重点を置いた少し渋めの仕上がりになっていた印象です。史実にも基づいているようで少しハードなシーンもありましたが、やぁ~こちらの作風も大変好みでした。

 トム・ムーア監督作品は愛らしさと少しの怖さがありながら、美しい絵の迫力に圧倒されるのが心地良いというか、とても癒される。(個人の感想です)肌に合っているんだなぁとしみじみ思いました。その内ケルト3部作のラストである『ウルフウォーカー』と、それら以外の作品も一通り見て見たいです。

 

 アマプラには大変お世話になってます。これからもよろしくお願いします。『ウルフウォーカー』もその内来てくれるのでは?と期待してます。チラチラ。今週ワクチン2回目打って、今月原稿終わらせたら、ようやく外に出よう!という気持ちが湧いてきてくれるはずなのでラストスパート頑張りたいと思います!それではまた次回。

 

noz

 

らくがきと近況報告。

どうもこんばんは霧島です。
気が付いたらもう9月も終わり……やだやだ時間経つの早すぎる…

最近はもっぱらプロットやったりネーム描いたり漫画読んだり本読んだりしてます。ここ最近はちょっと映画とかあまり観てないなそういえば…観たいストックばかりが溜まっていきます。

本も本当は小説とか読みたいんだけどそこまで手が回らないんだよなーッ!もう何回も言ってる気がするけど、電車に乗らなくなってマジで小説を読まなくなってしまいました…最近読んだのは武道の入門書と自伝系…

本棚を買おう買おうと思いつつまだ買ってなくて床に積んでて酷い有様です。積読ではなくて全部読んだやつなんだけど…
押し入れを本棚にしてるのでキャスターが付いたタイプのコンパクト目な本棚が欲しいです。自由に出し入れできる感じの…
あ、ベッド下に収納するタイプのもありかな…
色々考えてはみるものの結局サイズ測ったり物を探したりするのがめんどくさくなってそのまま放置してしまっている…

ダメですね。
10月の目標は本棚を買うことにしようと思います。


話は変わりますが先日やっっっと1回目のワクチンを打ってきました。
以前は予約できるのが週一回だったんですが、受付が朝9時開始なのに即終了でなかなか予約取れなかったんですよね。
基本夜中活動してるので起きるのはゆっくりめなんですが、予約は早く取りたかったので何回か早起きしてチャレンジしましたが見事に惨敗でした。

それでも9月に入ってからはだいぶ落ち着いたようでなんとか予約が取れたので早速行ってまいりました。
副反応も仕事ができないほど重くはなかったので良かったです。まぁ2回目の方がひどいと聞くのでまだ油断はできませんが…

世間では3回目の接種云々の話も聞きますが、取り敢えず2回は確実に打っておきたいなと思います。
いい加減実家に帰りたいしな〜!!


はい、そんなわけで近況報告でした。
たまに落書きもしつつ。


したらば!


rin

メディア芸術祭ざっくり感想

どうも遊木です。

 

秋は見逃せないイベントが多くて大変ですね。というわけで原稿作業真っただ中だろうと突撃するぜ!第2弾、メディア芸術祭について。

流石に作品ひとつひとつに感想をつける時間はないので、いくつか面白かったものをピックアップしてご紹介します。

 

 

 

アート部門

 

ソーシャル・インパクト賞

Google Maps Hacks

 

 

 

 

大量の中古スマートフォンを用いてGoogleマップ上に架空の渋滞を作り、現実の交通状態にも影響を与える作品。

目に見えないアルゴリズムに干渉し、人の行動を無自覚のうちに誘導、平たく言えば操作するという着眼点は現代ならではです。

ただその方法は、手押し車で99個のスマホを運ぶという非常にアナログなもの。このアナログさが、コンセプトだけ見ればデジタル社会の薄暗い面が目立ちそうな作品に、ユーモアさを与えています。

漫画のトリックに使えそうなネタで、アート部門でありながらわくわくを感じました。「やられた!」という気持ち。

まさに“発想の勝利”タイプの作品です。

 

その他のアート部門の作品も、去年より面白いと思うものが多かったです。

「Acqua Alta – Crossing the mirror」は目新しさはないものの、「自分でもやりたいな」と思わせる、ほど良い親近感がありました。

 

 

大賞、優秀賞、どれも全体的に中度良い難易度で、展覧会初見の人でもそれなりに楽しめる作品が多かった印象です。

 

 

 

 

 

エンターテインメント部門

 

全体的に安定感はあるものの、飛びぬけて面白いと思う作品はなかった印象です。

AR/VRに関しては、もはやそれだけを使っても力はありません。その技術を前提に「この視点は新しい、面白い」と思わせる作品が今後出てくることを期待します。

初回の面白さで言えば「らくがきAR」が高評価な気がしますが、作品から続くもの、発展性が見えづらい。良くも悪くも出オチという印象を持ちました。子供には受けが良さそうですが。

 

 

エンタメ部門の中では「分身ロボットカフェ DAWN ver.β」が一番興味深かったです。

身体が不自由な人でも、遠隔ロボを操作することによって社会の中でしっかり働ける様子を示した作品。

ロボットの性能上、現状ではまったく健常者と同じとまではいかなくても、未来において五体満足、健常者、リアルとヴァーチャル、それぞれの価値が大きく変わってくることを示唆している作品です。

SFをつくるときは、このような作品を知識として頭に入れているか否かで、物語のリアリティに大きく影響が出そうだと思いました。

 

 

 

 

 

アニメーション部門

 

大賞

映像研には手を出すな!

 

 

 

直前に12話一気見しましたが、納得の大賞、非常に面白い作品。クリエイターの皆さん、必修です。

個人的に金森さんがとても良いキャラだと思いました。創作の場におけるプロデューサーの役割がいかに大切かわかりますね。

浅草or水崎タイプかは人によって分かれると思いますが、どちらもエゴイスティックに、それ以上にストイックに創作と向き合っている様子は同じです。特に、7話の「私はその拘りで生き延びる」から続くラストの言葉はぐっとくるものがありました。エゴもここまで貫き通せば美しい。

しかし、“誰かに伝える”にはいかなる天才でもエゴだけでは難しい。そして鑑賞者不在のアニメはその時点で不完全。シンプルな構成、面白い会話劇を交えつつ、クリエイターの利己的な輝きの合間に、そういう点がしっかり描かれていることが、この作品の完成度に繋がっているように感じました。

 

アニメーション部門はレベル高めの印象でした。

「映像研」を見る前は「ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン」とダブル大賞でも良いのでは?と思いましたが、鑑賞後は「……なるほど…これは映像研が大賞か」となりましたね。あまりにも作風が違うので一概にどちらが優れているとは言えませんが、メディア芸術祭では「映像研」に分があったな、と。

個人的には「海辺の男」も面白かったです。架空の生き物を、あたかも実在しているかのように語る口調は淡々としているからこそリアルで、シュールで、それ故に面白い。

 


 

 

 

 

 

 

マンガ部門

 

相変わらずガラパゴスな印象ですね。

今回は知っている作品、知らない作品半々でしたが、どの作品からもそこはかとない(ものによってはハッキリと)狂気を感じて見応えがありました。

余談ですが「イノサン」のメイキング動画内で、“精神を擦り減らす”的な字幕が出たときは思わず「知ってるよ」と言ってしまった……いや、知ってるよ。あれ描いてたら擦り減るよ、精神。

個人的に興味深かったのは、今回は妙に“女性のリアル”に言及している作品が多かった点です。「塀の中の美容院」「ひとりでしにたい」「かしこくて勇気ある子ども」「マイ・ブロークン・マリコ」、それぞれ表現の違いやフィクション的設定はありつつも、そこに描かれている女性は妙に生々しいというか、本当ではないかもしれないけど、“嘘でもない”という想いを感じるというか。考えさせられる作品だな、と。

 

 

 

 

 

 

 

毎年あるからこそ、何故今年はこの傾向の作品が多いんだろう?と考察するのが、メディア芸術祭の醍醐味のような気もします。

開催期間は短いですが、この数の作品を無料で見られるのは大変ありがたい。そして10年以上連続で通っているからこそ見えてくる“表現の世界”がある気がします。

今後も自分の創作の糧にしていきたい。

 

 

 

aki

アニメ「映像研には手を出すな!」、良いな。

須々木です。

 

 



というわけで、2020年1~3月に放送されたTVアニメ「映像研には手を出すな!」について。

 

 

原作は『月刊!スピリッツ』(小学館)で連載、大童澄瞳の漫画。

 

TVアニメ版は「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」「夜明け告げるルーのうた」などの湯浅政明監督によるものです。

 

過去作を知っている人はご存知のとおり、作品に監督の色が非常に色濃く表れるタイプです。



毎年行っている文化庁メディア芸術祭のアニメーション部門大賞を受賞していたので、受賞作品展の前に見ておこうと、このタイミングで一気に見ました。

 




 

 

 






原作漫画の時点で存在している作品の強い個性を殺さず・・・というより、むしろアニメ媒体に適する形でさらに大きくバージョンアップさせた作品です。

 

アニメをつくる楽しさや苦労を“アニメそのもの”で表現するというのは、有無を言わさぬ説得力があります。


特に、突如として挿入されるクリエイターの妄想の表現は秀逸です。

クリエイター自身が、自分の脳内から湧き上がる妄想ワールドに巻き込まれていく様はひとつの見所です。


自分の中から湧き出しているのに、時としてほとんどコントロールできないアイデアの奔流。


とても概念的で直感的なもののはずなのに、それを違和感なく映像化するというのは本当に凄い。

もちろん、そもそも原作漫画の表現が秀逸なのですが、その表現の意図を汲み取りさらに豊かにするのが凄い。


見事なバトンの受け渡しです。



キャラクターも生き生きとしていて非常に好感が持てました。


癖の強い面々が噛み合っていく流れは普遍的なものであり一種の様式美。

 

清々しいほどに都合よくノンストップで進んでいく爽快感とあわせて、これぞエンタメという味わいです。

 

 

 

敢えて今風ではないタイトルやロゴでも感じられますが、画面演出や諸々表現は過去の日本アニメ文化への深いリスペクトが感じられます。
 

しかし、それでいながら単なる懐古主義やクリエイターの自分語りに終始するような作品にはなっていません。

 

やはり軸は、あくまで青春を仲間とともにひたすら突っ走ることの素晴らしさが表現されています。

 

ここは恐らく普遍的なエンタメ。

 

 

 

よりジャンルを明確にするなら、学園モノであり部活モノでしょう。

 

現代的と言える一方、あまりに多くの作品がつくられ確立されたジャンルとも言えます。

 

にもかかわらず、本作の視聴では、未知の視聴体験と感じられました。

 

「何がそう感じさせるのか」という点の追究は、創作における重要命題である「王道とオリジナリティーのバランス」を考える上でもヒントとなる気がします。

 

 

 

このような懐かしさと新しさの絶妙な混濁は、優れた原作者とアニメ制作陣により達成できたもので、本当に素晴らしいマッチングだったと思います。



また、単純にアニメ制作に関する蘊蓄も面白かったです。

 

どんなものでも、ブラックボックスの中身を見せるのはまた一つのエンタメだなと。






アニメ制作を題材としたアニメ作品ということでは「SHIROBAKO」も有名です。

「映像研」も「SHIROBAKO」も、脇道にそれず素直にアニメ制作を追っていくところは同じなので、比較は面白いかもしれません。

 

 

あくまで個人的な印象ではありますが、「SHIROBAKO」は主人公が非クリエイター、「映像研」は主人公がクリエイターというのは大きな違いだと思います。

 

よって、前者がクリエイターを非常に近い距離から客観的視点に寄って描く一方で、後者はクリエイターの主観そのものを最大限描くという違いが出てきます。

 

それぞれに特徴があり魅力があるとは思いますが、「映像研」におけるクリエイター脳内カオティックワールドと湯浅監督の表現力のマッチングは非常に相性の良さを感じるところでした。




クリエイターたちが描いた、最強のアニメ制作の世界。
 

作品世界はフィクションでも、この作品から受ける熱量はノンフィクション。
 

ノンフィクションだからこそ、視聴はリアルな体験となり、作品は視聴者の血肉となる。

そんな思いを新たにする強い作品でした。



「アニメ」より「アニメーション」を意識させるタイプの作品であり、ある程度好みが分かれる作品かもしれません。

 

ただ、だからこそ、こういうのを面白いと思ってくれる人と一緒にやっていきたいなー、などと見ていて思いました。








以下、文化庁メディア芸術祭受賞作品展より。













●TVアニメ『映像研には手を出すな!』公式サイト
http://eizouken-anime.com/

●ビッグコミックBROS.NET(原作漫画3話まで読めます)
https://bigcomicbros.net/work/6227/





sho

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>