ジブツタ

     ジブツタ

「自分♡伝えるノート(ジブツタ)」できましたよ〜☆
        

「もっと!自分を好きになる♡」

こたえは自分の中にあるってこと、わかってからすいぶんと心が軽くなりました。
そんな自分を見つめる、振り返る、探し出す。

それに一役かうのが「自分♡伝えるノート(ジブツタ)」です。

ドリル式でわかりやすい質問がたくさん。
いざという時にも役に立ちますし、何より自分自身と仲良くなれます。

ジブツタは、←サイドバーの「こちら」をクリックで、ご注文いただけます(^_^)

ジブツタノートを使ったセミナーもやっています。

【ジブツタセミナー】と【ジブツタオンライン】

毎月開催していますので、ご興味のある方はぜひメッセージをくださいね♡

「他のヒトといっしょにジブツタを書くことで、
新しい発見があったりしておもしろ~い!! 」

とは参加者さんの声です。

あなたもぜひ、使ってみてね、書いてみてね♡
だいたいにおいて、今の暮らしは
3000円以内でおさまっています。

3000円より高いものは、
(私に必要なものじゃないな)
っていう感じ。

禁止事項じゃないんですよ、
なんとなく、そんな感じになってるだけのこと。

今は洋服も、安く売ってるお店がありますよね。
夫婦で買い物に行って、
よさそうなものを見つけると値札をみます。
だいたい3000円を超えると、
「高いね」
「うん、ちょっと高いね」
となります。

着る物は、新品でないと苦手
という方もおられますが、
ワタシはヘーキです。
あ、でもね、
メルカリで買った服は
柔軟剤のキツい香りがついていることがあって、
あれって普通に洗濯しただけ
じゃとれないんですよ😅
漂白剤のつけおきが必要になります💦
これだけはちょっと困るかな?

本もなるべくユーズド(中古品)を
購入してます。
けっこう乱暴な読み方をするので
(自分の本なら折ったり線を引いたりします)
汚れていても、傷んでいてもヘーキです。

化粧品とかは、もう
書くまでもないですね。
はい、プチプラ一辺倒です。
今の時期、そもそも減らないですしね😅

そして、これは〈強み〉だと思うんですけど、
私は食器を割るということが
本当に少ないんです。
なのでね、食器が減っていかないから
食器を買うということがない😄


たまに友人の作家さんのところで
器を作らせてもらうので、
むしろ増えてる😂
(↑この左と下の器はワタシ作です)

うちにある大きめの家具は
実家から運んだもの。
自分たちで運んだので、
交通費しかかかっていません。

そして、なんといっても狭小住宅なので、
これ以上の家具は増やせないのですよね。
むしろ、どうやって今ある家具を減らそうか?
と、そのことを考えてる日常です。

そして〈趣味の園芸〉部という
部活動を行なっているんですけど、
これはホントにお金のかからない趣味です😄

高価な植木鉢も売ってるし
超オシャレなジョウロも売ってますけど、
猫の額のベランダ園芸には不要なんです。
新しい苗を買っても178円とか
園芸用の土を買っても399円とか
おままごとみたいな値段なんですよね😊

そして、自由に外食ができていた頃でも
レストランや高級中華のお店に
行くことはなかったので、
一人3000円食べる
ということはまずないですから、
食費もそれほど高くはないです。

まぁ、そんな中、
昨日購入した↑コレは、
最近のお買い物の中で唯一、
3000円を超えたシロモノだったのではないでしょうか?
とはいっても3000円台なんだけどもね😄

決め事としてあったわけではないのだけれど、
最近の自分の暮らしを振り返ってみて
ふとこの〈3000円圏内〉というのが
あるんだなということがわかりました。

なかなかなプチライフであります💕


動いている時間と

静かにしている時間。


このところ圧倒的に

動いている時間の方がおおいのです。

体調はいい感じなんですけど、

ややお疲れ気味。

首肩が凝っております💦


うちでセルフケアしたいなぁ。。。

ということで、

ストレッチ用ポールをゲットしました〜🙆‍♀️



↑これです、これ‼︎


実は〈ストレッチポール〉というのは

商品名なんですね。

ブランドです。

正規のストレッチポールは10,000円くらいします。

いろいろと調べてみたら、

やはり正規のブランド品は効果が高いみたい。


ですが!

このポールの中の素材と外側の素材を

チェックすれば、

ブランド品と効果が変わらないよ

というような記述も見つけましたので、

私は↑でご紹介した〈プリマソーレ〉という

ブランドのストレッチ用ポールにしたわけです。



使い方はかんたん。

このポールの上に仰向けに寝っ転がるだけ😄


ストレッチのための使い方は

いろいろあるみたいですが、

まずはここに寝っ転がるだけです。


いや〜、ビックリしたわ。

何この感覚。

ちょっとユラユラしながら、

背中がユルユルほぐれていく〜。

待てよ、この感じ

なんか、知ってるかも〜。

あ、海だ❣️

海面にね、ポカ〜〜ッと大の字になって

浮かんでる時の、あの感じ。

あの感じに近いと思います。


ともかく今は

背中側が凝っております。

なので、このストレッチ用ポールがとても気持ちいいであります😊


この上でゴロゴロしてたら

クフフフフフフ

と、笑っていました😄

なんか、楽しい😄😂






毎年、夏の初めになると

駐車場への坂道に侵食してくる植物のツルがあります。

それはそれは丈夫そうで、

このままだと歩道を横断し、

車道にまで出ていこうという勢いなんです。



ジャマだとも思うけれど、

(それにしても毎年すごいぞ、この生命力は!)

という驚きの気持ちも胸をつきます。


で、今年。

〈趣味の園芸〉部としては

名前を調べてみようと思い立ちました。

たぶん、これは葛です。

葛、あの吉野葛で有名な

葛粉がとれる葛です。


こんなにワンサカあるなら、

さぞかし立派な根っこがあることでしょう。

葛粉は大量に採れるのではないかしら?


などと思っていたつい先日、



駐車場の土手は、草刈りのヒトの手によって

キレイさっぱりと刈られておりました。


いや〜、考えてはいたけれどもね、

この土を掘り起こして

根っこを取り出すことはないと思います。

かなり大変そうですからね。


でも、ここの土手は

ツクシが出たり

ノビルが採れたり

アカツメクサが花を咲かせたら

なかなかおもしろい所だと

わかってきました。


来春には

いろんな野草を摘んで

楽しませてもらおうと

今からなかなか楽しみなんです。



草刈りをしてもらえるのは

駐車場のまわりだけ。

脇の石垣では

まだまだ葛がツルを下ろしています。


どこまでも元気な奴らなんですね〜😄

「るろうに剣心」という映画は
シリーズになっていて、今までに三作あります。
今年、上映されたのが最終章の前編と後編。

↓こちらが前編の映画の感想。

そして後半にあたるのが今書いている
「ビギニング」です。
しかもややこしいのが、
「このストーリーは前編で完結しています」
ということ。
じゃあ後編はなんなのか?
というと、
「このストーリーがはじまったそもそもは、というとね」
を描いているもの。

だから今までの5本は
明治維新後のストーリーなのですが、
この最後の「ビギニング」だけは
幕末の、日本が攘夷か討幕か?で揺れる動乱期のお話です。

今までの5本は、いくら残酷な殺陣のシーンがあっても、
活劇としての、どこかカラッとした明るさがあった。
ところが今回は幕末の混沌とした闇のような描写が多いので、ドロッとしたぬめりのある暗さがあります。

幕末を扱った時代劇は
そりゃたくさんあるわけで、
それらとはまったく違うと言いつつも
所々には史実を入れてみたりもしています。

池田屋事変のくだりは
実にリアリティがあって、
恐怖心を煽られる場面でした。

当時の京都はこんな雰囲気だったんだろうなぁと
心底オソロシかった。

アクション監督さんが
インタビューで話していたのが
今までの5作と今回の殺陣の違いです。
主人公の剣心は今までの5作では
殺さずの誓いを立てているので、
人を斬り殺す殺陣をおこなっていません。
が、この「ビギニング」では人斬りとして
人を斬り殺す殺陣なので、
殺陣そのものが違うのです。

それはシロウトがみてもよくわかります。
冒頭では、捕縛された剣心が
幕府の役人たちを斬り殺すシーンがあるのですが
その惨殺シーンは活劇とは程遠く
ゾッとするものがあります。

画面全体の雰囲気も暗く
映画の内容もせつないシーンが多いです。


今回の役者たちですが、
映画をみるまではナンデ❓と思っていた
高橋一生の桂小五郎が、
蓋を開けてみたら適役で
〈どこまでも正体のわからない感じ〉
なんかをうまく表現していました。

また、
誰が沖田総司を演るの?
というのは新撰組にはつきものの評判となるわけですが、


この沖田は村上虹郎。
UAの息子さんです、知らんかった😳

他の俳優さんたちが大きいので、
新撰組が登場すると、
(ちっさ、沖田総司ちっさ〜😅)
と思っちゃいます。
もう少しアングルとかなんとかならんかったかな?という残念な感想。

沖田が肺病病みなのは周知の事実なので
それを入れないわけにはいかず、
そんな中でもあえて
咳き込むシーンを撮らずに
石灯籠に鮮血を飛ばすという演出は
さすが「るろ剣」と感心してしまいました。


安藤政信の高杉晋作役は
「るろ剣」のビジュアル的には○
史実的な高杉のイメージからは×

最後のテロップをみていて、
(あれ?北村一輝出てた?辰巳って誰?)
とわからなかったんですけど、


↑って、わかるかぁ😄

豪華キャストがウリだった「るろ剣」が
今回は有名どころやイケメンを
取り揃えておりません。

たぶん、ですけれど
後半の剣心と巴の悲恋に重点を置いた
作品作りになってるからだと思うのです。

フェイスブックにて、
「るろ剣が恋愛映画になっちゃった」
とつぶやいたのはワタシであります😄

二人の悲恋が
それはそれは美しく描かれておりました。

で、それはとりもなおさず
活劇としての「るろ剣」ファンのワタシには
退屈なものでした。

キレイだなぁ
絵になるなぁ
とは思ったけれど、
前作までの
ひょえ〜〜、かっちょいい〜〜😍😍
がなくなってる😅

「るろうに剣心」という映画に
何を求めるかは人それぞれ。
もちろん、決して駄作ではないけれど
〈経路の違ったるろ剣〉
ではありました。







キャンプの記事でもリプログしました
↓この大樹地農園さんから、
再び野菜が届きました。

今回は、こんな感じ。


またまた珍しい野菜が入っていたので
ご紹介します。

野菜たちをちゃんと撮ってあげる時間が取れなかったので、今回はよそ様の画像をお借りしました。秋葉さんが、珍しい野菜たちの説明をつけてくれましたので、その中からご紹介を!

まずはフェンネル
さわやかな香りのハーブです。
消化器官や呼吸器官を完全にしてくれるそう。
サラダ、ハーブティー、スープに。

それからむらさきケール
ベータカロティンを主体とするビタミンAが豊富。ミネラルを多く含み〈緑黄色野菜の王様〉なのだそうです。

そしてスイスチャード

鮮やかな赤色の茎をしています。
ビタミンたっぷり、カリウム、マグネシウム、鉄などを多く含んでいるそうです。

さて❣️
これらを使って何を作ったかと言いますと、
まったく定番のパスタとサラダ😅


やだもぅ、定番すぎる😂

むらさきケールはサラダに入れたんだけど、
ちょっと固いかもなぁということで
オリーブオイルで炒めてからキャベツやキュウリといっしょにサラダにして食べました。

スイスチャードなんですけど、
これは茎と葉を分けて入れました。
赤い茎の部分は斜め切りにして
シイタケと同じくらいにフライパンに入れます。
葉は火を止める直前にさっと火を通すくらい。
この茎はセロリのようにシャキシャキとした歯ごたえがあっておいしいです。
セロリの独特な風味が苦手な人、
こちらのスイスチャードはオススメです。

そういうば何年も前に、
うちのベランダでフェルネルが大量にとれた年がありました。
その時にニンニクとジェノベーゼにした記憶があります。
保存も効くからね、時間を作ってやってみようと思います。

今回のパスタは、
ニンニク、豆乳、醤油、バター
で作ったオリジナルソースなので、
あんまりフェルネルの風味は生かされなかった気がします。

レシピ検索をしていたら
スイスチャードでおにぎりを包んだりしてて
まだまだ使い方はいろいろとありそうです。

美味しいもの探求の
旅はつづく〜〜🙆‍♀️🙆‍♀️🙆‍♀️




なんの変哲もないブリキ製のジョウロを

ずっと使ってきたのですが、

それが壊れてしまってからは

ペットボトルに水を汲んであげていました。


でもそれだと、

種を蒔いたところには使えません。

水の勢いが強すぎて、タネが流されちゃうのです。

前回、蒔いたタネが発芽しなかったのは、

この水やりのせいが大きいのではないかと感じていました。



今年は朝顔とフウセンカズラをまいて

グリーンカーテンを作ろうと計画中なんです。


ジョウロを買わねば❣️


というわけで、ずいぶん前からさがしていたんです、ジョウロを。



ホームセンターの園芸コーナーを

何軒かまわってみたのですが、

なぜか↑このタイプのジョウロしかなくて…。


コレを使っているみなさま、

ご無礼をひらにお許しを〜🙇‍♀️

今回、私が探しているのはコレじゃないんです。

白くて可愛らしいくて、なおかつ安いジョウロを探しているんです(←虫がよすぎる)🙇‍♀️🙇‍♀️


園芸コーナーには、

〈ジョウロってコレです。

コレがジョウロです。

コレ以外にジョウロというものはありません〉

といっているかのように、

コレ一点張り💦


それならば、と通販に頼ってみました。

ありましたよ、かわいいのが💕

いろいろと💕

私はその中から折り合いをつけて

700円の白いジョウロを注文しました。


ところが、このジョウロが来ない💦

待てど暮らせど届かない😢

業を煮やして催促のメールを送ると、

このジョウロは中国から届くとのこと。

「今、国際便が滞っているため、

もう少しお待ちください」

と先方からメールが来たのは、

注文してから1ヶ月以上経ってからでした。


キャンセルしてやる〜😡

の気持ちを抑えて

もうしばらく待ちましたが、

(これ以上待ったら、朝顔のタネがまけない〜💦)

となった時、ついてキャンセルをいたしました。


あぁ、ジョウロ難民チーンチーンチーン


そして朝顔のタネはまかれ、

私はペットボトルのフタに

釘でいくつか穴を開け

それを使って水をあげるという数日を過ごしたのち、再びジョウロを求めて園芸店をまわることにしたのです。


目星をつけたのは、先日も行った

あのオシャレな園芸店。


the Farm universal全ての人が楽しめる植物の楽園。株式会社ユニバーサル園芸社 本社ガーデンセンターは“ザ ファーム ユニバーサル”として生まれ変わります。リンクthe-farm.jp


ありましたよ〜。

それはそれはオシャレなジョウロがびっくり

でも5000円近いお値段滝汗


いや、そうじゃない。

ワタシのチープでオシャレな

部活はそれじゃない滝汗


なかばあきらめながら、

あと一軒、ホームセンターに行ってみました。


あいかわらず、

↑コレだけが置いてありました。


ダメ元でね、店員さんに

「他のジョウロはありませんか?」

ときいたんです。

「はい、もう少し別のところにありますよ。

ただね〜、ごめんなさいね〜、

あんまりかわいいのがないんですよ。

ごめんなさいね〜〜」

店員さんが何度も謝りながら

案内してくれたところに、


ついに❣️

ついに❣️❣️


私の探し求めていたジョウロがあったのです。

念願のジョウロを

ゲットすることができたのです。



コレよ、コレ!

コレでいいのよウインク


まぁまぁ、かわいいといえばかわいいでしょ💕

お値段620円なり❣️


ついに、これで我が家には

部活における三種の神器が整いました。



写真手前はM嬢からプレゼントされた手袋。

真ん中はスコップ(これも安くてかわいい❣️)

そして、ジョウロです。


フハハハハ〜😄😄😄

これでまた今日から

楽しく部活に精を出せます。


ベランダに出るのが楽しくてしょーがない😄


土曜日は朝から微妙なお天気でした。

太極拳の朝のおけいこはなんとか雨が降らずにできたものの、

その後は降ったりやんだりといったところ。

判断に困ったんですけど、

少しお天気が良くなってきたところで

キャンプに行くことになりました。

 

夫婦二人だけなので、

行こうがやめようが、気楽なものです。

 

 

去年の秋にいったことのある印旛沼近くのキャンプ場。

私が子どもの頃は、テントの設営というのはなかなか大変な作業でした。

でも今はね、テントもイスも便利なものがたくさんあって、

ワンタッチで組み立てられちゃったりするんですよね。

 

しかもキャンプに行ったら、

ほとんど全部のことを夫がやってくれるので

私はイスに座って、のんびりぼうっと過ごします。

 

昨日、フェイスブックではアップしたんですけど

ジンを持参しちゃって、

 

スルメを炙ってもらっちゃって

ご機嫌さんで晩酌に突入です。

まだ明るい午後だというのに。。。ポーン

 

ヒバリが鳴き

ウグイスがさえずって

心地よい風が通り抜けます。

 

ぼんや〜〜りと、

緑の木々を眺めながら過ごします。

 

<骨休め>という言葉がぴったりな休日です。

 

前回はエビとハマグリを焼いてもらいましたが。。。

 

↑今回はアユであります口笛

焼けたアユを開いてみたら

卵がどっさりびっくり

子持ちのアユ、初めてかもしれません。

美味しかった〜〜。

 

この後で串に刺した鳥もも肉の焼き鳥と

牛肉の炙りまで出してもらって

なんだか贅沢な時間でありました。

 

今の季節は、キャンプ場もそんなに寒くはありません。

ただ、テントの中は土の上にシートを敷いて

その上に毛布を敷いてあるだけ。

たぶん、ここで寝られるのは相当にタフなヒトか

あるいは相当鈍感なヒトだけなんじゃないでしょうか?

 

後者であるワタシは寝られましたが、

夫はほとんど寝られなかったようです。

 

<テントの中に敷くもの>

これは次回の課題ですねぇ爆  笑

 

私はものすごく早い時間に

テントで眠ったのですが、

夜中に目を覚ますと

シミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミ。。。。。。

という音がキャンプ場一帯に

敷き詰められたように拡がっていました。

 

おそらく、これはカエルたちの声です。

沼にいるカエルたちの合唱なのでしょう。

 

静まりかえった空間に

シミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミシミ。。。。。。

が広がることで、

かえってここが静まった世界であることがわかります。

 

夫はまだ起きていて

ゆったりと火を眺めておりました。

こうやって火を眺めているのが大好きなのだそうです。

 

私は再び、毛布にもぐりこみました。

 

そうして、まだ夜が明けきらぬ頃、

今度は

シトシトシトシトシトシトシトシトシトシトシトシトシトシトシトシト。。。。。。

という音で目が覚めました。

 

はい、今度は雨です。

テントの外にある靴をしまおうと動いていたら

夫が目をさましました。

こういうことは判断が早い。

 

「もっと降り出してからだと片付けが大変になるから、

起きて片付けてしまおう!」

 

まだ4時を少し過ぎた頃でしたが、

私たちはテントの片付けをはじめました。

この季節には、4時過ぎだともうけっこう明るいんですね。

 

片付けを終えて、一息ついた頃には

他のテントの方も起き出してきたようです。

雨も小雨になってきました。

 

せっかくなので、

この綺麗な空気の中

ふたりで太極拳をやって

気持ちよくなったところでキャンプ場を後にしました。

 

お天気がよかったら

日曜日には、以前ブログに書いた

大樹地農園さんにお邪魔する予定だったのですが

このお天気ですからね、

今回は見送ることにしたんです、残念!

 

↓この記事ですね。


不安定なお天気ではありましたが、

とてもリフレッシュできた休日となりました口笛ラブラブ

 

 

 

 

 

 

久しぶりに梅干しを作ろう!

と意気込んで、梅を買いに行きました。

ここのお店の3Lの梅は果肉がたくさんあって美味しいんです。

梅は大きさによってL、2 L、3 Lと種類があります。3 Lが一番大きいのね😊



フェイスブックにも載せましたが、

梅がまだ青い時には紙袋に入れて

2日くらい放置するといいそうです。


そう、この写真くらいの色になったら

梅干しには適しているようですよ。



私の梅仕事に欠かせないのは、

このふたつ。


毎回、この本を見ながら作ります。

で、その右にあるのは〈漬物ノート〉です。


梅干しってむずかしくないの。

梅と塩があれば、あとはお日様が作ってくれる。

最初にそれを知った時、天地がひっくり返るほど驚きましたよ😳

まぁ、厳密にいうとアルコール度数の高いお酒が少々必要です。


そして〈漬物ノート〉には、何年に何キロの梅を漬けたのか?ってことを書いています。

これがあると、次に作る時に役立つのよね。

で〈漬物ノート〉によると、

2013年くらいには5キロの梅干しを作っていたようです。

まぁ、今回は久しぶりだし2キロね😊


2キロだと塩は360〜380g

塩が多いとしょっぱい梅干し

塩が少ないとカビる危険性が増える梅干し

ここはまぁ、適当に考えて😊




梅干しをつける容器と乗せる重しを洗って、

水気をとったらお酒で拭いて消毒をします。

この消毒には35%以上の焼酎とかホワイトリカーを使うのが一般的ですが、

私はギリシャのウゾというお酒を使ったこともあるし、そして今回はビフィーターというジンを使ってみました。

なんでもいい!と思います。


梅が黄色くなったら梅仕事開始です。

梅の実にはおへそみたいに凹んだところがあります。

爪楊枝をそのおへそに刺してクリンとすると、〈ヘソのゴマ〉みたいなのが取れます😄

面倒ではありますが、全部の梅の〈ヘソのゴマ〉をとります。



この後は梅の表面をお酒で拭いて

分量の塩といっしょに容器に入れたらできあがりなのですが、今回は本に倣って一工夫。


ビニール袋に分量の3分の2ほどの塩を入れて

ジンにくぐらせた梅を投入して塩をまぶします。

そうすると一個一個の梅に、塩がまんべんなく染み込んで美味しくなるんだそうです。



容器に入れて

残りの塩をふりかけて

重しをおいて

ビニールをかけます。

子どもの頃にゴム跳びをやったことがある人は、

輪ゴムをゴム跳びの時みたいに繋いでいって止めましょう😉


はい、梅仕事の完了です。


カビてないかどうか、時々確認しながら

水が上がってくるのを待ちます。


さて今日はここまでですよ〜🙆‍♀️


先週は、実に活動的な週でした。

それはそれでいいのだけれど、

ベランダに出てやりたいことができません💦


で、ようやくの日曜日、

園芸店に行くことができたのでした。


↑ここね。


ここには本当にたくさんの種類の植物があるんです。目移りしちゃう😍

ただし、他店に比べて何割か値段が高いです。

それでも買いたいかどうか?

で判断するわけですね。


この週末、体は疲れていたんです、ワタシ。

日曜日はゆっくりしようと思っていたの。


でもねぇ、やりたくなっちゃったんです。

ベランダ仕事を❣️



まずは↑このツルニチニチソウの網がけ。

なかなか花が咲かないんだけれど、

ツルはどんどん伸びているんですよね〜。


そうしてネモフィラやシネラを

お片付け。

寂しいですけど、また来シーズンですね😊

ノースポールもお片付け。

で、土を掘り起こしてみたんです。

この鉢にはラナンキュラスやアネモネを

寄せ植えしていたのでね、

球根がないかなぁって探したんです。


…残念ながら、

球根は発見できず😥


そうして、いろいろスッキリさせた後、

新しく寄せ植えの鉢を作りました。



これが新しい寄せ植えです。

単体で鉢植えしていたガジュマルが

なんとなく元気がなかったので、

どんと鉢植えにしてみました。


手前に植えたのは、

ファームで購入した新しい苗です。



左側に植えたのは

このクフェアという小花です。



そして右側には

エボルブルスという青い花。

この花には

ブルーラグーンという名前がついてます。


ブルーラグーン、まさに青い珊瑚礁😍

綺麗な青色をしています。


そしてネモフィラのあとには

↓オキシペタラムという水色の花。


こちらには

ブルースターという名前がついています。


夏に向けて、

青色と白色の花をそろえてみました😊

はい、ギリシャ風のベランダですからね💕

(あまりにチャチなので、コレをいうのがハズカシイんですけれどもね😅)


この週末のベランダ仕事を

ブログに書こうと思っていたのですけれど

スマホの画面が固まっちゃって

今まで出来なかったんです💦


ようやくなんとか、書き切ることができました。

さてさて、夏に向けてのベランダ仕事は

まだまだ続いていきますよ😊








ハイビスカスの根本に
寄せ植えをするためにやってきたニチニチソウ。

ところが、となりに植っていた
コリウス キンランジソについていた
カイガラムシにやられまして。。。

↓これがその時の記事ね。

それまで、毎日毎日、
それこそ名前の如く、花を咲かせていたのに
葉っぱは煤病にやられて真っ黒になってしまい、
とうとう、ニチニチソウだけの鉢に
お引っ越しをしたのです。


これで落ち着くかと思ったのですが、
なんだかちょっとさみしそうで、

今度はノースポールたちの鉢に移りました。


↑ほら、葉っぱが茶色いでしょ?
こんなに元気がなくなっていたんです。

この鉢に移したら、
だんだんと緑色を取り戻して
葉っぱは元気になってきました。

ところがノースポールときたら、
もう、とんでもなく
元気になりすぎちゃって
領地拡大、
大手を広げて花を咲かせるようになりました。

それによって
ニチニチソウはまたまたお引越し。

今度はイリアスの隣りです。


ここにきてようやく、
そう、やっと❣️
自分の居場所ができたようでした。

それでも弱ってヘトヘトだったニチニチソウは、
ツボミをつけることがあっても
なかなか開花には至りません。


あちらへ移り、
こちらに引越しして、
さまよいまくったニチニチソウですが、


はい、本日やっと、
久しぶりに花を咲かせることができましたよ❣️

アップアップアップドキドキドキドキドキドキアップアップアップ

イリアスの寿命がきて、
ネモフィラが終わって、
この鉢の中で自分のスペースが
できたのかもしれませんねウインク

よかった、よかった。
存分に育ってくださいな😄