ねりまねこ・地域猫

ねりまねこ・地域猫

地域猫活動を推進するNPO法人ねりまねこのブログ
練馬区公認ボランティア、東京都動物愛護推進員

〇お問合せは、HPの「お問合せ」にどうぞ


〇飼い主様募集中→ペットのおうち


〇読者登録の際は「相手に知らせて読者になる」を選択すると、読者数が増えて歓迎です(*‘∀‘)


ちっくしょう!ムカムカ

 

またおんなじやつ!

 

カフェ・ベローチェでもらえるオマケ

ふちねこクリスマスバージョンです。

 

どなたかダブってるのと

交換してくれませんか(*´Д`)

 

 

***********

 

里親サイトペットのおうちで

犬猫の里親決定数が多い

上位10組に選ばれ

ノミダニ駆虫薬をいただきました。↓

 

おすそわけプロジェクト御礼メッセージねりまねこ

 

 

モデルは奄美のノネコ

ヤエヤマヒルギくん

 

(飼い主様決定しています)

 

このヤエヤマくんは

目が合っただけでゴロゴロ。

ものすごく人懐こい。

 

 

 

一緒に寝られるし

誰かに飼われていたと思います。

 

 

どうして、捕獲されたのでしょう?

 

迷子になったの?

 

捨てられたの?

 

それとも

マイクロチップの登録をせず

放し飼いにしていたから?

 

 

 

奄美大島では生態系保全のため

希少種の生息域にいる

猫を捕獲し、排除する対策を進めています。

 

 

ノネコ・野良猫・飼い猫の何であれ

そこにいてはいけない。

 

希少種を捕食する可能性があるからです。

 

 

 

 

これまで飼い猫のような猫が

何匹も捕獲されていますが

マイクロチップは入っていませんでした。

 

マイクロチップは

どのくらい普及しているのか?

 

ともかくヤエヤマは元気です。

幸せにします。

 

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

【行政担当者限定】

第6回 飼い主のいない猫対策勉強会

 

12月16日(月)

午後2-5時半

区民産業プラザ・ココネリ 3階ホール

 

※事前にお申込みください。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

★猫トラブルの解決について、講演・勉強会の講師を承ります。

★カッパちゃん写真展 (野良猫の適正な管理の方法) 無料貸出します。

ご相談はHPのお問合せにどうぞ。

 

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

 

奄美のひなのちゃん
おうちが決まりました。
 
奄美大島出身で、
こちらに住まいの方が
ご縁を感じて
お迎えくださいました。
 
 
奄美のご実家は、以前は
7匹も猫がいたそうですが、
天寿を全うし、今は2匹。
 
条例に従い
適正に飼育しています。
 
広報啓発のおかげで
飼い主さん達の意識は
向上しているそうです。
 
 
 
********
 
これまで
奄美のノネコを引き取るには
 
書類審査を通過し
奄美大島に行き、
講習を受ける必要があり
 
実際に引き取れる人は
限られていました。
 
 
 
しかし
ノネコ管理計画から
1年が経過し、
譲渡条件が緩和され
 
譲渡認定者が引き出した猫を
仲間に預かってもらうことが
認められました。
 
 
私達にも
一時預かりさんが
2人できました。
 
 
 
おひとりは
鹿児島出身の方
 
奄美のノネコのことを知り
自分にもできることをしたいと
預かりに手をあげてくれました。
 
なんと、神奈川県から
練馬へ(うちから車で5分)
引越してくれました!
 
 
 
もうおひとりは、
私の町の住民
 
愛護団体のシェルターで
ボランティア経験がある方です。
 
 
 
一時預かり者も
氏名・住所などの名簿
間取りや屋内写真を
奄美ねこ対策協議会に
提出し、審査を受けます。
 
(預かりできるのは、
審査を通過した後からです)
 
 
 
同じように、
他の譲渡認定者たちも
預かりさんを探し、
 
奄美ノネコを救う
ネットワークが広がっています。
 
 
先日、ご紹介した
クラウドファンディング
 
奄美の猫のための保護猫カフェに
ご支援された方は341人にのぼります。
 
 
 
 
 
ひとりひとりの力は小さいけれど
たくさん集まれば、大きな力です。
 
お力を貸してくださる皆様
ありがとうございます。
一緒にがんばりましょう!(^^)!
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

飼い主様大募集中!

 

猫との暮らし、始めませんか?

かわいい猫たちはこちらです!

 

【ミロくん、生後半年、一緒に寝られます。】

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

行政担当者限定 

飼い主のいない猫対策勉強会

 

12月16日(月)

午後2-5時半

区民産業プラザ・ココネリ 3階ホール

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

★猫トラブルの解決について、講演・勉強会の講師を承ります。

★カッパちゃん写真展 (野良猫の適正な管理の方法) 無料貸出します。

ご相談はHPのお問合せにどうぞ。

 

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

 

昨日、やってきたノネコの様子です。
 
なんと美しい子たち・・・
耳寝てる。怖いよね。
 
 
1日目は緊張して
食べないことはよくある。
 
 
あら、よく食べるわ。
 
あら、こちらも
 
 
 
 
あまりうれしそうではないが
全員さわれる(笑)
 
 
初対面の人間の前で餌を食べ
さわることができるので
ある程度、人慣れしているようです。
 
もっともっと慣らして
かわいくして
最高の飼い主様を探します。
 
 
******
 
ノネコの命をつなぐため
奄美の方々もがんばっています。
 
①捕獲された場所から
無事にノネコセンターに
運んでくれた人
 
②ノミダニ駆虫をして、
エイズ白血病検査をしてくれた獣医さん
 
③お世話してくれた
ノネコセンターの職員さん
 
④譲渡の手配をしてくれた
奄美ねこ対策協議会
 
⑤私の代理でマッチングに
行ってくれた奄美のボランティアさん
(現在、協力者は3名います)
 
⑥奄美空港まで運び
空輸してくれた方
 
 
・・・とたくさんの方が関わり
助けてくれています。
 
 
彼らと私達は
「ノネコの命」のリレーで繋がった
大きなチームです。
 
 
これからも
どうぞ宜しくお願い致します。
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

行政担当者限定 

飼い主のいない猫対策勉強会

 

12月16日(月)

午後2-5時半

区民産業プラザ・ココネリ 3階ホール

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

★猫トラブルの解決について、講演・勉強会の講師を承ります。

★カッパちゃん写真展 (野良猫の適正な管理の方法) 無料貸出します。

ご相談はHPのお問合せにどうぞ。

 

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

 

土日は仕事が休みなので

猫ボランティア活動、フル回転です。

 

まずは朝から

24匹の猫のお世話して

 

レンくんと花鈴ちゃんのお届け

 

目玉が飛び出していた花鈴ちゃんは

幸せな飼い猫になりました。

 

 

その次は、奄美のノネコ

オヒルギ・メヒルギのお届け

 

名前はそのまま

兄妹一緒に迎えてくださいました。

 

以前、ご親族がねりまねこから猫を迎えたご縁で

私達の保護猫から選んでくださいました。

 

猫のインテリアはこのくらい余白があると美しい

 

うちは夫が猫グッズを集めており、

玄関は隙間なく猫が並んでおります・・・

お手本してほしい。

 

 

 

その後、多頭崩壊現場のTNR

 

 

キャリー、ケージ、捕獲器を洗って

お迎え準備のケージを2台組み立てて

 

羽田に行きました。

 

奄美から

ノネコ5匹が、無事到着しました。

奄美の関係者の皆様

ありがとうございました。

 

うちに3匹

 

ノネコNo115 三毛 メス

 

No116 三毛 メス

 

No117 シャム オス

 

 

他の方に2匹

 

No112 サバトラ メス

 

No120 キジシロ メス

 

2匹を届けるため

都心のドライブ。

夜景がきれいだ。

 

届け先は

千代田区三番町の

番町いぬねこクリニック

 

小笠原や地元の猫の

保護・譲渡活動に

長年ご尽力されてきました。

 

そして奄美の猫の

医療、人なれ、保護譲渡も

ご支援されています。

 

 

神坂由紀子院長/番町いぬねこクリニック

 

さてさて、

新たなノネコはどんなか?

 

続きます。

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

行政担当者限定 

飼い主のいない猫対策勉強会

 

12月16日(月)

午後2-5時半

区民産業プラザ・ココネリ 3階ホール

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

★猫トラブルの解決について、講演・勉強会の講師を承ります。

★カッパちゃん写真展 (野良猫の適正な管理の方法) 無料貸出します。

ご相談はHPのお問合せにどうぞ。

 

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

 

奄美のノネコ譲渡認定者の方が

保護猫カフェを設立するため

クラウドファンディングを始めました。

 

 

 

奄美大島の猫を殺処分から救う為の猫カフェ設立

 

 

実はうちも

保護猫カフェを

検討したことがあります。

 

繁華街のテナントではなく

住宅街の自邸なので、

 

猫を捨てられたり、

近隣から苦情が来るのが

怖くてやめました。

 

ねりまねこ古民家再生プロジェクト

 

 

保護猫カフェは、

商業猫カフェと違い、

 

目的は儲けることよりも

 

一匹でも多くの猫が

幸せな飼い猫になれるよう

出会いの場を作ることだと思います。

 

 

ここ数年で

たくさんの保護猫カフェが

オープンし、クローズしました。

 

猫を多頭で預かるのは

大変なことです。

 

相当の覚悟がないと

始められないし、

 

経営手腕がないと

持続できません。

 

 

 

私達も同じ奄美の

ノネコ譲渡認定団体として

応援しますし、

 

引き続き、ご紹介していきます。

 

 

 

 

さーて、今日は

羽田空港へ

5匹の奄美のノネコを

お迎えに行きます。ラブラブ

 

乞うご期待!

 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

行政担当者限定 

飼い主のいない猫対策勉強会

 

12月16日(月)

午後2-5時半

区民産業プラザ・ココネリ 3階ホール

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

★猫トラブルの解決について、講演・勉強会の講師を承ります。

★カッパちゃん写真展 (野良猫の適正な管理の方法) 無料貸出します。

ご相談はHPのお問合せにどうぞ。

 

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

この案件
実は数か月前の話です。
 
 
地域密着の活動だから
オンタイムで書くと
関係者の目にふれるかもしれないので
(見られても平気なくらいに薄めてますが)
 
 
忘れたころに
書くことにしています。
(そのまま忘れることがほとんど(;^ω^))
 
【お顔も性格も、三角から丸くなったガンバちゃん】
 
 
2匹のうち、
特にひどかったのがさっちゃん。
思い通りにならず絶望的でした。
 
 
「さっちゃん、えらいね~」と
たくさん褒めたら
ちゃんとできるようになって
 
「さっちゃん、かわいいね~」と
たくさん褒めたら
すごくかわいくなった
 
 
2匹の成長がうれしくて
ブログを書きました。ラブラブ
 
 
 
そうしたら不思議なことに
 
昨日、福祉関係の方から連絡があり
膠着していた案件が
動きだしました。
 
 
 
あの家族が
手術費用を負担するので
不妊手術をしたいと言っていると
 
 
ほんまかいな?
 
 
とりあえず、好転したようなので
大家さんに報告をしました。
 
 
多頭飼育の家への苦情は
すべて大家さんに行き
その都度、注意をしてきましたが
まったく改善しません。
 
 
4年前の住民集会の頃は
激怒していました。
 
 
 
猫が増えた話をしたら
また怒るだろうな、と思ったら
静かに聞いてくれました。
 
状況が悪化しているのは
わかっていて
半ば諦めていました。
 
「追い出すこともできるけれど
他に行くとこもないだろう。
可哀そうだもんなあ・・・」
と同情の言葉まで出ました。
 
 
 
福祉の人も
大家さんも
優しいなあ。
 
 
多頭飼育の家は
誰かが手を差し伸べないと
奈落の底です。
 
 
もう少し
やれるところまで
やってみよう。
 
これ以上、
不幸にならないように。
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

行政担当者限定 

飼い主のいない猫対策勉強会

 

12月16日(月)

午後2-5時半

区民産業プラザ・ココネリ 3階ホール

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

★猫トラブルの解決について、講演・勉強会の講師を承ります。

★カッパちゃん写真展 (野良猫の適正な管理の方法) 無料貸出します。

ご相談はHPのお問合せにどうぞ。

 

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

 

私が関わった
深刻な多頭飼育崩壊の原因は
 
単にだらしない性格とかではなく
 
脳の機能障害
心身の病
認知症などで
自力の解決が困難でした。
 
 
それなりに自立しているように見えるので
公的な支援から漏れていますが、
本当は助けが必要な人達です。
 
 
そんな人達が
野良猫に餌をやったことで
 
「餌をやるな。家に入れろ。」と
周囲から責められ
屋内に入れたのが不幸の始まりです。
 
(結果として責めた側も、劣悪な多頭飼育による
糞尿や悪臭に悩まされることになりました)
 
 
屋内に入れると
 
①それなりに安全で、餌があり、過密なので
子猫がどんどん生まれる。
 
②近親交配による奇形で
譲渡先を見つけるのが困難
 
③糞尿の堆積した家は
飼い主の心身を蝕む。
 
④飼い主に所有権があり
同意を得ないと、手術も保護もできない。
 
 
もし、外に置いたままだったら
解決はずっと簡単でした。
 
外から見えるので
捕獲し、手術や保護ができます。
 
増えすぎた猫は
外周に散るし、
 
過酷な外では寿命も短く
子猫の生存率も低い。
 
なによりも、餌やりする人が
衛生的で人間らしい暮らしができました。
 
********
 
 
のブログで紹介した
片目の茶色猫も、このアパートの出身でした。
 
「こんなひどい状態の猫を見たことがない。
虐待なのか?」と
通りすがりの人達が心配して
私に相談してきましたが、
 
見た目は、
劣悪な環境による
先天性の疾患です。
 
この時点では
「アパートの問題は解決に向かっている」と
書いてますが甘かったです。
 
 
私達以外に、この人達の猫問題に
関わる人はいないので、
放っておけば、もっと最悪の状態で
私達に返ってくるかもしれない。
 
何の義務もないから
関わらなくてもいいのだけど・・・。
 
さて、どうしましょうね。
 
 
【この猫は暖かい屋内の寝床と毎日のごはんを得ることが出来ました。】
 
********
 
多頭飼育問題は深刻な社会問題であり、
その対策のため
環境省で検討会を行っています。
 
資料や議事録も見応えあります。↓

社会福祉施策と連携した多頭飼育対策に関する検討会

 
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

行政担当者限定 飼い主のいない猫対策勉強会

12月16日(月)

午後2-5時半

区民産業プラザ・ココネリ 3階ホール

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

★猫トラブルの解決について、講演・勉強会の講師を承ります。

★カッパちゃん写真展 (野良猫の適正な管理の方法) 無料貸出します。

ご相談はHPのお問合せにどうぞ。

 

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

 

猫砂のトイレが無い環境で育ち
しつけがされていない子猫たち。
 
 
さらに追い打ちをかけるように、
福祉の方から、
新たな子猫が生まれたと
お知らせがありました。
 
 
未手術のメス猫が
他にもいることと
それを隠していた
飼い主に驚愕しました。
 
私達はたった2匹を引き受けただけでも
ものすごく重荷なのに、
それっぽっちでは、
焼石に水です。
 
 
4年前、周囲から責められ
孤立した飼い主を助けようと
ずっとフォローしてきたけれど
結局、振出しに戻ってしまいます。
 
 
本当に空しくなりました。
 
 
【三角にとがった不気味な子猫たち。かわいいとは思えませんでした】
 
私達は、
不適正飼育者の
保護者でも
後見人でもありません。
 
 
相手のご機嫌を伺いながら
不妊手術をさせていただいたり
子猫を引き取らせていただく?
 
 
いったいどこまで
尻ぬぐいをすればいいのか?
 
ジレンマを抱えました。
 
 
 
 
福祉の方に
放っておけば
多頭飼育崩壊すること
 
私達はボランティアなので
どこまでもつきあえないこと
 
猫の引取りはしないが、
不妊手術はするから
相談するように
伝えてもらいましたが・・・
 
なしのつぶてです。
 
 
福祉関係者は、本人のお気持ちに
寄り添いながら支援するので
厳しく注意・指導などはしません。
 
 
だから、何も変わらず
徐々に崩壊に
向かっていくのでしょう。
 
*******
 
私達はこれまで
どんなハンディの猫も
100%譲渡してきましたが、
 
この子達は無理かもしれない。
 
そうしたら、さっちゃんは
うちの子だ。
 
それなら、ちゃんと一緒に暮らせるように
生活習慣を身につけてもらわなければならない。
 
 
気分はサリバン先生で
再教育を始めました。
 
 
さっちゃんもガンバちゃんも
それに応えて
徐々に変わっていきました。
 
やがて
排泄はトイレに
するようになり
 
愛情を持って
ふれあっているうちに
どんどんかわいく
普通になってきました。
 
 
 
いつもの
Before Afterでご覧ください。
 
【さっちゃん】
Before
 
 
 
After
甘えん坊のさっちゃん
私達のいる部屋に来たい
 
ここまで可愛くなった。
 
これならご縁もあるのではないか?
 
 
【ガンバちゃん】
Before
 
 
After
ちょっとビビリだけど、まったく普通の猫だ。
 
見た目も問題ないどころか、むしろかわいい。
 
 
将来の不安しかない中で、
この子たちは
唯一の救いだ。
 
幸せな飼い猫にできるよう
がんばろう。
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

行政担当者限定 飼い主のいない猫対策勉強会

12月16日(月)

午後2-5時半

区民産業プラザ・ココネリ 3階ホール

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

★猫トラブルの解決について、講演・勉強会の講師を承ります。

★カッパちゃん写真展 (野良猫の適正な管理の方法) 無料貸出します。

ご相談はHPのお問合せにどうぞ。

 

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

 

多頭飼育の家の生活は
年月の経過で、徐々に悪化し
福祉関係者が関わるようになりました。
 
 
そこで
福祉関係、保健所、私達で
当事者と相談の場を持ちました。
 
 
生活環境の改善のため
猫を減らす必要がありますが、
本人は手放さない。
行政も引き取れない。
 
 
これ以上、猫は増やさないという
お約束でしたが、新たなメス猫がいて
3匹の子猫が生まれていました。
 
 
成猫たちは
元々野良猫で、
内外自由の放し飼いだから
最悪、飼育放棄されても
生き抜ける可能性はあります。
 
 
しかし、屋内で育った子猫は
外に捨てられたら
生きる術がありません。
 
 
そこで母猫の不妊手術と
子猫の飼い主探しを
申し出ました。
 
もちろん私達も引取りなどしたくありませんが
そうするしかお助けする方法が
思いつかなかったからです。
 
 
飼い主は、その場では
同意したのですが、
日を改めて引取りに行ったら
 
お気に入り子猫(メス猫)は
私達に渡しませんでした。
 
母猫は不妊手術してお返ししました。
 
子猫たちは、
見た目も性格も
何か異常でした。
 
ガリガリにやせて
排泄物の臭いがします。
 
 
やせ細った、さっちゃん。
(名前は飼い主がつけた)
 
 
慣れているけれど
片目は白濁、もう片方も
よく見えてないようだし
 
落ち着きなく動き回り
鳴き続けます。
 
 
 
もう一匹のガンバちゃんは真逆
無表情で、全く感情を表わさず、動かない、話さない。
 
元に家には
猫砂のトイレがありません。
 
だからトイレがわからず
床に排泄してしまいます。
 
おしっこ
 
 
うんこ
 
 
どこでも垂れ流すなら
ケージから出せません。
 
 
こんな状態では誰も
もらってくれないでしょう。
 
 
引取ったことを
深く後悔しました。
 
 
つづく
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

12月1日(日)10-16時

アクティブスクエア大東

 

介助犬のひろば内

カッパちゃん写真展&グッズ販売

協力;にゃんこのみち

 

※このチラシは大阪で、TNRや里親探しのお手伝いを行う

「猫から目線」さんに作成していただきました。

詳細はこちら

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

行政担当者限定 飼い主のいない猫対策勉強会

12月16日(月)

午後2-5時半

区民産業プラザ・ココネリ 3階ホール

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★猫トラブルの解決について、講演・勉強会の講師を承ります。

★カッパちゃん写真展 (野良猫の適正な管理の方法) 無料貸出します。

ご相談はHPのお問合せにどうぞ。

 

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿

 

 

うちで保護している
さっちゃん・ガンバちゃん姉妹のお話。
 
さっちゃんは、ちょっとハンディがあるけど
すごい甘えん坊で、かわいい子です。
 
シャイなガンバちゃん
 
 
*********
 
話は4年前にさかのぼります。
 
 
ペット不可のアパートに住む家族
 
野良猫を可哀想に思い
餌をあげたら
近隣の猫が集まってしまった。
 
 
近所からの苦情で
家に入れたけれど
閉じ込めきれず、
内外自由の放し飼い。
 
 
 
全部で20-30匹くらい
いたようです。
 
(周辺に散っていったり、
見かねた人が拾ったりして総数は不明)
 
 
雨戸は締め切り、
家には入れないので
実態はわからない。
 
家の中も外も物だらけ
 
 
周囲からは
悪臭や猫の糞尿や
物(ゴミ)だらけの家に
苦情が殺到。
 
 
 
苦情する人達からは、
「行政で猫を引き取って
安楽死してください」と
言われたが、
そういうことはしていない。
 
 
多頭飼いの家族は
管理能力は無いが
悪い人ではなく
捕まる猫は不妊手術を行い
ひたすら謝り続けていました。
 
 
 
そこで
保健所、大家さん、アパートの住民で
住民集会を行い
 
 
・これ以上増やさない
・全頭手術する
・物を片付ける
などの合意書で交わしました。
 
 
手術を私達が手伝い
苦情もおさまり
4年が経過しました。
 
 
猫は病気や行方不明で
徐々に減り7頭になりました。
 
 
このまま自然に解決すると
思ったら・・・
 
つづく
 
 
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

11/30(土)

第5回まにゃづるネコ祭り内

カッパちゃん写真展&グッズ販売

 

講演:「飼い主のいない猫対策セミナー」

時間:13:30-15:00

講師:NPO法人ねりまねこ

 

のらねこ対策がこれからの地域で

まずは何ができるのか?

わかりやすくお話します。

楽しいイベントもたくさんあるので

ぜひお誘いあわせの上、お越しください。

 

主催:まにゃづる実行委員会

共催:真鶴町

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

12月1日(日)10-16時

アクティブスクエア大東

 

介助犬のひろば内

カッパちゃん写真展&グッズ販売

協力;にゃんこのみち

 

※このチラシは大阪で、TNRや里親探しのお手伝いを行う

「猫から目線」さんに作成していただきました。

詳細はこちら

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

行政担当者限定 飼い主のいない猫対策勉強会

12月16日(月)

午後2-5時半

区民産業プラザ・ココネリ 3階ホール

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

★猫トラブルの解決について、講演・勉強会の講師を承ります。

★カッパちゃん写真展 (野良猫の適正な管理の方法) 無料貸出します。

ご相談はHPのお問合せにどうぞ。

 

 

下のバナーをクリックすると

ランキングの応援になりますヽ(^o^)丿