食べることと、スピリチュアル。~モロゾフのブログ~
  • 28Jan
    • (皇室ネタ)やっぱり嘘だったじゃん。の画像

      (皇室ネタ)やっぱり嘘だったじゃん。

      2月4日(金)は金沢市内の町家「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングを受付します。毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオンにて11~16時待機しています。2月5日(土)も待機日です。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月はお休みし、3月の第一日曜日から待機を開始します。2月6日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店します。2月19日(土)は福井のエルパさんにて占いのイベントに出店します。2月20日(日)は富山県呉羽のティエルカフェにて開運カフェに出店します。メール鑑定、電話(スカイプ)セッションは随時受付しておりますが、メール鑑定のお返事は少々お時間をいただいている状況です。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。前日の夜中のうちに、次の日用の息子のためのおやつを作っておこう。明日はイオンにずっといるから日中時間ないしな。と思って焼いたアーモンドクッキー。断捨離しちゃって実はクッキーの型っちゅうもんが家に一個もないので手で形作ったためいびつな形になっておりますクッキーって 地粉+塩+メープル+菜種油 で基本できるんですが、生地をもっとリッチな感じにしたければ、ここにアーモンドプードルを混ぜます。味わい深さを出したかったら全粒粉を混ぜたり。そして生地をさくっとしたサブレっぽい感じにしたいなら、片栗粉を入れます。そうするとサクッとした感じになります。月森紀子さんのレシピを見たら、片栗粉が10分の1ぐらい入ってました。砂糖不使用のジャムがあるなら、生地の中央を指で押してへこませてそしてジャムをちょこっと乗せて・・・さらにアーモンドを飾ればなんだか手をかけたっぽい??次の日のおやつ用に作ったんですが・・・・案の定というか息子は朝学校に行く前に何枚かこっそり食べて、そして私がイオンから帰宅したときにはクッキーは一枚も残ってはいませんでした・・・まあ、美味しかったんならよしとするか・・・。息子はおやつがいつもフルーツとかお餅ばっかりになると「ママのおやつ食いたい」と怒るというめんどくさい奴に育ってしまいましたただ、思い返すと、私はほんとに小さい時からの夢が、大きくなっておかあさんになって、子どもには毎日手作りのおやつを作ってあげるおかあさんになる!!・・・・だったんですよね・・・・さとうみつろう氏の本の通りというか、人の願い事って、忘れたころにかなったりする。そういや私、小さい時めちゃくちゃ願ってたじゃんと。絶対これやりたいっていっつも願ってたじゃんと。私の願いは叶えられ・・・・手作りおやつを上から目線で所望する息子が生まれて来てくれました小さい時の私は、手作りおやつを毎日作るしんどさとかって、全然想定してなかったなあと・・・・両親が共働きで、母親が料理が嫌いな人だったので、私は絶対料理上手なおかあさんになるんだ!!と思ってましたが・・・・うん、毎日手作りおやつってけっこうハードル高い!!苦笑あんなに手作りおやつを毎日作るおかあさん、に憧れ絶対なるんだと思ってた私ですが・・・実際は時々手作り、のお母さんになっておりますさて、やっぱりあの発表は嘘っぱちもいいとこだったんだな、という追記です。雅子さまが「馬アレルギー」??で、それゆえ馬車には乗れないって大本営発表があったんですが・・・・いや~探すとどんどん報道が出てきますね。昔の記事ですが、雅子さまが治療の一環として乗馬セラピーをされたた話がこれでもと残ってます。しかも当時私が知らなかったこともありました。雅子さまは2004年から療養生活に入られましたが、その直後、治療の一環として、乗馬セラピーを取り入れられたそうです。その時の相棒の馬が、御料牧場で生まれた「空勇号」です。空勇号はアングロアラブ種で、1993年御料牧場で生まれた白馬です。ちなみに乗馬セラピーをすすめたのはおばあさまだという話です。これってあの宮家と関係ありそう。だって宮妃のお父さまって馬関係の方だし(教授のイメージが強いかもしれませんがもともとは馬のお世話の責任者の立場の人で、ご婚約の話が決まって慌てて?大学側は教授にしたとかなんとか・・・・←実際テレビで皇室ジャーナリストの人も「あの方は教授というよりも厩舎の責任者のイメージが強くて・・・・」ということを話していた&あの人は教授じゃない!と答えた学習院大教授の方の話などいろいろ)、実際に乗馬セラピーの講座とかやってましたし。弟さんも同じく馬の研究をされててホースセラピーにも詳しく、ついでに言えば不倫問題で離婚した元奥さま(不倫したのは元奥さまのほうです)とも馬関係で知り合ったらしく←相馬市神社の宮司の娘さんで、その神社は多くの馬を飼育している、某大物芸能人のブログにも、宮妃の弟さんの奥さまが小さいお嬢ちゃんを乗せて乗馬している様子が書かれていました。乗馬セラピーで心癒されていた雅子さま。・・・・てかやっぱり馬アレルギーのわけないやん!!ところが、2011年6月、おばあさまは・・・・雅子さまが可愛がっていた空勇号を突然取り上げたと言われています。なぜか!!突然、空勇号が伊勢神宮の神馬になるとの話が・・・・。当時空勇号は18歳で、競走馬の平均寿命は25歳だから、まだまだ乗馬用に、セラピーの馬として活躍できるはずでした。本来神馬は年老いた馬がなるものらしいのですが、空勇号はまだ若いし、皇居の馬場で現役で働いていて、神馬になるのはとても不自然だったと言われています。なぜ空勇号は神馬にされてしまったのか?それは・・・・雅子さまが可愛がられていたゆえ、との推測もネット上ではあります・・・・。これは宮内庁HPからの写真。空勇号に人参をやっているおふたり。でも普段可愛がっていたわけではありません。雅子さまの相棒でしたから。神馬になる直前に急にお出ましになってエサやり、そして写真・・・・。普段空勇号を愛し、一緒に過ごしていた人の名前も姿もHPにはありません。昔の写真ですが・・・・なぜお一人だけ白馬なのかしら?皇太子さま(当時)ご一家は、空勇号とのお別れが決まって、その後、スケジュールをなんとかやり繰りして、空勇号が伊勢に行く前に会いに行ったそうです。女性セブンにによると、6月14日、愛子さまは特別に電車で帰宅され(普段は車だったのだろうか)、それが午後4時半ごろ。そうしてご一家で皇居内にある厩舎を訪れたそうです。それが午後5時前ごろ。そうして最後のお別れに2時間ほど乗馬され、夜に帰られたそうです。これは公式のお出ましではなくお忍びでの訪問だったため、一部の女性週刊誌が騒ぎました。夜にご一家がお忍びで出かけた!というふうに。女性自身では、「せっかく皇居に愛子さまといらしたのに両陛下にご挨拶もされないとは・・・・」と憮然とした表情で語る関係者の声を載せていました。・・・・いやいやなんかそれ、めっちゃ悪意感じるんですけど?だって・・・・愛する空勇号を急に取り上げられ、別れさせられることになったのは雅子さまです。雅子さまが可愛がってた馬です。その別れのつらさとか不条理さとかを記事にすることもできるのに、そうではなく、一部マスコミは皇太子ご一家がまたおじいさまおばあさまないがしろにしてる!皇居まで来たのに挨拶もない!!なんたる無礼!!みたいに書いちゃうわけです。別の視点なんていくらでもあって、雅子さまがおかわいそうとか、なんならもっと踏み込んでこれを指示したのは誰だって記事も書けるかもしれないし、馬を愛しているご一家・・・みたいなことも書けるわけです。それなのに、だって夜だし皇居といっても広いし挨拶しないからってそれをわざわざ取り上げて書くなんて・・・・いかにマスコミが偏ってるか、報道がおかしいかわかります。そして、もしおじいさまおばあさまに挨拶に行ったら行ったで、「こんな夜分に来るなんてなんて失礼な!」という論調で書いてたんだろうなと。そんな気がします。当時の皇太子家バッシングってほんと酷かったですから・・・・。←そしてそれは誰の差し金・・・?実際当時これだけ空勇号のことが記事になってて、そこには一文字たりとも!!雅子さまの馬アレルギーのことには書かれていません。それってどーなん?て話です。これでも大本営発表の「雅子さまは重度の!!馬アレルギーです!!」を信じろと・・・・?NHKが堂々とニュースでしゃべってましたが、それを信じろと・・・・?つまり・・・・マスコミってやっぱり平気で嘘を流すんです。良心がないと言われても仕方がない。多分これらに関わってる人たちって、カルマを抱えることになっちゃってるだろうな・・・・。騙されないためには、やはりなんといっても情報収集。いろいろ発信してくれている人たちもいるし、ウォッチャーもいる。今はネットの時代ですから、いろんな情報が拾えます。空勇号の姿は、動画にもたくさん残されています。皇室から牽進された神馬は、伊勢神宮内で飼育され、毎月1日・11日・21日に神職に伴われて大御前に見参する儀式があり、その際は一般の方もたくさん見に訪れますから、動画や写真がたくさん残っています。雅子さまは・・・・空勇号が生きている時に、一度だけ伊勢で再会できたそうです。2014年7月29日、伊勢神宮へ天皇ご一家が参拝されたときのこと。その時の空勇号は、3年たってもご一家のことを覚えていたようで、甘える仕草をしたそうです。空勇号は2018年6月27日に亡くなったそうです。伊勢での死でした。今上ご一家は動物たちへの愛が深いんだろうなと感じますが、ご一家は昔から犬を飼われてていて、保護犬や御所内で生まれた犬を飼われてます。愛子さまの入園式のとき、かばんには大好きなピッピとマリの刺繍が・・・!!小さい時から愛子さまはワンちゃんたちのことすっごく好きだったんだろうなあ。てか雅子さまの刺繍レベルすごい気がする・・・・。ちなみに高円宮家も、阪神淡路大震災で飼い主とはぐれた犬を保護していた動物愛護団体からそうした犬を引き取って育てていましたよね。そういうエピソードをきくと一国民としてほっとするというかあったかくなるというか。こういう姿が伝わってくると、皇室の制度そのものに反対する気持ちってあんまり出てこないというか。自分たちの都合のいいことばかり追い求める姿を見せられたら嫌悪感が湧き上がるけど、誰かのためにとか動物たちのためにとか・・・そうした意識を見せてもらえる人たちのことは、嫌いにならないしむしろ尊敬や親しみを感じる。私たちが見たいもの・・・・勝手に期待しちゃってると言われればそれまでですが、私たちって、やっぱり「愛」を見たいと思うのです。愛にあふれた関係、つながり。愛に満ちた言葉やふるまい。そのポジティブなエネルギーを感じられるなら・・・税金使おうが皇室って得難い存在だと思うのです。お金じゃない。多くの人たちにポジティブなエネルギーを伝えてくれるなら、お金なんて惜しくないと思います。愛にあふれた関係。それはすぐ異性とか家族を思い浮かべるかもしれませんが、別に家族じゃなくてもいいんです。それは犬かもしれないし、馬かもしれないし、別の生き物かもしれない。人間にしても異性とは限らず同性かもしれない。対象は何だっていいんですよね。仕事に愛の実践を行う人もいるかもしれません。剣道とか将棋を愛する人生もあるかも。染色の世界に自分を捧げるとか、伝統を復活させるためにその対象物に敬意を払い愛し続けることもあるかもしれない。スピリチュアル的に言えば、自分との間に愛があれば相手や対象物はなんだっていいんですよね。そして、そうした愛のある関係性を感じられたとき・・・・人って調和のエネルギーに満ちてくるし、世界は自然と平和になる。自分の中の愛を感じられれば、自分も平和になる。誰かから愛にあふれた関係を見せてもらえたとき・・・・やっぱり私たちは嬉しくなるし、あったかくなる。そうした姿はずっと見ていたいと思う。皇室が今直面しているテーマのひとついって、自己愛、もあるのかもしれない。自分への愛。自分さえよければ。それを見つめ直してみましょう、という流れが来ているのかも。私たちの中にも、自己愛はたくさんある。自分の都合でいいふうにしちゃおうってこと、皇室じゃなくても私たちの中にも普通にある。おばあさまが悪人だ、ってことではなくて、そういう人物が日本を代表とする地位にいた、ってことは、そこから私たちが気づけることがあるってことだ。じゃあ私たちは、どう生きる?騙されたまま生きるのか、見えなくされてたことを知りたい自分でいるのか。そして、ほんとうの愛、とは・・・・・。みーんな、愛を持って、愛を期待して、この世におぎゃあと生まれてきました。でもこの世はいろんなことがあって、自分が捻じ曲がることもあって・・・・・。そんな中、じゃあ自分はどう生きたいのか。どうありたいのか。私たちの中には、ちゃあんと、愛があるんです。それを膨らませられる生き方を選ぶのか、ひねくれて生きるのか・・・・・。そんなことも、いろんな出来事・・・・皇室のことも含めて、宇宙は私たちに教えてくれている気がします。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 27Jan
    • 人を傷つけることはできない。の画像

      人を傷つけることはできない。

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオンにて11~16時待機しています。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月はお休みし、3月の第一日曜日から待機を開始します。2月4日(金)は金沢市内の町家「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。2月6日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店します。2月19日(土)は福井のエルパさんにて占いのイベントに出店します。2月20日(日)は富山県呉羽のティエルカフェさんにて開運カフェに出店します。メール鑑定、電話(スカイプ)セッションは随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。おばあさまをリスペクトしてたんですねえ。の写真。おばあさまといえばマント風のお衣装が多かったです。なぜにこんなこだわりがあったのだろう・・・・。こういう特殊なお衣装はお値段もさぞかし・・・・。おばあさまのお衣装代は60年間で3800億とも言われています。・・・・なんだかすごすぎて実感がわかないですが・・・・。さて、自分の好きなことをやることへのためらいを持っている方は多いと思います。自分はこれこれがやりたい。でもそしたら家族は嫌な顔をするだろうとか。私は働いてないのにお金を使うのはよく思われないだろうとか。自分がこうしたい、を言うことへのブレーキを持っているケースはけっこうある気がします。そんな時、自分の思う通りにしていいんですよというメッセージを伝えても、でもそれで夫婦仲が悪くなって離婚になったらとか、家族仲が悪くなってとか・・・・マイナスを思い浮かべる方も多いような気がします。覚えておくといいのは・・・・自分にとって大切なことをするときって、誰も傷つかない、ってことです。自分にとって本当に必要なこと、大切なことの場合、それはやっていい流れを宇宙はくれます。自分がぼろぼろになることはないです。例えば、本当の自分の望みは希望は別のところなのに、違うものでごまかそうとしてるときは、かなえられないことが多いと感じます。家族と一緒に触れ合いたい。寂しい。寂しいからブランド品を買いたい・・・みたいな場合だったら、その高額なものを買う流れは必ずしもポジティブな流れになるとは限らない。でも、本当に自分の心が必要としてること、純粋に望んでいることなら・・・・宇宙はかなえてくれます。それを得られない方がこの子の成長になるな、って場合でなければ、ちゃんとあたわります。自分にふさわしいことをするのに、それが他者を傷つけるなんて・・・・起こりません。違う!私が好きなように生きたら誰々は傷つくの!!・・・・ってのは、実は、ちょっと独りよがりな考えです。私の行動で誰かが傷つく。それは実は傲慢な考えなのです。えっおかしい!私は相手のこと考えてこれこれを遠慮してるのに!!私は謙虚よ!傲慢じゃない!!って思う人もいるかもしれません。私は誰かを傷つける。私が自由に私にふさわしいことをしたら、誰かが傷つく。・・・・つまり、自分が中心、って考えです。私の動きで全てが決まる?私の動きで誰かが傷ついたり何かになったり・・・・つまり「私」はそれほどの重要人物?まるで神さまのよう?自分を傷つけられるのは、自分だけです。究極のこと言っちゃうと。私はよくデブだと言われてましたが、以前はその言葉にものすごくショックを受けてましたが・・・・ダイエットに成功したときは、同じ言葉を受けても全く傷つかなかったんですよね。自分が自分の目標まで痩せられたら、自分をよく知らない人に何を言われても気にならなくなった。お前は〇〇だ!!と言われても、人って自分のコンプレックスを相手に投影してしゃべってる、と知ってからは、あ~この人ってこういう劣等感を実は持ってるのね・・・と思えるようになり、何かを言われてもそんなに打撃を受けなくなりました。ブス。って言われて昔の私は傷ついてたけど、夫と出会って幸せな毎日を送るようになった今は・・・・目の前でブスと言われても「それが何か?」って感じになると思います(言われていい気はしませんが・・・・でもすごく傷つくってほどでもない気がする)。自分は冷たい人間だ。愛がない。と自分を責めて自分で苦しかった日があったけど、自分を許すことが大切なんだと気づいてからは、自分を責めなくなりました。どんな言葉を他者が投げかけても、それを受け取るかどうかは自分次第。もちろん、相手に対して悪意を持って投げつけた言葉は・・・・そのエネルギーはいずれ自分に返ってくるので、誰に何を言ってもいい、ってわけではありません。責任は自分で取る。ただ、自分が自由に自分らしく行動しようとするとき、それを宇宙は決して妨げない、ってことです。自分の思い通りにすることで誰も傷つくことはない。私は家族ほっぽり出してイギリスに何度も行ってますが・・・・それで家族仲が悪くなることはなかったです。イベントで東京くんだり行くことも、占いの仕事をしてまともな職には就いてないことも、特に問題にはなってないです。夫は基本、「パパが何言ってもママはそうするんでしょ」というスタンスです自分のやりたいことを相手が邪魔してくるなら・・・・それは、相手の精神性、意識レベルが、まだ未熟だ、ということだと思います。家族を自分の思い通りにすることが許されると勘違いしている。自分はこうしたい。それを言うことは、相手に対して、私はこういう思いを持っている、と教えることでもあり、自分に正直に生きる=自分を愛する、の実践でもあり、また、自分の本音を伝えることで相手を成長させてあげる、ということでもあります。自分の本当、を見せてあげなかったら・・・・相手は成長できません。つまり自分が我慢することで、相手の成長の機会を奪ってるのです。自分も我慢してカルマ増やす、そして相手に対しても相手は「目の前の相手の本音を無視した、拾おうとしなかった」という罪を犯させることになる。そしたらそのカルマはまた次の人生でなんとかしないといけなくなる・・・・・。自分の思うとおりに自由に生きる。それで相手が「傷つく」ならば・・・・それは相手の問題です。自分の問題ではない。相手が頑張ること、相手のテーマです。自分らしく生きることで相手が真に「傷つく」なら・・・・この世は誰かの犠牲によってしか成立しないことになる。そんな世界を宇宙は用意するでしょうか?思い通りにするのは我儘だよ。それはエゴの声です。そうして自由に生きる人の邪魔をしたいエネルギーがこの世にはあります。自分が自由じゃないから、道連れが欲しい人もいます。自分らしく生きることで、周囲が不満を言うなら、それは、その人たちの問題であり、その人たちの成長がまだ足りないから、自分がその役目、気づかせる役目を負っているだけだったりするのです。自分が、彼らが成長のするために必要な経験を与えているだけ。その視点を忘れないでいればいいと思うのです。悩みって・・・・自分だけの視点、独りよがりな視点で生まれることも多いです。これをすると相手が嫌がる、相手に悪い、相手が傷つく・・・・・でも、果たしてそれは大いなる視点なのか?宇宙レベルの視点に立ってるのか?自分の脳みそだけの視点になってないか?自分の行動の結果で、誰かが傷つくかどうかは・・・・その人次第です。傷つくのか、それともそれをきっかけに意識を変えて成長するのか。その人たちが成長するために、自分がその行動をしなきゃいけない場合だってあります。そんなときは喜んで、自分のため、相手のためにそれを実践すればいいのです。私のこの行動のおかげで・・・・あなたは意識を変えるチャンスをもらってるんだよね。そういう視点も忘れない。独りよがりの視点にならない。私は今ほんとに自由に生きてますが・・・・もしそのことで夫が怒ったり嫌がるとするなら、それは、夫が私に対して、「こうあるべき」「こう生きろ」という枠を持ってそれを私に期待したときだと思います。人は勝手に期待して、勝手に裏切られた気分になる生き物です。夫でいえば夫は私になんの期待もしてないので・・・・夫は傷つかないのです。あっでも私が洗い物を溜めてるときは昔よく怒ってましたねその怒りは「俺が帰宅する前にすべての洗い物を終えろ」という期待が私に対してあったからだよなと。今はそういえば洗い物を溜めても嫌がってるけど怒ることはなくなりましたね・・・・多分期待しなくなってるからかな・・・・?諦めてるんでしょう(;^_^A私がイベントや旅行で家をあけて・・・夫は、「さみしい」と言います。うん。さみしいんだよね。そして私は出かけます。さみしがるから行かない、じゃない。その気持ちを受け止めるのと自分の行動を制限するのとはまた別です。さみしいなら、そのさみしさをどう受け止めて、どう処理するか、その人のテーマ。それは私のテーマではない。人には人それぞれのテーマがある。もしかしたらそのさみしさも、その人の過去生からのカルマやバランスの問題で、受け止めなきゃいけない面もあるかもしれない。さみしいイコール悪ではない。それを感じることで解消できるカルマがあるなら、感じてしまって魂の借金返して、そして身軽になって次の人生に移ったほうがいい。一緒にいていい関係性なら、お互いの成長を喜ぶはず。変わっていけるはず。相手の成長も自分の成長も嫌がるなら・・・・それは自分にとってふさわしい相手ではないかもしれません。いろんな解釈ってできますが・・・・人って、自由です。自立してます。自分の思うこと感じることに素直に生きていて大丈夫なのです。見えざる存在たちは、私たちがどうであっても、大いなる愛と優しさで見守ってくれています。大いなる愛を信じてみる。自分らしく生きていいんだよと。同じように愛があるよと。それを試してみてもいいのかも、という気がします。それでは皆様、今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 26Jan
    • 西表島最高峰、古見岳に登る‼の画像

      西表島最高峰、古見岳に登る‼

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみにて11~16時待機しています。1月26日(水)はご予約で満席となりました。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月はお休みし、3月の第一日曜日から待機を開始します。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。2月4日(金)は金沢市内の町家「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。マクロビティータイムは1時間2000円です。2/4の空き時間は 12:10~ です。2月6日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店します。イベント終了後のティータイム、スピリチュアルカウンセリングは満席となりました。2月19日(土)は福井市エルパさんにて占いのイベントに出店します。2月20日(土)は富山県呉羽のティエルカフェさんにて開運カフェに出店します。メール鑑定、電話(スカイプ)セッションは随時受付しておりますが、メール鑑定はただいまお返事に少々お時間をいただいている状況です。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。西表島で一番高い山って知ってますか?古見岳といいます。この古見岳は、夏場は暑すぎて危険ゆえ、トレッキングツアーでは真夏以外(9月~6月)しかツアーの受付をやってないと知ったとき・・・冬だからこそ行ける山があるなんて!行ってみたい!!と思ったんですよね。冬といえば地元では雪山・・・完全オフシーズンなのですが、冬だからこそ暑くなり過ぎずに安全に?登れるなんて面白いと思って、西表島に行くことを決めたのです。ツアーは冬場だからか私一人の参加で、ガイドさんとマンツーマン。そして・・・ここで予習不足の私は、ツアーではヒルに200%遭遇します!!絶対です!!とガイドさんに言われ、めっちゃびびります・・・・しかーし。ガイドさんは「これは完璧な装備です」というものを準備してくださっており、ゴムっぽい靴下のようなもの履いて、そして脛あて、フェルトシューズ・・・とまずは準備。ぶあつめの脛あては、そこでヒルがいったん休む?ので、上まで這い上がる前に気づいて振り払えるのだそう。夏場はヒルもめちゃくちゃ素早いのでさささー-っと上まで来たりするそうなのですが、冬場はゆっくり?してるのでちょっと休む?らしい・・・。そしてヒルを見つけたら消毒液みたいなものをプシュッと吹きかけたらさらにおとなしくなるのでそしてガイドさんが素手で(!!)とってくれます。←多分素人は素手はやれない気がする・・・最近古見岳は人が入ってないし、今日は久々の獲物(!!)ってことで彼らは私たちを久々の獲物として待ち構えています!!・・・とめちゃくちゃびびらされながら出発ホテルに迎えに来てもらい、駐車場でリュックや装備一式全て借りて身支度してのスタートです。ストックも貸してもらえたのですが私はいつもストックなし派なので借りませんでした。なんか・・・・ジャングルトレッキングだと思ってたら、なんと・・・・かなりの割合で!!沢を進みます!!てか体感的には往きはもう6割ぐらい水に浸かってませんか!?って感じに感じました・・・・最初はいいんですよ。でも途中からけっこう流れの激しいところとか、膝上まで水がつかるところも出てきます。いやいや、こんなの聞いてないよ・・・・と心の中で叫ぶ私。雨のため増水してました・・・。ガイドさんも雨の影響を懸念して、どこまで行けるかわかりませんが行ってみましょう、とのこと。もしかしたら古見岳の頂上まで行けるかは不明だと・・・・でも結局なんとか最後まで行けました!これ私の思ってたトレッキングと違う・・・!!めっちゃハード!!そして水中って足元見えないし足を置いたら石って丸っこかったり形がイーブンじゃないからすぐよろける・・・・もう、めちゃくちゃ難しい!!思うように進めない!!いやもう・・・・いい意味で、「無心」になれます。もう無心で進むしかない。わかんないし難しいししんどいけど、とにかく進まないといけない。もう必死です!!こんなに必死な思いにさせられるとは・・・・思ったのは、私って体幹が弱いな、ということ。体幹がしっかりしてる人は、グラグラな石の上に足を乗せてもふらつかずに進めるだろうと。私は体幹が弱いから、よろよろしちゃうんだなと・・・。水の底が見えないまま足を進めて、これくらいの浅さかなと思ったら存外深くて驚き、そして平らな石かなと思って足を乗せたら真っすぐじゃないし・・・・とにかくヨロヨロしながら進みました気を付けてるつもりでも、何回かよろめいて胸の下までずぶ濡れになったりもしました・・・・私は完全防水用の衣服ではなかったのですが、甘かったなと・・・とはいえ動き続けていれば濡れて寒くなることもなく大丈夫です。ガイドさんは、4分以上休むと汗で体が冷えるから、4分以上は休みませんと言っていました。ちょっと余裕のあるときはこうして写真を撮ってもらいつつ。ポットホールが山ほど!そして・・・これマジで進むんですか?という道をどんどん進んでいきます・・・・写真では笑ってますが正直予想外の展開で頭の中は「やべー」ばっかり思ってました。それにしても西表島の自然はすごい。これが沢登りさえなかったら・・・(;^_^A←私は沢登りは嫌いなんだとわかりましたちなみに・・・恐れていたヒルですが、先導するガイドさんにはどんどんくっつくものの、私はその後ろを行くせいかそこまではくっついてこなかったです。そしておトイレですが・・・トイレはないので!!もよおしたらどこかそのへんの影でするしかありません私はもともとトイレは日中1度も行かなくても平気なほうなのでこういう時はほんとに助かります。でも、食事が乱れたらやっぱりトイレには行きたくなります。なので大事な日の前は特に飲食は気を付けないと当日困ります。そのへんは計画性が大事かも。有名な・・・・ユツン三段の滝。美しい・・・・。たいていのトレッキングツアーはこのユツン三段の滝までのコースだと思います。古見岳へは・・・・ここからさらに行かないといけません!!このコースを選ぶ人はめったにいない。古見岳は健脚向けのコースとされていて、ちょいハードな面はあるかもですが・・・ぜひこっから先の古見岳へ!行ってみるのもいいんじゃないかと。そして・・・・この滝の上へ!!まず行きます!!えっこの滝の上!?そんなの行けるんすか!??‥‥と心で叫びながらもう行くしかないので脇の急な登りを進みます!!あんな滝の上・・・マジか・・・と思ったのですが、意外と!!早く滝の上に到着!!これがさっきのユツン三段の滝の上のてっぺんです!!ひゃっほ~!!上流のところでしばし休憩。静謐で美しい時間と空間。ガイドさんとお話していて、やはり、ガイドさん側の立場でいうと、GO TOキャンペーンってのはいろんな問題があるのだと感じました。確かにお客さんは押し寄せるけど・・・・こちらのガイドさんは、あえて、GOTOはしなかったそうです目先の収入には動かされなかった人です。人が山ほど押しかければそれでいいのか。ウェーイ系の人たちの相手だけをしてればいいのか。この方は、ただイェイイェイしたいだけの人たちの相手はしたくないと言っていました。イェイイェイしたいならうちじゃなくて別のところを選んでほしいと。HPを見て来てくれる方はちゃんと自分のところの路線というか雰囲気を感じて申し込んでくれるから問題はないけど、OTAがあるゆえに、いろんな人も流れてくると・・・。そのガイドさんは結局GOTOは参加せず、するとお客さんは見事に少なくなり・・・・でもその間はご自分で走り込みの時間などに充てたそうですGOTOって、その時期だけうわっとお客さんが来るけど、それ以外の時期は・・・・何か恩恵があるわけではない。リピーターさんになるというわけでもないらしく。世界遺産も・・・・奄美大島の方たちから、世界遺産は絶対やめたほうがいい、と色々話は伝わって来てたので、地元の西表島の人たちからしたら世界遺産なんて全く望んでなかったことだそうです。むしろ地元としては反対だった。しかし・・・・いわゆる有識者の方たちとかお上はとにかく世界遺産にしたがる。でもそうした人たちは真にこの自然を愛しているというよりは、もとビジネスライクな感じで。リモート会議ばかりで現地には全く足を運ばないような人が有識者として重要な決定をする権利を持っている。これこれの地域を世界遺産にした経験があるから自分はわかってる。こうすればいいんだ。・・・・そういう態度でいられても、地元の人たちの理解は得られない。お上は、公の人たちは世界遺産になることで自然を守れる、と主張する。・・・・本当に??現地の人たちの声は届いているのか。世界遺産になってしまったことで、自然は実際荒らされている。それがとにかくひどい、とガイドさんも嘆いておられました。入ってはいけないところへ侵入したり。持ち出してはいけないものを持ち出したり。自然界への敬意がない人たちがどんどん入って来て、見るも無残にあちこちが荒らされていると・・・・。ほんとうにその現地を守る、となると・・・・やってくる人が少ないに越したことはないと思います。人が増えれば、意識の低い人たちもどうしてもやってくる。ただお気楽な気持ちで、自分が楽しめればいい、という気持ちでやってくる人が増えても・・・・自然も人々も、喜ばない。私も・・・・いつも予習をしっかりしているわけではないですが、自然界への畏怖、敬意は忘れてはいけないものだと思っています。あくまで山には、入らせてもらう、という気持ちでないといけない気がします。本来なら入れないところを、好意で入らせてもらっている。道なき道を進む。ガイドさんがいないと絶対!行けない道です。ついてくのに必死でした。ロープを使っての上り下りも何カ所もあります。・・・が、古いロープの場合はガイドさんは切れたら危ないからロープは使わないで、と指示してきて・・・・これまたマジか!?と苦笑最後のアプローチの竹やぶ。ここが・・・最大の難所でした。直前までの雨で道がぬかるみで滑って滑って進めない!!笑ってますが・・・・すでに2回ぐらいこけてます苦笑素手で参加しましたが、軍手は必須だったなあと。とっさに竹を掴んでそして手がちょっと切れたりもしたので。あと岩で切れたり。でも血が出てもひたすら唾をつけて舐め続けてたら血は止まったのでやっぱり唾液ってすげーなと思いました笑ガイドさんは素手でしたが、私みたいな人間は・・・いるんじゃないかと。まあ手を切ったといっても大したことはなく。膝は沢で転んだときスパッツ切れてちょっと流血。あと膝小僧は内出血が多数。・・・・今までで一番流血とか打ち身は多かったですねえ帰ったら絶対体幹もっと鍛えよう・・・・と思いました。これまでも体幹はトレーニングでやってましたが全然通用しなかった・・・・涙古見岳の頂上到着!!ガスって何も見えません!!見事なくらい真っ白です・・・・。頂上にいるヤマネコさん。古見岳行ったど~!登ったど~!の証拠写真。膝のドロドロが格闘を物語ってます笑でもしばらくしたら・・・・景色が見え始めました!!快晴の時ほどではないにせよ、ちょこっと景色が見れて感動。時間にしたらそこまで長時間のトレッキングではないのですが、何せ道が・・・足元が・・・大変でした(;^_^Aいつも思うのですが、登山って、人生に似てるなあと。自分の足で頑張って進むしかない。代わりに誰かが足を進めてくれるわけではない。しんどいけど、でも、確実に進んでいくことができる。ガイドさんが言っていました。「(登り方に)正解はないんです」と。どんな登り方をしてもいい。正解はない。それぞれの登り方でいい。早く行きすぎる必要もないし、上手にきれいに登る必要もない。ゆっくりでも全然大丈夫。正直、沢が続いたときはとにかくでこぼこでもなんでもいいからとにかく水場以外を歩きたい・・・って思ってましたが、でも同時に、どうやったらよりうまく進めるか?を必死に考えて試して・・・・で、結局、上手にはなりませんでした!!苦笑体幹も大して鍛えてない私には難しい。しょうがない。これが大谷翔平くんとかだったら楽々行けそう。バレエの先生も絶対大丈夫だろうなあ。体幹強い人はすいすい行けるんだろうな・・・なんてことを思ってました上手に登ることはできない私ですが、でも・・・・頑張って進めば、必ずゴールに到達できる。そして、下りは不思議と・・・沢を進むのがそんなに長く感じなかったというか。往きは、行程の6割ぐらいが沢だったイメージなのですが、帰り道は、3割くらいのイメージで。不思議です。思ったのは、大丈夫、と安心してると・・・・こけますね気を付けてると転んだりよろけたりはしないけど、おっし大丈夫!と思ったらコケる。油断大敵とはこのことか。そして帰り道はやはりそれなりに体力消耗してるので、足が思うように上がらなくてこけやすくなったりバランス崩しやすくなったり。注意力も落ちてて(もうあとは下るだけだ~と少々お気楽になってしまう)、それでよろっとしやすいなと。ちなみにツアーはお弁当付きで・・・・前日にガイドさんから、お弁当について何か食べれないものはありますかと聞かれまして、「肉が苦手です!」と答えていました。ガイドさんは少々驚いた様子で、お肉がお弁当に入らないとなると、少しさみしいお弁当になりますがいいですか、と言ってきて、私は全然大丈夫です!!と力強く答えておきましたお弁当は・・・おばぁの作ってくれたお弁当でした!ガイドさんの奥さんが西表島で生まれ育った人で、そのお母さん、つまりおばぁがお弁当をいつも準備してくれるとのこと。手作りお弁当です。ありがたい!!おにぎりには梅干し。あと大豆とじゃこも入ってました。おかずは魚メイン。お肉が入ってなくてめちゃ嬉しい。魚ならなんとか食べれます。かぶの浅漬けがめちゃおいしい。そして・・・・青菜がすんごくおいしくてびっくりしました。これはオオタニワタリだそう!座ってるすぐ後ろにもありました!!オオタニワタリ、めちゃおいしい!!!ガイドさんは、オオタニワタリをこんなに美味しく食べてくれたのは私が初めてですと・・・そして実はガイドさんも、お肉はあまり食べない方でした。鶏は少々食べるそう。動物たちの扱われ方、殺され方を知って・・・・お肉を食べたいと思わなくなったそうです。そっかー、だからなんだか話しやすい人だったのか?と思いましたなんとなくですが・・・お肉がっつり食べてます、って人よりも、そうじゃない人のほうがなんとなーくしゃべりやすいんです。会話をしている中で、私が食に関する話、ヴィーガンとしての生活のこととか、息子のアレルギーの話をしたときも、自然に興味を持って聞いてくださっていたのも、もともと環境や食に関して関心があり、かつ自分でも実践をしている方だったからなのか~と思いました。ちなみにガイドさんは私との会話で知った話を帰って奥さんにしたら、今まで私の話聞いてなかったの!と怒られたそうです笑 あるあるですね~、奥さんはいろいろ話を振ってるし教えてるのに、旦那さん側があんまり真剣に聞いてないという・・・・ともかくも奥さまと話し合って、白米ではなく玄米とか分づき米とかもっと食べてみることになったそうです西表島に来て、目的だった古見岳を登ることができ・・・そして今回も素敵なガイドさんとの出会いにも恵まれ、とても楽しく会話しながら参加することができました。毎回毎回、屋久島のときもそうでしたが、素晴らしいガイドさんと出会えることも、ほんとに楽しく嬉しいのです。ほんと恵まれてるなあと。屋久島のときもヴィーガン生活一部体験してる格闘家のガイドさんだったり、今回も肉を食べない派のガイドさんだったり・・・・やはり自分にとってちょうどいいありがたい人と自然に出会えるものなのかも。不思議です。本気でダンスやってたガイドさんとも出会えてダンス話で盛り上がったり。自分でガイドさんは指定してないし、なんとなくツアーを選んでるだけなのに。でもなぜか一緒に話しててすっごく楽しいガイドさんばかり。やはり宇宙を100%信頼して、全てお任せしておくと・・・・自分にとってふさわしい流れになるんだよなあと。そうしてますます宇宙を信頼する度合いが強まっていきます。ガイドさんからのメールで、「また西表島に遊びに来てください。どこに行ってもどのガイドさんもNさんとのお話はきっと楽しいものになると思います。」・・・・と書いてあったのを見た時、ほんとに嬉しく、ありがたい気持ちになりました。トレッキングを楽しむ旅は・・・素晴らしい自然と出会え、そして、共に過ごす時間を心から楽しめる人との出会いもある。ものすごい知識、情報を持った方たちと話すことができ、その知識と話題の豊富さに驚き、そして、さまざまな過去を経てきているその方たちの生き方にも感銘を受ける。なんて楽しい時間だろう。トレッキングツアーって・・・・めちゃくちゃ、楽しい。最高にエキサイティングだ。そして私は、やっぱり、人と話すのが好きなのかも、と思う。大人数でワイワイ・・・は苦手だけど、一対一となると、急に楽しくなる。さて・・・・恐れていたヒルですが、トレッキングが終わって脛あてとかを外しているとき・・・・内側とか隙間にけっこうな数がくっついてました!!5,6匹ぐらいいたかな・・・・。とにかく彼らはどんな隙間にもいると。だからよ~く見ないといけません。そしてガイドさんの教えてくれたとおり、脛あてで彼らは休んでいる状態で、上にまでは来ておらず、私はどこも噛まれてはいませんでした正直途中からはヒルのことなんて全く!!考える余裕はなかったですね・・・・・怖がるのは余裕があった最初の時間だけ。後からはもう精神状態気力体力ともに余裕がなくて必死すぎて、ヒルどころじゃなかったです!!ところが、最後にホテルに送ってもらったあと、まず部屋で着替えてたらですね・・・・なんと、どこにくっついてたのか、ヒルが一匹床に落ちてきたんです!!!!あんなによ~~くガイドさんにチェックしてもらってたのに・・・・ガイドさんはとにかく奴らはどんな隙間にもいるから!!と熱心に隈なくチェックしてくれてたのに・・・・一体どこに潜んでたんだ!?その隠れヒルは、幸いにも床に落ちたので、そのまま私は・・・・部屋にあった消臭剤をプシューっとかけて・・・・処分しました・・・・・。なんとかヒルには噛まれずに済みました。でもガイドさん曰くヒルは毒を持ってるわけではないから心配しなくていいとは言っていました。血が出るだけだと。まあでも噛まれないに越したことはないですよねえ。食の世界では、虫に刺されやすい人とかハチに刺されやすい人は、血液が汚れているからだと言われています。梅干しや梅酢は血液をサラサラにして虫に刺されしにくい体にしてくれるので、虫とかに狙われやすい危険性がある活動をする際は・・・・前々から甘いものを避けて、梅干し、梅酢をたくさん取り入れる食生活にしておくのもありかと思います。私は今回の旅では梅干しは持ってくるのを忘れてたのですが、虫トラブル等にあわずに済んで助かりましたちなみに血が出たときに止血の力が強いのはごま塩です。あと昆布。個人的には唾液の力のすごさを今回かなり感じました。唾液ってほんとに血が止まって傷がふさがるなあと。大きすぎる傷は別として、ちっちゃな擦り傷切り傷は何もなくても唾液でかなりよくなるなあと。ハードな面はあったもののとても楽しくいい経験となった古見岳へのトレッキング。下りはやはり膝に違和感は感じたので、ハードなトレッキング、登山ってもしかしたらそんなにはできなくなるのかもしれません。一体いつ全然動けなくなるのか、それは分かりませんが・・・・・でもわからないからこそ、今自分に与えられている時間を悔いなく使いたい。せっかくなら、この世の面白さをめいっぱい感じて生きていたい。生きるって楽しいんだと心の底から感じて生きていきたい。そしてそれって誰にでもできるんだよと信じていきたい。こんなに好き勝手やって楽しく過ごしてる私ですが、かつてはうつ病で、明日が来るのが怖いと毎日泣いてましたから・・・・人生って、変わるもんなんです。生きてて嬉しいことが唯一、週末にクリニックに行って点滴打って眠るとき、その時しか安心していられる時間がなかった日々だった人間が・・・・人生って楽しい、生きるって楽しいんだと心底感じられるようにもなれる。周りの人みんなを恨んで信じられなくて、寂しくてたまらない気持ちを抱えて生きていたひねくれ者が・・・・まさかこんなふうに、スピリチュアルカウンセラーとして人々と接することになるなんて。宇宙って、ほんとに面白すぎるシナリオを描いてくれます。自分の脳みそじゃあ絶対思いつかない。これからどんなふうに自分の人生が動いていくのか・・・・わからないし知らなくていいし、ほんとに宇宙にお任せなんですが、ただ、自分の好きなこと、旅することは、体が動く限りずっと続けていくと思います。飛行機に乗って遠くにいく楽しさは追い求め続けるだろうなと。西表島にこれから行く人がいるならば、ジャングルのトレッキングツアー、そして、古見岳も・・・・面白いですよいろんな有名な滝があるので、その滝をゴールとしても十分楽しめますが、あまり人が選択しないところが気になるなら・・・・古見岳へのトレッキングツアーもありだと思います費用は一人25000円くらいはかかると思いますが、2人以上だと20000円ぐらいになると思います。トレッキングツアーはそれなりにお金がかかりますが、山に安全に入れることを考えたら妥当な金額だと思います。さあ次は・・・・どんなトレッキングツアーに参加しようか?また楽しく計画しようと思いますそれでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 25Jan
    • ネガティブな人がいたら…。の画像

      ネガティブな人がいたら…。

      2月のよふ葉さんでの受付日は2月4日(金)です。マクロビティータイムは1時間2000円、スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。空き時間は12:10~です。お問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。マスコミってほんと嘘が多いな~と思う写真。元プリンセスが海の王子と婚約内定!のニュースが駆け巡ったとき、同級生?という人の談話で、そんなおつきあいしてる人がいるなんて全然知りませんでしたあ~!という声を紹介していたマスコミ。人知れず恋を育んで・・・ってしたいのか?でもネットでは元同級生のタレコミというか暴露はけっこうありましたよ・・・・?二人は付き合ってるのを全然隠してなかったとか。メルアドがお互いの名前入りだったとか。元プリンセスは気が強くて大変だったとか。元プリンセスがすぐ海の王子を呼び出してそして海の王子の講義が終わるのを待って二人でよく出かけてたとか。元プリンセスはけっこう束縛強いんだよねみたいなことを海の王子が漏らしてたとか。まあいろいろ漏れてます。付き合ってるの全然知りませんでした、ってのはそりゃ元プリンセスともともとの距離がある人はそりゃ知らんでしょう。誰と付き合ってたかなんて。でも同じサークルの人たちは知ってたという。ちなみに海の王子は人間関係としては特に人気があったわけでも特に嫌われてたわけでもない感じだったらしい。一見人当たりはいいので後輩から相談とかはされてても特に周りからの信頼感があるわけではなく。ちょっと変わったところはあったらしい。そしてやはりケチだったらしい・・・・(元プリンセスにもお金払わせてたのは本当か質問されててその人はそういう現場は見たことはないがとにかく王子は自分では払わないってのはよく見てたらしい)この写真(卒業時)見ても普通気づきますよね。だって指輪してるし。単なるおしゃれ用の指輪ってより明らかに誰かとのペアリングっぽい。付き合ってる男がいないはずがない。卒業時の写真のリングはこの写真からするとやっぱり海の王子とのペアリングだったんだねえ。この当時からごつめの指輪が好きだったのかな。結婚指輪もごつい指輪でしたもんね。てか堂々と写真に指輪を写すあたり・・・・やっぱり隠すつもりはなかったんでしょうねえ。そしてネット上のタレコミを読む限り、元プリンセスの海の王子への執着心がすごかったっぽい。そしてそのまま彼と結婚までこぎつけたのですから・・・・彼女の、自分の思い通りに!すべてを手に入れる!という念はすごいっすねえ。今は日本離れられてハッピーなのかもしれませんが、う~ん、なんとなくですが、元プリンセスは海外は合ってない気が・・・少なくともNYは合ってない気がする。そして2月から日本のオークウッド青山が予約不可になってるってことは、2月に元プリンセスは帰国しちゃうんでしょうか。もしかして観光ビザだったのか?それも気になるし、2月はぼっちゃまの進学問題、KK氏の2回目の弁護士試験と・・・炎上を避けられそうにない話題が目白押し・・・・というかすでに進学問題は炎上しちゃってるから、あのまま特別入試(学力試験なしで!!国民の枠をひとつ削って&お付きの友人たちも入るらしいのでさらに枠が減る)を強行しちゃうと・・・・もう取り返しがつかないことになるって・・・・なんでわからないのか・・・・まずい方にあえて進むのがなんとも言えないですが・・・・もうここまで来たらどこまでいくのか見守りたい。あの宮家にとっては認めたくない結末かもしれませんが・・・もしそうだとしても、それが必要な流れなのだと思います。さて、自分の周囲にネガティブな人がいた場合・・・・どうすればいいのか。どうやってつき合っていけばいいのか。そういうご相談を受けることもあります。大事なことは、ネガティブな人を変えようとしない、ということです。どれだけ自分にとって受け入れがたいネガティブさをその人が持っていたとしても、その人を変えようとすると、逆に自分がカルマをつくって来世で重荷が増えます。自分の損になります。人を変えようとする、ってのはカルマになるんです。自分にとって得なことがない。ネガティブな人にも、そうやって生きる権利があります。そんなのダメだ!と相手の文句を言うと、自分のカルマになります。つまり・・・・そういうネガティブな人、すなわちそばにいると付き合ってると自分が文句を言う時間が増える人、とは一緒にいる必要がない。物理的付き合いをとにかく最小限にする。それは知人でも家族でも同じです。もしそれが家族なら家族だろうが関係なく付き合わない。カルマを増やさない。職場にそういう人がいて、でもこの仕事は好きだから職場を辞めたくない・・・・その場合もまずは、そのネガティブな人を変えようとしてる自分がいないかどうかチェックする。この人こうなればいいのにとか、いつになったら変わるんだとか、そんなことを思わない。その考えを捨てる。いつになったらわかるんだ、変わるんだ、って思うことは、相手へ変化を強要していることになります。相手を変えようとする、それはカルマになります。やらなくていいことです。誰かのことをずっと文句を言うなら・・・・ウイリアム・レーネンは言ってますが、その場合、問題があるのは相手ではなく、自分なのです。えっ相手が絶対悪いのに!!と思うかもしれません。しかしながら、相手に否定的なエネルギーをずっと投げ続ける自分は素晴らしいのか?というと・・・・そうではないはずです。お前の生き方は目障りだ、変われ!!・・・・ともし自分がエネルギーで言われ続けてたら、それは決して嬉しいことではない。人にとって喜ばしいことではないことを投げかけ続けて、それで世界が平和になるのか?ちゅうことです。勘違いしちゃいけないのは、そんな人のことを好きになる必要はない、ってことです。よく誤解しているケースもあるんですよね。どうやったらその嫌いな相手を好きになれますか?と。答えは、「好きになる必要はない」です!!好きにならなくてよろし。宇宙は、嫌いな相手を好きになれ、なんて言ってません。好きになる必要はないけど、その人がそうある権利を認めること。それは宇宙は伝えています。・・・・多分、宇宙からのメッセージって、人間同士で伝えていくうちに、どこかで歪んだりしてるのかなあ、って思うことがあるのですが・・・・聖書もそういう面ありますよね。嫌いな相手を愛せなんて神さまは宇宙は言ってない。ただ、その人がそう生きる権利は愛しなさい、ってことなんです。その人がそう生きる生き方を認める。つまり、それに文句を言い続けることをしない。宇宙の法則って・・・・「すべてを変えようとしない」ことだそうです。つまり、どんな人も、そうある姿をそのまま認める。お前目障りだからおれの気に喰わない奴だからお前変われ。・・・ってのは愛じゃない。嫌な相手なら・・・・そこから去る。私も最近、それをよくやっています。正直息子とずっと一緒にいるのがしんどいので、私はしょっちゅう泊りでいなくなってるし、旅行にも行くし、そして夜はやたらとダンス、バレエのレッスンでいない自分にとって文句が増える相手とは・・・・接触を減らすのが一番。朝、息子は友達が迎えに来てくれるのですが、正直友達がピンポン押してから目覚めることもしょっちゅう。そういう姿を見てるとめちゃくちゃ私はイライラします。イライラする、ってことは、相手に「こうあってほしい」と期待しているということ。息子に、さっと準備して友達を待たせない、ということを私はど~しても期待しちゃう。期待しちゃうなら・・・・なるべく一緒にいないほうがいい。そして、文句が出ちゃう相手なら、なるべく一緒にいない。私は教員の仕事は自分では「やりがいがある仕事だ」と自分に言い聞かせていましたが、思うようにできないことも多く、いつも口を開けば愚痴ばかりの自分でした。ぶっちゃけ県トップクラスの進学校でも生徒って大して勉強しないんです。こちらの思うようには。提出物も出さないし宿題も予習もしないしテストの点は悪いし小テストも再テストばっかりだわ・・・(ちゃんとやる子もいますが)そういう生徒たちのことでいつも頭を悩ませていた日々だったというか。どうしてもできない生徒への不満が出てきてしまう。でも・・・・今はなんの不満も愚痴もなく、相手に対してこうあってほしいのにこうしてくれなくて嫌だ、という文句もない。もっと勉強しろ、という怒りもない。仕事を変えたら、全く何も不満も文句もなく、相手に対して「いい加減変われよ!!」という思いも消え失せた。それは相手を変えたのではなく、私がいる場所を変えただけ。私自身も変わっていません。場所移動をやっただけです。すべてを変えようとしない。それこそが宇宙の愛である・・・・と気づけるようになるには、時間が必要かもしれません。私たちって、「相手のため」といいながら勝手に心配したり怒ったりこうすればいいのにとやきもきすることがしょっちゅうです。私たちにできることは・・・・なんで変わんねーんだよ!!・・・という思いを捨てること。この人はこうなのだ、と認識し、その人のことを好きになる必要も義務もないけど、その人がそう生きることを認めて愛する。その人の過去生500個を私が知っているわけではないのだから、その人がそう生きる理由が何かあるはずなんです。それを否定しない。・・・・というか誰も否定できないですよね。だってその人の500個分の過去生は生きた人間は誰も知らないから。この人はこういうあり方、生き方なんだね、と、それだけ。いい悪いを論じる必要があるのではなくて、私はそれが好き、嫌い、でいい。その生き方は嫌いだから、私は離れよう。私は近づかない。それだけでいい。だから・・・・スピリチュアルの世界でも、気を付けて。あなたのため、世界のため、と言いながら、こうすべき、ああすべき、というまことしやかな罠が隠されていたりするから。あなたはこうあるべき。あなたの使命はこうだからこう生きるべきとか。世界のためにこうすべき。幸せになるためにはこうすべき。・・・・べき、べき、が多かったりしないだろうか?本当の愛は、「べき」じゃない。「べき」って、今のその人の否定だから。今がよろしくないから、もっとこうす「べき」って言うんですよね?つまり今のままじゃダメってことなんですよね?・・・・それって、宇宙愛なのか?大きな愛に見せかけたまやかしじゃないのだろうか。私は宇宙愛って完璧なお母さんのイメージがやっぱりわかりやすいとおもいます。愛に溢れたお母さんって、小さな我が子に向かって、あなたはこうすべきよ、食事中はこうすべきよ、あいさつはこうすべきよ、こうしなさいね、このときはこうするのよ・・・・・って、それって、愛情深いお母さんだろうか??そっか、おいしいね、楽しいね、うれしいね・・・・・そうやって寄り添ってあげるのが、本当の愛じゃないだろうか?本当に相手の目線で見てあげることじゃないだろうか?宇宙愛って完璧です。だから、相手を窮屈にさせることはしません。ネガティブな人はネガティブでありたい理由がある。そうなっちゃった歴史がある。それを否定しない。・・・・だって、私自身も相当ネガティブだったし、それにはやっぱり理由があった。いきなり突然なったわけじゃない。いろんな積み重ねがあったからそうなった。その歴史を否定するなんて・・・・自分が、かわいそうだ。そして同じようなこの世の人たちも、否定されたらかわいそうだ。否定より、共感のほうが、世界は明るくならないだろうか?ネガティブな人がいたら、その人を否定する自分、なんだよこいつ変わればいいのに、と思っちゃったら・・・・自分の方が、カルマが増えますから、その落とし穴にはまらないように。ある意味、そうしたネガティブな人たちは、周囲の人たちに対して、ネガティブな見方をしてしまわないように・・・・と注意喚起してくれる存在ともいえそうな気がします。そこで相手への文句を言い出す自分にならない、ってことです。それを試されるドリルみたいな意味合いもあるのかも。むしろ相手は自分の中の未熟な部分を浮き彫りにさせてくれるために・・・・ネガティブな人間として目の前にいてくれてる、そんな場合もあるかもしれませんね。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 24Jan
    • 親切じゃない自分を直さない。の画像

      親切じゃない自分を直さない。

      2月4日(金)は金沢市内の町家「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングを受付しています。マクロビティータイムは1時間2000円、スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。空き時間は12:10~です。毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオンにて11~16時待機しています。26日(水)の空き時間は15時~です。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月はお休みし、3月の第一日曜日から待機を開始します。2月6日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店します。2月19日(土)は福井のエルパさんにてイベント出店します。2月20日(日)は富山県呉羽のティエルカフェさんにてイベント出店します。メール鑑定、電話(スカイプ)セッションは随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。飛行機から眺める空を見ていると・・・・なんともいえない気持ちになります。先日西表島に行った際には、全ての区間で当日アップグレードができて、そして窓側の席が取れたので空もじっくり眺めることができました。JALは時々キャンペーンをやるのですが、この時期からこの時期までの申し込みだと〇〇円オフのクーポンあります、みたいなのがちょくちょく流れてくるんです。それで今回の西表島へのフライト+ホテルも9000円ぐらい安くなったかな?それに加えて貯まってたマイルを旅行費用にあててそれで3万円さらに追加でオフに。なので西表島へ行くといってもけっこう安く行けました。マイルは3年間しか有効期限がないので(これがダイヤモンド会員とかなら話は違うのですが・・・(;^_^A)、有効期限内に使い切らないと勿体ないのです。本来ならイギリス往復の無料航空券とか世界一周旅行券に交換したかったんですが・・・・今それは難しいので国内旅行で消費をしております西表島には空港はないのでフライトで行けるのは石垣空港まで。石垣港からはフェリーが出ています。石垣空港は新しく綺麗で、お土産もいろいろたくさん買う場所があります。が、JGC会員の優先レーンなどはありません空港着いてのチェックインは普通に並ばないといけません・・・・この時は混んでなかったので気にせず済みましたが。クラスJだとやはりシートピッチがゆったりしているのでいいですねえ。今回はクラスJにすべての区間でアップグレードしたのでその分溜まるマイルも増やせましたそうなんです、クラスJのほうが貯まるマイルが多くなるんです。ちなみに安い運賃で航空券買ったらマイルが少なかったり、旅行会社のツアーでのチケットだったらマイルが半分にしかならなかったりと、いろいろからくりがあります。そしてそれを増やすからくりも。そういう知識とか技を網羅している猛者たちがマイルを効率よく貯めてるんですよね・・・私は初心者レベルで全然大したことない人間なのですが、それでもこうしてマイルはそれなりに貯まって、ファーストクラスで海外行っちゃうことも可能です。片道150万円のチケットがタダ(正確には税金の18000円は払いました)でゲットできる・・・・これが嬉しくてやっぱり貯めちゃうんですよねえ。海外への特典航空券を発券できるようになるのはまだ先のような気がするので、それまではこうして国内旅行でマイルを使っておこうと思います。さて、自分自身のことを優しくないとか、意地悪で性格が悪いとか・・・・そういうふうに自分を評価している人っているかもしれません。私も自分の性格の悪さって昔から感じてて、なんて優しくない性格なんだと自分で思ってきていました。確かに、意地悪な部分、親切じゃない部分、嫌な人間だと自分を感じるときってあります。それは事実としてあるでしょう。しかしながら、そうして自分のことを、ああなんて性格悪いんだとか、意地悪すぎるだろとか、親切じゃなくてダメだ・・・・と思い続けると、カルマは解消できません。この性格を直さなきゃ、と思ってる限り、このループは続きます。わたしはなんて嫌な性格なんだ。なんて性格悪いんだ。・・・・そう思ってこれをなんとかしないと、と思ってることは、それに「しがみついてる」ことです。執着心です。イメージでいえば、きっつい性格のお母さんが、わが子に向かって、この子のこういうところは絶対直さなきゃいけないの!!キーッ!!・・・・ってなってるイメージでしょうか。それをいくらやっても絶対子どもは変わるはずがない。大事なことは、執着心をなくすこと。手放すこと。そっかー、こういうふうに感じるタイプなんだね、こういうふうについしちゃうタイプなんだね、といい悪いなしで見つめるだけ。嫌な性格の自分でいちゃいけない。そう思うことは、自分を裁くことです。裁いて裁いて人が変わったり世界が平和になるのでしょうか・・・・?ならない、って誰もがなんとなくだけど感じると思います。その通りなんです。意地悪な自分がいるとするなら、もしかして過去生からの何かがあるのかもしれません。過去生で親切じゃない自分がいたのかもしれません。なので今回の人生では、それを手放す、ってテーマが与えられたのかもしれません。過去を手放すためには、自分を許すこと。意地悪な自分、親切じゃない自分も許すんです。嫌なふうに見える自分を許さない限り・・・・そのテーマはずっと繰り返されるでしょう。つまり、自分の嫌な部分を見せられたり感じさせられることが続くかもしれません。でも、嫌な自分を許してしまえば、そのテーマは達成、カルマも解消しますから、もうそんな出来事とか苦悩は存在し続ける必要がなくなります。存在理由を失いますから、もう起こらないのです。自分の中に嫌な性格と思える部分があるとしたら、ああそれを直すのが課題なんだわ、・・・・・って、勘違いしないこと!!直すことが課題なんじゃありません。許すことが、テーマなんです。そこの落とし穴にはまらないで!!けっこうこの落とし穴にはまってる人って多いなーという印象があります・・・。私もやはりそうでした(;^_^A私は自分で自分のひどい性質の部分ってよーくよー~~くわかってますが・・・・でも、それを直さなきゃ、とは今は思ってないです(開き直りかよと言われそうですが)。直さなくても、そこばっかりに注目しなくても、輝いてる部分がいろいろあるのではないか?とも思うし、あちゃーという部分があってもそれを自分で許せたら、他の全ての人たちのあらゆるところが心から許せるようになるのだと考えたとき・・・・そっか、自分を許そう、と思えました。他の人のことを心の奥で軽蔑したり裁いたりここは直せよなんてこっそり思う自分にはなりたくない。ならば・・・・自分で自分をスーパー許してしまえるようになれば、他の人のことは責めなくなる。どんな部分も気にせずに、その人の光ってるところをちゃんと漏らさず見てあげられるようになるのではないかと思ったのです。そしてそのほうが実際・・・・生きるのが楽です。生きていくことが苦しくない。こんな自分のこんなところが嫌だ、よくない、直さなきゃいけないのに直せてない、ああ・・・とこっそり思いながら生きてくのって、しんどいです。そりゃ病気にもなります。でも、自分で自分を責めないで生きていられると・・・・自分が重くない。生きるのも苦しくない。息をするのが楽になります。実際、宇宙って・・・・私たちにはなんの義務も課してないんですよね。これを直せ!それがお前の義務だ!!なんて思ってない。お母さんとちっちゃな子どもをイメージしてみてください。お母さんがちっちゃな我が子に向かって、お前はね、お前の性格のこれこれを直すために生まれてきたのよ・・・・って、わが子に語り掛けるでしょうか??それってありえないでしょう。この世での人生を楽しんでね、そのために生まれてきたのよ・・・と語り掛けるのが大いなる愛ではないでしょうか?シンプルに考えてみると、答えがわかる。もとは、愛なのか?エゴなのか?これを直せ。は愛なのか。それとも・・・・・宇宙は完璧なお母さんで、私たちはちっちゃな子ども、とイメージするとわかりやすいかもしれませんが、真実の愛のあるお母さんなら、子どもに対してあれ直しなさいこれできるようになりなさい、と口うるさくは・・・言わないと思います。それよりも、ああ頑張ってるなあ、すごいねえ、とあったかく見てくれているはずなんです。あんたのためよ!と口では言いながら、でもそれって・・・・というケース、ありますよね。自分に対しても同じことを言ってないか?これを直したほうが幸せになれるはずなんだから。・・・・本当に???やるべきことは、ひとつだけ。自分をゆるすことだけ。そんなこと嘘だ!!ありえない!!もっと宇宙は厳しいんだ!!私はこれこれこういう厳しい課題を与えられて生まれてきたんだ!!・・・・と信じたい人はそのままで。信じたい人には、信じさせてあげましょう。でもそれは全員に強要することでもないし、真実でもない。だから、自分でどっちでも選べるんです。どういう生き方を自分をしたいのか?そして、世界はどうあってほしいのか?愛に生きるのか、エゴに生きるのか。全ては私たちの選択です。自由です。そういう意味で、未来は選べる、・・・・ってことなんだと思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 23Jan
    • (皇室ネタ)自分以外の誰かが…。の画像

      (皇室ネタ)自分以外の誰かが…。

      1月24日(月)は金沢市内の町家「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をします。空き時間は15:50~です。次回のよふ葉さんでの受付日は2月4日(金)です。毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオンにて11~16時待機しています。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月はお休みし、3月の第一日曜日から待機を開始します。2月6日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店します。メール鑑定、電話(スカイプ)セッションは随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。ここ(皇室)はあなたのような人が来るべきところではない、と高円宮さまから言われたと言う噂がありますが・・・・なんか・・・・そういわれても仕方ないのかも。独身時代、ご実家のベランダでぼーっとしてるところをパパラッチされていた写真があります。3DKのプリンセス、とマスコミはこぞって持ち上げ囃し立てましたが、よ~~く冷静に考えてみるべし。身分違いってばかばかしい?いやいや、やっぱりいくらなんでも、違い過ぎるってことが・・・あるのではないかと。世の中の常識なんてものは考えなくてよろしい?スピリチュアル的に?それはそうとも言えます。が、ただ、「好き」だけで突っ走ってしまうには・・・・あまりにも大きな差が横たわる道のりでした。若いお二人が大学の構内であまりにいちゃいちゃするので学内から苦情が出始めたという話。ならば宮様に我が家に来ていただこう。ってわけではないにせよ・・・。でも・・・・いいのかしら。あまりにも身分違いすぎやしないだろうか・・・・しかも嫁ぐ先は一般家庭ではない。国民中からいわば見張られる環境に行くことになる。それに耐えられるだけのもの(能力、努力、気力、精神性)を持っていなければ・・・・安心して送り出すのは難しいような気がします。窮屈そうな中での納采の儀。壁紙が剝がれていても直す余裕がないおうちなのか?そんなことも気が付かない、配慮できないおうちということのなのか・・・?噂では、納采の儀の日にも、ベランダには洗濯物が干されていたとか・・・・いやいやもしそれが本当なら、そういう部分ってすごく小さく見えるけど重要な差異だと思われる・・・・・。そういう感性の人は皇室になんて行っちゃいけない気が・・・・。ちなみに雅子さまのご実家での納采の儀はこのような形でした。弟宮の結婚相手には、「この方、大丈夫ですか」という声がものすごくあがっていたのは、やっぱりわかる気がします。それは、家柄もそうだし、性格的な部分も・・・・ものすごく噂があるようでしたので。この方のおばあさまが・・・・これまた強烈なキャラクターの方だったんですよ。ネットでは着物のデストロイヤーと言われていたとか?確かにものすごい着付けです。この状態で取材を受けられるのがすごい。そして実は、このおばあさまの名前が・・・・「紀子」!!あれれ!?おばあさんと孫娘が同じ漢字!??しかしおばあさんは紀子と書いて「いとこ」と読みます。ネット上の噂ですが、お父さまお母さまは結婚を反対されていて、駆け落ち同然の結婚だったらしいです。なので結婚式の写真等は一切ありません。結婚を反対されていたけど、でもおばあさんの気持ちを和らげるためにあえておばあさんと同じ名前をつけたらしいです。でもマスコミでは紀州にゆかりがあるから紀子とつけた、という話になっています・・・。結婚を反対されたふたり。・・・・なんか、歴史を繰り返してないか?な~んて思っちゃいました実の娘も反対されまくったし、孫娘もさらにヒートアップして日本国民巻き込んだ大騒ぎになっちゃったし・・・・・。何か、見落としてるものがあるのかもしれないし、あるいは孫娘さんの生き方次第で、これまでのカルマは解消できるのかも・・・?個人的に気になるのは親としての意識、でしょうか。もう亡くなられたお父さんですが、娘が皇室に入るっちゅうのにこんなふうに答えてたんですよ。「子供の結婚については、本質的に親の問題ではないと考えてまいりました。ですから、紀子からそういうニュアンスを込めた話を耳にいたしました時も、とくに僕が許可をするとか、反対するとかいう問題ではないと、自分自身に言い聞かせてまいりました。(娘さんが皇室という遠い世界に行ってしまいますが」と記者が聞くと)「遠くへ行ってしまう」とおっしゃいましたが、そんなに遠い所なのでしょうか。」『毎日グラフ増刊 おめでとう礼宮・紀子さま』より・・・・・なんかこれ、弟宮の会見のときのセリフ&態度とめっちゃかぶるんですけどー---!!!娘が結婚したいって言ってる。じゃあ認めます。NYに住みたいと言っている。そうですか、と。そんな態度・・・・。なんだこれ・・・・怖いくらいに何かが引き合ってる。類は友を呼ぶが実践され過ぎてる気がする。娘が天皇の息子のお嫁さんになるのに、反対も意義も唱えないし、3DKの団地暮らしの自分たちとの世界もそう遠くないってか?・・・・確かに結婚後もしょっちゅう会えてたりしてたみたいですが。噂では御用地内に住まわせてもらってた話も根強くありましたし。ただ、おじいさんは、孫娘が海の王子と結婚するときかなかったことに関しては、かなり心配されていたという話。でもその心配って、あたわってよかったんじゃないかなあ。だって、昔は何も心配してなかったから。そういう人たちの気持ちに他人事だったから。自分は親に心配させて押し切って結婚して、そして娘がとんでもなく違う世界に嫁ぐってのに何も心配しない、自分とは関係ない話ぐらいだレベルにしゃべってて・・・・その時得られなかった学び、感情、人々の思い、を、老年になってからちゃんと感じる機会をもらえた、ってことだ。だから亡くなる直前まで孫娘の結婚について心配していたのは、不幸なことでもなんでもなくて、これまでの人生上にできたアンバランスのバランスを取るためだったのだろうと思う。全く想像もつかない、気にしない、って部分を、まさに我がごととして痛切に感じるチャンスをもらえた。そのほうが魂の成長としては大きなプラスでしょう。一方的な人の気持ちしかわからない魂が上に上がっていくのは難しい。ぼっちゃまを優秀に仕立て上げたくて必死の、おばあさまのお名前をもらった娘さんですが・・・・彼女はもう必死ですね。必死過ぎて周りが見えてなさすぎる・・・・。普通の状態ではないですね。こういう状態が何かにとりつかれてるって状態なのかな・・・・心の隙間があったのかもしれません。娘さんは、自分の頑張りを認めてほしいのでしょうね。でも夫君は自由人過ぎるし、週刊誌報道にもなってましたがタイに愛人疑惑、さらにはソー〇ランドご見学・・・・最初は楽しい日々だったけど、奥さん側としての不満が・・・・いろいろあったのかも。こういう醜聞が直接の原因、というわけではなく、日々の生活で、自由人過ぎるお気楽な態度すぎる部分に辟易してたのかもしれない。もともと皇室出身じゃない奥さんとしては、普段から気をつけなきゃいけないこと、覚えなきゃいけないこととか山のようにあるけど・・・・あんまり頼れる相手ではなかったのかもしれない。その気楽さ、自由さって、独身の時は輝いてむしろプラスに見えてたけど、実生活を一緒に過ごすようになると・・・・嫌な部分になってしまったのかもしれない。な~~んてことをふとおせっかいながら想像してしまいます。歯車が徐々に狂いだすってことはよくあります。もうここまでこじれたら・・・・将来天皇?のお母上としては、あれが欲しい、これが欲しい、あれもこれもきっちり完璧に・・・・!!という欲を捨てて見たらどうだろう、と思ってしまいますね。完璧な子どもが欲しい。完璧な幸せ、完璧な自分が欲しい。と思っても、あたわらないこともある。それを受け入れる。自分じゃない人がそれを得ることもある。それを認めて受け入れる。自分なりに頑張ってみた。・・・・でも、自分一人だけのための行動、そのために誰かを犠牲にしたり踏みつけるのであれば、ほんとうにそれが自分が真に求めていることなのか、立ち止まってみる。本当に自分が欲しているのは何か??優しくて頼りがいのある夫。みんなから認めてもらい好かれる幸せ。あたたかな家族?自分はいったい何を求めて生きているのか。そして・・・・自分じゃない人間がそれらを手にしているように見えたとしても、そこに関わるすべての人たちにとってベストな人が現れたのだと祝福できるかどうか。自分以外の誰かがそれを得た。・・・・その時、それを祝福し、手放すことができるかどうか。・・・・・むちゃくちゃ難しいことです。ものすごく高いハードルです。でも、そのハードルをあえて設定して頑張ろうとしている人なのかもしれない。今回の人生では難しくて、次の人生に持ち越すのかもしれない。それは分かりません。でもこれを手放せれば、一族のカルマも一気に解消できる面があるのかもしれません。私たちにも言えることですが、自分以外の誰かが自分の欲しいものを得た!!・・・・と見えるときって、チャンスです。それを呪う、ののしる、のではなく、ああ、宇宙の視点からして、それがベスト、最適ってことなんだろうな、と手放せるかどうか。めちゃくちゃいいドリルです。そしてですね・・・・手放しって、行えば行うほど、宇宙って、ギフトをくれるんです。これはいいや、と思ったらあたわる。プレゼントがあるんです。あるいは自分を使うチャンスが生まれたりする。常に競争、競い合うことだけを考えている人って、宇宙からはあんまりサポートも少なかったり、宇宙が自分を使ってくれてる、って感覚が得にくかったりします。何かスピリチュアルなお役目、使命を教えて!それが欲しい!!・・・・ならば、「手放す」こと。他の人がそれをやってても「手放す」!!あああの人が宇宙的には最適なのね、と。そうしたら何かが宇宙からあたわります。宇宙が自分を使ってくれるようになります。宇宙に対して、これこれが欲しい!!と、特定のものを与えてほしいと伝え続けることは、実はちょっとネガティブな行為です。だってそれって、宇宙よりも私のほうが本当の自分を知ってて、自分は自分と自分以外の無意識領域も全てわかってて、ベストな人も全部わかってる!!だから私にこれを与えろ!!と宣言しちゃってることです。自分が欲しいと思うものを得ようとして周囲を巻き込んだり宇宙の名前、存在を出してくる人たちってのは・・・・バランスと満足のために本当は自分は何を必要としているのかを考えていないことがあります。本当は、これこれが絶対欲しい!!じゃなくて、もうどんな流れになっても構いません、って意識の方が、自分にとってのベストがあたわるんですよね。不思議ですよね。手放したら、執着心をなくしたらあたわるものがあるんです。でもこれはスピリチュアル的法則であり真実だと私は感じています。2022年は・・・・思い切って、手放すもの、をひとつやってみてもいいかもしれません。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 22Jan
    • 全ての魂が求めてること。の画像

      全ての魂が求めてること。

      会食用に準備したお弁当。この日はごはんはササニシキ玄米、ササニシキ3分づき黒豆ごはん、亀の尾(!!)7分づきに西表島の紫黒米いりごはんの3種類。おかずはれんこんもち、大葉、ハーブソルトのれんこんチップ、しいたけの玄米とねぎ味噌オーブン焼き、れんこん甘酢、ベビーリーフ、根野菜の揚げびたし、ゆずくるみ味噌大根、ポトフのバジルソース、梅ごぼう、玉ねぎオーブン焼き、高きびのミートソースパスタ、寺田さんのキャベツ、豆腐オムレツ、ひじきしょうが煮、おからサラダ、マーメラス、きんかん。おやつは小豆と抹茶の蒸しパン、りんごの葛煮、生のりんご。この日の食の勉強会では酵素の話をたくさんしたのですが(話をするためにはある程度暗記したり覚えておく知識が必要なのでそういう意味で勉強時間が必要ですね・・・少々しんどさはありますがでも勉強はすっごく楽しいです)、酵素を取り入れる意識でいつもより生野菜、生のフルーツ多めです。食の勉強会は毎月2回開催しているのですが、1月2月は月1回の開催です。2月は18日(金)の開催です。12時から13時過ぎまで、会費は2500円です(ベジ弁当つき)。ブログでは食の勉強会の参加募集はあんまりしてないのですが・・・・この会では私がひたすらしゃべりまくる感じの会で、話す内容はブログに書いてある食のことが多いです。参加者は今は4,5人程度で少人数でやっています。よふ葉さんでは一対一で自由にお話できますが、話したいことを話す流れですが、食の勉強会は私が食やワクチンのことについてほぼ一方的に話す感じなので、雰囲気は全然違います。ブログを読んでくださっている方々には特別新しいことはそんなにないかな?とは思うのでそこまで宣伝する気持ちになっていないのですが、もし興味ある方は・・・・メールにてお問い合わせください毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオンにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月はお休みし、3月の第一日曜日から待機を開始します。メール鑑定、電話(Skype)セッションは随時受付しておりますが、メール鑑定はただいまお返事に時間がかかっている状況です。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。さて、お客様をリーディングさせていただいている時間というのは、私にとってとっても学びの多い時間です。お客様のガイドスピリットたち、ハイヤーセルフがたくさんのことを教えてくれるので、私自身も「なるほど~!」と思う瞬間がたくさんあるのです。ある時、男女間の関係において同じようなパターンを繰り返してしまう方のご相談があったのですが・・・・リーディングして拝見すると、その方の心は傷ついているけど・・・・でも、後ろの方々はゆったりしている。そんなにその人を気遣う雰囲気とかもない感じ。どうも・・・・その方は過去生で、男女間の関係において常に自分が支配してることが多かったというか、自分は全てわかってるし全て自分がコントロールするの、という感じで生きていた時代があったっぽく伝わってきて。数々の関係を移り変わっていきつつも、自分が常に主導権を握ってそして自分が強気な姿勢は変わらず。現在の傷つき(いい感じになるのに途中でうまくいかなくなる)は、当時の、いわば過去生とのバランス調整的な意味合いもあると感じました。昔の自分は、「私は全部わかってるから」という意識で、自分が相手を振り回すことが多かった。自分中心主義だった。その逆、を味わうことでバランスを取る必要性があるから、現在の人生では、相手に傷つけられる、という体験がある程度必要だったふうに見えたのです。こんなふうに、昔の過去生とのバランス調整的なことってあるんだなあ、と教えてもらったりもします。でも、じゃあ過去のカルマのために今回の人生では延々と苦しみ続けなければいけないのか・・・というと、そうではありません。カルマって、自分の意識が変われば解消できます。それまでと違う意識が生まれたり、気づき、変化が起これば・・・・もう、同じパターンを繰り返す必要はなくなるんです。相手に振り回されたり、感情の海に溺れたり・・・・でも、そこで後ろの方々が教えてくれたのは、「傷ついている自分の美しさに気づいて」というメッセージ。傷ついた自分、も、とっても美しいのです。そして、情けない自分、よろよろな自分、そんな自分をかわいいなと見つめること。弱い自分はダメだから、全部強くなっていかないといけないのか?実は、全て強くなる、はゴールではありません。それもガイドスピリットたちが教えてくれました。人のオーラって・・・・何かその人に弱い部分、傷つきやすい部分があるほうが、「完璧」な輝き、バランスになるんです。不思議でしょう?弱いところがあるほうが完璧になる。矛盾してるように聞こえますが、ほんとなんです。よわっちろい部分があるからこそ、完璧な美しさ、輝きになる。それに気づいてほしくて・・・・傷つく経験を後ろの方たちが、宇宙が、用意してくれることもあるんだ、ということを知りました。傷つくために、その経験を準備する。それは、その人をいじめるためじゃなくて、過去のカルマを解消するためだけというわけではなくて、弱い自分の美しさに気づいてもらうため。弱い情けない自分を愛することを実践するため。弱い自分を愛するには、打ちのめされる出来事がないとできません。打ちのめされてぼろぼろになって情けないけど立ち直れなくて・・・・って経験があるからこそ、そんな自分を、他者を愛するチャンスがもらえます。傷つけられる経験は・・・・自分を愛するようになるための、宇宙からのプレゼント。そういうこともあるんだと知りました。そして、自分自身は傷ついていても、でも同時に、相手の人に自分のエネルギーをいくらか渡す、あげる、ってこともやってたりもするんです。相手に自分のエネルギーを分け与える必要がある時がある。もしかしたら過去にその人と何かがあって、そのお礼に?調整として?今回の人生で、自分が相手にエネルギーをあげることが必要なのかもしれない。そうしてカルマ解消してるのかもしれない。そして・・・・どれだけ傷ついたとしても、「感情」って、実は私たちのメインじゃない。私たちの本体はあくまでも魂の部分であって、感情ってのは、いわばまんじゅうの薄皮みたいなもんです(私の勝手な解釈です)。私たちって、「感情」が、私たちの100%を占めてる、ぐらいに思い込んじゃってますよね?感情が全てだ、みたいに。でも・・・感情って、しょせんは、私たちの皮の部分くらいのもの。私たちの本質はもっと大きくて、もっと別のものです。魂の部分が本体、本質、メイン、核です。感情は附属です。だから…・感情に溺れる自分がいても、それで自分が全て支配される、ってことは、本当は起こらないはずなんです。だって感情なんて一部ですもん。それが全てになることはない。魂レベルの部分まで感情が覆いかぶさって支配して・・・ってことは実はできません。ただ、感情がすべてなんだ、と思い込んでると・・・・それに溺れることは簡単です。自分で自分を洗脳してますから・・・。私たちって、生きていくために、絶対的に誰かが必要、ってわけではありません。誰かと結婚しないと、恋人がいないと、親友がいないと生きていけない・・・・って存在ではありません。誰かに依存するためにこの命をもらったわけではない。すべての人の魂に共通したテーマは・・・・一人で生きていけるという自信、だったりします。すべての人が持っているレッスン、テーマといっていいかもしれません。究極には、誰をも必要としないという自信ってのは、それぞれの魂が希求している経験だと思います。もちろん、結婚相手とかパートナーとかを求めることは問題ないんです。ただ、誰かがいないと生きていけない・・・・という感覚を味わうために、私たちはこのすごい確率をくぐりぬけてこの命を肉体をもらったわけではない。真の自立って、「〇〇がないと、いないと私は一人で立てないの」ということではなく、自分でしっかりと立てること。お互い自立した同士は・・・・一緒にいて本当に心地いいはず。どちらかが自立してないと、その関係性は長くは続かないと思います。自分自身を受け入れて、どんな自分の姿でも愛おしく感じられるようになったら・・・・まさに、そうした自分にふさわしいご縁がやってくるはず。弱い自分だとダメだ、いけない、もっと強くならなきゃ、と思ってると、自分で自分を否定している部分があるから、ちょっと波動的には物足りない相手との出会いを引き寄せるかもしれません。いろんなことがあるのは・・・・ぜー-んぶ、自分を愛するため。そのチャンスをもらうため。そんな側面があるんだと知ったら、過去の受け止め方も変わってくるかも・・・と思います。傷ついたり立ち直れなかったり同じことを情けないけど何度も繰り返す自分がいても・・・・・大丈夫です。その、弱き自分の美しさを感じてみればいいのだと思うのです。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 21Jan
    • 1月2月のよふ葉さん、募集中です。の画像

      1月2月のよふ葉さん、募集中です。

      不定期ですが、食の勉強会がない金曜日には、金沢市内の町家「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。この町家が・・・・とっても素敵なのですこちらでのマクロビティータイムはベジ弁当つきで、1時間2000円(延長は30分500円)、スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円にて承っています。ベジ弁当は動物性・白砂糖・化学調味料不使用です。その場で食べずに、持ち帰りもできます(その場合はプラ容器に入れて準備しますのでお知らせください)。1月は金曜日の時間がとれず 1月24日(月) の開催です。ただ今空き時間は 15:50~ となっております。もしこの時間スタートでご都合よろしい方はお知らせください。そして2月の開催日は、このところ日程調整が難しくまた月1日のみの開催となってしまうのですが、2月4日(金)のみの開催とします。マクロビティータイムでもスピリチュアルカウンセリングでも、ご希望の方は natsue58@hotmail.com までお問い合わせください。お一人ではなく、お友達やご家族で一緒に、という場合も可能です(ただし未成年の方は同席できません、ごめんなさい←建物が分煙なしの建物のため条例上子どもが入れないのです・・・)。スピリチュアルカウンセリングでは、自分のこと、家族のこと、亡くなった方のこと、失った赤ちゃんのこと、ペットさんのことなど、寿命と賭け事に関すること以外でしたらなんなりとお尋ねください。私は特別な霊感とかがあるわけでも未来を予知できるわけでもありませんが、今身近に来ているメッセージをお伝えし、現在の状況に対する、自分以外のところからの視点をお伝えすることはできるような気がしています。特にお悩み事があるわけではなくとも、なんとなくとか、なんだか話をしたくて、という方も実はけっこうたくさんいらっしゃいます。また、遠く県外の方も私の予想を超えて?さまざまなところからいらしてくださっており・・・・いろんなご縁が生まれている場所でもあります。築120年を超えた大正ロマンの町家の雰囲気を感じられるのも心くすぐられる感じですので、興味がわいた方は是非お問い合わせくださいさてさて、西表島でのジャングルトレッキングは・・・・想像以上に過酷でした・・・・トレッキングのつもりが沢登りだらけ。な印象でした。ふつ~~に膝上まで濡れます。予想外・・・・。そして終了後は打ち身と擦り傷だらけになってました(^^;これはちょっとまだ写真の整理もできていないので、またあらためて記事にします!西表島に行く前、石垣島で前泊したのですが、まあ夜遅くに着いて朝すぐ出発するしな、と思い安いゲストハウスを予約したのですが・・・・なんか、辿り着くまではけっこうびびりました(^^;まさかのこの路地を・・・進む・・・・てか普通の道じゃないです。建物の間にある裏道というか通用口のあるところというか・・・ちなみにこれは出発する朝撮ったので明るいですが、着いたときは真っ暗だし、明かりもないし(!!)、看板も見えないし・・・・そしてお店群のごみ置き場がいっぱいだし。においますさらには休憩中の従業員たちが座ってタバコ吸って休んでたり・・・一番奥の階段、すなわちビルの裏階段、非常口階段みたいなのを3階まで登って・・・ようやく到着!!HPから拝借した写真ですが、こんなに明るくは・・・ないかな(^^;私は下のポッドを割り当てられたのですが、上だと上り下りが大変そう。てか泊った人はそう言ってました(;^_^A ポッドは鏡付きの台があるのは便利でした。電源も三つありましたし。HPだとめちゃくちゃキレイ!な感じに公共スペースも見えますが・・・・実際はこっちのほうが近いかな。これをさらに雑然とさせた感じかな・・・。同じ日に泊まられたとある女性の方は、先日まで別の島で牧場で働いていたそうそして初めてゲストハウスというものに泊まってみて、こんなにも宿泊者同士の距離が近い・・・ってことにびっくりしたと言っていました。まあ、ゲストハウスって・・・お互いにガンガン話しかけることもありますしねえ。特に若い人とか。そして仲良くなっちゃって一緒にご飯行ったり飲みに行ったり。私は今まで何度もゲストハウスに泊まってますが、オーナーさんと話すことはあっても、宿泊者同士で話したことってほとんどないです。いろんな人としゃべりたい!って人も多いかもしれませんが、私のように自分の予定中心主義で他の人とあんまり交わらない人も・・・中にはいるかも(;^_^A私は特別そういう宿泊者同士の輪を広げて・・・ってことにはそこまで興味がなくて、自分の時間に余裕があったら話す・・・ってだけです。私がゲストハウスを選ぶのは、やっぱりその値段の安さ。ただ、ドミトリーだと扉もなく2段ベッドでそして他の人の物音とかいびきも聴こえますから、そういうのが嫌な人には向かないと思います。しかしながらキッチンとかで自炊もできるし、いろんな人と話してそれこそいろんな情報とか人生話とか聞けると・・・・いや~自分の世界って狭いなあとか、いろんな人がいるなあとか、人生って自由だなあとか・・・・自分の視野、意識が広がっていくのは面白いので、これにハマると・・・・ゲストハウス大好きになるのはわかるなあとも思います家族旅行だと楽しさはあるけど、家族以外の人としゃべりにくい、って難点があると個人的には感じています。家族ほったらかして他の人としゃべるってのがしにくい。でも一人旅だとお店の人とか宿泊客とかいろんな人と、どれだけ話しても自由。そこが私は自由さを感じるところでもあります。今回泊ったゲストハウスですが、夜はスタッフさんがいなくなってました。夜間は無人。緊急連絡先の電話番号だけありますが・・・。西表島のホテルも夜間はフロントが無人になってたし、夜間誰もいない、ってのはこっちでは普通のことなんだろうか・・・?それが不満とかは全然なくて、もしかしてこっち側と離島とでは常識とか慣習が違うのかなあと思いました。私は一人で普通に行動してて平気なタイプなのですが、友達とか親友とかと一緒に旅行とかお出かけしなくても平気というか(そもそもそんな相手いないよ・・・・)、話したいときはそこにいるスタッフさん、お店の人と話せるしその楽しさが面白いと感じるほうです。大学生のとき、私は行きたい映画があったら一人でも平気で見に行ってたのですが、そしたらとある同級生が「えー!そんなの寂しくない!?」と言ってきて・・・・ちょっと衝撃を受けたというか。落雷受けたぐらいびっくりしました。そういう感覚の人っているんだー!と。そういえば高校時代ってけっこう自立した友人、周囲の人が多かったから年をとってくるとそういうもんなんだろうと思ってたら違ったという。そういう感覚の人がダメ、って意味ではなく、いや世の中にはこんなに感覚が真逆というか全然違う人どうしがいるんだなと。そりゃみんなと仲良くとかみんなで合わせてとか無理だなと(100%無理なのではないのでしょうが当時はそう思った)。違い過ぎる人と合わせる必要もないしそもそも無理じゃんと思ったんですよね。知り合いだろうが友達だろうが、親だろうが、先生だろうが先輩だろうが・・・・・そういう人たちと自分の感覚、感性が100%重なるはずもないのだから、すなわち、彼らのことを気にしながら生きる必要もない、ってことなんですよね。人にどう思われるか、こんなことしたら言ったらあの人たちにどう思われるか・・・・・そういう思考は不要、ってことです。人に何て思われるか。変に思われたくないし。・・・・を大事にして生きる生き方は、他者中心の生き方ですよね。自分よりも、自分の感情を大切にするより他者を優先させている。すなわち、他者を喜ばせる生き方です。自分を喜ばせるのではなく、他者(しかもたいていは自分にとって大して重要じゃない人)を喜ばせようとする生き方です。それよりも・・・・自分を喜ばせる生き方をすればいいんですよね。友人がなんと言おうと、やりたいことはやっていい。誰かが「そんなことするな」と言っても気にしない。だって私の人生を生きるのはその人じゃない。私が後悔しても責任をその人は取ってはくれない。人から何か言われたら、「あなたの意見は求めてないの」・・・・と、言っちゃえば(面と向かって言えないなら心の中ででも)いいんですよね。人から〇〇はよくないと言われた。がーん。やっぱりよくないのかな・・・・。でもちょっと待った!!あなたは、その人に意見を求めましたか?ほとんどの場合・・・・他者って、こっちが意見を求めてないのに、言ってきてるんですよ!!自分で「あなたの意見が欲しいです」「そうか。なら言うが・・・」じゃあ、なくて!!相手が勝手に割り込んでベラベラ好きに意見を投げつけてきただけ。求めてないものだから、受け取らない。シンプルにそうすればいいのです。こっちが求めてないのに押し付けてくるのは優しさでもなんでもなく暴力にすらなりえます。私がもし親とか知人とかから「そんなに一人で旅行ばっかり行くな!金を無駄遣いするな!」とか「まともな仕事に就け!」って言われても・・・・そういえば過去には食生活についてもいろいろ言われたな・・・・「もっと普通にアイスとか食べさせたら」「給食食べさせればいいじゃん」独身時代でも「親との関係をよくしないといいご縁(結婚)に恵まれないよ」etc.・・・・いやもう他者からの、こっちが求めてないのに意見をぶつけられる、ってケースは数えきれないぐらい。というかこの世にしょっちゅうあるはず。人に何か言われたら、えっそうなのかしら、って思う前に・・・・「私はこの人に意見を求めたか?」って振り返る。うん、この人には求めてない。ならば、受け取らなくてOK!!後ろの方々とか、スピリットワールドからのありがたいアドバイスの場合は、それを感じたら心の中ではっとする感覚があるはずなんです。素直にすうっと心の中に入ってくる。だから違いは必ず気づきます。なんじゃそりゃ!!と嫌な感じがするアドバイスは・・・・受け取る必要はありません。その人のエゴを飛ばされてるだけだったりするので。そして、誰かに必死に説明したり、わかってもらったり、許可をもらう必要もないってことです。感覚が違いすぎる人たちに、自分の感覚でしかわからないことを伝えようとしても、こちらが摩耗するだけで相手にも伝わらないわで疲れるだけです。でもやりたい!相手に説明したい!わかってほしい!!というならそれを選択してもOKですが、宇宙は、それは必ずしも求めていません。説明ってしなくてもいいんです。「私は〇〇します」、それを言うだけでいいんです。ウイリアム・レーネンはこう言っています。「こうしなさい、ああしなさいと言ってくる人たちには、『私の人生の邪魔をしてくれてありがとう』と言い、相手に突き返すことです」、と・・・・・。邪魔をありがとう。これはお返しするね!・・・・で、いいってことなんだなあやりたいことは、やっちぇばいい。周囲の人が賛成してくれないからとか、嫌だろうからやらない、となると・・・・自分が成長するチャンスを奪っちゃいます。他人のために、自分が成長するチャンスを奪わせていいのか?ってことです。他者を一番にしない。自分にとってふさわしいからその選択をする、でいいんです。人に好かれなくてもいいんですよね。だってその人が自分のお世話をしてくれるわけでもないし、何かを買ってくれるわけでもない。他の人がこう思うかもしれないから、と考えるのは、自立してない生き方です。自分を自立させて生きればいいんです。親とか学校とか社会に言われた、「こうあるべき」なんて気にしなくていいんですよね。人と自分を比較しても意味がない。この人生で自分のバランスを取っていけるのは自分だけ。自分しかそれを実行できない。そしてそれをできる力を自分が持っている。自分らしくあること。それを実践していけば、人生は必ずハッピーなものになります。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 20Jan
    • 西表島でマングローブカヌーを体験。の画像

      西表島でマングローブカヌーを体験。

      1月24日(月)は金沢市内の町家「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。ティータイムにはベジ弁当がつきます。1時間2000円です。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。24日(月)の空き時間は 16:00~ です。毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオン2Fにて11~16時待機しています。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月はお休みし、3月の第一日曜日から待機を開始します。2月6日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店します。メール鑑定、電話セッションは随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。西表島に到着してすぐに向かったのは・・・仲間川でのマングローブカヌー体験!多くのツアーで、石垣港何時発大原港何時着の船に乗れば港にお迎えにいきます、ってシステムになってるんですね。なので私も大原港に着いたら迎えに来てもらって、そのまま1日ツアーを体験し、その後ホテルまで送ってもらう、というふうにしてもらいました。ツアーではライフジャケットもカッパも防水バッグもぜ~~んぶ貸してもらえて楽ちんでした。自分で用意するのは飲み物くらい。でも冬だといらないかも。私は飲み物なしでiPadだけ、借りた防水バッグに入れてカヌーに乗り込みました。カヌーの漕ぎ方を教わるも・・・なんか、難しいんですよ。犬かきみたいに「引く」動きはできても、「押す」動きが・・・試行錯誤したんですが最後までわからんかった・・・・でもこういうツアーでは速く漕ぐよりゆ~ったりと漕いで楽しむのがメインなので、上手に漕げなくても問題なし。私は個人的に漕ぎ方をうまくなりたくてあれこれ苦心しトライしたのですが、コツが最後までつかめなかったのが悔しい・・・・これ、運動神経いい人だとすぐにわかるんだろうな・・・・ツアーで同じになった方は、ガイドさんと同乗の二人乗り。半分以上ガイドさんに漕いでもらってたかも?彼女はひたすら写真や動画撮影。なるほど、そういうのもありなのか!と目から鱗。ガイドさんと同乗を選べば、自分は楽できてかつ動画も取り放題・・・!もし体力がなくなったりしてもそういうやり方で楽しむこともできるのだなあと。現在は私は漕ぎたい派なのでずっと一人で漕げて楽しかったです。仲間川のマングローブ・・・・すごかったですよ。途中で一気に!!空気感、エネルギーが変わるのを感じられます。なんだここ!?と感じます。精霊とか・・・・いるって信じられる。自然界のスピリットたちがすぐそばに。ってのを感じられると思います。そういうものを信じてなくてもいいんです。とにかくこの空気感がすごい・・・・。仲間川は日本最大のマングローブ林。原子の姿がそのまま残っており、学術的にも貴重な、手つかずの風景が残されています。自分が普段知っている日本とは全然違う世界・・・。西表島って、島の90%がジャングル。そして、島を一周できる道路もないんです。道路を島内ぐるっと作る計画もあったそうなのですが、イリオモテヤマネコの保護のため結局やめたらしいです。だから、道路を進んでも島の途中で終わってます。そんな島だったのか・・・。ここは・・・・ずっと、漂っていたい。ずうっと。ここで流されるまま、ずっといたい・・・・。そんな気持ちにさせられる場所でした。ただただ・・・この時間が貴重でありがたく。この空気感を味わわせてもらえることに感謝。こんな場所があったのか・・・・。呼吸をひとつするごとに、不思議な空気が、エネルギーが自分の中に入っていく気がする。もうねえ・・・・ずー-っと、ずー--っと!!いたい場所でした。途中、アダンがせり出してくる場所があり、そこまでしか行けないのですが、私たちは運よく、多くの人で混み合う前にゆったりカヌーを渡らせることができました。ほんとラッキーでした。最後のほうに団体さんたちと何組もすれ違ったので。今回は半日だけのカヌー体験でしたが、希望すれば、丸一日がっつり!カヌーできるコースもあるそうです。・・・・なんか気になるな・・・。カヌーは漕ぎ方が下手だと水しぶきが船内に入ってびしゃびしゃになります。上手だと船内は水浸しにはならない。でもなんだかんだいって足元とかおしりも濡れるので、下もカッパは必須。足元はサンダルを借りられました。手ぶらで体験できるってのが手軽なのでしょうか、ちっちゃな子どもも含め家族連れもよく見ました。西表島はほんとに家族連れをよく見ましたね~私もなんとなく・・・・夫と息子も連れてきたいな、って思いに駆られました。3人分だとすごい旅費になるから実践するかどうかは・・・・謎ですが楽しかったんですが・・・反省点がひとつ。朝、石垣港でつめた~いジュースをがっつり飲んでしまってですね・・・そしたらお腹がゴロゴロして、カヌーの途中、トイレに行きたくてしょうがなくなりましたいつもはトイレなんてこんな日中に絶対行きたくならないのに・・・・なんたる失態・・・・しょうがないのでまた天使さんたちに頼りましたそしたらなんとか最後まで持ちまして・・・・けっこう最近天使さんたちに頼る率増えてますね・・・・西表島、仲間川でのマングローブカヌーですが、いろんなところがツアーをやっています。仲間川でのカヌーだと大原港のほうですね。上原港でももちろん送迎つきでカヌーのツアーはたくさんあります。石垣島から日帰りで西表島でのツアーを楽しむケースも多いみたいです。西表島で泊るとなると宿泊費は・・・上がります。石垣島のほうが安い宿がたくさんあります。私も、値段を考えたら石垣島に泊まったほうがいいのはわかってたんですが・・・・西表島に泊まる、ってのを体験したくて料金は上がっても西表島に宿泊するのを選びました。私はちょくちょく旅行をすることで、自分の日々の生活に変化を持って楽しむ毎日になっています。東京のイベントも泊りで行きますから旅気分です毎日同じことを、そして好きでもないことをひたすら続けていたら・・・・いろんなことに対して「なぜ」と思っちゃいがち。なんで会社のあの人はこんな態度なんだとか、なんで姑はこんなこと言ってくるんだとか。なんで、なぜ、が増殖しがち。なんでなんだ、と・・・・理解しようとして、考えすぎる。そうすると、同じところにずっーとぐるぐるいることになる。考えたら答えが出るなんて嘘です。考えれば考えるほど、進むことができなくなるんです。考える前に・・・・行動を起こすことはとってもポジティブなことだと思います。自分の毎日、思考に変化をもたらしてくれます。流れに任せて生きる、ってのを味わえます。変化とともに生きるのが怖くなくなります。「なぜ?」「なんでなの?」とスピリットたちにたずねても・・・・・答えって返って来ないことが多いです。すなわち、なんでなんて知らなくてもいいことだったりするんです。大事なことは、「なんでなんだ!」とぐるぐるすることじゃなくて、私はどう対処するかを決めること。だれも・・・・本当の理由なんてわからないです。占い師だってわかんないとおもいます。私もスピリチュアルカウンセリングはしていますが、私が感じたことが全てだなんて全く思ってないですし、本当の答えはきっと手に入らないのだろうと思っています。私の脳みそで全てがわかるはずなんてない。ただ、「なんでなんだ!?」を人生から排除して生きること、は私たちに許されています。同じところをぐるぐる回り続ける人生じゃなく、前に進む人生を選べるのです。なんでなんだ、と考え続けても・・・・何も得られないし、達成しない。そのことを受け入れられたら…人は強くなれると思います。なんでなんで、と考えることが悪、なのではありません。考えたから必ず答えがあたわるってものではない、と知っていればいいと思うのです。私に完璧な答えを与えろ!すべてを教えろ!・・・・といくら願っても、それは叶えられないかもしれないということ。全てを決めるのは宇宙です。私たちは宇宙の一部ですが、だからといって私を宇宙の中心にしろという願いはふさわしいわけではないと思うのです。同じところでぐるぐるしてる自分がいたら・・・・いろんな力を借りて、自分をリセット、リフレッシュさせてあげてもいいと思います。旅は、自然界の力を借りながら自分をwashできる・・・とっても素敵な選択だと私は思っています。・・・まあ私は、自分を洗ったり癒したいというよりは、もう楽しくてしょうがないから旅をしてるのですが・・・・またいろんなところで旅していこうと思いますでもやっぱり一番は・・・・早くイギリスに行きたいですね。そして世界一周したい。必ずやるつもりです。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 19Jan
    • (皇室ネタ)思い通りにしようとしたけど…。の画像

      (皇室ネタ)思い通りにしようとしたけど…。

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオン2Fにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。1月24日(月)は金沢市内の町家「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。こちらはご予約制です。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月はお休みし、3月の第一日曜日から待機を開始します。2月6日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店します。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。なぜ平成と令和の変わるタイミングがあの時期だったのか・・・・考えたことありませんか?1月で切り替わったらだめなのかとか。4月に合わせればいいのにとか。庶民としては思ってたのですが・・・・・もし、平成30年12月で退位しちゃってたら・・・・できないことがある。それは。即位30年パーティー結婚60年パーティー・・・・・・・・・実際、平成31年2月には即位30年記念行事が、4月にはご結婚60年記念行事がたくさんありました・・・・ご夫妻の結婚記念日は4月ですからね、絶対4月までは在位してないといけなかったんですね・・・・そっか・・・・4月にちょうど令和が始まれば学校とかいろいろ都合いいのになと思ってたんですが、そんな国民の都合よりも自分たちの祝賀行事ですか・・・・祝賀行事があればあるほど、ドレスもお着物も新調できますもんね・・・・まあ、100歩譲って・・・ご自分ではそんな行事望んでなかったかもしれないとか?あの庁がどうしてもやりたがってたとか?・・・・でも、勝手な恐れを知らぬ物言いが許されるなら、私だったら、税金をこんなにも使うことが恐れ多くて、それをむしろなしにして引退したいな、と思うけど・・・・だって自分のお金じゃないですもん。全部税金ですもん。同じようなドレスが、どうしてそんなにもたくさん必要なの?同じものに見せて実は全て新調。リサイクルしてるってふり?本当に国民のためを思っているなら・・・・どうしてお見舞いで、お衣装新調するの?パールは某ブランドのコラボの新作で、ツートンのパール。ツートンのパール・・・・・どうしてそれを選ぶのだろう・・・・。税金を使って、一体何回さよならパーティーしたら気が済むんだ、という怒りのコメントが当時のヤフコメには多かったそうです。その時に目が覚めた人も多かったらしい・・・・。ただ、お代替わりが祝賀行事のせいで?遅れたとはいえ、その5月の日程は、天皇皇后両陛下にとって、占星術的にはとてもいい日程だといくつかのサイトで見た記憶があります。実際鳳凰雲や虹の出現、目撃が相次ぎましたよね。誰かが何をどれだけ企んでも・・・・大いなる流れには敵わない。天意には歯向かえないんだろうなと思います。ご夫妻の肖像画。これは2m×2mの大作品です!作者の方は4年もかけて完成させたそう。私はてっきり、こうした肖像画って何か退位の際にはかならず描く決まりでもあるのかな?と思ったら・・・・・そうじゃありませんでした。おばあさまが個人的に昔から仲良くしていた画家の方に描いてもらったそうです。なので慣習でもなんでもなく、おばあさまの「お気持ち」で、発生したものです・・・・一応報道では画家の方がおばあさまがあまりに美しいので(!)感動して、ぜひ肖像画を描かせてほしい・・・と懇願しておばあさまが許可した(そしてその後K庁から正式にオファー)、という話になってますが、いや~もはや公の報道を信じる人なんていないと思いますそして当然!無料ではありませんので、この方の絵がどれくらいで売られているか調べた方々によると、少なくとも最低で3000万(!!!)クラスの人だと。←税金です一説によると億を超えてるって話もネットではききます・・・・・←税金です別に必要でもなんでもないもののために何千万か億かかけてる・・・・それで「慈愛の人」「常に国民を思って」って言われても・・・・すんません、全っ然・・・・説得力がないです。そもそも・・・・・肖像画を自分で描かせる、って・・・・すんません、これまでの歴史を思い出すとあんまりいいイメージないな・・・・そもそも写真がある時代なのに肖像画っている?これだけでかいサイズの肖像画を描かせるって・・・・なんか・・・・あんまりいいイメージの人たちが思い浮かばない・・・・某国のあんな人とかこんな人とか・・・・そしてこの肖像画・・・・私は見た瞬間あれっ?と思ったのですが・・・・・これ、おばあさまが後ろにいるように見せかけて、おばあさまのほうが・・・・微妙に目立つようにしてないか??だって光の当たり方がおばあさまのほうがきれいだし。服の色だって明るくしてる。全体的に光が当たってるのはおばあさまに見える・・・・なんか、これを見てますます「ああ・・・いろんな噂は本当だったんだろうな・・・・」っていう後押しにしかならない・・・・国内の訪問先にピンをつけるご夫婦。被災地への訪問も・・・行楽地気分、入ってないのだろうか。被災地含めて、そこに、「ピンを立てる」・・・・って感覚が、私には、分かりません。なぜピンをぶっ刺すの?「刺す」・・・・それって被災地に向けてのふさわしい行為?お二人は積極的に「公務」をされていた?昔は、あの庁が各所から打診のあった公務を引き受けるか引き受けないか選別していました。が、平成のおじいさまおばあさまは、それを全て引き受けると言い、そのために・・・・公務が激増したのです。公務を増やせば、警備費がかかります。そして、一人ではなく二人でお出ましとなると、さらにお金がかかります。さらにおばあさまは毎回衣装を新調される。それだけじゃありません。庁の職員が下見に最低2回は行かないといけないそうなので、それについてもお金がかかります。天皇の公務とは本来祭祀です。全国各地へ行くことじゃありません。不敬な見方をするならば、各地から打診があればあるほど、「お出かけ」が増えることになり、お衣装もお帽子もみんな新しく買えるし、素敵な場所に泊まれるし、おもてなしされるし献上品はあるし・・・・行楽気分があったのではないだろうか。それは、全て税金なのだけど・・・・あまりにも「公務」を増やすので、それまでと比べて宮廷費が何十億もオーバーすることになったらしいです。警備費だけでものすごい額になりますもんね・・・・昭和の時代は、天皇皇后で動くと警備費がかさむからと、昭和天皇おひとりで行動することが多かったそうです。だけど、おばあさまは、家で一人でじっとしてる、ってことができないタイプだったのでしょう。出歩くなら一緒に!家にいるのはイヤ!・・・・そして税金がどんどんかかっていく・・・・結婚前のおばあさま。・・・・めっちゃ気が強そうな感じがするのは、私だけの印象だろうか・・・・おじいさまは、おばあさまを選んだ理由として、パーティーの中心となるような人がよかった、と語っていたとか。パーティーの中心、華となる人を求めてたんですね。・・・・うん、その欲求はめちゃくちゃ強烈な人を確かに選んだような気がする。私もうっすら記憶にあるのは、昔の皇后さまって、そんなにやたらめったらマスコミの前に出てこない感じというか。常に昭和天皇と一緒、って感じはなく、そんなにニュースになるでもなく。控えめというか。人前に二人そろって出ることが少なかったようです。皇室の方だから恐れ多い、というくくりを外して見て見ると・・・・いろんなことを、自分の思い通りにしたい!!という生き様を・・・私たちは見せてもらってるような気がします。そしてそれは、孫のお嬢さまにも受け継がれていますね。一番かわいがってきた孫娘に。ただ、自分が欲しいと思ってる経験と、魂が欲しいと思ってる経験とは、違うと言われています。自分の欲求にしがみつき、思い通りにしようとすればするほどほど・・・・痛みのある人生となる、とウイリアム・レーネンは言っています。自分の好きなことをしてはいけない、という意味ではありません。本当に自分の心が、心の奥底が望んでいることは何か?に正直になって、そのハートの奥が望んでいることなら、それをどれだけ追い求めても、応援する流れが必ずあります。おばあさまは・・・・結婚が決まっていろんな反対があって、そしてきっと悔しい思いもして・・・・そして、それをネガティブな形で跳ね返す、見返してやる、という流れになっちゃったのかも。自分が権力を握って、全てを思い通りにすることで、せいせいしたかったのかも・・・・もともとおばあさまのごきょうだいは、みんな生徒会長とか学級委員とかやるような人たちで、おばあさまだけ唯一、生徒会長みたいな役割は全く経験がない子だったそうです。ご婚約が決まったときも、えっお姉さんのほう!?妹さんの方じゃなくて!??とご近所さんたちはびっくりしてたそう。もしかして優秀なきょうだいと比較されて、もやもやしてた部分もあったのかな・・・・そうしたコンプレックスとかも昔からあったとか?もともと周囲からの評価が低かったところへ、皇室入ってさらにボロクソに言われたら・・・・そりゃあ悔しくて悔しくて、周りを見返してやりたい思いって強くなるかも。そして自分には若さと美しさがある。皇太子は自分にメロメロ(下品な言葉ですんません)。これを使わずしてどうする!とか?邪な気持ちで近づいたなら、結婚は、それと等しいレベルのエネルギーと流れと経験をもたらすはず。自分さえよければいい、という思いのある人なら、それにふさわしい未来と、周囲からの評価がいずれやってくる。常に勝ちたい(自分だけ)。常に獲得したい(自分だけ)。常に思い通りにしたい(自分だけの)・・・・・・それは永遠には通用しないし、そのツケはまわってくるのだと思う。彼女にも純粋な心の部分があったはずだけど・・・・それは、小さくなってしまったのかな。本当にマスコミの報道通りの「慈愛」に溢れた方なら、その通りのお顔になるはず。人の顔ってごまかせないです。その人の歴史が出る。その人が出る。若い時はごまかせても、年を重ねてくるともうごまかしようがない。私がおばあさまに疑問を感じ始めたのは、おばあさまの顔を見ていたとき。随分前ですが、・・・・あれ?本当に言われてるような性格の方なら・・・・こんな顔つきには、ならないはずなんだけど・・・・おかしいな・・・・と思ったのがきっかけの一つでもありました。でも、おばあさまも、おばあさまだけがおかしかったわけではないはずで。あの世界に・・・・魑魅魍魎とした何かが以前からあったのでしょう。だって、ひ弱なイメージがつくとまずいから、ってだけで、アプガースコア4.5のぼっちゃんを保育器入れるなとか、帝王切開だと赤ちゃんが眠ったまま出てくる可能性があるからそれも天皇にふさわしくないから生きたまま妊婦の腹かっ切れとか・・・・そういう常識があるところですから、おばあさま一人だけがおかしいのではないはず。いろんな人たちが、それぞれ、自分たちの思い通りになにかを実現しようと目論み。自分たちさえよければと考え・・・・・でももうそれは、無理だと思います。自分たちの思い通りにしようとするエネルギー、思考を捨てていかないと・・・・・もっとやばいことになりそう。私たち自身も、ここまで極端じゃなくとも・・・・こういうふうに思われたい。こういうふうに周囲を操りたい、と思っても、それが成功するときもあるでしょうし、失敗するときもあるでしょう。ただそれはそれとして・・・・もうあとは、流れに任せ、すべてを宇宙に委ねて、それぞれに必要な経験がそれぞれあたわることを妨げない。おじいさまおばあさまにも、今後の余生で、そして次の人生で、ちょうどいいものがあたわるでしょう。自分にとって必要なものが。私たちも・・・・鍛えられましたね。見た目だけで判断しない。マスコミの印象に流されない。いろんな情報を集めて判断する。漏れ出ているものを見逃さない。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 18Jan
    • ピアノコンクールの裏側。の画像

      ピアノコンクールの裏側。

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオン2Fにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月はお休みし、3月の第一日曜日から待機を再開いたします。1月24日(月)はよふ葉さんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をします。キャンセルが出ましたので、空き時間は14:20~になります。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.coom までお願いいたします。中村紘子さんの、『チャイコフスキーコンクール』を読みました。ショパンコンクールに影響されて・・・その世界をもっと知りたいと思ったのです。コンクールの裏側が少しでもわかるようなものを読みたかった。いろいろ知りたくて読み始めた本ですが・・・まず驚かされたのは、中村さんのその文章力!!中村紘子って・・・・こんなにも、文章がうまい人だったのか!?後で知ったのですが、彼女はこの本で、大宅壮一ノンフィクション賞を受賞しているんですね。さすがだ・・・・この本を読んで感じたのは、審査員たちって・・・こんなにも見た目のこと・・・・気にしてるのか・・・ってこと美人だからどうとかこうとか・・・・美人だとどんな演奏するのかめっちゃ期待してるやん、審査員の男性陣・・・・・これはチャイコフスキーコンクールについてであって、ショパコンではないのですが、きっとコンクールとして似ている部分はあるんじゃないかなと。その年のレベルが低く、一位は該当なしにしようとしても、ソ連の文化省がそれはいかんと横やりを入れてきて、絶対一位を出せ、いやそれは無理だ、のやり取りがあったり・・・・ソ連はチャイコフスキーコンクールの第一回優勝者をアメリカのヴァンクライバーンにかっさらわれたのを根に持って?て、第2回はなんとしてもソ連のピアニストを優勝させたがって、もうすでにエリザベート国際ピアノコンクールで優勝してたアシュケナージをチャイコフスキーコンクールに無理やり出させたとか。←でもその後すぐアシュケナージはロンドンに亡命しちゃったので、彼はソ連のあらゆる記録から抹消されたなんて・・・・中村紘子氏の採点メモの部分では、自分はこのコンテスタントに何点をつけた、そして他の審査員は何点で、自分はその平均より高くつけてしまったとか、わりとあけっぴろげに?書いてあるようにも感じました。けっこう酷評しているコンテスタントのことも書いてありました。そんな中・・・・チャイコフスキーコンクールにエントリーした、とある日本人ピアニストの方のことについて言及している部分がありまして・・・・実は私は・・・その方の生演奏で踊ったことがあるので(もちろんソロじゃないです!!)、めちゃくちゃ驚きました。あのピアニストの方は、中村紘子さんにこんなにも言及される人だったのかと・・・・(基礎技術についてはひどい言われようで、でもなぜか印象に残った日本人として取り上げられてた)いやあの方実はチャイコフスキーコンクールに出たのか!!ってのも知らなった・・・・地元ではその方は名前は知られていて、それは、お母さまが県内では知らない人はいないという大御所の方(ピアノではなくバレエで)なのです。その大御所の方のお弟子さんだった方のダンス教室に私はずっと通っていました。私が通ってた教室では舞台で踊る時の基本音源は録音、編集したものなんですが、一度だけ、生演奏で踊ったことがあったのです。いや~・・・・・めちゃくちゃ、難しかった記憶があります・・・・・録音で渡されていたピアノの音で私たちは練習していたんですが、リハーサルになると、テンポが違うわけです。そして本番でもさらに違ういやはや・・・素人には生演奏は厳しいっす・・・先生レベルならそれに合わせた踊りができるんでしょうが・・・・そんなことも思い出しながら面白く読んだこの『チャイコフスキーコンクール』ですが、欲しい方がいらしたら無料でお送りしますのでメールにてお知らせくださいもうショパコンも終わって何か月もたちますが・・・その後の審査員たちのインタビューが、非常に・・・・興味深かったです。反田恭平氏とかてぃんこと角野隼人氏の本音トークの動画も面白かったですね~反田氏はショパン国立音楽大で学びつつのショパコン挑戦でしたが、ショパン音大って、ピアノが使える部屋が5,6室くらいしかないそうな!!もっと山ほどあるイメージだった・・・・。それって絶対部屋足りないよね?自分でなんとかしないと絶対無理だ・・・。反田氏はモスクワ音楽院に首席で入学して以前学んでいましたが、そのロシアでは、チップを払って、大学の音楽室を使ってたそう。そうして夜も練習するスタイル。ちなみにそのチップは500円ぐらいだったそうな。金さえ出せばなんとかなる世界・・・・?反田氏、ポーランドでは3年越しでようやく部屋が決まった、ってことも言ってました。それまでは宿泊サイトとか使って(!!)あちこちを転々としていたと・・・・すげー生活だったんだな!!二人はショパン音大のマスタークラスで一緒になったんですよね。部屋が一緒になって、それで仲良くなった。反田さん曰く、角野さんは「おびえた猫のようだった」と笑 すごくシャイだったそうです。二人が朝、「起こした」「いや起こしてない」「絶対起こした」「なんで起こしてくれなかったの」・・・で未だに言い争ってるのを見てるとなんだかほほえましくもあり面白い反田氏は、ショパコンは1次で棄権したくなった、と言っていました。確かに彼は審査員の評によると2時と本選がよかった。角野さんは1次と3次がよかった。角野さんはファイナルには進めませんでしたが、反田氏がファイナルに進むなら、角野氏も残すべきだ、という意見が審査員の中にあったそうですね。「ぶらあぼ」内のショパコン特集ページの最後は、審査員たちのインタビューが載っています。インタビューに応じてくれたのは海老彰子、ダン・タイ・ソン、ピオトル・パレチニ、そしてクシシュトフ・ヤブウォンスキ。彼らのインタビューを読むと・・・・垣間見えるものがあり、コンクールの問題点が見えてくる気がしました。海老さんによると、・審査では同点が多かった・集計した数字の差が0.0いくつだったりしたので2位を3人にする話も出た←・優勝についてみんなが同じ意見だったわけではない・17人の審査員中ハラシェヴィチ氏だけ最初の投票後にホテルに帰ってしまったので(疲れたから・・・??)残りの16人で投票したら偶数ゆえに順位決めで拮抗して大変だった←途中で帰るって・・・そんなことしていいの??・(優勝したブルースさんの演奏について)(とても才能がおありで、これからどんどん伸びていくだろう、と言ったあとで)ショパンのスタイルかどうかと考えた場合、少し首をかしげるところはあるかもしれない・私個人としては、本選進出者として日本人を3人選んでいる←反田氏、小林氏のほかに誰だったんだろ・・・・角野氏??そしてダン・タイ・ソン氏はというと・・・・・最終審査は、ファイナルにまったく違うタイプが揃ってしまったために、決断を下すことが本当に難しくなってしまった。別の方向の個性を持つピアニストが並んでいて、そのせいで、審査員がこれほど分断されたのだと思う・ でも優勝者については、マジョリティが選んだ結果、疑問が挟まれる余地なく決まりました←あれれ??海老氏は「みんながみんな同じ意見だったわけではない」って言ってたけど・・・?インタビュアーの方は、「今回のファイナリストは、マジョリティが明るくハッピーな音楽性の持ち主だったように思います。本来ショパンの音楽は、哀しみや暗さ、笑っているのに涙が流れているみたいなものなのかなと思っていたのですが、今回は、ブライトでパワフルな音楽が評価されていたなと…それで、これはもしかして、今社会がそういう幸せな音楽を求めているということなのだろうか、などと思ったのですが。」と、かなり突っ込んだ質問をします。それについて↓・その意味で、もしかすると従来の方法で作品の中に入っていって演奏したピアニストにとっては、残念ながら、結果が厳しいものであったかもしれません。私たちが参加していた時代は、人々がもっと深いものをありがたがっていたように思います。それに対して今は、より印象的で活発な音楽が評価されるようになった。ただ、もちろん限度というものがあり、それを越えてしまってはいけません・(2次で落ちた進藤実優さんについて)→(霧島国際音楽祭以来)大いに成長していたので、ファイナルに進めなかったことは残念です。日本人ばかり通すわけにはいかないという理由で落ちてしまったかもしれません。日本人は、5人もセミファイナルにいましたからね。・・・・やっぱり・・・・同じ国の人ばっかり残すってのは配慮するんだな・・・・そりゃそうだよな・・・・ポーランド人ばかり残るならまだしも、日本人ばっかりってのはあかんのやろうな・・・・。そして、反田氏を指導していたパレチニ氏は・・・・・(優勝者のブルースについて)とても魅力的なピアニストで、聴衆も彼を好きですし、良いピアニストだと思います。彼のショパンは少し変わっていて、フレッシュというか、コンテンポラリーな方向のような気もしますけれど。・本来ショパンには、目新しい小道具もトリックも要りませんが、聴衆はそういうものを好みがちです・・・(中略)・・・どんなコンクールでも、審査員を務めることになれば、その決断は受け入れなくてはいけません。たとえ自分の個人的な意見と少し違ったとしても。・・・・なんだか皆さん、やはり優勝者は決めたものの、彼が「ショパンらしい演奏だったか」については、異議ありって感じのような・・・・・・(反田氏について)2次は良かったですね、特にポロネーズが。演奏のあと、ツィメルマンやブレハッチ、ブーニン、レヴィットが、彼のポロネーズが良かったとメッセージをくれました。←おお!!すげえ!!!・小林愛実さんも良かったですね。とても特別で個性的なスタイルを持っていて、確信が感じられる。聴衆のために自分の音楽を変えるということをしません。大きな拍手を得るために、安っぽい小道具を使って聴衆にアピールするケース、よくあるでしょう。でも彼女は、そういうことをしません。もっと上の順位で良かったと思います。そっか・・・・私は小林さんは順位的に上のほうに行きそうな感じがしたのですが、でも反田氏を上に持ってくるとなると、日本人ばかり上位にいたらいけなさそうだから4位が落としどころだったのかなって思ってたのですが、彼女の演奏が、聴衆にやたらとアピールする類の演奏じゃなかったから4位ではあったけど、本来ならもっと上でもよかった、ってことなのか・・・?そして。ヤブウォンスキ氏のインタビューが・・・・一番閲覧が高い。非常に興味深いことを語ってくれています。ファイナルのあとの審査について彼は、・最終的には普通に集計しただけでは結果が出なかったので、緊急の方法がとられました。結果について、審査員の間にコンセンサスがまったくなかったのです。ヤブウォンスキ氏によると、審査員の間のコンセンサスがなかったのは、入賞者についてもだし、優れたショパン演奏についてでもだったそうです。その共通認識がないって、そりゃ大変だよ・・・・ヤブウォンスキ氏は、かなり厳しい口調でショパコンの問題点について提起しています。・いま私が感じている問題は、今回の結果が、オリジナリティを求めるということに影響されすぎていたのではないか、ということです。目立ったり、説得力をもって聴衆とコミュニケーションとろうとするあまり、楽譜に書かれていることに反した演奏をするのは、良い決断といえません。ショパンの音楽を演奏するにあたっては、ショパンが言っていることを聞かなくてはいけないのです。・・・・・さらに、彼はすごいことを言っているんです。・ コンクール全体を通して私が感じたのは、悲しいということです。聴衆がどんな反応をしようが、人々がブリリアントな個性を好こうが、何かが失われている、というのが現実だと思います。・私はこの後の5年、10年でコンクールがどうなっていくのか、見当もつきません。よりいっそう混乱してしまうかもしれない。喝采を求めるあまり、大事なものを見失っているとしか思えません。・・・・悲しい、と述べています。そんな感想があるでしょうか?ショパンを愛し、ショパンに人生を捧げてきたからこそ・・・・気づけること、言えることがあるのだと思います。私たちはショパコンに興奮していいものを見せてもらった聴かせてもらったと喜んでいるのかもしれませんが、実は・・・・失いつつあるものがあるのかもしれない。そしてそれに気づいている人たちがいる。さらに彼は、私たちが気になること・・・・素晴らしい弾き手なのに、あっさり落とされてしまうコンテスタントのことについてちゃんと言及しています!!・これはこのコンクールに限ったことではありませんが、良い人が1次予選で消えてしまうこともありました。それが誰かということは、まぁ、今は気持ちが落ち着いていないので、いずれお話ししましょう。だ、誰か今教えてくれ~~!!・・・・やっぱり、そういうのはあるんだ・・・・。なんでこの人が残ってなんでこの人が残ってないの。それは、プロだからわかってない、ってことではなくて、やはり人々の指摘は正しかったことも多々あったんだろうな、と思いました。今回も、1次で(!!)いい方が消えていったんですね・・・・しかしながら、「今は気持ちが落ち着いてないから話せない」って・・・・やはり相当この方は今回のショパコンでショックを受けてらっしゃるんですね・・・・・ 私の基準からすると、セミファイナルから10人のファイナリストすら選び出せませんでした。最高で7人は選べたかな。つまり、ファイナルに残った人たちは、ファイナルに残すべき人たちではなかった、と・・・・。本当に素晴らしいコンテスタントは1次とか早い段階で落とされてたってことか・・・・・いずれにしても、こんなにも審査員が分断されていたコンクールは他に記憶がありません。2グループどころか3グループに分かれていて、そうなると、マジョリティがどの意見かの判断がつかなくなるのです。あらゆる物事の決定に再投票が必要でした。みなさんがお待ちだとわかっていても、どうしても時間がかかりました。あれだけ時間もおしてのファイナルのあとの審査でしたもんね。遅れに遅れてましたもん。やはり相当揉めてたんだな・・・・・ほとんどの人が、速すぎるし、音が大きすぎるし、アグレッシブすぎた。今、このコンクールは危ない地点にいると思います。若いピアニストたちが、ショパン・コンクールに優勝するためにはこういう演奏をすることが必要なのだと思ってしまったら、どんどんそういう方向に進んでしまうでしょう。・音楽をおもしろくするために、見せつけたり自分のエゴを示したり、人々を熱狂させるため、そしてもしかしたら審査員が1位をくれるかもしれないからと、どれだけの歪曲が行われていたことでしょう。その意味で私は、ショパンが殺されている場面をたくさん見てしまったように思います。・実は、今回コンクールで使われていたスタインウェイの479は、以前私が選んだ楽器でした。言ってみれば、私の愛するベイビーですよ。だから、誰かがこの楽器をひどく叩くところを見ると本当に辛くて、ステージに飛んでいって、ピアノの前からどかしたかったくらいです。本当にすばらしい楽器なんです。優れた調律師のヤレクのおかげで、とてもいい状態になっていました。・ただ触れるだけでもすばらしい音がするはずなのに、鍵盤を叩いたり、ペダルを蹴るように踏んだりすると、台無しになってしまいます。嵐のような音が鳴るたびに、私は泣きそうになりました。クレイジーな動きなんて必要なく、きちんと静かに弾いてくれればいいのですけれど、今はそれだとつまらないと思われてしまうのです。このままでは人間は鈍感になり、よほど激しい刺激でなければ感情が動かなくなってしまうのではないでしょうか。・・・・・私は音楽の素養が全くなく、ピアノのこともわかりません。どうも過去のイギリスでピアノがセミプロだった時代もあったそうなんですが、今は全く!!弾けませんし、誰かの演奏を聴いてるわけでもないので、下地が全然ありません。過去生にピアノを弾いてたなら、聴きまくれば何かわかる感覚があるのかな・・・・・ただ、何もわからない素人ながらも、ヤブウォンスキ氏の言いたいことはわかる気がします。激しく大きく万人にわかりやすく・・・・人は、より強い刺激を求めます。その結果、人の求めるものに迎合していたら、どんどん強い刺激にならざるを得ない。食の世界もそうなんです。みな、強い刺激、わかりやすい味を求めてます。お米がその証明ですよね。噛まないとわからない味のお米は廃れていくし、人々は嫌う。現代人がもとめるのはわかりやすい味のコシヒカリ。はっきりした甘味がないと美味しいと言わない人々。昔のお米は、自ら噛まないといけなかった。噛む力を失った現代人は、昔のお米を美味しいとは言わなくなったし、好まなくなった・・・・。野菜にしても、ドレッシングをかけないと野菜を食べられない若者、子どもたちのなんと多いことか。野菜そのものだと食べられない人が多い・・・。私はヤブウォンスキ氏の言っていることが、決してショパンコンクールの話だけではなく、どの分野でも共通していることなのではないかと思うのです。ショパンコンクールなのだから、ショパンらしさを守ってほしいし、愛してほしい。ショパンそのもの、ショパンの時代、ショパンの想いに心を寄せてほしい。みなさんもちろん十分やられてる方々ばかりなのでしょうが、私は単純に疑問なのは、ショパンの時代のピアノと今の時代のピアノは違うだろうし、そして、ショパンの時代に現代のものみたいなどでかいコンサートホールとかって、あったんだろうか?ってこと。今みたいなホールがなかったなら、弾き方も違ってたはず。今ほど強烈な大きな音だって出す必要なかったってことなんじゃ?もうその時点でショパンぽくなくないか?ってことは思ってました。だから本来なら、ショパンの時代のコンサートホールというか、ショパンが実際に演奏してた場所のサイズで演奏するほうがよくないか?と。でもそんなこと言ったらピアノを弾くことでお金は入らないですもんね。広すぎるくらいのホールで、大きな音を響かせてたくさんの聴衆を入れて・・・そうしないとお金にならない。反田氏が肉体改造して大きな音も出せるようにしたのは間違いであるとは思いませんが、本当なら・・・・ショパンの体型に一番近い沢田蒼梧さんの体格で弾いたほうがショパンぽくなるんじゃないか・・・?なんてことも思ったり。私自身、ショパンコンクールはとても楽しく嬉しく面白く見れていましたが・・・・ただ、そこに潜んでいる問題にも、目をそむけたくはないな、と思うのです。次回のショパコンも本当に楽しみですが、それと同時に、いろんな人のいろんな意見も知っておきたいとおもいます。そしてヤブウォンスキ氏の大いなる悲しみは・・・きっと世界で彼だけ、のものではないと感じます。私自身もいろんな方のショパコンについての感想を調べていくうちに、同じような意見も目にしました。喜びもあるし、悲しみもあったコンクール・・・・・絶望に打ちのめされた人たちもいる。光と影が存在していますね・・・・。でもそれは悪いことではなく、世の中の本来の姿なのだろうと思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 17Jan
    • 次回のエルパさんは2月19日(土)です!の画像

      次回のエルパさんは2月19日(土)です!

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみ2Fにて11~16時待機しています。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月はお休みし、3月の第一日曜日から待機を開始いたします。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。福井県福井市のエルパさんでのイベントに出店してきました毎月1回、土日に開催中です。今回もさまざまな方とのご縁をいただき、再会できた方々もいらっしゃり・・・感謝感謝です。次回のチラシもできあがっています。次回の日程も決定しました!次回は2月19日(土)、20日(日)になります。ただ私は2月19日(土)のみの出店です。2月20日(日)は富山県呉羽、ティエルカフェさんでのイベントがあるのです。手相、オラクルカード、オーラソーマ、九星気学、レイキなどいろいろ。19日(土)なのですが、いくつかご予約が入り始めております。空き時間は、12:00~、13:00~、15:00~、16:00~、18:00~、19:00~です。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円(延長は10分1000円)です。お問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。スピリチュアルカウンセリングでいろいろなご相談を受けていると、いろんな「心配」のかたちがあることに気づかされます。私たちって、いろんなことを「心配」していることがとっても多い・・・。親が子どものことを心配したり。子どもが遠くにいる親のことを心配したり。友達のことを心配したり。受験が大丈夫かしらとか健康が大丈夫かなとか仕事がどうかなとか・・・・・自分のことや他者のことを「心配」してることがとっても多い。知っておくといいのは、「心配」は、「あなたを信じてません」というエネルギーだということ。子どもとかパートナーに対して「心配」しているなら、あなたは、その子ども、パートナーのことを「信じてない」って・・・・ことです。あなたのことを信用できないの。・・・・そんなエネルギーを飛ばされながら生きていく相手ってどうなんじゃろ・・・・・そして、自分の未来が心配、というなら、それは、「私は自分のことを信じてません」ってことになるんだろうなと。自分で自分のことを信じられないなら・・・・生きてくのが、何かしら不安定な部分がありそうな気がします。「心配」って、言うなれば、「その状況は悪い」という主観です。その状況は、それは悪い。心配する=それは悪い、悪い、悪い・・・・というエネルギーを送り続けることになる。う~む、そりゃあ、その状況は悪化していきますね・・・・。だから・・・・心配しても、ろくなことがないんですよね。だってさらなる悪化を招くだけなので。好ましくない未来を欲するなら・・・・・「心配」しない!自分で悪のエネルギーをを飛ばさない!何も考えない。思考を捨てる。ってのをしたほうが、嬉しい未来があるんです。「これは悪い」ってのをいかに捨てられるか・・・・の練習ですね。私は先日作ったお弁当で、やべえ・・・このおかず、失敗した!!と思ったものがあったんです。やばいって思ったけど、もう時間もないしそれを入れるしかない。そこで泣く泣く入れたのですが・・・・内心はめちゃくちゃ心配、不安なわけです。あの人のお弁当って大したことないじゃん、てかまずいじゃん!!みたいに言われたらどうしよう・・・・と。で、ここですでに!!罠にかかってる!!「~って言われたらどうしよう」←←つまりまだ、実際には言われていない。私の頭の中の妄想。それをまず捨てる。私は神か?宇宙の中心か?私の頭が全てのシナリオを決めるのか?んなわけない。ってことでその思考を捨てる。全ては宇宙に決めてもらいます。そして、この「失敗」って考え、決めつけも・・・・捨てる。失敗したかもしれない。でも、大したことないのかもしれない。失敗ですらないのかもしれない?もうそのへんも、考えない。捨てる。ほんとに考えなきゃいけなくなったら考える。自分の脳みそ使ったら悪いことしか考えないんだから、ならばもう頭は「使わない」!!!・・・・そうして数日が過ぎ・・・・・考えること、不安がること、心配することを「捨てた」私にやってきたのは・・・・あの、私が「大失敗」と思ってしまったおかずについて、「あの味が忘れられなくて・・・」と書いてくださった方からのメール!!あれがおいしかったから、どうしても作り方を知りたい。というありがたすぎる&驚愕のメールでした・・・・内心・・・私はめちゃくちゃ驚きました。驚き桃の木山椒の木というか。個人的には一番やべえと思ったおかずが・・・こんなにも賞賛されるとは。何につけても・・・・いろんな人がこの世にはいるから、いろんな感じ方もあるし、その人その人で求めてるものも違うし、自分の感覚ではあれっと思っても、その人にとってはまさにちょうどいいものかもしれないし・・・・もしかしたら、その人以外みんなあのおかずを「う~ん」って思ったかもしれないですが笑でも、それでもいいんです。誰かにとってヒットした・・・・そしてそのお知らせがやってきた。それってすごく大きいことなんじゃないかなと。自分の頭、なんて・・・・あてにならない部分がある。だって私は世界中全ての人のニーズとか過去とか現在とか感覚とか嗜好とか意識とかもろもろのこと・・・・知ってるわけじゃないんだもの。「心配」って、自分勝手なことなのかもしれない。私が世界の中心です。私が全てを知ってます。その私がこう判断しています。だから絶対こうなりそうなんです!!!・・・・なんて・・・・・なんだか、図々しいし、恥ずかしいかも。そんなことを思いました。だから、例えば、自分で自分のことを判断するときも、「私ってこうだから」「私にはなにも得意なことがなくて」「私は人に嫌われやすくて」・・・・・とかも、ぜ~~んぶ、白紙に戻せばいい。だってそれは「自分の頭」が勝手につけたレッテルだ。私たちって複合体で、誰かにとってはAって部分が強烈でも、ある人にとってはBの部分が印象的だったりする。自分の評価が低い人は、自分を評価しない人たちに囲まれてただけなんじゃないかと思う。別のグループの中では評価も印象も変わる。例えば、自分は、家族からの評価、印象と、友達からの評価、印象って・・・・おんなじだろうか??違う人がほとんどだと思います。相手が変わると、自分と相手の化学反応も変わってくるから。私は実家の家族からはどーしよーもない人間に思われてますが、友達からはそうでもない。でも友達、知り合いも、人によって私の評価、印象は全然違う。愛想がなくて冷たい、って印象を持ってる人もいれば、すごくフレンドリーで話しかけやすい、っていう印象の人もいる。バラバラなんです。私がかつてフレンチレストランでバイトしてたときは、働き手として印象も評価も最悪でしたね。実際グラスとかも割ってましたし。気が利かなくて使えねー奴のままでした。が、幼稚園の給食担当では・・・なんかわかんないけど頼りにされてた面があったような?いや真逆のレベルですよ。警察が捜査したら「これは同一人物か?」ってくらい人物像が変わる。すっごくおびえて小さくなって働いてた消極的人間、仕事もなかなかできない人間と、いろいろ積極的に行い、堂々と?働いてた人間像と・・・・とても同じ人間には思えないと思います。そんなもんなんですよね。人間って。自分ですら、自分がどうなるかわかんない。大事なのは、どういう環境を選ぶか、だと私は思っています。自分を変える必要ってないです。自分は変えなくていいです。ただ、環境は変える必要がある。私は自分で自分を変えたりなんか一切してないです。でも、どこに自分を置くかによって、自分自身が全く変わってくるんです。周りの印象も全然違う。職場環境とか、人間関係とか、住む場所とか・・・・いろいろ変えてみてトライしてみて、自分が心地よい空気を探してみるのは、とってもポジティブなことだと思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 16Jan
    • 親になるべきじゃない人。の画像

      親になるべきじゃない人。

      1月24日(月)は金沢市内の町家「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をします。現在の空き時間は 16:00~ です。マクロビティータイムは1時間2000円(ベジ弁当つき)、スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。お問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。理由がわかんなくて謎なこと。なぜ妹はお兄ちゃんのおさがりを着させられていたのか・・・・。年頃の女の子になっても、おしゃれもしない感じだし、厚底のメガネ・・・・どうして母親はものすごくおしゃれをしてるのに、娘にはさせないんだろうか?ついには娘の結婚式も、娘に着せたのは、自分のおさがりの!訪問着・・・・振袖じゃないですよ。披露宴なのに訪問着(母のおさがり)・・・・帯が全通じゃないことに衝撃を受けた方多数だったこの時。なんでこの着物?と同時になんでこの帯?という衝撃が日本中を駆け巡りました・・・・。名古屋帯、いや袋帯だけど、全通じゃない帯を披露宴に・・・・いくらでもいい帯はあるだろうになぜ・・・・娘側がこの帯がいい、と言ったのでこの帯になったとネットで流れましたが、そんなにもなぜこの帯にこだわったのだろう。というミステリー。報道は基本的におばあさまベースの報道しかされないので、おばあさまの意図が何かあったのだろうか・・・・?いまだに私の中でしっくりくる答えが見つかっていません。なぜ親はこういうことを子どもにしたのか。それがわからないことって多々あります。そして・・・親だから完璧だってこともあるはずもなく、親だけど、親として人として未熟な場合というものも往々にしてあります。私は、自分自身で自分なりに頑張って息子に接してきたつもりはあるのですが、でも、息子にとってみれば、私はいい親ではなかったのかもしれない、少なくとも、息子の求める母親像ではなかったんだろうな・・・と感じさせられた瞬間があります。学校でのプリントなのですが、そこに・・・・「自分の理想の大人って?」という項目がありました。理想の大人ってどんなか。それに対して息子が書いたのは・・・・「いっしょに遊んでくれる人」息子にとって・・・・理想の大人って・・・・一緒に遊んでくれる人だったんだ・・・・・・なんか・・・・想像はついてたけど・・・・でも・・・・でもそれって・・・・私が一番苦手で、一番嫌いなことだ。子どもと一緒に遊ぶ、ってことが私は苦痛で苦痛でしょうがなかったし、今でもそうだし、一緒に遊ぶって・・・・私には、ほんとにできないことだ。しんどくてできない。息子は、パパもママも遊んでくれない、って思いはずっと持ってたんだろうな・・・・私は、私なりに頑張ってきたつもり。でも、息子の側からしたら、親である私には不満がある。もっと一緒に遊んでほしかった。なんなら今も遊んでほしい。ってことなんだろうなと・・・・。ただ、私自身、自分のことを責める気持ちにもなれないというか。しんどかったこととか、未熟なところが全部わかるから。だから自分も責められない。だけど、息子が寂しかったのもほんとう。どっちも本当・・・・。ウイリアム・レーネンは言っていました。親であるのは楽ではない、と。この世の多くの親たちは、まずは親になるべきじゃない人たちばかりです、と・・・・・。そう。たくさんの人が、親になるべきじゃないのに、親になってしまっている!!私も、親になれる精神性があったのかどうか・・・わからない。もしかしてなかったかも。なかった可能性のほうが高いかも・・・・。だけどそれでも私は自分を省みずに、子どもが欲しいと願ってしまった。生まれてくる子を愛したいと願って、宇宙に語り掛けた。そしてその直後、ずっとできなかったのに、息子がお腹にやってきた・・・・・。こんなに大変だったなんて。生まれてから・・・・気づく。こんなにも自分が情けないことにも気づく。ウイリアム・レーネンはさらにこう言っていました。親になるべきじゃない人は、親になることでカルマを創造しています、と・・・・。親になるべきじゃない人、というのは、子どもを自分の期待通りにしようとする人。こうあるべきだ、と子どもに押し付ける人。それをしてしまうと、カルマを創造してしまう。私も・・・・さんざん息子に期待し、こうあってほしいと押し付けてきたなあと。ただ、息子の助けもあって、ちょっと減らせたものもあったような気がします。息子がガラスの扉を蹴破ってガラスがバラバラに割れて、その上を裸足で踏み鳴らす息子を見て・・・・もう、二度と「宿題やれ」って言わない、と決心できたり。暴れてテレビも壊すし車も傷つける包丁持ち出してカーテン切り裂いたりパソコンのケーブルぶった切ったり「死ね!!」と何千回も言われたり・・・・もう自宅はボロボロですが、そういう姿を見せられて、ああもう勉強とか本気でどうでもいいや、って思えて・・・・機嫌よく生きてくれてればそれでいいやと本気で思えるようになった。(なので息子に「勉強すれば」ってセリフは・・・全く言わない親になれました(;^_^A)悪魔降臨してる息子のときもあれば・・・・通常運転?してて、「ママ・・・好き」「ねえ、抱き合おう」と言ってくる息子もいる。・・・・うん、奴を理解しようなんて執着も捨てました!!笑私は、親になれるだけの器は持っていなかったかもしれない。持ってないくせに子どもを望んでしまったかもしれない。それでもやってきてくれた息子だから・・・息子の求める、一緒に遊ぶ、ってのはできないけど、私ができること・・・・息子を信じる。ってことはめいっぱいしようと思うし、できると思っている。息子は得意なことも特にないけど・・・・でも、優しくて面白くて・・・・素敵な子です。私にないすごいものをたくさん持ってる。絶対幸せになれる子です。親が子どもにしてあげればいいことって・・・心配、じゃないんですよね。心配、って、「あなたを信じてません」ってエネルギーだから。心配はしちゃいけないんです。心配、じゃなくて、「信頼」する。絶対この子は大丈夫だと。絶対この子は幸せになれる。この子は素晴らしい子なんだと。それを、たとえ世界中の人が「あんたんとこの子は幸せになんてなれないよ」って言ってきたとしても、私は反論する。違います。この子は素晴らしい子で、必ず幸せになれる子です、と。本気で言える。・・・・でも息子は、多分こういうだろうな。「えっ?おれもう幸せやよ、」・・・って。毎日調子っぱずれの(!)歌を歌って気楽に過ごして・・・・おいしいごはんとおやつがあって。あったかい家があって。カルマはいくらか作っちゃったかもだけど・・・・やっぱり、息子と会えてよかった、と思う。だから・・・自分自身の成熟度、がどうであれ、子どもを育ててみたい、という思いは自然なことだと思うし、自分は親になる資格はない、なんてことも思わなくていいと思う。難しさはあっても・・・・チャレンジしてみたくなるのが人間だ。こうあってくれ、という親側の勝手な期待、を捨てさせてくれるには・・・・子どもって、なんてすごい先生なんだろう。ふと思い立って、息子にスカイプしてみた。ゆうちゃんってしあわせ?と。そしたら・・・私が福井県に行ってる間に届いたゲーム機の写真を送ってきて、「幸せ~」と、送り返してきた!!なんじゃそりゃ!!お前の幸せは物質か・・・と送ったら、「違う!家族だよ」・・・・おおっ!??「おれっていいこと言う」・・・・なんじゃそれ、本気で言ったんじゃねーのかよ!!それでも私は、「ママはゆうちゃん産んでよかったよ」と送ったら・・・・「おれもママのこどもでよかったよ」・・・・と、返してきた。・・・・まあ、今日はゲーム機が届いたしご機嫌なんだってことだろう・・・・まあいいや。何で幸せを感じても。家族でも家族以外のところでもなーんでもいいや。あいつがご機嫌さんで人生を生きていけるなら、それでいいんじゃないかな・・・・・いつも台所でベビーバスに入れてたなあ。しんどいこともたくさんあったけど・・・・楽しかった。私一人ではできない経験をたくさんさせてもらえました。未熟な私を・・・・鍛えてくれましたこれからどうなるかは・・・・もう、どんなんでも、いいです!!天の意志に任せます。私の意志とか希望は捨てます。私と息子、夫にとってベストな未来があたわるはず。自分たちにとってちょうどいい未来が。天の意志、宇宙の意図を100%信頼していきます。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 15Jan
    • 西表島ジャングルホテルパイヌマヤ。の画像

      西表島ジャングルホテルパイヌマヤ。

      西表島で泊ったのは、ジャングルホテルパイヌマヤです。(↓この写真はトリップアドバイザーより)こんなふうにジャングルの中にあるのが売り?のホテル。周りには・・・ほんっと~~に、何もありません!!店どころか明かりもない・・・・ここは昔温泉があったのですが・・・今はやってないのが残念。西表島のホテルで温泉付きとなるとラ・ティーダしかないみたいですね。あの星野リゾートですら大浴場がない。こっちの方はもともとシャワーで済ます風習?があるらしいです。確かに暑いところですもんねえ。だから湯船に浸かってあったまりたい、って気持ちがあまり盛り上がらないのかも・・・北陸は寒いから、シャワーより湯船に浸かりたい。そして実際、温泉があちこちにあるんですよね。必要なところにはちゃんと必要なものが自然界であたわっているんだなあと。ホテルにはアクティビティデスクがあり、いろんなツアーが準備されていました。ナイトツアーは面白そうだったんですが・・・正直、日中ずっと活動してると・・・・夜は部屋でゆっくりしたい気分になってですね・・・・いや私も順調に?年重ねてきたなーと。若ければ昼も夜も活動!!って感じになるんだろうな・・・・(;^_^A喫茶店コーナーらしき場所は営業しておらず。アメニティは階段脇にあって自分で必要な分だけ取っていくシステム。ツインの部屋をシングルユースでした。広々。ベランダもあります!外がねえ・・・ジャングルなんですよ。ベランダからの眺め。川が流れています。ほんとはホテルの周りのお散歩コースを歩いてみたかったんですが・・・朝はなんか寝てたい。夜はゆっくりしてたい。ってことで・・・・散歩せず!もったいなかった・・・・・夜に一人で散歩してみようかな?と思ったのですが、あまりに真っ暗で・・・・ヘッドライトないと無理でした・・・(フロントでは懐中電灯は貸してくれるみたいでしたが・・・・)てかマジ怖い暗闇でした!!何が飛び出てくるのかわかんないところが・・・・昼間とか朝はは楽しそうなんですけどねえ。朝はぐうぐう寝てて、起きたらごはん食べてアクティビティへ、そして夜は疲れてごろごろ・・・・って毎日でした(;^_^Aここパイヌマヤはほんとに周りに何もないですし、夜にちょっとコンビニに買い出し・・・はできません!!てか西表島にはコンビニはない!!ホテル周辺にお店もないです!!あるのは暗闇と、何が飛び出してくるかわからない茂みと木々・・・・別に食べなくても平気だったはずなのに・・・・好奇心からレストランへ。夕飯はアラカルトで何か食べれそうなものあるかな・・・・夕飯は予約制です。予約しないと食べれません。そして閑散期のせいか人もぽつりぽつりとだけ来ていました。長命草酒とか飲んでみたいけど・・・・絶対全部は飲めない。夫がいたら夫に注文させて、味見できるんだけどな・・・・なにか食べれそうなものがあるかひとまず見てみる。セットメニュー発見。和食セットは汁物、ご飯(白米or紫黒米)、お新香、デザート(!?)で660円。これならごはんと味噌汁飲めるな・・・・デザートつくのが意味不明ですが。アラカルトで食べれそうなものは・・・・?もずく酢とか海ぶどうかなあ。そんな中・・・珍味三種盛り発見!豆腐ようがついてる!!豆腐よう・・・沖縄ですっごく好きになった料理です。島豆腐を泡盛に浸けて発酵させた珍味。めっちゃおいしかったんですよね~これいこう!!他のスーチカーとスクガラス豆腐がわからんけど!そして出てきたのは・・・・こちら!!ごはんに汁物・・・・ん??汁物が・・・・八重山そばになっちょる~~~~!!!味噌汁じゃなかった・・・・た、確かに・・・・そばは汁物やけど・・・・そして・・・・珍味が・・・に、肉ついてきとる・・・・・確かめなかった私が悪いんですけどね・・・・・もずく酢はおいしかったです。豆腐ようは嬉しいんですが・・・・スーチカーって、豚の塩漬け、らしいです・・・・いやさすがにこれは・・・・無理だ・・・・・・なんなら隣のスクガラス豆腐も、まさかのお魚ちゃんがくっついとる・・・・(こっちは食べれましたが・・・・)豆腐ようはおいしかったです。が、毎日は食べなくていいかな。そしてやはりレストランでの夕飯は難しいな。と思い、夕飯は次の日からは頼むのやめました(;^_^A まあもともと1日ほぼ1食生活をしているので、夕飯は抜いたほうがいいんですよね・・・・食い意地出して失敗しました。でもこういう失敗も面白きかな。何せ食いしん坊なのでいろいろ試したい。ベジタリアンでも食い意地張ってますお茶はさんぴん茶がでかいピッチャーでやってきて飲み放題。ミンサー織のコースターが素敵です。いらないけど・・・・ご飯セットについてきたデザート。フルーツはありがたくいただきました。デザートはいらないですって言っておくべきだった・・・・。そして・・・・私が連れのいない一人客だから気を使ってくれたのか?スタッフさんが、こんなものを持ってきてくれました!!これはですね・・・・スタッフさんの手作り!!西表島でよく見つかる鳥、動物、草花、魚、昆虫、海藻なんかを取り上げて、その説明をしてくれてる分厚いリーフレットのようなもの。ここまでのものを作ったなんて・・・すごい。読んでて面白かったです。そしてこの図鑑にはちゃあんと、スクガラスとかも載ってました・・・・夜も朝も、レストランでは家族連ればかりを見て、私のような一人客は全く見かけませんでしたファミリーかカップルばかりでしたね。朝食は朝7時から。朝は予約時間なしで好きな時間に行けます。私は朝は食べないのですがもうセットで朝食がついてたので、どんな感じなのか気になるし食べることに(そして西表島から帰ってきたら、体重を増加させて帰ってきてしまったことに気づくことになります・・・・涙←自業自得だよ・・・・)もずく酢や納豆、サラダコーナー。サラダのドレッシングは既製品だそうです。ゆでたまごとかひじき煮とかコロッケとか鮭とか豚肉とか。スクランブルエッグも。・・・うん、どれも食べれないなあ・・・・とりあえずひじき煮は食べてみることに。絶対砂糖入ってるけど・・・・パンとフルーツにヨーグルト。食べれるのはフルーツか・・・・でも私はそこまでパイナップルとかも好きではないんですよね。とりあえずキウイは食べることに。ごはんは白米と紫黒米。そして梅干し発見!!よっしゃー-!!これを待っていた!!!昨夜の夕飯ではごはんセット頼んでも梅干しついてこなかったもんな・・・・飲み物の中には必ずさんぴん茶がラインナップされてます。カップは売店でも売られていたものが置かれていました。そして朝ごはんメニューは・・・・こんな感じに。ちょっとよくわからん朝食かもですね(;^_^A ポテトサラダはつい取ってしまいましたが、ヴィーガンは乳製品も食べないので本来食べない予定だったものの・・・・食い意地張りました味噌汁は白みそだったのですが、西表島が白みそってことではなく、このホテルでは味噌をいろいろ変えてお味噌汁を作っており、この日は白みそだったってことだそうです。朝食は内容が少し日によって変わっていました。この日はもずく酢が消えて紅白なますに・・・・そして鮭が鯖になったり。チャンプルーは麩のチャンプルーでした。あとウインナーとかロールキャベツとかエビとか。この日はこんな感じにしました。納豆が有機納豆だったので食べてみることにしましたが、・・・・・・うん、ホテルのこういう有機納豆ってどうしてこんなにぴんとこないのだろう・・・この日は、紅白なますの下に敷いてあった長命草、がめちゃくちゃ!!美味しかったです!!この長命草だけもっと食べたかった・・・・レストラン入り口前が売店コーナーになっており、お土産が買えるようになってます。ミニマリスト目指してるんですが・・・ミンサー織のコースターは買いましたジャングルホテルパイヌマヤですが、ここに大浴場があったらなあ・・・とは思いました。やはり私は夜は大浴場に浸かれる宿が好きなんだなあと。日中汗かいて夜は大きな湯船に浸かりたい派なんだなと。そしてこれは西表島では通常レートなのかもしれませんが、洗濯機が1回400円かかる!!400円!?洗濯機と乾燥機それぞれ400円・・・・か、かなりの額に・・・・私は通常の旅では使わないのですが、今回はトレッキングで服がびしゃびしゃとかどろどろになったものがあって、このまま自宅に持ち帰るのが嫌になってですね・・・・泣く泣く洗濯機と乾燥機使いました今回はどのツアーでもホテルへの送迎がしてもらえたので助かりました。レンタカーも借りずに済みました。最終日に港まで行くのにもホテルからの送迎車に乗っけてもらえました。宿を決めるとき、送迎があるかどうかを私は決め手にすることが多いです。ただ・・・次もし西表島に来るなら、ラ・ティーダに泊まってみたいかな・・・温泉入りたいですいつもは朝食は食べないのに、毎日食べて太ってしまった私ですが・・・・最後に、マクロビオティックでは理想の朝食はどんなふうに言われてるかについて。まあ食事って年齢とか性別、ライフスタイル、病気の有無とかでいろいろ変わってくる面はあるのですが、一般的には朝ご飯にはやわらかい穀物が最適、とされています。なので朝はお粥とか雑炊ってのはすごくいいんですよね。朝がゆは理想。朝はゆるやか、やわらかいエネルギーから始まります。そしてお味噌汁は、季節に合わせて、素材や味噌の濃さ、だしなんかを少しずつ変えるのがいいとされています。例えば昆布だしなら陽性なので夏はあんまり使わず、冬向きだったり。これに蒸し野菜(特に青菜)や浅漬けが加わるのが・・・・朝食の理想のメニュー、とされていますお粥か雑炊(やわらかめに炊いたごはんってことにしちゃいます)、味噌汁、蒸し野菜、浅漬け・・・・・以上!!そこにフルーツもお肉も卵も別にいらないんですよね・・・・(食べたい人は食べてOKですが、栄養のために?必要、ということではない)旅に出ると、ホテルで朝食をとることもあったりしますが、お粥はバイキングでたま~に見ます。が、ほとんどは普通に炊いたごはんのみだと思います。まあ味噌汁はあるとして・・・青菜とかの蒸し野菜がなかなか食べられないですよね。今回のホテルの朝食を見ても思いました。旅に出ると、青菜がなかなか食べれなくてつらい・・・・ただホテルの朝食でもたいてい梅干しはあるので、梅干しが食べられるってのは嬉しいですね!まあ梅干しくらいな自宅から持参することはできますが・・・・。ちなみに朝食のポイントとしては、味を濃くしすぎない、ってことも大切だと言われています。朝からがっつり濃い味を欲する場合は・・・う~む、そんなに中庸な状態じゃないかも。復習ですが、理想の朝ご飯のフォーム、は・・・・・生米から炊いたおかゆ(←なんかこの時点で私には無理だ・・・・←まあ、穀物ってことで!!あくまでテキストで書かれてるような理想です、理想!!)・お味噌汁・蒸したものあるいは陰の要素をもつもの(茹でたものか浅漬け)←軽いエネルギーのものってことですね・発酵食品(ぬか漬けとかたくあんとか)というイメージです。ちなみにお味噌汁は、昨夜の残り物の、煮詰まったお味噌汁だと朝にはちょっと陽性すぎる・・・と言われてますが、まあそのへんは上級者向けというか、基本はご飯に味噌汁!って覚えればいいと思います。それができるようになったらさらに上を目指したければ、昨夜のものでないお味噌汁にチャレンジする日を増やすとか。でも我が家は・・・・夫が朝飲むのは昨晩の残りの味噌汁ですインスタントばかりになるよりぜんっぜんいいかなと。そして夫は毎日2時半(!!!)に起きて朝食は3時半とかなので、それに合わせて朝食の準備は・・・・いやちょっと頑張る気にはなれないっすね・・・・ここで、残り物のお味噌汁はダメなんだと断罪しないこと!!失礼なこと言っちゃいますが、知識が浅い人の中には、これはダメ、あれはダメ・・・と、ダメなことばっかり覚えようとする人がいます。そうではない。残り物の味噌汁が望ましくないのは、陽性さがきつくなってるから。なので、そこにちょっと刻み葱を入れるとか、大葉を刻んで入れるとか・・・・薬味をプラスすることで、陰性さが入り、陽性さがまろやかになるのです。そうして対処することもいくらでもできます!!これはダメあれはいい、って覚え方だけだと限界があります。なぜなのか?を理解しておくとさらに知識が生きたものになりますし、対処法も増えていきます。朝は良い陰性さが必要ということは、朝から玄米は無理して食べなくてもいい、ってことです。陰性さが多い麦のお粥なんかは玄米を重たく感じるときにはおすすめされています。(でも玄米を食べたいなら玄米がゆでもOK)陰性さがよく働くと、視野が広がり、思考が前向きで柔軟になると言われています。視野が狭い人って、陽性なものが多く偏り過ぎてることもあるんです。お肉とか魚とか加工品が多くて、蒸し青菜なんて食べない、茹で野菜なんて食べない、って感じだったり。野菜は、一日を通して、上昇する野菜(陰)、丸い野菜(中間)、下降する根菜(陽)を取るのが理想。野菜だったらなんでもいい・・・・ってレベルを卒業したら、そういうふうに3つの種類の野菜をまんべんなく取るようにします。ちなみに春は特に上昇する野菜、と丸い野菜を多めにするのが基本だと言われています。春って陰性ですもんね。ただし、乳製品や精製糖の入ったスイーツ(極陰)をたくさん食べてきて水太りの人、花粉症、近視に悩む人は、春にもにんじんなど根菜をしっかりとるよう教わりました。なので・・・・やっぱり知識が浅はかだと、春は陰性に!上昇するお野菜中心に!!ってだけ覚えちゃってそういうふうに人にも言っちゃいそうになるのですが、しっかり学ぶと、春は基本はそうなんだけど、花粉症とか近視とかスイーツ多かった人は・・・というふうな知識も増えていきます。なので勉強って大事ですね。もしお味噌汁が陽性に傾いてても、良質の陰性である蒸し青菜を添えれば、バランスが取れるな~と考える力がついたりとか。こうだったらこう、ああだったら・・・と対応力が増えていく。ちなみに・・・・朝の青菜ってすごい効果があるらしく、朝の青菜を続けると、白砂糖やチョコレートがだんだんほしくなくなるそうですよ!!さらに・・・・女性は肌が白くなる、らしい!!!たっかい美白美容液買わずとも、毎朝蒸し青菜、茹で青菜を食べることで・・・・美白になれる!??でもこれは、マクロビオティックをやっている方がよく報告することらしいので・・・・。(ちなみに私は試してないです(^^;)あと朝ご飯は食べ過ぎないことも大切らしいです。朝から消化が大変になっちゃうと・・・・その日一日調子が崩れそう(;^_^A パフォーマンスを上げる時って、私自身は、食べ過ぎてないことが重要だと体感しています。食べ過ぎると調子はよろしくないですね。これは朝だけに限ったことではなく昼も夜もそうですが。ちなみに私が食べ過ぎたときのサインは、「悪夢を見てうなされる」です!!食べ過ぎると・・・・その日の夜はたいてい嫌な夢を見ます夢の中ですごく焦る状況になったりとか困った状況になる。めっちゃリアルでまさに夢の中なのにハラハラしたりしんどくなります・・・・最近食べ過ぎたときは、以前属していたダンス教室での舞台のシチュエーションで、私はそこをやめたのに、なぜか舞台に出ることになってて(しかも少人数パート)、もうその曲の振り覚えてないよ!!ユニゾンの振りも全く覚えてないし!!でも数時間後に本番だよ・・・・どうしよう!!私だけ振りが入ってない!!それに衣装がない!!家に帰って衣装探さないと!!どうしよう×100乗・・・・とまあ焦るし泣きたくなるし怖いし・・・・って夢を先日見ました悪夢を見る。何かネガティブなエネルギーが来てる!?誰かの念!??世の中の何かをキャッチしてる!??・・・・・って解釈、スピ系の人は大好物?かもしれませんが、私は冷静に、食べ過ぎたから、ってケースで自分のことは分析できております食べ物の知識もあれば、食べ物として対処もできたりすると私は思っています。というか、食べ物だってエネルギーですからね!人間の念だけがエネルギーじゃないです。食べ物だってエネルギー。だからこそ、食べ物に対して気を配るって大事だと思っています。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 14Jan
    • 私のくだらない欲望、達成…。の画像

      私のくだらない欲望、達成…。

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオンにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月はお休みし、3月の第一日曜日から再開いたします。電話セッション(Skype通話も可)、メール鑑定は随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。1月15日(土)、16日(日)は福井のエルパさんにて占いのイベントに出店します。ご予約が入り始めていますが、まだ空席十分あります。16日日曜はわりと余裕があります。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。西表島から帰る時・・・・私には大いなる野望がありました。帰りの便はあえて、割増料金でも、石垣→那覇→羽田→小松、のルートを選びました。それは・・・那覇ー羽田便は、あの!!ボーイング777ー200ERが飛んでるから!!772は、もともと国際線として飛んでいました。が、一部を国内線に転用しており、すなわち・・・運が良ければ、国内線なのに、国際線機材の飛行機に乗れる!!ってことなんです。772は中長距離を飛んでいた国際線で、フルフラットになるビジネスクラスのシートがあります!↑こういうの・・・・国内線ではないですよね?国際線ならではですよね?そしてたっかいお金払って(あるいはマイル使って)乗るしかない・・・・それを、今なかなか海外に行けない中、シートだけですが、このビジネスクラスシートを体験できるチャンスがあるのです。この772が飛んでる路線って限られてて、それこそ私がよく利用する小松ー羽田なんてドル箱では全然ない路線、人がそんなに乗らない路線では運用されておりません772が使われているのは、羽田から札幌、大阪、福岡、那覇と、大阪ー那覇のみ。・・・・そうです、那覇ー羽田は時々772が使用されてるので、うまくいけば、772に乗れる!!もちろん、クラスJじゃないとこのシートじゃないのですが、クラスJって当日アップグレードならたった1000円で誰でも購入できます。たった1000円で・・・・このビジネスクラスのフルフラットになるシートを味わえる!!わたしゃもう、これを経験したくてですね・・・・ビジネスクラスのシートは以前息子とロンドン行くときに経験はしたんですが、でも・・・ずっと国際線に乗れない日々が続いている中、やはり少しでも海外に行くぜ気分を味わいたいのと、1000円でこのシートを体験できるお得感を味わいたくてですね・・・・あえて772を使用予定の那覇ー羽田便を選択しました。しかーし。この772はやはり人気なので、クラスJはすぐ予約で埋まっていってしまうんです・・・事前に購入しようとすると、べらぼうに高いです。クラスJって当日アップグレードだと1000円なんですが、事前に購入するときって1000円どころじゃなく高い。この772のクラスJだと片道4万とか平気でします。私は西表島へはJALのパッケージで買いましたが、それでも割増料金が数万レベルになる・・・・さすがにそれは・・・・涙なので・・・当日空席があることをひたすら願って!!当日アップグレードに賭けようと思ったのです。はっきりいって勝算は全くないです。わりと予約で埋まることが多いので・・・・ちょくちょくサイトを見て、予約状況をチェックしていたのですが、前の週までは空席があったのに・・・・直前になると急に!クラスJは満席・・・・もうダメだ・・・と思いました。でも、空席状況って、直前に変化することってよくあるんです。なので一縷の望みを託し・・・そして、前日夜にサイトをチェックしたら、なななんと1席だけ空席が!!!これ、このまま明日まで空席なら・・・・いけるかもしれん!!でも、結局予約で埋まる、ってこともよ~~くあります。ほんとにわかんない。そこで私は・・・・こういう私利私欲のためではあるのですが・・・・再び・・・・すんません!!天使さんたちに頼りました!!!こんなくだらん欲望のために天使さんたちを呼ぶってなんかすごいずるいなとか汚いなとか思ったものの・・・私自身、この772に当日アップグレードで乗る、ってのはほんとに体験してみたいことだったんですよね。自分の心の中を覗いて・・・・くだらん?欲だから、あきらめたいか?って聞いてみたら、あきらめたくない、と。人からしたらほんとにくだらない浅はかなことだろうけど、私は、飛行機が大好きで、あのワクワク感がとっても好きで・・・・もう純粋に、あのシートを楽しみたい。経験したい。今回が無理でも、絶対チャンスを狙い続ける。・・・ならば・・・・呼ぼう!!天使さんたち!!・・・ってことで、素直にお願いすることにしましたそしたら・・・・当日の朝になっても、空席が1残ったまま!!このまま・・・・全国で誰もこの空席を狙わなければ・・・・誰も、私より早く空港で手続きしなければ・・・いける!!なるべく無心でいようと思いつつ、はやる気持ちで石垣空港に行き・・・・そしてカウンターへ!!カウンターでは、まず一番に、那覇ー羽田のクラスJへのアップグレードを真っ先に手続きしてほしいと伝えました。ファーストクラスの当日アップグレードとかでもよくあるんですよ。タッチの差で満席になっちゃうとか。なのでまず一番の要求を先に伝える。そうして・・・無事、アップグレードできました!!やった~!!!!マジで・・・・天使さんたちすげえ。こんな私の欲にも付き合ってくれるとは・・・・なんだろなあ。これは叶っても大丈夫な欲だったってことなのか?羽田に行くと航空神社でお参りして、自分のことよりも空港、飛行機にまつわる人たちがみんな笑顔でありますように、みんながこの空港、飛行機旅を愛して笑顔でいられますように、とかお祈りしてたのがよかったのか?通常は自分が安全に帰りたいとか一切なくて、みんなが笑顔で旅できますようにとお祈りしてたのがよかったのか・・・・?素晴らしい人間であるためには?欲なんて持っちゃいかん。ってことはないのかもしれん。くだらないことに見えても・・・・本気で楽しんでるなら、それはやっていいってことなのかもしれん・・・・まあそんなわけで私はスピリチュアルカウンセラーと名乗っているものの、こんなふうに俗世、欲にまみれた人間ですただそれを自分でダメとか否定はしてないです。良くも悪くもこれが等身大の自分です。なので世間の人たちがいろんな欲を持っててもそれは特に否定しようとは思わなくなったというか。人それぞれ持ってる欲が違うってだけで、自分と違うってだけで、それはそれでいいんじゃないかと。私はなぜか飛行機旅が異様に好きで、本気で好きで・・・・飛行機に乗れない人生なんて絶対嫌だ。と本気で昔から思っていて・・・・でも今、飛行機に乗る機会がちょくちょくある人生を送れていることが・・・・めちゃくちゃ、最高に・・・・嬉しいのです。人生が楽しい。心底そう思えます。さあ・・・772のビジネスクラスのシートへ!!クラスJはエコノミーとは別の入り口です。そうして・・・ついにご対面!!はあ・・・・なんか懐かしいような気も。昔乗ったのはJAL SKY SUITEで、このSKY SUITEⅢではないので、このタイプのシートは初めてではあるのですが。斜めになってるのが特徴。配列は1-2-1です。窓側が空いてたらよかったんですが・・・私は中央の2席のうちの片側でした。隣は外国人のあんちゃんでした。隣とはちょっとしたパーテーションみたいなものがあって、丸見えってことはないです。でも彼が足が長くて足をオットマンに乗せててその足はずっと視界には入ってた、って感じですどでかいスクリーン。17インチ。国内線なのでプログラムは国内線用のもののみです。足元にオットマン。全然届かねえ!!座席を倒したらかろうじて届きましたが・・・。注意点は、このオットマンのところに荷物は置けない、ってことです!!なんじゃそりゃ!!荷物は全て上に置かないといけません・・・・私は機内エンターテインメントは全く見ず。基本国際線でも映画とか見ない派です。見るのはYouは何しに日本へ?ぐらいでした。今はフライト航路見るぐらいです。周りは映画とかけっこう見てる感じの人が多かった雰囲気。座席は細かくリクライニングできます。腰のあたりの膨らみの位置もずらせるのにはびっくり。ちょこっとした荷物ならこの鏡付きの小物入れに入れることはできます。これ以外は上に荷物置かないといけないのがちょっと個人的には好きではない。脇からテーブルが出せます。テーブルはずらしてういーんと伸ばせます。これが国際線だったら・・・頼み放題の食事とかがあるんですが、まあ国内線なので・・・あくまでシートのみ!ビジネスクラスってことです次いつ国際線乗れるかなあ…マイルはたまってるんですけどね・・・・世界一周券をマイルで発券できるだけたまりました。低収入でも、できるんすよ、奥さん!!友人には馬鹿にされたけど・・・・でも、低収入でもファーストクラスでイギリス行ったりとかできちゃってます。可能なんです。そして世界一周券をビジネスクラスで発券できる分のマイルも貯められたので、あとは発券するだけなんですよね・・・・。JALは国内線はWi-Fi無料なので、メールチェックしたりのパソコン作業もできます。肘置きは、自分で上にあげるタイプでした。ビジネスクラスは個室感があるんですよね。そして・・・・このシートだからこそ!!やってみました、フルフラットに!!いや~マジでちゃんとフルフラットになりました(当たり前ですが(^^;)。わたしゃ嬉しくて寝っ転がってうい~~んと伸びをして万歳して、ひゃっほ~~って感じにしてたらですね・・・・そこにCAさんが通りかかり!!野菜ジュースを飲んだあとの紙コップを回収されていきました・・・・ちょい恥ずかしかったですがCAさんは何事にも動じませんから笑顔で去っていかれました・・・(何か自然な声掛けをしてくれた気がするのだが覚えていない💦)フルフラットだと足先がオットマンのところにいく感じです。注意点は、フルフラットにするとき、靴は通路側に置かないといけないということ。シートがうい~んとオットマンの高さまで下がってフラットになるので、靴を座席の下側に置いておくと、靴がつぶれる可能性があります。私は座席はずっとフルフラットにしたままこの後パソコンや書き物をしていました。個人的には椅子に座るより平らなところに足を伸ばして座るほうが好きなので。腰のことを考えたら下に毛布とか座布団とか敷きたいところですが・・・・以前乗ったロンドン行きのビジネスクラスシートですが、こっちは斜めじゃなく真っすぐな配置で(SKY SUITE)、国際線だとエアウィーヴのマットレスがついてきます!!このとき、息子はほんとにすぐ寝ちゃってそのままイギリス着くまで熟睡してたので・・・寝心地はよかったんだろうなと。でもずっと寝てたせいで自由に頼める軽食とか食事を頼めなくて(最初の食事のあとは自由に各自リモコンを使って食べ物を注文するスタイル)、めちゃくちゃ残念がってましたね・・・・食べられるものはあんまりなかったので、私としては助かったと思いましたがこのころはまだ「死ね!!」とか言わなくてかわいらしさも多々残ってたなあ・・・・(遠い目)息子はめっちゃ期待してますが、もうイギリスに息子と一緒に行くことは・・・・ないですね!!毎年海外に連れて行ってましたが、もうこれからは・・・自分一人で気楽に行きます自分のやりたいことがなんとなくでも出てきたら、思い切って・・・その経験をしてみる。悪い経験なんて存在しないんですよね。旅行とかだけじゃなくて、例えば自分でスピ系のお店の出展をイベントでしてみたいとか、何かのコンサートに行くとか。芸能関係にチャレンジしたいとか。なんでもいいんですよね。私たちには、経験をする権利、ってのがあります。経験をする権利を行使しない人生でもいいのかどうか。経験をする権利を使わない、ってことは・・・・自分を傷つけていることにもなる、とも言われています。何の経験もしたくない!それが本音!ならそのままでいいんです。ただ、何かこれまでとは違った経験をしたい思いがあるなら・・・・その権利を行使しましょう、していいんですよ、ということなのです。こんなことしちゃいけないのかな、と思ってる時点で、宇宙を誤解しています。宇宙には悪いものなんてないんです。どんなことであっても、宇宙のどこかで、自分を含めたこの世で、バランスを実現しているんです。本当の愛とは・・・・すべての生命に必要な経験をさせてあげることだ、と言われています。たとえ何かの損失、病気、失敗があるとしても、それが経験として必要なら、そうさせてあげることが愛なんです。だってそうさせてあげないと、その人の魂上のバランスってものがとれなくて、結局またカルマが減らせなくて、また次の人生で一からやり直すことになる・・・・。必要以上に苦しむ必要はないですが、ただ、必要なものもあったりする。私も、自分の人生から今までの病気やうつ病の経験、不調なんかを全て取り払おうなんて全く思わないです。それらがあったからこそ気づけたこと、手に入ったことが宝物のようにあるのです。すべての魂は、それぞれに必要な経験をしているだけ。それを信じる。私なら絶対しないのに、って経験、言動も、他の誰かにとっては魂のバランス上必要な経験かもしれない。それを否定しない。そんなのダメだ、と人から経験を奪わない。結局・・・よい悪い、って二元論を捨てられるかどうかなのかも。どんな状態でも、すべての人がそうしてる、そうある権利をリスペクトすること。嫌な、悪いことをしてるふうに見える人がいたとしても、そのことで、周囲に気づきを与える役目をその人は背負っているのかもしれない。それくらいの悪事をしないと周囲が気づけない、って状況があるのかもしれないし、犯罪を犯す人の気持ちを全く思いやらない過去生を送ったなら、その気持ちがわかるように、今世では罪を犯す側になることもあるかもしれない。私たちには想像できないほどのパターンとかバランスのとり方があるんだってことを否定しない。自分の脳みそレベルでわかることしか受け付けないなんてのは・・・・傲慢な気もします。自分の脳みそでは理解できない何かがあるのかもしれない。そう思えばいいのかも、と思うのです。すべてはただの経験。そしてそれが何らかの理由で必要なことがある。家族であれ、友人であれ、人の経験とか痛みを何とかしてあげよう、って思う必要はなくて、その人が何とかバランスを取っていくことを信じる。もしかしたら、今世だけでは完了しなくて、また次の人生にまでかかるバランス調整かもしれない。私たちは今の人生のことしか知らないのだから、人の人生についてあれこれ言えるはずなんてないんですよね。だって過去生って500も600もあるって言われてるのに・・・・それ全部知った上で言えるのか?ってことです。どんな経験であれ、否定する必要ってなくて。痛みと苦しみがあっても、そんなの存在しちゃいけない、ってそうした経験と人生を否定する必要もない。だからといって痛みと苦しみに常に耐えろ、という意味ではなく、必要以上に抱えているものがあるなら、それは必ず手放していけるはず。私が理解できる範囲ですが・・・・義務、我慢、犠牲があると、自分の体とか心に痛み、苦しみが発生しやすいと思います。私は何の義務も我慢も犠牲も抱えてない、過去も今も、それなのに体が痛い・・・・というなら、それは過去生からきている何かかもしれないなあと。私もまだまだ理解できてないことがたくさんで、これからもずっと学び続けることになりますが・・・・それでもすべてを理解することはできないだろうし、わかることもないだろうなと。でもそれでいいと思っています。自分の器に必要な分だけの理解はあたわると思っています。それ以上のものはあたわらない、ってだけなんだろうなと。理解もリーディング能力にしてもなんでも。そんなふうに思っています。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 13Jan
    • (皇室ネタ)明らかな嘘の報道。の画像

      (皇室ネタ)明らかな嘘の報道。

      1月15日(土)、16日(日)は福井のエルパさんにて占いのイベントに出店します。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。11~18時受付ですが、土曜日は19時半まで受付可能です。ご予約はまだ両日とも余裕があります。毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみ2Fにて11~16時待機しています。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月は東京イベントと重なるのでお休みし、3月の第一日曜日から再開します。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。あの庁って、こんなろくでもない発表ってするんだ・・・・と全国民がぶっとんだのが、天皇皇后両陛下が伊勢神宮に参拝されるとき、雅子さまは重度の!!「馬アレルギー」のため!!馬車ではなく御料車に乗って伊勢まで行かれると報道されたとき。雅子さまは結婚前から馬アレルギーで、しかも重度で、近づくと呼吸が苦しくなるから、いつもマスクを二重にするなどして防護していたらしいですよ。これ、天下のNHKが報道してます!!馬アレルギー・・・・?マスク・・・・?呼吸困難・・・・??いやいや、雅子さまと馬との触れ合いの写真って、検索したら山ほど出てくるんですけど!!めっちゃ触れ合ってますやん。マスクってどこですか??呼吸が苦しくなるんですか・・・?本当に・・・・?エサやりとか普通にしてますが。重度の!!馬アレルギーの人がこんなことするんでしょうか・・・??皇太子殿下は、重度の馬アレルギーの雅子さまの隣で平気でくつろいで笑顔ですが・・・・本当に重度の馬アレルギーの人が隣にいるなら、そばにこなくていいよと気遣うと思うんですが。ちなみに、雅子さまが適応障害と診断されたあと、乗馬セラピーをすすめてきたのはおばあさまだそうですよ。・・・・重度の馬アレルギーの人に、ホースセラピー?そして実際乗馬されてたって話ですけど・・・・めっちゃお馬さん撫でてます。結婚前から、重度の馬アレルギー??‥‥お小さい頃から、馬には乗ってますが・・・・。あのとき、雅子さまの馬アレルギーには、ほんとに国民中から総ツッコミが入りました。あの庁、いくらなんでもそれは無理がある、ってこと、わからなかったんでしょうか・・・・ちなみに国民の目ってすごいなと思ったのは、ある人がネットで、雅子さまの馬アレルギーはおかしい、だってご成婚のとき持ってたバッグはコンテスのホースヘアのバッグだったから!と指摘していた方がいたこと。馬アレルギーの人なら、ホースヘアのバッグなんて持たないですよね?・・・まさに、国民の目をなめんじゃねえ、ってことでしょうか。見てる人は見てる。覚えてる人は覚えてる。人の命よりもプライドが大事。仮死状態で生まれた子も保育器には入れない(将来の天皇が保育器だとひ弱なイメージになるから)、半分寝たままの状態で将来の天皇が生まれてきたらイメージが悪いから妊婦には麻酔せずそのまま腹かっ切ってほしいと平然と言ってのけるあの庁なら・・・・これぐらいの発表なんて、屁でもないのかなあ。そして、あの庁の発表は必ず、おばあさまの意向が入っているとの話なので、では雅子さまを馬車に乗せたくない理由が何か・・・・おばあさま側にあった、ってことです。ネットでまことしやかに言われてるのは、おあばさまは、雅子さまをどうしても・・・・馬車に乗せたくないらしいと。この特別な馬車は、かつておばあさま夫婦がご成婚パレードや即位の礼の際に乗って、わあ美しいわあ素敵・・・・と国民から賞賛を受けた思い出の儀装馬車です。ネット上の噂では・・・・どうもおばあさまは雅子さまがこの馬車に乗せたくなかったとか・・・・そんなことを言われています。真実はわかりません。が、雅子さまの馬アレルギーだけはおかしい。その明らかにおかしいことを平気でアナウンスする庁・・・・ってことです。だってお代替わりのとき、この儀装馬車は使う準備をしていると報道されてましたよ?お代替わりの後の伊勢神宮参拝で使用する予定だから、それに合わせて修復が始まったと。雅子さまが本当に重度の馬アレルギーなら、もうこの時点で馬アレルギーの話って出てるはずですよね?明らかにおかしい。こういうことを平気で報道するのですから・・・・報道ってすんなり信じちゃいかんなあとあらためて教えてくれます。ただ、報道されていることから、垣間見えるものもあります。おや?と思えるものもある。何かが漏れ出てしまっているものもある。なんだか・・・・性格が出てないだろうか?少しでも相手を濡らさないようにと思うか。自分が中心だと思っているのかどうか。昔は、おじいさまおばあさまは腕を組むほど仲がいい?ってこと?と思ったこともありましたが・・・何かが変。と途中から思い始めました。これって・・・・相手をコントロールしようとしてる気が・・・・。相手を尊重し、お仕えする方と尊敬申し上げている方に・・・・こんなことはしないような気がします。辛口ですんません。ただ、ある時見た動画で、二人がいつものようにおばあさまがおじいさまの腕を持って(掴んで?)いた様子が映っていて・・・・でも、最後に人前から消えていったとき、そのプライベートゾーンみたいなところではカメラは回ってないと思ったのか、おばあさまの素が出てた瞬間があったんです。みんなから見えないところに行ったら・・・・おばあさまはそれまでおじいさまに添えてた手を、ぱっと離したのです!その動作にびっくりしたというか。あれ、腕を組む(掴む?)のは人前だけのパフォーマンスなの??と。その瞬間、なんだか今まで見えなかったものが見えた気がしました。なんだこれ・・・と。ほんとに相手と繋がっていたいとか、相手を支える?みたいな思いが主なら・・・・人前でなくなっても、続けるはず。でも、あの時みた動画では、明らかに・・・・人前から消えた瞬間、おばあさまはぱっと、まるでお役目終わり、とでもいうかのように、さっと手を放していたので・・・・違和感がありました。おばあさまへの疑惑が生まれた瞬間です。やっぱり・・・・人前でどう映るか、はすごく気にされてた方なんじゃないかなあ。でもばれてるものはあると思われる・・・・。お姑さんのように、夫君の後ろについて歩く、ってのが嫌だったのかな・・・・自分は常に並んでいたかったのかな。数歩引く、ってのが嫌だったのかも。腕組んで(掴んで?)たら、こんなふうに後ろのほうを歩くってのは避けられるしなあ。なんて考えちゃいますね・・・・。自分の方が天皇陛下より前に。そしてより目立つように。素敵なドレスで。常に自分が前。・・・・ってことがお好きな方だったんだろうなと。おばあさまに関しては、おばあさま賛美、おばあさまは慈愛の人(←ネットでは慈愛ではなく自愛の人と揶揄されています)という報道があまりにすごかったので、そうではない視点を持つために私は辛い視点になっちゃっている部分があります。彼女が完全悪だなんて思っちゃいませんが、これまで必死に塗り固めてきたものは、いったん冷静に見てみる必要があると思います。そうして個人個人で感じるものがあればいいのではないかと。スピリチュアル的には、すべての人を好きになる必要はない、と言われています。だから嫌いな人がいても全く問題ないんです。すべての人を愛するのがゴール?嫌いなお姑さんでも愛さなければならない?毒親でも好きになれ?なんてことは宇宙は求めてません。やらなくていいんです。私たちに求められているのは・・・・すべての人がそのままでいる、ある権利を、愛すればいいだけ。ここは勘違いしないように気を付けないといけません。嫌いな人を愛さなければ。じゃないんです。嫌いな人は嫌いでいい。ただ、その嫌いな人がそういう性格、在り方、生き方で生きていく権利は尊重する。愛する。ってことです。なので、嫌いな人がいたら、その人を懲らしめる!思い知らせる!自分にひれ伏させる!・・・ってことが必要なんじゃなく、その嫌いな人がそういう性質、生き方、言動なのは、何らかの意味があるのかもしれないな、と、その人がそうであることを否定しないってことです。私は、正直おばあさまのことは好きになれないタイプなのですが・・・・(登山でこの写真、このポーズの人とは・・・・仲良くなれない気がする・・・・そして安定の!!自分が写真の中心、だな・・・・)でもこういう方がいて、そして雅子さまがいて・・・というのは、きっと何らかの意味があり、何らかのバランスを取るためなんだろうと思います。KK夫妻もしかり。KK氏がいてくれたからこそ、動いたもの、流れが変わったものってあるので。彼はヒーローみたいなもんですね。ダークヒーロー?さてさて、私は皇室ネタは大好きなので・・・・今後も追っていきます。ぼっちゃまの進学問題、KK氏の司法試験2回目と、2月はまだまだ話題がありまっせ、奥さん!!そして3月には愛子さまの会見・・・・めちゃくちゃ楽しみですそれでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 12Jan
    • 手放したら、入ってくる。の画像

      手放したら、入ってくる。

      1月15日(土)、16日(日)は福井のエルパさんにて占いのイベントに出店します。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円(延長は10分1000円)です。ただ今ご予約受付中です。毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオンにて11~16時待機しています。1月はどの水曜日もご予約に余裕があります。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。西表島のフェリー乗り場。ちょっとした売店がふたつ。ヤマネコ商店にはおしゃれなグッズとあとお土産、お弁当的なものが売られていました。みなとのやおやさんには、地元の面白い野菜が売られていました。普通にレモングラスとか生で売られてるんですねえ。あとウコンも生で売られてました。西表島のお塩や地元の方が作られたグッズなど。私は月桃茶を買ってみました。まだ飲んでないですが、残ってたら・・・ベジ弁当の会やよふ葉さんでの日にお出ししてみようかな?フェリーのですが、西表島から石垣島へ行く際も、QRコードはやっぱりその場では読み取られず。スタッフさんは、私がQRコードだとみるや、「あっ、じゃあ後でやりますので先に乗ってください」と・・・・私はそのまま船内に乗り込んで、これちゃんと後で確認しに来るんかなあ?と思ってたら・・・・船が動き出してしばらくしてからリーダーで読み取りに来られました。私の顔を覚えていて船内を探しに来てやってきたのか・・・・まあこの日は乗船客も少な目だったのでそんなに大変ではなさそうでしたが。やはりこの航路、QRコードでの乗船はまだそんなにメジャーではないのかな。デッキって出れるのかなあと2階に行ってみたけど、ドアが閉まってて開かず。私の力が足りなかったのか?と思い何度かドアを動かすが開かず。デッキにも誰もいなかったので風が強いから開いてなかったとか・・・?この写真はドアのガラスから撮影。石垣港に着いたら、人も多く、一気に都会感が増します。私にとって石垣ってすっごく都会なイメージなんですよね。だってドンキとか西松屋とかしまむらとかマックもモスもマックスバリュもある。24時間営業のやつもあるし。コンビニもたくさん。西表島にはコンビニもないし、スーパーも4軒しかない(ここでいうスーパーとはスーパーの名前がつくものという意味)。屋久島もコンビニはなかったなあ。奄美大島は石垣島のようにコンビニもマックもツタヤも・・・といろいろありましたが、奄美大島はなんかまだ離島のイメージはあるんですよね。石垣島も奄美大島も人口は5万ぐらいでほぼ同じだったはず。でも・・・・石垣島に来るといつもなんかこう、都会っぽいエネルギーを私は感じていて、なんか不思議だなあと思っていたら、石垣島って・・・移住者がかなり多いらしいですね。要は、都会のように、出たり入ったり、移住したり去っていったり・・・というのがわりと多い土地ってことなのかなあと。それがエネルギーに出てるのかなと思いました。島独自の文化を守る、守っていこう・・・というエネルギーがないわけではないと思いますが、石垣島は、なんだか、都会に出て何かやろう、じゃないですが、ここにやってきて何かやってやろう、みたいな人も来やすいのかな?離島なんだけど、いろんな人のターゲットになってる感じの島なのかも。人々のターゲットになりやすい島なのかな?個人的には、ああ、離島に来た、違う世界に来た・・・と一番感じたのは屋久島でしょうか。島だ!みんなが知り合いみたいな雰囲気だ!って感じは喜界島がすごく強かったです。な~~んもないねえ・・・・って雰囲気は沖永良部島。離島だけどリゾート感が強かったのは与論島。徳之島は土着の文化が残ってる感じで、時の流れが遅いみたいな雰囲気。そして西表島は、家族連れの観光客が多いイメージで、家族(小さい子含む)で楽しもう、って人が多くやってくるのかなあと。屋久島は一人旅とか似合うし実際一人の人も多く見ましたが、西表島は一人客ってほとんど見なくて、みんな夫婦とか家族って感じの印象です。離島って・・・それぞれ雰囲気、エネルギーが違ってて面白いですね。またいろんなエネルギーを感じていきたいなと思います。さて、2022年も始まって、今年はどんな年にしようとか、考えている人もいるかと思います。人生で新しいものを招くため、変化を生むためには・・・・・実は大事なことは、何かを「始める」というよりも、何かを「終わらせる」ことだったりします。何かをしよう、したい!と思うなら、何かを終わらせる。自分に必要ないものを捨てる。整理する。ことが先に必要だったりもするんです。自分にとってこれは、自分の人生に役立っているのだろうか・・・・?役立ってはいないなあ、というものなら、それは喜んで手放しちゃっていいんですよね。何につけても終わりはネガティブだと思う人もいるかもしれませんが、ネガティブに見えるような終わりがあったとしても、終わりがあるってことは、始まりがある、ということを忘れなければ・・・・それは必ずポジティブになるのだ、とウイリアム・レーネンも言っています。人間関係でも、職場でも、学校でも、なんにしても・・・・「終わり」を選択することで、新たなものが入ってくる。そしてそれを信じなければ、終わりなんて全てネガティブだ、と思い込んでいたら、おそらくポジティブな流れは来ないかもしれません。人の想念って力が強いので。だけど、何かが終わるってとってもポジティブだな、と思ってしまえば、その流れを知ってしまえば、何かが終わってもネガティブなままということはないはずです。私自身も・・・・そういえば過去、絶対別れたくない、嫌だ・・・!!と思ってた恋人との関係を断ってから夫と出会えたなんてこともありましたし、教員の仕事を辞めたからこそ幼稚園で給食を担当する仕事をするチャンスがやってきました。食のこともスピリチュアルのことも、学ぶ時間があったのは教員を辞めたからこそです。人間関係にしても、ある人間関係への執着をやめたら、新たな出会いやチャンスが生まれてきたり。まさに、何かが終わったり捨てたりすると、自分が思いもよらない未来が繋がってきた気がします。新たなことを始められる自分になりたいとき・・・・いらないものを捨てる、手放す、というのはとってもポジティブな選択だと思います。何もしたいことがわからない、という場合も、まずいろんなものを整頓してみて、そうして自分の感覚を徐々に取り戻していくことが必要な場合があると思います。義務、我慢、犠牲が生活の中に多いと、何かを新たにやりたいとかの未来に向かった気持ちって死んでしまうことがあるんです。肉体は生きてるけど、心は麻痺してしまっているような・・・・。そんな、自分の心が麻痺しちゃってるときには、何をしたいかなんて・・・わかるはずないんです。例えばうつ病の人に、何かやりたいことやんなさい、なんて言えるはずないですよね。そんな状態ではない。まずは自分を休ませ、癒し、体力気力を取り戻していくことが大事。うつ病じゃなくても、心が麻痺状態の人ってけっこういます。その、麻痺状態を産むのが・・・・義務、我慢、犠牲の3Gです。義務感で嫌々やってることとか、我慢してずっとやってること、犠牲を払いながら仕方なくやってること・・・・そうしたことが多いと、自分の心って死んでいくんです。麻痺してしまって、本来ならいろんな豊かな感性があるんだけど、よくわかんない状態になっていく。結婚って・・・・けっこう、義務、我慢、犠牲を生みやすかったりするので、私は正直、リスクも高いなと感じています。なんの義務も我慢も犠牲も感じないで結婚生活送ってます!というならいいのですが、そうじゃなくて、むしろ義務我慢犠牲のオンパレードな毎日になっちゃう危険性ってあるので・・・・。私はす~~~っごく結婚したかったので結婚できてラッキーでしたが、これが、今の夫以外の人と結婚してたら、義務我慢犠牲がいろいろあったような気がします・・・・私は忙しかったりやる気がないときは家事はしてないのですが、それで夫がキレたりすることはなく、夫は自分で洗濯したり料理したりしていますもともと夫が食べる肉料理は私はしてなくて、それ用の買い物もしてないですし、夫は自分で食べるものは自分で準備するスタイルです。お味噌汁なんかも私が作ればそれを飲むけど、飲みたいのにないなあってときは自分でインスタントの味噌汁飲んでます食事も、夫は自分で食べる肉や魚は自分で調理する派なので助かってますね・・・以前私が頑張って肉料理をしてたときは、私がやると中和用にいろいろ野菜を投入しちゃうので、夫的には不満だったらしいです苦笑←夫はシンプルに塩コショウで食べたい派私が作る野菜だけのおかずは、副食的に食べてる感じですね・・・でもそれで特に私は気にしてないです。私のおかずをメインにしてくれなくても別にいいですお互いに文句を言わずに自分のペースを守れることが大事。それにメインを夫が自分で用意してくれてるおかげで、私がいない時でも食事の心配を一切する必要がないので。いやほんとに助かってますね・・・・。義務、我慢、犠牲を感じない、発生しない相手と一緒に暮らす。それが最高なんじゃないかなと。そう考えると私はほんとにラッキーだなと思います。あっでも金銭的には夫婦揃ってめちゃくちゃ!!低収入なので、私がそれを気にするタイプなら、毎日不満タラタラだったんじゃないかなと。でもそれを気にしなければ、ほんとに夫って・・・・これ以上ないくらいありがたい存在ですね。そして私は収入は低くても気にしてないので、夫になんの不満もないです。もし収入が高い人と結婚してても、食事面でぶつかったり、忙しすぎて全然家にいないとか、子どもの送迎もしてくれないとか・・・・それだと私の心は不満だらけ、恨みだらけになってたような気がする・・・・夫は仕事が忙しくない仕事なので、毎日必ず5時半には帰ってくるし、土日もいるから息子が部活をしてたときは送迎は全て夫、そしてPTA活動も地区活動も息子が中学生のときから全て夫任せです!!めっちゃ楽でした・・・・好き放題やってる私を・・・・許したり認めてくれる人がいるんだなあと。夫には感謝しかないです。なもんで、結婚生活には義務・我慢・犠牲が発生してないので、私はこのまま夫との結婚生活を続ける予定です笑 私は今年捨てたいものは・・・・不要な食欲、でしょうかバレエの発表会があって出てねと言われてるし私も出たいので・・・・ダイエット頑張ります!!それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 11Jan
    • フルーツに注意!!のはなし。の画像

      フルーツに注意!!のはなし。

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオンにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。お問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。2年ぶりの開催でした・・・・そらまめいちば。私はベジ弁当とカレーを準備しました。あと西表島で仕入れてきた黒糖も売ってみました。ごはんは、炊飯器を持参したのでその場で詰める方式です。お弁当は最初はあんまり作らないでおこうかなと思っていて(そんなに売れないんじゃないかと思った)、まあ10個も作ればいいっしょ・・・と思ってたんですが、取り置き分の予約も入るし、もしかしてもうちょい作ったほうがいいのか・・・?と思ってハイヤーセルフに確認してみると、13個は作ったほうがいいらしいと・・・・そんなに作っても売れないかもよ?と思ったのですが、自分の脳みそじゃなくてハイヤーセルフに確認したし・・・・(ハイヤーセルフって何ぞやという場合はスルーしてください。脳みそ以外での確認なら、自分の背後にたくさんの人たちがいると想定して←実際いるんですが、その方たちに聞いてみるイメージでもいいし、自分の脳みそじゃなくハートの奥の奥に聞いてみるという感じでもいいと思います)そしたら、予想に反して、あれよあれよとお弁当は売れてしまい、結局数的にはもっと作っても売れてたかも・・・という感じでした。でも朝の時間はほんとにギリギリだったので、欲張ってもっと大量に作るのは時間的には厳しかったと思うので、この数でちょうどよかったと思いましたカレーも全てなくなり、そして余ったおかずはおかずセットとして販売し(こっちは開店前になくなってしまった(;^_^A)・・・・いろいろ準備しての完売って嬉しいものですね。ミニ占いも、占い単品でご希望される方もいらしたり、いろんな方とお話できることができて嬉しかったです。短い時間ですが涙ぐまれて、少し排出できたものがあったかも?なんて思える瞬間もあり、このミニ占いコーナーも、今後も続けていきたいなあと思いました。そして・・・・まさかの!!お客様と話している途中、なんか見覚えある姿が・・・・・なんと息子が、自転車ぶっとばしてそらまめいちばにやってきました息子、明日は統一テストなんですが・・・・そして冬休みの宿題で提出できてないものが山ほどあるらしく(私が西表島行ってる間にできたのは書初めのみだった?)、それも一切手を付けてない・・・こんなところに来てる場合じゃないのですが・・・・おそらくテスト前日ってことで遊べる友達が見つからなかったのでしょう。息子に聞いたら、息子の仲いい友達はみんな遊んでるけど、漫画読んでたり、あとゲームしてたりで、おれはゲームしたい気分じゃないから・・・・ってことで、暇つぶし?にそらまめいちばに来たらしい!!そして私の売上金の中から千円札を一枚抜いて・・・・(私はお客様と話している最中で、息子は目でにやりと訴えて!!貰って行った・・・・)たこ焼きやら買って楽しんでいた様子。息子の幼稚園時代の同級生の弟くん・・・・今は大きくなって、たこ焼きやさんをやっていました!!めちゃおいしかったらしい。そらまめいちばで売られているものは材料にもこだわっているものばかりで、そういう人たちが出店しているので、そらまめいちばでは私は息子が何を買おうと自由にさせていますパンや焼き菓子も、白砂糖や乳製品を使ってないものが売られているのです息子…園長先生とはほんとに久しぶりの再会で、他のお母さん方からも、大きくなった!背高い!足すらっとしてる!とか言われていい気に?なっていたようです笑そして、やっぱり・・・・なのですが、息子は「ママとお出かけしたい」欲があるゆえ、とにかくそらまめいちばの片付けが終わったあとも早く帰ろうオーラを出してきて・・・・私が他のお母さん方としゃべっていても時折近づいてきてそのオーラを近くから遠くからふりまき、一緒にいたお母さんまでもが「早く一緒に帰りたいみたいね(;^_^A」とまで言ってくる・・・・結局二人でその後喫茶店に行ったのですが、息子はその後、帰宅しても夜12時になるまで一切の課題に手をつけないままダラダラと過ごすことになります・・・・でもまあそれは私にとっては怒るところでもなんでもなくて、私としては、息子が荒れ狂わないで落ち着いた精神状態でいてくれたらもうなんでもいいというか悪魔降臨してなきゃなんでもいい!!この日はおとなしく?家に帰っても「俺の横でママは(宿題やる)俺を見ててね」というだけで、精神状態としては安定していたのでほっとしました(^^; ←横に張り付いてないと寂しがるのがなんとも・・・・ですがそんなこんなの一日だったのですが、実はこの日・・・私は失敗をしてしまいまして・・・・お弁当には必ず梅干しをつけるのですが、この日・・・・梅干しを持っていくのを忘れてしまい、つけられなかったのです・・・・いやもうショックで・・・今までそんな忘れたことなんてなかったのに・・・・これはねえ…・心当たりがあります。忘れ物をするとき。それは陰性に偏り過ぎたとき!!私は西表島でジュース飲んだりフルーツ食べたりして、相当陰性なものは入ってたんですよね・・・・自分で何か持っていってはおらず、まさに現地で手に入るものというかホテルの朝食がついてたのでそれをメインに生活していました。まあ・・・・食は乱れてましたね・・・・そして整える間もなく帰って来た次の日にお弁当作りなので、まだ陰性の影響は抜けきっておらず、そのせいで物忘れが発生したんだろうなと。陰性に偏ると、ほんとに!!忘れ物が増えるんです。マジです。食べ物と忘れ物の関係、観察したら面白いですよ・・・・・フルーツってヘルシーなイメージがあるかもしれませんが、結局果物って陰性だし、熱帯系のフルーツはさらに体を冷やす力が強い。わたしゃけっこうマンゴージュースやらパッションフルーツジュースやら飲んだり、キウイやパイナップル食べてましたしね・・・・昔の私なら咳とかも出てただろうなと。今回は咳は出てないのでまだマシかな?寒くなってきて、咳が出るにしても・・・・咳は、寒いから、乾燥してるから、出るのではありません!!寒さとかは無実ですよ!!寒さに責任をなすりつけない!!咳は、肺に粘液がたまっているしるし、だとされています。秋は、肺や呼吸器のエネルギーが入れ替わる時期。生まれ変わろうとするから、余計なものを出してスッキリしたくなるのです。だから秋になると咳をする人が増え出す。夏の間、冷たいものを飲んだり食べたり、たくさんフルーツを食べたり、甘いもの(アイスとかジュースとか)もしこたま食べて、相当いろんなものを溜めこむと、秋や冬に咳が出る。そしてこれらの食べ物が多いと季節関係なく咳は出やすいです。秋と冬の咳は、夏の不摂生が原因です寒いせいじゃないですから、奥さん!!健康的なイメージがあるかも?のフルーツですが、フルーツの食べ過ぎは実は、冷えやむくみの原因になるんですよね・・・・・がっつり肉食の人は多少のフルーツでも冷えないでしょうが、冷えるタイプの人、陰性タイプの人はどうしてもフルーツが多いとダメージが来ます←私だよ涙フルーツは陰性が強い食物なので、特に女性と子どもには時々必要とも言われていて、その陰性さが華やかで若々しい雰囲気と繊細さを与えてくれるので、適量だったら素晴らしいんです。夏に生で食べると体を冷やしてくれるのでちょうどいいし、動物性食品の中和にもいいです。フルーツってありがたいただ・・・食べ過ぎると虫に刺されやすくなります←私と息子だよ( ;∀;)そして、忘れ物をしやすくなる!!!尿漏れとか、陰部のかゆみ、むくみ、冷えのある人にもフルーツは要注意です。というかいったんやめたほうがいいです。フルーツが自分の適量超えてくると・・・・近視、歯並びが悪くなる、などの悪影響もあります(私だよ!!涙)だからといってフルーツは悪ではない。陰も陽もどちらも大切。どちらかだけではハッピーになれない。ただ、偏ると・・・・自分の心と体もアンバランスになっちゃったりするだけ。そしてそのバランス、適量は人それぞれ違うので、自分なりの軸、を持ってないと人に流される。もし、毎日フルーツ食べるのががどうしてもやめられないとしたら、それは体内に動物性(極陽性)のものが残っている証拠だと言われています。本来は毎日食べるものではないです。子どもも女性も、適量フルーツは必要といっても毎日ではないです。動物性を減らしていけば、いつかはそんなには欲しくなくなるかなと思います。ちなみに私はフルーツはあんまり飛びつくものではなくなって、でもたまに土の味さんですごいのが手に入ると食べたくはなる感じです。なくなっても特に困らないし執着はないです。子どもはほっとくと毎日のフルーツが当たり前になっちゃうので(子どもは大人より陽性なので)、毎日あげない、ってのを気を付けていました。陰性さはどんどん依存性を生みますからね・・・・息子は土の味さんのみかんなんかは平気で一袋(!!)食べたりしますが、でも毎日のようにおやつをフルーツにしてしまうと、「ママのおやつ食いたいんやけど」と苦言を呈してきます!まあ息子的にはフルーツは手抜き?みたいに感じるらしく、でも無意識レベルでは、体はもっと陽性さがあるものを欲してるんだろうな~と。以前、もっと息子の食事に気を付けていたときはおやつはおにぎり(冬は焼きおにぎり)にしてた時期もありましたが、やはりフルーツばかりだと体がぴんとこない(そして気持ちも・・・・)ってのが息子の中にはあるのかもしれません。冬になってくると、「冷たいものはいらん!!」と言ってくる回数が増えて、ほほう・・・・と心の中で感心して聞いていました笑今回のそらまめいちばで、個人的にはほんとに情けない忘れ物をしてしまい・・・・やはり陰性なもの、フルーツ、ジュースの摂り過ぎには注意せねば・・・とあらためて思いました。忘れ物が多い人。それはフルーツとか甘いものが多い人なんだ、と知ってると・・・・人の観方も変わるかも?実際、以前に私はとあるお手伝いをしてくれる人がその約束を完全に忘れてすっぽかされたことが何度かあるのですが、その時は全然腹が立つとかはなくて、あ~やっぱり、あの人甘いモノ好きそうだもんな~、パンとかも好きだよね~、と思ってなるほど納得と思った経験があります(;^_^Aなんとなく、約束忘れそうな人も想像つくんですよね。甘いもの大好きで控えてもなさそうな人ってそういうことが起こりやすいので・・・・。だからあんまり腹は立たないですね。忘れ物が多くなったら・・・・自分の食を見直す!!ってのを知ってると、いろんな捉え方も変わってくるかも。私はスピ系の人にありがち?な、大事なものを忘れた!これは何かのアタックだ!ネガティブエネルギーが来てる!とかの解釈って正直共感できなくて、それって単に自分が甘いもの食べ過ぎたせいじゃん、陰性なもの摂り過ぎたせいじゃん、って思ったりする派なんですよね・・・・常に何かのせい。何が悪かを探す。ってスピリチュアルは私は好きになれないですそれより自分のことを振り返る(でも責める必要はない)ほうが、世の中の見方として幅広いと思うんですけどね・・・・それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 10Jan
    • 決断しないと、病気になる?の画像

      決断しないと、病気になる?

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオンさんにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、2月はお休みし、3月から再開いたします。1月15日(土)、16日(日)は福井のエルパさんにて占いのイベントに出店します。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。石垣島のフェリーターミナルは、バスターミナルから目と鼻の先。私はバスターミナル近くのゲストハウスに泊まって、次の日の朝徒歩数分でフェリーターミナルに向かいました。めっちゃ便利。フェリーターミナルに徒歩で行ける宿に泊まると、離島へ行くときは便利ですね。石垣島のフェリーターミナルって・・・・めっちゃでかかった。想像よりも。そして朝からお店がガンガン開いてる!!6:30ごろから開いてるらしいです。フェリーの時間に合わせてるんですね。チケット売り場が開いてるのは当然として、小さいながらもお土産やさんとかお弁当を売ってるお店がこれでもか!!とひしめきあっている・・・・あちこちでお弁当類、パンやおにぎりが売られてるので、とりあえずこのフェリーターミナルに来たら、食べ物の心配はしなくてよさそうです。ただし普通食の人なら・・・(;^ω^)(↑この写真のみ石垣島ラボさんより)ベジタリアンは・・・・う~ん、どうすればいいかはわかんなかったですさらっと見てましたがやはりおにぎりとかもポークたまごおにぎりとかスパムにぎりとか肉が多いし・・・お弁当も揚げ物‼肉がっつり!!っていう路線のお弁当が多かった印象です。ベジタリアンの人は・・・選択肢がないかも。探せば梅だけのおにぎりとかあったのかなあ。普通食の方なら朝からここでお昼用のお弁当買い込んだり、その場で食べられる八重山そば食べたり(ちっちゃい食堂みたいなのもある)とかできると思います。ヴィーガンの人は・・・厳しそう(;^_^A 私は朝はいつも食べないので特に何かを探すでもなくこうしたものを見てました。フェリーターミナルにはなんとプラネタリウムもありました!でも、金土日月しか開いてない・・・・そして私は石垣島は西表島に行く際に通り過ぎるだけの状態なので、時間も合わない・・・残念!!石垣島のフェリーターミナルでは、定番の写真を撮っておきますみなさんも次々写真を撮っていましたね・・・・具志堅用高さんの像です。フェリーは乗り場が決まっているので、その番号から乗船します。石垣島から西表島の大原港行きは、このときはすっごく混んでました。西表島は大原港と上原港があって、名前が似てて紛らわしい。でもこの二つを決して間違えてはいけません。泊るホテルが送迎してくれるとしても、参加するツアーが送迎してくれるとしても、上原のほうが多い感じがします。星野リゾートとか有名なホテルも上原が多い感じ。いろいろ見ていたら上原の送迎のみってものも多かったなあ。北にある上原港行きは欠航することが多いらしい。天候がよろしくないと海が荒れて、上原港へは遮るものがなにもなくて欠航になりやすいらしいです。大原港行きは大丈夫なことが多いらしい。竹富島とか小浜島とかの陰を運航する形になるので欠航しにくいそうです。私は泊るホテルとかトレッキングの予定から大原行きにしていたので、問題なくこの日も運航。後で知ったのですがこの日上原港行きは欠航だったそうです。だから混んでたのかな・・・私は事前にネットでフェリーのチケットを買っていたのですが、このフェリーターミナルで買うこともできます。どのカウンターで買ってもちゃんと乗れます。そうしてる人も多かった感じ。私はQRコードで乗船しようとしたのですが、そういう人は他に誰も見当たらず・・・・ほぼみんな紙のチケットでしたね。なので私がiPadでQRコード見せたとき、スタッフさんは明らかに慣れてない感じで、慌てて機械を取り出し操作しようとしてわたわたしていたのですが、私の画面表示は「チェックイン完了」だったので、「あっじゃあこのまま乗ってください」と言われ、何もリーダーで読み込まれることなく乗船しましたフェリーの中は・・・予想に反して?めちゃキレイ!!もっと簡素なつくりかと思ってたら違いました。トイレもあります。このときの便はほぼ満席だったのでぎゅうぎゅうになりながら、西表島へと向かったのでした・・・。さて、何かを変えようと決めつつも、変わったほうがいいとわかりつつも・・・・ずっと行動しない場合、どうなるか?そうして、わかっていても行動しない場合って・・・・何かを失うとか、事故とか、肉体的な問題とか、病気がやってくることが多いそうです。宇宙って・・・・ここまでヒントをあげてるのにわからないのか、じゃあもっと大きなもので気づいてもらうしかないな、ってパターンが多いのです。何で急にこんなことが・・・?と思ったとき、その渦中ではわからなくても、あとから、あれが天転機だった、きっかけになった、と気づけることもあるだろうし、何か大事なことを先延ばしにしてしまっていて、それで体調不良や事故などが起こることもあるんだなあと。ちなみに、病気になった理由を簡単に見分ける方法については、過去の記事で書きました。『超簡単!病気になった理由が一瞬でわかる方法。』米ぬかを使って、チョコナッツバーを作りました。米ぬかとか地粉とかオートミールとかナッツ、菜種油、メープルシロップで作ります。チョコレートはもちろん使わず、オー…ameblo.jp例えば・・・・この仕事を辞めよう、辞めたほうがいい、と感じているのに、周囲の説得に負けて決意を曲げてしまっているとか。料理なんてしたくない、と思ってるのにずっと家族用の料理をし続けているとか。特に、食事関係って・・・・侮れないですよ。料理って・・・・実はものすごいストレスになって、ほんとに脅しとかじゃなくて、その長年のストレスで病気とか体調不良とかに簡単になってしまうんです。料理するのめんどくさい。好きじゃないのに。でも私が作らなきゃ。作ったのにケチつけられた。何も褒めてくれない。皿洗いも私か・・・・。のような出来事って、日常生活でよくあることかもしれないですが、これって・・・・ほんとに、病気のもとになるんです。それは私がいろいろなお客さまから教えていただいたことです。日常を侮ってはいけません。日々の積み重ねが、自分の心と体を作ります。家族用の食事の準備がめんどくさい。・・・・嫌なら、すぐにやめたほうがいいです。今すぐに体調不良にならないとしても、将来・・・自律神経失調症とか、他の病気とか、不定愁訴とか、原因不明の痛み、体調不良とか・・・もしくはもっと大きな病気、難病にすらなる可能性があるんです。私は、野菜料理だけを作っていたいので・・・夫は肉は普通に食べますが、夫用の肉料理なんかは一切しません。昔はしてましたが、もうやめました。私は自分の作りたいものしか作ってないし、作りたいときにしか作らないし(なので息子のごはんがうどんだけなんて日もある)・・・・そうすると、ストレスが 0 なんです。夫は自分用の肉や魚は自分で買って、自分で調理しています。私は、自分の食べないもののためにわざわざ買い物したり荷物を増やすってことも一切ないのです。さらには肉や魚用の食費は夫には渡してないので、夫は自分の小遣いの中でやりくりしています。なのでこれ買ってきたから金くれ。ってやり取りも一切なし。いやまさにノンストレス、ありがたいです。食事って毎日のことです。毎日毎日、自分を尊んであげるか、それとも、自分を虐待し続けるか。シンプルに考えて・・・・自分の中の小さな子どもが、毎日、こんなお仕事したくないよう、休みたいよう、ママ、ぼく疲れた・・・って泣いてるのに、アンタ我儘言うな!ちゃんと労働しろ!!これはやらなきゃいけないことなんだよ!!・・・・・って毎日毎日鞭打ってたら、どうなるか。自分を愛するって、特別なことじゃない、日常の中にあることです。嫌な家事をしない。休ませてあげる。解放してあげる。それだけで、世界は変わります。自分を尊び、自分に適切な選択をすることは、誰も不幸にしません。もしかしたら周囲にとっても幼い人がいて、わあわあわめいたり不満を言うかもしれません。でも、誰かの不幸、苦しみ、犠牲の上に成り立つ快適さなんて嘘っぱちだと相手に教えてあげるのも、私たちの役目です。本当の意味でのバランス、調和ってものを・・・・相手に教えてあげるのです。それを怠っても自分のカルマになります。自分が我慢して相手のためにやってあげてるのに、相手にもカルマになる、自分にもカルマになるって・・・・やってらんないです自分も周りもバランスが整っていき、調和のとれた状態を実現するチャンスを・・・・周囲の人たちにプレゼントしなきゃいけないときもあるのです。それを与えるのが人生のテーマなこともある。そして、正直に、自分を尊ぶ行動をしていくと・・・・・流れが変わります。そういう時にこそ、思いがけない奇跡を受け取れたりします。私が今の食事状況(夫のために肉料理なんかは全然しない、それで家庭が成り立ってる)を説明すると、私は特別だからとか、特別な人を選んだから、と言われたことがあります。でも、私は自分も夫も特別だとは思ってなくて、誰でも、自分にとってベストなバランスは得られると思っています。私はただ、自分が嫌なことは正直になって、そして、自分が好きなこと、自分が損得なしにやりたいと思えることにも正直になっただけです。最初の頃は夫用と私&息子用に2種類の食事を作っていたし、肉料理も無理して作っていましたが・・・・夫用のお弁当も肉も魚も入れてました。が、ブログをほんとに初期のころからお読みくださっている方は知っていると思いますが、ある日突然不思議な奇跡が起こり・・・・夫が私の作る、植物性のみのお弁当でいいと言い出したのです。さらには今は、弁当すらいらない、おにぎりでいいよと・・・・。だからといって夫婦仲が悪くなるわけでもなく、ふつ~~に仲良くしています(ベタベタはしておらず、一緒にいるのが楽という感じです(^^;)。特別な盛り上がりはないけど、ずっと一緒にいるのにお互いが納得して信頼している感じです。わたしがうつ病になったときは・・・・あの時は、口を開けば仕事の愚痴ばかりでしたね。愚痴しか出てこない自分にショックだったというか。私の口からまず出したいことばってそれなんだと。でもそれが真実で。自分でどうしようもない。今は・・・・愚痴ってそういえば、ないです。普段の生活にストレスがないので。強いて言えば息子かな(^^; でもブログでいろいろ書くことで発散できたり、息子と一緒なのもあと3年だなと思うとゴールが見えてるのでそこまで深刻にならずに済むと言うか。私は息子とそこまでもう一緒にいたくないと夫にも言って、だからますます旅行にどんどん行くね!と宣言したら夫は「・・・まあいいんじゃない」といつものようにOKし、そしてそれで何も問題は起きておらず。新学期前って息子は100%荒れるのがわかってるのですが・・・・宿題が終わってなくてやらなきゃいけないのにでもやりたくなくてそのモヤモヤを私にぶつけてくるんです。なので今回の西表島も、まさに新学期始まる前日は家にいないでおこう、ってのにちょうど日程的にうまくハマった感じでしたSkypeでチャットだと・・・なんか、距離感がちょうどいいんですよねえ。息子もキスマークとかばしばし送ってきたり、「ちゅき(好き)」とか言ってきたり・・・・(ある意味ヤバい?)昨年発見しましたが、新学期前は私は家にいないほうがいい!!そのほうが平和にしかも穏やかに時が流れる・・・・息子も無事準備を終えて3学期初日を迎えられたそうです。まあ前日はSkypeで書初めのチェックはしましたが・・・(一文字書くごとに写真を送ってきて確認してあげて・・・を繰り返し。でもその場にいたら絶対、20000%ケンカになってたはずが、Skypeなのでお互い穏やかなやり取りになった。私も「すごいね~、上手になったね!」と褒めやすかった)実の親子なのにSkypeでちょうどいい?そんなのおかしい!ダメだ!!と言う人もいるかもしれませんが、何を言われようと私と息子の現在は、離れてSkypeするのがなんだかとっても調子いいし平和なのです何より、お互いに不機嫌さもストレスもゼロ!!!ストレスがないってのが最高の真実だと私は思いますね・・・・そして私は離島を旅を楽しみ。夫も息子も平和。さみしがったけど、大きなストレスってほどでは全くない私は堂々と言います。新学期前は息子と一緒にいたくないので旅に出ます!!旅好きな私にとってちょうどいい・・・・旅には出るけど夜ずっとSkypeしてるのでほったらかしにはしてない(というかできない(-_-;))ので息子も満足してるしそれでいいんじゃないかと。日常生活の中のことって見落としやすいけど、でもそこでストレスを実は長年溜め込んで・・・・ってのに陥らないように。まず日常から、これを変えられる、変わるんだ!と体感していく。どんなやりかたでもいいですが、変わる、変えられる、ってことを実感してくことは、大きな力になり、エネルギーも変わっていくと思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 09Jan
    • 悪い引き寄せ?私の愚かさ。の画像

      悪い引き寄せ?私の愚かさ。

      1月10日(月・祝)はそらまめいちばにてお弁当を販売します。ミニ占いコーナーもあります!毎週水曜日と毎月第一土曜日はとなみイオンにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて待機していますが、1月2月はお休みし、3月の第一日曜日から再開します。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。西表島を出発し、フェリーで石垣島へ行き。石垣空港から那覇空港、羽田空港と乗り継いで・・・小松空港行きの便をラウンジで待ちます。ちょうど夕焼けが見えてその光景にもしばし心奪われ・・・。やっぱり何度行っても好きなのです。羽田の北ウイングのサクララウンジ。この整然と感。多分エネルギーも高いと思う・・・。窓側でなくても、反対側のライブラリーコーナーも雰囲気がいいです。以前はこっちのライブラリーコーナーの片隅の広い席がお気に入りでした。ラウンジからは段々人が減っていきました・・・・。私はこの空間には何時間でもいられる自信がありますラウンジではビールが無料で何杯でも飲めますから・・・お弁当を買ってきて、ビール食べながらくつろいでいる人もいたりでもラウンジなので誰も騒がない。しゃべり声もほとんどないです。静かです。・・・・そこも好きです!!そして・・・羽田から小松へは、いつもの73Hが・・・・国際線機材でした!!もちろんクラスJにアップグレードしました!!アップグレード無事成功めちゃめちゃ広い座席でした。そりゃあ国際線のビジネスクラスだもんな・・・・ビジネスクラスは2×2が3列のみ。つまりクラスJは12席しかありません。たった1000円プラスするだけで国際線ビジネスクラスに乗れる・・・・嬉しすぎです普通席も、国際線機材なのでいつもとは違います。どの便が国際線機材かはJALのHPを見ればわかりますが、けっこう変更もあるので、それを目当てに便を選んでも、変更があって悲しみに暮れる・・・・ということもよくあります。この便は前々から国際線機材なのは知っていたのですが、そのままでほんとにラッキーでした!!足元も全然・・・・前まで届きません。頑張って伸ばしてこの程度。ちなみに今回も隣には誰もおらず。西表島への旅・・・・行きも帰りも全く飛行機では隣席の人なしで行けました。これまたラッキーでした。ドリンクサービスのとき、写させてもらったドリンクメニュー。JALはコーヒー、スカイタイム(ももとぶどう)、ビーフコンソメスープ、アップルジュース、緑茶(綾鷹)、ミネラルウォーター(いろはす)です。クラスJになると選べるメニューがひとつ増えて(こだわりドリンク)、今月は野菜ジュースでした。たまにトマトジュースだったり変わります。でも経験則的に、野菜ジュースのことが多い印象。夫はよくビーフコンソメスープを選んでることが多いですね。でもアミノ酸使用だからおすすめはしないです(JALさんごめんなさい)。息子はいつもアップルジュース頼んでるなあ。私はこのときラウンジで炭酸水飲まずにパソコンしてたので、せっかくなので野菜ジュースをもらいました。実は離陸前、CAさんがわざわざ私の席に来て、「〇〇様・・・」と挨拶に来てくださいました。キター--!!名前を事前に調べてのご挨拶!!上級会員になるとこういうことがたまに起こる・・・・でも私は上級会員といってもヒラのJGCだから大したレベルではないのですが・・・・今回はクラスJの人数も少なかったし、ご挨拶に来てくださったのだろうか?いつもは名前を呼ばれてのご挨拶はそんなに経験はないです。この時のCAさんが話しやすい方だったので・・・ちょっとお話させてもらったのですが、その方は夜会巻きが素敵だったのでそのことを質問してみました。その方は髪の毛の長さはセミロング程度で、髪の毛が長くなればなるほど難易度が上がるので、その方はそれくらいが限界だそうで・・・・(「私は器用なほうではありませんので・・・」と言っていた)基本的にシニヨンヘアーは、入社したら講習会みたいなのは一応あるそうです(「私もはるか昔に教わった記憶が・・・」と笑)。でも夜会巻きを教わるわけではないので、それは、アップが得意な同僚が近くにいるときにここぞとばかりに教わったりしてなんとか会得していくそうですそして・・・・私が事前に得ていた情報を確認してみたのですが、それは、「夜会巻きが得意な方はピンたった一本で止めているというのは本当かどうか」ということ!!その答えは・・・・ズバリ、その通りだそうです!!確かに噂通り・・・・ピン1本であの夜会巻き!!そして、「しかも、アメリカピンでとめているんですよ」と・・・・これも噂通り!!噂は本当だった!!あの単なるアメリカピンでとめてるんだ・・・・すげえええ・・・・・・この時のCAさんは、「でも私は不器用ですので・・・・今日はピンを3本使っております笑」とおっしゃっていましたいや3本でもすごいと思います!!・・・・・なんだか・・・・こんなふうにちょっとした会話ができるとめちゃテンションが上がって嬉しくなってる自分がいます。その理由は・・・・ 好きだから。 好きなんですもん。CAさんのこと。好きな相手とは何しゃべれても嬉しいもんだよな・・・・・復路最後のフライトも楽しく嬉しく満足して帰途につきましたただこのフライト中ですね・・・・とあるカップルのことが気になり。その女性は旅行中に作ったらしきサンゴ礁をたくさんくっつけたフォトフレームを座席のひじ掛けに置こうとしてて(国際線機材のクラスJなので広めのスペースがある)、そしたら・・・・乗客が次々入って来てるとき、とある男性が通路を通るとき、そのリュックがけっこう幅広で、そしてふと動いたのかもしれませんが(家族と話すために振り向いた?そこまでは私は見えてなかった)、その瞬間、女性の「ああっ!!」という声が・・・・。どうもその男性のリュックが女性の手にしていたフォトフレームに当たり、くっつけていたサンゴ礁がバラバラと取れてしまったのです・・・・しかもかなりな量のものが。女性は大きな声をあげていましたが、でもその男性は全くそれに気づくことなく、進んで行って・・・・そこには茫然と「ええっ・・・・!!」と叫んでいる女性が残されたのみ。私も、ああ、あんなにぶつかってんのに、叫んでるのに、それなのにあの人行っちゃった・・・あんなにバラバラになって可哀そう・・・・と思って見ていました。その男性は赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこしていて、前面に赤ちゃん、後ろに大きなリュックをしょっていたんですよね。ぱっと見は奥さんに赤ちゃんをずっと抱っこさせないで、自分で抱っこしてて偉いなあというか感心な旦那さんだなあと入ってきたときふと思っていたんですよね。それがまさか、リュックがぶつかっても何も気づくことなく行ってしまって、それでこの女性は悲嘆にくれている・・・・そのフォトフレームは手作りだしすごくお気に入りのものなんだろうなとも見てわかったし、でもリュックって、当たっても気づかないことってけっこう多いんですよね・・・・その女の人が叫んでも、それがまさか自分のせいだとは思わないかもしれないし、赤ちゃんのことに必死であんまり他のことは耳に入ってなかったかもしれないし・・・・。結局、その男の人を追いかけることもできず、その女の人は、それでも必死にそのフォトフレームをひじのミニテーブルスペースの上に置いて・・・フライトの間じゅう飾っていました。よっぽどお気に入りなんだな・・・・そしてよっぽど彼のこと(夫?)好きなんだなと。ただ、途中隣の男性がトイレに立った時、戻ってきたら席に戻るためにその女性の前を通る際に・・・その夫or彼氏の大きめのダウンジャケットがなんと!その大事な大事なフォトフレームに当たり・・・・パタリと倒れ(でも女性がカバーして完全には倒れなかった)、まあサンゴ礁はとれはしなかったけど、でもこうして人って、自分がそんなつもりなくても何かにぶつかったりはするんだよなあと。そしてそれをその女性は見せられてるのか・・・・・うーむ。そもそも、そのフォトフレームがそんなに大事なら、そこに飾らず、大事に箱に入れて、自宅に帰ってから飾ればよかったのではないか?でも彼女はとにかく思い出に浸りたくて?フライト中にもそばに置いときたかったのだろうか・・・・そもそも飛行機は繊細なものを運ぶのには向いていない。フライト中何かを席に飾る、のも向いていないし、旅慣れた人なら、それは分かってるのでは・・・・彼女は飛行機旅には慣れていない。それは最初に席に着いたときにわかった。だって、自分のスーツケースを、「これ、どこに置けばいい?」と彼に聞いていたから。・・・・・いやいや、普通に上のハッチっしょ。下には置けんよ。スーツケースを上に収納することも知らない・・・・座席下のスペースがスーツケース入れれるほどじゃないのに戸惑って荷物どうしようとなるとは・・・・まさか飛行機初めて?んなわけないとは思うけど・・・・・全てヴィトンでそろえてるカップルだったから、もしや、ファーストクラス(国際線)にしか乗ったことないとか!?国内線のクラスJなんて乗ったことなかったのかな・・・・降りる時、まずクラスJの乗客が上の荷物を取り出して準備をするのですが、そのとき、私とほんの少しだけど軽く彼女がぶつかって、でも何も気にしてないのを見て・・・・そっか、こんなふうに彼女は、自分でも今まで他の人にどんな影響を与えたとか、与えたかもしれないとか、それこそ自分が通路で誰かの邪魔になってたかもしれないとか、そういうのを気にしないで生きてきたタイプなのかな、と思った。だから今回のフォトフレーム事件?が起きたのかなと。自分でしたようなことが返って来ただけだったのか?そして普通にこちらを気にすることなく通路をどんと塞いだ態度も見て・・・・通常は譲り合うか、あるいは先手を打ってさっと先にスペースを確保して、その勝負?に勝った人が先に降りられるポジションを得るのだけど・・・・順番は気にしない派(そんなに急いで降りる気はない、だってどうせ列ごとに進むし、左右の同列の人の中で一番に降りたいとかは気にしてない)と、すごく気にする派がいて、でも・・・・彼女はどっちでもない感じがした。・・・・なんか、変な感じ。・・・・やっぱり、周囲は気にしないタイプなんじゃないかな。人にもいろいろもしかしてしてきてて、それで今回のなのかも。今回のことは悲劇でもなんでもなくて、自分のやってきたことが一気に返って来ただけなんだろうなあ。そんなことを考えてて・・・・・はたと気づいた。多くの人たちが、嫌なこととか悪いことが起きたら、自分がどうしてそのことに値するのだろうか、自分はいったい何をしたんだろうか、それを引き寄せるような悪いことを私がしたのだろうか・・・・・、と自分を裁いたり、責めたり、あるいは自分以外を裁いたり責めたりするのですが・・・・・でも、スピリチュアル的には、それを考えたらいけないんだった!!!自分が悪いことをしたから、悪い子だったから引き寄せた、・・・・・じゃなくて!!!そうではなくて、ただただ・・・・何らかのバランスのために、その出来事が必要だっただけ、って視点を・・・・・忘れちゃあいかんのだった・・・・・宇宙って・・・・罰も義務も、与えない。悪い子には罰を与える!ってのは人間だけだ。人間レベルの存在だけ。自分で自分を悪い子だとか何かをしてしまったからとか、自分を責める必要も裁く必要もないし、誰かのことも、あんなことしたからとか、責めたり裁いたりする必要も・・・・ないんだ、ってこと。・・・・やばいよ。忘れてた。なんか勝手に・・・・あの女性のこと、こういう態度で生きてきたからじゃないの?なーんて勝手に裁いてた・・・・・・・・・・・このあんぽんたんめー-!!私!!!私は、ろくでもないジャッジをしていた・・・・そしてそれって、自分にとって相手がなんか気に入らない雰囲気だったから、そんな結論を下してた・・・・・ひでえ。ひでえな私。愚かすぎ。・・・・でも、そこで自分を責めてはいけません。そしたら自分のエネルギーがだだ下がりです。なので、自分をやべー奴、愚かな奴と観察結果が得られても、それで自分を責めるのは・・・・しない、ってことです!!愚かでした。私。・・・・・以上!!!あのとき、フォトフレームが壊れたのは・・・・まあもしかしたら彼女のこれまでの何かからの引き寄せかもしれないけど、でも、それを私が追求する必要もないし、この出来事をそもそもネガティブと結論付ける必要もない。こういうことがあったからそのおかげで何らかのプラスが起きるきっかけになるかもしれない。だから私はその「壊された」ことをネガティブと結論付けてる時点で、未熟者・・・・ちゅうことです・・・・・私はただ、「リュックってやっぱり怖いな」「ほんとに気をつけないといかんわ」と思って、それだけでよかったんですよね・・・・・リュックってやっぱり当たりやすい。そして気づきにくい。多分私も今までいろいろ、気づかずにやっちゃってるんだろうな・・・・自分が覚えてないだけで。そして、自分の好みのタイプじゃないと、人って・・・・すぐ点が辛くなるというか、批判的になるんだなと、自分もほんとにその傾向が強い、ってのを思い知らされたというか・・・・・単に自分好みのタイプじゃないから、悪い引き寄せしたんでしょ的に、「裁く」ってことをしちゃったんだなと・・・・結局人って、好きか嫌いかで、正しさの判断をしちゃうのかも。いやはや自分の愚かさ、情けなさを・・・・・あらためて感じさせてもらいました。気を付けてないとすぐこうして「裁く」ってやっちゃうなと・・・・・そしてその裁きは、相手が自分の好みかそうじゃないかですごく左右されるんだなと。もし彼女がすごく気遣うタイプでお先にどうぞ的な態度を示してたら、そしてブランド品で全身を固めるんじゃなくて、ピープルツリーとか愛用してたり麻製品で身を固めてたりしてたら・・・・また私の思考も違ってた気がする。うん、多分違ってた。・・・・なんかもう、めっちゃ自分が恥ずかしい・・・・・あらためて・・・・誰かに何か、嫌なこと、悪いことが降りかかってきても・・・・・それを「悪い出来事だ」と決めつける必要もないし、あの人はこれこれこういう人だからこんな悪いことが起こったんだ、っていう裁きも全く必要ない!!ということ。私自身、あんなふうにフォトフレームをフライト中でも飾って・・・片時も忘れたくない、ぐらいに飾って・・・・それほど相手のことが好き!って気持ちとか、そういうのは私がそんなに共感できないことだから、冷たい視点になっちゃったのかも。人って、自分が共感できないことをしてる相手には、あんまり優しくなれない生き物なのかも・・・・もちろんそうじゃない人もたくさんいるけど、私みたいなタイプも山ほどいるってことなんだろうなあ。・・・・うん、ますます私が誰かに偉そうになんて・・・・絶対できやしねえ・・・・(;^ω^)何かが壊れた、壊されたとしても・・・・彼女だったら、一人じゃなくて、隣には、「こんなことされた、悲しい・・・!」と言える人がいて、慰めてくれる人がいるって・・・・幸せなことだしなあ。それに彼がいるってことはこれからまたどんどん思い出も増えていくだろうし。彼女の落ち込みも、彼と話しているうちに落ち着いていたふうにも見えたので・・・・うん、みんなが楽しいフライト時間になればそれが一番。誰かと一緒な人はだれかとの時間を楽しみ、私のように一人の人は、一人の時間を楽しみ。私にとって飛行機は、大好きなものでもあり、いろんな発見もあり、いろんな考えるチャンスももらえる・・・・嬉しい存在です。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください