食べることと、スピリチュアル。~モロゾフのブログ~
  • 19Jan
    • 宇宙からのメッセージ。の画像

      宇宙からのメッセージ。

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です(延長は10分につき1000円)。毎週金曜日は金沢市内の町屋にてスピリチュアルカウンセリングを受付しております。マクロビオティックのおやつやお弁当を食べながらのお茶会(一対一なのでマンツーマンです)も1時間2000円にて受付しております。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて11~16時待機しています。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。石垣島に行ったときは、ルートイングランディア石垣に泊まりました。値段がお安かったのと、大浴場があるので選びました。部屋はごくごく普通です。部屋にユニットバスはついていますが、大浴場に行く人が多いのではないでしょうか。大浴場は、そこまで広い!ってわけではないのですが、やはり足をゆったり伸ばして大きなお風呂に入れるって・・・すごくリラックスできます。ちなみにこれは男湯です。誰もいなかったらしく、息子が写真を撮っていました。ルートイングランディア石垣は、ロビーには無料で飲めるコーヒーマシンもありました。でもコーヒーしかないのでコーヒーを飲めない人間には残念です(;^_^A朝食は一度だけつけましたが・・・・(息子が食べてみたい!と強く主張したので仕方なく)やはり我が家にはぴんとこず。息子もどんどんテンションが下がっていきました苦笑なので・・・写真は撮ってないです私自身も、写真を撮りたい気分にどうしてもなれなかったので・・・・(;^ω^)しかしながら、いい立地で、お風呂にも入れてゆったりさせてもらいました。朝食は、朝を抜いて昼から食べるとかもできますし、朝から食べ過ぎない方が一日快適に過ごせるので、我が家としてはもうホテルの朝食はそこまでこだわらない方式かな・・・という感じです。でも沖縄の那覇に行ったら、以前記事にも載せた、あの薬膳朝食はまた食べに行きたいですが(50品目あるのにあんパン1個分のカロリーしかない凄すぎる薬膳朝食の記事はこちら)さて、ニール・ドナルド・ウォルシュの『神とひとつになること』の中に・・・・神さまからのメッセージが書いてありました。神さま、と呼んでもいいし、私は、「宇宙」というふうにとらえています。そのメッセージとは・・・・「お互いに親切で、善良でありなさい。自分自身にも親切で、善良でありなさい。この二つが矛盾しないことを理解しなさい。お互いに寛容になり、分かち合いなさい。自分自身にも寛容になりなさい。自分と分かち合えたときにだけ、ひととも分かち合えることを忘れないように。自分がもっていないものは、与えられないのだから。」・・・・という言葉が書いてありました。人に優しく、という言葉、概念はこの世でよく出てくるし教えられるかもしれませんが、それと同じくらい、自分自身に親切にすること、優しくすること、は・・・・・どこで学べばいいのでしょう?どこで教えてもらえるのかな・・・・・自分に親切にすること、と他人に親切にすること、は矛盾しない。どっちも両立できる。もし 自分の子どもや自分の友達が何かに頑張ったとき、あるいは結果は出なくても本人なりに頑張った様子を知っていたとき、「頑張ったねー!」「すごいねー!」「あなたを誇りに思う」 という言葉が自然とかけられるのと同じように、自分自身に対しても、頑張ったねー!すごいねー!私は自分のことを誇りに思う!・・・と、自分に言ってあげる必要がある。両方できて・・・初めて世界は平和になるんじゃないかな?他者だけ喜んでて、自分だけ泣いてても・・・・それって真の平和じゃない。頑張ったねー。お疲れさま。そんな優しさを、自分は自分に持てているかどうか。もっとやらなきゃダメだ・・・・って言葉が必要なんじゃない。大切な友達に、「あなたはもっと頑張るべきだと思う。怠けないで」・・・・って言うだろうか?(もしかしてオリンピックとか目指してたら言うかも?)自分にも、よ~~頑張って生きてるな~、私!!って目いっぱいの素敵な言葉をかけてあげればいいんだと思う。そういう言葉がかけられない?難しい?ならば、もっとシンプルに。自分で、自分のことを好きになる。自分の人生、自分の過去、自分の今、自分のこれから・・・・を好ましく見つめてみる。自分に寛容に、と宇宙は言っている。失敗したと思っても、全く同じ失敗をした人間が目の前にいたら・・・・なんて声をかけるだろう?あんたはダメ人間なんだよ!なんて言わずに、その状況も心情もすごくわかるから、あなたの気持ち、分かるよ・・・・と寄り添ってあげたくなるはず。責めるのではなく、寄り添いたいと思うはず。だから・・・自分のあれもこれも、ぜーーんぶ、「大丈夫だよ」と言ってあげたい。同じような経験をしてる人も、たくさんいるよ。同じようにつらい気持ちを抱えてる人も、たくさんいる。一人じゃないし、みんな、傷ついた部分を持っている。だから・・・・みんなに必要なのは責めあうことじゃなくて、お互いに、優しくしあうこと。大変だったね。しんどかったね。でももう大丈夫だよ。そんなふうに、自分も自分以外のことも、見つめてあげられたら。・・・・そしたら、絶対、世界は変わる。絶対変わる。・・・そう信じてる、自分がいます。なので・・・自分はこの世に生まれて、何ができるのか?と思う時、自分に絶対的に優しく、嘘をつかず、寛容である、ということを徹底的にやれたとしたら・・・・それは、ものすごい世界貢献、宇宙貢献になると思う。1万本の植樹も大事だろうし環境活動も大事だろうけど、自分にも人にも優しく、嘘をつかず、寛容さを持って生きる、ってことが・・・・実は誰にでもできて、お金も体力もなーーんもいらなくて、でも必ずできる、ものすごいことなんだと思う。自分に嘘をつかない、ということも宇宙は大事なメッセージとして伝えてくれています。嫌いなものは嫌いとはっきり言う。そこで自分を責めない(自分に寛容に!)。嫌いなものから卒業できたら自分を褒めてあげる。自分の中にある、あいつが許せないとか、あいつが社会的に成功するのを見るのが嫌とか・・・・ど~~んなことも、自分の寛容さ、自分を偽らずに生きることを知るためのステップです。自分の魂が真っ黒?とかじゃありません。自分に嘘をつかないために、めちゃくちゃ嫌いなあいつが役に立ってくれるともいえるのです。あいつなんてやっぱり嫌いだ、って自分の素直な心を偽らないために。でも、そうして素直に自分のドロドロを認めてみたら・・・・不思議と、それらは消えます。しゅ~っと小さくなります。これはほんとにすごい法則です。是非いろんな人にまずは試してみてほしいです。自分の中の毒々しい?と思えるものを「心から」認めて、それでいーや、と心から思えたら・・・・・奇跡が起こります。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 18Jan
    • 唾液のはなし。消化酵素ゼロの人とは?の画像

      唾液のはなし。消化酵素ゼロの人とは?

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円(延長は10分につき1000円)です。毎月第一日曜日は白山「Qui」さんにて11~16時待機しています。2月の待機日は7日(日)です。毎週金曜日は金沢の町屋にてマクロビティータイム、マクロビランチタイム、スピリチュアルカウンセリングをご予約制にて受付しております。ティータイムもランチタイムも、町屋を貸し切っているので他にどなたもおいでません。ほかの方を気にせず、自由におしゃべりできます。お友達同士でのティータイム、ランチタイムも可能です。ティータイムかランチタイムお申込みの方で、同日にスピリチュアルカウンセリングもお申込みの方はスピリチュアルカウンセリングを1000円割引させていただきます。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。石垣島に行ったときは1日2食にしていましたが、お昼を抜いた日の夜、泊まったホテルの近くの居酒屋に夕食を食べに行き・・・(地域共通クーポンを使おうとしました)息子と夫には自由に食べてもらいました。夫と息子は石垣牛が使われた丼を注文お値段は1500円。普段はお肉には飛びつかない息子も、夫がやたらと石垣牛を連呼するので、二人で石垣牛の握りを食べることに・・・(1貫250円で、2貫からしか注文できませんでした)息子もなんだかおいしいと思ったようです私はといえば、もうお肉を見ても何も心が動かなくなったので、特別食べてみたいとも思わず、ふ~んという感じで見ていました夫と息子はさらに海鮮ラーメンも注文。海老でだしをとっているそうです。スープを少し飲ませてもらいましたが、どひゃーー!!ってくらい海老が強かったです(;^ω^)私は・・・島そばのペペロンチーノがあったので、これならいけるかも?と思いきや・・・・豚がいっぱい入ってましたなのでひたすら豚を取り出し、夫に食べてもらいました・・・・肉のエキスは入ってしまってはいますが、お肉を取り出したあとの島そばはいただきましたまあこんなふうに息子は外食しても特にひどい感じ?にはならなくなってきたのが助かっています。熱も出ないし、人格豹変・・・・はたま~にあるけど、めったになく。今一番多いのは皮膚のできものとか目のかゆみ、鼻水鼻づまりぐらいです。今回はマクロビオティックなお店を訪問するとかは全くできなかったのですが・・・食べ物をメインにしてその場所を楽しむ、ってことが自分としては必須ではなくなってきているので、まあ食べ物は何か自分の好きそうなお店が見つかればそれで楽しいし、見つからなくても、旅の楽しさは変わらないと思っています。それに、いずれイギリスに行けば、ベジタリアンでもヴィーガンでもいろんなお店やメニューがありますからね!その時に旅行中の食べる楽しみはとっておきますさて、あらためて「唾液」って・・・どんなはたらきがあるのか?まず、唾液って、抗菌作用 があります唾液に含まれるリゾチームという酵素には、抗菌作用があるんです。なので、口の中に傷があっても、化膿しにくくなるし早く治るふうにしてくれます。あれ?でも口内炎できたらなかなか治らないけど・・・・という人は、はっきり言わせてもらいますが食べ過ぎです。え~、私そんなに食べてなぁ~い、って言っても・・・・問答無用です。絶対食べてます。食べない方がいいものを食べてたり(甘いものとか外食とか)、量が多かったかもしれないし、種類の選択でミスったかもしれないし、飲み物が多すぎたかもしれないし・・・・とにかく、口内炎の原因はほぼ食べ過ぎです。言い訳しても無駄です。いつもと量も変わらないもん!って言い訳しても、体調がちょっと悪くなってきてたり疲れがたまってるのに同じ量を食べてたりとか・・・ないでしょうか?調子が落ちてきたら少食にしないといけないところを通常通り食べてて「食べすぎ」になってることもあります。も~~潔く「私は食べ過ぎました」と認めちゃったほうが、早く治るんじゃないかと・・・・なので、口内炎は絶食したらすぐ治ります。もしくは徹底的な少食にする。とにかく食べる量を徹底的に減らす。そして噛む。100回以上噛む。痛くて噛めない?それはつまり「食べるな」ってことです葛湯とか重湯とか甘い野菜のスープとかの液体で空腹を紛らわせましょうさて、ほかに唾液には、発がん作用の無毒化 の力があると言われています。唾液にはペルオキシダーゼという酵素も含まれていて、これが、発がん作用を無毒化する働きがあると言われているのです。よく噛むとがん予防になるというのは、噛むこと自体が予防になるのではなく、噛んで唾液とよく混ぜ合わせることで、ペルオキシダーゼのはたらきを高めて発がん作用の無毒化が期待できるようになる、ということです。なので・・・がんになりたくなかったら、噛む ことを徹底すれば、リスクは確実に減る、ってことです。これ・・・・1円もかからないです!!よくわからんサプリとか健康食品を摂取して、添加物や甘味料を同時に摂取してしまうよりも、お金もリスクもゼロの、噛むこと のほうが・・・めっちゃいい健康法だと私は思っていますそして、唾液には、虫歯予防 の働きもあります。虫歯菌のミュータンス菌は、甘いもの(ショ糖)をエサにして酸をつくり、その酸によって歯垢中の酸性度がpH5.5以下になると歯の表面が溶けだして、進行すれば虫歯になると言われています。唾液には、酸性化した歯垢を中性化するはたらきがあると言われています。ジュースを飲んだら、瞬間的に歯は溶けます。しかーし!!でも唾液があるから元に戻るんですなんてすごいんだ、唾液って・・・さらにですね、食べ物の味ってのは食べ物に含まれる味覚物質が、唾液中に溶け出すことにより舌が感じて初めてわかるのだそうです。つまり・・・唾液が分泌されないと、味は感じられない、ってことです。総入れ歯なんかも唾液の表面張力で歯茎とくっついているので、唾液が少ないと入れ歯が歯茎とすれて痛みが生じます。もし唾液がなかったら、食べ物が口の中や食道を傷つけてしまうことにもなってしまいますな、なんてマルチに働いてくれてるんだ、唾液ってやつは・・・・ちなみに、唾液にはサラサラしたものとネバネバしたものと2種類があるそうです。リラックスして食事をするときはサラサラの唾液で、消化酵素のアミラーゼがたっぷり含まれているそうです。そしてよく噛むと、サラサラした唾液が出るとのこと唾液の量が少ないと・・・防御作用が低下すると言われていますネバネバした唾液が増えるのは、ストレスがかかって、交感神経が優位になったときです。このときの唾液には・・・・なななんと、アミラーゼは含まれていないみなさん・・・・唾液って、同じだと思ってませんでしたか??そして食べれば結局消化って自然とされるもんだと思ってませんでしたか??私は思ってました!!でも・・・・おんなじものを同じ場所で食べてても・・・・ある人にはちゃんと消化酵素が出てて、ある人は消化酵素が出てない、って事態が発生しちゃうんですね・・・・・だから、食べ物そのものだけじゃないんです。注目すべきは。何を食べるか食べたか、だけが大事なんじゃなくて、それらが結局適切に消化されないと意味ないですから、消化酵素のアミラーゼが出たかどうか、にも注目しないといけない。なので・・・・ストレスがかかるような食事の席って、避けないといけないですよね。例えば、お母さんが子どもに向かって、ちゃんと食べなさい、野菜も食べなさい、こぼしちゃダメとか、箸の持ち方が・・・・など、いろいろ言われてたらストレスがかかるし、そうなると消化酵素も・・・・出ない。つまり、どんだけ栄養に気を配って食事を作っても、それを消化してもらえなかったら、意味ない気がする・・・・あるいは、父親がすごく口うるさくて、食事の席が楽しくなかったりとか。あるいは、姑と一緒の食事が嫌で嫌でストレスだったら、やっぱり・・・・消化酵素が出ない。食べても、それらを自分の力や免疫力、防御力アップにつなげられない。せっかく食べてるのに・・・なので、何を食べるか?だけではなく、どう食べるか?ってことに光がもっと当たってもいいはずだし、そのことに私たちは注意していいと思うんですよね。ストレスのかかる食事の席には行かない!気を使うママ友とかのランチ会とかも行かない。好きじゃない人とは食事をしない。私個人は、家族だからといって、一緒に食事は無理にしなくてもいい、と思ってる派です。家族だから一緒に食事はすべき!という考えももちろんOKです。ただ、それは全員に当てはまるわけではない、と思っています。私自身は、夫と息子と一緒に食べる、ってことは実は普段の生活ではほとんどないです。朝は夫は3時に起きるし、息子は朝は食べない・・・・夜は息子は部活があったりするし、部活がなかったら友達と遊びに行っていて、毎日絶対残業がなく5時前には仕事が終わる夫とは夕飯時間がずれたりすることも多いです。そして私は、夫と息子が揃って夕飯を食べるときも、たま~~に一緒に席についてるだけです。でも食べなくても、同じ食卓にはいます。絶対食べなきゃ、とは思ってなくて、食べてなくても、同じテーブルについてたらそれでいいんじゃないかな?と感じています。同じテーブルについてたら会話もできるしその空間を共有できるので。そして、食べてないと、お代わりとかいろいろ注文があってもすぐ動けます。食べてると、せっかく食べてるのに・・・・と自分の食事が中断されて不満が出ますが、食べてないと、別に何も中断されてないので平気なのです。私は夜は食べたくないときもあるし、一人であとでレッスン後になにか食べたい・・・というときもあるし、2人が食事を終えて、その残り物だけ食べたい、とも思うので、まあ・・・・めんどくさい人間です。その私の我儘を保ちつつ、かつ家族との時間も保つ、ってことで・・・・私は食卓には一緒にいる、って方式ですケンカしたときとか、何かあったときとか・・・・一緒に食事をしたくないときもあると思うんですよね。私もそうです。そういう時は無理に一緒に食事しない。一人で食事すると・・・・すごくほっとできたりします。自由だな~と楽しくなったりもします。でももちろん家族と一緒の時間が楽しいときもあるので、そのどっちも両方普段やってる、という感じです。人それぞれ・・・・いろんな形のやり方、答えを探していけばいいんじゃないかな~と思います。大事なことは、食べるときに噛むこと、そして、ストレスのかからない状況、環境で食事をする、ということであり。栄養面とか自然食とかに興味がなくても、噛むこと、ストレスフリー、ってことは誰もが絶対わかるはず。そしてこれが、お金もかけずに自分の体を強くすることでもあり。コロナに怯えている人も・・・それなら自分の防御力をアップすることに頑張ってみたらいいんじゃないかな、と思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 17Jan
    • PCR検査の問題点。の画像

      PCR検査の問題点。

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみにて11~16時待機しています。毎週金曜日は金沢の町屋「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、マクロビランチタイム、スピリチュアルカウンセリングを受付しております。毎月第一日曜日は白山市「Qui」さんにて11~16時待機しています。3月7日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。全てのお問い合わせは natsue58@hotmai.com までお願いいたします。川平湾が見える、川平公園を散歩中の私と夫。撮影者は息子。腕を組んでみたら・・・夫が、「腕組むのって、初めてじゃない??」と・・・そういえば手をつなぐはやるけど、腕を組むってあんまやらないかも??腕は組んでみたものの・・・なんだか私は夫にぶら下がってる感じもするので、やはり手をつなぐ方がしっくりくると思いましたカビラブルーってほんとに美しかったです。また石垣島も行きたいな・・・・息子もスマホでひたすら写真を撮りまくってました。以下は息子が撮った写真です。地元の日本海とは全く違う海の色に感動してしまいます。南の島へ来て初めて、海ってきれいなんだと知りました。離島に行く前に気づけよ!って感じですが・・・・(;^_^A水や塩って、お清めに使ったり、魔を払うためとか、結界を張るときに使われたり、空間浄化に使われたりもしますが、海って・・・・水も塩も含まれる、すんごいスポットじゃん・・・・・何かを見て美しい、と思ったとき・・・・自分の中に入り込んだ余計なモノ、エネルギーは自然と離れていったりします。ウイルスも同じですが、そこに寄生できないとわかると、住み続けられないのです。美しいものを観て感動したとき・・・・その人の心は、不安や恐れ、心配から離れ、自然な状態になっています。そのときはいわゆる、意識レベル、精神レベルの免疫力がとても高まっているとき。不安や心配、恐れはいわば免疫力を下げるモノです。免疫力を高めるとき、食べ物もじゅうぶん役に立ってくれますが、自分の精神面を、不安や恐れ、心配に染まらないようにする、というのはそれも自身の免疫力を高める力になります。逆に言えば、不安、心配だらけの人は免疫力が低いのです。だから精神レベルで、それこそネガティブなエネルギーにくっつかれたままってこともあるかもしれないし、ちょっと悪さをする霊みたいなものがくっついちゃうこともあるかもしれないし、生霊とかもくっつきやすくなるかも・・・・そして、精神と肉体は連動していますから、結局肉体の免疫力も低くなり、ウイルスに弱い体にもなってしまう可能性が高い。だから、コロナ対策をしたければ、不安、恐れ、心配を手放す!!ってのもと~~~ってもいいことだと思います。我が子の将来どうなるのかしら・・・なんて心配はしない。自分の老後が心配・・・・もしない。コロナって怖い・・・・って恐れない。数日前、夫がテレビのニュースを見て言いました。石川県は、コロナウイルスの死亡率が高い、と。東京より高い!と。私は・・・・だから何なん?と言いました。石川県は交通事故死も全国一位なん?石川県はインフルエンザの死亡率も全国一位なん?がんの死亡率も自殺率も全部一位なん??殺人件数も非行に走る子の数も認知症になる人の数も一位なのかよ????他のありとあらゆるデータをほっぽってるくせに、コロナだけの数字で騒ぐな!!!すべての数値でワーストになってから騒げ、不安がれ!!!!テレビに騙されんな!!!(この愚か者!!・・・・は心の中で言いました(;^ω^))・・・・と、思いっきり夫にキツく言ったら・・・・・夫はそそくさと話題を変えました←私の言いたいことが分かったわけでは決してなく、単に「ママの機嫌が悪い」とだけ感じた様子いやはやほんとにマスコミって酷いなと思うのは、コロナウイルスの死亡率だけ取り上げるってのが酷い。まるでそれがこの世の全てであるかのように謳ってますが、別に死亡率高くても、例えばですが自殺者とか交通事故死の人とかがんで死亡する人が少なくなれば、コロナウイルスの死亡者数が上がっても問題ないと思うんです。この言い方で気分を悪くされた方がいたらごめんなさい。人間が死ぬのってそもそもコロナウイルスだけじゃないじゃんと。それなのにコロナコロナって・・・・それで騙そうと思ってんのかあ!??騙されるわけねーよ!!馬鹿にすんな!!!・・・・・と思ったら騙されそうになってた夫がいた・・・・←でも夫はすぐニュースのことなんかも忘れてるとは思いますがそして、ニュースってほんとにまあずるいくらいに不安を煽る伝え方しかしないので、よっぽどしっかりしてないとそこで洗脳されちゃう危険性が高いなあと感じています。奴らはほんとにずるいですよ。コロナウイルス感染者をひたすら数字だけ羅列して、そして、どんな数字であっても、絶対不安とセットで伝えてきます。新規感染者〇〇〇人!!!・・・・と、絶対多いふうにして伝えてくる。感染者が多ければ多いと不安を煽るし、人数が減っても重症者数が、とか、感染経路不明者がこんなに、とか、若者がこんなに、とか・・・・も~~~~あいつらはほんとにずるい。過去最高、って煽り方を絶対する。まるで、減ってる、ってことを言うのがタブーみたいに。ちなみに・・・・コロナウイルスの感染者数は、私はニュースの数は信じてないです。心の底から信じてないです。過去最高の感染者数、って言われても信じたことは一度もないです。なぜかというと、もしかして以前のほうが実は感染者数が多い、って可能性も無きにしも非ずと思ってるからです。以前はPCR検査数がとても少なくて、陽性者はいても拾えてなかった可能性もある。そして・・・・自分の直感にしたがっていろいろ調べてみると、ま~~出てくるわ出てくるわ。いろんなことがわかってきました。そもそもPCR検査自体、完璧なものではないし、完璧なものじゃないものに頼った数値がそもそも怪しい。イギリスのオックスフォード大学が発表してましたが、PCR検査って色々問題点があって、PCR検査は、死んでしまったコロナウイルスの残骸でも拾ってるそうです。コロナを他者に感染させる可能性が高いのは1週間だと言われていますが、10日とか2週間とかたって、もうほぼ感染力がなくなってても、その人の中にコロナウイルスの死骸があったら、それにPCR検査は反応して、陽性としちゃうわけです。だから、陽性=やばい!!じゃないんですよ。感染力のない人も陽性者にカウントしてしまうのがPCR検査です。マスコミは感染者数が過去最高とこれでもかと煽りますが、そもそも・・・・その感染者数ってのが、怪しすぎる。感染者数は、PCR検査で陽性と判断された人です。そして、陽性=誰かを感染させる人、ではないのです。コロナウイルスの死骸しか持ってない人でも、陽性、感染者数にカウントされてるんですから・・・・。PCR検査に問題点があることは多くの人も知るようになってきたと思います。PCR検査はもともと、完璧な検査ではない。その問題点は、こういうことはマスコミではあまり取り上げないですが、PCR検査では陽性と判断するCt値というものがあって、その基準値ってのが、国際基準がないんです。日本の国立感染症研究所のマニュアルでは、Ct値が40以内で陽性、と定められています。Ct値はサイクル数で、数値が低いほどウイルスの数が大きい、と思えばいいそうです。いろいろ読んで私が認識した感じで言うと、唾液や鼻腔から検査対象を取って、でもそれをそのまま顕微鏡とかで見てウイルスの数を調べる・・・とかじゃないんですよ。PCR検査ってのは。その、唾液とかの、ウイルスがいると思われるもの、ちっちゃなちっちゃなもの、をどんどん増幅させていって・・・・(それをサイクルと言うらしい)、要はちょっとの回数、サイクルでウイルスの数いっぱいだ~!ってなれば、Ct値が少ない、となるし、何回も何回も増幅されて、何回ものサイクル数が必要だとなるとCt値は高くなるって感じのようです。なので、Ct値は低い方がウイルス量は多い。Ct値は低いとウイルス量は少ない。ってことになりますよね。日本のPCR検査の基準値はCt値が40です。しかし・・・台湾はCt値は35未満、だそうです!そして中国は37~40で再検査を進められる、ってなってるそうですなんじゃこれ、世界各国で違ってるやん・・・・つまり、ある国ではPCR検査受けて陰性。しかーし。入国する国でPCR検査受けたらはいアナタ陽性です!ってなるってことです。なんじゃそりゃ!!!そして・・・・同じ日本国内でも、この基準値をもし国立感染症研究所が変えたら、日本の新規感染者数なんて、一瞬のうちに変わる、ってことですよね。そんなもんなんですよ、感染者数って。ちなみに、感染症学会で発表された意見としては、このCt値は34くらいが目安では、と言われていたそうです。実際、Ct値は30~35が適正という意見が多いそうなんです。が、感染症研究所としては、おそらく慎重を期して、Ct値は40で陽性、としたんでしょうね。でもそれだけ高い基準値だと、ウイルスの死骸も拾っての陽性、になってしまう・・・・だから・・・コロナウイルスを軽視しろ、とは言ってるわけではないのですが、マスコミの煽りにのせられて、怖い怖いって異様に怖がる必要もないわけです。きちんとした情報を発信している人、医師の方々もたくさんいらっしゃるので、そういう情報を集めていけばいいと思います。京都大学の先生は東大系と違って、けっこうはっきり、お役所に忖度しないで発言する方が多いように思います。昔から、京大って東大とほんとに路線が違ってて(これは入試問題でもわかります!ここは力説したい!!京大と東大って教員してたらわかりますが、ほんっとに!!!入試の路線が全然違う!!笑えるくらいに京大の問題はいい意味でいっちゃってます!!!個人的にはめっちゃ好きです笑 東大はもう入試そのものが優等生って感じですね・・・・求めてる人材って、入試を見たらけっこうわかります。京大の赤本やったら、京大のことすっごく好きになる人多いと思う・・・・でもちょっとクレイジーだから嫌いになる人も多いかも苦笑)、御用学者系統の東大って、鳥インフルエンザとか新型インフルエンザにしても、やっぱり発言がお役所よりなんですよね。でも、京大って全く真逆のことを言ったり実践してたりするので、めっちゃ気持ちいいです笑 東大が大学を休校にしても、京大は大学休校にしても意味ないからしないよーんってアナウンスするし(でもその理由はめっちゃ理路整然としてます)。まあまずは・・・多くの人々が、感染者数のトリックに騙されないように、PCR検査の真実を知っていくようであればいいなと思っています。ニュースは、知識を得るためのものではありません。自分のつっこみ力を試すものです!!その陽性者数っておかしいよね、その煽り方おかしいっしょ、ってつっこみを入れながら見ましょう!!つっこむ知識も元気も自信もない人は、ニュースは見ない方がいいと思います。洗脳される危険性があるので。(でも見たい!見るのが趣味!楽しい気分上がる~って人はもちろん見てもいいのです)この問題点がありすぎるPCR検査に頼ってる現状・・・・どうにかならんもんかな、と思います。せめて専門家の意見としての、Ct値を40から30~35にする、をしてもいいはずなんですが・・・・まあ、お役所って変更をめっちゃ嫌いますから、変わらないだろうな・・・コロナ怖い・・・って言う前に、PCR検査って何なのか、感染者数はどのようにして決まるのか、ってことをシンプルに自分で調べる人が増えればいいな、と思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 16Jan
    • ゾロ目を見たらスピリチュアル的には?の画像

      ゾロ目を見たらスピリチュアル的には?

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円(延長は10分につき1000円)です。ご予約は natsue58@hotmail.com までお願いいたします。毎週金曜日、金沢市内の町屋「よふ葉」さんを貸し切って開催しているベジランチタイム。この日は県外から遠路はるばるお越しくださった方も1時間2000円にて承っています。ティータイム(おやつ)も同じく2000円です。お弁当でもおやつでも同額です。原価は違うんですが・・・(;^_^Aこの日はランチタイムもティータイムもお申込みがありました。この日のおやつは、りんごのお花、マクロビスポンジケーキ豆腐クリームつき、みかんムース、米粉のスノーボール、キウイの豆乳カラメルソースがけ。りんごのお花は、あな吉さんのレシピ本を参考にしました。でももっとりんごを薄く切るべきでした・・・・(;^_^Aあな吉さんの本は、マクロビオティックというわけではないのですが、動物性も白砂糖もなしのレシピになっています。ベジなおせちも紹介されています。あな吉さんのレシピはどれもすごく簡単に作れるものばかりです。初心者でも大丈夫!というレシピばかりです。この、あな吉さんのレシピ本『あな吉さんのゆるベジ 野菜100%おもてなしバイブル』、欲しい方がいらしたらメールにてお知らせください。県外の方でもお送りします!ただしあな吉さんのレシピはマクロビオティックではないので、食べたら体が整ってとか、薬膳的働きをするとか、陰陽のバランスが取れていて・・・というわけではないので、病気や体調不良の方はマクロビオティックのレシピ本のほうが合ってるかな~と思います。健康で、ベジなレシピを増やしたい!という方には初心者でもお料理が苦手な方でも、とってもおすすめな本です。さて、この日は不思議と、ゾロ目を見ることについての質問が多かった日でもありました。ゾロ目を見たら、それはスピリチュアル的には一体どういう意味なのか?基本的には・・・・何らかのメッセージはあるはずなのですが、そのメッセージは、受け取ってもいいし、もし受け取らなくても特に問題はないです。メッセージくれてるのに無駄にしてる!無視してる!だから私の人生損してる!!ってことはないですエンジェルナンバーのことについて書いてあるサイトはいろいろありますし、それについて教えてくれるスピリチュアルセミナー?とかもあるかもしれません。が、私が感じるところですが、数字に固定化された意味はないように思います。その人のその時期のその状況、によって、同じ数字でも、意味するところが、メッセージが人それぞれ変わる。同じ人でも、時期が違えば数字は同じでも意味合いが違う、といった感じです。エンジェルカード、オラクルカードと同じような感じです。オラクルカードの絵は同じでも、どの時のどんな質問に対しての答えかによって、同じ絵でも、伝わってくるメッセージが違ってきます。オラクルカードには解説本がついてて、このカードだとこういう意味です、と書いてありますが、でもそれ以外の意味を帯びるときなんていくらでもあります。なので私は最初の頃から解説本は見てないです。その意味だけに限定したら意味が反って狭くなるので。数字のゾロ目を見て、これ何の意味だろう?知りたい。と思うなら、まず、自分で想像してみる。感じてみる。ってことをやってみるといいと思います。誰かにいちいち聞くよりも、サイトや本でいちいち調べるよりも、自分の直感で感じたほうがいいと思います。が、本などに頼ったらダメ、というわけではありません。しかしながら、本で調べたりして、毎回それをして、全ての数字の組み合わせを覚えたとしても・・・・・それに当てはまらないケースって絶対出てくると思うんですよ。必ず応用編みたいなのにやってくる。その時、今まで暗記したものを捨てなきゃいけなくなるんです。自分自身の感性、感覚を試される。まあ、全員ではないかもしれませんが・・・・もし、数字のゾロ目の意味を知りたかったら、自分で調べてもいいですが、その時覚えるべきなのは、こういうメッセージがあったりするんだな、という点のみ!メッセージのタイプをまず覚えます。どの数字が、までは覚えなくてもOKです。例えば、あなたを応援してくれている天使たちがそばにいますよ、ってメッセージがあったりするんだ、と知ったり、新しいことを始めるのに最適な時期ですよ、なんてメッセージもあったりするんだ、と、まずはこんなメッセージがあるということを自分で認識して・・・・そして、そこに囚われずに、メッセージ、言葉をどんどん広げていけばいいと思います。どんなセリフ、言葉、メッセージでもありなんだ、と思ってみる。ゾロ目を見て、これってどんな意味かな?と自分で自分に問いかけてみる。あるいは、近くにいるはずのエンジェルだったり、ガイドスピリットだったり、神さまとか宇宙に問いかけてもいいです。自分が問いかけやすいものに問いかけてみる。すると・・・・もしかして・・・・こんなメッセージかな?こんなお知らせかな?と、ふと、ぽわ~んと浮かんでくるものがあったりする。ここで注意は、頭で考えないことです。頭、じゃなく、ハート、を意識する。胸の奥、ハートからぽわ~んと浮かんできたものがあったら、それがメッセージだと思っていいです。そして、それがどんな内容の言葉であっても、それをまずは受け止める。まさか・・・・気のせいかな・・・・そんな、メッセージ私なんかがわかるはずないし・・・・ってのを、捨てる!!!!ここが一番重要です。メッセージって、誰でも必ず受け取れます。柔軟性と一緒です。身体が一切動かない人はいません。でも、大してストレッチしなくても体がもともとめっちゃやわらかい人もいれば、もともと柔らかくて努力してさらにすごくなってる人もいるし、めっちゃ固くてそしてストレッチもしないから固いままの人、もともと固いけどストレッチして柔らかくなった人、いろいろいます。なんかそれに似てるかも。数をこなせば、できるんです!!もともと軟体動物?中国雑技団?みたいなひとを見て、あーあんなのできない、って思う必要はナッシング。めちゃくちゃ神さまからのメッセージ?を受け取ってる感じの人をみて、あーあんなのできない、って思う必要はない。自分もやれば、そこそこ柔らかくは絶対なります。日々のストレッチをするかしないかだけ。そして、別に中国雑技団レベルである必要もないというか・・・・部活で頑張れるレベルとか、市大会レベルでも十分充実してるケースだっていくらでもあるわけで。この日はいろんな方から、私はどうやってメッセージを受け取れるようになったのか?子どものときからそうなのか?というような質問を受けたりしたのですが・・・・私はぜ~~~んぜん、霊感もサイキック能力もリーディング能力もないです。それはほんとにないってのは自分でわかってます。が!しかしですね、そこは別に悲観も何もしてないんですよ。自分ができる分、わかる分てのは必ずあるはずで、そして、その自分がまかなえる部分で、スピリチュアルカウンセラーとしてお仕事をすることはいくらでも可能だ、と信じています。そして、この、「疑わない」「信じる」ってのが、かなり大きいような気がするというか・・・・・自分にわかるものもちゃあんとある、全てはわからないけども、わかるものもちゃんとある、と信じることで、ぽわわ~~んと、浮かんでくる、伝わってくるものが増えてくるように思うのです。ゾロ目にしても、もしそこからメッセージを受け取ろうとして、何も浮かんでこなくても・・・・そこで自分をダメだと思わないことが肝要です。あーダメだとか、私にはやっぱりわかんない・・・・と思わないこと。続けることで、伝わってくるものは必ず増えます。そしてそれは、ラジオで聞くようなはっきりした形で耳に聞こえるわけではなくて、もしかして・・・・こんな感じ?のように、ひっそりと、そおっと、さらっとしたものだったりします。それはまるで、じっとしていないと感じ取れないそよ風のようなものでもあります。余談ですが・・・・その、微妙な感覚を逃したくないので、私はお肉を食べないです。お肉や白砂糖など波動が荒いものを食べると、微妙で細微なものを感じ取る力が落ちるからです。(でももともと中国雑技団レベルの霊力の人は何食べても影響ないんだろうな~と思います(;^_^A)ゾロ目にしても何にしても、ふと・・・・もしかして、こんなこと言われてるかも?と、浮かんできたものがあったら、しめたもの!!もうあなたは・・・・いろんなメッセージを受け取る準備が整ったはず。毎日できる練習?トレーニングとしては、「すべての物事は完璧である」というスピリチュアルな法則にあてはめて考える、という練習があります。すべてのものは完璧。じゃあ、このコロナはどんな意味がある?どんなメッセージがある?家族が急に事故に遭った。最悪・・・・じゃなくて、完璧なタイミングなはずだから、じゃあどんなメッセージがあるからなんだろう?と考えてみる。感じてみる。一見ネガティブに見えることに対して、ポジティブなメッセージを探す、というのはいい訓練になると思います。人は、思い込み、洗脳を外したほうが、いろんなメッセージを受け取りやすい意識レベルになると思うのです。ちなみにゾロ目ですが・・・・私は一時期、この数字のゾロ目に対して必死に意味を探したり、それについて一喜一憂する日々がかつてはあったのですが・・・・・今は、気にしない日々になりました。その時期を卒業した、という感じです。数字からメッセージをもらうことが好きな人は、ずっとそこからメッセージをもらいやすいとは思います。が、私はそこまでその、数字のゾロ目からメッセージをもらう、ってのが好きってほどではないので、自然と卒業した・・・・って感じです一時期は、数字からもメッセージってもらえるんだ!すごいな~!と感動したり、見えざる存在たちが確かにいること、私たちにいろんなことを伝えようとしてくれていること、を確信するために、そのゾロ目のメッセージって私にとって必要だったと思うんです。でも今は、ゾロ目がなくても、もう見えざる世界ってのを信じてるし、そこからたくさんメッセージが来てる、ってのももう全く疑ってないので、ゾロ目をやたらと見なくても大丈夫になったというか。なのであんまりゾロ目も見なくなりました。私の場合は、今、ゾロ目を見たら・・・・特に何かを感じるわけではないのですが、ふと、あ~、自分と同じ思いの人がいるってことを教えてくれてるな、と感じることもあれば、宇宙のことを気にしてる人がいるな、とか、ある時はもうシンプルに、よし。しゃきっとしよう。と思うだけのこともあります。気合を入れ直すだけのことが最近は多いかもです。数字からのメッセージに相性がいい人もいれば、そこまででもない人もいるので、もうそれは一人一人自由にしていい部分だと思います。そこを受け取れないからダメだ、ってこともないし、数字以外でもいくらでもメッセージって来てるので、そのどれかで受け取れればいいんじゃないかな、と思います。スピリチュアルカウンセリングのときに、この数字の並びをいつも見るんです、どういう意味でしょうか?と聞かれることもあるのですが、そういう時はガイドスピリットたちに聞いてみて、教えてもらったことをお伝えしています。が、普段の自分の生活では・・・・私は、ゾロ目は気にしない派です今の自分にとっては自分をあらためてしゃきっとさせるアラーム、ってほどではないですが・・・かる~~いベル、みたいな感じかな??と思っていますゾロ目としては全体的には、やはりポジティブな意味合いのメッセージのことが多いかな~とは思います。ネガティブな意味を感じることって思い浮かばないですね・・・・。(違うふうに感じてる方もいらっしゃるとは思います)こういう話でもなんでも、ティータイム、ランチタイムのときは自由にどうぞお話し、質問してください実際的に具体的に自分へのメッセージが知りたい、リーディングしてほしい、という場合はスピリチュアルカウンセリングをお申しつけください。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 15Jan
    • 腰痛を自力で治せた?話。の画像

      腰痛を自力で治せた?話。

      毎週金曜日は金沢の町屋「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、マクロビランチタイム、スピリチュアルカウンセリングをご予約制にて受付しております。お問い合わせは natsue58@hotmail.ccom までお願いいたします。空の写真は・・・・いつ見ても、癒されます。窓側の席は空が見れるのがいいですよね。でもエコノミーだと出入りがしにくいので、私はクラスJの席が取れたときか、普通席でも広い座席(クラスJのすぐ後ろ)がとれた時にしか、窓側は基本選んでいません。石垣島に行ったときは、7列目が空いていたので、予約したのは通路側でも、写真を撮るために自由に窓側に移動したりとやりたい放題でしたちなみにクラスJのすぐ後ろの、普通席なのに劇的に広い席はこんな感じです。家族3人で7列目に座れた路線もありました。この時は夫と並んで。足が前に届きません!!いや~~やっぱりこの席はほんといいです。ゆったり感半端ないです。JALは南の島の路線が充実しています。また・・・・離島に行ってみたいなあという気持ちがありますさて、私は少し前ですが、なぜだかめちゃくちゃ!!右の股関節が痛むようになってしまいました。どれぐらい痛いかというと、パジャマのズボンが履けないくらいの痛さです。ちょろっと右足を床から上にあげるだけで、ものすごい激痛がして・・・・履けないんです。もちろんダンスをするときにも支障があり、もともと上がらない足がさらに上がらないし、足を横に開脚して、右に体を傾けると・・・・もう、痛くて痛くて涙が出そうで。とてもじゃないけど、ストレッチすらできませんちょっと体を傾けるだけでも、痛くて痛くて・・・・それでも騙しだまし踊りは続けていて、でもなんでこんなに痛いんだろう、もう治らないのか、このままずっとこうなのか・・・と、不安と悲しさが随分盛り上がっていました。私、まだまだ踊りたいのに・・・・ちょっとありえないくらいの痛みが続いて、一向に良くならなかったので、何かあったら頼っている整体に行こうかな?とも思いました。でも、整体に通うとなるとかなりなお金もかかります。今の私にはそこまでの余裕がないので・・・整体に通うのはちょっと待とう、と思いました。そこでとりあえず・・・・ストレッチを、もう痛くて痛くてたまらない状態ではあるんですが、それでも、その痛みに耐えつつ、ストレッチをすることにしました。すると。・・・・なぜだか、痛みが和らいでいったのです!!ストレッチを念入りにするようになって・・・・最初はいたくて痛くてたまらなかったけど、その痛みを我慢しつつさらにそろりそろりとやり続けると・・・・ついには、あの激痛がなくなってしまったのですこれには・・・・もう、自分でもびっくり、そしてなんだか拍子抜けしてしまいました。どうやら・・・・私の場合、そういえばストレッチをさぼっていたので、それがよくなかったのか?ストレッチを再開したら、元に戻ったという・・・・。でもなんでストレッチさぼったぐらいであんなに日常生活に支障が出るくらいの激痛が出るようになったのかは謎です。今でもわかりません。わかっているのは・・・・私には、たくさんの選択肢があった、ということです。この痛みは何だ!?原因不明だ!!原因を追究しないと!!!・・・・と、「なぜ!?」を自分でひたすら追求し、そして、「原因を追究しないと問題は解決しない」という思い込みをとことん突っ走ったであろう選択。原因不明。その原因を徹底的に探る!!一体なぜなんだーーー!!!・・・・・を、ひたすらひたすら追い求めて・・・・・そして、きっと・・・・確かなこれという原因は、つかめなかった可能性もある。そうするとそのまま、「なんで!?」「なんで!?」を自分に抱えたまま、原因がわからないというフラストレーションを抱えたまま・・・・ずっと毎日過ごしてた可能性がある。そしてさらに、私には、別の選択肢、可能性もありました。とにかくすごく痛いから、整体に通い続ける・・・・・という選択肢です。なんとな~くですが、そうしたら私は・・・・痛みは少しはよくなるけど、でも完璧にはよくならないかもしれなくて、そしてしばらくずっと整体に通い続けることになってたような・・・・気がします。まあそこの整体は面白いし気持ちよさもあるし楽にもなるしで行くこと自体は好きなんですが、私自身は、整体とか体のメンテナンスに定期的に通う、定期的に出費する、って生活は望んではいないのです。運動、レッスンに定期的に通う生活は自分自身選択したいと思っていますが、メンテナンスに継続的に・・・・は、今の自分は求めてはいないライフスタイルなので、それはできればしたくないというか。まあ、お金がかなりかかるのでその余裕がないってのは大きいです(;^_^A←加圧トレーニングとレッスンにお金をかけすぎてるので・・・私には、整体に通い続ける、という選択肢、未来もあったけど・・・・それは、私は選びませんでした。選ぶことになった未来は、「自分で何とかする」「お金をかけない」「ストレッチの重要性に気づく」という未来でした。以前も、ずっと続けてきたダンスをやめ、トレーニングも行かない日々になったら・・・・原因不明の腰痛に襲われたことがありました。その時はイギリス旅行を控えていたので、ひとまずなんとか長時間のフライトに耐えられるぐらいにはとあるところで治してもらい、そして結局は・・・運動を再開したら、その腰痛は治ってしまいました私には、それらの痛みをサイキックアタックとか、霊障とか、そういうものとして理解する、という選択肢もありましたが・・・・それは選びませんでした。肉体の扱い方の問題、として解釈し、そうしていつしか解決しました。私はずーーーっと長年、朝起きるときに激しい腰痛がある、という症状があるのですが、これは、以前凄腕の腰痛治しのところで治療したら痛みが完全に消え去って、施術の次の日の朝、なんじゃこれ!!痛みなしに朝を迎えるって・・・・こんなに、こんなに素晴らしいことなの!??こんなにまぶしくてうれしくて快適でハッピーなことなの!???と、衝撃を受けたことがありました。でも・・・・その後、また腰痛がひどくなったあと、同じところで治療しても、以前のように、起床時の腰痛が消え失せる、ってことにはなりませんでした。そして、その痛みを感じながら・・・・何年も経過し。変化は、ある日突然やってきました。通っているクラシックバレエの先生は、いろんなストレッチを山のように教えてくれるのですが、そのうちのいくつかをやってみると・・・・朝の腰痛がなくなる、ということに気づいたのです。それは股関節や骨盤のストレッチなのですが、それらをいくつか朝起きたときに、寝ながらやるとですね・・・・痛みがすぐひくんです。そしてちゃんと起き上がれる。それまでは、朝起きるときは、日によっても違いはありますが、痛いときはほんとに寝返りも打てないし、体をちょっと動かすこともできず・・・・ただひたすら痛みに耐える、って時間が延々と続き・・・・でもいい加減起きないといけないからもう激痛覚悟でえいやって起きて、そしてあまりの痛さにうぎゃー!!ってなる・・・・って感じでいつも起きていました(-_-;)鍼治療もしたけど改善せず。整体でも治らず。・・・・なので、もう諦めていました。しかし!!バレエの先生から教わったことをやったら・・・・朝、腰痛があることはあるのですが、それをすぐ緩和させて、すぐ起き上がれるようになれた。つまり、一円もかけないで、朝の苦しさを解決する方法が見つかったのです!!(厳密に言えばバレエのレッスンに通う費用は払ってますが)どこか、整体やカイロや鍼やお灸や・・・・何かに通い続ける、って選択もあったはずなんですが、それらを選ばずに、問題を解決する、ってことが意外なところから解決策がもらえました。今も、朝は痛いは痛いです。が、それに対する対処法を知れたので、もう不安とか心配とか、困惑がないのです。痛みは、絶対にとらなきゃいけない!!という考え方もありますが、痛みがあるままでも、不安や恐れ、不都合がない生活も送れるんだなあ、と知りました。でもこの痛みは絶対取らなきゃ!!・・・・という思い、執着に囚われると、それこそ痛みをとってくれる人とかを探して全国津々浦々??探し回ることにもなってたかも・・・・??私の選択は、「痛みがあったままでもいい」ということです。痛みはそりゃないほうがいいですが、もう・・・・年齢だって進んできてるし、何かしらあっても不思議ではない。そこまで完璧な生活習慣で私は生きてきてないので(;^_^A何もない!!シミひとつない!!問題点のひとつもない!!みたいな人生、生活はそりゃまぶしいですが、そうでなくても・・・・人生って問題なく生きられるわけで。むしろ・・・・痛みがあるわたしの人生、生活、を愛そう、という気持ちが生まれてきました。痛さを抱える私の人生もまた、愛すべき人生じゃないかと。私が一番求めているのは、「まだまだ踊る!」ってことです。だから、腰痛があっても、レッスン時に問題がなければそれはつまり私にとってはオッケーなわけです。起床時の痛みはある。・・・・でも、踊れてる。起きてるときはほぼ問題ないし、レッスンにも行けている。だから・・・・私はそれでいいや!と思うことにしました。痛みを完全にゼロにする、ことを私の目標にするのではない。と自分で決めました。痛みがあっても、自分のやりたいことはできるから。腰は・・・・無理がきかなくなってきたなあ、とは正直思います。そこは流石に昔の自分の肉体とは違う。ストレッチもろくにせずにガンガン踊っていた恐ろしい時代には、もう戻れないわけで・・・・でも、私は、痛みは毎朝あるけど、それでも・・・・それでいいや、と思っています。こうして痛みが出る体になったことも含めて、それも自分として、受け入れたい、と思ったのです。痛みを何かしらの原因で呼び寄せたのも私。なら、それでいいじゃんと。痛みがある「わたし」で全然いいやと。もちろん、それが四六時中続くとか、気が狂いそうな激痛が・・・・ってのだったら、そこを改善するために必死になったと思います。が、今の私の腰痛は、日常生活も送れるし、ダンスもトレーニングもできるので、それってとても恵まれてるなあ、と思います。起床時の痛さはほんとつらかったけど、思いがけず対処法も知れたので・・・・これさえあれば、朝も怖くない!!不安がない。怖くない。・・・・・だから、自分としては問題ない、と思っています。健康であっても、不安とか恐れ、心配で自分を満たす生き方もできます。それこそ、将来ガンになるかも、とか、我が家はガンの家系だし、と不安だらけになることもできるし、痛みや以上を必死に?探して、あそこがちょっと平均と違うかも、ここの数値が平均と違うから私おかしいかも・・・・・病気になるかも・・・・と心配だらけの生き方だって可能です。健康な人であっても!逆に、病を抱えていても、体に不具合があっても、不安や恐れ、心配なしに生きることだってできるわけです。そしてそれは、一人一人の自由な選択です。家族に対しても同様です。この子は将来病気になるかも・・・・と、自分で勝手に決めつけて勝手に引き寄せることも可能。今現在健康な子であっても。でも、持病があっても、この子は大丈夫!と心配なしに見守ることも可能です。私の息子は1歳の誕生日直後に全身麻酔の手術を急にすることになって、後遺症というかなんというか・・・・そうしたものがないわけではないのですが、それについて・・・私も夫も、な~~んにも、気にしてないです。まあ日常生活的には問題もないですし。本人は、普通の子と違う点について、やはり気にしてる部分があるようなのですが、でも・・・・そんなことを気にしない仲間やパートナーに恵まれるだろう、と私は思っています。肉体のこと、病気のこと、体調不良のことなど・・・・私たちが気になるポイントっていろいろありますが、最終的には、不安や恐れに支配されない生き方を選択する、ってことを学ぶことになるのかな?と思います。そしてそれはどの分野でも同じなのかも。それはまさしく今の時代のテーマでもあるような気がします。コロナウイルスで不安と恐れを一生抱いて生きるか、そうでない生き方をするか・・・・。いろんな体調不良、病気にしても、意外なところから対処法が見つかることってある気がします。そして、痛みやがん細胞や、ウイルスなどを・・・・徹底的に殺す、ってことを目標、にしなくてもよくて、私たちが、不安や恐れ、心配から解き放たれた状態になれれば・・・・それでいいのかな、と思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 14Jan
    • ベジタリアンの人の寿命って?の画像

      ベジタリアンの人の寿命って?

      メール鑑定、電話セッションは随時受付しております。お問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。ある日の夕飯はこんな感じでした。ベジタリアンの家の、中学2年生男子のリアル晩御飯です。玄米ご飯(ササシグレ)、グリーンピースのポタージュ、ベジチャーシュー、プチトマト、マーメラス。グリーンピースは有機のグリーンピース(冷凍)を使用。ふりかけたのはポンセンです。メニュー的に海藻が入ってないのがいかんな・・・・。ちなみに夫はベジな夕飯にプラスして自分で肉か魚を焼いて主菜にしてます。夫が自分用の魚を調理するとき、息子用に少し取り分けとくこともあれば、何もないこともあります。以前は徹底して肉も魚もあげないようにしていましたが、今は魚は夫が用意したものは息子がもらっていても気にしないようにしています。ただし、まれに、夫が味付け済みの魚(たれがついてるようなやつ)を買ってきたときは、息子には絶対あげないで!としています。アミノ酸が使われてることが多いので。まあそうではなく夫が自分で味付けしたり、ただ塩ふって焼くだけの魚を息子にあげるときは昔のように目くじらは立ててないです。息子は外の部活なので、最近は部活が休みか軽くやって終わりのことも多く、そんな時はおやつとしておもちなどを家で食べることだったり、最近私がいろいろおやつにもトライしていてそれを食べることもあったりして、そうなると・・・夕飯がそこまでいらなくなってしまい。ゆえに、上記の写真は成長期男子にしては少ないかもしれませんが、息子的には特別足りないことはないです。どうしても夕飯が足りなかったらうどんやベジラーメンを作ってあげたりしています私は基本毎日の食事はヴィーガンですが(説明がめんどくさいときはベジタリアンと言っています)、旅行や外食では魚は食べています。ベジタリアンってのは・・・・実際健康面でどうなの?と思う人がいるかもしれませんが、寿命の点で研究された方がおいでます。ちなみに、日本人とモンゴル人は遺伝子的にほとんど同じですが、食生活は違います。モンゴル人はお肉をたくさん食べて筋肉が発達しているから、相撲なんかも強いです。モンゴル出身の力士は多いですもんね。そしてモンゴルでは野菜はあまり食べません。もともと極寒の地なので野菜があまり育たないのです。しかーし。力は強いが・・・・モンゴルの人は、日本人より寿命が短いそうです。それに、循環器疾患も多い。モンゴルというとジンギスカン鍋を思い浮かべるかもしれませんが、実はジンギスカン鍋は日本が作ったものです。モンゴルでは、お肉を小麦粉で包んだものを食べているのです。つまり小麦+肉、の食事が多い。そして野菜はほとんど食べない食生活。すると・・・寿命の点で、遺伝子的にはほぼ同じだけど、差が出ている状況です。さらに、どんな食事が健康に良いのか、を女子栄養大学医科学研究室の西島千陽さんが、マクロビオティックを実践している人を含めベジタリアンの皆さんの健康状態を調べた研究をしていました。その調査では、合計7万3千人(!!)を、6年かけて調べました。結論から言うと・・・・魚を摂っているベジタリアンの人が一番長生きだったそうです注目すべきは、禅僧が非常に長生きである、ということ。奈良時代から明治松までの普通の日本人の寿命は40歳前後だったのですが、その時代の禅僧の寿命は70歳を超えていますした。そして、お肉を許容している浄土真宗が僧侶の中では一番平均寿命が低くて65歳、とのことです。禅宗ってのは・・・・要するにヴィーガン、菜食で玄米食ってことです。肉も魚も卵も食べてないので。つまり伝統的な和食で、場合によっては肉は食べずきちんとした生活をしていると、いかに長生きできるか、ということがわかったそうです。職業別の寿命でいうと、アスリートは他の職業に比べて寿命が短いそうです。お相撲さんが短命なイメージとかもありますもんね。そして宗教家は長生きだそうです。なんか・・・・ストレスも争いもない生活送ってそうですもんねえ。食事だけじゃない気がする・・・。日本では長野県が長寿と言われていますが、実は・・・・長野県は、介護を受けている人が多いのだそうです。ちなみに、ふと調べてみたら、長野県て・・・砂糖の消費量が日本一でした。これって・・・・何か関係あるんだろうか・・・・・ちなみに、絶対消費量多いだろうな~と予想した地元石川県ですが、なななんと!!全国ランキングで46位・・・・つまり、砂糖消費量がめっちゃ少ないってことででも石川県て真冬でもアイス食べるので有名で、アイス消費量はいつも日本のトップ3に入ってます。・・・てことは、砂糖という調味料を使うことは少ないだけで、おやつやアイスとして体に入れてるのは多いと思われます。ちなみに砂糖の消費量が少ないのは東京都で、これはもう、自炊する人が少ないからじゃないのかな?と思います。金沢は外食産業がほんとに盛んなので、もしや外食が多くて、自炊が少ないから、砂糖消費量が少なく出ちゃっただけなのかも・・・???そして、介護を受けている人が少ないのは・・・・静岡県や愛知県この地域は、一番和食が残っている地域だそうです。和食が残ってる地域って、京都ではありません!以前の記事でも書いた書いたことがありますが、京都は一般人の食生活を調べるともう和食なんて残ってないことがわかるのです。京都は・・・・何せ、日本で一番パンの消費量が多いところです京都の人は和食よりもパンが好きなんだべさ・・・・きっと日本茶よりもコーヒー飲んでるんやろな・・・・静岡県は、お米の消費が一番多くて、お茶やマグロの消費も多い地域です。日本人てのは、魚に含まれるDHAやEPAを植物性の食品から合成できない人が14%いると言われているので、ベジタリアンであるとしても、海苔などの海産物は忘れずに食べるのがいいとされています。また、菜食の人に欠けやすいビタミンB12も海苔に多いです。ベジタリアンというと野菜のイメージが大きいかもしれませんが、バランスとして気を付けないといけないのは海藻類です。海藻類が少ないと、心身ともにバランスが取りにくくなると思います。みょ~~に何かに偏って食べたくなったり、そういう衝動が出やすくなるように感じます。寿命として長い僧侶の人たちですが、彼らは祈祷やヨガによって、特殊な酵素の遺伝子が増えているとも言われています。やはり、食べ物だけではなく、毎日規則正しい生活を送ること、平和的な穏やかな時間を持つこと、が大事なように思います。まあ言ってしまえば・・・・スピリチュアル的には寿命ってだいたい決めて生まれてきてると言われていて、そこを大幅に変えることはないとしても、そのだいたいの寿命を、健康に過ごすか、ひたすら介護されまくって生きるか、ってのは全然違うと思うのです。介護されてるから人に迷惑しかかけてない、ってことではなく、誰かに何かを気づかせる役目ってのはあるはずなんですが、自分自身の希望としては・・・・やはり、自分の体を自由に動かして生きていたい。別に寿命を長くするためにベジタリアンでいるわけでは全くないのですが、こういう結果が世に出ることで、ベジタリアンは栄養不足とか、体に悪いとか、そういう偏見がなくなっていけばいいなと思います。そして最終的には・・・・食事にしても、日々の生活にしても、ストレスをなくす、ってのが一番なんだろうなと。食にしても、餌から育て方から全てストレスだらけ、遺伝子組み換え作物に抗生物質やら化学物質だらけ、の家畜の肉を食べないようにする、ってことだけが大事なのではなく、いくらオーガニックの食にこだわっていても、菜食だったとしても、例えば料理が嫌いなのに毎日家族の食事を義務感で作っている、とかはめちゃくちゃ大きなストレス(しかも毎日)になりますから、そうすると・・・・自分の身体にも負担て蓄積していくと思うのです。お料理が好きじゃないなら、やめることが大切。実際、「この子はほんとに料理が苦手だから、しなくていい子なんだよ」と教えてくれるガイドスピリットからのメッセージとかも、けっこうちょくちょく聞くんです。いやマジで。でも日本社会って料理上手なお母さんであるべきとか、妻が母親が食事の準備をするべき、料理上手な人は評価が高い、って洗脳があるので、ほんとはもう料理したくなくても、無理してし続けてる方もめちゃくちゃ多いわけで。嫌いな人のために料理なんてしなくていいし、料理自体が嫌いならそこからできるだけ離れることが、自分を大切にすることです。私は料理もお弁当作りも好きですが、それは、自分のこだわった分野だからこそであり。例えば、肉料理を毎日しろ、って言われたら・・・・・もう、泣きますねそして無理なので、やりませんそれを無理強いしない夫と結婚できて、ほんとにラッキーです・・・・でも私だけが特殊なのではなくて、いろんな方のご相談を聞いてると・・・・実は、食事にこだわらない旦那さんを持つ方って、意外と!!めっちゃ多いんですよ!!!いや~~世の中には、楽な男性もめっちゃ多いんだなと・・・。うちはもう今更・・・とかは思う必要はなくて、そんなふうに思って自分の未来を固定してしまう必要なんて微塵もなくて、食事のしたくが嫌なら、思い切って、しない!!を実践するほうが、自分の心と体にとってハッピーだしヘルシーだし、健康で生きるもととなります。無理に作ってると・・・・それこそ、我慢、義務、犠牲の3Gって不幸せな人生のもとですから、自分の身体に病気として現れる可能性は大ありだと思います。ほとんどの病気って、今まで何かしら我慢してたことからくることが多いですし(スピリチュアル的に言えば)。ベジタリアンでもそうじゃなくても、どんな食生活でも・・・・嫌なら、作らなくていい。作りたいときだけ、作る!!私も、作らないときはぜ~~んぜん作らないです。夫は自分でどうにかできるし、息子の食事も今はもう夫に任せられるようにもなったので。我慢しながら家族の食事作って、そしてその結果自分が病気になるって考えたら・・・・やってられないと思います。だから、今すぐ、義務感での食事作りってやめればいいんです。自分のために。やめちゃうと・・・・・ふと、作りたくなったとき、ってのが大事にできるようになってきます。その瞬間が芽生えなかったらそれはそれでよし。それ以外のことに自分の時間を使えばよいはず。私もそういえば・・・・うつ病のときって、カップラーメンすら、作れなかったです。お湯すらもわかせなかったんですよ。お湯くらいわかせるって思いますよね?でもできないんです。うつ病って、日常のことがほんとにできなくなるんです。お湯すら沸かせなかった、カップラーメンすら作れなかった日もあったのに・・・・今じゃあお弁当を作ってお金も頂戴してる自分になってるなんて、あの頃の自分は1ミクロンたりとも、想像できてなかったなあまあもともとオタク気質はあったのですが、普通の人がやってる分野じゃないってところが・・・・自分の中の、「普通は嫌だ」って部分にヒットして、ベジタリアンのお料理を楽しめている部分もあるのかもしれません。何にせよお料理って・・・自分の健康を害するものであってはいけません。自分で自分の首を絞めない。自分で自分の寿命を縮めない。自分が自分らしく健康に生きるために、するものです。だから・・・・無理に作ってる人は、もう思い切って!義務感で作るのをやめちゃえばいいと思います自分のために、そうしてあげてほしいなと思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 13Jan
    • フォロワー1000人、達成しました(^^)/の画像

      フォロワー1000人、達成しました(^^)/

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です(延長は10分につき1000円)。毎週金曜日は金沢の町屋「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、マクロビランチタイム、スピリチュアルカウンセリングをご予約制にて受付しております。メール鑑定、電話セッションは随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。ホテル日航金沢に飾られていた、前田利家公の甲冑のレプリカ。昼食に来てみたのですが・・・・なんとな~く、雰囲気を楽しんだ、という感じです。いつもは来ないようなところで雰囲気を楽しむ。食事も、雰囲気として楽しむことはできました。ほっとしたのは、息子が、マカロンを食べてみたい!とのことでマカロンを食べたのですが・・・あまりに砂糖の味がきつくて、一口食べて、もう食べられずに夫にあげていたこと。こういう感覚があれば、自分を守っていけるように思いました。私なんて・・・・ただただ甘いもの、チョコもケーキもな~~んでも、とにかくNGなしで食べまくってて平気でしたからね・・・・ほんと、早死にしても何も文句は言えない食生活でした・・・砂糖を避けることで、「これは甘すぎる」という感覚を得られるし、それは、お金をかけても得られはしないものです。甘いものが大好きになってしまったら、それらを我慢するって・・・・大変です。めっちゃ気力と根性がいります。が、もともとそれらが大して好きでなければ、制限しようとしても我慢なしにできちゃいます。息子は、肉とスイーツ類は味見はしたものの「おれ、肉ってやっぱ合わんわ」「甘いものはいまいちや・・・・」と言い食べようとしなかったので、もうこれで・・・私は息子に対して十分財産を残してあげられた・・・って気持ちに勝手になっていますお金は残してあげられないけど、この味覚と、いろんなところへ旅行した経験は残してあげられるし・・・・これで私の役目はオッケー!!って気持ちでいます。もうあとは、息子が高校卒業するまでだな・・・・私も実は、もうどれだけぶり!?ってなぐらいにケーキを(抹茶ケーキ)好奇心から一つ取って一口食べてみたのですが・・・・まあ、これが衝撃!!すんげ~~~~甘い!!!脳天ぶち抜かれそう!!!!これはとてもじゃないけど食べられない!!!!こういうケーキたちを・・・・私は、山ほど昔は食べてたよなあと。もちろん食べて平気、どれだけ食べても平気の平左だった・・・・・人間って・・・・・変わるんだなあ、と思いました。習慣を変えると、こんなにも変わる。味覚でもこれだけ変わるし、人間って・・・・いくらでも、変われる生き物だと思うんです。自分たちが思ってる以上に私たちって、肉体も、精神も、すごく変われる。私はひとまず・・・・痩せる、って変化をそろそろ自分に浴びせようと思います!!も~~なかなかダイエットが進まない・・・・涙さて、年が切り替わった頃・・・・ふと気づきました。いつの間にか・・・・このブログのフォロワーさんが、1000人になってました!!フォローする、って、むか~~し昔にフォローしつつ今ではもうほとんど見てない方もいらっしゃるだろうし、フォローを外す方もいらっしゃるでしょうが、なんとなくフォロワーさんの数は微増を続け・・・・気が付いたら、1000人に達していました(この記事を書いているときに減ることもありえるでしょうが)。ブログを始めたとき、別にフォロワー数何人を目標、とかは全く何も思ってなかったのですが、こんなふうに数字が少しずつ増えていったのを見ると・・・・なんだか不思議な嬉しさもあります。でもそれは数字がこれだけに達したから、というよりも、ブログを続けていく日々の中で、コメントやメッセージをくださる方と交流できたり、イベントでブログ読んでますと声をかけてもらえたり、ブログの感想などをティータイムやスピリチュアルカウンセリングなどでお話ししてくださる方がいらしたり・・・・そうしたことがとっても嬉しく、また、ブログを通して、メール鑑定やスピリチュアルカウンセリングをお申込み下さる方がいらしたりするのが、なんとも嬉しいことでありました。私自身、ブログを毎日書くことが日課となり、そのことで自分自身の精神が安定しているような気がします。人は、何かしら自分を表現できる術があると、生きる力となると思うのです。ブログを続けてきて、いろんな思い出がありますが・・・・最初の頃は、私はフィギュアスケートの話題を特に念入りに書いていたりしたのですが、ある方からは、スピリチュアル系の話題は読むけど、フィギュアの話題の日は読まないんです、と面と向かって笑顔で言われたとき、めっちゃショック受けたなあ・・・・ということも覚えています(;^_^A当時の私は、正直フィギュアスケートの話題にものすごく思いを込めてて、フィギュアスケートのことを書きたいがためにブログをやってる…と言っても過言ではないくらいだったので、その自分が一番思い入れのある分野を好きじゃないしつまんないと言われ、ショックを受けちゃったんですよね。でも今にして思えば・・・・それって、自分の好きなものに正直にありなさい、ってメッセージだったような気がします。当時の私は、ヒーラーとして活動するんだから、スピリチュアルな話題をしっかりまずそこを一番にやってかなきゃいけない、ってのを勝手に自分でプレッシャーをかけたり、そうあるべき?みたいに思ってたけど・・・・・(そういうふうに語る人が周りにいたり)でも実は、私にはそれ以外に好きな分野、興味津々の分野がいくつもあり。スピリチュアルな分野のお仕事してるけど・・・・でも、全てがスピリチュアルな話題でなきゃいけないこともないし、そもそも、自分自身がその話題一色な人間ではない。それ以外にめちゃくちゃ興味ありまくりの話題がたくさんあるし、無理して・・・・スピリチュアルな高度な??話題を提供する、なんて・・・・それって、ほんとうの私ではない。私はこんな仕事をしてるけど、でもめちゃくちゃ俗っぽい人間だし、物質的欲求もたくさんあるし、精神世界に興味がある=清貧な人!?みたいな人間では私は全くない。最近ではもう隠して?ませんが、飛行機旅も海外もラウンジも大好きですスピリチュアルカウンセラーだからといって物欲がなくて精神世界にひたすらいる?みたいな人間では全然ないです・・・・最初の頃は、ブログをそろりそろりと書いていた面もあったかもしれませんが、今は、もう自分の好きなことは隠さずに、たくさんの人から支持されなければ、って思い込みも捨て、知り合いから評価されないとダメだ、って思いもなくなり、ほんとに自由に書いています。そしてそれは、私自身フリーランスでやっているから、という面も大きいと思います。どこに属するでもなく、単体で、自由にやっているので・・・・どこにも忖度する必要ナッシングなわけで。思った通りを書けます。友達も少ないので、知り合いに気を使って・・・ってこともない。友達だから宣伝する、ってのももちろんない。好きに自由に書けるこのブログという場があって私はほんとに生きる力をもらえていて・・・・そして、その私が書いた記事が、どんな記事であっても、どこかの誰かに響いたり、共感してもらえる部分があれば・・・それはこの上ない幸せだと思うのです。私にとって、書く、ということが幸せなので、その自分の好きなことを通じて、いろんな人との繋がりが生まれたら・・・・こんな嬉しいことはありません。このブログというツールがあって私は本当に幸せです。自分自身を思い切り素直に表現できたとき・・・・人は、生きる喜びを得ているような気がします。そして、このブログが山ほどある世界で、自分自身がぴんとくるブログや、助けとなるブログ記事だったり、はっとする記事なんかが・・・すべての人にきっとあると思うのです。私自身が、いろんな方からメッセージをもらえたように、多くの人たちが、いろんなギフトや気づきをもらったり与えたり、両方をしたり、がたくさんあるはず。宣伝のためにとか、なりたい自分を演じるためにとか、いろんな使い方がなされている面もあるでしょうが、ブログって、その人自身が出ることが多くて、どこかで誰かと響き合う、ってことはきっとあるんじゃないかと思います。ネガティブを吐き出すためにブログを使うもよし。そうすることで自分の中のバランスを取り戻し、最終的に本来の自分自身に戻れるならば、愚痴とかを書いちゃってもいいと思います。いろんな使い方、可能性があるのがブログであり。別にキラキラしたことばかりを書く必要もなし。嫌なら見ないでいいのがブログの素晴らしいところ。そしてネガティブな心の叫びが、どこかの誰かにそっと寄り添うことになったり、響き合うことだって生まれたりする。私はこのブログの世界に参加できることがとても嬉しいですし、今日もこれからも・・・・楽しさは続いていくと思っていますいつもブログを読んでくださる方も、時々覗いてくださる方も、ほとんど見たことがない方も・・・みなさんとご縁を持てたことが感謝です。きっとそこには何かの意図、意味があるような気がします。そして、フォロワー登録してくださってる方も、していないけど見てくださる方も、ほんとにありがとうございます。このご縁に感謝しつつ・・・・すべての人が、今日も明日も明後日も、生きることを楽しんでいってほしい、そうしていけるはず、と思っています。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 12Jan
    • 医者と接待と教員と。の画像

      医者と接待と教員と。

      毎週金曜日は金沢の町屋「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、マクロビランチタイム、スピリチュアルカウンセリングを予約制にて受付しております。ティータイムとランチタイムは1時間2000円、スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円(延長は10分1000円)です。メール鑑定、電話セッションは随時受付しております。メール鑑定は1件のご相談につき3000円、電話セッションは対面と同じ料金です。3月7日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。石垣島へ行くとき、那覇空港で乗り継ぎして石垣空港へ向かった際、やはりサクララウンジにも行きました。修行して解脱した醍醐味といえばやはりラウンジの使用。ちょっとした高級感を味わえるのが庶民の私としては嬉しい・・・那覇空港のサクララウンジは、長い通路を抜けて受付へ。ラウンジ自体はちょっと狭めな感じがします。いつもは激混みの那覇空港のサクララウンジも、GOTO休止の影響か人が少なかったです。いつもは座る席を探す必要がある感じなのに、このときはどこの席でも空いていました。やはりまだまだ以前と同じには戻っていなくて、ドリンクの種類も減ったまま。ただ那覇空港独自の、泡盛が置いてあるところは変わらずおやつはハッピーターンの個包装。こういうとき、ドライフルーツとかナッツとかあれば食べれるのですが・・・・(でもドライフルーツだと砂糖や亜硫酸塩とかが心配なので・・・やっぱり食べれないかも(;^ω^))お手洗いは突き当りのところ、ちゃんとラウンジ内にあります。コロナウイルスのため雑誌類も一切置いてありませんでした。息子は、一人で自由気ままにスマホをいじりたいので、あえて私や夫と離れた席に行ってしまった・・・・ソファ席も余裕がありました。こんなにガラガラな那覇空港のサクララウンジは初めてでした・・・・サクララウンジとしてはこの那覇のラウンジはそこまで好きなわけではないのですが、ここと違う雰囲気のラウンジがよければサクララウンジアネックスもあります。そちらは広めの応接室的な雰囲気で、以前行ったときもなかなか快適でした。ただデスク席はありませんので作業とかはしにくいです。那覇のサクララウンジで沖縄のオリジナルドリンクが復活するのはいつになるのかな・・・・混まないラウンジも好きではありますが、以前のような熱気があったときが懐かしくも感じました。またいつか、那覇のダイヤモンドプレミアラウンジにも再訪してみたいです。さて、真弓定夫医師と内海聡医師の本を読み返していて、医者の世界って、かつては接待がものすごかったんだな・・・とびっくりしました。真弓先生の時代なんて、乳業会社の売り込みがすさまじく、2泊3日の国内旅行が無料!粉ミルクの採用なら小児科の医師たちだけでいいのに、その頃は病院全体のほかの科の先生も連れて行くし、旅館に泊まってもそこでは食事をさせてもらえず、プロ野球のオーナー会議とかをするような高級な料亭に連れて行かれ、そこで芸者さん、芸妓さんたちをたくさんつけて、飲み放題、食べ放題・・・・・関西旅行だとマツタケ狩りもセットで、マツタケ狩りに行ったらもうマツタケがそこたらじゅうに生えている。でもそれは乳業会社の社員たちが前日に松の根元に全部マツタケを植えておく(!)らしくて、好きなだけとらせて、そして帰りにはまたマツタケをいっぱい包んで奥さんへのお土産用に持たせるという・・・・な、なんかすごすぎる世界真弓先生は東京医科歯科大学から佐々病院に移ったのですが、先輩方がとあるお寿司屋さんで歓迎会を開いてくれ(そのときは歓迎会なので真弓先生はお金は払わなかった)、そこでのお寿司がとてもおいしかったので後日一人で食べに行き、そしてお金を払おうとしたら・・・大将はびっくりして、「先生はお支払いになるんですか」と言ったそうです。つまり・・・・ほかの医師たちはずっと、そこでの飲食は全て乳業会社に出させていたのです。たとえ個人的に行っても。そんな時代があったんですねえ・・・・内海医師の時代もほんとに接待接待、という時代だったそうですが、今は・・・MRの方の営業で接待は厳しく規制されるようになって、一応は?接待はあまりできないという話ですが・・・・うちの薬を採用してほしいとか、うちの粉ミルクを採用してくださいとか、そうお願いされたとき、接待とかコネで決めちゃえるのは・・・・なんでなんだろうか??中身で決めたらいいのに。実は中身にそこまで差がないとか!?あるいはその中身の検討ができないくらい医者は忙しかったり、分野が広すぎて、網羅できないんだろうか・・・・・??薬って・・・全て自分で飲んで確かめる、ってことができないですもんねえ。全ての論文を網羅するのも大変そうですし。でもだからといって自分がどれだけいい思いをしたか、どれだけ相手が自分に尽くして?くれたかで決めていいんだろうか・・・・・製薬会社って、いかに儲かってるか。それは、過去の接待の凄い歴史がそれを物語ってるような気がします。そして・・・・薬にまつわるエネルギーとして、患者さんのこと、をイメージして薬を採用したわけではなく、自分がその薬について何かしら確信とか信頼とかがあるわけでもなく・・・・もし、接待うんぬんで薬の採用が決まってたら、そのエネルギーって薬に乗っかっちゃうと思うんですよ。そりゃあ、捨てられる薬も日本にたくさんできても不思議じゃない気がします。日本で使われずに捨てられる薬は総額1000億円以上と言われてるくらいですもん。1000億・・・・・それだけ私たち国民は製薬会社にお金を捧げてるってことなのかも・・・・もともと、大切に決めてないんだったら、その薬の行く末も、大切にされずに捨てられる・・・・って流れになっても何の不思議もない。今はそういう接待がほとんどできなくなった、という話もあれば、製薬会社の本質は変わっていない、という話もあり。私はほとんど医者には行かないですし、あんまり頼る気持ちもなく、薬についても懐疑的な部分はあるのですが、でも、そうした薬がこの世からなくなれ!みたいに思ってるわけではもちろんなく、本来のあるべき姿として存在できればいいのにな・・・と思っています。それには、そこにくっついている、いかに儲けるか、いかに相手を出し抜くか・・・・みたいなエネルギーが減らないと、薬ってポジティブなエネルギーを持ちきれないのかも?と思いました。薬を開発している人たちが純粋な気持ちでやっていても、それを扱う人たちのエネルギーで、本来持ってたエネルギーがそがれてしまうとしたら・・・勿体ない。薬も可哀そうですよね。お金儲けの道具として使われるエネルギーをたくさんまぶされるとしたら・・・。真弓先生みたいに、薬を処方しないお医者さんだったら・・・・薬Aと薬Bどっちがいいかな、って迷う必要がないから楽かも?そもそも薬も、どんどんどんどん開発して、あえて?医師がついていけないようにしたら、製薬会社は結果的に儲かりますよね。薬って、開発することだけがポジティブじゃない気もします。ちなみに、教員の世界ですが・・・・教員の世界は、接待ってなかったです。少なくとも私は経験がないですし、見聞きしたこともなかったです。ただ、売り込みをかけられる、ってことはあります。マンモス校とか進学校は特に、いろんな出版社さんが、うちの教科書を採用してください!うちの辞書を採用してください!うちの単語帳を、うちの問題集を・・・・・というふうな思いでやってきます。なので、新入りペーペーの私のことも、授業が終わるのをじーっと待ち構える人が突然現れたりするんです。私に売り込み?営業をかけるために。あれにはびっくりしました。だって突然、全然知らない人が廊下とか職員室前、机の近くとかで待ち伏せしてるわけです。(もちろん正式な手続きを経て入校してます。どこどこの出版社という身分を証明して校内に入ってきています)でも賢い?ベテランの営業の方なんかは、英語なら英語科長の先生にメインにお話ししに行くとか、ベテランの先生とだけ売り込みの話をしに行くとか、分けてやってる感じはありましたまあそりゃそうですよね、たいてい発言力があるのはベテランの先生ですし。まあその光景を見て、下っ端の私なんかは、正直「ラッキー♪」ぐらいに思ってたというか・・・・・なぜなら、教員の仕事ってほんとにめちゃくちゃ!!!ハードで、ほんとに時間が足りなくてですね・・・・・もう、5分という時間ですら惜しい!!って中で毎日過ごしてるのに、自分の仕事中断して営業トークを聞かなきゃならないって・・・・正直、めんどかったんです。私は(←不真面目な元教員が思うことであり全ての人がそう思うわけではありません)。なので下っ端だとスルーされるから助かるわ~って感じで。でも・・・・そこに落とし穴(?)が。教科書とか問題集って学年ごとで、自分がどの学年メインで担当するかは分かれてて、そうなると1年生メインで教えてるのはこの数人で・・・・ってなると、せいぜいが1学年5,6人程度の先生方(掛け持ち的な感じになる場合もある)。中には、私はその学年メインじゃないから~、とか、〇年生の進路担当は△△先生だから~、と、横流し(!?)的な対応をする先生も・・・・!!となるとなぜか進路担当の私がメインで話を聞くことに!?ってなこともあったようななかったような・・・(;^ω^)正直に言います。私は、お話しを聞くのが、めんどくさかった・・・・(当時の営業の方々、スミマセン!!!)失礼を承知で言うならば・・・・ 辞書も問題集にしても、たまにしか改訂されません。だから、もう使い勝手とか、そこの特徴とかってもう知り尽くしてるんですよ。現場でプロとして使ってるのでそれは営業する方よりもよーーーくわかってます。教科書にしても問題集にしても、使い勝手とか問題点って普段から同じ教科の教員同士言いあったりしてるので、今更新しいことがわかるわけでもなく、まあ・・・その高校の好みというか路線というか、もっとはっきり言えば、レベルでだいたい採用するものって決まってきます。流動性があるのはリスニング課題とかでした。辞書、単語帳、3年生用の問題集なとはもうだいたいここのが信用できる、使いやすい、ってのがもうほぼ固定していて、あまり劇的に変わることはないです。リスニング教材は、まあほんとにレベルも中身もまさにいろーーーーんなものが入り乱れていて、ハイレベルなものとして名声が確立しているものがまだ(当時は)なくて、きっと出版社側も手探り状態、問題集もいろいろ探ってた感じがあったかもです。医者の世界だったら、そこで接待とか?政治の世界なら、金品受け渡しとか?あったのかもですが・・・・・教員の世界には、そういうものは一切なかったです。これって昔は何かあったのかな?なんて想像はしましたが。図書券とか一緒に配ってもバレないんじゃ?って想像したり。でもサービス的なものは一切なかったですね。そして、あったとしても、それを毎日使うのは私たちであり、使いやすい、実力がつきやすい、ってことが一番の重要さで、接待受けたからじゃあちょっと劣るこれにして・・・・ってのは、まあ・・・絶対!!ありえないです。だって自分で自分の首絞めることになるので。教えづらいものを毎日使うのって苦痛でしかないですし、力が合わない問題集を使ったら受験の結果も出なくなるかもしれないですし・・・・なので、教員の世界ってのは、接待ってしにくいんじゃないかなあ?と思いました。それこそ、みんなの意見て大体同じになるので(そこは生徒のレベルを把握してるので共通認識が生まれる)、明らかにあれ?ってものを科長が妙にプッシュしたら、一気に変な空気になるし、そもそも皆の賛同は得られないですし・・・・まあ、その教科書なり問題集なり、開いてみたら一発で良しあしって自分でわかりますから、自分で判断できるんですよね。わからない、ってことがない。自分で見て調べて自分で判断できる。ってのは嬉しい世界でした。なんなら、自分のほうが使いこんでるので、営業の方に問題集とか参考書のミスを教えてあげる?ってこともできたりとか・・・・教科書についてくる指導書みたいなものも、時々あれ?って部分もあるので、まさに、自分の知識とか能力が勝負って面はありました。全部信頼とかはできなかったです。おかしなところがたいていある、って前提で教科書も見てました。納得できない説明もたくさんありましたね・・・・だから、指導書通りじゃなく、自分の説明で教えるってのが大前提で。ただ、どうしてもいわゆる営業の人の力を借りたくなるときってのもありまして・・・・それは、他校の情報をもらうとき。模試担当の方なんかは、あちこちの進学校に出入りしてるので、いろんな情報を持ってたりもします。大学ごとの入試方法なんかもコロコロすぐ変わるので、そうした情報を全て自分で集めて網羅する・・・ってのはかなり大変なので、出版社が出している教育者向けの雑誌に頼ったり(販売はされていないやつ)、直接聞いたり。この大学のこの学部は、去年までは入試にこの科目が必要だったけど来年度からはそれはなしになって・・・とか、ほんとにしょっちゅう変わるんですよ。受験の配点の配分とか、まさにそうしたことを全部調べるのは・・・・私には、できなんだ・・・・まあでも、結局大手のところが一番情報とかデータを持ってるので、必然的に仲良く?する相手って固定化される感じです。そんなふうに、自分ではとても集めきれない情報とかがほしいときは、やはり、誰かに頼りたくなります。医者にとって薬の情報ってのは、そういう面があるのかなあ・・・・・接待、といっても、それ自体はネガティブなことではなくて、お互い必要なもの、与えられるものの等価交換であれば全くそこに問題はないはずで。ただそこに過度に偏ったやり取りがあると・・・・ネガティブな流れになるんだろうな、と思います。そしてそれは、医師とか特殊な世界だけのことではなくて、普通に日常生活でも起こることで。まあ・・・よくあるのは、男女の付き合いで、片方が片方にやたらと貢ぎすぎてるとか。いつもごはん代を私が払ってて・・・とか、夕飯作っても材料費はいつも私持ち・・・とか、ちょっとした支払いはいつも私だな・・・・って状態になってるケースだったりって、よくあります。でも、彼からの愛が・・・彼からの関心が、気持ちが欲しいから・・・・だから、自分は捧げられるだけのものをどんどん捧げまくる。ってケースはほんとによくあることで。しかしながら、製薬会社の接待とかは・・・・自分じゃなく、会社のお金をどんどん使ってる、ってところが違いますね。その部分は、自分のお金じゃないから、会社のお金だから使っちゃえ、という思いが入っている。そのお金のもとは・・・・自分や家族も病気になって薬をもらうはずだから、そこから抜き取られたお金、ってことになるんですが・・・・。今、コロナウイルスのワクチンの開発が世界の関心ごとにもなっていますが、願わくば・・・・そこに、国の政治的取引に使おうとか、それでたんまり儲けようとか、そういうエネルギーがあまりくっつかないでほしい、と思うのですが・・・・・う~ん、なんだかどれもくっつきそうではある(-_-;)どこまで追い込まれても、そこからお金を稼ぐ算段をする人々がいる・・・・・それがなくならないならば、そのエネルギーをよけて、使いたいものです。マイナスに見えるものを抜き取って、使う。そしてそれは誰にでもできます。自分で、そうイメージするだけでできます。ワクチンに限らず、いろんなものを、もし流通の段階でネガティブも帯びてるかも・・・と思っても、必要なものだけ、受け取りましょう。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 11Jan
    • 大雪とスピリチュアル。の画像

      大雪とスピリチュアル。

      毎週金曜日は金沢の町屋「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、マクロビランチタイム、スピリチュアルカウンセリングをご予約制にて承っております。マクロビティータイムとランチタイムは1時間2000円、スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です(延長は10分1000円)。3月7日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。メール鑑定、電話セッションは随時受付しております。メール鑑定は1件のご相談につき3000円、電話セッションの料金は対面と同じです。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。石垣島の川平湾の写真。この時は同じ冬でも気温が26度とかの世界だったのですが・・・・今は氷点下、大雪の世界に。同じ日本でも・・・・ほんとに気候が違いますね・・・・お昼ご飯をなしにして、その代わりに寄ったスムージーのお店にてスムージーを。夫と息子に、好きなものを選んでもらいました。もう息子はなんでもありの世界です(;^_^A3人で行っても2人分だけ注文するのは問題ないお店の雰囲気だったので助かりました。私は夫と息子から少しもらえるだけでいいやと思ったので・・・・でも、上のピンクのスムージーはチョコレートがかかってたのが予想外でした朝、たくさん食べたらお昼を抜いて調整する、ってのがなんとか今回できたかな、と思います。旅行中はどうしてもいつもの食と違ってしまうので、一食抜くとか、梅醤番茶を毎朝飲む、ってことをしています。梅醤番茶は我が家では旅に必ず持参するものです。これさえあれば何とかなる!!(と思う!!)さて、北陸はこの週末ものすごい大雪で・・・・3年前の大雪を彷彿とさせるような雪で、とにかく雪かきするそばからまたすぐ積もっていくので、ほんとにやり切れない気持ちになるというか・・・・そして朝起きたときにもう全てが埋もれてて、夫が言うには、「絶望的な気持ちになった」そうです。夫は連日朝から必死に雪かきしていて、そして私はというと・・・・ぐうぐう寝てました夫は、私を起こして手伝ってもらおうかとも思ったそうなのですが、でもぐっすり寝てるし・・・・まあ寝かせておこうか・・・と、結局起こさなかったのです夫、いい人すぎる・・・・!!!絶望的に全てが埋もれまくってるのに、それでも一人でやるなんて・・・・(←私がだらしなく寝てたのが悪いです)家の前がとにかく雪で埋め尽くされていて、そこから必死に道を少しずつ作り・・・・夫は早朝から必死に雪かきして、何時間もやり続け・・・・ようやく車一台分の道を確保。夫は、あまりにも雪が多すぎて絶望的な気持ちになったけど、雪かきを、「とにかく、無心にやった」と言っていました。そして、3年前の大雪の経験があるから、その時の大変さを思い出して気持ちを保った、と。人って・・・・過去にしんどい思いをしてると、次に役立ってくれたりするんですね。確かに、今富山と福井は雪がものすごいのですが、間に挟まれた金沢はというと、そこまでではないのです。山間部じゃなく平野部ってことですが。そして、この連休中の大雪ということで、夫がフル稼働してくれたのは・・・・ほんとに助かりました。私自身も、もしずっと教員をやっていたら・・・・大変だったなあと。連休でも仕事がある人達はたくさんいますが、私も夫も職を変えていたので・・・助かったなあと。そして、この大雪は、もう自然が引き起こしたステイホームだと評する人もいましたが・・・・私は、この大雪はとってもありがたい面があるなあと感じました。それは、この大雪によって、少なくとも雪が多い地域に住む人たちにとっては、コロナウイルスのことよりも、「この雪をなんとかしなきゃ!!」という思いでいっぱいになった、ということです。おそらく多くの日本人は、ニュースを見てるので、コロナウイルスが・・・・変異種が・・・・などと、ネガティブなニュースばかりが頭にあったりして、今、これからのことをあまり明るい気持ちで見ていない人がいたり、明るくいようとしても周りを見て、あまり明るい話題とか考えって出しちゃいけないよね・・・という意識になっている人もいたはずで。コロナが・・・・コロナが・・・・と、ネガティブモードになっている多くの人の頭の中を、きれいに!!まさにあの真っ白な雪が!!全く別の思考にとって代わってくれたと言えると思うのです。確かに降りやまない雪は・・・・ほんとに悲しい気持ちになります。家に帰りたくても帰れなくて、脱力感でいっぱいになったりもするでしょう。しかしながら、雪は・・・・いつかはやみます。雪かきも、やったらやっただけ、道はできます。そして、私たちは、雪に対して、どう対処していけばいいのか、これまでの経験で知っています(記録的な大雪でも、できることは知っています)。コロナウイルスと違って、雪は、人々が、いつか終わりは来る、という気持ちも持てるし、時間をかけてなんとかなる、という思いにもなりやすい。そして・・・・雪は、人との繋がりを強くする。お互いに助け合う。弱い人を思いやる。その光景は、コロナウイルスではなかなか見えなかったかもしれません。コロナウイルスに感染、陽性になったら、人の目は厳しい。でも、大雪だと、みんなが同じ。みんなで耐えて、頑張ろうって気持ちになる。雪かきはしんどいです。でも、夫が言ったように・・・・「無心」で、やることが多い。人は、無心の状態は、理想的です。ネガティブに侵されてないから。多くの人々の心を、「無」にしてくれる雪は・・・・なんて、ありがたい存在なんだ、と思うのです。誰かが言ってましたが・・・・北陸じゃあ、正直、コロナどころじゃない。ってコメントがありました。コロナどころじゃない。・・・・・それって、なんて素晴らしいんでしょう!!不謹慎だ、不快だと思う方もいるでしょうが・・・・私は、まさに宇宙がくれたプレゼントはこれだ、と思いました。コロナコロナになってる人の心を、コロナどころじゃないって気持ちにしてくれて、「無」を作ってくれた。コロナウイルスの話題のとき・・・・人は、政府が悪い、議員たちは何やってんだ、とか、もっとああしろこうしろ、と、命令的だったり、批判的、時には恨み、といった感情が盛り上がることが多い。もちろん私もそうです。でも・・・・大雪は、時に、知事は何やってんだとか、除雪車早く来いとか、ノーマルタイヤの奴許せん、という意見はあるかもしれませんが・・・・コロナウイルスに比べたら、その憎悪的にすら見えるエネルギーって、全然少ないと思うんです。自然に対する、諦めというかもうしょうがないという気持ちというか・・・どこか人は、もう、お手上げだ・・・・と、「なんとかしなきゃ!!しないとやばいだろ!!」という気持ちを捨てる場合も多い。(こんな状況でも、会社に来いとかいうところ、荷物を運べというところもあるとは思いますが)市内は急遽お休みになったお店も多くみられ、こうして、「もう休みでいいよね」という、いい意味で諦めるというか、手放すエネルギーが生まれたのも・・・とてもいいことだと感じました。我が家も、息子はひたすら雪遊び、そり遊びに興じてたのですが・・・・雪かきを手伝うとかはしてくれないけど、でも夫と言ってたのは、一日中スマホ見てるのに比べたら、これってすごく健康的だよね、と。久しぶりに、スマホだらけじゃない息子を見れました。←でも夜はどうしてもスマホになりますが・・・・涙息子の気持ちもわかります。息子は親と一緒に遊ぶことに飢えてます。それを一番求めてます。でも・・・・・もともと外で遊ぶのが小さいときから嫌いだった私が、今更それができるはずもない家の窓ガラスにバン!!バン!!と雪の塊を投げつけてくる息子に対して私がキレ気味に怒ったら、息子もキレて今また息子はヤバい状態になっておりますいや~~息子に関しては私は相変わらずもうお手上げです何はともあれ・・・・大雪だから、ネガティブとしかとらえないのではなく、そこに隠されたギフトだったり、光のエッセンスを見落とさないでいようと思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 10Jan
    • Quiさんでの待機、本日中止のお知らせ。の画像

      Quiさんでの待機、本日中止のお知らせ。

      本日1月10日(日)は白山「Qui」さんにて11~16時待機する予定だったのですが、雪が予想以上にひどく積もり、またなかなか止まないため・・・・申し訳ありませんが、本日の待機は中止とさせていただきます。すみませんがご了承ください。白山「Qui」さんでは毎月第一日曜日に待機しているのですが、今月は第2日曜日の1月10日(日)を待機日としていたものの、結局10日の日もキャンセルとさせていただくことになり・・・・申し訳ありません。2月からは変わらず第一日曜日の待機に戻り、2月は7日(日)にまた待機します。11~16時です。3月は第一日曜日は7日(日)ですが、この日は東京浅草イベントがあるためお休みさせていただきます。4月からはまた変わりなく第一日曜日に待機いたします。金沢市内はそこまで混乱しているふうには感じなかったのですが、やはりあちこちではまった車やトラックは何台も見ます。道もかなりグチャグチャ、でこぼこしている感じで、車は出せなくはないのですが(夫が雪かきを頑張ってくれた)、この土日は外に行くリスクが高いと判断しました。雪かきはしてもしても追いつかない感じで、夫は私の車を掘り起こすためにひたすら頑張ってくれて、雪かきして汗かいて着替えて・・・ってのを4回ぐらい繰り返してました。ほんとに・・・・夫がいてくれて助かりましたし、一軒家で助かった面もあるなあと思いました。雪が一気に降って何が大変かって、雪を捨てる場所がなくなってくるのが大変です。これがもしアパート暮らしだったら(家を建てる前は二人でアパートに住んでました)、駐車場にしても満車状態で空いてるスペースもあまりなく、雪をためる場所がなかったです。今は一軒家なので家の脇とかウッドデッキのところとかにひとまず雪をためておけたり(でもそのせいでウッドデッキがすぐ腐食したりします・・・)、車3台分のところに2台、というスペースなので、雪をある程度置ける場所はあります。それでも今回の雪はもう捨てる場所に苦労して、夫は何度も川に雪を捨てにいって・・・・しかしながらその川もかなり捨てられた雪でいっぱいになってたとのこと。雪かきで大人たちはひいこら言ってますが、子どもたちは・・・・もう、元気いっぱい!!近所のあちこちで、大人は雪かきに必死、それをお手伝いするという名目でスキーウエア着こんだ子どもたちが外に出てきても、結局遊びだして大人に怒られ・・・・という光景があちこちで繰り広げられております(;^_^A息子も、昼過ぎまで寝てて、雪かきは一切手伝わず、夕方に夫が無理やり引きずり出しても、結局息子は雪山つくって「お城作る~」と遊び惚けていますからね・・・・・そしてずっとそり遊びをして楽しんでいました(;^_^A子どもってそんなもんですよね・・・・・私も実家にいたころは雪かきなんてほぼしてませんでしたいつも父と祖父がやっていましたから、私は全然その苦労をしないまま大きくなってしまいました・・・冬の日っていつも、学校から帰ると祖父が家の前で雪かきしていたのを思い出します。雪かきは大変ですが・・・・・人々の心をひとつにする、ということもしてくれます。みんなで、雪降って大変ですね、という気持ちで、みんなが平等に、ひとつのことに心を砕くことが生まれます。雪かきをしていると、近所の人同士で協力し合ったり、お年寄りのおうちの前を誰かが雪かきしてあげたり。いろんな優しさも飛び交うのが大雪でもあり。大変さはありますが・・・・雪がくれたポジティブな光景や瞬間を見逃さずにいたいと思います。私自身は、夫が私の車を掘り起こしてくれた優しさに感動したり、息子がそり遊びをしてる時の顔の輝きが嬉しかったり・・・・(←いつもスマホやパソコン、テレビ見てることが多いので(-_-;))夫は以前と勤める営業所が変わったのですが、以前のところにいたままだと、大きな工場の除雪作業なども今は請け負ってるらしくて、こんな大雪の連休中でも、絶対呼び出されていたはずだと・・・・・転勤になっててほんとに助かった!と言っています(今のところは同じ会社なのですが全然雰囲気が違って、冬場はちょっと仕事してあと休憩室で呼び出されるまでのんびりして・・・って毎日らしい)。そういうラッキーなんかもあらためて思い知ったり。そして・・・・雪かきしたあとの家の中って、な~~んてあったかいのか。あったかい家があるって・・・・幸せだなあ・・・・としみじみしております。雪による大変さがある中でも、その中にあるいろんな光、優しさ、嬉しさに気づく人がたくさんいますように・・・と思う一日です。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 09Jan
    • 緊急事態宣言で思ったこと。の画像

      緊急事態宣言で思ったこと。

      毎月第一日曜日は白山市「Qui」さんにて11~16時待機しています。今月は第2日曜日の1月10日(日)が待機日です。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみにて11~16時待機しています。毎週金曜日は金沢の「町屋「よふ葉」さんにてマクロビランチタイム、マクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングのご予約を受付しています。3月7日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。メール鑑定、電話セッションは随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.cocm までお願いいたします。雪が一気に積もった日も・・・・町屋「よふ葉」さんにてマクロビランチタイム。朝の雪かきを頑張ってからランチタイムにいらして下さった方へ、いつも通りの、動物性・白砂糖・化学調味料一切不使用のお弁当。ごはんは貴重なササシグレを3分づきにして黒豆ごはんに。おかずはれんこんもち、ベジチャーシュー、れんこんチップ、高野豆腐のれんこん詰め、切り干し大根、なすの寒天、赤大根の梅酢漬け、わかめとねぎのごま煮、茹でさつまいも、茹で金時草、豆乳クリームペンネ、ゆず胡椒入りポテトサラダ、プチトマト、マーメラス、かぼちゃとキャベツの白味噌ソース、ごぼうのフリッター、キャベツとたくあんの即席ザワークラウト、りんごの葛煮、ドライアプリコット。ベジチャーシューは、「ほんとにチャーシューみたい!」とのお声をいただき・・・・でもその方も私もチャーシューはずっと食べてないので、果たしてチャーシューに似た味なのか、いまいちわかりません(笑)まあベジタリアンとかヴィーガンの方にとってはガツンとした味でインパクトはあると思います。よふ葉さんでのマクロビランチタイム、マクロビティータイムは、1時間2000円です。お弁当を頼んでも、スイーツを頼んでも・・・・料金は同じです(;^_^A原価は違うのですが、部屋をレンタルする際、マイナスにならないように考えたら1時間2000円になってしまい・・・・じゃあおやつ付きは2000円でお弁当は2500円?としたらそれはちょっと高すぎるなあという自分の感覚があるので、もう一律2000円にしましたお弁当もおやつも両方がっつり食べたい!という方は2500円にて承ります。延長は1時間1000円ですので、例えば2時間のマクロビティータイムなら2000円+1000円=3000円になります。マクロビティータイムかマクロビランチタイムをご予約の方で、同時にスピリチュアルカウンセリングもお申込みいただくと、スピリチュアルカウンセリングの料金を1000円割引させていただいております。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円ですが(延長は10分1000円)、どちらのコースでも1000円割引いたします。次回1月15日(金)は空き時間が12:10~14:50となっております。お申込みの方はメールにてお知らせください。さて、緊急事態宣言が再発令されましたが・・・・なんだか・・・・5人以上で高級ステーキ店で忘年会してた人がどの口で?とどうしても思ってしまう・・・・・緊急事態宣言、というけど、緊急事態、という言葉とは裏腹に、その言葉に見合った感覚、エネルギーっちゅうもんが・・・・どうしても感じられない。結局のところ、みんな、一体どうやったらこれがおさまるのか、わからない。・・・ってことが大きいのだと思うのです。これをやったら劇的に効くとか。これをやりさえすれば必ずおさまるとか。どうやればいいのか、わからない・・・・・・打つ手がわからない。そういう時に緊急事態宣言を出す、って、難しいものです。こうしてください!と言葉尻では伝えても、本心はそうじゃないから。本音のところは、もうこうするしかないと思うし・・・・という感じだと、本音と言葉とが乖離してしまって、エネルギーがちぐはぐになる。それとも、トップの人たちは、心底!心から!!思ってるのかな?これが必要だから、みんなで頑張ろうと。・・・・・いや~、思ってるなら、自分がまずそうしてますよね・・・・ただ会食自体は、プラスの側面もあると思うんです。きっと、いろんなお高いお食事処って・・・・こうして議員さんたちが使ってくれて、それで利益となってる部分が多いんだろうな~と。お金に困ってない人たちが、そうしたお高いお店でぽーんとお金をたくさん、大人数で落としてくれたら・・・・お店としてはありがたいですよね。太い客ってありがたいもんです。だから、うだうだ言い訳するよりも、このお店は昔から付き合いがあって、助けたかったんです・・・・って言ってくれたほうがまだ、個人的には好感が持てたかも・・・・でもそういう、お店を助ける、って感覚がないのだとしたら、ただそれは、自分たちがいい思いをしたいだけとか、お店に対しては、俺らが使ってやってんだぞ、ありがたいと思え、ぐらいに上から目線の思いが隠されてることもありますよね・・・・あるいは、もうそのお店が好きで好きで・・・・我慢できませんでした、って言ってくれたほうが、本音が出てる感じで私だったらむしろ嬉しく感じるかも。私はなんだか、その人が本音、本心を出してるかどうか、ってことが気になります。首相が緊急事態宣言を言うときに原稿を読むばっかりで下を見てばかりで、気持ちが伝わらない・・・という意見も多いみたいで、まあ確かに、本人比では気持ちを出してたつもりかもしれませんが、海外の首相たちのスピーチを見てると・・・う~ん、やっぱり伝わりにくい。それは、自分自身の言葉を使った感じがしなかったり、原稿を読んでる時間が多かったりっていうこともあると思います。ニュージーランドのアーダーン首相とか、同じ内容のことを言っててもめっちゃ伝わってたなあとか、カナダのトルドー首相とか、ほんとに考えて考えて、言葉を絞り出してたスピーチがあったなあとか、海外の首相のスピーチを思い出すと、なんだか物足りなさを正直感じてしまい。日本人て、スピーチの練習ってほとんどしないまま大きくなるし、人に思いを伝える、というスキルは鍛えられにくいのかもしれませんが・・・・でもあれ?政治家目指す人はスピーチの練習とかしないのかなあ?私はESS時代スピーチの練習は少しですがしたことがあり、そのとき先輩から教えてもらったことで一番覚えていることは、スピーチってのは絶対原稿を読んじゃいけない、ということ。絶対暗記しなさいと言われました。歌手のことを思ってみてください。彼らは歌詞を見ながら歌ってますか?そんなことしてないですよね。あなたたちには伝えたいことがあるんだから、その伝えたいことを伝えるために、まず第一に、原稿を暗記する、ってことが一番大切なんですよ。・・・・ということを英語で教わりました。そのとき私は、ほんとにそれがストンと腑に落ちて、確かに、歌詞カード見ながら歌ってるシンガーがいたら興ざめだ・・・と思ったので、私の中でスピーチってのは、伝えたいことがあるのだから、中身を覚えるのが鉄則、という形になりました。まあだからといっていろんな状況ってのがありますが、やっぱり大切なことを言うときは、少しでも覚える努力ってのを見たいな・・・と、人の上に立つ人ならば、そうしてほしいと思っちゃいます。個人的には、最後の最後で、「今一度、ご協力を賜りますことをお願いして、私からの挨拶とさせていただきます」(!!!)って首相が言っちゃったとき、あれは・・・・最大の失言だったと思ってます。本心がつい出ちゃいましたね。緊急事態宣言を、来賓の挨拶と同等レベルでやっちゃった、それくらいの位置づけっていう深層心理が出ちゃったなと・・・・。彼にとって緊急事態宣言てのは、いつも政治家としてお願いされる挨拶、来賓としての挨拶、献金パーティーと所詮は同じだったんだな・・・・と、本音が透けて見えた気がしました。あれは・・・・やばい・・・・・。あんなセリフ、来賓の挨拶の締めの言葉と全く同じですもん。「ご協力を賜ります」って、国民に向かって言いませんもん。なんで謙譲語?ここでこの言葉のチョイスは・・・・明らかにおかしい。も~~あれのせいで緊急事態宣言が一気に献金パーティーでの挨拶になっちゃった・・・だから・・・・彼にとって緊急事態宣言てのは、緊急でも何でもないんですよ。うまいこと挨拶しなきゃいけない、ってレベルのスピーチのひとつ、でしかないんだろうなー・・・・悲しいですが。しかしながら、そういうことをやっちゃう人って彼だけってわけではなくて、もうほとんどの政治家がそういう部分があるだろうし、もっと言えば、私たちにも、同じ部分はある。何か話さないといけないとき・・・・それがPTAの会合でも地区役員レベルでも、社内のスピーチでも、学校でのスピーチでも・・・・たいていの人は、「これを伝えたい!」って思いよりも、うまいことやり過ごしたい、乗り切りたい、ミスなく終えたい、何も突っ込まれたくない・・・・ってことをまず思うんじゃないでしょうか。うまいこと、誰からも責められずに、やり過ごしたい。・・・そっちがメインになっちゃってることって、山ほどあると思うんですよ。だから・・・彼のスピーチを批判して終わり、なら簡単なんですが、そこで終わらないで、私たちの意識レベルを普段から上げる、ってことが必要な気がします。何かを読みながらスピーチするんじゃなくて、暗記しようとしたり、うまくやることよりも、「伝える」ってことを大事にしようと思ったりとか、一人一人が、人に何かを伝える場、ってものに真剣に取り組むことがあってもいいのかもしれません。一国の首相って、やっぱり・・・・その国、国民の一部分を反映してると思うんですよ。自分たちは直接投票してない、って言っても、必ず・・・・私たちのどこかの反映は、何かしらあると思うのです。新型コロナウイルスを指定感染症の2類から外せば解決できる問題がたくさんあるはずなのに、そこをお偉いさんたちもマスコミも華麗にスルーしてるのは、決まったものを変える、という勇気を持てない人が多いから。これは・・・・ほんとに公務員あるあるで(でもどこの会社でもあるあるかも)、特に公務員て、すでに決まったものを変えるとか、なくす、ってことが・・・・異様に少ない世界なんですよ。すでにあるもの、ルールとか取り決めは、基本いじらない。前例踏襲!!だから例えば、教員対象の研修があるとして、何か問題、議論が起こるたびに研修はどんどん増えていくんですが、それまでに存在してきたものは絶対なくならないし日数も減らさないから、延々と研修が未来永劫増え続けるんです。現場の負担が大きいからこれまでのものを統合しようとか負担を減らそうなんてことは一切議論に上がりません。延々と研修がボリュームアップしたり数が増えていって・・・・そして、現場の混乱と負担がものすごいことになる。でもお偉いさんたちは気にしません。私が感じたのは、公務員て、既存のものは絶対なくさないんだな、ってこと。みんな、それまでのものを受け継ぐ、踏襲する、ってのは得意だけど、そこを改革する、ってのは・・・・あまりしない人たちが多いのかも。みなとにかく、変えたことで何を言われるかってのがまず怖いし、責任とるのが嫌なんですよね。結局どこの世界でもそうなのかもしれませんが・・・・もうこのルールは機能してないし変えたほうがいいのでは?ってことを声を上げたり、やろうとする人がなかなかいない。そうして・・・・無駄な労力とか犠牲が増えていくばっかりなのに、それでも変化させようという声をみながあげない。新型コロナウイルスを指定感染症の2類から外すことで、いろいろと解決できる問題がたくさんあるはずで現場からもその声は出ているのに、その意見は華麗にスルー。お偉いさんたちも、マスコミも・・・・怖いくらいにスルーしてる。こういうこともよくありますね。教員の世界だったら、こんなにもいじめが、とか、教員の質が、とか、授業の質が、学級崩壊が・・・・と、ネガティブなニュースって山ほどマスコミによって流されますが、いろんな問題を一気に変えるはずの、一クラスの人数を減らす、ってことは・・・なぜか、議論に上らない。一クラス44人とか、もう正直言って、全員は見れないです。無理です。教員としてもつらいんです。もっと一人一人をしっかり見たいし話したいけど、その時間がない。したいことができないつらさ。業務もありすぎるので、いろんなことを細かく、手厚くなんてしたいけどできないって現状があるのですが、マスコミって基本いかに何かがやばいか、ってことを強調するだけで、それをこうしたら一気に解決できるはず、ってことは・・・・言わないんですよね。コロナウイルスのことも、指定感染症の2類から外せばいいのに・・・・それをしないってことは、みんな、責任取るのが嫌なんだろうなと。そこでちょっとでも感染者が増えたらその責任なんて取りたくないと。でも、現場の声としても上がってきていますが、無症状の人を入院させることで、本当に急を要する人たち、救急医療が必要な方たちを断らなきゃいけなくなるって・・・・本末転倒じゃないでしょうか。消毒に時間がかかってもきっちり守らなくちゃいけないし、そうしたらほかの患者さんたちに割ける時間も余裕もなくなるわけで。コロナウイルスの軽症の方のために、多くの救急患者が受け入れられない現実社会を作っていいのか。それもこれも、コロナウイルスが指定感染症の2類だから。致死率50%(!!)のエボラ出血熱と同じレベルで扱っちゃってるからであり。コロナウイルスじゃなくて、インフルエンザで亡くなる方は日本で年間約1万人。新型コロナで亡くなった方はまだ4000人に届いていません。そして、コロナでなくても、インフルエンザであっても、それによって亡くなる方はいるし、基礎疾患があるゆえインフルエンザで亡くなる方もいます。コロナだけが特別なわけではない。考えてみたら・・・・もしインフルエンザになった人が一人でも出たらその会社は営業停止とか、学校は休校とか、部活動の試合は出ちゃいけないとか、感染経路を全て洗い出さないといけないとか、やってたら・・・・もう、パニックですよね。でもそのパニックに向かおうとしているように見えるのが今の日本というか。根本的な考えを入れ替えて、指定感染症の2類から外す、ってだけで医療ひっ迫は起こらないのに・・・・・そもそも国民当たりの医者の数が世界トップレベルの日本で、感染者も欧米に比べてけた違いに少ない日本で、医療崩壊が叫ばれるのはなぜなのか、一人一人がじっくり考える必要があると思います。もしかして・・・このコロナウイルスでめちゃくちゃ儲かるところ、があるから、それゆえにマスコミはコロナ=死、のような情報ばかりを垂れ流すのか。人をコントロールするとき、恐怖や心配、不安をあおって支配しようとするのは、昔からある手口です。どうせなら、大きな闇組織?とかが、わざとこの情報操作をしてる、ってほうが、まだいいかも・・・・・本気で全員がコロナを怖がっているとしたら、それを信じてこんなマスコミの状況だとしたら、もう救いようがない気すらしてしまう・・・・もう、いい加減、目を覚ましたほうがいい。ほんとうにコロナウイルスが怖いのかどうか。私たちは、コロナ=怖い=死に至る、を信じてしまって、誰かのシナリオを信じるだけでいいのかどうか。ほんとうに怖いのはコロナウイルスじゃなくて人間です。頑張って働いている人たち、コロナの陽性になった人たちに対して酷い言葉を投げつけたりする人間の心のほうが、一番恐ろしい。でもこの混乱は・・・・混乱している世の中だからこそ、いろんな気づき、が急速に生まれるチャンスもあると感じます。あれ?なんかおかしくない??と思うチャンスがごろごろ転がっている。緊急事態宣言もそのひとつだと思います。自分は、何を思うのか。自分は、何を感じているのか。そのことを一人一人が、じっくり考える機会をもらっているのでは・・・と思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 08Jan
    • 神さまは願いを叶えない。の画像

      神さまは願いを叶えない。

      毎月第一日曜日は白山市「Qui」さんにて11~16時待機しています。今月は第2日曜日の1月10日(日)が待機日です。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみにて11~16時待機しています。毎週金曜日は金沢の町屋「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、マクロビランチタイム、スピリチュアルカウンセリングをご予約制にて受付しております。3月7日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。メール鑑定、電話セッションは随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。先月の小松空港サクララウンジでは、おかきの種類がたくさんありました。なんだか・・・お正月っぽい包装?富士山が描かれています。こつぶあげに、うめしそ柿の種に・・・・さらにさくさく塩あられに、もろこしちっぷす。初めて見るものもありました。いつもは2種類しか置いてないはずなのに、この日は4種類もありました!・・・といってもアミノ酸は全てに使われているので、個人的には残念なのですが・・・・息子は案の定さっさと取って全種類食べてました・・・自分としては食べてほしくないけど、旅行中はほとんど口出ししないでいます。食べ過ぎるなよ、とだけ言うだけです。いつかアミノ酸以外のスナックが出るようになればいいなあ。将来に期待しますさて、先日・・・・UFOをよく見る方が、「昔からなんとなく、神社に神様はいないと思ってた」とおっしゃっていて、おおー!!やはりちゃんと気づいている人は気づいてるーー!!めっちゃ嬉しーーー!!!と思っちゃいましたその方は、「うまく言えないけど、神社って・・・・このシステム作った人ってすごいと思う」ともおっしゃってて、なんだか・・・・こういう、世間の一般常識に染まらず、自分自身の感覚を大事にするって・・・・めっちゃスピリチュアルだな~と新年早々嬉しい気持ちにもなりました。普通に考えて・・・・神さま、って人間みたいな肉体は持ってないから、人間の住居みたいに、どっかの神社でずっといる・・・・って考えるほうが変じゃないかなあ?と思うのですが・・・・なぜ世間ではそこは問題にしないのか・・・・一か所からしか動けない、なんてこともあるはずないし、そもそも肉体がないんだし、いわば意識体、みたいな感じだから、絶対この場所にずっといる、留まってる!ってよりは、いろんな場所から繋がれる、って存在だと思います。だから・・・神社ってまさにポータルサイト、みたいな感じかな?と。そこに行くと、神さま・・・というか私は「宇宙」って言葉がしっくりくるんですが、その宇宙、と繋がりやすくなるのが神社じゃないかな~と。もちろんいろんな神社があるので、全てが同じようなエネルギーの場所とは限らないと思いますが、おそらく、自分と相性のいい神社はあると思います。そしてそこは・・・必ず、自分でわかると思います。初詣とかで「神さま」にお願い事をする、ってなんだか当たり前になってますが・・・・そもそも、「神さま」って、人間のお願い事を叶えるために存在してる存在なのか?ってことです。ニール・ドナルド・ウォルシュの本にも、願いをかなえたり拒否したりするのは神の仕事ではないとはっきり書かれています。人間たちは困ったことがあると「神さま、助けてください!」とお祈りして、うまくいかないと神を罵る人もいて・・・・でも、それってやっぱりおかしいんですよ。だって、神さまって、ある人の願いはかなえて、ある人の願いはかなえない、ってこと・・・・・するかあ??ってことです。もし神さまが日常的なことをどんどん叶えてくれるなら、人間って・・・めっちゃ、神さま、に依存しそう・・・・・神さまに依存して、自分で考える、ってこともしなくなりそうな・・・・そもそも、もし願いを叶えてくれるなら、その基準は何なんだ??ってことです。神さま、って完璧で、何も欠けてない存在です。だから・・・・何も必要としない、のだそうです。何も必要としない、ってことは、願い事をこれはかなえてこれはかなえない、という基準、も必要ない、ありえない、ってことです。例えば・・・・慈愛に満ち溢れた母親、がいるとして、その母親は、子どもたちがあれ欲しい―!これ買って!このお願いきいてー!!・・・・って言い続けたら、それを次々叶えてあげるのが仕事でしょうか?お金ほしいー!ってのがその子の願いだとしたら、お金そのものを与え続けるよりも、どうやったら必要なお金を稼いでいけるのか?それを考え実行できるように育てようとするんじゃないかなあと。あるいは、ほんとにお金があなたの人生において一番求めるものなの?と、問いかけたりするんじゃないかなあ。本当に自分が求めるもの、に気づけるように、促したり質問したりするかもしれない。ただ叶えてあげる、ってことよりも、どうやったらその子が幸せな、自分らしい人生を送っていけるか・・・に心を砕くのが愛って気がします。母として・・・・さあ、お願いごと、どんどん言って!!ってよりも、その子が苦労しながらも頑張って進み、成長していく姿を見たいと願うんじゃないかなあと。だから・・・神さま、というか宇宙、が、私たち人間の願い事ばっかりを聞きたがってるとか、それを叶えるのが神さま、宇宙のお仕事だと考えるのって・・・・むしろ、神さまとか宇宙を貶めてるとも言えるくらいじゃないかなーと。神さま、宇宙のお仕事って・・・・そんなもんじゃない、って思うんですよ。もし私が、子どもとかそのように可愛がってる存在たちから、会えばいっつもお願い事ばっかりされて、会ったらその話しかしない・・・・ってなると、悲しいと思うんですよね・・・・まあ、宇宙は人間の感情のように「悲しむ」ってことはないでしょうが。だから、神社に行ったら・・・そこで感じる全てのことに自分をオープンにして、いろんな感覚、感じたこと、を大切にすればいいんじゃないかなあと。そこで心がすっきり洗われたように感じるかもしれないし、そこで感謝の気持ちも生まれるかもしれないし、境内のふとした場所に癒しを感じることもあるかもしれない。神社から見た空の景色がえもいわれず美しいかもしれない。そしたらその、「ああ、美しいなあ・・・」という気持ちを大切にすればよくて。自分がまっさらになれたら、軽やかになれたら・・・・それでいいんじゃないかな、と思います。自分が願ってることは、必要ならば起こるし、必要ないなら起こらない流れが自然とあたわるはずですし。まあそもそも、「願う」と、かなわない・・・・って流れはありますが(過去の記事で書いたりしましたが)。エネルギー的には、執着心がなくなると・・・・手に入ります。欲しい!!って願えば願うほど「今はそれがない自分!!」ってのが強化されて、結局手に入らないという・・・・なので、結果を期待しない、ってのが一番ものごとがスムーズにいくコツです。私自身は、願い事って・・・神さま、とか宇宙、にお願いすることかあ??って思いがあります。それは個人的な願い事、の場合です。世界が平和になりますように・・・とか、この世から争いがなくなりますように・・・・みたいなことって、願い事というより「祈り」みたいなエネルギーだから、それはまた違った波動が出てるかな?と思うのですが、個人的に、両想いになりたいとか、受験に合格したいとか、お金が儲かりますようにとか・・・・それって、神さま、宇宙の立場で言うと、そういうことを言われても、「頑張れ~!応援してますよ」としか言えないような・・・神さま、宇宙、のしてることって、個人個人のお願い事を叶えることじゃなくて、もっとひろーーーい視点で、この世、この宇宙を見つめてるんじゃないかなあ・・・・私は初詣特有の、あの妙な熱気というか肉っぽい感じというか、もわもわしたエネルギーが苦手なので・・・・いわゆる有名どころの初詣には行かないです。人の欲望というかギラギラしたエネルギーも多かったりしますしね・・・・。まあ単純に、人が多いところが好きではないってのが大きいですが。我が家の氏神様は幸い、ほんとにぽつりぽつりとしか人が来ないので・・・元旦でも境内に同時にいるのは数組程度なのでほんとに助かります。そして夫の実家の近くにある神社は、少し前のブログでも写真を載せましたが、とっても心惹かれる神社です。宮司さんもだーれもいない神社です。田舎で、来る人も少ないのか、御神酒と紙コップがそのままぽんと置いてあって、自由に飲んでね、って感じて置いてあります。先日、息子がその御神酒をコップに注いで飲もうと(!!)してたのでやめさせ、コップにもう注いじゃったので、私が飲みましたが・・・・これがまあ、信じられないくらい、甘かった!!日本酒ってこんなに美味しかったっけ??と思いました。息子は私が飲んだあとのコップの雫をなめて・・・・(;^_^A そして息子も、「うまい!!!」と・・・・あの場に置いてあることで・・・・御神酒もまろやかさが増したのか・・・?なんて思いました。御神酒は水というか液体だし、場のエネルギーの影響は受けやすいし、きっとあの神社の境内に置いてあったから・・・格別美味しく感じたのかな、と思いました。そうして、美味しい!と思ったのも、大事な「感動」で。心が動くとき、人は、まっさらな自分になれていると思うのです。そんな出来事ひとつとっても・・・・ありがたい嬉しいことだと感じます。お願い事をするのが神社では当たり前になっちゃってる風潮はあれど・・・・お願い事なんかするより、ここの空気感に浸っていたい、とか、違う感覚も大事にする人がたくさんいる社会であればいいなと思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 07Jan
    • 失敗は失敗じゃない。の画像

      失敗は失敗じゃない。

      毎月第一日曜日は白山市「Qui」さんの和室にて11~16時待機しています。ただし今月は1月10日(日)が待機日です。ご予約には余裕があります。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみにて11~16時待機しています。毎週金曜日は金沢市の町屋「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、マクロビランチタイム、スピリチュアルカウンセリングを予約制にて受付しております。3月7日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。メール鑑定、電話セッションは随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。ベジチャーシューなるものを作ってみました。油揚げを巻いて、タコ糸で縛って作ります。味つけは八角を入れるのがポイントかも。チャーシュー・・・・には見えないな・・・・(;^_^A ただ味的には息子は「これうまっ!!」と言っていたので、思春期男子でも好きなガツンとした味付けになっているのかも。私的には味濃くしすぎたな・・・・と思っても今の息子にはちょうどいい感じらしい・・・肉とか魚がなくても、にんにく&しょうがのきつめの味付けがあると男子はやはり喜ぶのかも・・・・あな吉さんのレシピ本で紹介されている「万能だれ」は確かにいろんなところに使えるな~と思います。さて、「失敗」というものを経験したとき・・・・それによって打ちひしがれたり、ずっとそのつらさを引きずっていたりすることって、あると思います。自分はなんて失敗をしてしまったんだ。・・・・その思いにずっと囚われている人もいることでしょう。ただ・・・・自分が「失敗」だと思い込んでいるものに対してですが、忘れてはいけない、神さま、宇宙、からのメッセージがあります。それは・・・すべてのことの意味は、わたしが与えるという真実です。自分が経験すること。失敗だと思えること。恥ずかしいことだと思っていること。この世で経験するあらゆることの意味は・・・・自分自身が、わたしが、決めていいのです。すべてのことの意味を与えるのは、「わたし」なのです。誰かが意味を与えるのではありません。どこかの霊能者やスピリチュアリスト、占い師、ヒーラー・・・・そうした人が意味を与えるのでもありません。すべてのことに対して、意味を与えるのは、自分自身である。このパワフルな真実を・・・忘れないこと。「失敗」と見えるその経験が何を意味するかは、自分で決める。自分だけが決められる。「失敗」を、「成功」と呼んじゃっていいのです。この「失敗」にどんな意味があって、どんなふうに自分にとって素晴らしい流れを呼ぶことになったのか、自分を振り返るためにとても役立ってくれたことや、そのおかげで得られたあらゆることを・・・・自分で決めていいのです。そもそも・・・「失敗」そのものには、ネガティブなエネルギーもな~んもないんですよ。そこにポジティブを見るか、ネガティブを見るかは、きっと各自で決められて、それぞれ違ってくるのだと思います。私自身、自分の中であれは失敗だった、と思えてることなんて数えきれないほどありますが・・・・ニール・ドナルド・ウォルシュの本では、「失敗を祝いなさい」なんてことも書いてありましたが、私は正直、失敗を祝うまでの境地にはなってなくて・・・・(;^_^A でも、失敗にとらわれ過ぎないというか、「失敗だ」と思えてしまうことについて、ネガティブではなく、ニュートラルに見ることをするようにしています。あれは失敗だった!!・・・・と思えてることについて、私の中で「失敗」はネガティブイメージとどうしてもくっついているので、あえて「失敗だ」って思いを・・・・外します。失敗?そうなのかな?・・・・・どっちでもなんだっていいや。てなふうに考えます。なんで「失敗」だってあなたは思い込んでるの?どうしてそう断言できるの?その意味は、今、決めなくてもいいんじゃない?・・・・と自分に言って、「失敗だーーーわあーーーー」ってなってる自分を落ち着かせます。それを「失敗だ」って決めるにはまだ早いよ、その出来事の意味を決めるのは今じゃないよ、と。そして・・・・ものすごい失敗だ、と思えることも、時がたつと、あれ?そこまで大きなことじゃなかったのかも・・・・と思えることだってたくさんあることに気づきます。どうしてもその出来事の渦中にあるときって、その「失敗(に見えること)」のインパクトが強すぎて、そして視野が「今」しか見てないともうそれが失敗にしか見えなかったりするのですが・・・・時がたつことで、あれ、あのことってこの長い長い人生の中のほんのわずかな1ページで、他の人にとってもそうだし、他の人は思い返すことすら全然なくなってるようなことなのかも・・・・という視点が生まれたりします。違う視点、を意識するようにしていると、なんだか・・・・そもそも、「失敗」って・・・・ないんじゃないか??って思いが、生まれてくる。失敗とか成功とか、結局は・・・・人がそれぞれ自由に、好き勝手に決めてることだ。だから・・・・それのために自分が自分でいられなくなるとか、幸せに生きられないとか、そういうシロモノではないというか。私が好きなのは、「特に意味をいちいち持たせない」ってことです。あれは何の意味があったの?あれはどんな意味が・・・????・・・・ってことで、自分をいちいち忙しくさせないというか。意味を確認しないと前に進めないわけでもないし、特にそこには深い意味はない、ってこともあるはずだし(それも自分で決められるし)、最近の私は、自分のことに関して、「意味を特には追求しない」ってことに・・・・ハマっておりますこれが・・・楽なんですよ。いちいち「なんの意味が!?」って思わないってのが。探さないし求めないから、自分が一定でいられる感じです。起きたことはただ起きたことで、それを深く追求せずに流していく・・・・・そういう時期もあっていいんじゃないかな~と思っています。とはいえ感情が揺れ動くことはやはりあって(少し前の記事でダンスでの話など)、でもそこにとどまり過ぎず、次に進んでいけたら・・・それでいいんじゃないかな~と思っています。意味って、全部につけなくてもいいと思うんですよね。そして、あらゆることの意味を全て、知っていないといけないわけでもなし。まあ・・・・いつか、わかるでしょう。最悪、死んだ後にわかるはず!!だから、今はその出来事の意味がわからなくても、気にしない。とはいえ、切羽詰まってるときとかは、いろんなところに頼るのは全くオッケーだと思っています。私も以前はいろいろ占いに頼ったりもしました。なので、スピリチュアルカウンセリングでお客様からご質問があったときなどは、この流れってどんな意味なんだろう?ってのを、見えざる存在たちにヒントをもらいます。そのヒントをもらうことで、次に進む力になることもたくさんあるからです。でもその「意味づけ」も・・・・その人の無意識部分とか、宇宙と繋がってる部分が、すなわち「その人自身」の深い部分が、行っていることなのかなーと思っています。私はただ、その人が自分で意識してないけど、こういう意味付けでいいんだ、と思ってる部分を、拾おうとしてるだけで。すべてのことの意味は、自分が与える  んですもんねだから・・・・この世って、怖くないですよ。だって全てのことの意味を与えるのは自分ですもん!!他者が与えるのではない。自分にはその力がある、ってことです。自分自身が持つ力を思い出して、自分らしい人生を歩んで行ける人は・・・・この2021年も、たくさんいると思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 06Jan
    • インフルエンザにかかりにくくなる体操。の画像

      インフルエンザにかかりにくくなる体操。

      毎月第一日曜日は白山市「Qui」さんにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみにて11~16時待機しています。毎週金曜日は金沢市内の町屋「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、マクロビランチタイム、スピリチュアルカウンセリングをご予約制にて受付しております。3月7日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。メール鑑定、電話セッションは随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。青菜が大量にあって何とかしたかったら・・・こんな料理もあります。中ぐちゃっとしてますが。あな吉さんのレシピ本にあったのですが、青菜で海苔巻きを作ります。青菜はしょうゆ洗いをするのがポイント。しょうゆ洗い、そういえば昔はよくやってたな・・・・ほうれん草が一番合うような気がしますが、今回ほうれん草なしで、小松菜と春菊でも美味しくいただけました。下に豆乳マヨネーズをしいて、豆乳マヨと合わせて食べると確かに万人受けする味になってました。青菜は、素性の確かなものを選べばほんとに美味しいし子どももたくさん食べてくれるという印象があります。慣行栽培で農薬が多いとほんとに苦くて・・・・食べるのがつらい。でも、きちんと育てられたものは、ちゃんと美味しいんですよね。味が全然違う。そして元気な青菜は買ってから10日とかたってもまだ食べられる。私は土の味さんでしか基本野菜を買わないのですが、野菜市は2週間に一度なので野菜が悪くなるかと思いきや・・・・なんだか全然大丈夫なんですよ。青菜もギリいけます。元気な野菜を買うと、しょっちゅう買い物に行かずともOKなので、世の中ってうまいことできてるな~と思います。美味しいかつラクできるというさて、自分自身の簡単な健康チェック、ってものを今日はご紹介。そこで質問です。口を閉じたとき、自分の舌の先は一体どこに当たっているでしょう??① 口の中の天井、か② 上の前歯の裏側、か③ 上下の歯の間かどこにもあたっていない、か・・・・・・①~③のどれでしょうか??これによって、自分自身の健康度だったり、インフルエンザにかかりやすいかどうかの目安になります。今はコロナウイルスの問題もあるので、これってきっとコロナにやられやすいかどうかの目安にもなるのでは??ウイルスにやられやすいかどうかってことなので・・・。(ちなみにこの基準は、歯科専門のお医者さまが講演会で言っていた内容です)さて、口を閉じたときどこに舌の先があたるか、ですが、一般の方々はどうだったかというと、口の中の天井・・・ 3割上の前歯の裏側・・・ 4割上下の歯の間かどこにもあたっていない&下の前歯の裏側、は少数 だったとのこと。ほとんどの人は上の前歯の裏側、もしくは口の中の天井、ってことですね。これはですね・・・・下の先が、口の中の天井に近いほどいい、のだそうです舌がだんだんと下がってくるのは、衰え を表しているそうです。衰えといっても実際に生活年齢が年をとっていって・・・ではなく、舌が衰えている、ってことです。舌が衰えていくと、寝ているときに口が開いてしまうそうです。すると・・・舌が下に落ちて、気道が狭くなり、いびきをかきます。そうして、朝起きたときには口がカラカラに渇いてる、といった問題が出てきます。いびきにはいろいろ原因はありますが、舌が衰えててもなっちゃうんですね・・・・そして、朝起きたら口がカラカラに渇いている人も、舌が衰えてるから、ということもある。舌の力、って普段は意識してないですが、ここが強いとインフルエンザウイルスにもやられにくいようです。だってウイルスって鼻とか口から入ってきますもんね。そこでウイルスを押しとどめられる人と、そうじゃない人っているはず。ちなみに私は、舌の先は前歯の裏側でした。特別いい状態ってわけでもない。悪くもないけど、本当はもっと上の方にできるはずなんだろうなあ。子どもを産んでわかったのは、赤ちゃんって、お母さんの母乳を飲むとき・・・・めっちゃ!!舌を使ってる、ってこと!!!普通に大人が何かを吸うときの舌、口の動きと全然!!!違うんですよ!!!めちゃくちゃ複雑(に私には見えた)な動きしてる・・・・そして母乳を飲まなくなると、その独特な舌の動きってのは忘れてしまうそうです。いやーあれは衝撃だったというか。普通に吸ってるだけかと思ったら・・・・あんな難しいことしてたのかー、と。今はミルクもどんどん推奨される時代になり、生まれたときから、舌の動きのトレーニングみたいなものは少ない時代になってるのかも・・・・(かといってミルクがダメとは思ってません)やわらかい食べ物が多くなって、噛むことも舌を使うこともだんだん減ってきた時代になってきてますよね・・・・朝はごはんに味噌汁、たくあんだったのがたくあんなんて姿をどんどん消し、朝はパンとかコーンフレークが大人気な世界になっちゃったし、豆を食べたりするめとか昆布をしゃぶるなんてこともめっぽう少なくなり・・・おやつといえばスナック菓子とか甘いパンとかホットケーキとかドーナツとか・・・・子どもに人気の食べ物、メニューを見てても、カレー、ラーメン、ハンバーグ・・・・と、とにかく噛まなくて済むものばっか!!そもそも白米も玄米とか分づき米、雑穀米に比べたらあまり噛まなくても食べれますし。食生活がすっかり変わってしまって・・・・その中で、舌の先の位置、に注目してその変化を見る、ってのも面白いなあと思いました。では、その舌の力をどうやって鍛えるか?一番いいのは、あいうべ体操 だそうですいや~やっぱりあいうべ体操ってすごいんですよね。あいうべ体操は実際、いろんな保育園とか幼稚園、小学校でやられていて、インフルエンザにかかりにくくなった、という声も大きいことを聞きます。あいうべ体操・・・・これは、一円も、かかりません!!私は、健康でいるためにはお金はかける必要ないってのを信じていて、お金がむちゃくちゃかかる健康法は基本的に興味がないです。それは自分にあまりお金がないから、というだけではなくて、お金がめっちゃかかる方法しか準備しない・・・・ってことを宇宙がするはずない、と思えるからです。だから真の健康法って、誰も儲けさせないというか笑誰かがそれでお金儲けする・・・・ってレベルのことじゃなくて、みんながお金かけずに、誰でもができることこそ、真の健康法、最強の健康法だと私は思っています。このあいうべ体操を、毎日真剣に10回やるだけで、効果はあるそうですあいうべ体操をやると舌がだんだん上に上がってくるとのこと!!舌の力がものすごくつき、インフルエンザにもかかりにくくなるそうです。インフルにかかりにくくなるってことは、絶対コロナ対策にもなりそうだな・・・・世の中って、探せば、お金をかけずにより健康になれる方法が、たっくさんあるんですよね。それはほんとに感じます。健康でいるために何万、何十万もかけなくても、ゼロ円でなんとかできる方法も、たくさんある。それこそセイタカアワダチソウのお風呂がアトピーに効くように、セイタカアワダチソウなんて雑草で、そこたらじゅうに生えてたり。あいうべ体操じゃなくても、いろんな方法がこの世にはあるはず。とりあえず・・・・自分の、家族の舌の先の位置を確認してみるだけでもいいかもしれません。ひとつの目安として。舌の先の位置が低かったら、あ~この子はちょっと注意しないとな~、って心構えができる。自分の舌の位置が低かったら、自分自身気を付けよう、頑張って改善しようと思ったり。私たちにできることって、たくさんあります!それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 05Jan
    • 最強!?ミニマリストの国内旅行の荷物。の画像

      最強!?ミニマリストの国内旅行の荷物。

      毎月第一日曜日は白山市「Qui」さんにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみにて11~16時待機しています。毎週金曜日は築100年の町屋「よふ葉」さんにてマクロビティータイム、マクロビランチタイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。3月7日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。石垣島には2泊3日の短い旅だったのですが、そのときの息子の荷物が・・・・最強でした。息子、私の影響かミニマリストという概念を知り、おれもミニマリストになる!と時々息巻いておりますその息子・・・・石垣島に行くときの旅行の荷物準備できた!と言って見せてくれたのがこれ。これ・・・・ポーチです。以前、イギリスに行くときにJALのビジネスクラスに一緒に乗ったときにもらったETROのアメニティポーチです。この中に・・・・全部荷物入った!!と息子。いやいやいや、ありえんって!!息子曰く、「おれ、手ぶらで旅行したい!!」と・・・・・いやそりゃ私も究極は手ぶら旅行だわさ。でもやっぱそれなりに荷物っているわけで・・・・こんなポーチひとつってありえんて!!そんな息子が見せてくれたポーチの中身は・・・・こんなでした。タオル(JALに乗ったときもらったやつ)、空の水筒、ティッシュ、スマホ、小銭が入った封筒、ケーブル、コンセント、イヤホン、以上!!・・・・え??着替えは??息子曰く、今履いてるパンツを毎日洗えばいい。そうして履くから替えのパンツもいらないと・・・・・ほんとに洗うのかめっちゃ怪しい・・・・・最初はタオルも入れてなかったのですが、トレッキングの持ち物でタオルと書いてあったので、しぶしぶ?タオルを追加した息子。財布は・・・重くなるので、持たないと。実際旅行に行くときの息子はもう小銭ちょろっとしか手持ちがなく。長財布を持つなんてことしたくないと言い、まあでも数百円の小銭は一応持っていくことにするけど、財布だと重くなるから・・・私から封筒をもらって、これに入れる!これでいい!!とした息子・・・・・まあ確かに、財布を持つと、かさばります。だから財布を持たずにマネークリップを使用するミニマリストの人も多いですよね。ちなみに空の水筒は、トレッキングのときに持ち物として書いてあったのと(でも実際はお水のペットボトルが1本ガイドさんからもらえました)、ラウンジでお茶を入れて持ち歩いたり、ホテルに備え付けのティーバッグでお茶作って持ち歩くのに便利だと以前購入したもの。極小サイズで、ポーチに入るサイズなんですよね・・・・こんな感じで、着替えを一切持たない!手ぶらで旅行!!ってのを実践した息子。でも実際トレッキングでは泥もついたりするし、やっぱり毎日パンツを部屋で洗うのはめんどいし完全には乾かなくて生乾きになるし、着替えは持参したほうがいいと思うんですよね・・・・なので、本人的には手ぶら旅行達成!めっちゃラク~~~!!とうひょうひょ言ってましたが、はたから見てた私としたら成功とはいいがたいのではないかと私はミニマリスト目指してるくせにすぐかばんになんでも詰め込んで重くなるタイプで、息子に私のかばんを持たせたら、「ママ・・・・これ、筋トレでもしてんの?」と言われました旅行の時、いかに荷物を少なくするか。これはミニマリストとして考えるのが楽しい話題のひとつです息子のようにジャンパーにポーチだけ入れて、手ぶらでずっと動けたら・・・・確かに、すっごく楽そうでした。保安検査も、私はかばんからiPad出して、リュックからパソコン出して・・・ってやってるのに、息子はすいっとゲートを通る。ゲートを通っても私や夫はあれを入れてこれを入れて・・・とせかせかしてるけど、息子はな~~んにもしなくていい。どこに行くにも身軽だし、荷物が重くなって疲れることもない。うん・・・・確かに、理想だな・・・・奴のやり方は・・・・!!手ぶら・・・で旅行できるかどうかは未知数として、えっ!?こんなに荷物少ないの!??って人から思われるくらい少ない荷物で旅をする、ってのは理想だしやりたいことの一つでもあります。相変わらず通常のカバンが重い私ですが(暇つぶし用に本をどんどん入れてしまうのが大きい)、旅行で荷物を軽いままにするってことで実践しているのは、お土産を買わないってことです。自分用に何か買うことはあるかもしれないけど、基本、親とか親戚、友達にお土産は買わない。そもそもお土産のお菓子って、箱がかさばる!!しかもああいうお菓子で、心の底から相手に食べてほしい、ってものってなかなかない。だってほとんどのものに砂糖や香料、添加物が使われてるので・・・・石垣島に行くことは家族にも全然言ってなかったので、誰にもお土産は不要。というか言っても買ってこないですね、基本・・・。私にとって荷物が増えるってことは、悲しいことなので・・・・。今回の石垣島への旅で、私は、自分用のお土産も原則買わない、を実践しましたお土産と言えるものは、石垣の塩と、石垣の塩をつかったおかきだけ(自分と息子が途中で食べる用)。石垣ブルーが美しい、石垣焼窯元のお店にいったとき、このお皿たち、買いたい・・・・!!と思いましたが、そこはぐっと自分を押しとどめました(;^_^A買っても別に問題ないといえばないのですが、今自分の家にはまだたくさんのものがあって、それらをとことん絞って、ほんとに、これがないとダメだ!生きるのに困難だ!悲しすぎる!ってものを見極めていこうと。石垣ブルーのお皿は、美しかったですが、そのお皿がなくても今の私は困らないので・・・・その分は、次の旅行のためにお金をまわそうと思いました息子も最近ミニマリスト的思考が育ってきたというか、今まで欲しくて買ってたものって、結局もういらなくなったり、ゴミになってる、だからおれはこれからもう「モノ」は買わない。お金は、体験とか食べ物にだけ使う!と宣言しておりましたその感覚って・・・めっちゃ共感できます。私も同じく、体験、経験、あとはこだわりの食材、なんかにお金をかけるのは賛成で、私の場合は基本お金って旅行のために使うもので、もう今は洋服とかかばんとか、雑貨とか、そういったものへの物欲は二の次三の次になった感じというか。かといって物欲ゼロ、ってわけでもなく、ステラマッカートニーのバッグ買ってみたいな~という欲なんかが時折うわっと現れてしばし留まる、みたいなときもちょくちょくあります(;^_^Aしか~し。やっぱり一番好きなのは、物が少なく、身軽な自分、身軽な家。まだまだこれからも・・・・どんどん、そぎ落としていきます今回の旅行では私は特別ミニマリスト的な荷物にはならなかったのですが・・・・息子が代わりに究極のスタイルを見せてくれました。←でもパンツはいると思う・・・・いずれ、究極に身軽な!スタイルの旅行で旅をしたいと思っていますその前にはまず、家の中、そして普段使うかばんの見直しですね・・・・モノをたくさん持ちたい人は持てばいいのです。ミニマリストじゃないと意識が上がらないとか、そうしないとスピリチュアル的に上にいけない?とかじゃないです。どんな人でも、どんな形でも、意識が上がるときは上がる。エネルギーがクリアーになるときはなります。ただ、持つものを厳選したり、きちんと選ぶ、持ちすぎない、ってことは、エネルギーの流れがよくなることが伴う場合はとても多いと思います。この世ってほっとくと、日本みたいなモノが豊かにある国にいると、モノってどんどんたまっていきやすいんですよね。そしてそれは、自分にとって本当に必要でないものも自分や家にくっついてしまうことがあって。ちょっとのこと、でも、塵も積もればなんとやら。何よりも・・・・モノがありすぎない状態のスッキリ感。この感覚が好きな人、心地よく感じる人は、その路線を進めばいいのです。私は、モノが少ない状態、そういう自分に心地よさを感じるので(今はまだ理想の状態ではないですが)、そして毎日の生活が楽なので、ミニマリストの暮らしぶりを目指しているだけです。今は・・・・正真正銘、洋服は1セットのみです外出しない日にパジャマのまま過ごしその時にその洋服を洗うのが必要なら洗う、って感じで過ごしていますそしてやっと、洋服もポリエステルのものは全て処分できました!!・・・・と思ったら、ダンスのレッスンのときのレオタードやタイツがポリエステルだった・・・・私の持ち物からポリエステルの服が完全になくなってはいないですが、普段着、としてはポリエステルがゼロになりました!!次、旅に出るのは3月の東京浅草イベントでしょうか・・・・それまでに家の中、普段のかばんの定期的整理、を頑張ろうと思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 04Jan
    • 夫の実家に行ったら・・・。の画像

      夫の実家に行ったら・・・。

      毎月第一日曜日は白山市「Qui」さんにて11~16時待機しています。今月は第2日曜日の10日(日)が待機日です。ただいまご予約受付中です。お問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。新年になると行かねばならぬところ・・・それは夫の実家。義務感でやることは捨ててしまえばいいのですが、最近はあんまり嫌な気持ちはなく(すぐ帰ります!という路線を貫けるようになったので)、まあお正月は息子がお年玉をめちゃくちゃ楽しみにしてるので・・・まあ行けばいっか、という感じなのと、夫の実家では何もご飯はいりません、という態度を貫くようになったらその代わりに食事代として現金を義母がくれるようになったので、図々しいですがそれを目当てに行っていますこの時期は、夫の実家のあたりに行くときに楽しみもあるんです。夫の実家の氏神様。ここの神社が・・・私はすごく好きなのです。今は雪もあって綺麗だろうな・・・・と思って行くのが楽しみでした。長い階段を上って本殿へ行きます。長い長い階段を上っていくとき・・・ただただ必死に上ることで、無心になれる。まっさらな心で、神殿へ向かえます。私たちは夫の実家に行くのは元旦以外なので(私自身、元旦しょっぱなから夫の実家には行きたくないと主張している(^_^;))、いつもこの神社に来ると人がいなくて、とても静かで・・・・その雰囲気も好きなのです。しーーーんとした美しさがある。神さまに・・・・何をお願いするか?・・・・なーんにも、お願いしたいことなんてないです。ここに来て、何を一番に思うか?・・・・それってやっぱり、感謝、だと思うのです。こんなふうにここにたたずんでくれていて、ありがたい。嬉しい。こんな美しい空気を保ってくれているのが嬉しいし、ありがたい。ずっとここにあってくれている、存在してくれていることが、うれしいしありがたい・・・・・神社に来て、何を思うか?と自分の心に問うたとき・・・・お願い事なんで、出てくるかなあ??と正直思った。だって、こんなすうっとした綺麗な、美しいエネルギーを感じさせてもらえて、ずっとここに神社が存在してくれていて、まずそれを「ありがたいなあ」って思うのが・・・・普通なんじゃないだろうか??と。なんで人って、お願い事なんかするんだろう。そんなことより、一番伝えたいのは、「ここにいてくれて、ありがとう」って気持ちなんじゃないかな・・・・・そんなことを思いました。なので・・・・お願い事なんて、一切せず、ただただ、ここにこうしていてくれて、存在していてくれて、ありがとうございます、と、ただそれだけを伝えてきました。お願い事なんて、いやマジどうでもいいわ、そんなの自分で何とかするし、と思ってる自分がいましたそれを自分で確認できたというか。だって、こんなふうに久しぶりに会えた相手に対して、「ねえねえ!!お金欲しいんだけど!!」「とか、「私のお願い聞いてほしいんだけど!!」・・・・って、言うのか・・・・???いやいや、そんなの言わんでしょー!!と思ってる自分がいた。久しぶりに会えた大切な相手。だから、「元気だった?」「元気そうね、会えてうれしい!」・・・・ってのが、まず言いたいことなんじゃないのかなあ。と思いました。相手に対する敬意があれば、久々に会っていきなり自分のお願い事だけ言うってのは・・・・しないはず、なーんてことを考えていました。そして、神社にお参りしたあとは・・・夫の実家へ。昔はこの夫の実家に来るという行動が嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で嫌で仕方なかったのですが・・・・・・でも、自分自身の意識が変わり、嫌いなことに対して正直にあるようにしていると、不思議と・・・・現実も変わってきたというか。実際、行くのにそこまで嫌な気持ちにならなくなってきました。むしろ、なんだか興味深いことなんかを知ることが増えてきて、そこでの滞在が無駄な感じがしなくなってきたというか。もちろん、現金ももらえるのでなんだかていのいいバイト感覚もあります(;^_^A今回も、姑は、何も食事準備できてないし・・・・と代りに現金をくれ。そして舅は、夫にお小遣いをあげていて(今までそんなことなかったのですが・・・舅も年を取ってきたから?あるいは義兄夫婦に何か援助したからその分何かしてあげようと思ったのか?謎ですが・・・)、それがけっこうな額で、それがあれば・・・夫が車を買い替える、ってことも現実味を帯びてきました。夫は以前、車を買い替えたいから、私に生活費は一円もあげれないから、と宣言してきたことがあったのですが(この時は離婚も考えました)、相変わらず貯金はできてない感じで、車を買う(もちろん中古で)なんて、もう一生無理なのか・・・・?と思って見ていて。挙句の果てに夫は、「あなたのお父さん、俺に車買ってくれないかな~~」とのたまうようになり!!!←マジ信じられん・・・・もう、自分でお金貯める気、全然ナッシングじゃん!!かといって私がやりくりして夫に車を買ってあげる、ってのも全然したくない・・・・夫の車はカギはかからないし窓は開かないし(なので駐車場で駐車券を取るときなんかはドアを開けないといけない)、最近は乗るとガソリンの臭いがすごくするし(何か漏れてる!?)、時計の表示はずっとエラーになってるし・・・・・もう相当キテます燃費も悪いし維持費もかかるし、買い替えればいいのになー、でも手取り14万だときついよね、でも私が援助するのは嫌だ、と思っていたところへ、舅からのお小遣い!!これで・・・・車を買い替える頭金になるかも!!夫も、「これで車買い替えられるかも~」とほっとしていて、実は、私の父が・・・・車を買い替える予定があり、今の車を夫に格安で譲ろうかという話を言ってきたのです(父の車はまだ新しいし装備もめっちゃいい)なんか・・・・すべてはいいふうに動いているような・・・・・私も、無理して嫌々夫に援助してあげなくていいし、う~む、今回も夫の実家に来てほんとによかったなと。さらに・・・・わかったのが、義兄夫婦の息子さんが大学に推薦で合格していたのですが、その学部というのが、文学部!!彼はなんと国文学を専攻する予定だそうです私は大学時代文学部で(英文でした)、文学部をあえて選ぶ、っていう人に対して・・・・ものすごく共感もしちゃいますし、仲間意識もあるし(でも同じ文学部でも心理学系とか行動科学とか語学系はまたちょっとカラーが違う。文学を専攻する、ってところがミソ)、まさか彼が文学部に進学するとは1%も予想してなかったので・・・・(姑は「この子は農業好きなんやあ~」とも以前言ってたな・・・)もう、このことも知れてほんとに嬉しかったというか。義兄から「こいつ本なんて読んでねーし」と馬鹿に?されるところも、すっっっっごく共感!!私も実家では、別に本は読んでなかったし、本棚に純文学が並んでたわけでもなかったので、あ~~~すべてがわかる~~~~って感じで。何より、世間の波に流されず、就職のことも考えず(苦笑)、ありきたりな経済学部とかつぶしのききそうな法学部とかを選ぶでもなく、文学部!!文学部ですよ奥さん!!!文学学んでなんの世間の役に立つんじゃ?っていつも下に見られがちな文学部を!!!その文学部を選んでくれた彼のことが、ひじょ~~~~~に嬉しくてですね・・・・・あ~~ほんとにここに来て会話できてよかった・・・・・と、心から思えたわけです。夫の実家に来て、「あ~来てよかった」と思える日が来るなんて・・・・・まさに奇跡です。私にとっちゃ奇跡なんです。前回夫の実家に行ったときもそうだったし、なんだか最近・・・・「来てよかった」って思える流れになったのかも。ただただ、耐えて我慢してつらくて・・・・って流れはもうなくなったような気がします。姑は相変わらず大量の野菜とお米をくれましたが(いつも「Nちゃん、〇〇いる~?」と聞いてくるが、それって私の意向なんてどうでもいいよね、口だけだよね、だってあげる気満々だし実際もうすでに入れちゃってるじゃん・・・・・と思う)、夫の実家からは私の実家に直行し、そこで、もらった野菜の全てを!!実家に置いてきたので、我が家には野菜や漬物は何一つ持ち帰らなくてよかったという・・・・・いや~めっちゃ軽いですよ。エネルギーが。何も持ち帰らないって、すごく爽快です。唯一お米だけは持ち帰りましたが(玄米なので私の実家には精米しないとあげられない)、野菜はどんな詰め合わせだったのかとか、何が入ってたのかとか、私は一秒たりとも、確認してないです何が入ってるか、一切知らない。で、その段ボールや袋ごとそのままえいやっと実家に置いてきて、母は野菜は普通にもらえて喜ぶタイプなので、お互いにとってちょうどいい感じです野菜の量は明らかに3,4家族分くらいありますが、まあそこはおそらく母は近所の人なんかにあげたりするはず。自分の好きじゃないものは、家に置かない。これは鉄則ですね。貰い物でも、お嫁に出しちゃえばいいわけで。そのほうが野菜たちも相手から喜んで迎えてもらえて、その一生もハッピーなものになるはずなんです。そんなこんなで、特に嫌なことが起こるでもなく、ほんとにつつがなく夫の実家への訪問は終わったといいますか・・・・平和的に終わりましたそれもこれも、私自身が、姑のことは嫌いでいいや、と自分で自分のことを責めるのをやめた、自分を無理に変えようとするのをやめた、ってことが大きかったと思います。誰かを嫌いなままなんてよくない、感謝すべきでしょ、人を嫌うなんてよくないことだ、・・・・って正論をふりかざしてる間は、自分自身は救われない。もう、それでいいじゃん。大丈夫さ~。そんなふうに自分を見れるようになると・・・・あらあら不思議、相手のことを嫌う気持ちも下火になり、私の場合は、以前の記事でも書きましたが、姑から予想外の言葉をかけられ、奇跡が起こってしまいました。この世はホント、奇跡でできている。その様々な、予想外の出来事があるから・・・・人生って、面白い。夫の実家でたんまりお年玉をもらった息子は・・・・ずっと機嫌よく過ごしています苦笑お金が潤沢にあると・・・・不機嫌ってどっか行っちゃったりするのかなあ。夫の実家に行く前日は、私が息子がずっとテレビを見ていてその音がうるさいから二階でテレビ見てよと文句を言ったらそこからこじれて息子はキレて包丁を持ちだしてカーテンぶった切ってましたからね・・・・もはや息子の悪魔化はネタです(-_-;)そして正気に返るのも息子のパターンで。カーテンを包丁で切り裂いたあと、裁縫セットでめちゃくちゃ雑に切ったところを縫ってた息子。・・・・どうやら、罪滅ぼし的?な感じらしい・・・・・お年玉をもらったあと、同じようにテレビのことを文句言っても、包丁も持ちださないし、「じゃあ次のCMね」と妥協して2階に行ってくれたし。・・・・・金がある余裕なのか????まあ、やっぱり天使と悪魔行ったり来たりしすぎてこっちとしては疲れるので、早く高校卒業して家から出てってほしいな~~と切に願っております私が仏にならねば!なるべき!!とは思わなくて、今の私はそこは頑張るつもりがないので、じゃあお互い離れるほうが一番いいよね、って感じです夫の実家へは、またお盆には行く必要が出てくるかもしれないですが、まあ・・・・そこまで嫌な出来事にはならなくなりつつある、って気がします。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 03Jan
    • 愛する人を助けてはいけない理由。の画像

      愛する人を助けてはいけない理由。

      毎月第一日曜日は白山市「Qui」さんにて11~16時待機しています。ただし今月1月は第2日曜の10日(日)が待機日ですのでご了承ください。メール鑑定のご依頼の数が落ち着いてきました。今からは通常通りの待ち時間(10日ほど)でお返事ができます。メール鑑定でも対面と同じように気になることをお尋ねください。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。石垣島に行くときは、小松からまず那覇に行き、そこから石垣島へのフライトでした。那覇から石垣へのフライトで・・・ちょっと信じられない奇跡?が起こりました。これは座席指定の画面です。4列目までがクラスJです。なので前の4列は指定できません。しかしそのすぐ後ろの席は足もとが広いので普通席なのにすごくお得な席なんです!その7列目に・・・家族3人、全員座席指定できたのです!!こんなこと今までなかったし、ありえないはずなんですが・・・・足もとがこれくらい広いのが、クラスJのすぐ後ろの普通席。絶対この席はおすすめです。だって同じ料金ですもん!!ただし前方座席は上級会員じゃないと指定できないので、ステイタスがない場合は当日カウンターでトライする方法になると思います。私はこの座席が先に指定できるだけでも、修行して解脱してよかったと思っていますしかも今回は3人ともが7列目・・・普通7列目を指定しようとしても1席しか空いてなくて、今回の家族旅行でも私だけ7列目、ってフライトがほとんどでした。でもこのフライトだけは、なぜか・・・3席空いてて、家族全員で独占できたという・・・夫とも隣同士で7列目に座れた!(息子はずっとスマホを触りたいから最近あえて私たちとは離れた席に座りたがる)そして夫の隣の席は席はあるけど座れない席なので、誰もいない・・・めっちゃ快適です石垣行きのフライトは、クラスJに乗ってる人が・・・ほとんどいませんでした。多分3、4人だったと思います。かといって普通席が混んでたわけでもなく。今回はどのフライトもすごくすいてました。それはそれでゆったりとした空間ではあったけど、赤字から回復する日が早く来てほしいな・・・と思いました。今までは国際線を使うビジネス客が大きな収入源になってたけど、今後国際線はすぐには回復しないだろうし、したとしてもビジネス客はどうなるのか・・・先行きは不透明ですが、空の旅を求める人たちの思い、そして、その世界でプライドとやりがい、楽しさを持って働いている人たちもたくさんいるので、空の旅自体はなくならないと思います。それを求めるエネルギーはとても強いですから、全てなくなる・・・ってことにはならないんじゃないかと思います。2021年、航空業界はどうなるのか。破綻してしまったエアラインもありますが、できるだけ多くのエアラインが生き残ってほしいな・・・と思います。さて、他者(家族含む)との関係において、大いにはびこっている幻想や罠、というものがあります。それは・・・まず、「他者が必要」という幻想があります。幸せのために結婚しなきゃいけないとか、子どもを持たないといけないとか。あるいは、幸せな人生には親友?やたくさんの友達が必要とか・・・・結局それって、幸せのためには、何らかの「条件が必要」と思い込んでる幻想です。幸せになるために運命の人とかが必要とか、成功するためにはある種の仕事が必要とか、満たされるためには物質が必要とか・・・・とにかく人は、幸せのための「条件」をやたらと探したがる。でもそんなのは思い込み、幻想であって、スピリチュアル的には真実ではありません。それらなしで幸せを感じている人たちは山ほどいるし、そもそも、幸せ、というのは、自分で幸せだ、と思えばもうそれでなれるものです。幸せになるために、何か、絶対的な条件があるわけではなく。私って、幸せだなあ、と思えば、認定すれば、その意志を持てば、もうそれでその人の「幸せ」は存在します。そして、他者との関りにおいて、注意しなければならないのが・・・・他者の必要性を満たしてあげないといけない、という思い込み、幻想です。愛する人がいる。それはパートナーだったり、子どもだったり、大切な友人だったり。それはそれで素晴らしいことですが、問題は・・・・その、愛する人の必要性を全て満たしてあげなければいけない、と思い込んでしまうこと。愛する人なんだから、その人が求めるもの、必要だと主張するものは全て満たしてあげないと。それが愛なのだわ。・・・・と思い込んで、実はカルマを増やしてしまっている人たちが・・・・この世には多いのです。相手が求めるもの、欲しがるもの、要求することを常に満たしてあげ続けていると・・・・そしてそこには自分の犠牲も必要だったりしますが・・・・実は、相手のことを助けるのではなく、逆に、相手の力を奪うことになるケースがあるのです。私のことを必要としてるから。頼られてるから。何とかできるのは私しかいないから。・・・・・などなど、頭の声、エゴは、とても上手に説得します。だから相手の言うことをきいてあげなさい、相手があなたを必要としてるのだから、そばにいて助けてあげなさいよと。でも・・・誰かが助けてくれるなら、その人は、ずっと、自立はしないままになるかもしれません。自分で苦しみ、自分で考え、自分で工夫する力があるのに、それを使わないままいてしまうかもしれません。自分で這い上がる、何とかする、自立する、という経験を奪われてしまうかもしれません。なので・・・・相手を助けているようで実は、相手にとってよろしくないことをしてしまってるケースはあるのです。相手の力を逆に奪ってしまい、さらに、自分は摩耗していたりして、どちらにとってもマイナスなことになってるケースがいかに多いことか。誰かに何かをしてあげる。そのことは、忘れてしまってもいいのです。常に大切なのは、ニール・ドナルド・ウォルシュの本にもありましたが、「わたしはすべてを自分自身のためにしている」という言葉。これを覚えておくといいと神さまは言ったそうです。わたしはすべてを自分自身のためにしている。これは、宇宙の真実です。自分のことだけ考えて、利己的じゃないか?と思う人もいるかもしれません。でも、そう言う人は忘れているのです。私たちって、神さま、宇宙、どんな言葉でもいいですが、全ての源、いわゆる「神さま」と言われている存在と、実は一体した存在なです。私たちは神さま、自然、宇宙の一部。ということは?・・・・自分のために何かをする、イコール、自分は神の一部だから、神さまのために何かをしている、ということなのです。全然利己的でも自己中心的でもないです。というか、自己中心的でいいのです。だってそれって神さまのために何かをする、ってことだから。ただの、浅はかな欲とかで突っ走るのではなく、本当に自分の心を見つめて、そしてそこにある、「私はこうしたい」が見つかったとき・・・・それを実践しても、何も怖いことも嫌なことも起こりません。これは私も含め、多くの方が経験していることでもあります。自分自身のために何かをする。それをしたとき、実は、全てがうまくまわっていくのです。ほんとに不思議なほど。私自身は、飛行機に乗るのも好きだし、スピリチュアルカウンセラーとしてお客様と会うことも好きですが、自分自身のために、東京浅草イベントには毎回出店しています。たいてい泊まりなので、家のことを全てほったらかして行っています。でも、実は私が家にいないほうが息子は宿題をやっていたり、友達と遊んで楽しそうだったり、私がいない分羽目を外して普段食べないものを食べてみたり、テレビも見放題だったり・・・・私がいないほうが自立するし、誰も困っていない。ご飯を作るにも、掃除するにも、何をするにも・・・・「わたしのためにする」という感覚でいいのです。それは結局のところ自分のためで終わらず、みんなのためになって回っていくから。わたしも神の一部だから、全てを、わたしのためにする、という感覚でいいのです。ただし、浅はかな欲求とかに騙されないように・・・・本当に自分が心から望むことに忠実に、常に、「わたしは全てのことを、自分自身のためにする」のを当たり前にしていけばいいのです。言い換えれば、自分自身のためにやる、って気持ちになれないことは・・・・しなくていい、ってことですね。自分のためにやりたいと思えないことなら、しなくていい。しなくても、困らない流れが生まれるはずだから。(でも不安が強すぎるとその不安を裏付けるような現実を自分で引き寄せてしまうので注意!)誰かのためにしてることで、自分自身のためにやってるな、と思えないことは・・・・どんどん手放していけばいいのです。手放す勇気を持ってみる。すべてを・・・・自分自身のため、にできてるかどうか、チェックしてみてもいいかもしれません。そして、すべてを自分自身のためにそれをやってます、と言える日々にできたら・・・もう、怖いものなしですね絶対その人は幸せになってます。誰かのために、ではなく、すべてを自分自身のためにする、と言える自分にみんななれたら・・・・この世は、マジで変わると思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 02Jan
    • 石垣島で一番の観光スポット、川平湾へ。の画像

      石垣島で一番の観光スポット、川平湾へ。

      毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみにて11~16時待機しています。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。毎週金曜日は金沢市の町屋「よふ葉」さんにてマクロビランチタイム、マクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングをご予約制にて承っております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。石垣島で一番の観光スポットといえば・・・・川平湾らしい。いろんなサイトで石垣島の観光地としてナンバーワン、になってます。そんなに定番なのか?ってことで行ってみました川平湾へ。まずは川平公園に行き、そこの展望台を目指します。そこからの眺めがすごくいいらしいので。展望台にはすぐ到着!確かに・・・ここからの眺めはほんとに綺麗でした。ここのカビラブルーが・・・・いやはやほんとに美しかった。展望台に来る人たちも、口々に、「わあ、きれい~!」「来てよかったね~!」と話していて、みんながそんなふうに思える場所ってなんだかいいな~と聞いていて思いました↑砂浜にいる赤いジャンパーは私です。ここは写真よりも本物が絶対きれいです。そして、ビーチも下りていけるのでぜひおりましょう!ただし遊泳は禁止されています。息子も写真を撮りまくってました。ここで泳ぐことはできませんが、グラスボートに乗って楽しむことができます。グラスボートは予約なしでも乗れるものがあります。船に乗りながら海の中の生き物たちを見られて人気があるみたいです。海って、泳がなくても、見ているだけでも・・・安らぎや癒しをくれるんですね・・・・・遠くから眺めても綺麗だし、近くに寄っても綺麗。グラスボートも、時間があれば乗ってみたかったな・・・・自然界の美しさに触れるとき、私たちは、その自然界の一部になっています。なぜなら、私たちは、自分の中にあるものしか、感じ取ることができないから。なんて美しい・・・と思ったとき、それは、自分自身の中に、同じように美しい部分があるから、感じ取れているのです。同じ部分が・・・・共鳴している。旅は・・・いつもとは違った角度で、私たちの心をほぐし、そして、自然界の美しさを感じ取れたとき、自分もその大いなる宇宙の一部なのだ、という意識が、自分で認識しているしていないに関わらず、生まれているのだと思うのです。白浜にて、波と戯れる。いろんな角度からの写真撮影を練習する息子。ただただ・・・・無心で、砂浜を歩く。いろんな考え事なんかも、ぜーーんぶ忘れてしまえる瞬間。そんなとき、人は・・・・本来の自分に戻れる気がします。波打ち際のすぐ近くまで、小さな魚たちがいっぱい来ていて・・・・その動きを見るのも楽しかったです。そして波の透明なこと!小魚たちの動きが透明ガラスの中のように全てが見える。冬でも咲き乱れるハイビスカスたち。この日は最高気温26度!12月なのに!石垣島は、北陸と全く違う世界。冬でもあったかく、色鮮やかな花たちがいる。思い返せば・・・・こうして石垣島に来る流れになったそのはるかもとは、きっと、私がアイランドホッピングに行ったこと。奄美大島、喜界島、徳之島、沖永良部島、与論島と・・・・さまざまな島に上陸し、それぞれの美しさを垣間見て、また、こうして島々を巡りたい、と思った。そのアイランドホッピングにしても、JALの修行をする!と決めたから行ったのであって・・・飛行機に乗るのが好き、という自分の理由のわからない欲求を大切にしてみたから。そしてJAL修行をしたい、と思えたのは、私が教員を辞めたから。教員のままだったら、絶対修行なんてできなかった。今の私には・・・・そこまでお金はないけど、飛行機に乗れる分はなんとか工面できる。そして、旅に行く楽しさをたくさん味わえている今の自分のことを、今の自分の暮らし方に、心から・・・・満足している。今年も、国外に出る旅は難しいかもしれない。でも、永遠にそれが不可能だとも思っていないし、いずれきっと、また・・・・私は旅に出るだろうし、国内でも、飛行機を使って、旅をしていくと思う。旅先の景色、人々の心、などなど・・・美しい、と思えるものにたくさん出会える、それが旅。美しいものを美しいとシンプルに感じられる、そんな自分の本来の心を取り戻せるのも、旅。この世は美しい。それをあらためて感じさせてもらえる旅というものが、私は・・・・とても好きです。今年もまた・・・・一人で、家族で、いろんな景色を見ていきたいな、と思っています。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 01Jan
    • 嵐の活動休止に思うこと。の画像

      嵐の活動休止に思うこと。

      みなさま、新年あけましておめでとうございます。昨年もブログをお読みくださり、ありがとうございました今年も毎日、私なっちーは楽しくブログを書いていくつもりです。今年もブログを通して多くの皆様と関わっていけたらと思います。さて、お正月ということで、チラシもお正月バージョンのものを数枚ですが作ってみました。イオンとなみに置いています!ちなみに私はチラシも名刺も持ってません・・・ヒーラーなのに、スピリチュアルカウンセラーなのに名刺すら持ってないって、まあ・・・ありえないですよね。でも私自身は、「それ(作ること)が普通」、ってだけでそれをする気にはなれなかったんですよね。実際にお金もかなりかかるし、そして自分の中にこういう名刺を作りたい、とかも全然イメージがなくて・・・・で、いつもイベントのチラシに予約先なんかを書いてずーっと過ごしてきました。チラシがなくても、名刺がなくても、なんとか・・・・占い師としてやっていくことって可能なんだなあと自分で体験してわかりました。で、今もチラシや名刺を作る気分にはなってないので、このまま、ハガキを使って名刺代わりにするのを続けようと思います以前は筆文字教室もやってたので、11月、12月の教室は年賀状のために教室を訪れる方が多かったりして、私も一緒に年賀状を書いたりしていましたが、実際に自分で使ってはなくて・・・・日の目を見ることがなかったものを、今こうして名刺代わりに使っています(沖縄に向かう機内より、空を眺める)年末だからといって特別に何かをするわけでもない我が家でしたが・・・紅白歌合戦は少しだけ見ました。(飛行機から眺める空は、ほんとに癒しです・・・・)個人的に、気になっててその時間は見たいなと思ってたのは・・・NiziUと嵐。ほかに瑛人とOfficial髭男dismとLiSAとBABY METALも見ちゃいましたが・・・・以下、嵐のファンとかでもないただの一般人の独り言としてお読みください。嵐は、活動休止のアナウンスがあったとき、彼らを見て・・・・なんかもう、彼らを自由にしてあげたいな、って気持ちになったというか。彼らはトップアイドルとして得難い経験をたくさんしてきたけど、でも・・・・やっぱり、ヘンな意味ではなく、みんな年はとったなあ、って思ったし(老けた、ではなく、なんだか長い年月が経ってしまった、という感じ)、なんとなく・・・彼らからは、縛られてるようなエネルギーというか、きっと、アイドルとしてこうあるべき、ということだったり、大きな会社に属することで、きっといろんな縛り、制限、ってものは確かにあったんじゃないかなあと・・・・いろんな制限を受け入れて、耐えて頑張ってきたこともたくさんあったから、だから・・・・もう彼らは自由にしてあげていいんじゃないかなあ、ってことをなんとなく思ったんですよね。別にこの立場に不満タラタラ、ってことではなく、充実感もあれど、でもやはり同時に不自由さ、ってものもあったはずで。着れるけど、きつめのシャツ、みたいな。もっと違ったゆったりした服を着たい気持ちには自然に誰でもなるわけで。だからこそ、もういろんなものから自由になる、ってことをもうこれからは経験していけばいいんじゃないかなあと・・・・。そして、紅白での嵐メドレーを見たとき・・・なんだか、彼らってすっごく幸せな終わり方だなあ、って思いました。こんなふうにみんなから惜しまれ、応援され、そして最後の晴れ舞台ってものもちゃんと立派に用意されていて。こんな素敵な終わりかたって・・・・ないですよね。最後の舞台すらなしに終わるアイドルだってたくさんいますし、同じ事務所でだって、違いはあったわけで・・・。そして、嵐の彼らがこうして(いったんの)終わりを迎えるのを見られる私たちも、ものすごく・・・・幸せだなあ、と思ったのです。活動休止、イコール、悲しい、不幸せ、ではないと思いました。だって、彼らからは・・・・ものすごく、名残惜しい、この「嵐」が大好きだ、というエネルギーが満ち溢れていたから。苦しい思いもやり切れない思いもいろいろあっただろうけど、でも、最後に彼らから溢れていたのは・・・・このグループでの活動がすごく好きだった、という思い。グループに対する愛、を彼らが感じている姿、を見させてもらえるなんて・・・・すごく嬉しいことなんじゃないか、と思ったのです。それはいつもそうした思いってのは随所随所でファンの方たちは感じていたことでしょうが、でも・・・・昨日の紅白は特別な感じがしたというか。ありがとう、大好きだ・・・・「嵐」が好きだ・・・・!という思いがあんなに溢れている彼らの姿を見れるって・・・こんなに幸せなことはないんじゃないかと。ほんとの本気の、嘘偽りない、心からの・・・・彼らの思い、ってものを見せてもらえた、感じさせてもらった、ってことは、この上ない幸せな瞬間だと思うのです。相葉くんのあの目にたまってた涙・・・・あんな涙を見れることって、そうそうない。彼はきっと、ものすごく・・・・嵐ってグループを愛してたんだろうなあと。メンバーそれぞれみんな愛はあったことでしょうが、相葉くんは・・・・なんだかほんとにその思いが溢れてた感じで。思い入れが強かったような気がします。あんなにまさに「うるうる」した涙を見れるなんて・・・・もう、こっちが、「ありがとうー!!」って感じです。こんなに純粋な思いを見せてくれてありがとうと。あんなに綺麗な涙を見せてくれて、こんなにも嵐を愛していたことを見せてくれてありがとうと。そしてふと思ったのですが、彼は、なんだかとっても「普通」というか、一般人としての感覚をいい意味で保ち続けてた人なのかな?と思いました。普通であること、の大事さを感じてた人だったのかな?5人が並んでると・・・・ひときわ、アーティスティックなエネルギーが、大野くんから出ていたのを感じました。彼はダンスも歌も、ずば抜けて才能がある感じ。実際踊りも上手ですよね!アーティストのエネルギーはやっぱり大野くんひときわ強いなあと。あれだけアーティスト気質のオーラが強い人だと、トップアイドルとしてずっとフロントローにいるのはしんどかったかも?2列目ぐらいにいるほうが気楽な面はあったかも。だからトップアイドルとして嵐を20年も続けたってのは・・・・すごいことだと思います。櫻井くんは、なんというか・・・・この世界、芸能界、めっちゃ向いてるー!!って思いましたちゃんと、自分が要求されるものをきっちり把握して、そしてそれ以上のものできっちり応えよう、というのが自然にできる感じ。いい意味で「演じる」「期待に応える」ってのがすっごく得意な感じ。でも彼は、もうどの世界でもやってけそうな感じがします。人脈を作るのも上手そうなので、一般社会で会社を立ち上げたりしても成功してたんじゃないかな・・・。二宮くんは、この中ではちょっと毛色が違うようなエネルギーな感じで、やんちゃな感じもするし、グループにとらわれずにいたい、って気持ちも感じるし(でも嵐というグループが嫌いとかではない)、いい意味でアイドルっぽくない感じもしました。でもその気負いのなさがいいふうに作用して、自然体な雰囲気を嵐というグループに盛り込むことに貢献していたような気がします。彼は踊りはちょっと苦手なのかな?でも演技となると、彼が一番演じられる役の幅って広そうな気がします。カメレオンみたいに何かに染まったり変化したりってのは一番得意そう。松本くんは・・・櫻井くんほどではないけど、いざってときに自分に求められてるものを「演じる」力は相当あるなと。こういう人がアイドルに向いてるんだろうな~と。でも櫻井くんが自然とその「演じる」ができるのに対して、松本くんは、意識してそれを身に着けていった感じがしました。この世界で生き残るために、ってことをいろいろ考えてきたようなエネルギーを強く感じます。いわゆるプロ意識、アイドルとしてのプライド、意識ってのはすごいものがある感じです。(以上私の勝手なイメージです)嵐というグループはいったん活動休止となりますが・・・・こんなにも長い間、第一線で活躍し続けられた、ってことがもうものすごいことでもあるし、、最後にコロナのおかげで、プラチナチケットの争奪戦が起こるでもなく、一部の人たちしかコンサートに行けない、ってことでもなく、皆が平等に画面越しに彼らを眺める、って結果になったのは・・・とてもよかったんじゃないかなあとも思いました。どうしても嵐のチケットってプラチナチケットで、行きたくても行けない人の悲しさたるや相当ですし、最後に皆平等に画面越しに、ってことは、とても平和的だし、平等だし、ファンがひとつになれる、ってことにもなったんじゃないかなあと。これだけ平和的に休止に入れるってことは・・・・もう、この時期での活動休止が、ほんとにベストな選択、素晴らしい選択、ってことに他ならないのだと思います。無茶を通したり個人の我だけで突っ走ったのではなく、ほんとに心の内側から沸き起こる思い、ってものに正直にあったって結果だからこそ、こんなに平和的な終わり方ができたはずなんです。我だけで突っ走ったら、もっと終わり方は変なふうになってて、平和的な、あったかいエネルギーは出てこなかったはず・・・・。自らの心からの思い、に正直に決断、行動したときって、絶対ネガティブな流れにはならないんですよ。だからこの時期での活動休止は嵐にとって、ベストな選択だったってことなんだと思います。誰かが無理を言った、ってことではなく、皆がきちんと納得して決められた方向だったんだろうなと。でもじゃああんな終わり方をしたSMAPがダメだったか、というとそうではなくて、彼らは、あのような姿を皆に見せることで、私たちにたくさんの問題提起をする、っていうお役目があったんだと思います。もちろんメインとしてはアイドルとしていろんな人にウキウキワクワク、ポジティブなエネルギーを伝える、ってお役目だったと思いますが、最後に担った役割が、問題提起、ってことだったんじゃないかなと。あの出来事によって多くの人が、いろんなことを考えるきっかけになったと思うんですよね。あらためて芸能界にある闇の部分について知ったり考えさせられたりした人もたくさんいたはずで。嵐の場合は、ネガティブな形にも見える問題提起、がテーマではなくて、あたたかくお別れすることでポジティブなエネルギーを皆に感じてもらう、皆がひとつになる・・・・ってことを最後に担ってたんじゃないかと。いや~久々に見た紅白で・・・・いいもの見せてもらったな~とこれから、それぞれが自由に、さらに自分らしく生きることを追求、実践していくだろうし、きっとそれはできていくんだろうなと思います。私たちも、いろんなタイミングで、どこかに別れを告げたり、どこかを去ることってあるでしょうが、それは時にはぐしゃぐしゃっとした形で去らないといけないこともあるだろうし、円満に去っていくこともあるでしょうが、そのどちらでも意味はあるし、大事なことなんだと思います。先日もとあるお客様が今の会社を退職することを考えていて、ガイドスピリットたちからは、もう無理くりにでもバーンとやめちゃっていい、そうすることが今の流れでは必要、というメッセージが来てたりしました。綺麗な形でないけどやめる、ってことがその人の人生的にその時に必要なことだってあるし(そしてそれは相手方にも必要なエネルギーの流れだったりする)、円満に綺麗に退職、ってのが必要な流れのときもあるはずで。どっちでもいいんです。どっちにも意味があるから。そして、どんな形にしろ、そこからそれぞれがみんな自由な切符を手に入れて、より楽に自由に羽ばたいていけることは確実なわけで。節目を迎えた全ての人たちは、自分らしく在る、生きる、ってことを頑張ってる証拠でもある。嵐の姿を見ながら・・・・こんなふうに、次のステップに進むことは、とってもポジティブなことなんだ、というメッセージを受け取った人もたくさんいるのかも・・・と思いました。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 31Dec
    • 2020年を…振り返らない。の画像

      2020年を…振り返らない。

      毎月第一日曜日は白山市「Qui」さんにて11~16時待機しています。ただし1月は第2日曜の1月10日(日)が待機日ですのでご了承ください。スピリチュアルカウンセリングは20分3000円、50分5000円です。毎週水曜日と毎月第一土曜日はイオンとなみにて11~16時待機しています。3月7日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。石垣島に行ったとき、息子はスマホを駆使していろいろ写真を撮っていました。私はスマホも持ってないし機械系は全く興味なしなので、パノラマで撮る、ということもこの時初めて息子に教わりました12月は石垣はずっと天気が悪く、この日も途中雨がかなり激しく降ったのですが・・・そこは自称晴れ女の私の念力?で、ビーチに下りたらいつの間にか雨はほとんどやんでいました。真っ青な空だったらまた違う美しさもあったんでしょうが・・・それでもやっぱり、カビラブルーは美しかった!!観光客がほとんどいないところを歩けるってのは、なんとも贅沢なことで。そして・・・息子が私を撮ってくれた写真で一番お気に入りの写真がこれ。別に踊ってるわけではなくて、波を蹴り上げる感じで動いてたら、こんな写真になってました。息子曰く、下から撮るといい写真になるらしい去年の冬は、一年後に石垣島に行ってるなんて、1%も想像してなかったなあ・・・・。未来に特にこうしよう、ああしよう、ってのはイギリス旅行のこと以外私は何も考えてなくて、でも考えてなくても、その時その時で、自分に必要な流れってのは起こるし、したいことも目の前にやってくる。2020年ももう終わるけど、よくあるような、今年一年の振り返りをしようとして・・・・全くそんなことをするつもりがない自分がいることに、気づいた。今年はどんな年だったか?・・・・そんなことに、米粒ほども興味がない自分がいる。過ぎたこと、過去のことはいい意味で・・・・どうでもいいや、と思ってる自分がいる。今自分の頭の中にあるのは、「今」のこと、そしてこれから、のことだけ。過去を振り返るなんて、ほんとに、どうでもいいことなんだな・・・・・少なくとも、どうでもいいや、と思える自分になったってことなのかな、と思った。過去から学んで?反省しようとかすべきとか、そんなことも思わないし、振り返って来年につなげよう、ってことも全く思わない。全ては自分の中に入っているし、過去をやたらと振り返らなくても、自分らしい未来は必ずやってくる。私は、「今」にしか、興味がないんだ。少なくとも、今の私は、そういう自分になっている、ってことなんだ。そう思ったことが、面白い発見だった。だから・・・・2020年は、振り返りません振り返る気持ちもないし、興味もないし、義務もないので。それよりも、もっともっと興味を惹かれる「今」と、これから、が待ち遠しい。やりたいって思えないことは、しない。だから、今年はどんな年だったか、は考えないです。今までは、これまでブログにも書いたりしてましたが、今年一年の振り返りなんかをいつもしてたのに。でもそれって、世の中で、今年一年を振り返って、みたいなことをする人が多かったり、周りがそうしてたり、とかで、それに流されてた自分がいたのかも。それをするのはいいことだ、って思い込んでたのかも。別に振り返りが「悪い」ことだとは思わなくて、人がやってるから、よいとされてるから、でする必要はなくて、ただただ、自分のハートに聞いてみて、別にそれはしたいと思わないや、ってことなら、しなくていい、ってだけで。興味が持てないことなので・・・・私はそれをあえてしない、ってだけです。私がしたいことは、毎日の一日一日を、自分がしたいように、生きること。したいことをしたいように積み重ねること。その積み重ねが・・・・きっと、自分らしく生きる「もと」になる気がする。私にとっては、目の前にあるこの時間、この一日ってのがとてつもなく・・・・素晴らしい。大晦日だろうが、元旦だろうが、私にとっては変わらない一日。だから今日も・・・・いつも通りに、過ごします。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください