食べることと、スピリチュアル。~モロゾフのブログ~
  • 14Oct
    • 問題があったら、何もしない?

      毎週水曜日はイオンモールとなみ2F自転車屋さん隣にて待機しています。10月は10月30日(水)が少々込み合っています。16日(水)、23日(水)は余裕があります。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)を受付しています。マクロビティータイムはおやつの準備の都合上ご予約制です。なお10月25日(金)、11月1日(金)は部屋が使えないためお休みいたします。ご了承ください。11月23日(土)、24日(日)は金沢市産業展示館にて「ココロキレイフェスタ」に出店いたします。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。たくさんの人でにぎわっていたUSJのハリーポッターエリア。正直・・・アトラクションは、エクスプレスパスがないと、きつい!!夏休みの時に行ったのですが、炎天下の中、130分待つって・・・異常だ。異常だ!!(繰り返したい)私はお金がかかってもいいからエクスプレスパス派です。絶対パスないと無理だわ・・・すごく再現度は高いと思うんですが、実は昨年息子とイギリス行ったときにワーナーブラザーズのスタジオツアーに行きまして・・・そこを知ってるからなのか、そっちの時のほうが感動が高かったんですよね。なんだかここを歩いていてもぴんと来ないなあ、イギリスのほうがよかったなあ、ってのは感じちゃいましたあんまり写真も、撮りたい気になれないというか。ここよりも、実際のヨーロッパの街並みとか見に行ったほうが、楽しいよ!!・・・と、叫びたい気になりました。まあここは、「本物」を味わうというよりも、楽しさ、エキサイティングなことを感じるためにみんなやってきてますから、本物が醸し出す美しさとか詩情とかは、求められてないんでしょうが・・・個人的には、やっぱり本物の街並みが見たい。作り物じゃなくて、街並み全体が発するエナジー、調和を感じたい。・・・そうしみじみ思いながら歩いていました。ホグワーツ行きの汽車のところにいたおじさまと写真を撮れるのですが、そのおじさまの英語がイギリス英語に聞こえた・・・ハリーポッターってことでイギリス人採用してる??だったら嬉しいですねさて、何か問題にぶちあたったとき・・・どうしたらいいんでしょう、って考えるのは当たり前かと思うかもしれません。でも・・・どうしたらいいか考えることそのものについて、疑問に思ったことはあるでしょうか?悩んだら考えるのが当たり前?解決に向かってうんうん苦しむのは当たり前??でも・・・宇宙はこうも言ったりするんです。どうしたらいいのか、じゃなく・・・どうもしなければいいんだよ、と。どうやったらいいんだーー!!と悩みまくるのではなくて、解決に向けての努力をお休みしてみる。私たちは今まで、いかにしてハードル、障害を越えていくかという視点で、たっくさんの努力をしてきてるはずです。でも・・・実は、必死に眉間に皺寄せて、悲愴に頑張ってると、自分の努力以外の部分、ラッキーとか幸運の入ってくる「隙間」が狭くなるのです。だって、「頑張らなきゃいけない!!」「努力しなくちゃいけない!!」とがむしゃらになってるってことは、宇宙からのプレゼント、ラッキー、幸運を拒否してるってことだから。努力ですべてを賄おうとしているから、そのほかの、幸運がなかなかその人のもとにたどり着けないのです。逆に、うん、ラッキーっていつでもウェルカムというくらいかる~いエネルギーでいると・・・ラッキーって実際に、やってこれる隙間を見つけて、やって来てくれるのです。そして・・・宇宙はこうも教えてくれています。悟りを求めるのであれば、私たちが理解すべきことは、いかにハードルを越えるかじゃないのだと。そうではなく、もともとハードルなどなかった、というそのことに気づくべきなのである、と。宇宙って、私たちに意地悪するために存在してるわけじゃないし、罰を与えたくてうずうずしてるわけでもないです。こんなにも障害物が・・・!!というのは、実はまやかしだったりします。だって現実にあるもの!!と思うかもしれません。でも・・・必死な悲愴の頑張り、頑張らねばならない、という思い込みを捨てたら、急に流れが変わって、あれ??ものすごい努力が必要だと思ってたのに・・・あれれ??ということって、起きたりするのです。先日のマクロビティータイムでも、以前お会いした時におききしたお悩みが、その後ほんとに意外過ぎるくらい意外な展開になり、すっかりそのことで悩まされなくなっていたことをお聞きしました。もちろんご自分でとあることが腑に落ち、納得して意識のゆるみ、があったからこそなのだと思いますが、それにしても、こんな解決法をもたらしてくれるなんて!!宇宙ってやっぱりすごいぜちきしょ~!!とほんとにびっくり展開でした。その方も、そっか、こういうことって・・・あるんですね。と、自分の力で何とかしようとしなくても何とかなる、ってことの確かな証拠として、その出来事をしっかり受け止めてらっしゃいました。だからいろんなことがもう信じられるようになっていました。とっても素直にすべてを受け止めてらしたのです。雲黒斎氏の本に書いてありました。ハードルのないハードル走はハードル走じゃない。単なる短距離走だと。自分がハードル走を走ってるか、短距離走を走ってるか・・・全然楽さもタイムもしんどさも違ってきますよね!真実の世界、には、何の障害物もないんだそうです。それなのにそこに私たちは架空のハードルを想定して、必死に足を上げて飛び越えて、ゼエゼエと息を切らしている姿らしく・・・その滑稽さに気づくことが大事なのだそうです。お釈迦様が言ってた「無明」についてですが、お釈迦様は、ハードルの越え方を知らない私たちのことを無明(わかっちゃいないね)と言ったのではなく、ハードルがないことに気づいていない、そのことを無明だと言っているのだそうです。この世には、ハードルなんてもともとない。・・・そのことを受け入れたくない、って人は・・・相当いると思いますだってハードルがないってなっちゃうと、そのハードルを越えて私頑張ってきたんです!私すごいんです!!・・・ってのを言えなくなっちゃうのが嫌だ、って人は多いでしょうから・・・ハードルを越えるために必死に頑張ってきた自分。だから自分が誇らしい。そういう人は多いはず。私もやっぱりそうです。でも、ハードルを越えようが越えまいが、誰だって素晴らしいし貴くて。そんなことで競い合うこと自体・・・おかしなことだともいえるんですよね。私は、もしずっと教員を続けていたら・・・競争競争、の世界に生き続けていたと思います。他の先生方に負けないために。落ちこぼれないために。仕事が素晴らしくできるために。周囲から上司から高評価を得るために。生徒から高い評価を得るために。それらのために必死に自分に鞭打って頑張らざるを得なかったと思います。が、今は教員は退いて、占い師(&たまにお弁当の作り手)専業になり・・・競争自体が、なくなりました。正確に言えば最初は競争意識はありました。他のヒーラーさんたちと比べてしまうというか。でも、独立したらもうそういうものからすっきり離れられたというか。どこにも属さず、どこともつるまず、いつもほぼ一人で活動。そうすると、競争ってものと離れていられるのです。自分しかいないので。障害物がない、というより私の場合、競争なんてもともとこの世になかったんだ、ってことに気づけたような気がします。自分の好きなように走って、好きなペース配分で、自由に進んでいい。誰かが速いからついていかなきゃ、じゃなくて。誰かが遅いのをあげつらう必要もなく。自分だけのコースが目の前に広がってるから、好きに進んでいいんですよね。あの、エイブベリーで見た、ストーンサークルが一列にざざざーーーっと、続いている景色を、思い出します。あんなふうに・・・ずーーっと、長く続く道を、好きなふうに、歩んだり走ったりしていっていい。好きに自由に進む。そう思うと・・・やっぱりこの世におかしな障害物ってないんだろうなって思えるし、障害物に見えるものは、もしかして、自分がそれを求めてるときもあるかもしれませんね。それを乗り越える自分が見たい、とか・・・障害物は、不要だったらなしのまんまで行っちゃっていいわけで。人生のある時期はたくさんあったけど、これからはない、って設定も自由自在であって。だから・・・自由、ですね。私たちって。障害物もなんにもないコース・・・走ってみても、いいんじゃないかな??欲しい人は、たくさん設置しましょういらない人は、なしで走っちゃいましょうそれでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 13Oct
    • 11月のちょこっとプレゼントのお知らせ。

      11月2日(土)、3日(日)は福井県武生にて「ほっこりフェスタ」に出店いたします。11月16日(土)、17日(日)はもく遊りんさんにて待機しています。11月23日(土)、24日(日)は金沢市産業展示館にて「ココロキレイフェスタ」に出店いたします。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにて待機しています。が、10月29日(金)と11月1日(金)はお部屋が使えないためお休みいたします。ご了承ください。→→なので・・・今月のマクロビティータイムは、10月22日(金)が最終ですかっぱ橋でかわいらしい箸袋を見つけました。ポップアップ式で、うさぎちゃんなどが立つのです。気に入って、最近のお弁当に使っていますこちらの箸袋、大量買いしたので・・・欲しい方がいらしたら無料で差し上げます。11月中のレピさんかもく遊りんさんでマクロビティータイムかスピリチュアルカウンセリングをご予約くださった方で、ご予約の際にお知らせくだされば無料でプレゼントいたします(ほっこりフェスタなどその他のイベントは除外させていただきます、ご了承ください)大量セットしか売られてなくて大量に仕入れたので・・・お好きな枚数、差し上げます10枚でも20枚でも30枚でも、お好きな枚数をご予約の際にお教えください。この日のお弁当では珍しくベジハンバーグを作り(いつもバーグ系はこの時期なられんこんもちを定番として入れています)、デミグラスソースも自分で作りました。お弁当の注文用の準備をしつつ、とりあえずあるおかずで息子用のお弁当。息子にはベジバーグ、間に合いませんでした・・・ベジ弁当は毎週火曜日ですと、余剰分を割安にてお届けできます。ご自宅までお届けします(金沢市とその近郊)。ご興味ある方は natsue58@hotmail.com までお知らせください。さて、奥津典子さんの講義を受けに大阪に通っていたとき、マクロビオティックを学ぶことについてのお話しがありました。「マクロビオティックってなんだろう?」・・・それに対する奥津典子さんの伝えてくださったことですが、病や死、苦痛から逃れるためにマクロビオティックをやるのではない、ということ。全力で生きようとすることと、死(病や苦痛)から逃れようとすることは全く違うと。困難から逃れよう逃れようとすると、たいてい何かが起こり続けてしまう。自分の課題から逃れられる人はいない。だからこそ、堂々と挑む!何かが起こるということは、宇宙が、「気づけ!」と言っている。人や環境のせい、自分以外のもののせいにし続けるのか、それとも正面切って挑むのか。奥津典子さんは、課題に正面切って立ち向かえるのが、マクロビオティックだとおっしゃっていました。そのことは、なんとなくですが、わかる気がします。例えば風邪ひとつとっても、あー風邪ひいた、ウイルスのせい、職場or学校で風邪はやってるせい(自分以外のものの責任)、としか考えないのか、それとも、最近〇〇寄りの食事が多かったからかな、やっぱり△△が多すぎたかな、外食も多かったかも・・・と、自分を振り返ることもするのか。それってけっこう・・・大きな違いだと思うのです。マクロビオティックを知っていると、自分を振り返るという選択肢が増えます。他者が悪い、冬が悪い、ウイルスが悪い・・・それだけでなく、自分自身はどうだったか?の観察点が増えるのです。そして、こういう食べ方だとこうなりやすいから、じゃあどこどこを鍛えるためにこうしていこう、というように、これから自分はどうやったら対処していけるか、という、「対処する力」「考える力」「観察力」も持てるようになるのです。ただウイルスのされるがまま。じゃなくて。強力なウイルスにもおびえない自分でいられるようになるんです。だって、予防方法、対処方法、なったとしても軽くする方法を知ってるから。だから…怖いことが減るんです。こうしたことって、ものすごい財産だしアドバンテージだと思うのです。正直な話、私はインフルエンザが怖い、って感覚が1ミリもありません。どうやったらかかりやすくなってどうしたらかかりにくくなるか知ってるし、何が症状を悪化させ何が症状を良くするか知ってるので。だから怖くないんです。なったとしても、必要な毒出し、体の調整上必要なことなんだろうなという観点も持っているので、ますます怖くない。人生において怖いこと、不安なこと、踊らされることが減る。・・・これってやっぱりすごいことだと思うのです。もともと自分の体、臓器で弱いところや持病もあったりするかもしれませんが、それについても奥津さんはこう言っていました。弱いところ、欠点がない人なんていない。つまづきはサインです。が、欠点を裁く必要はありません。弱いところや欠点がなければ存在の意味がない。自分が選んだバトンに誇りを持って。・・・自分の弱いところは、それ自体が宝物。そう、宝物なんですそういうふうに思えるかどうか。私は何においてもどれも中途半端なところが自分でコンプレックスというか、自分で恥ずかしい、情けない・・・と思っていたのですが(英語も中途半端、ダンスも中途半端だし料理も中途半端、全部が中途半端なレベル。占い師としてもサイキック能力は中途半端だし、教員も全然大したキャリアになってない・・・)でも、あれこれに興味が移るからこそ、たくさんのことに出会えた、とも言えます。これを極めなければ!!と、極めたと思える(?)レベルに達するまで待ってたら・・・ほかのものをやる暇がなくなってたかも。いろいろやってるからこそ、いろんな世界を垣間見ることができたし、いろんな出会いも広がった。また、私はよく「周囲と合わせられない」ことを責められたりしてましたが、それも・・・別の言い方をすれば、人と合わせられない、合わせたくない人の気持ちがよーーくわかるというか。周りに合わせる必要なんてないよ、というアドバイスは自分自身ほんとに嘘偽りなく話すことができます。誰かが「それはお前のダメなところだ」と指摘するところは、実は、別のグループの人たちからすればありがたいところ、なんですよね。だから・・・自分がどの世界にいるかをきちんと選択すれば、自分を全く変えることなく、欠点なんて何もなく、素晴らしいところだらけになることだって可能なんです。自分が欠点、と思ってるところは、実は・・・受け継いだ大事なバトン、かもしれなくて。大切にして、キラキラ輝かせてあげればいいのかもしれないのです。そんなふうに思えない!と感じるならそれもまたよし。そうかもしれない、と思えたならそれもよし。大事なのは、一つの考え方に固執しないこと。これもありだよね、あれもありだよね・・・そんなふうなやわらかさを、持っていたいなあと思います。あっでも完璧になんてできなくてもいいし、私もするつもりも実はないですフィギュアスケートとか特定の分野では、私はかなり自分勝手なジャッジが入ることでしょう・・・好みが偏ってるし、それを直すつもりもなく思いっきり勝手な好き嫌いを発するつもりでいますそれでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 12Oct
    • 中学校生活の疑問。

      毎週火曜日はベジ弁当の余剰分を格安でお届けしています。ご興味ある方はお知らせください。毎週水曜日はイオンモールとなみ2Fにて待機しています。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)の受付をしています。10月28日(月)は金沢にて毎月恒例のベジ弁当の会を開催します。11月16日(土)、17日(日)はもく遊りんさんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。11月23日(土)、24日(日)は金沢市産業展示館にて「ココロキレイフェスタ」に出店いたします。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。(シンフォニー有松店さんのイベントのみお店に直接お願いいたします。)肉・魚・卵なしでも、お弁当は作れます。大豆ミートとピーマンの炒め物、豆乳マヨのポテトサラダ、人参ラペ、高野豆腐の煮物、茹で野菜、切り干し大根のごまサラダ、梅寒天。白砂糖も化学調味料も使わずとも、味がしっかりついたお弁当にすることはとっても簡単です。素性の確かな野菜を使い、純正な調味料を使えばいいのです。毎週火曜日は某所にお弁当を届けているのですが、どうしてもちょいとおかずが余るので、その半端な余剰分を格安で買って下さる方を毎週募集しています。ご自宅までお届けしますが、格安にする条件はですね・・・我が家に余っている容器(蓋のない重箱など)をそのまま返却せずにもらって下さる方、とさせていただいてます重箱・・・買ったりもらったり、実家の蔵から出てきたり。でもそんなに何種類も使えるものではないので、お弁当セットとして旅立たせていますご興味ある方は natsue58@hotmail.com までお問い合わせください。さて、息子が今年から中学生になったのですが・・・あらためて、中学校というものを見てみると、わけわかんないこと、納得いかないことがどんどん感じられます。息子は幼稚園、小学校ともに私服のところで、中学校にて生まれて初めて制服というものを着ることになりました。まあ制服というもの自体は、経験してみるのもよかろう・・・という思いでおり、制服姿の息子を見て、なんだかかっこいいなあというポジティブな思いもありました。しかし・・・学校というのは、制服をきっちり着なければならない、ってのはもちろん想定内ですが、靴下は・・・白色限定。そこまでもまあ想定内だとして・・・長さも決まってる。ハイソックスはダメ、短かすぎてもダメ、望ましい長さのものを買わなきゃいけない。(友人は中学校用に白色ハイソックスを買っていたらまさかのハイソックスアウトでがーんとなってました)確かに私の時代もそうだったかも・・・?でも、あらためて見てみると、長さまで指定するなんて、この社会はどうなってる??おかしくないか??という思いがムクムク・・・しかもですね、目に見える靴下だけではなく、まさかの・・・「下着は白」の指定下着は絶対白じゃないといけないって・・・なんでやねん!!なんでそこまで指定されんといかんのやーー!??・・・まあこれも、わかるといえばわかるのです。一応元教員ですし。制服のシャツって白色だから下着にたとえば赤色のものとか着てたらそれがうっすら透けて見える。その、白色統一してない感、みんなが一緒じゃない感、が学校としてはアウトで・・・(てか何でだめやねん)シャツから透ける下着が赤とか緑とかピンクとかだと派手過ぎて!?学校は眉をひそめる。みーーーんな、ぴしーーーっと、一糸乱れず揃ってきれいにきちんとしてるのが望ましい。もう、その価値観一色なわけです。ちなみに、学校もつらいところがあってですね・・・学校側がもし、例えば下着は何色でもよし、としてもですね、登下校中の生徒を見て、近所の方々から苦情の電話もかかってきたり地域から苦言が呈されることもあるんです。おたくの学校の生徒は風紀が乱れてる、なっとらん!とか、最近の子どもたちはちゃんとしてないきちんと指導しなさいとか、学校以外の大人たちからの声も非常に気にしなければいけない、それが学校というものなのです。なので・・・学校側の苦しさもわかります。もし下着何色でもオッケー!!としたら・・・もちろん自分たちが気になる以外にですね、周りから何か言われるの覚悟でOKを出さなきゃいけない。人の噂ってすごいし拡散力、尾ひれの付き方ってすごいですからね。今の校長になってからなーーんもダメやとか最近指導がなってないらしいとか、とにかく・・・悪い噂ってすぐ広がるし保護者や地域からの突き上げも覚悟しないといけない。・・・結局、学校ってのは、周囲からの評判、噂から自由には生きられていない現状があるので、いい評判?を得るために、とにかく生徒たちをきちんときちんと、見た目清廉潔白にさせておきたがるのです・・・そうはいっても、自分が学校の価値観から離れることを選び、わが子が学校に入る年になるとですね・・・やはり、あらためて「日本の学校って変」てのをしみじみ感じるわけです。下着が白限定なのも変だし(そのために下着をあらたに買いなおすのも納得いかん・・・)、通学用の靴が指定されてるのもやっぱり変だ。そもそも、白の靴指定なんて、白なんて・・・めっちゃ、汚れ目立つやんけーーー!!!嫌や白靴なんて!!!なんで黒じゃないとダメなんや!??白だと・・・清潔感、ありますもんね・・・でも、それを洗うのは保護者ですよ??(←靴を洗うのが嫌いすぎてそれなら高くても買いなおしたい派)学校指定の、値段も決まった、しかも白色の靴指定なんて・・・ざっくりこの色の靴で、とかなら、自分で安めの値段の靴を探したりもできるのに・・・そして、かばんも当然ですが指定であり。このかばん・・・ほんとに、かつぎやすくなってんの???(リュック型です)との疑問が・・・教科書類を詰め込んだらものすごくヘビーになるかばん。それを道中かついでいくわけですから、肩に負担がかかりにくいかばんであってほしい。・・・でも、私が見る限り・・・そんな工夫を凝らしたかばんには、まったく見えねえ!!!どうせ指定するなら体への負担を考慮したかばんにしてくれよ!!と思います。それなら多少高くても納得できます。しかしながら指定はしておいてでも性能は特に何もいいところがなくてなんて・・・も~~~~ますます不納得感が盛り上がりますそして・・・私が衝撃を受けたのは。学校指定のかばんのふた部分、フラップ部分を開けたらですね・・・なんと、学校の校訓、が書いてあったのです!!!校訓はよくある友愛とか勤勉とかそんなような言葉たちです。・・・私は言葉を失いました。・・・そして正直、ゲボ出そう、って思いました。かばんを開くたびに、勤勉とかそういう学校の求める理想像を刷り込まれる。・・・何これ、サブリミナル効果でも狙ってんのか??なんでかばんを触るたびに、学校の管理、押し付けを感じなきゃいけない??何でそこまでして、学校の理想像を強要すんだ!??どこまで子どもたちを管理、支配しようとするんだ!???・・・中学校って・・・中学校って・・・嫌だ。心から、そう思いました。小学校は、もっと自由だったのにな・・・(それでも幼稚園に比べたらものすごく決め決めの世界で嫌だなあと思いはしましたが)こんなところで、日本の子どもたちは学ばなきゃいけないのか。こんなところに、子どもたちはずっと閉じ込められ続けるのか・・・そりゃあ、学校が嫌だ、行きたくない、って思う子たちがいっぱいで当然だ。そう思いました。自分自身、中学校は普通に通ってはいたけど・・・中学校って、勉強が好きとか、友達と会いたいとか、部活が好きとか、そうじゃなかったら、ほんとに行く意味がわかんなくなりそうだ。息子は勉強は苦手ですが、幸い部活を楽しんでいるのと、友達と楽しく過ごせているので、学校自体に反感や疑問を持っている部分は見えません。もともと何でも受け入れる派、普通が好きなタイプなので、「中学校ってこんなもんなんだ」と受け入れているようです。親である私のほうは、中学校って勉強させすぎ!!縛りすぎ!!と感じています。自分がかつてはその生徒をめちゃくちゃ縛り上げてた側だったことは棚に上げてですが・・・勉強も小学校とはガラリと変わって、息子は相当苦しんでいて、塾に行っても赤点は毎回なんですが・・・なんとか3年間乗り切ってほしい、と思っています。3年間乗り切ったら、あとは高校は選択肢がいろいろありますから、勉強はそこそこで、の高校を選べばいいですし。中学校のシステムは納得はしていないですが、そこで先生たちが必死に、それこそいろんなことを犠牲にして、ギリギリのところで働いていることも知っています。なので私は先生たちを責める気持ちとかは全くないです。現場を知ってるからこそ、その過酷さを知ってるからこそ、純粋にすごいと思いますし、批判する人は、あの仕事量や現状を知ってから批判してくれ、と正直思います。自分があの状況になったら・・・とてもじゃないけど、批判なんてできないと思うんですよね。これを言ったら非難の嵐かもしれませんが、たとえ先生がいじめられている生徒への対応がまずかったとしても、実は、先生側の気持ちもわかります。ニュースを見るたびに、私もああなっていたかもしれない、といつも思います。もっともっと、一人一人のことを見たい。でもできない。目の前の授業よりも、困っている生徒よりも、お上に提出する書類のほうが優先されてしまう世界。こんなはずじゃなかった、それをいっつも思いながら、でも、生徒たちにかける時間が絶対的に足りない。わかってるけど、でも、どうしようもできない・・・ある意味、狂った世界かもしれません。狂った世界の中で、狂った大人が生まれ、子どもたちは不具合を起こす。だけど、真っ暗闇でもないと思うのです。どうしようもない世界だけど、それでも、希望はあるよね、と、頑張ってるひとたちがいます。限られた中でできることを必死にしています。おかしな学校世界かもしれないけど、じゃあ、そこから巣立った子たちが全員おかしな人間になってるか、というと、そうではない。難しい状況の中で素直さを失わない子もいるし、自分らしさを失わないでいける子もいる。自分を見失う子もいれば、自分を大きく育てられる子もいるし、どっちもある。だから・・・なんじゃこりゃ、おかしいやろ!!と思うことはあっても・・・そこで生き抜ける子は自分を見失わずに育っていってほしいと思うし、自分を豊かにできる子はどんどん豊かにしていってほしい。そして、学校が合わない子であれば、そこ以外に自分らしくあれる場所を早く見つけてほしいなと思う。世の中にもっといっぱい選択肢が増えてほしいと思う。幼稚園みたいに、いろーーーんな特色や路線のある学校から選べたらいいのになとも思います。そして、必ずしも学校でないと学べない、ってことでもなくて。いろんな場でいろんなことを学べるし、もっと言えば・・・学ばなくたって、生きていける。知識とかスキルでこの世を渡っていくのではなく、それこそ性格だけで!?この世を生き抜いてる人もいます。学校的知識がなくても、この世を生き抜くのが上手な人も山ほどいる。外でばあっと活躍するのではなく、見えないところでひっそりと何かをする、のが向いてるし合ってる人もいる。どこか一定の場にいるのではなく、あちこちふわりふわりと移動しているのが自分らしい人もいる。いろーーんな場があるし、この世に生まれたならば、必ず、自分が楽に呼吸できる場ってのは用意されている。今日もまた、学校があり、日本のあちこちで、生徒も、先生も、親たちも頑張っていて。・・・みんな、頑張りすぎるなよーー!!でも、頑張りたい子は、頑張れーー!!頑張りたくない子は、頑張らなくていいからーー!!そう言いたいな、という気持ちですそれでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 11Oct
    • イギリスの知られざるパワースポット、エイブベリーへ。

      11月2日(土)、3日(日)は福井県武生にて「ほっこりフェスタ」に出店いたします。11月のもく遊りんさん待機日は11月16日(土)、17日(日)です。個室で一対一でマクロビティータイムやスピリチュアルカウンセリングの受付をいたします。11月23日(土)、24日(日)は金沢市産業展示館にて「ココロキレイフェスタ」に出店いたします。いずれもご予約受付中です。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。イギリスのパワースポットって、有名どころだとストーンヘンジとかでしょうか?でも・・・私もストーヘンジは行ったことありますが、あそこは・・・パワースポットって感じはしませんでした。個人それぞれの感覚の違いはあるかとは思いますが。行ってガッカリする気持ちのほうが強いかも・・・石も遠くから眺めるだけで触ることもできないし、ただの観光スポット化してるだけ、って感じです。・・・が、実はイギリスには、知る人にはめっちゃ有名な、ストーンサークルがあるんです!!しかもストーンサークル、実際にその石に触ったりが自由にできちゃうという・・・その土地の名は、 Avebury エイブベリー、といいます。(マップはOn line ジャーニーさんから転載)エイブベリーへ行くのはこれまたちょいとややこしいかも?ロンドンから一本で行ける、というわけにはいきません・・・行きやすいのは Swindon スウィンドン、というあのホンダのニュースでよくテレビに出てきた都市までまず行って(スウィンドン自体は特に観光するほどの都市でもないというか・・・ショッピングモールくらい?)、そのスウィンドンからエイブベリー行きのバスに乗る行き方です。ロンドンからスウィンドンに行くなら、電車で1時間40分ぐらいはかかると思います。コーチでも行けます(時間はかかりますが)。私はサイレンセスターからスウィンドンを目指し、スウィンドンのバスターミナルに着いたらそこから発着しているエイブベリー行きのバスに乗り込みました。コッツウォルズからスウィンドンまではわりと近いのです。ここがエイブベリーのバス停。小さな村です。幽霊が出ることで有名な、The Red Lionというパブの前で降ります(乗るときもここ)。まあ降りる人も多いしわかりやすいです。不思議と、あーこの人(たち)エイブベリー行くんだろうな・・・って、バスの中からわかったりしますそういうパワースポット行く感じの人って、なんとなくわかりますよね・・・ほんとはこの幽霊パブの中に入ってみたかったんですが・・・このパブ、イギリスで最も!!幽霊に憑りつかれてしまってるパブとして認定されているらしいんですお昼時には人が溢れてました。何も注文しないでも中の見学だけでもしていいか聞いてみればよかったかも・・・有名な幽霊井戸があるんですよ現存して保管されてますもしエイブベリー行く予定の方は是非中へ!!どっちに行けばストーンサークルなのかわからず・・・そういう時はひとの流れについていく!!進んでいくと、お土産屋さんてきなお店やアイスクリームを売ってる店なども数軒並んでいました。そして・・・いよいよ、ストーンサークルの中へ!!・・・どうすか、この距離感!!!ふつ~~に、ペタペタ触り放題な感じで、石たちが点在しています!!!エイブベリーの村自体は紀元前からの歴史があります。エイブベリーの巨石群は、世界遺産にも実は認定されています。何千年もの歴史がある巨石群。なおかつ、ここは・・・そう、あの、セント・マイケルズ・レイライン上にあるスポットでもあります。ストーンヘンジと違ってエイブベリーは、石が並んだ広大な敷地(マジ広いので全部は回れないかも・・・)を自由に歩き回れます。そして自由に触って触れていい。外側の巨石群は、ヨーロッパ最大の巨石群と言われています。石たちに触れられるのはうれしかったのですが・・・私が心惹かれたのは、ここにあった巨木。願い事をするためのリボンがたくさん巻かれていましたが、ここにあった木が・・・とても豊かなエネルギーを醸し出していました。ここにいるだけで安らげる。安心できる。ずっとここにいたい・・・そう感じさせてくれる木でした。自分の芯に響くエネルギー。実はここエイブベリーではですね・・・またまたすんごい奇跡がありまして。私は8月のイギリス旅行中はずっと着物で通し、ここエイブベリーでももちろん着物で散策していたのですが(ただ・・・奴らがやっぱりいましたよ!!!グラストンベリートーでもいた奴らが・・・羊も牛もたくさんいるので、動物のフンが!!!!これでもか!!!!!とあります・・・)ある男性から話しかけられ、エイブベリーは初めて?よかったら案内しようか?と言われましたその方はなんと・・・ここエイブベリーのツアーガイドを長年やっていた方とのこと!!この日は長年住んでいたエイブベリーに久しぶりに戻ってきたとのことで。まさか声をかけてくれた人がツアーガイドだったとは・・・喜んで、一緒にまわらせていただくことにしました!!こんな奇跡ってあるんかいな・・・?知り合った人がツアーガイドでめっちゃこの土地に詳しくて、いろんな話をたっぷり聞かせてもらいながら、そしてどの場所がどうでと全部教えてもらいながら、ポイントをおさえながら見て回れるなんて・・・なんて贅沢!!正直私の英語力では彼の説明を100%理解したとはいいがたいのですが、それでも一対一だと聞き返したりできるのがいいところ私もつたない英語ながら会話を楽しみながらエイブベリーの巨石群たちを見て回りました。この石は太陽を意味して、こっちは月で・・・とか、自分ひとりではわからないようなことをたっくさん教えてもらいました。この石は何千年くらいの年だよとか、ここからの眺めがすごくいいよとか、もう・・・教えてもらったことがたくさんありすぎて、パンク状態ちなみにストーンヘンジはここからそう遠くないのですが、個人的にはストーンヘンジに行くよりこちらのエイブベリーのほうがおすすめです。こうして普通に奴らが・・・だから彼らの落し物もたくさん!!気をつけないといけません!!!彼について、観光客があまりいないようなところもいろいろ連れて行ってもらいました。でももちろん全部は回れませんそれだけ広大なのです・・・この土地には、確かに不思議な「気」があると感じました。原点に還る、みたいなエネルギーがあったような気がします。わたしたちみんなが、原点に戻れるようなエネルギー。ここは観光客のためだけの場ではなく、地元の人たちが犬を散歩していたり、ピクニックをしていたり。遊んでる子どもたちの姿もたくさん。人と溶け合った場所なのです。太陽系の惑星たちを模した石の並びもあったのですが・・・私はそこから少し距離があった場所の、とある石を触ったとき・・・ 「熱っ!!!」 となりました。なんか、その石だけ・・・すーーーーっごく、熱かったんです。何これ、と思いました。ヴォルテックス・・・?この石、どこかに繋がってる。そう思いました。石はとてつもなく大きな巨石もあり、案内してくれた彼は、写真撮ってあげるよとかも何度も言ってくれたのですが・・・私は自分の写真を撮られるのが苦手なので、自分が石と一緒に写った写真はありませんめっちゃ有名な石もあってそこでポーズ取ったりもしましたが・・・写真はパス昔のこれこれこういう儀式に使った石だよ、とかいろーーーんなことを教えてもらいましたが、感じたのは・・・石って、あったかいな、ってこと。あったかい(実際触ってもあったかい)エネルギーが満ちている。そして、やっぱり何かを私たちに伝えてくれている。メッセージをくれている。石にほおずりしてみると・・・不思議と落ち着いたり。触れると落ち着く感じ。・・・うん、やっぱり、こうでなきゃ!!ストーンヘンジのように遠巻きに眺めて終わり、ではなく、日本語案内ガイド音声の機器とかはなくても、実際に触れて、見て、話しかけて、村全体のエネルギーを感じて・・・ってのが、やっぱりうれしいし楽しい。もしストーンサークルに興味のある方がいらしたら、イギリスではぜひ!!エイブベリーに行くことをおすすめしますそれにしても・・・ガイドツアーの人にガイドしてもらえるなんて、なんて幸運まるでこの地が私を歓迎してくれているかのよう?一人旅でもこうして一緒に回ってくれる人と出会えるので・・・一人旅でも、やっぱりさみしくない。(もともとさみしいとは感じないタイプですが)いろんなプチ奇跡って起こるんだなあと。それにしても、エイブベリーを着物で散策した人間って・・・私くらいだろうな・・・エイブベリーに行ったことある日本人はいても、着物で回った人間はおるまい・・・(って何の優越感?って感じですが)着物でもどんな場所でも行けます!!別に洋服でもいいんですが、この組み合わせってありえないっしょ?的なことをあえて!!やってみるってことに・・・面白さ、楽しさを感じてしまう私なのですもちろん、着物が好きだし活用したい、この子たちに陽の目を浴びさせてあげたい!!ってのが大きいですが埋もれてるものに光を浴びさせる、ってのが好きです。使われてないものを使うとか。いろんな奇跡、出会いに恵まれたイギリス旅行でしたが・・・また来年も新たな場所、懐かしい場所にどんどん行くぞと決めていますそれでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 10Oct
    • 迷ったときの選択方法。

      ある日の息子弁当。この日は運動会の予備日で、全員弁当で給食はなしなので、ごはんも入れることができたお弁当ですこの半月の輪島塗のアンティーク弁当箱、めっちゃ気に入ってるのですが、もうこういうときにしか使えない・・・(今息子は給食の白米は毎日食べたい!と主張し食べている)メインおかずはレンコンボールのトマトソース。りんごの葛煮の残りを春巻きの皮に包んで揚げたものは、息子が大大大大大好きなおやつ。りんごの葛煮がある&春巻きの皮があるという条件が重ならないと作らないので、年に数回程度しかお目にかからないおやつなんですが・・・(揚げ物なのでそれだけのために春巻きの皮を買いにいくことをあまりしたくない)息子は案の定狂喜乱舞朝から揚げ物はアウトなんですが、この日は特別に朝もこのりんごの葛煮春巻きを朝食に出しました揚げ物とはいえ、中身がりんごの葛煮ってことで、普通の揚げ物よりは体への影響がマイルドになっています(りんごは揚げ物の中和として有名です)。揚げ物の中和としては、りんご、キャベツ、レモン、大根が有名ですね。朝食は写真のように大根とりんごを添えました。さて、AにしようかBにしようか、迷ったときの選択方法なのですが・・・いろいろ選択する方法はありますが、自分のハートにきく、ということがベストだろうなと思います。自分のハートにきく、ってどんなんやねん!?と思う方は、単に、自分のハートに向かって、きいてあげるのです。「どっちがいい?」と。頭にはきかない。理性がしゃしゃり出てくるので。お金がとか世間的にはとか余計なことを口出ししてきますハートに向かって、「Aがいい?」「Bがいい?」と聞いてあげる。そしたら、Aって質問したときはハートがしーーんとしてるけど、Bのときは「そっち!」って答えてるような気がする・・・とか、なんとなくハートの声が聞こえたりすると思います。このあたりは「なんとなく」でも大丈夫ですそれでもわかりづらい、という人は、深呼吸を3回以上やってみましょう。深呼吸を3回以上やってみて・・・心が落ち着いた状態で、あらためてきくのです。ハートに、Aにする?それともBにする?と。ちなみに・・・私が教員の仕事もパートもアルバイトも全部やめて、ヒーラーはなんとなくたまに活動してるけど、まだお金にほんと困ってた頃・・・イギリスに行こうかどうか、迷ってたときがありました。息子を連れてイギリスに行く。それが私の夢だったのですが、お金もないけどもういい加減行きたいな・・・でもハードルが高い・・・と悶々としており。自分のハートにきいてみたら、国内旅行ぐらいにしておく?ときいたら・・・・・・しーーーーん・・・・・・・・と、ハートは無言イギリス、行っちゃう?ときいてみたら、行く と、即答もうこれが答え、なので、お金のこととかパスポートのこととか、家族に何て言われるか、実家は何て言うか、食事どうするかとか・・・もう、それらは考えずに、行っちゃえばいいってことです。そして実際、私と息子は、息子が小学4年生の冬休み、年末年始に二人で極寒の(笑)イギリスに旅立ったわけです・・・(当時の「イギリスに、行きます!!」の記事は こちら)最初は乗り気じゃなかった息子もミュージカルの話で説得し、夫も実家もなんとなくオッケーな感じになり(これが一番驚いた。実家からは相当ののしられると覚悟してたので・・・)、お金も・・・あの時どうしたんだっけ??思い出せない←おいおいですが、たぶん・・・定期を崩して行ったような気がします。何か困ったときがあったら使うようにと母から渡された定期を・・・(!!!)思えばあの時から、「お金がないから〇〇できない、すべきじゃない」ってのが、極端に外れていった気がします。日々の中、いろいろ選択に迷うこともあるかもしれませんが、答えは自分のハートがちゃあんと知っているし、あとリーディングを通してよく感じるのは、どっちを選んでも 大差ないことも多いということ。この家に引っ越すかあの家に引っ越すか。この仕事にするかあの仕事にするか。など。それがその方にとってそこまで重要ではない選択もあったりするのです。(もちろん重要なケースもあります)どっちでもうまくやっていけるから、どっちでもいいんだけどね~、的に宇宙がその人のことを見守っていることもほんとに多々!!あります。でも私たちって、このせま~~い世界でこれにしようかいやあれがいいんじゃないかとか、ひたすら?悩むこともあり・・・宇宙からすると、「どっちでもいいんだけどね」ってこと・・・かなり!!あります!!!大事なのは、どちらを選んでも、自分の人生が転げ落ちるわけではない、ってこと選択って、「正しいほうを選ぶ」じゃないんです。正しいってないんです。どっちもオッケー。こっちの会社を選んだから失敗、とかもない。もし何か嫌なことがあっても、そこから修正していくことがその人の経験として必要だったりします。だから・・・結局、うまいことなんでもまわってるんですよね。当時の私も、もしイギリスに行かなかったとして、でも次の年かそのまた次の年には結局行ってただろうから、私のたどる道としては結局同じだったろうし(世間の声や常識を捨て去るという意味で)アルバイトなんかにしても、あれっここはなんか違うかもと思ったら頑張ってやめる、ってことが自分にとっていい経験になったので、結局失敗ってものがない嫌な職場にいるとどれだけ苦しいか・・・ってことを経験できたのが自分にとってはよかったので(今にして思えば)、自分の経験値が増えてよかったなあと思えたり。(そうじゃないと嫌な職場で我慢する人の気持ちがわからないままだったかも)まあ・・・選択ってものは自分がいつでもちゃあんとすることができるし、そもそも失敗がないから、怖がらずに選択していいってことですでも自分の心や体が限界に来てるときは、なるべく早くそこから抜け出す選択をする、勇気を持つ、ってことは必要です。いろんなケースがありますが・・・どうしたらいいかわからない場合、いつでもティータイムorスピリカウンセリングでお話をお聞きします。それでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 09Oct
    • 節約とスピリチュアル。

      毎週水曜日はイオンモールとなみ2F自転車屋さん隣にて待機しています。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。11月23日(土)、24日(日)は金沢市産業展示館にて「ココロキレイフェスタ」に出店いたします。遠隔リーディングは随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。久しぶりに作った大豆ミートのから揚げ。揚げ物はやはり体への負担があるので(中和方法はいくつかありますが)、そんなにしょっちゅうは作りません。大豆ミート自体も私は個人的にそこまで好きではないので、ほんとに久しぶりに作ったから揚げです。大豆ミートは大豆くささを取るためにつけ汁に浸しておく時間が必要です。つけ汁は一番簡単なのは割醤油+みりん+にんにくすりおろし+しょうがすりおろしです。今回はクシ系統のレシピ本にのっとりまして・・・クシ系、スパイス使用がけっこう多いイメージです。いろいろスパイスを買い足して作ったら・・・息子が「これ、肉だ」と断言しておりました笑使用スパイスが多くて、フェンネルやらクローブやらパプリカパウダーやら相当買い足しましたが(そのレシピ本のために)、確かに・・・ちょっとお店っぽい味になる。すごいと思いました。そして気が付いたら・・・お弁当用に分けておいた分以外はすべてから揚げを食べていた息子!!何してくれるねん!!あるときのお弁当。大豆ミートもれんこんもちもちょい焦げすぎ感はありますが(;^ω^)マスカットはひと房1600円(割り引いてもらっての値段)でしたが、もうそれが納得!!のおいしさでしたほんっとーーーにおいしいものを食べたら、妙なものは食べたくなくなります。私はもう、フルーツは土の味さん以外のものは食べれなくなりました・・・さて、「節約」って・・・スピリチュアルとどう関係あるのか。というか日常全てがスピリチュアルなんですが、意識面、とからめてという意味で書いてみたいと思います。節約って・・・ズバリ、おすすめしないですなぜかというと、節約してる人たち、節約しなきゃと言ってる人たちに、ポジティブなエネルギーを出してる人が少ないから。なぜ節約するのか?それは、「お金を貯めないといけないから」なんでしょうが、じゃあなぜお金を貯めなきゃいけないのか?その答えは、「お金がないから」「お金が足りないから」 ・・・になると思います。つまり、不足前提、私には足りません不足してます前提での、行為ってことです、節約ってやつは!!節約のもとが、ポジティブならいいんです。例えば、私は幸せだ。だから節約しよう(?)とか。楽しいことをしたい。だから節約しよう。とか。実際節約が楽しくてやっちゃって、本とか出して収入生まれた~、って場合は全く問題ないしいいと思うのです。が、人が「節約」を話題にするときって、だってお金ないしねえとか、節約しないとやってけないよねえ、とか、ネガティブが前提としてあることが多いから、それって自分の精神エネルギーを結局下げちゃうことになります。私にはこれがないの。足りないの。それは絶対そうなの。だから嫌だけど楽しくないけどこうするしかないの・・・・・・それで、人生幸せがやってくるのか!??ぜってえ、やって来そうにねえーーー!!!!そもそも「我慢」して節約してるなら、しないほうがマシな気がします。我慢しないとやってけない。我慢しないと生きていけない。そんなような呪縛を自分や家族にかけ続けて生きるなんて・・・こ、怖い。黒魔術か・・・?我慢して節約するってことは、自分には我慢がふさわしいと自分で設定してることですから、それも怖い・・・そんなんしたくねえ・・・お金がないから節約する。お金がないから我慢する。・・・そうするとますます、「お金がない」現実を引き寄せてしまいます。そもそも、「お金がないから我慢する、節約する」って・・・かたーーいエネルギーです。こわばってます。エネルギーも肉体と同じ風に考えてほしいのですが、ゴリゴリに凝った肩とか体を抱えてたら、動きも制限されるし体も痛いしつらいし、しんどいですよね。体にコリがないと自由に体動かせてとっても軽い。それと同じように、エネルギーも硬くなりすぎてなくて、やわらかくて軽いほうがいいのです。お金ないから我慢するしかないもん!・・・その思考が、お金を自ら拒否してることになっています。だって「お金ない」って現状を自分にべったりくっつけてますから・・・私が思うのは、そもそもが・・・「お金ないよね」「節約しないとね」と言い合う人たちの中に、自分が混ざりたいか??・・・絶対、混ざりたくない。ただそれだけです似た波動は似た波動を呼びます。お金がないないと言ってる人は同じような人を引き寄せるし、節約必要よねと言う人は同じ人を引き寄せる。・・・う~ん、私はその輪の中には入りたくないですね我が家は収入はほんとに少ないし夫の給料はボーナスなしの毎月手取り14万、私は月8万しかもらってないですが(毎月1万すらも渡せないと宣言された事件もあったなあ・・・遠い目)、別にそれで何かを節約しようとは全く思っておらず。そもそも「節約」って思考がないです。自分の中に。私が思っているのは、不要なものは買わない。ただそれだけです。世の中で節約をうたうことはあっても、そんな節約術とか考えるより、毎日食べてるそのお菓子やめたらいいのに・・・と思ってしまう私はひねくれものかもしれませんでも嗜好品やめるのって一番大きな節約だしダイエットにもなるし内臓にもいいのになと・・・コンビニで何か買うのやめるとか、パン食べるのやめるとか。無駄なランチをやめるとか。いろいろできると思うのですが・・・まあ何にせよ、自分がポジティブな波動で節約なんかをするなら、それはオッケーであって。悲しい前提(だってお金ないもんとか)でする節約、我慢はますますお金のない現実を引き寄せてしまったり、我慢しまくらないとお金が貯まらない現実を引き寄せてしまうので、あんまりおすすめしないかなと・・・私だったら、我慢しないで好きなことができる毎日がいいですそして実際、教員でお金の心配がなかったときって、イギリス旅行なんて行く暇もなかったけど、お金がなくても今は年に2回もイギリス行ったりプラスで飛行機乗りまくる日々があったりする。お金がないから我慢が必要、なんて、誰が決めた??・・・それって人間じゃん。神様が決めたことじゃない。だから・・・別に従う必要もないし、信じる必要もない。たかが節約、されど節約。その背後にある意識をよーーく見てみて・・・自分はどうしたいかを感じてみるのが、いいのかもしれません。それでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 08Oct
    • 友達が欲しくてたまらない。

      毎週水曜日はイオンモールとなみ2F自転車屋さん隣にて待機しています。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)の受付をしています。ただし10月25日(金)は部屋が使えないためお休みいたします。11月2日(土)、3日(日)は福井県武生にて「ほっこりフェスタ」に出店いたします。11月23日(土)、24日(日)は「ココロキレイフェスタ」に出店いたします。金沢での開催です!全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。マクロビティータイム用に、米粉100%のグルテンフリーマフィンの変形バージョン。黒練りごまを入れたタイプです。個人的には酒粕のほうが好きですね~先日のマクロビティータイムでは、なんと東京から金沢まで車で来てくださった方が旅行の途中で立ち寄ってくださったのですが、旅先の予定にこうして加えていただけたこと、とっても嬉しく思いましたこんなふうにいつもいろんな出会いと再会があるから・・・なんだか、さみしくないんですよね。いわゆる友達づきあいが年間ゼロ日でも。お客様との出会いがしょちゅうあるので、さみしさなんて感じてる暇がないというか・・・常に先の予定があるから、さみしさを感じる暇がない。(これもあるときのティータイム用のおやつ。グルテンフリーのココナッツクッキー)かつての私は、友達というものが欲しくて欲しくてたまりませんでした。小学校、中学校と、友達がいないわけではなかったけど、だんだんと、ほんとにものすごくお互いが密接にかかわるような、いわゆる親友、みたいな存在を欲するようになりました。今にして思えば、自分自身が好かれてる、愛されているという自信が自分になさすぎて、誰か、絶対私から離れない、絶対的に私の気持ちを理解していつも一緒にいてくれるような・・・自分の寂しさ、不安を埋めてくれる人を探していたのだと思います。高校に入って今までとは違う世界が目の前に広がり(進学校で勉強第一の校風からか、友達づきあいでじとじとした雰囲気が全くないところだった。みんな勉強で忙しいからか人間関係にけっこうドライで、変に人のことを構ったりあげつらう雰囲気がなく、過ごすのがとても楽だった)、それまでとは違うタイプの友達ができて楽しくはなりましたが、ほんとに、親友だ!と思える子と出会ったのは大学に入ってからです。・・・が、彼女は23歳で亡くなってしまい、しかもそれは私がイギリスに留学中の出来事だったので、私は目の前が真っ暗になりました。生きてる意味なんてない、本気でそう思いました。彼女は私にとって家族以上の存在で、彼女の笑顔が見られないなら・・・私の人生なんてなんの彩りもない。そして彼女こそ社会の役に立つ人間だから、私は死んでもいいから、彼女を生き返らせてほしい!!そのほうが社会のためにもなる!!そう思って自殺を考え、でもできなくて悲しくて・・・そんな日々をしばらく過ごしていました。彼女との別れ以降、「親友」と呼べるような人とは出会っていませんが・・・でも、それでも、さみしくはないし、親友とか友達とか、そんなくくりは気にしなくなった自分がいます。それは、夫と出会い、息子が生まれ、私にとってほんとうに安心できる存在、家、ができたからだと思います。夫も私も、お互いがいれば、友達づきあいは別になくてもいっか。そういう共通項があります。なので、見る人によってはひいてしまう事実かもしれませんが・・・夫には友達がいません。いや、一人だけいますが、その人は北海道在住なので大学卒業以来一度も会っていないという('◇')ゞなのでお互い年賀状をやりとりしてるだけで・・・夫は友達がほしい、とは思ってないので、年間の飲み会もほぼゼロ日です。外にいるくらいなら家にいたい。そう思うタイプなのです。365日、夫はずっと毎晩仕事から家に直帰です笑←まれに断り切れない送別会なんかに年間1日くらい行きますが、夜9時に帰宅したりしてますそんな夫の姿に安心感をもらってるのは確実かもしれません・・・家には必ず夫がいる。もしかして夫のことが嫌いだったらものすごいストレスになるのかもしれませんがでも夫が家にいつもいるのがうれしいってことは、夫のことが好きなんだろうな・・・そうはいってもかつての私も今までとんでもない暴走はいくつもしてきました。思い出すのも恥ずかしいことも多々してしまいました。教員になった直後は、同僚の女性の先生方(年齢の近い)と仲良くなりたくて、でも自分からはぐいぐいいけないし、すでにもう仲がいいグループとか繋がりはできてしまってるし、そこに私が割って入るなんてとってもできず・・・自分は居場所がないなあ、なんて悲しげに思ったりしていました。どうにか自分の存在を認めてほしくて、わざと強烈なキャラクターを演じてみたり。どのキャラでいったらいじってもらえるか?ウケるか?ばっかり考えていたように思います。・・・本来の素のままの自分だとつまんなさすぎて面白みがないから、わざと極端なキャラクターを追求していたなと・・・当時の私はやたらと毒舌を吐いていて、でもそうした毒舌がうけたりもしていたので、じゃあこのキャラでいこう!と必死に演技したりしていました。う~ん、うつ病になったのは今にして考えると自分で自分を生きていないことが根底にあったような気がします。別の学校ではさらに暴走というか・・・同い年の先生が何人もいたので、絶対友達になりたい!!と意気込み、自分から積極的にいこう!!と気合が入りすぎて、同僚の先生に「家に遊びに行かせてください」とやたらとお願いして、相手の先生はめっちゃ引いてましたでも自分じゃすごいひかれてるってのがわかんないというか、とにかく自分の中では「友達になりたい!!」って気持ちしか見えなくて、もうひたすら突っ走ってたというか・・・相手の気持ちを考えるって思考がゼロでしたこの日はちょっとこの日もちょっと・・・と断られると、じゃあこの日は?そしたらこの日のこの時間は??と猛烈なプッシュ具合で、はっきりいって怖かったと思いますなので・・・恋に盲目になって相手の気持ち考えずに押しの一手、になる人の気持ちがなんとなくわかるんですよね・・・人って、もう周りが見えないってことあったりします。その先生は、あるとき私に向かって、「何でそんなに(私の)家に来たがるんですか!??」とキレたこともありましたでも、怖いかな・・・当時の私は「友達が欲しい」「友達を作らなきゃ」の意識しかないサイコパス状態それだけ拒絶されても、負けじと食い下がって一緒に遊ぼう、家に行かせてくださいと粘ってたんですよね・・・自分のことですがほんと怖い・・・私にとって「家に行く」ってのは、親密さの象徴だったので、それゆえやたらと、家に遊びに行かせてほしい、とこだわってたんです・・・まあそんなわけで一度だけ別の先生の家で数名で会合はありましたが、もちろん・・・その後の進展は一切ありませんでした。私以外の先生たちがすっごく仲良さそうにしてる姿ばっかり目について、当時の自分は自分だけ仲間外れにされてる感覚というか、疎外感を強く感じて、すっごくさみしく思ってましたね・・・教員同士って基本あくまでドライな関係性ですが、中には、だれだれとだれだれはすっごく仲いい、って関係があったりします。あるいはこのメンバーになるとめっちゃ盛り上がってる!とか。そうやってやたらと楽しそう、盛り上がってる、って姿を見てると、そんなグループのどこにも属せてない自分は、まるで人間として大事なものが欠落してるようにも思えたりしたものです。自分はいつもあの輪の中に入れない。それを思ってさみしさを勝手に感じていた自分がいました。当時、仲よくなりたがってた先生方って、別に私と共通項があるとか感性が似てるとかは全くなく、普通に出会ったら絶対友達にはなってないタイプです。でも、当時の私は、「友達がたくさんいる私」「友達に囲まれていつも楽しそうな私」という姿にこだわっていて、とにかく友達を作らなきゃ!!って思いに取りつかれてたんですよね・・・人って怖いですね。何かに思い詰めたら、どこまでも極端に走れてしまう。結局、私が欲しかったのは、決して私のことを見捨てない人、ずっと私のことを好きでいてくれる人、であり、夫と出会えたことで、私の中の寂しい子どもが救われたような気がします。そして、なんでそこまで私は自分のことを絶対好きでいてくれる人が欲しかったのかというと、つまりは自分は誰からも愛されてない、好かれてない、という思いが根底にあったからです。私は一人。そしてみんなは一人じゃない(ように見える)。これは・・・今ならわかりますが、家庭環境ってものがかなり影響してきます。条件付きの愛、を感じさせるのではなく、どんなあなたでも、大好きだ~!という思いを親から感じられていたかどうか。親って、私自身も耳が痛いですが、なにかをしたら褒めて、なにか親側の期待に子が添わないと、親は機嫌が悪くなる。そして、親と子で感性が違い過ぎても難しくなるというか・・・理解できない同士、合わない同士だと、大きな孤独感を子どもは感じやすい。自分の気持ちがわかってもらえない。その思いは、子どもを孤独にします。私は、幼稚園時代の親との記憶が、「この人は私を理解しない人だ」と思った出来事、というのがあります。私の好きじゃない服を着せようとした母親に対して、なんでそんなこともわかんないの?と不満に思ったんですよね・・・(←嫌なら嫌と言えばよかったじゃんと今では思いますが、自分の気持ちをもともと言いにくい子どもだったのかもしれません)もちろんそれだけで親との断絶感を感じたのではなく、人生のとらえ方とか、他人への接し方など、ありとあらゆることがあまりにも自分の感覚と違い過ぎて、どんどん絶望と失望が重なっていったというか・・・違うなら違うで、違うけど一緒に楽しく暮らそう!期間限定だし!というスタンスなど、いろいろあったのでしょうが、我が家の場合はほんとにきゅうくつな家でした。(今はもっと違った雰囲気になりました)私自身、自分に自信がなく、だれからも私は愛されていない・・・と、不安で泣きたくてたまらない自分を抱えていたからこそ、「ともだち」というものに執着、期待、憧れがあったのでしょう。でも、友達が自分を救ってくれることもあれば、そうではないことももちろんあり。私自身は今は、友達とかそういうくくりがない世の中であればいいかも、という考えでいます。「友達」だから特別仲良くする、のではなく、どんな人も大切。出会った人みんな大切。そんなような感覚は・・・旅をすると感じたりします。誰かを特別に思ったりすることはとても尊い感情なのでしょうが、究極には・・・差なんて何もない、みんながみんなを思いあう世界を見たいなと思うのです。今、私の生活には家族とお客様、しかありません。そしてこの状態が、とっても心地いいのです。出会う人がみんなお客様。みーんなと、同じように接していい。えこひいきも特別もない。この人は特別なお客さん、このお客さんとはこっそりお茶して・・・というような特別感もなく、常に同じふうに接していけるのが喜びなのです。全員との出会いが等しく大切。それを実践できる毎日が・・・とっても嬉しいのです。なので、人それぞれ考え方の違いはありますが、私としては、出会えるお客さんに差をつけない、というスタンスです。なのでお客さんと食事に出かけたりとかお茶するってことはしないです。それだと他の方と差が出てくるので。・・・というかそもそも自分が、ほかの人とランチとかに適してない人物です食事へのこだわりが強すぎて・・・(でも、イギリスつながりで出会った方とは・・・お茶すると思います私にとってイギリスは特別地域?なので・・・)セッション以外で自由に会話を楽しむ場合は、マクロビティータイムがあります。これだと時間で区切ることができるので、誰かが長くて誰かが短い、ということもなく私も助かるのです。(ティータイムはご要望があれば延長も可能です)私にとって居心地がいい世界は、とにかく目の前の方に集中する!という世界なので、ティータイムでもスピリチュアルカウンセリングでも、目の前のお一人の方に自分のすべてを集中できることが、とても幸せなのです。友達付き合いがない気楽さ。人のうわさ話に左右されない日々、人に合わせることをしないでいい日々。昔の自分からは考えられない生活を、今の自分は最高に満喫しています。人付き合いのことなど、話したり相談してみたいという方は、いつでもティータイムorスピリチュアルカウンセリングにてお待ちしております。それでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 07Oct
    • 妊娠中の食事とマクロビオティック。

      11月2日(土)、3日(日)は福井県武生にて「ほっこりフェスタ」に出店いたします。毎週水曜日はイオンモールとなみ2F自転車屋さん隣にて待機しています。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)の受付をしています。メール鑑定は随時受付しております。ただいま少々込み合っておりますので、通常よりも少しお返事に時間がかかっております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。マイルは飛行機だけでためるのではありません。私は一応ポイントサイトの「ハピタス」も利用しています。ネットで何かを買うとき、このハピタスを経由するとポイントがたまり、それがある程度になると・・・アメーバドットマネーに交換でき、そしてそのドットマネーをJALマイルに交換する、ってのをやっています。先日は3000マネーたまったのでそれをJALマイルに交換。1500マイルになりました。1500マイルってショッピングでためようとしたら30万円分です。(JALカードのショッピングプレミアムに入会すれば15万円分でできる)そんな効率の悪いことやってられないので、人々は・・・いろんな手を使ってマイルを貯めるのですポイントサイトに登録しておくと、例えばJALの航空券を買うとき、ここを経由してJALのHPに行くと、カードで航空チケットを買った分のマイルももちろん貯まるし、さらにポイントサイトでのポイントも貯まる。両方もらえるわけです。私はしょっちゅうこの「経由する」ってのを忘れてポイントをフイにしちゃったことが数知れずなのですが・・・涙それでもこれまで数千マイルは稼げましたまあポイントサイトを使うってのはマイラーにしたら当たり前すぎることなんですが、マイルを貯めるってのは裏技?的なことをしないとなかなか貯まらない、ってことで・・・これで年間何十マイルも貯めてる人もいますから、ほんとにすごい世界です私はそこまでの時間と労力は使えないのですが・・・しかし私みたいにずぼらに使っても、ポイントサイトでは何千マイルももらえてるので、ずぼらさんでも、同じ金額を使いつつマイルが得する、ってことはあります。私自身のマイルは今も順調に?貯まり・・・また来年もイギリスに行くことはできそうですしかし制度の改悪がありまして、夏のいい時期に特典航空券がとりづらくなってまして・・・時期をずらすかはたまた別の戦略を練るか。今それを楽しく考えていますさて、妊娠中の食事について、陰陽理論、マクロビオティックの観点から少し書き記しておこうと思います。私は妊娠中はマクロビのマの字も知らず、食べ物は特にな~~~んも気にせず過ごしてしまったので・・・成功した華々しい?実体験は残念ながらないのですが、通常お教室で習うようなことをメモ書きしておきます。受精後の最初の3か月まで、あるいは6か月までは妊娠中の中で特に大事な時期、食べ物の影響が大きい時期だと言われています。出産後に食事を気を使うより、妊娠中にいかに気を配れるかがひじょ~~に大事になってきます。いくら生んだ後に食事に気をつけても・・・妊娠中に気をつけていたケースとは、比べ物にならないです私は産後はいろいろ気を使ってきたつもりですが、いかんせん産前は何の知識もなく、そういう世界があることも知らず、めちゃくちゃ偏った食生活、そして自分にとって必要なものを全然摂らない食生活でした。というより産休に入る前はもう食事なんてほぼ作ってなかったです!!家事の95%は夫が担当(いや99%だったかも・・・)。当時夫の仕事はかなり楽な部署で、月に1日だけ残業があり、その日は帰宅が夜9時ごろだったので(それ以外は毎日5時半に帰宅)、その月に1日だけ私は食事を作るという・・・もちろん朝ごはんもお弁当作りもぜ~~んぶ夫でしたまあ何せ・・・言い訳ですが、当時は忙しくしてました。そして明らかに仕事が楽な夫と、激務の妻・・・そうなると自然と、家事分担は決まってきますよね・・・私も作りたい気持ちはあったのですが、何せ遅くにしか帰れない。なので月に1日の、私がなんとか夕飯を作れる日は、張り切って作りすぎて大量になり、夫にいつも文句を言われていました。こんなに食べれないよと・・・妊娠中の食事についてですが、マクロビオティックでしょっちゅう摂取はしないほうがいいとされているものは、妊娠中もできるだけ避けるべし、と言われています。つまり白砂糖は可能な限り避ける。動物性も過度になり過ぎないように。(食べてはいけないというのではありません)にんにくとカレーの食べ過ぎも注意(極陰すぎるからだと思われます)。低血糖の人は、妊娠するとつわりがひどくなることがあるそうです。そういうときは質のいい陰性さを取り入れるようにし、みそ汁をしっかり飲む。陽性になりすぎた場合は、塩気を摂りすぎない、硬いもの(せんべいやベークしたもの)をとりすぎない(かたいものは陽性なのでますます陽性化してしまいます)、甘栗とかきなことかローストしたものをとりすぎない(ローストは極陽性です!!)ということも大事です。陽性になりすぎたら寒天や時々はサラダなど、体を冷やすメニューも必要になってきます。そして、発酵食品をしっかりとる。さらに、これが一番大事!と思えるのはですね・・・よく噛むこと。よく噛むことで、毒となるものも中和され、質のいい血液が作られます。お母さんの血液が赤ちゃんの体になるので、よく噛むことは赤ちゃんの元気さにつながります。食事って、難しく考える必要ないんです。実は。し~~っかり噛めてれば、多少の毒だって無害化できるという(がん細胞も唾液に浸すと無害化するという話)。逆に、体にいいものを摂ってるつもりでも、噛まなかったり、過食になると・・・毒になるんです。これはほんとに感じます。迷ったら、とにかく「噛む!」・・・めっちゃ、シンプルですあとは白砂糖をとにかく避ける!!これだけではっきり言って・・・す~~~~っごいプラスです。とんでもない利益が出ること請け合いです。そして、これまた私は出産後に知ってショックを受けたのですが、子どもが噛む噛まない、は、しつけでどうにかできるものではなく、妊娠中のおかあさんがよく噛んで食べてればよく噛む子が生まれ、そうでない場合は・・・噛まない噛めない子が生まれる、んだそうで!!も~・・・がっくしきましたよ。もう生まれちゃってるしどうしようもできないじゃんと・・・ただ、これはもう額にハチマキ締めて頑張ることではないんだな、と楽な気持ちにもなれました。必死にしつけさせようと怒りまくる必要がない。奥津典子さんは、長男さんの育児のときは、「お母さんも噛むの苦手だから一緒に頑張ろう」というスタンスだったそうです。子育てのポイントって・・・そうなんですよね。相手方にのみ「やりなさい」って言うのではなく、「一緒に」やる。片づけなさい、ではなく、一緒に片づける。これも食べなさい、って言うなら、ママと一緒に食べてみよう、と言ったり。勉強しなさい、ではなく、一緒に勉強しよう、一緒に机に向かおう、などなど・・・ちなみに、噛むことはよい血液を作ってくれるとはいうものの、眼をテレビや過度の読書、スマホや夜更かしなどで使いすぎると、造血を妨げてしまうそうです妊娠中の食べるものについては、よくおられたのが、おなかの赤ちゃんに向かって、「今日何食べたい?」ときく、という方々。そうすると何となく食べたいものを教えてくれるそうなんです。自分の食べたいものも大事ですが、赤ちゃんにまずきいてあげたいですよね。だってもうここにいるんですもんねちなみにですが、ある方は(サイキック能力がけっこうある方)、赤ちゃんに毎日食べたいものを聞いていたけど、不思議と牛乳だけは、一度も欲しいというメッセージがなかった、と言っておいでました。その方は当時別に牛乳が危険とかそういう知識はなく、単に不思議だったそうなのですが・・・きっとそれだけ、現代の(あくまで現代の、です)牛乳ってやつは、それだけ赤ちゃんが嫌がるようなレベルのものになってしまったのかな、と思います。私は妊娠中、これだけは嫌!と思ったのは、夫がいつも買ってくるスーパーの揚げ物あのにおいは・・・ほんとに無理でした。それまでは普通にスーパーの揚げ物は食べてたんですが、一気に無理になりました。私がもう揚げ物無理って言ってるのにそれでも夫はすぐ忘れて買ってくるので、それでよく夫に怒ってましたね・・・苦笑産後食生活を変えたら、やっぱりスーパーの揚げ物コーナーがもう近くに行くだけでううっ!!となるようになって、全く持って食べるのが無理(我慢ではなく本気で無理になった)になり、息子もやはり家の揚げ物ですら体調がいまいちだと嫌がり、スーパーの総菜コーナーに行くと「変なにおいする」と訴えるので、やっぱり当時からそうした揚げ物はいらん!と息子が胎児のときから教えてくれていたんだろうなと今更ながら思います私は結局、自分の知識を実践する機会がなく、つまり二人目は授からないままになってしまいましたが・・・まあ、それも人生です。悲しさはありましたが、だからといって私の人生が真っ暗になるわけではなく。自分の人生、やりたいことも、試してみたいことも山ほどあるそして、いつも夫と息子がいてくれる幸せ。こんなありがたい人生、昔は全く想像できていませんでした。食の世界は私にとってとても面白く、まだまだ知りたいこと、調べたいこと、試してみたいことがたっくさんです。食べ物の不思議な力、影響力を感じつつ・・・その面白さをエンジョイしていこうと思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 06Oct
    • 神社のあぶり餅と、宇宙からのメッセージ。

      11月2日(土)、3日(日)は福井県武生で「ほっこりフェスタ」に出店いたします。毎週水曜日はイオンモール2F自転車屋さん隣にて11時~待機しています。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)の受付をしています。メール鑑定は随時受付しております。ご相談1件につき3000円です。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。夏に弟家族と一緒に行った、京都北区にある今宮神社。弟は京都出身の知人におすすめの食べ物を聞き、そこで教えてもらったのが、ここのあぶり餅。道を挟んでちょうど右と左に、同じようなあぶり餅のお店があるんです!一体どちらがいいのか・・・なんとなくですが、弟たちについてかざりやさんに入りました。お店に風情があって素敵です。メニューは、あぶり餅、のみ!!あぶり餅一人前は13本で500円。メニューも中身も値段も実はお向かいの店と一緒・・・ものすごい競合具合だな・・・これがあぶり餅。たれが白みそときなこを混ぜたものらしい。けっこう強めの味(たれ)です。全部は食べれないかな・・・お向かいの店と、食べ比べしてみたい・・・そこで、お向かいのいちわさんのあぶり餅も買うことに!持ち帰りだけのはずが、サービスであぶり餅少しと、お茶を全員分淹れていただきました。すごい・・・こちらのお店もとっても風情があり・・・こちらのいちわさんは創業もう1000年を越えるそうです(反対側のかざりやさんは400年ほど)。実はこちらのいちわさん・・・自由に見学できる、昔ながらの井戸があるんです!!(小さいお子さんは危ないので見学できません)井戸へ降りていくと・・・すっごく、ひんやりしています!!めちゃくちゃ、涼しい!!天然の力ってすごい!!!今はこの井戸は飲用には使ってはいないそうですが・・・でも今でもこうして水をたたえているって・・・ほんとに、すごい。自然の力のすごさを感じました。で、食べ比べてどうだったかというと・・・個人的には、いちわさんのほうがお餅の焼き加減が好きでした。ただたれはやっぱり甘いな~と。いちわさんで確認したらたれには白みそときなこだけではなく白砂糖も使用とのことだったので、そういう意味でたくさん食べたいものではないですが・・・でもお餅の焼き方はこちらのほうが好みでした。(あぶり餅の原材料は、もち米、餅とり粉、きな粉、上白糖、白味噌と書いてありました)そして、ちょこっと買っただけなのに子どもたち全員分にお菓子のお土産をくれるという・・・(どちらのお店も)。そのくれるお菓子がうまい棒とかビスコなので、弟はそこを突っ込んでましたねこんな伝統あるお店、メニューもあぶり餅のみでこだわってやってるのに、なぜここでうまい棒が・・・確かに、ここだけ違和感・・・(;^_^Aちなみにこのあぶり餅、女性が受け継いでやっているそうです。焼くのは備長炭で全て手作業。息子にとっても砂糖は避けさせたいけど、でもこういうシンプルなものを食べるのなら、まあいっか~と思いました。ソフトクリームとかを食べるわけじゃないですからねそういう意味で、極上スイーツ?とかのお店じゃなくこのあぶり餅を選んでくれた弟たちに感謝息子にとっては、USJだけではなく、いとこたちと足を延ばしてまた一緒の時間を過ごせたのも嬉しかったようです。しかしながらずっと3歳のいとこの相手をし、きょうだいと喧嘩になったら必死になだめて、「〇〇ちゃん、大丈夫だよ、ほら△△□□・・・」とお世話してる息子の姿、すげえなあ・・・と見とれてました私にはできん・・・子どものご機嫌をずっと取り続けるなんて・・・中学生だけどこうして3歳の子と一緒にいたがってお世話もできるってすごいなと純粋に息子のことを尊敬しました息子の実態も間近で見れて、私にとっては嬉しさと面白さももらえて旅でしたさて・・・先日の記事と内容は重なるかもしれませんが、やはり宇宙的存在たちって、同じようなメッセージを伝えてくれます。雲黒斎氏の本にも書いてあったのですが、どんなに人一倍勉強を続けて、たくさんの情報を得たとしても・・・それはあくまで情報の蓄積、であって、情報と理解は別物 なので、 情報を超えた次元の気づきが必要だ、ということ。一生懸命努力して勉強する人は確かに偉いです。頑張ってます。自分の悩みについて頑張って努力して自分を掘り下げていくことも素晴らしいです。自分が幸せになるためには、といろんなセミナーなどを必死に受講するのも、すごく頑張ってます。・・・が、そうして苦労したから、勉強したから、掘り下げたから、何かを理解できるとは限らない。勉強したり誰かから何かを学ぶと、「情報」は増える。でも、いませんか?知識はあるけど、情報はあるけど、でもそれを人に言うとき、なんだか薄っぺらい感じがする人とか・・・その人がほんとに腑に落ちて得てる感じてるものじゃないときって、なんとなくわかりますよね。知識だけあっても、人はそこに感動しない。情報をいくら必死に蓄積しても、そこで、次元変化というか、突然変異というか、腑に落ちる、理解する、ということが必要なんですよね。そして大事なことは、 気づきには因果が存在しない ということ!100時間勉強したから、セミナー受講したから気づきが起きる、とは限らない。理解するとは限らない。わかってない人に、どれだけ「理解しろ!!」って強く言っても・・・理解しない人は理解できないですよね。これこれはこういうことなんだよ、っていくら力説しても、わかんない場合はわかんない。相手の立場にたったら、相手はこう思うっていうこと、わかるでしょ??って言っても、わかんない人にはわかんない。1+1は2でしょ、って言っても、わかんないときはわかんない。宇宙にはこういう法則があるんだよ、って言っても、理解しない人は理解できない。気づけるときは、ふとした時に気づけるし、ある日突然、ふっと理解できたり、腑に落ちることってやって来る。つまり・・・気づき、理解っていうものは、努力の結果ではない、ということなんです。努力しても、気づけたり理解はできないかもしれません、ってことです!!宇宙曰く・・・気づきや理解っていうのはいわば、 因果を超えたハプニング なんだそう。努力したからわかるってもんじゃなく、もっと広い世界からの、プレゼントみたいなものなんだろうなと。そもそも、努力したら全てを理解できるのか?・・・できないですよね。自分が努力さえすれば理解がやってくる、って必死に眉間にしわ寄せて、いっつも必死感、悲壮感を漂わせるんじゃなくて努力したいときはするし、したくないときはしない。どっちにしても、宇宙はいつもプレゼントをくれる。・・・って思ってたほうが、エネルギーってとっても軽い感じがしませんか?気づき、理解には、因果が存在しない。・・・このことを受け入れられる人ってきっとすごく少ないと思います。子どものほうが素直に信じられてるはず。でも大人たちは、頑張らないと結果なんて出ないとか、努力しないとお金は稼げないし幸せな生活も遅れないとか、とかく、やたらとネガティブな因果関係を子どもたちに叩き込みます。気づきって、 いっつも・・・突然です。いろんな感覚も・・・ふとした時に、感じるものであり。もっともっと、宇宙がくれるこの素晴らしき偶然性とサプライズ感を、私たちは楽しめばいいのだと思います。思いがけない時に気づきや理解、発見があるからこそ、この世は面白いんだと思うのです。努力した先にしか気づきがないのだったら・・・それって、なんだか、つまんない気がします。もちろん、努力しないと気づきなんて起こるはずない!!と信じたい人は、それを信じていけばよし。そうじゃないパターンもあるよね、と宇宙の寛大さ、愛を感じたい人は・・・周りの人が言うことと違うことを信じてみればいいのです。私は・・・気づきには因果関係がない、というメッセージのほうが・・・胸がくすぐったくて、ワクワクするエネルギーが満ちてくるので、そっちの世界を、信じます。因果関係しかない世界。・・・それを思うと、自分の心が暗くなる。だから、そっちは選びません。もう、努力の先にしか気づきも理解も幸せもアセンションもないんだ、って洗脳からは・・・自由になっちゃえ。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 05Oct
    • 幸せのためには、まず〇〇を捨てる!!

      10月6日(日)はもく遊りんさんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。まだ残席ありますのでご予約受付中です。毎週水曜日はイオンモールとなみ2F自転車屋さん隣のスペースにて待機しています。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)の受付をしています。ただし10月25日(金)はお店のショールームが使えないためお休みいたします。メール鑑定は随時受付しております。ご相談1件につき3000円です。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。私の大きな転機ともなった出来事で、出会った景色。この景色は・・・海外ではなく、アイランドホッピングをしていたときのものです。一筋の光が差し込んで、ほんとうに美しかったのです。これからの人生も、自分自身のことも、なーんにも心配いらないよ、好きなふうに生きてごらん、といろんなことを後押ししてもらったような・・・そんな景色でした。アイランドホッピングで出会えた空の景色たちは、私にとって宝物です。今でも写真を眺めるだけで幸せな気持ちになれるし、いろんな不安がなくなっていく感じ。そして、「無」でいいような感じ・・・不安も恐れもなーーんにもいらない。それで生きていていい。自分のことを表現するのに恐れない。何も、怖いことは起こらない。アイランドホッピングはJGC修行のために行ってみたのですが・・・今にして思えば、それをきっかけに、いろんなことが変化したように感じています。私の中の何かが解放されたような感じでした。さて、この世に生きる誰もが、幸せな状態で自分の人生を生きようとしていることと思います。その時、ものすごい邪魔をしてくる存在があるんです。それは・・・バシャールが教えてくれているのですが、「簡単すぎてはいけない」という思考だそうです。シンプルではよくない。簡単すぎることはよくないし、信用できないし、本物じゃない。この、「簡単すぎること、シンプルすぎることなんてよろしくない」という考えこそが・・・私たちの社会にとって一番の害をなすものだそうです。この、「シンプルはダメ。難しくて大変なほうが偉い、すごい」という思考って、相当根深く私たちの中に巣くっています。例えば、何かよい結果を得ようとしているときって、人は必ずと言っていいほど、「努力が必要です(=努力、大変な苦労、悩んで沈んであれこれ考えたり、しんどい思いをしないとそんないい結果は得られないよ!)」って発想になりますよね?それ自体がもう、「シンプルはダメ、複雑で大変が素晴らしい」を選択してる、ってことです。自分でそれを選択してたら・・・そりゃあ、自分の人生には、苦労が伴って何かの結果を少し得る、みたいな出来事しか起こらないですよね。この現実世界って自分の意識の引き寄せですから。いい結果が得られなかったら、「自分には努力が足りなかった」って解釈ばかり。・・・つまり、もっともっと、自分は苦労して苦しむ必要がある、ってことですよね。その解釈を自分の人生にあてはめている。幸せになるのに、自分は努力しないといけない。そうしないと何も得られない。・・・そんな洗脳に人々ははまってしまっているのです。つまり、自分が幸せじゃないのは、努力が足りないし、その価値がないからだ、と・・・。だけど、そもそもそれは宇宙的真実ではないし、努力しなくても、たくさんの幸せって転がってるんです。それこそ、誰かを好きになる、自分を好きになってもらえる・・・って、努力を超えたところの話です。努力して汗水たらしたから彼に好きになってもらえた。ではなく、好きになる人は好きになるし、好きになれない人はどんだけ相手が頑張ろうと絶対に恋愛にはならない(まれに努力が実を結ぶこともあるかもしれませんが)。好きになってもらうのに、ものすごい努力とか辛抱、苦労なんて必要ないのと一緒です。その人がその人だから、誰かがその人を好きになる。私自身も、夫が何か努力してるから、息子が努力してるから二人のことを好きなわけでは全然ないです。説明できないんです。「好き」ってやつは。そして夫も息子も、私のことがなぜそんなに好きなのか、絶対説明はできないと思います。「ママだから」、それしか言えないはず・・・優しいからとか、ご飯作ってくれるからとか、でもそんなことできるスキルを持ったひとはこの世にごまんといるわけです。だけど、じゃあそれをしてくれる人全員を好きになれるか・・・?すっごく好きな人もいれば、全然そう思えない人もいる。赤ちゃんにしても、努力してるから周りから可愛がってもらえるのではないです。ただそこにいるから・・・周りから可愛がってもらえる。もっと言えば、私たちって、努力してるから、そのお返しに、太陽が私たちに光を注いでくれてるのか?というと・・・そうではないはずです。罪人でもあくどさを持った人でも、大人でも子どもでも人間でも動物でも・・・どんな人でも、ただそこにいるだけで、太陽の光をもらえる。この人は努力して苦労してるから、人の何倍太陽光をいっぱいあげる、ではないのです。この世ってシンプルだし、いろんなことが、えっ、そんな簡単でいいの・・・?ってふうに解決できることがある。そんなシンプルに考えればいいだけなのか、と。でも、人って、複雑さが大好き。これこれはこういう意味で、これをやったらこうなるからこれが難しくて、でもこれができなくて・・・と、延々と終わらない話題をするのが大好きです。複雑さの虜になっている・・・人生の目的にしても、すっごく複雑なことを言われたほうが嬉しかったりするのではないでしょうか?占いでもなんでも、あなたの人生にはこういう意味があって、これこれこういうことをしたほうがよくって・・・と、たくさんいろいろ言ってもらえるほうが嬉しくて、そっちのほうが信用できたり。でも・・・人生の目的なんて、みんなほんとは一緒なんですよ。自分100%で生きる。・・・ただ、それだけです。でも、それを言うと、ほとんどの人は・・・えっ、そんなシンプルなはずないとか、そんなたった一行だけなんておかしいとか、もっとあるはずとか、物足りなさ?を覚えるかもしれませんね。実際それをバシャールから言われた人は、自分の今世での目的を聞いたのにたった一言だったので、「なんだかあっけなくて・・・」と言っています。(でもその方は続けて「でもわかりました」と納得したふうだった)一言だけでシンプルな答え。それに納得する人が少ないってことは、人がどれほどシンプルさを嫌い、複雑さを愛し信用しているかの証拠ですよね。でも幸せになりたかったら、まず、「人生は複雑じゃないといけない」「複雑なものほど高尚さにつながる」「複雑であるほうが価値がある」「複雑に考えたほうがよりよい人生になる」・・・という洗脳、思い込みをまず捨てること!!私自身、亡くなった方からのメッセージをキャッチしようとすると・・・その言葉ってすごくシンプルで、あんまり言えることがなかったりするんです。生きているほうとしては、あーでこーであれで・・・と、たくさんの言葉を聞きたがっていますよね。でも、実際は・・・メッセージってすごくシンプルで、あなたのことをずっと見てるよ、とか、ずっと愛を送るよ、とかそんなようなことだったりするのです(私が感じることですが)。細かくごちゃごちゃ言ってくる人(魂)にはまずお目にかからないし、そういう場合はきっと人間界にまだ近い場所にいるんだろうな、と思います。上に行けば行くほど、メッセージってシンプルになっていく感じなので。まずは、複雑なことを経験しないと、幸せになれないとか、いいことはやってこない、って発想を捨て去ることが大事なのではないかな、と思います。深く悩んで苦しんで、それについて100冊本を書けるような人だけが素晴らしいのではなく、たった一言で表現したり、シンプルな答えだけ持っているのは、決してその人が浅はかなわけではありません。難しく考えられるほうが偉い、ではなく、シンプルにしか言えなくても十分理解しているし、実は・・・そっちのほうが、宇宙に繋がる近道だったりします。今、ミニマリストが流行してるのも、人々の精神性との関連は大きいと感じます。何事もシンプルにできるし、物質も、所有も、自分の思考も・・・シンプルにできるのです。そしてそのほうが、答えにたどり着きやすかったりする。物がごちゃごちゃに詰まってる家の中での探し物には苦労するものですが(めちゃくちゃ整頓されまくってる家もあるでしょうが)、物が少ない家の中では迷いがないのと似てるかもしれません。私はご相談を受けるときこれは何月がいいとかいつどうすべきとか具体的な時期や職種とかを聞かれることもあるのですが、でも・・・そういえば宇宙の答えっていっつもシンプルです。自分のハートに従いなさい。苦しいなら今すぐその仕事を辞めていいし、それに時期の良しあしなんて関係ない。自分に自信を持てるようになるなら、仕事なんてどれを選んでも問題ない。答えはいつも自分のハートが知っている。そして・・・答えっていつも、シンプルだったりします。シンプルになりすぎることを恐れないで。複雑さを愛するなら、そういう世界で生きるのもいいでしょう。・・・ただ、すーーっごく苦労したり悩んだり汗水たらしたり血を流したり・・・そういう苦節、があってこそのちょっとましな未来、ってパターン、思考にはまってる人が多いですから・・・そっち側の世界はいいや、と思うなら、その世界とは別れを告げましょう。私もかつては、複雑さが偉い、素晴らしい、単純さはややもすると愚か、みたいにとらえていました。ごちゃごちゃ複雑に言えるほうがかっこいいし頭いいとか。あーでもないこーでもない、と悩んでるほうが、変な話人間として深い、みたいに勘違いしてたんですよね。人間として上だ、みたいに。でも・・・ずーーーっと延々と悩んでいようが、そこからパッと抜け出そうが、その人の価値って変わらないし、ましてや人間としてそれで上下をつけるなんておかしな話で。私がうんうん悩んでいても、単純な夫がぽんと言う一言が、ものすごい衝撃だったり、見事なくらい本質をついてることって・・・やっぱりあるのです。悩んでないからズバリな一言を言えないわけではないのです。悩んでなくても、誰かに救いの一言を言うこともできるし、単純なことでも・・・そのシンプルさと素直さに人が救われることはたくさんある。赤ちゃんが笑ってくれただけで、元気になれたりとか。たくさん考えないと答えが出ないとか、解決しない、ってのもまやかしで。実は、「考えない」ほうが、答えにたどり着けたりするんです。思考しないで、感覚に添っていると、いつしか悩んでたことが消えていったり。考えずに、四の五の言わずに行動を起こしてみる。・・・そしたら、ずっと悩んでたのがアホみたいやった、なんてこともあります。じーーーっと考え続けるよりも、何か、自分のハートにぴんとくるものに従って、動いてみたら・・・嬉しい流れになったりするのです。もっともっと、シンプルで大丈夫だし、わざと人生を複雑怪奇にしないで(したいなら話は別ですが)、あっさりなんでも解決しちゃう、ってこと・・・そういうことも実はたくさん用意されてるんだよ、ってことをたくさんの人が信じていければいいな、と思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 04Oct
    • 髙橋大輔のアイスダンス・・・!!

      10月6日(日)はもく遊りんさんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をいたします。ご予約の方優先です。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。遠隔リーディング(メール鑑定)は随時受付しております。ご相談1件につき3000円です。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。8月、イギリスから帰るときに窓から見えた景色。太陽の明るさと雲、空の感じが・・・なんともいえません。空って、ずっと眺めていられます。こういう景色を見てると、もうほんとに・・・いい意味で、「無心」になれますね。余計なことを考えなくなる。窓側って空の景色を見られるのが好きなんですが、エコノミーだとトイレなどで横の人に「すいません」しつつ前を横切って・・・ってのが苦痛ですよね。でもプレミアムエコノミーだとバルクヘッド席を選択できて、前はスカスカだったので↓隣の人が足をぐーーんと伸ばして寝ててもひょいと問題ナッシングで前を通れて、ほんとに楽ちんでした。なので安心して窓側席を選択!もしエコノミーの場合は、非常口座席を指定すれば前はスペースが広いです。でも子供は座れないので、子連れで家族一緒に・・・ってのはできないのが難点。次も・・・やっぱりマイルを使って、プレミアムエコノミーがいいなあと思っています。一度プレミアムエコノミーとかビジネス、そしてファースト乗っちゃうと・・・もう、エコノミーには戻れないかもしれませんでもお金なかったりマイル足りなかったら選ぶしかないですが・・・飛行機は座席がどこかによって快適度、疲労度がめちゃんこ違ってきますから、同じ料金の席なら、よりよい座席指定が重要です今は修行も終わり解脱したのでJGC会員となれ、その恩恵で座席指定もしやすくなって、ほんとに助かってます。時間とお金はかかりますが、やっぱりJGCなどの資格ゲットは・・・一部の人にとってはプラスが多いと感じますさて、大ちゃんこと髙橋大輔選手が・・・まさか、まさか、まさか、まさか~~~~~~、のアイスダンス転向しかも・・・村元哉中ちゃんと組むぅ~~~~!!????ちょっとそれは・・・青天の霹靂とはまさにこのことだな、というニュースでした。かなちゃんがクリスとペア解消して、その後ずっと新たなパートナー決定のニュースがなかったので、一体どうなるんだろ・・・という思いはありました。このままフェイドアウトってことはしないはずとは思いつつも、まあなかなか合う相手、かなちゃんがゴーサインを出す相手がいないんだろうなと。それがまさかの…大ちゃんゲット!??(上品ではない言い方をお許しください)そりゃあ・・・かなちゃん、天にも昇るほどうれしいだろうな~~~、ってのは思いましたかなちゃんからは上昇志向がかなり強いオーラを感じるのですが(アスリートとしては必要ですよね)とにかく上へ、上へ!!という思いが強いと思います。それが・・・ここへきてパートナーが高橋大輔!??も~~~、これ以上の相手はいないでしょう。宝くじ当たったのと同じようなすごいプレゼントって感じではないでしょうか。正直、大ちゃんファンはかなちゃんとアイスダンスってのは微妙な気持ちもあると思うのです。手放しで喜べは・・・するんだろうか?やっぱり大ちゃんはシングルが似合うし、女性の華やかさを支える男性パートナー、相手のサポート役に徹するというよりは自分自身がぶわーーっとエネルギー出して輝くのが似合ってる。かなちゃん・・・いろんな方面からのエネルギーアタックとか、大丈夫だろうか?と一瞬心配してしまいました女性からはいろんなアタックが来てもおかしくない・・・まあでもかなちゃんはそういうのも含めてやっていけるはず。そして、かなちゃんと大ちゃんとの相性は・・・スケート的には疑問符がないわけではないのですが、性格的相性はおそらくすごくいいはず。大ちゃんから伝わってくるのは、一人ではいられない性格、とでもいいましょうか・・・誰か、そばで叱咤激励してくれたり、ついててくれる人が必要な人なんだろうなーと。なんとなく感じるだけですが。だから、かなちゃんに頼ったり教えてもらえる毎日って、すごく大ちゃんにとってはやりやすいはずなんです。ちなみに・・・頼る相手は、女性が好きなはずです!男性よりも、女性を求めてる感じがするんですよね・・・引っ張ってってくれる女性が必要な感じ。大ちゃんは、教えるよりも教わるほうが好き。一生誰かに教わっていたいかも。子どもみたいなエネルギーがあるんです。ちょっと気になって、あんまり有名人のリーディングってしないんですが、相手に確認をとって・・・少しだけ、教えてもらいました。大ちゃんのエネルギー体に呼びかけたらですね・・・大ちゃん、めっちゃ元気!!すごく張り切ってる!!呼びかけにも即反応して即こっちに来る、って感じです!!!いや~、ここまで元気で相手の呼びかけに即反応してくれるって・・・相当自分自身が調子いい状態なんだろうなと。調子がいい、というのは、精神的バランス、充実度、毎日の楽しみ度といいますか・・・周囲の人間や環境、未来など、そして自分自身に対して不安とか恐れ、不信があると、こうはいきません。呼びかけても反応がない。←そもそも知らない相手からの呼びかけですからね・・・知らない相手にもこうして反応してくれるって、よっぽど、自分がいい状態ってことです。たとえていうと、両親からの愛情たっぷりに、友達にも先生にも恵まれて世の中に対して不信とかがなく、自分にも相手にも愛がある状態だと・・・道端で誰かから話しかけられても、何か頼まれたりしても、「えっ、どうしたんですか?」と屈託なく反応するでしょうが、昔から虐待受けたり自分のことも周囲の人間のことも、世の中のことも全然信用できない、この世はクソだ・・・みたいに育った人って、道端で知らない人から話しかけられたら、「はあ?」とにらみつけたりすると思うんです。そんなのと似てるかも。大ちゃんは、今自分のことも、自分を取り巻く世界のことも、とってもポジティブに見てるんだろうな~と感じましたそしてですね・・・大ちゃんから伝わってきたのは、なんだか、「子どもに返った」みたいな感じ。子どもの持つ純粋さ、毎日を楽しむ力、あれ面白い、これも面白い、と思える力、そしてそれを素直に追い求める力。昔の大ちゃんのほうが・・・もっと変な意味で大人っぽいというか、ちょっと世間を斜に構えて見てる雰囲気も感じられ。大人的、というのは、自分自身のことよりも、相手とか周りとかのことを優先してる、って感じです。今の大ちゃんは、周りがどうとか、環境がどうとか、そんなことは関係なし!(いい意味で)もう、自分の素直な気持ちに従う!自分の感じる楽しさを追い求める!そうして生きていこう!という子どもがよく持っているポジティブさに溢れてる感じです。できるできない、とかも考えないし、周囲の期待がどうのこうの、とかも考えない(多少は考えるかもしれないですが)。今は・・・自分にフォーカスして、自分に素直になって、生きる。そんな大ちゃんのエネルギーが、とってもまぶしいな~、と思ったのです・・・だから、今の大ちゃんはまあ正直昔より容貌は年をとった感はありますが、でも、エネルギーがですね、ほんとにフレッシュで子どもみたい昔の映像とか見たほうが、もっといろんなもの背負った大人・・・みたいにちょいと重く見えます。見た目は若くても。そっかー、大ちゃん・・・今、幸せなんだねえ。楽しいんだねえ。そんなふうに、なんだかうれしい気持ちになって大ちゃんのエネルギーに感謝と別れを告げました。大ちゃんがアイスダンスをするのは、誰かのためとかそういうことではなく、自分の中の楽しさを追求するため。そして・・・みんなみんな、もっともっと自由に、責任とかいろんなものを脱ぎ捨てて、自分の好きなことを追い求めていいよ!というメッセージ性もあるんだろうなと。現実を冷静に見る人は、このまま大ちゃんがシングルでやり続けようとしても、男子は4回転複数必須の時代だし、正直大ちゃんの4回転がこれから劇的によくなるとは・・・難しい。だから国際大会で上位入賞は困難だし、国際大会で上位入賞できない状態でシングルの強化選手で居続けるというのも・・・なんとももどかしさがあります。まあそもそも、大ちゃんの膝、足はとっくに限界に来てるはずですしね!4回転ジャンプはもう厳しいでしょう。だからアイスダンスならば選手寿命は長く・・・という考えがありますが、そういう守りに入った考えというよりは、純粋に、アイスダンスの世界って面白い!楽しい!こんなの知らなかった!!というワクワクがまずあっての、転向決定だったはずです。後ろ向きの選択ではなく、めちゃくちゃ前向きな選択だったはず。正直、スポーツナビで大ちゃんがアイスダンスの注目選手のトップに写真で出てるのは・・・ほんとに今でも違和感しかないですが(;^ω^)でも・・・これから大ちゃんの、楽しさ面白さを追い求めるエネルギーが世界に広がっていく(そしておそらく今後何年も)のは、世の中にとっても嬉しいことなんじゃないかな、と思います。違う分野のことって、難しいからこそ、知らないからこそ面白いんですよね。シングルとアイスダンスはブレードからして違いますが、違うからこそ・・・できないからこその面白さ、楽しさがあるんだろうと思います。私の話をこんなところで同列で書くのはおこがましいですが、私はずっとジャズダンスをやってきて、そして初めてコンテンポラリーダンス、クラシックバレエのレッスンに行ったとき・・・すごく衝撃だったし、もう、自分が何もできなかったけど、でも、す~~~~~っごく、楽しかったんです。あまりにもできない自分。でも、楽しい!!!!そこで結果を出さなきゃいけないプレッシャーがないからなんでしょうが(10代とかなら競争意識とかでしんどくなってたでしょうが)ジャズダンスとコンテンポラリーダンス、クラシックバレエってほんとに違う世界で、でも踊りって分野では共通するものもやっぱりあって・・・だからこそやりたいし、面白いし、やってみたくなる。・・・結局、踊るのが好きなのかも。向ていないよとか、やってもそこまでトップにはいけないよとか、若手には負けるよとか、まあいろんなネガティブな声があっても・・・そんなのどうでもいいんですよね。確かにできないことがてんこ盛り。人様に見せられるレベルでは到底ない。・・・でも、楽しいんです!!自分が!!!人って・・・誰かが外野が何を言おうとも、自分の「好き」「面白い」「やってみたい」を追い求めていいんですよね。みんなみんな、それをやっていい。宇宙はそれを許してる。大ちゃん、体のきつさはあるだろうし、アイスダンスとなるとリフトも大変でしょうが・・・でも、どこまでも大ちゃんの「これやってみたい!」を追い求めて、多くの人にポジティブな光を届けてくれるはず、と思います。みんなもっともっと、「自由」でいていいんだよね。そんなようなメッセージが・・・あるのかもしれません。それでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 03Oct
    • ヒースロー空港カンタスラウンジと、とあるミュージシャンの霊視?

      ヒースロー空港では、思いのほか・・・出国手続きに時間がかかってしまいました。チェックイン時の行列はいいんです。JGC会員だと、優先レーンでチェックインできるので(国際線ならファーストクラスの列でチェックインできる)。しかしながら・・・そのあとの保安検査、やっぱりヒースローはいつも混んでます!!ファストトラック(優先レーン)はあるのですが、これは・・・サファイア風情では利用できず、ワンワールドならエメラルド以上、あるいはビジネスクラスかファーストクラス利用のお客じゃないと利用できません私は往きはファーストクラスでしたが、帰りはプレミアムエコノミーだったので、もちろん利用できず・・・実はヒースローの保安検査、上級会員じゃなくても、ファーストやビジネスクラス利用じゃなくても・・・お金さえ払えば!ファストトラックを利用できる(ヒースローの出国時の保安検査です。入国時ではありません)、ということを知りました。有料といっても2000円程度。別にいっか、と思っていたのですが・・・やっぱり、ファストトラック、使いたかったかも・・・この保安検査が・・・ぜ~~んぜん進まないんですよ。ほんといつもじりじりします。そしてもしかして・・・と思いつつ頭の髪留め(金属製)をつけたままゲートをくぐったら反応してしまい、そこから脇へ呼ばれて再検査にまた時間が・・・そしてノートパソコンはかばんから出さなきゃいけないのですが、ぎゅうぎゅうのスーツケースからまた出すのがめんどくて「ノートパソコンとか入ってないよね?」って何度も念押しされたものの「あ~入ってないです~」と適当に答えてたら、即!!ばれまして・・・「ラップトップは出して、って俺言ったよね!?」と睨まれながらスーツケースの中身全部出して再検査、さらに他の荷物も全部チェックされる始末!!!ここでもひじょ~~に時間がかかりまして、ほんとはラウンジホッピングしたかったのに、もう搭乗時刻ギリギリ!!どうする!??ってな状態に・・・教訓。ラップトップやiPad類は正直に出す。そのことを胸に刻みつつ・・・やっぱり一つだけでもラウンジ行きたい!!と思い、前回も行ったカンタス航空のラウンジへ相変わらず受付のおねいさんたちはフレンドリーしかし私に与えられた時間は5分。その5分で・・・食べ物チェック。何か食べれそうなものはあるか・・・前回は夜でしたが今回は朝なので少しラインナップの雰囲気が違います。なんかヨーグルト風のものが多い・・・パン類は・・・甘そうな感じ。メニューですが、じっくり読んでいる暇もねえ!!わけわからずかっさらってみたの図。バナナブレッド(甘すぎて失敗・・・)、チアシードか何か入ってる?感じのババロアのような何か、そしてオレンジジュース。これらを味見し、そして搭乗口へダッシュ!!!メニュー選びに失敗した残念さはあるけど、ひとまず優先搭乗に間に合うように行かねば!!と、ほんとはターミナル3だとアメリカン航空のラウンジにはまだ行ったことがないのでそこにす~~っごく行きたかったのですが、そこはスルー( ;∀;)でも次回・・・次回こそは!!絶対行ってやる~~!!!私には次回がある!!!そんなこんなで搭乗口へと急ぎ・・・ヒースローって広いので、搭乗口まで行くのに20分余裕もってみてね、って言われてるくらいなんです。10分とかだとちょっとどうかな・・・15分はみておいたほうが安全だと思います。とにかく・・・遠い。でも必死の早歩きで急いだら余裕で間に合いましてですね・・・これなら、アメリカン航空のラウンジに行く5分、あったんじゃ!?なんてことも思いましたが・・・まあそこは気持ちを落ち着けて、優先搭乗を待ちました。どうして優先搭乗したいか?それは特権を使いたいってことだけではなく、今回のように機内に持ち込むスーツケースや大きめの荷物がある場合、上のハッチに荷物を入れようとしても、他の人が先にでかい荷物を入れちゃってることがあったりするんです。そしたら自分は席よりもちと遠いハッチに荷物を収納するしかなくなってですね・・・そしたらば、降りるとき、通路にめっちゃ人が溢れてる状態で、その離れたハッチに行って荷物降ろすなんて、まあはっきり言って至難の業なんです基本動けないので。なので荷物は自分の座席の真上に収納したい!その思いで優先搭乗を逃したくないわけです。荷物が座席下のところに全部おさまる、って場合はそこまで優先搭乗にこだわらなくてもいいかも。あと私は単に混み合ってる行列で移動するより、すいてる行列で移動したい、ってのもありますそれに使える特権は使いたいですしね次回こそ・・・アメリカン航空のラウンジ行って、ターミナル3のワンワールドのラウンジ、全制覇するど~!!と心に誓った旅でありました・・・さて、スピリチュアルカウンセリングでは、時折、有名人の方をリーディングしてほしいと依頼を受けることがあります。自分が勝手に有名人、芸能人をあれこれリーディングするのは控えるものの、ご依頼があったとき・・・できる範囲でやらせていただいています。事細かなことがわかるわけではありませんが、大まかな「何か」が伝わってくることがあります。先日は、とある世界的に超有名な伝説的ミュージシャンのことをリーディングしてほしい、と頼まれまして・・・彼は若くして亡くなったのですが、彼の魂をそっと見つめてみたとき・・・彼が生前、求めていたものが伝わってきました。彼は、「おとうさん」になりたかった人。音楽の世界では大成功して、自分のやりたいことにこだわってやってきたのだろうけど・・・でも彼はいつも、ずっと、あったかい「おとうさん」になりたい人だった。それが伝わってきたのです。私は彼のプライベートなどはそんなに知らなかったのですが、お客様は彼の大ファンで、彼の魂を見て感じたことをお伝えすると、納得されたような表情を浮かべました。確かに彼は、そうだったかもしれない・・・と。彼自身は離婚を経験し、一人娘は設けましたが、家族3人で仲良く・・・という家庭生活を十分に送れたわけではなく。ほんとは、おとうさんがいる、あったかい家、を感じていたい人だったんだろうなあと思うのです。なのできっと、その後恋人という存在ができていても、心からの幸せや安定は得られなかったかもしれません。そこに子どもの姿はなかったから・・・音楽でもどの世界でも、その世界で大成功した人の中で、どこかさみし気な雰囲気を醸し出している人が多かったりするのは・・・仕事以外の私生活、家族のことが関係しているのかもしれません。最高に華やかな雰囲気を出せる人は、とても大きな寂しさと孤独も感じているのかもしれません。・・・なんだか、マイケル・ジャクソンのことも思い出してしまいました。きっと彼は次の人生では、あったかい家のあったかいおとうさん、を実行しようとするのではないかな?と思います。それでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 02Oct
    • 増税と、日常のスピリチュアル。

      毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円、延長可)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)の受付をしています。毎月一回どこかの土日ではもく遊りんさんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。10月は10月6日(日)のみの受付となります。メール鑑定(1件につき3000円)は随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。バシャールのペーパーバックの①巻ですが、私はもう何度も読んで不要になったので、欲しい方がいらしたら格安でお譲りします。レピさんやイオンとなみ、もく遊りんさんなどでお渡ししますので、ご希望の方はお知らせください。さて、世の中は増税のことで騒がしい感じですね。増税前の駆け込みでいろいろ買い込むとか・・・正直、我が家には全くもって関係ないです増税するから、今のうちに買っておく、って発想が・・・ないんです。だって10月1日から高くなるよ?という声がありそうですが・・・なんで今のうちにいろいろ買う必要があるのか。消費税10%になったら高くなる?・・・でも、その数%が数千万円、の差だったら気になるけど・・・数十円とか数百円、せいぜい数千円の差だったら・・・そこまで大騒ぎすることなんだろうか?と単純に思ってしまいます。高くなってこれからは買いづらくなる??・・・でも本当に必要なものは高くても高くなくても買い続けるだろうし、高すぎて買えなくなるならそれで諦めるか、それは個々の選択だと思います。もし増税でめちゃんこ高くなるけど自分がどうしても欲しいもの、ずっと買い続けなければならないものがあるとして・・・じゃあ例えばお酒の買う量を減らす、それによって体が助かるとか、ポジティブなほうにとらえる人っていないのかな?と。これを機に前々から気になってた外食の回数減らそうとか、酒量を減らそうとか。それから、ほんっと~~に個人的な疑問なんですが、その増税のいくらか分が原因で、破綻する家ってどれくらいあるのかな?ということ。なんで増税で焦るのか?それは、増税後に困るイメージがあるからだと思います。増税しても何も変わらない、ってことがわかってれば、あたふたはしてないはず。増税してその数%によって、我が家が地獄の道真っ逆さまになるから・・・だから今のうちに買っておかないと!!というのならわかります(?)が、増税してもしなくてもほとんどのおうちはそれまでと変わらない生活を続けるだろうと思います。私は、この増税によって自分が、我が家が転落していく(?)イメージが全く!!浮かばないので、世間が増税で盛り上がってても・・・「ふ~ん」くらいにしか思わないというか、何も・・・感じないのです。増税?そうなんだ。ふーん。で、終わり。それによって自分が将来困窮するとか、その数百円にあくせくする自分が生まれるとか、全く想像できないので、なので・・・気にしないのです。そもそも、増税だから、駆け込んで今のうちに何か買っておく・・・ってのも、個人的には乗り切れないというか。私の「買う」は、安いから、セールだから買う、ではなくて、欲しいから買う、必要だから買う、です。安いからその店に行く、ではないです。自分の行きたいタイミングで、行きたい時間に行きます。安さで何かを変更したりはしないです。よく行く自然食品店にしても、セールの時はむしろ「行きたくないな・・・」って思います。混んでるのが好きじゃないので苦笑割引のはがきとかもらっても、これ持参すると無料で何何プレゼント、って言われても、それによって「じゃあ行こう」にはならず、実際そういうはがきとかを無駄にした回数は数え切れません笑昨日までなら何割引きだったのに、ってわかっても・・・でも、昨日は忙しかったし来れなかったから別にいいんです。数百円程度の差なら、自分が楽なほうを選びます。数千円の違いなら・・・?う~ん、それでもやっぱり別にいいかなと。ただ買い物で数千円の違いは食料品系だとまあつかないですよね。一袋5000円のくず粉大袋が一割引きなら500円安くておおっ!とは思いますが、でも・・・その500円のために自分の予定やリズムを変えるより、500円使って未来的に買う予定だった嗜好品や飲み物を減らせばチャラじゃん、って思うほうです。ましてや数十円の違いであっこっちのお店が安い!!こっちのほうが!!・・・みたいな動き方は、私にはなじめませんその数百円、数千円で自分が今後どうにかなる、って悪いイメージが全く浮かばないんです。だから、別にいいんです。自分がそのお店に行きたいタイミングのときに、たまたまその割引ハガキがあったら、セールをしてたらラッキー、ってだけです。安いから!で動かされる自分は何か違うなあって感じるんですね。それよりも、いつも「自分」が決めていたい。安さで踊らされるのではなく。・・・そうはいっても、かつてはセールの時期は抱えきれないくらい紙袋をぶら下げてた時代もありましたけど・・・単純に今は、安い「から」買う、ってルールがなくなったのです。自分の中で。そして、将来的な不安がないので、増税しようがしまいが・・・自分の生活は全く変わらない。スタンスも変わらない。我が家はそういうわけで、増税前に焦って買ったものは・・・ゼロ個、ですなーーんも、買ってません。いつも通りの日々です。夫は「増税前に買っといたら」ってセリフを何回かそういえば言ってましたし、実際9月末日にお酒とか買ってきてましたけど・・・買いだめしたところで、むしろ消費が増えてもったいないと思うんですよね。ストック品があると、ついつい、まあこれだけあるし使ってもいっか、消費してもいっか、って気持ちになりがち。でも、いつもストック品がなくてギリギリだと、丁寧に使おう、食べよう飲もうって気になります。結果的にそっちのほうが、無駄な消費を抑えられる。そもそもたくさん買っておく、ストック品を持つ、ってことが最近はミニマリスト的に好きではなくなってきているので、何かを買い込む、ってことがなくなりました。ゴミ袋ひとつとっても、なくなってからしか買いにいかないです。多めに買うってのはしないです。そして・・・こんなふうに増税を全く気にしないで生活していても、その中で大事かもなあと思うのが、周囲の人たちだと思います。私は自分にとって不要な人間関係をすっきりさせたため、いわゆるママ友とのつきあいも年間ゼロ日です。お付き合いでどこかにお茶、ランチ、ってのもゼロ日です。そのためか、周りに増税のことを口にする人がいないのです。せいぜいが夫が2,3回、今のうちに〇〇買っておいたら、って言ったくらい。周りに誰も増税のことを話題にする人がいないし、自分でも気にしてない。・・・否が応でも、その世界からは離れられます一度、習い事で先生やほかの方々がが増税を話題にしたことがありましたが・・・私はそれによって踊らされない、と決めているしその世界にはいない、と決めているので、増税の話題になったら耳も頭もシャットアウトして聞かない、参加しないですなので・・・私の周りの世界は、驚くほど、静かです。快適です!そもそも、増税の話題って、増税だから今後は大変とか、いろいろ困るかもとか、ネガティブな思考ばっかりです。増税だから、これこれがよくなるよね!いいよね!・・・というポジティブな流れが・・・ないので、そんな世界には自分はいたくないなあと思いますし、そっちには乗っからない、と決めています。自分が経営者で何億円と動かしていたりするなら数%の違いでいろんなものが左右されそうですが・・・私はそういう人間ではないので、やっぱり、この増税は違う世界の出来事、なのです・・・日常生活の中でいろんなことがあるかもしれませんが、不要なものを減らしていくと(人間関係も)、フラフラする自分、てのが少なくなりますし、周囲と自分との違いに悩むことも少なくなります。増税を気にする人たちは、そういう世界で生きることを決めた人たちだし、それに乗っからない世界だってちゃあんと存在してるわけです。ネガティブな話題(やれ増税だどうしようとか、インフルエンザが流行ってどうしようとか)が存在しない、そうしたものから切り離された世界もあります。・・・むちゃくちゃ、楽ちんです!!!私にとって大事なのは、増税するしないではなくて、自分にとって必要な最小限で生きる、ということ。食べるものも、身に着けるものも。増税で大騒ぎするなら、どうせならミニマリスト的思考がもっともっと盛り上がればいいなと思います不要なものを身に着けない生活。お酒を飲まなければ、お酒の増税であくせくすることもないです。小麦粉を摂らなければ、小麦の値上がりで焦ることもない。そういえば以前乳製品とか野菜の値上がりで世間が騒いでたことがあったような・・・?でも、私はスーパーでは野菜を買わないので、全く影響がなかったです。乳製品も小麦粉もお肉も買わないので気にすることもなかったです。増税しても、私たちが一気に路頭に迷うことなんてありえないし、そのせいで私たちが幸せに生きることが無理になることも・・・そんなの、ありえないです増税しようがしまいが、私たちは幸せに楽しく生きて暮らせるし、それは可能です。増税自体には何の力もないですからね・・・それに私たちの人生は何の影響力も持ってないわけです。影響力を持つかどうかは、その人が決める。それに増税とか気にしないぐらい収入アップするおうちもあるでしょうしね臨時収入あったりとか。ネガティブな未来ではなく、ポジティブさって忘れずにいたいものですそれでは皆様、 今日も明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 01Oct
    • ホワイトスプリングと、お金のブロック。

      毎週火曜日はベジ弁当の余剰分を格安で販売しています。ご自宅にお届けします。毎週水曜日はイオンモールとなみ2Fにて待機しています。ご予約の方優先です。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)の受付をしています。ティータイムもカウンセリングも一対一のプライベート状態です。10月6日(日)はもく遊りんさんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。11月2日(土)、3日(日)は福井県武生にて「ほっこりフェスタ」に出店いたします。電話セッション、メール鑑定は随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。グラストンベリーには、「ホワイトスプリング」と呼ばれる泉があります。ここは、残念ながら内部の写真撮影は不可。グラストンベリーには有名な泉が二つあって、ひとつはチャリス・ウェル内のレッドスプリング。鉄分を多く含む水の泉で、キリストの血を表しているのだとか・・・近くにもうひとつ、このホワイト・スプリングがあり、こちらはマリア様のエネルギーだそうで・・・陰陽両方が揃っているってことです。ホワイトスプリングの中ですが、薄暗くてろうそくの光しかなく、足元は泉の溢れた水でびしゃびしゃだったり・・・濡れてもいい靴、滑りにくくない靴で行きましょう!このホワイトスプリングで有名なのは・・・ここは、沐浴ができる!ということではないでしょうか。水着着用での沐浴はダメらしいです。基本全裸。私が訪問したときも・・・ヒッピーふうの大柄な男性が、いきなりすっぽんぽんのぽーーーん!!になって、泉にぼちゃんと入っておりました・・・そう、泉はバスタブのようというか、人が入れるくらいの広いスペースで涌いているのです。真ん中、左右両方とスペースがあるのですが、おそらく沐浴用は左側のスペースです。なんだか・・・それを見てですね・・・私も、入りたい!って気持ちになりました。・・・入れませんでしたが・・・私は以前白山ホワイトロードの親谷の湯で、ここは男女混浴の露天風呂なんですが、そこで着替えスペース丸見えにもかかわらず露天に入るという行為を達成したことがありまして・・・(そのときの記事はこちら)普通よりも人前で裸になるのは経験値あり!?まあダンスやバレエをやってるともしかして裸には抵抗が薄いかも・・・??レッスンは裸に薄布一枚てな感じだし体のラインとかもろみえだし、舞台だとみんなすっぽんぽんに近い感じでそこかしこで着替えてたり。今回は泉の水をちょっと触る、ってことしかしなかったのですが(飲用用の蛇口が外にあることに後で気づいた・・・)、やっぱり、写真を禁止してると、ここの独特のエネルギーがしっかり守られるふうになっているのを感じました。写真撮影を禁じる、って、すごく大事なことのような気がする・・・泉そのものよりも濃ゆく焚かれたお香や続々集まってくる不思議な人々たちにけっこう気を取られまして・・・肝心のホワイトスプリングのエネルギーをじっくり味わう、ってわけにはいきませんでしたとにかくこういうパワースポットって独特なエネルギーの人、スピリチュアル系の人も多く集まってきます。スピ系の人って、こう・・・独特な、もわわわわ~~~ん、としたエネルギーをまとっていることもあり・・・これはもうそれぞれの好みというか相性になりますが、ホワイトスプリングはいわゆるスピリチュアルスポットの一つとして有名なので、グラストンベリーに行く機会がある方は、ぜひぜひ行ってみてくださいチャリスウェルからすぐそこですし!私は特別な何かを感じたというよりは・・・誰もいないところでここにいたかったな、という感じでした。他のいろんな人たちがいると、なんだかソワソワしてしまいましたもし次行く機会があれば・・・沐浴にチャレンジもしたいな!と思っていますさて、お金に関するブロックについて、かなり強力なものの一つが・・・「お金は、苦労しないと稼げない」というものではないでしょうか。最近読んだ本の中で、お金に関するブロックについて書いてあったのですが、そもそも・・・じゃあ、 「苦労したらお金は稼げるのか?」を、疑問に思わないといけない!そうですよね、苦労してる人はたくさんいるけど・・・ほとんどみんな、お金は稼げてない!!つまり、苦労する=お金を稼ぐ、って法則は成立してないわけです。明らかに。苦労しないとお金は稼げないよ、というのは、親とか学校とかからの刷り込みが大きいですよね。でも・・・それってただの「刷り込み」「洗脳」であって、真実ではないわけです。少なくとも宇宙は全く、そんなこと伝えてない!!!私が感じる宇宙からのメッセージは、お金も「エネルギー」だということ。いろんなふうに流れたり動いたりします。そしてそれは私たちの意識にとっても影響を受けて流れ動いています。お金自体は悪でもなんでもないし、それを利用して悪いことしてる?人もいたとしても、それでもお金の存在自体が100%の悪、ネガティブ、ではない。そもそもが・・・お金を利用して例えば相手をだます、とかしようとする人がいるとして、だまされる人が誰もいなければ、だましたい人も誰も騙せないわけです。お金のせいで犯罪が生まれるのではない。それを利用する人、される人がいるから悲しい出来事が生まれる。そして「苦労しないとお金は稼げない」という洗脳ですが・・・それを教えてくれた親や学校の先生たち、大人たちを見てみると。じゃあそう言いくるめた親、は・・・実際お金持ちになってんのか??・・・たぶん、ほとんどの場合、なってないはず。・・・なってないのに、そんな人間からのアドバイス、信じる必要ねえ!!!って感じです苦労してお金をちょっこしだけ稼いだ人、からのアドバイスをきくより信じるより、どうせなら・・・苦労せずにお金を稼いでる人からの話、アドバイスを知りたい!って思います私はある時期、パートのお仕事をしていましたが、それは週3~4日拘束されて、毎月の稼ぎは2~3万くらい。(勤務日は丸一日の勤務ではなかったので)まあ・・・決して多くはなかったと思います(;^ω^)今は、ヒーラー一本(たまにお弁当の副業)でやっていますが、収入はパート時代よりも多くなりました。というより、うまくすれば、ヒーラーとして月に数日で、以前のパートの月収分を稼ぐことができるようになりました。単純に、同じ金額なら、週4日働くより、週1日の勤務のほうが・・・自由ですし楽ちんです。移動距離が大きくなったり、出ていくお金も大きくなるのですが、それは、活動範囲を広げていると自然なことで、出ていくお金が大きくてびびるから、活動の範囲は狭く・・・だと、あまり発展性がないような気がするのです。私は人様になにか言えるほどの成功体験とかは持ってないですが、それでも、以前より確実に働き方が楽になり、それでいて好きなことをしている生活になったのは確かです。そして・・・ゆったりしつつ収入も確保する、というのなら、それでうまくいってる人の話をきいたり、そういう人と一緒にいるべきだなあ、ということ。お金がないお金がない、といつも言ってるあるいはそういう雰囲気を醸し出してる人とは・・・一緒にいたくない。こうありたい、という自分と近い感じの人たちとお付き合いすればいいと思うのです。もしくはそういう人たちとのおつきあいを大事にする。エネルギーって・・・伝染します。お金にあくせくしてない人たちの世界は、そういう世界でまわってるし、お金がなくて必死、稼ぐのに必死、という人たちの集まりは・・・やっぱりそういうエネルギーに満ちて、そういうループがあります。まずは、付き合う人たちを選ぶ、ってことも・・・大事なんじゃないかなと思うのです。お金に困ってない人たちばかりを、自分の周りに配置するというか・・・逆に、お金に対してブロックありまくりの友人知人たちとは距離を置いたり。これは、私自身す~~~っごく、効果がありました。付き合う人たちを選ぶことで、自分の生活の中のお金まわりが変わるんです!!お金にあくせくしてない人たちと一緒にいると、自然と、そういうエネルギーが当たり前になってきます。そして、「苦労しないとお金は稼げないよ」なんて訳知り顔で言うひとたちとは・・・そ~っと距離をとっていけばいいのだと思います私は、苦労しないでお金を得ている人たちのことや例を見て、そっか、そんな世界も確かにあるよなあ、ってことを信じられるようになりました。まずは、そっちの世界を信じてみる!!だって、そっちの世界のほうが好きなので笑私自身はたくさん稼ぎたい、とは思えないせいか、収入がすごくあるってわけではないのですが・・・それでも、「苦労しなくても稼げるし、稼いでいい」という観念はかなり身についてきたような気がします。だって今は・・・お金をいただくのにたいして苦労はしていない。自分の好きなことをやって、その結果、お金をいただいているだけ。しんどいとか疲れるとかとは無縁なわけです。その世界を信じられるようになり、そして、稼いでなくても贅沢できる、ってのも信じてみて・・・それが実現できているような気がします。だって夫の手取り14万でも、ファーストクラス乗れちゃったのでまずは、「苦労しなくても稼げる」を信じてみる。いきなり信じるのが難しかったら、「そういうことも、あるかも・・・」と、徐々に慣らしていく。のがポイントなのかな?と思います。実際・・・みんなが仕事でストレス抱えてる世界なんて、ないほうがいいですもんみんなストレスなく、楽しく毎日笑顔でいられる世界がいいに決まってます!!だから、やっぱり「楽して稼げる」世界のほうがいいと思うのです。そっちのほうが絶対世界は平和になる!!まあ「稼げる」というか・・・お金が必要な世界ならそうして稼げばよくって、たいして必要じゃない世界もあるので、本来はそっちなのかもしれませんね。お金のことを考えなくていい世界。お金があってもなくても。お金のことを考えなくてもいい世界がよければ、そっちを信じてみる。自分の存在できる世界は、自分で選べます。私自身は、お金のことを考えなくても日々過ごしていける世界、をイメージするほうが好きです。余計な苦労とかあくせくはみんなにとって必要ない。お金に関してネガティブな観念がみんななくなったら・・・それこそ、お金自体この世から消滅するかもしれませんね。だってネガティブがなくなって、執着心もなくなったら・・・存在理由もおそらくなくなるので。どんな世界も多次元に存在してますから、一人一人が、自分がこうありたいという世界で自由に生きられれば・・・と思います。それでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 30Sep
    • リーディングするとき気を付けること。

      毎週火曜日はベジ弁当の余剰分を格安で先着1名様にお届けしています。ご自宅かご指定の場所にお届けします。毎週水曜日はイオンモールとなみ2Fにて待機しています。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円、延長可)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)の受付をしています。メール鑑定(1件3000円)、電話セッション(20分3000円、50分5000円)は随時受付しております。10月6日(日)はもく遊りんさんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。8月にロンドンに行ったとき・・・街中ではこんな光景も。テレビのニュースでしか意識できないBrexitですが、やはり現実として起こってることなんだなと・・・そんな喧騒を離れ、バスに乗って向かった先はショーディッチ。今まで行ったことがなく、初めて行きました。上の写真は、ショーディッチにあるとあるヴィンテージショップ。事前にリサーチし、ショーディッチではいくつかのヴィンテージショップを回りました。大きいところは倉庫みたいなお店もあり、小さなところはほんとにこじんまりとしたセレクトショップ風だったり。今回イギリスで買いたかったものは、ヴィンテージのドレス(!!)。日本ではもう服を買わなくなって、新品の服ももちろんずっと買わなくなったのですが・・・でも、イギリスで手に入るドレスは買いたくなったのです。日本じゃ手に入らないような(ネットでは買えるがかなり高い・・・)ドレスを見て、試着して、買ってみたい!!今回はずっと着物で通したので、もちろんこうしたショップでも試着は着物→試着→また着物装着、を全部の店で繰り返しましたそして・・・す~~~っごく素敵な、着てみてもほんとに素敵なドレスを見つけたのですが・・・残念無念、チャックが上がらない・・・かつての体形に戻ってればなあ・・・もともとこのイギリス旅行までに相当痩せてるつもりだったのにな・・・涙涙体重はちなみに7㎏痩せましたが、まだまだダンスをやってて一番ストレスにさらされてて一番痩せてたときには程遠いですそんなこんなで、一番欲しかったドレスは買えなかったのですが・・・(そもそもどこに着ていくつもりか?という質問疑問は考えない)でも、写真にあったお店では2番目に気に入ってたドレスを買うことができましたこっちは体が入りましたやはり人間って人からシビアに見られて叱責され、ストレスに晒されてるほうが痩せやすいのかも・・・今はほんっっっと~~~にゆるやかにしか体重が減りません涙まあ、今は何からもどこからも追い込まれてない、ってのが大きいですね・・・でもやっぱり以前の体重&体形に少しでも近づけたいので、まだトレーニングは頑張って続けようと思いますさて、リーディングをするときに重要なことは何か?についてですが・・・大事なのは、「自分には無理なんじゃないか」 「自分にはできないかも・・・」 「自分には力が足りない」という思考にとらわれないこと、だと思います。正直、そういうことってしょっちゅう!頭の中に生まれては消え生まれては消えしています。私にはそこまでリーディング能力ってないし・・・その考えって、ず~~~~っと私の中にはつきまとっています。消しても消してもぽわんぽわん生まれてきます。ただ、そういう考え自体は生まれても別に問題ない、と思っています。この世にはいろんなネガティブもあるし、自分自身の中にもそれはもちろんある。それが人間。なので・・・いろんな否定的なことを(自分に対しても人に対しても)思っちゃうのは、全然オッケー。分かれ道は、そう思った自分を責めるか責めないか、あるいは、その思いに捕らわれ続けるかそこから去るか、だと思うのです。私は・・・いわゆるスピリチュアルな力、サイキックな力ってたいしてないと自分では思ってます。そうではないという見解もありますが、自分では・・・う~ん、もっとすごい人たちっていっぱいいるしな・・・まあ自分は中の中とか中の下、あたり??でも、それはそれで問題ない、とも思っています。仕事で例えると、全員が東大レベルの受験生を教える先生じゃなくてよくって、高校の先生も必要だし中学校の先生も、小学校の先生も必要。幼稚園の先生も必要。塾の先生も学童の先生も必要。そして、英語の先生も国語の先生も、物理の先生も数学の先生もいろいろ必要だし、超進学校の先生も、中堅どころも、いわゆる偏差値は低めの学校の先生だって必要なわけです。比較するというよりは、いろんなタイプの先生が必要、いろんなレベルに対応できる先生たちが必要。そして、東大受験生を相手にしてる先生だけが人生充実してるわけでもないし、全員人気があるわけでもない。東大受験者に特化した先生ばっかりでも、この世は困ります。簡単なことを優しくかみ砕いてくれる先生も必要、足し算引き算を教えてくれるのがものすごく上手な先生も必要だし、最先端の技術を教えてくれる先生も必要。いろんな先生が必要だし、いろんなところで、役に立っている。私のサイキック能力は、全然大したことないかもしれない。もしくはまあまあいけるほう?なのかかもしれない。それはわかりません。わかんなくてもいいのです。大事なのは、実力とか能力、才能に関係なく、自分はその世界で生きていきたいからそれを実行する、という思いだと感じています。実力なんて変な話なくたっていいと思ってます。やりたかったらやっていいし、それは宇宙が許してくれてる、と思うのです。どのへんのレベルでやろうが、やれることは確かであって、自分が役に立てる世界が必ずある。だから・・・私の力みたいなものがどんなんであれ、やりたいから、ヒーラーというか占い師的なことをやっている。やりたいことを、やっていいよ!という宇宙からのメッセージをそれこそ自分が体現できてるんじゃ?と思ったりするのです。そして、サイキック能力って大したことないとしても・・・でも、気持ちの面とか、やる気みたいなものっていうか、この仕事が・・・好きだーー!!!ってのは、おそらく一般的平均値より高いのではないか?と思うのです。この仕事が好き。その思いは誰にも負けない・・・って、別に競ってはないのですが、わかりやすくいうとそんな感じ?な気がしています。反発とか嘲笑も受けるかもしれないのですが、好きゆえに、ずっとお仕事しててもほんとに疲れないんです。ヒーラーあるある?かもしれないのですが、イベントでいろんな方のお悩みとかを聞いてると、自分の調子が悪くなって・・・ってのを、正直私は感じた記憶がないのです。だって・・・嬉しいですもん。まず第一に。いろんな方と会えてお話しできる。信頼して目の前に座ってもらえる。こんなことってないです。エネルギーとかにやられるのがヒーラーとしてあるべき姿??というのなら、私は・・・完全に不適合者だなー、と思うのです。そういう面の敏感さは私には全くない。でも批判を覚悟で言えば、私は白砂糖を摂らないって生活をしてるので、それは、プロテクト的なことでいえば、ものすっごく!!!強力だと思います。食事制限って、エネルギー面での影響は確実にあります。自分の中にこれは「入れない」。それを徹底してることが、日々の鍛錬(エネルギー的に)になってるのでは?と思います。個人的な印象ですが、食にゆるい人、あいまいな人は、エネルギー的アタックも受けやすい傾向があるように思います。私は何の魔術も使いませんしスピリチュアル的魔法も使いませんが、食べ物で自分のエネルギーフィールドの強化はできていると思っています。まあそんなこんなで、自分自身才能とかはなくても、それでも関係なく、やりたいからこの仕事をやる、ってことには微塵も迷いがないので、力があるとか才能があるないとかは・・・結局のところ、私にはたいした問題ではない、ってことですだって実際何も「目」では見えてないですしね・・・ハートであれっと感じることがいくつかあるだけです。お客様のリーディングをするときは、自分自身に対して不安を持たない。自分に対して不安を持つということは、宇宙を疑ってると同義語になってしまうので、そりゃあ・・・光につながるリーディングは難しくなると思います。自分がネガティブなくせに目の前の方をポジティブに導くなんてそりゃーできない相談っちゅうもんですまずは・・・自分自身がこの自分の毎日、日常をいかに「自分らしく」生きられるかどうか。毎日を、自分100%で生きる。自分の中に不安や恐れが少なくなればなるほど、人をリーディングする機会があったときも、揺らがない自分でいられます。そしてそれは結果的に、リーディングのしやすさにつながると思います。自分の力に不安を持たない。「できないかも」って思わない。それはだれかをリーディングする以前に、人として、大きなテーマですよね!お客様をリーディング、という機会を与えられると同時に、自分自身のテーマに取り組むことができることを・・・とても嬉しく思います。それでは皆様、 今日or明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 29Sep
    • 金沢弁と、夢を見る見ないの違い。

      毎週火曜日はベジ弁当の余剰分を格安で先着1名様に販売しています。ご指定の場所にお届けしています。毎週水曜日はイオンモールとなみ2Fにて待機しています。10月2日、9日ともに何件かご予約が入っていますので、当日いらっしゃる方は事前のご予約をおすすめいたします。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円、延長可)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)の受付をしています。10月は25日(金)は部屋が使えないためお休みしますが、そのほかの週は毎週やっています。10月6日(日)はもく遊りんさんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をします。12月1日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。残席は2名様です。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。小松空港のターンテーブルのところに、こんなものがありました。JALのスタッフの方々が書いてくれた・・・「みまっ紙(し)」。みまっし、というのは金沢の方言で、「見なさい」という意味です。~しまっし、というのは~しなさい、という命令、指示(軽い感じの)になるのです。有名な金沢弁フレーズとしては、「しましまにしまっしま~~」が、ありますね・・・これは「縞々(模様)にしなさい」という意味です「ねがねーがんねーがー」も、有名かな・・・これは「ネガがないんじゃないのか?」という意味です。金沢弁でよく使われるフレーズの説明、訳に例文まで・・・なんだか、めっちゃ面白い!い~じ~、も使いますね・・・説明にもあるように、英語のeasy, ではありません!い~じ~、は、「いいじゃな~い!」という意味。そういえば「もみじこ」も方言なんでした・・・こっちでは「たらこ」って使わないんです。(若者世代はもう使ってるかも?)私は実家で「たらこ」という言葉は聞いたことがありません。常に「もみじこ」でした。「傾いてる」もそういえば使ってないですね・・・常に「かたがる」。しかしながら金沢の方言って、言葉自体もそうなんですが、イントネーションが独特で、たまにテレビで金沢が舞台で出演者の方々が金沢弁を使っているのを聞くことがありますが・・・うん、ちゃんと本物の金沢弁になってる。と思えたことは、一度もありませんほんとに本物のイントネーションだと、けっこうずっと低めのトーンというか、なんかうまく言えないのですが・・・トーンがテレビ向きじゃないんですよ。はっきりしてもないし関西弁みたいな明るさもないし。地味すぎて、受けないと思います。金沢弁のイントネーションは、けっこう難しいかも・・・「あのおぉんね」「ほんでぇえんね」とか、絶対外部の人には無理だと思う・・・息子は核家族で暮らしてきてるので、方言はあんまり入ってませんし(私の目からすると)、使い方も違ってたりします私自身も耳にしたら意味は理解できるけど、実際自分では使えない、ぱっと出てこない、って方言のフレーズはたっくさんあります。こういうふうにして、隆盛を誇った言語も衰退していくんでしょうね・・・華々しく使われていた時代が過ぎて、衰えていく。悲しさはありますが、それも生きているもののさだめですね。言語も生きているものですから・・・さて、夜寝て夢を見ることについて、バシャールのペーパーバックに言及がありました。夢を見る場合と見ない場合がありますが、夢を見る理由というのは、日常で過ごす「自分」てのはほんとうの自分の一部分なのですが、そこから切り離されている、残りの自分の部分とひとつになるために、私たちは夢を見るのだそうです。夢ではいろんな意識レベルの自分と自由に交信できます。そして、自分自身を洞察するのに役立ってもくれます。(だから夢判断というものがあったりするのでしょう)また、デジャヴは、現実世界でやることを夢の中で先にやってしまう、という仕組みだそうです。まずは夢で試してから、実際の世界でもやってみる、という流れだそうで。つまりデジャヴは予知能力があるとかそういうことではなく、先にやることを予行演習でやってただけ、なんですね・・・そして、私たちがいくつものレベルで切り離されている自分自身をきちんと統合できたら、夢というのは見る必要もなくなり、睡眠時間も短縮できるそうです!夢の中では制限がないので、やりたいことを自由にやれたりもします。が、この現実世界、意識的世界と夢の世界が常に繋がっていて、夢の世界とつながるために無意識になる(=寝る)必要がなくなれば、夢は見る必要がないということだそうで・・・ちなみにバシャールによると、私たちの生物的に自然なサイクルでは、午前2時~4時というのが、一番活動的になれる時間帯だそうです!!でも私たちはたいてい午前2~4時というのは寝てますよね。だからバシャールからすると私たち人間は反対のことをやってるふうに見えるそうです。一番活動的になれる時間に寝ていて、一番休息を必要とする時間(午後2~4時)に起きている、という・・・一番エネルギーが高揚する時間に寝てなきゃいけなくて、一番エネルギーが低下する時間に起きていなきゃいけない。なんともおかしなことらしいですただ午後に昼寝をする習慣は文化によってはあったりしますよね。子どももこの時間に昼寝したりしますし。午前2~4時が一番活動的になれる、エネルギーが高揚する、というのは、私自身はなんとなくわかる面があります。私はお弁当の注文があってお弁当を作るときは、必ずこの時間帯に活動していて(たいてい夜中の1時くらいに起きる)、この夜中の時間帯ってのが、ひじょ~~に!!集中できるし、作業がはかどるのです。無心でできる。お昼過ぎに弁当を作れと言われても・・・あそこまで集中できるかどうか、怪しいです。あの時間帯ってのはほんとに集中できるんです。ちなみに、ある人のブログで、このバシャールの言うようにして過ごしてみた、つまり午前2~4時は必ず起きて、午後2~4時は寝てた、という生活を1か月ほど続けた方の記事を見つけたことがあるのですが・・・その方によると、とりあえず体調も精神も調子はよかったそうですしかしながらこれだと普通に正社員とかで働くのが難しいのでずっとは続けなかったみたいですが・・・夜中に目が覚める習慣があったりすると、人はそれを「よくない」ものとしてとらえがちですよね。不眠症だと騒ぎ立てたり。でも、それは実は病気ではなくて、自然なサイクルに従って体が機能してるだけかもしれないのです。全員がそうではないかもしれませんが。私はかつて息子と一緒に夜9時に寝ていたときは、いつも夜中の2時に目が覚めていました。が、体調が不調なときというか、食べ物を食べ過ぎてたりすると、途端に2時に起きれなくて4時とかに起きてしまっていました。夜中のこのしんとした感じの中であれこれ家事をしたり、したいことをするって・・・楽しいし、集中度が違います。今は息子は中学生になって、10時半とかに寝るようになってしまったので、私だけ先に寝るのもなんだか気になり、遅く寝て遅く(5時とか5時半)起きるふうになってしまいましたが・・・ほんとは夜中に起きる生活が好きです睡眠サイクルが乱れたと感じても、それを修正することはできます。それは食べ物で調整できるかもしれないし、ヨガとか整体とか、肉体調整でうまくいくかもしれないし、いろんなやり方があることと思いますが、まずは・・・日々の生活で自分を生きる、つまり、この自分と切り離された状態の「自分」の割合を少なくして、常に本来の自分であれるようになり、いろんな自分をすべて統合できるようであれれば・・・きっと、睡眠のトラブルも減っていくのだろうと思います。毎日、自分らしく生きていられない。本来の自分で生きてない気がする、という人は、もしかして睡眠トラブルが多くなるのかもしれません。だから逆に、本来の自分自身であろうとすること、嘘のない、妙な忖度も何もない日々を送ることができれば・・・睡眠で悩むこともなくなるのかも。そういえば私自身、かつてはよ~~く夢って見てたんですが・・・最近は、とんと!!見ないです。ストレスがなくなったせいかも?毎日、無理をしてないで、我慢も何もない生活を送れているので、それがいいのかも??ただ、私の場合は、食べ過ぎると夢を見ますしかもあんまり嬉しくない夢を・・・。体に負担がかかってるな、とそこで気づきます。質のいいものでも食べ過ぎたら結局体への負担になります。ほんとに、この「食べ過ぎない」って、私にとって大きなテーマです・・・それでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 28Sep
    • 食事のバランスの取り方のコツを紹介。

      毎週火曜日はベジ弁当の余剰分を格安で先着1名様に販売しています。ご自宅にお届けしています。毎週水曜日はイオンモールとなみ2Fにて11~16時待機しています。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)の受付をしています。10月6日(日)はもく遊りんさんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をしています。12月1日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。ちょっと前のですが息子用のお弁当。生春巻きの具で気に入っているのは、きんぴらごぼう+大葉!これはほんとにおいしくておすすめです。これは長芋をすりおろして、海苔をつけてあげたものがメイン。テンペはお弁当によく使いました。焼いて醤油+メープルで味付けするだけなので楽なのです。さて、日々のメニューバランスで何を気を付けたらいいのか?現代は人々は栄養バランスばかりを気にしているように見えますが、バランスのとり方って実はもっとシンプルです。毎日の食事、お弁当でバランスを見るとき、まずは、・10分以上調理時間に要したもの・10分以下でできたものが両方あるかどうかを必ずチェックします。長時間煮込んだものはそれだけ陽性なエネルギーのお料理になります。さっと蒸したり茹でただけのものはもっと軽い、陰性なエネルギーを有します。なので陰陽的には、食事の中に陰も陽も両方あるか、を見るのです。そしてそれは食材だけではない、ということ!必ず調理プロセスも見ます。一番簡単なチェック方法、初心者でもチェックできる方法が、10分以上のものと10分以下のものが両方揃っているかどうか、ということ。10分以下でできるおかずって、さっと蒸した青菜とか茹で野菜って感じですよね。そうしたものが必要なのです。そして、中級レベル以上になると、調理プロセスをもう少し気にします。茹でただけ、煮ただけ、というような一つのプロセスでできたメニューと、炒めてから煮る、茹でてから和える、というように2つ以上のプロセスでできたメニューが両方揃っているかどうか、をチェックするのです。1つだけのプロセスばっかりだと・・・バランスが偏ります。逆に、料理好きな人、自称料理上手な人に多かったりするのが、やたらとプロセスが多いものばっかりになっちゃう、というパターン。1つだけのプロセスだと簡単すぎて料理のうちに入らないと考えるのでしょうか?やたらと手が込んでるものばかりになってしまったり・・・でもそれだとやっぱりバランス、陰陽は崩れてくるのです。現代人は忙しさを理由に簡単なプロセスのものが好きですよね。炒めただけとか、焼いただけとか。するとますますバランスが偏ってくるわけです。バランスが偏ると、偏った食べ方、嗜好になり、さらにそこでバランスが崩れ・・・の悪循環です。お味噌汁ひとつとっても、バランスは変化させられますよ!ただ煮るだけでしょ?と思うかもしれませんが、寒くなってくるとよく登場するのが、具を少量の油で炒めてから煮る、油炒めのお味噌汁です。野菜だけでも、油で炒めてからお味噌汁を作ると・・・これがまた、コクが出て味が違ってくるんですよ!まさに冬にぴったり、体があったまるメニューです。もともとお味噌汁は体を温めますが、さらに冬用のお味噌汁になるわけです。そんなふうにひとつのメニューでも陰陽バランスは調整できます。それから、さらにバランスの取り方のポイントとして、味付けが偏っていないかをチェックします。醤油味ばっかりになってないかとか、みそ味ばっかりとか、全部塩味とか・・・そうした同じような味ばかりになっていないかをチェックします。そしてそこでさらに大事なポイントが、味付けなしのものがあるかどうかですこの、味付けをしていないものを入れる、ってのが、ほんとにと~~~っても大事だと、講義で習っただけではなくて、実際にも私は強く感じています。そのまんまを取り入れる。味わう。それはエネルギー的にも非常に重要です。誰かが何か必要以上に触ってないものをそのまんまいただく。それがとっても大事に感じるのです。現代ってサラダには必ずドレッシングをかけるし、そのままの野菜を味付けなしで味わう、ってのをあまりしない傾向がありますよね。とにかくたれ、ドレッシング命!そしてそうしたたれ類、ドレッシング類がめちゃくちゃ流行ったりもするし、冷蔵庫の中に必ずあったり。ちなみに我が家は・・・ドレッシング類は、基本ないですドレッシングって作るもの、という感覚なのと、買っても使いきれないし、そもそも我が家は生野菜サラダをあんまり食べないんですよね。ベジタリアンってお肉も魚も卵も食べなくて、強い陽性さが入ってこないので、強い陰性さのある生野菜サラダ(生は陰性、冷やすも陰性、野菜も陰性、かけるドレッシング=油もめちゃ陰性)はあんまり欲しないんです。陰性すぎていらないです・・・生野菜サラダって、肉食の人のためのメニューです。肉食じゃない人にはそんなにがつがつはいらないんです。(食べても少量でいい)実際息子も、ドレッシングをかけた野菜をすごく嫌がるんです。頑張って作ってかけてみても、「たれいらん」といっつも言われます・・・そのまんまで食べてめちゃんこ美味しい野菜ばっかりなので、ドレッシング類は不要ってのも大きいです。だって現に寺田さんのキャベツとか、狼桃トマトとか、鈴木さんのプチトマトとか・・・そのまんまでおいしすぎてもう何もいらないです。というかほかの味付けがいらなさすぎる。おいしすぎて・・・。野菜の味が薄いと、ドレッシングでごまかすしかないですよね。ドレッシングを全否定するわけではないですが、個人的には、やっぱり野菜ってそのまんまが一番おいしい、と思います一日の中で、ちゃんと、味付けなしの野菜があるかどうか。そこもバランスをとるうえで大事なポイントになりますし、私自身はお弁当でもいつも、味付けなし(軽く塩はふって茹でたりはしますが)の野菜を必ずひとつは入れるようにしています。さらなるポイントとして、野菜単体のものがあるかどうかも大事です。いろんな野菜をこまごまと使ったメニューがあるとして、例えばチャーハンがその日のメニューだったら、茹でたり蒸したりした野菜の単品(1~2種類)を必ず添える。つまり、野菜を複数たくさん使ったおかずがあるなら、1,2種類だけ!ってものを添える、ってことです。野菜複数使用メニューと、野菜単品使用メニューでバランスをとる、ということです。これも、陰陽的に、エネルギー的に全然違うものとなりますよ~いろんな種類のものがごちゃっとしてるのと、たったひとつのものがぽんとあるって状態と・・・全然雰囲気は違いますよね。だから違うもの同士を置いてバランスをとるんです。そうして偏りをなくす。そうしてバランスを意識している人としていない人、できている人とできてない人って、ふとしたところで見えたりします。料理を盛るお皿が同じ形ばっかりになってたりとか、丸形ばっかりとか、角皿ばっかりとか。私は個人的には、何かに多少偏っていても、それはそれで面白いなとは思いますが・・・ただ、世の中で栄養バランスが連呼されてて、やたらとバランスバランスって言葉を使うけど、ほんとの意味でバランス、をわかってる人ってすごく少ないなあと感じてるので、ほんとのバランスって何なのか、をもっと気にする人が増えてほしいなと思っています。私はベジタリアンなので、栄養バランスってどうやってとってるのか聞かれることもあるんですが、はっきり言って・・・栄養バランス、って、全く気にしてないです!!気にしてるのは陰陽です。そもそも、栄養素、を私は信じてないんです。ビタミンがどうとかって世界を。その世界って怪しさを感じるというか・・・(私の勝手な感想です)数字で人を惑わしてばっかりじゃん、と。栄養素の話になると、ポジティブさをあまり感じないんです。栄養素の話題になると、あれが足りてないとか、これが足りてないとか、結局、私たちに「不足」「欠乏」感ばかりを植え付ける結果になってしまう。それってすごくネガティブだなー、と思うのです。だいたい栄養素なんて次から次へと発見されたり訂正されたり、まだ見つかってない栄養素も山ほどあるはずだし、全栄養素が1000あるとして、そのうち今って100しかわかってないかもしれない。1000あるうちの100しかわかってないのにそんな小さな範囲でバランスバランスって言ったところで・・・それってほんとにそれでバランス取れてんの??本来はもっと広い世界を見なきゃだめなんじゃないの?って勝手に思うわけです。信じてないので、気にしてないし、それにあくせくもしない。ってだけです。ただ陰陽理論は自分で納得していることなので、それを信じてる私はそっちを意識する、ってことなので・・・人それぞれ自分の好きな理論、世界で生きていけばいいのですが・・・しかしながら。個人的には世間の人たちは栄養バランスに妙に踊らされ過ぎ、支配され過ぎ、という思いはあります陰陽理論は数字じゃないので覚えやすいし、体でも納得できることは多いと思うんですけどね・・・そして、食材のあれを摂るこれを摂るの話題もいいのですが、ほかに、調理プロセスというものも実はと~~っても大事なんだということも、多くの人に知ってもらいたいなと思います。たいていは陰陽っていったら食材レベルで終わっちゃうことが多いので・・・でもそれは初級レベル。中級、上級レベルだと必ず調理プロセスも配慮します。ちなみに・・・私は外食するときはどちらかというとその調理プロセスに注目してます。それを見るとそのお店のレベルがわかるので。自然食です、オーガニックですといっても、調理プロセスがあれれ?ってこともあるので、そこに注目してみると・・・いろんな発見がありますそれでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 27Sep
    • なんで障害を持って生まれてきたのか?

      毎週火曜日はベジ弁当の余剰分を格安で販売しています。毎週先着1名様、ご自宅にお届けします。毎週水曜日はイオンとなみにて11~16時頃まで待機しています。お客様が途切れた場合はきっちり16時半まで残っていない日もありますのでご了承ください。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円、延長可)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)の受付をしています。ご紹介半額キャンペーンはまだまだ続行中です。9月29日(日)はそらまめいちばにてベジ弁当を通常1500円のところを900円にて販売します。9月30日(月)は金沢にて毎月恒例のベジ弁当の会を開催いたします。参加費は2000円です。10月6日(日)はもく遊りんさんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をいたします。12月1日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。残席は2名様です。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。夫と行った、小松にある西園寺温泉。こちらも源泉かけ流しというのでどんなところだろうと興味が沸き・・・お寺を利用した温泉施設です。中に入ったら温泉の入り口がすぐありますが、まずは左に行って券を買います。奥には飲食スペースが。ロッカーがなんともレトロ・・・というか手前のテレビコーナーのソファも時代を感じます!!お堂の中が食堂スペースになっていました。食事だけでもできる感じです。あとでじっくり見ようとまずは温泉へ。テレビコーナーの奥には足湯スペースもありました。浴場は写真を撮れませんでしたが、お年寄りの方が多くいらしてました。近くの施設の方々かな?そして、次から次へとお年寄りをお世話する方が中にいらっしゃり。体を洗ってあげたら脱衣場の人に引き渡し、脱衣場の方はドライヤーで髪を乾かしてあげたり着替えを手伝ってあげたり。午後に行ったのですが、どうやら忙しい時間帯とかぶったようです。飲食コーナーはほんとにお堂でした!こういうふうに形を変えながらも残っていくっていいですね。こちらの温泉施設では、障害を持っておられる方かな?と思われる人も働いていたりしました。軽作業をしているみたいです。食堂でとりあえず何があるか見てみました。値段設定・・・安いです!ドリンクが210円とか。コーヒーも200円台です。食事メニューも・・・全体的に、安い感じです。梅干しが1個50円・・・温泉卵は80円。窯炊きごはんは200円。思わず、窯炊きごはんと梅干を注文。夫はもつ煮を注文。ごはんは全部は食べられないので、ちょっとだけ食べてあとは夫にあげました私の好みの味ではなかったですが、お安くちょいとつまんだり飲んだりってのが楽しめるスペースだと思いました。雰囲気も独特です!最近はなかなか予定がぎっしりで温泉も行けてないのですが・・・また、行ったことのない源泉かけ流しの温泉をいろいろ訪れてみたいなと思いますさて、バシャールのペーパーバックを読んでいると、ある方が自身の障害のことについてバシャールに質問している箇所がありました。すべてこの世は自分の選択で動いているということはわかったけど、じゃあ自分がこの世でハンディキャップを持って生まれてきたのは一体どこでどう(自分は)選択したのか。これはどういう意味を持つのか?ということをバシャールにきいていたのです。その方が具体的にどんなハンディキャップを持っておられるのかは書かれておらずわかりませんが、バシャールはこう答えています。自分自身をそういう制限の中にはめることによって、強さをみんなに示す、という意味がある、と。そしてそれをこの肉体を持って生まれる前に選択してきているのだと・・・。通常は、何回も生まれ変わって自分でクリアしていこうとする課題、テーマを、この1回の人生にぎゅっと詰め込んでいることがあります。そういう時は障害だったり、様々な形での難しさ、困難というものに出会うかもしれません。が、一気にいろんなことを詰め込んだり、ぎゅっと濃縮することで、その1回の人生で一気にこれまでのバランスをとることも可能なのです。いわば、いろんなカルマを通常は少しずつひとつずつ解消するところを、一気にどかんと解消!みたいなイメージかもしれません。ひとつずつ自分に課してもいいし、大変だけど一気に課す、ってことも可能なわけで・・・私たちは今のこの目の前のひとつの人生の視野しかなかったりしちゃいますが、過去生や未来世など、いろーーーんな人生、繋がってる自分のたくさんの人生をまるまるっとまとめて考えてみると、理解できそうなこともあると思うのです。今、障害を持って生まれてきた人がいたとして、なんでこんな目に、と思っても・・・実はその人の何百もある人生の中でもしかしたら積もった借金みたいなもの(カルマ)があるとして、それをちょっとしんどいけど一回で全額返済しちゃう?って選択肢があったら・・・それを選択する人もいるかもしれません。借金、というと言葉が悪いですね。バシャールも言ったように、その人の「テーマ」と言えばいいかもしれません。例えば「強くある自分」というテーマがあるとして、いくつもの人生でいろんなパターンを経験して、親との関係が難しかったり、恋人との関係で自分が弱い立場から抜け出せなかったりなど、いろいろ何回も経験してやっと自分の強さを自覚するとして、でも、障害を持つことで一気にどかんと自分の「強さ」ってものを再認識し、さらにはそれを人に示す、ってことまでできちゃうかもしれません。誰かに何かを教えたい、伝えたい、というテーマを持っている人がいるとして、もしかしてその人は、障害を持つことで、周りの人にいろんなメッセージを教え伝える役目を持つかもしれません。身内や周りに障害を持った人がいると、やはり家族や友達、知り合いの人々はいろんなことを学ばされますから。否が応でも考えることが増えます。学校で先生として教える、ってだけが「教える」ことではないってことです。障害という制限、に見えるものを持っているとき。制限があるから、あれもできない、これもできない、と思いがちです。が、実はそんな制限なんてないんだ、あんなこともこんなこともできるよ、ってことを伝えられたとき・・・それはものすごい「自由」として輝くし、真の意味で「制限をなくす」ことを実践できているとも言えます。足が悪いからあれもこれもできないよね。・・・でも、ものすごく体を鍛えてスポーツに熱中しているかもしれないし、パラリンピックだって出ちゃうかもしれない。アスリート魂が輝くかもしれない。そんな時、人は、こういう制限があるから~~できない、なんて、なんてちっぽけな考え方だったんだ、と気づかされたりします。知的障害がある人も、そうだからあれもこれもできないよね、と誰かが勝手に制限していたとして・・・実はあんなこともこんなこともできてた、こういうコミュニケーションもちゃんとできてた、ってこともあったりします。ちゃあんと大事なことをわかっていたりして、そっか、~~できるはずない、わかるはずない、ってのがいかに矮小な視点だったのかと周囲が思い知らされたり。いろんな形の強さだったり、輝き、光を見せてくれるチャンス。周りの人たちにそれを伝えるチャンス。そして、周りの人たちも、いろんなことを学び、意識を広げるチャンスをもらってる、ということなのではないかなと。さらに、障害を持っている人自身は、障害があるからこそ、自分自身をものすごく変革できる機会を持っている、ってことでもあり。自分を変える、って・・・何かがあると、やりやすい。人はとかくいろんな大きな出来事で学ぶ、ってパターンが好きですから・・・障害でつきまとうイメージは「制限」がひとつあるかと思うのですが、その、「制限」という息苦しさ、難しさ、ネガティブさをいかに取り払うか、その意識を変えるか、が大きなテーマとしてあるように感じます。制限があるように見える。・・・でも、そうじゃない。自分を苦しめるためのものなんて、存在していない。それを知ることが必要なんじゃないかって気がするのです。身内に障害を持った家族がいる。それだけだとつらいイメージでしょうか?ただ、それだからこそ出会えた縁があったり、人の優しさや厳しさ、いろんなことを様々な角度から、深度から見つめることができたりします。ちょっとした人の優しさが身に染みる、ということもあるかもしれません。自分の感度が変化するのです。そして、大事なことは、障害を持った家族が家にいるとしても、誰かがすべてを抱えすぎる必要はない、ということ。たいていは家の中ではおかあさんが全てをしょいがちです。そのせいでおかあさんがあれもできない、これもできない・・・ってことがないように。誰かに極度の制限がかからないように。この子の、この人のお世話があっても・・・それでも、あれもできた、これも意外とできちゃった、そんなことがたくさんあるように。この子の、この人のせいで私は縛られてる。・・・そうした思考だけではなく、この子、この人がいても大丈夫、という意識が増えるように。難しそうに見える、思えることを軽くできたとき・・・それは自分の世界が一気に変わったことを意味します。そして意識が変わったら、もうそれについては来世ではやらなくていい、ってこと!達成すればもうOK、来世でまた取り組む必要はありません。来世、そのまた来世で何回もやるくらいなら・・・今、自分の「これはこうに決まってる」を変えてみたほうがあとあと楽かもしれません。障害があっても、障害を持つことになっても、家族に障害があっても、大丈夫。・・・そんな意識が世界で広がっていけば、この世はもっともっと平和になっていく気がするのです。自分だけが意識変革するのではなく、絶対、世界が、変わる。難しい状況にある人達というのは・・・それだけ、世界を変える力を持っている、ってことなんだと思います。・・・これは、信じても信じなくても、どっちでも構わないことですが・・・そうはいっても大変さがある、しんどくなる・・・そんな時は、お近くの場合はいつでもマクロビティータイムにいらしていただけたらな、と思います。どこかで自分の思いや感じていることを出せる場があれば楽になれる瞬間が増えるはず。いろんな事情を抱えた方々、ご家庭がありますが・・・それでも、応援団的存在はいつも、自分のやりたいことはやっていいし、しゃべりたいことを好きにしゃべっていい、と言ってくれることが多いです。ダメが存在しない。自分も、周りも、どんどん制限をなくしていく。それを達成していく人たちがたくさんいるはず。そのことを想像し、そうした魂たちに感謝と尊敬を表したい、そんなふうに感じています。それでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 26Sep
    • 手放したら、やって来た。

      毎週火曜日は某所にベジ弁当を届けています。この日は贅沢に冷凍マスカットもつけましたごはんはササニシキ3分づき黒豆ごはん、おかずはれんこんもち、ピーマン春巻、ラタトゥイユ、長芋のオリーブオイル焼き、ひじきこんにゃく、人参ラぺ、金時豆の煮物、クリームペンネ、じゃがいものクリームグラタン、焼きかぼちゃ、蒸し大根&さつまいも、小松菜のえごまあえ、茹でとうもろこし、きゅうりの浅漬け、プチトマト。ベジ弁当は動物性・白砂糖・化学調味料一切不使用です。月1回ベジ弁当の会を開催しており、今月は9月30日(月)に開催です。参加費は2000円です。中身はちょっと変わるのですが・・・(お米もササニシキじゃなかったり)今月はシンフォニー有松店さんにて9月28日(土)にベジ弁当を食べながらお話し会を開催します。9月29日(日)はそらまめいちばでベジ弁当を少しだけ販売する予定です。この日はシンフォニーさんとベジ弁当の会の間の日で、あまりたくさんは作れないと思うので・・・少しだけ作って売れたらすぐ退出する予定です。毎週火曜日は必ずベジ弁当の注文があるので、それに伴いまして・・・余剰分でよければ格安でその余剰分をひっそり販売しています。ご自宅にお届けに行っています。もし火曜日にベジ弁当を食べてみたい方がいらしたら、どうぞお知らせください。息子は最近「おかずの量を少なくして!」というので・・・フルーツで幅をとっておかずは少なめ(にしたつもり)。その息子ですが、なんとなんと、毎朝、きっちりしっかり時間通りに学校へ行っています今まで「早く行きなさい!!」と怒鳴っていた日々が、嘘のようです・・・きゅうり事件の日以外は毎日きちんと、友達が迎えに来る時刻に家を出ています。今日なんて二階から友達が来るのを見計らって、友達がインターホン押したらすぐ外に出ていけるようにしていたり。・・・奇跡です。はっきり言いますが、奇跡ですなーんでこんな流れがやってきたのか。それは以前の記事でも書きましたが、私が、息子に対して、「早く学校へ行ってくれ!!」という執着を手放したから、だと思うのです。もう朝早く学校へ行かなくてもいい。ママはゆうちゃんが毎日ほがらかに笑ってくれて、一緒におしゃべりできたらそれでいい・・・それを自分でも感じ、息子にも告げたことで、流れが変化したのでしょう。意識の変化は、現実世界の変化を呼びます。欲さなくなったら、やってくる。執着を手放したら、自分のもとにそれがやってくる。・・・まさにそうだなあ、まさにこの宇宙の法則はきちんと発動する、としみじみ思います。あと、梅干しの力も大きいと個人的には思ってます。息子にはやっぱり質のいい陽性さが必要!そして給食で白米を食べるようになったので、梅干しは絶対必須!!(白米でも、梅干しと一緒に摂ることで白米の持つマイナス面は消えるという説もあります)朝の寝起きが落ち着いてくれるだけで親としては大助かりですね・・・もう今は、「早く起きろよ!!」というイライラは、私の中にはありません。起こすときも、「ゆうちゃん、そろそろ起きないと~~」と言い、それに反応して息子が二度寝しつつ(苦笑)起きる、というパターンです。誰も怒ってない。誰もイライラしてない。なんの争いもない。・・・平和だ。・・・平和です!!!!自分の意識を変えるだけで、こんなにも平和が訪れる。それって家庭の中も世界も一緒じゃないか。そんなこともふと思ったりしました。いろんな執着を捨ててみる。願って願って手に入れる、ってことももちろんこの世には起こるんだろうけど、そこに自分のカルマがあるときは・・・手放したほうが、執着を捨てたほうが、それらがやって来るような気がする。特に、こと、子どもに関することって、「こうあってくれ!!!」ってのが親は強くなりすぎるから・・・それらを捨てる、ってテーマがあるんだろうなあと思います。「こうあってくれ!!」・・・なんて、勝手な期待ですよね笑もし自分が逆の立場だったらウザさこの上ないですあんたらが期待するしないとかじゃなくて、私は私で自分に関することを決めるから!!って思います私が「~~しなさい!!」って言葉を減らし、自分の感情を表現することを増やしたら、息子も、息子の感情を発する言葉が増えてきました。息子は例えば、「ママがゆうちゃんに適当(な対応)やから、ゆうちゃん悲しいんやよね・・・」とか「ゆうちゃんはママとお出かけしたい」 などなどと言ったりします。自分がどう思っているか、を伝えるのです。お互いがねじれてくると、「自分は悲しい」とかの発話がなくなって、ただただお互いがイライラのぶつけ合いになったりするし、「〇〇に行きたい!!」てな我儘ばっかりになって、親がブチ切れ・・・のパターンになりがち。でも、「〇〇に行きたい!!わあ~~~(と暴れたり不機嫌になる)」ってなるんじゃなくて、「ママと一緒にお出かけしたいの」というふうに、素直なところを言い合う会話ができれば・・・人って、親子って、そんなにねじれはしないと思うのです。親子って特に、「~~しなさい」とか、「それって~~~でしょ」というような、指示とか、判断、批評、みたいな会話が多くなりがち(子どもが大きくなったら)。そうじゃなくて、ママはこれが好き、嬉しい、悲しい、元気がない、わくわくする・・・などなど、自分の心を素直に相手に伝える、って練習が・・・親にも必要かもしれませんね!先日もちょっと私と息子は危なくて、息子が夕飯を外食したいとかお寿司屋さん行きたいとかわがまま言って、私がはあ!?何言っとれんて!??ふざけんな!!わがまま言うな!!!と怒ってしまったのですが、実は、前日前々日と休日なのに私は東京へ行っていていなかったし、ママとどこもお出かけできなかった・・・ママとどこかにお出かけしたい・・・というほんとはそんな本音が息子にはあったのです。それを後で言ってくれたので、私のさっきまで怒ってた心も氷解というか。というか・・・その息子の本音、まったく気づいていないのが親として愚かなんでしょうがただそういう抜けてる親でも、素直な発話をしてくれると・・・はっと気づけるわけです。・・・う~む、我が家は完全に息子に助けられてばっかりですね・・・何はともあれ・・・どんな形でも、どんなふうでも、ピンチになっても、変化って起こるし、素直さが、この世にいろんな光を増やしてくれる気がします。息子には・・・感謝しかないです。それでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください

  • 25Sep
    • バミューダ・トライアングルと次元移動。

      毎週火曜日はベジ弁当の余剰分を格安で販売しています。ご自宅にお届けに行っています。毎週水曜日はイオンモールとなみ2Fにて待機しています。ご予約の方優先です。毎週金曜日は金沢「レピ」さんにてマクロビティータイム(1時間1500円、一対一のお茶会です)、スピリチュアルカウンセリング(20分3000円、50分5000円)の受付をしています。9月28日(土)はシンフォニー有松店さんにてベジ弁当を食べながらお話し会を開催いたします。こちらだけお申込みはシンフォニー有松店さんに直接お願いいたします。9月29日(日)はそらまめいちばにてベジ弁当を少しですが販売いたします。お取り置き可能です。9月30日(月)は毎月恒例、金沢某所にてベジ弁当の会を開催いたします。10月6日(日)はもく遊りんさんにてマクロビティータイム、スピリチュアルカウンセリングの受付をいたします。12月1日(日)は東京浅草にて「心と体が喜ぶ癒しフェスティバル」に出店いたします。残席は2名様です。電話セッション、メール鑑定は随時受付しております。全てのお問い合わせは natsue58@hotmail.com までお願いいたします。3月に引き続き、8月も行っちゃってました。優美すぎる大聖堂のあるWells(ウェルズ)へ今回は前回よりも時間に余裕があります。ウェルズ大聖堂。ほんとに素敵です。イギリスの大聖堂の中でも私が特に好きな大聖堂です。中もとーーっても荘厳で美しいです。大聖堂の前の広場は、観光客だけではなく、市民たちの憩いの場になってるようです。カップルとか赤ちゃん連れとか友達同士とか・・・寝転がってる人もいたり。芝生で寝転がる・・・って、めっちゃ、ヨーロッパ、って感じがします笑日本人で訪れる人はほとんどいないとは思いますが・・・地方にも素晴らしい大聖堂はたっくさんあるんですよ~!ここでぼーっと、のんびりしてるだけでも幸福感に包まれます。ウェルズ大聖堂のすぐそばには・・・ストリートミュージシャンらしきおじさまが。おじさまは私の姿を見るや、なんと、坂本九の「上を向いて歩こう」を吹き始めたんです!!「上を向いて歩こう」は、ご存じの通り SUKIYAKI(スキヤキ)のタイトルでヨーロッパでもヒット。全英チャートでは10位にもランクイン(トランペットのインストとして発売)。海外でヒットしたのは知っていましたが、こうして演奏してくれると・・・やっぱり海外でも知られている曲なんだなあと不思議な気持ちになり。そして、こうして私を見て演奏してくれたわけだから・・・もちろんコインを置いてきましたさて、バミューダ・トライアングルについて、バシャールの本に記載がありました。地球には、違う次元へ飛び込んでいく扉のような場所がいくつもあって、そのひとつ、中でもかなり強烈なのがバミューダ・トライアングルだそうです。バミューダ海域はアトランティスとの関係が深いそうで、ここでは時たま磁場が勝手な動きをして、不思議なことが起こるのだそうです。バミューダ・トライアングルの領域に入っていった人たちで、姿を消した人たちは、違う次元に送られてしまったのだそうで・・・何せ何百人とかが一気に消えていなくなってますもんね。そして船だけ無人で戻ってきたり。ほとんどの人は、違う次元に自分たちは送られているのだとは理解はできず(そりゃそうだよな・・・)、機器の故障だと思い、そのまま海の底へ沈んでいったそうなのです・・・アトランティスとクリスタルは深い関係がありますが、今でも大きなクリスタルが海の底に沈んでいて、それらの水晶がバミューダ・トライアングルの磁場と重なり合って、いろんな影響を及ぼしいるらしいです。バシャールによると、アトランティスの一番南の島は現在のバハマ諸島、北にあった大きな島はアメリカの東側の海の下だそうです。つまりアトランティス大陸というのは、大西洋の真ん中にあったのではなく、どちらかというと今のアメリカ大陸よりにあったとのこと。バシャールによるとですが。ちなみにレムリアがあったのはハワイのあたりで。ハワイが多くの人をひきつけ、スピリチュアルな場所として有名なのって、やっぱり意味があるのかも・・・バミューダ・トライアングル、少しの人たちはそのまま違う次元に行ったそうなんですが、これって、バミューダ領域で遭難して、ある船に助けてもらったらその船員たちはものすごく古めかしい服を着ていて、しかも古英語らしきものをしゃべってて、そして気を失って再度意識を取り戻したら、同じような場所を漂流してて、また別の船に助けてもらったものの・・・実は1年も時間がたってた、なんてのはまさに昔にタイムスリップしてたんでしょうね。死んで本人の希望通り焼かれずに水葬で海に流された男の死体が60年以上たって発見され、しかも本人は生きてて(!)名前を名乗って照合したら・・・ちゃんと本人の証言通りの病気のカルテが病院にあり、指紋も照合したら一致してまさしく本人だったり。本人は死んで60数年たってはおらず(そしたら120歳以上になってしまう)、まさにその死んだときのままの状態なのも、おそらく当時はまだ息があったのに海に流されて、バミューダでタイムスリップして、また戻ってきたんでしょう。こういうタイムスリップって特別な感じがしますが、タイムスリップやテレポーテーションって・・・実は案外身近だったりします。気が付いたらもうこんな時間だった、という日常の中での感覚は、まさに、自分がその分時間をスキップしたってことでしょう。(厳密に言うと時間を移動したわけではないですが・・・時間そのものが存在してないですし)そして、次元を移動するとか、どこか別の空間にいっちゃうとか・・・それって、日常でいえば、ある人が急にイメチェンして別人になった、とか、あの腐れ縁の男と別れて別人のようにすっきりしてた、とか、そんなようなことも、その人が別の世界、別の次元に行っちゃったことになるんだと思います。ある人が、なんだか別人みたいに見えた、ってこと・・・多々ありますよね。それって別の世界に行っちゃった、ってことであり。またすぐ元の世界に戻ってくるかもしれないし、そのまま別の世界に行ったまま・・・そしてさらに別の世界に行くかもしれないし。そうして自分とは世界が違っていくかもしれないし。そんなようなことも、「別次元への移動」ってことなんじゃないかなー、と思うのです。そして、大事なことは、別次元に行くとか行かない、それがすごいとかそういうことではなくて、それくらい柔軟な自分でいる、なりたい自分でいつでもあれる、ってことなんじゃないのかなと。自分の意識も、肉体も、すべて、100%の自分になれる。ありたい姿、自然体な姿であれる。だからこその次元の変化、次元の移動。それこそが・・・一番大事なことなんじゃないかなー、と、ふと思いました。私も、体重64㎏の時の自分と、43㎏の自分とでは、肉体的にも当然別人状態な感覚を感じたことがありますし、同時に精神も変化したというか・・・卑屈な自分から、堂々とした自分であれるようになったり。昔のうつ病の自分の精神状態と、今の自分の精神状態も、いる世界は完全に別次元だと感じています。そう考えると、人って、あちこちの次元をしょっちゅう移動してるのかもしれませんね。どんな世界にも行けるし、どんな次元にも存在できる。それくらい自分てのは、自由でやわらかな存在であれる、ということで。みんなみんな、やわらかくあれるはず。そう思っています。それでは皆様、 明日も素敵な一日をお過ごしください