2.枢機卿会議の開催

今、この段階にあります。

前教皇の死後15日以降、20日以内にコンクラーベを開催することが定められていますが、これは服喪の期間を過ぎてから開催するためでもありました。しかしベネディクト16世によりこれが改められ、また服喪の必要もないので、今回は31419日ころに開催されるものと報じられていますが、その前に、枢機卿によって協議が始まっています。

この会議では、枢機卿は階級順に着席します。

カトリック教会は、ヒエラルキー(聖職階位)の社会で

それは大変厳格なものです。

下から、神父-司祭-枢機卿という階級がピラミッド状にありその頂点に教皇がありますが、枢機卿は更に3つに区分され、

1が「司教枢機卿」、第2は「司祭枢機卿」、第3は「助祭枢機卿」で、その順に着席します。

4()午前930分(日本時間同日午後530分)

ソダーノ首席枢機卿を議長に「第1回枢機卿総会」が開催され、37()までに5回会議が開催されています。

世界中から枢機卿が集まるのですから、第1回の4日に間に合わない人もいます。7日までに、152名の枢機卿が到着していて、その内選挙権を持つ枢機卿は114名だそうです。

まだ1名、教皇権を持つ枢機卿が到着していないようです。

(教皇選挙権を持つ枢機卿は117名なので、2名が棄権を表明している。これは、健康上の理由などで可能とされている。)

会議ではお祈りがあり、1日目は福音書に手を置いて一人ひとりが宣誓し、教会にとって世界にとって重要なことであることが説明され、今後の進行方法などについての質問をできます。

2日目も静かに祈りが捧げられましたが、

3日目からは、今後の教会について話し合われ、総ての大陸を代表する枢機卿から意見が出され、今までに53人の発言があったそうです。

その間には、お誕生日を迎えた枢機卿が祝われたり、

また、ベネズエラのチャベス大統領への弔辞について承認を得たりもしています。

5日夕方からシスティーナ礼拝堂ではコンクラーベのための準備作業が始まっていますが、まだ、コンクラーベ開始日などについては、何も話し合われていません。

コンクラーベまでの間に、こうして毎日祈りが捧げられ、細々とした作業が行われていることを、初めて知りました。

尚、現在日本国籍の枢機卿は不在なので、日本人による投票はありません。

教皇選挙権を持つ枢機卿のリストを取り寄せることができたので確認したところ、極東アジアで権利を持つ枢機卿は、香港に1名いるのみでした。



Ambrosial Rose

画像は、カラヴァッジョの「聖ペテロの磔刑」。

AD

「コンクラーベ」(ローマ教皇選挙)は、80歳以下の枢機卿によって密室で選挙が行われると知られてはいますが、教会からも手順の詳細が紹介される機会なので、私の備忘録を兼ねてご案内します。

イエス様から<天国の鍵>を預かった使徒ペテロの後継者であるローマ教皇を選出するコンクラーベの方法は、

最新の規定ではヨハネ・パウロ2世使徒憲章「ウニヴェルシ・ドミニチ・グレジス―使徒座空位と教皇選挙―」(1996222日改訂)に依ります。

時代によって、世情によって、少しずつ変化していますが、

例えば、かつては教皇の死を確認する方法として

銀製の金槌で数度額を叩いて反応を確認するという方法を取っていましたが ()、今は科学的な方法で判定できますので、それは風習として、形だけの行為になっています。

1.枢機卿の召集

まず、首席枢機卿によって、枢機卿団が召集されます。

現在首席枢機卿のアンジェロ・ソダーノ枢機卿(85)が、

教皇が辞任して位が空いた翌日31日に、全枢機卿宛にコンクラーベ開催のための召集が発表されました。

31日現在、世界には207名の枢機卿がいます。そのうち教皇選挙権を持つ80歳未満の枢機卿は117名になります。

AD

ベーキングパウダー」と「ベーキングソーダ(=重曹)」

の違いって、理解してますか?

私は全然だったので、調べてみました。


ベーキングパウダーは、お菓子づくりでよく使いますね。

ご存知の通り。


ではベーキングソーダは???

重曹をお料理に使うときって、なにかの色を濃くしたいとき

みたいなのはなんとなく耳にしたことがありますが、

お菓子の場合も、色を濃くしたいときに使う、でOKみたい。


ベーキングパウダーは、重たい生地をふっくら膨らましたいときに適しています。

でも、お粉や水分と混ぜたとき、反応が早いのですぐにオーブンに入れる必要があります。

ベーキングソーダにはその気遣いは無用みたい。


ん~、結論として、明確に、ダイレクトに、スパッと

こうなんだ!!と小気味よく解説できませんけど


*色を濃くしたいとき

*生地をつくってすぐに焼き上げないとき

=ベーキングソーダ(=重曹)


*重たい生地をふっくらさせたいとき

=ベーキングパウダー


を使う。これがポイント(^^)b



*******************************************************

一度アップして、右側のウィンドのアーカイブを見て。。

前回カキコミをしたのは、昨年6月なんですね。

ご無沙汰いたしましたm(__)m

いろいろありまして、長らく文章を書けずにいました。

なんだろう? 私は気持ちがシャンとしてないと

文字が湧いてこないんです。

いつも、あぁ書こうとか、こう書こうと考えてじゃなく

PCを前に、頭ではなく、心で手を動かしている気がします。


今日、ちょっと気持ちがシャンとっていうか

前を向いて頑張れそうな気がしたら

自然とブログを開いていました。


皆さま、ありがとう♪

AD

材料:


オレンジ缶    1缶

水         適宜

グラニュー糖   60g

アガー       12g



Ambrosial Rose



つくり方:


1.アガーはグラニュー糖とよく混ぜておく


2.オレンジの缶詰は、シロップとオレンジに分けておく


3.シロップに水を足し、600mlにして、鍋に入れる


4.鍋に、1を少しずつ、ダマにならないように加えていく


5.4を火にかけ沸騰したら、1分沸騰させて、アガーをよく溶かす


6.ミカンを容器に入れる


7.あら熱を取った5を6に注ぎ入れ、ミカンをバランスよく散らして、箸でグルッとかき回して、固まったら完成



注意:


・アガーとグラニュー糖をシロップに加えるとき、泡だて器や箸でよく撹拌しながら入れていく


・ゼリー液のあら熱を取るときは、冷めすぎると固まってしまうので注意を



是非お試しください♪



冷たい食感のデザートが恋しい季節になりました。

一般的にはゼリーや寒天が主流ですが、アガーという凝固剤もあります。




☆ゼラチン


牛や豚の骨や皮に含まれるコラーゲン(タンパク質の一種)を原料として作られたもの。
溶液は薄い黄色で透明感があります。弾力性と粘性が強く、柔らかくて口溶けの良いお菓子になります。

また、泡を抱き込む力を持っているため、マシュマロやムースなどふわふわしたお菓子の食感を引き出すことも出来ます。常温では固まりませんが、20℃以下の環境で固まり始めます。

生のパイナップルやキウイなどタンパク質分解酵素が含まれるフルーツを一緒に使う際は、フルーツを予め加熱しないと、固まりません。


一般にお店では粉のものと、リーフ(板)のものが販売されていますが、粉は少量でたくさんの水分を固めることができるので、お得で、計量しやすい点も便利です。

一方リーフは透明感が高く、美しい仕上がりが好まれ、プロに愛用されます。



☆寒天


天草やオゴノリという天然の海藻からつくられる。


溶液は白く濁り、透明感や弾力はなく、崩れやすい性質を持っていますが、凝固力は高く、わずかな量で水分を固めることができます。


粉末状のものと、角寒天があります。



☆アガー


カラギーナンという海藻の抽出物からつくられたものです。


ゼリー、寒天より透明感が高く美しく、光沢があります。無味無臭なので、あらゆる素材の風味を損なうことがありません。

非常に柔らかく、軽い弾力を持っており、常温で簡単に固まり、手軽で扱いやすい凝固剤で口どけの点ではやや劣ります。


ダマなると加熱しても溶解しにくいので、あらかじめお砂糖と混ぜるか、しっかり撹拌しながら調理する必要があります。



いかがでしょうか? アガー。


明日はアガーをつかったデザートのレシピをご紹介します。

レインシューズ

テーマ:
雨の日、なに履く?

もうず~っと前のコトですけど、、、レインブーツ


その日初対面の高校生のお友達のお家に行ったとき

フラリと彼の同級生が遊びに来て仲間に加わり

それからみんなで青山に出掛けることになりました。


出掛けるとき、そのお友達は、買ってきたばかりの新品のスニーカーに履き替えたんですスニーカー


お友達のお母様が

「あら、雨が降り出したんだから、新しいスニーカー履かなくても・・・」と言うと


お友達答えて曰く

「雨なんで、革靴を濡らしたくないんです」と、、、


彼、ドイツ人の血が半分入っている青年でした。

ドイツといえば、革も有名ですよね。


中学生のときにこのエピソードを目にして以来

雨の日の履物には本当に気を遣っています。


まず、お靴売り場には必ず雨対策用のお手入れ用品がありますよね。

有名なのは「アメダス」とか、コロニールというメーカーのクリーム製品で、これはクリームに防水機能が備わっています。

私はこれを併用しています。


白状しますと、最近は忙しさからつい手を抜いていますが

ちゃんと対策を講じておくと、確実にダメージは低い。


でも去年くらいから、もっといい傾向で

どう見てもビニール素材100%のお靴が結構出ているし

いわゆる子どものころの懐かしいレインシューズも

バリエーションを増やしていますね。

革靴は雨に濡らすと確実に痛みますから、雨の日には耐水性の高いお靴にしたいもの。


で、ワタクシはといえば、ビニール素材のイージーな感じの、サンダルっぽいお靴を履いています。

必ず普通の革靴かミュールを携帯し、ちょこちょこ履き替えるには、仰々しくないビニール靴はピッタリです♪


とはいえ、今年もよりいい雨の日用のお靴はないかと、探してはいるんですけどねぇ~

何かいいのないかしら?♪

レインシューズだけでなく、レインアイテムいろいろ、探してます。

復活します

テーマ:

昨年4月16日に書いたのを最後に、しばらく休止していました。

最後の日記を書いたころは、どうしていた頃だったかしら?


その間にいろいろありました。。


昨年6月に、愛犬のプッチーくんを失い涙に暮れる日々で、

気が付いたら、言葉が出なくなっていました。

日記も書けなくて、、、


この間にもメッセージをくださった方々、ありがとうございましたm(__)m


Ambrosial Rose...また書き綴ってまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。


好きなチョコレートは? 好きなチョコレートは?

実はチョコレートって、自分から積極的に食べない人なんです、、ワタクシ。
なぜって、いつも従妹がチョコレートを食べ過ぎて叱られている姿を身近に見ていて「私はそんなに食べないわ」っていう感覚が芽生えてしまったの。

生クリームたっぷりのケーキがあれば、それで充分だったし。

それでも美味しいチョコレートはやっぱり好きで
美味しいチョコレートしか食べたくなくて、
「ゴディバ」しか食べない子供でした。。

St. Valentine's Day...の時期になると、、、
マーケティングを扱う身として
チョコレート売り場は年単位での市場を見るのに格好の場なので
例年、バレンタインのプレゼントはしないけれど、チョコレート売り場だけは
覗いています。

近年いろいろなチョコレート・ブランドが日本にも上陸し
バレンタインにだけ登場する美味しいチョコレートもありますが、、、
私の近年お気に入りのチョコレートは、、、Neuhaus ノイハウス)」

ベルギーの老舗チョコレート店で、
チョコレートのプラリネを最初につくったお店です。

プラリネとは、フランス語で「糖衣(とうい)」の意味で
ナッツなどを砂糖衣で覆い、カラメルがけしたものを指すのですが
それをチョコレートの場合
少し練り状の柔らかいチョコレートを、普通のチョコレートで衣がけして一口大にまとめたもの、、つまり多くの「一粒チョコ」がそれに当たります。
それを最初につくったのが、ノイハウスなんです。

私がノイハウスを知ったのは、2年前の5月3日。
今では親しい男性からいただきました。

実は、、フランスの男性は女性への贈り物として
ボンボンやチョコレートをよく贈るんですよね。
私もお誕生日やお土産に、よくいただきました。

その男性の初期の印象が、“ちょっとパリジャンのような香りのする男性”
というイメージだったので
チョコレートのプレゼントが、とってもマッチして感じられたんですよね(^^)
あとで知ったところでは、
その頃ノイハウスは日本から撤退していたので
わざわざベルギーから帰国するガールフレンドにお土産としてお願いしたものを
初めてデートする私にプレゼントしてくださったらしい。
ヒドイお話ですよねぇ~~~(汗) 彼女、可哀相。

チョコレートで釣られるかほりさんではありませんが、
でもチョコレートは本当にとっても美味しかったので
プーちゃんにも少し分けてあげたくらい♪
(=「私の中で評価が高い」の意)

ノイハウスのチョコレートは質感も高く、ゴディバよりもお味がしっかりしていて
美味しいです。

2007年に日本に再上陸し、銀座2丁目にはカフェもあります。
そこでいただくフォンダンショコラは、かなり美味しいですよ♪

私には、そのノイハウスのチョコレートのお味は
その後の私の人生さえも大きく変えたお味でした。

今日、銀座で開かれたあるサロンの催しに連れて行っていただきました。

お連れくださった方とは20年来のお付き合いというファミリーのマダムとお話していたら、なんと!、ちっちゃな頃から可愛がっていただいているおば様方とお親しいとわかり、またまた、世間の狭さを感じるのですが、、、


ふと、気付いたんですね

     自分の言葉遣い、立ち居振る舞いに、、、


人にはそれぞれ、いくつかのお付き合いのパートがあると思います。

例えば会社の中でも、「同じ部署の仲間」、「同期の仲間」、「気の合う仲間」、、、etc.と、会社の中だけでもいくつかの仲間分けができます。

もっと範囲を広げれば、会社の仲間、学生時代の仲間、お稽古事で知り合った仲間などなにかの活動の仲間という具合に、皆さん周囲を見回せば、いくつもの交流のパートを持っていると思います。

そのどれかは居心地のいい仲間で、そのどれかは、必要に迫られて一緒にいる仲間だったりするでしょう。

そしてそのそれぞれのお相手、場面によって、上手に付き合い方を仕分けていますよね? 自分を使い分けていると思います。

ほら、使う言葉だって、振る舞いだって、サバサバしているか、ゆったりしているか、、違いますよね。砕けた感じか、、丁寧な感じか、、、など。
けれどその自分をあまり評価できなかったり、あまり好きでない場合もありますよね?


今日の私を振り返ったとき、あまり評価できない自分がいました。

共通の知人に嬉しい驚きを感じましたけれど、ふと振り返ったとき、

あれ???!!、あのおば様方(サロンのマダムと共通の知人)とお話しているときと、今日の私、違う。今日はいつものまんま、お仕事や、多くの時間を割いている活動での場面のときと同じ自分。

切り替えができなかったということではなく、いつの間にか自分のウェイトがシフトしていたことに気付き、ちょっと考えちゃいました。

それが好きな環境ならともかく、しばしばウンザリすることもあるのに、そこに染まってちゃ、、駄目ですよね。

なんか落ち込んじゃいます。

テーマ:

春を感じる瞬間は? 春を感じる瞬間は?

先日銀座の割烹料亭で、「つくし」をいただきました。

春なんだなぁ~音符

子供の頃、代々木公園に隣接するオリンピックセンターに、桜の季節になるとつくし採りと桜のスケッチに行っていました。
ちゃんと門衛さんのいる敷地内でしたが、当時そこにはガールスカウトの日本連盟事務局があり、役員の皆さまをよく存じ上げていたので、中に入れていただいて、なので安全で、一人で走り回っていましたニコニコ音符

お家に持ち帰ったつくしを、母がいつも佃煮にしていました。
ほろ苦い大人の味だけど、自分で採ってきたからか、あれは食べてましたね。

久しぶりのつくし...

もっちりとした胡麻豆腐の上に茹でて置いて、杏がかけてありました。
苦味が抜かれていたのが、ちょっともの足りなかったかなショック!

もうひとつは、菜の花とのごま和え。カラスミが添えてありました。

つくしのこういういただき方は初めてです音符

春を感じるお料理に欠かせないのが、ふきのとうの天ぷら。

春の食材には苦味があるものが多いでしょう!?
あれは、冬の間に体内に蓄えた脂肪を排除するためだそうです。
苦味は、毒消しなんですって。


私たち日本人は、食材から春を感じられる豊かな国に住んでいるんですね。

欧米では、日本よりも気温が低く、太陽のない長い冬の終わりを、復活祭(イースター)で感じます。
イースターの前の40日。「四旬節」を迎えると、復活祭の訪れを心待にするのは、寒い寒い、長い長い冬が終わり、春が訪れるのを待つ気持ちから。「復活」とは、主イエス・キリストの復活であり、生命の息吹を感じる復活でもあるんです。
ヨーロッパの春はイースターと共に訪れ、復活祭を迎えると途端に花々が咲き、動物の赤ちゃんが誕生します。

信仰で春を感じるヨーロッパも、日本の春も、

自然の恵みと共に春を感じているような気がします。