イタリアのご飯は、本当に美味しかったピンクハートピンクハートピンクハート






オーストリアには無い、海があるから、海の幸が沢山出てきて、美味しくて、美味しくて、毎日失神しそうで、(心の中で)叫びながら頂きましたラブ





















ビックリしたのが、スパゲッティが前菜という事。







最初からガッツリ!!!びっくり







そして、もう一つ意外だったのが、ピッツェリアに入らない限り、以外とピザがメニューに無いという事。







美味しそうなピザをみつけるのが案外大変でした。簡単に食べられるファーストフード的なピザはどこにでもあったけど、ちゃんとした釜で焼いたピザが食べたかった。









そして、そんなピザが食べられたのは高速道路横のパーキングエリアのピザでした。








全てイタリア語で、よくわからなかったけど、なんとなくアンチョビとトマトとオリーブって書いてあったから頼んでみたら、店員さんに凄い勢いで『このピザは少し変わっていて黒いんだよね、でもとっても美味しいよ』的な事を説明されました。今だになぜ生地が黒いのかは分からず。。。。でも本当に美味しかった。










日本以外の旅に出て、初めて日本食が恋しく無かった国でした。






いつもは旅の途中で『白米食べた〜い』ってなる😅






しかも、自宅に戻ってから、何使ったらいいか分からなくて2、3日、家の中で食べたものが不味かったです🥲舌が肥えたのか、自分の料理の腕が落ちたのか?!






作りたいと思う食事がイタリアンなのに、想像するイタリアンを作れるほど知識と材料が無い😛





イタリアの食事が美味しくて、習いたくなりましたニコニコ






まなみ





前回の続きニコニコ




みなさま、こんにちは。





ウィーンより、岡﨑麻奈未です。





そう、この食事を終えたのは夜の8時頃。






9時頃暗くなるのでそれまでに、寝場所を考えなければいけないのです。






山の頂上で、このレストランの駐車場でこのまま一夜を過ごすという案もあったのですが、なんとなく、山奥の自然に囲まれた中で眠るのもいいなーと思い、もう少し車を走らせる事にしました。






これが、なんとも悲惨な決断になるとはガーン









朝に、オーストリアとイタリアの国境をまたぎ、ベネチア→ボローニャと、大きな都市を横目にイタリアの自然の中を車を走らせること10時間🤪











素敵な食事にたどり着けたのは良かったものの、寝床にしようとした自然に囲まれた求めていた様な駐車場は現れず、山道の狭い一本道をひたすら走り続け、フィレンツェの横を通り過ぎ、なんと海が見えてきました🏖








海だー🌊星空じゃあ、ここら辺に車止めて休んで、明日はピサの斜塔でも行ってみようか、なんて言っていていたのも束の間、人!人!人!!!の嵐!!!!





バカンスの名所であるフィレンツェ近くの海には、たーーーーくさんの観光客が集まっていました。この時すでに夜の10時半過ぎ。





寝場所を。。。。





何とか、空いてる駐車場で、人気の少ないところを見つけ、夜の海をお散歩してから、目を瞑る事にしました。






。。。。







明るい。。。。電灯が煌びやか😵‍💫







。。。。







暑い。。。。イタリアの夜😵








。。。。








眠れない。。。。。。🥱







。。。。。







寝ては起きを繰り返し、夜中の4時に、1時間ほど車を走らせ、






『ピオンビーノ』という街に辿り着きました。







ピオンビーノには、大きな港があり、あたりの半島の横にある島へ船が出ている街です。





明るくなってきたころ、クタクタになりながら、今年初の海に入りました。







朝早く、誰もいない静かな海🏖












フェリーのチケットを購入し、とある島に行くことにしましたお願い






続く。



みなさま、こんにちは。






ウィーンより、岡﨑麻奈未です。







二週間の夏休みをいただき、しっかりオーストリアでグリーンパスをもらってから、車でイタリアに向かいました。






目的地は前もって決めず、ひたすら気分に任せてイタリアを回り、ただ人生を楽しむピンク薔薇が今回のテーマ。








高速道路を使わずに、アルプス山脈のカーブをひたすら走り続けました。




雲がかかってしまってますが、アルプス山脈特有のドロミーティもしっかりみることが出来ました!







川の色がエメナルドグリーンで素敵💕














そして、なんと、山中の細ーい道を走り抜けると出てきたのが、トリュフときのこのレストラン🥰🇮🇹✨







観光客がいないこの地域、言葉はもちろんイタリア語のみ。私の頭もドイツ語からから変わらずドギマギしましたが、なんとか注文UMAくん

すっっっっっばらしいお料理に巡り会うことが出来ました💖💖💖💖💖💖


計画無しで行く旅は、上手くいかないことがある事も承知の上で進むのですが、イタリア入って初の食事が大ヒットで大興奮でした🥰🥰🥰今まで食べたことのない新鮮な黒トリュフとキノコのバゲット!!これでたったの9ユーロでした!!!






素敵な食事を頂き、この日は車の中で眠ることにしました。





しかし、そんな簡単には行かないのが無計画旅には付き物なのです。





つづく🇮🇹

みなさま、こんにちは。







ウィーンより、岡崎麻奈未です。







オリンピックが世界中で賑わってますね。選手の方々の努力と、コロナの中でやり切る姿にとても尊敬します。






オリンピックに関して、コロナの影響で色々な意見があるけれど、どの決断をしても誰かしら納得しない世の中なのかなと思います。







コロナと上手に付き合っていくしかないこの世の中、決まり事を守って出来る事をやらせて頂いていきたいと考えるのですニコニコウイルスの動きとか、世界の動きとか、個人では判断しきれないので専門家の方々の意見を尊重していきたいです。







そんな中、無事に演劇『キックオフ』の10回公演を演じ切ることが出来ました。







沢山の方々に支えていただき、コロナの中でも無事に公演をこなすことが出来たこと心より感謝いたします。













最後の公演の日は、仲間達と沢山語り合い、踊り明かしました。







良いプロジェクトの後は、いつもこうなります。







公演後の雰囲気で、全ての良し悪しが分かりますニコニコ







次の作品の稽古も始まりました。







ヨーロッパは今はコロナの状況が落ち着いているけど、9月にはまた広がるという噂ですガーン






今出来ることを楽しんでいきたいと思います。








2週間の隔離がなければ、日本にも帰りたいです。






皆様熱い日々が続きますがご自愛ください。







麻奈未

みなさま、こんにちは。





ウィーンより、岡﨑麻奈未です。






人生とは思ってもない方向に進む。本当にいつもビックリします照れ







7月に3公演、ドイツ語の朗読に朗読する側として参加させていただきました。





10年前では考えられない。3年前でも無理だったと思う。今だからなんとかやり遂げられた感じです。






一つ目の朗読は、ダンテの新曲の地獄のシーンでした。イタリア人で、ドイツ語も英語もペラペラのロベルタさんがドイツ語訳を担当してくださり、読み切りました。





二つ目の朗読は、ホメーロスの叙事詩、オデュッセイアでした。ギリシャ神話はヨーロッパではキリスト教に次ぐ切っても切り離せない重要なお話。沢山のドイツ語のテキストの中、セイレーン役で少し歌あるシーンがありました。音楽があるとやっぱり落ち着くー照れ

すっごい必死にドイツ語を読むわたし笑い泣き






三つ目の朗読はジェイムス・ジョイスのユリシーズ。女優のみんな6人で1人の女性モリーを朗読しました。この朗読はとても凝っていて、みんなで大きなベットにネグリジェを着て寝っ転がって読む演出でした。





3度目ともなると、少し余裕の表情チュー




修学旅行の寝付かない夜の女子部屋な感じで、本番中も楽しめましたラブラブ









とてもいい経験をさせて頂きました。今は終わってホッとひと段落ですピンクハート





ウィーンは今日もあっつい夏日です太陽






みなさまも、お元気にお過ごしください。





麻奈未