このブログ同様、毎日更新しているものがあります。


それが…



Stand FM「りひとの歌ラジオ」

です。



アメブロ(Ameba blog)もスタエフ(Stand FM)も「毎日更新する!」と決めて、意地でも続けている訳ですが(「やる」と決めたらやる男)、その中身はだいぶ違います。




アメブロ「りひとのひとりごと」は…


シンプルに【日記】

その日に何をしたか…それも主に『どんな仕事をしたか?』ということを、ただただ記録していっています。



これは後で読み返す為のもので、スケジュール帳に記載漏れがあったりするのを防ぐ為だったりします。(確定申告の時に重宝)



なので、毎日読みに来てくれる読者の方には申し訳ないけど…自分の為だけに書いているもので、【読み物】としては、大した面白くないと思います。



一方、Stand FM「歌ラジオ」は…


僕の頭の中にある「音楽観」みたいなものを、ただただ思いつくままに、綴っている感じ。



そして、更にそれを聴いてくれたリスナーさん、特にメンバーシップの方々とそのテーマについて意見交換をしたりして、さらに思考を深めていくような…いわゆる『Brainstorming(ブレインストーミング)』を行なう【学び場】となっています。



最近は特にその傾向が強くなってきて、面白いです。ただ、もしかしたら多くの人にとっては「意味わからん」「興味ない」ことかもしれません…。


最近の放送をご紹介


4/20「ボーダーレスな音楽」

…音楽はどこから始まり、どこで終わるのか?


4/21「音楽は認知によって生まれ、認知できない世界を描く」

…音楽は存在しないものを認知して存在させるもの



…若干「哲学」的な話になってしまっていますが、今までにはない反響があったので、こういうマニアックな話をどんどんしていきたいと思います。



もし良かったらブログ同様、こちらも(聞き流しで良いので)毎日聴きに来てくださいね。


※アプリがなくても聴けますが、

①アプリをダウンロード

②メアド登録(アカウント作成)

③「りひとの歌ラジオ」をフォロー

…すると、毎日放送を聴くことができます。



元教え子がレッスンに来ました。

今回で2回目。



来月にオープンマイクのライブに出演するので、それに向けてのアドバイス。



前回アドバイスしたことは出来るようになっていたので、あとは曲の中身を煮詰めていきました。



いちおう今日のレッスンで『完成』。また不安になったら、いつでもおいで。






=5月=

1日(水)12:30〜15:30※上福岡

2日(木)10:00〜17:00



3日(金・祝)10:00〜21:00

4日(土・祝)10:00〜16:00

5日(日)終日


6日(月・祝)終日

7日(火)10:00〜18:00

9日(木)終日

10日(金)10:30〜16:00




13日(月)10:00〜16:00

14日(火)10:00〜18:00

15日(水)12:30〜17:00

16日(木)終日

17日(金)11:00〜16:00

18日(土)11:00〜17:00

19日(日)10:00〜18:00


20日(月)10:00〜16:00

21日(火)10:00〜18:00

22日(水)12:30〜17:00

23日(木)終日

24日(金)11:00〜16:00

25日(土)11:00〜17:00

26日(日)10:00〜18:00


27日(月)10:00〜16:00

28日(火)10:00〜18:00

29日(水)12:30〜17:00

30日(木)終日

31日(金)11:00〜16:00

「なつかしの歌をうたう会」を終えたら、そのまま同じ会場で『なつうた合唱団』の指導。


来月5/12の第100回「なつかしの歌をうたう会」で特別ステージを努めることになりました。


4曲ほど歌います。

毎月一回、文京シビックで開催している「なつかしよ歌をうたう会」も第99回。


いよいよ来月は第100回です。



2桁回最後の今回のテーマは、先日の「おうちでなつうた」同様…

「空と鳥」


そして、後半の「日本縦断 歌の旅」はついに最終回。47番目の都道府県は「宮城県」


僕のネクタイ…どうなってるんだ?!


第99回「なつかしの歌をうたう会」


op.ドレミの歌

〜テーマ「空と鳥」〜

1、鳩

2、すずめの学校

3、七つの子

4、歌を忘れたカナリヤ

5、カモメの水兵さん

6、空よ

7、空に太陽があるかぎり

8、大空と大地の中で

9、翼をください



=休憩=

独唱:歌の翼に(メンデルスゾーン)


〜日本縦断 歌の旅『宮城県』〜

独唱:宮城県民の歌

1、荒城の月(土井晩翠)

2、斎太郎節

3、おまえに(フランク永井)

4、青葉城恋歌

5、七夕さま

6、花は咲く



〜テーマ「空と鳥」続き〜

7、君をのせて

8、夢想花


End.今日の日はさようなら






夜はT1projectボーカルワークショップ指導。


今日は人数が多くて、スタジオの中が凄いことになっていました、


参加者…15名

見学者…3名

スタッフ…2名


3時間で15名のレッスン。しかも全員をちょっとだけ進歩させる。更に、僕は「レッスンはエンタメ」と思っているので、それを見ていても楽しめるように工夫しているつもりです。

※そうじゃないと大半がつまらない待ち時間になってしまうから…



何とかミッションをやり終え、個人的には充足感。新たな課題の発見や、トレーニング方法の伝授を今日なメインにしてきています。



見学希望があれば、ご連絡ください。




午前中から対面レッスン。


今日の生徒さんは、今回で3回目のレッスンだったと思います。



「響き」の作り方、捉え方から、舌根を動かしてコントロールする訓練、等、これまでやってきたものを踏まえつつ、今日も新しい課題に取り組んでもらいました。





この発声法は、実は僕が中学生の時に、音楽の先生(たぶん音大声楽科を卒業されてすぐ赴任した先生)が授業中におっしゃっていた方法で、それが未だに僕の記憶には強く残っていて…きっと僕が生まれて初めて「発声」というのを意識した瞬間だったと思います。



ただ、当時の僕は声変わりで声を枯らしてして、将来歌を仕事にするなんて1mmも考えていない時期ですから、それでも記憶のストックをしていたのは、今考えても何でなんだろう?と疑問に感じる不思議な現象です。



そこから自分でも試して、アレンジも加え、実際のレッスンでも活用させていただいています。




今、何気なく取り入れている情報も、もしかしたら後に役に立つかもしれない。そう思うと、一瞬一瞬、一つ一つが宝物のように思えて仕方ないのです。


▶︎個人レッスンスケジュール




6月は「合唱祭シーズン」ということで、指導している各合唱団の練習プロセスもだいたい似てくるのですが、先日の「樹」に続き、熊谷ベーレンタール男声合唱団でも今日から『暗譜期間』。



その為に、今日は何度も何度も同じ箇所を繰り返し、身体に音と歌詞を覚えこませる為の特訓をしました。



物語のように理解したり、口に覚え込ませたり…そうやって暗譜の手助けをしながら、表現の部分ではどんどん隙間を埋めていく作業。隙のない演奏を目指します。



一緒に歌っていたから、異常に疲れた…💧



午後は今日が初レッスンの生徒さん。

対面レッスンです。



ここのところ初レッスンのお申し込みが重なりました。おそらく4月の新年度ということで、新しい挑戦、新たな取り組みというのを始める人が多いのかもしれませんね。



その勇気を、ぜひサポートさせていただきます。



これまで自己流で、でも非常によく考えて、自分なりの方法論をお持ちの生徒さんでした。




特に「声種」に悩んでいるとのことでしたので、まずは声を聞かせてもらうと…

【低音域】と【高音域】で声質が変わるのでした。確かにこれは悩む。

ただ、そのことは良いとして、そのチェンジのタイミングが早い。



つまり低声はバスのような太い音質なのに、中間音域〜になると即座に頭声へと切り替えてしまう。



ご本人曰く「私は音域が狭いので切り替えないと出ないのです」とのこと。



そこで、声区の切り替えのタイミングを具体的な音高で規定していき、そこまでは我慢するようアドバイス。更に具体的には、どうやってチェンジを行なうのかをトレーニングして、最後に理論で解説。




実際には「カバー」というテクニックを伝授しました。生徒さん自身の基礎が出来ていたので、初回から高等テクニックをお伝えすることが出来ました。


大事なのは「思考する」ことですね。これからも頑張って通ってきてくださいね。

金曜朝は、オンラインサークル

「あさうた」

今月の課題曲は古典イタリア歌曲集より

"Gia il sole dal Gange"です。



僕も音大受験の為に、よく練習した記憶のある曲。とても歌い甲斐ある名曲です。



明るく、きらびやかな音色で歌いましょう。


来週も参加自由!

興味がありましたらご一報ください。


4月26日(金)9:30〜10:00

参加費:1,000円/1回