今夜は12月21日(月)コンサートの稽古。
オペラ「クリスマス・キャロル」ハイライトの練習も、ついに立ち稽古に入りました。

ハイライトならではの物語の凝縮や、少ない演者で話を紡いでいく制限がありますから、互いにアイディアを出しながら、新しい「クリスマス・キャロル」を作っていっています。


ところで、作曲者の塚田真理さんは、師でもある三善晃の音楽をしっかりと引き継いでいて、例えば僕の大好きな三善晃の合唱組曲「三つの抒情」のような瑞々しさと、どこか胸に引っかかるような一種の重さのようなものが混在しています。本当にこのオペラは素晴らしい名作で、おそらく日本のオペラ史に残されていくものになると思います。


ぜひ、皆様にもこの音をお届けしたい思います。

「クリスマスキャロル」をもう一度
2020年12月21日(月)19:00〜
渋谷「伝承ホール」
入場力:4,000円

ーーーーーーーーーー
こちらの公演もよろしくお願いします。
※良い席残り少なくなってきました!

「古澤利人リサイタル2021」
2021年1月8日(金)19:00〜
東京文化会館小ホール
全席指定:5,000円


今日は夜にT1projectボーカルクラスの指導がありました。みんな本当に上手くなっていくので、指導していても楽しいです。

T1の指導以外の時間は全て動画編集作業の時間。



動画編集作業はさほど大変でもないのですが、何よりも大変なのが素材集め。欲しい画のフリー素材を探し当てていく作業がまるで宝探し…。「良いのを見つけた!」と思ったらクソ高い料金だったりして凹んだり、1日に1枚しかダウンロードできないサイトで、さっきもう1枚使ったから2枚目が使用できなかったり…


などなどいろいろなドラマがありながら、一つ一つを丁寧に進めていっています。


ところで昨日も昼間は収録(歌)して、深夜まで編集してましたが、今日は昼間から作業していたのになかなか終わらず、やっと2曲完成したところで夜中の3時。今日はここまで。


2曲が限界なのかなぁ…


今夜は混声合唱団「樹」の指導。
現在、佐藤眞:作曲の組曲「旅」に取り組んでいます。


1曲目の「旅立つ日」を練習しています。
指揮棒入れ…作曲家・指揮者の相澤直人さんから自作してプレゼントしていただいたものです


音取りを終え、何となく歌えるようになったら、そこで終わりではなく、かなり緻密に音楽作りなどを行なっていきます。


曲の冒頭は「揃えよう」とせず、バラバラになっても良いから、全員が勇気を持って「飛び込む」こと。そうすると奇跡的にバシッと揃うのです。これを毎フレーズで行うこと。


冒頭の勇ましさに対して、中間部の穏やかな部分は「ハーモニー」と、その移り変わりを重視して。特に♯の臨時記号で一瞬転調する際の「明るさ、輝かしさ」をしっかりと表現しましょう。『pp』よりも『dolce』のニュアンスを優先して。

ソプラノ、最後の高音は「あこがれ」に向かって高らかに。
ーーーーーーーーーー
アドバイスをしていきながら、1〜4小節ずつ何度も繰り返して、コツコツと積み上げていきます。


最後に通して演奏した時、一瞬の隙もなくなるぐらい緻密で濃厚な音楽になります。こういう練習を続けていきたいと思います。

ーーーーーーーーーー
ところで、
昼間はひたすら収録でした。
今日一日かけて3曲の歌入れをすることができました。

途中、関西弁の台詞があり…完全耳コピーで、本当に1文節毎に何度も繰り返しながら、オリジナルの歌手さんのイントネーションなどを完全コピーするつもりで読みました。


深夜はそれに映像や動画を重ねていく編集作業。とてもかわいい動画が出来あがりました。まだまだあと4曲…毎日ほぼ徹夜。頑張ります。
→これらの動画は…
11月28日(土)20:30〜
「おうちでなつうた」
※有料:1,000円〜(視聴後→振込など)
連休最終日。
今日は敢えて仕事は入れず、息子たちの為に過ごしました。

5歳の次男は七五三の写真撮影と、お参り。
そして家族で食事をしました。

夕方は、録画撮影に参加してもらって、衣装替えやメイク直しなど、なかなかに大変な作業に付き合ってくれました。


子供たちを寝かしつけて、家族が寝静まってから編集作業。


歌の収録は昼間しかできないので、声を出せない夜中に編集作業をする習慣になっています。

素材はたくさん撮れたから、編集作業は楽しみながら…。


面白い動画になったと思うので、ぜひぜひ👇
こちらのイベントにご参加ください。
2020年11月28日(土)20:30〜21:30
Facebookページ「Natsuuta」
※今月から有料になります
 ▶︎視聴後に1,000〜円をお支払い願います。