先の緊急事態宣言を受けて、合唱指導など今月の仕事がほとんど飛んで無くなりました。

さぁ、どうやって生活しよう…。

まず今日は…朝イチに家族でほんの数分ドライブ。富士山がくっきり見えるスポットを走ってみんなで大はしゃぎしました。
朝食は映画「えんとつ町のプペル」とLAWSONのコラボ商品「ルビッチのふわふわたまご蒸しケーキ」と「えんとつ町のえんとつ風ロールケーキ」…特に後者のチーズで表現した煙のこだわりが凄い。美味でした。

ーーーーーーーー

その後は、昨夜やらかした息子たちに1週間のゲーム(ニンテンドーSwitch)禁止令を出した手前、他のことで目一杯遊んであげたい、ということもあって、朝からUNO→人生ゲーム→ドンジャラというフルコース。



午後は長男と家の周りをランニング6周。帰宅してから長男の「書初め大会」の為の特訓をしつつ、次男とUNO。その後は頑張った長男と再びドンジャラ。


…時の流れに身を任せたら、ドンジャラしかやってない…💦


いえいえ、その間も先日のリサイタルにお越しくださった方のアンケートを読んだり、snsへのレビューにコメントしたり、このリサイタルを経た次の一手を考えたり…と、いろいろやってはいるんですよ。


夕方に地域で行ってくださっている「おなかま食堂」でカレーを購入しに行ったり(1食100円!!)、その場でこの取り組みを行なってくださっている東海林さんと今後の音楽活動の展開についてお話を聞かせてもらったり、帰宅したら家族みんなで風呂に入ってからカレーを食べたり。


やっと家族が寝静まってから自分の時間…。
ーーーーーーー

さて、続々と仕事のキャンセルが伝えられる中、出演する予定のコンサートは予定通り実施されるとのこと。本当にありがとうございます。


頑張って声を仕上げていくぞ!
改めまして、昨夜の「古澤利人リサイタル2021」にお越しくださいました皆様、ありがとうございます。


今朝になって、たくさんの方からメッセージやOFUSE

、そしてsnsへのレビューなどを読ませていただき、涙があふれました。

何よりも、皆さんに喜んでもらえて嬉しかったです。
↑終演後


↓第2部開始前
パパゲーノ





家族で会場を後にします。
また絶対に、ここに帰ってくるぞ!
「古澤利人リサイタル2021」終演しました。
このような状況の中、お越しいただいた皆様には心より感謝申し上げます。
そして、ずっと応援してくださった皆様、今日来られなかった皆様にも。本当にありがとうございます。


正直なところ今は、まだいろんな想いが複雑に絡み合っていて、上手く整理できていません。


公演が終わってからの方が緊張しているかもしれません。この緊張から解かれるのは、まず2週間後までお客様も含めた関係者が一人も感染しなかったことを確認できて初めてホッとすることができるでしょう。


そして、リサイタルを強行したことで「来られなかった人」を作ってしまったことに対して、絶対に何かをお返しする事。


これら二つの事をクリアしてやっとこの公演は終えることができます。

ーーーーーーー
共演者の皆さんも、直前まで「中止するの?やるの?」という想いでスタンバイしていただいた状態で、なかなかモチベーションを保つのが大変だったと思います。

本当にありがとうございました。
ーーーーーーーー
そして、この公演実施を実現してくださいました、東京労音の皆様、東京文化会館の皆様、本当に、本当にありがとうございました。


最後のMCで言う予定だったのに、うっかり言い忘れてしまったことがあります。

「また来年、
 古澤利人リサイタル2022
 東京文化会館で、
 お待ちしています!」
今朝は息子たちとランニングからスタート。その後は軽く筋トレをして、食事もしっかり摂ってスタンバイ。


会場入りして、諸々の事務仕事を終え、リハーサルも一通り終わりました。


肩にズッシリと何かが乗っているような重さ…いろんなものを背負う重さ。しっかりと味わいたいと思います。
↑お越しになられる皆様、よろしくお願いいたします。
政府からの緊急事態宣言が発令されました。

20:00以降の外出自粛要請や、飲食店の時短営業要請が含まれた今回の緊急事態宣言。劇場やイベントに関しては以下のような制限が発せられました。


ーーーーーーーー
規制概要

・上限規制 5,000人未満。
・収容率 一律50%未満。
但し既に販売しているチケットについては50%以上でも可(50%以上販売している公演は新規販売は不可、50%未満の販売は継続販売可)。
・20時以降の取り扱い 既に販売している公演については20時以後の終演でも可 (新規発売 1月10日~2月9日発売の公演は20時までに終演とする)。
・1月10日より適用し、2月9日まで。

ーーーーーーーーー

明日の「古澤利人リサイタル2021」は、主催である東京労音と東京文化会館の協議の結果…予定通り実施することが決まりました。Facebook内でご報告

ここで「やったー!」という気持ちは一切なく、むしろこれまで以上に気が引き締まる想いです。

そもそもチケットを購入して待っていてくださったけれど、各々のご事情で、この状況でのコンサートご来場を控える決断をしてくださった方々には本当に申し訳ないです。

そして明日お越しくださる皆様には少なからず感染リスクを負わせてしまうこともとても心苦しく思います。

まずは明日のお客様を全員守る為に出来うる限りの感染予防対策をスタッフと連携して徹底します。この事はお越しになるお客様にも全面協力してもらわなければなりません。まずご自身が、そして他の方も、誰一人として感染させない、という意識を一丸となって高めていって、一緒にコンサートを無事成功させていきたいと思います。

その為に、これまで徹底的にお客様とコミュニケーションをはかる取り組みをしてきました。

そして、当日のご来場へのご判断に対しては、きちんと選択肢をご用意すること。ご来場を断念された場合の代わりのサービスを準備すること。各々の判断を最大級に支持すること。

これらをニュースタイルの公演形態にしていきたいと思います。

明日、お越しになれない方々が決して悲しい想いや損をしないよう、公演終了後になりますが、ワタクシ、考えます!!

自己判断をされた皆様が、胸を張っていただけるようなシステムを作っていきます。乞うご期待あれ!(まだノープランですが…漠然とは施策があります)

ーーーーーーー

ところで、この実施発表をしてから、たくさんの方からご連絡をいただきました。ありがとうございます。

明日は頑張ってきます!