こんにちは
ひさしぶりのブログです。


だいぶ間があきましたが、食に関する内容です。
冬に備える体力づくり!


冬場、多くの女性は手足の冷えに悩まされます。
例にもれず、私も冷え性で、冬は足先が冷えてくるタイプです。

今年の夏は、30℃ごえが普通
地震・台風で体調がすぐれなかった方も多いのではないでしょうか?





そこで、
冬に備える体力づくりのまえに、
酷暑で弱った身体を休めませんか?


まずは夏の疲れをとるために、
滋養のある料理で崩れた体調を通常通りに戻しましょう!








滋養のある料理で、思いつくのはサムゲタン






サムゲタンは、韓国料理でもち米、なつめ、高麗人参などを丸鶏のお腹に詰めた物を長時間煮込んで作ります。


今まではカルディやコストコで販売しているレトルトパウチのものをいただいてました。


ですが、もっと手軽に食べたくなり、
お家でそれっぽい料理をつくることにしました。







とりのサムゲタン風スープ

【材料】3~4人前
・手羽元(もしくは手羽先) 10本 
・ネギ      2本
・水       1000ml

(A)
・酒       大さじ2
・塩       大さじ1
・にんにく    2片(チューブでもOK)
・しょうが    2片(チューブでもOK)

〈以下あれば〉(B) なくて大丈夫です!
・クコの実    10粒ほど
・松の実     大さじ1
・干しなつめ   4~5個
・甘栗      4~5個 
・もち米(米)  大さじ2

【作り方】
1、手羽元は、塩大さじ1、料理酒大さじ1(分量外)に10分ほどつけこむ。ネギは斜め切りにする。先の青い部分は飾り用に少しとりわけておく。にんにく、生姜は薄切りにする。

2、圧力鍋に1、A、あればBをいれて蓋をしめ、火にかける。圧力がかかったら、弱火にして10~15分ほど。

3、圧力がぬけたら、器によそい、出来上がりに、とりわけたネギをちらす。




【ポイント】
・味が薄い場合は、塩・ゴマ油・コショウなどで好みにしあげます。

・具材は好みで、増やしてください。
 冷凍庫に眠っているキノコ類を入れたりします。
 人参をいれると彩りがよいです。

・骨つき肉を使用することで、ダシがでてきます。

・圧力鍋で、食べにくい印象の手羽元がほろりとした柔らかい肉にかります。

・骨つき肉が苦手な方や小さなお子さん向けには、取り分けの際、肉の代わりに豆腐を入れるのもおすすめです。
圧力がぬけたあとのお鍋に食べやすい大きさに切った豆腐をいれてあたためた後にいただきます。




圧力鍋を使うと、煮込み時間が少なくでよいですよね!



余った時は、翌日らカレー粉をいれてカレースープ
カレールーをいれてカレーとしていただきます。
ダシがでているので美味しいです😁



私が使用している圧力鍋は20~30年ほど前の古そうなタイプ。
圧力がかかっているときは、シュンシュンとピンが勢いよくまわってます。



圧力鍋というと不安を感じるかたもいらっしやるかもしれません💦
説明書をしっかりよんで、正しい使い方をしてくださいね!



滋養のある料理で
まずは弱った身体を整えて
冬に備える体力づくりをしてみてはいかがでしょうか?