幸せな家庭の作り方〜Happy Family 〜

幸せな家庭の作り方〜Happy Family 〜

東京・下町で5人の子どもを育てている子だくさんアラフィフママのブログです。

■竹内まゆみの講座・イベント情報■

現在は新規募集をお休みしております。
NEW !
テーマ:
こんばんは、竹内まゆみです。

実家の母は、ときどきふらっとわが家にやってきて、手作りのお惣菜を届けてくれたりします。



食費1日2000円家計が続いているのは、こうして食材を買わなくていい日があることとも、決して無関係ではありません!

本当にありがたいですキラキラ


母が来る日は、だいたい決まっていて、週末か、お稽古ごとに行く水曜日なのです。

でも…

なぜか先日、木曜日に来たのです。
(パートの有給が残っていて休んだから、と)

木曜日に母が来るのは予測していなくて…

「ソラマチで船橋屋さんの出来立てのくずもちを買ったから、早く届けてあげようと思って…」

と言ってました。

船橋屋さんのくずもち、子どもの頃から大好きなんですけど…

その日は私はクタクタだったので、夕飯作りながらも「眠いなぁ」と思っていたんです。

で、たまたま子どもたちと夕飯は鶏のからあげって約束していたので、下味をつけて準備してあって。

イレギュラーに母のお惣菜が届いたけれど、夕飯のメニューを変更するつもりはなく。

疲れと眠さでボーっとしながらからあげを揚げていて。

余裕があればお茶やコーヒーを入れておしゃべりするんですけどね。

その日はホントに疲れてて、早く揚げ物を済ませたかったんですよね。

だから、母が色々話しかけてくるんですけど、耳に入ってこなくて。

でね、何度も

「そのお肉は、ムネ肉なの?モモ肉なの?」

って聞いてくるんです。

母が来たときに

「昨日、鶏のモモ肉が安かったから、今日はからあげにしようと思って準備してあるんだ」

って話したのに〜〜〜

また説明するのもホントに面倒で、何度も同じことを聞いてきてうるさいなぁと思って

「も〜〜〜!最初にモモ肉って言ったでしょ?!」

って、ちょっとキレ気味に言ったら、母が怒ってしまい

「なんなのよ!ちょっと聞いただけじゃないのよ」

って言って

もうちょっとなんだかんだと文句を言ってから、

プンプン怒って帰って行きました…。




で、何日くらい経ったかな?


娘の携帯に電話がかかってきて。

ウトウト眠っていた娘に

「ママ、おばあちゃんだから出て」

と言われて出たら

「あら、なんであなたが出るの?娘ちゃんの携帯にかけたのに」

「怒ってるから、怖いな〜と思ってあなたの携帯にはかけなかったのよ」

って言うんですよ〜


もう、びっくり!



私は、疲れてるときに何度も同じこと聞かれて面倒だっただけだよ〜

怒って帰ったの、そっちでしょ?!

「怖〜〜〜い」って、こっちのセリフだわ!

なんて思いながらも、

母が、怒ったことを忘れているのがおかしくて…なんだか笑ってしまいました。


母の言い分は、私が怒ってて怖いから近づかないように、用事があるけど娘の携帯にかけた、とのこと。


用事っていうのは、長男の成人式のお祝いをいただいた親戚へのお返しが終わっているのか?ということこと。

母方の親族は、お祝い返しは、半額の商品券というのが慣例化していて、準備するものは決まっていたのですけど

私もリフォームの準備が終わらないと落ちつかなくて、でも夫が「そろそろ送らないとね」と言っていたところでした。

だから

「パパと、そろそろ送らないとねって話してたよ」

と伝えました。

そうしたら

「あのね、ちょっと決まったことがあるんだけど、言ってもいいかな?」

と。

何を改まった話をされるのか?とかまえて、ちょっとドキッとしたんですけど、

「〇〇ちゃんのお祝い、私はあげないことにしたの」

と。

〇〇ちゃんというのは、私のいとこの孫。

おば(母の姉)のひ孫なんです。

その子が小学校に上がるのに、いとことおばはお祝いを渡すけれど、

「私は〇〇ちゃんへのお祝いはもうあげないことに決めたから!」

と言いました。


おばのひ孫のお祝い…どうでもいいわ


これが、母からしたら重要な決断であり、重大発表だったようです…



もう…

疲れるショック



でもね…

「これを平和というのかな〜?」

なんてことも思うんです。



きっと、他人が聞いたら、ものすご〜〜〜く

くだらない会話ですよねアセアセ



でも、私の日常、いつもこんな感じです。



家族も夫婦も、仲が良いとは思うけれど、ケンカも言い合いもするし

こうやって、いつの間にか仲直りして、また普通に話しているし。


こういうエピソードも、ドラマティックに書こうと思えば書けるけれどね…


そのまんまの自分をさらけ出せば出すほど、大したことはなく、

サザエさん家みたいな日常の繰り返しです。



親子ゲンカも夫婦ゲンカも、そんな日常の中に普通にあります。


でもね

ケンカしてもまたいつも通りに戻れる」

こと。


これがまた、じわじわと幸せだなぁと思ったり。

私にとっての普通って「=幸せ」という定義なんですね。

代わり映えのない、普通の生活が幸せ♡


家族がいれば、なんだかんだ色々なことが起こるのが当たり前で

感情的になることもあれば、うるさいな〜1人になりたいなぁなんて思うこともあれば

楽しくて可愛くてしょうがないときもある。



ホントに普通です、私。



ただの普通の主婦です。


それでも


心の中はかなり幸せを保っているんじゃないかと思っています。

先日久しぶりにスタバへ…!抹茶フラペチーノにコーヒーゼリーをプラスしました。ゼリーを飲むの、大好きです♡

テーマ:
今日はお金と家計の講座をしました。

講座の中でお話したのですが

専業主婦の方も、自分の「おこづかい」は必要です。

金額はいくらでもいいです。(無理のない金額で)

自分の自由に使えるお金は大切です。

誰にも使い道をとやかく言われない、自分だけのお金があった方が、相手(夫)のお金使い道にも寛大になれます。

自分のお金を、自分を幸せにするために使ってくださいね♡

そして、お金の支払いには、優先順位があります。

固定費(毎月必ず支払うお金・おこづかい含む)
変動費(生活に必要な食費や日用品・学用品などを買うお金)
特別費(レジャー・被服費・旅行費・家具の買い替えなど余裕があれば使えるお金)

他に、予備費(交際費や臨時出費のためのお金)があります。

生きていくのに必要なお金から優先順位が高いのです。

生活に必要なお金の額、把握していますか?

1ヶ月に必ずかかる生活費は、夫婦で共有するのがおススメです。

ちゃんと伝えないと

ダンナさまは、生活するのにいくら必要なのか?わかりません。

伝えていないのに、ダンナさまから察して多めに渡してくれるとは考えにくいです…!

ゆっちさんがこちらにバッチリまとめてくださっていますよ♪


テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

4年前の今日は大学の卒業式でした。

勤続20年以上になった職を辞して

41歳の妊娠中に、心理学部の通信科に編入。

産後も休まず、2年で卒業しました。

なんでそんなに学びたかったのか?

産後でも続けられのか?

自分でも不思議なのですが、やっぱり楽しかったんですよね。


テスト前に「全然勉強してない、やばいよ〜」と言いつつも、常に成績の良かった学生時代の友達の心理。

産後の夫の心理。(産後の女性の心理ならわかるけれど、妻の産後の男性心理なんて知らなかった!)

良い子を演じてきた女性が母になって壊れる心理などなど…

そうか、そういうことだったのか

「あぁ、あのときはこういう心理だったんだな」

「こういう心のしくみがはたらいていたのか!」

と、自分のことも、周りの人のことも

今までの人生が紐解けていきました。

しかしこの学位記、どこにあるんだろ?(捨ててはいないはず)

テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

失敗は男性を育てます。
 
それは、失敗はものすごい痛みだからです。

二度と同じ失敗をしたくないから、以前失敗した脳内回路はたどるものか!と学びます。

男の子も、失敗から育ちます。

失敗から守っていたら、男の子は育ちません。

ママがいないと生きていけない子になるだけです。

自立できる男の子を育てようと思ったら、家の中で失敗をして学ぶのが近道です。


テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

7人家族で1日の食費が2000円(お米以外)のわが家。

月に2回くらいは業務スーパーに行って、まとめ買いをします。

その場合は、例えば5日分の食費を使ったら1万円になります。

まとめ買いしたら他にあまり買い物に行かずに済むので、そこで調整。

1ヶ月の予算内にはおさまるようにしています。

先日は、小学生の野球の練習に持っていく粉末の↓スポドリをまとめ買いしに行きました。
5箱で1840円。

焼きのりと韓国のりも、野球の練習のおにぎり用です。


↓こちらは普段使いの食材。

森永の北海道バターは200g370円!

お菓子作りの好きなママ友に教えたら

「安〜い、私も買いに行く!」

って言ってました^ ^



↓こちらは私用の飲み物。
紅茶100パック298円
チャイ198円
ザクロ酢298円!

他のスーパーと比べて、100円くらい安い感じです。

↓こちらはおやつとおつまみ系。
↑全部58円〜78円!
安くて買いすぎちゃうので、これくらいにしておきました。

他の食べ物をたくさん買ったので、野菜がもてずアセアセ
大根129円とジャガイモ99円だけにしました。

激安なので、いつも業務スーパーで買う日用品
トイレクリーナー58円
ウェットのフローリングシート65円


他に、冷凍の讃岐うどんも買いました。
(帰宅してすぐに冷凍庫に入れてしまい画像がなかった!)

持って帰れるならもっと買いたいくらいなのですが、電動自転車なのでこの量が限界…ショボーン

もうすぐ春休み!

その前にもう一度まとめ買いに行こうと思っています♪

テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

壁紙探しの旅も、やっと終わりに近づいています。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます♡

東リショールームの後は…

五反田から山手線に乗って、新大久保へ。

新大久保の駅で降りたのは、もしかしたら初めてかも知れないのですが…

すごい人でびっくりしました!

多国籍な感じでした。

リリカラショールームは、気になっていたものの


地図を見ても、全然わからず、たどり着ける気がしなくて…

一番最後、後回しにしてしまったのでした。

駅から迷い込んだ道で、こんなインド風の神さまを見かけました。

なんの建物なんだろう??

そんなこんなで、やっとたどり着きました、リリカラショールーム!

現在のわが家のネイビーの壁紙はリリカラの商品で、こちらです。

実物もあった、これだ!

この壁紙、とても強いなぁと思っていたら、【スーパー強化壁紙】という機能性の高いものでした。

ペットのひっかきキズなどに対応した破れにくいクロスだそうです✴︎

授乳室もこ〜んなにか可愛くて、思わずパチリ♪

授乳室もそうでしたが、トイレの壁紙にも、こんな風にちゃんと壁紙の品番が書いてありました。

そしてそして…

リリカラショールームでいただいたサンプルはこちら!
↑今までで一番、パープルやラベンダー系の色が充実していたような気がします!

こちらは、いつもついもらってしまう、蓄光の壁紙。

リリカラのキャラクター壁紙は…

ミッフィちゃんでした♡


この後、新宿のトクラスショールームに寄りまして…

キッチンの扉の面材と、リリカラの壁紙を合わせてみました。

今のところ一番の候補は

このグリーン系のスーパー強化壁紙です。


他にも色々並べてみました。

やっぱりパープル系は、ピンクの面材としっくりくるな〜

このラベンダー色が好き〜





家に帰ってきてからは、キッチンのイメージと、ロイヤルコペンのプレートと合わせてみて…。

グリーンか


ラベンダーか…?

工事が来週末なので、そろそろ発注しなくては!です。

最後の2択で迷いに迷っていますが

グリーン系の方が、だいごが「キレイ!」って言うんですよね。

プレートのの絵柄が映えるみたいです。

私は、両方好きな色なので、どちらに決まってもいいので、

だいごの喜ぶ様子を見て、グリーン系に傾いています。

さて、わが家の壁紙はどうなるでしょうか?

4月になったら工事後の部屋の様子を載せられるので…

よかったらまたお読みいただけるとうれしいです♡

テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。


④とは別の日になりますが、五反田にある東リショールームに行きました。

ショールームのある、東京デザインセンターのビルの入り口には、里桜の鉢植えが桜


五反田の駅から3分くらいでした。

ショールームでは、こちらのカタログを用意していただきました。

東リショールームでは、カラーインデックスを眺めてウットリ…

ここでは、緑系のグラデーションがキレイだな〜と思いました。
ブルーパープルは、落ち着いた感じでした。

いただいた壁紙サンプルはこちら。
↑他では見ない色があったなぁという印象です。

東リには、壁紙よりもフロアマットに興味があって来たので

フロアマットも、今まで見たことのないデザインがあって心踊りました♪
水色の2枚、とってもキレイでした。

でも…

個性的すぎると、毎日見ていて飽きる気がしたことと。

わが家の1階のトイレは青系で、2階のトイレはピンクグレー系にしていて

今回フロアマットをリフォーム予定なのは2階のトイレなので

サンプルはこちらの2枚にしました。

東リと言ったら、“アタック25のスポンサー”ということばかり思い浮かんでいた私でした…。

さて、ここから、新大久保のリリカラショールームに向かいます!

(続く)

テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

ブログの記録が現在に追いつきませんアセアセ

が、壁紙選びをブログに書かれている方の記事がとても参考になったので、私も残しておきたいと思います。


サンゲツ品川ショールームの後は、自由が丘にあるシンコールショールームへ!

わが家のカーテンはすべてシンコールでオーダーしたもの。

カーテンとお揃いの生地でクッションも作っていただいた、大のお気に入りです♡

ただ、カーテンはカタログから選んだので、一度ショールームに行ってみたかったの。

品川から大井町に出て移動しました。

Googleマップすら読み取れない“地図の読めない女”の私は、自由が丘の駅を降りてすぐに交番に行って道を聞きました!

「緑道を真っ直ぐ行ったら右だよ〜」と言われて、オシャレな街並みを歩いて向かいます。

駅から徒歩5分くらい、奥沢教会の近くのマンションの1階にありました。

シンコールは、ローラアシュレイの壁紙の国内ライセンスを持っていて

入り口を入ると、まず、ローラアシュレイの壁紙が展示してありました。
↑一番右のブルーとグリーンの花柄も好きだな〜

ショールームに着くと、カタログとお茶を出してくださり、受付の方がとても親切♪

今、カーテンを使っていることをお話したら、 見本を出ししてくださり、大きな生地で壁紙と合わせることができました。

カーテン生地の花の中から一色取って、ラベンダー色と合わせてみました。


ちょっと和紙っぽいかな?

もう少し薄いラベンダー色も。


シンコールで候補に上がったのはこのラベンダー色のみでした。

それから

ローラアシュレイの壁紙を、しばし時間を忘れて芸術作品を見るように眺めていました

たくさんあって、ウットリ…♡



他にも、個性的な柄の珍しい壁紙があり、ホントに見ているだけで楽しい!


シンコールでいただいたサンプルはこちらです。

最初に選んだラベンダー色以外は、柄のものばかり。

りらっくまのキャラクター壁紙もいただきました♪


こちらは、クッションフロアです。


↑一番右のグレーのタイル模様が気に入っています♪

シンコールショールームの受付に飾ってあった、ファブリックパネル。

集めた壁紙サンプルも、こんな風にパネルにしたらステキだな〜と思いました。

シンコールは、壁紙・カーテン・クッションフロアの他にイスの張り替え生地の見本もあって、イスの張り替えもしたくなっちゃて…!

またゆっくり来たいなぁ〜と、後ろ髪引かれながら帰りました。

そして壁紙探しの旅は続きます。


テーマ:
こんにちは!竹内まゆみです。

こちらの記事に続いて、壁紙探しの話題が続きます。

もしよかったらお付き合いください♪

先日、2度目のサンゲツショールームに行きました。
新幹線が通ると思わず写真を撮ってしまう…

サンゲツ品川ショールーム、広々として、何度来ても心踊るステキなインテリア、です♡

前回は、こんなイメージで、レンガ調の壁紙にしようかと思ったのですが…

実は、カーテンの存在を忘れていました!


この花柄と調和する壁紙は、レンガの他にもっとあるだろうな!

ということで

カーテンとおそろいで作ったクッションカバーを持参して、いざショールームへ…!

黄色で囲んだ、キッチン背面のアクセントクロスもちょうどサンゲツのものなので、
 
現地で同じものを持ってきて合わせてみました。

今のわが家の壁紙より薄いネイビー。

ピンク寄りのラベンダー色。

織りの入ったラベンダー色。

↑この上に、私のコレクション

ロイヤルコペンハーゲンのイヤープレート

これを飾ることをイメージしながら…選びましたよ〜



そうそう、

汚れ防止壁紙と、一般壁紙の汚れ落ちを試せるコーナーもありました。

油性ペンで書いて〜

中性洗剤でこすると、こんな感じでした。

完全に落ちるわけじゃないんですねあせる

さて、今回も、気に入ったもの20枚まで、A4サイズのサンプルいただきました。

サンプルを待っている間は、フリードリンクのコーナーで。

ドリンクサービスは、新宿のクリナップキッチンタウが一番でしたが、次にサンゲツ品川ショールームが充実していました!

夫はアイスコーヒー、私はホットの紅茶です。

いただいたサンプルは、こちら〜キラキラ
グレーからブルーグレー、パープル、ピンクのグラデーションにしてみました。

こちらは、今回は使わないけれど、デザインか気に入ったもの。

スヌーピのサンプルも♡

こちらは、クッションフロア。
トイレのクッションフロアは、ピンク系か、白×グレーの2択で迷っています。

壁紙は、結局、これ!というものは見つかりませんでしたが

何度行っても楽しいサンゲツ品川ショールームでした。

ただ、ラベンダー色が気になり始めたので、他のメーカーのラベンダー色の壁紙も見てみたいな、と。

この後、大井町を回って、自由が丘にあるシンコールのショールームに移動します!
(続く)

テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

少しずつ、春を感じる今日この頃。

かつてのクライアントさまから、新しい出発の連絡をいただきます。

悩み苦しんだときも、自分からは逃げられない。

自分自身と向き合って、一生懸命生き抜いてきたからこそ…

納得して、やれることをやり切って

新しい道を進む姿に清々しさを感じ

心からのエールを送らずにはいられません。



どんな道を選んでも、いつもいつも応援しています♡



男女の人生が、ある一時期重なることもあり、

また、違う道を歩む時期もあるのは、自然なことでもあります。

「どうしてこうなったのか?」を考えて、修復できることもあれば

「これからの幸せ」を考えたときに、違う道を歩むこともある。

それぞれの幸せのために、これから何ができるのか?

もし、お子さんがいて、離婚を迷っている方がいらしたら、ぜひこの本を読んでみてくださいね。

Ameba人気のブログ