幸せな家庭の作り方〜Happy Family 〜

幸せな家庭の作り方〜Happy Family 〜

東京・下町で5人の子どもを育てている子だくさんアラフィフママのブログです。

■竹内まゆみの講座・イベント情報■

現在は新規募集をお休みしております。
NEW !
テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

今日は、だいごとちぇちぇの発表会でした♪

ちぇちぇのクラスの劇が『うらしま太郎』と決まってから、「うらしまさんの役をやりたいなぁ〜」と言っていたちぇちぇ。


くじ引きでかめ役が決まって

「うらしまさんがやりたかったのに」

と言ったものの、かめ役にも一生懸命

毎日、セリフを書いた紙を登園リュックに入れて持ち歩いていました。


家でも「かめ」になりきって

うらしま太郎を乗せて泳ぐ練習をしていました。


今日は、ニッコニコの笑顔で、かめ役を楽しんでいたちぇちぇでした。

終わってから、私の実家の両親も来ていたので、みんなで食事しました♡

エビフライ大好きなちぇちぇ、うれしそうです♡

デザートビュッフェのシャーベットは5回も取りに行くほど気に入ってました!

担任の先生は、希望の役と違ったことを気にされていて。

ちぇちぇも今日、最後まで

「うらしまさんやりたかったな〜」

って言っていたけれど…

それでもこの取り組み方と楽しみ方

多少希望と違っても、不満気に過ごすのではなく

与えられたことに一生懸命なちぇちぇ。

わが子ながら、見ていて清々しいなぁと思いました。

いつも親バカですみません


他のクラスの劇なども素晴らしく、子どもたちの成長に、1日、とっても楽しませてもらいました。

そして私は…

帰りにクラスのママたちでくじ引きをして、3月の卒園式の送辞役を引き当ててしまいました

14人なので1/14の確率

なんでそういうの引き当てちゃうんだろう???

ママ友たちは、

「パパにやってもらえばいいよ〜」

って。

はい、夫ににやってもらいます。

しかし、再来年の卒園式の答辞はSちゃんパパだよす

(ブログを読んでくれているSちゃんママのNちゃん、気づくかな?

テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

3年前の今ごろ。

私は、大きな無力感の中にいました。



小さいけれども存在の大きな、お腹の赤ちゃんの命。

自分の中にいるのに何もできなくて

私って、なんて無力なのだろうと…



流産が起こっているのに何もできない…

大量の出血とともに、育たなかった命が流れていくことを

ただ、そにいて受け止めるだけ。


私は、ただここにいるだけしかできない。


でも…

もし、この命が私のお腹に来てくれたことの意味があるなら

私は、この子からのメッセージをしっかり受け取りたい。

そんな風に思っていました。

そして…

「そこにいるだけで価値がある」

「生きているだけで、与えられる恩恵を受け取っていい」

というメッセージを受け取り、それを自分に許可し続けてきました。


このときは、流産がわかってもセミナーや講座を続けていたくらい、たくさんお申し込みをいただいていた時期でした。

そして、医師が流産の手術のすすめるのを聞かず、自然流産を待っていました。

私は出産時の出血が少ない体質なのもあり(毎回母子手帳の記録には180ml、少量に丸がついています)

「希望通り様子を見ましょう。ただし、何かあればすぐに手術すること」

と、毎週受診することを条件に、自然流産を待ちました。

そして自宅で出産時のような出血をして、お腹の赤ちゃんとお別れをしました。

流産後は、あまりに体力も気力も落ち込んでしまって、自分のメンタルが安定しないため、新規カウンセリングの募集を休止しました。
(継続・リピーターの方だけお受けしていました)

もうあきらめていましたが

それからまた翌年妊娠し、4男だいごを出産。

色々な変化を受け止めながら、あっという間に3年が経っていました。


実は先日、3年ぶりにホテルラウンジでの対面カウンセリングをしました。

もうカウンセラーとしての仕事はできないかも…と思いつつ、お申し込みを閉じたので

またこんな日がくるとは思っていませんでした。

「会ってお話したい」と言ってくださるクライアントさまに、心から感謝しています。 



私の前職、6年前に、公立保育園の保育士を20年と6ヶ月勤めて退職したこと。

それから、大学の心理学科に編入し学び直したこと。

それらの経験が、今のカウンセラーの仕事にとても役に立っています。

(掲載許可いただきました)

甘いとしょっぱいのバランスの良いアフタヌーンティー、とっても美味しかったです

さまざまな変化のある女性の人生。

妊娠・出産や体調不良、家族の事情など、仕事や、やりたいことが思うようにできないジレンマを感じる時期もあります。

でも、少し離れても、必然に導かれて、その道に戻ることもあるのだなぁと。

できないときは、できない。

そのときに、自分のいる場所にいるだけだって、大丈夫。

流れに逆らわず、これからも自分の人生を信頼して、日々を過ごしていきたいと思います。

3年前の今日の記事。



テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

 セブンイレブンで新発売の、

チョコレートがかかった「チョコメロンパン」
「わぁ〜、チョコがかかってる〜

周りのクッキー生地も美味しい

って絶賛したら、夫か3日続けて買ってきてくれました…
(毎日食べたらさすがに飽きるかも&太るかも〜)

昨日は、喉の痛みから発熱して、汗をたくさんかきながら布団にもぐって寝ていました。

うがいしたり、スプレーシュッシュしたり、トローチ舐めたり…

夜中に「冷たいパピコが食べたい…」と言ったら、またまた夫がセブンイレブンに行って買ってきてくれたのですが…

夜中で、夫も疲れていたんでしょうね。

お財布を落としてしまったそうです

しかし、男のプライド?

何ごともなかったかのように、冷静に、クレジットカードの停止などの手続きをしていました。

あ〜余計なことをつぶやいてしまって申し訳なかったなんて思うけど

子どもだったら

「もう、何やってるの?気をつけなさい」

なんて言っちゃうけど…

夫は大人なのでね。

失敗も糧になるでしょう。


テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。   

昨日ご紹介した、芙蓉さんのお宅のディスプレイ、何度見てもうっとり幸せな気持ちになります…


芙蓉さんとは、45歳で出産した、アラフィフ子育て仲間なのですが、

お互いに成人した長男がいる点も共通しています。

ウチはまだ大学生ですが、芙蓉さんのご長男、はなみちクンは、もう社会に出て立派にお仕事されています。

そんなはなみちクンが、ブログに

【人生を成功・幸せにするのに必要な、大前提の原則】

について書かれていました。

とってもいい内容だったので、一部引用して紹介しますね。

・・・・・・

「インサイド・アウト」

インサイド、
つまり自分の中。自分自身。

アウト、
自分の外。他者との関係。

まず自分自身の人格をしっかりと確立してから、他者との関係を良くしていこう。

という考えかたです。


例えば、 

「あの子が自分に対して嫌がらせしてくる。だから、あの子をなんとかしたい。」

という悩みがあったとして、

この考えは、、、そう

「アウトサイド・イン」

【周りが変わったら、自分は幸せ。】

このままの考えでは、現実を変えるのは難しく、一歩も前に進みません。

そして、それは主体的に生きているとは言いません。

「なんとかしたい」と思ったのであれば、まず、その子に対しての自分の態度、行動はどうだったか、考える必要があります。  

まず想像してみて、   
自分が、その子がカンに触るようなことを言っていないか、そのような行動をとっていないか
それをやめてみる。

分からなければ、直接聞いてみる。

その時に
「自分にできることがあれば、直したい。」
という態度で接してみる。

そうすれば、もしかしたら、相手も   
「自分が悪いことをしたな。」
と、反省するかもしれないし、行動を改めてくれるかもしれない。

つまり、

勇気を持って変化し、行動するのは、まず自分から!!

自分の勇気は、必ず外に向かって伝染します。

これが、「インサイド・アウト」


・・・・・・

「相手が変わったら自分は幸せ」

そもそものこの考えを、20代半ばの青年にばっさり斬られるのも、気持ちいいですね

さすが芙蓉さんの息子さん♪

もし、あなたか「誰かを変えたい」と思っているなら、

まず【自分を見直すことから】ですね。

↑わが家のクリスマス、今年はリフォームのためこれだけです。


そして最後に、おまけです…

ウチの長男のブログ。

のほほんと更新していますが、文章はなかなか上手なんじゃないかと…
(ハイ、親バカです)

よかったらぜひ、読者登録してくださいませ♡

テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

先日、芙蓉さんのお宅で、ステキな方たちと、とても幸せなひとときを過ごしてきました。

着いてすぐ、このテーブルセッティングに歓声…

なかなかみんな座らず、まずは写真撮影タイム。


食事中は本当に本当に話が盛り上がって、お料理もおいしいおいしいと言いながら撮り忘れ


近藤理恵さんのフルーツカッティング…!

理恵さんのフルーツと、芙蓉さん手作りのシュトーレン。

さゆちゃんと一緒に作ってくれた、手作りクッキー


インテリアもテーブルとコーディネートされていて細やかさと統一感にウットリ…

芙蓉さん手作りの美味しいお食事をいただきながら、5時間くらいしゃべりっぱなしでしたが

さくらこ節と芙蓉劇場中心に笑いが広がり、もう笑いっぱなしの5時間でした

一番覚えているのは、芙蓉さんから

「まゆみさんはまだ産後だよ!」

と言われたこと。芙蓉さん曰く

「私、さゆちゃんと母子分離したなぁと実感したの、最近だもの。4歳すぎて、やっと母子が別になった。まゆみさんはまだ産後だよ」

ウンウン、そうですよね。

四男だいごも1歳半になり、もう産後とは言いにくいな〜…でも、私の感覚では母体の回復という意味で、2歳くらいまでは産後だな〜

と思っていました。

心理的な母子分離は、さらにまた2年か〜!

芙蓉さんと私は

『アラフィフになってからの子育てもう一周!』

体力的には厳しいなぁと思いつつ…

2周目だからこそ冷静に観察できて、そこからの発見も楽しいですね。

↑おみやげもステキでした♡

はぁ〜もう心もお腹もいっぱい、満タンに栄養補給しました



私は、幸せな夫婦関係の学びを深めたことから

【妻とは幸せであることが仕事なのだ】

と気付いて、それからどんどん自分の幸せを追求して、今に至ります。

ちょうど3年前に

『女性は命を育てる大地』

と書きました。(下にリブログしています)

今改めて、本当にそうだという想いを強くしています。

女性が大地であるからこそ、

夫や子どもたちがそこに根を生やし
幹を伸ばし
枝に葉や花や実をつけ

自分を咲かせることができる。

その根っこから栄養を与えるには…

まず、女性(妻・母)が満たされていること。

すべての人間は母から生まれたのだもの。

豊かな大地(女性)から、すべての幸せは始まっていく。

だから、女性は自分の大好きを自覚して、幸せな時間を持って自分を満たすこと。

そこに罪悪感を持たず、また、これくらいの幸せでいいやとあきらめず

続けていくことが大事だな〜と思っています。

私も、毎日毎日、家族が私からの愛情を求めていることを感じます。

乳幼児だけではなくて、小学生になっても、大学生になっても、夫も

私って、たぶん、私が思っている以上に大事な存在なのです。

(読んでくださっているあなたも同じ、自分が思う以上に大事な存在なのですよ)

しかし私の身体はひとつで、しかも生身の人間なので、できることに限りがあります。

だから、私が豊潤な大地としてそこにいれば

勝手に栄養を吸って生き生きとしてくれるのではないかな、と。

私にとっての【女性か幸せであること】は、

【豊潤な大地であり、そこにいるだけで周りに栄養を与えられる人】

という意味です。

自分を耕して、いい土壌作りをし続けながらも、ただそこにいるだけの在り方。

2019年は、この在り方をひとつの軸にしていきます。

テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

最近のわが家のリビング↓

(注:めっちゃ掃除&片付けた直後の一瞬です。ここに家族7人いますから、普段はそりゃ〜わちゃわちゃしてますよ

このキッチン、食洗機の水漏れにより、新しいキッチンに入れ替えることになりました。


しかし、なかなか話が進まず。    

夫がしびれを切らして、違うリフォーム会社に替えたところ… 

推奨のキッチンが、クリナップとトクラスとのこと。


クリナップのショールームには以前行ったので、今度はトクラスさんへ。

柏と新宿と2ヶ所のショールームに行きました。

柏では、新築を建てたばかりのマメ子さんもご一緒してくださり心強かったです。

マメ子さんの立派な新居にもおじゃましました♡
マメ子さんのお宅も拝見して、キッチンのイメージが広がりました

突然だったのに、夫も一緒におじゃまさせていただき、ありがとうございました♡


さて、トクラスは旧ヤマハ。

ピアノを作る技術が生かされたピカピカのキッチンです。

しかし、私はその技術には興味がなかったため、リフォーム会社のおすすめ(=値引き率が高い)でなければ足を運ぶことはなかったかと思います。 
↑シンクが2つある…!

新宿ショールームのキッチン。


こういうIKEAっぽい扉も人気のようです。

キッチンに家具感を求めている方も多いらしく、木目調の扉も目立ちます。

私は、1軒目の家のキッチンを木目調のホワイトにしていて、とっても気に入っていました。
↑シルバーの部分が包丁ポケットや薄い引き出しになっていて、とても使いやすかった。

お気に入りだったのですが、強いて難点を挙げると、ちょっとした木目の凸凹に汚れが入るのが残念だったかな〜

なので次は、掃除のしやすいツルツルした鏡面仕上げにする予定です。

メーカーの特徴を比べると、とことん主婦目線でステンレスに自信があるクリナップに対して

トクラスはカッコいい感じで、人造大理石の性能がずば抜けている。

そんな技術力とセンスが男性ウケするようで、夫がトクラス をとても気に入っていました。

私は、いまいちピンと来なかったのですが、決め手になったのがこちら…!

この…

スポンジラックも何も無いシンク
もう、このスッキリ感…

気に入りすぎました。

今、わが家でもスポンジラックを外しているのですが、ラックをかけるネジの周りに汚れがつきやすいのです。

この天板はクリナップの人造大理石ですが、キッチンハイター(塩素系漂白剤)は使用不可とのこと。

でも、トクラスの人造大理石は強いので、塩素系漂白剤OKだったのも、プラスポイントです♪

夫はカラーのシンクがいいそう。
私のシンクの希望は、ピンクか白です。

そして

リフォームついでに、カウンターテーブルも欲しいなぁと思っています。
イメージするために、テーブルをカウンターに付けて置いてみました。

こんな感じで、子どもたちがキッチンを向いて座り

私も、キッチンから子どもたちにすぐにご飯を出せたら生活しやすいなぁ〜

なんて思っています。



リフォーム計画、途中経過でした♪




テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

↑4年前のちぇちぇです♡

昨日は「iPhoneが行方不明と書いたのですが…

家族で家中を探しても、どこにも無い

「あ〜もう、私は何やってるんだろう」

と思いながらも、出てくる気もしていて。

「とりあえず寝よう」と寝ていたら、

夜中に突然

「ゴミ箱があやしい…

とひらめきました!

そして、夜な夜な、外のゴミ箱へ。

前日に、次男が2学期に溜め込んだプリントを捨てたのです。

そのときに、娘の使い古した付録のバッグも、

「もう使わないから」

と言われて、

「今までありがとう、さよなら〜」

と、捨てたんですよね。

↑この中に、私のiPhoneが入っていました…

はぁ〜間一髪…

あと8時間後には、ゴミ収集車の中でした

ゴミに混ざったかもって気付けてよかった〜!

テーマ:

こんにちは、竹内まゆみです。
 

前記事にたくさんのいいね!をありがとうございます♡

お家ももちろんだけど、心もスッキリしていて生き方がとってもステキなsumikoちゃんに

 

会いたい方はこちらからどうぞ!


しかしながら私、せっかく片付けスイッチが入ったのに

 

実は、昨日iPhoneを見失ってしまいました・・・

家の中のどこかにあるはずなのですが~~~

普段着信音量をoffにしているので、電話をかけても鳴りません涙

連絡のある方はメールかメッセンジャーからお願いいたします。(パソコンから確認するのでお返事にやや時間がかかります)

 

 


さて、今日は

 

自分の心に寄り添うといやされる(自分で自分をいやすことができる)

 

というお話を書きますね。



世の中には「子育てに良い」という情報があふれています。

 

私は、一番大切なこと

「ママが自分の気持ちに寄り添うこと」

だと思っています。

 

例えば、子どもに対して怒りで反応してしまう。

 

ついムキ~ッぷんすかとなって子どもにきついことを言ってしまったとき。

 

「どうしてあの子はこんなことをするんだろう?」

と考えたりするかもしれません。

でも、そのときにね、

 

「私、なんであのとき、あんなにムキになっちゃったんだろう?」

 

そう、自分の心を振り返ってみるんです。

自分の心の中をすみずみまで見てみると

 

過去に傷ついたことや、ガマンしてきたこと、してはいけないと言われたことなど

 

母親自身の人生の中での心の引っかかりなどが見つかることが多いのです。
 

「あぁ、あの出来事は、この気づきのために起こったんだ」

「私、ずっと大人に言われたことを信じてガマンしてきたんだな。よしよし、がんばったね、もうガマンしなくていいんだよ」

 

と、自分の心に自分で寄り添う。

 

そんな風に自分を振り返っていくと

 

子どもを通して、自分の心をいやすことができるのです。
 

自分に寄り添うことができると、子どもを通して自分を知ることができます。

 

ひとつ、自分の傷をいやせると、また同じことが起こっても、傷で反応するのではなく、

もっとフラットな目線でで対応することができます。

 

ムキ~ッぷんすかとなってしまうときは、

 

心の傷で反応している

 

ということです。

 

だから、子どもが悪いのではなく、私自身の中に、ムキ~ッぷんすかとなってしまう種(原因)があるのですね。
 

 

実は、夫婦関係も同じなのです。
 

夫になぜイライラ・ムカムカするのか?

そこには、自分を知る大きなヒントが隠れています。

 

もし「自分に寄り添う」と言っても

「いまいちピンとこないよ~」

 

という方には、おすすめの本があります。
 

和久田ミカさんの本です。

 

 

なんとkindleでは400円になっていました~

ビックリびっくり!
 

このお値段なら、気軽に買えますね♪

4コマ漫画での解説がわかりやすく、ママでなくてもおすすめです。

 

たくさんの方に届きますように・・・♡


テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。
 
この1年間で、たくさんのステキな整理収納アドバイザーさんとの出会いがありました♡
 
先月『みらとと』というイベントに参加させていただいたのも、そのご縁です。
 
その『みらとと』の時間術セミナーでは、講師のすみこちゃんからこんな問いかけがありました。
 
「24時間を何に使っていますか?」
「どんな生活がしたいですか?」
その場でざっくりと
 
私の時間の24時間の使い方を見直してみると…
 
衝撃です
 
「時間がない、忙しい」と言いながら、なんと時間をムダにしていることか…
 
すみこちゃんは、フルタイムのワーキングマザーだった経験から、家事をとても効率的にされています。
 
その経験から生み出された方法は、ただの『時短術』ではありません。
 
自分の好きな家事と、あまり時間も労力もかけたくない家事をちゃんと把握する。
 
その上で、苦手な家事も難なくこなすにはどうしたらいいか?と徹底的に工夫されています。
 
そして、すみこちゃんの「好き」と「お気に入り」を詰め込んでリノベーションしたマンションにお住まいです。
↑見ていてウットリするこだわり満載のキッチン…
 
こちらはサニタリー収納。
 
この統一感が素晴らしい…
↑いつもブログで見て「見事だな〜」と感心していた圧巻のかご収納、間近で見ることができて感激です♪
 
そして、このタイル!
↑小さなホワイトのタイルの形が可愛くて、さらにグレーの目地が珍しい!ほれぼれしちゃいました♡
 
 
そしてそして…
 
昨年ほがらかさんのお宅で見せていただいた、ウォールツリーは、元々すみこちゃんの発案なのだそう!
海外のサイトからヒントを得て、ご自分で考えられたのだとか…!
 
通りで、お子さんたちの作った作品が多かったわけです。創作意欲はママの血を受け継いでいますね
 
ウォールツリーにスイッチ・オン
 
ソファとダイニングとのバランスも絶妙で本当にセンスがいい〜
 
セミナー後は、すみこちゃん手作りのあったかランチをいただきました
↑このルイボスティーが入ったポット、おしゃれ〜、KEYUKAの商品だそうです。
 
写っていませんが、お野菜には手作りドレッシングをかけました。
キャロットラペも優しいお味♡
 
白身魚の入ったクラムチャウダー、その場でお魚をチャチャっと焼いてくれました。
↑盛り付けもオシャレすぎる…
 
キッチン収納も見せていただきましたが、ウチと全然違う(もはや比べていいレベルでもない)
 
使い込んだ鉄のフライパンや、こだわりの調味料。
 
すみこちゃんのキッチンは「お料理上手な人」であることを物語っていました。
 
愛用の調味料も教えてもらいましたよ〜。
↑この菜種油で天ぷらを揚げると最高なのだそうですよ。
 
しかしお料理苦手な私は、帰り道の横浜駅で、崎陽軒のシウマイを買って帰りました
 
すみこちゃんはダンナさまのお仕事の転勤が多くて、色々な土地に住んで来られたそう。
 
ご実家も遠くて、家族を頼るしかなかったということですが
 
「家族の中が良ければどこに住んでも楽しいんです♡」
 
と清々しく言ってしまう潔さ…
 
本当に本当にステキです
 
収納も、ご自身の好み+娘さんそれぞれの性格や、ダンナさまのライフスタイルに合わせています。
 
スッキリ&インテリア的におしゃれな上に、愛があふれていました
 
すみこちゃん、たくさんお話聞かせていただきありがとうございます♡
 
私も、自分の理想の生活をしっかりイメージして…
 
家族仲良く暮らせる大好きなお家にリフォームしますね〜!
 
おしゃれリノベマンションに住むすみこちゃんの自宅セミナー
 
次回は12月17日です。(またはリクエスト開催)
 
このお部屋を見たら、
 
私の「好き」って何だろう?
 
追求したくなりますよ♪

テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

ディズニーシーのレポ、やっと最後の記事です。

さて、お昼を食べた後は、ファストパスの時間になるので、小学生たちはパパと一緒に、ロストリバーデルタへ戻りました。

レイジングスピリッツは360回転のコースター。

(公式サイトから画像お借りしました)

小学校3年生の次男と、5年生の娘が「乗ってみたい!」と言って初めてチャレンジ。

古代神の石像の発掘現場という設定だそうです。

動画もありました!

360°回転の気分を味わいたい方はぜひ^ ^

次男と娘は、このアトラクションに、パパが調べた裏技を使って、4回も乗ったそう

それから、インディジョーンズアドベンチャーへ。
こちらは3回だったかな?

2時間弱の間に、アトラクションに7回も乗っていました!

その裏技とは…?

「シングルライダーです」

と言って乗ること

シングルライダー(一人で乗ります)と申告すると、例えば、3人とか5人とかで来ている方の隣の空いた席に優先的に座らせてもらえる!

だから、ほとんど待ち時間なく乗れるのだそうです。

絶叫系のアトラクションに何回も乗るって、小学生ならではの楽しみ方かな〜なんて。

私も小学生の頃、横浜ドリームランドや多摩テックでたくさん遊びましたから!←時代

その間、だいごはまたベビーカーでお昼寝。

ちぇちぇと私は、アクアトピア横のキャラメルポップコーンが比較的空いていたので10分くらい?並んで買いました。

それから、ロストリバーに戻ってみんなの分のポップコーンを渡して

ロストリバーデルタ発の「ディズニートランジットスチーマーライン」という蒸気船に乗ったら…

またアメリカンウォーターフロントに戻ってしまった(シーの地図が全然わかっていない私、地図の読めない女です…)

また、歩いてマーメイドラグーンに向かいます。

ポートディスカバリー、ホライズンベイの手前では、Mr.インクレディブルを発見!


ボブは人気だったので、比較的空いているイラスティガールと撮ってもらいました♡


↑イラスティガール、私(159cm)より全然背が高いのだけど、中に入っているのは男性?いや、女性だよね?と、後で家族の話題になりました。

さて、やっとちぇちぇの希望の、マーメイドラグーンの外のアトラクション。

『フランダーのフライングフィッシュ』にたどり着きました!

腕につけているリストバンドは身長90cm以上ですよ、という証です!

待ち時間は40分。小雨が降ってきたけれど、傘もささずになんとか乗り切れました!

このジェットコースター、こんな可愛くて、気軽な感じの乗り物なのに

けっこうぐわんぐわんと回ります!
(公式サイトから画像お借りしました)

乗っているときのちぇちぇの様子は…

笑顔!超楽しんでる
(しかし、ジェットコースターの上から携帯落としたら大変と思い、一枚だけ撮ってすぐにしまいました)

私の方が「こんな気軽な感じの乗り物で、こんなにぐわんぐわん回るなんて…」とキャーキャー
言ってしまいました

・・・・・・

さて、今日のアトラクションはここでおしまい!

この後は、ずっと雨がパラパラ。

小学生チームは、タワーオブテラーが17時からのファストパスだったので、

私とちぇちぇは、小雨の中屋根を求めて入り口の方に向かいました。

しかし、おみやげに興味のないちぇちぇはすぐに飽きてしまい…

ディズニーリゾートラインに乗車。
一番前の席で景色を楽しみ、2周してから舞浜駅へ〜

結局、一度もショーを観なかった…

「アトラクション何個乗った?!」という話で盛り上がりました。

おみやげは、家族全員が合流してから『ボンボヤージュ』で買いました。
↑ ハイチュウみたいなソフトキャンディと消しゴムは、小学生のお友達に配る用。

ほとんど娘のお友達でそれぞれ2パック買いました。

そしてわが家には、2019年のカレンダーを…
↑イッツアスモールワールドのミッキーとミニーかわいい♡
 
そして、来年のわかっている予定を書き込んでみました。

そうしたら…

来年も、今年と同じくらいの日程で学校行事が行われるとすると

振替休日になる月曜日が、なんと11月18日…

5年前にも振替休日で、ミッキーのお誕生日と知らずにランドに行ってしまい

何でこんなに混んでるの〜?!

となった日です!

娘は来年6年生で、学校の振替休日にみんなで出かけられるのも最後なので、お出かけ計画をしているのですが

前回で学んだので

ミッキーのお誕生日は避けて、9月か10月の振替休日に行こうと計画しています。
(できれば、ハロウィンで混むので10月も避けたい…アトラクションにたくさん乗りたいだけなので

ディズニー貯金1年あると思っていたら…10ヶ月になってしまいました。

1ヶ月1万円を目安に、ちょこちょこ小銭貯金していきます♪

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス