不登校・ひきこもりを根本解決する方法

不登校・ひきこもりを根本解決する方法

不登校・ひきこもり、ゲーム依存、昼夜逆転、不眠、起立性調節障害などの心身の不調は、様々な原因があります。
そのお子さんに合った対策をすると、必ず改善されます。

親御さんとのカウンセリングで、根本原因を特定し、お子さんに合った対処法をお伝えしています。

● 学校へ行かなかった私から学校に行きたくないあなたへ【9月1日メッセージ】 

 


こんにちは^^ 野田祐佳里です。

 

 

子どもの自殺が多いと言われている 9/1問題も最近では、

 

様々なところで取り上げられるようになりました。

 

 

私がこれまで、不登校経験者の話を聞いてきて、感じるのは、

 

9/1をきっかけに辛くなるのではなく、

 

それまでにも、ずっと自分に合わない学校自体や、

 

学校に行かなければ大人になるのが難しい日本の社会の仕組み、

 

そこにどっぷり浸かっている親や世間の人達、

 

そういったものをひっくるめて、ずっと生きづらかったり、しんどかったりして、

 

夏休みの間は、その辛さを直視ないで済むけど、

 

休み明けの9/1には、直視せざるを得ない

 

という感じなのかな…と思います。

 

 

なので、9/1に、学校が辛かったら行かなくていい

 

というキャンペーンは、一時的な救済にはなると思うのですが、

 

もちろん、それも大切だと思いますが、

 

彼らの悩みの根本にある生きづらさというものに、

 

寄り添っていくということが、必要なのかな…と思います。

 

 

不登校新聞に

 

学校へ行かなかった私から学校に行きたくないあなたへ【9月1日メッセージ】

 

という記事がありました。

 

 

数人の不登校経験者の方からの、メッセージが書かれています。

 

 

その中でも、私の中で印象深いメッセージを紹介させていただきますね^^

 

 

 

 

~~~~~~~~~~

 

学校が始まると、また「目立つ人たち」の目を気にしながら生活する日々が始まる。

 

矛盾だらけの部活の顧問にも会いたくない。だけど進路のためには行かなくちゃいけない。

 

学校へ行きながらも、さんざん体調も崩してきて、早退をして、親にも迷惑をかけてきた。

 

私はなにをしているんだろうって思ってました。

 

そもそもどうしてこんな気持ちで自分は生きているのか。

 

ささいなことで悩んでばかりの人生なら死んでやり直したい。

 

そんなことを悩んでいたら、あっというまに夏休みが終わりました。

 

 

重い足取りで学校へ向かう途中、キラキラとした笑顔で友だちとの再会を喜ぶ同級生たちを見るのは、すごくつらかったです。

 

自分の存在価値がわからなくなりました。

 

ずーっと逃げてばかりの自分がイヤでしかたなかったです。

 

人生で一番苦しかったのがこのときです。

 

 

もし当時の私に伝えることができるならば、死にたい気持ちも、どうすればいいかわからない感情も、嬉しい気持ちも、楽しい気持ちも、そのまま受け止めてくれる人がかならずいるよ、ということです。

 

自分に素直でいい、思いっきり感情を吐きだして泣いていいよって伝えたいです。

 

自分が壊れてしまうぐらいなら避難してから見えてくることもたくさんあります。

 

悩んでもがいていたことはムダじゃないって思える日はきっと来ます。

 

それを当時の私に心の底から伝えたいと思っています。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

不登校を経験してたくさん悩んできた人のお話を聞くと、

 

こんな風に悩んでいる自分と同じような気持ちだったり、

 

同じようなことを考えている人が、学校にも家にも居なくて、

 

こういう話ができる人が身近にいないことが一番辛かった

 

と言います。

 

 

 

私自身、学校に行きたくなかった高校時代は、

 

どうせ学校には、私の気持ちを分かってくれる人なんていないんだろうな…

 

とか、

 

素の自分で話せる人なんていないんだろうな…

 

などと思っていました。

 

 

私の場合は、地元の友達がそういう話ができたので、かなり救われていたのですが、

 

そうでないと、一人で抱え込みがちです。

 

 

公共機関の無料電話相談などもありますが、

 

子ども達はよほど切羽詰まらないと、気軽には相談しようとはなかなか思えないのかな…と思います。

 

 

 

「もし当時の私に伝えることができるならば、死にたい気持ちも、どうすればいいかわからない感情も、嬉しい気持ちも、楽しい気持ちも、そのまま受け止めてくれる人がかならずいるよ、ということです。」

 

とメッセージには書かれていて、

 

子どもにとって最も身近な親が、死にたい気持ちも含めて

 

そのまま受け止めてくれれば、子どもにとってはラクなのですが、

 

親にとっては、様々な思い込みや恐怖心や不安が出てきて、

 

とても難しいように思います。

 

 

UMIのカウンセリングや講座では、

 

親御さん自身の封印していたネガティブな思いや感情を感じていくことで、

 

お子さんの辛い気持ちに寄り添えるようになっていきます。

 

 

 

 

 

【関連記事】
 
 
 

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 

 

応援ありがとうございました^^

 

 

● 「不登校でも夢はかなう?」不登校新聞編集長が心配する「落とし穴」

 


こんにちは^^ 野田祐佳里です。

 

 

ネットニュースを見ていると、気になるタイトルの記事がありましたので、

 

皆さんにご紹介したいと思います。

 

 

私もよく読ませていただいている不登校新聞の編集長の石井さんが書かれた

 

「不登校でも夢はかなう?」不登校新聞編集長が心配する「落とし穴」

 

という記事です。

 

 

不登校だから、学校教育での勉強をしっかりやっていないからといって、

 

将来やりたいことができない、やりたい仕事に就けないとは限りませんし、

 

実際にも不登校経験者で、自分のやりたいことや仕事を手にしている方も多くいらっしゃいます。

 

 

必要以上にネガティブに考えなくても大丈夫ということは、

 

不登校について学ばれてきた方は、ご存知かと思いますが、

 

元気になって前に進むには、やりたいことや目標を見つける

 

というところに、力が入ってしまう方もいるかもしれません。

 

 

こちらの記事の中で、石井さんは、以下のように書かれています。

 

 

~~~~~~~~

 

夢をかなえた人は、自分が何をめざしているのか本質を捉えている人が多いなと思います。

 

そこに向かって歩んだ人は、夢の形が変わっても夢をつかんでいるように思います。

 

夢は職業ではなく、なぜそうしたいのか、なぜそこをめざすのかが大切です。

 

私も不登校経験者です。学校に行っていないと、自分が何も持っていない、手持ちがない気持ちになります。

 

だから形をすごく追ってしまうことがある。

たとえば元気が出てくると「この高校に行く」と自分で希望を語ることもありますが、逆にその希望が重しになることがあります。

 

「こうしなきゃ」とか「こうあるべき」に振り回されるのではなく、本当にしたいことは何かを追いかけてください。

 

そうすれば、夢の形が変わっても、夢をかなえられます。

 

~~~~~~~~~~~

 

 

 

 

紹介元の記事には、

 

不登校だった高校生の女の子が俳優になりたいけど、

 

このままで大丈夫か不安です。

 

という質問が寄せられています。

 

 

過去の私もそうでしたが、

 

〇〇大学に行きたい

 

△△の仕事がしたい

 

という希望を持っていましたが、それが何のためにとか、

 

そういう本質を捉えきれていなくていなくて、

 

表面上だけで考えていたので、見た目の大学名や職業名にこだわって、

 

選択肢を狭めて、自分で自分の首を絞めていました。

 

 

俳優だったら、

 

新しい世界観を表現してみたいとか、

 

人を感動させたい

 

自分が光り輝いてみたい

 

など、その職業を目指す理由は、人それぞれ色々ありますよね。

 

 

新しい世界観を表現するなら、

 

音楽や映像、美術やそれ以外の方法でも、表現できますよね。

 

 

そうやって、選択肢を広げる余裕があると、

 

必要以上に自分を苦しめないで済むのかなと思います。

 

 

 

「私も不登校経験者です。学校に行っていないと、自分が何も持っていない、手持ちがない気持ちになります。

 

だから形をすごく追ってしまうことがある。」

 

と石井さんが書かれているように、

 

自分の欠乏感を、他人に分かりやすいような職業名や学校名で満たそうとすると、

 

形にこだわってしまって、自分の首を自分で絞めてしまいがちです。

 

 

不登校やひきこもり経験者の親御さんにできることは、

 

親御さんとお子さんの意識は深い部分で繋がっていることを考えると、

 

不登校やひきこもりを経験した劣等感や、

 

他人に認めてもらえない思い(見返してやりたい!などという思い)など、

 

形にこだわってしまう欠乏感を書き換えていくことかな…と思います。

 

 

 

UMIのカウンセリングや講座では、このような潜在意識の欠乏感を書き換えていくことをやっています。

 

 

 

 

 

【関連記事】
 
 
 

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 

 

応援ありがとうございました^^

 

 

● 親子で夏バテや胃腸の不調不良に悩まされていませんか?

 

 


こんにちは^^ 野田祐佳里です。

 

 

 

ここ数日の関東は、雨が降って暑さも一段落という感じですが、

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

 

お子さんが不登校やひきこもりになると、

 

頭痛や腹痛、ダルさなど、ストレスによって自律神経が乱れることによる

 

症状が出やすくなります。

 

 

 

わが家の息子も、不登校になってから体質が変わってしまい、

 

冷房ですぐお腹が冷えてしまい、お腹を下しやすくなってしまいました。

 

 

ストレスがかかる出来事があると、胃腸の動きが悪くなってガスが溜まってしまったり、

 

頻繁にトイレに行くというお子さんのお話も伺います。

 

 

再登校できるようになっても、胃腸の不調はなかなか解消しなくて困っている…

 

なんてお話もお聞きします。

 

 

 

そんなお子さんと日々接している親御さんも、

 

目立った症状はなくても、以前より疲れやすくなった。

 

寝ても疲れがイマイチ取れない

 

便秘や下痢など、胃腸の調子がイマイチ

 

などという、病院に行くほどではないし、歳のせいかも…

 

なんてことはありませんか。

 

 

私も息子が不登校になって、UMIを受講する前までは、かなりストレスを感じていたので、

 

回転性のめまいなどをやったりしていましたが、

 

UMIを受講して心が落ち着いてから、そのようなハッキリとした不調はなくなりましたが、

 

冷え性、寝ても疲れが取れにくい

 

などの症状は、しばらく前までありました。

 

 

 

 

 

そんな私のガンコな冷え性と寝ても疲れが取れにくい

 

という体質を変えたきっかけになったのは、

 

花粉症改善のために飲みはじめた、麹で作った甘酒と牛乳のヨーグルトを混ぜて、

 

朝食時に食べていたのを、

 

麹で作った甘酒に、豆乳のヨーグルトを混ぜて食べるようになってからなのですね。

 

(花粉症は、UMIを受講して、甘酒などを飲んでいるうちにかなり改善しました。)

 

 

夏の暑さや冷房でも、手先や足先が冷えなくなり、常にポカポカするようになりました。

 

 

8時間以上寝ないと疲れが取れなかったり、昼間眠くなっていたのが、

 

6時間ほどの睡眠で、スッキリ起きれるようになり、

 

疲れてドリンク剤を飲むということもなくなりました。

 

 

こちらの記事にも書かれていますが、

 

甘酒とヨーグルトを混ぜて発酵させることで、さまざまな栄養素が摂れるようですね。

 

 

わが家は好き嫌いの多い主人や息子に合わせて、食事を作っていたので、

 

偏った栄養しか摂れていなかったんだな…

 

と改めて思いました。

 

 

かといって、嫌いなものを健康のために無理に食べさせようとしても

 

ストレス(毒)になってしまうので、あまり意味がないんですよね。

 

 

心の健康と、身体の健康のバランスをどう取るか?

 

という発想は、以前の私にはなく、

 

目に分かりやすい健康を意識していたと思います。

 

 

こちらの本では、麹で作った甘酒と牛乳のヨーグルトを混ぜて、

 

さらに発酵させるレシピが載っていますが、

 

私は、豆乳ヨーグルトで作っています。

 

 

 

※Kindle読み放題で無料で読めます

 

 

主人や息子は、私が甘酒を作ったり飲んでいるのを見て、

 

うわっ、ゲロみたい…などと平気で言ってくるので

(品の悪い家族ですいません…(汗)、

 

そのままでは難しいので、この甘酒豆乳ヨーグルトを使ったレシピを研究中です。

 

 

バナナを入れてスムージーにしたり

(息子に正体をバラしたら、警戒されて飲まなかった…(泣)

 

チーズケーキ風にしたり、

 

ドレッシングなどの調味料にしたり、

 

肉や魚の下味をつけたり柔らかくするために漬け込んでみたりと、

 

台所で奮闘しています。

 

 

毎日のように元になる甘酒や豆乳ヨーグルトなどの発酵食品を作るために、

 

材料の麹や豆乳を頻繁に買いに行ったり、

 

こちらの鍋をフル活用しています。

 

 

 

 

ヨーグルトメーカーでも十分作れますが、

 

容量が少ないという声もあるので、

 

こちらの鍋だと2L以上になっても、甘酒などの麹に必要な60℃や

 

ヨーグルトに必要な40℃にしっかり保温してくれます。

 

 

 

息子は、せっかく作った甘酒豆乳ヨーグルトスムージーを飲まずに、

 

冷凍チャーハンを自分で温めて食べていましたが、

 

どうやって美味しいと言わせようかな~♪

 

というくらいの気持ちで、楽しみながらやるのがいいのかなと思います。

 

 

不安や焦りが強いと、これで結果を出さなければ!!という

 

親の執念とか殺気みたいなのが漏れ出てしまって、

 

子ども達は余計にしんどくなってしまいます。

 

 

ノウハウ系の難しさは、ノウハウ自体が問題なのではなく、

 

それをやろうする人の意識が、どんな意識か?

 

ということなのですね。

 

 

甘酒ヨーグルトは、1日に100ccほど飲むのが良いとされていますが、

 

体質などによって適量も違いますし、合う、合わないがあると思いますので、

 

チャレンジされる場合は、様子を見ながらやってみてくださいね。

 

 

世間一般的に良いことを何でも自分に取り入れるのではなく、

 

自分の心や身体の声をぜひ聞いてあげてもらえたらと思います。

 

 

 

味に敏感な人が多いわが家でも好評なレシピは、

 

こちらでも紹介させてもらいたいと思います。

 

 

しばらくお料理(研究)モードになりそうです^^

 

 

 

 

 

【関連記事】
 
 
 

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 

 

応援ありがとうございました^^

 

 

● 周囲に不機嫌な人がいると、機嫌を取りたくなる時には【追記】

 

 

 

こんにちは^^ 野田祐佳里です。

 

 

 

以前に、息子と心の話をしていると、こんな質問をされました。

 

 

息子:

大人って、不機嫌だったり、ふてくされている人をあまり見かけないけど、何でだろう?

 

 

私:

他人を不快にさせてはいけないと思っている人が多いから、

 

イヤなことがあっても、顔や態度に出さないように我慢しているんじゃないかな。

 

 

息子:

大人って大変だね。

 

 

私:

う~ん、イヤだとか思ったり、不快だと感じないように、心を麻痺させている人もいると思うよ。

 

 

息子:

それは、目にハイライトがない状態だよね…

 

 

息子の表現は、イラストやアニメの世界の表現ですが、なるほど、的確な表現だな…

 

と思っていました。

 

 

感情を抑圧させていて、目にハイライトがない状態というのは、

 

瞳から光沢が消えて焦点が合わずに虚ろ目、魂が抜けているような状態なんですよね。

 

 

感情を感じるということは、心と繋がっていて、

 

さらには、その人の魂が求めることのセンサーやナビゲーションのような

 

役割も果たしているからだと思います。

 

 

 

 

 

 

不登校の親御さんと、カウンセリングや講座でお話していると、

 

不登校のお子さんがイライラしていると、不安になる

 

ご主人が無表情だと、気になってしまう

 

などなど…

 

周囲に不機嫌な人がいると、自分がどうにかしなくちゃいけない

 

と思ってしまう。

 

ということをよくお聞きします。

 

 

不機嫌な人がいると、いたたまれない気持ちになる

 

相手との沈黙の時間が辛い

 

そんな思いがあって、無理に話しかけたり、しょうもない話題を振ってしまう…

 

そして、期待した反応が相手から返ってこないと、

 

落ち込む、相手に怒りを感じる…

 

そんなパターンを繰り返してしまう方もいるようです。

 

 

 

ポジティブなのは善、ネガティブなのは悪、という思い込みがあったり、

 

子どもの頃に、泣いたり、怒ったりすることを禁止されていたり、

 

子どもの頃に親が不機嫌なことが多かったり、急に怒り出したりすることが多いと、

 

ネガティブな感情を出している人を見ると、何とか止めなくちゃ。

 

自分のせいで、相手を怒らせてしまった。どうしよう。

 

などと思ってしまいます。

 

 

 

でも、相手や自分のネガティブな感情を何とか抑え込んでも、

 

目にハイライトがなくなってしまうんですよね。

 

 

講座の受講生さんや、カウンセリングを受けていただいた方には、

 

過去にイヤだった出来事の、ネガティブな感情をしっかり感じて、

 

一人になれるところで、吐き出す、相手をイメージしてぶつける

 

という心のお掃除を課題としてお出ししています。

 

 

 

ザワザワさせるお子さんやご主人は、

 

ネガティブな感情の扱い方を学んでいないから、人前で吐き出しているけど、

 

やっていることは皆さんにお出ししている課題と似てますよね。

 

 

だからネガティブな感情を吐き出すことは、悪いことではないし、

 

無理に止める必要もないし、

 

お母さんが責任を感じて、その状況を回避する必要はないですよ。

 

とご説明すると分かりやすいようです。

 

 

私もUMIを受講するまでは、

 

息子が赤ちゃんの頃から、泣いたら母親が泣き止ませないといけない

 

と思っていたので、泣き声やネガティブな感情をぶつけられると、

 

とてもしんどくてストレスになっていました。

 

 

ネガティブな感情の扱い方が分かるようになってくると、

 

不機嫌な人が周囲に居ても、自分がどうにかする必要がないということが腑に落ちて、

 

エネルギーを奪われずに済むようになりますよ。

 

 

 

 

 

【関連記事】

 

 

不登校やひきこもりのお子さんの機嫌が悪くなるとビクビクしませんか?

 

 

 

敏感なお子さんの扱い方に困っていませんか?

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 

応援ありがとうございました^^

 

 

 

■カウンセリングメニューのご案内■

 

● 北海道のあおり運転事件の双方の言い分から見る

親子間の行き違いの原因とは

 

 


こんにちは^^ 野田祐佳里です。

 

 

 

このところ、あおり運転の事件が、TVの情報番組などで頻繁に取り上げられていますね。

 

 

これだけ似たような頻繁に事件が起こったり、それを報道している番組を見るのは、

 

私達に必要なメッセージがあるのかなと思います。

 

 

 

今朝の情報番組を見ていると、

 

北海道のあおり運転事件の加害者側の自宅を訪問し、

 

直接インタビューをすると言うので、思わず家事の手を止めてしました。

 

 

昨日までの情報番組で、私が知っていた情報は、

 

被害者の男性が、目の前を走行していた3台の車が

 

クラクションを鳴らしながら空ぶかしや蛇行運転ををしていたので、追い抜いたところ、

 

その後 3台で執拗に18kmも追いかけてきた上に、

 

進路をふさがれて停車したところ、加害者側の男が降りてきて、

 

窓を叩いた上に、さらにバールを持ってきた。

 

というものでした。

 

 

被害者側の言い分だけを聞いていると、私の中では、

 

加害者側の人達は、とんでもない人達 という印象になっていて、

 

息子とも、そんな人の家に行って取材するなんて、マスコミも相当度胸があるよねぇー。

 

と話していました。

 

 

そして、VTRを見ていると、加害者側の人は、意外なことを言っていたのですね。

 

 

自分達が最初にあおったのではなく、最初にあおってきたのは、

 

被害者側で、抜かすまでにぴったりついてきたりと、

 

危ない運転だったので、注意しようと追いかけた。

 

 

3台同じグループだったので、後続の2台の車もはぐれないようにと、

 

ついていくことになってしまった。

 

 

この話を聞いた時に、被害者の人も悪気はなかったけど、

 

「やってしまったんだな…」

 

と私は思いました。

 

 

宇宙の法則で考えると、出したものが返ってくる、被害者も加害者もいない

 

ということです。

 

 

 

さらに こちらの記事にも書かれていますが、

 

車高が低いと段差を避けないといけなくて、蛇行じゃなくて段差をかわすための“避け”

 

と言っていて、被害者側から見ると、危ない蛇行運転は、

 

加害者側からすると、車高が低い車の構造上、車を守るために必要なことだったのですね。

 

 

そして、被害者側は危ない!と思って、3台抜かそうとしますが、

 

3台抜かすとなると、相当スピードを出さないと抜かせないので、

 

加害者側から見ると、危険な運転になっていたようです。

 

 

お互いに「危ない!」と感じて、相手にも「危ない!」と感じさせていますね。

 

 

 

 

こんな風に相手の言い分が分かれば、

 

こちらが問題と感じることにも、その人なりの理由があって、

 

必要以上に問題視することもないかな…

 

とこれ以上問題をこじらせないで済みます。

 

 

こんなことって、わが子を問題児とみなしている親子間では、よくあるのかな…

 

と思います。

 

(過去の私のことですね…(汗)

 

 

私達 親が、わが子の言動を見て、そんなことをしちゃダメでしょ!

 

と辞めさせる前に、なぜそうするのかを相手に聞いてみるといいかもしれません。

 

 

そのように落ち着いて対応できない時は、ブロックが反応している時ですね。

 

 

TVのヒーロー物を久しぶりに観た息子が、

 

ヒーローが悪役をこれでもかと言うくらいに、こてんぱんにやっているのを見て、

 

どっちが正義で、どっちが悪なのかが分からないよね。

 

と言ったり、

 

この番組のコメンテーターが、

 

正義感や正しさというのは、注意して取り扱わないといけないと

 

話していましたが、

 

自分の中の正しさを、強く主張したい時は、

 

相手のことが見えていない時だったり、思い込みになっている時かなと思います。

 

 

 

UMIのカウンセリングや講座では、このような行き違いの原因になる思い込みを、

 

客観的に見ていくということをやっています。

 

 

 

 

 

【関連記事】
 
 
 

 

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
にほんブログ村

 

 

応援ありがとうございました^^