個人的にあとで読みたかったから…私の2021年下半期ってどうよ? | 熊本のワイン検定講師 くまべゆみ 〜 Love Wine・わたしのワインを探す旅 〜

熊本のワイン検定講師 くまべゆみ 〜 Love Wine・わたしのワインを探す旅 〜

熊本・菊池市在住でワイン素人だった私がJ.S.A.ワインエキスパートを取得し、
自分の好きなワインを探していく日々を綴ります。
ワイン検定やワイン会の企画、
おすすめワインや美味しいレストラン、カフェのご紹介も。

 

マトメガミさまの2021年下半期運勢まとめ

あまりにもすばらしく、

自分のもちょいとやってみたいと思いました。

個人的にあとで読みたかったからなんですが 笑

 

 

 

 

 

 

基本的には太陽星座や月星座を見ることが

ほとんどだと思いますが、

yujiさんのブログに

「年運とか見るときはコレで見てます」

っていうのが書いてあったので↓

 


アセンのサイン(私は天秤座)
太陽のサイン(私は山羊座)
ドラゴンヘッドのサイン(私は獅子座)

太陽がはいっているハウスのサイン(私は3ハウス太陽なので、双子座)
かな!

 

 

今回はそれに沿って見てみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

私は

アセンダント/双子座

太陽/水瓶座

ドラゴンヘッド/牡羊座

太陽 9ハウス/射手座

 

 

↓以下はyujiさんの占いから一部抜粋しています

 

 

 

 

☆双子座:本当の自分を思い出す!

2021年下半期、最も大きな変化を体験するのは双子座の人たちかもしれません。

今季の運勢を占う上で最も大事な2天体・土星と天王星が「旅・出版・哲学・冒険」を表すエリアと「深層心理やメディア・スピリチュアル」を表すところに鎮座していて、そしてドラゴンヘッドなる「宿命を表す座標」があなたの真上にいて、自己変革を促すから。

例えば、メディア運というところに天王星がいることから、急に何らかの発信・配信をしていくことになったり、はたまた、出版や連載などのお話が来るなど、大きな舞台に上がって大役を務める暗示があります。また、スピリチュアルや心・冒険といった座標も強く輝くことから、あなたのもとにいわゆるソウルメイトと言われるような、強い絆を感じる人たちが集まってくることもあるでしょう。
また、今季は冒険やチャレンジに出ていくムードが強いので、自分の意思とは別に、ある意味勝手に宿命の流れに乗っていくことになりそうです。結果、あなたは今までの自己イメージを超えた発信や言葉を紡いだり、作品を作ったり、映像に出たりなどもするかもしれません。
この下半期はあなたが「本気の発信」をすればするほど、真実の姿を披露し本心を見せていけばいくほど、彼ら=魂の仲間たちも全力のスタンディングオベーションであなたの帰還を迎え入れてくれるはずです。

 

 

 

 

 

☆水瓶座:“風の谷”の開発者となっていくものたち
 

時代の節目となったグレートコンジャンクションは、2020年12月22日に水瓶座の部屋で発生。

土星と木星がそこで重なることで、風のエレメントが主流となる新時代へと移行!

また、リバースエンジン・天王星が今季の運勢に大いに絡んでいるということは、すべてにおいて左右や上下が逆転する可能性をはらんでいるということ。結果として、古い体制を刷新する「解毒・膿出し」行為が推し進められていくような暗示がありますので、世界はこの時期に一気に変わっていくこととなるやもしれません。

今のあなたの頭上に輝く土星と木星、そして変革の星・天王星は「土地・改革のエネルギーと新天地創造の権利」をあなたに授けます。結果、新時代的な暮らし方や移住プラン、はたまたオフィスビルや店舗等のリノベーションといった分野で、あなたの尖ったセンスや時代読みの才覚に基づく意見が求められたりもしそうです。そうして、水瓶座のあなたは新時代の土木工事担当さながらにリアルな風の谷をこの世のどこかに創造していくことになるのかもしれません。

 

 

 

 

 

☆牡羊座:「頼まれごとは試されごと」がキーワード

旅先で出会う人からの言葉や他者から見た自分像は、時に自分の本質を的確に捉えています。

今季はそういった外からの援護射撃的なアドバイスが、さまざまなところから投下される暗示が。自分では気づいていなかった才能が、外からの刺激によってふわりと浮かび上がってくるといった発見劇が起きたりもしそうです。
そのため「頼まれごとは試されごと」ではないですが、届いた依頼やオファーにはできる限り乗ってみましょう。今季は「あなたの中にある光るものを、誰かが勝手に見つけ出してくれる」タイミングですから、人からのアドバイスやオファーはぜひ好意的に捉えて、積極的に採用してみるとよいように思います。
面白いのは、そのような人たちは今のところ自分とは全く違うバックグラウンドやステータスを持っているということ。どうぞ同調圧力や常識に負けずに、気持ちがいいほう、心が望むほうへ進んでみてください。過去のことを持ち出して躊躇したり、ひるんだりせずに、未来だけを見て「これは!」と思った方向へ、いや「新しい可能性の海」へと、その身を投じてみましょう!
 


 

 

 

 

☆射手座:ワクワクの鐘が鳴り続けるシーズン

今季の射手座の頭上には、「己を新しく書き換えていく」ようなエネルギーが強力に展開されていますから、どれだけ星の影響を感じにくい人も、今季ばかりは己の内側がアップデートされていく感覚をリアルに感じられるはず!

この下半期はワクワクの鐘が延々と鳴り続け、なんなら毎月のように興味を抱くものややりたいことが変わっていくかもしれません。閃いたまま、思いつきのままに動き、発信し、表現を楽しんでみてください。

何を成し遂げるでもなく、何をやりきるでもなく、そのフレキシブルで風に揺れる柳の葉のような「在り方」こそが、今のあなたがやるべき、天から託されたミッションともいえるもの。

自分史上最高ともいえるほどにゆるふわ自由な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

双子座はすでに上半期から

メディア運に乗っかってる感じなんですよね。

TVに出るとかではなく原稿書いたりとかですが、

大変だけど、書き物おもしろいなって思います。

 

 

水瓶座だと「リアルな風の谷の創造」

去年あたりから考えている引っ越しのことかな?

まだ早いけど、終活を考えていくと

歳を取ってからの持ち家ってちょっと大変かなと。

今なら夫婦二人の収入もあるし、

交通・買い物・病院と便利のいいところにマンション借りたい。

 

 

牡羊座も以前なら受けないことを受け始めたのは

「頼まれごとは試されごと」なんだなと思いました。

試されることで新しい何かにチャレンジして、

自分の枠をもっともっと広げていきたいです。

 

 

射手座にあった「興味を抱くこと」は

ホントに増えてきてるんですよね。

タロットや占星術、レイキもあるし、

もちろんワインの学びも。

どれがモノになるかはわからないけど、

「やってみてから決めたらいいじゃん!」と思ってます。

 

 

 

 

 

今までは太陽星座と月星座だけで見てたけど、

こうやって見るとおもしろいですよね。

占いがお好きな方、ぜひやってみては?

 

 

 

 

 

 

 

J.S.A.ワインエキスパート

ワイン検定認定講師

      隈部 由美(kumabe yumi)

 

 

ワイン&おいしいもの、英会話、クルマ、ネコのこと、

いろいろつぶやいてます

 

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

 

昨日は去りました。

明日はまだ来ていません。

私たちにはただ、

今日があるのみ。

さあ、始めましょう。

(マザー・テレサ)

 

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございます。

今日もステキな一日を☆