創業80年のチャック屋が、布団カバー交換時の不満解決に取り組んで作った寝具カバー
『ラックちゃん』。
 

 

綿100%でできていて、ふかふか触り心地が良いなという印象を受けました。

 
 
縦約210cm×幅約150cmのシングルサイズで、カラーはブラウン。
(他にもアイボリーやベージュもあるようです)
 
 
同封されていた使用方法の紙。
カラーで絵も入っていてわかりやすいです。
 
結論から言うと、布団交換の作業を楽にしてくれるポイントが沢山で
本当にストレスなく使用することができました。
これであれば娘に一人でやらせることもできそうです。
 
使用前の準備として、まずは洗濯をし、ジャストフィットサイズにします。
乾きやすいし、洗濯しても傷む感じがないところに早速魅力を感じました。
 
 
シーツを広げます。
 
 
シーツを広げたら、上に布団をのせます。
 
 
布団をのせたら、ズレ防止ボタンをとめていきます。
6箇所ありました。
ここでの楽々ポイントは、紐ではなくボタンというところ。
今まで使っていたカバーも例外ではなく、紐で結んでいました。
何でボタンではなく、紐が一般的なんだろうとさえ思うくらい、
「普通に使いやすい」なと感じました。
 
 
ズレ防止ボタンをとめたら、チャックをとめていきます。
 
ファスナーの持ち手が大きいのも、楽々ポイントの1つです。
これ、持ちやすいだけじゃなく、探しやすくて。
いつもファスナーの持ち手を探すのに苦労していたんだなということを
思い知らされた気がしました。
 
 
コーナーもカーブだと思えないくらい、スゥーッとチャックが滑ってくれます。
チャックが生地を噛むこともなく、ストレスフリーです。
 
 
チャックは2方向、2つあるので、それぞれが中心に来るように両サイドからとめたら
ほぼ完成。
 
 
最後は‥チャック部分にマジックテープがあるので、そこにカバーをパチっとつけるだけ。
 
 
カバーの中央部分にはカバの可愛いイラスト。
(ん?カバ?と思ったのですが、布団カバーだからカバなのでしょうか。)
 
 
はい、これで完成です。
 
 
何から何まですーっと進めることができました。
掛け布団が大きい(シングルサイズでも娘にとっては大きい)という当たり前のことくらいしか、
手こずるポイントがありません。
 
今まで苦労していたのは何だったんだろう?というくらい、本当に楽。
洗濯もしやすいし、触り心地も良いし、これは便利です。
 
セミダブルやダブルサイズ、そしてカラーバリエーションなども増えると嬉しいなと思います。
個人的にいうと、ブラックのセミダブルが今すぐ欲しいです!