【大阪・高槻】数秘鑑定と古墳イベント情報発信 古墳の山口

【大阪・高槻】数秘鑑定と古墳イベント情報発信 古墳の山口

山口かおりです。

万物を数字に置き換えて素質を分析する古代からの智恵【数秘鑑定】にて
人が生まれつき持つ素質や役割などを解説しています。

また、ブログ歴15年以上の分析力と文章力を活かして
古墳・古代イベントの情報発信をしています。

古墳古墳の山口 開催イベント・参加イベントご案内古墳

勾玉6/12(土) 第3回 数秘お茶会 at プリュスカトルセゾン【茨木】

勾玉6/23(土) 数秘グループ鑑定会 at エンネパンセ【京都府八幡市】

勾玉…数秘鑑定 勾玉…その他の開催イベント 勾玉…スタッフとして参加 勾玉…招致開催



はにわ ご提供中のメニュー はにわ

丸【数秘鑑定】グループ鑑定・個人鑑定 開催中です。

  リクエスト開催募集中【数秘グループ鑑定】

  数秘個人鑑定を古墳基地のえんがわで開催!【えんがわ数秘】のお知らせ


 数秘鑑定の出張鑑定・イベント鑑定・鑑定お茶会も受け付けています。

 お問い合わせはこちらへどうぞ→お問い合わせフォーム



丸古墳・古代イベントの情報発信をしています。

 古墳とアートのフェス「come come*はにコット」エエトコ発信隊長

 山口の「はにコットのつくりかた」連載中の「はにコットスタッフブログ」はこちら



facebook Facebookやってます!矢印 山口かおり


はにわお問い合わせはこちらへどうぞ→お問い合わせフォーム

NEW !
テーマ:

こんにちは、

数秘鑑定の山口かおりです。

 

image

 

 

【数秘グループ鑑定】を随時開催させていただいてます!

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

ところで、

数秘術ってなんだろう?

というところを、ご説明させていただきますね。

 

 

丸数秘術は統計学

 

数秘術の起源は紀元前6世紀のギリシャ。
哲学者であり数学者であったピタゴラスが
「世界は数字で表すことができる」として
数秘術の原理を打ち立てたと伝えられています。

 


数秘術では『生年月日』という
人為的に操作が出来ないデータを元にして鑑定します。
(帝王切開など、日付を決めて生まれてきた場合も、
その日程は生まれてくる本人には決められません)

 

 

さらにここに『出生時氏名』という、
生まれたときに本人には操作のしようがないけれど、
家系の影響・地域性などが反映されるデータが
プラスされます。

 

 

そのため、数秘術は

人が生まれた時に持つ基本的性質
分析することのできる統計学、だと
私は考えています。

 

 

 


丸数秘術から何がみえるか?

 

数秘術では、その人が持つ素質が
数字に表されて出てきます。

 

 

一般的には、「持って生まれた資質や傾向」を表す数字を
「その人の数秘ナンバー」と呼ぶことが多いです。
1~9、11、22、33 の数で表されます。



そこに加えて、
「今回の人生での役割や目的」を表すナンバーを始め
「心の奥底に抱いている価値観」
「人から見える印象」
「この人生で成し遂げようとしていること」
人はそれぞれ「数字」として持っているのです。

 


その個々に違う数字の出方・組み合わせ・順番などから
その人だけが持つ人生の傾向やストーリーを読み解くのが
数秘鑑定です。

 

 

 

丸数秘術をどう活かすか?

 

数秘術では、自分が持つ資質の傾向が
「生まれつき得意なこと・生まれつき苦手なこと」として
かなりはっきりと出てきます。

 


苦手なことについては、それをカバーする「他の数字の皆さん」が
この世に、あなたの周りにたくさん存在するので、
あなたは「生まれつき得意なこと」に力を注いで生きていけば
自然で無理のない流れで、
世界と調和して豊かさを手に入れることができます。

 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

【数秘グループ鑑定】では、

参加される方の生年月日・生まれたときのお名前を

お申込み時にお知らせいただき、

当日、数秘ナンバーのデータをそれぞれお渡しして

お一人15分くらいで解説させていただきます。

 

(生年月日・生まれたときのお名前は個人情報として

管理させていただきますので、

当日お渡しするのはそれぞれの数秘ナンバーの一覧表となります。

 

ただし、お茶会鑑定の性質上、

他の参加者様にご自分のナンバーは見られることになります。

その点をご了承のうえ、ご参加ください。)

 

※以前に私の数秘鑑定を受けてくださった方には、

 「パーソナル数秘ナンバーによる

 今年・今月の行動アドバイス」等を解説します。

 

image image

(2017年2月 京本薫さん招致開催「数秘11お茶会」)

 

 

 image image

(2017年6月 京本薫さん招致開催「数秘11お茶会」)

 

 

(2018年2月12日 「数秘鑑定お茶会」)

 

 

image

(2018年3月21日 「数秘鑑定お茶会atプリュスカトルセゾン」(藤元由貴子さん招致開催)

 

 

数秘グループ鑑定

【日時】
リクエスト開催募集中です

《開催概要》
日程は、基本 土日祝でご相談させてください。
開催人数は3~5名様
数秘鑑定料はお1人当たり2,000円です。
(参加費は開催者様でご自由に決めていただいています)
所要時間は1回1時間半が目安です。(一日で午前・午後開催可)

場所は大阪府内・京都河原町以西・兵庫県三宮以東
(上記以外の場所での開催は交通費等についてご相談させていただきます)
開催会場はご準備いただきました場合は、その会場にて開催。

会場をこちらで探す場合は、参加者お一人あたり+1,000円となります。
(こちらでお探しする会場はカフェ・ホテルラウンジなど。飲食代は各自ご負担いただきます)

 

 

【内容】
お申込み時にいただいたデータから
それぞれのかたの「素質」のナンバーを含む基本の5つのナンバーを算出し、
当日、そのナンバーを見ながら数秘で解説します。



【お問い合わせ・開催リクエストについて】

開催日のリクエストや、ご希望の場所での開催、

招致開催やイベント出店につきましての

問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

クリックお問い合わせフォーム

 


《キャンセル規定》

開催そのもののキャンセルは、
前々日・前日・当日:キャンセル料として5,000円いただきます。
参加者様の増減・変更についてはキャンセル料は発生しません。

 

 

 

 

 

北摂地区限定!平日開催

夕闇タイムの数秘個人鑑定

リクエスト開催募集中!

 

 

夕闇タイムが気持ちの良い季節になりました。

北摂地区・平日に

あなたのお店や、お気に入りのお店で

午後6時からの数秘個人鑑定を開催しませんか?

 

【開催地域】高槻市・茨木市(吹田市・島本町はご相談ください)

 

【鑑定料】45分 2,000円(鑑定お1人様分) 当日山口が現金でお客様から頂戴いたします。

      (お店での飲食代は、各自それぞれご注文いただいてお店にお支払いいただきます。)

 

【鑑定日時】平日 午後18時~20時(時間の前後はご相談ください)

        開催時間の範囲で、45分+15分(間の休憩の時間)刻みで鑑定時間を決めて

        ご予約を承ります(当日受付も可能です)

        例:18:00~18:45 19:00~19:45

 

【開催方法】

・お店の方、またはお店の許可を取ってくださったお店のお客様から

 開催ご相談ください。

 

・鑑定のご予約は、お申込みフォームをお知らせしますので

 お店に参加お申込みがありましたら、そのお申込みフォームから申し込んでいただいてください。

 お店で口頭で受け付けた後、山口までお知らせいただいても大丈夫です。

 (ご予約が当日まで埋まらない場合は、当日会場にて受付可能です。)

 

・原則として、開催のお知らせはお店のほうで出してください。

 (告知を出されましたら、山口もFacebook等でシェアいたします)

 

 【お問い合わせ・開催リクエストについて】

問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

クリックお問い合わせフォーム

 


《キャンセル規定》

開催そのもののキャンセルはございませんが、

ご予約のあるなしに関わらず、開催予定の時間内は

2人がけ以上のお席を確保してください。
 

 

 

山口が目の前で身振り手振りしながら

鑑定させていただきます!

お問い合わせお待ちしています。

 

image


テーマ:

古墳の山口です。



さて、星占いの世界では

今夜が「天王星牡牛座入り」だ!と

お祭りっぽくなっています。



それに伴って、

「それがどうした?」という冷めた視点や

「何でもこじつけて騒ぐのって」下品でやーねー、と

眉をひそめる意見も

Facebookに上がっています。



なかには

「天王星牡牛座入り?何それ。

そんなもの知らないし、

そんなことに我が人生は影響されなくってよ」という

人生の高みから降るご意見もあり、

愚かにも騒ぎに乗って

「天王星牡牛座入りと『収入革命』」

なんて記事を書いた私は

恥ずかしさで消え入りそうになりました。



私も、普段はそれほど

新月満月を意識してる方ではないし、

どっちかというと新月も満月も毎月あるから

レア感がいまいち…とかいう

お月様にお仕置きされそうな感覚を持っているのですが。


そして、数秘はともかく

ホロスコープはてんで分からない私ですが。


しかし、

今回の「天王星牡牛座入り」は

お祭り騒ぎに乗りたい。

 


だって、

ちょうど誕生日なんだもの!



 

私の誕生日を記念して亀田がモスバーガー柿の種を(ウソ。でもこの商品は期間限定販売中。)




過去、「ベルリンの壁 」が破られた日に

「歴史的な出来事だ!」と世界が騒ぐ一方で、

「ふん、世界中では毎日

何らかの事件や戦争が起こっているんだ。

ベルリンの壁で身内と生き別れになった当事者でもあるまいし、

お祭り騒ぎが過ぎる。」と

苦言を発した人もいたでしょう。

 


でも、仮に

ベルリンの壁が民衆の手で壊されたあの日に

ちょうど誕生日を迎えた人がいたら?

 


彼、彼女にとって「ベルリンの壁崩壊」は

記念すべき出来事となるでしょう。

「ベルリンの壁が無くなったと同時に、

私にとっても、何かの壁が壊れて

自由になれる、

そんな日となるだろう!」と

思ったって、良いのではなかろうか?




というわけで、

私は今年の誕生日にちょうどかぶった

「天王星牡牛座入り」に乗っかってます。 

 


ほんとに、なんかメニュー出しとけば良かったわ。

「『天王星牡牛座入り』の日に誕生日を迎える

人生波乱万丈の数秘鑑定士・古墳の山口が

満を期してこの日にお送りする!

今日が今後7年間の豊かさを変化させるターニングポイント!

『数秘で観るあなたの収入革命のキーワード』」。 


1万円くらいでメニュー出しとけば、

お祝儀申込みが入ったかもしれん。   


 



で、「天王星牡牛座入り」の話題の中で

「前に天王星が星座間を移動したのは7年前」なので

7年前、あなたは何してた?という記事が出てきたりしてます。

 


私の7年前は

離婚前提の別居をしていて

離婚調停中でした。

分かりやすい波乱万丈感(笑)。

 


7年前の6月に離婚が成立し、

とにかく食って住まなきゃで働きづめ、

そのうち、自分の状況を知るためにやってみた数秘術に

興味を惹かれて、

数秘のメール鑑定をやってみた、というのが

私の起業始め。



そこから時は巡って現在、

引っ越しして転職して

数秘は対面鑑定をさせてもらっている。

確かに、自分の歴史が螺旋状に廻った感じはあります。

 



離婚前と、離婚後の7年間。

何が変わっていたか?

それを紐解こうとしていて、ふと

「なぜ、7年前に離婚しようと思えたか」を

思い出しました。



離婚の原因なんて、一言で説明できないし

原因なんてどっちもどっち、というものです。

ただ、「離婚したい」と思うのと

実際に離婚するのとでは

雲泥の差があります。



「したい」から「できる。しよう。」に変わった、

そのターニングポイントは、

7年間(ここでも7年間のワード!)勤めていた

ファミレスのパートを辞めて、

突然、広告会社に就職したことでした。



宿泊施設のサイトや観光雑誌を発行している会社の

企画編集に、40歳前にして採用されました。

 


研修や仕事の仕方の変化、

「働く」ということに対する意識の違い、

入社早々で慣れてもいない頃に降ってきた

原稿編集の締切で半泣きで入稿したり、

心身ともにまったくついて行けてない状況でした。




ただ、その時に感じたのが

「今までみたいに、旦那の一挙一動に気を使う日々を続けていたら

こんな仕事はやっていけない」という確信と、

収入がパートの時ではありえないくらいにパンと上がったので

「私も、自分で働いて自分の意思で

生活していけるのではないか?」という

可能性でした。




その後の離婚で、

本当に私は

「人の一挙一動に気を使う生活」は終わり、

自分で働いて自分の生活を立てていくことになったわけです。



それまで、「収入源である人間に気を使わないと

私は生活できない。

だって自分で生活費を稼げないんだから」という意識が

当たり前だったのが、

「あれ?もしかして別の可能性もあり?」と

思ったとたん、

グワッと現実が変わった。


それは「意識が現実化した」と見るのが一般的だけど、

そこに「7年ごとの天王星の移動」

何らかの追い風になって吹いていた、と

考えられなくもないのでは?


 



で、今回の「天王星牡牛座入り」ですね。

特に「収入や豊かさに関する変化がある」と

言われているので、

何かその辺りで自分の中に意識の変化はないかなぁ、と

まじまじ観察してみました。 



「めっちゃFXやってみたい!」とか

「どうしてもこんな仕事に就きたい!」とか

なにか、収入が変わりそうな心変わりは芽生えてないか、と

脳内大探索したのですが、

どうもそれっぽいものは見つかりません。 



てか、転職して2ヶ月経ってないし、

数秘鑑定会は楽しくさせていただいてるし、

収入額が上がればそれに越したことはないけれど

特に仕事に不満はない、というのが現状です。




ただ、収入や「豊かさ」には関係なさそうなんだけど


起業の仕事も、本音で気楽にやっていいのではないか?


と、最近ふと思いつきました。

 



私にとっては、会社で勤務する方が気楽です。

嫌だな、と思えば「チッ」という顔もするし

ほんとに嫌なら転職すればいい。

会社から給料をもらって、会社が要求する勤務をしているわけで

勤務先で気を使って「いい人」になるために

雇われているのではないから。



でも、起業では

接する人すべてが、お客様になった時には

お金を払ってくださる直接の雇用主。

「チッ」とか言った日にゃあ、

「あの人、感じ悪い」とFacebookメッセージで拡散されて

食っていけなくなるだろう…

そんな恐れから

「本音なんてとんでもない」のが

起業という生き方なのだ、と

知らず知らず思い込んでいました。

(だからと言って、実際にFacebookメッセージやお茶会で

「あいつ潰したれ」とか噂されてた、という風の便りは

入ってきていないので、

私の起業に対する思い込みなのですが。)  




それが、ふと

「勤務でそこそこ本音でやって来たし、

むしろ本音で、ちゃんと要求するとこ要求しないと

やっていけなかった。


それを、同じように起業でもやったほうが

いいのではないか?」 


と、

今までそんなこと考えもしなかったのに

思うのです。




なので、そういう

「自分の仕事を『周りからのウケ』で判断せずに

自分の本音を出す」みたいなのが

今回の転換期のテーマなのかもしれない、と

思っています。



で、「本を出す」ことによって

「本を出す」になったら

(いえ、いままでも仕事は本気で真面目にしています。

が、なんか律儀さとは違う方向の「本気」ってあると思うんで)、

それは「熱量が上がる」になり、

熱量が上がったところには、人やチャンスが集まる。



そういう「収入や豊かさが変化する」の

可能性もあるかも、と

理屈では考えたりしますが、

ま、多分あと7年経ってみないと

結果分析は出来ないんだろうなぁ、と

思ってます。





そんな「天王星牡牛座入り」直前、

誕生日前夜。

今日は暑かったので、夕涼みがてら

ノンアルカクテルの缶とか買ってきて飲みたいぞ。

ちょいと出かけてきます。



 

はにわ 山口かおり worksはにわ

 

丸【数秘鑑定】グループ鑑定・個人鑑定 開催中です。

 【数秘グループ鑑定 のお誘い】

     数秘個人鑑定を古墳基地のえんがわで開催!【えんがわ数秘】のお知らせ

 数秘鑑定の出張鑑定・イベント鑑定・鑑定お茶会も受け付けています。

 お問い合わせはこちらへどうぞ→お問い合わせフォーム


丸古墳・古代イベントの情報発信をしています。

 古墳とアートのフェス「come come*はにコット」エエトコ発信隊長

 山口の「はにコットのつくりかた」連載中の「はにコットスタッフブログ」はこちら


facebook Facebookやってます!矢印 山口かおり

 

はにわお問い合わせはこちらへどうぞ→お問い合わせフォーム

 


テーマ:

 

古墳の山口です。

 

 

最近、星占いの世界で

もうすぐホロスコープ上の大きな天体移動があるとかで、

「大きく流れが変わる!」

「この変化に乗り遅れるな!」

という投稿がバンバン上がっています。

 

 

 

 

特に「何十年ぶりの収入革命!」という文言が

人目を引きますね。

 

 

起業やブログの業界で、売れる商品を出したいと思ったら

「お金と恋愛」を扱えばいい、というのは

古ーくから言われていることなので、

「収入革命」って言われたら、ドキドキしますよね。

 

で、「収入革命に乗り遅れるな!」という起業商品も

バンバン出ていますよね。

その状況そのものが「収入革命」なのではないか、と

私などは思うのですが。

 

 

「収入革命」は天王星牡牛座入りのあとに来るんじゃない、

今来ているんだ! 鼻が利く起業家には。

今のタイミングで「収入革命に備えた商品」を販売している起業家こそ、

変化の波に乗り遅れていない方々だなぁ、と尊敬します。

 

 

 

 

で、仮にも起業家の私はどうか、というと

乗り遅れてますね、

「収入革命商戦」には。

 

ちゃんと乗っとこうと思ったら、「数秘で読み解く!

収入革命後のあなたのマネーの流れの変化鑑定!」とか

告知しとくもんだろうに。

今週もセカンド起業でバタバタして、

「はて、私にも来週、『収入革命』は来るのだろうか?」とかボケッと思っているようじゃ、

占い師としてどうか、と思いますわほんと。

 

 

 

 

そんな、ぽけぽけしている私ですが、

収入革命が来るのかどうか、と言われると

来ると思います。

 

 

ええ、根拠はありませんが

来るとは思いますよ、

その根拠のなさは「数秘11」の得意技です。

 

得意技ですが、

私は本当に「直感」とか「インスピレーション」とか「啓示」とか、

数秘11さんが得意とされている、いわゆるスピリチュアルな要素で

物事を判断したり、しゃべったり、文章を書いたりするのが

苦手です。

 

 

なぜ苦手かというと、

根拠がないからです。

根拠がないから、判断基準にしない。

判断基準にしないから、言ったり実施したりすることがないので

直感を使った場合の正中率のデータが取れない。

データが取れないから、判断基準にしない。

その堂々巡りですね。

 

 

 

根拠がなく責任の所在が明らかにならないことを、軽々しく口にしないのは

数秘11の誠実さでもありまして、

こんな感じに「直感」と「誠実」という

一見両立しがたいような二つの要素が同時に発生した場合、

「すぐに目に見えて分かるほう」を出しておく、という

宝くじならすぐに結果が分かるスクラッチくじにしといたら

結果が出るまでのタイムラグに耐えなくて済むだろう作戦を

とる場合が、けっこうあります。

 

 

 

で、今回の「収入革命」ですが、

起業界やマインドセミナー的には

「星の配置がそうなるから」という根拠をつけていますが、

要は、世の中の人々の心理の流れがだんだんと

変わってきている状況は実は以前から積もり積もっていて、

その理由付けとして「星の配置」と言ってるのではないか、と

私は思うのです。

 

 

 

それで、たとえば数秘11さんなら「直感と誠実」という

自分の中では「この両立はないわ。

だから世間に分かりやすいほうを外に出しておいて、

分かりにくいほうは『なかったこと』にしよう」としていたのを、

「あれ?この両立って、実はアリだったんじゃないの?」

ふと気が付くのが、

昨今の意識の変化なのではないかと。

 

 

で、「じゃあ、両方セット売りしてみよう」ということで

自分や商品を売り出してみたら、

あら、思いがけず売れた!

清濁併せ呑み(今までの本人的に)、陰陽マーク的(繰り返すようだが本人的に)、

酸いも甘いも味わってきた自分の「甘ーい」スイート路線だけでなく

酸っぱい面も放り込んだほうが、

自分もラクで世の中のウケも良かったんだ!

 

 

…ということに気が付いて、

自分の商品や自分自身の売り方を変えていくのが

今回の「収入革命」の正体なのではないか、と

私は『直感と誠実』で

最近判断しているのです。

(データと根拠は今後取ります)

 

 

 

この、今回の「収入革命」のポイントである

『一見両立しがたいような二つの要素』のピックアップの仕方が

占いだとか、リーディングだとか、コンサルだとか

いろんな切り出し方と切り口があって、

「その切り出し方と切り口を教えます」というところに

まず「プレ収入革命」が来ているのが、現在ですね。

ここに、今までとは違う感じで収入を得ている第一陣がいてます。

 

そして、来週以降は、そのアドバイスを得て

「あ、今までとは違う感じの収入の流れが来た!」となる

「収入革命ピープル」が生まれてくるわけです。

 

 

 

ここで「数秘で観る!あなたの収入革命のポイント」メニューを出しそびれている私は

すでにプレ収入革命の第一陣には乗り遅れているのですが、

私に限らず、ここからは誰しも段階的に

「収入革命ピープル 前期・中期・後期」のどこかで

変化を体験していくことになるのだと思います。

 

 

 

それは、大昔に

「古墳時代 前期・中期・後期」があって、

当時の倭の国の国民がその時代のどこかで自分の生活の変化があったように、

人それぞれ、どこかで

「あ、なんか収入ラインの変化があったなぁ」と感じたり体験することになります。

 

 

早い人は、古墳時代前期に箸墓古墳の築造にたずさわるでしょうし(古墳なたとえですみませんが)、

のちのち、大型前方後円墳の築造の国家プロジェクトが立ち上がったときには

周辺の人々は義務として古墳の現場に行き、なんらかの関わりを持ったことでしょう。

(ちなみに、このときに給料として貨幣が作られるようになったと言われています)

 

そして、古墳時代後期に

至る所に土地の偉いさんの丘っぽい古墳が出来た頃になっても、

「ああ、古墳ってあるけど、別に自分の生活には関係ないし」というままで

飛鳥時代を迎えていく民衆も、いっぱいいたと思います。

 

 

 

そんな感じで、

「今までの自分の意識では両立できないと思っていた、

2つの相反する要素を

一緒にして出してみたら、

特に収入面の流れが変化した」という動きが

今後起こるうえで、

早くに変化を体験する人もいれば

意識せずとも巻き込まれる人、

また「え?別になんの変化もありませんでした」で終わる人、

それぞれ存在することになるでしょう。

 

 

で、最後の

「なんの変化もありませんでした」の人は、

そもそも、古墳のことなんか考えもしないで一生を終えた民衆です、

いやもとい、

「星の動き」や「天王星牡牛座入り!収入革命」なんて情報を

まったく意識しないまま

過ごしていく人たちなので、

(そういう人たちもいっぱい当たり前にいる、パート先のおばちゃんとか)

その方々には、古墳による、もとい「星の動き」による生活の変化は

意識されないはず。

 

 

しかーし、まず、この記事を読んでくださる方々は

「天王星牡牛座入り」情報網とか、

数秘とか占いとか流れとかに

触れている方々だと思われるので、

少なくとも大仙古墳(仁徳天皇陵・古墳時代全盛期)あたりまでには

何らかの影響を体感することになるでしょう。

あ、古墳と「収入革命」がごっちゃになってすみません。

「収入革命 全盛期」くらいには、ですね。

 

 

 

 

というわけで、私の勘では

「今までの自分の意識では両立できないと思っていた、

2つの相反する要素を

一緒にして出してみたら、

特に収入面の流れが変化した」という

収入革命が来週に起こるのでは、と

思います。

 

 

そこを、数秘的切り口で観てみると

数秘11さんは、いままで同時に出してこなかった

「直感と誠意」「インスピレーションと文章説明」あたりを

セット売りする、ということになるのではないか、と。

 

 

他の数字さんについても、おいおい分析してみようかな。

 

 

 

はにわ 山口かおり worksはにわ

 

丸【数秘鑑定】グループ鑑定・個人鑑定 開催中です。

 【数秘グループ鑑定 のお誘い】

     数秘個人鑑定を古墳基地のえんがわで開催!【えんがわ数秘】のお知らせ

 数秘鑑定の出張鑑定・イベント鑑定・鑑定お茶会も受け付けています。

 お問い合わせはこちらへどうぞ→お問い合わせフォーム


丸古墳・古代イベントの情報発信をしています。

 古墳とアートのフェス「come come*はにコット」エエトコ発信隊長

 山口の「はにコットのつくりかた」連載中の「はにコットスタッフブログ」はこちら


facebook Facebookやってます!矢印 山口かおり

 

はにわお問い合わせはこちらへどうぞ→お問い合わせフォーム

 


テーマ:

古墳の山口です。

 

 

GW5/3・5/4は、大阪府高槻市の「古墳フェス はにコット」のスタッフとして

高槻ジャズストリートの出展に参加してました。

 

 

image

 

 

高槻市の今城塚古墳で毎年11月に開催されている

「古墳フェス come come*はにコット」に

来場者の1人として参加したのが4年前。

 

 

そこから古墳イベント発信を始めて、

はにコットの「ええとこ発信隊長」となり、

昨年から、はにコット実行委員スタッフに入ってます。

 

 

 

「はにコット実行委員」スタッフのユニフォームは

色とりどりの つなぎです。

 

image

 

私はグレーのつなぎをチョイス。

「どこが色とりどりや」という感じですが、

他のメンバーのつなぎのカラーが鮮やかなので

グレーでもかえって目立つかも(笑)。

 

 

 

 

イベントではいつもアートのワークショップをする、はにコットブースですが

今回の「高槻ジャズストリート」アートの森の出展では

「オリジナル缶バッジ作り」をしてました。

 

image

 

image

 

 

どこから仕入れたのか、「缶バッジ作り機」を使って、

お客さんのスマホの写真から送ってもらった写真や

子どもさんが描いたイラストで

その場で缶バッジを作りますよ!という企画。

 

 

 

私は古墳・埴輪グッズの販売のほうにいてたので、

缶バッジ作りは横で見てただけですが、

お客様への画像送付の説明や、送られた画像のプリントアウト、

それを専用の機械で丸く切り抜いて

「缶バッジ作り機」でガッシャンと缶バッジに仕上げるところなど、

ほんとに、はにコットスタッフはいつ見ても

「この人たち、どこでも何屋かになってやっていけるな!」と

感心させられるのです。

 

 

 

 

今回、高槻ジャズストリートの「アートの森」の運営も

はにコットが担当していて、

私は当日の店番くらいでボーっとしてるのですが

熟練のスタッフの皆さんや、実行委員長の牧さん、

バリバリ動く敏腕中学生スタッフくんなどを見ていると、

「自己実現の趣味起業などはメじゃない、

『アイデアを実現することの本質』がここにあるなぁ』と

つくづく感じさせられるのです。

 

 

image

image

 

 

 

今年の「高槻ジャズストリート」会期中は

すごい風が吹いてたんです。

それに伴う「テント飛んでく」問題や、

イベント進行に伴う客の流れについての留意、

そして2日目の突然のスコールなど

それなりにいろいろありました。

 

 

イベント運営というのは、客側でいたときには考えられないくらい

いろんなことが起こり、いろんなことを言われ

いろんな課題や壁や問題にぶちあたります。

 

 

スタッフ新米の私などは、正直なところ

トラブルが起こっているときの交渉などを見ながら

「ひゃぁぁぁぁ」と思ってることが多いです。

ぶっちゃけ、自分がこういうトラブルに対処しなきゃいけない立場に立ったら

どうなるんだろう、と思います。

 

 

そして、

「そういう数々の困難があるのが分かっていて

(そして、こういう困難は、事前にどんなに対策しても

防ぎきれず時には見切り発車しなきゃ実行できないこともあるし、

当日に現場でちょこちょこ起こったりする)、

 

それでも、

イベントの開催をする、というのは

どういうことなのだろうか?

「いったい、何が彼らを突き動かすのだろうか?」

思うのです。

 

 

image

 

 

それは、実のところは

イベント開催に関わらず、

人が何か『アイデアを現実化する』時には

必ず起こることなのではないか、と。

 

 

 

 

ひとやすみ画像、ジャズストのボランティアが食べられる

まかないカレー。

1日目。

image

 

2日目。

image

あきらかに福神漬け多すぎやしないか?

 

 

 

 

「お手伝い」や「趣味起業」で終わることと

「作り出し、実現する」ことの差は何か。

 

それは、

「恐れや不安をどれだけ受け入れたうえで、

『それを自分の役目としてする』と

決めるかどうか」

かと。

 

 

 

ここに関しては、私はエラそうに書けるようなことはなく、

むしろ不安で恐れをなして逃げ出したことが山ほどあるので、

いまだに、ちっさい起業屋でしかないのだと思います。

「クレームが来るとイヤだな」と無難に無難に逃げたり。

 

 

 

そもそも、

「不安や恐れがあろうとも、成し遂げたいということが

あるのだろうか?

(私にはそんなものはない)」

「だから、『人の役に立てること』を

コワくない程度にやろう」

と、ここまでし思いつかないことが多かったです。

 

 

 

私はボランティア歴が多いですし、

今実際にやっているボランティアワークもなかなか多いですが、

そのきっかけは

「やる人がいないから。」とか

「人の役に立てたら。」という思いからでした。

 

 

そういう思いは、そこそこ美しくは見えるし

上手く回って、「ありがとう」と言われてる間はいいのですが

次第に、課題やトラブルが生まれてきたときに

この「やる人がいなかったから」「役に立ちたい」動機だけでは

立ち行かなくなります。

 

 

それは

「人のためにやってるのに、

なんで自分が『不安や怖れ』に立ち向かわなくてはならないんだ?

この『不安や恐れ』は、自分にこの仕事を『させた依頼者』が

請け負わなくてはならないはずではないか?」と、

そう思ったとたんに

ボランティアなんかでやってられるか!と

思うから。

 

 

 

 

逆に見れば、

不安や怖れに立ち向かわなくてはならないような課題に直面した時点で、

「お手伝い」と「自分で作り出し実現する」の

境目に立っている、ということでもあります。

 

 

「お手伝い」「趣味起業」って、

何もしない日常よりも

ちょっといいコトをゲットして、

でも

コワいことに引っかからないぐらいの手前で

止めておくようなこと。

 

 

これが「自分で作り実現する」「仕事」となると

何もしない日常よりも

相当いろんな物事は得るが、

その分怖いことや不安

どしどしやってくる。

 

 

そして、人は

「怖いことや不安」が

とことん苦手。

それは、ダイレクトに心身に痛みを感じさせるから。

 

 

一方、「得たいろんな物事」は

じわじわ良かったなぁ、とか

長期的に見て積み上げて良かった!ということが多いので、

その時、ピンと来にくいかもしれない。

実際にはじわじわ「良かったなぁ」と感じていても、

同時に被っている「怖いことや不安」のインパクトが大きすぎて

「えらい目にあった!」とこりごりして終わるかもしれない。

 

 

 

そんな「えらい目にあった」の奥の、

「でも、これをしないと絶対に得られないものがあった。」を

冷静に見抜き、

また次の「自分で作り実現するもの」を計画して

毎度懲りずに「ほんとに出来るんだろうか?」の不安や怖れを感じながらも

次の「これをしないと絶対に得られない何か」を信じて

撤退せずにコツコツ続けていく、意志。

 

そういうものを、イベント運営のスタッフさんから

いつも学んで、感動します。

 

 

 

 

 

「なんの得があって、それをするのか?」

 

その答えが、「人の役に立つため」の場合は

感謝されなければ、止めてしまう。

そこに「無理をしないでPTAや地域活動を分担しましょう」が生まれる。

 

 

「お金を得るため」だったら

お金にならないことはしなくなる。

(ボランティアは、というだけでなく

自分で計画してやっていく物事には、労力が金銭に換わらない部分も大いにある)

そこに「各実にお金になることを回り道せずに実行しよう」という

起業論が存在する。

 

 

 

では、イベントを計画し、運営する人たちは

なにを得るためにそれをしているのか?

本気になればなるほど、確実に降ってくる「不安や恐れや課題」を覚悟してまで

「得たいこと」って、なんなんだろうか?

 

 

それは、イベントに関わる人それぞれ、実は違うと思うし

そんな「それぞれ得たいものが違う人たち」をまとめあげて運営する、というのが

イベントの、会社や趣味の集まりとは違う特殊性だと思います。

 

 

 

「これをすれば、こんな良いことが保障されます」の定形は

イベントスタッフにはなくて、

それぞれが「ここでこれを実現しよう」を決めて、

その都度「よし、今回はこんなことが得られた!」を

自分で見つけ出して確認しなきゃいけない。

イベントスタッフに「給与明細」も「感謝状」もないんである。

 

 

あるとすれば、

「何を得たいか、自分で決める自由

「何を得たか、自分で決める自由

なのだろう、と。

 

 

 

 

image

 

 

はにわ 山口かおり worksはにわ

 

丸【数秘鑑定】グループ鑑定・個人鑑定 開催中です。

 【数秘グループ鑑定 のお誘い】

     数秘個人鑑定を古墳基地のえんがわで開催!【えんがわ数秘】のお知らせ

 数秘鑑定の出張鑑定・イベント鑑定・鑑定お茶会も受け付けています。

 お問い合わせはこちらへどうぞ→お問い合わせフォーム


丸古墳・古代イベントの情報発信をしています。

 古墳とアートのフェス「come come*はにコット」エエトコ発信隊長

 山口の「はにコットのつくりかた」連載中の「はにコットスタッフブログ」はこちら


facebook Facebookやってます!矢印 山口かおり

 

はにわお問い合わせはこちらへどうぞ→お問い合わせフォーム

 


テーマ:

古墳の山口です古墳

 

 

image

 

 

大阪府・高槻市にあります、

古民家「アクルノ木」&古墳情報発信基地「古墳群」

 

個性と生き方をアートに籠めて、
普段使いできるビビッドなアクセサリーやグッズを展開している
アーティストグループ「アクルノ木」店舗にして、

 

大阪府高槻市の今城塚古墳を会場に
昨年11月のvol.7も2万8千人の来場で賑わった
古墳とアートのフェス「come come*はにコット」の本部で、

「古墳ビルダー」と呼ばれる古墳作品作家の作品を多数販売している

古墳情報発信基地「古墳群」。

 

 

ここで、わたくし古墳の山口、

数秘鑑定をさせていただいてます!

 

 

こちらは、「アクルノ木」オーナーで「はにコット」実行委員長の

牧梨恵さんが作ってくれた画像と記事です。

        ↓

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

アクルノ木✖︎古墳情報発信基地「古墳群」での
数秘鑑定が決まりました

 

数秘鑑定は 古墳の山口さんが行います!


古民家の えんがわで まさかの数秘で あなたを丸裸。

自分の知らない自分がいてるはず

 

先日の ラジオ数秘鑑定はこちらから

 

 

《数秘術について》

 数秘術は、英語で「ヌメロロジー(numerology)」(numero[数]+logy[学、あるいは論])と言います。

したがって直訳では、「数の学」、あるいは「数の論」といった意味になります。


「数の学」である数秘術では、その基本原理として

ひとつひとつの数には特別な意味があると考えます。

また、この宇宙のすべてのもの(わたしたち人間も含めてすべて)は、

「数の法則」によって秩序づけられ、支配されているともみなされます。

 

したがって、その数の法則に基づくことで、

わたしたちひとりひとりの「運命」、「使命」、「才能」、「カルマ」、「人生の意味」

などといったことすべてを明らかにできる、と数秘術師たちは考えています。

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 

 

そう、それぞれが持つ数字がすべてを明らかにできる、と

われわれ数秘鑑定士は考えているのです。

 

 

この「アクルノ木」&「古墳群」は

古墳グッズ満載の興味深い空間です。

 

image

image image

image image

image image

 

 

表から見るとこんな感じで、

 

image

 

 

ここ!このガラス窓の向こう側に

 

image

 

 

こんな、居心地のよい縁側があるのです!

 

image

 

 

このえんがわをお借りして、数秘個人鑑定をします。

 

 

image

(2018年3月11日(日) 第1回開催の様子)

 

 

 

『えんがわ数秘 inアクルノ木&古墳群』
数秘個人鑑定

 

5月19日(土)  開催終了

各回45分 2,000円

鑑定料は当日お持ちください。
(できるだけお釣のないようにしていただけると助かります)

 

 

受付時間:

11:00~11:45 満室

12:00~12:45 満室

13:00~13:45 満室

14:00~14:45 満室

15:00~15:45 満室

 

 

場所:アクルノ木&古墳情報発信基地 古墳群
高槻市芥川町3-10-4
JR高槻駅から徒歩5分位

 

 

こちらの「高槻スクランブル」記事で、JR高槻駅からの詳しいアクセスを

写真で説明してくださっています!

     矢印

高槻にオープン!古墳グッズ常設ショップ『古墳群×アクルノ木』

 

 

お申込みはこちらからどうぞ!

えんがわ数秘 inアクルノ木&古墳群 お申込みフォーム

 

 

お申込みお待ちしてます!

 

 

 

 

【数秘鑑定のお問い合わせ・開催リクエストについて】

開催日のリクエストや、ご希望の場所での開催、

招致開催やイベント出店も歓迎しております。

開催日は、土・日・祝日となります。

問い合わせはこちらのフォームからお願いします。

お問い合わせフォーム

 

 

【グループ鑑定について】

集まったメンバーで、数秘鑑定を通して交流しながら

「自分は自分の数字を生きれば良い」ことを

より実感できるのがグループ鑑定の醍醐味です。

定期開催しています。

【数秘グループ鑑定 のお誘い】

 

 

 

image

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。