●吉乃ちゃん(嫁)

「『ふつのみたまのかちどき』です」

 

●くるる(代理:本多正信)

「よくできました」

 

「何なんですか?この読み方を答えなさいシリーズ」

 

IXAのスキル名って読めないよねって言う心の叫びかな」

 

「なんて読んでたんですか?」

 

「ふと……ふとんのたましい?」

 

「安眠できそうですね」

 

 

 

 

 

「はい、ということで狙っていきます」

 

「最大320%まで上昇する今期の壊れスキルの1つですね」

 

「前回武田さんをいい感じに引けたので、それを素材にします」

 

「武田さんって前回1枚引いた新天の?」

 

「あの後もう1枚引きました」

 

 

 

 

「すごいくじ運ですね……」

 

「ということでこの2枚を素材にするんだけど、

まず下準備として、天穿神滅を狙います」

 

「天穿神滅?どうしてですか?」

 

「武田さんのC候補が天穿神滅なんだよね。

布都を第一候補にするにはまず付与先に神滅を付けておかないといけないんだよ」

 

「なるほど。今期は第一候補にできるかが合成のカギですもんね。

とはいえ神滅もSSランクスキルですから、そう簡単には付きませんよ?」

 

「ところが神滅は戦陣破軍のS1だから結構簡単に付けられるんだよ。

まず、弓隊襲撃持ち武将に戦陣破軍を付けてみよう」

 

 

 

 

「あーなるほど。

これで破軍がつけば、そこから神滅を狙えますね!」

 

行くぜ!!!

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

「まあそう上手くはいかないですよね」

 

もういっちょ!!!

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

「28%ですから仕方ないですね」

 

「敗因は椿ちゃんに御三家、

絶ちゃんに惜別を当ててしまったことだろうね……。

ギャップ萌えみたいなのを狙ったんだけどそれが仇になったか……」

 

絶対関係ないですよ

 

「とりあえずこの子たちを素材に破軍を狙おうか」

 

 

セット!!!

 

 

 

 

「Aランクスキルとはいえ87%ですか!」

 

「やっぱ今期の仕様は本当に低ランクスキルは狙いやすいね」

 

「意外といい仕様変更だったのかもしれませんね」

 

「ってことで行くぜ!!!」

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

「おめでとうございます!」

 

「もういっちょ!!!」

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

「消滅したカードを見るに、また1発で付かなかったんですね」

 

「なんか運が来てない気がする」

 

「下準備の下準備で心折れないでください」

 

「素材も集まったし神滅チャレンジ行くよ!!!」

 

 

セット!!!

 

 

 

 

「58%って……。

これ大丈夫ですか……?」

 

「大丈夫だ。

あえて椿ちゃんと絶ちゃんの2枚合成にしたからね。

二人の波長が合わされば、確率は120%まで上昇する!!!

 

(何を言っているんだろうこの人は……)

 

行くぜ!!!

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「付きましたね!!!」

 

「これが二人の力よ!

みんな参考にしてください」

 

「適当な嘘を広めようとしないでください……」

 

「ってことでようやく!!!

ようやく本合成だ!!!」

 

 

セット!!!

 

 

 

 

「64%……ッ!

さっきよりはいいですが、かなり微妙な数字ですね……」

 

マジで外したくない!

保険で式神付けてるけど、布都がつかなかったらしばらく寝込む!」

 

「わざわざ無双英傑まで候補から外す本気っぷりですもんね。

神滅も1発で付きましたし大丈夫ですよ!」

 

「たぶんこれが今期最大の合成になるだろう……!

行くぜ!!!

かちどきを上げるぞぉぉぉぉぉぉ!!!!

 

 

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわぁぁぁぁぁ!!!!

 

「鬨どころか発狂でしたね」

 

「…………」

 

「くるるさーん」

 

「…………」

 

「ダメみたいですね。

次回は道頓さんシリーズです。お楽しみに」

 

 

 

 

 

 

 

もしよければポチッとしちゃってください!


戦国IXA(イクサ)ランキング

●くるる(代理:本多正信)

「お久しぶりです」

 

●吉乃ちゃん(嫁)

「本当に久しぶりですよ!

何してたんですか?」

 

「刷新後、1本目は必ずくじ報告にするってのは決めてたんだ。

たださ、ひとつ決まらないことがあってさ……」

 

「何が決まらなかったんですか?」

 

今期のくじ報告のタイトルが決まらなかった

 

…………はい?

 

「半年使うタイトルだと思うと全然決められなくてさ、

結局刷新して10日間更新しないという事態に陥りました」

 

「誰も望んでないところで勝手にこだわった挙句

ブログの更新遅らせないでください!」

 

「あと刷新直後に体調崩してて、それもあってね」

 

「まあそれは仕方ないですね」

 

「さすがに体調悪いのに

スタートダッシュのために二徹しようとしたのはまずかったよね」

 

全然仕方なくなかった?!

何やってるんですか!

 

「ということでクジ報告です!

まずは祝くじから!!!」

 

「さすがに全部は載せられないので天武将だけです」

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

「はい」

 

「まあ何と言うか懐かしい武将ですよね」

 

「切り替えていこう!

次!天戦!!!

 

 

ポチッ!!

 

 

 

 

「……うん」

 

「12枚引いて3枚も天が出たなら大当たりですよ」

 

「攻撃の佐竹さんとか昔めちゃくちゃ欲しかったんだけどね」

 

「こうして見るとインフレが進んでるのが分かりますね」

 

「まあここまでは前哨戦だよ!

ここからが本番!天上引いてみよう!!!」

 

「ちなみに何枚引いたんですか?」

 

「34枚!

今期は強化合成でも片鱗手に入るようになったから

片鱗がめちゃくちゃ貯まりやすい気がする」

 

「前期はBランクスキルの追加に使ってましたしね」

 

「ってことで行くぜ!!!

おおぶるなら確実に新天!!!

今期はマジで何が来ても嬉しい!!!」

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

防御が来ねぇ!!!

 

「本当に攻撃武将に愛されてますよね」

 

「まあ今期の天はみんな強いからいいんだけどね……

ただ、覇の2人のどっちかが欲しかった」

 

「尼子さんと蘆名さんですか……」

 

「尼子さんが来るか来ないかで

今期の期待値が5000万は変わると思うんだよね」

 

「所属部隊丸ごとコスト0は反則ですからね」

 

「じゃあ最後に金くじ引いてバシッと決めていこうと思います!」

 

「今まで金くじでバシっと決まったことありましたっけ?」

 

「防御武将来い!!!!」

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

ラストぉぉぉぉ!!!!!

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キターーーーーー!!!!!!!

 

「おめでとうございます!!!」

 

「ということで、無事尼子さんを手に入れました!

そして前期まで6部隊53コストで組んでたので

1軍武将を半数以上入れ替える作業に追われることになりました!」

 

「高コスト武将嫌いが仇になりましたね」

 

「今回はこの辺で!おつした!」

 

「お疲れ様でした」

 

 

 

もしよければポチッとしちゃってください!


戦国IXA(イクサ)ランキング

●くるる(代理:本多正信)

「9鯖から始めた初心者にとっては明日が初めての刷新になる。

ということでスタートダッシュのお話です。

触れる内容は下記なので、知ってる人はページの下の

ブログランキング』のボタンだけ押して読み飛ばせばOKです」

 

●吉乃ちゃん(嫁)

読んでない人にボタンを押させようとしないでください!

 

■今回の内容

・隠し玉を使った城主レベル上げの方法

・空地凸で城主レベルを上げる方法

・僻地に所領を作る方法

・空地凸で資源を確保する方法

 

 

「2月14日に新章が開始されて、初合戦が2月26日から開幕するね。

この間に何をするかというと、ひたすら内政です」

 

「IXAでは半年に1回の刷新後は下記の内容以外すべてリセットされるため

所領や施設も全部0からのスタートになるんですよね」

 

 

「この期間にやらなきゃいけないことが大きく3つある」

 

①城主レベルを上げる

②所領を作る

③施設を充実させ、資源の生産量を上げる

 

「これが毎回結構大変なんですよね」

 

 

■城主レベルを上げる

 

「今回はざっくりした内容なので、簡単にだけ触れます。

まず城主レベルの上げ方!これは4つある」

 

①クエスト報酬で城主経験値をもらう

②合戦報酬で城主経験値をもらう

③秘境で城主経験値をもらう

④武将レベルが1上がると城主経験値が1増える

 

「①は普通に内政を進めていればもらえます。

 

②は合戦が始まるまではもらえません。

 

③は下図の秘境に行けば貰えますが、

ランダム要素が強く、武将の討伐ゲージが関係します。

 

④が今回触れる内容ですね」

 

 

■城主経験値が貰える秘境(できれば討伐ゲージ300以上の武将で行かせるべき)

 

 

「城主経験値が一定値を超えると城主レベルがあがる。

そして武将レベルが1上がると、城主経験値が1増える」

 

■城主経験値と城主レベル

 

「つまり、所領をすべて獲得できる城主Lv30にするためには、

武将レベルを合計で10400上げる必要があるわけですね」

 

「そして武将レベルを上げるには主に2つの方法がある」

 

①小姓の隠し玉を使う

②空地攻撃を行う

 

「★0Lv0の武将を★0Lv20まで上げると、城主経験値が20増えます。

城主Lv30に必要な経験値が10400ですから、

最短でも520枚のカードに隠し玉を使う必要があるわけですね」

 

10400 ÷ 20 = 520枚

 

「隠し玉にはランク0からランク5まであって、

ランクが高いほど経験値も高いから、当然1枚で上げられる城主レベルも変わってくる」

 

■隠し玉1枚の経験値(キャンペーン中は1.5倍)

 

■隠し玉1枚で上げられる城主レベル(キャンペーン中)

 

「上の表で言うと、例えばランク5の隠し玉が新品で残っていた場合、

城主レベル15まではランク5の隠し玉1枚で上げきれるわけです。

逆に城主レベル30まで上げようとすると、★5が2枚と★3が1枚必要と……」

 

★5 + ★5 + ★3 = 44.43% + 44.43% + 12.73% = 101.59%

 

「ちなみにキャンペーン中の隠し玉経験値1.5倍した計算だね。

普通はもっと上がりにくい」

 

「ということは、隠し玉は全部武将のレベルアップに使うべきですか?」

 

「いや、隠し玉も貴重だから無理に使う必要はないよ。

所領はできるだけ早めに確保したいから、余ってるなら使えばいい程度。

ただ開始1時間で城主Lv30になってる人がいてビックリするだろうから紹介した」

 

「無理してまで使う必要はないわけですね」

 

「隠し玉で上げきれない場合は、空地攻撃でも武将をレベル上げできるから

攻撃極振り武将1枚と討伐ゲージ300の白くじ武将でこまめに空地凸して

合戦までに所領3つ確保できてれば上出来だと思う」

 

「所領3つというと城主Lv15以上ですね」

 

 

■所領を作る

 

「次に所領の取り方なんだけど、抑えるべきポイントは次の3つ」

 

①本領の近くに取りすぎない

②砦の近くに取れると良い

③できれば全方位に所領を展開できてると防衛戦の陣張りが楽

 

「①は近くにありすぎるとカモにされるため、

②は攻撃するときに便利だからですね。

でも③って結構難しくないですか?

所領取るにも攻撃力が必要ですが

距離20を超えると大幅に攻撃力が減りますし」

 

「そこで使われるのがスイッチ法、あるいは足掛け法と言われる所領の取り方だね」

 

「スイッチ法?」

 

「こんな感じで所領を取る方法だよ」

 

本領が北東23付近にあるとする。

北西23に所領を作りたい場合、いきなり北西23の★8の空地を攻撃しても、距離ペナルティで攻撃力が足りない。

そのため、まず北西23付近の★1の空地に所領を作る。(★1であれば距離ペナルティを受けても攻撃力が足りる)

そして、北西23付近に作った所領から本命の★8の空地に開拓攻撃を行う。

最初に作った★1の所領は破棄する。

 

「ランカーの人が良くやってる方法ですね。

名前がついてたとは知りませんでした」

 

名前は僕が今適当に考えました

 

適当な嘘で文字数増やさないでください!

ちなみにオススメの所領はどこですか?」

 

★8だったらどこでもいいけど、一番はこの所領かな。

平地の数が一番多いから、施設をたくさん建てられるんだ」

 

■一番オススメの所領

 

「なるほど。

人気の空地なので結構なくなることも多いですが

9鯖は過疎なので国によっては取れそうですね」

 

 

■施設を充実させ、資源の生産量を上げる

 

「でだ、この方法で急激に所領を取っていくと必ずぶち当たる問題がある。

それが資源枯渇問題だ」

 

「施設を作るための資源が足りなくなる問題ですね」

 

「この対策はいくつかあるけど、一番いいの空地攻撃で資源を獲得すること。

説明すると長くなるので、下記リンクのブログを読んでください」

 

つれづれなるままにゲームブログさん

 

人任せ?!

 

「一応今の仕様でも確認したけど、大まかな部分は同じだったよ。

抑えるべきポイントは次の4つ」

 

・距離10~20くらい離れているとボーナスがおいしい

・必ず勝てる部隊で攻撃する

・必ず兵1で攻撃する

・必ず討伐ゲージ100以上の武将を部隊に入れる

 

「兵1なのは資源確保するために兵を減らしたら意味がないからですね。

ということは攻撃極振りの武将があると便利ですね」

 

「だいぶ駆け足で説明したけど、詳細が気になる人はコメント欄で聞いてくれる

IXA スタートダッシュ』で検索すればいっぱい記事が出てくると思います」

 

「大事な部分は抑えたつもりですが、所々説明を端折ってますもんね」

 

「ってことで今日はこの辺で!おつした!」

 

「お疲れ様でした」

 

 

 

もしよければポチッとしちゃってください!


戦国IXA(イクサ)ランキング

●くるる(代理:本多正信)

防御武将考察です」

 

●吉乃ちゃん(嫁)

えぇ!?

 

「驚くことじゃない。このブログは防御系考察ブログだよ?」

 

「くじ報告と合成報告しかしないブログかと思ってました……」

 

「前回自己模倣スキルを付けた鈴木重幸さんなんだけど、

その時『SSスキル付けると報告書に載りやすくなる

みたいなこと言ったじゃん?」

 

「言ってましたね。

昔と違って今はスキルランクが高いほど報告書に載りやすいって」

 

「そしたらコメントで教えてくれた人がいて、

模倣スキルは模倣先のスキルランクになるから

落石の計は模倣しても報告書に載りにくいんだって」

 

「そうなんですか!

言われてみれば自己模倣付けてから一度も載ったことないような……」

 

「そうするとさ、こういう疑問が生まれるじゃん?

落石の計ってそもそも模倣・重複するの?』って」

 

「報告書に載らないんじゃ確かめようがないですからね」

 

「結論から言うと模倣はできます。

重複するかは確認しないといけないけどたぶんします」

 

「やけに強気ですね?」

 

「模倣してる報告書をくれた人がいたんだよ!」

 

 

「オリジナルと模倣が同時発動してます!?」

 

「ちなみにこの報告書くれたのは9鯖松永家のセスさん

YoutubeでIXAの動画を上げてる人だよ」

 

「くるるさんがよく見てる人ですね」

 

「IXAのクジ動画はやっぱ臨場感があって好きなんだよね。

ブログじゃなかなかあの感じは出せないからさ。

ちなみにYoutubeチャンネルのURLはこれです」

 

 

セスさんのYoutubeチャンネル

 

 

「動画だとブログとは違った面白さがありますよね」

 

「ということで今回のテーマ

戦国IXAはブログ向きか?Youtube向きか?』でした!」

 

落石の計が模倣・重複するかの話です!

 

「見ての通り模倣はします。

両方報告書に載ってるってことはよっぽど重複もするとは思うんだよね」

 

「確認はできないんですか?」

 

「確実に検証するなら剣豪部隊で凸って貰うのしかないんだけ……」

 

「次の合戦は2/26ですからね……」

 

「たぶん調べれば絶対検証してるブログがあるはずなんだけど

全然見つからなかったんだよね」

 

「検証自体は結構簡単そうですもんね」

 

「ということで落石の計の話は以上なんだけど、

ついでだから模倣した時のスキルランクと報告書の優先度の検証もしてみようかなって」

 

「コメントで指摘していただいたことの確認ですね」

 

 

「たぶん他のブロガーさんがすでに検証してる内容なんだけどね

現在の仕様でも同じことが言えるかって確認だと思ってください」

 

 

■検証方法

初期スキルのスキルランクは天武将でもSランクである。

また部隊長模倣スキル(宿木、遁世、風狂)のスキルランクはBランクである。

以上のことから、検証に使用する武将は

・初期スキルがAランク

・初期スキルの発動率が100%の攻撃スキル

・追加スキルは3枠すべて模倣スキル

であることが望ましい。

初期スキルB、A、Sの武将を部隊長に置き、上記の武将で模倣した部隊で空地凸を行う。

10回空地凸を行い、報告書に記載されたスキルを確認する。

 

 

「そんな武将いましたっけ?」

 

「如安さんがこの条件を完璧に満たしてるんだよ」

 

 

 

 

「言われてみれば確かに……!」

 

「検証した部隊はこちら」

 

■Bランク模倣部隊

 

■Aランク模倣部隊

 

■Sランク模倣部隊

 

「太田三楽さんの初期スキル、模倣・重複不可って書いてますけど?」

 

「攻撃上昇の方は模倣できるみたいで、

報告書に記載されることも確認してきたよ」

 

 

「あとはこの部隊で10回づつ空地に凸して、報告書を確認するんですね」

 

「さすがに全画像は貼れないから結果だけ」

 

 

「なんというか、考察しがいのありそうな結果になりましたね……」

 

「簡単にまとめるとこんな感じかな」

 

■如安さんの結果から言えること

Bランク、Aランクでは模倣スキルは全く報告書に載らず

Sランクスキルを模倣した場合は、必ず模倣スキルが報告書に載る。

模倣スキルは模倣先のレアリティにより、報告書の優先順が決まる。

 

■松永さんの結果から言えること

初期スキルが100%発動ではないため、結果がばらけた。

⇒特に言えることはない。

 

■太田さんの結果から言えること

SSランクで100%発動の神光はそれほど報告書に載らない。

SSランクスキルはSランクスキルと同等の優先度になる??

 

 

「Aランクスキル部隊の時に

如安さんの初期スキルが10回報告書に載ってるのも

何か理由があるんですかね?」

 

「『同じレアリティなら初期スキルが優先される』

とも思ったんだけど、Sランクを模倣した時の他2人を見ると違うしね。

このあと気になって30回くらい凸したけど、結果はすべて初期スキルが載ったんだよ」

 

「そこはよくわかりませんね。

『模倣すると模倣先のレアリティになる』っていうのは確かみたいなので、

今回はこれで十分ですね」

 

「あとは来期合戦は始まったら落石の計が重複することは確認したいかな。

とりあえず今日はこの辺で!おつでした!」

 

「お疲れ様でした」

 

 

 

もしよければポチッとしちゃってください!


戦国IXA(イクサ)ランキング

●くるる(代理:本多正信)

「今期を振り返ってみよう」

 

●吉乃ちゃん(嫁)

「統一戦終わってやることないですからね」

 

「まず『今期の目標をどこまで達成できたか』だね」

 

「まず今期の目標があったことが初耳なんですけど」

 

「実はあったんだよ。それがこれだ」

 

 

■格付

・防御ポイント⇒天下筆頭

・一戦防御⇒天下筆頭

・総合ポイント⇒国別10位以内

 

■防御部隊

・総指揮兵数⇒10万以上

・最高防御力⇒1億以上

 

 

「防御ポイント天下筆頭は、そういえば言ってましたね。

というか目標高くないですか?」

 

「目標なって常に高いくらいがいいんだよ。

では見ていこう!防御ポイントから!」

 

 

■全国格付(防御)

 

 

「目標達成ですね!」

 

「1巡後に8連続で攻撃戦しなかったらもっと伸びてた気もするけど

少数上位同盟の盟主させてもらってたおかげで稼げたね」

 

「防御ポイントは少数同盟の盟主ほど上がりやすいですからね」

 

「次は一戦防衛!」

 

 

■全国格付(一戦防衛)

 

 

「達成ならず……」

 

「上二人は対戦したことあるけど、まあ強いね。

僕より硬いと思った人は10人以上いたから、むしろ運がよかったかな」

 

「次は国別総合ですが、これは滑り込んだって言ってましたね」

 

「何とか9位で終わることができたよ!」

 

 

■国別格付(総合)

 

 

「せっかく貰った祝カード溶かしてましたけどね。

というかなんであのカードを防御武将の細川さんに当てたんですか?」

 

荒破閃神のことを防御スキルだと勘違いしてました

 

「えぇ……」

 

「いや、マジで式神付いてよかったわ」

 

「どう勘違いしたらそうなるんですか。

次は総指揮兵数ですか。

くるるさん何コストで部隊組めましたっけ?」

 

「53コストだね。

コスト比重視って言ってる以上は10万くらい超えないとなって」

 

「達成できたんですか?」

 

「ふっふっふ。見よ!!!

 

 

■総指揮兵数

 

 

10万超えてますね!

 

「来期は5コスト増えるらしいから、もっと伸ばせるね!」

 

「まだ極限突破していない武将もいますしね!

最後は最高防御力1億以上。

これは前回の合戦報告で達成してましたね」

 

 

 

 

「4兵種バランス防御で守った時はあれが最高値だったかな。

相性補正が合った時も含めるとこれが最高」

 

 

■最高防御力

 

 

「1億3000万!?

相性補正って大切なんですね……」

 

「月ちゃんがいたら、もうちょい伸びたんだけどなぁ……。

ということで今期の目標と達成でした!

来期は防御仕様が大きく変わるから、目標は今期と同じにしようかな」

 

「格付系がかなり難しそうですね……」

 

「一戦防衛とか実力がモロに出るしね」

 

「2年半ぶりに復帰してみて、今期はいかがでしたか?」

 

めちゃくちゃ楽しかったよ!

やっぱIXAは楽しいわ。

今期は防御不遇って言われてたけど、ここまでやれたのも大きな収穫かな」

 

「一応名目上は『防御系考察ブログ』ですしね」

 

「来期10鯖でリスタート切る予定の人とかは、

ぜひとも防御も頑張ってほしいなと思います。

防御は攻撃と違って型落ちって言われてる旧天を使っても普通に強いからね!」

 

「くるるさんも足利さんとかお市さんとか使ってますもんね。

ノーマルの方の」

 

「このブログをきっかけに防御好きが1人でも増えたら嬉しいね。

ってことで色々晒してみました!

今日はこの辺で!おつでした!」

 

「お疲れ様でした」

 

 

 

もしよければポチッとしちゃってください!


戦国IXA(イクサ)ランキング

●くるる(代理:本多正信)

「9鯖のみなさん!天下統一戦お疲れ様でした!

鍋島の皆さんは天下統一おめでとうございます!」

 

●吉乃ちゃん(嫁)

「お疲れ様でした!

すごかったですね!」

 

「では天下統一戦を振り返っていこうか。

まず僕は石田家2位同盟『ハンプティダンプティ』の盟主だったんだけど

刷新報酬配布後に6位同盟の『略。』さんと合併しました」

 

「元々今の同盟がくるるさんが作った当時4位のアイスフレームと

当時2位だったハンプティが合併してできた同盟ですからね」

 

「これで石田家でも防御の強い3同盟が合併したことになったわけだ。

ちょっとやそっとの攻撃では落ちない同盟ができたんだけど

ここで事件が起こる」

 

「鍋島家がそれ以上に大胆なことをしてきましたね。

直江家と加藤家の筆頭同盟が鍋島家に離反しました」

 

「本気で天下統一狙いに行ってたね。

これを見て急遽、6ヵ国が対鍋島連合を結成した」

 

「本当に各国の指揮官の方々はすごいと思いました。

ちなみにくるるさんは何をしてたんですか」

 

僕は来たる決戦に備えて力を蓄えてた

 

「言ってることがニートのそれですね」

 

「結局鍋島がウチに来たのは2日目の昼過ぎくらいだったかな」

 

「連合国の方も陣寄せしてくれてはいたんですが

如何せん相手が強すぎましたね」

 

「ただね、今回僕は色々と策を用意してました」

 

「ほう。策ですか?

というと同盟合併以外にも何か仕掛けを?」

 

「もちろん同盟合併が大本命の策なんだけどね。

今回刷新間近ってことで、普段使ってる銅銭部隊を使う必要がなかっただろう?」

 

「道頓さんと半蔵さんの部隊ですよね?

たしかに今銅銭ゲットしたところで意味はないです」

 

「なので6人の模倣スキル持ち武将を自由に使えるわけだ」

 

「なるほど……!強力な初期スキル持ちを部隊長にすれば

かなりの火力が期待できますね!」

 

「というこで部隊長は君だ。吉乃ちゃん」

 

「はい?」

 

部隊長は君だ。吉乃ちゃん!

 

「いえ聞こえなかったんじゃなくて意味が分からなかったんです。

私の初期スキルご存知ですか?

防御力上昇23%ですよ?」

 

「そっちについては目をつむろう。

大事なのは当時のイクサーの14%を引退に追い込んだという

特殊スキル、帰還時間遅延2倍の方さ」

 

やけに具体的な数字で嘘言わないでくださいよ!

帰還遅延ってそりゃ模倣すれば最大10倍にはなりますけど、

相手の火力考えれば普通に直虎さんとか模倣した方がいいじゃないですか?」

 

「もちろんそれも考えたんだけどね。

ただ今回の僕の仕事は時間を稼ぐことだったからさ。

それにザビエルさんとかのデッキ上回復速度上昇を考えると

吉乃ちゃんの帰還遅延10倍は外せない策だったんだよね」

 

「まあ言いたいことはなんとなく分かります」

 

「そしてこれがもう一つの策に活きてくる。

もし遅延10倍されると分かっていたとして敵はどうするだろう?」

 

「それは金80を使うか速度武将を多めに詰むかじゃないですか?」

 

「その通り!そこで、この人が活躍するわけだ!」

 

 

 

 

「この前引いた果心居士さんですか!」

 

「この人を模倣することで、防御部隊の底上げをはかる!」

 

合併により防御力を格段に上げ

私の初期スキルで敵の動きを鈍らせる。

その時間でザビエルさんと千利休さんで回復

帰還遅延対策に速度を上げてきたらこちらの防御力も上がる……。

こうして見ると悪い作戦じゃないですね!」

 

「って僕も思ってたんだけどね」

 

「思ってた?」

 

「他国の大殿が次々と落とされていくのを見て

こりゃ無理だな』って悟ったよね」

 

前置きが長いからそんな気はしてましたよ!

とりあえず報告書出してください……」

 

「はい。ということで報告書です。

まずは1発目!!!

 

 

 

 

ワンパン回避!!!

 

そこで喜ばないでください!

 

「続けて2発目!!!

 

 

 

 

「3発目で加勢はがれました!!!」

 

加勢が剥がれてから

同盟員が加勢してくれるまでの時間を稼ぐこと!

それが盟主の仕事だろ!!!

4発目!!!

 

 

 

 

「負け判定です!!!」

 

「まだ耐久は残ってる!

もう少しだけ時間を稼ぐんだ!!!

7発目!!!

 

 

 

 

勝てるかぁぁぁ!!!

 

「相手が強すぎましたね……。

っていうか普通に防御力出してますけどいいんですか?」

 

「どうせ来期名前隠してソロで適当にやるから問題ない」

 

「今期はもう合戦ありませんもんね」

 

「お相手いただいた鍋島家のみなさん!

防衛陣と陣払いに協力してくださった連合国と石田家のみなさん!

そして何より!こんな防御しか取り柄のない盟主に付いてきてくれた同盟員のみなさん!

半年間本当にありがとうございました!」

 

「ありがとうございました!」

 

「あとすごく嬉しかったのが陣名でこのブログ応援してくれた人がすごく多かったことかな。

統一戦もそうだけど通常戦でも本当に励まされました。

また来期もよろしくお願いします!」

 

「来期どこ行くかとか決めてるんですか?」

 

「それは明日のブログで!

それでは乙でした!」

 

「お疲れ様でした」

 

 

 

もしよければポチッとしちゃってください!


戦国IXA(イクサ)ランキング

●くるる(代理:本多正信)

「昨日誕生日だったんです」

 

●吉乃ちゃん(嫁)

「誰のですか?」

 

「僕の」

 

「え?あ、おめでとうございます」

 

「ということで金くじ引いていきます」

 

「"ということで"からの繋がりが見えないんですが」

 

「誕生日くらい課金しても許されるでしょ」

 

「つい1週間前に金くじ引いてた人のセリフじゃないですね。

というか更新するなら昨日すればよかったのに」

 

「昨日は会社の人からプレゼント貰ってて帰るのが遅くなったからね」

 

「何をもらったんですか?」

 

残業

 

「あぁ……」

 

「んで金くじ引いていくわけなんだけど

さすがの僕も刷新1週間前に引くのは馬鹿だということは分かってる」

 

「そこは理解していただいてたんですか。安心しました」

 

「なので!今極選ポイントが2万くらいだから

3万になるまで引こうと思う!」

 

 

結構引く気満々じゃないですか!?

 

「ってことで行くぜ!!!

誕生日くらいいいの出てくれよ!!!」

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

見せ場なし!!!

 

「ことごとく上ばっかりでしたね」

 

「しかしだ!

これで極選くじが引ける!!!

極めて選んだくじだからそりゃいいの来るだろ!!!」

 

「新天も追加されてますし期待はできますね!」

 

いっけぇ!!!極選!!!

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あー!うん!」

 

「通常極じゃないなら当たりですよ!

防御の姫武将ですし!」

 

「いや、当たりなんだけどさ

僕は『姫武将の高コスト化に異を唱える会』の副会長だから

素直に喜んでいいものかと……」

 

「逆に会長は誰なんですか……」

 

「ということでスッキリしなかったので天合成します」

 

「"ということで"で何でもできると思ってませんか?」

 

セット!!!

 

 

 

 

この前、兵舎として残そうって言ってた

記念カードじゃないですか!!!

 

「丸一日考えた結果、『攻撃しないのに兵舎とかいらんだろ

という結論に至った」

 

確かにめちゃくちゃ兵余ってますけど!!!

 

「じゃあ行くぜ!!!

できれば荒破式神付いてくれ!!!」

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう運営!!!

 

「式神に愛されてますね」

 

「ではではこの辺で。乙でした」

 

「お疲れ様でした」

 

 

 

 

もしよければポチッとしちゃってください!


戦国IXA(イクサ)ランキング

●くるる(代理:本多正信)

「季節くじの第二期間だね」

 

●吉乃ちゃん(嫁)

「2月1日からですから、メンテ明けまで待ってたんですか?」

 

「いや、普通に2月1日の日付変わった瞬間に引いた。

んで姫考察とくじ報告、どっちを先にあげるか迷って姫考察を先にあげた

 

なんでタイムリーなネタを後回しにしちゃうんですか!

 

「反省も後悔もしてない」

 

「せめて反省はしてください」

 

 

 

==本題==

 

「ということで季節くじです」

 

「前回は悲しいくらい何も引けなかった季節くじですが」

 

「その反動で今回は天7枚くらい出ると思うんだよね」

 

「毎度のことながら自信がすごいですね」

 

「まあせめてちえちゃんかシノビが欲しいかな。

ってことで行くぜ!!!」

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい」

 

「20枚引いて一度もぶる演出しないとは……」

 

「ちえちゃん2枚出てるから……」

 

「涙吹いてください」

 

「でもね、まだ分からん!

まだ極選くじですごいの引く可能性もあるから!」

 

「ですね!極選は欲しい武将いっぱいいますから!」

 

「行くぜ!!!

頼むよ極選!!!」

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁぁぁぁ!!!!最高!!!

 

「ダブりじゃないです!」

 

「ガラシャさん持ってるし、それ以前にシンプルに可愛い!!!」

 

「卓越スキル持ちは来期活躍しそうですしね」

 

「今回の季節くじは極選が神がかってたね」

 

「どちらも優秀な防御武将ですからね」

 

「ということで2020年冬くじ報告でした!

お疲れ様!」

 

「お疲れ様でした!」

 

 

 

 

 

もしよければポチッとしちゃってください!


戦国IXA(イクサ)ランキング

●くるる(代理:本多正信)

「メンテが明けて告知がいっぱい来てたので紹介していこう」

 

●吉乃ちゃん(嫁)

「最近告知の紹介にやけに熱心ですね」

 

「旬なネタは……伸びるんだよ」

 

「あぁ……、なるほど」

 

「ということで1つ目の告知はこちら」

 

 

■バレンタインキッス

リンク:バレンタインキッス特設ページ

 

 

「毎年恒例バレンタインキッスですね」

 

「大きく3つ告知があるけど、詳しくは特設ページをご覧ください。

WebMoneyAwardのグランプリ記念として祝くじ1枚が配布されるみたいだね」

 

「その他にも2月14日にログインすると

限定姫武将が貰えるそうなのでお忘れなく」

 

「なんで姫くじないんだよ!と怒りに震えてたんだけど

調べたら2018年を最後にバレンタインキッスでは姫くじやらなくなったらしいね」

 

「去年はひな祭りイベントで豪華な姫くじがあったそうなので

そちらに期待しましょう。」

 

「2つ目の告知がこちら」

 

 

■合成キャンペーン

リンク:合成キャンペーン特設ページ

 

 

「いつものやつだね。

特に変更はないみたいなので期間だけ間違えないように」

 

「詳しくは特設ページをご覧ください」

 

「あと何か紹介することあったっけ?」

 

「刷新報酬が配布されましたね」

 

「そうだそうだ!

何とか国別10位以内に滑り込みました」

 

「意外と頑張ってたんですね」

 

「まあ詳しくは今期の総まとめするのでその時に。

30位以内だと限定武将が貰えるらしくてそれを紹介しよう」

 

 

■刷新報酬の配布

 

 

 

「そういえば祝カードが貰えるって書いてましたね」

 

「素材としては微妙だろうと思ってたんだけど、

荒破閃神が候補に入ってる普通にいい素材だったよ」

 

 

「兵舎としても優秀ですしね。

せっかくですし記念に取っておきましょう」

 

「そうだね!

最後に合成仕様が変わったってことで

せっかくなんで天合成して終わろうか!」

 

「え?天合成するんですか?」

 

「素材がないから微妙な合成だけどね。

ってことでセット!!!

 

 

 

 

「極スキル合成ですか!」

 

「どうせ来期やらなきゃいけないからね。

ちなみに狙いは式神です」

 

「式神、5.90%って書いてますけど……?

その下の1.24%についてはツッコみませんが」

 

「危うく100%にしてしまうところだったよ。

じゃあ行くぜ!!!

新合成仕様1発目の合成だ!!!

 

 

ポチッ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕様変更万歳!!!

 

「あれだけ文句言ってたのに!」

 

「94%が外れることもあれば6%が通ることもある

ってことだね!」

 

「式神付いてなかったら絶対違うこと言ってましたよね」

 

「ということで今日はこの辺で!

おつでした!」

 

「お疲れ様でした」

 

 

 

もしよければポチッとしちゃってください!


戦国IXA(イクサ)ランキング

●吉乃ちゃん(嫁)

「このブログって、今すごく調子いいじゃないですか?」

 

●くるる(代理:本多正信)

「見てくれてる人も増えてるし、公式ジャンルランキングも伸びてるからね」

 

「なのに!なのにですよ!

なぜこのタイミングで姫考察なんですか!

毎回PVが悲しいくらい爆死してるのに!」

 

「逆だよ、このタイミングだからこそ

PVが多少爆死したころで、まだ致命傷で済むだろう?」

 

「『死に到る傷』と書いて致命傷なんですけど。

それ死にますよね」

 

「まあ姫考察で死ねるなら本望だよ」

 

「えぇ……」

 

 

 

==本題==

 

「とうことで黄梅院さんの姫考察です」

 

「しれっと始めるんですね」

 

 

「通称『おっぱいいん』さんと呼ばれているね」

 

「くるるさんもそう呼んでますけど、やめましょうね。

登場が2014年ですから、もう5年以上愛されているんですね」

 

「僕は彼女を見て、いつも思っていることがひとつある。

それが今回のテーマでもある」

 

「はぁ。なんでしょう?」

 

「『黄梅院さんはSなのかMなのか』だ!」

 

「…………」

 

「わかる、わかるよ。

言いたいことはよくわかる!

そんなもの言うまでもなくSでしょう

そう言いたいんだろ?」

 

全然違います

 

「確かに多くの有識者たちが、口をそろえて

黄梅院は議論するまでもなくS姫だ

そう言ってきたのは事実だ!」

 

「なんの有識者ですか」

 

「僕もそう思ってきた。でもふと思ったんだ。

いくらなんでもS過ぎやしないか?』とね」

 

「風邪ですかね。ゆっくり休みましょう」

 

「僕こう見えて結構推理小説とか読むんだけどさ

あまりにも要素が重なりすぎると逆に怪しくなるんだよね」

 

「まず、イラストで推理しようとしないでください」

 

「これは僕らを罠にはめるためのミスリードだと思うわけさ。

推理小説マニアとしての僕の勘がこう言っている!

黄梅院さんはSじゃない可能性があるぞ!』と!」

 

「小説読んで頭が悪くなる人を初めて見ました」

 

「なので、黄梅院さんがS姫に見える要素が

実はそうではないんじゃないかという視点で議論を進めていきたい」

 

「その議論に私を巻き込まないでいただけるならご自由に」

 

 

 

■Point1 3匹の蝶が意味することは?

 

「黄梅院さんの周りには3匹の蝶が舞っているね」

 

「そんなマジ考察の時みたいに見出しを付けなくても……」

 

「過去の文献によると、『これは黄梅院に付き従う従者の象徴である』

というのが一般的とされている」

 

「なんですかそのいかがわしい文献は」

 

「自由に空を舞う蝶ですら、彼女の前ではひれ伏すわけだ。

しかし、僕はまずここに疑問を呈したい!」

 

「疑問ですか?」

 

「この蝶達は黄梅院さんの優しさの象徴ではないのか?とね」

 

「そもそも蝶ひとつにそこまで深い意味があるかが疑問ですが」

 

「そう思って見てみると、どこか黄梅院さんが

心優しき『天然系お嬢様属性』に……」

 

「………………」

 

「……見えないか。次だ」

 

(見えないんだ……)

 

 

 

■Point2 手袋に込められた意味は?

 

「次に注目すべきは、黄梅院さんが右手にしている手袋だ」

 

「言われてみれば右手にしかしてませんね。

まあ手袋ってお姫様がよくしてるイメージありますよ?

無垢さを表すっていう意味で、花嫁もロンググローブが正装ですし」

 

「これについていも様々な研究がされているんだけどね、

現在の主流は、『穢れには触れない』という自尊心の象徴だとされている」

 

「誰ですかその無意味な研究してる人」

 

「左手に手袋をしていないのは、そもそも左手では触れすらしないからだと」

 

「普通にオシャレじゃだめなんですか?」

 

「しかし僕はこう思うわけだ

これは弱い内面を守るための鎧ではないか』とね」

 

「トンデモ理論をさも当然のように語られても」

 

「そうしてみると、『ツンデレ系高飛車お嬢様属性』に見えてこないかい?」

 

「まずその属性が初耳なので入ってきません」

 

「………………」

 

「………………」

 

「ないか。ないな。次だ」

 

(ないんかい!)

 

 

 

■Point3 挑発的な目つきと口元

 

「これが最後のポイントだ。

本当はもっと語りたい要素はあるが、文字数が僕の邪魔をする」

 

「ありがとうございますアメブロさん。

文字数制限かけてくれているおかげでようやく終わりそうです」

 

「最後はやっぱりなんと言ってもこの挑発的な表情だろう」

 

「姫武将のなかでも珍しい表情ではありますね」

 

「心理学者のロバート・プルチック

8つの基本感情と、2点の組み合わせからなる8つの応用感情から成り立つ

感情の輪』という概念を提唱した」

 

●感情の輪

 

「え?誰ですか?」

 

「これは真面目に実在した人です。

そうしてみると、黄梅院さんを見てみるとどうだろう。

上がった眉、挑発的な目つき、緩んだ口元」

 

「どうなんですか?」

 

ゾクゾクするね

 

性癖の話はしてません

 

「ではこれをもってまとめに移ろうか」

 

「あ、はい。ではまとめをお願いします」

 

「黄梅んさんは」

 

SとかMとか関係なく可愛い!!!

 

長々と考察してきた結論どこ行ったんですか!

 

「結局ね、可愛いは正義ってことだよ。

ではではお疲れ様でした!」

 

「えぇ……。お疲れ様でした」

 

 

もしよければポチッとしちゃってください!


戦国IXA(イクサ)ランキング