着物美人になりませう

会社概要


株式会社堀文

名古屋市中区丸の内二丁目18番4号

TEL:052-211-4781 / FAX:052-203-0037


大きな地図で見る
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

HORIBUN FURISODE ALL STARS 超特急編

同業者のKさん(今後多分色々と登場予定ですので紹介しておきますー今年の3月までばりばりの長者町界隈では知らない人がいない?方で、会社が廃業されたため一人で独立して動いています)の昔ながらの呉服屋さんのお孫さんが「成人式を迎えるので堀文さんにお連れするので宜しく!」という流れで色々詰めていくうちに「実は来年1月成人式」という過去最短記録を更新した「振袖選び」の始まりです・・・・

いつものようにまずは仕立て屋さんの確保です。なんとかパールトン加工をしてぎりぎり12月27日出来上がりを確約いただきました。

 

弊社では超人気のテッパン振袖「翠山工房」の振袖です。紺地とホワイトの染め分けが絶妙の逸品です。

 

 

袋帯は白寿苑の「美しいきもの」掲載柄(確か仲間●●恵さん)が着用されたような・・・大変 機の良い締めやすい袋帯です。

何とか無事にお気に入りのオンリーONEが見つかりホッとしておりますがそれ以上に無理をいつも快く聞き入れてくださる仕立て屋さんのKさん この場をお借りしまして感謝申し上げます。

お待たせしました!じらしてごめんなさい・・・・

皆様大変お待たせして申し訳ございませんでした!

個人的にLINEなどSNSで「じらさないで!」「詩人ですか?」などたくさんの反響に感謝します。

 

作品を組衣桁に掛けて撮影しようかな?なんて考えておりましたが偶然にも作品が到着した日に着付け教室を主宰されておりますE先生が12月の茶事に着る予定の附下をお選びに見える予定でしたのでご購入後に事情をお話しして着装していただきました!時価の金額にびっくりされ中々戸惑ってみえましたが無理強いして着装いただきました。

 

 

圧巻でしょ?地色もさることながら鴛1羽・1羽がやはり息子や孫とタッチが微妙に違います。すでに他界されておりますが作品の落款に「福寿」とご本人の落款が押されており「福寿」の意味合いを尋ねたところ人生の節目「還暦」「喜寿」「米寿」「卒寿」など色々ありますが羽田先生が自分の人生で最高潮の時を「福寿」」と定め落款に思いを募らせ刻印されたそうですので西暦20✖✖年作とは言えないそうです。

 

偶然ですが「美しいキモノ2022秋号」の最初のページに人間国宝・羽田登喜男氏の作品及び経歴が掲載せれておりますので書店にて手にとって御覧ください。

 

弊社の家宝が増えました!

先日 と・ある仲良くしておりますところから「二度と出会えない作品が入荷したよ」と連絡があり京都に出向きました。

かなりの期待を膨らませ新幹線に飛び乗り約50分久々のわくわく感であっという間に到着。

 

地下鉄を乗り継ぎと・ある問屋さんで社長さんが速かったですね!と出迎えてくださいました。早速その代物が箱に入って登場です・・・・

 

そちらの商品とは我々業界人なら知らなければ恥というよりもマストな          人間国宝・羽田登喜男氏でした。染帯や息子登氏や孫登喜氏の作品は扱ったことがありますが初代といいましょうか?まだこの世に見仕立てのものが存在するんだ!とある意味驚愕でした。

 

数年前までは鴛1羽100万円という暗黙の価格設定でしたが現在では200万円という価値です。ですので今回出会った作品は5羽ということですので1000万円の価値があるということですね!

 

このネタをブログにアップしたあとに作品が登場しますのでハラハラドキドキされながら次回のブログをお楽しみに!

 

ということで表題通り弊社の家宝へ仲間入り・・・ということは大枚はたいて購入してしまったのです。

いまどきの振袖用重衿

振袖は古典柄が栄枯盛衰いつでも普遍的という感覚は平成の時代に置き去りにしておかなければならないかもしれません!

 

昨今の振袖事情から鑑みるとやはりレンタル振袖・ママ振が9割近くを占有する中 生き残りをかけた熾烈な戦いが起きているような気がします。

 

現状の振袖戦線に「もうついていけない」「老兵は去るのみ」とかいう逃げの言葉をよく耳にしますが生き残りをかけ感覚を磨き、あんてなを研ぎ澄ませ、新たなる挑戦をしていかなければなりませんね!

 

先日お邪魔した先端を行く小物屋さんでみつけた斬新な重襟はまさに驚愕でしたので一足早く紹介させていただきます。

小物の重要性は熟知しているつもりですが、この衿は今後のレンタル・ママ振に大きな影響を与えることでしょう!

今時の七五三

連休前に京都に出かけました。2023年用の新作振袖発注会中心にレンタル衣裳店様向けの七五三を大量に見てきました。

古典柄を超越したもうまさにドレスですね!

溜息というか時代錯誤でしょうか不思議の国のアリス状態でした!

 

時代に取り残されないようについていかなきゃ!

 

台風接近!読書の秋(笑)

ご無沙汰をしております。

台風が接近しておりこの三連休も心配ですね!友人でも沖縄家族旅行をキャンセルし温泉旅行に切り替えたり、近隣の温泉旅館もキャンセルの問い合わせが鳴りやまないなどニュースで報道されてました。

我が家でも明日17日大安吉日はどうしても晴天を願う一大イベントを控えておりますので個人的に台風の影響がないように祈るばかりです。

 

さていつもの本屋さんに立ち寄ったところ店頭の目立つところにこちらの本が並んでおりついつい手に取り粗読みしましたが購入までにはいたりませんでした。

この業界で働く身であり「着物」に関してはプロフェッショナルの自負がありますのでこのような書物を出版していただき「キモノ」を身近に感じ取っていただければ幸いですのでご紹介させていただきます。

 

 

新たな出会いに感謝

丁度一年前のLCさんの催事で大変仲のの良い親子様に出会うことができました。

その時は、お母様に和田光正謹製の訪問着と袋帯一式ご縁をいただき、お嬢様(当時高校三年生)には絞りの浴衣をご購入いただき来年一年後はこの浴衣に合わせる帯をね!という感じで大学受験勉強モードへ…

七夕ならぬ一年後にお会いした際はすっかり女子大生になっており第一志望にも合格されたと聞き嬉しかったですね!!!

さて本題の浴衣帯ですが本命の納得いくモノが手に入らず、ようやくオススメの帯が入荷しましたので自信をもってコーディネイト。

 


 

八重山ミンサーの半巾帯のお色目と見事な麻の葉文様のブルーの絞りが本当にピッタリマッチしておりますね!

また一年後になりますがますます素敵なLADYになっていることでしょう…Aさん頑張れ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

袋帯のご依頼!

あっという間に8月!6週にわたる催事も無事終了しました。

コロ助に感染したら催事に穴が開いてしまうという緊張の中、朝目覚めて「のどが痛くない」「熱も平熱」などチェックする毎日でした。

最終週の店舗では社員さんもかかってしまいクラスターとまではいかないのですが本当にいよいよ迫ってきた感が強いですね!

皆様もこれからお盆休みという人が多いと思いますがより一層気を付けてまいりましょう!

 

さて3月の「問屋☆THEバーゲン」にお越しいただき豪華総刺繍の訪問着を誂えていただきましたシェ様より「どうしてもこちらのお着物に合わせる袋帯が無いためご提案していただけませんか?」という嬉しいご連絡をいただき早速アポを取ってお越しいただきました。

 

あらかじめご予算を聞いてはいましたが数点合わせました。そして最後に「少々値がはりますが・・・」とワタシのイチオシを強引に合わさせていただきました。知る人ぞ知る「佐波理綴れ」の袋帯です。

シェ様もこちらの宝石の輝きに魅了され…即決!

 

またこちらの帯はリバーシブル使いが出来、別のテイストが楽しめるのも魅力のひとつです。

本当に自画自賛のコーディネイトでした!本当にありがとうございました。

 

 

 

 

おかげさまで留袖が好調です(笑)

コロナ感染者が愛知県でも13,000人以上と過去最多で本当にいつ、誰がなってもおかしくない状況です。かなりびびってます(あと2店舗催事が残ってますので…)

さて6週連続催事も終盤に差し掛かりおかげさまで各店好調をキープしており特に「留袖」の販売が今までの反動かこの1カ月で10枚以上販売させていただきました。本当にありがとうございます。

 

印象に残ったお客様の写真を撮らせていただきました・・・特に袋帯を合わさせていただきお客様が購入する動機づけになった要因でした。

 

 

和田光正先生の袋帯です。老松柄の模様が本当にこの留袖にぴったりきて久しぶりに納得いくコーディネイトでした。

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に7月…

梅雨も明けいよいよ夏本番かと思いきや台風・日本上陸・・・まるで数十年前の東南アジアですね。それだけ温暖化か進んでいるのでしょうか?さて毎年恒例ですが週末から6週連続でローカルチェーン店様の催事応援です。

わたしも各店の顧客様達にお会いできるのが非常に楽しみな催事です。

 

今回は幼稚園の園長先生をご紹介させていただきます。本当にありとあらゆるものをお勧めさせていただいておりますので今回は…

辻ケ花で有名な吉野一廉先生の紋紗の着物に長嶋織物の花火の袋帯をご提案させていただきました。

前回お勧めした和田光正謹製の色留タッチの訪問着を着る機会があり大好評だったのでスマホで写真を見せていただきました。

本当にいつもいつもありがとうございます。残り5週頑張っていきたいと思います。

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>