イムラアスリートアカデミー公式ブログ

イムラアスリートアカデミー公式ブログ

三重県鈴鹿市と桑名市を拠点にした運動教室『イムラアスリートアカデミー』の公式ブログです。日々のレッスンの風景などをお届けしています。

皆さんこんばんは。


先程、家に帰ってきた俊雄コーチです。

月曜日からコーチはサポートしているレーシングドライバーの木村偉織選手の帯同サポートでした。


月曜日は鈴鹿サーキットで、SRS(鈴鹿レーシングスクール)のスカラシップ選考会。

コーチ達は木村選手の走りを見て勉強。

ドライビングは繊細すぎてコーチには分かりません。

レースのためにマシンを自分好みにセットアップする作業だったり、自分のドライビングをより研ぎ澄ます時の情報整理役や感情、思考のマネジメントを担当しています。


どうしても外から見ると、ゆっくり走っているように見えるのですが、とんでもない間違いです。

レーサーは基本的に運転中はほぼ、まばたきをしません。


それは、瞬きをしてある間にマシンが進んでしまい、情報収集が遅れるからです。

とんでもない特殊な身体の変化をしているのです。


木村選手の最終走行後に簡単に振り返りをしたら、お互いそれぞれの車で、そのまま静岡県の御殿場のホテルに移動。

大体4時間のドライブ。


寝て起きたら、富士スピードウェイで2日間のFIA-F4テスト。

これが今シーズンの最終テスト。

残り4レースのための準備も佳境です。


だがしかし、朝から雨でめっちゃ寒い!

ジャンバー持っていって無かったら、確実に風邪をひいていました。

こんな条件でも、しっかりと走って車両との一体感を高めます。

すごい集中力です!


そして、夜もホテルのフロントで1日のまとめと翌日の方針設定。

コーチのメンタルトレーニングを受ける方も大変だと思います。『面倒』という気持ちにどれだけ対峙できるかもトレーニング。


そして、本日2日目は気温こそ20℃未満ですが、日差しがあり、暑いくらい。


空も晴れて、富士山もしっかりと見ることができました。

雪化粧で、とても綺麗でしたよ。

近くで見ると、本当に大きい山ですね。登りたいとは思いません!

…絶対しんどいでしょ?


シリーズチャンピオンを争っているライバルチームや、その他のドライバーも多数テストに来ており、かなりコース上は賑やかでした。


でも、カーナンバー6の木村選手がナンバーワンですよ!

この仕事は、殆どが待つ仕事。

5分会話したら、1時間から2時間待ったり、走行を見届けたり。


ハッキリ言って効率悪いですし、コーチ以外のメンタルトレーナーって、こういう現場に足を運ぶことってほぼありません。

でも、こういった時に見るからこそ、知れることもたくさんあるし、何より心底『頑張って欲しい』という気持ちになれます。


この一体感がチームを強くして、結果につながると考えています。

直接見るからこそ分かることもたくさんあります。そして、木村選手の凄さも同時に知れるのです。



最後の振り返りをして17時に富士スピードウェイを出発。

無事に帰ってきました。

毎日立っていたので、本当に脚が棒。

でも、大切だから仕方ありません。むしろ見ているだけだから楽。


木村選手は厳しいストレスの中で必死に戦っていますからね。不安もますます大きくなるのが当たり前。だから、メンタルトレーニングで自身の不安を受け入れたり、集中力をコントロールする努力をされています。



さて、明日は刈谷で企業様の指導者講習。

レッスン参加は金曜日からですが、お土産買っておりますので、お楽しみに!


それではまた、お会いしましょう!

皆さんこんばんは。


もう既に眠い俊雄コーチです。

今日は早く寝て、たくさん身体を休めたいと思います。


本日のレッスン、全然写真は撮っていませんが、少しご紹介。


さて、レッスンの合間に休憩がてらお出かけをしました。

アカデミーとしても初めての場所です。


これは、本日運動した場所のすぐ近くにあるコスモス畑。

その間を通る事ができるのです。

『自由にしていいよ!』と言ったら、低学年のお友達は一目散にコスモスに囲まれる場所へ。


だがしかし、5、6年生は動こうとしません。

『足が痒くなるから』などと、なんとも眠たいことを言うので、強制的に散歩へGO!


えいたさん、自然派なのにそんな草を嫌がるように歩かないでよ。(笑)

綺麗なものを見ることは、感性を高めるためにも良い事です。

そして、情操教育にもなりますね!


たくさんのコスモスに囲まれて、お友達とどんな話をしましたか?

きっと、また仲が深まったことと思います。自然には、人を癒す力がたくさんあります。時にはこんな休憩もいいものですね。



中学生クラスの終わり頃には、コーチがサポートしている、レーシングドライバーの木村偉織選手が来てくれました。


月曜日に鈴鹿レーシングスクールの走行にドライバーとして参加するために鈴鹿入り。

そのまま寄ってもらって、真理子コーチと初顔合わせ。

オンラインでは伝えきれない細かい点や、身体のチェック。


そして、レーサーに必要なフィジカルトレーニングも行いました。

コーチ並みに硬い身体で四苦八苦していましたが、それでも頑張ってやり切りました。これからのために、今投資をする事が大切です。

きっと明日は筋肉痛だな。(笑)


木村選手も残り4レースでシリーズチャンピオンを目指して頑張っていますので、応援よろしくお願いします。


明日は桑名校の後に鈴鹿です。

少し雨が気になりますが、きっと大丈夫でしょう。


それではまた、お会いしましょう!

皆さんこんばんは。


本日は朝起きてから半年以上ぶりに洗車をした俊雄コーチです。

3時間もかかりました。やり始めたら、徹底したい性。細かいところも気になります!


そんな勢いで、ホームページの新たなページを制作中。

IAA LABOのページを作っています。

サポートしているアスリートやチームのご紹介、今学研HDと一緒に開発している商品(詳細は当然出せませんが)についてのページです。

もうすぐ公開予定。


さて、本日木曜日の全クラスレッスンは、来るなり怒涛の攻撃に遭いました。

『今日はドッジボールしないのですか?』


なんと3人にも!

どんだけ好きやねん!と突っ込みつつも、意思を表すことは大事。もちろん自己中心的な発言は歓迎されませんが、黙っていては何も変わりませんからね。


と、言うことで本日のレッスンテーマは『予測・先見性』にしました。


ターザンロープでは皆さん四苦八苦。

背中の撮影になっちゃいましたが、とうまさん、クルクルと回りながら落下をしつつも、見事な成功もしばしば。


その差は一体何だったのでしょうか?

ラッキーといった要素ではないですよね。その点を考えると、さらに成功確率はアップ!

自分の行き先を定めるための準備がモノを言うのがターザンロープの奥深いところです。


驚異的な成功率だったのは、なおさんでしょう。

長い手足もそうですが、それ以上にタイミングを合わせるのが抜群。

踏切、着地ともに安定しているから、過程と結果が安定する。

物事を一瞬ではなく、スタートからゴールまでの道筋を考える事ができるからこそですね。


冷静さと物事を俯瞰して考えれるなおさんの長所が大いに発揮されましたね!

たくさんの笑顔を見る事ができました。


身体の扱いに長けているあきとさんもなおさんに負けず劣らずの成功率でした。


途中からは第二関門も設置しましたが、ご覧のように素晴らしいバランスで、いとも簡単にゴールまで辿り着くのです。


ぐぬぬぬ。


やはり性格の悪いコーチとしては、皆さんの四苦八苦すること姿を見て、大いに心の中でガッツポーズをしたいのですが、まだまだコースの改良が必要だということを学びました。


次回、あきとさんとの対決が楽しみです。


やる気は抜群!
だがしかし案外苦労していたのが、かおるこさん。
もともとバランスもいいので、あっさり攻略するかと思いましたが、幾度となくロープに阻まれておりました。
う〜ん、これはアプローチの仕方に改善が必要だという事でしょう。1つのやり方にこだわる継続も素晴らしいですし、様々なやり方を試してみるのも素晴らしい。
ただ、今回のような経験が少ない場合は、様々なやり方の方が上達のは早まりそうですね。

とはいえ、何度もチャレンジする事こそ最も大切な事。
ナイスチャレンジでした!

らいむさんも予想と異なって、四苦八苦しておりました。
頑張りは素晴らしいのですが、本日はイマイチの成功率だったでしょうか。

ただ、集中すると、抜群の動きを見せてくれるのが魅力ですから、その集中を自分で意識的に高めたりする事が上達のカギになる事でしょう。

諦めない姿勢が素晴らしかったですよ!

かんたさんは中盤から成功率が急上昇。
円を描くような軌跡でロープを扱っていたのは、かんたさんとあきとさんだけでした。

1年生にして、そういった工夫ができるのが素晴らしい!失敗しても折れない心も1年生とは思えないもの。
その力をお友達にも伝えて、リーダーシップを発揮してくださいね。

最後はご要望にお応えして(来週はしないよ!)のドッジボール。
どうして小学生って、ドッジボールが好きなお友達が多いのでしょうか。コーチも大好きでした。
しかし、中学生くらいから、徐々に熱が冷め始めますね。不思議…。


本日は幼児クラスのお友達もいましたが、安全なボールを使用していることと、『経験しないと始まらない』というアカデミーのモットーに従い、本日もアグレッシブなドッジボールが繰り広げられておりました。

おうせいさん、ドッジボール好きと言うだけあって、本日は大活躍でした!
しっかりと腰を落として、速く反応できるように準備している点が素晴らしいですよね。
だから上手にできる。

とはいえ、ボールが行ったり来たりですから、その姿勢が崩されると大ピンチ。
ただの遊びにこそ、運動の核心となるエッセンスが詰め込まれています。

やはり奥が深いですね。


さて、夜はコアトレーニングです。
定期テスト前の人、終わってスッキリの人、点数がイマイチでドヨーンとした気持ちの人、平常心の人。

どんな人でも参加してください!
やれば上手になります。だからやりましょう!
オンラインコアトレーニングは久美子コーチが担当しておりますので、こちらもご参加してくださいね。

こちらはてるきさんとしんさんが開脚です楽しんでおります。
しんさんは野球をやっているだけあって、チームのムード作りも秀逸!
楽しく頑張るを体現していますので、賑やかな雰囲気です。だから時間の経過が早い!
まだまだ身体の扱いに四苦八苦ですから、アカデミーをぜひベースアップの場にして、ホームラン量産してくださいね。(笑)

てるきさんは力強さが急激に伸びており、スピード感も全く違うようになりました。
今、100m走ると、どれくらいのタイムが出るのでしょうか。気になりますね。
動きも良くなっていますから、次のステップに向けて、さらに基礎も技術もレベルアップを果たしていきましょう!

肩を意識する動作が多かったので、ボール投げも実施。
先日、800mで想定を大幅に超えるタイムで駆け抜けたりゅうしんさん。
身長は相変わらず伸び盛りですが、身体の安定感が出てきました。どっしり感があるといった感じ。
これまではフワフワしちゃって、力を生かしきれていませんでしたが、いよいよ整って参りました!
とんでもない成長が約束されていますから、様々な競技を経験してくださいよ。

ボール投げは、やはり野球選手の独壇場。
少し足が滑りましたが、柔らかく美しいフォームなのは、しんさん。

スロー映像のため、暗いですが、ぜひ全ての方に参考にしていただきたいと思います。
ただ、テニスボールだから、頑張りすぎて肘と肩に負担をかけないでくださいね。
そこだけが心配です。


こちら、アカデミーが誇る二大巨塔!
ミスターガチガチブラザーズは本日も健在!
だがしかし、けんすけさんに柔らかさが出てきました。当然、その動きになればボールのスピードとコントロールが向上します。

ヤバイ!
このままでは、こういちろうさんガチガチロンリーになってしまいます…。
早く上手になろうね。





明日も元気にレッスンを開催します。
ぜひ、参加してくださいね。

それではまた、お会いしましょう!


皆さんこんばんは。


鈴鹿の中学生以上のレッスンで、人数合わせのために2分ほど参加したら、筋肉痛になりそうな俊雄コーチです。


さて、本日は曇り空でしたので、朝から天気予報を確認。

曇りのち晴れの予報を確認してから桑名へと出発。


いよいよ桑名校再開2週目ですので、徐々に平常のレッスン内容に戻していきましょう。

でも、最初はチームの和を高める運動から。


りんかさんとゆいさんで友情を確かめ合う運動を上手に取り組んでおります。

しっかりとボールを優しく投げている事が、写真からでもよく分かりますよね。


ベッタリくっつかないといけない仲でも無いけど、共に頑張る力もある2人。

どんどん新しいことを吸収して上達していっています。


試合もたくさんチャレンジしていますから、月末の記録会が楽しみですね。

できないことは可能性。


無限の可能性を信じて、どんなことにもチャレンジしてくださいね。


こちらは、応用運動にチャレンジ中です。


好き嫌いが明確で慎重派のそなさんは、こういう運動が嫌い!

えぇ、知っていますとも。でも嫌いでも取り組む事ができるのが、そなさんの素晴らしいところですね。

これまでたくさんの努力をしてきました。そして、以前はできなかったことも、たくさんできるようになりました。

そんな自分をたくさん褒めて、これからもチャレンジしましょうね。


まあやさんは癒し系キャラの地位を不動のものにしております。

ついつい笑みが溢れる姿は、ほんわかした気持ちになれること間違いなし!

でも、ノートを丁寧に書いたりと、取り組みも丁寧さがあって素晴らしい。

勝ち負けよりも、自分の価値を高めることを頑張れる点も、今の年代には大切なことですが、まあやさんの丁寧なノートは、それを体現しているかのよう。

ぜひ、皆さんもまあやさんのノートを真似してくださいね。


ひかりさんもどんどんボールを上手に扱えるようになっていましたね。

周りに流されない意思もあるひかりさんは、走り幅跳び好きでもあります。安定感のある走りができるので、踏切位置も抜群に安定。

あとは、この安定感にスピードを加えていくだけですね。

やる事がシンプルかつ明確なので、ますますひかりさんは上達する事でしょう。

コーチも楽しみです。


うのさんは超がつくほど物静かですが、いつもしっかりきっちり頑張れる点が素晴らしいです。

ボールも上手に取り組んでいましたので、器用さもいう事なしといったところでしょうか。

さらに運動の奥深さと楽しさを知れば、もっと笑顔になれる時間も増えるはず。

この点も求めて頑張っていきましょう。


途中、雨によって避難しましたが、案外止むまでに時間がかかってしまいました。

そんな中、自主的にジョギングをする、男子チームの皆さん。

有り余る元気は、底が無いかのようです。風邪はひいてないかな?


そんな雨に翻弄されましたが、本日最後はバトンパスで締め。

それぞれのチームに分かれて、あれやこれやと相談しながら頑張っていましたね。


手前を走るはるとさんは、久しぶりに会っ時に『また脚が速くなった!』と思いましたが、それは間違いではなさそう。

仲良し3年生チームのチームワークは抜群ですし、一流の取り組みができる貴重な人材。


これからも、アカデミーを引っ張っていってくださいよ。頼りにしています。


これ以上は無理!
そんな、限界ギリギリのバトンパスでも、しっかりと繋いでいたのは、たいちさんとあおいさんです。
あおいさんは、大きくなった足に合わせて買ってもらったスパイクを嬉しそうに持ってきてくれました。
道具に愛着を持てることは素晴らしいこと。
だから、大切にしてあげてくださいね。
このバトンパスが渡ったのも、スパイクを大切にする気持ちと、最後まで諦めなかったあおいさんの両面の素晴らしさによるものですね。

たいちさんも基本運動も慣れてきて、走り方もスムーズでかっこよくなってきましたね。
この写真なんか、いかにも『リレー慣れてます!』と言わんばかりの、美しいフォーム。
頑張りとやる気が確実に力になっている点は、たいちさんの素直で積極的な行動によるものでしょう。
まだまだ速く走れるようになるので、ぜひこれからもチームに活力を与えてくださいね。

こちらはけいすけさんから、りゅうがさんへの上手なバトンパスです。

けいすけさん、一時期の頑張るよりも、今が楽しい方がいいという選択が終わりを迎え、最後まで丁寧に、そして諦めずにチャレンジするという意欲的な行動に変わりました。
その成果はタイム、そして動きにも現れています。
正しい頑張りは、楽しさややりがいも生むし、結果も生む。
けいすけさんはこれから爆発的に上手になること間違いなし、ご期待ください!

りゅうがさんは身体が成長した分、少し扱いに難しさを感じている時期。
一時期のように走るたびにどんどん速くなるというよりは、やや停滞か下降気味の時期ですね。
これは練習が足りないのではなく、身体の成長が著しいので、そこに感覚や筋力が追いついていない状況。しかし、時間が解決するものですから、これまで同様の頑張りを継続しましょう。
そうすれば、パワーアップして目標達成が、できますからね。


中学生以上クラスでは、中学生の試合もあり、やや少ない人数でのレッスンでした。

ウォーミングアップをかねて、動体視力の運動から。
中学生以上クラスになると、サラッと上手にできてしまいますね。
女子はるかさんがチームワークを高めてくれるので、コーチも安心です。

もう少し難しい運動で、困惑してもらいたいですね。新たなメニューを考えておきます。

えいとさんとあゆいさんのペアは四苦八苦しておりました。
心の中でガッツポーズをしていたのは、言うまでもありません。

2人だかが他のメンバーと異なっていたこと。それは『せーの』といった、タイミングを合わせる声がけが無かった事です。
ペアなどで行う運動の場合、タイミングや意思を合わせる行動が上手にできるかな大きな分かれ道です。
準備の完了に関係しているからですね。
相手ためにも、自分のためにも上手になる方法として声がけを覚えておいてください。
学校でも意思の表示は必要ですね。


鈴鹿に戻ってきての中学生以上クラスでは、ウォーミングアップでペアワークを数種類取り入れました。

にいなさんは久美子コーチとペアで頑張りました。
重りを担いでトレーニングするウェイトトレーニングも必要ですが、その前に自分の身体を扱えることの方が大切。
結構疲れるものですからね。

高校に入って、充実した日々を送っているようですし、競技も自粛期間等がある不規則な1年間ですが、それでも成長を感じられるものになりました。
もう少し試合はありますが、徐々に冬季練習に向けて準備をしていく必要がありますね。

さきさん、かのんさんも上手にできていました。
お互いが上手になるために声がけしたり、アイデアを出したりと前向きな行動が見られました。

できないの一言で結論づけるのか、試行錯誤してゴールまで辿り着こうとするのか。
全てがうまくいくものばかりでは無いですが、それでも試行錯誤したアイデアや経験は、他の難問に差し掛かった時にも可能性を広げるものとして役立ちそうですよね。

本日は桑名校のレッスンです。

朝夕は冷えるようになっていますので、服装もそろそろ長袖を準備してきてくださいね。

それではまた、お会いしましょう!

皆さんこんばんは。


本日も俊雄コーチです。


本日、ブログの更新は予定しておりませんでしたが、急遽ワンポイントブログとして更新。


時刻は中学生以上クラスのレッスンが始まる前の18:45。


本日のレッスンに参加するいくとさん、あきとさんは早々に来てくれました。


早く来て、一体何をするのかな?


そんな事を思う暇もなく、2人はそれぞれ身体ほぐしを始めました。


ストレッチポールを使って、脚の疲労を抜き、筋肉の柔軟性を高めているあきとさんに、試合前に疲労を少しでも抜くために、台を使って股関節、お尻、ハムストリングの柔軟性を高めているいくとさん。


レッスンは19:00より開始。

じゃあ、開始とは一体どういう事でしょうか?


・開始時間から動き始めて準備をする

・開始時間には、しっかりとケガなく動ける状態にある。


どちらも正しいでしょう。

しかし、望むものがあるのであれば、行動は間違いなく後者ですね。

時間は有限であり、機会も有限。

それをどういかすかは本人次第です。


早く来ることがゴールではありません。早く来いと言っているのでもありません。


『成すべきことを成す』


ただ、それだけの事です。

早くは行けないから、家で準備しておいて、時間ギリギリに来ても、それは素晴らしいことと言えるでしょう。


アカデミーにおける、指導機会の平等性には明確な定義があります。


『本人の目標や、行動、欲求、熱量、質問の大小に比例して、時間や機会を設ける』

と、いうものです。


極端に言えば、全くやる気のない人(アカデミーにはいませんが)に10分指導するのと、次の目標に向かって頑張っている人に等しく10分指導するのでは、それは指導機会が不平等と言えます。


学習、習得、チャレンジは自らの意思でもって、取り組む内発的動機(ご褒美などのニンジン作戦は外発的動機といいます)だからこそ、達成されるのです。


ですから、私が今全力でサポートするレーシングドライバーの木村偉織選手は、何時であろうと対応しますし、『帯同して欲しい』と言われれば、スケジュールを組み替えてでもサポートします。

彼は自分の人生を賭けて、今強烈なストレスの中でも必死にチャレンジしているからです。それほどまでに厳しい世界です。


アカデミー内のレッスンでも、指導の優先順位は刻々と変わります。

それは、感情論ではなく指導機会の平等性によるものです。


ぜひ、自分自身がどうなりたいのか?

そのために、何をするのか?


改めて自分自身でノートを使って考えてみてください。

もっとできることが山ほど出てくると思いますよ。しかし、時には休むこと、羽を伸ばすことも大切ですよ。


それではまた、お会いしましょう!

皆さんこんばんは。


ワクチン2回目も打ち終わり、副反応も克服した俊雄コーチです。

ひどい熱が出るかと思いましたが、腕の痛みに微熱がダラダラと。

なんだか中途半端でしたので、特段ネタにできることはございませんでした。


さて、日曜日以来のレッスン参加ですが、本日木曜日の全クラスレッスンは、9月のアカデミー的には退屈なレッスンを吹き飛ばす内容でお届けしました。


アカデミーは陸上競技が中心ではありますが、特に幼児・小学生クラスにおいては、単純に走る運動を行うことには賛同していません。

それは、運動は複合的な学びや経験によって高められるからです。


速く走るために、走る練習をする。

非常に合理的で最短距離の上達に感じますが、回り道がないと言うことは、その他の上達が不十分であると言えます。

速く走るための方法は1つではありません。

だからサッカーや野球をしている人でも、足が速い人がいるのです。


様々な運動のバリエーションを覚えたり、経験すれば、それは身体の扱い方を学ぶことにつながり、結果的により専門性を高めることができるのです。

ピラミッドでいうと、土台を広く高くするということです。

そのピラミッドの土台から、しっかりと高さを出すお手伝いをすることこそコーチ達の役目であり、知識や経験、科学によって行われるものです。


と、言うことで本日走ったのは、ウォーミングアップのみでした。(笑)

運動を楽しみ、笑うことは、さらなる上達につながるものです。


ウォーミングアップのコースにはトランポリンも導入。


まひとさん、しっかりと反発をもらって前へ進めていますね。

時折、突然何もないところで転倒したりとビックリすることもありますが、ご愛嬌ということで。

まひとさんは、コツコツと努力し続ける優れた力があります。

だからこそ、ノートや基本をさらに大切にして、自分の目標達成のために頑張っていきましょう。


やればできる!

だから、何をやるかを明確に、そしてやるなら積極的に!


本日、来るなりドッジボールの開催を要求してきたえいたさん。(笑)

学校の休み時間のドッジボールが相当楽しかったのですね。素晴らしいことです。


最近は、心の成長も大人モードへと進化完了。

一時期のココロの思春期である『力の誇示』が終了し、えいたさん本来の仲間思いで、協力的な行動や言動が頻繁に見られています。

頑張り方も全く別人と言ってもいいほど変わりました。


諦めが早かった心の思春期から、最後まで粘り強く取り組むようになり、上達も急激に進んでいます。


人には成長の過程で、健全な変化が訪れます。それは必ずしも好ましい行動に繋がらないものですが、本来の人格との対峙を終えたら、きちんと落ち着きを取り戻します。

そこで、こちらが諦めたり、色眼鏡で見てしまったら、信頼関係は崩れてしまいます。


待つことは大変ですし、私もいまだにできているわけではありませんが、えいたさんから、改めて人の魅力と、人が持つ可能性を教えてもらっています。


まずは吊り輪で根性練習!


落ちるなよ〜!落ちるなよ〜!

そんなことを言えば、落ちるのがお笑いのお約束ですが、ここは頑張りましょう。


なおさん、えいたさん、かおるこさん、まひとさんが一生懸命ぶら下がっています。

現代っ子は昭和?平成?に比べて握力の低下ぎ見られます。

遊具などでぶら下がったりするものが減っているのも一因です。

ですが、自分の体重くらいはしっかりと支えるだけの力は絶対必要。


様々な高さの吊り輪を設定すると、皆さんは低い方を好みますが、実はこの運動は低い方が辛い!

安易な選択は良くない事を学べましたね。


それでも必死に頑張る皆さんに100点満点をプレゼントしたいと思います。


続きましては、倒立。


こちらはかおるこさん、なおさん、おうせいさんが頑張っております。


倒立も久しくできなかったので、イージーモードと思って秒数を設定しましたが、久しぶりの皆さんは、バタバタと倒れるわけです。

背が高くなれば、体重は増えます。

でも、それを支える身体の支持力は高まっていません。

このギャップが皆さんを苦しめる原因ですね。


『あれ、おかしいな』と大いに感じてもらいたいです。

その中で、『どうやったらできるかな?』を大切にしてチャレンジしてください。


続きましては、バランスボールの登場。


初めてバランスボールを楽しむのは、おうせいさんです。

最初はドキドキハラハラでしたが、次第に上手になっていきます。

この冷静に上達への方法を探りながら実践できるのが、おうせいさんの魅力ですね。

物静かな中に秘める情熱を感じ取ることができたのでした。

まだまだ上手になるから、どんなことも楽しんでくださいね。


なんか写真だと、すごくつまらなさそうな表情に見えますが、そんな事は無かったのは補足説明しておきます。(笑)


そして最後は、皆さん待望のドッジボール!

学年の枠を取っ払って、仲間でありライバル。

皆さん必死に勝利目指して頑張っていました。


『普段のレッスンより汗だくになった!』


なんて声がたくさん聞かれました。心中複雑だったのは、ここだけの話です。(笑)


本日のハイライトはなおちゃんのダイナマイトボールが、かんた君にクリティカルヒット!

さすがにきょうだいだと、情け容赦のないボールが行き交うのでした。



本日のコアトレーニングは、いつものコアトレーニング組とは別で、今週末の試合に向けて自主練習をする皆さんもいました。


待ちに待った久しぶりの試合に身体がウズウズしているのではないでしょうか?

それとも定期テストやテスト結果に戦々恐々?


分かっているとは思いますが、アカデミーは5教科で450点がターゲットですよ。


それに満たない人が万が一いる場合は、毎回5教科で20点ずつ伸ばしましょう。

小さな継続の最高の学びにもなりますから、大切な機会にしてくださいね。


はるさんの相棒に任命されたのは、しんさん。

はるさんにメディシンボールを返そうとしていますが、全身からしんどいオーラが溢れ出してますね。


野球のためにも、強くてしなやかな体幹は絶対必要。

自身を支える土台ですから、これからまだまだ上手になれるということですね。


すっかりアカデミーファミリーの欠かせない一員であるしんさんは、しんどい事も常に笑顔で前向きに頑張る点が本当に素晴らしいです。

野球でも、しんさんのようなチームの雰囲気を高めることができるメンバーは必要なはず!


しんさんの更なる活躍を願わずにはいられません。


そうしろうさんは、せっかくだから頑張っているバスケットボールのシュート練習を兼ねた動きを取り入れることに!


バスケット少年は、身長も伸びてきていて、徐々に力もついてきています。

身体の硬さも少しずつ改善されているような気がします…。


疲れている時もあるでしょうが、それでもアカデミーに来てくれることに、いつも感謝しています。

より強くて、しなやかな身体と、どんな運動もスムーズにこなせる器用さを高めていきましょうね。


明日も雨天練習場で皆さんのお越しをお待ちしております!

朝夕と冷えてきていますから、風邪をひかないように気をつけてくださいね。


それではまた、お会いしましょう!

皆さんこんにちは。


久々の暑さで日焼けの恐怖に苛まれている俊雄コーチです。


10月最初の日曜日。

ついに桑名校も再始動。

会場が使用できずに1か月ちょっと、レッスンを行うことができませんでしたが、やっと開催することができました。


そんな久しぶりに会う皆さんは、少し背が伸びているように感じたり、元気な挨拶と共に来てくれたり、猛ダッシュで来てくれたりと様々でしたが、皆さん元気そうで、コーチも安心しました。


いつもの日曜日よりも参加率が高かったですね。

皆さん元気に参加してくれて、ありがとう!


1ヶ月ちょっとぶりのレッスンですから、その間

どのように過ごしていたかには個人差があります。

ですから、いきなり元気に走ると、無理につながるお友達のことも考慮して、超がつくほどスロースタートで開始。


たいちさんが、ロボットダンスをしているように見えますが、回転ジャンプの瞬間を撮影。

たいちさんはすっかりアカデミーに馴染んで、もはや欠かせない存在。

運動も今月から、またチャレンジしていきましょう。


隣でしっかりと進行方向に顔をむけているのは、あおいさん。

物静かだけど、静かな闘志がキラリと光る努力家。

久しぶりでしたが、とても上手でしたね。会わない期間もコツコツ頑張っていたのかな?

ぜひ、見本として今後もよろしくお願いしますね。


本日は桑名校に参加してくれたりゅうやさん。

お兄さんへの階段を登っている最中の証拠に歯が抜けているというものがあります。

なんだか、笑えちゃうような状況も人生で一度だけの経験。


食べ難い!

なんて言っていましたが、確かにそうですね。

今日も頑張って取り組んでいましたので、その頑張りをこれからは、年下のお友達や良い見本として、さらに披露してくださいね。


頼りにしていますよ!


ゆうまさんがボールを投げようとしています。
目線も姿勢も整って、上手なのがこれだけでも分かりますよね。

走りもそうですが、上手な人は投げるのも姿勢が整っていますよね。
桑名校リーダーの1人として、ますます力を発揮して、仲間を大切にしてくださいね。

大好きな走り幅跳びも目標達成しちゃいましょう。


久しぶりの中学生以上クラスには10名が参加してくれました。
本日は簡単すぎて退屈程度の内容で行いました。
ケガをしてしまったら意味がない。防げるケガは防ぎましょう!

とはいえ、自分の身体を正確に扱えることが大切。そして、各関節の柔軟性を少しでも改善していきたいですね。
特に男子の皆さん、千里の道も一歩からですから、まず歩み出してみましょう。


こちらは肩周りの補強と可動域向上を兼ねた運動。

支えるのも大変ですが、それも修行なのです。(笑)

こはなさんは久しぶりでしたので、少し走り方に変化がありました。

でも、そういうものですから、また基本運動と共に動きをさらに滑らかにしていきましょう。


そんなこはなさんをもっている、りおんさんは昨日の疲れがあるかと思いきや、なかなか好調なようで、美しい走りをしていました。

きちんとした意識ができている証拠ですね。ノートにたくさんの学びを記録しておいてくださいね。

さらに上達しますよ。


えいとさんは久しぶりのようで、前半は少々グダグダな雰囲気が出ていました。


『気持ちで行動を変えていてはダメだよ』と伝えると…


間髪いれずに

『はいっ!』

という、気持ちのいい返事をしてくれました。

そこからの彼は、言うまでもありませんよね。

しっかりとした取り組みで頑張っていました。

時にはダルい時だってあります。でも、そこでさっと修正できた彼の素直な行動こそ褒められるべきでしょう!


だったら、最初からやればいいでしょ!

人は案外気づかないものです。私達だって同じような態度をしているのだと思います。


えいとさんから、大切なことを教えてもらいました。



桑名校を終えて、大急ぎで雨天練習場に戻ってきたら、リレー選考会でした。

写真は撮っていませんが、最後までチャレンジできましたか?


アップなどで、もっとできることがあったと思えたなら、それは伸び代ですね。


何の気持ちややる気もない中で参加したのなら、それは二度と参加しなくてもいいでしょう。

リレーは出たいという気持ちがある人に権利が与えられるべきものという考えは、これまでも変わりません。


今回のリレーを経て、さらに成長してくださいね。



さて、中学生以上クラスでは、久美子コーチによる基礎体力メニューが繰り広げられております。

現在、定期テスト期間中の人が多く、比較的少人数でのレッスンです。


このようなメニューの中で、際立つ安定感があるのは、たぐちさんでしょう。

圧倒的な差がありますね。

私達の指標である、たぐちさんに追いつき、追い越していくメンバーがたくさん出てきて欲しいですね。


本日のハードルグループレッスンは3名だけの参加。

タイミング合わず、かのんさんのナイスポーズをうまく撮れませんでした。

申し訳ない!


写真はうまく撮れませんでしたが、皆さんはハードルがとても上手になりました。

たった90分で別人のようになりましたね。

お互いの良いところを引き出しあうことができている証拠です!


次回もお楽しみに!


明日、コーチは2回目のワクチン接種のため、桑名校は久美子コーチのみです。

リレー選考会もありますので、皆さんのサポートよろしくお願いします。


それではまた、お会いしましょう!

皆さんこんばんは。


アキレス腱痛との戦いに明け暮れている俊雄コーチです。

テーピングでしばらくは安静ですね。


10月になり、レッスンのバリエーションも増やして皆さんをお迎えする最初の週末。

本日も元気にアカデミーファミリーの皆さんが参加してくれました。


本日のレッスンは、久々に取り組むお友達も多く、暴投もたくさん見られたボール投げから。


かのこさんは、久々のボール投げですが、だんだんと力強さと、腕振りの鋭さが出てきましたね。

遠い位置からでも、バウンドなしにネットまで届かせることができるようになってきています。

投げ方のフォームも大切ですが、肩周りを大きく使うことを優先していますので、また改めて投げ方については考えていくくらいで十分。


思い切り投げることができた!

それが満点の証です。


わかさんもかのこさんに負けず劣らずのナイススローでした。


今年は4年生ながらハードルがお気に入りになったり、グループレッスンで頑張っている中で、速く走るコツを掴んだりと、収穫の多い年ですね。

試合は減ってしまいましたが、自分で成長を感じることができるのが大切。


ボール投げもさらに上手になっていくことでしょう。

しっかり腕を振れているのが、この写真からでもわかりますよね。

素晴らしいことなんですよ。


おうせいさんとかずひろさんも力いっぱいの投球ができていました。


おうせいさんが参加してくれるのは久しぶりですが、元気そうな姿にコーチも安心しました。

そして、以前にも増して、頑張る気迫が伝わってきています。

まだまだアカデミーに慣れている最中ですが、積極性は以前よりも増していますので、この調子で楽しんでくださいね。


かずひろさんも投げるのはじょうず。

1年生とは思えないくらいダイナミックで力強いボールを投げます。

最近は小学生男子特有の『俺ってなんでもできて、すごいんだぞ!』という精神的な成熟が起こっている時期。

時として言葉足らずで誤解を生みがちな時期ですね。


ついつい自分の力を誇示することに充足感を得ますが、こんな時期だからこそ、仲間に譲ってあげたり、暖かいサポートをさりげなく行って欲しいと思います。

そうすれば、強さも優しさも兼ね備えた、完全無欠のかずひろさんが完成!


心の成長は喜ばしいことですから!アカデミーでは100%許容されます。

しかし、皆さんなら、そこにプラスアルファの行動ができるはずなので、ついついそこまでこちらは期待してしまいますね。

かずひろさんがどんなお兄さんへと変貌していくのか、楽しみですね!


はるきさんは本日も行ったリレーでも、頑張っていましたね。

もともとおっとりとしたマイペースなはるきさんですが、レッスンの時はキビキビと行動してくれています。

早く終わったら、おかわりで追加の運動を自発的に行ったりと、上手になることを楽しめているのが素晴らしいところ!


できないこと、難しいことにも遭遇するでしょうが、頑張った行動の先には、必ず経験と収穫があります。

やらない手は無いですよね?


また元気に楽しみましょう!


暗い写真で申し訳ないですが、かのさんは驚くほど走り方が美しくなっていました。


以前は手がもっと左右にバタバタと広がる走りだったはずなのですが、その姿はまさに一流選手と言っても過言では無い美しさ!

一体いつの間に?


コツコツと努力していふかのさんですが、明らかに以前とは異なる美しさは、誰にでもお手本となるものです。

ぜひこれからも良き見本として、頑張りを披露してくださいね。


努力によって身につけた、大きな腕振りでめいさんの猛追から流れているのは、とうまさん。

腕が大きく振れるようになって、膝も高く上がっています。

こうなると、疾走スピードが上がります。

つまり、速く走れちゃうってことですね。

最初は腕振りがとても小さかったのですが、継続の力の凄さですね。

とうまさんのペースで上手になればいいんです。先は長い!

もっともっと楽しんでくださいね。



本日の中学生以上クラスでもリレーを実施。

リレーはアカデミーでも年齢を問わず、大人気のはずなのですが、皆さん静か…。


スピードが上がっているから、すぐに自分の順番になるという、あまり楽しめないリレーだったでしょうか?

そんな時でも仲間のために頑張れる皆さんは素晴らしかったですね。


中学生と小学生ではスピードが全然違います。それを感じることができるのも学びですね。


お疲れ様でした!


こちらはリハビリ組。


久美子コーチがつきっきりで、みっちりケアも含めて頑張っていましたね。

たぐちさんもいらっしゃるので、あいかさんとしほさんとひいろさんは、満面の笑みで頑張ったといふ…。


しんどいことがゴールではなく、自らの力に変えることがゴール。

意識はしっかりと持って頑張れましたか?


今を頑張れば、この先で大きな強みを得ることができますからね。



本日は最後に走り幅跳びのグループレッスンと基礎体力向上クラスを開催。

コーチは基礎体力向上クラスを担当。


本日はTRXを使った運動も行いました。

姿勢がとても大切。ですが、どうしてもやっているつもりが起きてしまうものです。

そこで、小学生に対しては中学生以上の皆さんが適宜サポートをしてくれました。


自分の身体ですから、自分で支えたり、動かせるようになりたいですよね。


やるしか無いですから、コツコツ頑張っていきましょう。


明日から、いよいよ桑名校も再開です。
皆さんに久しぶりに会えることが楽しみです!

気をつけてお越しくださいね。

それではまた、お会いしましょう!

皆さんこんばんは。


昨日の身体のダメージが凄まじく、何年かぶりに自分でテーピング。

コーチはもともとアキレス腱痛が出やすいので、その対応も色々と学びました。


しかし、テーピングをしてもまだ痛い!

股関節や内転筋、臀部も超がつくほどの筋肉痛。

ここは恐怖心を振り払って、真理子コーチにケアを頼もうかなぁ…。


さて、そんな自分のことで精一杯の大人に頼る事なく、自主自立でレッスンを頑張るのが皆さんの凄いところ。


10月になり、緊急事態宣言も解消されましたので、レッスンメニューも少し条件を緩和。

手指消毒などは頻繁ですが、ロープなど共有の運動も再開。

1ヶ月以上ぶりだと、やはり難しく感じるようです。


ここあさんも最初は以前よりもしんどそうですが、それでも頑張る姿が何よりの素晴らしいところ。

以前は少々依存的な性格でしたが、今では年下のお友達に対するサポートも、自分自身が頑張る力も段違い!


本当に頼れるお姉さん的存在になっています。


久しぶりに参加してくれたゆうやさんは、変わらず元気で積極的に取り組んでいました。


お休み中も、家の周りを走ったりと頑張っていたことを教えてくれました。

その頑張りは運動だけでなく、勉強にも通じます。やらされるのではなく、やる事で脳内物資のドーパミンも分泌量アップ。

記憶力も向上することが分かっていますから、ますます人としての魅力に磨きがかかることでしょう!


とはいえ、久しぶりだと、ついつい張り切りすぎちゃって、身体が痛くなりやすいですから、のんびりペースでいきましょうね。


カメラを向ければ、驚異の嗅覚で気づくのが、しょうごさん。


コーチは会うのが久しぶりでしたが、しょうごさんも相変わらず元気に参加してくれています。

少し背も伸びたでしょうか。抜群の瞬発力は健在。まだまだ早く走れそうですから、コツコツ頑張っていきましょうね。ノリと勢いだけじゃあダメですよ。


こちらの平均台、最後は皆さん四苦八苦していましたね。

どうして、前向きだと簡単なのに、後ろ向きになると難しいのでしょうか?

自由研究の題材にできそうです。


鉄棒も解禁ということで、早速逆上がりから挑戦。

できるに越した事は無いですが、できなくたっていいんです。

できないから、どうすればできるかを考える機会になるからです。そして、考えて取り組めば、たくさんの収穫が得られます。


はるきさんも頑張って取り組んでいましたね。

はるきさんはおとなしいけど、芯が通っており、周りがよく見えています。

さりげなくお手伝いしてくれるなど、人への献身的な行動をスマートに取れる素晴らしさがあるんです。


人を大切にできるからこそ、自分を大切にできる。

そんな人は、新たなチャレンジも積極的に頑張れるので、どんどん上手になりますよ。


しょうきさんもすっかりアカデミーに慣れて、どんどん足が速くなっているように感じます。

サッカーも再開されるとのことですので、ぜひ頑張って速くなったところをサッカーにもいかしてくださいね。


今まで追いつけなかった相手やボールにタッチできるようになったり、スムーズにスペースに入れたり、スペースを作れるようになっているはず。


このトランポリンジャンプからも、ジャンピングヘッドで華麗にゴールを決める未来が見えますよ!


皆さんが待ちに待ったリレーも再開!


どれだけ待ち侘びたことでしょうか。皆さんのリレーに対する情熱には凄まじいものがありますよね。


第1試合のスタートは、はるかさんとこうたさんが務めてくれました。


どうしてリレーになると、いつも以上に頑張れるのでしょうか?

そんな話を中学生クラスでもしたら、『待ってる人がいるからじゃ無いですか?』という経験に基づいた意見を聞くことができました。


確かに人は自分のためよりも、誰かのために頑張る方が力が出ることが分かっています。

メンタルトレーニングの領域でも、これを動機付けにする方が好ましいとされています。


はるかさんは、どんどん話し方が大人になってきましたね。

幼児クラスですから、いわゆるタメ口が生活の中では普通。

だから、仕方ない。という答えも納得ですが、わざわざ運動を頑張るのですから、大人の世界を早く身につけておいて損はありません。

挨拶もしっかりと落ち着いてできるはるかさんは、きっと誰からも愛される存在になるでしょうね。


対するこうたさんは、本日の久々リレーにテンションは最高潮なのです。

自分の順番になると、極上の笑顔でスタート地点へと移動。

そして小さな身体を思いっきり動かして、次の走者へバトンパス。


むむむ…このやる気、相当な大者になるに違いないと確信できるリレーなのでした。



本日の中学生以上クラスは、土日とは大きく異なる5名だけの参加。

なんだか久しぶりに感じる少人数。


参加してくれた、ももかさんとあいかさん。

ももかさんはここをしっかりと頑張って、さらにレベルアップをしていきたいところ。

そのためにも、1つ1つの取り組みに対して、より目的意識をしっかりと持っていくことが大切ですね。それだけで、感じることが増えますので、上手になりますよ。

まだできる!を自分の合言葉にしていきましょう。


あいかさんは、コツコツ努力の時期。

なんだかんだ言いながらもきっちりと取り組める点は、昔から変わらない姿。

紆余曲折ありますが、最後にたどり着く場所は今も昔も変わらないと思っています。

そのためのルートが少し変わっただけ。

そこでどれだけ頑張り続けることができるかですから、楽しみながらも継続していきましょう!


あきとさんは中学生以上クラス皆勤賞の超頑張り屋!

物静かな性格ですが、取り組みは周りの中学生に負けない集中力で取り組むのが素晴らしいところ。こういう取り組みができる人は、絶対に伸びます。自信を持ってください!


本日はやまとさんをお手本に頑張りました。

ストレッチなどもやまとさんの努力を感じることができましたよね。

いい事はどんどん真似して、自分の力に変えていきましょう。


明日から、さらに賑やかなレッスンができそうです。

とはいえ、手洗いうがいやレッスン前後のマスクなど、まだまだやるべき事はしっかりとしましょう。


それではまた、お会いしましょう!

皆さんこんにちは。


時刻はお昼過ぎですが、時差ボケ感覚の俊雄コーチです。


本日は大事な仕事の日。

午前3時に自宅を車で出発!

夜中の移動はどれくらいぶりでしょうか。もう思い出せません。

渋滞なく、のんびり目的地へと向かいます。


午前4時過ぎには、長篠設楽原PAに到着。

人はほとんどいません。そりゃそうですね。


そのままずっと新東名を走り、鎌倉へと久し振りに来ました。


今回の用事は、ビッグニュースでもあります。

アカデミーは、パリ五輪まで器械体操の名門チームである、徳洲会体操クラブの選手のスプリントトレーニングを担当する事になりました。

今回を皮切りに、月1回訪問して、実際にスプリントトレーニングを担当します。


尊敬する米田監督とのご縁から生まれた、このタッグ。

プロとして、選手の皆さんの後押しを全力でしていきます。

大切なことは、『足が速くなる』ではなく、『器械体操の特性に合わせた走りを提案し、習得のサポートをする』という点にあります。


跳馬は助走距離が25m以内であったり、ゆかはもっと短い距離で踏み切りを迎えます。

また、踏切もロイター板などの使用がありますので、単純に短距離を高めていてもダメ。

そのために、色々と勉強もしています。


とはいえ、いきなりあれこれしても困惑するだけですので、今回はいつものメニューにポイントをお伝えする程度にとどめました。

ここから、回を重ねて徐々に動作改善ができればと思います。


スクリーンショットですが、徳洲会体操クラブさんのインスタグラムでもご紹介いただきました。


3年間に亘る、個人的にビッグプロジェクト。

『お前、もう来んでえぇ!』

とクビを宣告されないよう、全力を尽くします。


久し振りに動いたので

・右アキレス腱めっちゃ痛いです

・右ハムストリングつりそうです

・左ふくらはぎパンパンです


まずは自分をなんとかしないとダメなようです…。


終了後に米田さんと今後について打ち合わせをしたら、次の目的地である五反田に移動。


今日は学研HDさんにと久々のお打ち合わせ。

遅れに遅れている幼児用新規教材の発売に向けて、追い込んでおります。

紆余曲折ありますが、着実に進んでいますので、早く販売開始になって欲しいところ。


本日はかなり前に進んだミーティングになりました。

それにしても、車で大都会を運転するのは、不安しかないですね。

駐車料金も高い!


五反田駅で解散して、一路鈴鹿へ。


とは言いつつも、さすがにお腹が減ったので、海老名サービスエリアで16時に昼ごはん。


後はのんびり帰るだけ。


気をつけて帰ります。

それではまた、お会いしましょう!