飯塚病院 漢方診療科のブログ

飯塚病院 漢方診療科のブログ

漢方診療科へようこそ♪

Amebaでブログを始めよう!

Gです。

 

皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

春は1日の寒暖差が大きく、天気も急にかわります。

 

漢方診療をしていると患者さんの訴えに季節を感じることがあります。

 

日中の寒暖差が多い季節は、疲れやすく元気が出ないような「気虚」の状態の

患者さんが多いように思います。このタイプの訴えは月単位で増えます。

飯塚だと4月~5月が多いでしょうか。

 

雨が降ったり晴れたり、気圧の変動が激しい時には

頭痛、めまい、血圧上昇、関節痛などの「水毒」を思わせる患者さんが多いです。

興味深いのは、これらは1日~1週間の間の短い期間に同時多発的に発生することです。

外来を行っていると同じ訴えの患者さんが1日に何人もお見えになります。

(そして、急性症状の方は五苓散が著効することが多い)

 

血圧上昇は頭痛やめまいなどの不快症状のため2次的に起こっているものでしょう。

不快症状を治療すると降圧薬の追加なしで元の血圧に戻ります。

この水毒の治療に行きつかない場合には、降圧薬を追加されて血圧の日内変動が激しく、

CTやMRIで器質的異常を認めず、NSAIDsやトリプタンを追加されても改善しない状態で

長く困られることになります。(意外と多い)

 

もちろん、器質的疾患の除外は必要ですが、漢方薬の併用でもいいのではないかと思います。

 

同時多発的に水毒患者が押し寄せて来られる日には、何も考えずに利水薬の鑑別を行えば

良いのではないかとさえ感じることもあるのですが、そのようなときに脳出血の患者さんが

紛れていたことがありました。油断は禁物です。

聴取すべきことは聴取し、よく診察し、必要があれば行うべき検査を行うのは重要です。

Gです。

 

花粉症の季節です。

今年は花粉の飛散量が多いようで、困っている方が多いようです。

 

例年なら抗アレルギー薬で対処できているという方も、同じ薬が「今年はなぜか効かない」と。

私もそのような患者の一人で、今年は抗アレルギー薬の効きが悪いです。

そのようなときは漢方薬の併用が良いですね。

 

私は①小青竜湯、②麻黄附子細辛湯、③苓甘姜味辛夏仁湯、④越婢加朮湯

の4つを使うことが多いです。

 

花粉症状といえば鼻炎、結膜炎、皮膚炎の症状がメインですね。

これらのうちの幾つかが同時に起こります。

気道分泌の亢進は漢方では肺中冷(肺の冷え)で起こると言われています。

寒いところにでると鼻水が出ることは誰でも経験があると思います。気道が冷気を知覚して

反応するのです。寒い時期は風邪などのウイルス感染が増えるので、IgAを含む分泌物で

免疫的、物理的にウイルス感染を防ぐという意味では理にかなっています。

目のかゆみや充血、流涙も同様の反応をしているのではないでしょうか。

皮膚炎は目や頬の周囲に起こることが多いと思います。

 

アレルギー症状のときは自律神経のうち、副交感神経が優位になっているのではないでしょうか。

気道分泌物は副交感刺激で亢進しますし、頬周囲には副交感神経刺激により拡張する血管があります。

長くなるので細かいことは記載しませんが、アレルギーと自律神経の関連は色々あるようです。

 

さて、私は鼻水を中心とする気道症状がメインの場合には小青竜湯を使用することが多く、

鼻閉だと麻黄附子細辛湯を用いることもあります。皮膚炎を伴うような気道以外の症状もある場合には

越婢加朮湯を使用します。越婢加朮湯は意外とオールマイティに効いてくれている印象です。

(越婢加朮湯がカラゲニンによる炎症性浮腫を抑制するという古い論文があります。

越婢加朮湯は炎症+浮腫に強いと言えるでしょう。)

苓甘姜味辛夏仁湯は麻黄で胃の不調や動悸が起こる場合や強い不眠症などの麻黄が適さない人に用います。

 

実は私自身が子供のころからアレルギー性鼻炎と鼻閉に悩まされてきたということがあり、

自身でいろいろな漢方薬を試して実感したことがあります。

麻黄湯を含めて、麻黄を含む漢方薬は花粉症にも効く、ということ。

(もちろん、一般的には花粉症で麻黄湯は使用しません。)

 

アレルギー性鼻結膜炎に麻黄剤が効くのは、副交感神経優位性を交感神経刺激作用のあるエフェドリンが

打ち消しているからだと考えます。

また、強い鼻閉のときには「冷え」が絡んでいることがあります。

アレルギーでなくても冷えると一時的に鼻閉が起こることは誰でも経験があるのではないでしょうか。

このような場合には麻黄剤を強化するのではなく、ブシ末を併用すると良いようです。

 

体を温める薬と自律神経の関係はとても面白いのですが、長くなるので、今回はこのあたりで終わりたいと思います。

 

 

Gです。

 

2019年2月1日にGノート2月号vol.1「おなかに漢方!」(羊土社)が発売されました。

飯塚病院漢方診療科にゆかりのある先生方で執筆されています。

 

羊土社のホームページへのリンクは以下の通りです。

https://www.yodosha.co.jp/gnote/book/9784758123358/index.html

 

 

今回の本も読みごたえがある内容です。

 

メジャー漢方薬と併せて手に取っていただければ幸いです。

 

Gです。

 

もう1月も終わりです。

 

今年も残すところ、あと11か月。

(これを言うのはT部長と土曜日の朝の神田正輝ぐらいです。)

 

さて、社会的には受験や卒業シーズンですが、当科でも15年勤められたI先生が卒業されます。

(当科にはI先生が2人いますが、犬○先生のほうです。)

I先生は初代部長の三潴先生の薫陶を受け、立派な漢方医となられました。

 

日ごろは穏やかな先生ですが、漢方でしか治せない、救えない医療難民がいるんだ!と、

熱く語られることがあったのも印象的です。

これからは新しい場所で漢方の高みを目指され、同時にご自身のお弟子さんを育てていかれることでしょう。

 

T部長も三潴先生に教えを受けられましたが、お直接の師匠様はT澤先生です。

そうなると当院に残る三潴先生の弟子となると、もう大幹部Y先生しかいません。

大幹部Yの時代がくるのか、来ないのか。

それなりに存在感は増しておられます。どうなるのやら。

 

当科で漢方医として過ごされた先生方のリストを拝見すると、とても沢山の方々がおられることに驚きます。

今は割と少数精鋭で診療にあたっていますが、色んな大学の学生さんたちが見学に来てくれるので、

意外とにぎやかです。

 

欲をいえば、研修医の先生や、若手の先生や、ベテランの先生方も押し寄せて来ていただけると我々の

気分も更に上向きになります。とはいえ、専門医制度の変化のせいか、若手の先生方が勉強に来られる

機会はなかなか得難いのかもしれません。

 

見学者のお相手にしても、レクチャーにしても「種をまくことが大切なんだ」と皆が口々に言われます。

そうかもしれません。興味とお時間のある方はお待ちしています。

 

T部長は漢方で不妊治療中の患者さんにこのように声をかけておられるようです。

「種を蒔くだけじゃなくて、目が出やすい状態に畑を耕すことも大事なことなんです。」と。

 

漢方界に話を変えると、畑を耕す行為とは何をさすのでしょうか。制度の問題なのでしょうか。

遠くでも近くでも、漢方仲間が増えないかと切に願っています。

 

更新予告:「新しいメンバーが加わりました!」(いつの発表になるかは未定です。)

 

Gです。

 

新年、あけましておめでとうございます。

今年も元気を維持しつつ、漢方ライフを楽しんでいきたいと思います。

 

さて、昨年末からインフルエンザの患者さんが増えてきているようです。

みなさんの周囲では流行っていないでしょうか?

 

私の診療する範囲では、当地域では咳と咽頭痛が主症状のインフルエンザが多い印象です。

通年は悪寒、関節痛を伴う高熱タイプが多いのですが、今年は咳中心のインフルエンザ患者さんによく会います。

 

私自身、年末年始のお休みの時期にそれっぽい症状があり、麻黄湯→桂枝湯+越婢加朮湯(桂枝二越婢一湯の代用)で

治療したところ、2日程度で完全に回復しました。検査していないので、インフルエンザだったかどうかはわかりませんが。

毎年、悪寒戦慄+高熱は経験するのですが、適切な時期に適切な漢方薬を飲むことができているのか、

幸い、2日以上症状が続くことはありません。

その一方で、高齢患者さんが「風邪をひいたので薬局で買って葛根湯(もしくは麻黄湯)を飲んでいます」と言われることが

度々あり、ドキッとすることがあります。交感神経賦活作用が強いので心負荷が心配です。

 

冬といえば、感染性腸炎も増えますね。

12月に当科で研修をした研修医のある先生は嘔吐下痢症で漢方初日を迎えることができませんでした。

「途中で発症したら、苦しまずに早く良くなったのにね!」と、大幹部Y先生。

 

私自身はその後、生ガキを食べてちょうど2日後にひどい下痢症を発症。金曜日の午後のことでした。

炎症が強いようだったので黄ごん湯をたたみかけるように服用し、胃や腸に水が溜まって動かない症状もあったので

五苓散も併用しました。これも1日で治癒しました。

ノロウイルスなどのウイルス性腸炎では消化液分泌が亢進し、上部消化管の運動は低下するので、胃と小腸の

水の吸収を促進させるだけで機能が回復するようです。漢方的には水毒の状態で、水の分布異常を改善する五苓散

により胃と小腸の水貯留が改善され機能も回復すると考えます。

 

冬の様々な感染症には漢方薬がよく効きます。

自分で試すとよくわかります。

 

皆さま、インフルエンザと腸炎にはお気を付けください。

 

<お知らせ>

第48回 筑豊地域医療サポーター養成講座が開催されます。

日時:2019年1月24日 13:30~15:30 

場所:イイヅカコスモスコモン2F 中ホール

「こんなときには漢方」~漢方の基礎知識、治療法~

演者:田原英一 医師

 

きっと「おもしろい」内容になっているはずです。

はじめて参加される方は申し込みが必要ですので、飯塚病院広報課(TEL 0948-29-8892)までご連絡ください。

申し込み締め切りは2019年1月18日(金)です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「調子はどうですか」っていうと

「調子は悪い」っていう

 

「頭痛はありますか」っていうと

「頭痛はある」っていう

 

「めまいしますか」っていうと

「めまいする」っていう

 

「天気と関係ありますか」っていうと

「天気とは関係ない気がする」っていう

 

でもなぜか、同じ日に「急に悪くなった」とお問い合わせがある

 

こだまでしょうか

いいえ、台風です

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Gです。

 

10月5日現在、福岡は台風接近中です。

水毒患者さんは沢山おられますが、天気が悪化要因になる方とそうでない方が

おられます。

悪化要因になる方のうち、自覚がある方とそうでない方がおられます。

自覚がある方は、台風で調子が悪くなっても苦しいながらも静観されているように思います。

他方、自覚がない方の中には驚いて

「急に悪くなったが、漢方薬が変わったせいではないか?(変わったのは1週間以上前)」

などのお問い合わせを下さる方がおられます。

このような方には「天気と症状に関連がありますか?」と尋ねるのではなく、

直近の悪天候の日をピンポイントで指して「この日は悪くなかったですか?」と聞くと、実は

天気と関連があることがわかる、ということがあります。

 

もちろん、普段は雨天で症状悪化しなくても、流石の台風の前では悪化してしまう方もおられます。

本日、外来患者さん、電話でお問い合わせの患者さんで急な悪化を訴えた方は皆、利水剤を服用

されており、その標的部位が悪化されています。

 

「台風が去っても症状が改善しない場合は、もう一度ご連絡ください。」

 

さて、10月6日は東洋医学会福岡県部会、10月7日は漢方治療研究会が福岡で開催されます。

遠方の先生方の参加を期待しているのですが、悪天候により参加をキャンセルされる先生がいらっしゃるのでしょうか。

 

台風が最接近するのは6日の午前中の予定です。

その日のうちに何とか福岡までたどり着けば、夜は美味しい食べ物が待っていますよ。

7日には交通機関への影響はないことでしょう。

 

来福をお待ちしております。

Gです。

 

ブログを更新しないまま夏から秋に移ろうとしています。

 

今年の夏は暑かったですね。

飯塚も暑かったですが、日中は院内にいたので、一番暑い時間帯は涼しく過ごしました。

 

夏にも関わらず、入院患者さんは冷えている方がおられました。

・病室の温度は寒いと感じて廊下で日向ぼっこ

・体温が35度台で寒い、布団をかけても温まらない

・憂うつ

など。

 

漢方薬で内部から温め、ある治療器で外部から温め、何とか冷えを去りました。

 

伊藤隆先生によると、冷えの原因には

・気の上衝

・お血

・裏寒

があるようです。(漢方治療二頁の秘訣 金原出版)

 

私は裏寒(内臓、消化管の冷え)については温度感受性TRPチャネルのTRPV1とTRPA1が

関与しているのではないかと考えています。

裏寒に対してはショウガを加熱処理して乾燥させた乾姜(かんきょう)が有効で、飲むと

じんわりと温まってきます。裏寒がない人には辛くて飲めない乾姜量でも、裏寒がある人は

甘くて飲みやすい。治療の効果が出てくると、同じ人でも辛味を感じるという変化があります。

温まるという点についてはTRPV1やTRPA1を介した血流増加が報告されています。

辛味については、まだわかっていません。これに関しては今後の研究課題です。

(9月3日に第35回和漢医薬学会学術大会で、このテーマについて発表してきました。)

 

冷えという概念は西洋医学にはないと言われてきましたが、今は科学的に解明されはじめています。

富永真琴先生が温度生物学という分野を牽引されていて、研究の世界ではとても注目されているところです。

 

漢方では昔から冷えの概念を持ち、それに対して治療してきました。その現代医学的な病態生理と薬理に

ついて、その仕組みが解明されることを楽しみにしています。

 

さて、7月の終わりのことですが、久しぶりに虹を見ました。

二重のものは初めて。

インターネットで調べると「幸運が訪れる」とか、「悪いことの前兆」だとか言われるようです。

意見が分かれたときは良いほうを信じるようにしています。

そのせいか、私はこれまで運が良かった。

 

 

また、お盆が過ぎてから、ある水生植物が花を咲かせました。

 

この根っこは生薬として使用されます。

治打撲一方に含まれるコウホネ(生薬は川骨)です。

 

治打撲一方はとても良い薬です。

全国的にはマイナーなようですが、飯塚では頻用されています。

例をあげたらキリがありませんが、何にでも効きます。

 

Gです。

 

暑くなってきました。

6/8-10の東洋医学会総会に参加しました。

6/8は患者様の協力も得られ、テキパキと午前中の外来が済んで出発。

博多駅で19年来行きつけの中華の店に立ち寄り、食後に健康相談を受け、

ちょっと難病の印象がありましたが「諦める前に漢方の診察を受けてみてください、

大学病院と同時進行で良いですから」と言って店をあとにしました。

 

6/8の夜は大雨でした。

大雨のため野球観戦できなかったI先生の心中を察しながら、中医学をしている旧友と「ある会」に合流。

「飯塚は温める治療が盛んですね(表現を変えています。)」と言われましたが、

いつものことなので、その件にはあまり触れずに好きな病態生理の話をしました。

その後は旧友の後輩が合流し、また中医学や日本漢方や病態生理の話で遅くまで盛り上がり、、、

 

翌日は朝から当科の先生たちの発表が朝からありました。

何と山梨からはA先生が「当科での3か月間の思い出」について教育セッションで発表しました。

私の出番は夕方で、これも難なく終了。発表時間が7分0秒のピッタリだったのが嬉しかったです。

6/9の夜は飯塚メンバー(OB/OG含む)で懇親会をし、盛り上がりました。

(またそのあと、皆は2次会、私は別の旧友と漢方の話をしに出かけ、それぞれ夜遅くまで頑張りました。)

 

最終日まで学会会場は盛況でした。

 

面白い発表は沢山ありましたが、私が感動したのは色んな大学病院の先生が煎じ薬を使用した症例を

発表されていたことです。大学病院で煎じ薬を使えるなんて素晴らしいと思いました。

 

個人的には、同年代の先生数人とともに、漢方の病態について現代医学的な考察をしたことろが

とても有意義でした。今後、現代医学的な病態、薬理の解明ができればよいと思います。

これに気分を良くして、飯塚に戻ってからもPubMedで論文を調べて喜んでいます。

 

学会が終わって肩の荷が下りました。これからも頑張ります。

Gです。

 

桜の時期が終わり、日中は暑さを感じるほどになりました。

一方では朝は冷え込む日もあり、気温の日内変動が激しくなっています。

 

温度を含む環境の変化に対して、我々の体は自律神経を介して体内環境を一定に保っており、

この自律神経のバランスが崩れると様々な症状を自覚するようになります。

 

例えば、鼻水が出やすい、おなかが緩い(下痢や軟便)などは副交感神経活動に対する体の応答で、

眠りが浅く夢が多い、動悸がする、汗をかきやすいなどは交感神経活動に対する体の応答です。

交感神経・副交感神経の失調に関わる症状は他にも沢山あります。

気分の落ち込みなどの症状も同時に起こりがちです。この時期は「気の異常」が増える印象があります。

温度をはじめとする外的環境の変化が身体的ストレスとなり、それが精神的ストレスに繋がることもあるかと思います。

 

季節の変わり目に体調不良を感じる方には心当たりのある症状ではないでしょうか。

漢方医学ではこれらの自覚症状に加えて、悪化のタイミングや身体所見を踏まえて診断し、治療を決定します。

 

現代医学的な治療を行っても不調が長引く方は、漢方治療の適応かもしれません。

 

Gです。

 

いつもは自由にブログを書いていますが、そろそろ新患倍増に向けて当科のアピールをしたいと思います。

 

漢方治療を希望される患者さまは、それぞれお困りの内容が異なり、それに対して様々な治療法があります。

男女比でいうと、女性の患者様が多いようで、年齢も様々です。

中でも、女性も年齢ごとにお困りの症状が異なる傾向があります。

症状があるにも関わらず、ご自身ではそれに気づいていない方が多数いらっしゃるようです。

「ずっと前から続いているから、これが普通だと思っていた」と。

 

さて、以下のもので思い当たることはありませんか?

 

・便秘がち(便秘が4,5日もしくは1週間以上も続く)

・月経痛がつらい(とくに下腹部)

・月経前にイライラする、もしくは気分が落ち込む

・月経前後にめまいや立ちくらみがする

・月経前にむくむ

・疲れやすいもしくは常に疲れている(家に帰ると疲れで何もできず、電池が切れたように寝てしまう)

・顔がのぼせる

・手足が冷える

・とにかく寒がり

・下痢が止まらない、もしくはいつも軟便、冷たいもので下痢する

・夏場、クーラーにあたると体調が悪くなる

・腰のまわりがスースー冷えて、しかも足が重だるい

・舌のまわりがギザギザ(歯型)

・雨降り前に頭痛やめまいがある

・なんだかよくわからないが、漢方に興味がある

 

他にも色々あるのですが、思い当たることがあれば漢方治療の適応かもしれません。

これらの症状は、現代医学的には問題ないと言われても、漢方医学的には問題があることがあります。

そんなに困っていないつもりでも、治療をすることで、元気になり生活の質が向上します。

 

くわしくはこちらへ

https://aih-net.com/kanpo/

最後に付け加えると、

妊娠しにくい方にも漢方はお勧めです。現代医学的には問題がなくても、漢方医学的な問題に対応していく

ことで、妊娠しやすい体内環境を整えることができます。上記症状も漢方医学的な問題にあたる可能性があります。

産婦人科で不妊治療を受けられていても、漢方治療を併用することで不妊治療をサポートすることができます。

(当漢方診療科は保険診療です。漢方治療費用は3割負担で、薬代込で1か月 2000円~4000円程度が中心です。

治療内容により異なります。検査は別です。)

 

皆様の受診をお待ちしています。