姫川薬石庵

姫川薬石庵

姫川薬石と糸魚川翡翠
コバさんの天然石加工

新潟県 糸魚川市にはほぼ一両編成の 『日本海ひすいライン』というローカル鉄道が走ってる

糸魚川駅から西の、ひとつ隣の駅は『青海 駅』

私のブログにも度々登場する青海ヒスイの地域名でもある

2021年 3月開業予定の糸魚川駅から東にひとつ目となる新駅が現在建設中だ

その新駅の駅名の公募が今年の6月にあり、私も応募した

そして数日前に新駅名決定の広報がポストされた
え?

何この長ったらしい駅名は…

しかもセンス悪!

ぶっちゃけ      えちご  いらねーだろ


てか  ↓これ!
おいおい!
1位から5位まで そんな駅名ないじゃんよ

そして応募総数少な!

ちなみに私は『ひすい海岸駅』と応募した

何と選ばれた駅名と同じ応募は1名らしいぞ

忖度でも働いたか?

まさかの抽選方式か?

何の為の公募だよ( ꒪⌓꒪)
公募しなくていいじゃんよ(笑)

ひでーやりくちだな

日本語にすると禁止用語だからこう言う言い方になるが

さすが エキセントリック な街だな!

たまたま糸魚川駅の近くを通りかかって たので散策がてら   ぶらぶら
駅だけは立派なんだよ

誰もいねー!ガラガラだけどね
真昼間、13時だよ!
ひとっこ1人歩いてねーわ

駅1Fの ほとんどの面積を鉄道関連のモノで占められてる

何故 鉄道よ?

そしてやはりガラガラ
激しくガラガラ
マジで誰もいません
よく広報やSNSでは鉄道ファンで賑わっていたとか紹介する人いるけどさ…
これが現実

鉄道ファンのためだけの駅であってはならん

ぶっちゃけマニア以外興味ねーべ
↓ 模型を操作するらしいよ
人にはそれぞれ趣味はある
それはわかる

でもだ

新幹線が停車する駅構内1Fにこれほど大規模な鉄道模型やジオラマが糸魚川と言う街に大きな関連があるとは思えない
それとも何か?
糸魚川市民は鉄道マニアが多いのか?

意味不明な企画ばかり
まぁ あれだ…エキセントリック だしな
何処行ってもガラガラ

鉄道関連ばかりでフードコートもない!

立食いやカフェすらない!

エキセントリックだ!

何の個室だよ ( ´△`)
電車一両まるまる…邪魔だろ
そのスペース  ゆで太郎  にしてくれ
ありがとう  キハ52 ?
世話になった覚えはない

再現車両? 公開記念?
他にやる事ねーのかよ (´Д` )

贔屓抜きにしても 新潟県 糸魚川 で連想するモノは? と国民に世論調査したと仮定

私が思うに 
『糸魚川って何処?』『初めて聞く地名だ』
これがほとんどかと

糸魚川を知ってる人限定で世論調査すると

『ヒスイ』『翡翠』『ひすい』

たぶんこうなるのではなかろうか

一般人が 糸魚川=鉄道の街!と連想するには無理がありかなり厳しいな

私の糸魚川 連想は
『エキセントリック』『クソ爺い』と答える

プラレールもある
これは子供達のロマンで良い
どうせならトーマスと仲間たちの一大アトラクションにした方が…
これは知ってるぜ

トーマスとゴードンだな

顔だけで分かる……よね?(΄◉◞౪◟◉`)

わからん? え?  マジか_(┐「ε:)_

実は何を隠そうわたくし
トーマスの引いてる客車の名前も知ってる
アニーとクララベル  

すぐに言える自分にちょっと照れちゃうじゃん

そう言う私も糸魚川の人達にエキセントリックと言われてる ( ͡° ͜ʖ ͡°)
ヒスイ関係者や暇を持て余したオヤジからよく電話がくる

年はだいたい70過ぎのオヤジが4人くらいまるでローテーションが決まってるのかと言うほど規則正しく電話が来る

何も用事はないのに電話をかけてくるのだ

近くにいる時は直接工房に来やがる

少なくても私の安否確認ではない

私の事より自分の心配した方が良いと思う

作業中にくだらん電話や突然の来訪で手を止めたくない

自分の構想と手の動きがリンクし自分だけの時間軸を持ち気が乗ってる状態

いわゆる  『ゾーン』と言うやつだ

こう言う時に

「別に用事はないけど、
       いつから長袖着た方がいいかな?」

と電話が来た

え? 😳  あ?  🤯
テメーの好きにすればいいじゃねーか🤬

もう興醒めなわけですよ

私はこのオヤジ達を「クソ爺い」と呼んでいる




こうしてボツが増えるのである
ストーンとシルバー枠は悪くはないが作者としてはより刺激を求めてしまう

ストーンに合わせる素材を長年探していた

アクセサリーは肌に接する作品が多いので長くご愛顧して頂く為に金属素材には拘りたい

人体に影響の少ない金属となるとチタンやサージカルステンレスになるのかな

ステンレスを使ってみたいけどアクセサリーとしてはいささか面白味がないし何よりも硬い!

糸魚川は新潟県

同県に金属を知るには最高の街がある

同じ新潟県の燕三条

言わずと知れた世界的な金物の街

ここ数年惜しみなく通いようやく見つけた

ダマスカス鋼
伝説の素材としてよくRPGに出てくる

それだけでもカッコいいぜ

オリジナルのダマスカス鋼は古代インドで作られレシピは失われている

世界的にはダマスカス鋼の独特な模様を現在技術により復刻されている

現在ではダマスカス模様のある鋼材をダマスカス鋼と括る

画像のダマスカス鋼は燕三条の職人の手により手間隙をかけ現代に蘇った金属

数年前に少し分けて頂き試作したのだが今回はもう少し作りたいと嘆願し更に分けて頂いた

素材はオーステナイト ダマスカス と言うステンレス製の高価な素材だ

sus316L と sus304L の俗に言うサージカルステンレス製だ

早速 作る
カットしたダマスカス鋼
形を整えて穿孔する
磨く

エッチング処理をするとダマスカス独特の模様が浮かび上がる
唯一無二の世界にひとつのだけの模様

まるで  もののけ だな

イイモリストーン  IL-スピネル
枠に嵌めて完成



可能性は感じる
ハンドメイド視界良好