マーケティング・コンサルタント弓削徹

ニッポンを支える「ものづくり企業」を、
さらに下から支える知恵、出してます。


製造業のマーケティング・コンサルタント弓削徹(ゆげ・とおる)のブログです。
マーケティングや商品開発、販売促進などのノウハウや気づき、
ビジネス情報を、東京の下町・浅草から発信しています。


★メディア出演・講演・著書・寄稿
月刊「オムニマネジメント」2016年4月号に地方創生の記事 を寄稿しました
2016年2月22日USTEAM番組「る~り~の大部屋」 にゲスト出演しました
2016年2月9日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
月刊「近代中小企業」2015年7月号にユニーク企業の記事を寄稿しました
2015年6月10日FMラジオ J-WAVE「TokyoMorningRadio」に出演しました
2015年3月26日新刊の「地方創生」!それでも輝く地方企業の理由 (ベストセレクト 843) が発売になりました
2015年3月17日FMラジオ J-WAVE「リスナーズパワープログラム」に出演しました
ぐんま経済新聞2015年3月12日付 に講演紹介記事が掲載されました
2015年2月5日FMラジオ J-WAVE「Tokyo Morning Radio」に出演 しました
2014年7月10日ニッポン放送「キキマス」でコメントが紹介 されました
2013年7月26日発刊の
転がす技術-なぜ、あの会社は畑違いの環境ビジネスで成功できたのか- Amazonランキング1位を獲得 しました(ビジネス書部門)。
全国の商工会・商工会議所様、企業様にて
講師を務めています
 ★弓削徹のセミナー・講演実績はこちらへ ▶▶

2013年8月27日USTREAM番組「メディカツ」にゲスト出演 しました
日刊工業新聞 2013年1月28日付に講演紹介記事が掲載されました
日本経済新聞 電子版 にコメントが掲載されました
月刊「近代中小企業」2012年2月号に
環境ビジネスの記事 を寄稿しました

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年10月21日

柳家花緑の、貫禄に感涙

テーマ:●浅草日記

柳家花緑師といえば、ご存知、柳家小さんの孫であり、弟子である噺家さんです。

 

デビューするやいなや激賞され、将来の名人候補として早くも評価を固めた人です。

 

しかし、その後、「伸び悩み」「期待外れ」と言われ、低迷。

 

もちろん、水準以上ではあります

 

水準以上ではあるけれども、期待のほうが大きいですから、どうしても厳しい目で見られてしまう。

 

本人も、それを知ってか知らずか、椅子に座って語る落語(?)などをはじめたりしていました。

 

 

その花緑師が今日、TBSテレビの落語研究会で「中村仲蔵」を演っておりました。

 

この「中村仲蔵」は、私も大好きな噺でして、何度聞いても感動してしまう

 

とはいえ、矢来町(古今亭志ん朝師)だけです。

 

いろいろな落語家さんが演っておりますが、先代の正蔵師が聞けるくらいで、あとはしまいまで聞く気がしない。

 

このブログでも、以前に志ん朝師の「仲蔵」について書かせていただいています。

 

 

その、「中村仲蔵」を、今日の花緑師は自身の新解釈も加えて、しっかりやりとげてくれたのです

 

女房の内助を上手に強調してリアリティを出し、志ん朝師ともちがうサゲで観せてくれました。

 

そのうえ、着ている着物も噺の中身にぴたりと合わせていて恐れ入りました。

 

花緑師匠。伊達に年を重ねちゃあいません。

 

年期と余裕が、よい感じで出てまいりました。

 

 

中村仲蔵」。

 

人情噺であり、サクセスストーリーであり、史実に基づくノンフィクションでもある。

 

登場人物として、いまの海老蔵のご先祖(四代目・市川団十郎)も出てきます。

 

なにより、仲蔵の胸のすくような工夫と演出、それを真っ向から評価する見巧者の江戸っ子たち

 

あーー「これを知らなきゃもったいない」by 東出昌大

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月07日

駅徒歩1分・日当たり眺望抜群

テーマ:●浅草日記

不動産物件ではないのですが、新幹線の福山駅から徒歩1分のお城があります。


 

広島県の東端に位置する、福山城。

 

1603年に江戸幕府が開かれ、徳川家康の従兄弟であった水野忠勝が譜代大名として封じられたことにより、1619〜1622年に築城されました。

 

 

長州などの外様各藩の抑えとして置かれただけあって、戦乱の終息した当時には破格のスケールで築かれた城です(もちろん、日本100名城のうち)。

 

福山という地名も、このとき城主がネーミングしました。

 

ところが明治維新以降、総構えの周辺地が払い下げられていった結果、旧敷地内を新幹線が通ることに。

 

それでも歴史的価値は厳然と屹立しており、広島県中小企業団体中央会様にお呼びいただいたのをよい機会として“登城”を希望しておりました。

 

 

すると、行政から行政へのつてで、なんと福山城博物館の館長さんみずからご案内いただけるという幸運に恵まれたのです。

 

 

折しも、「武器・武具展」を開催の真っ最中。

 

 

城内は撮影禁止のため、写真は前後のみですが、どうかご一緒に感慨に浸っていただければ幸いです。

 

 

そして、いつの日か福山城にご登城されますようお勧めいたします。

2018年09月21日

復興庁 監修委員に就任

テーマ:●浅草日記

復興庁より監修委員を拝命しました

 

復興庁では、被災三県の復興を発信するため、特筆するべき復興事例を選定しています。

 

 

その事例収集に関する監修委員を拝命しました。

 

3.11の直後に、ボランティアで行なった講演活動が、そもそも私の地方貢献のはじまりでした。

 

それまでは東京の中小製造業ばかりを支援していたのです。

けれども、宮城の数ヵ所を訪れたことによって私の目は開かれ、地方の持つ課題と悩みが見えてきました

 

そこからです。

 

全国の商工会・商工会議所様、中小企業団体中央会様などで、マーケティングのノウハウをお伝えする講師として登壇するようになりました。

 

2011年からはじめた講師活動は、500回超を数えます。

 

また、中小機構では販路開拓コーディネーターだけでなく、震災復興支援アドバイザーも拝命。

 

結局、被災三県に足を運んで当地企業からご相談を受けたり、取材させていただく機会にたくさんめぐまれました。

 

そうした活動が評価されての、今回の下命かと思います。

 

委員は、4名。

 

東北学院大学 教授 柳井雅也氏(座長)

東北大学 教授 福島 路氏

レオス・キャピタルワークス 藤野英人氏

そして、弓削です

 

藤野氏は、ワールドビジネス・サテライトにコメンテイターとして出演されていますね。

 

 

 

数回の委員会を経て、がんばった会社さんが選ばれます。

 

その結果も楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年09月03日

ご無沙汰しております

テーマ:●浅草日記

相当、投稿に間があいてしまいました

 

楽しみにしていてくださった方にはたいへん申し訳ありませんでした。

 

こんなに記事を書かなかったことはブログをはじめて以来、なかったことです。

 

なぜ、書けなかったのかといいますと、別にたくさんの文章を書かなければならなかったからです。

 

今年の春に出版した「顧客は展示会で見つけなさい」では、あたりまえですが相当量の文章を書かなければなりませんでした。

 

その他の文章を書く気にならなかったのですが、それでもがんばってブログも書いてはいました。

 

執筆が終了しますと、こんどは本業以外の書籍の販促や出版パーティなどで多忙になりました。

 

おかげさまで書籍が好評で、売れ行きも好調です。

 

有名な何人かの書評家の方が高評価をしてくださったり、Yahoo!トップニュースに掲載されたりで、出版社さんにも売上を褒めてもらいました。

 

加えて、出版のおかげで本業のほうも多忙になりました。

 

「展示会のセミナー講師をお願いしたい」というご依頼が毎日のように入ってくるのです。

 

そしてその後、じつは4冊目の出版が決まり、すぐに執筆にかからなければなりませんでした。

 

その本の脱稿は9〜10月であり、いまはまさに佳境です。

 

ホントに別の文章を書くまでの気力が回りません。

 

ちなみに、最新刊はキャッチコピーの書き方の本です。

 

来年の1月に発刊となる予定です。

 

また、近づきましたらお知らせいたしますが、キャッチコピーに悩む人への最終回答となるような内容をめざしていますので、どうかよろしくお願いいたします。

顧客は展示会で見つけなさい

2018年05月26日

ものづくりのルーツ、刀剣

テーマ:●発想のコヤシ

「弓を削る── 」


先祖はものづくりをしていた弓削です、武器ではありますが。


日本における刃物の名産地は新潟県燕市、岐阜県関市などがあげられます。


新潟・佐渡で講演をしたときは、「海外からの注文をさばききれない」という刀鍛冶の方にお話を聞きました。


また、燕市でいまは鋭利な爪切りを生産している諏訪田製作所にお邪魔して工場見学をさせていただきました。


諏訪田さんの工場の第一印象は「黒」です。


工場の外も内もすべて黒。


展示会で諏訪田製作所さんのブースを見かけることがあれば、ブースも黒いことに気がつくでしょう。


統一されたブランディングなのですが、ではなぜ黒なのか。


もともと諏訪田さんは鍛冶屋から発祥しています。


火の熱量を知り、火花の行方を把握するために、鍛冶の作業場は真っ黒に塗られていたとのこと。


そのルーツが、いまのブランディングに通じているわけです。


あの本田宗一郎さんの祖父は刀鍛冶であって、本田さんは生涯、鍛冶のことを語って飽きることがなかったといいます。


日本の刀鍛冶の製造技術は平安から鎌倉時代には確立していたようです。


そして、刀に対する信仰、文化的価値を見出していたともいわれます。


同時期に、朝鮮などでは刀工の名前一つ残っていないのに対し、日本では何百という優秀な刀工の名前が記録されているのです。


室町時代に下ると、刀剣は中国へと輸出される重要な産物となっていきます。


つまり、当時の先進国であった中国よりも高品質な刀を生産することができるようになっていたということなのです。


歴史研究で知られる磯田道史氏は、これを「日本が世界最高の技術水準に達した最初のアイテム」と表現しています。


すなわち、世界最高品質へと磨かれた刀剣の道は、ものづくり立国・日本へと続く歴史街道であったわけです。


いまも、テレビのバラエティ番組では「日本刀VSライフル銃」のような対決企画もありますね。


日本刀に対して芸術品としての価値を見出す傾向は、以前にもまして強まっているのかもしれません。


いわば、鑑賞に供するための美術刀剣──


現代はこれを愛する女性も増えているのだそうです。

 

 

 




 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス