非二元・ノンデュアリティ|公然の秘密

非二元・ノンデュアリティ|公然の秘密

悟りを生きる禅師に受け継がれてきた公然の秘密(オープンシークレット)とは?
迷い、悩み、苦しみのない、日々、生き活きとした生活の実践。

ノンデュアリティ・スピーカー 矢沢大輔のブログ。

禅やタオ(道教)の言葉が指し示している「非二元」、何歳からでも英語を話せるようになる認知科学に基づく「学習法」の記事をアップしています。

己(おのれ)こそ己の寄るべ己を置きて誰に寄るべぞ。
よく整えし己こそまこと得難き寄るべなり。

これは、初期仏教の経典「法句経(ダンマパダ)」の句ですが、私がこの言葉に初めて触れたのは今から51年前、7歳の時でした。

少林寺拳法の道場に入門した時、聖句としてこの言葉を覚え、唱えていました。

少林寺拳法の道場には9年通っていたのですが、当時、小学生、中学生であった私は、この言葉がお釈迦さんの言葉であることを知らず、またこの言葉の意味もわからないまま、ただ声に出して唱えていました。

道場に通っていてつらかったのは、稽古が始まる前に、道場の床をほうきで掃いてから雑巾がけをしていたのですが、その雑巾絞りの役まわりを引き受けた時でした。
裸足で玄関先の外に出て、水道からバケツに水を入れ、みんなが床をふくための雑巾と、拭き終わって汚れた雑巾を、また、バケツの中で洗って絞ることを繰り返していたのですが、冬の寒い日にこの役目を果たすのは、水も冷たく、着ているのも道着一枚の薄着でしたから、とても寒かくてつらいなと感じていました。

また、道場から7、800メートルほど離れた駅まで道着姿でみんなで走って行き、ドブ臭い駅の地下道の掃除をすることも時々あって、「僕は武道を習うために道場に入門したのに、何でこんなことまでやらなあかんのか、武道の練習と何の関係もないやん」と思いながら、いやいや掃除をしていました。

練習を始める前にも、必ず板の間の上で坐禅する時間もあり、足がシビれるのもつらくて、こんなことを練習前に毎回やって、いったい何の意味があるのかと疑問に思っていました。

そんな私も、50歳を過ぎてから、冒頭にあげた聖句が、お釈迦さんがお亡くなりになる直前に、嘆き悲しんでいる弟子の阿難に向かって語られた言葉であったことを知りました。

「阿難よ。私はもうすぐ死ぬが、悲しんでいてはいけない。私は裏表の区別などない法というものを全て教えてきた。私の教えに秘密などない。自己と法は別々にあるものではなく一つであり、それを寄りどころとしなさい。その他のものを燈火としてはならない

聖句が語られた背景とその意味を知ってから、私は50年ほどかかってやっと己(おのれ)とは何かを知り、聖句を実践できるようになりました。

この身が今、道場にあるなら、道場も含めて己。この身が今、地下道にあるなら、地下道も含めて己。
この身が今、職場にあるなら、職場も含めて己。

どこにいようと、誰といようと、よく整えし己こそ、まこと得難き寄るべなり。

お知らせ
「自己の素晴らしさを知る」講話会の受付を開始しました。


近所の蕎麦屋で、蕎麦を食べながら、ふと外を眺めると、縦長ののれんが揺れ動いていて、こんな話を思い出した。


旗がパタパタと動いている様子を見て、一人のお坊さんが「あれは旗が動いているんだ」と主張し、もう一人のお坊さんが「いや、あれは風が動かしているんだ」と反論しているところに、たまたま慧能禅師が居合せ、「旗が動いているのでもなければ、風が動かしているのでもない」と答えたという話。

では、慧能禅師が何が動いていると答えたかは、公案の答えになってしまうので、ここでは回答を差し控えるが、その答えを聞いたお坊さんたちは、あっと驚き、「もしやあなたが五祖弘忍禅師の所で印可(悟りの証明)を得て、その後、行方がわからなくなった六祖慧能禅師では?」と直感させるほど、慧能禅師の答えは鋭かったのだ。

普通に考えれば、店先ののれんが揺れ動いていたら、「風が吹いているから、のれんが揺れている」と思うか、「風によってのれんが揺れた後、風がやんでもしばらくの間、のれんは揺れ続けている」と思うことだろう。

でも、このどちらの「思い」も、頭で考えた答えであり、これでは、禅の公案は通らない。

「風」と「のれん」。
「動くのれん」と「それを眺めている私」。

頭はこんなふうに、物事を二つに分けて考えることしかできない。

しかし、慧能禅師は、「仏法は是れ不ニの法なり」と説いている。

動いているのは、のれんでもなければ、風でもない。

のれんが揺れている眼の様子は、不二(非二元)そのもの。

「のれんが揺れているのか」それとも「風が動かしているのか」と言った疑い、迷いが生じるのは頭の中だけ。

そして、蕎麦を食べる時も、食リポするかの様に頭を使って味を評価しようとしたなら、蕎麦の香りも味もぼやけて、楽しめなくなる。

追記
非二元(ノンデュアリティ)=「私はいない」と思い込んでいる人がいますが、「私はいない」という思いも、頭の中の考えであり、それでは「私はいる」と思っている人に対して、「いや、私はいない」と言って正反対の意見を戦わせることになるだけで、これでは「風動幡動」でもめていたお坊さんたちと同じように、不二(非二元)を悟れません。
不二(非二元)とは何かを知りたい方は、一度、ノンデュアリティ ・プライベートセッションを受けてみてください。
現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、プライベートセッションは、zoomか電話のみで行っています。
昨日は、zoomを使って「非二元入門」を開催した。

「非二元(ノンデュアリティ )=二つがない」とは、そもそもどういうことなのか?

それを知るには、「考え」を通して理解しようとしても絶対にわかりようがないけれど、「ダイレクトパス」であれば、誰でも直ちに触れられることを話してから、手元にあったマジックペンや扇子を使って、「二つがない経験」をしてもらった。

また、日常生活と離れたどこか別の場所に、自分が求めてきた本当の何かが隠されているわけではなく、日常の真っ只中に本物(真実)があらわになっていること(これを「公然の秘密」と言ったりもする)。

でも、なぜ、それが見えなくなるのか?聞こえなくなるのか?

その答えとして、講座が始まる直前に、私の母が発した一言を例に挙げ、いかに多くの人が、「現実」を見ているつもりでいて、実はまったく見ていない事実についても明らかにしておいた。

そして、昨日の夕方、京都出身の父母と私の3人で、TBSの「世界遺産」を観ている時に、面白いことが起きた。

京都の禅寺「龍安寺」の石庭が映し出された時、父がこう言ったのだ。

「俺には、この庭に置かれた岩を見ても、それが何を意味しているのか、さっぱりわからない。それがわからないから、この庭の何がいいのかもわからない」

父は、世界遺産に認められた庭の良さをわかろうと努力していた。

でも、中国の禅師(慧能、馬祖、臨済禅師など)や中国で禅を学んだ道元が伝えようとしていたことは、頭で考えてわかるような複雑な話ではない。

だから、今日、父にも、昨日、非二元入門で話したようなことを折りを見て話してみようと思う。

お知らせ
新型コロナウイルスの陽性者が増えてきたため、非二元(ノンデュアリティ )プライベートセッションは、当面の間、オンライン又は電話でのみ対応させていただきます。
本棚の中で長年眠ったまま、再読されることがなかった大量の本を昨日、段ボールにつめこみ、BOOKOFFに引き取ってもらった。

段ボールに本を詰め込みながら思ったのは、「よくこんな本を買い、しかも、大量の時間まで費やし読み終えたものだ」という思いだった。

それぞれの本のタイトルを見ているだけで、40代の頃の自分がいかに先行きの不安をを感じながら生きていたのか、さらに、これらの本がいかに当時の私の不安につけ込み、正しい方向に私を導くどころか、ただ本を売らんがために書き上げられたものであったかが、今の時点から見ると、よくわかるようになった。

もちろん、悪いのは、本の方ではない。

これらの本を求める私の心そのものが、絶えず不安にさいなまれつづけていて、少しでもその不安から解放されたいという衝動から、これらの本に私自身の心が飛びついていたのだ。

しかし、私は幸運なことに、50歳を過ぎてから、良書(良き教え)に出会えるようになった。

良き教えに出会うと、これまでに読んできた本が読む価値がないほど本質から外れた駄本であるとわかるようになるし、それと同時に良書(良き教え)以外の本は読めなくなる。
つまり、良書は何度も繰り返し読むことになるだろうし、ずっと手元に置いたままの本となる。

「願わくば、もう少し早くこれらの本に出会えていればなー」とも思えるのだが、おそらく30代、40代の頃の私の目には、これらの本のタイトルがたとえ視界に入ってきても、私の人生とは何の関係もないものだと思えただろうから、「願わくば…」という可能性はまったくあり得ず、「出会うべき時に出会うべきものと出会える」が真実なんだと今は思う。

30代、40代の頃の私は、洋書を読めず、日本の禅の本がどれほど世界中で読まれているのかも知らなかったし、たとえ、日本語で書かれた道元の本を書店で見かけたとしても、「それが自分の日々の生活となんの関係があるのか?」「そんな教えにうつつを抜かしている暇があるなら、仕事の効率を上げる努力をした方がよっぽど身のためだ」と思えるほど、三毒(貪・瞋・痴)の中でもがき苦しんでいたから。

お知らせ
3月22日から桜を見物するため、3日間、京都に滞在し、3月25日から4月中旬まで、大阪の実家に滞在します。
大阪滞在中、非二元の対面セッションは、梅田のカフェで行います。
今週は、フランス在住の日本人女性や広島在住の男性と非二元のプライベートでセッションをzoomでやりました。

コロナ禍において、この一年ですごく変わったと感じるのは、東京以外の方とセッションをできる機会が増えてきたこと。

そして、セッションを受けられる方自身、何らかのメソッドを学ばれ、カウンセリングやセラピー、コーチングの仕事をされている方が増えてきたこと。

この2点が、この一年の間に、すっかり変わってしまったなと感じています。

そして、私とのセッションにおいて、多くの方が確かめたいと思っている内容が、「自分がやっていることが、非二元(ノンデュアリティ )のセッションと、どこが同じで、何が違っているのか、その違いを明確にして、自分が今やっているサービスの質を向上させたい」といったものです。

私自身、10年前まで、コーチングや心理カウンセリング、NlLP、デイマティーニ・メソッドなどを学び、これらのことを仕事にしたいと思って多くの知識を学んできましたが、何をどれだけ学ぼうと、本業にはなり得ませんでした。

仕事になり得るどころか、何をどれだけ学んでも、私自身が苦しみの真っ只中にいたままで、解放感を感じたことは一度もありませんでした(一時的に感じる解放感や気休め程度の安堵感はあったものの…)

そういう点から見て、私が非二元(ノンデュアリティ )に出会い、はっきり認識できるようになったのは(これまでに学んできたこととの決定的な違い)は、「根本的に何かが狂っていたり、間違っていたりする自分は存在していない」という事実でした。

しかし、これを頭(理性を司る大脳新皮質の領域)で理解できたとしても、何かの出来事に対してリアクションしてしまう「逃げるか、戦うか」の衝動的反応は、理性では食い止められず、同じ反応が繰り返され、悪循環が継続されたままとなります。

おそらく、多くの人が、この事実に気づいてきて、これをどうすれば、乗り越えられるのか?とその答えを模索されているのでしょうが、その答えは、感情を司っている大脳辺縁系の領域で、衝動的反応を引き起こしているホルモン分泌が起きているのだから、そこにダイレクトにアプローチしていかない限り、悪循環を引き起こしている衝動的な行動パターンは止められない、というのが、私が非二元(ノンデュアリティ )に出会って知り得た事実です。

なにより私自身、この事実を知り、感情や体感覚に直接触れられるようになったことで、リバレーション(解放)が起き、それまでずっと信じてきた「どこかが狂っている自分がいる」「その自分が完璧になるには、何かがプラスされるか、変わらなくてはいけない」という幻想が完全に溶けてなくなりました。

ということで、こうした自分の経験を伝えるには、また言葉に頼らざるを得ませんが、私がセッションでやっていることは、ただひたすら、思考と感情がつくり出している「偽の自分(エゴ」」の動きをクライアント本人が見抜けるようになるお手伝いをしているだけで、これ以上のことも、これ以下のこともやっていません。

なぜなら、これだけで、それまで問題を抱えていると思い込んでいたクライアント自身が、その問題が全く解決しなくても、自分が真に求めていた安らぎと、生命のフルフィルメントが、今、ここにあることを感じてれるようになるからです。

お知らせ
非二元(ノンデュアリティ )について、腑に落ちない点がある人は、非二元のプライベート・セッションか、4月開催の非二元入門にご参加ください。
「矢沢大輔」という名のついた顔、体は、他の人と比べ、明らかに異なる特徴を備えている。

例えば、頭髪の色は白くて、髭が生えていて、目の色は茶色くて、身長は177センチで、少しお腹が出ている。

声にも特徴があり、その響き具合も、毎日、英語の発音練習を繰り返していると、近頃、ガラガラ声になってきた


つまり、「矢沢大輔」と名づけられた人物は、このような特徴を持っていて、私以外の誰かが、このような特徴を持つ顔や体型を見た時に、その人の記憶にある「矢沢大輔」の特徴と照らし合わせ、「あっ、この人は矢沢大輔だ」とわかる仕組みになっているわけだ。

つまり、「矢沢大輔」と呼ばれている顔や体は、他の名前で呼ばれている何十億人の人たちの顔や体と比べ、まったく違う特徴を持っている。

だから、多くの人は、自分の顔と体には、他の誰とも違う特徴があるからこそ、自分と他の人とを区別し、これが「自分」で、あの人は「他人(自分ではない人)だ」と理解できる、と思っている。

つまり、自分には、誰とも異なる「私ならではの特徴があるからこそ、自分と他人とを混同せず
自己を認識できる」と思い込んでいる。

でも、実際のところ、私自身が自分を認識する際には、そのような特徴の違いを比較しなくても、私は私であり、他人ではあり得ないことが明らかにわかっている。

この比較を用いず、自己の存在を自ら自覚できている存在こそ「私」であり、この「私」は、肉体的特徴によって認識可能な「矢沢大輔」とは明らかに違っている。

この私は、何らかの特徴(違い)を頼りにして見分けなくても、私であり、他人と取り違えることなど絶対にあり得ない存在。

それゆえ、新海誠監督の映画「君の名は。」に出てくる話のように、仮に肉体が誰かのものと入れ替わったとしても(または全身を整形手術してまったく別人の顔と肉体に改良したとしても)、私は相変わらず私のままであり、「あれ、肉体だけ入れ替わっちゃったぞ」と認識できるのだ。

つまり、「私」とは、顔や体型の違いを比較することによって、自分と他人を区分けし、その結果として自己を認識しているのではなく、比較することなく自らの存在を認識できる唯一の存在なのだ。

そして、このことをはっきり認識できるようになると、他人と比較して「自分はここがダメだ」「自分には才能がない」「自分の稼ぎは少ない」といった言葉に出てくる「自分」というものが、頭の中でつくり出した偽の自分だとわかり、あるがままの生命の働きあるのみ、となる。

梅は梅。空は空。人は人。
あるがままで、命全開


お知らせ
「2021年版・非二元入門」では、個人としての自分ではなく、本当の自己に覚めながら生きると、現実がなぜ変わり出すのかについて語ります。


去年の年末から今日まで、毎日、本を読み続けていた。

中国では、唐や宋の時代、禅師と僧の間で、どんな会話のやり取りがなされ、見性(悟り)が起きていたのか?

その一方、日本では、江戸時代にどんな禅師が現れ、僧に対してだけでなく、庶民に対しても、禅の真髄を語り、悩める多くの人たちに大安心をもたらしていたのか?

このような内容の本にしばらく触れていたので、なんとなく漢文や古文にも慣れてきたのだが、そうなると不思議なもので、これまで読み続けてきた英文の本から自然に遠ざかるようになり、英文で書かれたノンデュアリティ(ノンデュアリティ 」の本への興味もすっかり薄れてしまっていた。

ところが、5日ほど前から、YouTubeで英会話の発音に関する動画を観るようになったのをきっかけに、「やっぱり英語を学ぶのは楽しいな」と思い始め、その流れで英語で書かれたノンデュアリティの本を再び読み返すようになったのだが、驚いたことに、これまで何十回も読み返して、内容的にもかなり深く理解できている思い込んでいた本の内容が、まったく違う内容として読解できるようになっていることに気がついた。

そして、3日前、これまでの人生を振り返っても3本の指に入るほど、心が動揺し、その場でじっとしていられないほどの金銭的なトラブルが起きた。
そこで、ひとまず近所のドトールに行き、アイスコーヒーを飲みながら、周りの光景を眺めてしばらくつろいでいると、突然、心の中のザワめきが緩みだし、全身が安堵感に満たされる体験をした。

そして、金銭的トラブルがまったく解決していないにもかかわらず、その夜も、いつも通りにぐっすり眠ることができ、翌日、目が覚めた時、「10年前の自分なら、こんな事が起きたら、夜通し、心が落ち着かず、問題が解決される日が来るまで、ずっとうろたえ続けていただろうなぁ。でも、非二元のプレゼンスに落ち着く方法を知ったことで、こんなにも感覚が変わってしまうんだなぁ」と、あらためて実感することができた。

振り返ってみると、英文の本から一旦遠ざかったことで、心の中が一度空っぽになり、そこに漢文と古文による仏教の不ニに関する教えが大量に入りやすくなり、その上でもう一度、英文によるノンデュアリティに関する本に戻ったことで、これまでとはまた違う感覚で内容を味わえるようになり、それによって、今回のようにどんな出来事が起きても、ほぼ自動的に「無条件の自由」を感じられる変化が起きやすくなったのではないかと感じている。

そして、読み込む言語が自然に変わっていき、それによって生じ始めた感覚の変化も、また、今回経験した出来事も、すべてが生命の完璧な流れ(パーフェクト・フロー)であり、何一つ間違いなど起きていないことを深く確信できるようにもなった。

お知らせ
4月開催の2021年版「非二元入門」の受付を開始しました。
また、非二元ファシリテーター養成講座・導入コースのお申し込み受付は2月12日(金)までです。

近頃、ニュースを見ていても、周りの人から聞いた話からしても、これまで頼りにしてきた収入が減り、これからどう暮らしていけばよいのか、悩まれている方が増えてきました。

安定していた毎月の給料が減り始めた。
仕事そのものがなくなってしまった。

「さあ、どうしたものか」と心が落ち着かず、なんとか当面暮らせるだけのお金を工面しようと努力するわけですが、これは言ってみるなら、新型コロナの影響によって、働ける環境(外的状況)がこれまでと全く変わったにも関わらず、お金に依存する状態(内的状態)だけは、変わることなく続いていて、そのズレにより、今の苦悩が発生しているとも言えるわけです。

コロナが収束して、元通りの世界が再び戻ってくるなら、お金に依存した状態が続けたままでも、その日が来るのをひたすら待っていれば、安心して暮らせる日が再びやってくるでしょう。

しかし、それがいつの日になるのか?
はたまた、元の状態に戻る日が本当にやってくるのか?といえば、未来のことですから、誰にも予測できません。

しかし、未来のことはわからないと言っても、歴史を振り返れば、疫病がいつかおさまり、「あの頃は大変だったね」とお互いに振り返れる日が来るのは、確かなことです。

その日が来るまでの間、今、気持ちが落ち着かず不安を感じているなら、本当に見なくてはならないのは、感情的・心理的にお金に依存したままの状態が続いている限り、今後も収入の増減によって、感情が振り回されてしまう人生が続いてしまうということです。

ここで私が言っているのは、お金に対する感情的・心理的依存のことで、それが消えれば、今後、収入の増減にとらわれることも心配することもなく、生活していけるようになります。

今週末24日(日)のオンライン講座では、再び緊急事態宣言が発令されたことを鑑み、このような内容の話をしてみたいと思っています。
年末年始は、いつもなら大阪の実家で過ごしているのだが、今年はコロナの影響で帰省できず、東京の自宅で過ごした。

東京で過ごした大半の時間は読書にあて、非二元(ノンデュアリティ )に関する仏教とヴェーダーンタ哲学の本を10冊以上、読破できた。

私はここ数年、日本語ではなく、英語で書かれた本しか読まなくなったのだが、仏教の中でも特に禅の精神について深く知るには、漢文を読みこなせる必要があるように思え、今回の年末年始は、漢文の引用が多い、日本の古典をたくさん読むことにした。

そして、本を読んでいる間に、京都の相国寺(臨済宗)のために「動稙綵絵」と「釈迦三尊像」の絵を描いた伊藤若冲のドラマも放送され、禅の精神が日本の美術や茶道の中に根付いていて、禅とは何かを言葉で表現することはできないが、日本人の暮らしぶりや所作の中に、禅が生きていることをあらためて知ることができた。

また、本を通じてわかったことなのだが、キリスト教圏の人たちが、エゴ(自我)を殺すことに、なぜ、あれほど囚われ、それに比べて、仏教では、無我(そもそもエゴなど存在せず、殺す必要もないこと)を知ることが重要視されているが、この両者の違いが十字架と仏像の表情の違いとして顕著に現れていることを知れたのも大きかった。

そして、この違いを知れたことで、イギリスでノンデュアリティについて語っているT.Pが、なぜ、弟子に対して「早く死ねたらいいね」などと語り、仏教の中道を知るアメリカのS.Kが、「T.Pには近づくな」と警告を発している理由もはっきり分かり、とても意義深く有意義な年末年始を過ごせた。

ここまで読んでくださった皆さん、本年も、どうぞ、宜しくお願いいたします。

お知らせ
今月24日(日)、オンラインで「仕事とお金」について、ノンデュアリティの観点から話します。
昨日、オンラインで「ウェイクフルネス」を開催した。

今回のテーマは、「幸福・自由・愛」だったのだが、冒頭、老子の言葉「知るものは語らず、語るものは知らず」を引用し、「幸福とは何か?」「自由とは何か?」「愛とは何か?」「非二元(ノンデュアリティ )とは何か?」をブログやYouTubeなどを通じ、言葉を使って語っている人たちは、「幸福・自由・愛=非二元」を知らない人であることを指摘してから講座を始めた。

「語るものは知らず」と言いながら、それでもなぜ私が、幸福・自由・愛をテーマに、今回、2時間半に渡って語ろうとしているのか?

これについては、多くの人が「これが幸福だ」と信じ込み、追い求めているものは、「幸福」とは何の関係もないものである事実。
同じく、「これが自由だ」「これが愛だ」と信じ込み、追い求めているものは、自由でもなければ、愛でもないこと。
これらの誤解(イリュージョン)については、言葉を使って指摘することが可能であることを伝えてから(日本の禅師が使っているのと同じ方法を用い)、真実(幸福・自由・愛)に触れる妨げとなっている「誤解」の事例を一つ一つあげながら、誤解を解いていった。

そして、人間の苦しみが、二元性(二局)の片側に囚われる執着から起こること(仏陀が悟ったこと)を、左右に揺れ動く振り子を喩えにして語り、具体的にどうすれば「苦しみ」を苦しみのまま持続させず、「悟り・目覚め」のきっかけとして活用でき得るかを伝え、講座を終えた。

お知らせ
来年2月から始まる非二元ファシリテーター養成講座の導入コースですが、早々にご入金いただいた方がいらっしゃるので、今回、新たに特典をプラスすることにしました。
詳しくは下記のページをご覧ください。