犬と悪魔のプール

犬と悪魔のプール

音楽を中心に色々な話を書いていくつもりです。


昨日、仕事帰りに矯正歯科に行ってきました。

いよいよ、ブラケット卒業です。

恐れていた「バンド装置を外すタイミングで、私の歯ともお別れでは?」という事を、直前に歯科衛生士さんに話したのですが、「そんな事は無い。歯ってそんな簡単に抜けるものじゃない」と笑い飛ばしてくれました。

実際の所、ブラケットは予想以上に外すのが痛くて、逆にバンド装置は「え、もう外れたの?」というくらいあっさりと外れてくれました。

歯科衛生士さん曰く、人によってはバンド装置がしぶとい事もあるそうですが、私の場合はあっさりいってくれたみたいで…心の底から、良かったです。

 

外してもらった後は、歯に付いてる接着剤を削り落としてもらい、それから歯の着色も綺麗にしてもらい。

最初、ブラケットが外れた時点では違和感しか無かったのですが、この頃になったら、ようやっと何も金属が付いていない自分の歯、というものに少し慣れてきました。

その後は噛み合わせの型取り?をして、歯の型取りをして、口の中の写真を撮って、顔の写真も撮って、レントゲン写真も撮ってもらいました。

 

全部が終わってから、これはこの矯正歯科特有のものかと思いますが、卒業式をしてもらいました。

装置卒業おめでとうの表彰状を貰い、くす玉を割ってクラッカーで祝ってもらい、更にヒーローインタビュー的な感じでおもちゃのマイクで感想を述べて。

色々思う所がありまくったこの矯正歯科でしたが、終わり良ければ全て良し。

何だか凄くほっこりしました(^^)

 

最後は歯科衛生士さんにリテーナーの説明をしてもらいました。

簡単に取り外しができる装置で、食事と歯磨き以外の時は1年間、ずっと付けていなければならないとか。

その後は夜寝る時に付けるだけで良くなるそうです。

金属の所を押したら曲がるから気を付けてとか、注意点はあるみたいですが、慣れるしかなさそうです。

というか、地味に喋りにくい…;;

でもまぁ、バイヘリックスとクワドヘリックスを乗り越えた私としては、痛みが無いというだけでも、こんなの苦にもなりません!…多分。…少なくとも今の時点では。

 

今後、矯正歯科には1ヵ月後、3ヶ月後、半年後、半年後…というサイクルで通って、2年が経過した頃には本当に卒業、という事になるようです。

途中で卵巣嚢腫の手術が挟まったりして、普通の人よりも大分長く通ってしまったので…その分思い入れもあるというか、何かもう私のルーチンになっていたので。

ちょっと寂しい気もします。

が、そもそも矯正歯科に行かないという事の方が「普通」のはずですからね!

私もまた「普通」に少し戻れたはず、と思います。

 

と言っても、まだプレート除去手術も残ってますし、口の中にアンカースクリューも残ってますからね;;

まだ口内炎に悩む日もあるでしょう…orz

もう一息、頑張ります。

人によっては今日が初出勤、という方もいるかと思いますが、幸運な事に私は明日が初出勤なのです。

という事で、今日は休み、非常に好都合。

というのも、今年の4月にプレート除去手術をする訳ですが、その術前検査等の予約を年明けてから電話して取ってくれ、と先生から言われてたんですよね。

朝一で、電話してみました。

 

…話し中orz

まぁ、そうですよね。

病院は今日から仕事始めなので、当然電話も集中する訳です。

ちょっと時間を置いたら、私も繋がりましたが…話し中だったのも納得です。

予約を取ってもらうのに、20分くらいかかりました。

1人の電話にそれだけ時間かけてたら、そりゃあ話し中にもなるわ、っていう感じです。

本当に、今日休みで良かった…会社に行ってたら、予約の電話すらできない所でした。

 

という事で、私は3月13日に術前検査。

3月16日に先生の説明を聞き、麻酔科の先生の話を聞き、入退院支援センターとやらの話を聞きに行く事になりました。

ここまでは概ね前回と同じかと思いますが(入退院支援センターなんてあったっけ?)、前回と唯一違う所が、4月6日にPCR検査を受ける、という所です。

まぁ、そりゃあそうだよな、という感じではありますが…。

ちなみに私が手術受けるこの病院、既に何回かクラスター発生してるんですよね;;

歯科ではなくて、他の入院病棟みたいですが…。

でも、病院側が慎重になるのも、心から分かります。

というか、私自身検査してもらえるならラッキー、くらいの感じです。

今現在は特に不調は無いですが、去年明らかに風邪の症状があった時期もありましたし(熱はありませんでしたが)、あれがコロナだったのか否かを知る事ができます。(もしそうだったら、抗体とかできてるはずなんですよね?よく知りませんが)

 

何にしても、今年も早速色々予定が埋まり始めました。

…本当、何事もなく無事に終わって欲しいです…。

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

2021年がスタート、昨年は日本中、いや世界中が大変だったかと思いますが、果たして今年はどうなる事やら…。

さて、今年最初のブログを書くにあたって、昨年の年始に自分は何を書いていただろうか、と読み返してみました。

 

…何か凄い立派な事書いてる( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚

嘘だろ?!他人を下に見ず、奢らず、努力を続ける?!

そんな事、去年全然できてませんけど?!

…いつもこうで、考える事は立派なのに、すぐにそう思った事を忘れて自分勝手に生きている。

ちゃんと自分でこうしよう、と決めた事は紙に書いて、時々見返さなきゃいけないのかもしれないですね。。

 

という事で、いつも抽象的な目標ばかり立ててすぐに忘れるので、今年はもっと具体的な目標を立てる事にしました。

それはずばり、今年はエクセルVBAの勉強をするという事!

というのも、実は去年色々思った事がありまして…。

 

去年、緊急事態宣言が出ていた頃に、学校が休みになっていた事と思います。(私の身近に学生さんがいないので、ふ~ん、という感じでしたが)

その頃にぼんやりと他人事のように考えていたのが、「この休校期間に家でしっかり勉強した子と、ゲームとかして遊んでた子の間には、結構学力の差がつくだろうな~」という事です。

いや、実際どれくらいの子が自主的にちゃんと勉強していたのかは知らないですが、私は間違いなく学生であれば「休みなのを良い事に毎日ゲームばかりして遊んでいる」側の人間です。

というか、自粛期間中のGWにゲームしまくっていた事がそれを証明しています。

だから、「今の時代の学生さんは大変だな~」と思っていたんですよ。

 

ところが、緊急事態宣言が解除されてしばらくしてから、色々とネット上で皆が自粛期間中に何をしているか、という情報が流れてきました。

当然、ここぞとばかりに私のようにゲームなどして遊んでいた人もいるとは思いますが、これまたどれくらいの割合の人がそうだったかは分かりませんが、確かに自分で勉強などしてスキルアップを図っていた社会人もいた訳です!

私が「学力の差がついて学生は大変」と思っていた事はそのまま社会人にも当てはまる事で、ゲームをしていた私とちゃんと勉強をしていた社会人の間にも差はついていたのです!

何というか…愕然としますよね。

どんな状況になっても、頑張る人はいつだって頑張るんだな、と…。

 

という事で、まだ自粛の日々は続くと思うので、今度こそ私も何か勉強をしようと!

本当は英語の勉強などできたら良いと思うのですが、過去に英語の勉強をしようと10回くらいは決意しましたが、いつも2、3週間くらいで挫折している私なのでね。

また目標を英語にして3日坊主で終わるよりも、自分の好きな事(エクセル)の勉強をした方が、役に立つかは分からないけれど、有意義かな~、と。

いや、それだって続けられるかは分かりませんが…とりあえず、今回はちゃんと紙に書いておきます!

本日で2020年も終わりとなります。

という事で、今年という1年を振り返ってみようと思います。

 

昨年のこの日のブログを読み返すと、私は「よくぞ生き残った」というようなレベルで不幸が訪れまくる1年だったようですが。

そしておそらく、今年の方がよっぽど不幸と言うか、あまりよろしくない1年を送った人が多い年だったかと思うのですが。

私は逆です!

去年と比べても、いや比べなくても、今年は私にとっては良い年だった!

 

まず私にとっての一大イベント、歯科矯正の手術が3月にあった訳ですね。

口が開かず、ゴムかけも始まり、非常に不自由な日々が始まる…。

が、そこへ訪れた世界的なコロナ危機!

マスクをする事が当たり前となり、友達と遊びに行ったり、誰かと御飯に行ったりする事も控える事が推奨されるような世の中になりました。

これこそが、私にとっての好都合!

マスクをする事によって、ゴムかけしてる口を晒す必要が無く、誰も私を食事や遊びに誘わないので、一緒に食事をして汚い口の中を晒す必要も無い!!

コロナが無ければ、きっと私だけが寂しくつまらない1年を過ごしていたのだと思いますが、皆がマスクして自粛してくれてるおかげで、私も気楽に過ごす事ができました。

結果的に手術が今年になって、良かったのだと思います。

もちろん、手術自体が無事に終わった事も本当に良かった。

 

そして当然自称音楽ブログなので、音楽的に1年を振り返りますが、ライブ配信が今年最大のトピックスですよね!

結局ピップッパ4回、十色定理、シンフォニックコンサート、ゆくプラくるプラ×2という事で、この1年に8回もライブを見ていたという訳です。

基本的に年に3回ライブに行ってる私からすると、例年よりも多くライブを見たという事になります。

当然、実際に会場で見るライブとは少し違いますが、配信には配信の楽しさがあると分かったので、普通にライブができる世の中に戻ったとしても、個人的には配信は続けて欲しいな~、と思ったりしています。(例えばツアーの千秋楽だけは配信もしてくれる、とか)

そういう趣味的な一面で見ても、今年は充実していたな~、と思います。

 

もちろん良い事ばかりでは無くて、私だって好きな所に行けなくてムキーッとなったり、感染の恐怖に怯えてストレスから体調不良になったりもしましたが。

今の所、会社もちゃんと続けられてるし、実家暮らしなので住む家にも困らず、それだけできっと、幸せな事なんだと思います。

来年もきっと、まだしばらくはコロナの話題ばかり続くのだとは思いますが、どうにか生き延びていきたい所です。

プラさんの粋な計らいのおかげで、この度初めて年末恒例の「Plastic Tree年末公演2020ゆくプラくるプラ」を見る事ができました(≧▽≦)

もちろん配信で。

ちなみに今回から、なのか今回特別、なのかは分かりませんが、Zaikoの手数料は発生してるというのが残念な所;;

でもまぁ、プライブが見れるなら、私が文句を言う筋合いではない訳ですが。

 

事前にファンの皆様が「晴れの日に聴きたい楽曲」と「雨の日に聴きたい楽曲」を投票していて、そのランキングで今回のライブのセットリストが決まる、という奴ですね。

ちなみに私は一切投票してなかったので、皆さんがどういう曲を選んだのかと興味津々だった訳ですが…。

 

「晴れの日」に関しては、100%「なるほど、皆さんにとってはこれが晴れか」と思っていました。

ぶっちゃけ私の中ではプラさんの曲で晴れをイメージする歌って1つも無くて…。

特に「空白の日」なんて「これが晴れ?!」と個人的には思うのですが、多数の人からはこれが晴れの歌のように聞こえるのか、と…。

そんな訳なので、ランキング発表の為に、毎回晴天の映像と共に曲タイトルが出るのが本当に似合わない、と思っていました(^-^;

 

一方の「雨の日」に関しては私も色々思いつくものがありました。

が、特に最初から予想していた訳では無くて…。

ランキングがあと1~3位くらいになった時に、「そういえばメランコリックと水色ガールフレンドがまだ出てないな。という事は、それが1位2位かな」とか思っていたのですが、実際には両方ともランキング圏外でした。

冷静に考えたら、その2曲って結構ライブで聴く曲なので、ファンの皆さんからしたら当然普段聴けない曲を選ぶ訳なので、圏外というのも納得なのでした。

 

そして特記すべき事は、土曜プラトゥリ劇場総集編でしょう。

私は当然初見だったので、まずオナンさんが出てきた時に「誰?!」と思った訳ですが。

でも、初見だからこそ、今回は総集編で良かったな~、と思いました。

過去10年の映像が見れて、ぶっちゃけ何処からツッコんだら良いのか全く分からなかったのですが。

でもまぁ、宴会芸と考えたらこういうのもアリか、と。

というか、こういうのは金爆のライブで見た事があったので、ある意味そこで耐性ができていたような気も…。

とりあえずこの映像だけで、お初にお目にかかりますオナンさんも好きになりました(;´∀`)

 

そうだ、思い出しましたが、あめのうた編の時の土曜プラトゥリ劇場の後に、有村氏が「また女装して、って。でも普段(の衣装)から、女装してるようなものじゃない?」と言っていて。

それに対して正氏が「性別という概念が無い」というような事を言っていまして。

何か、私も有村氏に対してはそう思っていたし、ファンの皆様もそう思ってる方が多いかと思うのですが、メンバーさんの目から見てもやっぱりそうなんだ、と何だかハッとさせられました。

 

今年は本当に何回もプライブを見れて、更にきっと一生行く事も無いと思っていた年末公演を見る事もできて。

ライブに関しては、何だかんだと今年は良い1年だったな、と思いました。

未だかつて見た事が無いような回数で、正氏の笑顔が沢山見れたのも良かった(*^^*)

本当に、お疲れ様でした&ありがとうございましたm(_ _)m

最後にはやはり、セットリストを載せておこうと思います。

 

はれのうた編

第10位 ロケット

第9位 本日は晴天なり

第8位 うわのそら

第7位 藍より青く

第6位 エンゼルフィッシュ

MC 有「やぁやぁ」 ケ「ヒアウィーゴー!」

第5位 Paper plane

第4位 空白の日

第3位 ナショナルキッド ←サイコーです!

第2位 クリーム ←正氏の笑顔(*ノωノ)

第1位 エンドロール。

土曜プラトゥリ劇場 ←濃厚接触

・恋は灰色(以下、メンバーリクエスト)

・静かの海

MC 「年末のお約束」

・リセット ←何もかもリセットって良いな!今度から私も年末聴こう♪

 

あめのうた編

第10位 雨ニ唄エバ

第9位 twice ←ライブで聴くの初めて?

第8位 くちづけ

第7位 涙腺回路

第6位 雨音

MC 有「やぁやぁ」 ケ「ジャストドゥイット!」

第5位 ザザ降り、ザザ鳴り

第4位 六月の雨

第3位 パノラマ

第2位 黒い傘 ←やり直しした?ライト等の演出が凄く良い

第1位 雨中遊泳

土曜プラトゥリ劇場 ←体張ってるなぁ…

・潜像

・インサイドアウト

En 髪色が緑になっていた乙女佐藤。

・メランコリック ←何だかんだ言ってやってくれて嬉しい!

・リセット

 

最後に有村氏がケンケンをお姫様抱っこしていて、そういえばこういう光景、凄く久しぶりに見た気がしました。(昔はライブの定番じゃなかったですっけ?)

うっかり「ケンケン、大きくなって重くなったんじゃない?」と有村氏に対して思ってしまったのですが、成人男性なんだから昔から体重は成長してないはず…。

今日、仕事から帰って来て、家の自転車置き場に自転車を停めた時に、何かを倒してしまったんです。

お父さんが色んな道具を自転車置き場に置いていて、そこに私の自転車がぶつかったので倒れたらしく。

しかし暗いので何が倒れたのかもよく見えず、自転車の上から乗り出して見ようとした所、自転車のベルの部分に顎を強打。

凄く痛くて腹が立ったので、もう何が倒れたのか確認もせず、なおしもせずに家の中に入ったのですが…。

 

いつも通りに帰ってすぐ、手洗いうがいをしたら、吐き出した水に血が混じっている。

慌てて鏡で見たら、なんと右下のアンカースクリュー(あの、手術で寝てる間に勝手に埋め込まれた金属のネジみたいな物体)から血が出てる(T_T)

そこはまさに自転車のベルでぶつけた所で…痛みはすぐに引いたのですが、血が出た事にショックを受けました。

え、これ、このまま歪んだり取れたりしないよね?と…。

 

結局その後ティッシュで血を拭ったら、それ以上は出なくなり(まだ血の味はしていましたが)、晩御飯を食べた後は何ともない感じになりましたが。

腹が立ったので、お父さんのせいという事にしておきます。

本当、矯正装置が外れるまであと少しなんだから(アンカースクリューはもうちょっと先ですが)、何事も無く過ごさせてよ!と思います。

 

追記。

晩御飯の後にに歯磨きをした所までは何ともなかったのですが、その後夜寝る前くらいから、やっぱりぶつけた所が痛くなってきました(T_T)

翌日の朝になった今も、まだ痛い…。

血は出てないし、見た目的にもそこまでおかしい所はないので大丈夫だと思いたいですが…痛いと気が散るので、何だかなぁ、と思います。

今日は予定通り、リテーナーを作るための型取りに行ってきました。

またいつもの先生ではなく、ヘルプで来てる感じの女性の先生が全部やってくれたのですが…私自身も、この先生にやってもらう事に大分慣れてきた気はします。

正直、ワイヤーを外したり付けたりするのが、他の歯科衛生士さんよりも痛くてちょっと苦手ですが;;

 

今回の流れとしては、ワイヤーを上下とも一旦外して、例のピンクの粘土的な物で上下とも歯の型を取って、またワイヤーを戻して終了、という感じでした。

最後に写真も撮ったりもしましたが、お昼前で人手が足りなかったのか、いつもは補助してくれる歯科衛生士さんがいるのですが、今日は自分で口を押さえて、先生が写真を撮ってくれました。

型を取る時に凄い咳き込んだり、オエーとなったりしないか、という事が心配でしたが、そういう事はほとんど無く(2回くらい、つばを飲み込もうとして変な音してましたが;;)、無事に終わりました。

実はもう2週間以上前でしょうか、風邪をひいてしまいまして;;

毎日測っても熱は無いので、コロナではないと信じているのですが、咳と痰だけがいつまで経っても完治しないんですよね;;

若干アレルギーも入っているのではないかと思っているのですが…。

それで咳の心配もあったのですが、とにかく無事で良かったです。

 

それはそれとして、今日「おい!」と思った事があったのですが…。

相変わらず自己流の舌のトレーニングをしているのですが、誰も「OK」を出してくれないので、自分ができているのかも分からない訳なのですが。

今日、色々やってもらってる間に、隣で診てもらっている女の子が姉御(※頼りがいのある歯科衛生士さん)と喋っていたんです。

その子も舌のトレーニングをしている所みたいで、姉御に「できてる?」と言われていて。

姉御に言われるままに、「てあて」とか「トマト」とか、とにかくた行の単語を女の子が言ってたんですね。

それを見た姉御が、「まだ発声する時に舌が出てる云々」と言ってたんです。

そこで私が思った事というのは、「た行の発音って、そういう所をチェックするものなの?!」という事です。

大分前に矯正歯科から舌のトレーニングの紙を渡されていて、その紙の最後にた行の単語が沢山出てくる、短い文章が載っているんですね。

それを読む練習をしましょう、と書いてあるのですが、読んでだからどうなの?という感じなんです、私からしたら。

ただ読む訳ですが、それに一体何の意味があるのか、効果があるのかも分からない。

そこから短い退屈な文を読むのに飽きて、今は全く読んでないのですが…そういう、自分なりのチェックポイントがあるなら、紙を渡すタイミングで言ってよ!と思いました。

紙を渡すだけ渡しておいて、「できてますか?」と言われても、「できてる」の正解が分からないんだから、自分でできてるかどうかなんて分かる訳無いんだよ!!と思います。

子供は当然ちゃんとやるかも分からないから、しっかりやり方も説明して丁寧にやってるんだとは思いますが、大人だからって私はその辺は放置されてるようで…。

何だか物凄くガッカリしました。

休みの日にならないと、ブログを書く時間も確保できない…。

という事で、17日の「Plastic Tree Symphonic Concert【Act II】at LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)」見てました、配信で!

しかし今回、なかなか大変なスケジュール…参戦された方は仕事が休みだったり、午後有休を使ったりしたのでしょうか?

18時スタートだったので、私は家に帰るのに間に合わず、帰りの電車の中でスマホで見始めてました。

そして偶然にもラッキーな事に、この日甥っ子が熱を出して、家で面倒を見てたんですよね。

という事で、私が家に帰った時には両親は甥っ子を送りに行って外出中。

私1人だったので、晩御飯の支度をしながら1人で観覧できたのが良かったですね。

今回、アーカイブ入れても平日ばっかりなので、時間を見つけては途切れ途切れで見よう、と思っていたのですが、意外とリアルタイムでほとんど見る事ができました♪

良くない事だけど、いっそ熱を出した甥っ子に感謝です。

 

さて、曲の方はオーケストラだから、選曲はゆったりしたものに限られるだろうな、と思って、概ね想像通りでしたが、「バリア」は意外で嬉しかったです(≧▽≦)

何よりもプラさんの楽曲の中で1番好きな奴!!

しかし、Symphonic Concert自体は2回目ですが、私にとっては初めて見るもの。

オーケストラがつくだけで、印象がガラッと変わる曲があるな~、と思いました。

上記の「バリア」も元のは胸に刺さる感じなのに、オーケストラバージョンはサスペンスの事件感ありましたし。

「ガーベラ」はジブリ感あるし。

「まひるの月」は元は絶望感ある歌だと私は思っていたのですが、むしろ希望がある曲のように感じられました。

あと、「雨ニ唄エバ」のクライマックス感が凄い。

 

曲以外の感想としては、アキラ氏と正氏の位置がいつもと逆だった事がまず目につきました。

そしてコロナ対策でしょうが、ケンケンのバリケード感が凄い。

正氏のハッピーバースデーも凄いほっこりしたし、何か変な感想ですが、有村氏もオーケストラをバックに歌うってなかなか無い経験だろうし、絶対気持ちいいだろうな~、と思ったりしてました。

 

全体的にあまり見る事の無い光景&聴く事の無い音楽だったので、この度は本当に見る事ができて良かったです。

これに関してだけは、コロナに感謝しなければならない部分かもしれませんね。

というか、コロナ禍でも頑張って音楽を提供してくれてるプラさんに感謝すべき所、ですね。

 

最後にセットリストを残しておきます。

・眠れる森
・リプレイ
・蒼い鳥
・ガーベラ
・まひるの月
・ツメタイヒカリ
・アンドロメタモルフォーゼ
中休み
・幻燈機械
・メルト
・春咲センチメンタル
・真っ赤な糸
・バリア
・雪蛍
・雨ニ唄エバ
En
・スピカ

今日は恒例の、矯正歯科に行ってきました。

前回、先生的にはブラケットを外しても良いけど、私が舌の癖が心配だから、と言って外すのを先延ばしにしてもらう、という話がありました。

あの後色々考えてて、というのも、先生がその時、「プレート除去手術の時にブラケットが付いたままの人もいれば、外した状態で手術する人もいる」と言っていたのです。

どっちが良いのだろうか、と考えたら、私の中では圧倒的に「ブラケット無い状態で手術する」方が良いと思いました。

術後、純粋に歯磨きがその方が楽、というのもありますし、前回も術後、他の人と比べて酷い頭痛に悩まされていたので、少しでも体の負担になる物は無い方が良いと思ったからです。

ちなみに、私が他の人よりも具合が悪かったのは、生理前だったから、というのも関係していたのではないかと思いますが…。

ネットで人様のブログを読んだ所、ある人は手術する先生に聞いたら「ブラケット無い方が手術は楽」と聞いたのもあって、それで外してからプレート除去手術した、と書いていまして。

そういうメリットもあるなら、やっぱり外した方が、と思った訳です。

でも、本当の1番の理由は、ブラケットを外す事自体の恐怖が関係してるかもしれません。

誰もそんな事は書いていないし、先生も今の所一言も言ってませんが、私が矯正を始めた頃からずっと恐れている事は、ブラケット、というかバンド装置を外す時に、歯が抜けてしまわないか、という事なんです。

せっかく綺麗に並び、噛めるようになった歯が矯正終了(する訳では無いですが)と共に抜ける。

悪夢以外の何物でもありません。

そう考えたら、手術をしたら顎に何かしらダメージを受けそうで、その後にバンド装置を外したらより歯がどうにかなるリスクが高くなるんじゃないだろうか、と思った訳です。

いや、実際にはきっとそんな事無いと思いますよ!

あるんだったら、きっと先生が言ってくれると思いますし…。

私の被害妄想ですが、それだけでも十分、先にブラケットを外した方が良い、と選択する理由になる訳です、私にとっては。

 

という事で、手術前にブラケットを外して欲しい、という旨を告げた所、まぁ先生としては最初から年明けを予定してた訳なので、来月にリテーナーの為の型を取り、再来月、つまり来年にブラケットを外す、という流れになりました!

自分から言い出したくせに、あまりにも話がするすると進んでしまったので、もはやビビっている私ですが;;

何よりも、舌の癖を2か月で完全に治さなければなりません。

というか、実は先月矯正歯科に行った時と比べても、大分改善されてきたと自分では思っているのですが…。

困るのは、誰も「OK」サインを出してくれないという事。

ただ、ふと気付いた時に舌の位置を確認したら、かなり高い確率で上顎に貼り付いているので、きっとできるようになってきているんだと信じようと思います。

最近、実は矯正歯科で貰った舌のトレーニングは全然してなくて、自己流でやってるだけなのですが…それでも効果があれば良いかな、と思います。

 

書き忘れていたので、追記。

ゴムかけですが、場所は変更なしですが、今まで2本がけだった所を1本にする事になりました。

3か所かけていたので、ゴムは6本から3本に変更という事に。

大分楽になりました♪

今日もちゃんとリアルタイムで見れました~、Peep Plastic Partition ♯3 サナトリウム。

と言いながら、若干のハプニングと言うか、つまりは急な腹痛に見舞われて、一時トイレに駆け込んだ瞬間もありましたが、そこが配信の良い所。

アーカイブでまた見れちゃいますもんね!

リアルなライブだったらできない事なので、これは本当に配信の良い部分だな~、と思います。

 

前回、皆さんのコメント見ながらライブ見る楽しさに目覚めたので、今回も同じようにしようとしたのですが…。

前もそうだったのか、今回私のパソコンの具合が悪かったのか分かりませんが、皆さんのコメントが出る度に画面がカクカクする;;

ちょっとうっとうしい感じだったので、残念ですが今回は普通に見てました。

そして前回同様、今回もお客さんが入っていて、今回は結構メンバーさんが会場のお客さんに声をかけていましたね。

という事は、非公式じゃなくて普通にお客さんが入るライブっていう事なんでしょうか?

改めて公式サイトを見てみたのですが、そのような記述は無かったので…思い当たる節があるとしたら、ファンクラブ限定っていう事ですかね?

私はファンクラブ入ってないので、そういう事なら納得です。

会場も拍手があってアットホームな感じで、何だかほっこりしました♪

 

というか、今回も凄く良かったですね!

前回も「神セトリ」とか言ってましたが、今回も神では?!と思いました!

個人的には「バルーン」を久しぶりに聴いて、「あ、そうだ、私この歌好きだったのにすっかり忘れてた…久しぶりに聴いたな」とか感慨にふけっていたら、続く「瞳孔」で心臓止められるかと思いました。(なお、その直後にトイレに駆け込んだため、リアルタイムでは「睡眠薬」を聞き逃したという…orz)

個人的な理由で「瞳孔」には思い入れがあるので、何と言うか…うん、アーカイブヘビロテですよね、この部分。

 

そして、今回有村氏の声のコンディション、凄く良くなかったですか?!

失礼ながら、ライブで聴く有村氏の歌声って、結構高い確率で1、2曲目くらいまではイマイチだと思ってます;;(個人の意見です)

まだ声出し慣れてない、みたいな、本調子じゃない感がいつもあって…。

でも今回は、1曲目の歌いだしからもはや絶好調!という感じがしました!

そしてそれは最後まで続いていたので、聴いていて何だか本当に気持ち良かったです♪

 

あと、正氏が今までPPPのセットリストは曲が被ってない、という話をしていましたが。

前回「全曲ライブをやる→無理」という話をしていた時に、私は「いや、1回で全曲やらなくて良いから、配信ライブで全曲コンプリートしてよ」と思っていたんです。

というか、きっと前回の話の時に多くのファンの人が同じ事を思ったんじゃないかと、個人的には思っていたのです…。

今回の正氏の口ぶりからすると、そういう事は考えてなかったのでしょうか?

今まで曲が被らなかったのはただの偶然?

何にしても、本当に配信で全曲コンプリートは、是非目指してもらいたい所だな、と配信全通を目指してる私としては思ったりします。

 

最後にセットリストを載せておきます。

♯3だけじゃなくて、こうなったらPPP全部、iTunesの各プレイリストに保存しておく勢いですね。

 

・理科室

・エレジー

MC「やぁやぁ。2009年のサナトリウムを中心にした曲達です」

・バルーン

・瞳孔

・睡眠薬

・無人駅

MC 正「チャットが見れる新システム」

・落花

・嬉々

・空白の日

・サナトリウム(サナトリウムの魔方陣で何か召喚されるのかと思った…)

En ケ「地味にアッパーな曲が多かった」明「殺しますよ」

・散リユク僕ラ

・アイラヴュー・ソー

MC 有「何度でもアーカイブ見てください。11/17シンフォニックコンサートやります」

・プラネタリウム

・藍より青く