寝ていても

テーマ:
団扇の動く

氷枕と団扇の空冷で、表面の温度は一旦下がってもすぐにまた上がってしまう。
できることは団扇を動かすことくらい。

それでも寝付いてくれたから、ありがたいけど。
瞼を閉じて団扇を動かす。
そうこうする内に空が白みはじめる、初夏の朝。

9時になったら休日診療に行こうかな。
三連休は、熱との戦いで終わりを告げそう。

連休最終日は気持ちよく晴れて、行楽日和でも動けない時もある。そう思って、隙間に書類に目を通そうか。
明日からの長い一週間の始まりにむけて。
まずは月火を乗りきろう。そのためにも早く元気になってもらわなくちゃ。
AD
こどもの日の夜半過ぎ、高熱にうなされるヘムさん。
夕飯も食べずに寝たのは具合が悪かったからだろうけれど、発表会の疲れが出たのかな。熱は心配だけど、人並みに緊張する感覚が有ったことになんとなく心なごむ。


今朝起きるとケロリとしながら、妖怪ウォッチなど見ているけど、熱は8度5分と高め。
朝ごはんを食べたのち、病院へ連れていく。

胸の音は異常なし、触診して、抗生物質と解熱剤。

お昼は薬を飲む前に、ご所望のホットドッグ。
米粉パンがもちもちし過ぎていて、個人的にはイマイチ、ホットドッグには合わない感じ。
キャベツ炒めを一緒に挟んだら、ヘムさんはソーセージだけが良かったとブーブー言ってるけど、野菜も食べなさい。

整骨院帰りの旦那さんと一緒に昼寝を促し、夕飯のお買い物へ。けど、たぶん寝ないなこりゃ。

夕飯に柔らかく煮込んだうどんをたぐりながら、大人が酢飯にマグロのお刺身食べてるのを見て、「いいなぁ」と。早く元気になって、一緒にお寿司でも食べに行こうよ。
お笑い番組見続けて、結局10時半過ぎまでテレビ見ちゃったね。ある意味タフだよね。
AD

子の心、親知らず

テーマ:
とある平日のこと、やんごとなき事情により、旦那さんお一人でお出掛けのこと。

ついては、あたくし仕事を切り上げまして、ヘムっちのお迎えに行ったとです。

習い事からの帰り道、駆け出す君は元気良くてよろしい。



こんな機会だからと、二人で外食も考えましたが、これもやんごとなき事情により断念。
正直なところ、おこづかいがありませんねん(^_^;)。

そんなわけで、帰宅後、洗い物してご飯を炊いた後、お洗濯の間に小僧をお風呂にいれて、洗濯干して冷蔵庫の残り物でお夕飯。

「洗濯物を干してる間、テレビでも見ていてね」ったら、割りにきっちり正座なんぞしてたもんで思わずパチリと。
背景については本当に国家機密以上のトップシークレットなので、心の目やら第7感から、ありとあらゆるものを閉じてください!



まぜご飯をラップでくるんで、梅干しいれておにぎりにしてパクつくヘムと、差し向かいでのお食事しながら、お話。
って普段からヘムさんの隣に旦那さん、その正面にワタクシと言うのが、我が家の食卓なもんで、いつも差し向かいなんですが。

食卓の話題で、旅のことなどをお話しておりまして、思い出に残っているのは、やはり熱海の海のことのようです。
なんと言っても、「熱海以外に海あるの!?」と、驚いていた鎖国ボーイなもんですから(笑)。

そのついでに、昨年出かけた「山梨の旅とかは覚えてないの?」と尋ねたところ、最初は思い付かなかったようですが、フルーツというヒントを出したら、「さくらんぼ狩り!」の答えにたどり着きましたね。

さらに、「フルーツのすべり台があるところでしょう」との意外なお言葉。
マニアックなところ、覚えてるなぁと感心しちゃいました。



昨年の山梨ツアーは基本、さくらんぼ狩りがメインでございました。
あとは宿で温泉に入るくらいで、場つなぎにご案内した公園のことを、子どもはしっかり記憶に留めているんですね。

そんなわけで、古い記憶の引き出しを少し開けてみることにしましょうか。
AD
本日は、お久しぶりの東横線に乗車。
新丸子で絶品タレカツ丼でお腹を満たした我が家、次に下車したのはこちらです。



つなしまえき~♪
(のぶ代さん調にご発声ください)

いやぁ、何年ぶりだろう。学生時代からの親友、ゴワス君が就職して住んだ町。
彼の家に何度も泊めてもらいましたね。車で出掛けて深夜に泊まって、早朝から伊豆方面に繰り出したり、ゴワス君の車に乗せてもらって、三浦の岩場に海水浴に行ったり…懐かしい思い出の駅。

彼が郷里の九州に帰ってからは立ち寄ることもなく、兼ねて足を運びたかった東京園も昨年クローズのニュースを聞き、一度は訪ねたかったなぁと悔しい思いをいたしました。

そんな町に、初めて家族での訪問です。
駅前の目抜通りから、山に向かって駆けていくヘムの字。



昼寝したからパワー満点だな(^o^;)。

ちなみに途中には、とあるブログの愛読者にはお馴染みの、こんな素敵お店もあったりして…あの頃もあったんでしょうね。思えば、綱島でゆっくり食事をした思い出はなく。



さてさて、走るヘムさん、腰が痛い旦那さん、どちらに寄り添うか、狭間で揺れ動くワタクシですが、まずはヘムの安全確保ってことで、走って山をかけ登ります。

たどり着いた先には、小高いお山をまるまる使った地域のオアシスがございますよ。



つなしまこうえん~♪

テニスコートやらプールやらがあるなかで、一度訪ねてみたかったのがこちらの建物。



その名も、こどもログハウス"モッキー"

近づく前から、こどもたちが元気にはしゃぐ声や、屋外スペースで遊び回る様子が見て取れます。

下駄箱も親子の靴でいっぱい。
受付で、区外利用の幼稚園児と、受付を済ませて。まあ、区外どころか県外なんですけどね(^_^;。

あとは、ヘムさん、自由に遊んでいいよ~♪親の血を引いて、運動音痴ながらも公園や体を動かす遊びが大好きなヘムさん、このログハウスもいつか連れてきてあげたいな~と思っていたのです。



入り口を入ると、木づくりの屋内は三層構造。二階に登るネットのぼりは、足立区のギャラクシティで鍛えたからか、案外すいすい。

ネット階段という名の網を潜って降りるときには、下からの子どもに譲り、2回目下から上がるときには、降りてきたお兄ちゃんに踏んづけられ…と、つい譲りがちなのは優しさの裏返しなんですかね。



そんな気弱さはあたしに似なくても良いのにね。

二階からはループ式の滑り台でも降りられるんですが、ここでいつもの怖い病。
でも、回りのお兄ちゃん、お姉ちゃんに「こわくないよ」と促されてすべってましたね。
最初は途中で足でも引っ掛かったのか、カーブをお尻じゃなくて転がりながら落っこちて来たので、焦りましたが(笑)。
ま、それも経験よね~。

さらに、子どもサイズのはしごをおりた先には地下迷路。これ、本当に大人の目が届かず、どうなってるかはわかんないんですが、楽しかったみたいですよ。



だって、出てきたとき満面の笑顔でしたもの(*^o^)/\(^-^*)。

また、これも子どもしか入れない、小さなはしごを上った先には三層目の見晴台があって、景色が気持ちよかったそうな。

そして、外から見えたウッドデッキには、子ども大好きターザンロープ。これも楽しんでましたねぇ。



一人で乗っかって、降りるまでできるかなーと思ったら、これもなんとかクリア。
いいねぇ、できること段々増やしていこうね。

そして、デッキ上では、子どもたちが昔ながらの遊び道具で、楽しそうに。なわとび、けん玉…、フラフープはまだ回せないけど、なんだか楽しそうなのは伝わりますねぇ。



思わずほっこりしてしまいました(*´ω`*)

遅いごはんを食べてからの到着、かつ日が暮れる前に梅も見たいってことで、一時間ちょっとの滞在でしたが、とっても楽しかったのはその表情からうかがえます。

おまけに、「今度は外のすべり台行くよ!」ですからね。

そして、今にして思えば、このすべり台がなければ、素敵な出来事にも巡り合わなかったのですから、世の中の不思議を感じるところです。


あわよくば、じいじと…なんて親の思惑は置いといて、ご当人、親の期待値以上に綱島を堪能したみたいです。
企みは胸のうちに秘めて、また今度のお楽しみにいたしましょう。

さ、次の駅に向かうわよ~\(^o^)/
キラキラ橘通商店街を、時にかけっこしながら、時にだるまさんがころんだしながら通り抜けて、今日の目的地は京島南公園。

こちらは、スカイツリー並の大きなすべり台があるんですねー。


すべり台恐怖症のヘムさん。きっと上まで上がって「怖い~」って固まると思ってましたら、スカイツリーを背景に案外スーっと降りてきてビックリ。



スカイツリーすべり台以外にも、うんていで繋がれた二連のジャングルジムや、六つ並んだブランコもあり、遊具が充実、子どもの楽園的なお出かけスポットです。






ひとしきり遊具を楽しんだあとは、ヘムさん大好き鬼ごっこ。捕まりそうになったら、面白いことを言って笑えば捕まらないっていう、ヘムルールを追加…親子で駆け回っては、高いところに上ったり、バカ笑いしあったり、妙な二人に見えたかな?

で、おいかけっこの最中、すべり台の上に登ったんですが、これが結構高所恐怖症的には怖いんです(^_^;。


ね、結構な斜度でしょ?
最後はすべり台からちょっと離れたところにゴールを作り、滑り降りる親父と、同時にスタートを切ったヘムさんのどちらが早くゴールインするか競争。

これもチョイと盛り上がりましたね。
もう一回、もう一回、と何回も滑らされました(笑)。

子どもは遊びの天才と言いますが、ふとした楽しみを見つけて、お腹の底から笑える才能、どうして忘れちゃうんでしょうね。
また思い出してみたいな…と、感じた京島の昼下がり。

さ、最後は散歩ついでにもう少し足を伸ばして帰るよ♪

祝五周年♪

テーマ:
あれは2011年のこと。
早くも五年ですね。



炭火焼鳥 中村屋さん、昨日で開店五周年を迎えられました。

ええ、ええ、大繁盛を尻目に目の前を横切って、まっすぐおうちに帰らせていただきました(T△T)。

美味しい焼き鳥丼、またランチに食べに参ります~。



もうひとつ、五周年がおりまして…ところが、イベント前のお約束ですかね、お熱が出ましてね。
おうちに着きましたらこんな感じでした。
39度を記録と、心配になりますよね。



あぁ、元気だったら、今夜はお祝いに大好きなお寿司の予定でしたのに…。
また治ったら、新幹線を呼びに行こう!

え、あんたが楽しみにしてるだけだろうって?…いやだなぁ、みんな大好きでしょ、あたしもその例に漏れないだけですよぅ(((^ー^;)。

そんな今日に限って滅多にない、飲みのお声がけが2本も…ま、飲めませんがね( ̄▽ ̄;)。
というか事情は置いても、この日に家族抜きで飲むつもりにはなりませんのよ。あしからず。

さ、おうちに帰ってお鍋食べようっと。
週末雪予報の外れてよろしゅうございました。
出不精の家の人のこと、この予報を見た瞬間、週末は引きこもり決定と相成りました。

かたや、おでかけの虫を飼っているワタクシ、土曜は朝の火事の後始末やら、ヘムとバトルやらでお付き合いしましたが、昨日の青空を見ちゃあ、我慢もならねえ…てんで、ヘムさんと二人でおでかけです。

目指すは曳舟。「どうして、曳舟は京成って付いてるの?」なんて素朴な疑問に答えつつ、人気のない駅の通路でだるまさんがころんだ。



振り替えるだけでケタケタ笑ってくれる、この感性。いつまで笑ってくれるのかなぁ…なんて思いながら、心がホッコリするのを感じます。

で、明治通りを歩くことしばし。
目指したのは、こちら。


キラキラ橘通商店街です。

土曜の方が開いているお店が多いかなぁ。時間が早いこともあって、もつ焼きのきくのやさんもまだ開いておらず。
マルエツの建物も取り壊されて、一抹の寂しさを感じましたね。

そんな人事は我関せず、ネコちゃんが二人、八百屋の脇でのんびりと毛繕い。
人は人として、自分は自分と生きていきたい今日この頃です。

それにしても大きいな…この日お会いした先生方は皆さん大型でしたね。京島あたりもネコ町なのかな。



テレビに出てたたこ焼き屋さんや、名物のコッペパン屋さんは元気にやっておりましたが、それにしても人出が少ないこと。



店番されてた強面の紙屋のおじさんが、ヘムに「こんにちは」って声をかけてくれたのは、やっぱり下町ですねぇ。温かい。

さ、ちょこっとだけど町歩きも楽しめたんで、お父さん、ヘムさんの遊びに付き合わせていただきますよ♪
ごはんを食べると眠くなりませんか?

週末は、お昼ごはんを食べると、短時間のお昼寝したくなっちゃいます。それはせいぜいが小一時間なのでよいかな~と思うのですが、夜がね。

平日、休日を問わず、お腹がいっぱいになるとおやすみモードにスィッチオン。
歯みがきもしないで眠くなっちゃうことがあります。なので、お風呂は基本家に帰って来てからすぐに入ることにしています。

それもおじい故に、朝が早いからだと思うのですが、大体5時前くらいに目が覚めて、家事の下準備をしています。
朝から活動しているから、夜電池切れするのか、夜早く寝ちゃうから朝寝ていられないのか、ニワトリとタマゴの関係はわからないですけどね。

問題なのが、我が家の宵っ張りのお子さまよりも、あたしが先に寝てしまうということでして。
夕べもごはんを下げて、スィッチが入ってきたので、お布団に潜り込み。
ヘムさんが「さんすう教えて」というので、お布団にもっておいでとお願いして、並んで難問かやっているうちにお布団も温かくなってきて、眠りの世界へ。
「聞いてるの」「起きて」と何回か引き戻されましたが(^_^;。

そんなわけで、今朝も四時起き。
うーん、夜起きていられるように二度寝というか、微睡むか。それとも、夜の分活動しようかしら…って、ブログ書いてる時点で二度寝の線は消えてますけどね。

さて、今日は二人とも何時に目が覚めるのかなぁ…それを待つのも週末の楽しみのひとつなんです。
今日は晴れて少し暖かくなるみたいですから、楽しい日曜をお過ごしくださいね。
できれば、どこかおでかけしたいなぁ…。

初日の出に祈るのは

テーマ:
テレビで初日の出の番組見てたら、二人揃って手を合わせて、「仕事で失敗しませんように」、「夜仕事にうなされませんように」ですって(ー_ー;)。

ワシャ、どんだけ追い詰められとるんじゃ(T△T)。

ま、そう言いながらケタケタと屈託無く笑う二人の笑顔に救われてるんですけどね。

耳を疑う一言に

テーマ:
今週末は最強寒波が来訪、土曜は雪もちらつくけど、日曜はピーカンの予報。
天気予報はドンピシャ、濃い冬色の青空も眩しく晴れましたね…日差し暖かいです、家の中の窓際は。

表に出たら空気の冷たさに驚きましたわ。
それでも出掛けたいのが心情。
家族で大きなすべり台のある公園へ。



ヘムさん、すべり台が苦手でして、特にこいつは難敵。
一緒に手を繋いで、階段代わりに埋め込まれた石に足をかけて上り、手を握って一緒に滑っておりました。

かじかむ掌、お尻も冷えた何度目の滑走前でしょうか、ふと「パパのことも、最近、好きになってきたみたい」ですと。

それは、苦手なすべり台に付き合っているご褒美ですか?それとも、年明けてからのノンアル生活で、このところまっすぐ、おうちに帰ってるからかい?
でも、家に帰るといつもテレビに夢中で、邪魔物扱いされてますが…。

それでも嬉しく感じるのですねぇ(T_T)。
本格的に嫌われるのはいつ頃なのか、ドキドキしつつ今は遊び相手を一所懸命務めましょ。

そんなわけで、帰りはコンビニで買った肉まんを3人でパクつきながら帰りましたとさ。うん、よい週末だった♪