綱島まだ堪能 そろそろ夕暮れ時も近いから、目的地に着くころには暗くなっちゃうよと、なんとか説得して綱島ログハウスをあとにしたはずの丁稚家一行。

ところが、そんな大人の事情はどこ吹く風。

ヘムさん、

途中のブランコとすべり台をやってからと、駆けて行ってしまいます。体を動かすのは好きみたいなんですよね…まったく運動能力と運動神経がそれに比例していませんが。ま、それは血筋ということで(^-^;。


そんなわけで、思い切り押してやりましたわい。

このブランコも、幼児用複合遊具のすぺり台も堪能して、かつ最後は鉄棒にもぶら下がって、楽しい綱島のひと時に別れを告げましょう。



次の駅は 綱島の駅まで、元来た急坂を駆け下りて、電車で一駅。

鶴見川を越えると今日の目的地に到着です。

そう、長い道のりでしたが、もともと今日はこちら、大倉山駅に用事があったとですよ。


駅前から、また坂道ということで、足の悪い旦那さんはグロッキー気味ですが、そこをなんとかと応援しながら坂道を上ります。



目的地到着


坂道を上りきった先にあるのが、こちら大倉山公園。

大倉山記念館を中心とした一山丸々が公園になっておりまして、地域の憩いの場になっているようですね。思えば綱島公園もそうですが、このあたり大きい公園が多いなあ。

こちら、中核施設である大倉山記念館ではこの日も展示会がやっておったのですが、あたくしのこと、そういうのに来たわけではないのでがす。


目的地はもう少し先なのね~。ということで、ゆっくり上って来られる二人を待ちながら、記念碑的な入口のモニュメントやら咲き始めたお花をパチリパチリとやっておりました。
するてぇと、「でっちさん?」…と聞き覚えのある声が。

そちらに目を向けますと、なんとなんとご無沙汰仕切りの王子の狐さんではないですか~。


神奈川県民の狐さん、この日はあたしと同じものを目的にこちらにお越しとのことですが、「葛飾からわざわざ」とねぎらってもらっちゃいました。

遅れてきたヘムちゃんもテンションあがって、狐さんの周りをぐるぐる回っていましたなあ。



大倉山の奇跡 なんせ八広の羽ちゃんで、バイキンマンのおじさんとしてしっかり可愛がってもらいましたから。このところ、あたしが遠出できていないためお会いする機会に恵まれておりませんでしたが、また是非ご一緒させていただきたいと思っております。


後日、狐さんのブログで拝見しましたが、道を間違えたり、時間調整をしたりでこの時間に公園入口に来たのは本当に偶然。我が家も先ほどのヘムのブランコ遊びがなければ、早々にこちらを上って目的地に向かっていたでしょうから、両家のたまたまが重なった結果の出会いでしたねぇ。

こういう奇跡的なことが起こるから、お出かけは楽しいですね。


さて、坂道を下る狐さんにバイバイして、我が家も暮れる前に目的地を目指しましょう♪

王子の狐さん、この日もありがとうございました。またご一献、お付き合いをお願いします(^0^)。



AD

忘れたくない重たさ

テーマ:
おはようございます。

前略お布団の中より、でございます。
只今、スマホを支える左手にヘムが体重をかけ、左肩に顔が乗り、左ほほに頭の熱を感じながら、この記事を打っています。

重くて腕がしびれそうですが、なんとも心地よい温かさ。先程まじまじと近くで小鳥顔を見ましたが、この重みを味わえるのも今のうちと、こっそり嬉しく思っています。


あ、ヘムさん、今週の身体測定で4ヶ月かけて15㎏の壁を乗り越えたそうで、その日は帰ったら、旦那さんに「(身体測定の記録を)見せてあげて」と、人伝で見せてくれましたなぁ。

故にか、急に冷え込んだ一昨日から腰痛が(^_^;。そろそろ抱っこも卒業…はしないんでしょうね。細腕でいつまで持てるかなぁ…。


あ、持ちきれなくてスマホ落として、寝ている頭にぶつけてもうた(゜ロ゜;。
AD
我が子はニヒルである。

昔から悪い笑いが得意である。

高熱が続いたあとの、続く症状は口内炎。
塩辛いものはしみると泣いているわりに、我が家流の雑煮の餅にはパクついている。また、柔らかいものをと旦那さんが煮てくれた蕪よりも、その汁をかけたご飯をサラサラ食べている。
その涙の最中、「パパにうつしたでしょ」と尋ねたら、ニヤリ(  ̄▽ ̄)。

んー、ニヒル。

たくさん食べて抵抗力つけて、早く治ってね。
AD

ヘム太、大地に立つ

テーマ:
昨日も暖かかったですねぇ。職場の非常階段に出たときにポカポカ感に驚きました…逆に何であんなに冷え込んでるんだ、わが社内。景気の影響か( ̄▽ ̄;)?

そんな春の暖かさに、お世話になった近所の桜並木もさよならの時を迎えました。



今年も毎朝毎晩目を楽しませてくれて、ありがとうございました。

そんなはなの散り際に、二つの足で大地にしっかりと立つ影がひとつ。



ヘム太くん、幼稚園の入園式を迎えました。
桜もハラハラと花びらが舞っていましたが、散り際の花弁の薄桃色が鮮やかで、空の青とあいまって、なんとも絵になる景色でございました。




一家揃ってバカやってますが…バカは一人だけともいいますけどね(^_^;…、式自体は先生のお話を聞くのが中心で何事もなく。そのあとの写真撮影で早速泣いてましたが、昨日はバスから「楽しかった~」と言いながら降りて来たそうです。
早くお友だちをつくって、新しい世界を広げて、いろいろ思い出をつくってほしいものです。
しっかりと自分の足で歩いて行けるように…なんて、自立していないワタクシが言えた義理ではありませんけどね。

がんばれ、ヘムちゃん♪

お片付け中 冬本番、日本列島寒気の真っただ中ということで、今日はさすがに悲鳴を上げるほどお寒うございましたね。日差しはあったんですけど、正面から風を浴びると本当に芯から凍りそうになるくらい。冬の寒さってこんなに厳しかったんでしたっけ、やっぱ今年は暖冬だったのかなぁ。


さてさて、そんな二月初頭のある日。

おうちに帰りますと、こんな物体が、なにやらゴソゴソと色鉛筆をまとめております。ヘムちゃんに「ただいま」と声をかけると、「今、お片付け中だから、待って」と。ヘイヘイ、お片付け優先ですもんね。



本日の主役 ちょいとこの日はとある事情で、会社からベルサッサで帰ってまいりましたのよ。

その事情とは、帽子でわかるかな、HAP…BIRT…そう、ヘムの字のお誕生日だったのであります。3歳おめオムレツ





画像が小さくて分かりづらいですが、旦那さんお手製のオムレツの上には、「3さいおめでとう」のケチャップサイン。

さっそくスプーンでぶった切ろうとしている主役がおりますが、「撮影を待って~」と必死に押しとどめております。


そんなわけで、3年前にちびっこく生まれたヘム太くんも、いつの間にやらベラベラしゃべりまくるお子様に成長されました。

ま、生まれた時から髪の毛とまつ毛は多かったわね。

早生まれということもあって、同じ学年の中では、あいかわらずチビッ子はチビッ子ですが、それでも最近はよく食べるようになって、体重も増加傾向。

なにせ前は自分から、こんな風に食べようてぇ素振りを見せることはなかったですから(^-^;



本日の三品 でもって、お誕生日のお楽しみったら、やっぱりこいつですよねぇ。

お誕生日ケーキ。今年は不二屋さんですかぁ…なに食べようかなぁって、大人が主役よりも目を輝かせているという事実。


だって、公的にケーキ食べるなんて、我が家の場合お誕生日3回+クリスマス位なんですもの。

ちなみにお誕生日だからとホールは買いません、途中で飽きるので。で、いろろいついばみたい派の我が家としては、思い思いのケーキを買うというのがセオリーとなっております。



モンブランはいずこの手へ ところが、好みはかちあうものでしてね。

主役のヘムの字はそうそうに不二屋の代名詞、ショートケーキを指名されたんですが、父母の第1回ドラフト指名が、モンブランで勝ちあうという事態。


当然、弱肉強食の我が家的には、子どもそっちのけで引っ張り合いになりまして…で、まあ、あたしが負けますよね、そりゃ(T-T)。

いいの、あとで一口はゲットしたから…我慢するもの(;-;)。チョコ系は重いから、そんなに好きじゃないのよ、これが。
ショートケーキ頂戴 で、最終的には、ヘムの字のショートケーキにも親の毒牙が(苦笑)。

こうやって社会の厳しさと、食べたいものは自分で確保するという、生存能力を高めるのが狙いです。決して、子どものケーキが美味しそうだから狙ってるとかじゃないですよ、あくまでヘムちゃんの訓練よ、訓練(^-^;)


不二屋の生クリームは、結構軽い感じで甘めのスポンジとよくあって美味しかったなぁ。

最終的にはワタクシに回ってきたチョコケーキも、ベリー系のムースの酸味がほろ苦いチョコクリームに包まれて、大変よいものでした。



そんなわけで、我が家の年中行事も無事終了。

ヘムちゃんの3歳が良い1年になりますように…そして元気で、ますますできることが増えますように。



一般の方のクリスマスってぇと、24日のイブなんですよね。

イブにケーキを食べて、靴下しこんでプレゼントをいただくと、そんな段取りですよね。

で、我が家の場合ですが、イブはそのままスルー…なぜってあちこち混んでるから(笑)…

だけでなくて、クリスマスって結婚記念日なんですよね。


旦那さんと初めてデートしたのが、クリスマスの日…いまだに、クリスマスに浅草で猿回し見て、

おでんともつ焼き食べたって言われますが(^-^;…そのとおりですから言い返せませんけどね。

だってー、ハンペン好きだっていうから、当時僕の知る最高のハンペンを食べに、四ツ木の

善ちゃんに一緒に行ったのよね~。

そんな淡い思い出の日々から一年後、葛飾区役所に婚姻届を出して、宇ち多゛に行ったの

が七年前のこの日でした。


2013年は三幸 そんな昔話をほろ苦く思い出したりしながら、今年も例年通り、ビーフシチューを食べに行きましたよ。

あたしがビーフシチュー好きってこと、そして最近の烏龍生活に入る前は毎度出かけるのは酒場ばかり、なので年に一度くらいは洋食でも食べに行きましょということで、毎年クリスマスの日はどこか洋食屋さんでビーフシチューをいただく日になっているのです。


この日は北千住の三幸さんで、いただきましたビーフシチュウセット。ほろ苦系のドミソースが旨かったなぁ…。


さて、長い前説でしたが、北千住で夕飯を食べて、三人でおうちに帰ってきてからが本日のお話でございます。



三連星 クリスマスってことでね、今年もご用意いただきました、地元カンパニュラのケーキ。

今日のケーキはヘムちゃんが選んでくれたそうですよ。


フランボワーズとビターチョコレートのケーキ、キャラメル系のチョコケーキ、そして定番ショートケーキッスね。

手前からヘムちゃん、あたし、旦那さんの順番だそうですよ。

あたしの配当 メリークリスマスの飾りが付いているのがあたしでいいのかしら…なんてことは気にもせずに、あたしの配当ですからね、いただきまーす♪


お、軽やかでいてこくのあるチョコレートクリームがいいッスねぇ。ふんわりしたスポンジもまた美味美味。

ショートケーキが顕著なんですけど、こちらのケーキはスポンジが雲のようで本当に美味しい。そしてクリームがしつこくないのが特徴なんです。

いやぁ美味しいわ~。
魔の手
 なんてやってましたら、手が伸びてきましたよ、ショートケーキの代名詞とも言うべきイチゴちゃんに。

 ヘムちゃん、エビ好きであるとともにイチゴ好きでもあるのですよ。で、自分のフランボワーズを確保しつつ、旦那さんのイチゴもせしめようという魂胆(笑)。


 ま、これって我が家の習慣が原因なんでしょうけど、うちケーキってホールで買わないんです。

 一人ひとり好きなのを頼んで、それを一口ずつシェアして食べるんですね。そんなのを見て育ったからか…って、誕生日とクリスマスくらいしかケーキ食べないんだけどね…、そんなわけで人のものは俺のものって感覚が身に着いちゃったのかなぁ?



ご満悦 ま、とにもかくにも、奪ったイチゴを一口かじって、自分のフランボワーズに移植してご満悦のヘムちゃん。いやぁ、いい笑顔だ(笑)。

その脇で旦那さんが泣きっ面なのは言うまでもありません。


後ろに目があるのかね? で、そんな習慣ですから、ワタクシもフランボワーズをいただきたかったわけですよ。ほんで後ろからそーっとフォークをつつこうと思ったら、後ろもふりかえらずにきっちり左手でブロック。


人のものは取るくせに、自分のものを分け合うって精神はまだ育っておりませんようで。「人のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」って、ジャイアニズムそのものじゃないですか。


一口だけだからちょうだいよ~。
争奪戦
でもって最後にはイチゴの恨みか、旦那さんまで参戦しまして、三者入り乱れての争奪戦。

最終的になんとか一口食べられましたけど、フランボワーズの酸味が、ビターなチョコケーキを引き立てて、かなり大人の味わい。これ、ヘムちゃんにはまだ早いんじゃないの(^-^;)


そんなこんなで、親子三人楽しいクリスマスの夜となりましたとさ。また来年も、仲良くケーキを奪いあいましょう(笑)。

変わった習性

テーマ:

都内は朝から雨模様。
丁稚飲酒帳-インベーダーインベーダー あれ、今日は比較的天気いいんじゃなかったかしら?

でも、気温低くて爽やかですねぇ。


これから寝苦しい日々がはじまると思うと気が沈みます。

さて、そんな今日はひょいと感じたプチ記事をば。

うちのヘムちゃん、相変わらずヘムッとほっぺに木の実を蓄えたリスみたいな顔してますが、実は変わった習性がございます。


夜ね、寝るときにやたらゴロゴロするんです。

インベーダーみたいにゴロンと転がってるなーと思うと、次の瞬間には裏返り。そのままゴロゴロと布団の端まで。で、また目を離して戻ってくると、あら、元の位置より先に行って、布団から落ちかけてる(^-^;
丁稚飲酒帳-らおう ある日はまるでシュプレヒコールのように、手を高々と上げて。
寝てるときは寝苦しいのかなあとか、わかるようなわからないような…「誰かさんそっくりねぇ~」……ギ、ギクッ、旦那さん、だって寝てるときはコントロールできないッスよ、寝相なんて。


で、ある日、一緒になって横になってますとね、まだ起きてる段階でゴロゴロしはじめるんですよ。もう電気消して暗い中でですよ。楽しいのかなぁ…なんて思いながら、ふっと見てみるとなんといつの間にか目をつぶって寝に入ってる。あら、寝る前の準備体操だったのかしら(苦笑)。


丁稚飲酒帳-時には怪鳥のように 昨晩なんて、ついにゴロリンが行き過ぎて、三時過ぎにあたしの体を乗り越えていきましたからね。んー、親を乗り越えていくにはまだ早いなぁ

…ということで、ふすまにぶつかる直前を無理な姿勢で手を伸ばして、頭をキャッチしましたが、当然そのまま睡眠続行。強いなぁ~。


ま、寝る子は育つ。すくすく丈夫に元気に育ってちょうだい…それだけが願いです。それにしても踊りおどってるの?功夫(笑)?→→

がんばっておうちに帰ると、タッチの差でヘムちゃんご就寝。

くー、今日もお風呂に入れられなかったかー。
最近…と言ってもまだ一週間くらいですが、少しだけ生活リズムが早まってくれたようで、お昼寝なしの時は、9時から9時半位に寝付いて、そのまま本寝に入る日が何日か続いています。

今まではあたしの22時前の帰宅時でも目がパチリ。一緒にお風呂に入るスキンシップだったんですが、ヘムちゃんには早寝生活の方が普通ですよね。
これで早起きしてくれるようになれば、週末もお出かけできるようになるかなあ?

丁稚飲酒帳-すやすや寝顔
聞けば、朝目が覚めて「9時半だね」と言うとヘムちゃん、「パパ帰ってくる時間だね」とのお返事。
いつも帰りが遅くなって、ごめんなさいm(__)m
それでも普通のお父さんよりは、大分早いんだけどね。

丁稚飲酒帳-おとのさま(笑) 遅い食事を済ませて、チェックアウトまであと30分。ってことでいそいそと荷物を詰め込みます。

…ってクマモンがビョーンとスリムになる特技に見入ってる殿様がいるぞ(笑)。


清算をすませまして、一晩お世話になりました観潮荘にお別れ、お世話になりました。


丁稚飲酒帳-この旅の目的地 そして目指すはお隣の油壺マリンパーク。

両方とも京急系列ということで、こちらに泊まると無料のチケットがいただけます。

平日の水族館は人影もまばらで、アシカの餌付けをやってますが、じっくり見られますねー。





丁稚飲酒帳-アシカショー ちなみに今回の旅、あたしが横須賀で飲みたかったためとお考えの方も多いと思いますが、ヘムちゃんが「クラゲとサメが見たい」、旦那さんが「イルカが見たい」、あたしが「電車で飲みたい(笑)」という3人の願いを満たすために設定したとですよ。


ついでに休日だと混みこみだろうからと、来月行くつもりだったアンパンマンミュージアムを前倒ししての京急2dayキップ旅と相成った次第です。横浜から1日券でも1400円、さらに二日券だと1600円っていうこのキップは使い勝手いいですねー。

丁稚飲酒帳-ペンペンちゃん 青い空にペンギンさんも気持ちよさそうですねー。

それにしても子どもって、ペンギン好きですよね、パンダもそうだけどモノトーンのカラーリングが受ける秘訣なのかしら?

いやでも、警察もモノトーンだしなあ、ちょっとぽっちゃり型の体型かな?
丁稚飲酒帳-イルカさんにご挨拶

続けて覗いたイルカさんの水槽。大きな水槽の中で泳ぐイルカちゃん、このあと、ショーでもお目にかかりましたが、あれは違う子だったのかな?

イルカ好きの旦那さん、目をキラキラさせてますねぇ。かたやヘムちゃんはそんなにイルカさんには食いつかなかったなあ。


丁稚飲酒帳-富士山マニア イルカプールから目を海の方にやると、目の前に広い海の向こうに富士山の見事な姿。いやー、伸び伸びした気分になれるなー。

写真だと小さいですが、生で見ると本当に大迫力。個人的に富士山大好きなもんで、この景色を拝めただけでこの旅よかったなと。


屋外を楽しんだ後は、ヘムちゃんご希望の屋内水槽を見にいきますよー。

入口に展示されていた化石の大きなサメの顎の骨。こりゃあ一飲みだわなー。それにしてもなんでサメ好きなんだろう?



丁稚飲酒帳-回遊水槽ゆーらゆら 入口のチョウザメさん、小さなカワハギちゃんにイカさん、ウツボさん、とりどりのお魚がたくさん。

念願のぷかぷか浮いてるクラゲさんにも会えて、ヘムちゃんご満悦…かと思いきや、水族館の常で暗いのでなんだか不安そうな表情してました。

金色のカンパチなんてのもいましたねー。


二階の回遊水槽には、アジが列をなして泳ぐ中、悠然とノコギリエイやサメがたゆたっています。

このノコギリエイ、お鼻ような突起にギザギザがついて、本当にノコギリみたい。



丁稚飲酒帳-マンボウでピース マンボウのレプリカの前でピースサインして、さて、ぼちぼちショーのはじまる時間ですよ。

イルカとアシカの新春かくし芸大会、定番イルカの大ジャンプから始まり、アシカのディスクジョッキー、すべらなーい話など等、約30分のショータイムはあっという間。


丁稚飲酒帳-イルカジャンプ! 当初途中で抜けようかと画策していたんですが、最後まで飽きずに見させていただきました。


さてさて、ヘムちゃん昨日の寝不足もあるし、本来なら城ケ島に足を伸ばして、マグロ丼&はしりの水仙を楽しもうかと思っていましたが、今日はここで切り上げるとしましょう。帰り際、パンダに乗ったりして上機嫌だったり、まだ行けるんじゃないか…なんて思ってたら、寝ちゃいましたね。


実は三浦の方にお取引があったMINEさんが、お昼休みに顔を出してくれたんですが、生憎のヘムヘム寝姿で失礼しちゃいました。お仕事中にわざわざ顔を出してくれただけでなく、貝ひもにビッグサイズの両氏のふりかけまでいただいてしまい、本当にありがとうございました。ヘムちゃんにふりかけサササで味わってもらいまーす。

二人が出てくるまで、昨日の我々とスカオフの時の翁美屋さん情報交換なんかもしながら、また近々お願いしまーすとご挨拶して、さて我々はバスで帰りましょうか。



丁稚飲酒帳-三浦のスイセンには違いない 城ヶ島までは渡れなかったけど、駅前の植え込みでスイセンを堪能して、さあ家路に着きましょう。

帰りは始発の赤いイナヅマのボックスシート、しかも青砥直行の快特電車。


丁稚飲酒帳-念願の一献
となればやるしかないでしょう、念願の電車が動いたらプシューッ!

過ぎ行ゆく車窓を眺めながらのビールがたまらんとですよね。

1時間45分の電車旅はゆるりと飲むのにちょうどいい時間。とはいえさすがに飲むのは、混みあう品川までにしておきましたけど(^^;



丁稚飲酒帳-ドキンをパクリ おうちに帰ってアンパンマンミュージアムで買ってきた、ドキンちゃんパンを撮影~って、脇からスルリと手が…あー、なぜ顔の真ん中から食べようとするかね、ヘム太くん(笑)。

これがまた練乳いちごクリームというふれこみでしたが、色味と同じく結構刺激的な味わいでしたとさ。


アンパンマンから始まって、ジャンボメンチ、イルカにサメに富士山、そしてお土産までと、楽しい二日間になりました。また電車旅に行こうね、ヘムちゃん。


※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※


…ということで長にわたりました旅日記にお付き合いいただきましてありがとうございました。

今回のシリーズ、SDカードのデータが飛んでしまい、備忘録として書き始めましたが、データ復旧ソフトで半分くらい復旧して助かりましたわん。ということで、次のネタはなんにしようかなー。

ぼちぼちとでやっていきますので、またお付き合いくださいね。


さくらんぼ事件未遂

テーマ:
スカイツリーから帰りまして、夕食の支度。今日は卵がたくさんあるもんで、オムライス、大根葉とじゃこの炒め、デザートにブドウとさくらんぼ。

さくらんぼといったって、佐藤錦はあたしの安月給じゃ手が出ませんで、アメリカンチェリー。
ヘム太くんは力持ちなので、バナナなど果物類は握りしめて潰してしまうんですが、チェリーの皮は潰せず、楽しそうにニギニギしていました。
旦那さんの背中でゴニョゴニョやってるなあと思って、ふと見ると口の回りが真っ赤っかに。握り潰せないチェリーをかじってぐちゃぐちゃにしたみたい。ご存じのように、アメリカンチェリーの色素は濃くて染み付いたらとれないぞな…って、チェリーの種はどこよヘム太ちゃん!?
口の中からもれたからよいものの、初の喉つまりをさせてしまう寸前でした。

丸千葉のやっちゃん、最近出かけると必ず子育てのお話をしてくれるんですが、「祝くん、あのね、子どもってのはね、必ず油断した時に何かやるからね。気を抜いた時が危ないよ。」そう言われたのを、まさに実感しましたね。

ありがとう、やっちゃん。

ちなみに我が家の箱入りヘム太くんです(^_^;)



Android携帯からの投稿