仲井雅光(dachshund)のブログ
  • 28Nov
    • ギャンブル依存症

      今日は午後から研修でした。とはいえ、昨今のコロナ感染拡大の中ですから、Zoomによるオンライン研修です。移動時間が掛からないから良いですね。神奈川県の研修は、司法書士会館のある横浜市内、関内駅近くの場所が多かったのですが、神奈川県全体から見ると、決して便利とは言えない。ですからオンライン研修は非常に便利。数少ないコロナ感染のメリットと言えますね。今日のテーマは「ギャンブル依存症」。最近、債務整理の仕事を始めていますが、「自己破産したいので書類作成をして欲しい」という依頼も多いです。自己破産は、ギャンブルが原因の債務については、原則、免責されません。それで、債務を負うに至った状況を説明してもらうのですが、こういう事については、ご本人も情報を全て開示するとは限りませんね。債務整理の仕事は、単に借金の対応をすれば良いという訳ではなく、ご本人の生活再建をしなければいけません。そのためには、できるだけ事実を話して欲しいのですが、なかなかそうも行かない様です。最近、相談に乗っている方も怪しいです。(笑)今日の研修は、ギャンブル依存症について、かなり深く突っ込んで解説いただきましたので、かなり理解が進みました。実践ですぐに役立ちそうです。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 27Nov
    • 夜になると眠くなる!

      当たり前ですね。(笑) 早寝早起きは健康の素かと思います。眠くなるとブログを書くのも面倒になるので、この所、ブログは朝に書いていました。ただ、今週は、朝から忙しい事が多く、夜に書く習慣に戻ってしまった様です。まあそれはともかく。今日は、比較的余裕の一日でした。10:00、14:00、16:30と約束があったのですが、それぞれ不便な所に行く必要があり、車を利用しました。前にも書きましたが、車は自宅に置いています。仕事で車を使う頻度は、さほど高くないので、事務所近くに駐車場を借りるほどでもないからです。という訳で、3つの約束の合間に、自宅に帰って来て仕事をしていました。電話も昨日程には多くなく静かな一日でした。成年後見関係でちょっと重い課題があります。高齢で認知症が進みつつある方がいらっしゃいます。足腰が弱くなって来て介護が必要な状況であり、物忘れが酷くなって来たのですが、ご本人は自宅での生活を希望。ただ、今回、自宅で転倒して大事には至らなかったのですが、頭に出血もありました。検査も兼ねて入院しています。「独居は無理だ」というのが関係者の意見ですが、さて、施設に入るという判断は誰が行うのか?基本的には、ご本人が独居を希望しているので、後見人としては、その支援をするのが筋です。今日、関係者で集まって議論したのですが、見守りなしの独居生活には、相当に危険を伴うので、施設に入る方向で検討したいという結論になりました。ご本人は独居が良いとおっしゃいますが、今回の入院生活にも、すぐに馴染んで生活しているという実態もあります。施設に入ってもらって、生活状況を見て、継続するかどうかを判断する事になろうかと思います。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 26Nov
    • 携帯電話が鳴りやまない!

      昨日は終日外出。今日も朝から外出して事務所に帰って来たのが午後2時でした。そういう時に限って、よく電話が掛かって来ます。一人事務所ですが、留守中に事務所の固定電話に掛かって来ると、携帯電話に転送される様に設定しています。NTTのボイスワープという機能です。使用量によって料金が異なりますが、平均1500円位の加算でしょうか。今日は、やたらに携帯への着信が多かったです。しかも今日は旧勤務先事務所からの決済ヘルプの仕事。あまり席を外すのもどうかと思うので、ちょっと困りましたが。(笑) それでも、早々と仕事をこなして、待っている時間が長かったので助かりましたが。私の携帯は、いまだにガラケーでスマホではないのですが、通常は3日ほど電池が持ちます。しかし通話が多いとすぐに電池がなくなります。昨日も夕方に電池がなくなりましたが、今日も夕方に放電してしまいました。明日も、ほぼ終日、外出なので、少し電池が心配です。まあ明日は、昨日、今日ほど、電話が掛かって来る事はないと思いますが。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 25Nov
    • 続債務整理

      今日も法テラスの相談会に行って来ました。月2回くらいの担当です。今までは相談だけで終わった事件が多かったのですが、この所、「相談だけでなく、事件そのものを受任して欲しい」という案件が増えています。継続相談をするには、うちの事務所に来てもらわないといけないのですが、横浜から遠く離れたうちの事務所に来てくれる人も多いです。逆にそれくらい切羽詰まっているという事かもしれません。今日は「裁判で訴えられていて、第1回期日が11/30です。」という人が来ました。答弁書を確認して欲しいというので、「毎月、どれ位弁済できますか?」なんて話をしながら作ってあげました。そろそろ相談時間が終わりになる頃に、「実はこれ以外に債務があるんです。」という話になり、「ええっ?」という事に。初めから言って欲しいです。他にも債務があるのなら、1社とだけ任意合意する訳には行かないですよ。「家に帰って全部の債権額を調べて下さい。その結果で対応を決めましょう。」とお話して終わりました。自宅に帰って電話しました。ご本人の話では、無茶苦茶大きな額ではない様です。「自己破産しますか? それとも弁済したいですか?」と聞いたら、「弁済したい」とおっしゃるので、答弁書には、その方向で回答する事をアドバイスしました。一応、管轄の簡裁にも電話して、書記官に対応の相談もしました。債権者が呑んでくれるると良いのですが。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 24Nov
    • 債務整理

      法テラスの相談会に行く様になって、債務整理や自己破産、消滅時効援用等、いわゆる借金関係の仕事が増えて来ました。今までは、登記や後見関係の仕事中心で、この分野は初めての仕事です。だから本を読んだり、研修に参加したりして、勉強しながら取り組んでいます。債務整理の仕事は、文字通り、債務が弁済できなくて困っている人達と一緒になって、この問題をどの様に解決すれば良いのか考える仕事です。また、ただただ借金を返せば良いという事ではなく、問題解決後もご本人が生活再建できる様にアドバイスする事も大きな役割だと思います。ですから、たっぷり時間を取って、ご本人の話を聞く所から始まりますね。もちろん、私の理解力も完璧ではないので、重複して同じ事を聞いたりする事もあります。(笑) 今日は2時間も話をしましたが、若い頃からのお話を聞いていると、その人の人生のドラマを見ている様な気持ちになります。ご本人は自分の都合の良い所ばかり話しているかもしれませんから、100%信用する訳にも行かないと思いますが、これだけ話していると、お互いに信頼関係の様な物も生まれて来る様に思います。カード4社の債務があるというので、取り合えず、カスタマーサポートに電話してみました。このうち2社は担当と話ができて、受任通知を送りました。ところが、あとの2社は暗証番号が必要との事で、コンタクトできませんでした。ご本人に電話して教えてもらったので、明日、続きをやります。次回からは、あらかじめ暗証番号も聞いておきましょうね。初めてやることですから、この様に、色々ミスもしますが、やってみると要領が分かります。仕事の範囲が広がる事で、たぶん依頼も増えて来るでしょう。新しい事にどんどん挑戦して行きたいと思っています。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 23Nov
    • この3連休!

      コロナ感染者数がすごいですね! マスコミは日々の感染者数を報道していますが、私はあまり意味がないと思っています。例えば移動平均を取るなり、統計的に意味のあるデータに加工して報道して欲しいですね。また検査者数が増える事で、感染者数が増えると思うので、単純に感染者数を比較してもね。とはいえ、第3波が来ている事に間違いはないと思いますので、自重するに越した事はない。でもこの3連休、GO TO トラベル等で動き出した歯車は、急に止められませんね。あと2週間~1か月は感染者数が拡大して行くでしょう。こういう時は、できるだけ人と接触しないでおとなしくしているのに限りますね。という訳でもありませんが、私は、事務所で仕事をしていました。(笑) 昨日のブログにも書いた様に、相続人調査の仕事です。少~しだけ時間が足らず、完了しませんでしたが、返って来た戸籍謄本から、次に申請する戸籍請求申請書を作り終えて、袋詰めまで終わりました。あとはポストに入れるだけです。単純作業でストレスの掛からない仕事を終えたので、明日からは、少し重い仕事をやります。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 22Nov
    • 相続人調査は気楽な仕事

      金曜日は精神的にきつい仕事をしましたので、リラックスする必要があります。昨日、今日の午前中と楽な仕事をしながらリラックスしています。この2年間やってる相続人調査の仕事です。相続人調査 | 仲井雅光(dachshund)のブログ (ameblo.jp)各都道府県の法務局の仕事を公嘱協会(公共嘱託登記司法書士協会)が中心になって受任するものです。長期間、相続登記がなされず、例えば明治時代の方が登記名義人のまま放置されている様な土地につき、相続登記を推進しようという動きの中で行っている事業です。正直、単価が安いのですが、最近は、公嘱協会以外の司法書士法人等も入札に参加している様で、今年は神奈川の案件を受任できなかったという話です。私の場合、一昨年は宇都宮地方法務局、去年は横浜地方法務局、今年は盛岡地方法務局の仕事をしています。相続人調査というのは、戸籍を読んで辿って行く仕事なんですが、慣れればあまりストレスを感じずできる仕事です。ちょうど良いリフレッシュになります。(笑)ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 21Nov
    • 嫌な事はいつまででも覚えている!

      昨日は忙しかった。車での移動は慣れていないので、時間の感覚が分からない。普段、運転していれば道路の混雑具合を把握しているのでしょうが、あまり業務で車を使う事がないので、どれ位余裕を見たら良いのか分からないのです。でも結果的にはOKでした。ナビの予想到達時間は、道路の混雑状況も考慮して予想しているのでしょうかね? 昨日の3件の外出のうち2件は後見人関係の仕事でしたが、2件とも問題を抱えています。詳細は控えますが、要はご本人の納得を得て業務を遂行する事の難しさです。判断能力が低下しているとはいえ、全くなくなっている訳ではないので、ご本人の意思を尊重する事が大事だと思います。しかしながら、ご本人の希望通りに手続を進める事は、ご本人にとって決して良い判断とは言えないという事なんです。考え様に依っては、なかなかの難題です。でも良い事もあります。昨日は一日不在でしたが、先程、事務所に来てみると、大阪法務局からのレターパックの不在連絡票が来ていました。たぶん相続登記完了した旨の通知です。この相続登記、相続関係が複雑な上、相続登記を40年近く放置していたので相続人にも相続が発生し、ほとんど縁もゆかりもない人が相続人になってしまったという案件でした。結局の所、弁護士さんに頼んで遺産分割調停をしてやっと解決した物です。1年半くらい掛かりました。とまあ、嬉しい事、大変な事、色々あるのですが、覚えている事、気になる事は、いつも嫌な事ばかり。人間には忘れるという特技があって、嫌な事を覚えていても、もっと嫌な事があると、それまで嫌だと思っていた案件も、徐々に気にならなくなってしまうのですが。記憶容量には限りがあるという事でしょうか。(笑)週明けには、「この嫌な事案件」を中心に進めます。(^_-)-☆ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 20Nov
    • 朝から自宅で仕事

      今日は3ヶ所回らないといけません。公共交通機関では不便な所なので車を使用します。ところが事務所近くには駐車場を確保しておらず、事務所に出所しても自宅に帰って来ないといけないので、今朝は事務所に行くのは止めました。9時に自宅出発予定です。仕事に関する資料等は事務所に置いてあるので、自宅で仕事ができる訳でもないのですが、メールを見たりする事はできますので、仕掛かり仕事の整理等、今後の仕事の段取りを考える事はできます。明日から3連休ですが、今日、終日外出になりますので、明日はちょっと出勤する事にしますね。11月にやろうと思っていた仕事は、あらかた片付いたのですが、1件だけ資料作りが残っていますので。そんな訳で今朝はのんびりしています。ただ、今日、事務所に出勤しないとなると、往復の徒歩通勤がなくなる訳で、万歩計の歩数が少なくなります。1万歩確保のために散歩でもしましょうかね。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 19Nov
    • 電話相談2日目

      昨日は、今週3回ある電話相談の2日目でした。月曜日のテーマは相続、昨日は裁判、実は今日もあって、会社法関係です。いずれも13:00~16:00。いつ電話が掛かってくるのか分からないので、普通は事務所に待機しているのですが、昨日は、どうしても外出しないといけなかったので、転送先を携帯電話にしてもらいました。結局の所、3件電話が掛かって来ました。1件はお礼の電話。「先日、この電話相談でアドバイス頂いた○○です。解決しました。ありがとうございます。」という内容でした。こういう電話は嬉しいですね。「事務局に連絡しておきます。」と回答して電話を切りました。あと2件は債務整理。カードローンで多重債務になり返せなくなったという話です。こういう話は事務所に来てもらってじっくり話を聞かないと解決は難しいです。ただ、司法書士さん全員が対応してくれる訳ではない様です。電話帳で司法書士を調べて電話したが、「債務整理はやっていない」と断られたとか、法テラスで相談したが、対応してくれた司法書士さんの事務所が遠いので、「別の司法書士を紹介してもらったらどうか?」と言われたとか、そういう事例です。なんかたらい回しになっていますね。とは言うものの、私も事務所が厚木で依頼者の居住地からは少し離れているものですから、「近くの司法書士さんを探すのが良いかもしれません。司法書士会の事務局で探してくれると思います。」と答えてしまいました。「私の事務所に来てくれれば引き受けますが。」とも付け加えましたが。(笑)法テラスのs相談会には月に2回くらい行っています。相談時間が30分なので、本格的に仕事を受任するには、やはり事務所に来てもらわないといけません。でもその事を言うと、たいていの方は来てくれますね。やはり追い詰められている方が多いのだと思います。昨日の電話相談では、即座に「行きます」と言った方はいらっしゃいませんでしたが、これは面と向かって話す場合と違って、声だけで信頼関係を築くのが難しいのかもしれませんね。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 18Nov
    • アクセス数

      昨日、一昨日、アクセス数が急増しています。通常、300~400/日で地味にやってるんですが、この2日間、1000を超えています。受験生の頃は、同じ受験生仲間が見てくれていた様で、500/日以上のアクセス数だった様に思います。最高記録は、司法書士試験に合格した時だったと思うのですが、確か3000/日位でした。(^_-)-☆合格して働き始めてからは、Amebaからの指導もあってカテゴリを変えました。司法書士受験→司法書士とかそんな感じです。そうすると、アクセス数も減少しまして、今の状態に至っています。この2日間で急増している原因なんですが、今一つ分かりません。一昨日、民事信託の記事を書いたのが当たったのかもしれませんが、一昨日の記事自体のアクセス数が多い訳ではありません。一昨日の記事をきっかけに、別の記事も見てくれたのかなという気もします。あと、アクセス数が多いからと言って、「いいね」の数が多い訳でもありません。一般受けする記事とフォロワーさんの関心記事が一致している訳でもないという事ですね。まあアクセス数にとらわれ過ぎる事もないと思うのですが、一応、皆さんに関心がある内容にした方が良いかと少し参考にはしています。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 17Nov
    • 昨日の相談には疲れた!

      今週は電話相談の担当が3日もあります。3つ重なるというのは偶然ですが。昨日はその1件目でした。疲れました。とても要領の悪い相談者で、結局の所、何を相談したいのかが分からない。話があっちこっちに飛ぶし、単なる情報なのか、確実な事実なのかも不明。振り回された感じです。(笑) 情報を整理できて理路整然と話ができるのなら、自然と答えは出て来るもので、そうであれば、そもそも相談する必要がない。どの様に整理すれば良いか、一緒に考えてあげるのも相談された側の役割と思いますが、機関銃の様にしゃべり続けられてもねえ。(^-^;途中で、時々、話を整理して「こういう事ですか?」と聞いても、その後、また話が飛んでしまうのです。大変でした。最初に「30分くらいで」とお話していたのですが、1時間話をしました。結論は、「遺産分割協議を取りまとめている弁護士さんと話をする。分からない事は徹底的に聞く。不満がある場合には、自分も弁護士を付ける。」というアドバイスになりました。司法書士が代理人をやってくれるという期待もあった様なのですが、家事事件の代理人はできないので、その旨、伝えました。という事で、昨日は疲れたので、早々に帰宅。(笑)今日、また新たに頑張ります。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 16Nov
    • 民事信託士検定

      昨日は10:00~18:00で民事信託士検定でした。民事信託とは家族信託とも言われ、例えば高齢者である親が家族であるお子さんに財産を託して管理してもらい、自分達の生活を支援してもらう契約をするという制度です。認知症等で判断能力が低下した場合、成年後年制度を利用する制度がありますが、その場合、裁判所が関与する事もあり、まだまだ利用率が高いとは言えません。家族信託は、必ずしも裁判所が関与する必要はなく、また2年ほど前でしょうか、NHKで、この制度が紹介された事もあり、大きな関心を集めました。しかし一方、裁判所が関与しないため、問題のある信託契約書が作成されているという問題もあります。家族信託は、財産の委託者である親御さんが亡くなった後も、残された配偶者の方のためにも信託契約をする事ができて、その有効期間が長く続く事が多いです。そのため、単に契約書を作成するだけでなく、効力が発生してからも法律の専門家として、関与して行く事が期待されています。民事信託士は、こういった契約書の相談、スキーム構築、信託業務遂行の監督等の教務が行える者として認定される資格です。(国家資格ではありませんが) 検定結果は来年1月に発表という事で、まだ合格した訳ではありませんが、運良く合格していましたら、来年から家族信託の分にも仕事の範囲を広げて行きたいと思っています。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 15Nov
    • 生活保護法第63条に基づく費用返還

      生活保護法第63条には以下の規定があります。(費用返還義務)第六十三条 被保護者が、急迫の場合等において資力があるにもかかわらず、保護を受けたときは、保護に要する費用を支弁した都道府県又は市町村に対して、すみやかに、その受けた保護金品に相当する金額の範囲内において保護の実施機関の定める額を返還しなければならない。例えば、不動産等の資産を保有しているが、すぐに現金化できず生活に困っているといったケースです。実は最近、まさにこの様な状態で、成年後見人を引受けました。ご本人は精神障害のため入院されていますが、同時に生活保護の手続も取られました。収入はわずかな年金しかなく、税金やカードローン等で多額の負債がありました。自宅土地・建物の売却も検討して、この度、その目途が立った所です。自宅が現金化できれば債務も返済できるのですが、ここで上記生活保護費の返還(いわゆる63条返還)が問題となります。生活保護を受けると、医療費は無料となりますが、保険適用も廃止されます。そのため、行政が医療費の全額を負担するものの、保険が効かないため、医療費は100%となります。去年の9月から入院して治療を受けているので、医療費の総額は600万円位になるのではないかと言われています。今回、自宅不動産の売却で現金が入って来ても、ほとんどが借金の返済に消えてしまい、また収支はマイナスのため、結局の所、生活保護を継続しなければならないという事態になってしまいそうです。ご本人にとって非常に過酷な事になると思って憤慨しておりましたが、先日、東京高裁の判例を目にしました。(東京高裁令和2年6月8日判決) これによりますと、医療費全額を請求するのは裁量権の逸脱であるとの判断がなされています。この旨、市役所の担当者に伝えた所、内部で検討してくれるとの回答でした。うまく行く事を祈っています。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 14Nov
    • またまた休出

      昨日、請求申請していた戸籍や不動産評価証明書が戻って来て、相続登記の準備が2件整いました。先日のブログで、「明日できる事は、今日やらない」と書きましたが、来週は来週で、スケジュールが立て込んでいるので、今日、出勤して仕事をしておりました。(笑)お昼前に娘から電話が掛かって来ました。娘:下の子が熱があってグズグズ言ってる。家を空けられないので、上の子をピアノ教室まで送って行ってくれない?私:う~む、しゃあないなあ。という事で昼前に事務所を退出して、娘の家に。その後、ずっと自宅に帰らなかったので、ブログ更新が今になってしまいました。相続登記の申請書やら、添付書面の準備は完了しましたので、一応、今日の予定終了ですが、午後にやろうと思っていた講演会資料は未着手のままです。明日は、民事信託検定のグループディスカッションです。これも事前に資料を読んでおかないといけないのですが、まだやっていません。これは今からやりましょう。(^_-)-☆ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 13Nov
    • 今日の予定をノートに書きました!

      今日は忙しいです。午前中、横浜に行って相談会。午後は被後見人さんの施設等にお金を届ける件が2件。書いてみればそれだけなんですが、時間の制限もありまして、スケジュールをノートに書いて確認しました。(笑)昨日は、久しぶりの飲み会でちょっと疲れ気味ですので、移動時間はぼうっとしている事と思います。仕掛かっていた仕事も徐々に片付きましたので、1日くらいぼうっとしていても良いかと思っています。(^_-)-☆来週は、また郵便物が返って来たりして仕事が増えそうです。この週末に、講演会の資料を作る事にしましょう。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 12Nov
    • 献血ルーム相談は大盛り上がり!

      昨日は、月に1回の献血ルーム相談でした。コロナ感染拡大の影響もあって、相談件数も0件~1件程度でしたが、前回から「司法書士と話をしませんか?」というチラシを作って紹介してもらったら、盛況になりました。『司法書士と話をしませんか?』昨日は厚木献血ルームでの相談ボランティアでした。毎月1回献血ルームに出向いて、法律相談を行い、献血の推進に協力するという企画なんですが、その一方で、一般の方に…ameblo.jp本厚木献血ルームホームページのイベント情報でも紹介してもらっています。本厚木献血ルーム|神奈川県赤十字血液センター|日本赤十字社神奈川県赤十字血液センターのWebサイトです。www.bs.jrc.or.jp10月は2件、昨日は3件のお客さんがありました。「相談」となると、皆さん、敷居が高くてなかなか利用されませんが、ちょっと法律的な話を聞いてみたいという希望は、結構、ある様です。昨日の3件のうち1件は、隣家との境界の問題で、これは土地家屋調査士さんの専門分野ですが、相談者にとっては、司法書士は専門外なんて事は分かりませんね。だから知っている範囲で、色々、お答えしました。後の2人は大学生で、コロナの影響を受けて大変の様です。でも若い人と話をすると元気をもらいます。将来に対する不安もあるけど、可能性は無限に広がっていますからね。やはり若者が希望を持って頑張れる社会にしたいですね。今や人生100年時代ですから。若者でなく、私の様な高齢者でも、まだまだ夢を持って生きて行きましょう。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 11Nov
    • 電話で仕事ができる?

      昨日、大阪に日帰りしました。朝9時に事務所を出て帰って来たのが夜8時半。小田原停車のひかりを使えば、小田原~新大阪間の所要時間が2時間ですが、こだま利用だと3時間掛かります。小田原停車のひかりは2時間に1本しかないので、帰りはこだまになりました。という事で、1日つぶれましたが、仕事に支障はありません。その代わり電話が6本も掛かって来ました。(笑) 事務所に不在の場合、電話は携帯に転送されますので問題ない訳です。ほぼ電話だけで話が済みました。スマホやタブレットを持ってると、更にメールも見られますが、何となくガラケーのままです。AUの3Gが使用できる2022/3までこのまま行きそうです。(^_-)-☆ 実は、古~いタブレットを持ています。ただ非常に使いづらいので、ほとんど使っていませんね。菅首相がデジタル庁設置の方針を打ち出している時代、業務のやり方もデジタル化して行く方向かと思いますが、現在の日本人の生活は、非常にアナログ的です。メールやオンラインで話が済みません。結局の所、電話で確認するとか、実際に会って話をするとか、確認しないと話が進まない事が多いです。ある意味、デジタル化自身は簡単だと思います。問題はアナログ的な日常の生活を、どうデジタル的な手続きに返還して行くか?というAD変換(アナログデジタル変換)の問題ですね。なかなか先は長いでしょう。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 10Nov
    • 内容証明郵便

      昨日、初めて使いました。というか、まだ未遂です。(笑) 使おうとしましたが、字数制限で却下されました。(^-^;内容証明郵便を出そうとする時には、内容文書(受取人へ送付するもの)と共に、2通の謄本を添付する必要が「あります。この謄本の書き方に色々制限が付いています。横書きの場合、1枚に書ける文字数は「1行20字以内、1枚26行以内」が基本となっています。Wordで作成した文書を20文字毎に折り返して制限文字数内に収めたつもりでしたが、半角文字が入っていた1行だけ21文字になってしまった次第です。明日、再チャレンジします。取り扱ってくれる郵便局は限られていて(いわゆる本局のみ?)、それはそれで面倒なんですが、仕方がありませんね。あと、内容文書と謄本を違う書式にすると、郵便局員さんが大変だそうです。1字1字チェックしないといけないから。コピーにした方がよろしい「様です。初歩的なミスをしたという投稿でした。(笑)ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ

  • 09Nov
    • 妄想

      私が後年人をしているおばあちゃん、最近、認知症が進み、物取られ妄想が激しくなって来ました。本来なら老人介護施設に入居するのが良いのですが、ご主人が亡くなってから数十年、自宅で独居生活をなさっている事もあり、なかなか入居に同意して頂けません。ケアマネ、医療、介護関係者は、みんな施設入居が良いと思ってはいるのですが、無理やり入居させる訳にも行きません。先週、金曜日に訪問診療のお医者さんとも話しましたが、「やはり無理にという訳には行きませんね」というご意見でした。基本的に、後見人としては、ご本人の自立支援を第一に考えるべきで、ご本人は自宅での独居生活を希望されているのですから、その実現に向けて考えるべきなのですが、24時間四六時中人がいる訳にも行かず、難しい所です。現状、デイサービス、ヘルパーさん、訪問診療、訪問介護等で、月曜~土曜の間は、誰かがご本人と接触しています。日曜日はお一人での生活になります。人と会わないと寂しくなるのか、妄想が出てしまう様にも思います。それで、私が日曜日に訪問したり電話したりして接触する様にしているのですが、昨日は、たまたま合唱の練習でした。電話が掛かって来たりしましたが、すぐに対応できませんでした。今後ご本人をどの様に支援していくか、関係者全体で相談する事が重要と思っています。ホームページ仲井雅光司法書士事務所にほんブログ村にほんブログ村司法書士 ブログランキングへ