災害のときに「首の座らない赤ちゃんと避難する方法」【再掲】 | 赤ちゃんはおっぱい大すき☆すずきともこの自己肯定感を育て人生を楽しむブログ

赤ちゃんはおっぱい大すき☆すずきともこの自己肯定感を育て人生を楽しむブログ

自己肯定感・元気な心が育つ!
子どもが光るほめ方・しかり方、聴ける人になる方法、
母乳や育児を楽しむ智恵&体験、映画や本、アートに見る人間の心理。

大人も、かつては 子どもだった。
世界の謎は、子ども時代にある!そのヒミツを描いていきます~♡


テーマ:

こんにちは。

 

災害のときに

 

もしも だっこひもがなくて、

ベビーカーも使えなくて、

 

両手で

首のすわらない赤ちゃんをだっこして逃げなくてはならないときに、

 

トートバッグを使う方法があります。

 

 

 

 

 

 

抱っことおんぶの研究をしている、園田正世さんに

教わった方法です。

(だっことおんぶ研究所の所長・北極しろくま堂代表)

 

黄色い花園田さんのブログは、こちらです。

http://ameblo.jp/babywearing/

http://www.babywearing.jp/blog/

 

 

(園田さんのご了解を得て、マンガに描きました。)

 

 

 

赤ちゃんを布に包むと、布が赤ちゃんを守るし、

くるまれていると安心して、暴れることが減るそうです。ラブラブ

 

 

その布は、避難後もいろいろ使えそうです。

(おくるみや 大判のストール、バスタオル、ひざかけ、上着など)

 

 

もちろん、首の座らない赤ちゃんでも使える

抱っこひもがあるときは、それで抱っこして避難できます。

 

でも、もし手元に抱っこひもがないときに災害が起きた場合には、

 

トートバックなど、丈夫なバッグ

赤ちゃんをすっぽり入れて、避難することもできます。

 

赤ちゃんがぴったり入るくらいの大きさのバッグが安全です。

(大きすぎて隙間が多いと、赤ちゃんが飛び出す可能性があります)

 

生地が厚いバッグの方が安全度が高いです。

 

 

 

黄色い花しろくま堂からもトートバックが発売されています。

こちらです。
 

 

 

 

黄色い花バッグにおむつや着替えなど、赤ちゃん用品を入れることもできます。

 

でも、急ぐときは赤ちゃん用品を全部そろえなくても、

赤ちゃんだけでもいいので、入れて逃げましょう。

 

バッグを離さないように、しっかり持ちましょう。

 

苦しそうでないか、元気そうか、

ときどき、バッグの中の赤ちゃんの様子を見てくださいね。目

 

 

 

黄色い花また、津波の心配があるときは、

上着の中に抱っこする方法がいいかもしれないです。

 

いろいろな方法を知っていると、

臨機応変に対応できて、安全度が高まります。baby boy*

 

 

 

星関連記事

「災害のときに身近なものでおむつを作る方法」

「災害のときに首のすわらない赤ちゃんと避難する方法」

「災害のときにのためにおんぶする方法を学んでおく」

「災害のときに大きな布で抱っこする方法」

「災害のときにコートや上着で抱っこする方法

「災害のときの母乳育児・粉ミルク育児」(コピーフリーの資料)

「安全に赤ちゃんのおなかを満たす方法」

「粉ミルクで、ほ乳ビンが使えないときに」

「だれでもできる、心が落ち着く方法①」

「心が落ち着く方法、②」

災害のときの心のケア「少し、話してみる」

「災害のときに心の中で起こること」

 

 

星こちらのサイトにも情報があります!

NPO ラ・レーチェ・リーグ日本

NPO 日本ラクテーションコンサルタント協会

 

すずきともこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります