こんばんは! お正月があけてあっという間に1月ももう半ば。


 アスワッは年明けからフル稼働で防除作業や調査のご依頼に走りまわっていて、本日も兵庫県丹波市氷上町にイタチ防除作業を明日までの施工予定でお伺いしています。令和2年も害獣防除にスタッフ一同、全力疾走で取り組みますので今年もどうぞ宜しくお願い致しますね♪

 

 さて今年初めての記事は兵庫県姫路市からのご依頼頂いた防除施工のご紹介。

 

昨年末、姫路市内に所有している別荘にいくと屋根裏から天井板が抜けるほどのドタドタした動物の歩く足音が夜にして怖くなり、アスワットへ調査依頼の連絡を頂きました。

 

 さっそく伺いまずはお客様への聞き取り調査。5~6年ほど前から時々小動物の足音はしていたが今回の足音は以前に聞いた足音とは違い物凄い大きな音でノシノシとゆっくり歩くようだった。それと分電盤付近の天井板に以前にはなかったシミができているとのこと。

 


 拝見するとフムフムなるほど・・壁の際付近広域にわたって尿染みのようなものがができているのを確認。しかしこのシミの犯人がイタチであればもっと強烈な動物臭がするはずなので違うかも・・・などいろいろ詮索しながらそのシミ付近の屋根裏を調査。

 

 

 ああ。。。これはいけません! 分電盤の上に大量の溜め糞を発見。その溜め糞には銀杏やビワの種を大量に含み、なにやら甘臭い匂いが漂います。その近くにある梁に付着した大量の足跡を確認すると犯人が特定できました!

 

 

 この大量の溜め糞の犯人は「ハクビシン」です。(名前をポチするとアスワットHPハクビシンの生態へ!)

 


 その他にも屋根裏にはハクビシンよりは遠慮?(笑)しているようですがアライグマやテンの足跡や糞もちらほらありましたので時々、時間をずらしながらハクビシンをはじめとする3個体がお客様の別荘に入れ替わり立ち代り侵入しているようです。

 

 このように度々、3個体が屋根裏に出入りしていても残念ながらひと月に1度くらいしか泊まらない別荘なので、お客様が気づくのが遅れるのも仕方ありませんね。


 で、大事な侵入口ですが、純日本建築家屋での侵入口定番、「縁の下」から床下へ侵入し母屋と増築部との壁中をよじ登って屋根裏へ侵入しており、その調査結果をお客様にお伝えすると絶句・・・・後日、見積書を提出しご依頼を頂き年明けすぐの施工となりました。

 

 

 

 

 施工はごらんの通り古民家風別荘の雰囲気を損なうことなくアスワット品質でハクビシン、アライグマ、テンなどの小動物の侵入口を封鎖した後、大量の溜め糞の清掃、消臭、殺虫消毒作業を行い完全防除作業完了。もちろん安心の5年間無償侵入保証もつけさせて頂きました!

 

 

 特に分電盤の周囲は配線が多数集まることによる発熱効果で動物が暖をとりによってくることは珍しくなく、人間でいうところの暖房便座みたいな感じで溜め糞場になるケースも多々あります。それだけならまだ良いのですがひどくなると尿が滴り落ちてきて漏電になる危険性もあるのでそういう場合は早めの対策が必要ととなりますので良ければ害獣防除専門業者・アスワットへお気軽にご相談くださいね♪

 

 

 さて、この現場の天井裏清掃後、昼食のため近くの和食店へ伺い、よくある○○和膳を注文。スタッフTちゃんと運ばれてきた茶碗蒸しを食べ始めた時のこと。

 

スタッフT : 「あれ?ここの店の茶碗蒸し。銀杏が入ってないのは残念やなぁ・・・」

 

福永    : 「いや、俺は全然いらんけど・・逆に無かってよかったわ。」

 

スタッフT : 「えっ!なんで? 茶碗蒸しいうたら銀杏やろぉ!」

 

福永    :  「なんでって、さっきお客さんとこでいっぱい見たからなぁ・・・」

 

スタッフT  : 「・・・・そっ・・・そうやなぁ・・・(汗)」

 

今夜はこの辺で。(苦笑)

 

害獣防除専門業者アスワットのサイトです!
イメージ 1
 
にほんブログ村に参加しています!
クリックしていただければうれしいです♪

にほんブログ村 住まいブログ 害虫駆除・害獣駆除へ
にほんブログ村