草莽崛起~阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)のブログ

草莽崛起~阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)のブログ

自虐史観を乗り越えて、「日本」のソ連化を阻止しよう!

「士は武士なり。君下に武士を立てて衆人直耕の穀産を貪り、若し之れを抗む者あれば武士の大勢を以て之を捕縛す。是れ自然の天下を盗むが故に、他の己れを責めんことを恐れてなり」(安藤昌益)

 



「侍をして国中にあらしむべからず」(播磨土一揆)




「君民の共に重んずる所は社稷である。社稷を重ぜざる民は民ではない。社稷を重ぜざる君は君ではない。」

「君を主とするから、暴君政治の弊が起る。民を主とするから、賤民政治の弊が起る。」

「憲法即ちコンスチチューシヨンといふ語は、本質といふ意味である。國の本質は、社稷の外にはない」 (権藤成卿『自治民範』平凡社、一九二七年、二七八~二七九頁)。

 



KIS.57

「社会的分業は商品生産の存在条件であるといっても、商品生産が逆に社会的分業の存在条件であるのではない。古代インドの共同体では、労働は社会的に分割されているが、生産物が商品になるということはない。あるいはまた、もっと手近な例をとってみれば、どの工場でも労働は体系的に分割されているが、この分割は、労働者たちが彼らの個別的生産物を交換することによって媒介されていはいない。ただ、独立に行われていて互いに依存し会っていない私的労働の生産物だけが、互いに商品として相対するのである。」

 

 

 

分業…労働の社会的分割、体系的分割

   商品を生産する労働…私的労働=独立に行われていて互いに依存し合っていない労働

   商品を生産しない労働…[]古代インド共同体における社会的分業、工場内分業。

 

 

同上

「社会の生産物が一般的に商品という形態を取っている社会では、すなわち商品生産者の社会では、独立生産者の私事として互いに独立に営まれるいろいろな有用労働のこのような質的相違が、一つの多肢的体制に、すなわち社会的分業に、発展するのである。」

 

 

ある主体の活動が事実として社会的影響力を持ち、かつそのことが社会的に承認されているとき、この活動は公共性を帯びている。全面的商品交換が行われる社会の生産的労働は、(「独立生産者」は、いくつかの家族からなる集落としての共同体でも、独立自営の家父長的農民家族でもよい。しかし、この二つの場合のようにこれらの独立生産者が自給自足を基本とする限りでは、これらの生産者の間の商品交換は例外的、部分的なものでしかありえない。これに対して、商品交換が発達して一般的、全面的なものになれば、ありとあらゆる私的労働が全面的に相互依存し合う体制が成立する。そしてその場合の「独立生産者」とは、資本主義的諸企業およびやはり資本主義化した自営業者である。彼らが営む商品を生産する労働は、私的な労働として行われつつも社会的な意義をも持つことになる

(ある主体の活動が事実として社会的影響力を持ち、かつそのことが社会的に承認されているとき、この活動は公共性を帯びている。全面的商品交換が行われる社会の生産的労働は、"潜在的な公共性"[これは一つの形容矛盾]を帯びている)

 

 

 

 

紹介掲示板 - ブログ、ウェブサイトなど何でも紹介

 

 

Yahooが御覧になれなかったガラケー利用者の皆様にもアメブロで全文お読みいただけるようになりました。

 

紹介掲示板 - ブログ、ウェブサイトなど何でも紹介

AD STUDIES Vol.57 2016 

社会課題を「消費」行動で解決することは可能か?

――エシカルがもたらす消費パラダイムシフト――

竹之内 祥子 株式会社シナリオワーク代表取締役

http://www.yhmf.jp/pdf/activity/adstudies/vol_57_01_04.pdf

 

 

掲載号の特集「広告は社会を動かす」の一本。

「消費」の枠を超えたプロシューマ的な行動の手段としてスモールビジネスに着目している。

 

 

The Business - Spirit of the Streets

 

紹介掲示板 - ブログ、ウェブサイトなど何でも紹介