特定非営利活動法人日本足育プロジェクト協会のブログ
 「0歳から6歳までの足育」に焦点を絞った【足育入門講座】を全国7名の足育インストラクターが開催いたします。一生トラブルなく元気に歩き続ける足を育てるために必要な「足と靴の基礎知識」を3時間で学ぶ講座です。 
 子供の足を健康に育てたい方であれば、どなたでも受講できます。ご自身も子育てをしながら、子育て支援や健康に関わる仕事の方が、多く受講されています。

*足育インストラクター*

奈良県 : 玉島麻理
宮崎県 : 成田あす香
沖縄県 : 照屋祐子
千葉県 : 高階貴子
北海道 : 米丸亜矢子
京都府 : 岩崎聡子
愛知県 : 加藤めぐみ
  
足育入門講座のご案内と開催日程はこちらをクリックしてご覧ください
  • 29Jan
    • 運動器の10年 日本賞 奨励賞を受賞させていただきました。

      1月27日に公益財団法人 運動器の10年・日本協会の「運動器の10年 日本賞」の授賞式に参加させていただきました。この法人は、「運動器の10年(The Bone and Joint Decade)」世界運動の基本理念と活動を承継し、運動器の健康づくりを通して、医学・医療、保健、教育、福祉及びスポーツの充実・発展・振興を図り、もって活力ある社会の実現に寄与することを目的とされた公益財団法人です。「運動器の10年・日本協会」が平成24年度から取り組んでいる「運動器の10年・日本賞」。毎年、日本全国各地で行われている各団体・機関および個人の運動器の健康増進活動の最も独創的かつ優れた活動を顕彰されています。この賞の主な目的は、全国の子どもから高齢者まで、広く一般の国民の皆さんに、骨や関節、筋肉、靭帯、腱、神経など、身体を支えたり、動かしたりする器官、「運動器」の健康の重要性を知ってもらうこと。また、「運動器」の疾患や外傷・障害の予防・改善のために教育、啓発、普及をすることにあるそうです。(運動器の10年 ホームページより参照)特定非営利活動法人足育プロジェクト協会の足育アドバイザー®︎が日々取り組んでいる活動をレポートにまとめ応募いたしました。嬉しいことに奨励賞を受賞させていただきました。講評いただいた内容は以下の通りです。「足育(あしいく)」という言葉に象徴される足を基本として、子どもたちのからだを育む(体育)総合的な教育・実践活動である。足はからだの土台であり、足元から子どもたち、そして生涯にわたる健康づくりにつなげようという優しく力強い愛情と志に裏打ちされた多彩な活動のプロジェクトである。「足育アドバイザー®︎」の養成(51名)、20都道府県にまたがる全国での足育講座の開催(304回、4329人参加)、足の計測(1664名)、リサイクル靴の海外への寄贈等の地道で幅広い教育・実践事業は、瞠目に値する。デジタル社会の進展に伴って、現代の子どもたちの体力・運動能力が低下し、心身の健康が損なわれていくことが懸念されている。「健やかな足をはぐくむ」という新たな視点と展望を示し、実績を着実に積み上げていることを大いに評価し、かつ、これ以後の発展を期待したい。足育アドバイザー®︎が各地でコツコツ地道に活動していることを賞賛してくださり、改めて私たちの使命を確認いたしました。「足育・・いいねぇ。大事なことだよ」と多くの有識者の方に声をかけていただきました。小さな小さな協会ですが、志を高く掲げ、日本の子どもたちの足元からの健康を育むことを、全国の足育アドバイザー®︎と共にお母さん達に発信してまいります。2月はフットの日にかけて各地で足のイベントが行われます。当協会は各地で足育アドバイザーが足計測会やイベントで足育講座、足型スタンプアートなど行います。お近くの方は是非いらしてくださいね。https://www.facebook.com/events/211859996049626/今後ともよろしくお願いいたします。理事長  玉島 麻理

      6
      テーマ:
  • 20Dec
    • 運動器の10年 日本賞 奨励賞受賞!!

      ご報告です。平成29年度 運動器の10年・日本賞の奨励賞を受賞いたしました。これは「運動器の10年・日本協会」が平成24年度から取り組んでいる「運動器の10年・日本賞」です。毎年、日本全国各地で行われている各団体・機関および個人の運動器の健康増進活動の最も独創的かつ優れた活動を顕彰しています。この賞の主な目的は、全国の子どもから高齢者まで、広く一般の国民の皆さんに、骨や関節、筋肉、靭帯、腱、神経など、身体を支えたり、動かしたりする器官、「運動器」の健康の重要性を知ってもらうこと。また、「運動器」の疾患や外傷・障害の予防・改善のために教育、啓発、普及をすることにあるそうです。29年度の受賞団体です↓http://www.bjd-jp.org/award/result_2017.html私たち日本足育プロジェクト協会の足育アドバイザー®︎は「足の大切さ」「靴選びの基本」「運動の大切さ」を幼少期から実践し、生涯に渡り足元からの健康を育むことができるよう「足育講座」や「足計測」で一般の方々にお伝えし、足育の普及、啓発に取り組む活動をしています。コツコツ、地道な活動ですが、全国の足育アドバイザー®︎が使命感を持って活動してくれています。今回の受賞は、私たちの活動が認知され、奨励してくださったのだと大変嬉しく思いました。今後も多くの方に「足育」の大切さを伝え、普及、啓発してまいります。

      3
      テーマ:
  • 30Nov
    • 今年最後の寄贈

      今年最後の靴の寄贈。アフリカのスナノミ症予防のために活動されている団体に3回目の寄贈。足育を知って下さった方が、サイズアウトしたスニーカーを大切に残してくださったものをお預かりし、まとまったものを送っています。本当にありがとうございます!引き続き回収しております。ご協力よろしくお願いします。

      3
      テーマ:
  • 19Sep
    • 足育アドバイザーⓇ 勉強会開催報告2

      2017年9月3日に特定非営利活動法人日本足育プロジェクト協会の足育アドバイザー®︎を対象とする勉強会を東京にて開催いたしました。奈良での勉強会に続いての開催です。先ずは協会の定めた『足育アドバイザー®︎活動規約』に沿って活動することを確認しました。足育アドバイザー®︎は全国で活動しています。複数のアドバイザーがいる地域もありますが、一人で活動している地域も多く、こうして勉強会で集って学ぶことや話し合うことは貴重な機会です。疑問に思っていたことのシェアや意見交換をしました。〜座卓で寺子屋風に〜それぞれがすっきりしたこと、課題となったことを持ち帰ります。全国の足育アドバイザー®︎それぞれが協会の統一した方法で足計測が行えるように、くり返し練習もしました。手順を確認しながら、お互いにアドバイスしあって、もう一度!もう一度!と時間いっぱいに休む時間も返上して取り組みました。足育アドバイザー®︎はご自分の足を計ったことがないという方に実際のサイズを知ってもらい、足や靴に関心をもっていただくために足の計測を行っています。ご自身が思っていたサイズと違って驚かれることもあります。私たち足育アドバイザー®︎は今後も学び、練習を継続して皆さまに足育の重要性・必要性をお伝えし、日常生活の中で実践してもらうことを目指して活動してまいります。皆さまの地域の足育アドバイザー®︎は当協会のホームページで確認できます。足育プロジェクト協会HP☆         私たち足育アドバイザー®の開催する足育講座や足計測会へぜひ、お越しください。日本足育プロジェクト協会足育インストラクター高階貴子

      3
      テーマ:
  • 13Sep
    • 足育プロジェクト協会主催 一般公開講座「赤ちゃんのからだの発達~気になること 大切にしたいこと」

      今秋、大阪で特定非営利活動法人日本足育プロジェクト協会主催の講演会を開催する運びとなりました。講師は昨年東京で「赤ちゃんのからだの発達~気になること 大切にしたいこと~」をテーマに講演をして頂き大好評をいただきました発達神経内科医の林万り先生です。林先生は長年、療育センターの現場で多くの子どもたちと関わってこられました。先生の著書に「やさしく学ぶからだの発達」「やさしく学ぶからだの発達Part2」があり、お子さんに関わるお仕事をされている方が愛読されています。昨年の講演会ではお子さんの事例を挙げられ、とてもわかりやすく講演をいただきました。赤ちゃんの発達の過程には意味があります。うつ伏せはからだを持ち上げる力を高め、ハイハイは歩くための大切な準備です。足育アドバイザー®はもとより、多くのお母さん、お父さん、保育の現場やベビーに関わるお仕事の方にもご案内したい内容となっています。今回も関西での開催を希望しているメンバーが多くいることをお伝えしお願いしたところ大阪での講演を快諾してくださいました。【講演会の内容】(1)「NPO法人日本足育プロジェクト協会の紹介」(2)「ミニ足育講座」(3)講演「赤ちゃんのからだの発達~気になること 大切にしたいこと~」(4)質疑応答  受講料  一般 4,500円  日時   10月15日(日)13時~15時半  会場   積和不動産関西株式会社           大阪市北区大淀中1丁目1番30号         (梅田スカイビル タワーウエスト24階)  受講申し込み  下記申し込みフォームよりお申し込みください。  https://ssl.form-mailer.jp/fms/1ec30360525436フォームの入力ができない方は、メールにて下記の内容をお知らせください。名前、職業、年齢、連絡先(送信先:info@ashiiku-pj.com)

      2
      1
      テーマ:
  • 02Sep
    • 足育アドバイザー®️勉強会 開催報告

      2017年8月27日に特定非営利活動法人日本足育プロジェクト協会の足育アドバイザー®️を対象とする勉強会を奈良で開催いたしました。各地より参加した足育アドバイザー®︎の目は真剣そのものです。朝から1日、有意義な勉強会になりました。最初に新たに制定した「足育アドバイザー®︎活動規約」について時間をとりました。次に足計測の方法を確認、練習しました。当協会では足育とは「足の大切さを知り、足を健康に育てることを、家庭を中心とした日常生活に習慣として取り入れ、実践すること」と定義しています。そして、足育アドバイザー®︎は自ら足育を行い、その重要性と必要性を広く知っていただくために活動しています。足育アドバイザー®︎は実際の足の大きさを知ってもらい、足や靴に関心を寄せ、継続した足育を実践してもらうことを目指して、足の計測を行っています。練習で多くの足を計測する中で気づきもたくさんありました。ゲージの当て方やメジャーの締め具合など相互実習で計測してもらう立場になりわかることもありました。今後も各地で同じ勉強会を開催し、全国の足育アドバイザーの計測の技術の向上に努めます。足育講座を受講してくださった方に足の大切さを納得していただけるように、より多くの方のお役に立てるように、精進してまいります。

      5
      テーマ:
  • 24Jul
    • ケニアの子ども達に靴が届いたようです。

      先月、生駒市立病院での健康フエスティバルで呼びかけていただきお預かりした使用済の靴をNGO日本リザルツに送付いたしました。先日お礼のお手紙をいただきました。エチオピア空港の協力のもと、全国から集まった1トンを超える靴をエスンバ村の子ども達に寄贈してくださったようです。今後も引き続き協力していきたいと思っています。サイズアップの夏!お子さんの履けなくなった靴で、まだまだ履けるのに・・・という靴がありましたら是非、寄贈の協力お願いします。必ず一度洗ってください。まだまだ履ける靴でお願いします。革靴、上靴はNGです。スニーカーをお願いします。もし、我が子にお下がりいただいて履かせれる靴かどうかが目安かなと思います。擦り切れていたり、破けているものは我が子には履かせないかなと思います。サイズは小さいものから大人サイズまで広く回収させていただいています。お預かりした靴を、事務局でチェックして、サイズを書いて1足づつ袋に入れて送ります。中には足の匂いが残る靴や、破けてしまっている靴もあります><皆様の善意をしっかり届けてまいりますので、ご協力お願いいたします。靴を履いて入れば、助かる命がまだまだあるのです。今後とも宜しくお願いいたします。

      4
      テーマ:
  • 22Jun
    • 大盛況だった生駒市立病院の健康フェスティバル

      報告が遅くなりました。6月4日に開催されました生駒市立病院での健康フェスティバル。2月に開催しました当協会の足育イベントに足を運んでくださった形成外科部長の中西先生が声をかけてくださり、お子さんの足計測で参加させていただきました。大人の足の相談は、義肢装具士として病院に靴外来で来られているアルコの西岡店長。フットケアの体験も列をなしていました。私どものブースも予想以上の計測希望の多さに、休憩もそこそこに足計測とアドバイスをさせていただきました。終わってみると77名!!計測会を待って、靴を購入しようと思ってましたと真剣に相談される方。お子さんの足を計測した後、自分の足も気になって、と順番を並んで計測されたパパとママ。今回、当協会が社会貢献事業として取り組んでいるケニアの子ども達に使用済みの靴を寄贈する活動に共感していただき、病院上げて回収に取り組んでくださいました。病院受付、待合室、スタッフのお部屋などに回収箱を置いてくださり、協力いただけたおかげで24足の靴を寄贈することができました。イベント終了後も患者さんから預かってくださり送ってくださいました。使用済みの靴の回収はまだまだ継続しています。ご協力お願いいたします。今回の健康フェスティバルのイベントは健康、また、足に関心を寄せていただく貴重なきっかけになったのではと思います。スタッフの皆様、ありがとうございました。

      4
      テーマ:
  • 29May
    • 第5回総会と足育アドバイザー勉強会、終了いたしました!

      昨日、無事に第5回総会と第2回足育アドバイザー®️勉強会が終了いたしました。午前中は総会ランチ交流会の後、足育アドバイザー®️勉強会を開催しました。昨年1年で足育アドバイザー®️による足育講座を受講してくださった方は4300名を超えました。各地で少しづつ足育が広がってきています。足育アドバイザーのスキルアップを目指し、新たな1年をスタートいたしました。足育が当たり前になる時代が来るように・・・心新たに取り組んでまいります。皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

      2
      テーマ:
  • 12May
    • ケニアの子ども達に使用済みの靴を寄贈いたしました。

      ご訪問いただきありがとうございます。代表の玉島です。2年前頃より、JEFPAとして何か社会に貢献できないかと考えていました。各地で活動している足育アドバイザー®は、足育講座を開催したり、足計測をして「足育」の普及に取り組んでいます。その中でサイズアウトしている靴をたくさん見てきました。基本的に靴のお下がりはNGとしています。春から夏にかけては1ヶ月でワンサイズアップすることもあり、まだまだ履ける靴をサイズアップするようにアドバイスすることも多々ありました。我が子にはもう履けないけど、まだまだ履ける靴・・・世界に目を向けると、靴を買えなくて衛生上の問題から病気になり、命を落としてしまう子ども達がいることを知りました。お役に立ちたい!と思い、靴を寄贈する活動に参加していることを、計測会や講座でお伝えしてきました。昨年は「フィリピンへ靴を送る会」という任意団体に30足寄贈させていただきました。今年に入り、ケニアの子どもたちに靴を寄贈しているNGO日本リザルツさんともご縁をいただきました。スナノミとは文字通り、砂にいるノミの一種で、人の指などに取り付くと皮膚の中に卵を産んで増殖し、敗血症や破傷風、リンパ管炎、全身の壊死(えし)など深刻な症状を引き起こし、死に至ることもあるそうです。靴を履き、スナノミが付いてもきれいな水で洗ったり、清潔な器具で治療を受けたりすれば治るようですが、貧しい地域ではままならないとのこと。結核やHIV、マラリアなどとともに恐ろしい感染症となっているそうです。 この支援活動を始めたのは、飢餓と貧困の問題に取り組むアドボカシー(政策提言)型のNGO、日本リザルツ(白須紀子代表)。ある学生さんがインターンとしてケニアに渡り、滞在先のブニョレ地域エスンバ村から、スナノミ症の実態を報告してきたのが、きっかけだったそうです。 同地域は首都ナイロビからバスで10時間ほどの農村地帯で、住民の7割は国連開発計画(UNDP)が指定する「絶対的貧困層」。公立小学校では児童の8割が靴を買えず、はだしかサンダルで外を歩いているそうです。春の計測会で、「まだ靴の寄贈されてますか?ずっと持って行こうと洗って保管していたんです」と紙袋いっぱい寄贈してくださった方もいます。また、鹿児島の村田足育アドバイザー®からも多くの靴を送ってくれました。今年度、最初の寄贈はケニアの子ども達に届くよう日本リザルツさんに送付いたしました。スナノミ症撲滅までの道のりは遠く、ケニアではいまだ200万人以上のスナノミ症患者がおり、1000万人以上が寄生の危機にさらされてる状態だそうです。ケニア政府にとっても無視できない問題となり、昨年、スナノミ症に関する正しい知識の普及啓発を図るため、3月3日が「スナノミの日(National Jiggers Day)」に制定されました。スナノミ症は、靴を履き、衛生状態に気をつけてさえいれば予防できる病気です。日本に住む私たちにとって当たり前のことが出来ない人々がいるということを念頭に置いて、活動していきたいと思っています。今後もJEFPAとして不要靴を寄贈する運動を継続してまいります。小さいサイズから大きなサイズまでサイズは問いません。革靴ではなく運動靴、スニーカー限定で、洗っていただきたいと思います。踵を踏んでいたようなものや、上靴のようなものではなく紐靴でお願いします。各地で活動している足育アドバイザー®に渡していただければと思います。皆様の真心の協力をお待ちしています。直接NGO日本リザルツに送付も可能です。NGO日本リザルツhttp://resultsjp.sblo.jp/article/176983727.html関連記事

      6
      テーマ:
  • 25Apr
    • フィリピンの子ども達にサイズアウトした靴を寄贈いたしました。

      NPO法人日本足育プロジェクト協会のブログをご覧いただき有難うございます。随分投稿が滞っておりました。今年度は、足育の情報を発信できるよう取り組んでまいります。さて、この度素敵なお便りを、皆さまのご厚意と善意で当協会が代表していただきましたのでご報告をさせていただきます。フィリピンの子供達へ靴を寄贈する会 小林様よりのお便りです。昨年度、フィリピンの子供達へ、協会本部から寄贈したのは30足です。主に昨年度2ケ月に1回開催しておりました★「奈良市のはぐくみセンター」での足計測会にご参加の皆さま★協会主催イベントに参加の皆さま★その他、各地域:北海道+鹿児島+関東の皆さまからの直接送付素敵な企画に、協会ならびご賛同していただき寄贈していただきました皆さまには、深く協会を代表しまして御礼を申し上げます。皆さま有難うございました。無事に子どもの足元に届いております。また本年度2017年も引き続き、寄贈の予定はありますので詳細は今暫くお待ちくださいませ。公式ホームページで情報を更新してまいります。http://ashiiku-pj.com   NPO法人日本足育プロジェクト協会 副理事長 中村恭子

      3
      テーマ:
  • 06Feb
    • 足型スタンプアートもオススメです!12日!足育イベント!!

      今週末になりました!!第4回足育イベント!!今回は足型スタンプアートがおすすめ💖可愛い今のお子さんの足裏をスタンプしてアートしませんか?ボードとトートバックを用意しています^_^今の可愛いあんよを記念に残しせんか?他にもデザインありますよ〜^_^是非家族で楽しんでください。日時 2月12日(日)10時から16時(15時半受け付け終了)場所 イトーヨーカドー奈良店4階足型スタンプアートは500円予約不要 先着100名分ご用意しています^^

      3
      テーマ:
    • 昨年大好評でした”かけっこ教室”も開催します!!

      いよいよ今週日曜日に迫りました足育イベント一般公開講座の最後を飾るかけっこ教室!昨年はたくさんのお子さんが参加してくれました^^走る前のトレーニング^^そこをしっかりしてから走ると、今までと違う!!子ども達の歓声が上がりました^^速く走るための大切なポイントを教えてもらえますよ^^今回は2回に分けて開催します^^14時からは幼児クラス15時からは小学生クラス前回同様竹之内先生に教えていただきますよ^^こちらは参加申し込みが必要です。https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSEvAubGylT

      1
      テーマ:
  • 01Feb
    • 第4回足育イベント ⑤足計測

      2月になりました^^いよいよイベントまであと11日^^足計測についてご案内します^^今回はフットルックという機械で足裏をスキャンします。ガラス面の上に立ち数秒じっとできれば1歳代のお子さんも取れますよ^^こんな感じでわかります^^これは中学生の足です^^くっきり土踏まずがありますね^^足の計測も行います👣スキャンした写真と計測した数値を記入してお渡しします^^足計測はお一人500円です。お母さんも、お父さんも一緒に是非どうぞ^^計測は先着順となっていますので予約不要です。足のサイズって意外にみなさん知りません><足の幅が広いのか細いのかもわかってるようでわからない方がほとんどです^^この機会に是非、ご自分の足をみてください^^知ってください^^お待ちしています^^日時  2月12日(日)10時から15時半(受付終了)場所  イトーヨーカドー奈良店 4階イベントホール計測される方は大塚製薬様よりSOY JOYのプレゼントがございます^^(1家族1つ)寒い2月の奈良ですが熱いイベント会場へ是非どうぞ^^

      1
      テーマ:
  • 30Jan
    • 第4回足育イベント ④運動遊び体験♫

      第4回足育イベントのご案内 4回目は運動遊びです^^子どもたちのできた〜!を育てる運動遊び若きホープの立溝先生がきてくださいます^^対象は年少から小学校低学年までです^^13時からスタートです^^体を動かすことの楽しみできないことにチャレンジする楽しみ短い時間ですがギューと凝縮して体験していただきますよ^^子ども達の笑顔が満開やりたいことを、自分で決めて、ありのまま楽しむ^^プログラムの中にいろんな動きがあるので、楽しみながら運動能力UP2月12日のイベントは13時からスタートです。参加費無料!!申し込み必要です^^年少から小学校低学年まで^^お早めにお申し込みくださいね^^お申し込みは→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSEvAubGylT

      1
      テーマ:
    • 第4回足育イベントのご案内 ③ハイハイレース&雑巾掛け競争

      2月12日に開催する足育イベント👣一般公開講座は全て無料です^^お申し込みは先着順です。0歳から参加できるハイハイレースを行います^^足育ではハイハイが大事とお伝えしています。いつもと違う場所で、上手にハイハイできるかなぁ?ハイハイレースは11時半からです。その後、12時からは雑巾掛け競争です^^雑巾掛けは ①1歳半から2歳           ②年少、年中           ③年長から小学生と分けてスタートします^^家でもモップが多くないですか?大人も参加してほしいくらいです^^手で雑巾を押さえ、頭をあげて、足の指先を蹴って進む。意外に難しいのです^^昔は広い畳のお部屋や、縁側を雑巾がけしていたと光景が多かったと思います。生活が便利になればなるほど、体って使わなくなりますね2月12日はぜひ、イトーヨーカドー奈良店へ家族で遊びに来てくださいね^^お申し込みは→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSEvAubGylT

      2
      テーマ:
  • 25Jan
    • 第4回足育イベントのご案内 ②親子de姿勢教室

      今回に足育イベントは足と身体にフォーカスして開催します^^一般市民公開講座として無料の講座をご案内しています。親子de姿勢教室姿勢のきょうしつのみゅう先生に楽しくレッスンしていただきます^^対象は年少さん以上の親子です先着20組までです^^当日についてみゅう先生からメッセージです^^①子どものための姿勢レッスンですが、子どもさんと保護者でのご参加をお願いいたします。②温泉で貰えるような薄手のタオルをお一人一本ずつお持ちください。③裸足になっていただくことがございます。④ 寝転んでいただくこともありますので、バスタオルやヨガマットなど敷物をお持ちください。場所   イトーヨーカドー奈良店 4階イベントホール参加費  無料時間   10時から10時45分まで参加申し込み→https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSEvAubGylT当日はイベント内、総合受付にお越しください^^お待ちしています^^

      1
      テーマ:
  • 21Jan
    • 2月12日(日)第4回足育イベントのご案内①足計測&アドバイス

      足育プロジェクト協会を設立した2013年から毎年2月10日【フットの日】と設立記念日(2月13日)を意義に留め、足育イベントを開催しています。本年第4回目!「元気な足は元気な身体を作ります!」    をテーマに足と身体にこだわったイベント内容になっています。今回はフットルックという足裏をスキャンする機械を使用し、足裏をチェックします足計測は足育アドバイザー®️が行います。足のサイズを測ります👣足についての相談がある方は専門家(義肢装具士)による相談コーナーも設けています。まずは、自分の足を知ることから・・・そして、お子さんの足を知ることから・・・足計測会では10秒ほど台の上でじっとできるお子さんからシニアまで計測いたします。寒い日ですが、ワンコインで是非、家族の足を知り、足元から健康を育むスタートの日にしませんか?足計測は予約不要で順番に行います。日時 2月12日(日)10時から16時(受付15時半まで)場所 イトーヨーカドー奈良店 4階イベントスペース参加費 足計測 500円    足型スタンプ 500円    一般公開講座は無料お問い合わせ  特定非営利活動法人日本足育プロジェクト協会          0743−85−6088

      4
      テーマ:
  • 06Jan
    • 新しい年がスタートしました。

      2017年がスタートしました。本年もよろしくお願いいたします。2013年2月13日に足育プロジェクト協会は誕生しました。今年は4年目となります。本年も昨年に引き続き、奈良市のイトーヨカードー店のご協力のもと、「第4回足育イベント」を開催させていただくこととなりました。日時 2月12日(日)10時から16時まで場所 イトーヨーカドー奈良店    4階のイベントスペース内容 ワンコインコーナー   ●フットルックによる足裏スキャン&足計測&足相談   ●足型スタンプアート   無料講座(一般市民公開講座)    親子姿勢教室    ハイハイレース、雑巾掛けレース    運動遊び体験    かけっこ教室お申し込みファームよりお申し込みされた方優先に受付させていただきます^^お申し込み →https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=HSEvAubGylT0歳からシニアまで、多くの方のご来場お待ちしています。

      4
      1
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス