ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記

~ゆうちゃんぐーすのアジア一人旅ドキュメンタリー撮影紀~


テーマ:



サイゴン。現ホーチミン市。こりゃ北に都ハノイよりバイクがものすごい。これね、輩ですよ。もうほんと暴走族。おじいちゃんもおばあちゃんも、中学生くらいの子もバンバン飛ばしてる。みんな小さいころから『特攻の拓』読んでるだろうし、『湘南純愛組』は各個人の家にコンプリートしてる。『ヤンキー烈風隊』とか1世代前の渋めなの読んでる可能性もある。そして『頭文字D』とかは絶対読んでない。車の数がマイノリティすぎる。集団暴走の数がはんぱない。ホーチミン中がバイクであふれてる状態なんす。








そんなくだらんことは置いときましょう。上のこの写真の彼、だれだかわかりますか?一人のぽっちゃりテンパボーイはまあオレとして、もう一人の人、実はベトちゃんドクちゃんのドクちゃんです。今はドクさん。結合双生児として生まれたグエン・ドクさん。









ベトナム入ったときから彼の存在を意識してて、小学生の時観たドキュメンタリーの記憶と言えどかなり鮮明に残ってる感情。大学でドキュメンタリーを勉強しようとおもったきっかけのひとつに確実になってる存在。前々からベトナムのサイゴンに住んでるって情報だけは聞いてた。








それでサイゴンに来て、情報ゼロから探してみた。ビザもギリギリだったので、3日間だけの滞在の中、動けるだけ動いてみた。朝から晩までバイタクに聞きこみしたりツアー会社に聞いたり。だからサイゴンでは観光っぽいことはまるでしていない。そしてフエは雨季で寒くて、ここサイゴンにいっきに来てかなり扱ったけど動けるだけマジで思いっきり動いてみた。








そして、人間やる気になればなんでもできるもので、願いが叶ってドクさんにお会いすることができました。お仕事中に忙しいにもかかわらず時間をとりつくろってい ただいてアポを取らせていただき、翌日ドクさんの家へおじゃまさせていただきました。奥さんがすごくきれいな方で、結婚記念日とオレの誕生日がなんと同じ。1時間程 度でしたがお話できてとても有意義な時間をすごせました。いやぁ引き合ってるわ、旅っつーやつはまったく。感動させますねぇ。








そこで俺はドクさんに、ドキュメンタリーを勉強してたこと、今も撮ってることを伝えた。そしてそのきっかけは自分が病気だった経験。それがあるから今があることをお伝えした。それからドクさんは話してくれた。ドクさんは現在、仕事とは別にボランティア施設をやっているらしい。枯葉剤被害者を援助する施設でも働いていると教えてくれた。自分が枯葉剤被害者ながら、さらに被害者の援助を。そして日本との架け橋としてもメディアに登場したりと大忙しだという。何よりすばらしいのがそれを実際に実現させているということだ。それ聞いてうれしくなってテンションあがって、ミーハーかもしんないけど握手させてもらった。その後、俺はドクさんに僕もすばらしいものを作っていくとお伝えした。









完全にミーハーなんだけど、その後サインとメッセージを青春パンクノートに書いていただいた。ベトナム語だからなんて書いてあるかはわかんないけど、それは旅が終わってから日本帰ってからの楽しみにしている。当然帰り道はウキウキだ。こういう経験がカテになる。ポイントなんだ。メッセージの最後にカタカナで『ドク』って書いてくださった。ドクさん、ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-081204 01



はい、またやりました、2、3日でベトナムへ戻るつもりが、DONDETがいい場所すぎて長居してしまいました。でも後悔なんてしてません、てかもっといたいくらいだった。DONDETはそういうところだった。でも僕は日本人。ビザってやつがあるんです。国同士には決まりがあるんです。ラオスビザもノービザの場合は15日滞在可能。ってやばいじゃん!オレ急げ!!








ワット・プーがあるチャムパサックって村からボートで車ごとメコン川を渡る。そっからまずパクセ。バスターミナル探してサワンナケート。一泊したいなって思ってたけど、ちょうどすぐ出発のバスがあったのでそのままフエへ。国境付近、バスの中で一泊してイミグレ抜けてベトナム入って、ドンハ、そしてフエ到着。文章もなんだか急いでます。








ラオスのイミグレでたまたま中国の昆明で一回だけ一緒にご飯食べた人にあった。あの後、一回日本へ帰った後また東南アジアへ来ちゃったらしい。ビエンチャンからフエに行くバスの途中だという。超偶然。こんな国境で。しかもこんな時間早朝。それからなんだかんだ話してたら、なんとこの人バスに置いてかれてしまった。こういうことってあるんだね。ローカルバスこえぇ。荷物は乗せてなかったってことでほんとによかった。それでベトナムドンも持ってなく、近くにATMも銀行もないってことでお金を貸してあげて、オレが乗ってきたバスに一緒に乗ってフエを目指した。困ったときはお互い様ってことで、こんなとこで会ったのも何かの縁ですしね。そしてフエ。そしてフエに着いたらこの人にご飯をご馳走になった。あざーっす!








フエに2泊。急げ、サイゴンへ。ベトナムのツーリストバスはかなり発達しててハノイ・サイゴン間途中の観光スポットでストップオーバーできるんだ。普通はそれでいろんなとこ行くんだろうけど、時間もないのでホイアンでストップ。しかも泊まらないで6時間くらいストップした。








ホイアンは雨。世界遺産になってる旧市街は中国のそれに似てるけど色が違う。色は黄色だ。そこでウォーキング。雨降ってるなんてついてないけど、なんだか雨に似合う街だ。



ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-081204  02




それにしてもこのベトナム、観光業が発達しすぎてる。モンゴル、中国と来てベトナム、初めて入ったときなんか少し戸惑ったんです。列車乗りたいのに列車よりツーリストバスの方が大幅に安いし、どの観光場所へも好きなときに簡単に行けちゃう。シンカフェやキムカフェといったでっかいツアー会社が連ねる。そして何より戸惑ったのが、ベトナムは縦に長い国なので、行く場所が限られてしまっているってこと。今ハノイにいます、じゃあ次はフエに行くんですね、そして次はホイアン、ニャチャンですねってかんじでだいたいルートも決まっちゃってる。中国、モンゴルはそんなことなかった。網目状で無限だった。だからちょこっと好奇心削られるってかなんだかね。ハノイ以降はそんなことをかんじていました。なんだか修学旅行みたいでいいけどさ。ハノイ以降時間もなくてローカル使わなかったからかな。まあでも便利が一番。ツーリズムの力を利用してやりましょう。最近の頭くらくら病こわいし、シンカフェサンクスってことで。しゃーす!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-081121



ラ、オーッス!このベトナムという国、日本人はノービザで入国した場合15日まで滞在できるそうでなによりですね。しかし!しかしなのだ!ベトナムのSAPAが面白すぎたのとハノイでアホみたいに風邪ひいててしまったためにビザが切れてしまう危険な状態に。ベトナム縦断計画失敗!ベトナムは縦に長いから北と南じゃ違う国みたいだよって聞いてたもんだから、そして大好きなフォーの味も違うって聞いてたもんだから、北から南で縦断しつつそんなのを見極めて行こうとしてたんだけど、あえなく失敗。でもこのゆうちゃんぐーす、頑固なもんで一度決めたものは実行します。一回ベトナムのフエからラオスに入って、再びベトナム入国してビザを復活させ、縦断計画再実行です。そのための新年の楽しみにしていたラオスからひょんなことから入ったラオスへ。こんなの旅にはつきものっしょ。ちょっと待ってろベトナム南部。








ベトナムのフエのドミトリーで一緒だったもう10年以上旅を続けてるっていう女性の方も同じ日にラオスに入るということでご一緒させてもらった。(ベトナム)フエ→ダナン→ラオバオ→(ラオス)サワンナケート→パクセという道のりを、ベトナムで有名なツーリストバスじゃなくてローカルバスを使っていく。完全にビザ切れへの恐怖なんかより冒険心が勝っちゃってるんですよ。コーヒー大好き子ゆうちゃんぐーす、コーヒーの名産地パクセへ。








って今回ご一緒させていただいた女性の方、もう10年以上旅してるんだって。知的な方雰囲気のでNGOなどのボランティアに参加しつつ、物価が高い国で働いて金を稼ぎ、安い国でのんびりすごす。その繰り返し。てかそれって可能なの?可能らしいです。そんな旅を10年も続けてる人ってどんな人よ?それ気になるっしょ。いっぱい話聞きたい!きっとすげーんだぜ。だからご一緒させていただきました。








しかしすごく残念でした。話の9割が金の話。どこでどんだけ値切っってやったとか日本人は値切らないからバカだとか。俺が聞きたいのはそんな話じゃない。そして完全に現地の人を馬鹿にした態度。宿までの道がわからなかったから現地の人に道聞いたらわからず、それでもその人は一生懸命考えたり、違う人に聞いてくれてるのに、この人たちは教養ないから地図もよめないって馬鹿にする。ただ来ただけの客引きを思いっきりつきとばす。あんときはその客引きの人も怒って危険な状況だった。結局、警察呼ぶぞってその人が脅してその客引きを無理やり帰るしかない状況にした。あと、かわいいーとか言って遊んでる子供の頭を後ろからつかんで自分の方へむける。子供びびってたじゃん。親すらびっくりして怖がってた。そしてずーっと、いわゆるボリ文化がさかんなベトナムの悪口ばっかいってるし。なんだかなー。







つまらんよそれじゃ。そして別れかたも最悪だった。パクセの宿に夜中ついて、一番安いドミトリーが空いてなくて、しょうがないから次に安いツインに2人で泊まった。レセプションにはっきりでかでかと58000キープと書いてあったツインの部屋。翌日、昨日のなんだかなぁの気分がまだ残ってたから、俺は朝はひとりでメシくいに行った。そんで帰ってきたらなんだか騒がしい。他の同じツインに泊まった白人が50000キープで泊まってるって言ってたのを聞いたらしい。それ聞いて怒りだして宿の人に文句を言いにいく。あの人は50000キープで泊まってたみたいだ、8000キープ返せ!って。それで宿の人が値段表にもツインは58000キープって書いてあるとおり、ツインは58000キープですってなだめる。でもあの人は50000キープで泊まってたんだ!って怒る。そりゃぁさ、その白人が値切ったからじゃないの。それだけの話じゃん。あの白人は値切れて、俺らは値切れなかっただけじゃん。それで納得して昨日58000キープ払ったんじゃん。なにを今更。それでもその人の怒りは治まらず、騒ぎだす。私はラオス人好きだったのにここの人たちは最悪だ!とか。最終的に、ネットに悪く書き込んでやる、そしたら日本人こなくなるぞ!って脅す。おいおいそりゃないよ。宿の人も終始苦笑いで対応。俺もっその様子を端っこで聞いてた。結局、一緒にここまで来たその女性は怒って出てってしまった。俺も宿のスタッフも近くで聞いてた旅人たちもみんな嫌な気持ちにしてどこかへいってしまった。さよならも言わずに。ちなみに現在1ドル90000キープくらい。2人で泊まったから怒ってた原因の金額は一人4000キープ。日本円にしたら40円ちょっとくらいだ。それで旅行に来てるみんなを、それを気持ちよく迎えてる宿の人を嫌な気持ちにしてどっかいっちゃった。








旅を10年続けた末がこれかって、すごくがっかりしたんです。俺なんて初心者だからなまいきなこといえないけどさ。10年旅してた人の感性を期待してただけにすごく残念だった。やっぱり旅を生活にしてはいけないのかな。生活にすると金を1に考えるようになってしまうのかな。すばらしい景色や人のやさしさはこの人には見えてないのか。すっと話を聞いてたけど、9割以上が金の話。俺の聞きたいのはもっと違う話だ。なんだかなぁ。








よっしゃ、俺の名前はMCゆうちゃんぐーす。今日はお前に一言言わせてもらう。







旅の価値は金とか数字じゃ表せないぜ!


もっと不確かな何かだ!







宿の人に暴言を吐いた後、最後にその人は俺に言った。「君は旅慣れてないからわかんないだろうけど、こんくらいしないとダメなのよ」って。








うっせー!だったら俺は一生旅に慣れたくなんかない!そんなことしてみんなを嫌な気持ちにするくらいなら、俺はボラれてくやしい思いを笑い話にするわ!そして旅に慣れずにいつまでも客引き相手にキョドっていたいわ!こんちくしょう!あなたが金のことを考える時間、俺はきれいな景色を観たり、すばらしい人と話したりするんだ!あー、ちくしょう。コーヒーの名産地パクセ。あぁコーヒーがマズイ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。