ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記

~ゆうちゃんぐーすのアジア一人旅ドキュメンタリー撮影紀~


テーマ:
ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記



はいさい2005年ミスター沖縄に選ばれたゆうちゃんぐーすです。先日のディッキーの早とちり日記ごめんなさい。今度こそいよいよです。本日沖縄行きのトケットが取れました。いやぁよかった。バンコクはそわそわしてしょーがない。欲望シット!








というわけで明日31日にバンコクを発ちます。インドから来て物価の高さに驚いて、メシのうまさに感激して、カオマンガイばっか食って、たまにバンコクに旅行にきているインド人をみかけて、そいつらが立ちんぼのレディボーイにみとれてるとこみながら、疲れたけどなんだかんだでインドって楽しかったなぁとそんな刹那な気持ちになっていました最近のバンコク。いよいよ東南エイジアともお別れです。








つーかんじで予定!



31日バンコク→台北ストップしてオーバー


2日台北→那覇(到着は18時)


お盆前には帰りたいので11日あたりを目安に東京に帰りたいと思っています。








ちなみに沖縄での予定は


神様の島久高島へ


チェンマイで会ったおじいさんの家を訪ねに名護へ


ってかんじです。沖縄の友達たち遊びましょうね。








そうそう、なぜ沖縄にいくかって。2005年に沖縄のゲストハウスで働いてたことがあるんだけど、そこに集まってくる人たちがさ、世界を旅して最後に沖縄にきてる人が多くて。ゲストハウスにいる間はその人たちから世界の話をずっと聞いてた。そこでバックパッカーっていう言葉も始めて知ったし、それまでは日本が楽しくて旅してたけど、だんだんと世界に目が行くようになった。でもなんで世界を周ってた人たちがなんで最後に沖縄来るのかなって思って聞いたら、みんな「沖縄で慣らして社会に帰る」とか言ってた。うわー、こいつらマジかっこつけーっと鳥肌立つわー、しかも今思えば沖縄馬鹿にすんじゃねーって感じだけど、なんだかんだそっくりそのまま同じことやってやろうと思いたちました。沖縄に戻ります。あのころのオレへ。じゃす!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-09021504



レミが来た日、バンコクのインド大使館にビザを申請に行った。いよいよインドだ。今回の旅の最後の外国になるだろう場所。一週間後パスポート受け取り。そ れからレミが来て一緒にアユタヤに行き、レミが帰ってからパスポート受け取りまで3日。そのなかで前に麗江とシェムリアプで会った世界一周夫婦の方にまたまた再会。彼らにタイのパーイに行きなさいと薦められた。うわぁどうしよう、ってパーイってところは前に行ったチェンマイの近く。前は愛蔵さんに夢中だっ たので行けなかった。それでそのままバンコクに戻ってきた。パーイに行くためにもう一回チェンマイ方面に行けっていわれても行けませんよ。しかし俺は実は前にチェンマイ で絶対にやってはいけないミスを犯している。愛蔵さんからもらった絵をゲストハウスに忘れましたんだ。うっかりっちゃー。それともうひとつ。バンコクで出会っ た一人のファイヤーダンサー。実に力強い方でその人に巻きもまれるがまま俺は3つの理由に導かれてもう一度、チェンマイ、そしてパーイへと向かった。チェンマイ・パーイに呼ば れたってわけだ。


ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-09021501



パーイ。昔はバックパッカーの聖地とされ、今はタイ人観光客であふれている山岳の町。気候がよくすごしやすい田舎町。俺はここで人からの勧めもあってベジ タリアンになることにした。正確に言えばベジタリアンを気取ることにした。ベジになる理由はさまざまあると思う。肉は動物、動物を殺すのはかわいそうと か、家畜を育てるために使う飼料や水を考えると人間は植物を摂ったほyが地球環境にやさしいとか。そのどちらも一応はわかる。もうひとつ、よくある理由と して、家畜を殺すと時、その家畜には「殺される」という不の気持ちが生まれ、その気持ちが細胞に行き渡り、その不のエネルギーを食べることによって人間の 気のバランスが崩れるみたいなこんなかんじ。これがね、難しい。不の気持ちが家畜から生まれるってのはなんとなくわかるけど、それを食うことによって気の バランスが悪くなるって。うーむ。あれやこれや考えず、わかんないことはやってみましょう。レッツトライベジタリズム。


ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-09021505



ここパーイ。おっパーイ。「ここには何もないんだけどすべてがある」。俺を最終的にバンコクからここまで巻き込んでくれたファイヤーダンサーのリョウくん の言葉だ。彼は今回でパーイは6回目。そう、6回も来てしまう魅力につまっているし、きっとリョウくんは年に一回くらいはこれからもパーイに来ると言って いた。何もないんだけどすべてがある。パーイにはこれといって観光名所はなにひとつない。だがここには人と触れあれる生活がある。気候がよい山岳の町での 生活。生活がすべてだ。そこに惹かれるんだ。べつになんもなくたっていいのかな。バックパッカーは。聖地。そして俺はここにいる間「夢蝶」という日本人が やっているGH?によくお邪魔させてもらった。ここで話をしたり、音楽をやったり、夜になったら火を焚いたり、月を見たり。これがパーイでの生活。


ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-09021503


ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-09021502


ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-09021507


それから日本人が村を作って生活している「ムーンヴィレッジ」というところにも行ってきた。今は昔の場所から移転して「ニュームーンヴィレッジ」。この村を作ったとろんさんという方は日本に今は帰っているらし く詳しいお話を聞くことはできなかったが、こういう生活スタイルもあるっていうことを実感させられた。今はとろんさんも含み3家族が住んでいるという。2 歳の子供もその中にはいる。完全に自給自足で現代を生活するっていうのはきびしいだろう。しかしそれになるべく近い生活はできる。それってさ、ものすごく 生きてる実感みたいなもんが感じられてるんじゃないの。そこがとても魅力だ。だが捨てるものも多いだろう。はっきり言って日本だったら現実的じゃない話。 タイだからできるのかな。1つの生活スタイル。とても勉強になりました。俺はもっと生きてる実感をかんじたいから。


ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-09021506



パーイ滞在も終わりに近づき、気になるエセベジタリアンゆうちゃんぐーすの変化はというと。。。腹痛くなった。最終日はめちゃめちゃプリングルス食いたく なって、ベジ生活終了。めちゃめちゃプリングルス食った。あわれなりー。根性ないとかそういうんじゃないし、ベジは。てか腹痛くなるって何?そんなに不自 然なもののほうが体に合うの?そしてこのプリオングルスはギザうまし。チェンマイで再トライだね。そしてベジ率30%超えてるインドでもトライ。もうプリ ングルスは禁止。いやん食いたい。








そういう雑念を洗い流すために、夜の温泉にしのびこむ。気候が良く過ごしやすいここパーイにはさらに温泉までわいている。旅中に露天風呂に入れると思わな かったわ。ギザきもちよす。「うはー、きもちー」なんて大声だして、しのびこんでんのばれそうんなって逃げたのもいい思い出。じゃす!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-090201 01



いよいよ待ちに待った日。大学の友達レミちゃんぐーすがここタイに遊びに来てくれます。正味、長期旅している人にとってこんなうれしいことないですよ。日本の友達がきてくれるって。ひとり旅ってけっこうさみしいわけで。しかもカメラ機材も同時に持ってきてくれる。まじでありがたいばかりです。感謝感激雨ARASHI!!








仕事休み50時間の強行。実は飛行機恐怖症のレミが本当にこっちにくるなんて少し不思議だった。少しだけど本当にくるか疑ってた。って空港行ってみたらマジで来たわ!おいーっす、だなんて久しぶりに会ったかんじはしないですよ。バックパックでもコロコロでもなく、その辺に落ちてそうなきったないバックを腕の中に抱えてやってきた。8ヶ月旅してる俺より汚いバックで日本からやって来たのには笑わせてもらったよ。はい、レミが無事にきましたよ。








深夜着いたのでタクシーでカオサンへ。レミ曰く、「なんかタイに来たかんじがしない」。あたりまえや、ここは欧米人の街や。初めて食べるタイのやきそばパッタイにも、びっくりするくらい多いセブンイレブンにも目をパッチリきらきらさせてがっつくレミを観て、少し旅慣れちゃったかもしれないなって自分は思った。摩耗ってやつですかね、沢木耕太郎さん。ダメよゆうき、好奇心ああ好奇心。








レミさん仕事合間50時間の超強行。もちろんほとんど寝ずに世界遺産アユタヤ遺跡へ。俺もレミに便乗して豪遊しちゃおうと象乗り、ボートトリップ、バンコク帰ってきてムエタイ、おかまさんショー。やっぱ日本の友達と旅するってのは今までの雰囲気と少し違うかんじになるね。パーってかんじ。レミなんてとにかく金使ってやるよって感じでポンポン落としてった。金をこの国に落としてくっていう気合が違った。絶対に必要ない額両替してその分使わないとムダになっちゃう状況に自分を追い込む姿勢。そして何回も両替する両替中毒。レミって大学のときこんなやつだったっけ。日本社会がレミを変えたんです。そしてレミが働いた金がタイの経済に少し影響を与えているんです。しっかしこの金ってやつはやっぱり旅行を濃くしてくれるわ。たぶんひとりで旅してたら行かなかったとこにもたくさん行けたよ。金で買う時間の旅もおもしろいわ。


$ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-090201 02

        レディボーイたちはギザグンバツのジョービー






そして空港へ行きのタクシーへ乗る30分前。レミと計画してやったのがこれです。


$ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-090201 03



『鬼太郎コスとネコ娘コスINカオサン』。最初に言っておくと僕たち、決してアキバ系とかそんなんじゃないですよ。俺とレミは水木しげる先生が大好きってだけでここまでたどり着いてしまったんです。妖怪、そして神道、水木しげるを世の中に浸透させるべくさ。このコスプレは卒業式の時に新宿歌舞伎町で一回やってたやつで、それがおもしろかったもんだからレミがこっちくることになった時からやろうぜーって計画してた。それで今回は『世界遺産と妖怪』ってテーマで世界基準でやろうとしてて、アユタヤでやろうってなってたんだけどうっかりミスで日本から持ってきた衣装をバンコクの宿の忘れてできず、どうすっかどうすっかって遂に狂った街カオサンでやってしまいました。待ち合わせで有名なカオサンのバーガーキングの前で撮った写真です。日本人は俺らば恥捨ててこんなにがんばってるのにノッてこない。欧米人やタイ人からの反応は良。そしてこれはカオサンの日本人宿街の裏路地で撮った鬼太郎。




うん、本当にレミありがとう。良い刺激になりました。ここでの強行約50時間は今回の旅で忘れない思い出になるわ。新品テープも受け取り、レミから充電完了!!マジありがとね!次はインドでね!レミの金でインド経済をさらに活発化させよう(笑)。じゃす!


$ゆうちゃんぐーす ひとり西遊記-090201 04
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。