このごろアフィリエイトのためのアクセス数増しを狙った読者登録申請がよく来ますが、僭越ながらそのようなものは申請されても認めませんのであしからず。 また、記事とは関係なく自己サイトへの誘導を目的としたコメントも消させていただきます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年02月26日(日)

印象操作で政局を作ろうとするな!

テーマ:報道

++++++++++++++++
 「東京新聞記事、問い合わせせず臆測」 在日米海軍が反論

 在日米海軍司令部(神奈川県横須賀市)が公式ツイッターなどで、厚木基地に所属する空母艦載機のFA18戦闘攻撃機に関する東京新聞の記事に反論していることが25日、分かった。反論は23日付で「東京新聞はなぜ、米海軍に問い合わせることすらせず、臆測の記事を掲載されたのか。読者は正確な情報を知る権利がある」と、同紙の取材姿勢まで批判する異例の事態となっている。
 対象となった記事は同紙の17日付朝刊に「厚木の米軍機FA18 6割飛べず?」との見出しで掲載された。米国の軍事専門紙による報道などを根拠に、横須賀基地を母港とする原子力空母「ロナルド・レーガン」の艦載機で厚木基地に所属するFA18の約6割が米国防費の予算不足で稼働できず、「米軍の戦力に疑問符がつく」と紹介した。
 これに対して同司令部は「FA18に関し誤解を招く恐れのある東京新聞掲載記事に対する在日米海軍司令部の見解」と題する反論を公式のツイッターやフェイスブックに掲載。「(FA18などは)完全に任務遂行可能で、常に日本を防衛する即応態勢にある」と強調して記事の内容を真っ向から否定している。
 産経新聞 2/26(日) 7:55

++++++++++++++++

 産経も軍事関係では時々恣意的にデータを「誤認」した記事を書くが、東京新聞もひどいものだ。

 反米・半日でも反中でも、それは新聞社の姿勢として明確にしてもらえばいいが、そのために事実を歪めることだけは、してはいけない。
 それこそが民主主義の敵というものだ。



 さて、なにやら国会ではまた、予算審議をほったらかしにしてくだらない揚げ足取りと印象操作の「探偵ごっこ」が行われているようで。

 長くなるのだが、毎日新聞の記事がそのくだらなさと左巻きの「論点混濁」の仕方をよく教えてくれているので全文引用させてもらおう。


++++++++++++++++
 <森友学園>土地取引、際立つ異例さ…国会紛糾

 大阪市の学校法人「森友学園」が小学校用地として取得した国有地の取引の異例さが際立っている。24日の衆院予算委員会で民進、共産両党が追及し、「政治家が関与している、と国民が疑念を持つのは当たり前だ」と批判が相次いだ。焦点は大阪府豊中市の土地の鑑定額9億5600万円から、ごみ撤去費約8億円を減額した財務省の裁量だ。【光田宗義】

◇ごみ撤去、確認不要?
 問題の国有地は約8770平方メートル。近くの伊丹空港の騒音対策区域だったが、航空機の性能向上で役割が終わり、2013年に売却先を公募。森友学園が手を挙げた。
 審議での焦点の一つは、減額算定した8億円に相当するごみの撤去が実際に行われたかを、政府として確認する必要がない、とする政府側の答弁だ。
 財務省の佐川宣寿理財局長は24日の答弁で「新たにどんな地下埋設物が出てくるか分からない中、土地の売買契約で『隠れた瑕疵(かし)』(想定外のごみ)も含め免責する、という特約付きで適正に時価を反映した」と説明。「どう撤去したか確認する契約上の義務はない。学校建設の中でどういう状況になっているかは学校側の経営判断だ」と答弁した。
 野党は猛反発する。民進党の玉木雄一郎氏は「8億円ディスカウントしておいて、ダンプで(ごみを)運び出す作業をしているかは知らないし、調べる義務もない、という答えだ」と批判した。

◇売買契約、類例少なく
 売却前の賃貸契約も異例だ。23日の質疑で佐川局長は、売却を前提にした「買い受け特約付きの定期借地契約」と呼ばれる契約事例が、過去に2例しかなかったと答弁。
 さらに24日の質疑では、土地代金の分割払いを認めて当面の支払額を年額約1100万円とし、賃貸時と同額程度に抑えた今回の取引の前例がなかったことも分かった。
 佐川局長は「建設途中で新たな埋設物が出た事例はなく、(学園の)財務状況を勘案して分割払いにした。初めてだ」と認めた。

◇前例ない国直接算定
 23日の質疑では、大阪航空局が行った8億円の減額算定に関し、国が直接算定した前例がなかったことも判明。佐川局長が「今のところ(同様の)事例は確認できなかった」と明かした。
 また、佐川局長は24日の答弁で、学園側の要望に沿ったと説明。「(ごみが確認された)昨年3月から今年4月の開校まで1年で、国が全部撤去すると入札が必要だ。先方は『待てない。撤去費用を控除した値段で買って、(ごみ)撤去も建設も(自分で)して一気にやりたい』という意向だった」と明らかにした。

◇教育勅語を朗唱…森友学園
 森友学園が運営する幼稚園は、戦前の教育勅語を唱和させる独特の教育内容で知られる一方、差別的発言の疑いがある言動には懸念が出ている。
 学園が運営する「塚本幼稚園」(大阪市淀川区)のホームページ(HP)には「毎朝の朝礼において、教育勅語の朗唱、国歌“君が代”を斉唱します」とある。右派論客を招いた教育講演会にも力を入れている。
 幼稚園の保護者への配布文書に「よこしまな考え方を持った在日韓国人や支那人」などと記載していたことや、HPで一時、元保護者とのトラブルに関連して「韓国・中国人等の元不良保護者」と表現していたことが分かり、府が1月、籠池泰典理事長から事情聴取。その後、HPの表現は削除された。
 府私立学校審議会の22日の会合では委員から文書配布の件で懸念が出たほか、23日の衆院予算委員会では民進党の今井雅人議員が、園から「私は差別をしておりません。ですが心中、韓国人と中国人は嫌いです」との内容の手紙を保護者が受け取ったことを紹介した。
 元園児の保護者からは訴訟も起きており、保護者らは元園児は幼稚園の職員から「犬臭い」と非難され、「犬を処分しなさい」と言われたと主張している。【武内彩、湯谷茂樹】
 毎日新聞 2/24(金) 21:29

++++++++++++++++

 要するに争点は「ごみ処理費として国が八億円と見積もって、その分土地の価値が棄損されているとしたこと」だけなのだが、「こういう取り引きは少ないから問題」だの「国が算定したのは問題」だのとすり替えをしたうえで、売却先の学校法人が教育勅語を暗唱させていたことなどから「極右」のレッテルを貼ったうえで、安倍総理の夫人が名誉校長になっていたということから、「安倍絡みで口利きの不正があったに違いない」という印象をつけようと左側のメディアや「反安倍」勢力が騒いでいるのである。
 

「国有地売却問題巡り野党が攻勢 衆院予算委、首相は防戦」(朝日新聞デジタル 2/25(土) 0:00配信)
「国有地売却、政権火消し=安倍首相、森友学園と距離」(時事通信 2/24(金) 20:01配信)

 

 などと、彼らはあたかも総理が苦しんで逃げているような印象の見出しを書くが、実際には、

++++++++++++++++

 国有地売却、首相が弁明 「安倍晋三小」何回も断った

 学校法人「森友学園」への国有地売却をめぐる問題が安倍晋三首相を直撃した。24日の衆院予算委員会では野党が首相の責任を追及。首相は新設される小学校の名誉校長を妻が辞任したことや、自らの名を使った学園の寄付金集めに抗議したことを明らかにして、疑惑の払拭(ふっしょく)に努めた。それでも、売却をめぐる問題は不透明さを増している。
 首相はこの日、審議の冒頭から森友学園との関係性を否定しようとした。
「教育者としていかがなものかと相手方に伝えた。何回も断っているにもかかわらず、寄付金集めに(安倍晋三記念小学校の)名前が使われたのは本当に遺憾で、抗議をした」
 首相は妻昭恵氏が学園が開設予定の小学校の名誉校長を辞任したことも明らかにし、同学園の籠池(かごいけ)泰典理事長に対して「非常にしつこい」とまで口走った。
 17日の衆院予算委で「妻から(籠池)先生の教育に対する熱意は素晴らしいと聞いている」と語った好意的な口ぶりは影を潜めた。質問した民進の福島伸享氏は「先週は同志愛を示していたが、この1週間でだいぶ変わった」と皮肉った。
 小学校は「日本で初めてで唯一の神道の小学校」をうたい、系列の幼稚園は明治天皇の名で教育理念などを規定した教育勅語を暗唱させる教育方針で知られる。籠池氏は、憲法改正で首相を後押しする日本会議のメンバーでもある。
 首相が追い込まれたのは、国有地の売却手続きの異例さとともに、学園が経営する幼稚園が外国人に対する差別的な言動や教育内容をめぐって保護者らとの間でトラブルを起こしていることが背景にある。
 朝日新聞デジタル 2/25(土) 1:50

++++++++++++++++

 メディアが勝手に「不透明」と表現し、「関係を否定しようとした」などと「思わせぶりな書き方」でごまかしているだけ。


 中学生以上の社会常識を持っている人間ならば、こういうところの「名誉なんたら」というのなどただのお飾りに過ぎないことなど誰でも知っていること。「否定しようとした」ではなく「否定した」が本当の表現の仕方であるし、「距離を置こうとしている」もなにも、はじめから関係などないというのが普通のことだろう。
 新聞もそんなことはわかっているから、表現方法で「なんとなくそんな感じ」を刷り込むぐらいしかできていないのに、ヤフーニュースのコメント欄に張り付いているような「反安倍」勢力がギャーギャー騒ぎ、民共連合が国会で「政府を攻めている姿勢」づくりのために利用しているのだ。馬鹿らしい。
「テレビの扱いが少ないのは圧力がかかっていて~」と陰謀論を全開にしている人間も出てきているが、こんな筋の悪い政局話、まともなジャーナリズムならばトップになど持ってくるはずなどない。麻生時代に事業譲渡と土地の譲渡を混同させてうまくミスリードできた「かんぽの宿」で騒いだ夢をもう一度と思っているのだろうが、あんな低能な騒ぎなど、二度も成功できると考える方がおかしい。



 だいたい「ゴミがどうの」という話からして、


++++++++++++++++
 <森友学園>「ごみ埋めた」業者証言

 森友学園の小学校用地として売却された大阪府豊中市の国有地を巡る問題で、地下のごみ処理に関わったという関西地方の土木業の男性が24日、毎日新聞の取材に応じた。建設用地には生活ごみなどが混じった土が山積みになっていたといい、男性は「敷地内に穴を掘り、その土を埋めた」と証言した。
 この証言は国会審議で取り上げられ、国側は産業廃棄物として撤去費を見積もったと明らかにした。
 男性は昨年11月、知り合いの業者に紹介され、建設現場に出入りするようになった。校舎は既に建ちつつあり、敷地南側に約2000立方メートルの土が山積みで、空になったしょうゆやマヨネーズの容器、靴、衣類などが混じっていた。発注元の業者からの指示で、周囲の地面を2~3メートル掘っては土を埋める作業を繰り返したという。
 ごみが混じった土はアンモニアのような強い異臭を放ち、昼食などはのどを通らなかったという。男性は「子供が遊ぶ場所で問題だと思った」と語った。
(後略)
【藤顕一郎、津久井達、青木純】
 毎日新聞 2/24(金) 23:30

++++++++++++++++

 毎日新聞自身の―別の思惑で書いた記事―が、その存在の証明をしてしまっているのだから馬鹿らしい。

 これの排除に八億円という算定をしたとしても、実際に買った方がその金額をかけなくてはならないということもなく、「もっと安くできる」としたならそれはそれで買い手側の才覚というもの。
 それで後々何かあっても「国は関係ない」という契約を結んだのも、今豊洲の移転問題で「土地の汚染をほったらかしにした東京ガスの責任は」という論調まで出ていることを考えれば、「あり得ること」ではないか。
 豊洲のことで「汚染がー」といっている層とこの豊中の土地で「問題がー」と騒いでいる層はかぶっているように見受けられるが、そのことがもうこの話を「政局に祭り上げよう」とする姿勢が見え見えである。


 

 民共連合や「反安倍」メディアなどは、


++++++++++++++++
 稲田氏、教育勅語の丸覚えに理解示す 森友学園の幼稚園

 大阪府豊中市内の国有地が近隣国有地の約1割の価格で学校法人「森友学園」に売却された問題をめぐり、23日の衆院予算委員会では、同学園の籠池(かごいけ)泰典理事長と稲田朋美防衛相、安倍晋三首相の妻昭恵氏との関係を野党が問題視した。
 稲田氏は籠池氏に対し、「長年にわたり自衛隊の部隊との交流等を通じて防衛基盤の育成と自衛隊員の士気高揚に貢献された」として昨年10月、防衛相感謝状を贈ったことを明かした。
 民進党の辻元清美氏は同学園が運営する大阪市内の幼稚園で、在日韓国人らに対する差別的な表現を記した文書を保護者に配布したことを取り上げ、感謝状贈呈の再考を要求。稲田氏は「事実関係を踏まえ、取り消すことも含めて適切に対応してまいる」と応じた。
 辻元氏はさらに、稲田氏が2006年10月の月刊誌で、この幼稚園が教育勅語を素読させていることに文部科学省が「適当ではない」とコメントしたことを取り上げ、「文科省の方に『教育勅語のどこがいけないのか』と聞きました」と擁護していたと指摘した。稲田氏は「教育勅語の中の親孝行とかは良い面だ。文科省が言う、丸覚えさせることに問題があるということはどうなのかと思う。どういう教育をするかは教育機関の自由だ」と答えた。
 朝日新聞デジタル 2/23(木) 20:29

++++++++++++++++

「教育勅語がどうの」で「極右でどうの」で「だからけしからん学校で安倍はこんな学校に肩入れしていて」というトンでも論法で騒いでいるが、それこそ「内心の自由」「教育の自由」に対する弾圧でしないか。

 これを問題だというのならば、どうして彼らは(2016/01/23の記事、不法滞在は犯罪である)で取り上げた「尼崎市が朝鮮学校に相場の100分の一の賃料で土地を貸していた」という話の時にはどうしてマスメディアは騒がなかったのか。
 まったく。「右翼だ潰せ!」と大声で主張するこの同じ勢力は、一方では「教育方針のことで朝鮮学校に補助金を出さないのは差別」といっているものたちではないか。
 ふざけた話である。

 朝鮮学校は日本の学校教育法に従っていないから日本の公金が支払われるのは憲法違反だが、この学校は思想的にどうあれ日本の学校法にのっとった届け出をしているのだから、非難の対象にするのもおかしい。

 土地取り引きの話とこの学校の教育方針は、何ら関係のない別の話である。
 それを混濁させて問題化しようとするものたちは、結局「自分たちが認めるものには便宜を。自分たちが認めないものは抹殺」という選民思想を振り回しているわけで。
 なるほど、だからこういう取り引きがあると、


++++++++++++++++
 共産・志位和夫委員長、森友学園問題で「政治家の関与なしに起こりえない」

 共産党の志位和夫委員長は23日の記者会見で、学校法人「森友学園」(大阪市)による国有地払い下げ問題について「異常で奇怪な取引であり、政治家の関与なしにこういうことは起こりえない」と述べ、今後の国会審議で、政治家による口利き疑惑も追及する構えをみせた。
 志位氏は「評価額で9億5600万円もの土地を、(法人は)ゴミ処理費用や除染費用を差し引いて約200万円で手に入れた」と指摘。「政治家の関与抜きにはあり得ず、この政治家が誰かを(国会審議で)明らかにしていきたい」と述べた。
 産経新聞 2/23(木) 20:11

++++++++++++++++

 こんなことを考えてしまうのだな。

 

 尼崎の朝鮮学校の件で便宜を図るよう働きかけた政治家は、だれなのかな、志位さん?


 本日の光。


++++++++++++++++
 広がれ、弱者導く“光” 京都、点滅する点字ブロック設置


(写真、京都新聞より。夜間に光を点滅させる点字ブロック(手前)。夜間に弱視者が安全に歩けるよう、実験を行っている=京都市北区)

 弱視者や高齢者が夜間に安心して歩ける環境づくりへ向けて、京都工芸繊維大などが京都市北区で、光を点滅させる点字ブロックを横断歩道前などに設置する実験を始めた。京都市内では一部でしか設置が進んでおらず、当事者の声を聞いて効果を検証して普及を目指す。
 発光する点字ブロックの開発は、科学技術振興機構などによる事業の一環として取り組んだ。工繊大大学院の森本一成教授(情報工学)らが、夜間の安全対策のための発光製品などを手掛けるメーカー「タナベ」(上京区)と共同研究して製品化した。
 点滅の間隔は自動車のハザードランプやネオンと間違えないよう、異なる間隔にし、2秒に1回を採用した。電池式で10年間の寿命があるという。
 実験は歩道を管理する京都市の協力を得て、2月から3月にかけ実施する。点字ブロックは、千本北大路の交差点や京都ライトハウス付近にある横断歩道前、バス停の乗降場所の計9カ所に設置した。
 視覚障害のある人に京都ライトハウスから日常的に利用するバス停まで歩いてもらい行う。その様子を観察し、歩きやすさや点滅の分かりやすさなどをアンケート調査する。
 初日の14日夜には、7人が協力した。「街灯が明るい場所では見えにくいので光を強くした方が良い」「点滅の間隔をもっと短くしてほしい」などの意見が出ていた。
 森本教授は「視覚障害のある方たちは夜間に外出しにくい。社会参加に役立てるようにしたい」と話している。
 京都新聞 2/24(金) 15:30

++++++++++++++++
 

(2011/02/07の記事、人の可能性を規制してはならない)で目の高さの障害物も見つけるレーダー白杖(いや、超音波を使うからUltrasonic  Detecting and Ranging、Usdarと呼ぶべきか)が開発されている記事を取り上げたが、点字ブロックの方の技術開発も進んでいるようだ。


 ただ、記事にもあるように「点滅の間隔は自動車のハザードランプやネオンと間違えないよう」という問題点があるならば、同エントリーで書いたように、多くの弱視の人がかけている眼鏡と反応して、「より強い輝きとして見られる」ような形のものはできないのかなぁ。
 それで光自体は強くしなくとも「強くみられる」ようにすれば、記事にある「街灯が明るい場所では見えにくいので光を強くした方が良い」も解消するし、光を強くすることで逆にまぶしくなりすぎて健常者の視界を妨げてしまうようなこともなくなるだろう。



 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017年02月25日(土)

携帯から一言

テーマ:日記

今日は駅前の東照宮で新酒祭りがあるから来てみたが、すごい人だな。
水戸はのんべが多い。人のことはいえないが(笑)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月24日(金)

キーワードは「敬愛」

テーマ:報道

 今日は「プレミアムフライデー」とかいうらしいが、水戸でそれやっている人はどれぐらいいるのかなぁ。


 さて、昨日は皇太子殿下のお誕生日だったということで、朝一番で殿下の記者会見のご様子が新聞記事となって配信されていたが、


++++++++++++++++
 <皇太子さま>57歳 おことば「重く受け止めます」


(写真、毎日新聞より。誕生日を前に記者会見される皇太子さま=東宮御所「檜の間」で2017年2月21日午後4時4分(代表撮影))

 皇太子さまは23日、57歳の誕生日を迎えられた。誕生日に先立ち記者会見し、昨年8月8日に天皇陛下が退位の意向がにじむおことばを公表されたことについて「お考えを真摯(しんし)に重く受け止めますとともに、常に心にとどめつつ務めに取り組んでまいりたい」と述べた。陛下のおことば公表後に、皇位継承順位1位の皇太子さまが公の場で感想を語るのは初めて。
 皇太子さまは、愛知県から帰京中のJR名古屋駅で、おことばのビデオメッセージをテレビ放送で見たという。この際の気持ちを「厳粛な思いで伺った」と振り返った。
 陛下の考えを初めて聞いた時期や場所については「特別な場でお話があったというわけではない」とした上で「折に触れてお考えを直接お聞かせいただいたり、お姿やお話しぶりから推し量ることもあった」と話した。公表に至った経緯を「模索と熟慮の結果を踏まえ、内閣をはじめ主な関係者ともご相談なさった上で、おまとめになられたと思う」と語った。
 おことばの中で陛下が、高齢になることで象徴の務めを全身全霊で果たすことが難しくなる懸念を示したことにも言及。一つ一つの行事に陛下が真摯に取り組む姿を間近に見てきたことを理由に、「心を揺さぶられたが、お気持ちがそこに至った背景は、十分お察し申し上げている」と強調した。
 会見では、象徴天皇の在り方について、「存在自体が重要である」との考え方と、「活動することに意味がある」との考え方が有識者の間で示されていることへの見解も尋ねられた。皇太子さまは「いろいろな考え方があることは承知しているが、私自身としては、勉強しながら今の陛下の例に倣いつつ考えていきたい」と答えた。【高島博之、山田奈緒】
 毎日新聞 2/23(木) 5:01

++++++++++++++++

 さすがに殿下は、陛下のお言葉のポイントがどこにあるかをしっかりと理解なさっている。

(2017/01/25の記事、人の話はきちんと聞こう)で書いたことの繰り返しになるが、(2016/08/08の記事、簡単に考えていいものではないことがある)で引用した記事にある陛下のお言葉のポイントは、「体が動かなくなって公務が充分に果たせなくなった時、象徴天皇としての務めは果たせているといえるだろうか」というわれわれ国民に対しての責務についてのご心配であった。
 今回殿下がわざわざそれを経調されたのも、これは陛下ただお一人の話ではなく、自分を含めた将来の天皇位に着くもの皆が負うことになる責任でもあるからだろう。


 それなのに、国民の代表たる国会やらの「議論」はどうなっているだろう。


++++++++++++++++
 退位法整備で与野党対立=自民は特例法、民進は典範改正―衆参議長が意見聴取

 天皇陛下の退位を認める法整備に関し、衆参両院の正副議長は20日、8党2会派の代表者を個別に衆院議長公邸へ招致し、見解を聴取した。
 自民党が今の陛下一代に限った特例法を唱えたのに対し、民進党は皇室典範改正による恒久制度化を主張。与野党の立場の違いが改めて鮮明となった。衆参議長は3月中旬までに国会としての考えをまとめる方針で、各党間の調整が本格化する。
 与野党調整は、立法形式が焦点となっている。席上、自民党の高村正彦副総裁らは典範改正による恒久制度化について「適切な要件の設定は極めて困難」と否定的な見解を表明。民進党が特例法による退位に憲法違反の疑いがあると指摘していることを踏まえ、「一部に疑義がある以上、現行憲法と皇室典範、今回の立法措置の関係を明確にする必要がある」と述べた。
 時事通信 2/20(月) 11:56

++++++++++++++++

 論点が「退位は一代限り」「いや将来の天皇もすべてだ」というところでの争いになってしまっているではないか。


 このために集められた有識者会議も、初めは「陛下のご健康と公務のあり方」の話が主題だといっていたのに、いつの間にか「一代限りの譲位」という話を結論にすることになってしまっている。
 いったいなにをやっているのだろう。譲位でいくら話をしても、もう一つの陛下のご懸念、「天皇が臥せってしまった時の社会的影響」には何の解決にもならない。

 そういう話になると憲法にある「象徴天皇とは何か」という議論になってしまうから、「手っ取り早く」話を終わらせてしまおうとしているのならば、なんとも不誠実なことである。


 こういう議論をしているから、


++++++++++++++++
 民進・野田氏「陛下のお気持ち忖度しないのおかしい」

■野田佳彦・民進党幹事長
(天皇陛下の退位について)これから各党の全体会議をやっていただき、お互いの考え、疑問をぶつけあいながら、一つの成案をつくっていく努力をしなけれ ばいけない。皇室典範を改正することで、ご存命のときでも退位することができる制度に踏み切っていかなければいけない。ただ、一代限りの特別の法律だけを作ろうという党もある。この隔たりはまだ少し、大きい。隔たりをどう埋めていくか。知恵を出していかなければいけない。
 それだけで終わってはいけない。女性宮家の創設なども、いつまでにどうするかというスケジュール感も検討課題として入れていかなければいけない。
(天皇陛下は)全身全霊でお務めをされてきた。そのお気持ちをまったく忖度(そんたく)しないのはおかしい。(お気持ちを忖度しすぎると、「国政に関す る権能を有しない」とする憲法4条違反にあたるのではないか、との指摘は)違う。忖度しなかったら、特別法だってつくらないわけだ。議事録が残る形で、衆参正副議長のもとで議論していきたい。(文化放送の番組で)
 朝日新聞デジタル 2/23(木) 12:12

++++++++++++++++

「陛下のお気持ちを考えろ!」と傲岸不遜なことを言い、女性宮家をごり押しし、将来「自分たちが気に入らない天皇を退位させることができる道」をつけようとする不敬な輩が出てくることになる。

 こういうことがされないために。明治の人間は「譲位」が政治的に扱えないように、一代一世の今の仕組みを整備したのだ


 殿下のお言葉をもう一度かみしめて、今我々が考えなくてはならないことは何か、もう一度振り返ってみるべきだ。



 本日のお弁当。


++++++++++++++++
 <九州駅弁グランプリ>今年の1位は西都城駅前の「弁当」に


(写真、毎日新聞より。九州駅弁グランプリ1位の「幸せ上々、みやこのじょう弁当」=福岡市のJR九州本社で2017年2月23日午前11時8分、神崎修一氏撮影)

◇「幸せ上々、みやこのじょう弁当」
 九州一の駅弁を決める「第12回九州駅弁グランプリ」の決勝大会が23日、福岡市のJR九州本社であり、西都城駅前(宮崎県都城市)で販売されている「幸せ上々、みやこのじょう弁当」(1080円)が優勝した。
 畜産が盛んな土地らしく牛肉や豚肉、鶏肉を使ったボリューム満点の弁当で、ご飯は地元特産の焼酎を使って炊いた。製造販売する「せとやま弁当」(都城市)の瀬戸山聡専務(46)は「この弁当で都城をPRしたい」と喜んだ。
 2位は「ながさき鯨(くじら)すき弁当」(長崎駅)、3位は「筍(たけのこ)」(鹿児島県霧島市の嘉例川=かれいがわ=駅)、会場審査員特別賞は「なごり雪」(大分、別府両駅)だった。
 同グランプリは2年ぶりの開催で、初出品となる34品がエントリーされた。消費者アンケート投票約3000件から決勝進出の10品が選ばれ、JR九州の青柳俊彦社長ら審査員6人などの投票結果も加えて順位を決めた。【神崎修一】

◇第12回九州駅弁グランプリの結果
 順位 商品名 発売場所 価格
 1 幸せ上々、みやこのじょう弁当 西都城駅前 1080円
 2 ながさき鯨(くじら)すき弁当 長崎駅 1296円
 3 筍(たけのこ) 嘉例川駅 600円
 特別賞 なごり雪 大分、別府両駅 1296円
 毎日新聞 2/23(木) 18:46

++++++++++++++++

 う~ん。こういう競争をすると、「肉」系の弁当がどうしても人気になるなぁ。
 毎年東京でやられている駅弁展でいかめしがトップを取り続けているのは、地味にすごいことだ。



 ところで、弁当といえば、今年の「水戸の梅まつり」は刀剣乱舞とのコラボ企画「花丸遊印録」というものをやっていて、スタンプラリーとか、
 


(写真、「北のしまだ 『花丸遊印録』 オリジナル駅弁限定販売」より)


 こんなお弁当を作って「刀剣女子」を迎えている。


 これをやるならばやはり、前から言っている「梅侍」企画もやるべきだよなぁ。
 偕楽園で観光案内しているボランティアスタッフの高齢者の人たちにも、「暴れん坊将軍」の田之倉孫兵衛のような恰好をしてもっらて(笑)。



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月23日(木)

国家差別デマをまき散らす相手に何の遠慮がいるものか!

テーマ:国際関係

 先月の半ばのことだが、韓国の新聞に、


++++++++++++++++
 (朝鮮日報日本語版) 韓国工芸芸術家協会会長「朝鮮が日本へ螺鈿の技術を教えた」

 韓国工芸芸術家協会の李七竜(イ・チルヨン)会長(71)=写真=には、こんな別名がついて回る。その李会長が、これまでブログに載せた文章や新聞への寄稿記事などを整理し、『李七竜の工芸日記』という本を出版した。李会長は「工芸界の問題や韓国政府の政策をいくら指摘しても問題が改まらないので、記録として残しておこうという考えを持つようになった」と語った。
(中略)
 韓国の政府機関が発行する書籍や記録の誤りも指摘した。
李会長は「植民地時代に韓国の職人が日本へ渡って螺鈿(らでん)の技術を伝えたのに、逆に『日本から学んできた』と誤って記述している点が特に問題」と記した。本書の序文には、こんな記述が登場する。「日本の『フジヤマ大百科事典』(原文ママ)には『韓国の螺鈿漆器職人・全成圭(チョン・ソンギュ)は、宋周安(ソン・ジュアン)、金奉竜(キム・ボンリョン)と共に日本へ渡り、螺鈿の技術を教えた。朝鮮の一流技術者を迎えたことで、こんにち高岡市の螺鈿漆器には韓国の螺鈿漆器の影響がはっきりと表れている』と記されている。なのに、国立文化財研究所が2009年に出した『韓国近現代螺鈿図案』には『宋周安は高岡へ研究生として赴き、8年間技術を学んで帰国した』とあべこべに記録している」
(後略)
 朝鮮日報日本語版 1/15(日) 6:02

++++++++++++++++

 こんな記事が載っていた。
 

 これを読んで呆れない日本人はいないだろう。
 なにしろ螺鈿細工は法隆寺の玉虫厨子に見られるように、奈良時代から日本にあった技術なのだから。江戸時代に作られた「八橋蒔絵螺鈿硯箱」などは国宝にもなっている。
 ところがこの韓国人は「植民地時代に韓国の職人が日本へ渡って螺鈿(らでん)の技術を伝えた」というのである。しかも彼は、ネットで適当なことをわめいているような人物ではなく、「韓国工芸芸術家協会」というところの会長という立場にあるのだ。


 この記事を読んで「なにこれ? 頭○○じゃないのか?」という感想を持つならば、それは人として正しい。
 だが韓国では、まさに「妄言」としかいえないこういう言説が次から次へと「責任ある立場の人間」から出てくる。
 私がブログを書き始めたころにはそういう韓国を取り上げるブログ仲間もたくさんいて、「侍」「忍者」「剣道」など、韓国人によって「起源を捻じ曲げられた」話がネタとしてあふれていた。
 この頃はそういう話をすることに対して特定勢力が「民族ヘイト」というすり替えをやっているが、この「捻じ曲げの事実」をもっと日本人は知って、彼らがどういうメンタリティを持つのかを知っておくべきだろう。


 そもそも、なぜ彼らがこのような「起源主張のための嘘」をつくのかといえば、彼らの社会文化が「立場に序列をつける」ものであり、その考えでは「起源となったものはそれを発展させたものより上」という考えになり、その「発展させたもの」が受けている評価はそのまま「起源であるものの評価になる」いや、「起源であるものはさらなる高評価を得られるもの」という考えになっているから。 だから実際に世界の中で日本が高評価を受けているものに嫉妬して「あれは自分たちが起源」「自分たちが教えてやったもの」ということで「薄っぺらな自尊心」を満足させようとする。

 この「嘘」に浸かっていれば、日本が受けている拍手を自分のものにできるばかりか、「教えてやったのだから日本は下」という見下し感情も満足させられる。だからこの手の話は止まらないのだ。



 さて、韓国政府が久々に、


++++++++++++++++
 韓国外交部、「東海表記」広報動画を公開…「2000年以上呼ばれてきた」

 韓国外交部は東海(トンへ、日本名・日本海)表記を国際的に広げるため、広報動画を制作して20日、公開した。
 韓国外交部および在外公館ホームページなどに掲載された5分18秒の動画では東海が2000年以上呼ばれてきた最も古い名称だったが、日本の国権侵奪により東海の名前を国際的に知らせる機会を奪われたと伝えている。
 また、日本が19世紀の国家公認地図で「日本海」ではなく「朝鮮海」と表記した点、2009年国連事務局が日本側に「国連は『日本海』の使用を承認したことがなく、他の国も使わなければならない標準地名でない」という書簡を送った例などを提示して日本側の主張が誤ったことを伝えている。
 一方、韓国政府は4月にモナコで開かれる国際水路機関(IHO)第19回総会でも東海併記表記のために引き続き取り組む計画だ。IHOが発刊する国際標準海図集「大洋と海の境界(S-23)」は海図を作る基準となっているが、ここでは「日本海」を使っている。韓国政府は「東海併記」を、日本政府は「日本海単独表記」を主張している。
 中央日報日本語版 2/21(火) 13:10

++++++++++++++++

 日本海の呼称について、自国で考えたローカルネームを使うようにと世界に向かってわめき始めた。
 しかもまた「嘘」である。
 いったい朝鮮のどこに2000年前の自国の史料があるというのだろうか。彼らの国に伝わる最古の文書は12世紀に書かれた「三国史記」しかないというのに。
 この時代の朝鮮半島の様子は、歴代支那王朝が作った史料や、わが国の日本書紀などから「間接的に推定」しなければならない状態ではないか。
 そして、その大陸の資料ではこの辺の海は「倭人は帯方の東南大海の中にあり」と書かれ、個別の名前すら付けられていない。もし当時の朝鮮半島東岸に住んでいる人間が「東海」と呼んでいたとしても、そんなものはただの「現地名」でしかない。
 そんなものだから記事の中でも「朝鮮海」だなんだと話が一貫しない。


http://ameblo.jp/statesgrow/entry-10005003924.html(2005/10/10の記事、ウリウリウリウリ)以来何度も書いていることだが、この話は「ロシアのクルーゼンシュテルン提督が明確なところでは公式に呼んだ初めの人物になっているが、それ以外にも極東に北ヨーロッパ人たちの間で日本が鎖国時代に広まり、やがて国際的名称となった」というだけのことなのに、韓国はこれを「日本が韓国を植民地支配している時代に奪った」という嘘で告発し、「東海キャンペーン」を繰り返している。(「2009年国連事務局が~書簡を送った」と中央日報は書いているが、その時の事務総長は誰だったろうね)
この「植民地」「奪った」に見るように、この活動もまた、冒頭の「螺鈿の嘘」と同じく、「韓国を傷つけた不道徳な日本を見下せる話」として彼らが固執しているものでしかないのだ。


 この表記で、日本政府は抗議したというが、それに対して、


++++++++++++++++
 「東海」動画 日本の抗議を一蹴=韓国当局者

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部当局者は22日、「日本海」を「東海」と呼ぶよう主張する動画をホームページ(HP)に掲載したことに日本政府が抗議したことについて、「東海表記に関するわれわれの立場、東海という名称の国際的・歴史的な正統性に照らした際、日本側の抗議は受け入れられない」と述べた。
 同当局者「『東海』は2000年以上使われてきたこの海の最も古い名前で、国内外の多くの地図制作会社や出版社、教科書に東海の併記が広がっており、日本海が国際的に確立された唯一の名称という日本の主張は事実ではない」と説明。その上で、「複数の国が共有する地形物の地名は合意がなされない場合、それぞれの地名を併記することが国連と国際水路機関(IHO)で採択された国際的な原則であり、政府は今度も国際社会で東海の併記に向けた取り組みを進めていく」と述べた。
 韓国外交部はHPに20日、動画を掲載した。菅義偉官房長官は22日の記者会見で、「外交ルートを通じ直ちに強く抗議した」と明らかにした。
 聯合ニュース 2/22(水) 18:25

++++++++++++++++

 こんな記事が韓国で書かれていたが、「日本を一蹴」という表現をすることで、この記者やそれを読む韓国人は天にも昇る恍惚感を感じているのだ。


 馬鹿らしい。
 そんなことをやっていたから「慰安婦合意」で自分たちの政府がにっちもさっちもいかなくなってしまっているというのに。まるで何も学んでいない。
 日本政府はただ韓国政府に抗議するだけではなく、「東海呼称は日本を見下す差別構造を定着させようとするヘイトアクションだ」ということを世界に向けて発信するべきだ。


 

 きのう22日は「竹島の日」だったということで、


++++++++++++++++
 【竹島の日・動画】韓国議員の竹島上陸に「毅然たる対応を」…記念式典で島根知事 政務官も出席

 韓国が不法占拠を続ける竹島(島根県隠岐の島町)の早期領土権確立を求め、同県が定めた「竹島の日」の22日、松江市の県民会館で記念式典が開かれた。韓国・釜山の日本総領事館前への慰安婦像設置をめぐり、日本側が駐韓大使を一時帰国させるなど日韓関係が厳しい状況に陥る中で迎えたこの日、溝口善兵衛知事は韓国国会議員らの竹島上陸に触れ、「極めて遺憾。政府は毅然(きぜん)とした姿勢で対応を」と訴えた。
 記念式典は島根県などが 主催し、今年で12回目。政府からは務台(むたい)俊介内閣府政務官が出席し、「竹島にも慰安婦像を設置しようとする韓国の動きは、受け入れられない」と 批判した。政務官の派遣は第2次安倍晋三内閣発足以後5年間続いているが、県が求めた首相や関係閣僚らの出席は今回も見送られ、政府主催の式典も実現していない。
 式典にはこのほか、超党派の領土議連や地元選出の国会議員8人を含め、460人が出席。竹島領土権確立隠岐期成同盟会長を務める 池田高世偉(こうせい)隠岐の島町長は「埋もれた竹島に関する記録や記憶を掘り起こす活動は地元の責務だが、町や県の取り組みには限界がある」とし、政府に基本姿勢を強く示すよう求めた。
 式典に先立ち、島根県議会の「竹島領土権確立議員連盟」が主催する「竹島問題を語る国民交流会」も県民会館で開かれ、領土議連の国会議員や竹島にゆかりの深い隠岐の島町の住民ら約130人が参加した。
 会場周辺には、右翼団体約30団体や複数の韓国人グループなどが詰めかけ、竹島の主権確立を求めたり、式典に反対したりする街宣活動を展開。島根県警などが740人態勢で警備に当たった。
 産経新聞 02月22日 20:54

++++++++++++++++

 島根県で式典が開かれ、政府は政務官を送るということで「韓国政府を刺激しないように」とお茶を濁しているが、何をしたところで韓国は、


++++++++++++++++
 韓国政府、日本「竹島の日」挑発に駐韓日本公使を呼び抗議

「竹島の日」記念式典に日本中央政府が次官級高位当局者を派遣したことに対し、韓国政府が22日、駐韓日本大使館総括公使をソウルの外交部庁舎に呼んで抗議の意を伝えた。
 鄭炳元(チョン・ビョンウォン)外交部北東アジア局長はこの日午後、駐韓日本大使館の鈴木秀生総括公使を呼んだ。
(後略)
 中央日報日本語版 2/22(水) 15:37

++++++++++++++++

 騒ぐのだから、もう遠慮をしていることはない。


 この「独島占拠」も「東海呼称」と同じく、「韓国の領土を奪った不道徳な日本とそれを取り返した『上』の韓国」という「薄っぺらな自尊心満たし」の道具なのだから、これを許しておくということは、韓国に増長を続けさせることになるのだ。

 韓国社会が「なんでも上下をつける」文化を持っているからといって、日本がその構図の中でわざわざ「下に収まって」彼らを満足させてやる必要などない。
 むしろ彼らがそういう関係しか理解できないというのならば、日本人が幼少時からしつけられる「平等という道徳観」を少しばかりの時間封印して当たる必要もあるだろう。


 そういう交渉をするのは後味の悪いものになるだろうが、「無視する」というオプションをとらないのならば仕方がない。



 本日のメカ。


++++++++++++++++
 <AIロボット>自分で組み立て「ATOM」を作ろう


(写真、毎日新聞より。「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」で組み立てるロボットの完成品=東京・銀座で2017年2月22日、丸山博氏撮影)

 講談社などは22日、手塚治虫さんの「鉄腕アトム」をモデルにした人工知能(AI)ロボット「ATOM」の発売を発表した。同社刊「週刊 鉄腕アトムを作ろう!」を全70巻購入し、組み立てると完成する。
 ATOMは身長約44センチ、体重約1.4キロ。二足歩行はもちろん、ラジオ体操もできる。AIを搭載しているため、話す相手によって会話内容を変えたり、丁寧語を使い分けたり、笑いかけてくれるという。
 4月創刊で、最終巻は手塚さん生誕90周年にあたる2018年の9月。全巻で約20万円。時間も金もかかるが、つぶらな瞳で「エヘヘ」と笑いかけられれば、気分はお茶の水博士か、天馬博士か。【広瀬登】
 毎日新聞 02月22日 20:03

++++++++++++++++

 公式設定に遅れること14年。ようやく「自分で動く」アトムが形になろうとしている。
 が……関節の処理がうまくないなぁ。
 声は清水マリさんのボイスになっているのだろうか? 動力が原子炉になっていないのは法律上仕方がないけど。
 

 ところで毎日さん、「気分はお茶の水博士か、天馬博士か」って。天馬博士になっちゃダメでしょう。せっかく作ったアトムを売りとばすことになってしまうよ。



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年02月22日(水)

時間差で嘘を定着させようとするな!

テーマ:報道



 ほほう。わしの孫娘がお菓子になったようじゃの。

 

 

 先日偕楽園で水戸市の公式マスコット「みとちゃん」のお誕生会が開かれ、人気者のひこにゃんも駆けつけてくれた。
 水戸と彦根は昔のことでずいぶんいがみ合う時間をもっていったが、今ではもうそんな「歴史上のこと」を気にすのも馬鹿らしい。


 それにしても、みとちゃんの誕生日は公式では3/10ということになっているのだが、やはりその日に「派手なナイベント」をやるのは難しいのだろうか。今回は茨城国体まであと950日イベントと一緒にまとめたということでお茶を濁しているが……。



++++++++++++++++
 原発被災地「土地の記憶失われる」 作家2人福島を歩く


(写真、朝日新聞デジタルより。鎌田清衛さん(右端)のナシ園を見る柳美里さん(右から2人目)と青来有一さん(左端)=福島県大熊町)

 長崎原爆をテーマに書いてきた芥川賞作家で、被爆2世でもある青来有一さん(58)が今月初旬、東日本大震災から6年になるのを前に、東京電力福島第一原発のある福島県大熊町を訪ねた。津波や原発事故の被害に遭った人たちの苦悩と、被爆者が背負ってきた苦しみとを重ねた。
 青来さんは朝日新聞が19日に長崎市で開くシンポジウムで、3・11後に福島県南相馬市に移住した作家の柳美里さん(48)と対談する。訪問は2人の「顔合わせ」を兼ねたもので、柳さんも、ともに歩いた。
「ここから向こうは全部、中間貯蔵施設の予定地です」。全域に避難指示が出たままの大熊町。震災前に町でナシ農家を営み、現在は同県須賀川市に避難している鎌田清衛さん(74)が、一時帰宅に向かう車内で同行した2人に告げた。国は大熊、双葉両町の1600ヘクタールに、汚染土など除染で出た廃棄物の中間貯蔵施設を建設する計画だ。

■「見る影もない」
 鎌田さんの自宅も予定地内。イノシシなどに荒らされ「見る影もないです」。様々な品種を育て、評判が広がっていたナシ園も手入れができないままだ。
 郷土史家でもある鎌田さんは町内の海渡(みわたり)神社も案内した。鎌田さんは震災前、神社である発見をした。春分と秋分の日、町にある日隠山のちょうど山頂に夕日が沈むのだ。鎌田さんは施設の予定地にある神社の保存を求めている。
 青来さんは神社に立ち、鎌田さんの「残したい」との思いがわかった気がした。「土地の記憶が失われると、その土地がその土地でなくなってしまう」
 朝日新聞デジタル 2/19(日) 12:55

++++++++++++++++

 朝日新聞がまたこんな記事を作っている。
 

「土地の記憶が失われる」「イノシシが大繁殖して」というならば、「問題のない福島の地ををこんな状態に押しとどめている風潮」をこそ正すべき問題として提起するべきではないのか、朝日は。
 今回わざわざ福島県―ただし「帰還困難区域」でもない我々が普通に行き来しているようなところだが―に引っ越したという作家まで担ぎ出しているのだし。


 先日もNHK茨城が「原発事故から何年たってから」という話をピアノの物悲しいボロンボロンという音付きで流していたが、いったいいつまで「悲惨な福島」というフィクションを増すメディは流し続けるのだろうか。

 結局彼らは、


++++++++++++++++
 原発再稼働「反対」57% 天下り規制「強化を」78%

 東日本大震災から6年になるのを前に、朝日新聞の18、19日の全国世論調査(電話)では、原子力発電所の運転再開の賛否を尋ねた。「反対」が57%で 「賛成」の29%を上回った。調査方法や対象は異なるが、「反対」は2013年6月調査で58%、昨年10月調査でも57%。一貫して多数を占めている。
「反対」は、内閣支持層でも49%で、「賛成」39%より多かった。支持政党別にみると、自民支持層では「反対」46%に対し、「賛成」40%。民進支持層では「反対」が80%で、「賛成」はわずか12%だった。
 総額21・5兆円に増えた東京電力・福島第一原発の事故対応費について、電気料金上乗せなど国民負担を増やして賄う政府の方針についても聞いた。この方 針には「納得できない」が60%で、「納得できる」30%を大きく上回った。事故の被災者への関心が薄れ、風化しつつあると思うか尋ねると、「風化しつつ ある」が68%。「そうは思わない」は26%だった。
 朝日新聞デジタル 2/21(火) 0:04

++++++++++++++++

 こういう数字を出し続けるために、福島の事故がいつまでも「悲惨」な状況で人々の中にあってもらわなくてはならないと考えているのではないのか。
 

 何度も書いているように、「再稼働反対」でこう言う数字を出した同じ人に「では即時原発ゼロですね」と問うと途端に数字が下がるのである。おかしな話だ。
 朝日の記事では「(事故への関心が)『風化しつつ ある』が68%」とあるが、そういう一方的な印象が残ったまま「風化していると皆が思ってしまう」ような状況は、マスコミの嘘が定着する過程の研究としては面白いだろうが、現実社会の話としてみれば、大問題である。



 別の話になるが、毎日新聞の、


++++++++++++++++
 <「保育園落ちた」1年>「待機ゼロ」来年度末困難

 昨年2月に「保育園落ちた。日本死ね!!!」と窮状を訴える匿名ブログが共感を集めて社会問題化して1年。17日の衆院予算委員会で待機児童問題が取り上げられた。安倍晋三首相は「保育の受け皿は増やした」としつつ、政府が掲げる2017年度末の待機児童ゼロの目標達成は困難だとの見通しを示した。今年4月の入所を目指して落選した親たちには失望が広がっている。

◇首相「ニーズ増に追いつかず」
 昨年2月の予算委でこのブログを取り上げた民進党の山尾志桜里氏は、この日の質疑で「1年たったが今年も解決していない」と切り出し、「20カ所に申し込んだが落ちた」「2人の娘を抱えているが4年連続落ちた」といった母親の声を紹介。「いつゼロにするのか」とただした。首相は「受け皿を増やすと同時に働く女性が安倍政権で90万人以上増え、その中でニーズも増えた」と指摘し、目標達成について「残念ながら非常に厳しい」と答えた。
 ただ、山尾氏に「約束を撤回するのか」と追及された首相は「待機児童ゼロの目標を取り下げるわけでは決してない。それを目指して頑張らねばならない」と強調した上で「働く女性の数が予想以上に増えたことは経済政策が非常に効いたからだ」と反論。保育士の処遇改善が民主党政権時代を上回っているとの恒例の反論も交えた。

 
昨年の質疑では、山尾氏の追及に対して首相が「(ブログの内容が)本当に起こっているか確認しようがない」と答弁して猛反発を招いた経緯があり、今年の質疑もヒートアップする場面も。目標達成時期を即答できなかった首相に対し、山尾氏が「事務方に聞かないと分からないのですか。真剣に考えているなら常に頭にあるはずだ」と声を高め、首相は「そんなに興奮しないで。質問通告せず、すぐ答えられなかったら一本を取ったように言うのは充実した審議とは程遠い」とやり返した。
 山尾氏は、待機児童の定義を全国で統一することを提言。塩崎恭久厚生労働相は「待機児童の調査方法を検討し、今年度内をめどに取りまとめる予定だ」と答弁した。ただ、野党が提出した保育士の月給を一律5万円アップする法案に関し、塩崎氏は「財源が明らかでなく、総合的な人材確保策にもなっていない」として否定的な考えを示した。【光田宗義】
(後略)
 毎日新聞 2/17(金) 21:01

++++++++++++++++

 この記事。


 記事の中に「昨年の質疑では、山尾氏の追及に対して首相が『(ブログの内容が)本当に起こっているか確認しようがない』と答弁して猛反発を招いた経緯があり」とあるが、このやり取りは正しくは(2016/3/09の記事、またレッテル貼りのネガキャンをやってる)(2016/3/10の記事、そして歪曲が始まる)で書いたように、「正体も内容の正しさもわからない匿名ブログ」への対応と待機児童への対応を民進党やマスコミや左翼団体が混同させて騒いだだけのもので、昨年末の「日本死ね」流行語大賞に対する世間の声が示すように、「猛反発」など言うほど起こっていない。(毎日は姑息にも見出しからその単語を削っている)
 

(2016/03/10の記事、そして歪曲が始まる)のエントリーでは都議会の「早く結婚しろ」ヤジについても触れたが、あの件でも発言すらなかった「お前が産め」というものがいつの間にかマスコミ報道では「あったこと」として扱われるようになっている。

 福島の事故でもこういう「マスコミが勝手に作ったデマ」がいつの間にか「当時あったこと」して扱われるようになるようではいけない。

 ヤフージャパンのニュースページのコメント欄でデマを飛ばしているような奴らの言葉が「当時のことを語ったている人間の言葉」のようにすり替えられるようなことがあってはいけない。

 だから新聞は、「自分の感覚」で話を盛る作家に現場を語らせるようなことをしてはいけないのだ。


 おまけ。


++++++++++++++++
 関学大講師「放射能浴び光ると…」 福島出身学生に発言

 兵庫県西宮市の関西学院大学で2014年、外国人の男性講師が授業中、福島県出身の女子学生に「放射能を浴びているから電気を消すと光ると思った」と発言したことがわかった。大学は、講師を今月17日付で減給3カ月の懲戒処分とした。
 大学によると、学生は14年春、教育学部に入学した。男性講師は40代で、非常勤という。発言は14年秋、約30人が受ける英語の授業であった。出身地を尋ねられた学生が「福島県です」と答えると、講師は教室の電気を消し、この発言をしたという。
 学生は、発言を「差別的言動」と感じてショックを受け、大学の授業を休みがちになったが、当時は大学に訴えなかった。
 16年4月、大学に「ハラスメント相談センター」が新設されると、学生は4月下旬にセンターを訪問。複数回相談を重ね、10月下旬、正式にハラスメント事案として申し立てた。
 大学は11月以降、講師から事情を聴取。講師は「電気を消したか記憶にない」としつつも発言を認め、「冗談のつもりだった」として謝罪する意向を示した。大学は3月末で講師との契約を打ち切るという。
 伊藤正一副学長は「被害学生や東日本大震災被災地の皆様に深くおわびする。教職員の自覚を促し、再発防止に努める」とコメントしている。(吉沢英将)
 朝日新聞デジタル 2/21(火) 10:51

++++++++++++++++

 小中学校での「放射能いじめ」が各地で出てくるようになっているが、今度は大学か。


 この外国人講師の名前と国籍が、どの記事を見ても出ていないのだが、いったいどこの国の人間だろう?
 旧ソ連時代、ムルマンスクでは「北海艦隊の水兵は原潜に乗っているから暗闇で光るのでわかる」というジョークがまことしやかに言われていたことがある。
 この講師がロシア人ならば、そういう感覚で口にしてしまったということもあるのだが……。

 まあ、大学講師ならば高等教育を受けているはずなのに、そんなジョークをいまだに使うのは、教師としての能力に問題があるので「クビ」は正しい処分ではある。



 本日の引退。


++++++++++++++++
 国鉄寝台電車「583系」ついに引退…ラストランは4月8日


(写真、レスポンスより。秋田車両センターに6両編成1本だけが残る583系)

 JR東日本秋田支社は2月17日、同支社に所属する583系特急形寝台電車が、4月8日の運行を最後に引退すると発表した。国鉄時代に製造された寝台車が、JRの営業路線から姿を消す。
 583系は旧国鉄の特急形寝台電車。関西~九州向けの581系が1967年から運転を開始し、翌1968年には東日本方面でも運用できる583系が登場した。車内には中央通路の両側に4人用ボックス席を設けているが、ボックス席は3段式寝台(一部は2段式)に変換することが可能。昼間は座席の特急列車として運転し、夜は寝台特急として運転できるようになっていた。
 老朽化のため廃車が進み、夜行列車自体の需要も小さくなったことから、2012年には定期列車での運転を終了。秋田支社の秋田車両センターに所属する6両編成1本だけが残り、団体列車などで使われていた。
 秋田支社は583系の引退に伴い、引退記念の旅行商品を発売する。まず4月2日、「ありがとう583系 増田の蔵と日帰り温泉の旅」ツアーを実施。このツアーの専用列車を583系で運行する。運行区間と時刻は秋田9時39分発~湯沢11時05分着、十文字16時19分発~秋田17時35分着。
 最終日となる4月8日は「さようなら583系 日帰りの旅」ツアーを実施。583系のツアー専用列車が秋田~弘前間を2往復する。運行時刻は秋田7時21分発~弘前9時27分着、弘前10時00分発~秋田12時30分着、秋田14時50分発~弘前17時07分着、弘前17時35分発~秋田20時23分着となる。
 旅行代金は大人1人・秋田発着の場合、4月2日の「ありがとう」が9800円、4月8日の「さようなら」が8800円。2月20日14時から、秋田県内の「びゅうプラザ」などで予約を受け付ける。
 このほか、4月8日の5時30分から秋田・弘前両駅で記念切符「『ありがとう583系』ラストラン記念入場券」(1セット210円)を発売。引退翌日の4月9日は、秋田駅2番線ホームで583系の車両展示会(車内見学は予約制の予定)が行われる。開催時間は9時30分頃から11時30分頃まで。
《レスポンス 草町義和》
 レスポンス 2/17(金) 23:30

++++++++++++++++

 懐かしい電車だ。
 水戸に引っ越してきた頃、常磐線には一編成だけこの電車を使った特急があって、上野に行くのに利用したことがある。
 地理的に昼間特急になるので寝台はしまわれてしまっていたが、一度は逆向きに乗って、寝台を使ってみたかったなぁ。


 ほかの車両と違って外から見た時の屋根が高く、ずんぐりしたシルエットが逆にかっこよく見えたものだ。
 お疲れさま。




 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。