このごろアフィリエイトのためのアクセス数増しを狙った読者登録申請がよく来ますが、僭越ながらそのようなものは申請されても認めませんのであしからず。 また、記事とは関係なく自己サイトへの誘導を目的としたコメントも消させていただきます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月27日(水)

いつのまにか心で線引きをしていないか?

テーマ:犯罪
++++++++++++++++++++
 谷垣禎一幹事長の状況「歩行可能なのか分からない」 細田博之代行、直接会話せず

 自民党の細田博之幹事長代行は26日の記者会見で、サイクリング中に転倒し、頸髄を損傷し、手術を受けた谷垣禎一幹事長が8月1日に召集される臨時国会への出席が可能かどうかについて「分からない。現段階では今後の正確な見通しは申し上げられない」と述べた。
 細田氏は会見で話す内容について、谷垣氏の秘書とすり合わせたが、谷垣氏とは直接話していないという。「歩行は可能なのか」との質問には「分からない」と答えた。
 細田氏は会見に先立ち、党役員会で谷垣氏の状況を説明した。安倍晋三首相(党総裁)も出席したが、細田氏による説明を聞いていただけで、特に発言しなかったという。細田氏は、谷垣氏が8月3日の党役員人事で続投するかどうかについて「(役員会で)議論もしていない」と語った。
 産経新聞 7月26日(火)11時52分

++++++++++++++++++++

 70になってもまだロードバイクでブイブイいわせている谷垣自民党幹事長。十日ほど前に自転車で事故を起こしてその後の動向が聞こえてこないと思っていたら、意外と重傷だったことが明らかになった。

 頸椎損傷で手術をしたという報道もある中で「『歩行は可能なのか』との質問には『分からない』と答えた」というのは、「話せないほど」という可能性もあるのだが……谷垣氏は政治主張の中には賛同できないものもあるが、実務能力というところではとても高いものを持っているので、このまま消えないで頑張ってもらいたい。
 

++++++++++++++++++++
 <相模原殺傷>障害者施設で19人刺され死亡 26歳男逮捕

現場検証
(写真、毎日新聞より。事件のあった津久井やまゆり園を捜査する警察官=相模原市緑区で2016年7月26日午前6時52分、徳野仁子氏撮影)

 26日午前2時45分ごろ、相模原市緑区千木良の知的障害者施設「津久井やまゆり園」に刃物を持った男が侵入して暴れていると職員から110番があった。同市消防局によると、入所者ら多数が刃物で刺され、現場に駆け付けた医師が入所者ら19人の死亡を確認したほか、26人が重軽傷を負った。同3時過ぎ、神奈川県警津久井署に「私がやりました」と男が出頭し、同署が殺人未遂と建造物侵入容疑で緊急逮捕した。容疑を殺人に切り替えて調べる。
 戦後に発生した刃物による殺傷事件としては犠牲者の数で最悪とみられ、県警は動機や経緯を追及する。
 逮捕されたのは、現場の近くに住む自称無職、植松聖(さとし)容疑者(26)。自分の車に乗って出頭した。「ナイフで刺したことは間違いない」と容疑を認め、「障害者がいなくなればいいと思った」との趣旨の供述をしているという。出頭した際、包丁やナイフ3本が入ったかばんを持っており、刃物の一部から血痕が確認された。
 県警や県などによると、同園は2階建てで、1階の入所者居住棟東側の窓ガラスが割られているのが確認され、近くにハンマーが落ちていた。現場にいた施設職員が県警に「(容疑者に)縛られた」と説明しているほか、容疑者が出頭時に乗っていた乗用車内からは結束バンドが発見され、事件に使われた可能性があるとみて調べている。事件当時、同園は夜勤職員8人と非常勤の警備員が当直だった。居室は原則無施錠という。県警は津久井署に捜査本部を設置し、事件の全容解明を進める。
 相模原市消防局によると、亡くなったのは41~67歳の男性9人と19~70歳の女性10人。1、2階それぞれで発見された。他に26人が負傷し、6カ所の医療機関に搬送されたが、20人が重傷。内訳は男性21人、女性5人。病院の説明などによると刺し傷が多く、首を中心に刺されているという。
 県保健福祉局によると、植松容疑者は2012年12月に同園で非常勤職員として働き始め、13年4月から常勤職員になり、今年2月19日に「自己都合」で退職した。施設で働く前は運輸系の会社で働いていたという。知人らによると、容疑者は1人暮らし。教員を目指し、近所の小学校で教育実習もしていたという。
 相模原市によると、今年2月、警察から(植松容疑者が)他人を傷つける恐れがあるなどと連絡を受けて措置入院の対応を取った。3月に医師が診断し、退院したという。相模原市によると、2月20日、植松容疑者の尿と血液を検査したところ、大麻の陽性反応が出たという。【村上尊一、長真一、福永方人】
(やまゆり園説明文・略)
 毎日新聞 7月26日(火)6時12分

++++++++++++++++++++

 神奈川県で、とんでもない事件が起こった。

 この容疑者は、

++++++++++++++++++++
 <相模原殺傷>衆院議長宛て手紙? 殺害予告のような記述も

 相模原市緑区の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で26日、入所者ら多数が殺傷された事件で、植松聖容疑者(26)とみられる男が今年2月、大島理森衆院議長宛ての手紙を持参し、衆院議長公邸(東京都千代田区永田町2)を訪れていたことが警視庁への取材で分かった。捜査関係者によると「障害者が安楽死できる社会を」という趣旨の内容が書かれていたという。また、手紙の文面を見た衆院関係者によると、殺害予告のような記述や、津久井やまゆり園を含む複数の施設名が記されていたという。
 手紙には植松容疑者の名前や住所などが書かれており、警視庁は住所地を管轄する神奈川県警津久井署に情報提供したという。
(後略)
 毎日新聞 7月26日(火)11時27分

++++++++++++++++++++

 こんなことを主張していたというのだから、常日頃「ヘイトヘイト」と騒いでいる勢力は、ここでこそ「障害者に対するヘイトだ!」と大声を上げてこの植松容疑者を非難しなくてはならない。
 今のところ、「在日ヘイト非難」の時ほどの声は聞こえてこないようだが。

 こういう勢力に、日本社会の「差別」意識解決問題は歪められてきた。それが利権にされ、ただの「たかりの道具」に使われてきた。
 左巻きの活動でも障害者を「弱者の看板」に使われることはあっても、いや、逆にそういう「線引き」のおかげで、「人それぞれの能力の違い」という視点で障害を捉えることはほとんどなかった。

 そういう歪んだ方向からのアプローチばかりがされてきたおかげで、

++++++++++++++++++++
 「障害は新たな価値」 東京五輪へ共生社会考えるシンポ

シンポジウム
(写真、朝日新聞デジタルより。朝日新聞2020シンポジウムで講演する「ミライロ」社長の垣内俊哉さん=23日、東京・赤坂の東京ミッドタウン、迫和義氏撮影)

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、共生社会について考えるシンポジウム「朝日新聞2020シンポジウム 広げよう、ユニバーサル社会」(朝日新聞社主催)が23日、東京都港区の東京ミッドタウンであった。
 遠藤利明五輪担当相は「2020年を共生社会の実現の契機に」と題して講演。「パラリンピック開催に向けて共生社会をつくることが、その後のユニバーサル社会の実現につながる」と話した。
 コンサルティング会社「ミライロ」社長の垣内俊哉さんは、障害をマイナスと捉えるのでなく、価値と考える「バリアバリュー」を提言。人口の3割以上を占める障害者や高齢者らのニーズに応える社会づくりは「社会貢献にとどまらず、新しいビジネスとしても成り立つ」と話した。
(後略)
(斉藤寛子)
 朝日新聞 07月23日 19:14

++++++++++++++++++++

 こんなとんでもないことを主張するものも出てくるようになる。

 なにが「障害は新たな価値」であろうか。こういう会合に出てくるような「意識高い系」の人間の中ではそういう話も通じるだろうが、そうではない普通の、生活の中の不便さに「あきらめ」を余儀なくされているような障碍者の前でこういう話をして受け入れられると思っているのだろうか。
 垣内氏も車椅子を使っているようだが、私の親族にも事故で足が動かず車椅子を使っている者もいる。その前で「障害は新たな価値」などといおうものならば「馬鹿にしているのか」と怒られることだろう。
 私自身も、障害者というほどではないが心臓に持病を抱えているおかげで100%健常者と同じ生活をすることはできない。それを「新たな価値」などといわれたら、ただただ「ふざけるな」としか思わない。

「障害者はみんな殺せ」という犯罪者も、「障害者を新たな人類」であるかのように持ち上げるこういうシンポジウムも、根っこは同じ。「障害者は普通の人間と違う」という線を心の中で引いてしまっているのだ。
 本当に「バリアフリー」をいうのならば、障害をそもそも「特別なこと」と考えないようにするのが一番。
 なに、健常者と呼ばれていても器用なものもいればぶきっちょなものもいるし、頭の回転の早いものもいれば吞み込みが悪いものもいるのだ。その程度が少々大きいのだと考えるようにすれば、さほど難しいことではないだろう。


 今回の事件では、

++++++++++++++++++++
 <相模原殺傷>神奈川県警、被害者の実名「発表しない」

 相模原市緑区千木良の知的障害者施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件。神奈川県警は26日、事件の被害者の名前を公表しない方針を明らかにした。 殺人などの被害者は公表するのが通例だが、今回の事件について県警は「(現場の)施設にはさまざまな障害を抱えた方が入所しており、被害者の家族が公表しないでほしいとの思いを持>っている」と理由を説明している。
 毎日新聞 07月26日 21:45

++++++++++++++++++++

 神奈川県警がこういう方針を発表したのだが、そういうことを言うまでもなく、マスコミがいつも行っている「被害者のプロフィールを流し、遺族のもとに詰めかけて『今のお気持ちは』と聞く」ようなことをやっていない。

 バングラディシュのテロの時には、

++++++++++++++++++++
 <バングラテロ>犠牲者の氏名公表 どうあるべきか

◇遅れに懸念 専門家から「過剰な情報制限」
 バングラデシュの人質テロ事件で、政府は死亡した日本人7人の遺体が帰国するまで3日間、犠牲者の氏名を公表しなかった。海外の事件で亡くなった人の氏名公表はどうあるべきか。識者から「過剰な情報制限」と懸念の声も出ている。
 人質テロ事件は今月2日未明(日本時間)に起きた。菅義偉官房長官は同日深夜の記者会見で7人の身元を確認したと述べたが、氏名については「ご家族の了解を頂いていない」と非公表とした。
 7人の遺体が日本に到着した5日午前に政府は氏名を明らかにし、萩生田光一官房副長官が「帰国されたことから政府の責任で公表した」と説明した。
 2013年1月にアルジェリアで日本人10人が死亡した人質事件でも、政府が氏名を公表したのは遺体が日本に着いた日だった。政府はこの対応を踏襲したとみられ、今後、定着する可能性がある。
 地下鉄サリン事件で亡くなった高橋一正さん(当時50歳)の妻シズヱさん(69)は「遺族は何が起きたのか、なぜ起きたのか知りたい。米同時多発テロに遭った方の遺族が『(亡くなった肉親の)氏名を出せば情報が得られると思った』と話していたが、同感だ。今回は現地で働く日本人のためにも被害者名を含めた情報提供を早くした方がよかった」と語った。
 その上で「政府や警察が『遺族の意向』を盾に氏名を非公表とすることがあるが、本当にそうか、それが遺族のためなのかと思うこともある」と話す。
 服部孝章・立教大名誉教授(メディア法)は「現地に親族や知人がいる人は不安が募ったのではないか。早く公表すべきだった。政府に情報を任せておけばよいという風潮が強まると、公権力をチェックできなくなる」と指摘する。「社会的に有益な報道で理解を得る努力をすべきだ」と報道機関にも注文を付けた。【青島顕】
◇イタリアは事件発生翌日に外務省が全員氏名公表
【ローマ福島良典】バングラデシュ人質テロ事件で9人が犠牲となったイタリアでは、事件発生翌日の2日(現地時間)に同国外務省危機対策室が全員の氏名を公表し、内外のメディアが報道した。
 当初、イタリア人の人質は11人と報道されたが、正確な犠牲者数は明らかになっていなかった。レンツィ首相は2日正午の声明で「遺族への伝達後、公式な情報が公開される」と述べ、伝達後、ジェンティローニ外相が「犠牲者は9人」として氏名も発表した。
 発表を踏まえ、イタリア紙は3日朝刊で犠牲者の人柄などを詳報した。コリエレ・デラ・セラ紙は妻を失い、自らは生き残ったジャンニ・ボスケッティさんの証言を伝えた。
 毎日新聞 07月19日 21:46

++++++++++++++++++++

 こんな記事まで書いて自分たちの「被害者報道」を正当化していた新聞業界も、今回はそれをしない。

++++++++++++++++++++
 相模原市の障害者施設で入所者らが刺され、少なくとも15人が死亡した事件で、神奈川県警によると、逮捕した男は、植松聖(さとし)容疑者(26)で、刃物を持っておらず、「やつをやった」と話したという。
(後略)
 産経新聞 7月26日(火)7時43分配信「相模原刺殺 『やつをやった』26歳男逮捕」より

++++++++++++++++++++

 という、イエロージャーナリズムならば涎を垂らして飛びつきそうな証言も出ているというのに。

 こういうところで、メディアがどういう「障害者への目」を持っているのかが分かるということだ。
 そういう「目」に自分も引きずられていないか、今度の事件を聞いた人は考えてみたらどうだろうか。


 本日の本尊。

++++++++++++++++++++
 <鶴岡善宝寺>海の神ご尊体 史上初の公開

御本尊
(写真、河北新報より。開帳された善宝寺の尊体を拝む参拝者たち=20日、鶴岡市)

 竜神を祭り、全国の漁業者の信仰を集める山形県鶴岡市の善宝寺が、ご尊体の竜神の木像などを史上初めて一般公開している。10月28日まで。
 尊体は、平安期に善宝寺の前身竜華寺を創建した妙達(みょうたつ)上人から教えを受けたとされる竜神の戒名が入った位牌(いはい)と、北極星を神格化させた北辰妙見大菩薩(ほくしんみょうけんだいぼさつ)の仏像や竜神の木像からなる。竜王殿が建立された15世紀ごろに作られたとみられる。
 尊体を納めるずしの鍵を管理する歴代住職以外は、寺の僧侶ですら見ることができなかったという。
 一般公開は、竜王殿や五重塔など六つの建物が国の文化財指定を受けたことに加えて、今年が妙達上人の生誕1150年のご縁年に当たることから企画した。毎日午前8時から2時間おきに計5回祈祷(きとう)を行い、竜王殿内を案内する。
 五十嵐卓三住職は「妙達上人の生誕1150年と文化財指定の二重の喜びを迎え、ご尊体の開帳を決めた。多くの方の来訪をお待ちしている」と話す。
 善宝寺は天慶・天暦年間(938~957年)の開山とされる。明治期には漁業者が費用を出し合い、海産物全般の供養塔として全国で唯一の五重塔が建てられた。連絡先は善宝寺0235(33)3303。
 河北新報 7月27日(水)12時43分

++++++++++++++++++++

 う~ん、せっかくの御開帳なのに、写真がよく分からないな。
 それともわざとはっきり写らない角度で撮っているのだろうか。

 寺というのは当たり前だが仏教の施設なわけで、仏教とはいってみれば「どう生きるべきか」を求めるものだから、そこに「海の神」のような場を司る神という概念はないんだよなぁ。
 これが普通に信仰されているというところが、日本の宗教文化というもの。
 よく「日本人は無宗教」といわれるが、それはいわゆる「西洋的価値観で分類した宗教心」がないだけということだ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月26日(火)

選挙を憂さ晴らしの道具にするな!

テーマ:政治
++++++++++++++++++++
 都知事選主要3候補 島しょ、多摩地区を行脚

 東京都知事選に立候補しているジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)、元総務相の増田寛也氏(64)、元防衛相の小池百合子氏(64)の主要3候補は25日、都心部を離れ、島嶼(とうしょ)部や多摩地区に足を運んだ。
 鳥越氏は伊豆大島(大島町)を初訪問。離島は輸送費などで物価が高いとし、「消費税を島嶼部は5%にする。都知事の権限ではないので国に働きかける」と語った。
(後略)
 産経新聞 7月25日(月)21時49分

++++++++++++++++++++

 都知事選挙の候補者である鳥越氏が、その演説の中でこんなことをいったという。

 やれやれ。

++++++++++++++++++++
 東京都知事選 橋下氏が鳥越氏を辛辣批判「こんな演説許していたら選挙成り立たない」

 東京都知事選(31日投開票)に立候補しているジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=が25日に東京・伊豆大島で演説した際、「消費税は大島は5%に。私が国に働きかける」などと有権者らに向かって発言したことについて、元大阪市長の橋下徹氏(47)が同日深夜、自身のツイッターで「こんな演説を許していたらもう選挙は成り立たない」などと痛烈に批判した。
 橋下氏はツイッターで「鳥越さんは『伊豆大島などの島しょ部は消費税を5%にする』と伊豆大島での演説で言い出した。こんな演説を許していたらもう選挙は成り立たない。言った者勝ちになる。民進党は鳥越さんの公約を実現する覚悟があるのか。その覚悟がなければ、鳥越さんにドクターストップをかけるべきだ」と投稿。さらに約1時間後の26日未明にも、ツイッターの読者の感想に答えるかたちで、「島だけ5%でいいんですか?しかも演説で立ち寄った島で、思い付いたように言っただけ」と書き込んだ。
(後略)
 産経新聞 7月26日(火)11時42分

++++++++++++++++++++

 前大阪市長の橋下氏も「(こんな公約演説が許されるなら)言ったもの勝ちになる」といっているが、本当にその通り。昔消費税が5%に上がる時の選挙で、当時の自民党候補が「身を張ってでも増税を止めます!」といいながら通った途端に「党のいうことには逆らえない」と選挙公約を翻したことがあったが、舌先三寸というところではこの鳥越氏の方が「元から権限のないことをできるかのようにいってだましている」だけたちが悪い。
 こんなことをいうのならばまだ「消費税のうち地方消費税分を島嶼には還付します」といえば「ああ、勉強しているのだな」という印象を残せる(それでも「島嶼だけ優遇するのか!」という声が残る)のだが、彼の言い方ではそんなことも分かっていなさそうである。

 ネットに上がっている演説動画では「介護士の給料が安い。だからやめていく」「これが介護離職だ」といっているところが映されている(いうまでもなく、「介護離職」とは普通の会社員などが介護のために仕事を辞めざるをえなくなるという話で、介護士の給料云々とは別の問題である)し、

++++++++++++++++++++
 東京都知事選(31日投開票)に野党統一候補として出馬したジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)が23日、都内で待機児童問題に悩む母親や、保育事故で子供を亡くした両親らとの懇談会を行った。
(中略)
 鳥越氏の方から参加者に「私は都立の保育園を作りたいという気持ちがあるんですが、それについてどう思いますか」と質問したが、母親らは「正直、それは話題性でしかないと思う。それを実現するために都で人材を育てていく暇があったら、今あるものを拡充して、まともに機能できるようにしてほしい」。さらに「都の保育施設という意味では、すでに認証保育所というものがある。新たに作らなくても、それを見直すことができるのでは」との意見も出て、“勉強不足”を露呈する場面も見られた。
 スポーツ報知 7月23日(土)19時1分配信 「【都知事選】鳥越氏、母親ら前に勉強不足を露呈」より

++++++++++++++++++++

 こんなことをいわれているようでは……彼は「都知事の仕事は三日で覚えられる」と豪語しているようだが、「自分が理解できるところだけ理解」したことを誇られてもなぁ。

 まあそれでも、候補者の資質を検分するのは東京都民の仕事なので他府県の人間は彼らの判断に任せるしかないわけで、いろいろいうのもなんだが、こういう人物をだしにして、

++++++++++++++++++++
 【都知事選】鳥越氏支援の菅元首相、「ウルトラ右翼の安倍総理」と対決姿勢強める

 民進党の菅直人元首相(69)が「鳥越都政」誕生に向け、都知事選で精力的に活動している。民進党などが野党統一で推薦するジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)の街頭演説にも参加するほか、14日の告示日以降、自身のブログを連続で更新。反安倍政権を掲げ、「ウルトラ右翼の安倍総理」などと攻勢を強めている
 19日のブログでは、安倍晋三首相が夏休みに入ったことについて「前回の都知事選では舛添氏と並んで、演説。今回の都知事選では舛添知事誕生の責任がある安倍総理を隠す『安倍隠し戦略』」と批判。24日のブログでは「世界的にリベラルが衰退する中でアメリカ大統領予備選ではサンダース候補が善戦した。日本でも、ウルトラ右翼の安倍総理にこびを売る候補ではなく、リベラルな立場を一貫して堅持してきた鳥越候補を応援してほしい」と呼び掛けている。
 鳥越陣営では市民センターを開設。安保法制反対や、環境問題などに取り組む市民団体、自治体議員のほか評論家の佐高信氏、山口二郎法大教授ら有識者も参加。終盤戦に向け、反安倍政権を明確に打ち出している。
 スポーツ報知 7月24日(日)17時57分


 鳥越氏「反安倍。政権止めます」野党幹部と街頭演説

野合の衆
(写真、日刊スポーツより。JR有楽町駅前で野党幹部らが集まり都知事候補の鳥越俊太郎氏(中央)を応援した。左から枝野幸男氏、小沢一郎氏、1人おいて辻元清美氏、志位和夫氏、又市征治氏(撮影・三須一紀))

 東京都知事選(31日投開票)に立候補している鳥越俊太郎氏(76)は22日、野党統一候補を象徴するように野党幹部を携え、JR有楽町駅前で街頭演説を行った。駆けつけたのは民進党枝野幸男幹事長、共産党志位和夫委員長、生活の党小沢一郎代表、社民党又市征治幹事長ら。
 枝野氏は「小沢代表、志位委員長と同じ車の上で1人の候補者を応援するなんて、1年前まで考えられなかった。なぜ、これだけ幅広い人が鳥越さんを応援しているのか。今の政治があまりにも極端だからだ!」と熱弁。接戦が伝えられる小池百合子候補については「離党しているわけではない。『ザ・自民党』そのものだ。だまされてはいけません!」と語気を強めた。さらに「女性だから子育て支援に優しい、女性だから女性の社会参加に優しい、女性だから平和を守るに違いない、そう勘違いしている方が多い。その勘違いを変えて、我々に力を与えてください」と声を大にした。
 志位氏は待機児童問題の解決には認可保育園と保育士の不足を解消することが不可欠と主張。「この2つが政策に書いてあるのは鳥越さんしかいない」と説明。小池氏は受け入れ年齢、広さ制限などの規制緩和で対処するとしている。
 小沢氏は「都政の既得権益に風穴をあけられるのは鳥越さんしかいない」と主張した。
 強力援護を受けた鳥越氏は「反安倍。政権を止めます」と宣言し、平和憲法を変えようとする現政権に「都民が真っ先にNOと言わなければ」と声を上げた
 日刊スポーツ 7月22日(金)20時32分

++++++++++++++++++++

 政権叩きに興じている国政政党・国会議員に対しては、国民の一人として厳しく糾弾したい。

 ヨーロッパでは「ホームグロウン・テロ」や難民問題などで国内が荒れ、

++++++++++++++++++++
 「国民分断」阻止へ連携=独仏首脳

【ミュンヘン時事】フランスのオランド大統領とドイツのメルケル首相は23日、イラン系の容疑者の男(18)が起こした独南部ミュンヘンの銃乱射事件を受けて電話会談し、「国民を脅かし、分断しようとする動き」を阻止するため緊密に連携する方針で一致した。
 仏エリゼ宮(大統領府)が声明を出し、明らかにした。
 時事通信 7月24日(日)0時53分

++++++++++++++++++++

 政府はこういうことを危惧しているというのに、我が国では民共連合をはじめとする左巻きが共産主義革命の尻尾を振りまわして「金持ちは敵! 金を取ってばらまくのは当たり前!」「安倍は金持ちの味方!」「国民を弾圧する独裁者!」という国民分断策をとっている。
 参院選ではそれがもう一つうまくいかなかったからと、結局こいつらは、その憂さを東京都知事選挙で晴らそうとしているだけではないか!

 そのために「知名度」で票が集められる人物をと鳥越氏を担ぎ出し、同士の宇都宮氏の立候補を辞退までさせた。東京都民も、「馬鹿にするのか!」と怒るべきだろう。


 都政の仕組みなどにはまるで暗いまま、

++++++++++++++++++++
(米軍の垂直離着陸機)オスプレイは墜落事故が相次いだ飛行機です。横田基地も横田管制(空域)も日本に取り戻すようにしたい。オスプレイも控えてもらいたい。
「しんぶん赤旗」2016年7月13日 「鳥越俊太郎氏の記者会見(要旨)」

++++++++++++++++++++

 こんなことには気を回す彼は、小笠原の人たち(もちろん都民である)が、「オスプレイの配備、ぜひ」といっていること(2014/07/22の記事、「ダクテッドファンにしたらもっと静かになるかな?(笑) 」 参照)に対してどう答えるのだろうか?


 おまけ。

++++++++++++++++++++
 オスプレイ「ノリに影響」 佐賀の漁協、防衛局に反発

 佐賀空港(佐賀市)への自衛隊オスプレイ配備計画をめぐり、九州防衛局は25日、地元の佐賀県有明海漁協に対し、駐屯地の施設配置案や配備に伴う環境対策などを説明した。漁協側からは反対意見が続出した。
 有明海漁協には、配備に伴い整備される駐機場など計画地の地権者が多く所属。ノリ漁への影響などを心配する声も根強く、漁協の対応が配備受け入れのカギを握るとされる。
 朝日新聞デジタル 7月25日(月)23時8分

++++++++++++++++++++

 いやはや、オスプレイはそれが飛んだだけで牛はミルクを出さなくなる話住民は不安で眠れなくなるは、あげくには海苔まで不作にさせるのか。
 それが飛ぶだけで相手国の国力を低下させることができる。なるほど中国などが反対運動をそそのかすわけだ。

 ……馬鹿らしい。
 これは駐機場の話なのだから、オスプレイにも、また民間軍用にも関係なく、佐賀空港の運用実績が上がるようになったら問題になることではないか。
 その記事タイトルに、まるでオスプレイが悪いものであるかのような見出しをつけるのだから、朝日新聞の汚さときたら。


 と、いうところで、本日の研究。

++++++++++++++++++++
 自由研究にビールの体験いかが? ヱビスビール記念館

自由研究
(写真、朝日新聞デジタルより。小学生向けの自由研究企画「恵比寿の歴史とヱビスビール」で使われるパネル)

 東京都渋谷区のヱビスビール記念館で26~29日、夏休みの自由研究向け特別企画「恵比寿の歴史とヱビスビール」がある。恵比寿ガーデンプレイスで出土した縄文土器や、ビールの原料の麦芽やホップに触れる体験プログラムを通じ、恵比寿の歴史を学んで「オリジナル巻物」を作る。各日とも午後0時40分から。対象は小学4~6年生で、保護者1人につき児童3人まで参加できる。参加料は保護者のみ500円。申し込みは同館(03・5423・7255)。
 朝日新聞デジタル 7月24日(日)15時34分

++++++++++++++++++++

 おいおい。小学生向けの自由研究企画の紹介記事に、「ビールの体験」とはなんだ。朝日は記事の中身の主体がどこにあるのかもわからない人間が記事を書いているのか?

 そう考えると、上のオスプレイの記事も「汚らしい印象操作」をしているのではなく、単に「イデオロギーでものが見えなくなった人間がレベルの低さを晒している」だけなのかもしれないな。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月25日(月)

メディアがまず正しい知識を知る必要がある

テーマ:犯罪
++++++++++++++++++++
 「神旗争奪戦」、避難家族の絆に…相馬野馬追

野馬追い
(写真、読売新聞より。落ちてくる神旗を奪い合う騎馬武者たち(24日午後、福島県南相馬市で)=源幸正倫氏撮影)

 国指定重要無形民俗文化財で福島県相馬地方の伝統行事「相馬野馬追(のまおい)」のひとつ「神旗(しんき)争奪戦」が24日、南相馬市の雲雀(ひばり)ヶ原祭場地で行われた。
 甲冑(かっちゅう)姿の騎馬武者が巧みに馬を駆り、約4万3000人の来場者を魅了した。
>神旗争奪戦は、花火とともに打ち上げられた布製の神旗(長さ約150センチ)を奪い合う行事。約280騎の騎馬武者が40本の神旗を求め、落下点を見極めて馬を操りながら、ムチで神旗を手繰り寄せた。
 同市は、東京電力福島第一原発事故による避難指示区域の大部分が12日に解除されたが、市外に身を寄せている住民も多い。
 埼玉県越谷市に避難している高校3年の女子(17)は、家族と離れて南相馬市で暮らす父(42)と計3本の旗を奪い取り、「野馬追が家族や地元との絆をつないでくれている」と笑顔を見せた。
 読売新聞 7月24日(日)21時15分

++++++++++++++++++++

 今年も相馬野馬追いが無事開催された。
 なかなか勇壮な様子で、常磐線が開通したら見に行ってみたいものだ。

「常磐線が開通」というように、この地域にはまだ福島第一原子力発電所の事故の影響が残っている。そんな中でも、

++++++++++++++++++++
 <相馬野馬追>原発避難11歳 伝統継承へ初陣

伝統継ぐ
(写真、河北新報より。小高の騎馬会行事に臨んだ佐藤さん親子=10日、南相馬市原町区)

 相馬地方で23日に開幕する相馬野馬追に、仙台市大野田小5年の佐藤天太郎君(11)が「初陣」を果たす。東京電力福島第1原発事故に伴って南相馬市小高区から移住した後、乗馬技術を習得するなど準備を重ねてきた。故郷の伝統を受け継ぐため、父親と共に勇壮な隊列に加わる。
 天太郎君は原発事故時、幼稚園児だった。小高区に暮らしていた記憶は薄れつつあるが、野馬追の思い出は今も残る。「夕方、祭りを終えて帰ってきた馬に乗せてもらったことを覚えています。かっこいいなって思っていました」
 父の昭人さん(41)は連続20回の出場を誇る古参の一人。昨年暮れ、関係者らが集まる会合で天太郎君から参加の意欲を伝えられた。「親子で体験を共有できるのがうれしい」と顔をほころばせる。
 佐藤さん一家は原発事故で避難を強いられ、2014年に仙台市太白区に新居を構えた。小高区などに出ていた避難指示は今月12日に解除されたとはいえ、当面、帰還する予定はない。
 昭人さんは「今、家族と故郷を結んでくれるのが野馬追。たとえ戻れなくても、小高の一員として文化継承に貢献したい」と話す。
「馬が大好き」という天太郎君は昨年秋から仙台市の乗馬クラブに通う。今春には宮城の乗馬大会で優勝を果たすなど、昭人さんも舌を巻くほど腕前を上げつつある。
 今年は陣羽織姿で隊列に加わるだけだが、天太郎君には夢がある。ハイライトとなる神旗争奪戦への出場だ。「来年以降も参加して、いつか自分も旗を取ってみたい」と力を込めた。
 野馬追は23日に各地で出陣式、24日に南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地で甲冑(かっちゅう)競馬、神旗争奪戦などを実施。25日に同市小高区の相馬小高神社で野馬懸が行われる。
 河北新報 7月23日(土)12時55分

++++++++++++++++++++

 頑張っている人たちがいるというのに、ネットなどではいまだに「墓場になっていくフクシマ」というようなコメントをニュースにつけるクズデマ野郎がわく。

 はじめに引用した読売新聞の記事でも「埼玉県越谷市に避難している高校3年の女子」のことが書かれているし、この河北新報の記事で取り上げられている佐藤さん一家も、「当面、帰還する予定はない」というが、これには事故以来「子供は法首脳に弱い」とか「子供は絶対に福島に住まわせない」というようなことを吹聴するやつらが出た影響があるのだろう。
 その中にはマスコミも含まれるのだからもはや単なる怒りで済む話ではない。

 福島大学の調査でも、 

++++++++++++++++++++
 <原発事故>母親の放射線不安 今も根底に

不安
(グラフ、河北新報より)

 東京電力福島第1原発事故の心理的影響について、福島大の筒井雄二教授(実験心理学)の研究グループは20日、福島市内の母子を対象にした今年の調査結果を公表した。設問「洗濯物を外で干すか」への答えでは「干さない」が18.2%で、東日本大震災直後の59.6%から激減。ただ他県の7.4%とは差があり、放射線不安は依然として解消されていない。
「洗濯物を外で干すか」に対する回答の年別推移と、兵庫など他県の状況はグラフの通り。「干さない」が年々減っている。
 子どもの飲み水については「非常に気にする」が29.0%。2012年(49.3%)や13年(51.5%)からは大きく減った。他県(20.0%)より割合が高い状況は変わらない。
 研究グループは心理的ストレスの有無も調査。「気分が落ち込むことがある」は43.5%で、11年の59.4%から減ったが、他県(33.6%)より高い水準だった。
 筒井教授は「放射線に対する母親の不安やストレスが子どもの発達に影響を与えることも懸念される。心理学的に母親をどうケアしていくか、自治体と連携して考えたい」と話した。
 調査は1月、小学生や幼稚園児を持つ福島市の母親を対象に実施し、約2500人から回収した。避難区域からの避難者は含まない。
 河北新報 7月21日(木)10時30分

++++++++++++++++++++

 こんな数字が出ているが、こういう意識を煽っているのが、
http://ameblo.jp/statesgrow/entry-11984888241.html
(2015/02/03の記事、デマやインチキで不安を煽るやつは許せない!)でとりあげた「放射線バッジデマ」を書き散らすような週刊誌や、いまだに「福島の子供は外遊びが~」と悲しいピアノの音をつけて流しているような「公共放送NHK」である。

++++++++++++++++++++
 「ライオン放たれた」と地震後投稿、業務妨害容疑で逮捕

 熊本地震の直後に「ライオンが放たれた」とツイッターにデマを流し、動物園職員の業務を妨害したとして、熊本県警は20日、神奈川県内の電気工事関連会社員佐藤一輝容疑者(20)を偽計業務妨害の疑いで逮捕し、発表した。「見た人をびっくりさせたかった」と容疑を認めているという。
 県警サイバー犯罪対策課によると、佐藤容疑者は最初に震度7が観測された前震から約25分後の4月14日午後9時50分ごろ、インターネット上で入手した街中を歩くライオンの画像と一緒に「地震のせいでうちの近くの動物園からライオンが放たれたんだが熊本」とツイッターに投稿。翌15日までに熊本市動植物園の職員に100件超の電話応対をさせ、業務を妨害した疑いがある。投稿は1時間で少なくとも2万件、リツイート(転送)されたという。
 同課によると、災害に便乗してインターネット上にうその情報を流した容疑に対し、偽計業務妨害を適用して逮捕したのは全国で初めてだという。(小原智恵)
 朝日新聞デジタル 7月20日(水)20時56分

++++++++++++++++++++

http://ameblo.jp/statesgrow/entry-12150379527.html
(2016/04/15の記事、ここでふざけるやつらは許せない(怒))で取り上げた「ライオンデマ」を熊本地震の時に流した犯人は逮捕されたのだから、「フクシマデマ」を流しているこういうメディアも、いつまでも野放しにしておかないようにはできないものだろうか。


 少し前に、

++++++++++++++++++++
 福島第1廃炉 「石棺」言及に地元反発 機構打ち消し、修正へ

 原子力損害賠償・廃炉等支援機構が、東京電力福島第1原発事故の廃炉作業の新たな「戦略プラン」で建屋をコンクリートで覆う「石棺」に言及し、地元の反発を招いている。福島県の内堀雅雄知事が15日、経済産業省を訪れ抗議、機構の山名元(はじむ)理事長も同日、福島で打ち消しに走った。機構は石棺に言及した部分を修正したプランを週明けにも公表する。
 戦略プランは、第1原発の廃炉作業の技術的な裏付けとなるもので、機構が13日に改定版を公表。石棺は事故で溶け落ちた燃料(デブリ)を取り出さず、原子炉ごとコンクリートで覆うもので、チェルノブイリ原発事故で採用された。
 プランの中では、格納容器を水で満たしてデブリを取り出す方法など従来の内容に加えて、石棺について言及。「当面の閉じ込め確保に効果があるとしても、長期にわたる安全管理が困難」として石棺に否定的な記載だが、「状況に応じて柔軟に見直しを図ることが適切である」と選択の余地を残した記述にもなっている。
 これを受けて、内堀知事が高木陽介経産副大臣と会談し、「福島県民は非常に大きなショックを受けた。(住民帰還などを)諦めることと同義語だ。風評被害の払拭にも影響が及ぶ」と強く非難。高木氏は「国として石棺で処理する考えは一切ない」と述べた。
 一方、福島県庁を訪れた機構の山名理事長は鈴木正晃(まさあき)副知事と面会し、「石棺を検討していることは全くない。ご心配をおかけしたことをおわび申し上げたい」と陳謝した。
 石棺の言及について、機構は「問題点について見解を示すためだった」と釈明、あくまでも引き続きデブリの取り出しを目指すという。
 産経新聞 7月16日(土)7時55分

++++++++++++++++++++

 こんなことでまた「自称福島の味方」たちが沸騰したことがある。
 が、きちんと話を見れば分かるように、機構は石棺については「お話にならない」と否定しているのである。

 そもそもこの石棺という話がどうして出てきたかといえば、「反原発」をいう人間が「廃炉は時間がかかるからダメだ。チェルノブイリのような石棺を作って福島を立ち入り禁止地域にしろ」と騒いでいたからではないのか?
 そうやって声高にいわれるから機構はわざわざそれを上げた上で「ダメ」と否定したというのに、その方式に触れたということで「フクシマがー」といっていた人間たちが今度は「国は福島を見捨てようとしている!」と騒いでいるのだから馬鹿馬鹿しい。

 先日取り上げた沖縄の基地問題でも、演習場の半分以上が返還されるという話に対して、「沖縄には米軍基地の74%の面積がある! 基地負担が!」といっている勢力が「森を守れ!」と返還のための工事妨害をしていたが、この「反原発」はの首長もまったく同じ。自分たちが騒いだことを「では」といわれたら、今度はそれで「とんでもない!」と騒ぐ。
 もはやそこでは「基地」も「原子炉」も、そのもの自体に意味はない。ただ「反対している自分」に浸るための道具にしかされていない。

 こういう人間たちが騒ぐおかげで、一番困っている人たちがまるで救われない状態に置かれてしまうのだから、まったく「反対イデオロギー」はただの社会悪でしかないし、それを理由して政治活動をしようとしている左巻きは、存在そのものが悪である。


 おまけ。

++++++++++++++++++++
 被爆2世、集団提訴へ=援護法適用求め―広島

 被爆2世でつくる「広島県被爆二世団体連絡協議会」は16日、国を相手に被爆者援護法の適用を求める集団訴訟を起こす方針を決めた。
 被爆2世が同法適用を求める集団訴訟は初という。
 全国被爆二世団体連絡協議会(二世協)が2月、提訴の方針を決定。広島県被爆二世団体連絡協議会はこの日、2年に一度の総会を広島市内で開き、提訴に向けた準備状況が報告された。
 原告は50~100人程度を予定。被爆2世は放射線による遺伝的影響を否定できず、健康被害への不安を抱えながら生活しているのに、国は援護法を適用せず放置したとして賠償を求めるという。
 時事通信 7月16日(土)23時2分

++++++++++++++++++++

 まったく。福島の事故のデマを払拭していかなければならない時に、「ピカがうつる」というデマで苦しみ、「放射線障害は遺伝しない」ということを社会に知ってもらうためにと頑張ってきた広島被爆二世の中からこんなことをする者が出てくるというのは。

 いったいどういう勢力が裏でそそのかしているのか。
「被害者ビジネス」が大好きな国の人間のようになってしまうぞ!


 本日の別荘。

++++++++++++++++++++
 日本人設計の火星の家、模型を公開へ 東京・六本木

火星の家
(写真、朝日新聞デジタルより。火星に建設された氷製の居住施設の断面図。中心部の居住施設は、ドーム形の氷壁で二重に覆われている。壁の材料となる氷は地下から採取する(CloudsAO/SEArch提供))

 米航空宇宙局(NASA)が昨年実施した2030年代に火星に建設する居住施設の設計コンペで、最優秀賞に選ばれた日本人建築家たちの作品が日本で初公開される。東京・六本木の森美術館で30日から始まる「宇宙と芸術展」で、コンペに提出した模型や動画が展示される。
 公開されるのは、ニューヨーク在住の建築家、曽野正之さん(45)たちのチーム「CloudsAO(クラウズアオ)」と仲間の建築家グループ「SEArch(サーチ)」が、3Dプリンターで作製した樹脂製模型(縮尺75分の1)。
 NASAのコンペでは、宇宙飛行士4人が1年間、火星に滞在することを想定。火星の地下に大量にあるとされる氷を遠隔操作で切り出して壁を築き、巻き貝の殻のような形の建物を作る。火星の強い放射線や極寒の外気から人体を守るように設計されている。実際に火星用住居として採用されるには、NASAが今後行う予定の技術審査などに合格する必要がある。
「宇宙と芸術展」は、来年1月9日まで。宇宙に関する現代アートなど約200点が展示される。(ワシントン=小林哲)
 朝日新聞デジタル 7月23日(土)19時47分

++++++++++++++++++++

 火星の表面重力波地球の3分の1、その一方で慣性質量は変わらないから、重力に頼った安定性は3分の1になる上に揺れなどに対する強さは地球と変わらないものが求められるのが火星の建物。そういうところは、きちんと計算してあるんだろうな。

 月では重力による安定性は非常に低くなるが、風は吹かないのだから、火星で地上に建物を建てる方が条件的に難しいだろう。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年07月24日(日)

携帯から一言

テーマ:日記
ポケモンGOの波及効果だろうか? 今日は3DSのすれちがいMiiのヒットも多い。いつもの倍以上ある。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月24日(日)

携帯から一言

テーマ:日記
ん~水戸の中心部の50号通り歩いていても、スマホ掲げた人多いなぁ(汗)。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。