安眠妨害水族館

オバンギャと初心者に優しいヴィジュアル系雑食レビューブログ

<館長からの伝言板>

コメントやメッセージへの返信は停止中ですが、ありがたく読んでおります。

長文が多くなっていますので、読みたい記事だけ飛ばし読みをしたいという人は、<ブログ記事一覧 をご参照。
もっとピンポイントで読みたい記事がある人は、左側のブログ内検索ツールから、お調べくださいませ。

Twitter

https://twitter.com/sakanagatoreta (館長)

https://twitter.com/anbo_suizokukan (更新情報)


マストドン(vkdn)

https://vkdn.jp/@sakanagatoreta  (試験運用中)


姉妹ブログ
天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて


テーマ:

†おにんぎょうしょうこうぐん†/ユメリープ

 

1. おにんぎょうしょうこうぐん

2. ふうせんおひつじ

3. のろいのおしゃぶり

 

ユメリープの 2ndシングルねごと 。

このご時世、1種類のみのリリースが続いているのは潔いです。

 

表題曲となる「おにんぎょうしょうこうぐん」は、彼らの中でもダークさが際立つ1曲。

メルヘンチックな装飾や、メロディアスなボーカルラインは相変わらずなのですが、重く響くサウンドが内なる凶暴性を暗示しているかのようです。

象徴的なのは間奏部分で、メルヘンな世界から、邪悪な世界に落ちていく場面。

それまで無表情的に歌っていたネムさんが、突如としてデスヴォイスをがなり立て、場面転換のスイッチとして大きなインパクトを残していました。

テンポチェンジが多く、展開は複雑ながら、全体的にキャッチーに聴かせてしまう楽曲構成は上手かったですね。

 

その邪悪で禍々しい雰囲気を引き継ぐのは、「ふうせんおひつじ」。

ポップなタイトルとは裏腹、演奏は激しさを見せており、同期の音ですら、重低音を補強しているイメージです。

ただし、サビでは開けて雰囲気が変わる。

浮かび上がるような、光が見えるような、そんなメロディ。

1曲目と3曲目を繋ぐブリッジとして、これ以上にない働きをしていますよ。

 

「のろいのおしゃぶり」は、3拍子で進行するミディアムナンバー。

これまでの彼らには見られなかった優しいメロディで、がっつり攻め気の本作において、良いアクセントとなっています。

「ふうせんおひつじ」を噛ませたことによって浮いてしまうこともなく、両方向に振ったシングルとして機能する絶妙なバランス。

こんな楽曲もできるのだな、とポテンシャルを感じさせました。

 

王道を示す1stシングルねごと 「†かげくいまくら†」 に対して、引き出しを見せていく位置づけになるのでしょうか。

バンド感は増しており、音源で聴く分には、かぐやさんの起床(脱退)による影響を意識することはなかったかな。

ダークメルヘンな世界観を、同期だけに任せず表現できているのは強み。

まだ成長の余地はありそうですが、だいぶ仕上がってきた印象です。

 

なお、早くも、来年には"みにあるばむねごと"をリリースすることが決まったとのこと。

世界観重視のバンドだけに、アルバム作品でどのような表現を見せてくれるのかは純粋に楽しみですな。

 

<過去のユメリープ(ナイトメアシンドローム)に関するレビュー>

†かげくいまくら†

どりーむまたー

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。