安眠妨害水族館

オバンギャと初心者に優しいヴィジュアル系雑食レビューブログ

<館長からの伝言板>


エイプリルフールの企画ではありますが、咲花-サカナ。-として配信シングル「まつりのよる」をリリースしました。
期間限定での販売となりますので、冗談が通じる方は是非。
iTunes Amazon レコチョク


ばんぎゃる.net さんの「そろそろゼロ年代の名盤決めようぜ ~ゼロ年代名盤10選~ 」に寄稿させていただきました。
お暇なときにでも読んでいただけるとありがたいです。


長文が多くなっていますので、読みたい記事だけ飛ばし読みをしたいという人は、<ブログ記事一覧 >をご参照。

もっとピンポイントで読みたい記事がある人は、左側のブログ内検索ツールから、お調べくださいませ。


Twitter

https://twitter.com/sakanagatoreta (館長)

https://twitter.com/anbo_suizokukan (更新情報)

NEW !
テーマ:
メンヘライズム/メアリィ

¥3,240
Amazon.co.jp

1. 冷却
2. 未練
3. あなたと私
4. 枷
5. Dance Story~靡かせながら~
6. O錠様
7. -30℃の僕のヤミ
8. 61歩の病針
9. 失楽
10. 服従
11. うて病

メアリィの1stフルアルバム。
始動から約1年というタイミングで送り込まれる本作は、彼らのコンセプトである「メンヘライズム」をタイトルに持ってきた意欲作です。

三部作となったシングルから、カップリングも含めて5曲を収録。
それを軸に足りないピースを書き下ろしの楽曲で埋め、全11曲のフルレンスに仕上げました。
ダークでハード。
ボーカルは、やや弱さがあるもアンニュイな雰囲気があって癖になる。
どこか頼りなさがあるところも含めて、古き良き時代のコテコテバンドの香りが漂っており、なんだか気になってしまう彼らの音楽を、総括的にパッケージした作品と言えるでしょう。

コンセプトがコンセプトだけに、描かれるストーリーは必ずしも仰々しくはない。
だが、ものものしい世界観を演出するギミックが至るところに張り巡らされており、さらっと聴く分には、懐かしいダークバンドに触れている感覚。
メロディアスになる場面で安易に開けるのではなく、マイナーコードで流れるような歌メロが重ねられるあたりにグッとくるリスナーも多いのではないかと。

そのうえで、あくまで新人バンドとしての彼らの個性化したい部分である「メンヘライズム」をストーリーに混ぜ込み、現代の闇の部分に切れ込んでいくスタイルが案外ハマっている。
闇には闇を。
病みには病みを。
必ずしも、救いを差し伸べることだけが救済ではないというのは、現代リスナーとっても、古き良きダークバンドのリスナーにとっても、同じことなのかもしれません。

物足りなかったポイントとしては、序盤の勢い付けや、盛り上げどころのキラーチューン、クロージングとなる締めの楽曲など、重要なポイントを発表済のナンバーで担っていること。
アルバムを見据えて断片的に先行シングルを発表してきた、という捉え方もできるものの、本作ではじめて聴く楽曲のインパクトがそこまで大きくなく、アクセントや繋ぎとして収まってしまった印象です。
もっとも、この辺りは聴くタイミングにも左右されるところ。
三部作を聴いていなければ、十分に楽しめる内容であるのは間違いないので、まだ彼らを知らないリスナーであれば、そこまで意識しなくても良い部分ですかね。

スキルよりも感覚派。
上手さよりも世界観の再現のためのギミックを重視する。
そんなリスナー向けのバンド。
聴く人によって当たり外れは大きく異なりそうではありますが、その読めなさが台風の目となる可能性を秘めているのです。

なお、「うて病」は、エトセトラのカヴァー曲。
シングル「O錠様」にも収録されていたのだけれど、まさかアルバムの、しかもトリに再びぶち込んでくるとは。
ボーナストラック扱いにしても、2回目があるなんて。
これ、ライブでの定番曲にしていくつもりなのかなぁ。

<過去のメアリィに関するレビュー>
失楽
O錠様
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「音源紹介~ま行~」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。