【 イベント情報 】
★S-Mountain The4100D マウンテントレイルin野沢温泉2017


開催日:2017年7月15日(土)~7月17日(月)
開催場所:長野県野沢温泉村一帯
65kmソロ男子 65kmソロ女子 65kmペア 65kmトリプル 65km駅伝
23kmソロ男子 23kmソロ女子 23kmペア
14kmソロ男子 14kmソロ女子
バーティカルキロメーター
◎詳しくはコチラ

http://s-mountain.com/nozawa.html





★命あるなら来年も!2017


開催日:2017年9月2日(土)・3日(日)
会場:野沢温泉 巣鷹湖キャンプ場
入場:無料!!
◎詳しくはコチラ

https://www.facebook.com/events/1452670801458989/?fref=ts





★2017 Slackline World Cup Japan【FULL COMBO】


開催日:2017年9月17日(日)・18日(月)
公開練習:9月16日(土)
会場: 小布施ハイウェイオアシス(小布施総合公園) 長野県上高井郡小布施町大島601
◎詳しくはコチラ

http://slwcjp.com







【命あるなら来年も!Tーシャツ】


オーガニックコットン100%
¥3500(税込み) 
※売り上げの一部が野沢温泉での野外イベント「命あるなら来年も!」
の運営費として活用されます。

◆お問い合わせ◆
rikifreestyle0@gmail.com

【 Ride Freak  T-シャツ 】
雪山を「Ride」する・波に「Ride」する・音に「ノル」
「Ride」ノルことに「Freak」熱狂する人たちにむけて。
$RikiStyle
「Feel your BEAT.」
オーガニックコットン100%
¥3200(税込み)

◆お問い合わせ◆
rikifreestyle0@gmail.com


パタゴニア
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年07月11日(火) 15時46分15秒

帰国、報告

テーマ:ブログ

てことで

ただいまジャパン!!

 

帰国直前にやってしまった左モモの肉離れ

思いのほかヒドく

足を引きづりながらなんとか帰国しました。

飛行時間長かった。。。

機内食4回も食べた。。。

 

僕は海外にいると

まったく日本食が恋しくなったりしないタイプ

だってどんなに頑張ったって

日本で食べるそれとは少し違うし

日本食はやっぱり日本で食べた方がウマい。

それなら現地のもののほうがいい!

 

とはいえ、日本に帰ったら

まずは日本食を食いたいっす。

てことで帰着したこの日は

刺身!

日本のビール!

焼き鳥!

焼酎!

もつ!

 

はい。満足です。

あとは近々、天ざる食べにいこ。

大好物です。

 

それにしてもマルタで過ごした一か月間

一度も雨は降りませんでした。

雲を見たのも1回だけかもしれません。

 

一般として35歳、男子、既婚者にしては

贅沢に時間を過ごせたと思いますが

それでもアッと言う間でした

 

だってだってマルタの学校なんて

夏休み3ヶ月あるんだよ!

 

大人だってとても長い休暇があるし

普段から土日は全ての機能がストップするくらい

みんな休みだし

平日だってお昼で閉めて、16時まで休憩

そのあとまたちょっとやって

みたいなお店だってザラにあるし

 

それから思うと僕なんて

蝉の一生程度の時間しか持っていません

 

そしてそんなユル〜い時間を過ごしていても

日本に帰ってくるとパチンッと聞こえそうな程

意識と感覚のスイッチが切り替わるから不思議です

 

さて、次の動きを始めましょう!

 

まず

ガイド&ツアーの会社が立ち上がりました。

 

https://rikijg.com/jp/

まだまだ手直ししなきゃですが

実はもう半年前から稼働しています。

って、まぁ今までずっとやっていたことを

会社としてもう少し軸足置いてやるだけです。

この冬の準備を進めないとですね。

今のところ冬がメインですが

春夏秋の企画もセットしていきたいと思います。

 

 

そして

この時期は週末のMCがメインのお仕事です。

ちなみに今週末は野沢温泉で開催される

S-Mountain The4100D マウンテントレイルin野沢温泉2017

開催日:2017年7月15日(土)~7月17日(月)

開催場所:長野県野沢温泉村一帯

65kmソロ男子 65kmソロ女子 65kmペア 65kmトリプル 65km駅伝

23kmソロ男子 23kmソロ女子 23kmペア

14kmソロ男子 14kmソロ女子

バーティカルキロメーター

◎詳しくはコチラ

http://s-mountain.com/nozawa.html

 

その後もバシバシとイベント入ってますんで

随時、告知していきます。

そして、MC必要な案件は

とりあえず気軽に連絡ください。

MCのお仕事、好きです。

増やしていきたいところです。

 

 

さらに

といっても冬までは僕はゆっくり時間ありますので

明日12日から古巣のパタゴニア鎌倉ストアに

ちょくちょく出没予定です。

その他のお店にも出没することがあるかもです。

ここにいると誠実なビジネスというものを

学ぶ機会が増えるし

同じ方向を向いている仲間も多いので

刺激も増えるし

環境やライフスタイルを見つめる

機会も知識も増えるし

望むところです。

 

 

そしてそして

友人のお店とコラボして

SUPの体験もしていますので

希望があればお連れしますよ。

たしか2時間6000円だっけな。

忘れちゃった。w

でもそれくらい。w

波があればサーフィンしましょう。

 

あ、でもこれは左モモが治ってからね。w

 

結局、マルタに持っていったにもかかわらず

一度も乗ることのなかったサーフボード

もともと波は全くないとの情報でしたが

もしも波があったときに

後悔しないように持っていったんです。

でも情報通りでした。

欲求だけは高まりまくっております。

 

ああ、サーフィンしたい。

早く治れ、肉離れ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017年07月05日(水) 05時25分20秒

マルタ最終章

テーマ:ブログ

そんな感じでマルタで英語のお勉強に励みながら

各地の観光も抜かりなくしております。

 

そんなマルタでの生活も最終週。

1ヶ月なんてアッと言う間です。

 

難しい英語のクラスに毎日悶絶しておりますが

果たしてどれだけ成長したのか。。。

 

実のところ

わずかばかり単語を覚えたくらいで

英語力としては

ほとんど変わっていないように思えます。。。

 

これも年なのでしょうか。

何度調べても頭に残らないのです。。。

 

ま、1ヶ月という短期なのでこんなものでしょう。

僅かな成長でも無駄じゃない。

 

何にしても、通常

35歳、既婚、男子には

なかなか経験出来ないような貴重なことです。

充分に満喫しております。

 

しかも、時間もお金も一番大変なタイミングに

無理をおしてマルタにきたのだから

どうせなら骨の髄まで堪能しなければ!と

最後の一週間もラストスパート!とばかりに

遊びの予定を詰め込みました。(勉強しろよ!)

 

ずっとタイミングが合わずに入れずにいた

歴史ある国営の図書館にいったり

 

友達と皆でみつけたダイビングポイントに

飛び込みにいったり

 

マルタ在住のイギリス人の友人と

クライミングに行ったり

 

 

 

お別れパーティーしてもらったり

※ココで僕は久しぶりに全速力のダッシュしたら

左モモが肉離れ。。。

 

足を引きずりながらもワインフェス行ったり

 

最後の最後まで精一杯マルタを堪能し

多くの方々との良縁に感謝しながら

今、空港。

今から日本に帰ります。

 

結局、良い波には会えないまま。

帰ったらまずサーフィンしたい。。。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年07月04日(火) 20時26分43秒

チュニジアな週末

テーマ:ブログ

ちゅうわけ

予定より4時間遅れでチュニジア到着!!

 

事前情報及び周囲からの注意喚起で

ビビりながら入国!!w

 

夜は怖いから早く着く時間のチケットに

わざわざしたのに遅れて結果、夜。。。w

夜でいいならもっと安いチケットあったのよ!!

 

緊張感を持ったスタート。

 

タクシー捕まえホテルへ。

この時20ディナールとられましたが

その後わかることですが

約6ディナールで行ける場所です。

 

とりあえず夜はあまりであるかず

ホテルで軟禁。

ネットで情報収集。

 

 

翌7月1日(土)

 

はじめてのチュニジア料理はホテルの朝食で。

その後、旧市街の市場、メディナへ。

 

 

大賑わい。

気を抜くとアッと言う間にはぐれそう。

 

一気にアラビアンな空気に包まれ圧倒されます。

 

 

 

 

 

迷路のような細い路地を彷徨いながら

ひとしきり堪能したら

 

電車に乗ってシディ・ブ・サイドヘ移動。


 

両サイドが海という線路の上を進みます。

はじめてドアの開いてる電車に乗った。

見たことある。こういうの。

 

で到着しましたシディ・ブ・サイド。

それまでのカオスな雑踏とは対極にあるような

ゆったりとした美しい場所。

噂通りの美しい街並。

 

 

 

 

 

街を見てあるき

海を眺めながらランチをし

 

ホテルを決め

 

海に泳ぎにいって

 

お茶して

と、ゆったりめの時間を満喫。

 

この街はチュニジアの誇る高級リゾートとあって

夜に出歩いても大丈夫そう

むしろ夜になればなるほど賑わいます。

 

お店に入ってお土産を物色していたら

お店のお兄さんヤスィンと仲良くなっちゃって

むかいのお店でお茶をおごってもらったり

お酒の手に入りにくいこの国で

彼の仕事終わりにビールを走って届けてくれたり

なんていいヤツなんだ。。。

 

危険、危険とだけ聞いていたけれど

本当にたくさんの親切方々に助けていただきました。

 

翌2日(日)

 

ホテルでの朝食も雰囲気がステキ。

 

敷地内には亀が歩いてる。w

 

コイツ、カワイかったな。

甲羅もシディ・ブ・サイドらしく

白くぬられていました。w

 

その後、この日はカルタゴ遺跡を観て回ったのですが

いくつかみたあと、次の遺跡を探して歩いている時に

タクシー捕まえたら一緒にその場所探してくれて

アッチの方だよ!と教えてくれたんだけど

歩いてたら、後ろから

「乗ってきな!ソッチの方行くから下ろしてあげるよ」

となんとタクシーなのに

無料で近くまで乗せてくれました。

 

 

 

 

 

ステキな人が沢山住んでいる街です。

 

凄みながら超強引にものを押し売ろうとする

お店にも出会いましたが

イヤな思いをしたのは1度だけでした。

 

チュニスのホテルにチェックインし

おすすめのチュニジア料理の

ローカルレストランを教えてもらって

行ってみましたが

 

めちゃウマ。しかも安い。

 

高いだけのシディ・ブ・サイドの

レストランとは大違い。

 

満腹になり、部屋に戻り

翌朝4時のフライトなので

2時にはホテルを出発することを考えて

早めの就寝。

 

 

3日、早朝?夜中?

2時頃にタクシーを捕まえ空港に。

で、出国前に残ったお金を

ユーロに換金しようとしたら

窓口で

「最初にディナールに換金した時の

証明出来る紙がないと換金出来ないよ!」

と。。。

 

そんなの聞いたことねーよ!!

ホテルで捨てちまったよ!!

 

がフライトまでの時間は少しあるし

ホテルまではタクシーで片道15分程。

ってことでエリナにフライトのチェックインをゆだね

僕は再びタクシーでホテルに戻る。

そして部屋のゴミ箱から両替証明書を拾い上げ

空港へ戻る。

 

なんとか換金間に合った。。。

 

そして朝4時15分

今度は時間バッチリでマルタに戻ったのでした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年07月04日(火) 03時35分27秒

チュニジアへ

テーマ:ブログ

って感じでマルタでの学生生活を楽しんでおりますが

 

先週末に行くはずで買った

チュニジア行きのチケット

外務省のサイトではレベル2〜3。

親からも猛反対の連絡が入り

押し切ってまでは行きたくないと

捨てるハメになりました

 

夫婦ともなると、どちらもが

どちらもの親を無視しては突き進めないものです。

 

大丈夫だろ。と個人的には思ってはおりましたが

親にも納得してもらえるだけの情報集める為に

1週間を使い

なかば強引ではありましたが

チュニジアへの渡航に渋々ながらも

承諾してもらえたので

再度、購入。

 

チュニジアに何度も旅したことのあるリビア人の友人や

マルタに住んでいるイギリス人の元バックパッカー

同じようなタイミングにチュニジアを旅している人を

ハッシュタグから見つけてコンタクトを取ったり

現地に住む日本人にもコンタクトを取りました

 

2倍の渡航費を払うことになりましたが

おかげでチュニジアの情報にも

周辺諸国や国際情勢の情報も

みっちり勉強することが出来たので

これもまた良き学びになりました。

 

で、金曜日の学校が終わったら

荷物を持ち替えて空港に。

 

そのままチュニジアへ向かいます。

16:30発のチュニスエアー。

飛行時間は1時間弱。

 

しかし、空港カウンターでチェックインし

適当な対応とともに伝えられたのは

「エアは遅れるから」

 

「あ、そうですか。どれくらい?」

 

「3時間くらいかな。」

 

「え?」

それ遅れ過ぎー!!w

 

15時にカウンターに行ったので

遅れが3時間だとして19時半まで4時間半もある。。。

 

ということでいきなりハードロックカフェの

€20分のバウチャーを2枚渡され

ただひたすらに飛行機を待つという

早速前途多難な旅路が始まったのでした。。。

 

そして19時半になっても電光掲示板には

「DELAYED」の文字だけで情報はアップされず

結局飛行機に乗り込んだのは20時半ころ。。。

 

親には「問題ないから!」と言ったものの

早速出ばなをくじかれたこの旅。

さて、この先どうなることやら。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月28日(水) 23時18分23秒

フリーパーティ

テーマ:ブログ

この国ではほとんどのクラブやイベントがフリー

飲み代で利益出しているんだろうけど

クラブなんかは酒代もだいたい€2,5/1杯

€1=125円の今、320円くらい

激安い。

 

ただクラブの質は高くない。

だから学校の行事的なもの以外はほぼいかない。

 

27日に世界遺産の街の前の広場で

MTVの大きなフェスが開催された

数日間にわたるこの”ドデカい”イベントは

フリーイベント

 

MTV主催だけあり

そこらで聞いたことのある曲のアーティストが

わんさとやってくる。

でもフリー

とんでもないステージを組んで、会場を作って

大勢の集るこの場所が

滑降のテロのターゲットにもなりうるからか

バリケードで入場できる通路全てを規制し

全てにセキュリティや身体検査の対処を施す

でもフリー

すんごいね。

それらの予算がまかなえる程

コッチの人たちはお酒を飲んでいるのだろうか?

それとも観光客が集り、周辺に

お金を落とすことを試算して

マルタの観光局が予算を出していたり

するのだろうか?

 

わからん。

 

が、すごいことです。ほんと。

 

会場は大盛り上がり。

盛り上がりっぷりもコッチの陽気なノリで

ハンパじゃない。

 

こんな太っ腹なイベントが日本でもできるといいね。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月27日(火) 15時42分43秒

シチリアな週末

テーマ:ブログ

というわけで今週はアフリカを諦め

シチリアをお散歩。

 

23日(金)

18時半にフェリーは港を出て

20時過ぎにはシチリア島のポッツアーロという

小さな港町に到着。

1時間半。近い。

 

港から街まで歩き、とりあえず夕食を食べながら

wifiげっとして宿を確保。

 

そこからまた歩き宿の辺り

シャッターが閉まり真っ暗な裏路地

でも明確な場所がわからない。

 

週末ということもあり1本表の通りはまだ賑やか

早く宿に入り最低限の安全を確保したい。

 

電話で確認すると「今から行くわ」と。

ん?

 

つまりairB&Bのように

空き家を宿として掲載しているところだったらしい

そりゃわからんわ。。。

 

でもとにかくわかったことは

マルターシチリアのこのわずかな距離で

雰囲気もなにも全く違い

こちらではほとんど英語が通じないということ。

カードは使えない小さなお店が多いということ。

 

しかもある程度カードに期待していたのと

どこに行くかわからなかったので

あまり現金は持ち歩きたくなかったこともあり

キャッシュは極めて少ししか

持ちってこなかった

両替できるようにだけ

日本円だけもっているという状態

 

そのユーロも夕ご飯でほとんどを費やし

宿の分のお金がない。

宿もふつうカードいけるだろ?

と思うけど、そんな状態の個人の宿?家?

だったから現金のみだって言うし。。。

 

翌日の予定たてるのにwifi欲しかったけど

この宿?家?にはwifiがなかった。。。

 

とにもかくにも

こうしてシチリアの1日目終了。

 

 

24日(土)

街を散策。

朝ご飯食べようにも現金がない。

 

まずはいろんな人に聞きながら

換金出来る場所を探すが

土日は銀行も郵便局も営業していなかった。

 

右往左往しながら

最終的にATMでユーロを引き出すことができ

ようやく心にゆとりを持って行動を開始することが出来た。

 

それにしても、ここは

すんごくステキなビーチがあります。

 

マルタとは大違い。

たった1時間半の距離なのに。

同じ地中海に浮かぶ島なのに。

 

準備を整えていざ!

となったものの、バスはどこから?電車は??

 

調べると日曜日はお店だけではなく

交通機関までストップする。

電車も日曜日はお休み。

 

てことは、今日は移動出来ても

明日のフェリーにまたこの町まで戻るにはどうすれば?

 

でもまぁ、とりあえず電車の駅に行きました。

廃れた感じで、コレ廃線じゃねぇの?

って感じです。

 

改札もなければ時刻表もない。

何時に電車は来るのか?

そもそも来るのか?

 

と、そこに真っ赤な特大のスーツケースを持った

スキンヘッドのサモハンキンポーのような人が

一人だけ電車待ちしていたので声をかけてみた。

 

ら、なんでもこの人は中国の大学で

世界遺産など考古学を教えている

博士号をもつ教授らしく

英語もお互いの意志を伝えるくらいには堪能で

お互いのことを伝え

 

シチリアには全部で7カ所の世界遺産があるが

2つは自然遺産だが少し遠い。

1泊2日ならココとココの遺跡にいくといい!

ここはバロック様式がすばらしい!

そしてココは・・・

などと自分が見て回った写真を見せながら話してくれ

学者さんらしく完璧に調べ上げられた交通の情報も

バッチリ教えてくれました。

ありがとう!ありがとうすぎる!!


ただ、日曜日はもともと

全部ストップするってことで動く気もなかったし

わからない。。。って。

だからいくのは良いけど戻って来れるかどうかは。。。

 

もう一つわかったことは

電車はまだ数時間先まで来ないってこと 

 

ならば・・・レンタルバイクだな!

それなら全部の交通機関が動いていないとしても

帰って来れる。

でもでもでも・・・

いろんな人に聞きながら歩き回ったり

電話しまくったりしましたがドコもダメ。。。

 

しかし、とにもかくにも行ってみるのです。

バスだ!!

土曜は平日と同じ運行をしているはずだ

って情報の

いまいち何時にくるかわからないバスを

とりあえずバス停で待ち

来るバス来るバスに

教えてもらった世界遺産の街ノートには行くか?

と聞き、なんとかバスをゲット!!

 

道中は乾燥した土地に

立派なオリーブの木が立ち並ぶ

たまに手入れされて並んでいるのはレモンの木だ。

 

そして辿り着いたコンパクトながら

美しい世界遺産の街ノート!!

 

 

 

 

いいね、いい!

こういうの求めてた!

改めて名も知らない中国の先生、ありがとう!

 

でひとしきり回って食事をし

先生の指示通り次の街シラクーサに向かいます。

 

ノートの街のツーリストインフォメーションで

日曜のバスの運行を確認する。

ノートからは13時にポッツァーロ行きのバスが

1便だけあるらしい!

 

そしてこれからのシラクーサ行きには

ちょうどいい時間に電車が来る事がわかったので

今度は電車!!

 

発券機も改札もない駅に

ピッタリではないが、わりと時間通り

2両の小さな、おんぼろな電車が到着

車掌に確認し乗り込む

シラクーサに到着し

降りるように車掌にも促されながら

ホームに降りる

 

これいつ電車賃払うの?

 

シラクーサの駅はほんの少しだけ

建物がしっかりしているし

出口に改札でもあるのか?

 

なにもない。。。

 

そのまま外へ。

 

あ、無賃乗車成立。。。w

ま、いいか。

車掌さんも何にも言わなかったし。。。

 

で、早い時間に

フロントを閉めちゃうコチラのホテル

前日で懲りているので

とりあえずホテル探してチェックイン

といってももう19時半。

 

ここでも日曜にポッツァーロに戻る方法を聞いてみる。

ないらしい。。。

 

でもノートには11時半ころに1本だけあるらしい!

これで、うまく繋げば

シラクーサ 〜 ノート

ノート〜ポッツァーロ

と帰れるはず!!

いまいち信用ならんが、ひとまず信じるしかない。

不安はほんの少し消えた。

 

日の沈み始めた頃

世界遺産の美しい街並が残る陸続きの島

オルディジャ島へディナーにでかける。

 

ここが本当に良かった。。。

 

 

日も沈み街には灯りが

 

 

 

 

サクスフォンやアコーディオンのプレイヤーが

街にステキなBGMを添える

 

海辺のレストランで

シチリアらしい料理に舌鼓を打ち

ワインを流し込む

 

ホントにいいところなんです。

激オススメ。

 

そしてホテルに帰ろうと思ったんですが

あまりにもステキなお店があるもんですから

一杯ずつイタリアらしいお酒をのんで

 

大満足で2日目も終了。

 

こういうとき実家がショットバーで良かったな。

と思います。

イタリアのお酒の知識も頭に入ってたしね。

 

 

で、不安たっぷりの最終日

25日(日)

朝早めからお散歩し

見て回れるところを見たりして

朝食をとり

本格的に世界遺産巡り

 

 

 

 

 

 

ばっちり堪能してからでも

バスまでに少しゆとりを持って見終えました

で、バス停へ移動!

 

そこでバス待ってると

マルタの同じ英語学校に通う友人に出あったり

そして話しすぎて

1本しかないバスに見逃しそうになったり

 

ノートについてからも

接続のバスへの不安が拭えなかったり

でもなんとか14時頃にポッツァーロまで戻りました!!

 

ああ、コレでもう安心!!

 

帰りのフェリーは21時半。

 

それまでもうゆっくりしてやるんだから!!

ビーチのレストランで昼食をとり

もちろんビールもワインも。

 

そして海水浴。

 

並べられたパラソルとビーチベッド

マルタだと何かしら注文した人しか使えない仕組み

そこに座っていればオーダーを取りにきてくれる。

 

きっとここでも同じはずなんだけど

あまりにイタリアはゆるいようで

結局最後まで何も注文せずに

ばっちり使っちゃえました。w

また無賃。。。

でも、これはもしかしたら

誰でも使える無料のものだった?

うーん、わからんが、まいい。

 

で、ゆっくり海に浸かり

ビーチベッドでお昼寝し

さてそろそろ晩ご飯でも食べにいこうか

 

と歩き始めて街の終わりあたりで

路上マーケット開催中!

思いっきり時間を費やし

 

レストランに入ったのは

20時15分頃。

 

船の出発まで1時間ちょっと。

30分前には船に乗ってくれと言われていたのを思い出す

それでも45分くらいあるし、いけるだろう

と、思ってたんだけど

食事が揃ったのは20時40分過ぎ

美味しいシチリア料理を後半は

ワインで流し込むように食べ、お会計。

店主がやたら陽気で話かけられ、ふりきれず

店を出たのは21時10分頃。

すでに乗り込めと言われた時間は過ぎている

 

でもまぁ、ゆるいイタリアだし

出発の21時30分まではまだある。

大丈夫だろう。

と思いながらも急ぎ気味、時折小走りで

フェリーに向かう。

 

何時間も前からポッツァーロに帰ってきていたのに

ギリギリになってしまった。。。

 

誰もいないフェリー前

セキュリティーのオジさんが

何時だと思ってる!急げ!!と。

やべぇ。。。

 

人が乗り込む為のタラップは

もう引き上げられていた

 

怪しまれたのか

やたら厳重な手荷物検査やらあって

最後に残っていた車の乗り入れ口から

最終点検の乗組員と一緒に乗船し

なんとか無事に帰ったのでした。。。


そんなシチリアな週末。

小さいとはいえマルタの何倍も大きな島

一部だったけど濃厚、濃密、大満足。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月27日(火) 01時51分05秒

シチリアへ

テーマ:ブログ

そんなお勉強Daysの中でも

日々観光したり、ここの仲間とビーチでBBQしたり

(※ビーチといてもこの島は岩礁帯なので岩の海岸)

そんな日々です。

 

週末にどこに何を見に、何をしにいこうか?

なんてことも情報収集しながら計画たてるのですが

一番近い国はアフリカのチュニジア

コレはきっと安く行けるだろ?

と調べ、2万円ちょっとのチケットをゲットしました。

 

その週末の予定を数日前の平日間に調べて

チケットとるわけですから

もう残り2枚!みたいな情報にとにかく

首都のチュニスへのフライトチケットゲットしました。

 

リビアはとにかく危険だろうけど

チュニジアは大丈夫だろう。

と高をくくっていたんですが

いざ、調べてみると

外務省発行の海外安全ホームページでは

レベル2〜3。。。

 

行きたい場所はレベル2。

 

お、おう。。。

 

そこから情報収集の日々。

 

数年前におこったテロが原因で

レベルが引き上げられたが

それまでは人気の観光スポットで

とても安全な場所だったこと

 

周辺諸国の不安定な情勢もあり

ISの人間が流れ込んでくる可能性があること

 

そのレベル引き上げ後からは

大きな事故はないこと

 

その後に観光業を大きな国益ともしていたので

対策もとられていること

 

それでも一般的な犯罪はなくはないこと

などなど。。。

 

リビア人の友達や

チュニジアとを行き来していると言うその友達

マルタに住んでいるイギリス人の友人

は全く問題ない!とあと押ししてくれたが

 

その他の圧倒的多数の日本人を含むアジア人や

その周りのチュニジアに行ったことのない仲間には

”絶対にいくな”と言われ。

 

気持ちは揺らぎ、不安もつのる。

 

なにしろ、今はラマダン。

イスラムの断食月。

この月にテロは各国でおこっているらしく

ISもこの月に動くことを説いているらしい。

と、日本のページには書かれているが

 

イスラム教のリビアの友人は

この月ほど安全な月はない!という。

彼はちゃんとした敬虔なイスラム教徒で

過激派とは違うので大きく違うけれどね。

 

大丈夫そうだけど・・・。

 

最後は現地にいる日本人を捜し

コンタクトまでとった

 

ネットやSNSの浸透した今、便利。助かります。

 

その情報では

今やどこで何がおこるかわからない世の中で

どの国も絶対安全とは言えないように

チュニジアも絶対安全!とは言えないが

普通に暮らしているし、危険を感じることはない

 

とても親切ないい人が多い国だけど

どこの国にも良い人と悪い人はいる

 

ラマダンだから危険かどうかはわからないけれど

ラマダン中はお店も開いていないしすることがない

 

などなど。

 

現地に住んでいる日本人の生の声は

とってもためになります。

ありがたや。

 

他にも近い日程で数名の日本人が

チュニジアに旅したようで

チュニジアのハッシュタグ付のポストがありましたが

どれも、チュニジアの人は親切でほんといいところ!

みたいな投稿がほとんど

むしろ、テロ前よりも観光客の減ってしまった

チュニジアの人たちは

観光客が来てくれることを切に願い

来てくれた人に感謝の気持ちから

手厚く歓迎してくれたりしている様子

が窺い知れた。

 

ふむふむ。

大丈夫そうだけど、親も心配してるみたいだし

とりあえず今週は行かない。決めた。

2万5千円のチケット捨てました。。。

 

でも空港でチケットの変更手続き

そして安いチケットの情報収集しにいこう!

 

ってことでそのままどこにでも飛べるぜ!

ってスタイルで荷物もって空港へ。

 

で、右往左往したけど

安くていいエアチケットはないね。。。

空の便は諦めました。

 

ってことで、港に移動しフェリーでお隣の島

シチリアヘ行くことに。

船の旅ってなんかワクワクする。

 

なんとかフェリーに滑り込み

情報ないままとにかくGo!!

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月21日(水) 02時00分16秒

滞在、早くも折り返し

テーマ:ブログ

さてマルタに来てもう2週間が経ちました

早い...

半分が過ぎ去り、折り返し

 

果たしてどれだけ成長しているのか...

 

望んできたわけではなく

エリナになかば強引に連れてこられた今回の留学

 

正直僕は留学なんてしなくても

自分の意志次第だと思っていて

 

どこにいるかじゃなくて

何が出来るか

 

留学という環境がスイッチを入れやすくしてくれたり

必然的に学ばざるを得なくなる環境だったり

 

でもそうやって必要に迫られて入ったスイッチって

必要がなくなったら切れちゃう

 

海外にずっと住んでいても

あまり英語が上達しない人も多い

 

つまづいたり、疑問があったときに

イチイチ調べられる人かどうか

 

圧倒的に少ないとはいえ

日本にいても英語に触れる機会はあるし

そういう機会を作ろうと思えばいくらでも作れる

 

そのとき ”わからない” に幾つ出会えて

幾つを ”学び” に変えられるか

コレに尽きる

 

だからその心構えをかえないと

留学したって一過性のもので

流れて消える記憶に何十万もかけても無駄だ

 

と彼女には伝えてきた

それでも彼女は一つの夢として留学を選び

こっちにきた

 

こっちにいたって ”わからない” を

そのままにしていたんじゃ何にも成長なんてしない

 

って僕もそんなに勤勉なタチじゃないから

自分への戒めでもあるんだけど

 

そういう小さなことの積み重ねが大切で

突然なにかがパッと上達するわけじゃない

 

ってことを

究極の面倒くさがり屋のエリナに

知ってもらいたい

 

そして、きっとその気づきとマインドの変化は

すでに少なからずあるように見えるし

 

僕も改めて日本に帰ってからも継続的に

”わからない” に出会い、 ”学び” に変える

そんなスイッチが切れないようにしたいものだと

今、思っている

 

が、クラスについていけていないここ数日...

もう投げ出したくなっているのは俺の方...

 

明日はテスト...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月20日(火) 06時54分26秒

マルタ島まるっと散策の週末

テーマ:ブログ

てことで16日(金)

テストも終わり

16時すぎからスクーターをレンタルし

島を巡ることに

 

この島はどこ切り立った岩で周囲を囲まれていて

急激に深みになっている

 

でもほんの数カ所だけビーチが存在する

 

マルタに来る事が決まった時に

サーフィンの情報を検索したら

地元に小さいながらも

サーフコミュニティのようなものがあることを確認。

 

って、逆にその一つしかなくって

他のどこをみても「サーフィンなんてできない」って

書いてあったんだけど。。。

 

でも僅かながらも僕は

その1つしかない情報を信じて

サーフボードを持ってきた。

 

地中海は潮の満ち引きはほぼ存在しないし

波は風によってのみもたらされる

 

冬はよく強い風が吹くから

10月から3月くらいは少し波に期待出来るが

夏は天候が安定していてあまり期待出来ない

でもごく稀には波が立つこともあるかもしれないと。

 

そんな情報。。。

 

で、バイクを借りて島の西側半分の小さな街を巡りながら

 

めぼしいビーチの様子も見て回った

 

その日はラバト、そしてイムディーナという古い街でしめくくる

とっても歴史と文化が色濃く

魅力的な場所なので翌日にゆっくり来る事を決めて

マルタの東側を一望出来るレストランでディナーをとる

この島ではとにかくよく花火があがる

この日もその夜景に花を添えてくれた

 

こっちの国では

ある一定量まではお酒を飲んでも運転して良い

だから昼間っからでも休憩毎に1杯のビールくらいは

気兼ねなく飲める。

 

これ、ホント最高。

絶対に日本でもそうするべきだな。

 

飲食店も喜ぶし、外食産業も盛り上がる。

一杯飲めれば満足するし無茶な飲酒運転もしなくなる。

 

ビール1杯、ワイン1杯。

そして宿に帰り、その日は終了。

 

 

17日、朝からイムディーナに直行。

城壁で囲まれた街にゲートをくぐって入る

 

ゆっくり古い街並、教会

 

 

さらにラバトでは地下墓地などを巡り

存分に聖ヨハネ騎士団、マルタ騎士団の姿

オスマン・トルコやイスラムとの闘いを思い浮かべる

 

日も充分に昇り気温が上がってくる頃

ゴールデンベイのビーチに移動し海水浴&日光浴

この日はめずらしく風が強い

海面が波だっている!

が波打ち際でスネくらいのブレイクがある程度。。。

風向き的にも、ここでコレなら他もダメだな。。。

 

そしてまた小さな街を観ながら移動して

一度、帰宅。

 

レンタルバイクを24時間で借りていたから

一度返しにいかなきゃ行けなかった。

でも、もう1日貸してくれ!と延長。

 

そして身支度しなおしてから

日本のDJから情報を得て

繋いでもらった日本からのゲストDJが参加する

島の南側のパーティーに向かった

 

マルタ島は夏の間、パーティーアイランドになる

日本にはあまり知られていないけれど

ヨーロッパでは

イビザと同じかそれ以上に知られている。

 

でも一番有名なパーチャビルってクラブ街は

とにかく騒ぎたいだけのリゾート観光客相手で

若者も多く

歌えるようなビッグヒットしたEDMばかり。。。

ガッカリしていた。

 

が、このイベントは違った。

ちょっとヤバめの好きものが集る

言わば”レイブ”で

オープンエアーのゴアやサイケのブースに

インドアのダークハウスやテクノ

日本からのゲストDJのYoshiさんも

最高でした。。。

 

こっちに来てようやくニンマリしながら

音に入り、身体を揺らせました。

 

このイベントは3日感続きますが

僕らはホロ酔いで日が昇る少し前、3時半頃に帰宅。

 

 

 

 

18日

11時半ころまで寝ちゃった。で移動開始。

まだ行ったことのなかった東側へ。

 

 

 

 

この日はさらに風が強い!!

ウネリでかめ!!

これはどこかで絶対

サーフィン出来るくらいの波立ってるはず!!

 

と地図みながら何カ所も

バイクを走らせて見てみたんですが・・・

ブレイクしないのです。

 

最後の最後に岩礁に当たってバーンッ!

以上!って感じで。。。

ビーチのところでもダメ。。。

 

って波探しをしながら街巡りも継続。

 

 

 

で、東側の街もほぼ全て周り

これでマルタをほぼ一周

街もだいたいを観たことになります。

 

最後に3日間ぶっ続けのパーティー会場に

最後に顔を出し

帰路につきながら少し寄り道し、波探し。

 

結局、乗れそうな波は見つからないまま

波探しの週末は終わったのでした。

 

この風とウネリでダメって。結構致命的だな。。。

 

って、すこし残念ながらも大充実の週末。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月19日(月) 16時51分08秒

早くも1週間経過

テーマ:ブログ

そんな感じで英語にもまれながらも

こっちに住んでいるイギリス人の家族を

日本の友人が紹介してくれ一緒にディナーに行ったり

学校のウェルカムパーティーでクラブに行ったり

海に行って泳いだり、お酒飲んだり

学校の友達と観光に出かけたりと日々邁進しております。

 

月曜から始まった最初の週も終わり

金曜には最初のテスト

まぁ、最初の週にしちゃ悪くない

と、言い聞かせ、自らをなだめる

 

エリナは自分のバカさっぷりに落ち込んでいる

 

イエス!!ざまーみろ。


今まで何度となくそのバカさっぷりを正そうとして

いろんなアプローチで話しかけてきても

「私バカだから、何が悪いの?わたしはそれでも生きていける」

と殴りたくなるくらいの開き直りを見せていた

あのバカが、はじめて

ようやく自らのバカさを悔いた

 

それだけでもここに来た意味があったな

 

さて、週末に突入

日本からDJが来るらしいという情報を

DJの友人から得た。繋いでもらったし、会いにいこう。

 

そしてマルタ散策も。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。