縮む社会とか

テーマ:

英国のEU離脱について麻生とか日本の報道ではカネの話ばかり。相変わらず目先の損得の話ばかりになっている。



金で云うと一番の問題は、株安で数十兆(50兆とも云われている)の年金資金の消失だね。これで大儲けした国際金融ブローカーがはっきり述べている。それは安部政権のとても大きな失政。消えた年金は資料が消えたんだけど、今回は実際の資金が溶けて消えちゃいましただもの。

前にスコットランドの独立国民投票の時も書いたんだけど。そもそも、EUが目指したものは何だったのかってことが本質だよね。

関税や障壁撤廃、人と物の流通、戦争をせず融和を持って交流。それと米国、中国、ロシアの大国政策に対抗できる小国の集合、それは理念としては善いことのはずだった。けれど実際に英国のブロックは疎害の一つで。ユーロは使わない独自路線を保持してきたけど、EUに出資しているのも事実。

EU内の大国と小国の差は現実に埋まらなかったし。移民の問題がその分裂の要員にもなってしまっているよね。仏、独が鍵を握っている不満もあったと思う。

けれどね。離脱に一票投じた人々は高齢者が多くて若い人は維持派が多かったんだよね。高齢者のグレイトブリテン回帰の願いも判らないではないけれど。時代を眺めてみれば。

具体的に東欧圏の移民は優秀な納税者であり、学術文化の点でも大きな交流もある。そういう移民を難民問題とからめて、不満層をそこへ向けようとする勢力のプロパガンタにやられたんだよね。移民がいるから仕事が無いとかバカ言っちゃいけやせんよ。

これで欧州圏の極右勢力がナショナリズムを煽って勢いづくのが気がかり。スペイン左派のポデモス党のパブロ・イグレシアスは、さすがに政治学者らしく冷静な意見を述べて。

EUの理念には目指す理想があるが、国家間格差や自国益に走ってはそれは、なしえない。改善していく努力を更にすべきで離脱は望まない、とEUを維持する現実的意見。

スペインにいた時、EU参加の是非が問われて庶民の中でも意見が別れ激論になったのを眺めていた。どちらかと言えば参加に疑問を持っていたのよね。けれど発足してみると良い点も多くあって、危うい綱渡りながらも概ね融和の方向へ向かっているのではと見ていた。

ネットで、在英やドイツ在住の方達の意見をみても国民投票の危うさを嘆く意見が多い。自国政権へ失政の不満をEUに向けてしまったってことだと思う。投票率70%はすごいけどね。

しかし、英国でさえ国民投票の愚かさを示しているのに、日本で改憲国民投票になったらとんでもないだろうと思うなぁ。市民意識の無さで、愚かな選択をするのは日本は既に経験済みなはずなんだが。どこを目指してるかを誤まっちゃダメだよね。

これは素人の感想なんだけど。しかし日本選挙報道も相変わらず酷いねぇ。中山ってお婆さんなどわけわからん。選挙には行って自公にいれるなと思うが、介護殺人、生活苦心中、若者の自殺トップとかに他人事の人も多いからねぇ。ホーシャ脳でしょうか;

AD

ホワイトハウス陥落

テーマ:

ホワイトハウスが襲撃されるって映画は、案外あるんだよね。「G.I.ジョー バック2リベンジ」でテロ組織「コブラ」が乗っ取ったりね。立て続けに「ホワイトハウスダウン」と「エンド・オブ・ホワイトハウス」を観たんだけど。

日本の官邸にシェルターがあるのかセキュリテイがどうなっているかは判りませんが。ドローンが福島の土運んだとか問題になったけど、あれが小型爆弾だったら大変だったろうね。官邸でなくても原発一発で終わる日本だし。

出来としては「ホワイトハウスダウン」の方がずっと面白かったんですが。「ダイ・ハード」のホワイトハウス版というか「ホームアローン」ホワイトハウス仕様というか。黒人大統領のホワイトハウスで、主人公はただの議員の警備員ジョン(チャニング・テイタム)。



主人公の愚痴や戦闘力、白いタンクトップ姿(ランニングシャツか)と家族に負い目がある設定で、情けない奴なんだけど。娘が大統領フアンでホワイトハウス見学ツアーに参加してる時に事件が起こる。

この娘が賢いこと愛らしいこと。娘エミリーをジョーイ・キングが演じてるんだけど。ラスト近くで勇敢に走り出て、大統領旗を振るところなんかもういじらしくて泣けるの。ツアーガイドの兄ちゃんも臆病なのに、オレのホワイトハウスを壊すなんてこんにゃろっ、の怒りの一撃もよかったわぁ。



議事堂が爆破され、完全武装のテロリストに制圧されたホワイトハウスで、娘を助け出し、生き延びた大統領と共に闘うって話だけど。外では生存者はいないと判断しテロリイスト掃討の為、ミサイル攻撃するしかないって判断が下される。もちろんホワイトハウス内に裏切り者がいるんだけどね。

この映画は、ジョンが軍上がりだが無敵の戦力を持ってはない警備員で、マヌケなダメな父親なのがいいんだよね。娘への愛が国を救う。また、黒人大統領がカッコイイの。戦闘力は無なんだけど理性的で強い意志を持っている。映画の中とはいえ、ちょっと羨ましい。

一方「エンド・オブ・ホワイトハウス」の方はずっとシリアス。大統領を人質にとったアジア人テロリスト(北朝鮮っぽい;)は日本海域からの米軍第7艦隊の撤収と核爆弾作動コードを要求する。そこに、かつて大統領専属のシークレットサービスとして活躍していたマイケル(ジェラルド・バトラー)が難攻不落の要塞と化したホワイトハウスへの潜入に成功。大統領救出に向けて動き出すが…って話。



アクション映画としては、低予算ながら派手で、アクション好みの方には、こちらの方がお気に召すでしょうが。主人公無敵すぎっしょ。

いかにもアメリカ的とは言え。こういう映画が出来る所がハリウッドだね。ドラマで「ホームランド」なんか見ていると中東でのアメリカの正義など、ちゃんちゃらおかしいと思ってしまう。観なくてもそう思っているけど。

しかし、日本の自公と首相の演説とか見ると、もう、終わっているようで情けなさのが先に立つ。実態の無いホラ吹き合戦みたいな選挙そのものから変えていけないもんだろうかね。
AD

苗字と戸籍とか

テーマ:

日本の戸籍制度が世界では珍しいって知ってる方は、案外少ないよね。台湾や韓国、中国には似た家族登録があるようだけど。

今の日本の戸籍制度は、明治の頃に長州戸籍を元に作られたんだね。それで当時の社会的習慣から、父親が戸主で女性は嫁いだら夫の姓になって、嫡子男児が姓を継ぐってことを基準にしてんの。

私の両親が離婚した時に、母親は名字を実家姓に戻した。日本の戸籍制度では離婚したら妻は戸籍を抜けるけれど子供はそのまま父親の籍に残るのね。

でも、実際は私とすぐ上の兄は母親と暮らしていたから、同じ家庭に違う名字があることになって不便なのよね。
親権は母親でも名字が違うから学校の書類などに、本人との関係は実母で書く。母親と同じ名字にしようと思うと家庭裁判所に申し立てをしなければならないの。

自分も最後の離婚で実家姓に戻ったけど、息子を同じ名字にするのに、家裁に申請して面接を受けにいったの。

本籍って言うのもおかしいんだよね。番地があれば、どこにでも本籍を変える事が出来る。現実に自分は育った本籍地に戻したんだけど。そこはもう父親も兄達もいない空で、自分と息子だけ。

三度も離婚しているとね、名字を四つ経験するのよね。スペインのように名前の次は父親の名字、次は母親の名字、三番目は夫の名字であるのは、なぜかって云うと。IDが何処(何権の何町)でどんな両親の間に産まれたかによるからなのね。夫が変わっても女性も男性も生涯、一番目の名字は変わらない。

家の表札に男女の名前が二つ書かれていても、夫婦か同棲かシェアしてるのかは判らないの。兄弟は名字が一緒ね。

若い時はそういう習慣に鈍かったから、結婚して名字を代えて籍も夫の籍に自然に入れた。二度目も同じだったけど、二度目と別れた時は仕事が保母だったから子供達から○○先生って呼ばれていて、それを変えるのが嫌だったから、離婚しても名字はそのままにした。

離婚した母親が、子供の親権を主張して自分の席に入れるのには、別れた夫の承諾がいるんだよ。無国籍の子供の問題も女性の再婚を阻んでいたしね。

三度目の時は子供がいたから夫の名字籍に入れて、息子は夫の養子になったんだけど。それは息子に父親を持たせたかった一番の理由。

こういう日本の戸籍制度っていうのは、古い家制度、家父長制度の名残なんだけど。家名は嫡子が継ぐから男が産まれると「でかしたっ」とか祝われる。女はその道具のようじゃんね。墓の考えもそうで、女は名字が変わるから○○家の墓は継がない。夫以外は他人の墓に入るのが普通とされているよね。

もう21世紀になって、個人の自由や尊厳が認められるような時代なのにね。江戸時代だって庶民は名字が名乗れなくても、幼名とかあざ名とか屋号で通用したりで不自由はそうなかったはず。人別帳ってのもあったけど、そもそも町民は殆ど税金が無いんだからね。

社会保障の為の生育歴や、税の為の証明は必要かもしれないけれど、古い伝統文化を守る事と公平な社会を求める事は相反しない。日本の伝統を守る為に、日本の憲法を作るべきって、政党党首のおばさんもいるけど勘違いしてるよね。

一度には変わらないし、問題もあるだろうけれど。生涯独りの個人が自由と尊厳を持って生きる事ができない国は、やはり硬直してると思う。

日本で女性に生まれ、個として自由に生きる選択を阻むことは、男の人にも社会にとってもいい事ではないように思うんだが。

AD

休んでいますが

テーマ:

どうにも都知事の問題やらネットのタイムラインも、眺めていると疲れるのよね。欺瞞や理不尽が、大手をふってまかり通っている社会は、それだけでストレスだね。

欧米でも3・11以後、モニタリングしてる方からのデータもあって、放射能の影響は日本だけのことじゃない。海も風にも国境は無いんだからね。今年は、好きな竹の子も山菜もちょっと手が出ない。因果関係は目に見えなくても、心身の免疫力は落ちているんだろうと自分は思っている。

規則正しく、食材を選び、ストレスを受けないような暮らしを心がけていても。生活っていうのは面倒なことも嫌なこともあるものよね。
最近ぼうっとして、食器棚に皿をしまおうと隣の冷蔵庫に入れようとしたり、もう70ッ才だかんねーって威張ったら、アンタまだ68だろうって息子に言われたり。ムムッ、これはやばいのではないか。

楽隠居とはいかず、麻生にも何時まで生きてるつもりだと言われても、うるせぇやっ!っと。気の向くままに、まだ書くつもりはあるんだけど。ちょっとお休みしますがご心配なくねー。

怪しい言語のはなし

テーマ:

TVで舛添問答を聞いていたら、質問者が「貴方は最初、事務所関係者らと会議したと。ら、って言うのは複数の人間ですよね、それがどうして出版社社長一人になったんですか」と詰め寄っていて。なんかやれやれって気になる。

記憶にありませんと、覚えていませんは政治家の常套句で、瞬間健忘症の方や国会を眺めていると、どこでも寝ちゃうナルコレプシー (narcolepsy)や睡眠障害も流行っているようだけどね。

言葉でいえばスペイン語の初めに習ったのは、Jo soy japonesa私は日本人(女性)です。だったと思う。今の日本の学校で英語を始めて習う時はどう習うんだろう。



ちょっとググってみたら、世代によって違うらしいんだよね。私の頃はジャック&ベテイだったから。I am Bety brawn,みたいだっかなぁ。三省堂なんかではThis is a pen,だったらしいんだけど。1962年頃はI have book,とか他の動詞のlikeなんかに置き換えられるようにもなって。今はもとのI am Tnaaka kumi,になったらしい。あれ、Kumi tanakaじゃないのかね。

小学生で英語の個人クラスに通っていた割りに、英語をナメてしまったんで気づいたらもう手遅れ。全く英語ダメ人間でしたね。まぁビートルズの歌詞とか、Ery me to the moon,とかは歌ったり多少は理解してたけれど。

ところが、高校ニ年の時にたまたま英語教師の交代があって、藤本先生って白髪の、当時はかなり爺さんと思っていたけど案外50代位だったかもしれないヘンな英語教師になって。

この人が大の映画好きで、映画のワンシーンの台詞みたいな例文ばっかり出すんで大好きになってしまった。だってさ、お願い囁かないでとか、男がドアを閉めて立ち去った時、女はベッドに泣き崩れた。ハイ訳してみろだからね。いい語学教師はよい例文を多く持っている。ほんとこれよね。興味は学びの母よ。

その後、30近くなってYWCAの英語入門クラス一日体験とかがあって。行ったらなぜか中老年ばかり。外人教師が自分の名前を言って、はい名前と指差した70近いようなおっさんが、がばっと直立してすごーく困ってうぅゥ、This is a pen,と言った時はふいたが、自分もその程度。学ぼうという意志は立派よね。

語学の恥ならごまんと経験している。何しろ、スペインに行って初めて銀行に金を降ろしに窓口に行って、金を出せ金をくれって言った奴だからね。銀行強盗かよ。
習うより馴れろで、大分忘れたけど一応何とかスペイン語もわかるしね。とりあえず日本語は人並みには話せるし、日本語教師も経験したからいいのだ。

そんで生意気にスペイン語ではね。Jo soy japonesaとか習い、アナタはTu eres japonesaといい、三人称単数は El(彼) Ella(彼女)esとゆいますの。この動詞の変化はラテン語、ロマネスク言語の特徴でひたすら暗記で、ほぼ主語は略しますんねん。soyといったら自分しかないからなのね。ソイソースは言っちゃダメ。わたしやソースです。醤油はsalsa de soja。サルサは踊りだけではありませぬ。

ついでに、スペイン語、ポルトガル語、フランス語、イタリア語、ルーマニア語、カタロニア語といったロマンス諸語(Romance Languages)を生み出す母胎となったのがラテン語で。

ラテン語は、もとはイタリアのラティウム(Latium)で用いられた言葉であったようで。それがやがてローマ帝国の公用語として広く用いられたんだね。
だからよく「ラテン文学」っていうけど、ほんとは南米の文学を指すのじゃなく、ラテン語で書かれた文学作品、前一世紀の、カエサルやキケロー、ウェルギリウスが活躍した時代の作品をさすんだと受け売りの薀蓄。

いまや、ラテン語を学ぶ人も滅多にいないだろうけれど。スペインの医学用語や薬草植物学では、ラテン語が使われていてこれにもかなり泣かされた。バルでサッカー好きのおっさん達は、スペイン以外では中南米の応援をするけど、これはラテン人って共通意識なんだろうか。

どこの国でも、語学校っていうのは人種の坩堝で、タイの語学校でも日本人から英国人から北欧の生徒もいたし、スペインの語学校でも同様なんだけど。スペイン語はイタリア人やフランス人には親類言語だからすぐ覚えますの。ずるいって思うよね。

マドリ大学の外国人コースも色んな国の人々が通っていたけれど、とにかく早口の教授ばかりでノートが取れない時が度々あるんんだよね。何となく差別を感じるおばさん教師なんか、生徒を順番にあてていって、中国人や韓国人、そのクラスは私だけが日本人だったけど、ちょっと言い淀むと次の人に飛ばすの。段々と落ち零れ扱いで、あてなくなったりね。

試験前にノートが取れない所があって、困ったなぁと思いながら階段を降りて行くと、韓国人のクラスメイト数人と中国人の男の生徒がノートを開いて話していて声を掛けると、あ、そこならあるからとノートを差し出してくれた。

ありがとうってお礼を言うと、彼女はsomos ajianes,私達アジア人だもんね、と答えた。そうかぁ、私達アジア人かぁ。その時はじめて自分をアジア人って意識したんだよね。

でもいいよね。それをどんどん広げて考えれば、最後は、我々は地球人とかねえ。
スペル間違いとかあったらすまんです。

偽善とか

テーマ:

普通はね、面と向かって偽善者なんて言われないもんだけど、これが何度かあるんだよね。

自然医療のボラに出てる頃、帰国して日本の友人に、青山通りのカフェで説教されまして。ダンナも子供もいるのにそれをほっぽって、人助けみたいなのってアンタ偽善者じゃない、って言われたので困った。アナタに迷惑かけているわけじゃないから、ほっといて下さい、しか反論できないよね。

別に大儀を持って人助けとか、世界を救おうなんて思っていなかった。自分が病を自己治療しながら覚えた技術と知識が、医療の薄い地域に役立って楽になる人がいればいいなぁ、程度の気持だった。その資金は自腹だから半年は仕事で稼いでいたしね。実際に出てみれば甘い気持なんか木っ端微塵だったけどね。

ブログで交流があった方にも、表でいいこと言って陰で人の悪口言ったと偽善者と言われたり。ちょっと行き違いがあって揉めた時も、他の親しかったブログの人に、やはり偽善者とかメッセ貰ったり。きっと余程に偽善者なんだろうかとへこみましたよ。なんかさぁ、悪党って呼ばれるより傷つくのはなんでかね。親しく思ってた人ってのもあるけど。

まぁ、人なんて善意であっても悪い事をしたり、悪人でも善いことをしたりする生き物で。絶対的な善も悪もないと自分は思っているので、そう決め付ける尺度は相対的なもんだろうと思う。きっと他人を偽善者と言う方は、自分は真性の善人だと思っているのかもしれないが。

むしろ良い人だと思っていたら、違ったじゃないか、って自分の判断への腹立ちなんだろうか。だったら、自分がその人を偽善者と決め付ける判断には疑問を持たないんだろうか。

個人的な思いだけど、海外の医療ボラで自分に何ができたんだろう、って悩む人は多い。出逢ったボラや僻地で努力してる人も、みんな無力感や偽善と言われることや、家族や家庭のことやらに苦しんだり自己嫌悪を抱く事があると思うの。自己満足だけなんじゃないか、家族を犠牲にしてないかって。

宗教を杖にする人いて、実際に解放の神学や仏教徒のボラの方とも話して、心の支えを持たないと辛すぎることもあるだろうと思う。自分は宗教を持たないけれど持つ人を批判はしない。カルトというのもあるけど。人の心の信じる思いを利用するのを嫌悪するだけ。

例えば悪銭稼いでいる悪党が、慈善団体に寄付したりするのも偽善とか呼ばれるよね。でもそれでさえも、悪銭稼ぐだけで蓄財に溜め込むだけよりはマシだよね。欧米の富裕層が、例えそれを地位の勲章や名誉の飾りに使っても、それで助かる人もいるってことよね。

そんなに単純でないことは承知している。海外のボラ前線だって国家の情報収集の場ってことさえもあるだろう。

そう以前、ISのテロリストのことを書いた時にも、勿論テロを支持なんかしないけれど、その背景や彼らの側の理念もあるというように書いたら、やはりテロを擁護する偽善者って言われたんだっけ。宗教やテロや、タブーって云うのはそういうことよね。

ちょっと立て続けに、中東関連のテロリストが出てくる映画とドラマを観たんだけど。もちろんハリウッド系だから、ほとんどが米国の正義の形をとっているんだけれど。たぶん作り手の中に、正義とは何かという疑問や、アメリカの側からでない視点を紛らせているものも多いんだよね。

これが絶対正義と云う物があるなら、偽善という物もあるかもしれないけれど、私はその絶対性を信じないんで、偽善という言葉も使わない。ってことだけ。ただね、多くに人が苦しむことを、自己利益の為に平然とする者を、悪党とか言っちゃうんだけどね。


まったく関係ないコインブラの世界遺産の図書館。人の叡智とか知識とかって人を助けうるのか。ぼんやり思う雨の午後。

ビルの想い出

テーマ:

ビルに初めて会ったのはDIGってジャズ喫茶だった。新宿の裏にある狭い階段を昇った暗い店で,
たまたま隣に座った。ビルは常連らしくお喋りで陽気で、店のカウンターのカナちゃんにも冗談を飛ばしたりしていた。

背の高いガタイのいい黒人でなかなかハンサム。アルバイトに雑誌モデルやCMにも出ている横田の米兵だった。しばらくいて、帰ろうと階段を降りていると後ろからビルも帰るのか降りてきて。

ねぇねぇ、お腹空いてない、と声を掛けて来た。まだ16だっだったけれど六本木とかで黒人の腕にぶら下がって嬌声を上げてるような娘も見ていたから、ふんとそっけなく無視した。

アカシアで食べようってだけだから、よかったらさ。流暢な日本語でビルは言ってちょっと淋しそうに笑った。1階はアカシアってロールキャベツだけが美味しい洋食屋だったしちょっと空腹でもあったから、アカシアならいいよっ、無愛想にそう言った。

2人でトマトスープのロールキャベツをふうふう言いながら食べて、音楽の話ばかりした。バドパウエルやベニーゴルソンやらブルースの話やソウルミュージックの話で、あまり他の友人とそういう話をしたことが無かったから、楽しい気分で別れた。またね。

その後に2、3度見かけて時々話したり、基地の近くにいい中古レコード屋があるとか、ソウルならニカスってピザの店があってゴキゲンなのよとか聞いたりで、一度遊びにおいでよと誘われた。

まぬけの割には用心深いので断っていたんだけど。ちょっと嫌なことがあって、ある日新宿で待ち合わせて横田基地のかまぼこ兵舎に遊びに行った。

ビルはすごく嬉しそうで、ペパーミント色の小さいキッチンで、ピーナツバターとブルーベリージャムのサンドイッチと苦い美味な珈琲を淹れてくれた。ママのレシピでこれ旨いのよ。ピ-ナツバターよ、不味そうでしょ。所が塩味の効いたパンとこの組み合わせが美味しかった。

BBキングからコルトレーンからマルウオルドロンからビリーホリデイから彼のレコードコレクションはすごくって、オーティスレディングを掛けると、いい声で歌ったりちょっと踊ったり。ちゃんと帰りも駅まで送ってくれて、またねと別れた。

それからも時々会って、基地の横の中古レコード屋で仕入れたり、ニカスってもう黒人兵ばかりのソウルの店とか、ジェームスブラウンの横田基地ライヴの時も連れて行ってくれた。

JBのライヴはすごくって、暴動になるんじゃないかと思うほど黒人兵が踊り狂って歌うのよ。あんなライヴは初めてだった。歌と踊りと料理の下手な黒人はいないってビルは言ってた。

ビルはなんで私なんかをかまったのか判らない。何時も紳士的で手をつなぐだけだったし、妹みたいに扱ってくれた。彼に妹はいたんだろうか。何も知らないんだよね。

それからしばらくしてDIGでも見かけなくなって、カナちゃんにビル最近こないねぇって尋ねた。カナちゃんはビルね、ベトナム行っちゃったらしいよ。デイブって友達に聞いたんだけど、デイブも来月には行くらしいの。そうなんだぁ。

世の中のやっかいなこと、家庭の面倒なことから逃げたかった頃で、学校では写真部の暗室か図書館に籠っていたし、帰ればすぐ新宿に行ってジャズばかり聴いていた。

その直後、靖国通りでベ平連のデモを見た、ベトナム脱走兵のことも耳にしていて、ふっとそのデモに混じって歩いた。早く戦争が終わって、ビルが故郷に帰れるといいなと思った。集会で小田実さんがベトナムの情況と米兵の話をした。

それ以後、ビルの話も聞かず会った事もない。
それから20年もたって、戦争への道を許さない女達の会って勉強会にたまたま参加して、アジアの国を一人一人が担当して歴史や現状を話すミッションがあったの。

私はベトナムを担当した。それまでに観たベトナム戦争の映画もあったけど改めて歴史と現状を学んだの。まだネットもない頃ね。その時も、ビルは生き延びただろうかと、ふと想った。

そして更に、10年後にベトナムに行った。タイからタイ日混成の自然医療チームで、ベトナムの国立病院のセミナーだった。ホーチミン市よりサイゴンの方がしっくりくる世代なのよ。休みの日に仲間とメコン川が見下ろせるホテルのテラスにいた。

メコンは偉大な川だ。ナイル川を見た時もそう思った。メコンの向うはジャングルで、夕陽に沈む緑色の延々とした深い塊だった。川面には小さな船が行き交っている。ポツポツと船に灯りがともるのが美しい。



その時、ビルの笑顔がふいに浮かんだ。真っ黒い顔に白い歯で、ちょっとはにかんだような笑顔。

ビルはあの深いジャングルの奥で死んでしまったんだろうか。あるいは帰還兵としてアイダホ辺りの田舎で、孫と穏やかな余生を送っているのかも知れない。

オーティス・レディングのドック・オブ・ザ・ベイを聴くと、いい声で歌いながらソウルステップを踊ったビルが思い浮かぶ。

ただ、それだけの、ビルの想い出なの・・

他人の財布

テーマ:

自民が参院選公約でリニア延伸前倒して、5年で30兆円投資するんだって。10分位早く到着するのにそんなに金突っ込んで、誰が喜ぶんだろうって思う。喜ぶのは誰なんだろうね。30兆だよ、30兆・・

欧州では高速通す時に、獣道を下に作って動物の生態系を考慮するそうだが、動物にも迷惑、地下水の枯渇も環境破壊は後々まで影響があるだろうに。

財源がないないって言ってるのは、福祉や社会保障に当てる財源が無いってことなだけ。大学無償化だって国公立なら年間4000億程度だそうだけど、サミットだって三日の日程にメディアセンター29億取り壊しに3憶とか、わけわからん。ドイツサミットでは旧オリンピック施設を利用したらしいけど。経済危機を叫ぶサミットに随分な無駄金だよね。

毎日飽きずに、舛添のクレヨンしんちゃんの本が政治資金かなどとやっているけど。クレヨンしんちゃん見て言葉の使い方が悪くなったからどうにかしてくれって、母親から要望があったとか、アホですか。

そんなもん、言葉使いまで都知事が介入したらそれこそ怖ろしい話だよね。大体そんな親は、アホ過ぎて子育てに向かない。

スペインの市長の給与が出ていたんで見ると、年額なんだけど。
トップは首都マドリードのマヌエラ・カルメラ市長の10万1000ユーロ(約1227万円)2位はバルセロナのアダ・コラウ市長で10万ユーロ(約1215万円)3位はバスク州ビルバオ市長9万409ユーロ(約1098万円)一番少ないのはサモラ市のアントニオ・グアリド市長の3万2000ユーロ(約388万円となっている。

首相より高いのは地方行政で市長給与が決るからで、首相や官僚は国で決定される固定だからなのね。これに高すぎると市民の批判がすごく寄せられている。マドリーとバルセロナは女性市長ね。

地方によっては、議会日の日当制をとってる所もあるようだけど。まぁ議会の無い日でも働いてるってことはあるからね。国会も居眠りがあんなに多いと、罰金設ければいいのにね。

他人の財布の中身はどうでもいいけれど、こういう財源は、実は自分達の財布から出ているって事よね。

けれど問題は、都知事のセコイ話どころではなくって。東京五輪招致不正疑惑、 パナマ文書、甘利氏現金授受に年金運用大損失とかの桁が違う経済、政治倫理の大きな問題で。

それが、少しも報道や社会問題化しないことなんだよね。内田氏が学級新聞と呼んだ程度になっている。おまけに安倍発言の「立法府の長」とか安保法制の議事録の削除書き換えとかって、違法じゃないのかね。

法に触れなきゃ何してもいいとなれば、法の網目を潜るようなことばかり蔓延するよね。法は紙に書かれた条文であって、それは人が運用するんだから、人間の倫理が腐ってたらどうしようもないんじゃね。と思う。

まぁ他人の財布より、ちっぽけな自分の財布の中身が心配な、みみっちい庶民感覚からは、憶も兆もはるかな宇宙レベルなんだけどね。

よい年の取り方

テーマ:

そんなマニュアル本とかありそうだけど、大体が中味は老後に備えて財形貯蓄みたいなもんだろう。

 

もう年だから今更遅いし、取扱説明書的な年の取り方などあるわけもない。上品で聡明で優雅な老女は素敵だと目指したいが、現実の自分を鏡で見れば数光年も隔たりがあって。下品だけど面白い婆さんに軌道修正している。

 

昨夜は切ない事があって、夜眠れなくなってしまった。あまりやりきれないので、カカオチョコレートをぱくぱく食べてしまう。ううむヤバイ。低血糖起こした時の緊急用なのに。なんかアドレナリン出したくなるんだよね。糖分は幸福感をちょびっと醸しだしてくれるが。

罪悪感と自己嫌悪って、すごく自分を痛めるから、反省はしても後悔はしないようにしよう。政治家を見習えばいいのだ

 

なんでやりきれない気分になったかは、ぶっちゃけ私的な話で書こうかと思ったけど。嫌いな兄に電話したからだ。

兄嫁が認知症で入院していて、もう夏は越せないようなんで、ちょっと愚痴でも聴いてあげようと思ったのね。それと行方不明のすぐ上の兄の消息が、なんかつかめたかなぁと思って。

 

次兄も80だし、独り暮らしで義姉の看病生活は大変だろうと思ったからで。延々と父親の相続税が憶あって返済に苦労したのも、義母との長い相続争いもふんふんと聞いた。自分はさっさと相続放棄したからね。知っていた事だけど話したいんだろうと。

 

ところが、そこから私の生活に話が及んで、なんでそんなに貧乏なんだ、から始まって男を見る目が無いの、息子がだらしがないの、金がやれないのってなるに至って、やっぱこいつ嫌いだわぁって思ったのよね。

 

いい年を経るって難しいものよね。年を取って物事が判るなら、日本ももうちょっとマシなはずだもんね。

 

敬愛するイワシさんが、ジミー・ソマーヴイルの記事を書いていて。この動画はツイッターで二年前に見てブログに上げたんだけど。ストリートミュージシャンが路上で演奏していると、犬を連れたおっさんが通りかかって一緒に歌うの。

 

「スモールタウン・ボーイ」って曲で、そのおっさんがジミー本人だったって話なんだけど。なんかブログの仕様が変わって貼れなかったんで。イワシさんの記事をリンクさせて頂きます。ありがとう。

 

2016-06-07 いい歳の取り方をしたスモールタウン・ボーイ(ジミー・ソマーヴィル)

 

おバカ映画

テーマ:

何ごとも何人も、舐めてはいけないのである。舐めて掛かると痛い目をみるぜいっと、啖呵を切っても何時も舐められてしまうのは、私が貧乏な病気の老婆だからであろう。

臆病で用心深いマヌケなので、他人を舐めてかかることはしないが、抵抗しないだろうと舐めてくる人はいるのよね。自分のが上だぜって思ってね。しっかし窮鼠が猫を噛むことだってあるさね。

舐めていいのは家のなめ猫だけで、こいつはざらざらの舌で、しつこく舐めくって来るが害意はないようなので赦すの。

バカになりたい時ってあるんだよね。何時もバカだろって突っ込まないでね。ゲームは集中しちゃうんでダメなの。ぼーっと街中で周囲を眺めてるのも挙動不審なうえに、つい人を観察してあの爺さんは腰が歪んでいそうだとか、あんなにペットボトルを買い込んでどーすんだろうとか、余計なお世話が思い浮かぶ。

喜劇映画って手もあるけど、腹を抱えて笑わせてくれる映画ってそんなに無いのよね。あるいはこっちが海仙山仙(古いコトバ)なんで、そう簡単に笑えなくなってるのかも知れないが。大昔の三馬鹿大将や、チビッコギャングやチャップリンで大笑いしてた感受性が老化しているのかもしれまへん。

そういう時はおバカ映画がよろしいかと。安い旧作は100円だし100円分愉しませてくれて、バッカみたいって思えればよろしい。シリアスな話のハズレはぐったりするからね。

「デビルズシティ」は未体験ゾーンの映画達シリーズの一作。



人間の姿を借りた悪魔がいっぱい住んでいルアパートがあって、管理人のヴァインは麻薬の売人もやってるデーモンなんだけど。彼らは人間の「恐怖」や「怒り」や「嫉妬」をエサに生きているのね。

ところがある日、ヴァインが虐待されてる少女を助けたことが切っ掛けで異変が起こる。人間たちが突然「いい人」になってしまい、死なないはずの悪魔たちが食べ物がなくなって飢え死の恐怖に立たされる。果たしてその異変の原因は何だっ、ちゅーようなお話。

特殊メイクの監督がたぶん低予算で好き勝手作って遊んだ映画なんだろう。もう突っ込みどころが満載で、なんで悪魔が拳銃撃って、それで簡単に死んじゃうのかぃ。とか、アパートから一歩も出ないのに題名がシティはないだろうとかあるんだけど。人間に潜む悪魔性と、悪魔の中の人間性の曖昧さとか、深読みもできないことはないの。

自分は「ヘルボーイ」のシリーズとか大好きなんで、まぁギジェルモの美術の繊細な美麗さには及ばぬとも、あは、ヘンな話しぃーと頭がカラになってよろしい。

もう一本は「ドゥームズデイ」って映画。マッドマックス最新作とか、北斗の拳など「未来アクション映画」がお好きな方には愉しめるかと。



2008年イギリス北部で、強力なウィルス感染症が発生、英国政府は拡大防止のため発生地のスコットランドを丸ごと高い壁で囲み、完全閉鎖する強硬措置に出る。壁の中は見殺しってことよね。このあたりは現実にありそうで怖ろしい。

その方策は功を奏したんだけど、2035年、ついにウィルスが塀の外でも発生。政府はドローンで確認された塀の内の生存者から抗体を入手する作戦を発動する。最強の女兵士エデン・シンクレア(ローナ・ミトラ)と精鋭たちを、完全武装で送り込むが。

塀の中は、ほぼ全滅していると思われていたが、ウィルスのせいかイカレたマッドマックスな男女がうようよいた。半裸のモヒカン男ソルをリーダーに、日夜パンクロックがんがんで、ドクロバイクや改造カーで無法の限りを尽くす。リアル北斗の拳の世界が広がっていたの。

美人で強靭な女が活躍する話は、バイオハザードとか好きなんで。エデン役のローナ・ミトラの戦士ぶりは中々よろしい。マッチョ美人は定番のタンクトップがそそるようで。モヒカンとパンク軍団は、なぜかローテクで釘バットや角材とかの武器で突っ込んでくるけど、冷静に射撃と格闘技で蹴散らしていきまっす。

感染物、ゾンビ物、カーアクション、格闘物などの闇鍋のような映画で、英国らしくカーチェイスがジャグアと憧れのベントレー。もう、ベントレーに惚れ惚れと魅入ってしまうのよね。アルファ・ロメロなんて下品よねー。

とうわけで、結構カラッポに楽しめて、おバカ映画も舐めたらあかんですたい。ついでに、政府の方々も庶民を舐めたらあきまへんでぇ。