MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:

※以下、ものすごい長文です!! 


とある情報筋から(笑)、「3/16~3/20、鮎川さんシーナさん、キャンペーンで福岡に!」と知ったのは、けっこう早い時期でした。が、しがない派遣社員の私、すかさず手帳をチェックしたところ。

OH~、NO!! 休みは3/20だけじゃん!!

5年前、25周年で久留米・六角堂とか博多とかにキャンペーンで来られたときは 、丁度、派遣仕事の契約と契約のすきまで無職状態だったので、めちゃくちゃ「追っかけ」まくったのですが。

むむむ、今回は平日のラジオ出演などは、無理です。

追っかけられません。ラジオのオンエアも聴けません。グスン!!


まぁ、行けそうなイベントがあれば、行きましょう!!と思っていたところに。

まずは、かなりギリギリに、下記イベントの情報が!!


■NHK「とんこつTV」公開収録 3/16(日) 開演18:00
場所:キャナルシティ博多 B1Fサンプラザステージ
MC:大塚ムネト(劇団「ギンギラ太陽’s」主宰)、守本奈実(NHK福岡放送局アナウンサー)
コメンテーター:パパイヤ鈴木、深町健二郎、鮎川誠&シーナ
出演:うか、ココロイロドリ、デルタ・ド・キャバレー、Hirugi.co、やないけい、AME、FEEL ANGEL
※放送予定:4/4(金)20:00~20:43 NHK総合


ええ~っ!!

この日、私、19時まで仕事@北九州です....。

ぜ~ったい無理!!

あああ、ギンギラ太陽's はお芝居も見に行ったし、DVDも買って持っているくらいファンなのに、


南国から来た寒いヤツ
gingira
¥3,050
Amazon.co.jp


その主宰者の大塚ムネトさんが司会というのも、かなり嬉しい顔ぶれなのに、見に行けないなんて~っ!!(号泣)


しかし。

なんと仕事の勤務時間を代わってくれた、心やさしい同僚のおかげで(決して脅した訳ではアリマセンから!)

1時間ほど遅れてだけど、見に行くことができました。

やった~!!

(ちなみに、ギンギラ太陽'sファンの方々へ。当然ながら、この日は大塚ムネトさん、カブリモノは無しでしたよ!)

収録は、キャナルシティ博多の、いわゆる「噴水広場」のところで行われたのですが。

すごい人出でした!!

そして鮎川さんシーナさん、すごく寒そうだった!!!

これを書いている時点で、まだ「オンエア前」なので、詳しくは書けませんが。

いやぁ、福岡モンは芸達者揃い!! 楽しかったです。

私は、この日初めて知ったバンド&シンガーばかりでした。いくつかのバンドは、心の中で「メモメモ! 今度ライブあったら見に行こう!!」って思いましたもんね。

中盤で出てくる「女性ダンサー二人組」が、超セクスィ~ドキドキとだけ書いておきます。

そして鮎川さんシーナさんのコメントも、司会進行の人は「厳しくも温かいコメントをお願いします」と言われていましたけど、すべて「温かいコメント」でしたよ~。

「ロックバンドは、もっとぶっ壊して、ガーンと行っていいっちゃない?」というのが本日、私が一番心にガツンときたコメントでした。私も精進しますあせる


そして、お二人の怒濤のスケジュールは続きます。


■3/17(月)
1.ラジオ出演 FM福岡「ラジ★ゴン」(15:30~)
2.ラジオ出演 Love FM「The Request Show」Guest Corner (18:00~18:20) 
3.トーク・セッション「Young Man Blues」Open/Start19:00/19:30@ジューク・ジョイント
※Sorry!満員御礼!! 後日RKB-TVにてオンエアー


■3/18(火)

13:30~13:45  "CROSS POWERCAST"ゲスト 生出演 CROSS FM
14:05~14:20 ”パオーン”ゲスト (生出演) KBC RADIO
14:30~16:00 西日本新聞
16:10~16:30 天神FMコメント収録 収録 天神FMサテライト
16:30~17:00 "PARK SIDE CAFe"ゲスト 生出演 天神FMサテライト
17:15~18:15 ”カットラ”インタビュー 収録 KBC RADIO
18:30~19:30 J-COM コメント収録、天神FMインタビュー
19:30~20:30 CROSS FM ”Do!ROCK"インタビュー&雑誌取材

■3/19(水)
”ドォーモ”終日ロケ収録  このオンエアは3/25(火)とのことです!

■3/20(木・祝日)

14:00~15:00 アイビジョン トークイベント /DJ 栗田善太郎

17:30~17:50 CROSS FM 公開収録 小倉井筒屋 クロスロード特設ブース


この中で、私が行ったのは

■3/17(月)

トーク・セッション「Young Man Blues」Open/Start19:00/19:30@ジューク・ジョイント

これは、

「当日は福岡スクール・オブ・ミュージックの生徒達がお二人に素朴、あるいは専門的な質問をし、ご両人が自身で選んだ音楽をかけたり、ヴィデオを映したりしながら、それに答えるという夕べです。時間は1時間半ほどを予定しています。 あくまでも、そういった趣旨ですので、それを温かく見守れるロケッツ・ファンに参加願いたい訳です。もちろん多少の質問も雰囲気に沿えば可能です。奮ってご参加下さい。以下の方法で予約された、確実に来れる方のみ。先着10名様で締め切ります。司会進行はRKBーTV、「チャートバスターズ」の寺井ディレクターです。」

というものでした。

この情報を知ったのが3/15の仕事帰り19時ごろ。情報がネットにアップされていたのが夕方17時台。

ええ~っ! もうダメかも!!と思いつつ電話。間に合いました。ふ~。ミーハーの神様ありがとう!!

というわけで、これも仕事帰りに駆けつけたので、1時間ほど遅刻あせる

でも予定よりかなり長引いたので、私としてはラッキーでした。素晴らしい話がたくさん聴けました!!

ミュージック・スクールの生徒さんたちは、筆記しながら(!)鮎川さんシーナさんの話を、ほんとに、食い入るように見つめて聞いていました。その模様を後ろの席から見守る、アダルト・チーム10名(笑)、って感じでしたが、皆さんとても大人な態度の10名で、「オレがオレが」的な人もいなくて、本当に、心地よい時間を過ごせました。


juke1

これも放送日は未定ですが、そのうちRKBテレビでオンエアがあるようなので、あんまりネタバレ的なことは書けないのですが。一つだけ、どうしても、私が、もんのすごく「おおおっ!!! そうだそうだ!!」と思ったことを。

終盤、生徒さんたちからの質問コーナーで

Q:「ロックは、こうあるべきというのは、ありますか?」
A:鮎川さん「かくあるべきなんて! ロックは、そういうものから一番離れたところにあるもの」
 「そんなこと考えた瞬間、ロックはピューッて(手のアクション付き!)飛んでいく。決まりごとがないのがロック」
シーナさん「そうねぇ~、強い心? 強い心を持つこと?」

他にも、若い人たちならではの遠慮のない直球ストレートな質問が続出で面白くもあり新鮮でした!!
答えに窮するとシーナさんや川嶋さんに「何か言うて!」と助けを求める鮎川さんもキュートで、萌え~ドキドキでした(笑)。

そう、9時頃だったかな? なんと川嶋さんも登場されたのでした!! きゃ~!!


juke2

収録終了後は、鮎川さんたちと生徒さんたちとの記念撮影でした。全員集合の図を撮った後は、めいめいで一緒に写真撮って貰うヒトとか、鮎川さんたちを撮影するヒトとか。これは、その模様を横から盗み撮り(笑)。


juke3

その後、後ろに控えていたアダルトチームの方々も鮎川さんシーナさんと写真を撮ったり、鮎川さんの著書にサインもらう方がいたりと、終始、和やかムードでした。

で、私は、終電ギリギリまで、お友達yo-koさんと、お店にうだうだと(笑)。これもまた、至福のひとときでございました!
(当然ながら、翌日、仕事場で半分死んだようになっていましたが....おほほ!)


==================

3/18,3/19は私は仕事場で「いーなー、追っかけてる人~」と思っていたり。

3/19は、福岡地方は終日、雨で、とても寒かった!ので「こんな日に、終日ロケだなんて大変そぉだ~!!」と心配していたり。


==================

そして、そして。やってきましたよ、仕事が休みの日が!!

この日はもう終日追っかけますぜ~!!って感じで、私も、(公共交通機関を使っての移動なので)、大まかな「タイム・スケジュール」を組みましたもんね! マジで!!(笑)


■3/20(木・祝日)

14:00~15:00 アイビジョン トークイベント /DJ 栗田善太郎 @ショッパーズプラザ専門店街7F

連日、家の雑事が手つかず状態だったので、家でやることてんこ盛りだったのですが、もう、どうにもこうにも落ち着かないので、昼頃には家を出ました。

しかし、会場、かなり時間ギリギリになるまで人出がガラガラ。 え~!! 大丈夫かいな?と、ドキドキしておりましたが。
皆さん「博多時間」で動いていたのね(笑)。 ちゃんと、始まる頃には盛況でした。ホッ。
因みに私は、早めに家を出た割には、キンコーズでフリーペーパーをコピーしたり、JUKEレコードに寄り道したりで、結局、そんなに早くない30分前に会場に到着したくせに、最前列真ん中の席!! す、す、すいません.....。  友達が席取っておいてくれたのでした。サンキュー!!!  (友達は甥っ子くんも一緒でした♪)
始まるまで、シナロケファンの顔見知りの方々とお話。 久々に会う人もいて嬉しかった。
さっそく私の出来たての映画のフリーペーパーを無理矢理押しつける(笑)。



DI1  

予定より10分ほど遅れてイベント開始。
シーナさん今日も超ミニスカートで素敵です!!
鮎川さんが手に持っているファイルには新しいアルバム のジャケット写真らしきものが入っておりましたよ!!
それも、めっちゃカッコヨカッタ!!
進行役の栗田善太郎さん、ナイスでした~。ホントにロック好きな人なんだなぁ~という感じの、話の勧め方でした。
「めんたいロック」って誰が言い出したのか? それは諸説ある、とかの話も面白かったし。 5/1 東京での30周年記念ライブの話、豪華ゲストの話 とか。

そして、福岡ライブも7/12に決定した話 とか!!
新しいアルバムに、ウィルコ・ジョンソンが提供してくれた曲もあるという話をして、鮎川さんが「パブロックの師匠みたいな人だから、誰それとか、誰それとか(ちょっとここでは敢えて名前は伏せておきましょう! ふふふ。)、悔しがるやろう(笑)。そんな、すごい人」という話が笑った!! まぁ、確かにねぇ~。
映画「ジャージの二人」の撮影の時、ジャージにはまって、Yahoo!オークションで、ドイツ軍放出のジャージ上下(上下で2000円!)を買ったりしたという話とか(爆)、それをシーナさんと鮎川さんで着ているところを見せて、ドラムの川嶋さんに「それ、いいっすねぇ!」と言われて「そうやろ!」と早速メンバー分、追加注文したとか、でも、それが何度か洗濯したら「ずんだれてきてからさ」とかにひひ(「ずんだれる」というのは九州弁になるのかな?まぁ、ゆるゆるになるとか、そんな感じ?)とにかく楽しい話がたくさん聴けました。

で、今回、質問コーナーで、若い女の子が「どうやって曲や詩を作るのですか?」という質問をしたとき、鮎川さんが「好きな曲が頭の中で、がーっとたくさん回って、ピタッと止まったところで、ギターをジャーンとかギャーンとかポロ~ンとか弾いて、それで一丁上がり!」というような答えをにひひ それを聞いて進行役の栗田善太郎さんも「いや~、鮎川さんはそれで出来るでしょうけど、若い人にはそれは無理でしょう!」と爆笑。

それを聞いて、ふと素朴な疑問が浮かんだものですから、次につい、私が挙手して質問してしまいました!!

(普段は一応、こーゆー場では遠慮して発言とかしないですが、今回ちょっと「ええっ?」と思い我慢出来なかった!)

「今のお話聞いて思ったのですが、もしや鮎川さんは昔から楽譜は見ない、耳コピーですか?」と。

すると「楽譜やら、そんなの見らんと間に合わないようだったら、ロックじゃないよ! 頭に入れとかんと! ロックは、1,2,3,ギャーン!!」というような答え。
ひぇー!!!
「シーナはピアノのバイエルとか習っていたから楽譜読めるけど、そりゃあ楽譜読めた方がいいに決まっとるやろうし、俺は楽譜読めん者のひがみかもしれんけど。。。。好きなロックのレコードをたくっさん聞いて、ああでもない、こうでもないとギターのコードを弾きながら音を拾ってきたから、今でも、大まかなコード進行を書いた紙はメンバーに渡すけど、楽譜とか使ったことない!」というような概要のお答えでした。
「楽譜のここで間違えたとか言うようなヤツはバンドの場合はもう出ていけって感じよ、退場(笑)」って。
スイマセン、私、自分のバンド(GO!GO!7188 のコピーをやっている)で、まずは自分のドラム譜作ってから叩いてます~。楽譜進行間違えたバンドのメンバーを叱ったことアリマス。 た、退場ですか?? 私あせる

3番目の質問は、バンドやっているという男の子が「ライブの前にあがらない秘訣は?」と。

シーナさん「あら、私だってあがるわよ。いつもお守りもっているのよ」と、Tシャツの下から、首から提げたピンクのお守り袋を出して見せる。すると鮎川さんも(確かお揃いの、黒の革のものを首から提げておられますね、いつも!)出そうとして、すぐ出なくて、顔を赤らめつつ「ま、いいや」って。ふふふ。「ロックの巨匠のエルヴィス・プレスリーだって、ステージの前には、お祈りしよったくらいやけん」というようなお話を。

まぁ、そんな感じでトークショーは50分くらいで終了。

終了後、フツーに外に出てきた鮎川さんシーナさん、ファンに囲まれて急きょ、記念撮影&サイン大会。

一人、黒いボディのギターを持ってきていた青年が鮎川さんにシルバーの油性ペン(持参!)を渡してサインをしてもらっていて、鮎川さんが「ええっ? 書いていいと?」と言いながらサインしていたのが印象的でした。そして、その青年が、今度はシーナさんにサインしてもらっていたとき、すかさず、サインしやすいように鮎川さんがギターのネックを、さっ!と支えてあげていたのを見て、目がハートの私でしたよ。このさりげない心遣い!! 素敵~!!


========

ショッパーズプラザダイエーでのイベントが終わったのが15時ちょい過ぎだったかな。

井筒屋でのイベントは17:30から鮎川さんたち出演。
まぁ、JRで移動すれば余裕?

と、ここで。ショッパーズプラザダイエーで、マネージャーさんと話していたBLUE JUG(福岡のロックなサイト!!) のBEROさんが、「何時発の飛行機で東京帰られるんですか?」「福岡空港で、待ち伏せとか、していてイイですか?」と。
マネージャーさんの回答「もちろん、どうぞ!」と、時間を教えていました。
おおお、すごい!! 積極的!!


BEROさんとは、不思議なご縁で。
2007/3/31、CBにて、伝説のライブハウス「80's FACTORY」没25周年記念ライブ があったとき、私がこのBlogにレポを書いていたのを「BLUE JUGに転載させてください」とメールが来て、もちろん私は快諾!!
だって雑誌のBLUE JUGを読んでいた頃、投稿していたくらいだから!
で、その後、ずっと面識はないままだったのですが。
2007/9/29の「Live in LIFE 能古島」というイベント に行ったとき。船着場からバスでライブ会場である海岸に移動した際、隣の席に座った方。
会場入りするとき、その方は関係者用受付で「BLUE JUGのBEROです」と。
えええー、あなたが!!という感じで、すかさず駆け寄っていき「お会いするのは、はじめまして!私、MissYです」と。
ここで面が割れた後(笑)は、もう、行くライブ、行くライブで「あら!」という感じで遭遇。そうですねー、90%くらいの確率で会ってますね(爆)。多分今までも、かなり行っているライブ、かぶっているはず! 単に顔を知らなかったから分からなかっただけなんでしょう!!


閑話休題。

意外に思う友達多数でしょうが、私、「空港まで追っかけ」って、したことナイんですよ。今まで。どのアーチストでも。
しかも今回、小倉からまた福岡に移動だし~、お金も時間もかかるし~、今日「19時から21時まで」で宅配便の再配達お願いしていたし~(なんちゅー地味な理由!)と、あれこれ思いを巡らせて。 ま、私はおとなしく帰宅だなと思っていたところ。そのBEROさんが「福岡空港、一人では心細いから、一緒行きませんか? 行きましょうよ!」と。
うーんと躊躇した挙げ句に(といっても数秒)「分かりました、行きましょう!」と返答。
「では私はこれから小倉に行くので後ほど合流~」「連絡先教えておいて下さい」と話していて、ふと、
「今日はお休みですか? この後、何か予定ありますか?」と聞いたところ「小倉も行こうかどうか迷っていたけど土地勘がないから諦めた」と。
「そんなこと! 何言ってんですか!私が一緒なら問題解決じゃないですか! ナビしますよ! 地元ですから!!」
ということになって、二人で一緒に、小倉から福岡空港まで追っかけすることが決定(爆)。

そして私らは高速バス(小倉までジャスト千円!)で移動。
その間、鮎川さん達は新幹線で移動していたらしく、情報網から「予定変更。北九州空港から帰ることになりました。」

やった~!!!!  またまた、ミーハーの神様ありがとう!!って感じです。


バス移動は、渋滞すると予定より時間遅れるんですよね~。結果的には会場に着いたのはギリギリでしたあせる
ここで北九州の友達夫妻と現地合流。(まぁ、いわばシナロケ繋がりのロック友達!)
トークが始まる前に、会場に、DobbさんやHIDEさん(若松・高塔山ロック の主催のお二方です!)がいるのも発見して、ご挨拶。


■17:30~17:50 CROSS FM 公開収録 小倉井筒屋 クロスロード特設ブース


「元気発進!北九州」公開生放送  
2/10に市制45周年を迎えた北九州市を特集する8時間のホリデースペシャル。北九州市の元気な人や街、企業、都市の魅力を紹介。北九州にゆかりのある多彩なゲストを迎えて、市制45周年を賑やかにお祝いします。  
●日時:3/20(木・祝)10:00~18:55
●場所:小倉井筒屋 クロスロード特設ブース  
●ナビゲーター:TOGGY、立山律子  


kokura1


kokura2


もう一人のナビゲーター立山律子さんは、確かシーナさんと同じ若松の中学校の出身! で、しかも陸上部に在籍していたのも同じ! (という話を以前、クロスFMでされてました♪)


井筒屋前の特設ブースからの生放送。 すごい寒そうでした、お二人とも!!
人は結構集まっていましたねー。おかしいのが、かなり年配の方々が「歌うと?」「歌うと?」って言いながら見ていたこと。だってセッティングから見て、歌う様子は全然ないじゃん!! でも鮎川さんたちの前はJAZZシンガーが歌っていたりしたから、そう思うのも無理はないかも。30周年ということや新しいアルバムの話、映画の話、ライブの話などを。映画の話のとき、司会進行役のTOGGYさん(戸畑出身!なので、若戸大橋の話なども出ましたね~)が「台本は標準語ですか?」と。鮎川さん笑いながら「当たり前! 何を言うですか! 俺が標準語がしゃべれんとでも思っとうと?」と。「脚本家は博多弁とか知らんから、当然、標準語よ」と。ふふふ。 いや~、映画「ジャージの二人」 ほんと楽しみです~!! 原作も文庫で出てますよ、集英社文庫。クスクス笑いが出てしまうお話なのです。電車の中では読めません! 怪しいヒトになってしまいます!!


まぁ、トークは滞りなく終了。
このとき、さっきまで「歌うと?」と話していた年配の方が(人はたくさんいるのに!)何故か迷いなく私のところに来て「今日は歌わんとですか?」と質問。 ええっ、なぜ私に~?!と思いつつ、お年寄りの扱いは、まぁ、仕事で慣れているので「歌われないみたいですよ、今日はお話だけで」と答えたところ、お礼も何もなく「なんね歌わんとね」と、ぷいっと去ってしました、その方....。まぁ、北九州っちゃ、こんな感じですしょぼん

終わった後、特設ブースのすぐ裏に、簡単なテント(あの学祭のとき使うようなテントですよ)が貼ってあって、そこが全部の出演者の控え室みたいでした。
ここで「若松の若大将」とも会いました。若松・高塔山ライブの後で、いつもお世話になっている方!
ショッパーズプラザダイエーで、シナロケ繋がりのお友達には「フリーペーパー出来ました!」と渡していたものの、肝心の鮎川さんに渡してなかった!
小倉の、このテントで、やっと「鮎川さん! フリーペーパー新しいの出来ました!」って渡したところ「おおー! 徹夜で作ったって書いとったやつ? ありがとう!」って。
ひぇー!! BBS すごいマメに読んでますよ、鮎川さん!!
すごいですね!! ファン思い!! 瞬間、嬉しさのあまり卒倒しそうでした。。。。。。

鮎川さんは、自分らの出演が済んでからも、ときどきステージを裏から見たり聞いたりしていて、子供達が「小倉祇園太鼓」をドンドコドンドコ叩いていたときは体を揺らしてビートを刻んでいたので、それを目撃して私とBEROさんと二人で「きゃ~ドキドキ」と悶えたり。楽しかったです。

そして、北九州の友達夫婦に

「鮎川さんたちは福岡空港ではなくて、急きょ、北九州空港から帰ることになったらしいんよね~。北九州空港って、ここから案外遠いよね?」と、んもう下心ありありで話す、イヤラシイ私。
友達夫婦「そうですねー、車でも小1時間かかりますかね?」
私「そうかーしょぼん (ショボンとするフリ) 」
友達夫婦「なんだったら僕らの車で行きましょうか?」


やったー!!!


ここでマネージャーさんに「追っかけてイイですか?」と一応お断りを。すると、鮎川さんたちはHIDEさんの車で移動だったので「積めないかもしれない荷物を、じゃあお願い」とのことで。
友達夫婦、中古の車を納車したのが今日とのことで「初仕事が鮎川さんの荷物を運ぶこととは!」とキンチョー。
しかし地元民のくせに北九州空港に行ったことナイ私らは、結局、一緒に井筒屋を出発してHIDEさんの車を追うことに

(マネージャーさんの許可了承済みですから! えっ、しつこい?)
しかし、この経緯が(荷物を分散するため)マネージャーさんとHIDEさんたちは了承済みだったようですが、鮎川さんシーナさんには伝わっていなかったらしく、ふと目が合ったとき、バイバイと手を振られてしまったので、あわてて駆け寄っていって「スミマセン! 友達の車で私らも空港まで行くことになりました!」と説明。
「おおお! そうね! じゃあ、また空港でね!」という訳で、車2台で空港へ。

============

実は北九州空港、私は初めて行きました!(^_^;)
地元民のくせに!
だって「北九州空港」っていっても位置的にはもう大分県に近いっす!!
「銀河鉄道999」のメーテル人形(ロボット)初めて実物見ました!
(あっ、写真撮るの忘れた!!)
空港に入るとき、メーテル人形の受付ロボットの隣に座っている、本物の人間の受付嬢が鮎川さんたちを見て「きゃっ!」と叫んでいるのを横目に、後からついていく私たち。
もう、ほんと、ここまでくっついてきているファンは私らだけだったので、シーナさんとゆっくりお話出来ました。
(映画の裏話とか愛犬の話とか。)

自分が初めてなので、鮎川さんに「北九州空港、初めてですか?」って聞いたら「オレらはもう何回も! 愛用しよるよ!」と。しっ、失礼しましたあせる!! シーナさん「ここは機内で出るコーヒーが、すご~くオイシイの!」とニッコリ。そうか、友達も、なんかそーゆーこと言ってたな。コーヒー好きな鮎川さんシーナさんたちらしい、チェック項目! シーナさん「そしてね、スチュアート? がね、もう、みんなカッコイイのよぅ~(笑)」って。そうなんですか? では今度、機会があれば私も乗ろう!


気付いたら、ヒトの写真のシャッターは押したものの、私は今回一緒に写真って撮ってないんだけど(マ、マヌケすぎる。。。。)小倉井筒屋や空港で、お話出来たので、大満足です。

とまぁ、そんなこんなの話をして、お見送りして、エスカレーターを昇っていくところを下から見ていたら、シーナさんから、投げキッス! キスマーク

いやいやいや、怒濤の追っかけスケジュールは、これで幕を閉じました。


air


そして、その頃。
福岡空港では、数名のシナロケ・ファンが待ちぼうけだったというのは、帰宅してから知った私でした.....。




AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

(以下、JUKE JOINTのHPからコピー)
============
シーナ&ザ・ロケッツ BEST10大募集!!
8月10日(金)21時~ 「ブギしよう!~博多とロック~ vol.3」、博多のロックで盛り上がる夜、今回の特集はシーナ&ロケッツ!
8月11日(土)熊本市現代美術館、同12日(日)北九州市若松・高塔山Rock Fesでのライヴを控え、高まる期待でいっぱいのロケッツ・ファン、そして全てのロックンロール・ファンのみなさんにおくります!
来年結成30周年を迎えるロックンロール・バンドの全てを楽しみ尽くそう!
そこで、シーナ&ロケッツのベスト10を大募集します!
あなたの大好きなシーナ&ロケッツの曲、1~10位までを記入し、お名前(本名でも通称でも可)を添えて下記アドレスまでお送りください!(8月10日 19時締め切り)
・送付先
jjoint@elf.coara.or.jp
件名「ロケッツ BEST10」
(受信メールはベスト10集計後削除いたします)
なお、イヴェント当日に当ジューク・ジョイントでベスト10記入もOK!
1~10位まで、できるだけ10曲(10曲に満たなくてもOK)を挙げてください。
集計は1位に10点、2位に9点.....という具合に加算。ランキングが順不同の場合は各曲5点で集計。1曲入魂!もOKです。
当日ご参加できない方もどなたでもどうぞ!
集計結果はもちろん当日のイヴェントで発表します!
たくさんの、熱い思いをお待ちしています!
=============


シナロケ九州入りの前夜祭!みたいな感じの、このイベント。

私は「もしかしてメンバー誰か来たりするかも?」なーんて、ミーハーな下心満々で行ったのですが、鮎川さんシーナさんは仕事の都合で既に熊本入りしているとのことで来られず。残念!

お盆の時期ということもあってか、開始の21時時点でお客さんは予想外に少なく、10人前後といったところでした。あれれ?

時間が遅くなるにつれて、少しずつ人数増えましたが。
当日急きょ「予定変更」で、なんと鮎川さん自ら編集(!)のシナロケ秘蔵映像のDVDが郵送で届いたそうで、それを流したのが前半1時間ほど。その後、40分くらいかな? JUKE JOINTの店長・松本さんの「鮎川さんとの出会い」などの、かなりレアなお話が。松本さん作詞の歌にまつわる話なども!! 名曲「ワンナイトスタンド」にまつわる話、今後、私は若松までJRに乗るたびに思い出すでしょう。


シナロケBest10。行けなかった方の為にアップ。

1位 ユーメイドリーム
2位 涙のハイウェイ
3位 レイジークレイジーブルース
4位 レモンティー
4位(同票につき) ピンナップベイビーブルース
6位 たいくつな世界
7位 クレイジークールキャット
8位 トレイントレイン
9位 ワンナイトスタンド
10位 アイラブユー

松本さん作詞の歌が結構入っていて、松本さんがしきりに照れておられました(笑)。
私は終電の時間の都合で、肝心の1位を聞かずに店を出たので、あとから友達に1位教えてもらいました。
因みに遅い時間になって、シナロケのドラマー、川嶋さんがご来店だったそうです。がうーん。(って次の日、熊本でたっぷりお話したからいいじゃん自分!って感じですな。あはは。)



因みに誰にも聞かれてませんが(笑)私の投票したBest10は下記の通り。

1.YOU MAY DREAM
2.YOU REALLY GOT ME
3.たいくつな世界
4.ONE NIGHT STAND
5.KRAZY KOOL KAT
6.(I CAN'T GET NO )SATISFACTION
7.この道
8.ROCK ON BABY <ロックの好きなベイビー抱いて>
9.THE JUNGLE OF LOVE(You maybe King, but I'm the Wild Thing)
10.FAMILY DANCING

1位は、やはり私はこの歌でシナロケを知ったので!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

下記の記事にコメントしてくださったコロンビア浦野さんのBlogにお邪魔してウロウロしていたら、こんな素晴らしいイベントがあるという情報をキャッチ!!!


■紫川ブルースフェスティバル2007 in 小倉

日時 2007年8月19日(日) 13:00~19:00 ※雨天中止
会場 リバーウォーク北九州横  特設ステージ

もちろん観覧無料です。詳細はHPを。

出演者に、ななんと、妹尾隆一郎さんの名前が!!

妹尾隆一郎さんは日本のブルースハープの草分け的存在の方。

ひぇー!!


この日、私は仕事休みかどうか、今の時点で分からないのですが(涙)、うーん、見たいなぁ、この豪華なラインナップ!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

コレ、先に福岡のタワレコであるのを知って「さすが監督の地元!」とか思っていたら。

先日、石井監督の公式HPを観てビックリ! 全国のタワレコをツアー(!)するんですね。

あまりにも怒濤の日程で驚いたので、終わった分以外を、ちょっとここにコピーします。


☆石井聰亙 DVD-BOX発売記念全国TOUR開催決定! 
下記会場において、発売記念インストア・イベントを開催致します。
みなさまのご参加を心待ちにしております。ゲストは基本的に各会場ごとにお呼びする予定調整中です。
(それぞれの会場で参加条件が異なりますので、十分にお気を付け下さい。また、各会場とも定員になり次第、締め切らせていただくことをご了承下さい。)


《11/4(土)19時~ タワーレコード福岡店 TEL092-722-4611》
ゲスト:花田裕之、山部善次郎、スマイリー原島(進行)

《11/5(日)18時~ タワーレコード名古屋近鉄パッセ店 TEL052-586-3155》
ゲスト:花田裕之、スマイリー原島(進行)

《11/12(日)13時~ ディスクユニオン下北沢店 TEL03-3467-3231》
ゲスト:遠藤ミチロウ、スマイリー原島(進行)

《11/12(日)17時~ タワーレコード新宿店 TEL03-5360-7811》
ゲスト:遠藤ミチロウ、スマイリー原島(進行)

《11/19(日)17時~ タワーレコード渋谷店 TEL03-3496-3661》
ゲスト:パンタ、山田辰夫、中島陽典、スマイリー原島(進行)

《11/26(日)15時~ タワーレコード梅田NU茶屋町店 TEL06-6373-2951》
ゲスト:花田裕之、スマイリー原島(進行)

《12/3(日)15時~ タワーレコード札幌ピヴォ店 TEL011-241-3851》
ゲスト:CTR狂い咲きサンダーロード、スマイリー原島(進行)

これによると、石井監督と花田さんと一緒に地方に移動するってことでしょうか?

一体お二人でどんな話をされるのでしょうか? って、イラン世話ですね!

ミーハーなファンとしては、そーゆーことが気になるの! だって、そういう図が思い浮かばないんだもの!(笑)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

石井聰亙監督、手記のパンクな映画がDVD-BOXセットで出るのですが

2006年10月28日(土) 発売決定! 価格23,800円(税抜)24,990円(税込))

DVD-BOX Vol.1の6作品は
「高校大パニック」「1/880000の孤独」「突撃!博多愚連隊」「狂い咲きサンダーロード」「シャッフル」「アジアの逆襲」


で! その発売を盛り上げるためのイベントが東京でありますっ!!

すごいよ!! 何がって、プログラムも出演者の顔ぶれも!!


「SOGO ISHII MOVIE DEBUT 30th ANNIVERSARY」

第一祝賀
SOGO ISHII DVD BOX 発売前夜祭
     BATTLE TALKERS
        supported by ROCK OF AGES

2006年10月15日(日) 19:30~
@ロフトプラスワン
http://www.loft-prj.co.jp/PLUSONE/

出演:石井聰亙、山田辰夫、緒方明、池畑潤二、伊勢田勇人、スマイリー原島
ほか超豪華ゲスト登場!!


第二祝賀
 BURST GIG 1,2,3
   SOGO ISHII 30th ANNIVERSARY BATTLE
            supported by ROCK OF AGES

2006年10月23日(月)・24日(火)・25日(水)各日19:30~
@新宿ロフト http://www.loft-prj.co.jp/LOFT/

10/23 GUITAR WOLF/日本脳炎 ほか
10/24 フリクション(RECK+中村達也)/恒松正敏グループ/dip
10/25 ROCK'N'ROLL GYPSIES/怒髪天/bloodthirsty butchers


第三祝賀
 超爆音上映3DAYS -石井聰亙レトロスペクティブ-

2006年10月26日(木)・27日(金)・28日(土)
21:00~/23:00~(28日のみオールナイト)
@吉祥寺バウスシアター http://www.baustheater.com/

連日監督舞台挨拶あり!!
10/26 花田裕之アコースティックライブ
    「ザ・ルースターズ/RE・BIRTHⅡ・ライブ版」
10/27 恒松正敏アコースティックライブ
    「E.D.P.S/LAST LIVE@1984.12.24 SHIBUYA LIVE INN」
    「フリクション/DUMB NUMB LIVE」
10/28 秘蔵フィルムライブ+トークセッション
    <ザ・フールズ、ザ・スターリン、EP-4、じゃがたら>
    「ザ・スターリン/絶賛解散中!!FOR NEVER」
(オールナイト)
    PANTAアコースティックライブ
    「アジアの逆襲~REMIX LIVE VERSION」
    「シャッフル」
    「Street Noise」
    「ELECTRIC DRAGON 80000V」
    「DEAD END RUN」
    「狂い咲きサンダーロード」

昨年の爆音上映からレベルアップ!
今回は「超爆音」ということで、監督も気合入りまくりです!
そしてロフト30周年とあわせたロフトイベント!
もう緊張して今から眠れない!そんな豪華ラインナップです!

チケットなどの詳細情報は、
http://www.transformer.co.jp/special/ishii_flyer.pdf
または各会場ウェブサイトにてご参照下さい。

=======================


と書いている私は、どーしても金銭的、お仕事の日程的に行けそうにもありませんのよ(号泣)。

いいなーお江戸は!! こんなすごいイベントがあって!!

行ける方、レポよろしくです!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
BJ

LOVE-FMのHPよりコピー。

■「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念イベントにペア50組御招待!

ローリング・ストーンズの初期のリーダーであるブライアン・ジョーンズ。
彼の生き様をリアルに描いた「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」が8月5日公開になります。
Love FMではこの映画の公開を記念して60年代のローリング・ストーンズにスポットを当てたスペシャル・イベント「STONES & 60’s」を7月28日と8月4日(金曜日)の2回、福岡市天神のミュージック・バー「ジューク・ジョイント」にて行います。
両日とも夜8時スタートです。映画のプレビュー、ストーンズのライブ映像の上映、60年代サウンドも含めたDJプレイも行います。
このイベントに、2日間でリスナーの方ペア50組、合計100名をご招待します。
尚、当日のオーダーはお客様負担となります。

=========================

というのがありまして。
私は「出せば当たるやろもん」と、タカをくくっていたのですが、7/21にJUKE JOINTに寄ったとき、店長・松本さんに聞いたところ「こないだ打ち合わせに行ったとき見たら、応募者多かったよ!」と言われ、ひぇー!!と、ドキドキしていたのです。
が。
無事に当選ハガキが届きました。ホッ。
私は今日のヤツに行ってきました。仕事帰りに高速バスで小倉→博多へ。
いつもなら7時半には着くのに、今日は金曜日=花金(死語!)だったから?
予想外の高速大渋滞で、なんと30分遅れ!
会場には10分遅刻。
店内、もう満員で、しばらく立ち見(涙)。
1回目の休憩に入ったとき、スタッフの方が椅子を追加で運び入れてくれまして、遅れて行ったのにDJカウンターのド真ん前で見ることに(笑)。 ありがとうございましたー!
今回、第二回がまだ8/4に控えているので「絶対、ネットとかで今日の模様を書かないで下さいね!」と、LOVE-FMの方から箝口令がしかれまして。
だからネットにupするのが遅くなりました。ごめんなさい!
内容は映画の予告編が流れたり、レア映像(海外のストーンズDVD? 昔のTV番組出演のものとか、ライブ映像とか。)
主催の方が「レア映像」って言っているのに、場内のあちこちから「見たことある」の声が。
うううー、なんて濃いい客層!!!
途中の休憩タイムにはストーンズ・ナンバーがかかる場内。その間に皆さんお酒とか頼んでねーって感じ
そして、私が一番、力入れていたのが(って、ここかよ!!)プレゼント・コーナー!!
終盤で「超イントロクイズ」ってのがありまして、LOVE-FMのかっこいい女性DJの方がストーンズ・ナンバーを超イントロ(ホントに超イントロ!  出だしの1音とか!)でかけて、しかし、それを難なく「ハイッ!」て挙手して次々と当てていく濃いいストーンズ・ファン(やはり主に男性!)ばかりが集 まっていた客席。
と言えば、まーだいたい予想がつく雰囲気でしょ?
いやー、濃いい客層でしたよ。楽しかったけどね。

ちなみに7/28のプレゼントは
●LOVE-FMのTシャツ 2名
●映画のポスター 2名
●映画のプレスシート 5名
私のねらいは、もちろん「映画のプレスシート」でした!!
そして! その濃いい客層の中で、ストーンズファンとしては「ひよっ子」の私が、数あるプレゼントの中で、一番欲しかった「映画のプレスシート」(かなり立派なパンフ!)を当てました!
これもひとえに、シナロケがカバーしたナンバー『ルビー・チュースデイ』だからイントロで当てたのです。
あああ、嬉しい!!
ありがとう鮎川さん!!って思いながら、プレゼントを胸に抱きしめて帰宅しましたよー。

写真は招待状のハガキです。このハガキもかっこよくて、入場のとき入り口で渡すのが、かなり惜しい!って思いましたのよ。

映画はいよいよ8/5(土)から公開。こういうミニシアター系の映画にしては珍しく東京と時差ナシ(苦笑)で公開です!
嬉しい!!
張り切って見に行きますよ!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【高塔山ジャム2006 プレイベントライブ&トークショー】

<日 時>平成18年7月22日(土)15:00~16:30 ※予定
<場 所>海峡ドラマシップ2F 海峡アトリウム
<トークゲスト>シーナ&鮎川誠
<ライブ>Yossey(Herring-bone)、菅沼史稔(GILLCOVER)
<司 会>Dobb・かつら(クロスFM)
<料 金>参加無料(当日入場整理券を配布致します。300名限定)

==============

北九州市民でありながら、「海峡ドラマシップって、どこ?」と思った私。すんません。門司港地区は、数年前から「門司港レトロ」ってことで売り出しているんだけど、その一環で出来ていた観光施設なのでした。なんかいろいろ展示ゾーンもあったみたいですが私は今回はパス。
なにせ前日、朝5時半ごろ寝て8時半には起きてしっかりホテルの朝ご飯食べて10時にはホテルをチェックアウト。はっきり言って体半分眠ってます状態。
福岡→門司港へJRで移動なので「どうしよっかなー。いったん降りて家へ帰って、このお泊まり荷物を置いてから門司港へ行くべきか」と悩んだものの、「いや、そんなことしてたら、もう家から出るのめんどくさくなって門司港まで行かないような気がする」と考え、フラフラながらも、そのまま門司港へ。
ま、実際は行きのJR車中で爆睡したので、だいぶ体力復活しましたが。
mojiko これが門司港駅。
駅の前に噴水があって、人力車(!)のお兄さんとかもいます。

トークショーの会場は、HPの地図ではすごく近くみたいだったけど、実際に歩くと10分近くはあったように思います。暑い中、お泊まり荷物かかえて移動したから、余計にそう思ったのかもしれないけど.....。
トークショーはなんだか不思議な客層だった。タダだからねぇ。偶然、観光で来ていてこのイベントを知って入ってきた家族連れ、みたいなお客さんが多かったかな? でもシーナさんの地元だから、当然、昔からの知り合いのヒトも多数来られていた様子。(私のそばに座られていた花束抱えていたご夫婦はシーナさんの同級生だった方らしいです!)だから子供からお年寄りまでと、めっちゃ幅広い年齢層。司会進行のDobbさんお疲れさまでした。あれだけの幅広い年齢層の観客の心をつかんで番組を進行するって大変だよなぁ。質問コーナーで、えっらいストレートな質問ぶちかました、ミッキー・カーチスみたいな風貌のおじさんもいたし。(ラジオのオンエアではカットされてました.....。)でも、そのオジサンも、そんな、ある意味失礼っちゅーか、ぶしつけな質問はしたけど昔からの鮎川さんファンではあったみたいで、鮎川さんがステージ降りて去る時、サッと駆け寄って「サンハウスの頃から聴きに行きよったとよ!」って話しかけていたのが、なんか可愛かった! 
あ、そうそう。鮎川さんシーナさんが会場に登場!のときも、いきなり鮎川さんに抱きついているオバサンもいたりして! なんか、まるで番組進行を無視してますが(爆)、熱いお客さんが多かったですねー。
って、かくいう私も、ハタから見れば熱い客の一人だったかも?
というのは。トークの中で鮎川さんが「60's ロック自伝」の本の話を始めたときに、”でも現物今手元にナイしー”って感じだったので「あ! 私、昨日CBでサインもらった本が、このお泊まり荷物の中に!」と思って、ちょっと躊躇しつつも結局は本を取り出して司会のDobbさんに「コレ、コレ!」って手で示したら鮎川さんも気づいて「おおーっ?」って言ってくれたので、もう駆け寄って本をお貸ししました(笑)。ラジオだから見えないんだけどねー。これで会場で見ていた方が一人でも本を買ってくれれば。(で、この、状況がぜんぜん分からないこの箇所もラジオのオンエアではカットされてましたね。でも、いいんですよ。その場でお役に立てたので光栄です!)

なんか、ほのぼのしてて、いい感じの会場でした。
cross

<追記>この日、鮎川さんシーナさん登場の前に、トップバッターでライブをやった、菅沼史稔さん(GILLCOVER)も、実は私、大ファンでして。でも、GILLCOVER & THE MONKEYの頃はライブも行っていたけど、名前がGILLCOVERに変わって、メンバーも4人から3人になった頃から、ライブにぱったりと行かなくなっておりました。ごめんなさい。
この日かなり久々にソロではあったけど歌を聴けて本当に嬉しかった! 声すごく出てたし。なんかもうジーンときました。しかも当然、翌日の高塔山ライブでは久々にバンド編成で見るので、これまた期待高まる!
トーク終了後に、ちょっとだけ控え室にお邪魔させていただいたとき、当然、菅沼さんも居たんですけど、なにせ数年間ライブに行ってないブランクがあるので、こちらの気持ちになんだか負い目(?)があって、どうしても「ファンなんですよー!」と話しかけることが出来なかった。案外と、妙なところで小心者なんスよ。

というわけで控え室で、この日の鮎川さんシーナさんのファッション・チェーック!って感じで、お二人の写真を撮らせていただきましたよ。
ううう。かっこよすぎです。
CROSS2
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
BEATCLUB
タイトル: HAKATA BEAT CLUB ←ここをクリック! Amazon.では20%OFFで予約受付中!!
 上は宣伝のチラシ。かっこいいー!

 JUKE JOINTで「HAKATA BEAT CLUB」のDVD(5月発売)の先行試写会というのがありました。そう、昨年11月に福岡と東京2箇所のみであった、ドラマー4人が前面に出た、「めんたいROCK」ファンにはたまらん濃いい顔ぶれのライブの映像です! 今回のイベントは、ホントに急きょ決まったものらしく、ネットで前日に数カ所に書き込みで告知があったくらい。浦田賢一さんも来られてウンチク話付きという楽しいものでした。「著作権使用料がめちゃくちゃ高くて、その交渉はSONYが全部やってくれたんやけど大変やったらしい」とかプレスリーの歌に関して「本人に了承貰ってくださいって言われたけど、本人もう死んどるやん!」というのには爆笑! 「出た、池畑! でも、ここで間違えとーちゃん! まぁ、それもアリたい、よかよか(笑)」とか、そうそう、花田さん登場のシーンで(そう、福岡は出られなかったけど東京は花田さんも出たのでした!)浦田さんが「出た! アントニオ・バンデラス!」と言ったのにウケました。似てるか? まぁ、髪型だけは似てるかも。ラテンっぽい感じで。あああ、花田さんカッコイイー! バンドを従えての花田さんは久しく見ていないので、もう、うっとりーという感じで大スクリーンに見入ってしまった私でした。そう、このDVD(5/11発売)私は既にAmazon.で予約しているけど、家では、まずこんな大スクリーンで見ることはないもんね。JUKE JOINTは、この日のために急きょDVDプロジェクターを買ったとのことでした。おお!
 この上映会は多分約2時間あったんだけど、私は次の予定があったので「帰りのJRが」とか言って途中で退場。すいませーんと言いながら出るとき、浦田さん自身に「あと10分くらいで終わるけどねー」と言われて恐縮! 大汗! でも最後まで居た知人に聞いたところ「あの後、遅れて来た人のために前半が再上映sれた」とのことで、じゃあ10分じゃ終わらなかったやん! なんとなくホッ(笑)。

 当日、会場に行けなかった人こそ是非! このDVDは是非買わなくちゃ! 行った人はもちろんのことです! あの日の感動が蘇りますよ。私は、あの日もうすごい顔ぶれでどこ見ていいかワカラン状態だったので、改めてDVDでじっくり見たいと思ってます!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 FREE WAVE TENJIN FMのイベント「Sounds Express Fukuoka」の中の一つ「FUKUOKA "Dream on Music" Special」の公開生放送に鮎川さんシーナさんが出演!ということで天神ソラリアプラザまで見に行ってきました。

fm1 当日はステージの写真撮ってはイケナイってことだったので、告知ポスターのみ。だいたい、どーゆーイベントなのか、よくわかんないまま見に行った私でしたが、どうやら「福岡音楽基金」という、市がアマチュア・ミュージシャンを援助する為の資金を出す?というようなシステムが、これから始まるんだそうです。わぉ。で、その宣伝ということで福岡のFM4局が合同で特別番組を組んで、公開生放送というものだったらしい。詳細は、こちらを。

 今日は鮎川さんシーナさんの前には、YUIちゃんという、やはり福岡出身の18歳(!)の女の子が出ていました。なんかアヴリル・ラヴィーンをちっこくしたような、女優の小西真奈美ちゃんをちっこくしたような女の子でした。ギター弾き語りを1曲やってくれました。透明感あふれる声で、可愛らしかったです。

 そして14時半ごろから、いよいよ鮎川さんシーナさん登場! もうね、DJのお二人も言われてましたが、鮎川さん達が登場すると、いきなり場が華やか! この日の鮎川さんは黒のスーツでシャツは真っ黄色!(そしてスーツ上着の裏地はショッキングピンク) シーナさんは....あとで写真載せますね。もう、かっこいいいいーーーーー!! (今思えば、鮎川さんの写真を撮らなかったことが悔やまれます)

 「音楽を好きになったきっかけは?」との質問に、シーナさんは、すかさず「ラジオ!」って答えてました。そうそう「小学校のころにプレスリーを聞いて。でも、その前にはJAZZを聞いてたの」って、ひぇー! なんちゅー早熟な子供でしょう! 鮎川さんは「ビートルズは日本武道館に初来日で来るとき、台風やったけん福岡の板付空港に不時着するとか噂が流れて板付空港まで駆けつけた(笑)」とか。あとシーナさんは「ロックに国とか年齢とか関係ない。ロックを好きであれば若々しいと思うから、若いのに年寄りの気持ちじゃダメよ。ロックな気持ちでいてネ」とか、鮎川さんは「ロック語が話せる奴は世界中にたくさんおるから、もう1,2,3,4、ジャーン!で気持ちは通じるし。国とか関係ない」とか、あと、そうそう、音楽基金について質問されて「素晴らしいことやね。音楽やっとる人は皆、福岡市に集まればいいよ(笑)。でも音楽家はイイ音を鳴らしてこそ。音が一番肝心やけん。そういう基金とか素晴らしいシステムやけど、それに甘えちゃイカン」というようなことを言われてましたね。くー、かっこいいい!! 「もし音楽がなかったら、どんな人生になってましたか?」と聞かれて、シーナさんは「ううーん、きっと暗くてツマラナイ人生だったと思う。あっ、きっと不良になっていたと思う(笑)」というのに、ウケてしまいました。シーナさんは「インターネットが発達して、ライブやったら、その感想とかがすぐにHPに書き込みされて、それはもうご褒美もらったみたいですごくウレシイ(ニッコリ)だからまたお返ししなきゃ!って思って次のライブ頑張るし」って言われていたので、皆さん、ロケッツBBSには、どんどん感想を書き込みしましょう~!!

 最後に「一番リスペクトしているミュージシャンは?」と聞かれて「もうたくさんありすぎて! ボブ・ディランとかも好きだし。でも現役でずっと今もライブやっているという点では、ローリング・ストーンズ」ということで、お二人の紹介でストーンズ『サティスファクション』が、かかりました。

 

番組収録後に、楽屋から出てこられたシーナさん。写真撮らせていただきました。本日のシーナさん、ファッション・チェーック!って感じで(笑) ああ、素敵!

fm2



<追記>

シナロケのファンクラブのページで、オンエア中の写真がアップされてます。 ファンクラブの特派員の方が撮ったようですね(笑)。そうそう、この、絵をさらさらっと描いたおっちゃん、終始えらい盛り上がりで「酔ってんのかな?」と思ったら手に持ってるのはカルピスだからシラフだし(笑)、とにかく「何者?」って感じで驚きのヒトでした。が、でもちゃんと「SHEENA & THE ROKKETS」って書き添えていたし「鮎川ちゃん!」とか呼びかけていたので、熱心なシナロケのファンではあるようでした。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 実は私、番組は全然見たことナイんですが(ゴメンナサイ!)福岡のローカルTV RKB毎日で「チャートバスターズR!」っていう音楽番組があるらしくて、その番組のイベントという形で「チャートバスターズR! プレゼンツ ロックンロール集中講義その1 ギターウルフ セイジのロックンロール講義」というのがあったのが今年の1月10日。会場も同じダークルーム。そのときはギターウルフのメンバー皆さん来ていて、まさか、あのとき間近に見たビリーさんが数ヶ月後に急逝するとは.....(涙)。

 

 まぁ、それはさておき。今回は怒髪天の増子さんによるロック講義! この日は朝6時頃、福岡は地震があったので、交通機関乱れてまして、私はこんな非常時にまず「今日のイベントあるのか?」「JR動くのか? 私は仕事の後、福岡まで行けるのか?」と、まずはそれを心配したのでした。

 仕事に出勤するときにはJR不通だったため、なんとタクシー出勤で朝から大枚¥5000はたいて涙。仕事が終わる頃には、なんとかJR復旧していたので、新幹線に飛び乗って会場へ! それでも1時間遅刻。うー、先生スミマセン!

 増子センセイ、すでに、もうかなり酔っ払いモード。以前、私の友達が映画『Colors of Life』の前のトークイベントで見たときは「ライブのときのハイテンションがウソのように、すごくおとなしい増子兄ィでした」と感想を言っていたので、今日はどうなのかな、と思ってましたが。めっちゃハイテンションやん! よかった、よかった。もう本人も「なんかもう渋谷で呑んでるみたいな感覚。それくらい、くつろいでる気分。このままタクシーで家まで帰れそうな」とまで言われてましたね。お薦め映画として『トラック野郎一番星』『さらば青春の光』『爆裂都市』の映像を流して、『トラック野郎一番星』の主題歌まで歌ってくれて(笑)「もう、オレがお金儲けたら一番にデコトラ買っちゃうね! 意味もなく!」って。そんなに好きなんだー。映像モノの締めが、やすし・きよしのお笑いとは予想外でした。まるまる、1本のネタ見てしまったもんね、増子さん&司会者&客全員で(笑)。「あーもう見入っちゃうね。今、ぜんぜん仕事してなかったね(笑)」って。「なーんか今日、みんなでオレんち遊びにきて部屋でビデオ見てる感じだね。いいの? こんなんで?」と増子さん。「や、いいんです、そういうコンセプトのイベントなので」って。あっはっは。そういやセイジさんのときだって、こんな感じだったもんね。

 その後は、入るときに客全員に配られたアンケート&「増子さんに人生相談」の回答コーナー。いやぁ、面白かった! 以下、Qはお客さん、Aは増子さんの回答ね。

 

Q:オレ、入れ墨入れたいんですけど

A:えー止めたほうがいいよ、入れ墨入れたら健康ランドとかサウナ入れないじゃん

 

Q:二人続けて無職の男を好きになりました。毎日700円だけ置いて家を出ていくんです

A:いいじゃん700円あれば「のり弁」だって買えるし! 毎日700円財布から抜いていかれるよりイイじゃん

 

Q:仕事のときは心半分の私です。こんなことでいいんでしょうか

A:いいんじゃないの? 好きなことで食える奴なんて500万人に一人くらいだよ。オレだって食えないよ、かつかつだよ(笑)

 

Q:どんなときに「自分は愛されてるなー」と思いますか?

A:今だよ! だって、こんな酔っ払いの戯言みたいなのを皆が聞きにきてくれてるんだぜー、嬉しいよ

 

Q:30も過ぎて東京に行きたいって思ってるんですが、大丈夫でしょうか? ヤバイですよね?

A:いいと思うよ、おいでよ、東京。どうしようか迷ったときはヤバイと思った方を選んだがいいんだよ。やらずに後悔するより、やって後悔した方が絶対いいよ!

 

 てな感じで、私も人生相談しました(笑)。一応、言い訳しておくと、自ら挙手したわけではなく、たまたま最前列に座っていたので司会者に「はいっ、何か質問とかナイ?」とマイクを向けられてしまったのです。ここで「ええ~?」なんてクネクネして拒否っても進行が滞るので「わ、私っすか? じゃー、人生相談します」と男らしく(爆)質問つーか人生相談したのさっ! で、以下がそのQ&A。

 

Q:私は30過ぎてからパンクロックを聴き出したので若い頃のほうが地味だったくらいで今は10歳以上年下のロック友達ばかり増えてます。それは楽しいんだけど同年輩の友達がいないので、これでは老後が孤独な老後になりそうで心配なんですけどー。

A:増子さんからの回答「いいんじゃないの? 老後の心配なんて、それまで生きていられるかどうかワカンナイのに。今が楽しいならイイじゃん。友達連れて怒髪天のライブ来てよ!」

ダメ押しで「福岡での怒髪天のライブいつも行ってます! 友達と!」と言い添えたところ、増子さんから「それで正解! 大丈夫!」って太鼓判押されたので、もう今後は迷うことなく、ええ年こいてもロック好きで生きていくことにします、私(爆)。

 

アーティスト: 怒髪天
タイトル: 桜吹雪と男呼唄
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。