MissYのミーハー感想文

私が行ったLiveや展覧会、観た映画の感想を、ミーハーな視点で書いていきます。


テーマ:


gaiden

西日本新聞で連載されていた福岡のロックについてのコラムと充実の写真、本になって出るという噂で心待ちにしておりましたが、ついに出ました!
60年代の話から、2015年11月のドラムLOGOSでのサンハウスLiveまで!!
サンハウスが始まる頃の話や、シナロケ鮎川さんとシーナさんが出会った頃の写真や結婚式(!)の写真も。
私が一度も行ったことがないまま閉店した伝説のライブハウス「80's ファクトリー」のことや写真も。今の私を良く知る人は意外に思うでしょうが(笑)、当時は外タレのコンサートでもない限りわざわざ福岡市まで行くことはあまりなかったのです。残念でならないです。
末には博多ロック略年表まであって1600円税抜。すごい!
写真では分かりにくいかもしれませんが表紙のROC
Kという文字はエンボス加工してある凝ったもの!本当に素敵な本です。
自費出版なのでAmazonや本屋さんでは買えません。福岡市、北九州市の方々はJUKEレコード、JUKE JOINT、ボーダーライン(福岡、小倉)、田口商店(北九州市)へ。関東、関西では「ディスクユニオン」、下北沢の「フラッシュ・ディスク・ランチ」、「ノイズ堂」で販売中です。
遠隔地の方で購入希望者はメールでinsideout@aurora.ocn.ne.jp へご連絡下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昔から大好きな俳優さんの一人、片桐はいりさんが、昔アルバイトで映画館のモギリ嬢をやっていたというのは何かのインタビューで読んだことがあったけど、このエッセイは、その映画館でのアルバイト時代を含めての、映画館にまつわるお話あれこれ。これ読むと、全国津々浦々、魅力的な映画館があるんだなぁ!! 私はライブ遠征でよその土地に行くと、時間があればその街の映画館にも行くんだけど、この本読んで、またも行きたい映画館が増えてしまったよ!!




もぎりよ今夜も有難う (幻冬舎文庫)/片桐 はいり
¥497
Amazon.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
貴様いつまで女子でいるつもりだ問題/ジェーン・スー
¥1,404
Amazon.co.jp


この本は新聞広告を見たときからすごく気になっていて、本屋でぱらぱらめくったら、うぉー!!そうそう!!と思って買って帰った本。けっこうグサグサくる内容も多いけどね。

タイトルのエッセイは、まさに、私も最近の、やたら「女子」ってつける風潮に、なんだかな~と思っていたので、すごく納得!! 他にも「隙がないこと岩の如し」なんて自分のこと言われているようで、うなだれるしかない私でした。でも、まぁ、自覚があるのとナイのとでは大違いだと思うので(た、たぶんね.....) 40才以上の独身女性はこの本読んで、いろんなことに「ハッ!」と気づいたほうがいいと思います! 気づいたところで時すでに遅し、かもしれませんが.....。ちなみに、ジェーン・スーって外国人ではなくて、ばりばりの日本人、江戸っ子らしいです(笑)。なぜ、こんな名前なのかは興味あるかたはネットでググってみると分かります。(そ、そんな理由かよ~ってな理由です)

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
平 安寿子
あなたがパラダイス

更年期を迎えた40-50代の三人の女性を描く連作短編集。共通キーワードは「ジュリー(沢田研二)!」。どの女性達もジュリーの歌を心の支えとして人生のしんどい局面をなんとか乗り越えていくところが、別にジュリー・ファンではなくても好きなアーチストとかがいる女性ならば「ああ~、分かる分かる!」と共感が持てるのではないでしょうか。
私は、6歳上の姉がタイガース時代のジュリーの大ファンだったので「ふむふむ」という感じで読みました。著者はかなりのジュリー・ファンなのでしょうか。これ小説書くために調べたデータって感じではナイですもの! 話の端々に、ジュリーに対するファンぶりが溢れてますから。
ストーリーは、私としては「これから来るべき自分の将来」として心構えが出来たというか、正直しんどい話が多いけれど、どれも最後は救いがあるというか希望がもてる終わり方のお話。

ジュリーのCD欲しくなっちゃいました(笑)。そして、この本はジュリー・ファンの姉がもうすぐ誕生日なので、誕生日プレゼントに贈ろうと決めました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
益田 ミリ
OLはえらい

昨日買って今読んでいる途中ですがリアルで面白い!

なぜかロバのOL(!)
ロバ山ロバ子。27歳。営業三課配属。恋人なし。
OLライフが、かなりリアルに描かれてます。
私は今はOLではなくて派遣社員だけど、OL時代ってこんな感じだったなーと、クスクス。
それにしても自分が当事者ではなくなってハタから見てみると、やっぱOLさんってエライよ。こんな特殊な環境で仕事こなしてるんだもん。オジサン達に負けずに頑張れ!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
松尾 スズキ, 河井 克夫
ニャ夢ウェイ

ずっと前、朝日新聞の書評で紹介されていたので気になって、その後ネットで購入しておきながら、そのまま本棚へ。

昨日、仕事でムカーッとくることがあり「こんな気持ちのままで眠りにつくのも何だか.....」と思い、本棚を物色してこれをセレクト。いやー、爆笑!! ふとんの中で身をよじりながら爆笑して読みました。

松尾スズキさんちで飼ってる猫「オロチ」のマンガなんですが。

もちろん松尾スズキさんが描く以上はタダの猫マンガに終わるわけはなく。 もう、桁外れの猫バカっぷり夫婦で面白いです!!
特に猫好きではナイ(むしろ動物は苦手な)私でも、これはタマラン! 

猫好きのヒトは必読のマンガ!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
銀色 夏生
女っておもしろい

銀色夏生さん、日記シリーズが終わってサビシイーと思っていたら、今度は女同士の楽しい「おしゃべり本」をシリーズで発売!だそうです。

6月下旬が第一回のこれ。

7月下旬「タトゥーへの旅」

8月下旬「ものを作るということ」

9月下旬「うらない」

とのこと。

そして第一回のこの本は、銀色さんと「トゥトゥ」さんというお友達の「おしゃべり」を本にしたもの。

これが、めっちゃ面白い。かなりセキララなんですけど。いいのかなー、ってくらい。

30代以上の女子には、かなり「あー、あるあるある!」って感じで楽しめる本かと思うけど、男性とか、若い女性とかが読むと、ちょっとビビるかな?(爆)

私は、P.79の

銀色さんが「若さをうらやむ人に対して思うこと」が

「あー、分かる分かる!」って感じでした!!


とか、私が言うと、かなり負け惜しみっぽいのかも(大汗)。

まぁ、本の帯に「アウトローな大人の女性に捧ぐ」ってありますけど、その通りかな。

私は、これを読んで「うう、私はまだまだ、かなり甘いな」と思いました。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
鮎川 誠
鮎川誠の‘60s ROCK講座~ ‘60sロックとは何か!?
シナロケHPに情報が載ってから、今か今かと待っていましたが、やっとAmazon.comに登場!!
いやー、大きな書店がナイ地方在住者にとってはネットでお買い物できるのは、こういうとき、ほんとに助かります!!
というワケで6月2日発売予定!
皆さん、レッツ予約!!

<追記>
6.5夕方、発売日から3日過ぎて、やーっと我が家にも届きましたー!!!
思わず宅配便のおじさんにも深々と頭を下げてお礼を言ってしまいました(笑)。だってホントに待ち遠しかったんだもん!!
Amazon、現在「在庫切れ」らしいですよ。すごーい!!
60S
私はこれから「個人プロモーション」を企んでおります(笑)。
1)友達とバスとかJRとか喫茶店とかで話すとき、「そういういえば鮎川さんの本が出たんよー」と話題に出す。
2)これみよがしにJRやバスの中とかで、この本を取りだして読む
3)会社の昼休み等にも、これみよがしに読む

で、そのためには透明のブックカバーかけて汚さないようにして読まないと!
たしか教科書用とかで透明ブックカバーって百均の店にあるよね? 今から近所の百均ショップに行ってこよーっと!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
松尾 スズキ, 河井 克夫
ニャ夢ウェイ

今朝の朝日新聞書評に載っていた本。松尾スズキさんちのネコ「オロチ」の話(マンガ)です。
めっちゃ面白そうなので、本屋にて立ち読み。
すいません、今日、金欠だったので買ってません。が、今度きっと買う!
もうカワイイ上にバカバカしくて最高です!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
斎藤 孝, 倉田 真由美
喫茶店で2時間もたない男とはつきあうな!

いやー、なんとも直接的なタイトルですね。
「だめんず・うぉーかー」でお馴染み、くらたまさんと、齊藤先生のトークバトル。
要するに、会話が続かない男はツマラン!というような内容なんですが、ふむふむ、確かにね~と思うところも多々ありました。
でも、この表紙は、ちょっとダサイですね。
せっかく中身が結構面白いのに。表紙で損してます。
本の内容で冒頭から「最低限オシャレして”恋愛する気満々”っていうのを示さないと! 地味な格好してて”私の内面をわかって”なんてほざくのは怠慢」というようなことが書かれているのに、この装丁は如何なものか(苦笑)。
なーんて、揚げ足とるような、ヤな性格が災いしているのかもねー私。ううう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。