かめおかゆみこの≪表現する からだとことば≫塾

私は、そのひとがそのひとらしく、生き生きと生きることを、《表現》をとおしてサポートします。ちがいをみとめ、おだやかなこころで、調和とつながりのみちすじをさぐり、想像と創造によって平和を実現させる。それが、私のすべての活動のめざすところです。


テーマ:
かめおかゆみこです。

2016年5月19日より、このブログのタイトルを、
かめおかゆみこの≪表現する からだとことば≫塾
変更しました。よろしくお願いします。
(旧 かめわざ流「じぶん表現倶楽部」)


「3分でこころをつかむ!」関連記事
お役立ち★10の小ネタ
3月ワークの感想
4月ワークの感想

※5月ワークは、感想アンケートを直接いただいたのですが、
 かめおかがまだ転記できていないため、アップできていません。(詫)


6月12日に開催した、4回目の「3分でこころをつかむ!」
おひとりめの感想
 「安心感を持てる場づくり」
おふたりめの感想
 「たった2時間半で、ガラッと変わる!」

3人目の感想は、「ふみこ」さんです。


根拠のない予感はあったのですが、期待通「演劇」の要
素満載
の楽しいワーク
でした。

これまで、「聴衆」VS 「話し手」という構図が頭にあり、「ちゃ
んと話さなくては!」という緊張感により、話すと決めていた
事の半分しか、いや、考えていたことが全く違って伝わって
いたこともありました。

でも今回、聞いてくれる人に歩み寄り、語りかけ、笑いを
共有
することで、みんな一つになってその場を作っていく
ことの楽しさを味わいました。

それにはちょっとしたテクニックも必要でしたが、まずは
が心を開くこと
で、聴き手の様子も感じることができ、どう
なっても心がウキウキするような雰囲気にできる気がして
きました。

カメさんの指摘や提案は、本当に的を射ていて、私でもち
ょっとした工夫で、人前で話すことが楽しくなり、聴き手と
の一体感も凄く強まったのを実感しました。

ありがとうございました。
また機会があったら、何度でも参
加したいです。


ふみこさん、ありがとうございます

演劇…というと、完成された舞台を想像するひとが多いと
思いますが、それだけではありません。舞台に立ったとき
の感覚をもふくめ、総合的に、演劇的な要素を使うのです。

たとえば、今回は、一人ひとりに、ある意味、ロールプレイ
的に、実際に、前に出て、場を再現してもらいました。(も
しくは、模擬的にやってもらいました)


実際の場でなくても、場を再現してみるだけで、そのときの
気持ちがよみがえってきたり、いつもの無意識のからだの
くせが出てきたりします。

よくある例としては、前やうしろに手を結ぶパターン。これ
は、無意識の緊張や怖れを、緩和しようとしているのです。

でも、手を結んだ瞬間に、自分のエネルギーは、そこでス
トップをかけられ、相手に届きにくくなってしまいます。

手を離して、ふわっとひらいてもらい、もう一度話してもら
います。エネルギーがはなたれて、届くのがわかります。


また、一応、ちゃんと立ってはいるけれども、やはり緊張し
て、なんとなく落ち着かない、というひとが、ときどきいます。

そんなときは、まず普通に立ってもらい、いったん、自分の
エネルギーを、かたちとして意識してもらい、頭のてっぺん
に置いてもらいます。

それが、ゆっくりと、からだを通って、おなかにいったんおさ
まり、そこからさらに足を通って下がって、足の裏に落ちて、
さらにまた地球の中心に落ちていくのを感じてもらいます。

これがまさに、「落ち着く」ということなのです。


そうした、いわば、目には見えない部分も、演劇のなかに
は、ふくまれているのです。

そこにさらに、外的な、ひととの距離であったり、表情であ
ったり、さまざまな要素がくわわっていくわけです。

それらの総合として、「ひとまえに立つ」ということが成り立
っているわけで、けっして小手先のテクニックだけでは、本
当の意味で、立ったとは言えないわけだったりするのです。

まあ、ことばで書いてしまうと、かたくるしいのですが、これ
らを、からだを動かしながら、笑いながら実感していくのが、
かめわざワークというわけです。

ぜひ、体験していただけたらうれしいなあ~と、ちょこっと
宣伝っぽくなったところで(笑)、今日は、おしまいにしたい
と思います。


お知らせ

7月ワークの予告は、こちらです。
いまのところまだ少人数。おトクかも?!(笑)


なお、7月で体験講座を終了する予定でしたが、もう少し
たくさんのひとに体験していただきたいので
8月7日に、
もう一回だけ、開催することにしました。秋からは、連続
講座
にする予定です。詳細は、近日中に。

大阪で「3分でこころをつかむ!」ワーク開催決定です!
詳細は近日中に告知しますが、日付だけ先にお知らせしま
すね。7月31日です。ぜひカレンダーにチェックよろしく



かめおかゆみこの完全日刊メルマガ
「今日のフォーカスチェンジ」

登録は、こちら

かめおかゆみこ関連の講座・イベント情報は、
こち

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かめおかゆみこです。

2016年5月19日より、このブログのタイトルを、
かめおかゆみこの≪表現する からだとことば≫塾
変更しました。よろしくお願いします。
(旧 かめわざ流「じぶん表現倶楽部」)


「3分でこころをつかむ!」関連記事
お役立ち★10の小ネタ
3月ワークの感想
4月ワークの感想

※5月ワークは、感想アンケートを直接いただいたのですが、
 かめおかがまだ転記できていないため、アップできていません。(詫)


6月12日に開催した、4回目の「3分でこころをつかむ!」
昨日は、おひとりめの感想をご紹介しました。

今日は、おふたりめの感想をご紹介します。のっこちゃん、
こと、YOSHIMOTO・NOBUKOさん。なんと、ワークを受けた、
その日のうちに、フェイスブックに投稿してくださいました。


どんな講座やワークショップであろうと、普通は新しいこと
をじっと学ぶわけだから、それなりに疲れるものだ。

つまんなきゃ退屈で眠くなるし、小難しいのもくたびれる。
集中すると肩が凝る。


でもこのかめおかゆみこさんのワークは違った。題して
「3分でこころをつかむ!~かめわざワーク~」


今日は大崎まで行ったわけだが…帰り道の体の軽さ
ほぐれ具合には驚きだ。まさにこの絵のように、身も心
も伸びやかにほぐれた心地

 


いや、リラクセーションに行ったわけではない。


人前で話すことの多い仕事なので、自分も相手も緊張
を解いて、表現豊かに伝えたいことを伝えられたらいい
なぁ、短時間でその場を和ませる事も出来たらいいなぁ、


と常々思ってたので、『コレだ!』とばかりにこの講座に
出かけたのだけど…うーん、受け取ったものは、それ以
上に大きくて深かったなぁ!


特に印象に残ったのは『間をとる』ということ。

私は、人の反応を待つのが実は不安だったとわかった。


だから前もって「受け入れられそうな話を」と心掛けるけ
ど、話し出すと、いざという時ほど間を取らず、反応を待
たずに自問自答みたいに話し、ドンドン流しちゃってたよ
うに思う。

そんな事に気づいた。


「笑いを取る」という最高の和み技にこそ、間がないとあか
んのや、と気づいた。それって、してなかったね~( ̄O ̄;)


さらに驚いたのは、参加者が皆それぞれに語ってみる時、
『じゃこうしてご覧🎵』と、カメさんに言われて、ほんの一、
二度やってみると見事に表現が変わるということ❣️


人の話し方の癖や、緊張感や臆し方って、そうそう変わら
ないものだと思い込んでた。話下手がいきなり話し上手に
なんかなれっこない。


でも違った。ガラッと変わるもんなんだ
俄然、話がリアルになって、イメージが湧いて、面白くなる
んだね。その人の魅力が何倍にも感じられる。すご~い。

また、人の目を見てそうで、見てない自分にも気づいた。
あたしったら、人と目を合わせるのが怖かったの?


日本人はありがちかもしれないけど、これが出来ると、多
分全然向き合い方が違ってくる。


ああ、人の顔を覚えてないのも、そのせいか。ちゃんと向
き合ってなかったのだな。うんうん。

 
そして、ちゃんと目を合わせるという事は、怖いどころか、
心地よくて、安心するものなんだと、かめさんは体験ワー
クを通していっぱい納得させてくれた。


 『わたし』が『あなたに』伝えるということ。
目で、言葉で、動きで、触れて、揺れて、呼び合って、交錯
して、笑いあい、動きあい、委ねあって…


どんどんわかっていった。たった2時間半で。


普通なら、こんな『反省』めいた気づきは、悔恨や自己嫌
悪やらが伴うものだが、そこがこのかめわざワークのすご
いところ。


朗らかに笑いながら体感していける。


そこに、かめおかさんの「お互い不完全な同じ人間でオー
ケー。そこから視点を変えるだけで、私たちは変われる」
という肯定感と絶対的な信頼感が通底してるからだと思う。


他にも気づきは幾つもある。


正直でいいんだということ。弱さを見せても良いし、むしろ
それさえも人に安堵を与えるということ。


失敗しても、落ち着いてやり直せば良いこと。もしくは気づ
かないふりしてもいいし、おどけちゃってもいい。


そうして心と体を緩やかに「開いている」ことの安心感。そ
れは互いに伝染するという驚き。

 
また、それでいながら常に全体と個を見て、柔軟に対応
していく事が大事と言われたけど…仕事はノープログラ
ムというわけにはいかないけど、やはり私は一方的にな
りがちだったか。


きっとうまくいかなかったり、手応えの見えない時というの
は、皆の顔を見てなかった時なんだろな。


多分自分の中ばかりを見てた。予定をこなすことに汲々と
してた。そうじゃなくていい。


そんなこともわかった。


でも1番は笑いだな。胸襟開いて語りかけ、聞き手とイメ
ージが重なって、ふと一緒に笑えるような感覚。
うん、やってみようっと🎶

かめさん、本当に良かったです。明日からやってみます。

ワーク、またやってださい❣️

あ、7月にもありましたね。


「3分でこころをつかむ!~かめわざワーク~」

http://kamewaza.blog25.fc2.com/blog-entry-8.html



のっこちゃん、最後に、告知までありがとうございます!

今日は付け足すところ、なし! 懇切丁寧に、細部まで
分析してくれて、感謝、感謝です。

そう。変わるんです! もちろん、深めていけば、もっと
もっと先はあるけれど、ひとは、絶対に変われる!

しかも、何かのマニュアルにあわせるのではなく、その
ひとらしさを活かしながらね

だって、すべてのひとのなかには、表現の根っこがある。
それを引き出すだけでいいんですから

たぶん、私の一番の強みは、そのことを、理屈でなく、
体感で知っていることなんだと思うんです。


お知らせ

7月ワークの予告は、こちらです。
いまのところまだ少人数。おトクかも?!(笑)


なお、7月で体験講座を終了する予定でしたが、もう少し
たくさんのひとに体験していただきたいので、8月もう一回
だけ、開催することにしました。秋からは、連続講座にす
る予定です。期日は8月7日です。詳細は、近日中に。

大阪で「3分でこころをつかむ!」ワーク開催決定です!
詳細は近日中に告知しますが、日付だけ先にお知らせしま
すね。7月31日です。ぜひカレンダーにチェックよろしく


かめおかゆみこの完全日刊メルマガ
「今日のフォーカスチェンジ」

登録は、こちら

かめおかゆみこ関連の講座・イベント情報は、
こち


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かめおかゆみこです。

2016年5月19日より、このブログのタイトルを、
かめおかゆみこの≪表現する からだとことば≫塾
変更しました。よろしくお願いします。
(旧 かめわざ流「じぶん表現倶楽部」)


2015年10月22日に家族になった、もと野良にゃんこ。
「今日のマル」 ←こちらをクリックしていただくと、
関連記事を、連続してお読みいただけます。

4月6日から、フェイスブックで、毎朝、マルくんのひとこ
とふうのコメント
をつけて掲載しています。  


先週の「おはよう!PHOTO」~



おはよう! おもてで、猫がけんかしてる! 
気になる! 気になる!

今日のマル★20160613






おはよう! だ、誰だ! 知らないやつがきた!
今日のマル★20160614

※飼い主注)宅配便やさんがくるたびに、脱兎のごとくラックの上…。




おはよう! 本日は、段ボールの制裁法について伝授する! 
えい! どうだ!

今日のマル★20160615



  


 


  

おはよう! 朝のひと仕事は、こいつを仕留めること!
今日のマル★20160616





おはよう! 今日も、飼い主の足を、ハラで踏む。
今日のマル★20160617

  



おはよう! くつろいでるとこ、無遠慮に、のぞくんじゃねえよ!
今日のマル★20160618




おはよう! 本日は、にくきうサービスデー!!
今日のマル★20160619


  



そして、こちらは、おまけ。
フェイスブックに、「今日のマル」ということで載せているので
すが、よく言われるのが、「似てるねえ


自分ではあまりぴんときていないのですが、あんまり言われ
るので、同じような構図で一枚撮ってみました。

  


これを、フェイスブックにアップしてみたところ…わずか1日
で、こんな結果に…

私のフェイスブック、いつもは、10いくかいかないか、です
から(笑)。まあ、マルくん関係だけはいつも、30~50くら
いには、なるんですけど、。(それもなんだか…)(笑)


でも、100以上なんて、め~~~ったにいきません。ていう
か、この「受けるね」マーク24の突出ぶりは~。


まあ、でも、マルくんのおかげで、とにかく楽しませてもらっ
てっすってことで…。ちゃん、ちゃん。


「おはよう!PHOTO」

20160606-0612  20160530-0605  20160523-0529
20160516-0522  20160509-0515  20160502-0508  
20160425-0501  20160418-0424  20160411-0417  
20160406-0410  


かめおかゆみこの完全日刊メルマガ
「今日のフォーカスチェンジ」
登録は、こちら

かめおかゆみこ関連の講座・イベント情報は、
こち

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かめおかゆみこです。

2016年5月19日より、このブログのタイトルを、
かめおかゆみこの≪表現する からだとことば≫塾
変更しました。よろしくお願いします。
(旧 かめわざ流「じぶん表現倶楽部」)


6月12日に開催した、4回目の「3分でこころをつかむ!」
ワークショップ。まだ、知名度も低く、告知も充分でないため、
参加者は少ないのですが、毎回、満足度はダントツです。

ちなみにこれまでの関連記事

お役立ち★10の小ネタ
3月ワークの感想
4月ワークの感想

※5月ワークは、感想アンケートを直接いただいたのですが、
 かめおかがまだ転記できていないため、アップできていません。(詫)


そして、6月も、5名の参加での開催。(自分で言うのもナン
だけど、この人数、ちょーぜいたくな環境ですぞ~)(笑)

そして、この日も、前3回とはまたちがった内容になっちゃっ
たのです。どんだけ、引き出し、もってるんだ、私!

ってゆーか、参加者さんを見ながらワークをやるから、まっ
たく同じ内容になることって、たぶん、ないと思うのですね。


今回は、ほとんどのかたが、何らかのかたちで、すでにひ
とまえで講師やファシリテーターをやっているひとか、もしく
は、今度やることになっているひと。

それだけに、ものすごーく、実践的な内容になりました。

今回も、いただいた感想をもとに、内容を紹介していきます。


「安心感」を持てる場づくり 

かめおかゆみこさん(以下、かめさん)に出会って、まる2年。
「聴くを磨く」講座などを通して、かめさんワールドに親しん
できました。

そして、「きちんとやらなきゃ」「こうあるべき」など…私の今
までの生き方、物事のとらえ方のくせを発見!それととも
に、どんどん楽になっていく自分を実感しています。

この夏、小セミナーを企画していたタイミングで、「3分でここ
ろをつかむ!かめわざワーク」の開催を知りました。
行くなら今でしょ!

そして、キーワードはずばり、「安心感」(ここで言っちゃって
いいのかしら?)。やっぱりそうなんだ! 

安心感が持てると、自由になれる、自分を発揮できる、楽に
なれる。場のエネルギーが盛り上がる、みんなで素敵な時
間を共有できる。

私が抱えていた悩みにも、かめさん流のアドバイスをいただ
きました。「どこにフォーカスするか」かな。かめさんエッセン
スたっぷりの小ネタも満載!

ピンときた方、おすすめです。(M・Mさん)



Mさん、オススメまでしてくださって、ありがとうございます。

そう。「安心感」って、いまもっとも大切にしているキーワード
かなあって、思います。とくに、ワークの入り口においては。

これって、講師がいくら、「大丈夫ですよ~」と口で言っても、
だめなんですね(笑)。でも、安心を感じるワークをいくつか
やるだけで、自然にこころは安心感で満たされる。


この日は、前半は、小一時間のレクチャーののち、一人ひと
りに前に出てもらって、それぞれの「講義」や「お話」をして
いただきました。

それにたいして、私がコメント。そして再トライ。すると、ぐん
と、表現力が進化していたり、伝わりやすくなっていたりする
んですね。

これを、5人全員が体験しました。まさに、少人数ワークな
らではの特権!(笑)

そして、私自身、こうやって、具体的にそのひとのやりかた
にアプローチして、そのひとのよさが生きるかたちでかか
わる
ことが、本当に好きなんだなあと実感しました!


明日も、つづきをアップしますね。お楽しみに!


お知らせ

7月ワークの予告は、こちらです。
いまのところまだ少人数。おトクかも?!(笑)


なお、7月で体験講座を終了する予定でしたが、もう少し
たくさんのひとに体験していただきたいので、8月もう一回
だけ、開催することにしました。秋からは、連続講座にす
る予定です。詳細は近日中に告知しま~す。

大阪で「3分でこころをつかむ!」ワーク開催決定です!
詳細は近日中に告知しますが、日付だけ先にお知らせしま
すね。7月31日です。ぜひカレンダーにチェックよろしく


かめおかゆみこの完全日刊メルマガ
「今日のフォーカスチェンジ」

登録は、こちら

かめおかゆみこ関連の講座・イベント情報は、
こち


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かめおかゆみこです。


夢実子さんとかめおかゆみこの2人3脚企画。天童で
産まれ網走で活躍した、中川イセさんの半生を描いた

語り劇「零(zero)に立つ
~激動の一世紀を生き抜いた中川イセの物語」


ただいま、メインブログ「夢実子「語り劇」プロジェクト」
にて、物語版「零(zero)に立つ」を連載中です。

こちらのブログでも、週1回程度、経過報告をしていき
ますね。お楽しみに!


語り劇『零(zero)に立つ
~激動の一世紀を生きた中川イセの物語~』

日時/2016年8月27日(土)18:00開演
会場/シベールアリーナ(客席数522)
観劇料/3000円(当日3500円)


チケット発売は、本日、6月20日より!
オフィス夢実子(事務局・菅野)080-6020-8837
     メール・zeronitatsu@yumiko333.com
シベールアリーナ 023-689-1166
八文字屋POOL(山形市) 023-622-2150
TENDO八文字屋(天童市)023-658-8811、
「零(zero)に立つ」実行サポーターズメンバー、他



こちらが、ポスターです。


こちらが、ちらしのおもて・裏♪

 


そして、チケット♪


この背景の、わきたつような雲の感じが、どこまでもまっ
すぐに、自分の道をきりひらいていった、中川イセさんそ
のもののような感じがしてしまうのですね。

昨年の網走初演(8月)も、天童公演(12月)も、たくさんの
かたの応援・支援で、満席での本番を迎えることができま
した。ありがたいことです。

今回も、すでに、神奈川からも見に来てくださるかたが、
いらっしゃるとのこと。本当にありがたいです。(網走公演
のときには、大阪からいらしてくださったかたも!)


ぜひ、ご覧にいらしてください。お待ちしています


物語版「零(zero)に立つ」も、好評連載中

毎週土曜日、それまでのあらすじをアップしています。
途中からのかたは、ぜひここからお読みください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かめおかゆみこです。

2016年5月19日より、このブログのタイトルを、
かめおかゆみこの≪表現する からだとことば≫塾
変更しました。よろしくお願いします。
(旧 かめわざ流「じぶん表現倶楽部」)


2015年10月22日に家族になった、もと野良にゃんこ。
「今日のマル」 ←こちらをクリックしていただくと、
関連記事を、連続してお読みいただけます。

4月6日から、フェイスブックで、毎朝、マルくんのひとこ
とふうのコメント
をつけて掲載しています。  


今週はばたばたしているうちに、週が変わってしまう~。
せ、先週?の「おはよう!PHOTO」~


 

おはよう! 蹴り!蹴り! 噛み!噛み! 朝の運動ちう。
今日のマル★20160606





おはよう! 今日は、こいつに、制裁を加えてやる!
今日のマル★20160607




おはよう! ひざに乗ろうと思ったのに、はみだす! なぜだ!
今日のマル★20160608

※飼い主注)アンタがでかすぎるからです。





おはよう! 寝返り打ったら、足踏んだ。まっ、いっか!
今日のマル★20160609

  



おはよう! おれって、けっこうオトコマエ…
あっ、全身は撮るなって! 

今日のマル★20160610





椅子の下が、最近お気に入りの寝場所。
たまに飼い主に蹴られるけど!

今日のマル★20160611




おはよう! キャップのやつが、この下に逃げた! 
今日のマル★20160612




マルくんのただいまのマイブームは、紙ちぎりと、キャップ
いたぶりです(笑)。はい、抵抗しないものにたいしては、
とことん容赦ないのでした。(爆)


つめとぎ器も、被害者(?)のひとりです。何せ抵抗できませ
んからね。つめをとがれるのはしかたないとして、なぜか、
ちぎられるんですね。(笑)



というわけで、よれよれの7点を処分し、まだ使える2点と、
あたらしい2点で、しばし、マルくんにおつきあいいただき
まあす。



ではでは、また~♪



「おはよう!PHOTO」

20160530-0605  20160523-0529  20160516-0522  
20160509-0515  20160502-0508  20160425-0501  

20160418-0424  20160411-0417  20160406-0410  



かめおかゆみこの完全日刊メルマガ
「今日のフォーカスチェンジ」
登録は、こちら

かめおかゆみこ関連の講座・イベント情報は、
こち

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かめおかゆみこです。


夢実子さんとかめおかゆみこの2人3脚企画。天童で
産まれ網走で活躍した、中川イセさんの半生を描いた

語り劇「零(zero)に立つ
~激動の一世紀を生き抜いた中川イセの物語」


ただいま、メインブログ「夢実子「語り劇」プロジェクト」
にて、物語版「零(zero)に立つ」を連載中です。

こちらのブログでも、週1回程度、経過報告をしていき
たいと思います。


語り劇『零(zero)に立つ
~激動の一世紀を生きた中川イセの物語~』

日時/2016年8月27日(土)18:00開演
会場/シベールアリーナ(客席数522)
観劇料/3000円(当日3500円)

チケット発売開始は、6月20日!


物語版「零(zero)に立つ」

~これまでのあらすじ~

第1章
 いせよ誕生 
    
明治34年(1901年)、今野安蔵・サダの娘として、いせ
よ(のちの中川イセ)誕生。サダは、産後の肥立ちが悪く、
死を予感。ヤクザものの安蔵にあとを託すことを怖れ、
佐藤コウに里親になってくれるよう頼む。サダは、イセが
2歳になるのを待たず死去した。


第2章
 差別と貧しさのなかで(2016.6.3掲載ぶんまで) 
     10 

安蔵は育て賃を拒否したが、イセは佐藤家の里子にな
ることができた。 佐藤家は貧しく、イセはまわりから、
「里子だ」「貧乏人の子」だといじ められるが、コウの愛
情、親友になった渡辺みよしの存在、そして負けず 嫌
いの性格で、それをはね返していき、小学校でも頭角
をあらわしていく。


そして、今日はもうひとつご報告。

公演会場であるシベールアリーナさんが発行する通信
「びっくり箱通信」の6月号に、オフィス夢実子の名前で、
「零(zero)に立つ」公演の情報が掲載されました



掲載後、シベールアリーナの担当のかたが、 「(記事の)
評判いいですよ」とお知らせくださり、 大変うれしいです。

以下に、全文を掲載しましたので、よかったら、お読みく
ださい。



全文(改行をくわえてあります)

太平洋戦争末期、北海道・網走。
人々は、アメリカ軍が上陸してくるという噂に震えあがった。
その時、一人の女性が立ち上がった。
「私がおとりになります!皆さんは逃げてください!」
…それが、天童市出身で、のちに網走開拓の母と呼ばれた
中川イセ(旧姓・今野いせよ)であった。

1歳で実母と死別。里子に出され、 貧しさと差別に満ちた
幼少時代を過ごし、17歳で未婚で出産。
養育費を捻出するため、みずから北海道の遊郭に身を投
ずるも、 持ち前の負けん気と創意工夫で借金を返し、
戦後は網走市初の女性市議会議員となる。

7期28年を務めて引退した後も、人権擁護の活動を中心に
弱い立場の人を守ることに生涯を捧げ、 網走市名誉市民
となって105歳で永眠。
明治から平成、激動の時代を怒濤のように駆け抜けた。
冒頭の逸話は「まるで和製のジャンヌダルク」と語りつがれる。

そのイセの半生が、2015年、「語り劇」として蘇った。
スカッと笑えて、クスッとうなずき、生きる勇気が湧いてくる。
演ずる夢実子も、イセと同じく天童市出身。
昨年8月・網走、12月・天童での公演はともに満席。
新聞各紙掲載のほかNHKでも特集が組まれた。
その舞台がいよいよシベールアリーナに!
                  (オフィス夢実子 今田由美子)


今後とも応援いただけたら、うれしいです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かめおかゆみこです。

2016年5月19日より、このブログのタイトルを、
かめおかゆみこの≪表現する からだとことば≫塾
変更しました。よろしくお願いします。
(旧 かめわざ流「じぶん表現倶楽部」)


2015年10月22日に家族になった、もと野良にゃんこ。
「今日のマル」 ←こちらをクリックしていただくと、
関連記事を、連続してお読みいただけます。

4月6日から、フェイスブックで、毎朝、マルくんのひとこ
とふうのコメント
をつけて掲載しています。  


先週の「おはよう!PHOTO」~



おはよう! やはり、新聞は、朝採りにかぎる。
今日のマル★20160530

※飼い主注)読んでる最中の新聞を食いちぎられました…。

  



おはよう! 今日も、キャップのやつを、いたぶってやる!
今日のマル★20160531





おはよう! あ、写真は、事務所の許可とってからな!
今日のマル★20160601



おはよう! なんか、めっちゃ、丸い顔で撮られた!

今日のマル★20160302

  



おはよう! オレのハラにほれるなよ。
今日のマル★20160603



おはよう! 獲物、捕ってきてやったぜ。ほうびを寄こせ
今日のマル★20160604
※飼い主注)最近、猫のおもちゃをくわえて、
椅子の下にもってくるのが、マイブームちう。


おはよう! 今日の獲物。
丸いやつ。ピンクのやつ。へんな鳥。以上!

今日のマル★20160605





写真を撮って気づくことは、マルくんは、なんと表情ゆた
かなんだろうということです。今週も、ちょっと不遜な顔か
ら、愛嬌のある顔まで、本当にさまざまです。


それと、やはり基本はビビリ。ペットボトルのキャップや、
新聞紙には、平気でおそいかかるのに、(笑)


ピンクの猫のおもちゃも、変な鳥?のおもちゃも、最初
に見せたときは、「フー」でしたからね。見慣れないもの
は、すべて警戒してかかります。


ピンクのは、4月22日、マルくんの誕生日にプレゼント
したものなのです。

誕生日のプレゼントの反応は…

買ったものの、むだになっちゃうかと思っていましたが、
最近、やっと遊んでくれるようになって、ほっとした飼い
主なのでした~。(笑)



「おはよう!PHOTO」

20160523-0529  20160516-0522  20160509-0515
20160502-0508  20160425-0501  20160418-0424
20160411-0417  20160406-0410  



かめおかゆみこの完全日刊メルマガ
「今日のフォーカスチェンジ」
登録は、こちら

かめおかゆみこ関連の講座・イベント情報は、
こち

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かめおかゆみこです。

2016年5月19日より、このブログのタイトルを、
かめおかゆみこの≪表現する からだとことば≫塾
変更しました。よろしくお願いします。
(旧 かめわざ流「じぶん表現倶楽部」)


レポート その1 その2 その3 その4

わずか1~2分で、そのチームの魅力的なところを見つける!
これって、まさに「GOOD&NEW」そのものかもしれません。

「GOOD&NEW」とは、できるだけ最近あった、うれしいこと、す
てきなこと、楽しいことなどを、シェアすること。よく、ワークの
最初に使って、みんなの気持ちをもりあげます

どんなところを見ているかというと、(順不同)

お話に独創性はあるか
ストーリーに一貫性はあるか
テーマがしっかり表現されているか
生き生きと表現しているか
キャラクターに個性はあるか
感情表現はゆたかか
ダイナミックに、からだが使えているか
個々の人物が活かされているか
細かい動きをていねいにやっているか
舞台全体の使いかたに工夫はあるか
小道具などの工夫はあるか
お互いへの気配りはあるか
表現することを楽しんでいるか
チームワークはとれているか
姿勢・発声・滑舌などはどうか


ほかにもあるかもしれませんが、こんな感じです。

もちろん、短時間で、これらすべてができないことはわか
っていますが、逆に言えば、どれかひとつでもできていれ
ば、そこが、「いいね!」と言える部分になります。

また、私自身も、これらすべてを網羅して、見ていることは
できません。だから、ひとつでも該当するところから、意識
して記憶しておくことになります。


逆に、改善点は、これらのなかの、足りていない部分に注
目すればいいわけです。

短い時間では、すべてを伝えることはできません。だから、
ここを変えれば、きっともっとまとまる、とか、もりあがると
いうところを、伝えていくわけです。

たとえば、こんな感じです。(実際にこう言ったというより、い
くつかの例を組み合わせたものです)

まず、魅力的なところを伝えるとき。

「うん、なかなかおもしろい展開だね。いきなり結論が出ち
ゃうのではなくて、ここで一回もめるところがいいよね。対立
するAとBのキャラクターもはっきりしているし、この△△と
いうキャラクターも、出番は少ないけど、ユニークだよね」

「この、~~という発想はとてもいいね~。中学生ならでは
のアイデアという感じ! これ、深めていったら、もっともっ
とおもしろくなるよ! ナレーターがいるので、お話の流れも
よくわかるし、小道具を工夫しているのも、いいね」

こんな感じですね。どんなに時間がなくても、ひとことでもい
いから、魅力点を伝えるのは、とても大切だと思っています。


そして、改善点を伝えるとき。

「このテーマで、この展開になるなら、ラストは、もっとはっ
きり表現するといいよ。このキャラクターがキーマンになる
んじゃないかな。ここにつながるように伏線をはるといいよ」

「この見せ場で、登場人物がかぶっちゃうのはもったいない
なあ。センターも空いちゃってるから、まずここは埋めよう。
導線が整理されていないから、出口入り口を決めよう」

「前半はもリあがるんだけど、このひとたちが、ここでしか登
場しないのはもったいないな。せっかく出るんだから、もっと
見せ場をつくろうか。この場面で、△△役で出るのはどう?」


ストーリーがある程度できているときは、流れがより通るよ
うに。人物設定があいまいなときは、そこをしっかりと。

一部のメンバーでもりあがってしまい、他のメンバーがちょ
っと置き去りにされてるっぽいときには(笑)、みんなが活躍
できるような場面を考えることもあります。

基本は、私があたらしいアイデアを思いついて伝えるのでは
なく、あくまでも、いま演じられているシーンを前提として、そ
のなかから、こうしたらもっとよくなるという方向を考えます。

そして、時間が残っていれば、提案したことを実際にやって
もらって、イメージをはっきりさせます。


これらすべてを、5分でまとめていくのですから、迷っている
ひまがありません。直感をフル回転させて、ぽんぽん繰り出
していきます。

すごく的確なコメントが言えて、その瞬間に、一緒にもりあが
ることができるときもあれば、私はいいなと思っても、生徒の
ほうが、ぴんとこず、採用されないこともあります。(笑)

はい。提案はするけれども、採用するしないは生徒の自由。
また、言ってない展開になってもOK。発表にたいして、よっ
しゃ、やろうと、気持ちがまとまることが大切なのです。

そこに、ひとつでもふたつでも、ヒントになることを伝えられ
たら、私の役割は何とか果たせているのではないかな、と
思うのです。

ですから、私にとっても、とても集中と緊張を必要とする時間
なのです。そのなかで、1チームでも、活気づいてくれること
が、よろこびでもあるのです。


さて。今日で終わるつもりでしたが、まとめと、生徒の感想を
いくつか紹介したいので、もう1回だけつづけますね。


かめおかゆみこの完全日刊メルマガ

「今日のフォーカスチェンジ」

登録は、こちら

かめおかゆみこ関連の講座・イベント情報は、
こち


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
かめおかゆみこです。

2016年5月19日より、このブログのタイトルを、
かめおかゆみこの≪表現する からだとことば≫塾
変更しました。よろしくお願いします。
(旧 かめわざ流「じぶん表現倶楽部」)


レポート その1 その2 その3 

コン、コン…と、ドアの向こうから、ノックの音。

はい、どうぞ~」と私がお返事すると、ぞろぞろと、チー
ムのメンバーがなだれこんできます。

「よろしくお願いします
「は~い、よろしくお願いしますね~

このときの雰囲気で、チームの進捗状態が大体わかります。
いい感じで稽古ができているチームは、活気があります。
何か停滞しているチームは、声にもちからがありません。

だからでしょうか。約1時間半の稽古時間のうち、本当なら、
いつ、かめおか室(べや)にくるかによって、完成度は変わ
るはずですが、ここが実におもしろいのです。

「まだ途中までしかできてません」とか、「結末が決まって
ません」と言うチームも多いですが、この短時間でやるの
ですから、それって、ある意味、想定内。

しょっぱななのに、もうある程度、骨格ができあがっている
チームもあれば、もう終盤になるのに、まだかたちになって
いないチームもあります。そんなときはアセアセです。

上演時間は、せいぜい2分。なので、引き出しかたのうまい
リーダーがいれば、さくさくまとまっていきます。

リーダー格となるひとがいなくても、一人ひとりが主体的に
かかわっていれば、何とか、何かのかたちにはなります。

とにかく、チームがひとつのシーンをつくるために、ひとつ
になれているかどうかのほうが、ポイントなんです。

それって、当然ながら、日常の演劇部の活動でも、同じこ
とが言えます。一人ひとりが、どれだけ主体的な意識をも
てるかが、最大の焦点なんです。


まずは、あいさつもそこそこに、できているところまでを、
やってもらいます。途中まででもかまいません。


このかん、大体1~2分。ここで、3分近くになっちゃうチー
ムは、残りの時間を食っているので、ちょっとアセアセ。
(時間感覚はお芝居をやるうえで、大切なポイントです)


ここで見るべきは、第一に、そのチームの表現の魅力的

ところ
です。どんなチームにも、すてきなところ、すぐれてい
るところ、ユニークなところなど、特筆すべき面があります。


その部分を、きちんと伝えてあげると、生徒のモチベーション
があがります。とくにこの段階では、たいてい、これでいいの
かなあと、不安に思っている場合が多いですからね。


そして、これは生徒のためだけでなく、指導者にとっても必要
な視点だと、私は思っています。よさやおもしろさにフォーカス
すると、それを伸ばしてやることが可能になるのですから。



それを、30秒から1分くらいでやって、そのチームのモチベ
ーションをあげたら(笑)、次は、改善点の指摘です。


この時点では、もう残り2分くらいになってますから、大急ぎ
です。さっき伝えた、そのチームのよさを最大限に活かすた
めに、とくに修正したほうがいい点を指摘します。


いくつかのポイントがあると思うのですが、以下は一例です。

これは、男の子の多いチーム。中学生男子…、とくに1年生
は、まだまだお子ちゃま(失礼!)。こうした、たたかいのシー
ンをもってくるケースは、けっこう多いです。(笑)


ノリノりで、ありものを使った小道具まで用意しちゃってます。
ほほえましくなっちゃいますね。(爆)




たたかいなどのシーンって、ついつい、わーっとイキオイで
やっちゃいがちなのですが、そうなると、ごちゃごちゃして、
何をやってるかわかりにくくなりやすいです。


そんなときは、殺陣(たて)がわかるひとがいれば、指導し
てもらうといいのですが、ない場合でも、いくつかポイントを
おさえると、けっこう見栄えがよくなります。


たとえば、一斉に全員が動くと、やはりわけがわからなくなり
ますから、ひとつのシーンで動くひとを決めておく。そこが一
番目立つようにして、ほかのひとは動きをおさえる。


あと、同じパターンのやりとりにならないように、上から切り
下ろしたら、次は横とか、やられたと見せて、反撃とか。


それから、私がよく使うのは、スローモーションです。これ
は、1日目のワークのメニューにも入れておきました。


刀さばきなど、イキオイでやると、雑になりがちですが、スロ
ーモーションで、ゆっくり決めると、やっていることがはっきり
伝わるし、かえって、あらも見えにくかったりします。(笑)


ときどき、スピードをもどして、見せ場のところでスローモー
ション…なんて方法もアリですね。(笑)


このチームは、たたかいのシーンで、人物がかぶってしまっ
ていたので、見えやすく動くように整理すること。登場する
人物同士の関係がわかるような説明を入れておくこと。


あと、男の子がノリノリ のチームは、えてして女の子の役割
が雑になっちゃうときがあるので、きちんと女の子の見せ場
をつくること。


このチームには、あまり細かいことは言わず、ダイナミックな
動きを活かして、楽しむことをオススメしました。



さあ。あっと言う間に、5分が経過していました。ドアの向こう
では、もう、次のチームが待っている気配がします。


「終了~。おもしろくなると思うから、顔晴ってね~」と、声
かけすると、「はいっ」と元気な声がかえってきました。


15チームすべての解説をすることはできませんので、あとは、
どんな点に留意して、やりとりをしたのか、要点をまとめて、
あと1回で、このレポートを終了にしますね。お楽しみに


かめおかゆみこの完全日刊メルマガ
「今日のフォーカスチェンジ」
登録は、こちら

かめおかゆみこ関連の講座・イベント情報は、
こち


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。