寒くなると身体が欲するのが、こってり濃厚なとんこつラーメン。

暦の上では春でも、体感温度はまだまだ冬ってことで…。


今年もやっぱり、ここのラーメンを食べずには冬は越せません。


本場久留米の味を再現した、濃厚な旨味の久留米ラーメン(600円)

ここのはこってりでも、塩っ辛くないんですよ。これ重要。

こってりがウリとかいいつつ、単に煮詰まっただけか塩っ辛いのとはちゃいまっせ!

ここに来たらカロリーも何も考えず、スープは最後まで飲み干さずにはいられません。


こってり度数80度は伊達じゃない!


久留米ラーメンのスープに、魚系の旨味がプラスされた豚一ラーメン(700円)も美味。

トロウマなチャーシューと、味玉もついてるし。


久留米ラーメン 豚一

大阪市北区中崎2-1-1 11:30~13:30(平日のみ)、18:00~1:00 

AD

さて、何事もなかったかのようにブログ再開。

新町のカレー屋、ラクシュミ。

結構な人気店で、昼休みの時間帯はいつも大行列。

店内は狭いし、相席も当たり前。

でも自由軒とかより居心地は数段良いので、そんなことは気にしない。


手作り感たっぷりな店内に、これまた手作りっぽい料理。

でも、これがかなり刺激的な辛さの本格派。

スパイシーで、かなりパンチの効いたお味。


ワンプレートにカレー2種とサフランライスとアチャール(漬けもん?)、

そんで普通盛り780円。でもボリュームがとんでもない。

相当空腹で行って何とか完食したけど、夜まで腹に残ってた…。

大食漢以外は無理せず小食サイズにしときましょう。


写真?そんなもん、旨そうなもんを前にしたら大概忘れます。

ま、機会があればってことで。



南亜細亜のカリーとお茶の店 ラクシュミ

大阪市西区新町1-20-17

平日11:30~15:00 土11:30~16:00

日、月、祝日休み

AD
上新庄の人気ラーメン店。

とにかく濃い博多系ラーメン。
若スープ、老スープと熟成度の違う2種類あり。

今回初めて食べたけど、老スープ売り切れで、
食べたのは塩とんこつの若スープ。

若スープとはいえかなり濃厚です。
こってり具合がかなりクリーミー。
ついでにちょい塩っぱめ。

美味しいのはかなり美味しい。
…でも、冬はかなりいい感じと思うけど、
この時期は少々キツいかな…。

毎日食べると中風への道まっしぐら(!?)


博多とんこつ 天神旗
大阪市東淀川区上新庄3-19-87  06-6324-0104
平日11:00~15:00/18:00~3:00 ※麺、スープ無くなり次第閉店
日祝11:00~15:00/18:00~0:00   火休
AD

夫婦でやってる小さい店。もしかしたら地元では有名なのかも。

ディナーはコースのみ。

お気軽ディナーコースは3990円。

アミューズ、オードブル、メイン、デザート、コーヒー、小菓子。
このうちオードブルとメインがチョイスできる。

オードブルに+600円で選べるオマール海老が美味!
値段以上の価値アリ!!


「シェフにおまかせフルコース」で5770円。
アミューズ、オードブル、魚料理、肉料理、デザート、コーヒー、小菓子。

フォアグラがいきなり出てきたりと内容も豪快。
魚料理は鯛だったかな…、あっさりしてて丁度良いボリューム。
肉料理は上品な牛タタキみたいなの。味付けが良いね。
デザートは自家製バニラアイスとかマンゴーアイス、
フルーツたっぷりのパルフェみたいなの。
これがまた良かった~。
もう、ほんまに美味しいし、腹一杯。

ワインはグラスで600円位~。

詳しくないんで判らんけど、お手頃に美味しく飲めました。


店のつくりが手作りメルヘンちっくなのと、サービス担当の
シェフの奥さんが大阪知事似&接客が妙なノリ以外は問題ナシ!



ビストロ バンブードール

吹田市新芦屋上12-12 06-6875-0823

サラリーマン御用達の大阪駅前ビル、
旨いとこはいっぱいあります。

ここは教えてもらっていったとこ。
知らんかったら多分素通りしてます。
梅田の焼鳥屋として、かなりの穴場です。

普通に単品で注文すると、各2本で500円~と結構なお値段。
お酒はお洒落じゃないのが程々に。

ここのお薦めはコースで。
野菜(スティックとキャベツ)、串7本と鶏スープがセットで2000円。

串はつくね、きも、ねぎま、ずり、とり身?、皮、ししとう(順番忘れ)
1本ずつ主人が納得いくまで焼き上げた良い火加減。
素材も上々でした。

どちらかというと、少人数でじっくり語りたい時向け。


曾根崎 起世 3ビル店
大阪市北区梅田1-1-3-B200号 大阪駅前第3ビル B2F
06-6346-5443

ビジネス街に突然現れる、レトロな空間。

ここで食べられるのが、大阪を代表する、昔懐かしのアイスモナカ。

「はい、おおきに。100万円」の化石級のセリフもいかにも自然(?)

最近の乳脂固形分の高いアイスと違って、後味すっきり。

薄いモナカ生地もサクッと良い感じ。

ゼー六 大阪市中央区本町1-3-22  9~18時?

06-6261-2606

自分の金で昼からこの値段はそうは出せません、うな重竹(1890円)。

安い店のひつまぶしより高いです!

その値段も納得の美味しさでした。

江戸前だけに関西風とはまた違った趣きがあって、

たこ焼きじゃないけど、皮はパリパリ、身はふんわりと旨い!


東京の食文化は全面的には肯定しがたいけど、

少なくとも鰻と蕎麦は素直に美味しいな~。



江戸川 新大阪駅2階味道筋 10:00~22:00

そろそろ冷たいうどんが美味しい季節。

ランチタイム過ぎてても、場所柄か、注文→即出しは必須?
生醤油うどん(580円)も出てくるの早い!

それでも歯応えはかなりのもの。グミっぽい感じでもなく、
湯で置きじゃなかったら更に美味しい筈、とも思うけど充分美味しい。
すりごまがあるのは邪道かもしれんけど、個人的には嬉しい。
醤油がフツーの醤油だったのが残念(>_<)
実は温かいうどんの方が美味しそうかも…。

炊込みご飯かいなりが選べる定食、大盛りも同値段なのは嬉しい。
小食な方ですが、大盛りでもつるつるっといけました。


讃岐うどんのやしま 
大阪市中央区船場中央1-4船場センタービル3号館B2F
06-6268-2232 日祝日休

以前ランチで行って、値段相応かなと高をくくってたのが大間違い。

やっぱり美味いです。

ちゃんとディナーで評価しないとダメですね f(^^;



前菜・パスタ・メイン・デザートのカーサリンガコース3200円

(メイン魚は+500円)をペアで。ボリュームが多いのは本当でした。


前菜は魚介と野菜のダイナミックなサラダみたいなの。

いきなりボリュームたっぷりで嬉しい。


パスタはアサリのオリーブオイル系のと海老のトマトソースを、

それぞれ種類の異なる太麺で。

どちらも素材の旨味を活かしたシンプルな味付け。旨い!

ソースをつけてパンが進む進む。


メインは牛ホホ肉と、河豚のハム巻ソテーみたいなの。

ホホ肉は柔らかくて、濃厚な旨味。かなり好み。

ワインめっちゃ欲しくなる。明日仕事じゃなけりゃ・・・。

もう一方はあっさりした河豚が、ハムの塩気とソテーで

しっかりした味付け。豆たっぷりのあっさりソースと合う。


パンお代わりできるけど、調子に乗って食べてると

後で腹がえらいことなります。


デザートの盛り合わせはカラフルで良い感じ。

パンナコッタが濃厚で特に美味しかった。

後はチーズケーキと2、3点。

エスプレッソと共に優雅に。


料理はどれも、食材の味を活かしたあっさりした味付け。

大阪イタリアンらしく、繊細な料理ではないけど、

奇をてらってなくて、安心して食べられる美味しさ。


凝った料理よりは野趣溢れる位の方が好みなので

個人的には将にど真ん中。


腹一杯食べて、ワイン3杯で1万円強。

雰囲気はカジュアルで使いやすいし、良いお店です。


Trattoria al centro  06-6881-2377

大阪市北区天神橋3-10-8与力町スカイハイツ1F


うどん棒(梅田)

テーマ:

梅田で讃岐うどんなら、個人的にはここが1番。

本店は香川の高松市にあるとか。


何が良いかっていりこ出汁。これが旨い!

関西うどんの出汁も好きですが、ここのはかなり好み。

うどんは食感の良い細打ち麺。

ただ単に歯応えがあるだけのグミみたいなうどんとは違います。

 

値段も良心的。大阪で生じょう油うどんが450円ってのが嬉しい。


今回ここでは初めて釜玉うどん(550円)にチャレンジ。

存在感のあるうどんなので、卵と出汁だけのシンプルな

味付けでもやっぱり美味しい!

うどんを食べ終わった後の卵を飲むための出し汁(?)付。

つけ麺みたい。でもこれがまた旨いんですよ、マジで。


昼夜通してセットメニューも数種アリ。

+150円で大盛も可。大食いは是非。


うどん棒 大阪店  大阪駅前第3ビル地下2階

平日11:00~21:00 土11:00~20:00 日休


通販サイト www.rakuten.co.jp/nakaya/    (ジュエリー&讃岐うどんナカヤ

・・・ってこのうえなく胡散臭いw