HUGO

17日で終了するところをギリギリ滑り込みで。

 

そんなに話題にもなってないし、認知度低いのかなーと思ってたら、

予想大ハズレ。ミュージアムに入場前から大行列。展覧会で初めて!

あまり芸術鑑賞とかしなさそうな、子供連れとかも結構いたから、

単に海遊館のついで客も多かったのかも。

 

出品されてたものは、『レ・ミゼラブル』ユゴー自筆校正入り

ゲラ刷り製本とか、、フランス国宝(!)3点を含むユゴーに拘わる物多数。

ユゴーの神経質そうな書簡やデッサンから、ユゴーの愛人からの手紙まで。

 

ロマン派関連物は、ドラクロアやギヨメ等の絵画や、ロダン等彫刻も数点。

ロダンがそんなにユゴーを敬愛してたのは知らなかった。

同時代の楽器やドレス、調度品に写真等々・・・。

 

最初このタイトル見た時は、組み合わせに?も、来て見て納得。

ユゴーの影響力って相当大きかったみたいですね~。

この時代のフランスは、政治運動、文学、芸術全てがリンクしてたんだな~と

改めて感じられました。

それにしても一流どころがよくこんな大勢同時代にいたもんだ・・・。

 

解説は少なかったけど、見応えはありました。

AD