テーマ:

 
 
    
    Lyric Video
 
 
    
    ひとむかしまえのPTAババァ連中が喚きそうなヴァージョン
 
 
    
    OFFICIAL PROMO
 
 
    
    Benny Benassi remix
 

 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「Rolling Stones 今日の一曲」 の記事

テーマ:

 
 
ストーンズの来日はいつなんだよ  
てなわけで、前回、2007年に最終公演だった  
ロンドン O2 Arena からのスタートなのか  
来年は、グラストンベリー・フェスティバルでの噂も  
とにかく7月あたりから動き出して  
ニューアルバムGrrr! はベスト盤であっても、
そこに2曲の新曲 。 
 
予想はしていたが  
音のほうは、いつもどおりな感じがしても  
なんだかドラムがちがくね? 
 
     http://i3.ytimg.com/vi/rPFGWVKXxm0/mqdefault.jpg  
 
あれかね?
仕込みテロの、#911 のあとの、Don't Stop みたい?
最近の日本の、あんまり売れない演歌歌手の曲
どれもみんな似たような感じに聴こえても、そーじゃねーだろ。)
ストーンズの場合は、ぜんぜんちがう。
 
あれかね?
それなりの著名人やら流行り廃りのミュージシャンやらが
原稿料を頂いて、それなりにシタタメタ解説ないと
よくわからないかね? 
 
  おめぇら何年ストーンズ不安やってんだ? (すんませんわたしは80年代からです。)
 
あれかね?
同じく仕込みテロの、#311  
震災づかれ?
もしくは、ただいま上映中、
放射能汚染スパイラル エキストラ さんですか?
 
そんなことないよね?  
 
ちょっと訳してみた  
こんな感じで。
 
  2012 - Song Lyric  
 
どうよ?
あれですよね、アレ。(☜通じるでしょ?だいたい。)
歌詞のところどころにストーンズの歴史がつまってる感じ♫
Gimme Shelter  とか、Sitting on a Fence  とか‥ 
するでしょ? 
 
そのほか‥
暗い部屋で?すべてのドアをロックして?
どっかで聞いたことあるようなフレーズじゃね?
ダニーボーイに耳をふさいで?』  
おいおい、そりゃ何時代だ。 
 
どこの誰がおれたちの歌の何をパクろうが、  
 おれたちは今まだ現役だぜ。
 カネもらってるかぎり素人じゃねぇんだよ!」
 by Keith ☜うそうそ
 
この楽曲 に秘められたさらにスゴイところは、
キースさんの自伝Life にも書いてあったんだが、 
かつて黒人音楽の発展が
あの、ニューオーリンズ から シカゴ まで 
ミシシッピィ河で結ばれていたという、
それはストーンズの原点でもある。
 
  http://i1.ytimg.com/vi/TZg4Ai3Mq1o/mqdefault.jpg  
 
彼らは今のニューオーリンズ が復興される以前に 
  
  http://i3.ytimg.com/vi/vUqhdjdJI4w/mqdefault.jpg  
 
ツアー中にチャリティ・シングルを出し  
今も彼らの音楽性に受け継がれる、
人間が生きるための音楽の源流が、
今回のニューシングルの曲づくりにも込められている。
 
忘れてはいけないんだ、
自分が今日ここへ、なぜ存在しているのか?
そして何のために、なにをやりつづけているのか? 
 
そういう意味で、The Rolling Stones というバンドは、
どんなに時代が変わっても解散はしない。
決して世の中の底辺で生きる者を見捨てない。
自分たちも見捨てない。
常に、
 
  イエローページひらいてみろよ 
  そこへ、おれたちの職業欄もあるだろ 
  いつでも来いよ、歌ってやるから
 
  Thru and Thru』 の‥要約な。)  
 
だから、ベスト盤 なの。 
英米日のワールド・トレンドなファンのみなさんが
何十枚と買い集めたストーンズのCDや中古レコードの中に
ミックス違いではない、同じ曲が重複するベスト盤
どんなに棄てずに大切に保管されていても
まだ何も、ストーンズの音を知らないヒトは大勢いる。
だから、ベスト盤 なの。 (いやぁそうじゃないかもな。)
 
 
  まぁ、そういうことにしといてくれ! 
 

 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 

 
 
ドラゴン村上とかいう作家さんが書いた同名タイトルの小説は
まちがっても読んだことねぇんだけど  
ja.wikipedia.org/wikiwikipedia.org/wiki/コックサッカー・ブルース  
そんな紛らわしいモノには関係なく  
ストーンズ・ファンとしては
いろいろと気になる未発表音源てのが多いよな。  
そのぉ~
1970年の流行り廃りにフヌケた音源じゃなくって‥  
その後、2回、1978年に録音されてる(?)  
www.nzentgraf.de/books/tcw/1978.htm
7月20日はここ で。
 
つーことで、
20th July '78: Dallas, Texas, Fairmont Hotel, Suite 2100.  
Unverified Jam-session incl.  
という、その日の模様を再現すべくして
作曲者名をたどりながら
当時のセットリストのイメージとなる、人間の音 をひろってみた。
 
 
1) Do You Think I Really Care (Mick Jagger/Keith Richards/Ronnie Wood)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=-dhojvnrY3Q&fmt=18
 
2) High And Lonesome (Jimmy Reed/Jimmy Bracken)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=VJVf5d1uBaI&fmt=18
 
3) Little Rain (Jimmy Reed/Ewart Abner)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=KDz1t3eVKPc&fmt=18
 
4) Back In the USA (Chuck Berry)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=sla9fAB_HQk&fmt=18
 
5) Blue Moon Of Kentucky (Bill Munroe)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=pZWXpmbu4Z4&fmt=18
 
6) Mystery Train (Herman Parker/Sam Phillips)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=4X7e1rqBJJA&fmt=18
 
7) Maybe Baby (Charles Hardin Holley/Norman Petty)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=yohjTAbMqLI&fmt=18
 
8) You Don't Have To Go (Jimmy Reed)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=w2Bidvw0JcM&fmt=18
 
9) Big Boss Man (Luther Dixon/Al Smith)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=Dd-o_kLONVI&fmt=18
 
10) Got No Spare Parts, Got No Oil To Change (Mick Jagger/Keith Richards)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=XbQaio1aRmU&ob=av2n&fmt=18
 
11) Bright Lights, Big City (Jimmy Reed)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=qyZmeR2yqso&fmt=18
 
12) Cocksucker Blues (Mick Jagger/Keith Richards)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=UVVpAAQ1eWc&fmt=18
 
13) Do You Think I Really Care ? (Mick Jagger/Keith Richards/Ronnie Wood)
 
    Sample:www.youtube.com/watch?v=J8efz6l-qVk&fmt=18
 

以上。
 
データでは
Line-up: MJ (voc, harp)/RW (gtr)/Ian McLagan (p)/Chet Flippo (perc)
www.nzentgraf.de/books/tcw/1978.htm
USツアー中の宿泊先のスウィートルームでのSessionで
ミック・ジャガーさんと Ronnie Wood さんのほかに
Ian McLagan さんのピアノと
Chet Flippo さんというひとのパーカッションのシンプルな構成で
当時メンバーになりたてのロニー・ウッドさんと
親睦を深める会(?)のようなセッションだったのか‥
われらが Keith Richards さん は現場にいなかった様子なので
もしこの日の音源が世の中に存在していたとしても
 
 
    どうしても聴きたい! 
 
 
というほどでも‥ないな。
 
パーカッション奏者としてクレジットされた、
チェット・フリッポさんてのはミュージシャンというより 
テキサス出身のローリング・ストーンズ誌関連のインタヴュアー でしょうか‥
GRACELAND ~ グレースランド - エルヴィス・プレスリーの遺産
という豪勢な本を1995年に出版 していて
アリゾナでのステージとテレビ放送GiGを前日に控えたこの日は
ツアー中のアーティストへ密着取材でもしていた、
もともとミュージシャン系の方なのかなんなのか‥
 
  あんたも一緒に楽しめ! “Mind Resolve” ~ 世の中には Talk Is Cheap より Main Offender のほうが優れたアルバムだってことが わからない人間が多いらしい。-jagger200  
 
アメリカ大好き人間のミックさんにけしかけられ
身近にあるモノを適当に叩いただけでしょうか?
 
ただ、この1978年の夏を迎えた頃の音楽業界ってのは
ジミー・リードさんとエルヴィス・プレスリー
1976年と1977年に亡くなられてまだまもない頃だったので
そういう方々を偲んでのブルージーなセッションだったのかもしれない。
 
 
 
 
    The Rolling Stones - Hound Dog
 
        The Rolling Stones - Hound Dog  
 
 
 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
 

 
 
    SOME GIRLS TO BE RELEASED THIS NOVEMBER
    http://www.rollingstones.com/news/some-girls-be-released-november
 
 
誰の脳ミソの構造がどうあろうと 
人間の耳につながる腰にあるふたつの腎臓が 
全身に流れる血液をキレイに掃除して 
全身筋肉を司る肝臓機能を補佐している仕事の、その一秒毎に 
その肉体に最初っからくっついてるはずの両耳を通して聴く音が 
その肉体を動かす精神を安定させる。
 
それを創った側も
それに出逢った側も 
常に聴く者の肉体の細胞の末端まで活かすほど 
ひとつどこかで産み出された楽曲が
たとえどこか未完成なようでも 
何回と聴いても聴くたびに違う作品の数々‥ 
 
どっかの誰かに関係なく  
どんなに得意になって Bootleg そろえてても 
正規音源をマトモに何千回も聴いているほうが 
はるかにアーティストの本質に近づける。 ‥近づいてどうなるということでもない。) 
 
ところが!
ストーンズ野郎としての出だしが中学生の頃の
Tattoo You (1981)からのおれの場合、
Their Satanic Majesties Request (1967)と 
Some Girls (1978)の二枚のアルバムは正規版を聴く前に
ほとんど Bootleg 音源から入ってしまった野郎なので (ごめんなさい。)
ジャケットを始めて手にした新鮮な気持ちなんてのもワカラズ、
曲順から曲目から演奏タイムから何から 
正規のオンナたちと  
雑音の多い阿婆擦れな Outtakeの数々が
アタマん中でゴッチャになっちまってる。
 
  そんな不幸なことはない。
 
だから、Bootleg なんて聴いちゃダメだっ‼  
 
 
    女たち<スーパー・デラックス・エディション>(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]
 
    The Rolling Stones - Some Girls: Super Deluxe Edition Box Set on Limited Edition 2CD + DVD + 7" Vinyl
 
 
てなわけで、
前回の、1972年から40年後(?)New Exile につづき、こんどは 
Some Girls のオフィシャル版の収録モレと併せたリイシュー盤が出るってことで 
The Rolling Stones のファンとしては絶対に見逃せない内容が
Was Not Was の、あのオヤジの策略なのかなんなのか‥ 
なにもしらないヒトには
レコード会社が喜ぶアフィリエイトに近い感じのページにしか見えないかもしんねぇけどな。
 
その、The digital edition contents are identical to Discs 1 and 2 っていう、
デラックス盤 てのには
 
  なにが入ってるんだよ!
 
 
 The vinyl edition contents are identical to Disc 1:
 
  01. Miss You
  02. When the Whip Comes Down
  03. Just My Imagination (Running Away With Me)
  04. Some Girls
  05. Lies
  06. Far Away Eyes
  07. Respectable
  08. Before They Make Me Run
  09. Beast of Burden
  10. Shattered
 

 Disc 2 - Extras: Previously Unreleased Songs 
 
  01. Claudine 
  02. So Young 
  03. Do You Think I Really Care? 
  04. When You're Gone 
  05. No Spare Parts 
  06. Don't Be A Stranger 
  07. We Had It All 
  08. Tallahassee Lassie 
  09. I Love You Too Much 
  10. Keep Up Blues 
  11. You Win Again 
  12. Petrol Blues 
 

 Plus:
 DVD, Hardback Book, Helmut Newton print, 5 postcard set, Poster
 7" Single;Vinyl :A1. Beast of Burden/B1. When the Whip Comes Down
 

 
という、それなりに 豪華な内訳らしい。 
問題は!今回の Disc 2に収められた、
So Young の一曲を除いては1978年から2011年まで
オフィシャルには未発表だった楽曲の数々。
とくに我らが Keith Richards の歌うWe Had It All (TROY SEALS / DONNIE FRITTS)
Some Girls 』というアルバムそのもの1978年の発売なのに
幾つかのデータでは1979年頃にスタジオ収録されたということになってるので
どうしてここに? それ以前の音なのか? という疑問もある。)

これが今日まで、なんで?どうして?というほど 
お蔵入りのままだった珠玉の逸品。
これを音質を向上させたオフィシャル音源で聴くことができる!
っつーことわっ‼ 
 
  今日まで生きていてヨカッタ! 
 
という瞬間が確実に眼の前にあるんだよ。
 
そのほか、
Don't Be A Stranger
Keep Up Bluesと題された2曲が新たに発掘されて、
ドン・ウォズさんのミキシングルームへ運ばれた音源なのかどうか? memo :2011-11-18  
それ以外も、海賊音源のOuttake集でさんざん聴いてしまったにしても
20世紀から21世紀にかけての今日まで
流出音源が何テイクもあるClaudine や、
今回の再発に兼ねての New Single となるらしき、No Spare Parts
映画キョ乳をビジネスにした男の遠藤さんには関係なく、
楽曲のワーキング・タイトルがYellow Cabだったの?という、
Do You Think I Really Care? ☝‥べつに日本人のオンナ達にケンカ売ってるわけじゃねぇよ。)
アルバムSome Girls に入っていても不思議ではない感じのロック・ナンバーTallahassee Lassie
ストーンズらしいブルース・ナンバーWhen You're Gone
ジャガーさんとキースさんのデュオが輝くカントリーの名バラードYou Win Again
という、
当時の未発表作としては
どれをとっても「今さらかよ!」とは云えない内容。
 
ただねぇ‥できることなら、
Everlasting Is My Love
Misty Roads
Some People Tell Me
What's The Matter
という完成度の高い楽曲も
今回だしおしみしないでミキシングしなおして収録してほしかった。
 
    そのうち出るの  
 
 
 
 

sauce:
IORR.org:talk;
tracklist Some Girls reissue
 
http://www.iorr.org/talk/read.php?1,1491329
StonesNews-Dot-Com;
October 30 - the bonus tracks & October 22 - new track from some girls: no spare parts

http://stonesnews.com/index.php 
Badlands
http://www.badlands.co.uk/Items/RSSGDEL?&caSKU=RSSGDEL&caTitle=Rolling%20Stones%20%20-%20Some%20Girls%20Super%20Deluxe%20Edition%20NEW%202CD/DVDCD 1: Remastered Original Album
MusicDirect.com
http://www.musicdirect.com/p-56942-the-rolling-stones-some-girls-super-deluxe-edition-limited-edition-2cd-43-dvd-43-7-box-set.aspx
The Second Disc
http://theseconddisc.com/2011/10/20/shattered-again-rolling-stones-unveil-complete-some-girls-track-listing-for-box-set-deluxe-edition/
Consequence of Sound
http://consequenceofsound.net/2011/10/check-out-the-rolling-stones-no-spare-parts/

star103fm.com:Rolling Stones: Some 12 Other Tracks
http://www.star103fm.com/news/entertainment/celebrity-news/rolling-stones-some-12-other-tracks/nFHmw/
 
 
 ----------------------------------------------------------------
 
 
女たち<スーパー・デラックス・エディション>(DVD付)/ザ・ローリング・ストーンズ
¥12,600
Amazon.co.jp

 
 
いいね!した人  |  コメント(37)  |  リブログ(0)

テーマ:

 
 
 
 
    Charlie Watts & The A,B,C & D of Boogie Woogie @ New Morning, Paris Oct 03 2011
 
 
 
 
    Charlie Watts and the ABC&D of Boogie Woogie - Paris, Oct. 2, 2011 - Pt.2
 
 
 
 
   Relations;
 
  bit.ly/RollingStoned_en !! 
 
  The Rolling Stones 50th year ANNIVERSARY is pleasure now. 
 
 
 ---------------------------------------------------------------- 
 
 
    ブギー・4・スチュ [Limited Edition, SHM-CD]
       ブギー・4・スチュ [Limited Edition]
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。