テーマ:
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
太陽か月が自分の顔になるとしたらどっちがいい?  陰陽☂ネタ:太陽か月が自分の顔になるとしたらどっちがいい? 参加中 
 
 
 
 
 
 
 
 
    今日が今日で終わらない理由  
 
 
 
 
 
 
 
         TheKillingMoon
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 
 
    attack sub : 醜き欲望の豚ども ~ 必要以上の美貌、必要以上の経済、必要以上の知識は すべて己の敵となる。 
 
 
 むかし むかし、そのまたむかし
 人間という生き物の、その一部の者たちが 
 腹が減ったので山で捕まえたイノシシを食べてみました。 
 その臭いも食感もクセのある野生動物の肉だったので 
 どうにも食べづらかったのですが 
 人間という生き物は、幾匹かのイノシシを無理やり
 自然界から盗り押さえ、人里まで持ち帰りました。 
 そうして人間という生き物は、
 自分たちで食べやすい肉質や味になるように工夫して 
 それらのイノシシという野生の生き物に様々な餌を与えました。
 やがて、それらが子孫を産まされ また次に子供を産んで
 そうして何百年もしないうち、その生き物は 
 野山に生息していたイノシシという動物とは別の
 ブタという得体の知れない生き物として出来あがりました
 
 勝手に生態を捻じ曲げられた生き物でも
 神に似せて創られたとされる人間という生き物 が改良したためでしょうか…
 その、ブタという生き物は すべて
 キレイ好きな性質だったので 
 世の中に様々ある雑菌や細菌、ウィルスといった、
 そうした病気の素になるモノには
 とっても弱い生き物になっていました。 ブフィヒィ~  
 それでもその生き物は食べることが得意だったので 
 なんでも食べました。
 ガツガツ、ブクブク、がつがつ、ぶくぶく、ガツガツ、ブクブク 
 水も飲みました  
 ガブガブ、ぶごぶご、がつがつ、ブクブク
 本も食べました  
 がつがつ、クチャクチャ、ガツガツ、ぶくぶく
 ブタにとって生きるためには役に立たない、何千万巻という経文・経典も食べました。
 ガツガツ、フガフガ、がつがつ、BookBook… 
 世界中にバラ撒かれた聖書も医学書も、科学事典でも なんでも、残さず食べました。
 がつがつ、ムシャクシャ、ガシャガシャ、ぶくぶく… 
 なんでも食べて食べて 食べまくって元気に育ち 
 どのブタも ブクブクと太り、
 知識も態度も暮らしぶりも 
 まるまると肥えた状態の生き物になりました  
 だから ブタという生き物は 
 それからの世の中に どんどん増えてゆきました。  
 ですが、世の中にブタという生き物が増えるほど
 食べ物がなくなり 
 遂には人間を食べてしまうブタが現れるようになりました。 
 
   エサねぇんだからよ  
 
 ガツガツ、ブクブク、がつがつ、ふがふが… 
 「これは何という料理だい?」 
 あるブタは、生きたままのヒトを食べているうち、いつしか、 
 人間という生き物の言葉も話すようになり、云いました。
 「はい、脳味噌トロロ、股間に昆布風味ご膳でございます」
 別のブタが応えました。
 ガツガツ、ブクブク、がつがつ、ふごふご、ガツガツ、ガツガっ! 
 「デザートは何になさいますか?」 
 「そぉだなぁ~、
 つめたく冷やしたヒトの目玉99個の胆汁あえ…に しようかなぁ…」
 雑食といえども食肉食通なブタが口元を血みどろにしながら云いました。
 「はい、かしこまりました」
 「あ、店員さん! くれぐれも 歳おいて白く濁った目玉はナシね  
  あれさぁ、眼球を支えてた疲れた筋肉のところが筋っぽくて不味いんだよ。
  ちゃんと新鮮な奴で頼むよ」
 「はい、当店のモノはすべて、視力2.0以上だった人間の若者の目玉。
  その極上品です。」
 ガツガツ、ゴロゴロ、がつがつ、グチャクチャ、ガツガツ、ぶちゅぶちゅ… 
 
 そしてその後、ヒトの世は、
 わずか数千年もしないうちに喰い尽くされ、滅んでしまいました。 
 それは、黒いネズミの絵を描いてヒト儲けしたヒトビトも 
 それに肖って いろいろの文房具やファンシーグッズを売っていたヒトたちもすべて、そして、
 そうした人間ばかりではなく、
 人間という生き物に勝手に改造される前の原種のイノシシさえも  
 この地球上から姿を消してしまいました。
 ですが、ブタというヘンな生き物だけが生き残りました。
 ガツガツ、ブクブク、がつがつ、ふごふが、ガツガツ、ブクブク 
 
 ブタという生命種族は、かつての人間という生き物に代わって  
 この地球上という、そこに、なに不自由なく暮らすために 
 海も、山も、河川も、丘や湖畔も、自分たちにとって 
 かけがえのない生息区域の整備、保管、修復改善に務め、
 その星の美しさや
 空気や水、陽の光り、そうした様々な恵みによる快適さの中で 
 分相応、それぞれの創られ方に応じて、
 みんな仲よく生きて生かされ暮らす役まわりになってしまいました。 
 
 そんな世の中の どこかに  
 見事にマルマルと太った、3匹のブタ君がいました。
 ガツガツ、ブクブク、がつがつ、ぷくぷく 
 ある日、そのうち一匹のブタ君が 
 そのマルマルと立派に肥えた体格で汗ミズ垂らし 
 やっとこさっとこ地面へ穴を掘って、その穴を
 ワラやススキ、様々な草の茎などで囲って住居を造りました。
 次に、別の一匹のブタ君が 
 樹木を乾燥させた木材を上手に組んで 
 その柱や外壁を泥で固めた堂々たる家屋を拵えました。 
 そして、もう一匹のブタ君は 
 生きるために必要な自分のエサと交換条件で 
 何匹かの友達や知り合いを雇い、
 岩や粘土を利用して頑丈な城を築きあげました。 
 ガツガツ、ブクブク、がつがつ、ほくほく 
 
 そうしてそうして 3匹のブタ君は それぞれに 
 しばらくの間、自分たちで造った建物の中に住んでいましたが
 やがて、誰の家が立派なのか? 
 そんな、実に つまらないことを比べてしまうようになりました  
 
 「やっぱ、オレんちだろ。」 
 口元に髭を生やし、さも立派そうに振る舞う城の主が、そのように威張りました。
 すると その横で、木造の建物に世帯主の権利を掲げるブタが云いました。 
 「いや、そんなデカすぎる建物じゃ住みづらいだろ。
 腹が減ったとき、餌場【えさば】へ行くまで時間かかりすぎる!」 
 ガツガツ、ブクブク、ガツガツ、ホクホク 
 「そうだよ! その点、我が家は夏も涼しく動きやすいし
 クソをするにもスグに外へ出られるから快適だな」 
 2匹の後ろにいた、縦アナ式住居に住んでいたブタが自慢げに云いました。 
 そのうち、3匹は言い争いになりました。
 やがて  
 大好きな、私腹肥やす時間も 忘れるほど憎しみあって喧嘩しているうち 
 3匹のブタ君たりは、とうとう病気になってしまいました。 
 
 3匹のブタは ブタなのに 岩山の鹿のように痩せこけ 
 なにか物を喰い漁る元気もないほど 口々に、
 「ぶひひ~・・・・」と鳴いて、
 そのままクタバリ損ないになることに嘆いて 
 己の生涯を呪いながら死んで逝きました。 
 ガツガツ、ぶくぶく、ガツガツ、ブツブツ 
 それを見た別のブタはいいました。 
 
   「ダイエットしすぎだよ!」  
 
 
 
 
   まだ つづくかもよ。
 
 
 
 
   自分だけ生きて死んで世の仲おわるような格好の
   嘘っぽい人間という汚い生き物が巣窟した世界
 

 
 
 
 
 
 
 
The The - Dogs Of Lust   The the - Dogs of lust (live 1993)   The The   The The - Dogs Of Lust
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
東京のまんなかにある“公園”って、知ってる?  世界のナナ塞ぎ?☂ネタ: 東京のまんなかにある“公園”知ってるか?って 
    そりゃ何万人収容可能な緊急避難場所なわけ? 
    麻布の地下の備蓄食糧倉庫で間に合うのは誰の何日分? 
参加中 
 
 
 
 
Some living thing's named man people ate the wild boar that captured
it in the mountain because the number of bellies decreased in old times of old times.
It takes it home to several villages sooner
or later though it was not easy to have eaten with meat with the habit at that time.
Various food was given to the wild boar devising it to become the fleshy substance
and a taste that ate easily for myself.
They give birth to a child and it gives birth to a child as follows again.
The living thing named the pig besides the wild boar that lived in hills
and fields before it was for hundreds of years was able to do and it went up.
Because living things named the pig were cleanly all charactersMiscellaneous germs, bacillus,
and virus, etc. that world includes variously
 
It ate anything because
it was good eating even if it was weak to the thing that became such a sick source.
It ate the book.
It eats, it rolls up eating eating anything, it grows up energetically, any pig ..ugliness.. grows fat,
and knowledge, the attitude,
and the lifestyleIt became a living thing in the state that grew fat wholly.
Therefore, the living thing named the pig :.
It has increased fast in the world from it.
However, food is lost for the number of living things named the pig to increase in the world.
The pig that ate man came finally to appear.  
Because there is no bait.  
And, a human world : afterwards.
It has ruined before it is for only several thousand years.
People who draw the picture of a black rat and gained the human also : it.
Even the wild boar of the stock seed also has disappeared
from this earth before humans who were selling selfish various Aya's stationery
there are remodeled without permission
by the living thing named not only such men all but also man.
However, only a strange living thing named the pig survived.
 
The pig has already maintained on this earth in place of the
living thing named man, keeps, lives comfortably by a shine of beauty, air, water,
and the positive of the star and such various blessings, and is made the best use of....
It has become a post circumference where it lives happily all.  
There were three pig Herr somewhere in such a world.
One pig Herr scooped holes in the earth sooner or later, the hole was enclosed with the stalk etc.
of a straw, a Japanese pampas grass, and various grasses, and the dwelling was built one day.
Next, another one pig Herr :.
Wood that dries the tree is united well.
A splendid house where the pillar and the outside wall had been hardened with mud was made.
And, pig another Herr :.
A strong castle was built up by employing several friends instead of the bait that I ate,
and using the rock and clay.  
And, three pig Herr :
respectively. Whose house is splendid before long though it lived in the building built
for myself for a while?It came to compare it.
 
"After all, it is my house. "
 
The main in the castle in which the beard was drawn in the mouth with the pen and it behaved splendidly said.
Then, the pig that lived in the wooden building that was sideways said.
 
"No, it is sure not to live easily in a lot of passing buildings that are so much.
It will take time too much by going to the feeding station when the number of bellies decreases"
 
"It is cool and it is easy to move and it is comfortable because it is possible to go outside
at once also to doing excrement also in summer ..the respect and my home... "
 
The pig that lived in the length Anna type dwelling that was behind two proudly said.
Three has gotten sick at last with three while hating each other by becoming the quarrel and the floatage
and forgetting between [toki] [**] the loved bait and fighting sooner or later.  
Severally by there is not vigour that is emaciated like Iwayama's deer
and eats some things though three pigs are pigs either
 
  " Buhihi ~ " 
 
It died and it died grieving because it barked. Another pig that had seen it said.  
 
  "Diet too much." 
 
End.
 
 
 
 
 
 
 
         »つづきをよむ 【Read More】 ≫  
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
魚と鳥、どっちが自由だと思う?  冬の寒空の下、場末の赤提灯を出たあとで鼻ちょうちん啜ったようなアンケート 応えたあとの☂ネタ: 
    
焼き魚と焼き鳥どっち喰うのも自由だと思うけど… どっちかというとぉ~ 
    なるべく汚染されてない海の新鮮な魚のほうがいいんじゃね?
参加中 
 
    赤い魚と白い鳥  ~ female and malesex 
 
 
  すこしだけお腹をすかせた空をゆく白い鳥が、次の島をめざし、 
  その生涯で七つめの海を渡っていました。 
  彼がそれほど世間を知らぬことをよいことに、 
  海に住む赤い魚が水面に頭を出して、 
  「私をあなたのその嘴に挟んで、ほんのひと時だけこの空を飛んでくれたなら、 
  私より、もっと美味しい魚の群の住む海を教えてあげましょう」 
  と云いました。 
  疑いという言葉すら知らない白い鳥は、欲をかいてその海を想像し、 
  誘惑という空をぐるりとまわると、彼女のウロコが はがれないように、 
  上手にそっと、その身体を すくいあげました。 
  こうして赤い魚は、それまでいつも泳いで暮らしていた海の上を 
  彼の翼によって飛ぶことができました。 
  その空は海の中とは比べものにならないほど、涼しく壮快で、 
  彼女は今までにない解放感に満たされました。 
  陽の光に照らされ、 
  時には黄金色に、時にはオレンジ色に、キラキラと輝く彼女のウロコは、 
  白い鳥をうっとりさせました。 
  彼は、いつでも空腹を満たすことができましたが、 
  そんな赤い魚をいとおしく感じ、また彼女との約束を信じ、 
  決して その くちばしにある赤い魚を食べようとはしませんでした。 
  しばらく飛んでいるうちに、赤い魚の身体はすっかり渇いてきて、 
  とても苦しくなってしまいました。 
  ウロコがはりつき、尾びれがしきりに もがいていました。 
  彼は、そんな彼女の姿を見て、ふたつのことが心配になりました。  
  そしてその良心と欲望のもとに、自分の翼の付根に力を入れると、 
  一直線に水面まで降りてゆきました。 
  こうして、赤い魚は再び海へ戻ることができました。 
  彼女はとても苦しい思いをしましたが、生まれて初めて空を飛び、 
  その拡い海を見おろしたことを心から喜びながら、 
  気持ちよく深いところまで泳いで行ってしまいました。 
  それを知った白い鳥は、あわてて海へ飛び込みました。 
  が、瞬間、欲望だけに囚われ、 
  己が鳥であることを見失ってしまったために、 
  彼はとうとう羽をすべて濡らしてしまい、海の中で、 
  それはそれは苦しい思いをしました。 
  まもなくすると、白い鳥は水面へ浮かびあがり、 
  翼や首をバタバタさせていましたが、 
  やがて疲れ果て、結局、行く末も知れず、 
  ただただ潮の流れに身をまかせるハメになりました。 
  そんなとき彼は、ふと思いついたように息を止め、 
  海の中を覗いてみました。 
  潮がとても目に沁みましたが、 
  そこには今までに見たことのない世界がありました。 
 
 
                              fin 
 
 
 
 
 
 
 
 
                                taken fromBAD LIFE  (1992  
 
 
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。