遅くなったけれど、FC町田ゼルビア戦を振り返ります。
試合前にベガルタ仙台スクール生の方々の卒団式。中学になってもサッカーを愛しリスペクトしてがんばってください!この中に将来のベガルタ戦士がいるのかも。
地震の影響で東北新幹線が止まり、困難な中、仙台までいらしてくださった町田サポーターの皆様。ベガルタ仙台のスクール生が場内一週する際には町田サポさんからも拍手が起こりました。ありがとうございます!
ベガッ太君とルターナちゃん。
ウォーミングアップ開始。
FC町田ゼルビアイレブン。
ベガルタ仙台イレブン。




東松島市の物産展が行われていました。



試合の入りが悪く。町田さんの縦への攻撃を真に受けてしまい、後手の対応になってしまうとセットプレーから町田・鄭大世選手に決められ、失点。野球でいう守備妨害みたいな失点でした。2失点目もキーパーの視野をふさがられる、ずるい失点。3失点目はカウンターから。

昨今、ベガルタ仙台のホームタウンが仙台市だけだったのを宮城県全域に拡大したのを受けて、もちろん女川町もホームタウンになったのですが、これに対しJリーグ百年構想クラブであるコバルトーレ女川のHPにて「聞いていないので、驚いてます」旨の声明を発表。ネット上でやいのやいのとベガルタ仙台の対応を疑問視する書き込みが多数散見。それにたいしベガルタ仙台側から「発表の前にちゃんと女川の社長にお会いし、連絡した」旨の声明を発表し、どっちが本当なの?噛み合ってないけどっていう騒動が。

元々ベガルタ仙台のサポーターでサポ自席で声を枯らし飛び跳ねて応援をしていて、その後、生まれ育った地元女川にコバルトーレ女川が誕生したのを機に兼任サポとなった私から言わせれば、

仲良くやれよ。

と。驚いてますと発表されて驚いているのはこっちも同じ。コバルトーレ女川が活動していく上で、いずれベガルタ仙台という存在をどこかで意識しなくてはならない状況が生まれる訳で、無視を続けるのは無理があるから。あちらはJクラブだし。コバルトーレ女川にとってベガルタ仙台とはどういう存在だったのか、どういう認識だったのか改めて聞いてみたい気がする。
久しぶりのサッカー観戦。今回はJ2に降格してしまったベガルタ仙台とザスパクサツ群馬さんの対戦。3月6日の朝、女川町内は雪がちらついていた。ユアスタに到着すると、風が強くて寒い。群馬サポさんはからっ風で強風には慣れてるかもかもだけど、宮城県民にはたまったものじゃない。

DAZNのクルー。

この日、食べたスタグル。「焼肉大好き!!佳貴のカルビど~ん!」900円。美味しい。

群馬からいらした、ザスパクサツ群馬サポーターの皆様。ようこそ仙台へ!左端のほうに旗で見えないけど、湯モミの方々も見受けられます。

対戦相手が群馬さんなので、ユアスタのBGMは群馬が生んだ伝説のバンドBOØWYの「マリオネット」でした。てか、群馬と言えば井森美幸さんだべ。みんなであのダンスを踊ろうぜ!的な。



ザスパクサツ群馬イレブン。

遠いけどベガルタ仙台イレブン。

試合はボール保持するけど決定的なチャンスまで持っていけなかった仙台。割りきって守ってカウンターからの決定的チャンスを決めきれなかった群馬さんと言う感じでした。スコアレスドロー。

女川に春が訪れようとしています。銀鮭が水揚げされるなど、季節を感じます。3月の三連休には「おながわ春のまつり」が行われます。それに合わせて、女川町内のキャンペーン対象のお店、5店舗でお買い物しスタンプを集めると、女川町の公式マスコットキャラクター・シーパルちゃんがプリントされたお皿がもらえると言う、どっかで聞いたことがあるイベントが開催され、町内が賑わっています。


う~ん…。よし、諦めよう!シーパルちゃんのお皿は欲しいが多分、俺には無理だ!と思ってましたが、Twitter上でシーパルちゃんのお皿をゲットした方々の呟きを見て、シーパルちゃんの大ファンである私の心に火が宿ったのでした。正直、私がお金持ちじゃないと言うことは、このブログをご覧の方々は薄々、気がついているはず。賢くお金を使うと言うことが苦手なタイプだ。シーパルちゃんの中に入りたいくらいの大ファンである私は、シーパルちゃんのお皿が欲しいがために、この企画に参加した。(中の人などおりません!)


誰だ!ヤマ○キ 春のパンまつりのパクリだと言ったやつ!パクリじゃなく、オマージュだ!いいからそこの君も参加してみないか?


まず、ガソリンを入れるため、震災時、町内唯一のガソリンスタンドとなり、給油する車が列をなした浦宿の丸五商事へ。

この時期、世界のど真ん中で戦争をしているのも影響してか、ガソリンが高い。ガソリンを入れなければ車が走らないので、文句は言えない。

約23Lを入れて3,967円也。1個目をゲット。

続いて駅前のシーパルピア内へ。相喜フルーツさんへ。隣のラーメン屋さんでラーメンを食べたお客さんが〆に、相喜フルーツさんの100%果汁ジュースを飲む姿がSNS上で散見されているが、私が飲むのははじめて。震災前からあるお店ですから、存在は知ってますが。
店の前で「対象店舗だよな?」とスタンプの台紙とにらめっこしていたら、店員さんに不審がられてしまった。

バナナミルクジュースを注文。400円也。棚に出してあるバナナからジュースを作る、新鮮この上ないジュースは控えめに言って、とても美味しかった!これはリピーター続出も納得。今度は他の味も飲んでみよう!

相喜フルーツさんで2個目にスタンプをゲット。
続いてはお土産屋さんの「あがいんステーション」さんへ。震災前の女川駅を模した建物が印象的である。
桃生町の大沼製菓さんが作っているチーズまんじゅうを購入。120円なり。
3個目のスタンプをゲット。

正直、もっとお金を使ったれよとも思うが、私だってお金がないのだ(開き直り)。○○円以上の方にスタンプをと言う訳でもないので、ルール上は120円だけ購入しても問題はないみたい。事実、スタンプがもらえた。なんか申し訳ない思いを抱きつつ。
続いて、オシャレな珈琲店「マザーポートコーヒー女川店」へ。コバルトーレ女川が運営している会社がお店経営していると記憶しているが。
ドリップコーヒーを購入。510円也。待ち時間中、コバルトーレ女川のシーズンはまだかしら?とか、新しい監督はどんなサッカーをするのかしら?とか考える。
先ほどジュースを買って、今度はコーヒーを購入する辺りに、買い物上手さは伺えないけど4個目をゲット。シーパルちゃんのお皿目当てだけだと、場当たり的な買い物になってしまう。

この辺りにからスタンプが貯まる状況が楽しくなってくる。
3月12日に新装開店後、丸2年を迎えた、おんまえやへ。
チョコレート105円を購入しスタンプ5個目をゲット。企画に参加をしたのだが、小さい額の購入ばかりで地域経済にお金を落とせたのか不安になってしまう私。皆さんはもっと大きい金額を落として女川の経済に貢献してください。私にはこれが限度でした(泣き)
さて開き直って、観光案内所「ぷらっと」へ。こちらが「道の駅おながわ」の1周年記念切符。
裏面。番号がふってあって、106番目の達成者らしい。先着300名様限定。
そして、お目当てのシーパルちゃんのお皿。震災前に催しで配られていたシーパルちゃんマグカップと共に写して自慢したいと思います。私のシーパルちゃんグッズリストに仲間入り。

今度のおまつりでシーパルちゃんにお皿を持たせて記念撮影を!とか考えたけど「パリーン」とかなったら、全米が泣いてしまうので、やめやめ。大切に飾る。いや、あえて朝食のパンを食べるときに使うか。夕食の焼鳥を食べる時に使うかも。シーパルちゃんのお皿で焼鳥、食べたら美味しそうじゃない?いろいろな解釈ができるよね。産地直送的な。

女川の経済人の策略にまんまとハマったのか。もっとお金を愛する女川に落とせない、自分の経済力を呪う自分がいるけど、この企画楽しい!改めて見ると魅力的なお店があるんだなと再発見したり。新しい商店街でがんばっている女川人に会えるのは刺激的だ!紅茶のお店とかにも行けば良かったと、今ながらに思ってます。

1個目:ガソリンで3,967円
2個目:ジュース400円。
3個目:お菓子120円。
4個目:コーヒー510円。
5個目:チョコレート105円。
合計:5102円。

シーパルちゃんのお皿を取得するまで5,102円を使いました。これが少ないと見るか、多い金額と見るかの解釈は解りません。まぁ、ガソリン代が入ってますけれども。とりあえずご参考までに。

と言うことで、皆さんは愉快な人々がいる女川にいらしてください\(^o^)/




変わり行く街並み。復興は進んだ。駅前なんか別の街みたいだ。オシャレになりすぎたんではないかと、震災前のよすががなくなり、自分だけ置いていかれたような気持ちになってしまったりもした。女川駅もそうだったけど、いずれこの街並みも受け入れる時が来るはず。今はまだ慣れてないだけ。たちきれてないだけなのか。すばらしい街並みもだから、受け入れらるだろう。何よりも、駅前の商店でがんばっている町民がいる事実が心強い。そして女川の風景。自信持って、ここが私の古里だと言える。これもみんな温かく見守ってくれた天国に眠る町民のおかげだと言えるかもしれない。

女川を訪れる方々には防災の認識を新たにするきっかけにしてもらいたい。今までの支援に感謝を申し上げます。

仕事帰りに慰霊碑の前で手を合わせてきました。コロナ禍やウクライナ情勢が気になりますが、命の重みに思いを馳せる日々です。
本年も【続 三陸で生まれた月】をよろしくお願いいたします!

引き続きコロナ禍でまいってしまいますが、今年は女川スタジアムでコバルトーレ女川を観たいなと思います。

熊野神社に行ってきて、お願い事をしつつ、おみくじを引いたら大吉でした。いっても大したこと書いてなかったですが。さい先はいい感じですかね。

W杯イヤーだから、サッカー界が賑わうと嬉しいなと。監督は誰になるか解らないけれど、コバルトーレ女川のJFL昇格してくれたら嬉しいし。あとは自分の健康を祈りつつ。
女川のイルミネーション。




石巻で愛媛FCレディースさんの試合が観れる。これは奇跡だ!

私が愛媛FCレディースさんの応援をするようになったのは、以下の通り


昨年、なでしこリーグ1部に昇格した愛媛FCレディースさん。その時、マイナビベガルタ仙台レディース(現マイナビ仙台レディース)さんとリーグ戦が宮城県サッカー場で行われた。代表候補を出すなど、成長した姿を見て勝手に感動を覚えたものでした。

が、今年、マイナビ仙台レディースさんはプロリーグのWe.リーグに戦いの場を移し、愛媛FCレディースさんはなでしこリーグ1部のままとなり、宮城県内で愛媛FCレディースの試合を観るには皇后杯しかチャンスがない事態に。

そして今年。愛媛FCレディースさんの試合が石巻で開催されると言う幸運に恵まれた!

会場のセイホクパーク石巻。「セイホク」と言うのは地元石巻の企業で合板の会社さんです。ネーミングライツを取得したんですね。




石巻の青空に棚引く愛媛FCさんのフラッグ。震災の時、女川町を支援してくださった愛媛県民の方々に感謝の気持ちを込めて、熱く応援しました!

ただ、この会場、風が強い場合が多く、コバルトーレ女川の試合でもそうでしたが、案の定この日も風が強かった。コバルトーレの試合の時はハーフウェイライン付近で相手GKが蹴った前線へのロングボールが風に押し流され、そのままゴールインと言う悪夢もありました。
この日、愛媛から遠い石巻で、しかも10時半キックオフとのことで、いくら仙台ー松山間の直行便の飛行機が出ているとはいえ、遠いし、キックオフが早いしで泣く泣く断念した愛媛サポさんが多かったみたいです。そんな愛媛サポさんの分まで応援したいと思いました。
愛媛FCレディースイレブン。

試合は愛媛さんの方がボール支配率は高かったです。8番の松本苑佳選手が中盤で収め、左右に効果的に散らすプレーは印象に残りました。あと左サイドバックの選手がやたら足速かった。カバーリングで相手より先においついていて、ビックリしました。

DFラインでのミスから失点。2失点めは中盤で奪われてから、陣形が整う前に崩されて。3失点めはミドルシュートを決められて。

愛媛FCレディースさんも決定機が何度かあったので、決まっていればと悔やむばかり。

試合後、今年の愛媛FCレディースさんの活動が最後となり、遠く応援にかけつけた関東組のサポの前で挨拶するイレブンには涙を流す選手も。また成長した愛媛FCレディースイレブンが見たいと思いながら会場を後にしました。
コロナ禍で、東北リーグの日程が前倒しで終了。地域決勝に進めるのは良しとしても、女川スタジアムの杮落としはおあずけ。地域決勝も一次ラウンド敗退。結局、七ヶ浜で観た1試合しか観れず、サッカーが観れない不満をベガルタ仙台に求めた。9月25日ベガルタ仙台対徳島ヴォルティス。J1残留争いの真っ只中にいる両チームの試合を観てきた。

KHB東日本放送「もえスポ!」のクルーがロケしてた。元プロ野球選手の江尻さんが出ている番組。
試合はチャンスを決められずにいると、後半終了間際にセットプレーから決められ失点。ベガルタ仙台、痛恨の負け。前半はボールを支配していたけど、後半は逆に徳島さんがボールを繋ぐようになり、やりたいサッカーをしていた印象。


赤﨑秀平選手のカードをゲット。
この日、配られたTシャツ。
この日、食べたロングポテト。
コバルトーレのスタグルでもお馴染み、ロイヤルケバブさんのケバブサンド。旨かった!
2021年東北リーグの代表として、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2021に出場となった我がコバルトーレ女川。しかも1次ラウンドでは関西1部リーグ覇者のおこしやす京都ACさん、強者揃いの関東1部リーグを制したクリアソン新宿さん、中国リーグ2位のバレイン下関さんとの激戦区に入ってしまった。元Jリーガー多数、抱える東西の覇者等、手強い相手が3クラブ。人口においても京都市(約145万人)、新宿区(約34万人)、下関市(約25万人)、我が女川町は6,170人(2021年9月30日現在。女川町HPから抜粋)とこの中で最小。とにかく、三陸の小さな街クラブが大都会のビッククラブと戦う下克上マッチが岩手で行われます。つきましては、コバルトーレ女川では遠征支援金の寄付を募っております。皆様も是非、ご協力のほどよろしくお願いいたします!詳細は公式HPをご覧ください。


HPから寄付すると輪っかがもらえます。以下の画像がそれです。ソシオ会員の方は専用ページで申し込むと、選手カードが1枚、輪っかと共にもらえます(私はソシオ会員ですが、専用ページから申し込まなかったのでカードはもらえませんでしたが)。




正式にはレジリエンス・ラバーバンドと言うもの。ステキな輪っかですね!これを着けて応援したならとてもステキです。1口3,000円からです。よろしくお願いいたします!

小さい町の小さなクラブが大都市のクラブに勝つには神頼みをしなければなりません。
お隣石巻市は日和山にある羽黒山鳥屋神社です。住所は宮城県石巻市羽黒町1丁目7−1てす。交通安全や海上安全、五穀豊穣の神様を祀っていて、川で栄えた石巻市らしい神社ですが、毎年コバルトーレ女川はこの神社で必勝祈願をしております。この神社で売っているのがコバルトーレ女川御守り。
クラブカラーで深みのあるコバルトブルーの生地に黄金の糸で刺繍されたエンブレムがグッとくる。
裏には「夢」の文字が。みんなでJFL昇格の「夢」を掴みましょう。

御守りの性質上Webや試合会場などでは販売されず、羽黒山鳥屋神社さんのみでの販売となるみたいです。
コバルトーレ女川の新しい本拠地、女川スタジアム。その女川スタジアムの町民見学会に潜入した。
女川スタジアム。
600ある座席を端から撮ってみました。
最前席とピッチの距離はこんな感じ。
建物の中へ。一番はじめに案内されたのはホームチーム側のロッカールーム。
ロッカールームの中は、こんな感じ。木目調の落ち着いたロッカー。町の担当者の説明を聞く、この日、参加した町民。
室内ウォーミングアップスペース。
放送室。スタジアムDJのタイエツ君がアナウンスするところ。たくさんの「ゴーーーール!!!」を聞きたいところ。
記者室。試合後、ここで記者会見をします。
普段は一般の方は入れませんと担当者がおっしゃっていた屋上。
屋上から見るピッチはこんな感じ。中継のカメラマンがここからピッチを撮影するための場所だから、一般人は入れないみたい。
では、ピッチへ。真ん中の通路から審判団と選手が入場します。
その真ん中の通路はこんな感じ。
ふわふわの芝生の上を、いたいけな未来のコバルトーレ戦士がボールを蹴りながら駆け回ります。

ピッチをドアップで!周りが山と川のため、どうしても雑草の種がピッチに舞い降りて、育って(女川弁でおがって)しまうのだとか。芝生の中に雑草がちらほら見受けられました。

まだ駐車場は整備されておらず、器具倉庫は駐車場の整備と共に設置されるとのこと。このレベルだとJFLまで開催が可能。照明が設置されればJ3の試合も可能になるとのこと。

向こう側のタッチライン奥の芝生席の後ろに山が見えるが、この山と芝生席の間には画像からは見えないけれど小さな川が流れています(川の名前は女川です。町名の由来になった小川なんですが)。なのでバックの芝生席にスタンドを増設となると難しそうだなと個人的に思いました。J2・ギラヴァンツ北九州さんのホームスタジアムでミクニワールドスタジアム北九州(正式名称:北九州スタジアム)みたいに、クリアボールがバックスタンドを越えて海ポチャするじゃないけど、女川の場合、クリアボールが芝生席を越えて川ポチャなんて場面があり得るかもと思ってしまいました。

本来なら9月の中旬にコバルトーレ女川の東北リーグの公式戦で、杮落としされる予定でしたが、コロナの影響を鑑みて協会側がリーグ戦中止を決定したことにより、おあずけに。じゃあいつになるの?まだどこの団体も使用申請を出していない状態らしいので、使用申請を一番早くに出した団体のイベントが杮落としになるのではと。いたいけなキッズ達のサッカー大会が先になるのか、高校生ラグビーとかになるのか。コバルトーレ女川が独自のイベントを開くのか(OB戦とか開いて欲しいね)。

この日はいたいけな女川キッズがドリブルして駆け回っていましたけれども、立派なピッチの上をコバルトーレ女川の選手達が走り回るのかとか妄想するとムネアツでして。早くコバルトーレ女川の試合を、この女川スタジアムで観たいと思いました。

女川スタジアムで一番はじめにプレーした人物は誰?ってなった時、いろいろ悩むけど、もしかして、この日ドリブルしていた、いたいけな女川キッズが女川スタジアムで一番はじめにプレーした人物になるのかも知れない。彼に感想を聞いておけばよかった。