ナイキの厚底シューズについて│ドロップ角度が半月板損傷・疲労骨折に及ぼす影響│静岡県 若葉治療院 | 若葉治療院 富士宮本院

若葉治療院 富士宮本院

若葉治療院 富士宮本院の院長Blogです。よく 「スポーツ専門」 と誤解されますが、いわゆる体のメンテナンス・マッサージです。休日 趣味やスポーツなど、みなさんが楽しく過ごせるようにサポートしたいと思っております。肩こり腰痛でお困りの方もお気軽にお電話下さい。

ナイフで切り取るように春は終わる。この春は…シューズに泣いた春でした。

 

シューズが原因となるシンスプリント、足の裏や膝の痛みについて、散々書いてきましたが、

今年ほど、酷い年はありませんでした。

 

   

 

 

ナイキの厚底をはじめとする、シューズの設計が大きく変わったからです。

 

3月初旬の記事:厚底シューズに思うこと の中で、

新しいモノが作られると、新しい痛め方みが増えかもしれないので・・・注意が必要です。」

 

そんな事を書きました。

 

 

 

去年の冬から・・・嫌な予感がしてたんだよ。

 

参考記事:イイねや読者登録ありがとうございます。

 

-----------------------------------

 

結論から先に書きます。プロネーションを起こしている足です。

 

シンスプリントや足底筋膜炎で悩んでいるランナーの足は

だいたいこのように壊れて動いています。

 

 

治し方については今回パスしますが、こんな所が模範解答だと思う。

参考記事:世界中が解らなかった問題の答えが解けた│シンスプリント疲労骨折の治し方

 

 

見慣れていない人の為に、正常な足首も掲載します。形の違いが判るでしょうか??

 

 

 

シューズを履いて走ってみます。

 

シューズの中で、変わらず足首は倒れ込んでいます。

 

シューズの “アーチの倒れ込みを防ぐ” そんな機構は、

足が壊れていない人に対して “予防とか防止”の意味でうたっているだけなので

倒れ込みを防げていない事に、今さらモンクを言う気もないです。、

 

--------------------------------

ただ、すでに足が壊れている人に対しては、その倒れ込み防止機能が足を攻撃している

ことについて、これまでも、散々申し上げてきたとおりです。

 

 

参考記事:久しぶりに良いシューズ

 

-----------------------------------

本題に戻ります。

 

●素足のランと、シューズ着用時での膝の比較

 ※走行時に垂直レーザーを照射しています。(赤い線)

  シューズを履いた方が、膝が捻じられるのが解るでしょうか???
  
  解りやすいように、膝の真裏に赤い線をいれてみました。
  線が通る場所(軸)の違いが判るでしょうか。
 
      
 
  フォームを見ない限り、ベッドの上では見えない事がたくさんあります。
 
 レントゲンやMRIで見なくても、外から見て膝が捻じれていれば、
 半月板や膝の靭帯群は牽引されています。
 
 誤解されないように書いておきますが、厚底シューズが膝を捻じりやすいとか、ナイキが欠陥品と言うことを言いたいのではなく、足が壊れている選手が厚底シューズを履いた時の話です。
 
くれぐれも、誤解なきようお願いします。
 
 
ただ、毎日ランナーばかり見てますが、痛みが無くても、どこか壊れているランナーが9割です。
 
●シューズの倒れ込みが足に及ぼす影響
 
ナイキの厚底に限らず、シューズの倒れ込みが引き起こす足への影響は多々ありました。
 
私が知る中で最悪だったのが、2012年頃のシューズでしょうか?
特に、アシックスのGTは悪かった。
若葉治療院のブログ-デュオマックス
 
シューズの底が厚くて、幅も広い為、実際に足のかかとが付くタイミングよりも先にシューズのヒールが地面にコンタクトをおこし、シューズが転ぶように倒れ込む。
 
シンスプリント

 

倒れ込んだ所に、当時シューズの内側に装備されていた “足の倒れ込みを防ぐため”の硬い素材が

足底筋や、舟状骨を突き上げました。

 

オーバープロネーション予防  ※現在のGTは改善されています。

 

各メーカー、同じような設計思想で、とにかくシンスプリントの来院が多い年でした。

 

でも、捻るのは足首まででした。

今年はたくさん膝を捻られました。

 

ずいぶんヒールが細くなりました。

 

JAPANも細いシューズだな。。って思ったけど、ジールはもっと細くなりました。

今年のナイキは、ジールよりも更にスリムになりました。そして、GTよりも底が厚くなりました。

 

フロント着底で走ればそれほど影響はありませんが、ヒールから着底に入ったときや、体のセンターに足が入ってしまった時にシューズのヒールが素足の踵よりも随分先にコンタクトを起こします。

 

 

 

素足の状態ではまだ踵が地面に着いていない(左)タイミングで、

シューズの踵が地面に着き始めました。踵が厚いので、当然と言えば当然ですが。

 

 

シューズが倒れ込み、膝の捻じれが始まりました。

 

 

●ドロップ角度が膝に及ぼす影響

通常、シューズは踵側からつま先側にかけて高低差があります。これをドロップ角度と言います。

(フラットシューズでも高低差は5mm程度あります)

 

なぜか?若葉治療院には、靴屋も持っていないようなデータがたくさん蓄積されているわけですが・・・

マラソン 治療 ランナー マラソン 治療 ランナー

今年のナイキFLY系は靴底が厚いだけじゃなく、ドロップ角にも癖がありますよね。

 

  

 

つま先が前方を向いて着底した場合、足の指の関節が曲がってくれるので

さほど影響がないのですが、

 

トゥ・アウト(つま先が外を向いている)を起こしている足や、

シューズの倒れ込みによって、トゥ・アウトを起こした場合、

 

 

ドロップ角度がきついシューズでは前足部が過度に倒れ込み、

足底筋膜炎やシンスプリントを引き起こします。

 

これは、ナイキの厚底に限らず、今まで多くありました。

 

しかし、トゥーアウトを起こした足で、ドロップ角度が更にきつくなったシューズを着用したばあい、

ジョーンズ骨折や、第一中足骨の骨折を引き起こしやすくなります。

 

今年は、中足骨の骨折、疲労骨折・亀裂も目立ちました。

 

そして、捻られることによって起きる、半月板損傷、腓骨の疲労骨折が目立つ年でした。

 

 

 

インターハイシーズンになると、若葉治療院 本院は高校生たちで賑わいます。

 

今年は、膝の手術が必要になるような損傷が多く、

私が知る限り、今年が一番最悪な・・・年しでした。

今年は、膝で泣いた。

腓骨の疲労骨折でも泣いた。
 
まだまだ解らない事がいくつもありますが、
 
ひとつ、確実に解っている事は、選手は何も悪い事をしていない…そんなことだけです。
ただ、明日を夢見て真っ直ぐに走っているだけって事だけです。
 
守ると決めて、決めた事を守る。そんなシンプルなことすら・・・叶わない春でした。
 
まだ、自分が弱かったんだと思います。
 
ずいぶん、ナイキのシューズの悪口を書いたような記事になりましたが、
解決策も見つけました。
 
嫌いだったナイキの厚底ですが、案外、このシューズ・・・良い靴かもしれません。
最近、そんな事も思っています。
 
つづく   次回は   膝関節を捻じるメカニズム について書いてみます。
 
----------------------------------------------------------------------------------
この記事にリンクしている記事
 
--------------------------------------------------------------------------------------
 
 
 
 
 
 

■スポーツをされていない方も、お気軽に越しください。

 

 

 

  ●若葉治療院 富士宮本院   :静岡県 富士宮市 西小泉町 21-2     : TEL 0544-26-6628

  ●プラスボディー 若葉治療院 :静岡県 富士市 青葉町377          : TEL 0545‐64-7088

  ●若葉治療院 清水院      :静岡県 清水区 辻4丁目                  : TEL 054‐366‐2227