若葉治療院 富士宮本院

静岡県 富士宮市の若葉治療院(本院)です。スポーツ疾患が得意です。皆様のクチコミに支えられ、看板出さずに20年。
いつの間にか・・・痛みを治す事に特化した闘う治療院になっていました。毎日が・・・腕試し。 (-_-; 本院の場所は・・・秘密です。




■若葉治療院(登録商標)富士宮 本院  【鍼灸・指圧・マッサージ業】
お陰様で20周年を迎える事が出来ました。開院以来、プロスポーツ競技と共に発展してまいりました。厳しい結果が要求される競技の現場で
培われた信頼の確かな技術は、一般の肩こり・腰痛・膝の痛み・疲労回復などに効果的です。 スポーツをされてない方も歓迎です。

【メニュー】当院のメニューと料金表はこちら
【住所】静岡県 富士宮市 西小泉町 21-2 【最寄駅】JR源道寺駅から徒歩5分・東海道新幹線 新富士駅から車で30分
【地図】当院までの地図はこちら 【駐車場】3台
【電話番号】0544-26-6628 【営業時間】10時~19時 【定休日】 日曜 祝日
【ホームページ】http://www.plus-body.com/

患者様の声 よくある質問




「もっと気軽に行ける若葉治療院」 そんなコンセプトで富士院を作りました。


プラスボディー若葉治療院  【住所】静岡県 富士市 青葉町377 【最寄駅】JR富士駅から1km
  【地図】 富士院の地図はこちら   【駐車場】16台
  【電話番号】0545-64-7088 【営業時間】10時~20 時 【定休日】 日曜 祝日
  【ホームページ】http://www.plus-body.com/


【こんな症状の方が来院されています】l 肩こり l 腰痛 l 膝の痛み l 四十肩・五十肩(肩関節周囲炎) l 肘の痛みl 野球肩 l 野球肘l 手首の痛み l 突き指 l
l顎関節症 l 打撲 l 捻挫 l 偏平足 l アキレス腱炎 l足関節プロネーション l オスグッド l シンスプリント・コンパートメント症候群l 足底腱膜炎l 腱鞘炎l 猫背 l コンディショニング lリラクゼーション lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll


テーマ:

あの日、僕が誰かにして欲しかったことを、・・・誰かにしてあげたいと思う。

 

ランニング障害について・・・逃げずに考える。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

中学生 陸上部 シンスプリント部位の痛み。 同時に、足底と舟状骨付近に痛みを訴える

 

 

時速 10km/h で走行すると 左足だけアーチがお落ちる。

 

 

 

これを治すとこうなる。 (時速10km/h)

 

 

   

        (治療前)                    (治療後)

   

        (治療前)                     (治療後)

 

 

シンスプリントの痛みや、有痛性外形骨の痛みはなぜ起きるのか?

 

それが正しく解明されなければ、防ぎようもないし、治しようもないと・・・僕は思う。

 

  

 

教科書や、ネットで調べれば、キーワードになるのは、いつも “後脛骨筋”。

 

“シンスプリントの原因は?” とネットで調べると、

 

スネの内側に付着する筋肉の使いすぎで、硬くなって、骨膜を引っ張り、耐え切れなくなると炎症が起き、痛み始める・・・・そんな事が書いてあります。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

原因のその一つに、後脛骨筋の “ 硬さが原因 ” と言うならば、

 

遊脚期(足が宙に浮いている状態)での足の裏の向く方向は、

 

 内側に向くと考えるのが自然ではなかろうか?

 

 

どちらでもいいけど、 それらを見ることもなく、見ようともせずに治療していたならば、

・・・それは 本気で治そうとしていると言えるだろうか?

 

-----------------------------------

シンスプリントの痛みを訴える患者さんの歩行、ランを見ると、確かに遊脚期のつま先が、

内側を向くものもある。

 

                                                                                 (]take of ) 

 

遊脚期のつま先が内側を向くものを、仮に “II 型” 、外側に向くものを “ I 型 ” とするならば、

 

シンスプリント部位の痛みや、舟状骨部位、足底腱膜炎部位の痛みを訴える人の歩行は、

I 型が圧倒的に多い。  本当にマズイのは II型だと思うのですが、

 

まず、圧倒的に多い I型から書いてみます。

 

take off での to out は、羅患側の 足関節に問題がある場合もあるし、

膝関節、股関節、腰椎関節、 それらのアライメントにも影響される。

 

また、反対側の、足に問題がある場合もある。

 

同様に、 着底の時の toe out も、体全体のバランスによって引き起こされている。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

一見、つま先が前を向いた正しい着底に見えても、

    

膝が中に回って入って着底しているならば、それは、つま先が外を向いて着底していると判断できる。

 

 

 

toe outで着いた足関節は、正常な煽り運動が行えず、外に向いて残り、

足関節が正常に曲がらないまま、体重の前方移動により ・・・後期骨筋群は引き伸ばされることになる。

 

筋肉と、骨が付着している部分が引きはがされ、壊れるか・・・ 

 

あるいは、下の方で骨と付着している部分が壊れるか。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

だから、外を向いて着底するつま先を、 正しい方向に向けて着底できるように治す必要がある。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

● toe out を治すには、

 

膝関節を治す必要がある場合もあるし、

 

足と歩行の治療 シンスプリント 根本完治

 

 

足関節に原因がある場合もあるし・・・

 

 

股関節に原因があることもある。

足と歩行の治療 シンスプリント 根本完治足と歩行の治療 シンスプリント 根本完治

 

前面コンパート(脛の前の方)や、外側コンパートに異常があるものもあるし、

 

 

足底内側縦アーチに問題があるものもあれば・・・

 

 

 

水平アーチに問題があるものもある。

 

 

上半身まで 問題がある場合もある。

 

上半身の動きは、下半身に大きく影響を及ぼすし、下半身の動きは上半身に影響を及ぼしあう。

 

 

間違った体で、正しいフォームが出たならば・・・それは間違ったフォームだと思う。

 

 

  

 

本気で治すつもりなら、シンスプリントや、疲労骨折を治す時も、

トータルバランスで整える必要があると、僕はそう僕は思う。

 

また、本気で走るつもりなら、鍛えることと 整えること。 どちらも学ぶ必要がある。

 

なぜならば、どちらも同じ “カラダのこと” だから。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シューズに原因がある事もある。 <参考記事> ジョッグシューズの危険性(4)

 

シンスプリント直し方シンスプリント

 

シューズの履き方や、インソールに問題がある事もある。

 

                 〈参考記事〉プロネーション対策シューズの危険性

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

私見ですが、 治療が痛む部位の筋肉を緩めるだけでは、同じ痛みか、

また違う痛みを繰り返すと思う。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

余談なんですが、夏休みになると、専門の学生から、治療の見学依頼の電話がある。

 

「町の治療院がどんな治療をしているか?」 レポートの宿題があると言う。

 

どんな治療をしているか?よりも、

どんな思いでやってるか?!

そっちを学んで欲しいと僕は思う。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・・長くなったのでこの辺で。。

 

次は、I 型シンスプリントの治し方について思う事を書いてみます。

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

患者さんから、良いモノをもらいました。使用済みのシューズ、三足です。

 

ただの三足ではありません。

 

 

一人のランナーが、同じ期間に、同じ距離だけ・・・

三足のシューズを同時に使いまわして履いた、

そんな三足です。


さて、 削れ方は どうなってるでしょうか?!

 
 
 
まずは、adidas sequenc boost のヒール部分
 
非常に大きく削れてますね。
 
ジョギングシューズの場合、ヒールの外側が大きく削れるのは正常です。
 
<関連記事>ジョッグ・シューズの危険性    フラット着地
 
 
フラット着底で走っていても、もともとのヒールの形状によっては大きく削れます。
-----------------------------------
 
次に asics GT2000のヒール部分
 
 
先のアディダス sequenc boost に比べて、それほど削れていませんね。
 
ヒールの形状だけでなく、使っている素材の硬さ、耐久性も違います。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次に adidas  japan boost のヒール部分。
 
 
 
一人のランナーが、三足をローテーションで履いただけなのに、随分と違いが出るのが解るでしょうか?
 
拇指球付近も ・・・削れ方が違います。
 
細かい事かもしれませんが、
 
わずかな違いで、泣いたり、笑ったりするのが競技ですし、
 
わずかな違いで、故障したり、しなかったりするのが人の体です。
 
-----------------------------------
 
気づいていない、もしくは、気づいていても、解らないから気にしないランナーさんが多いけど、
 
フォームは、シューズに大きく影響されています。
 
 
疲労骨折 疲労骨折
 
 
各シューズの内部にある構造、傾斜、アッパーの形などが・・・ おのおの違うからです。
 
素人が解らないのは仕方がないのですが、
 
プロのインソール屋さんや、装具技師さん、スポーツ用品屋さんも、
 
知らないフリをしている場合が多いようです。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
こちらは 僕が通勤に使っているシューズ。
 
 
 
アッパーが柔らかく、歩く時に、無理なく親指を立てられるので気に入ってます。
 
ただし、内部に施されたプロネーション対策の踵の傾斜が、キツ過ぎて、歩いていると
 
いつも斜めの所を歩いているようで、一日中歩くと踵が痛くなってきます。
 
 
 
ですから、内部に ヒール・ウェッジを仕込んであります。
 
 
プロネーション対策シューズ対策・・・とでも言うのでしょうか?
 
走る時と、歩く時の歩幅は違います。 歩幅が違えば、ヒールの着底角度は変化します。
 
プロネーション対策が施されたランニングシューズで、
長い時間を歩くと、そういう不具合に合うことがあります。
 
シューズにもともとある角度を打ち消す為に、ヒール・ウェッジを入れました。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
それと同様に、ランニングや、ジョギングでも、自分の歩幅、速度、
 
その他に合ったシューズを選ぶ事はとても重要になります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
そのように、シューズの内部には、凹凸がある事が珍しくないので、
 
社外のインソールを入れた場合や、
 
シューズ内部の構造とすり合わせていないインソールは・・・・
 
あぶないモノを多く見かけます。
 
例えば熱形成インソールのような、足の裏の形に合わせただけのモノ。
 
 
アーチを支える ・・・そんな 売り文句のモノ
 
 
病院や、専門ショップで作っても、
 
シューズ内部の凹凸や、外部(船底)の形まで考慮して作ったモノは少ないようです。
 
 
 
僕が、細か過ぎるのかもしれませんが・・・
 
細かい事の積み重ねが・・・全てです。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そうそう、、、
 
シューズは一度使うと、元の形に戻るまで、24時間から、48時間かかると言われています。
 
休ませることなく、毎日つかうと 劣化を早めたり、乾燥する時間がなくなるので
 
 
数足を 使いまわす事を勧めています。
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ジョッグでは20km走っても痛くないけど、スピード練習をすると痛む膝の痛み。

 

静的な検査は異常は見当たらないし、膝を触った感じも特に異常を感じない。

 

  

 

接骨院からの転院。

 

  (円皮鍼の跡だろうか・・・?)

 

そんな時は、「 たぶん、膝周りは、そこの接骨院でも散々治療したでしょうから・・・

 

同じことをやっても、結果は出ないだろうな。。」  ・・・ と考える。

 

 

トレッドミルで 時速 6km/h (ジョグペース)で走っても、特に異常は見られない。

 

速度 を10km/hに上げてみると ・・・・

 

    

 

 

左の腰だけ落ちる。

 

左の膝は正面を向いたまま、正常な奇跡を描いているが、右の膝が暴れている。

 

体が泳いでいる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

膝関節は、構造的には顆状関節ですが、蝶番関節に近く、捻じれに弱い。

 

今回のように、着底している時ではなく、遊脚(宙に浮いている状態)で起きるニーインは、

 

走ってみないと解らない事が多い。

 

なぜならば、膝の痛みは、ひざ単体で起きるのではなく、からだ全体の連動動作により

 

引き起こされる場合が殆どだから。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

それが、主訴の左の膝の痛みと、どう関係するか?は解らないけど、

 

異常な動きを一つづつ正常にする。。 人は本来 痛みが無いのがディフォルトですから、

 

ディフォルトの構造、ディフォルトの動きができるように組み上げる・・・そんな事を大切にしています。

 

-----------------------------------

 

ベッドに座って 腰の動きを見る。

 

  

 

軸を中心にまわる右の回旋と、 軸を中心に回らない左の回旋 。

 

 

軸を中心に回るように 腰を治してみると、走りはどう変化するか?

 

     

 

      治療前                治療後

 

 

 

<腰の治療前 3枚>

 

 

<腰の治療後 3枚>

 

 

体が変化すれば、当然フォームも変化する。

 

荷重の配分・・・ バランス。

 

鍛えるよりも整える。それが整備士の仕事です。

 

--------------------

 

車や、バイクのレースでは、 機体を整備するのは当たり前なんだけど、

 

競技の世界では、それが浸透していないのは、残念に思う・・・今日この頃です。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「竹は真っ直ぐに伸びる」と言うけれど、実際に竹林の前に立つと・・・

 

言うほど真っ直ぐには伸びていませんでした。

 

 

斜面から生えていたり,、風雪に負けて倒れたり、・・・それでも、

 

 

周りの竹によりかかるようにして・・・そこそこ真っ直ぐに伸びていました。

 

人も、これと同じで、真っ直ぐな人の中に身をおけば・・・

 

そこそこ真っ直ぐでいられるような・・・そんな事を思いました。

 

-----------------------------------

 

8月20日は若葉治療院が始まった日でした。 今年で 21年が経ちました。

 

初心を忘れることのないように・・・そんな思いで僕は この治療院に 若葉治療院と名付けました。

 

----------------------------------------

 

真っ直ぐな志しを持ち続けるのに必要なのは、強い意志だと信じていましたが、

 

最近は、それとも違う気がしています。

 

そこそこ真っ直ぐやってこられたのは、

 

周りの環境なんだと・・・・思っています。

 

 

 

バイトの募集すら、一度もしたことがないのに・・・

 

学ぶ為に集まってきてくれた仲間に囲まれて・・・

 

治療に悩めば夜遅くまで 一緒に悩む日々。

 

毎週 深夜に行われる勉強会。

 

 

真っ直ぐな子供達。
 

 

まっすぐな 大人たち・・・

 

 

そんな人たちに囲まれて・・・・  伸ばしてもらっているのは自分の方だと感じる今日 この頃です。

 

この仕事が大好きです。

 

できることなら・・・一つの事を極めながら、真っ直ぐに進んでいきたいと思うのですが、

 

どうすれば、それができるのか?

 

 

答えは見えています。

 

 

ただ、やりたい事を 真っ直ぐに・・・やっていこうと思ってます。

 

 

 

 

<関連記事>

8月20日は 若葉治療院が始まった日でした

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

事実を集めて繋げれば・・・真実は必ず見えてくる。

 

夏休みになると、オスグッド(膝の痛み)の来院が増えます。他県からの来院が増えるからです。

 

近年、健康保険の仕組みでも変わったんでしょうか?

週三回のペースで、数か月、病院や、接骨院に通院し、治療を打ち切られての来院が増えています。

-----------------------------------

   膝を曲げると、この角度で痛みます。

 

-----------------------------------ーーー

福島での原発事故では、本部の知識と、現場の状況の乖離が混迷を生みました。

 

知識だけでは治せない代表格が、このオスグッドや、成長痛・膝の痛みだと思います。

---------------------------------------

「病院や、接骨院の先生は、何って言ってました?」 そう質問すると、こう返ってきます。

大腿四頭筋が、膝の皿にくっついて、膝の皿を介して脛骨粗面を引き上げる、、、、だから痛い

 

 

 

ですから、ももの筋肉を緩めるような治療をします・・・と。

-----------------------------------ーーーー

 

学校では、決められた事を、決められた通りに行える生徒を優等生と言いますが、

決められたことしかやらない医療なら もう 「 いらない 」。そう思う人も...いるかもしれません.

-----------------------------------

 

たとえば、大腿四頭筋のうち、大腿直筋は、骨盤に着きます。

 

 

 

骨盤の動きが硬い場合も、大腿直筋を介し、膝の皿に影響を及ぼします。

 

   

 

 

 

骨盤の動きが失われた場合、大腿直筋のテンションを逃がすことができません。

 

-----------------------------------ーーーーーーーー

オスグッドや、シンスプリント、疲労骨折などで、他院に長く通院した後、

転院してくる患者さんは、

 

治せるだけでは、治すことができません。

考えても、みて下さいよ? 一週間に三回のペースで接骨院に通院し、

それでも痛みが変わらず、競技に復帰できていない状態で、

 

  「もう、治らないんじゃないか?」  「もう、無理じゃないか?」 

 

  そんな、心が折れかけた状態で来るんですよ。  ・・・なんとかして下さいよ。

 

 

 心が折れたら、なんにも治せません。相手が小さい子供なら、なおさらです。

 

ですから、何事にも屈せず、固く信じて心をまげない、

不退転の想いで事にあたります。

 

-----------------------------------ーーー

治療に大切なのは・・・・  “勝ち時(かちどき)” を・・・逃さないことだと思います。

 

 

 まだ、やれるよ!、 まだ走れるよ!! って、伝えたいけど、・・・

 僕は言葉で上手く伝える事が苦手ですから・・・ 結果で伝えたいと思っています。

 

 

三分で 前屈角度を変えました。 スピードが大事です。

 

体が変われば気分が変わります。 希望がもてなきゃ治療はできません。

時間をかけて治したのは、治したうちに入らない・・・ そんな時もあると思うのです。

-----------------------------------ーーーーーー

 

前屈の角度が変かわると、膝の屈曲角度はどう変わるでしょうか?

 

まだ、膝も足も触ってないけど、ここまで曲がるようになりました。

 

   

 

 問診・検査から始めて5分後の変化です。

 

待合室で治しているのは、家族もみんなチームだからです。

 

「他の先生が諦めても、僕は まだ 全然あきらめてないよ」 って、

しけきったチームに・・・・背中で見せる必要があるからです。

 

子供達や、家族の心のケアも含めて・・・ トータル的に、みていく事が必要だと思うのです。

-----------------------------------

次に治すのは、オスグッドや、成長痛のセオリーとは、まったく反対の屈筋群です。 

 

骨盤の前傾、後傾を支配するのは、腰や、背中の筋肉はもちろんですが・・・

 

    

 

ハムストリングの動きが重要になります。     

 

“オスグッド(成長痛)の原因” と検索すれば、

 

オスグッドとは 成長痛 膝の痛み

 

偉い病院の先生や、接骨院の先生が、 四頭筋 (太ももの前の筋肉) が原因と解説してる中で、

 

反対側の筋肉が重要と言ったなら、笑われるかもしれませんが・・・

 

●ハムストリングが重要だと思う理由●

■その一、 

 

ハムストリングスは、骨盤、大腿直筋を介し、膝蓋骨や、脛骨粗面に影響を及ぼす位置関係にあること。

拮抗筋反射、連動動作・連動運動などにより、四頭筋と切り離して考えることは不可能な位置にあること

 

 

真実がどうなのか?私は知りませんが、

事実を集めて繋げれば、必ず真実に辿りつくものだと思っています。

 

-----------------------------------

オスグッドは四頭筋が原因だと思ってる人達は、四頭筋だけやってればいいと思うのですが・・・

 

 

ハムストリングを緩めて、屈曲ができるようになった・・・ なんて書くと、

 

“オスグッドの原因は四頭筋の硬さ”だと思ってる 人達に・・・ インチキと呼ばれるんでしょうか?

 

   

   治療前                                治療後

 

関連記事  希望を捨てないで欲しい。。そんな思いから・・・

  テーマ:

 

----------------------------------

 

ハムを緩めることで、四頭筋に触れずに・・・ ここまで屈曲できるようになりました。

 

  

 

 問診・検査から、ここまで費やした時間は 37分。

 まだ四頭筋にアプローチする時間は残ってます。

 

真実はどうか?知りませんが、迷ったら、両方やれば・・・いいんじゃないでしょうか?

 

 -----------------------------------

●ハムストリングが重要だと思う理由●

■ その2    ※ 四頭筋だけ見てれば充分だと思う治療家さんは、スルーして下さいよ。

 

ハムストリングは、膝の捻じれ(アライメント)に影響を及ぼします。

 

主訴;  膝の痛み   二か月間 接骨院に通院した後の転院

 

   屈曲角度はこれくらい。

 

アライメントが悪い膝。 真っ直ぐに立てていません。

 

 

 

ハムストリングを整えて膝のアライメントを治してみます。        

 

 真っ直ぐ立てるようになりました。

 

10分で、膝のアライメントはこう変化しました。

 

   

     治療前             治療後

 

膝のアライメントを治すと、屈曲角度は こう変化しました。

 

   

      治療前              治療後

 

ここまでの変化に10分かかりました。 四頭筋は、まだ触っていません。

 

  

 

前屈ストレッチを改善しました。 三分かかりました。

 

膝の屈伸角度は、こう変化しました。 まだ四頭筋は触っていません。

 

      

 

治療開始から、13分の治療変化です。

まだ四頭筋は触っていませんが屈伸はできるようになりました。

 

膝関節は、構造的には顆状関節ですが、蝶番関節に近く、捻じれていると曲がりにくくなります。

 

膝の捻じれは、膝蓋骨と脛骨粗面を引き離します。

 

参考記事;オスグッドについて考える。

  テーマ:

 

四頭筋だけ緩めておけば大丈夫と考える治療家さん達には、関係ない話ですが、

 

膝関節の捻じれを生むのは伸筋群ではなく、屈筋群です。

 

膝の捻じれは、歩く、走るなどの動きにより、筋力以上の外力で脛骨粗面を破壊します。

 

   若葉治療院(本院)のブログ-ランナー 膝の痛み プロネーション

参考記事 オーバープロネーション対策シューズの危険性

   テーマ:

 

 

------------------------------------------

以上の理由から、オスグッドは、四頭筋がパテラを持ち上げる事が原因だとしても、

私は四頭筋だけのアプローチでは足りないと考えます

 

 

若い治療家さん達にお願いなんですが、

 

教科書に載っている知識は、大正、昭和知識がほとんどです。

もっと、自由な発想で、治していったらどうでしょうか??

 

教科書が最新の知識ではなく、現場が最先端でなければいけません。

 

理学療法士さん達に お願いなんですが、ハムストの件、

知っててやらないのは、知らない者より・・・・罪が重いと思いますよ。

全力を出し切りましょう。それだけが正解です。

 

 

 

私たちは、まだまだ勉強が足りないと思う・・・今日この頃です。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 めちゃめちゃ大きな電波時計を買ってきました。1万円でした。

実際にプロネーションを治す の日記にコメントをいただきました。

 

同業者さんでしょうか。 笑える人は幸せでいい。・・・ ただ、楽しくはないよ。

 

   

 

今日も、茨城県からと、山口県から御来院いただきました。

 

 

遠くから来る人たちが、どんな思いでここまで来るか? 道中、どんな気持ちでくるか?

なんで、こんな遠くまで来なければならないか? ・・・そう思うと、辛くなる事が多々あります。

-----------------------------------

 

治療費が、何分いくらの時代に、早く治すのは損な気もしますが・・・

こんな所に、時間をかけてるのは 本当にもったいないので、

笑われてもいいからサッサと治します。

 

■高校生 野球部

 

今回の主訴は、背骨の関係ですが・・・ 

 

 

なぜ? こう壊れたか?  どうすれば 再発しないか? そう考えます。

 

最初に怪しいと思ったのは・・・治療前の体幹の右傾斜。

 

両足の指をリフトしてみます。 。。。  当り。

 

 

右の足底の着底面が浮いています。 正しくない動きをしています。

 

母趾リフト・・・これも、右が正しく動いていません。これでは正常な足底アーチが形成されません。

 

 

------------------------------------

土台が傾げば、上に積むものは傾ぐので・・・​

自分で治す方法を教えて、自分で治してもらいました。

-----------------------------------

      

手抜きではないので、あしからず。。

 

グラグラするのは、体幹の筋肉が弱いからなのでしょうか?

僕は、こんな所に原因があると思っています。

 

崩れた態勢から、グ!っと 持ち直すのは、体幹の筋力です。勘違いされている事が多いようです。

 

捻挫するには、捻挫する原因があるし、

シンスプリントや、疲労骨折、靭帯損傷などの故障をするには原因があると思っています。

 

未然に防ぐこと。それも 町の治療院の仕事です。レントゲンに写ってからでは遅いのです。

-----------------------------------ー

 

 

食事の前に、スマホで写真を撮る時代ですから、

希望があれば、スマホで撮りますよ。 もちろん、後も。

 

 → 

                             ※ 茨城県 ; お父さんの治療の変化

 

なぜならば、

 

茨城に帰って、お母さんとも ・・・治療の変化を楽しんでいただきたいからです。

 

旦那さんや、子供の体が良くなって、嬉しくないお母さんは・・・・ いないですから (∩_∩)

 

遠くからの御来院、ありがとうございました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

業界ネタなので、オチのない日記ですが、誰かの役に立つかもしれないので残します。

消すかもしれません。

----------------------------------

 

調べたい事があり、学生の頃の本を開きました。 今から26年前のものです。

 

26年も前の本に・・・足関節プロネーションの治し方が整然と記述されていたのに

 

当時は、全く その本の価値すらも・・・解りませんでした。

 

 

 

ポイントは開腓、閉腓する角度を操っている所にあると思います。

レベルの高い先生には解るネタだと思います。

質問は受け付けません。あしからず。

-----------------------------------ーー

 

先人の辿った道筋を無駄にして・・・・ 何をやってたんだろうな。。 って思う今日この頃です。

 

-----------------------------------

 

僕が、治療をする上で大切にしているのは、

 

人はもともと、痛みなく動けるものですから、

“治す”と考えずに、普通と違う所を見つけ出し、

元の構造に戻す・・・そんな事を大事にしています。

 

-----------------------------------ーーーーー

昔の資料を漁っていたら、素敵な記述があったので、抜粋します。

 

 

-以下抜粋ー

自然は最善のデザインを作る。自然界における全てのデザインには目的があり、各々の仕事の達成に最も効率的な形態になっている。我々は下手に自分本位に発明しようとするのではなく、自然の秩序を研究してそれを熱心に学ぶべきである。我々が自然のデザインを改良する事はできない。我々はそれを理解するのみである。

 

 

 

 

-----------------------------------

当時は普通だと思っていましたが、今になってみると・・・・ 

 

26年も前に、現代の学生に負けないレベルのことを 学んでた気がします。

 

 

ちなみに・・・あの頃 僕たちが研究していたのは “反射” でした。

 

  

 

 

 

 

オチがなくて すみません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

有りもしない進路なんかに悩むより、 あなた自身が・・・道になればいい。

 

来春から専門学校に通う、高校三年生を教え始めました。

 

 

昨日も業務を終えてから、0 時近くまで稽古です。

 

 

 

よく学生さんが治療を学びにきてくれますが・・・ 

 

打ち込む態勢を整えるが先。 技術や知識はそれに従うものです。  

 

 

 

 空は道。 道は空。

 

 一つの事に無心で打ち込んでさえいれば、看板すら出さなくても・・・ 

 

 朝から晩まで ひっきりなしに・・・ 患者さんの方から探して来てくれるから大丈夫だよ。

 

 

 

進学しても、どうか 周りのノイズに惑わされることなく、

 

その広い道をお行きなさい。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

数週間まえに軽度の捻挫をし、痛みは引いたものの、その後も軽度の腫れを繰り返す。

 

ランナー。

 

 

 

 

何も言わない黒爪が・・・走り込んできた歳月を物語っています。

 

 

--------------------------------

近年、 自費診療で月 〇〇〇万円 稼ぐ方法とか・・・ そんな広告を目にしない日がありません。

 

不快です。 どれだけ集客するか?ではなく、どれだけ守るか? それだけが全てです。

--------------------

 

 

小規模捻挫は、ランナーが、ランナーでなくなるまで・・・

 

じりじりと ランナーの命をむしばみます。 

 

母趾リフト。 明らかに患側が上がってません。しかし、

上がっていないことに本人は気づいていませんでした。

 

 

捻挫の後によく見られる症状ですが、見落とされる事が多い症状です。

レントゲンには写りません。

 

また、捻挫する前から、動かなかったのかもしれません。

 

動かなかったから、捻挫したのかもしれません。

 

                         参考記事;しっかり捻挫を治さないと どうなるか?

 

                                 

-----------------------------------ーーーーー

 

問題の解決に至らない議論や説明は・・・・誰も幸せにできません。

 

大切なのは 治すことです。

 

 

指が あげられるようになりました。

--------------------

 

足の指が上げられないと、どうなるでしょうか??

 

   若葉治療院(本院)のブログ

 

まず、親指を立てることによって、

かかとの骨をグッ!と前方に引きつけ、アーチが形成されてます。

 

 若葉治療院のブログ

 

また、親指を持ち上げることで、膝関節、足首関節を固定し、安定させます。

--------------------

 

正しいアーチは こうなりますが、

 

   若葉治療院(本院)のブログ-足底筋膜炎 足の裏の痛み   若葉治療院(本院)のブログ-足底筋膜炎 治療法 開帳足

 

親指を上げられないアーチはこうなります。

 

   若葉治療院(本院)のブログ-足の裏 アーチ

 

親指を立てることによって、かかとの骨をグッ!と前方に引きつけ、アーチを形成し、

 

必要な関節を固定することによって、踵(かかと)の骨が倒れなくなります。

 

 

安定性を失った関節は、絶えず捻られ、

中の機構に大きな影響を与え続けます。

 

 

良い結果には、良い原因があり、

 

悪い結果には、悪い原因があります。

 

 

その原因をみつけだし、もう二度と痛みを繰り返さない体に戻す事。

 

そんな事が大切だと思ています。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

このブログでは、ずいぶんシューズのマニアックな話をしてきた私ですが、

 

自分用のジョギング・シューズを新調しました。

 

 

ミズノ ウエーブ・ライダー 20です。

 

学生さんや、月間 400km以上走るランナーには、あまり勧めません。

その理由は、値段が高いから。

 

社会人で、これから走り始める人や、タイムを求めない人にはお勧めです。

 

ヘビー・ユーザーに勧めるのは、

 

 

ナイキ スピード ライバル (NIKE SPEED RIVAL) とか、

ナイキ ズーム ウィンフロー (NIKE ZOOM WINFLO)

 

いいですねぇ。。 近藤的には、この辺 履いて走ってるランナーを見ると シビレる訳です。

 

ジョッグ・シューズこそ 男のシューズ。 その重さ、見た目の悪さ、耐久性、堅牢性・・・

 

暑い日も、寒い日も、一歩いっぽアスファルトに刻みつけてきた証と覚悟が・・・シビレるわけです。

 

 

どちらも、お値段 お手頃で。

 

 

最近 1万円を超すシューズが増えたけど、

 

走るって、もっと 気軽なもんだった気がしてます。

 

 

シューズの価格って、 5~6千円でいいじゃないかなぁ? って思います。

 

5~6千円に プラスする数千円は、道楽の値段。 道具を楽しむ値段だと思ってます。

 

高額なシューズを履いている人を見ると、良い意味で、道具を楽しんでいるなって思いますし、

 

5~6千円代のシューズを履いている人を見ると、走るのを楽しんでいるな・・・って思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シューズの寿命について、いろいろ書いてきたけど、

ジョッグシューズに多い “ブロックの飛び ”

 

ブロックがとんだら・・・ アウトです。

-----------------------------------ー

 

そんな私が、なぜ ウェーブライダーかと言うと、作り手の設計思想が好きだから。

 

ただ、ミズノさん、トゥーボックスの形をもうちょっと厚くしてほしい。

 

ホントの倒れ込みを防ぐのは、トゥーボックスや、アッパーに鍵があると思う。

 

走るとき、シューズの中で、親指を立てられるように作って欲しい。

-----------------------------------ー

 

年々、シューズが細くなってきてますね。良いことです。

 

 

 

僕の場合、普通に履くと、甲の部分が、鳩目かざりより 上に出てしまいました。

 

ですから、アンダーラップで編み治します。

オーバーラップとアンダーラップの違いですが、

 

オーバーラップでは 紐と紐がクロスする、×の部分が ベロと鳩目飾りの中間になります。

 

アンダーラップはその逆で、紐と紐が交わる×の部分が、鳩目飾りより上(シューズの外)になるので

 

靴の内部が広くなります。

 

厳密なオーバーラップとアンダーラップの違いは、最後の紐がオーバーラップでは鳩目飾りより下から出るのでベロの真上で縛ることになります。アンダーラップはその逆で、鳩目飾りより上で縛ることになります。その違いにより、オーバーラップはベロの浮きあがりを許さず、きつくしまるので、短距離競技に向いているといわれています。ただ実際は最後の穴だけは下から上に出すことが多いようです。アンダーラップはベロの浮きあがりを許すため、長距離に向いているといわれますが、日本人の甲はとても薄いのでシューズの中で前にずれやすいため、長距離でもオーバーラップで充分だと思います。アンダーラップは足の甲の尾根が高く鳩目飾りより上に出てしまう人やケガのリハビリに使用するシューズ、またはハイカットのシューズなどで適用することがあります。

 

 

 

ちょっとの差ですが、このちょっとの差は、足の甲の血管を圧迫し体力を削ったり、

足の甲の滑液包を圧迫し、故障に繋がったり、

 

 

親指を自由に動かせないことによって、シンスプリント、足底腱膜炎、踵の痛みだけでなく、

膝や腸脛靭帯の痛みまで・・・いろいろ引き起こすわけですね。

 

足元を見つめること・・・とても大切です。

 

基礎こそ命です。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)